議事ロックス -地方議会議事録検索-


福井県 小浜市

平成16年  3月 定例会(第1回) 03月03日−01号




平成16年  3月 定例会(第1回) − 03月03日−01号







平成16年  3月 定例会(第1回)



     平成16年3月3日小浜市議会定例会会議録(その1)

出席議員21名

  1番 三木 尚君   2番 下中雅之君   3番 垣本正直君

  4番 藤田善平君   5番 上野精一君   6番 清水正信君

  7番 池尾正彦君   8番 風呂繁昭君   9番 井上万治郎君

 10番 池田英之君  11番 富永芳夫君  12番 小堂清之君

 13番 山本益弘君  14番 宮崎治宇蔵君 15番 深谷嘉勝君

 16番 水尾源二君  17番 山口貞夫君  18番 石野 保君

 19番 杓子 明君  20番 山崎勝義君  21番 木橋正昭君

欠席議員 なし

地方自治法第121条の規定による議場出席者職氏名

    市長             村上利夫君

    副市長            中塚安治君

    収入役            芝田敏捷君

    総務部長           和田孝夫君

    総務部政策審議監       服部由幸君

    総務部マネージャー      田井克己君

    総務部税務課長        中西武司君

    企画経営部長         東 武雄君

    企画経営部政策審議監     高鳥重郷君

    企画経営部マネージャー    上田広輝君

    市民まちづくり部長      中積重喜君

    市民まちづくり部政策審議監  高島 賢君

    市民まちづくり部

    マネージャー         富田 実君

    市民まちづくり部

    鉄道新線・公共交通課長    竹村次夫君

    市民まちづくり部

    観光交流課長         栗原 茂君

    福祉環境部長         樽谷 清君

    福祉環境部マネージャー    長谷川文治君

    福祉環境部健康長寿課長    大江正男君

    福祉環境部環境衛生課長    重田治樹君

    産業建設部長         長尾一彦君

    産業建設部政策審議監     畠山重左久君

    産業建設部マネージャー    柴田道和君

    産業建設部上下水道課長    小川修市君

    産業建設部農林水産課長    四方澄雄君

    教育委員会教育長       食見直孝君

    教育部長           儀峨雅美君

    教育部教育審議監       中元鉄男君

    教育部マネージャー      村井重喜君

    教育部文化生涯学習課長    島本俊博君

議会事務局長および書記

    議会事務局長         中野 繁

    次長             西尾清順

    書記             佐藤善一

    書記             城戸彩子

日程第1       会期決定

日程第2 議案第1号 平成15年度小浜市一般会計補正予算(第7号)

     議案第2号 平成15年度小浜市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)

     議案第3号 平成15年度小浜市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)

     議案第4号 平成15年度小浜市駐車場事業特別会計補正予算(第3号)

     議案第5号 平成15年度小浜市老人医療特別会計補正予算(第3号)

     議案第6号 平成15年度小浜市下水道事業特別会計補正予算(第4号)

     議案第7号 平成15年度小浜市農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)

     議案第8号 平成15年度小浜市漁業集落環境整備事業特別会計補正予算(第3号)

     議案第9号 平成15年度小浜市西津東部地区土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)

     議案第10号 平成15年度小浜市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)

     議案第11号 平成15年度小浜市国民宿舎事業会計補正予算(第3号)

     議案第12号 平成15年度小浜市水道事業会計補正予算(第3号)

     議案第13号 向田架道橋新設工事に関する変更協定の締結について

日程第3 議案第14号 平成16年度小浜市一般会計予算

     議案第15号 平成16年度小浜市国民健康保険事業特別会計予算

     議案第16号 平成16年度小浜市加斗財産区運営事業特別会計予算

     議案第17号 平成16年度小浜市簡易水道事業特別会計予算

     議案第18号 平成16年度小浜市駐車場事業特別会計予算

     議案第19号 平成16年度小浜市老人医療特別会計予算

     議案第20号 平成16年度小浜市下水道事業特別会計予算

     議案第21号 平成16年度小浜市農業集落排水事業特別会計予算

     議案第22号 平成16年度小浜市漁業集落環境整備事業特別会計予算

     議案第23号 平成16年度小浜市西津東部地区土地区画整理事業特別会計予算

     議案第24号 平成16年度小浜市介護保険事業特別会計予算

     議案第25号 平成16年度小浜市国民宿舎事業会計予算

     議案第26号 平成16年度小浜市水道事業会計予算

     議案第27号 小浜市部設置条例の一部改正について

     議案第28号 小浜市乳幼児医療費の助成に関する条例の一部改正について

     議案第29号 小浜市老人福祉施設の設置および管理に関する条例の廃止について

     議案第30号 小浜市ボランティア・市民活動交流センターの設置および管理に関する条例の制定について

     議案第31号 御食国若狭おばま食文化館の設置および管理に関する条例の一部改正について

     議案第32号 小浜市企業職員の給与の種類および基準に関する条例の一部改正について

     議案第33号 小浜市簡易水道設置条例の一部改正について

     議案第34号 辺地の総合整備計画の策定および変更について

     議案第35号 団体営中山間地域総合整備事業(一般型)小浜地区実施計画について

日程第4        職員の派遣について



○議長(山口貞夫君) これより平成16年第1回小浜市議会定例会を開会いたします。

            (午前10時45分)



