議事ロックス -地方議会議事録検索-


福井県 大野市

平成23年  2月 臨時会 02月22日−議席の指定、議長・副議長の選挙−01号




平成23年  2月 臨時会 − 02月22日−議席の指定、議長・副議長の選挙−01号







平成23年  2月 臨時会





       平成23年2月・第374回臨時会 会議録

                             平成23年2月22日(火)
                             午前10時      開 議

1.議事日程
   第1.議長の選挙
   第2.議席の指定
   第3.会議録署名議員の指名
   第4.会期の決定
   第5.副議長の選挙
   第6.各常任委員会委員の選任
   第7.議会運営委員会委員の選任
   第8.大野・勝山地区広域行政事務組合議会議員の選挙
   第9.福井県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙

2.出席議員(18名)
     1番   山 ?  利 昭 君    2番   梅 林 厚 子 君
     3番   永 田  正 幸 君    4番   松 田 元 栄 君
     5番   前 田  政 美 君    6番   石 塚 淳 子 君
     7番   宮 澤  秀 樹 君    8番   川 端 義 秀 君
     9番   松 原  啓 治 君    10番  藤 堂 勝 義 君
     11番  高 岡  和 行 君    12番  兼 井   大 君
     13番  島 口  敏 榮 君    14番  浦 井 智 治 君
     15番  本 田    章 君    16番  畑 中 章 男 君
     17番  砂 子  三 郎 君    18番  榮   正 夫 君

3.説明のため出席した者の職・氏名
   市   長  岡 田  高 大 君    副 市 長  下 河  育 太 君

   教 育 長  松 田  公 二 君    秘 書 政策  江 波  庄 進 君
                        局   長

   市 民 福祉  藤 森    勉 君    産 業 経済  長谷川  雅 人 君
   部   長                部   長

   建 設 部長  堂 下  義 治 君    和泉支所長  石 田  光 義 君

   会計管理者  澤 田  みち代 君    教育委員会  宮 下  真 一 君
                        事 務 局長

   消 防 長  谷 口  利 和 君    建設部理事  下 村  直 人 君

   総 合 政策  田 中  雄一郎 君    総 務 課長  羽 田  年 也 君
   課   長

   財 政 課長  巻 寄  富美男 君    生 活 防災  東 方  嘉 浩 君
                        課   長

   社 会 福祉  廣 瀬  吉 隆 君    産 業 政策  金 子  正 義 君
   課   長                課   長

   建 設 課長  佐 子  重 夫 君    下水道課長  辻    忠 信 君

   教 育 総務  島 田  健 一 君    監 査 委員  四 方  一 人 君
   課   長                事 務 局長

   消 防 本部  小 林    進 君    財   政  加 藤  正 幸 君
   次   長                課 長 補佐

4.事務局職員出席者
   局   長  中 村  浩 一      次   長  鉱 崎  昭 治
   係   長  多 田  直 人      係   長  山 田  明 美

5.議事
(午前10時50分 開議)





 (議会事務局長 中村浩一君 登壇)



◎議会事務局長(中村浩一君)

 開会に先立ちまして、私の方からお願いを申し上げます。

 本日は、一般選挙後の最初の議会でありますので、議長が選挙されるまでの間、地方自治法第107条の規定により、年長議員が臨時に議長の職務を行うことになっております。

 ご出席の議員の中で、榮 正夫議員が年長の議員でありますので、ご紹介申し上げますとともに、よろしくお願いいたします。

 それでは榮議員、議長席へお願いいたします。

 (榮 正夫議員、議長席にて起立)



○臨時議長(榮正夫君)

 地方自治法第107条の規定に基づいて臨時議長を務めます、ご紹介いただきました榮 正夫です。どうぞよろしくお願いいたします。

 (臨時議長、議長席に着席)



○臨時議長(榮正夫君)

 ただ今より、平成23年2月第374回大野市議会臨時会を開会いたします。

 直ちに本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元にお配りしたとおりであります。

 この際、議事進行上、仮議席の指定を行います。仮議席は、ただ今ご着席の議席を指定いたします。

 これより日程に入ります。

 日程第1「議長の選挙」を行います。

 立候補の予定の方はございませんか。

 (沈黙)



