議事ロックス -地方議会議事録検索-


福井県 大野市

平成22年 11月 臨時会 11月01日−議案上程、説明、質疑、討論、採決−01号




平成22年 11月 臨時会 − 11月01日−議案上程、説明、質疑、討論、採決−01号







平成22年 11月 臨時会





       平成22年11月・第371回臨時会 会議録

                            平成22年11月1日(月)
                            午前10時  開議


1.議事日程
   第1.会議録署名議員の指名
   第2.会期の決定
   第3.議案第67号 (社会資本整備総合交付金)大野市保健医療福祉サービス拠点施
             設整備工事(建築工事その1)請負契約の締結について
   第4.議案第68号 (社会資本整備総合交付金)大野市保健医療福祉サービス拠点施
             設整備工事(建築工事その2)請負契約の締結について

2.出席議員(18名)
     1番   新 家  竹 雄 君    2番   前 田  政 美 君
     3番   谷 口  治 衛 君    4番   石 塚  淳 子 君
     5番   沢 田  国 夫 君    6番   藤 堂  勝 義 君
     7番   川 端  義 秀 君    8番   宮 澤  秀 樹 君
     9番   松 原  啓 治 君    10番  山 本  鐵 夫 君
     11番  島 口  敏 榮 君    12番  高 岡  和 行 君
     13番  松 田  信 子 君    14番  浦 井  智 治 君
     15番  本 田    章 君    16番  常 見  悦 郎 君
     19番  砂 子  三 郎 君    20番  榮    正 夫 君

3.欠席議員(2名)
     17番  松 井  治 男 君    18番  畑 中  章 男 君

4.説明のため出席した者
   市   長  岡 田  高 大 君    副 市 長  下 河  育 太 君

   教 育 長  松 田  公 二 君    秘 書 政策  江 波  庄 進 君
                        局   長

   市 民 福祉  藤 森    勉 君    産 業 経済  長谷川  雅 人 君
   部   長                部   長

   建 設 部長  堂 下  義 治 君    和泉支所長  石 田  光 義 君

   会計管理者  澤 田  みち代 君    教育委員会  宮 下  真 一 君
                        事 務 局長

   消 防 長  谷 口  利 和 君    建設部理事  下 村  直 人 君

   総 合 政策  田 中  雄一郎 君    総 務 課長  羽 田  年 也 君
   課   長

   財 政 課長  巻 寄  富美男 君    監 理 検査  佐々木  清 一 君
                        課   長

   社 会 福祉  廣 瀬  吉 隆 君    産 業 政策  金 子  正 義 君
   課   長                課   長

   建 設 課長  佐 子  重 夫 君    教 育 総務  島 田  健 一 君
                        課   長

   監 査 委員  四 方  一 人 君    消 防 本部  小 林    進 君
   事 務 局長                次   長

   財   政  加 藤  正 幸 君
   課 長 補佐

5.事務局職員出席者
   局   長  中 村  浩 一      次   長  鉱 崎  昭 治
   係   長  多 田  直 人      係   長  山 田  明 美

6.議事
(午前10時10分 開議)







○議長(砂子三郎君)

 これより、平成22年11月第371回大野市議会臨時会を開会いたします。

 本日の議事日程は、お手元にお配りしたとおりであります。

 直ちに本日の会議を開きます。

 この際、諸般の報告をいたします。

 本日の会議の欠席届が、畑中章男君、松井治男君よりまいっておりますので報告いたしておきます。

 以上で、諸般の報告を終わります。

 これより日程に入ります。

 日程第1「会議録署名議員の指名」を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において、

 13番 松田信子君、14番 浦井智治君

の両名を指名いたします。

 日程第2「会期の決定」を議題といたします。

 本臨時会の会期については、10月25日および本日、議会運営委員会を開き協議した結果、本日1日限りと決定した旨申し出がありました。

 お諮りいたします。

 本臨時会の会期は、本日1日といたしたいと思います。

 これにご異議ありませんか。

 (「異議なし」の声あり)



○議長(砂子三郎君)