○議長(山口貞夫君) 直ちに本日の会議を開きます。

 諸般の報告をいたさせます。



◎議会事務局長(中野繁) 報告いたします。

 平成15年12月18日第7回市町村合併特別委員会が開催されました。

 12月24日嶺南広域行政組合議会が開催され関係議員が出席いたしました。

 12月25日公立小浜病院組合議会が開催され関係議員が出席いたしました。

 12月26日平成15年度11月分例月出納検査結果報告書を受理いたしました。

 平成16年1月5日消防出初式が行われ関係議員が出席いたしました。

 同日公立小浜病院開設記念式典が行われ関係議員が出席いたしました。

 1月8日広報委員会が開催されました。

 1月19日福井県市議会議長会臨時総会が福井市で開催され正副議長が出席いたしました。

 1月20日第8回市町村合併特別委員会が開催されました。

 1月21日嶺南市町村議長会協議会が県要望活動を実施され議長が出席いたしました。

 1月23日企画総務常任委員会が開催されました。

 1月27日全員協議会が開催されました。

 同日第9回市町村合併特別委員会が開催されました。

 1月29日小浜市都市計画審議会が開催され関係議員が出席いたしました。

 同日平成15年度12月分例月出納検査結果報告書を受理いたしました。

 2月2日第10回市町村合併特別委員会が開催されました。

 2月3日議会運営委員会が開催されました。

 同日企画総務常任委員会が開催されました。

 2月4日若狭5市町村議長懇談会が開催され関係議員が出席いたしました。

 2月5日から6日にかけまして小浜上中今津朽木総合振興協議会が中央要請を行い木橋会長、山口顧問が出席いたしました。

 2月9日福井県原子力環境安全管理協議会が開催され議長が出席いたしました。

 2月16日企画総務常任委員会が開催されました。

 同日若狭消防組合議会が開催され関係議員が出席いたしました。

 2月17日小浜市土地開発公社理事会が開催され議長および企画総務常任委員長が出席いたしました。

 2月18日広域行政圏市議会協議会総会が東京で開催され副議長が出席いたしました。

 同日公立小浜病院組合議会が開催され関係議員が出席いたしました。

 2月19日企画総務常任委員会が開催されました。

 2月19日から20日にかけ福井県原子力準立地市町村連絡協議会が熊本県を視察研修され議長が出席いたしました。

 2月23日企画総務常任委員会が開催されました。

 同日嶺南広域行政組合代表者会議が開催され関係議員が出席いたしました。

 同日平成16年度1月分例月出納検査結果報告書を受理いたしました。

 2月24日企画総務常任委員会が開催されました。

 2月25日議会運営委員会が開催されました。

 同日第11回市町村合併特別委員会が開催されました。

 2月26日全員協議会が開催されました。

 2月27日全員協議会が開催されました。

 3月2日鵜の瀬のお水送り神事が行われ、それに先立ち奈良市使節団が小浜市を表敬訪問されました。

 同日平成15年度後期定期監査結果報告書を受理いたしました。

 本日議会運営委員会ならびに全員協議会が開催されました。

 ただいまの出席議員は21名であります。

 地方自治法第121条の規定による本日の議場出席者は村上市長ほか28名であります。以上報告いたします。



○議長(山口貞夫君) 本日の会議録署名議員は、小浜市議会会議規則第79条の規定により議長において7番池尾正彦君、19番杓子明君を指名いたします。

 本日の日程は配付いたしました印刷物のとおりであります。

 日程第1 会期決定を議題といたします。

 お諮りいたします。今期定例会の会期は議会運営委員会委員長より申し出のとおり、本日より3月24日までの22日間といたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

              (異議なし)



○議長(山口貞夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、会期は本日から3月24日までの22日間と決定いたしました。

 日程第2 議案第1号平成15年度小浜市一般会計補正予算(第7号)より議案第13号向田架道橋新設工事に関する変更協定の締結についてまでを一括議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。市長、村上利夫君。



◎市長(村上利夫君) ただいま日程第2をもちまして議題に供していただきました議案第1号から議案第13号につきまして提案理由のご説明を申し上げます。

 まず議案第1号平成15年度小浜市一般会計補正予算でございますが、329万2,000円を追加補正し、予算の総額を歳入歳出それぞれ151億5,332万1,000円とさせていただくものであります。歳出補正の主なものといたしましては、財政調整基金への積み立てや今富小学校体育館屋上の改修、市民サービスコーナーの移転、有害鳥獣の駆除事業等に追加補正をお願いし、また年度内に執行が困難な10事業については繰越明許、さらに債務負担行為についても18件の補正をお願いするものであります。