○臨時議長(榮正夫君)

 ないようですので、これより選挙を投票で行います。

 議場の閉鎖をまず命じます。

 (事務局職員、議場閉鎖)



○臨時議長(榮正夫君)

 ただ今の出席議員は18人であります。

 投票用紙を配布いたさせます。

 (事務局職員、投票用紙を配布)



○臨時議長(榮正夫君)

 投票用紙の配布漏れはありませんか。

 (「なし」の声あり)



○臨時議長(榮正夫君)

 配布漏れなしと認めます。

 投票箱を改めさせます。

 (事務局職員、投票箱を点検)



○臨時議長(榮正夫君)

 異常なしと認めます。

 ここで念のために申し上げます。

 投票は、単記無記名であります。

 投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次、投票をお願いします。

 ただ今から投票を行います。

 点呼を命じます。



◎議会事務局長(中村浩一君)

 命により点呼いたします。

 山?利昭議員、梅林厚子議員、

 永田正幸議員、松田元栄議員、

 前田政美議員、石塚淳子議員、

 宮澤秀樹議員、川端義秀議員、

 松原啓治議員、藤堂勝義議員、

 高岡和行議員、兼井 大議員、

 島口敏榮議員、浦井智治議員、

 本田 章議員、畑中章男議員、

 砂子三郎議員、榮 正夫臨時議長、

 以上でございます。

 (各議員、登壇、投票)



○臨時議長(榮正夫君)

 投票漏れはありませんか。

 (「なし」の声あり)



○臨時議長(榮正夫君)

 投票漏れなしと認めます。

 これにて投票を終了いたします。

 議場の閉鎖を解きます。

 (事務局職員、議場開鎖)



○臨時議長(榮正夫君)

 これより開票を行います。

 立会人を指名いたします。

 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に、

 松田元栄君、川端義秀君

の2名を指名いたします。

 両君の立ち合いをお願いいたします。

 (松田元栄君、川端義秀君 登壇)

 (事務局職員、開票点検)

 (松田元栄君、川端義秀君 確認、降壇)



○臨時議長(榮正夫君)

 選挙の結果を報告いたします。

 投票総数18票。これは、先ほどの出席議員数に符合いたしております。

 そのうち、有効投票18票、無効投票0票。

 有効投票中、

 本田 章君 16票、

 榮 正夫  2票、

以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は4.50票であります。

 よって本田 章君が議長に当選されました。

 ただ今、議長に当選されました本田 章君が議場におられますので、会議規則第32条第2項の規定により本席から告知を行います。

 ここで、議長に当選されました本田 章君よりごあいさつをお受けいたします。

 本田 章君。

 (新議長 本田 章君 登壇)



○議長(本田章君)

 一言ごあいさつを申し上げます。

 去る2月13日に執行されました大野市議会議員一般選挙後の初の市議会におきまして、議員の皆さま方のご推挙により、栄誉ある第39代大野市議会議長の要職に就任いたしますことは、誠に身に余る光栄であり、衷心より深く感謝を申し上げる次第であります。

 平成15年に第34代の議長に就任以来、2度目の議長就任になりますが、もとより私は浅学非才でございまして、歴代議長さん方の優れた手腕と業績に思いをはせるとき、その使命の重大さを痛感しているところであります。

 さて、日本経済を取り巻く環境は依然として厳しく、地域の経済活動、雇用情勢にも深刻な影響がもたらされております。また少子高齢化が急速に進展する中で、高齢者医療をはじめとする医療の問題、次代を担う子供たちの育成といった難しい問題が山積しております。

 地方行政におきましては、地方主権の推進、住民ニーズのさらなる複雑化、多様化など、急激な環境の変化に迅速に対応することのできる効率的で柔軟性の高い組織への転換や国と地方公共団体との役割の見直しなど、地方の自主性・自立性の強化が問われ、地域の特色を生かした行政の推進がなお一層求められております。