 ご異議なしと認めます。よって、本臨時会の会期は本日1日と決定いたしました。

 日程第3、

 議案第67号 (社会資本整備総合交付金)大野市保健医療福祉サービス拠点施設整備工事(建設工事その1)請負契約の締結について

を議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 市長、岡田君。

 (市長 岡田高大君 登壇)



◎市長(岡田高大君)

 おはようございます。

 本日、第371回大野市議会臨時会を招集いたしましたところ、議員各位には公私ともご多用の中ご参集賜りまして、誠にありがとうございます。

 さて、先月をメーン月間と定めて、ふるさとステージ・おまつり広場、記念パレードなどのメーン事業をはじめ、「昭和のこどもたち」人形展やイトヨの里特別企画展など、多彩なイベントを展開してまいりました越前大野城築城430年祭は、市内外から多くの方々をお迎えして1カ月を終えたところであります。とりわけ、9日と10日に実施いたしましたメーン事業につきましては、あいにくの空模様にもかかわらず、2日間で約7万人の入り込みがあり、来訪された方々には越前おおのの自然や歴史、伝統と文化、そして食などの大野ブランドを十分に堪能していただいたものと考えております。

 記念パレードでは、議員各位をはじめ、多くの市民や友好的に交流を進めております、まちからの参加もいただき、金森長近公役に扮(ふん)された山下真司さんとともに、総勢にして約1,350人が市街地を練り歩き、その沿道には大勢の市民や観光客の方々が詰め掛けて盛況のうちに終わったところであります。ご協力をいただきました議員各位をはじめ、市民など多くの方々に対し厚くお礼を申し上げます。

 また2日から24日まで開催いたしました越前おおの魅力体感展示館には、期間中1万2,500人余りの入館者があり、大野が誇る豊かな水や誇り高い伝統文化など、越前おおのの魅力を内外に発信したところであります。

 今後は、この盛り上がりを築城430年祭のクロージングイベントとなる来年2月まで持続し、各事業やイベントを着実に実施してまいる所存であります。

 次に、9月中旬より目撃などの情報が相次いでおりますクマの出没対策についてでありますが、これまでの出没件数は昨日現在で142件となり、その出没地域は広範にわたってきております。

 このような事態を受けまして、市では先月15日に「クマ出没対策本部」を立ち上げ、全庁を挙げて、パトロールによるクマの監視態勢や広報活動による市民への周知などを実施しているところであります。

 まだしばらくの間はクマの出没が想定されますことから、市としましては、市民の皆さんの安全と安心を第一義に置いて、その対策に万全を期してまいりたいと考えております。

 それでは、ただ今上程されました

 議案第67号 (社会資本整備総合交付金)大野市保健医療福祉サービス拠点施設整備工事(建築工事その1)請負契約の締結について

ご説明申し上げます。

 この工事は、先月13日に入札を行い落札者を決定して、19日に仮契約を締結いたしましたが、その予定価格が1億5,000万円以上となるため、地方自治法第96条第1項第5号および議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定に基づき、契約の締結について議会の議決を求めるものであります。

 契約の内容について申し上げますと、工事の場所は大野市天神町地係、契約金額は消費税額と地方消費税額を含み7億350万円、契約の概要としましては、多田記念大野有終会館北側部分の改修と増築に係る建築工事一式であります。契約の相手方は、大野市東中9号4番地の1「大野建設工業株式会社・株式会社南部工務店・株式会社長田工務店 大野市保健医療福祉サービス拠点施設整備工事建築1共同企業体」代表者、大野建設工業株式会社、代表取締役、田中ノブ子であります。

 以上、慎重にご審議の上、妥当なるご決議を賜りますようよろしくお願い申し上げます。



○議長(砂子三郎君)

 これより、説明のありました議案第67号に対する質疑に入ります。

 質疑の通告がありますのでこれを許します。

 榮君。

 (20番 榮 正夫君 登壇)



◆20番(榮正夫君)