 次に議案第2号平成15年度小浜市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)から議案第10号平成15年度小浜市介護保険事業特別会計補正予算までの特別会計に係ります補正予算につきましては、9つの会計合わせまして2億1,619万1,000円の追加補正をお願いし114億2,996万3,000円とさせていただくものです。

 主なものといたしまして、国民健康保険事業特別会計と老人医療特別会計においては医療給付費の増額を、農業集落排水事業特別会計においては中名田農業集落排水建設事業などに追加補正をお願いするものです。また、年度内に執行が困難な3事業につきましては繰越明許を、さらに債務負担行為についても8件のそれぞれ補正をお願いするものです。

 次に議案第11号平成15年度小浜市国民宿舎事業会計補正予算につきましては、職員給与費として9万円の減額補正と債務負担行為についても1件の補正をお願いするものです。

 次に議案第12号平成15年度小浜市水道事業会計補正予算につきましては、西相生ポンプ設備工事や公共下水道移転補償工事などの工事費の減額などに伴い2,419万2,000円を減額補正するとともに債務負担行為につきましても3件の補正をお願いするものであります。

 次に議案第13号向田架道橋新設工事に関する変更協定の締結についてでございますが、市道間谷線道路改良工事のJR小浜線との立体交差について西日本旅客鉄道株式会社に委託している架道橋の新設工事が工法の変更に伴い工事費用が増額になったため、地方自治法第96条第1項第5号および議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により議会の議決をお願いするものでございます。内容の詳細につきましては、この後担当職員からご説明を申し上げますのでよろしくお願いを申し上げます。



○議長(山口貞夫君) 企画経営部長、東君。



◎企画経営部長(東武雄君) それでは私の方から平成15年度3月補正予算書に基づきまして議案第1号から議案第12号までについてご説明を申し上げます。

 まず議案第1号平成15年度小浜市一般会計補正予算案(第7号)についてでございますが、歳入歳出それぞれ329万2,000円を追加いたしまして、予算の総額を151億5,332万1,000円とするものでございます。あわせまして第2条の繰越明許費、第3条の債務負担行為の補正、第4条の地方債の補正につきましてもお願いを申し上げるものでございます。

 次のページをお願いします。まず第1表の歳入歳出補正予算でございます。歳入でございますが1款市税で827万7,000円の追加でございます。内訳は1項市民税で150万円の追加、2項固定資産税で600万円の追加、4項市たばこ税で440万円の減額、5項特別土地保有税で717万7,000円の追加、6項都市計画税で200万円の減額でございます。次に6款地方特例交付金で137万7,000円の追加でございます。1項地方特例交付金で確定に伴うものでございます。7款の地方交付税で1,338万6,000円の追加でございます。1項地方交付税で普通交付税の確定によるものでございます。第9款分担金および負担金で12万5,000円の追加でございます。1項負担金で精算に伴う補正でございます。第10款使用料および手数料で1,008万7,000円の減額でございます。内訳は1項使用料で1,098万5,000円で、内訳は住宅使用料等の減でございます。2項手数料で89万8,000円の追加でございます。次に第11款国庫支出金で2,031万4,000円の減額でございます。内訳は1項国庫負担金で1,382万2,000円の追加、2項国庫補助金で3,412万4,000円の減額、3項委託金で1万2,000円の減額でございます。いずれも事業の精算あるいは精算見込みによる補正でございます。

 次に第12款県支出金で836万6,000円の追加でございます。内訳は1項県負担金で1,628万1,000円の追加、2項県補助金で607万3,000円の減額、3項委託金で184万2,000円の減額でございます。これも国庫支出金と同じく精算あるいは精算見込みによる補正でございます。次に第13款財産収入で1,608万8,000円の減額です。内訳は1項財産運用収入で42万8,000円の減額、2項財産売払収入で1,566万円の減額でございます。次に第14款寄附金で356万8,000円の追加でございまして1項寄附金でございます。次に15款繰入金で3億325万1,000円の減額でございます。内訳は1項特別会計繰入金で200万円の減、これは駐車場事業特別会計からの繰り入れの減でございます。2項基金繰入金で3億125万1,000円でございます。主なものとしては財政調整基金で2億5,892万2,000円の減額ということでございます。第16款繰越金で1億5,300万8,000円の追加で1項繰越金でございます。第17款諸収入で3,377万5,000円の減額で、内訳につきましては第1項延滞金加算金および過料で74万1,000円の追加、3項貸付金元利収入で2,720万円の減額、4項受託事業収入で376万8,000円の追加、5項雑入で1,108万4,000円の減額でございます。次に第18款市債で1億9,870万円の追加で1項市債でございます。主なものは臨時財政対策債で2億円の追加をいたしております。ということで、今回の補正の歳入合計は329万2,000円の追加ということでございます。