 また本市においては、平成23年度から第五次大野市総合計画が展開される中、庁舎等周辺の整備や中部縦貫自動車道をはじめとする社会資本の整備促進、中心市街地の活性化、商工業、農林業等の地域産業の振興、少子高齢社会に対応した福祉政策の拡充など、多くの課題を抱えており、併せて、これら諸課題の解決は急務となっております。

 市民が安全・安心で豊かな生活を送ることのできる社会の実現や、市民や地域の満足度を高めるための地域の資源を生かした多様性と創造性にあふれた社会の実現を目指した政策の展開をしていくことは、行政や私たち市議会の責務であります。

 こうした現状を考えますときに、議長としての重責にあらためて身の引き締まる思いをいたしております。

 ここに議員各位のご推挙を賜りましたからには、全力を尽くして誠心誠意、さらなる市勢の発展、住民福祉の向上と議会等改革特別委員長の経験を生かしながら、さらなる議会改革に取り組み、公平な議会運営に最善の努力をしてまいる所存でございます。

 何とぞ、議員各位をはじめ、理事者ならびに関係各位のなお一層のご指導・ご鞭撻(べんたつ)を賜りますよう心からお願いを申し上げまして議長就任のあいさつといたします。

 (拍手、拍手、拍手)



○臨時議長(榮正夫君)

 以上で、地方自治法第107条の規定による職務は終了いたしました。

 よって、私の役目は終わりましたので、ご協力ありがとうございました。

 会議の途中でありますが、暫時休憩いたします。



(午前11時08分 休憩)



(午前11時09分 再開)





○議長(本田章君)

 休憩前に引き続き、会議を開きます。

 日程第2「議席の指定」を行います。

 議席は、会議規則第4条第1項の規定により、くじで決定いたします。

 会議の途中でありますが、暫時休憩いたします。



(午前11時10分 休憩)



(午前11時11分 再開)





○議長(本田章君)

 休憩前に引き続き、会議を開きます。

 議席の指定については、議員の氏名とその議席番号を事務局より朗読いたさせます。



◎議会事務局長(中村浩一君)

 命により朗読いたします。

 1番 山?利昭議員、2番 梅林厚子議員、

 3番 永田正幸議員、4番 松田元栄議員、

 5番 前田政美議員、6番 石塚淳子議員、

 7番 宮澤秀樹議員、8番 川端義秀議員、

 9番 松原啓治議員、10番 藤堂勝義議員、

 11番 高岡和行議員、12番 兼井 大議員、

 13番 島口敏榮議員、14番 浦井智治議員、

 16番 畑中章男議員、17番 砂子三郎議員、

 18番 榮 正夫議員、15番 本田 章議長、

以上でございます。



○議長(本田章君)

 ただ今朗読したとおり、議席を指定いたします。

 会議の途中でありますが、暫時休憩いたします。



(午前11時11分 休憩)



(午前11時12分 再開)





○議長(本田章君)

 休憩前に引き続き、会議を開きます。

 日程第3「会議録署名議員の指名」を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において、

 1番 山?利昭君、2番 梅林厚子君

の両名を指名いたします。

 日程第4「会期の決定」を議題といたします。

 お諮りいたします。

 本臨時会の会期は、本日1日といたしたいと思います。

 これに、ご異議ありませんか。

 (「異議なし」の声あり)



○議長(本田章君)

 ご異議なしと認めます。よって、本臨時会の会期は本日1日と決定いたしました。

 日程第5「副議長の選挙」を行います。

 選挙は投票で行います。

 議場の閉鎖を命じます。

 (事務局職員、議場閉鎖)



○議長(本田章君)

 ただ今の出席議員は18人であります。

 投票用紙を配布いたさせます。

 (事務局職員、投票用紙を配布)



○議長(本田章君)

 投票用紙の配布漏れはありませんか。

 (「なし」の声あり)



○議長(本田章君)

 配布漏れなしと認めます。

 投票箱を改めさせます。

 (事務局職員、投票箱を点検)



○議長(本田章君)