 議案第67号に対する質疑を行います。日本共産党の榮 正夫です。

 この契約金額7億350万円は、設計価格の97.264?の請負率だと聞きますが、落札予定価格の何?の落札率か、第1に質疑します。

 第2に、現在の公共工事の入札は、一般競争入札の拡大や総合評価方式の採用、また大野市では郵便による入札、設計価格および最低制限価格の公表等の改善が進められてきましたが、公平かつ適正な入札制度の改善を通じて、地域経済に貢献していく地方自治体の役割の課題はますます重要になっています。

 そこで、現在市が発注する工事の業務委託の公契約条例、業務委託の公契約条例制定の運動が今注目されていますが、研究し、制定の意思について質疑を行うものです。



○議長(砂子三郎君)

 榮君の質疑に対する理事者の答弁を求めます。

 副市長、下河君。

 (副市長 下河育太君 登壇)



◎副市長(下河育太君)

 榮議員の質疑にお答えいたします。

 まず1番目の予定価格に対する落札額の割合、いわゆる落札率は99.24?となっております。

 次に、2番目の公契約条例制定についての考えでありますが、この件につきましては、今回提出しております議案とは直接関係はございませんが、関連がありますのでお答えさせていただきます。

 公契約条例とは、公契約に係る業務に従事する労働者へ支払うべき賃金の最低基準など、労働者の適正な労働条件を確保することを目的としました条例と認識いたしております。この条例の中心を成します最低賃金に係る労働問題などにつきましては、国の政策課題とすべき内容のものであり、一自治体の取り組みといたしましては、社会全体での統一性に欠けてしまうこと、また民間業者の雇用契約に介入することにつながり、自治体の権限を逸脱していることなどから、基本的には1つの地方自治体で解決できる問題ではなく、国が公契約に関する法整備を行い、対処していくべきものであると考えております。現時点での条例制定・整備は考えておりませんので、よろしくお願いいたします。



○議長(砂子三郎君)

 榮君。



◆20番(榮正夫君)

 今、契約条例というのは、質疑の中での答弁があったように、非常に注目されてきているようになったんです。公契約条例の本元は労務賃金とかそういうものを主体に置いてはいるんだけれども、元請けと下請けとの関係なんかについてもですね、そこの地域経済に役立つように公契約条例は作ることができるようになっているんです。しかも、今ほど副市長はおっしゃるわけですけれども、国でもこれを定めるというようにもう決定してきているわけですよ。それで千葉県野田市は昨年9月に制定しているわけですけれども、もちろん副市長がおっしゃるように、国がそういう体制を取らないとできないことははっきりしているんですけれども。

 そういうふうにして今、地域経済を本当に温めていくというやり方として、公共事業が果たす役割というのは非常に重要になっているわけで、そういう公共事業を発注していく上で、その公契約条例というのは大事になってきているんですよ。だからそれを研究する気もないんですか。



○議長(砂子三郎君)

 副市長、下河君。



◎副市長(下河育太君)

 先ほど答弁をさせていただきましたように、公契約条例については、部内でといいますか、事務レベルでは研究もさせていただきました。答弁させていただきましたように、この条例を本当にその目的に対して効果的なものとするためには、本来はやはり国が法整備をしていただかなければ効果は出せないということで、私どもは制定する考えはないという答弁をさせてもらったところであります。



○議長(砂子三郎君)

 榮君。



◆20番(榮正夫君)

 だから研究する気はないんですか。研究する気もないんですか。



○議長(砂子三郎君)

 副市長、下河君。



◎副市長(下河育太君)

 今ほど答弁させていただきましたように、内部で検討した結果、これは国で法整備をすべきだという考え方であります。



○議長(砂子三郎君)

 以上で、榮君の質疑を終結します。

 これにて質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 ただ今議題となっております議案第67号につきましては、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思います。

 これにご異議ありませんか。

 (「異議なし」の声あり)



○議長(砂子三郎君)

 ご異議なしと認めます。よって議案第67号につきましては、委員会への付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。

 (沈黙)



○議長(砂子三郎君)