 4ページをお願いします。続きまして歳出でございますが、第1款議会費で341万円の減額で1項議会費でございます。2款総務費で2億597万9,000円の追加で、内訳は1項総務管理費で2億840万9,000円、主なものは退職手当特別負担金、それに財政調整基金の積み立てが入っております。4項選挙費で179万7,000円の減額、5項統計調査費で63万3,000円の減額でございます。第3款民生費で293万3,000円の減額でございます。内訳は1項社会福祉費で896万2,000円の追加、2項児童福祉費で955万9,000円の減額、3項生活保護費で233万6,000円の減額でございます。次に4款衛生費で5,510万9,000円の減額でございます。内訳は保健衛生費で678万2,000円の減額、2項清掃費で4,832万7,000円の減額でございます。次に5款労働費で200万円の追加で1項労働諸費でございます。福井県労働福祉会館建設助成金でございます。次に第6款農林水産業費で6,701万2,000円の減額でございます。内訳は第1項農業費で5,777万5,000円の減額、第2項林業費で106万6,000円の追加、第3項水産業費で1,030万3,000円の減額でございます。次に第7款商工費で241万5,000円の追加で第1項商工費でございます。これにつきましては若狭路博で設置をいたしました風車を濱の四季の横に移設する経費298万6,000円が含まれております。次に第8款土木費で7,605万5,000円の減額で、内訳は第2項道路橋梁費で1,476万3,000円の減額、3項河川費で242万6,000円の追加、4項都市計画費で6,229万9,000円の減額、5項住宅費で141万9,000円の減額でございます。次に第9款消防費で146万8,000円の追加でございます。1項消防費でございます。第10款教育費で575万5,000円の追加で、内訳は第1項教育総務費で91万4,000円の減額、2項小学校費で1,098万8,000円の追加で、この中には今富小学校体育館の屋根補修工事費が含まれております。次に第3項中学校費で1万1,000円の減額、4項幼稚園費で149万2,000円の減額、5項社会教育費で201万6,000円の減額、6項保健体育費で80万円の減額でございます。次に11款公債費で980万6,000円の減額で1項公債費でございます。ということで、今回の歳出合計の補正額でございますけれども329万2,000円の追加ということでございます。

 次のページをお願いします。次に第2表繰越明許費でございますが、合わせて10の事業、額にいたしまして3億4,639万4,000円を翌年度に繰り越しをして執行いたしたくお願いを申し上げるものでございます。内訳といたしましては、第4款衛生費1項保健衛生費の水道水源開発施設整備事業で204万6,000円、6款農林水産業費1項農業費の県営事業負担金で1億1,452万円、3項水産業費の地域水産物供給基盤整備事業で2,100万円、第8款土木費第2項道路橋梁費の県営事業負担金で237万円、同じく緊急地方道整備事業で8,000万1,000円、第3項の河川費の河川費県営事業負担金で310万円、4項都市計画費の県営事業負担金で1,980万7,000円、山手小松原線、臨港線整備事業で2,380万円、近畿自動車道敦賀線関連事業で7,275万円、第10款教育費2項小学校費の小学校施設維持補修費で700万円をそれぞれ繰り越しをさせていただくものでございます。

 次に第3表債務負担行為補正についてでございますけれども、追加といたしまして17件お願いをするものでございます。主に施設の維持管理業務に係るもので年度内に契約をする必要があることから追加でお願いをするものでございます。なお施設の維持管理等の委託につきましては、事務の簡素化、経費の節減等を図る意味で債務負担行為の期間を平成16年度から3年ないし5年の期間でお願いをするものでございます。

 内容でございますけれども、まず市施設空調設備保守業務委託料につきましては、平成16年度から平成18年度までの3年間で2,431万8,000円、市施設エレベーター保守業務委託料につきましても平成16年度から18年度までの3年間で1,316万1,000円、市施設日常清掃業務委託料につきましても平成16年度から平成18年度までの3年間で3,225万円、市施設電気工作物保安管理業務委託料につきましても平成16年度から18年度までの3年間で1,206万6,000円、庁舎中央監視業務委託料につきましても平成16年度から18年度までの3年間で1,026万3,000円、庁舎時間外警備業務委託料につきましても平成16年度から18年度までの3年間で1,152万9,000円、ごみ収集委託料につきましては平成16年度で1億1,548万1,000円、不燃物最終処分場施設管理業務委託料につきましても平成16年度で1,908万1,000円、衛生管理所運転管理業務委託料につきましても平成16年度で3,092万3,000円、クリーンセンター運転管理業務委託料につきましても平成16年度で6,530万円、次のページお願いします。住宅増改築資金利子補給事業につきましては平成16年度から平成18年度までの3年間で75万円、働く婦人の家時間外警備業務委託料につきましては平成16年度から平成20年度までの5年間で832万円、間谷線道路改良事業JR工事委託につきましては平成16年度から平成17年度までで6,000万円、中学校管理諸経費、校舎の機械警備でございますが、平成16年度から平成20年度までの5年間で403万5,000円、公民館時間外警備業務委託料につきましても平成16年度から平成20年度までの5年間で2,212万5,000円、若狭総合公園温水プール管理費業務委託料につきましては平成16年度で1,084万円、文化会館時間外警備業務委託料につきましては平成16年度から平成20年度までの5年間で1,002万円を債務負担行為補正の追加としてお願いをするものでございます。