 異常なしと認めます。

 ここで念のために申し上げます。

 投票は、単記無記名であります。

 投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次、投票を願います。

 ただ今から投票を行います。

 点呼を命じます。



◎議会事務局長(中村浩一君)

 命により点呼いたします。

 1番 山?利昭議員、2番 梅林厚子議員、

 3番 永田正幸議員、4番 松田元栄議員、

 5番 前田政美議員、6番 石塚淳子議員、

 7番 宮澤秀樹議員、8番 川端義秀議員、

 9番 松原啓治議員、10番 藤堂勝義議員、

 11番 高岡和行議員、12番 兼井 大議員、

 13番 島口敏榮議員、14番 浦井智治議員、

 16番 畑中章男議員、17番 砂子三郎議員、

 18番 榮 正夫議員、15番 本田 章議長、

以上でございます。

 (各議員 登壇、投票)



○議長(本田章君)

 投票漏れはありませんか。

 (「なし」の声あり)



○議長(本田章君)

 投票漏れなしと認めます。

 これにて投票を終了いたします。

 議場の閉鎖を解きます。

 (事務局職員、議場開鎖)



○議長(本田章君)

 これより開票を行います。

 立会人を指名いたします。

 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に、

 4番 松田元栄君、8番 川端義秀君

の両名を指名いたします。

 両君の立ち合いをお願いいたします。

 (4番 松田元栄君、8番 川端義秀君 登壇)

 (事務局職員、開票点検)

 (4番 松田元栄君、8番 川端義秀君 確認、降壇)



○議長(本田章君)

 選挙の結果を報告いたします。

 投票総数18票。これは、先ほどの出席議員数に符合いたしております。

 そのうち、有効投票18票、無効投票0票。

 有効投票中、

 藤堂勝義君 16票、

 浦井智治君 2票、

以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は4.50票であります。

 よって、藤堂勝義君が副議長に当選されました。

 ただ今、副議長に当選されました藤堂勝義君が議場におられますので、会議規則第32条第2項の規定により本席から告知いたします。

 ここで、副議長に当選されました藤堂勝義君より、ごあいさつをお受けいたします。

 藤堂勝義君。

 (新副議長 藤堂勝義君 登壇)



◎副議長(藤堂勝義君)

 一言ごあいさつを申し上げます。

 ただ今、議員各位の温かいご支援をいただき副議長に選任賜りましたことは、誠に身に余る光栄であり、心から深く感謝を申し上げる次第でございます。

 先ほど新議長からごあいさつがありましたように、経済の停滞による産業の低迷、雇用情勢の悪化や少子高齢化の進展など本市を取り巻く環境が誠に厳しい状況下において、早急に解決をしなければならない課題も多くあり、私たち議会といたしましても責務の重大さを痛感しているところでございます。

 このような重要な時期であることを考えますとき、私自身、議会経験も浅く、まだまだ未熟ではございますが、ご推挙をいただきましたからには、各位のご支援を賜りながら、新議長を補佐し、全身全霊を傾け、市政の進展と住民福祉の向上に、さらに市議会の発展に最善の努力をしてまいる決意であります。

 どうか、議員各位をはじめ、理事者各位におかれましても、心温まるご指導とご鞭撻を賜りますよう心からお願いを申し上げまして、甚だ簡単ではございますが、副議長就任のごあいさつとさせていただきます。

 (拍手、拍手、拍手)



○議長(本田章君)

 日程第6「各常任委員会委員の選任」について議題といたします。

 お諮りいたします。

 常任委員会委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、

 総務文教常任委員会委員に、

 松田元栄君、前田政美君、

 兼井 大君、島口敏榮君、

 榮 正夫君、

そして私、本田の以上6人を、

 産経建設常任委員会委員に、

 山?利昭君、梅林厚子君、

 永田正幸君、宮澤秀樹君、

 高岡和行君、砂子三郎君

の以上6人を、

 民生環境常任委員会委員に、

 石塚淳子君、川端義秀君、

 松原啓治君、藤堂勝義君、

 浦井智治君、畑中章男君、

の以上6人を、それぞれ指名いたしたいと思います。

 これに、ご異議ありませんか。

 (「異議なし」の声あり)