 これにて討論を終結いたします。

 これより

 議案第67号 (社会資本整備総合交付金)大野市保健医療福祉サービス拠点施設整備工事(建設工事その1)請負契約の締結について

を採決いたします。

 お諮りいたします。

 ただ今議題となっております議案第67号については、原案のとおり決することにご異議ありませんか。

 (「異議なし」「異議あり」の声あり)



○議長(砂子三郎君)

 ご異議がありますので起立採決いたします。

 本案については、原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (起立多数)



○議長(砂子三郎君)

 ご着席ください。

 起立多数であります。よって議案第67号は原案のとおり可決されました。

 日程第4、

 議案第68号 (社会資本整備総合交付金)大野市保健医療福祉サービス拠点施設整備工事(建築工事その2)請負契約の締結について

を議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 市長、岡田君。

 (市長 岡田高大君 登壇)



◎市長(岡田高大君)

 ただ今上程されました

 議案第68号 (社会資本整備総合交付金)大野市保健医療福祉サービス拠点施設整備工事(建築工事その2)請負契約の締結について

ご説明申し上げます。

 この工事は、先月13日に入札を行い落札者を決定して、19日に仮契約を締結いたしましたが、その予定価格が1億5,000万円以上となるため、地方自治法第96条第1項第5号および議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定に基づき、契約の締結について議会の議決を求めるものであります。

 契約の内容について申し上げますと、工事の場所は大野市天神町地係、契約金額は消費税額と地方消費税額を含み3億7,044万円、契約の概要といたしましては、多田記念大野有終会館南側部分の改修と増築に係る建築工事一式であります。契約の相手方は、大野市庄林24号3番地「三光産業株式会社・株式会社加藤製缶・北川工務店 大野市保健医療福祉サービス拠点施設整備工事建築2共同企業体」代表者、三光産業株式会社、代表取締役、玉木 忠であります。

 以上、慎重にご審議の上、妥当なるご決議を賜りますようよろしくお願い申し上げます。



○議長(砂子三郎君)

 これより、説明のありました議案第68号に対する質疑に入ります。

 質疑の通告がありますのでこれを許します。

 榮君。

 (20番 榮 正夫君 登壇)



◆20番(榮正夫君)

 議案第68号対する質疑も第67号同様に、契約金額3億7,044万円は、設計価格の96.992?の請負率だと聞きますが、落札予定価格の何?の落札率か、質疑します。



○議長(砂子三郎君)

 榮君の質疑に対する理事者の答弁を求めます。

 副市長、下河君。

 (副市長 下河育太君 登壇)



◎副市長(下河育太君)

 榮議員の質疑にお答えいたします。落札率は98.97?でございます。

 (15番 本田 章君 退場)



○議長(砂子三郎君)

 以上で、榮君の質疑を終結します。

 これにて質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 ただ今議題となっております議案第68号につきましては、会議規則第37条第3項の規定により、委員会への付託を省略いたしたいと思います。

 これにご異議ございませんか。

 (「異議なし」「異議あり」の声あり)



○議長(砂子三郎君)

 ご異議がございますので、起立採決をいたします。

 ただ今議題となっております議案第68号につきましては、委員会付託を省略することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (起立多数)



○議長(砂子三郎君)

 ご着席ください。

 起立多数であります。よって議案第68号につきましては、委員会付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。

 (沈黙)



○議長(砂子三郎君)

 これにて討論を終結いたします。

 議案第68号 (社会資本整備総合交付金)大野市保健医療福祉サービス拠点施設整備工事(建設工事その2)請負契約の締結について

採決いたします。

 お諮りいたします。

 ただ今議題となっております議案第68号については、原案のとおり決することにご異議ありませんか。

 (「異議なし」「異議あり」の声あり)



○議長(砂子三郎君)

 ご異議がありますので、起立採決をいたします。

 本案については、原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (起立多数)



○議長(砂子三郎君)

 ご着席ください。

 起立多数であります。よって議案第68号は原案のとおり可決されました。

 以上で、本臨時会の付議事件はすべて議了いたしました。

 これをもちまして、平成22年11月第371回大野市議会臨時会を閉会いたします。

 大変ご苦労さまでございました。



(午前10時28分 閉会)