 次に変更でございますが、小学校管理諸経費、これは市内小学校14校の校舎の機械警備でございますが、期間の変更はなく債務負担の限度額を1,392万5,000円から512万円に変更をお願いするものでございます。

 次に9ページでございます。第4表地方債補正についてでございますが、13事業ございまして、すべて起債限度額の変更でございます。内訳でございますが、水道水源開発施設整備事業で40万円を追加して510万円に、低公害車導入事業で10万円を減額いたしまして450万円、農道整備事業で1,910万円を減額して3億7,800万円、土地改良事業で100万円を減額して3,860万円、農村整備事業で140万円を減額して補正後はゼロでございます。漁港整備事業で180万円を減額して2,430万円に、地域水産物販売・提供施設整備事業で2,200万円を減額して補正後はゼロでございます。食のまちづくり拠点施設整備事業で4,430万円を減額して2億2,840万円、道路整備事業で5,350万円を追加して1億4,230万円、急傾斜地崩壊対策事業で140万円を減額して760万円、都市計画事業で3,620万円を追加して6,720万円、公営住宅改善事業で30万円を減額して200万円、最後に地方交付税の減に対応する措置として発行が認められております臨時財政対策債でございますけれども、今回2億円を追加いたしまして7億円でお願いをするものでございます。起債の方法、利率、償還の方法につきましては補正前に同じでございます。

 次のページお願いします。次に議案第2号平成15年度小浜市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)についてでございますが、歳入歳出それぞれ9,132万2,000円を追加いたしまして、予算の総額を26億1,723万9,000円とするものでございます。

 次のページをお願いします。第1表歳入歳出予算補正のまず歳入でございますが、第1款国民健康保険税で1,247万7,000円の減額で1項国民健康保険税でございます。次に第3款国庫支出金で3,938万7,000円の追加で、内訳は1項国庫負担金で2,791万4,000円の追加、2項国庫補助金で1,147万3,000円の追加でございます。次に5款療養給付費交付金で518万9,000円の追加で1項療養給付金交付金でございます。次に第8款繰入金で5,922万3,000円の追加で、内訳は1項他会計繰入金、これは一般会計からの繰り入れでございますけれども2,920万9,000円の追加、2項基金繰入金で3,001万4,000円の追加でございます。

 12ページお願いします。続いて歳出でございますが、第1款総務費で127万1,000円の追加で1項総務管理費でございます。第2款保険給付費で8,730万5,000円の追加で、内訳は1項療養諸費で8,148万6,000円の追加、2項高額療養費で581万円の追加、5項移送費で9,000円の追加でございます。4款の介護納付金につきましては財源振り替えでございまして予算額の変更はございません。第8款諸支出金で274万6,000円の追加で1項償還金および還付加算金でございます。これにつきましては国庫負担金返還金でございます。

 次のページお願いします。次に議案第3号平成15年度小浜市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)でございますが、歳入歳出それぞれ4万8,000円を減額し、予算の総額を9,022万3,000円とするものでございます。あわせまして第2条の債務負担行為の設定につきましてもお願いをするものでございます。

 次のページお願いします。第1表歳入歳出補正予算の歳入でございますが、第3款繰入金で4万8,000円を減額するもので1項一般会計繰入金でございます。続きまして15ページ、歳出でございますが、2款公債費で4万8,000円を減額するもので第1項公債費でございます。

 次のページをお願いします。次に第2表債務負担行為についてでございますが、簡易水道維持管理経費において平成16年度で1,390万6,000円の限度額で債務負担行為の設定をお願いするものでございます。

 次に議案第4号平成15年度小浜市駐車場事業特別会計補正予算(第3号)でございますが、歳入歳出それぞれ194万9,000円を減額し、予算の総額を3,705万4,000円とするものでございます。あわせまして第2条の債務負担行為の設定につきましてもお願いをするものでございます。

 次のページをお願いします。第1表歳入歳出補正予算の歳入でございますが、第1款使用料および手数料第1項使用料で230万円の減額でございます。2款繰越金で35万1,000円の追加で1項繰越金でございます。続きまして歳出でございますが、1款駐車場事業費第1項駐車場事業費で194万9,000円の減額でございます。これにつきましては一般会計への繰出金200万円の減が入っております。

 次のページお願いします。次に第2表債務負担行為についてでございますが、駐車場管理業務委託料において平成16年度から平成20年度までの5年間で315万円の限度額で債務負担行為の設定をお願いするものでございます。

 次のページお願いします。次に議案第5号平成15年度小浜市老人医療特別会計補正予算(第3号)でございますが、歳入歳出それぞれ1億2,270万円を追加いたしまして予算の総額を34億1,290万7,000円とするものでございます。

 次のページお願いします。第1表歳入歳出補正予算の歳入でございますが、1款支払基金交付金1項支払基金交付金で7,834万8,000円の追加、2款国庫支出金1項国庫負担金で2,949万6,000円の追加、第3款県支出金1項県負担金で737万1,000円の追加、4款繰入金1項一般会計繰入金で748万5,000円を追加するものでございます。続きまして歳出でございますが、2款医療諸費1項医療諸費で1億2,260万円の追加で医療給付費でございます。3款諸支出金1項償還金で10万円の追加でございます。