○議長(本田章君)

 ご異議なしと認めます。よって、ただ今指名いたしました諸君をそれぞれ常任委員会委員に選任することに決しました。

 日程第7「議会運営委員会委員の選任」について議題といたします。

 お諮りします。

 議会運営委員会委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、議会運営委員会委員に、

 永田正幸君、松田元栄君、

 宮澤秀樹君、川端義秀君、

 島口敏榮君、砂子三郎君、

 榮 正夫君

の以上7人を指名いたします。

 これに、ご異議ありませんか。

 (「異議なし」の声あり)



○議長(本田章君)

 ご異議なしと認めます。よって、ただ今指名いたしました7人の諸君を議会運営委員会委員に選任することに決しました。

 各委員会の正・副委員長互選のため、暫時休憩いたします。



(午前11時25分 休憩)



(午前11時26分 再開)





○議長(本田章君)

 休憩前に引き続き、会議を開きます。

 各委員会の正・副委員長互選の結果が議長の手元に届いておりますので報告いたします。

 総務文教常任委員会、

  委員長に前田政美君、

  副委員長に兼井 大君、

 産経建設常任委員会、

  委員長に宮澤秀樹君、

  副委員長に山?利昭君、

 民生環境常任委員会、

  委員長に川端義秀君、

  副委員長に石塚淳子君、

 議会運営委員会、

  委員長に島口敏榮君、

  副委員長に川端義秀君

がそれぞれ選任されました。

 この際、各委員会の正・副委員長を代表して、総務文教常任委員長より、ごあいさつをお受けいたします。

 前田政美君。

 (総務文教常任委員長 前田政美君 登壇)



◎総務文教常任委員長(前田政美君)

 各委員会の正・副委員長の皆さま方のお許しをいただきまして、代表して私から一言ごあいさつを申し上げます。

 ただ今、各委員会委員の選任が行われ、引き続き正・副委員長の互選の結果、それぞれの職に就任することになり、私どもがその大任を果たさせていただくことになりました。

 先ほど議長・副議長からのごあいさつにもありましたように、本市におきましては早急に解決しなければならない課題が山積しており、議会に対する市民の期待は非常に大きなものがあります。

 このような中、委員会は数多くの課題解決に向けて、より効果的・効率的な施策の展開を求め、市民の多種多様なニーズを行政に反映させるための場として、その重要性を増してきております。

 このように課せられた責務の重大さに思いをいたすとき、私どもは経験も浅く、未熟ではございますが、今回は改選後の新たな組織構成でありますので、決意も新たに誠心誠意、本市のさらなる発展のために最善の努力をしてまいる覚悟でございます。

 何とぞ、私たち正・副委員長に対する温かいご指導・ご鞭撻を賜りますよう心からお願い申し上げまして、一言ごあいさつとさせていただきます。

 (拍手、拍手、拍手)



○議長(本田章君)

 日程第8「大野・勝山地区広域行政事務組合議会議員の選挙」を行います。

 選挙は投票で行います。

 議場の閉鎖を命じます。

 (事務局職員、議場閉鎖)



○議長(本田章君)

 ただ今の出席議員は18人であります。

 投票用紙を配布いたさせます。

 (事務局職員、投票用紙を配布)



○議長(本田章君)

 投票用紙の配布漏れはありませんか。

 (「なし」の声あり)



○議長(本田章君)

 配布漏れなしと認めます。

 投票箱を改めさせます。

 (事務局職員、投票箱を点検)



○議長(本田章君)

 異常なしと認めます。

 ここで念のために申し上げます。

 投票は、単記無記名であります。

 投票用紙に被選挙人の氏名を1人記載の上、点呼に応じて順次、投票を願います。

 なお当選人は法定得票を得ているものから順次5人といたします。

 ただ今から投票を行います。

 点呼を命じます。



◎議会事務局長(中村浩一君)