 次のページお願いします。次に議案第6号平成15年度小浜市下水道事業特別会計補正予算(第4号)でございますが、歳入歳出それぞれ2,036万8,000円を減額し、予算の総額を22億2,424万3,000円とするものでございます。あわせまして第2条繰越明許費、第3条債務負担行為、第4条地方債の補正につきましてもお願いをするものでございます。

 次のページお願いします。第1表歳入歳出予算補正のまず歳入でございますが、第1款分担金および負担金1項負担金で4,005万円の追加、2款使用料および手数料で183万1,000円の追加で、内訳は1項使用料で179万1,000円、2項手数料で4万円のそれぞれ追加でございます。第3款国庫支出金2項委託金で6,000円の減額、第4款県支出金第1項県補助金で75万円の追加、第5款繰入金第1項一般会計繰入金で2,836万5,000円の減額、第6款繰越金1項繰越金で384万円の追加、第7款諸収入第3項雑入で66万8,000円の減額、第8款市債第1項市債で3,780万円の減額をそれぞれお願いするものでございます。続きまして歳出でございますが、第1款下水道事業費第1項下水道管理費で656万9,000円の減額、第2款公債費第1項公債費で1,379万9,000円の減額でございます。

 次のページお願いします。次に第2表繰越明許費についてでございますが、2つの事業がございます。第1款下水道事業費第2項下水道建設費の管渠整備事業におきまして4億4,060万円、浄化センター建設事業において2,935万円をそれぞれ翌年度に繰り越しをさせていただくものでございます。

 次に第3表債務負担行為についてでございますが、2件ございまして、1つ目は浄化センター管理運営費において平成16年度で9,361万6,000円、浄化センター電気工作物保安管理業務委託料において平成16年度から平成18年度までの3年間で149万7,000円の限度額で債務負担行為の設定をお願いするものでございます。

 次のページお願いします。次に第4表地方債補正でございますが、公共下水道事業において限度額を3,780万円減額いたしまして8億1,440万円とするもので、起債の方法、利率、償還の方法につきましては補正前に同じでございます。

 次に議案第7号平成15年度小浜市農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)でございますが、歳入歳出それぞれ2,957万3,000円を追加し、予算の総額を9億2,592万1,000円とするものでございます。あわせまして第2条の繰越明許費、第3条の債務負担行為についてもお願いをするものでございます。

 次のページお願いします。第1表歳入歳出予算補正のまず歳入でございますが、1款分担金および負担金1項負担金で85万円の減額、2款使用料および手数料で95万1,000円の減額で、内訳は1項使用料で144万円の減額、2項手数料で48万9,000円の追加でございます。第4款財産収入1項財産運用収入で2万4,000円の追加でございます。5款繰入金で886万7,000円の減額で、内訳は1項一般会計繰入金で318万8,000円の減額、2項基金繰入金で567万9,000円の減額でございます。第6款繰越金第1項繰越金で2,206万円の追加でございます。第7款諸収入第1項雑入で1,645万7,000円の追加で消費税還付金でございます。続きまして歳出でございますが、第1款農業集落排水事業費1項農業集落排水事業費で3,624万7,000円の追加でございます。2款公債費1項公債費で667万4,000円の減額でございます。

 次のページお願いします。次に第2表繰越明許費についてでございますが、第1款農業集落排水事業費第1項農業集落排水事業費の中名田農業集落排水施設建設事業において4,918万円を翌年度に繰り越しをさせていただくものでございます。

 続きまして第3表債務負担行為についてでございますが2件ございます。1件目は農業集落排水施設管理運営費において平成16年度で2,056万4,000円、農業集落排水施設電気工作物保安管理業務委託料において平成16年度から平成18年度までの3年間で109万8,000円の限度額で債務負担行為の設定をお願いするものでございます。

 次のページお願いします。次に議案第8号平成15年度小浜市漁業集落環境整備事業特別会計補正予算(第3号)でございますが、歳入歳出それぞれ347万6,000円を減額し、予算の総額を7,664万8,000円とするものでございます。あわせまして第2条の債務負担行為の設定につきましてもお願いするものでございます。

 次のページお願いします。第1表歳入歳出予算補正の歳入でございますが、第1款使用料および手数料1項使用料で248万1,000円の減額、第2款財産収入第1項財産運用収入で2,000円の追加、第3款繰入金第2項基金繰入金で139万2,000円の減額、第4款繰越金1項繰越金で39万5,000円を追加するものでございます。続きまして歳出でございますが、第1款漁業集落環境整備事業費第1項漁業集落環境整備事業費で347万6,000円を減額するものでございます。

 次のページお願いします。続きまして第2表債務負担行為についてでございますが、漁業集落排水施設管理運営費において平成16年度で1,125万6,000円、漁業集落排水施設電気工作物保安管理業務委託料において平成16年度から18年度までの3年間で38万7,000円の限度額で債務負担行為の設定をお願いするものでございます。

 続きまして議案第9号平成15年度小浜市西津東部地区土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)でございますが、予算額の補正はございませんで歳入においての財源補正でございます。

 次のページお願いします。第1表歳入予算補正の歳入でございますが、1款繰入金1項一般会計繰入金で21万円を追加し、2款諸収入1項雑入で21万円を減額するものでございます。これにつきましては雑入につきましては清算徴収金の減でございます。

 続きまして議案第10号平成15年度小浜市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)でございますが、歳入歳出それぞれ156万3,000円を減額し、予算の総額を20億3,962万9,000円とするものでございます。

 次のページお願いします。第1表歳入歳出予算補正の歳入でございますが、第1款保険料第1項介護保険料で210万1,000円の追加、第4款国庫支出金で1,603万9,000円の減額で、内訳は1項国庫負担金で500万8,000円の減額、第2項国庫補助金で1,103万1,000円の減額でございます。第5款支払基金交付金第1項支払基金交付金で801万2,000円の減額でございます。第6款県支出金第1項県負担金で313万円の減額でございます。第7款財産収入第1項財産運用収入で7万1,000円の減額でございます。第8款繰入金第1項一般会計繰入金で319万円の減額でございます。第9款繰越金第1項繰越金で2,677万8,000円の追加でございます。

 続きまして歳出でございますが、第1款総務費第4項趣旨普及費で40万4,000円の減額、第2款保険給付費第1項介護サービス等諸費で2,504万円の減額でございます。主な内容ですが、居宅介護サービス給付費で1,524万6,000円の追加、施設介護サービス給付費で4,298万9,000円の減となっております。第4款基金積立金1項基金積立金で2,388万1,000円の追加でございます。

 次のページお願いします。次に議案第11号平成15年度小浜市国民宿舎事業会計補正予算(第3号)でございますが、第2条については収益的支出の予定額を第1款国民宿舎事業費を第1項営業費用において9万円減額いたしまして、第1款の予定額の総額を1億3,538万5,000円とするものでございます。次に第3条、債務負担行為についてでございますが、国民宿舎電気工作物保安管理業務委託料におきまして平成16年度から平成18年度までの3年間で33万9,000円の限度額で債務負担行為の設定をお願いするものでございます。次に第4条、議会の議決を経なければ流用することのできない経費でございますが、次のページをおめくりいただきたいと思います。職員給与費で今回51万円追加いたしまして2,886万2,000円と設定させていただくものでございます。

 次に議案第12号平成15年度小浜市水道事業会計補正予算案(第3号)でございますが、第2条につきましては、まず収益的収入の予定額を第1款事業収益第1項営業収益において590万9,000円の追加、第2項営業外収益において17万5,000円追加いたしまして第1款の総額を4億939万5,000円とするものでございます。収益的支出につきましては、その予定額を第1款事業費第1項営業費用において47万4,000円の追加、第2項営業外費用において70万1,000円を減額いたしまして第1款の総額を3億9,573万1,000円とするものでございます。

 次に第3条、資本的収入および支出でございますが、資本的収入額が資本的支出額に不足する額2億3,669万円を2億4,039万1,000円、過年度分損益勘定留保資金2億2,013万4,000円を2億2,383万5,000円に改めまして資本的収入および支出の予定額を次のページのとおり補正するものでございます。47ページお願いします。まず収入の部でございますが、第1款資本的収入において補正予定額として2,766万6,000円を減額するものでございます。内訳は第1項企業債で710万円の減額、第2項出資金で38万6,000円の追加、第3項工事負担金で2,309万8,000円の減額、第4項他会計負担金で21万8,000円の追加、第5項国庫補助金で115万7,000円の追加、第6項県補助金で77万1,000円の追加でございます。次に支出の部でございますが、第1款資本的支出において補正予定額といたしまして2,396万5,000円を減額するものでございます。第1項建設改良費でございます。

 次に第4条、債務負担行為についてでございますが3件ございます。まず水質検査委託料において平成16年度で280万6,000円、湯岡水源事務所管理委託料において平成16年度で412万1,000円、水道施設電気工作物保安管理業務委託料において平成16年度から平成18年度までの3年間で96万9,000円の限度額で債務負担行為の設定をお願いするものでございます。

 次に第5条、企業債についてでございますが、起債の限度額を2億3,100万円から710万円減額いたしまして2億2,390万円に改めるものでございます。

 以上議案第1号から議案第12号までの予算に関連いたします議案の説明にかえさせていただきます。よろしくお願いをいたします。



○議長(山口貞夫君) 総務部長、和田君。



◎総務部長(和田孝夫君) それでは議案第13号向田架道橋新設工事に関する変更協定の締結について説明をさせていただきます。

 市道間谷線、これは勢地区にあるんですが、その市道間谷線の道路改良工事に伴いましてですね、JR小浜線との立体交差がございまして、そこを架道橋の工事をするものでございます。今回ですね、転石等が出てまいりまして、そうした関係から工法を変更することが必要ということになりましたので、そうしたことで変更協定を締結させていただきたいというものでございます。既にですね、議会の議決を得た金額といたしましては3億6,135万円ございます。今回変更により増額する額でございますが6,222万円、変更後の協定金額といたしましては4億2,357万円でございます。契約の相手方につきましてはですね、西日本旅客鉄道株式会社、これは金沢支社長と契約をいたしております。契約の期間でございますが14年の2月19日から17年の10月31日までという契約期間を設けております。よろしくお願いをいたします。