 命により点呼いたします。

 1番 山?利昭議員、2番 梅林厚子議員、

 3番 永田正幸議員、4番 松田元栄議員、

 5番 前田政美議員、6番 石塚淳子議員、

 7番 宮澤秀樹議員、8番 川端義秀議員、

 9番 松原啓治議員、10番 藤堂勝義議員、

 11番 高岡和行議員、12番 兼井 大議員、

 13番 島口敏榮議員、14番 浦井智治議員、

 16番 畑中章男議員、17番 砂子三郎議員、

 18番 榮 正夫議員、15番 本田 章議長、

以上でございます。

 (各議員、登壇、投票)



○議長(本田章君)

 投票漏れはありませんか。

 (「なし」の声あり)



○議長(本田章君)

 投票漏れなしと認めます。

 これにて投票を終了いたします。

 議場の閉鎖を解きます。

 (事務局職員、議場開鎖)



○議長(本田章君)

 これより開票を行います。

 立会人を指名いたします。

 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に、

 2番 梅林厚子君、7番 宮澤秀樹君

の両名を指名いたします。

 両君の立ち合いをお願いいたします。

 (2番 梅林厚子君、7番 宮澤秀樹君 登壇)

 (事務局職員、開票点検)

 (2番 梅林厚子君、7番 宮澤秀樹君 確認、降壇)



○議長(本田章君)

 選挙の結果を報告いたします。

 投票総数18票。これは、先ほどの出席議員数に符合いたしております。

 そのうち、有効投票18票、無効投票0票。

 有効投票中、

 永田正幸君 4票

 高岡和行君 3票

 川端義秀君 3票

 前田政美君 3票

 山?利昭君 3票

 榮 正夫君 2票

以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は0.90票であります。

 よって、

 永田正幸君、高岡和行君、

 川端義秀君、前田政美君、

 山?利昭君

の以上5人が、大野・勝山地区広域行政事務組合議会議員に当選されました。

 ただ今、大野・勝山地区広域行政事務組合議会議員に当選されました5人の諸君が議場におられますので、会議規則第32条第2項の規定により本席から告知いたします。

 日程第9「福井県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙」を行います。

 選挙は投票で行います。

 議場の閉鎖を命じます。

 (事務局職員、議場閉鎖)



○議長(本田章君)

 ただ今の出席議員は18人であります。

 投票用紙を配布いたさせます。

 (事務局職員、投票用紙を配布)



○議長(本田章君)

 投票用紙の配布漏れはありませんか。

 (「なし」の声あり)



○議長(本田章君)

 配布漏れなしと認めます。

 投票箱を改めさせます。

 (事務局職員、投票箱を点検)



○議長(本田章君)

 異常なしと認めます。

 ここで念のために申し上げます。

 投票は、単記無記名であります。

 投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次、投票願います。

 ただ今から投票を行います。

 点呼を命じます。



◎議会事務局長(中村浩一君)

 命により点呼いたします。

 1番 山?利昭議員、2番 梅林厚子議員、

 3番 永田正幸議員、4番 松田元栄議員、

 5番 前田政美議員、6番 石塚淳子議員、

 7番 宮澤秀樹議員、8番 川端義秀議員、

 9番 松原啓治議員、10番 藤堂勝義議員、

 11番 高岡和行議員、12番 兼井 大議員、

 13番 島口敏榮議員、14番 浦井智治議員、

 16番 畑中章男議員、17番 砂子三郎議員、

 18番 榮 正夫議員、15番 本田 章議長、

以上でございます。

 (各議員、登壇、投票)



○議長(本田章君)

 投票漏れはありませんか。

 (「なし」の声あり)



○議長(本田章君)

 投票漏れなしと認めます。

 これにて投票を終了いたします。

 議場の閉鎖を解きます。

 (事務局職員、議場開鎖)



○議長(本田章君)

 これより開票を行います。

 立会人を指名いたします。

 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に、

 2番 梅林厚子君、8番 川端義秀君

の両名を指名いたします。

 両君の立ち合いをお願いいたします。

 (2番 梅林厚子君、8番 川端義秀君 登壇)

 (事務局職員、開票点検)

 (2番 梅林厚子君、8番 川端義秀君 確認、降壇)



○議長(本田章君)

 選挙の結果を報告いたします。

 投票総数18票。これは、先ほどの出席議員数に符合いたしております。

 そのうち、有効投票18票、無効投票0票。

 有効投票中、

 砂子三郎君 16票

 浦井智治君 2票

以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は4.50票であります。

 よって、砂子三郎君が福井県後期高齢者医療広域連合議会議員に当選されました。

 ただ今、福井県後期高齢者医療広域連合議会議員に当選されました砂子三郎君が議場におられますので、会議規則第32条第2項の規定により、本席から告知いたします。

 ここで、市長より発言の申し出がありますので、これを許します。

 市長、岡田君。



◎市長(岡田高大君)

 お許しをいただきまして、一言ごあいさつを申し上げます。

 議員各位には、去る2月13日に執行されました大野市議会議員一般選挙におきまして、大変な激戦の中、見事ご当選の栄を得られましたことは誠にご同慶に堪えないところであります。

 皆さま方におかれましては、今選挙において、それぞれ公約を掲げられて選挙運動を展開される中、多くの市民の皆さまとじかに接し、市政の要望や課題などを受け止められておられることと存じます。

 今後、ますます進展してまいります地域主権の流れの中で、皆さま方には真の地方自治の担い手として、市民の大きな期待と信頼が寄せられているところであり、そうした負託に応えていただくため、今後、ご健勝でご活躍を賜りますことを心よりお祈り申し上げる次第であります。

 さて、わが国の経済は世界的な景気後退からいまだ本格的な回復軌道には乗っておらず、円高の進行と慢性的なデフレが続く状況を背景に社会保障の整備は遅れ、生産年齢人口の減少はいや応なく進み、社会の閉塞(へいそく)感と将来への不安感が高まってきております。

 このような状況の下、大野市においても厳しい行財政運営を強いられておりますが、次世代に引き継ぐべき魅力ある越前おおのを作り上げていかなければなりません。そのためには、これからのまちづくりの目標と方向を示しました第五次大野市総合計画の着実な推進に全身全霊をささげてまいる所存でありますので、何とぞ、議員各位の深いご理解とご指導を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

 さて、今ほどは新しい議会の組織構成が行われ、議長には本田 章氏が、副議長には藤堂勝義氏が当選されました。議長・副議長のご就任を心よりお祝い申し上げます。

 ご両名は人格・力量、いずれを取りましても、まさに適任のお方であり、また議員としてのご経験も豊富で、市政全般にわたり精通されておられ、今後の議会運営において、その手腕をいかんなく発揮され、市政の推進にご尽力いただけるものと確信をいたしているところであります。

 また新たに委員会の構成が行われ、それぞれ委員長・副委員長が選任されました。委員長・副委員長のご就任を心よりお祝い申し上げますとともに、それぞれの所管事項につきまして、よろしくご指導・ご協力を賜りますようお願い申し上げる次第であります。

 終わりになりますが、改選後の初議会に臨み、議員の皆さまの今後のご健勝・ご活躍と大野市議会のますますの発展をご祈念申し上げまして、ごあいさつとさせていただきます。

 どうもありがとうございました。



○議長(本田章君)

 ここでお諮りいたします。

 議会運営委員会においては、地方自治法第109条の2第4項の各号に定める事項について、委員の任期の間、閉会中においても調査、審査等の活動が行えるようにしたいと思います。

 これに、ご異議ありませんか。

 (「異議なし」の声あり)



○議長(本田章君)

 ご異議なしと認めます。よって、議会運営委員会においては、地方自治法第109条の2第4項の各号に定める事項について、委員の任期の間、閉会中においても調査、審査等の活動が行えることに決しました。

 以上で、本臨時会の日程はすべて議了いたしました。

 これをもちまして、平成23年2月第374回大野市議会臨時会を閉会いたします。

 大変ご苦労さまでございました。



(午前11時53分 閉会)