○議長(山口貞夫君) これより質疑に入ります。質疑はありませんか。14番、宮崎君。



◆14番(宮崎治宇蔵君) それでは3点お伺います。

 ただいま第1号議案の一般会計から第12号議案の水道事業会計までそれぞれ予算計上されましたけれども、説明ございましたけれども、議案第2号平成15年度小浜市国民健康保険事業特別会計補正予算、それから議案第5号平成15年度小浜市老人医療特別会計補正予算、それから議案第10号平成15年度小浜市介護保険事業特別会計補正予算についてそれぞれお伺いします。

 まず議案第2号の国保特別会計でございますが9,132万2,000円の補正でございますけれども、先日の全員協議会では、不況の影響から社会保険から国保の会計へ移ったのが非常に大きいという要因が挙げられましたけども、その辺のところをもう少し説明願いたいと思います。

 それから老人医療特別会計ですけども、合計で1億2,270万円という大変大きな金額が計上されてるわけでございますが、その要因としてこれも先般の全員協議会で平成14年10月の法改正によるものが大きいという説明でございましたけれども、その経緯について説明をしていただきたいと思います。

 それからもう1点は介護保険事業特別会計ですけども、156万3,000円の減額補正ということでございますが、その中身を見ますと、居宅介護サービス給付費で1,524万6,000円、そして施設介護サービス給付費で減額の4,298万9,000円というのが主なものでありますが、その要因と今後の動向について説明をしていただきたいと思います。



○議長(山口貞夫君) 福祉環境部長、樽谷君。



◎福祉環境部長(樽谷清君) それでは国民健康保険の補正の理由でございます。言わせていただきます。

 補正の理由につきましては自然増というて医療の技術が大変上がっております。それによりますのと、平成14年の10月に法改正がありまして70歳を超えて74歳までの医療費を持つようになりまして非常に高額となりました。それににつきましては237人の増員でございます。

 それから老人医療につきましての補正の理由でございます。老人医療につきましては、老人1人当たり年間に使うお金が55万5,000円から56万5,000円と非常に上がっております。それと老人がすぐに医者に行かれるということで、特に12月のこの寒い時期につきましては非常に医療費が上がっておる次第でございます。以上、簡単でございますが説明させていただきました。



○議長(山口貞夫君) 健康長寿課長、大江君。



◎福祉環境部健康長寿課長(大江正男君) 介護保険の補正の中身と今後の動向についてのお尋ねでございますので私の方から説明をさせていただきます。

 3月補正のトータルにおきましては、今議員ご指摘のようにトータルでいきますとマイナスの156万3,000円でありましたけれども、今ほど議員のご指摘のように居宅介護サービス給付費で1,524万6,000円の増額、また施設介護サービス給付費では4,298万9,000円の減額となっております。その中身を見てまいりますと、12月補正にも計上させていただきましたけれども、当初の伸びよりも大きく居宅サービス給付費が伸びております。伸びの要因でございますけれども、デイサービスや訪問介護等の施設サービス機関の充実があったほか、全体的に申し上げますと、平成12年度よりスタートしました介護保険でありますけれども、要介護認定者が大きく伸びております。先日の新聞にも載っておりましたように、スタートしました平成12年と対比いたしますと全国で71%の伸びでございますし、本市におきましても平成12年度の要介護認定者843名に対しまして平成15年度には1,276人ですから50%を超える伸びでございます。認定者の伸びが給付費の増に影響しております。また今回の補正の委員でございますけれども、今ほど申し上げました原因のほか、国におけます平成15年度の介護報酬等の見直しがかかるのも大きな原因でございます。今申し上げますと在宅が報酬が増えまして施設サービス費が減ってるというものでございます。

 もう1点、今後の動向でございますけれども、介護保険制度の基本は居宅においての生活でございますので、国の制度そのものの動向に合わせまして居宅サービスの利用が今後も高くなってくるものと予測しております。以上でございます。



○議長(山口貞夫君) 14番、宮崎君。



◆14番(宮崎治宇蔵君) それではもう少しお伺いします。

 国保特別会計ですけども、270名余りの方が増えてるということでございますが、もう少しお伺いしたいのは、先ほど申し上げましたように不況の影響等で社会保険から国保へ変わられてるという方が多いということと、それから今部長の方から説明ございました老人医療の法が改正になりまして、老人医療が70歳が75歳までに段階的になっていくということでそのところがですね、国保の方に移ってくるということでございますが、その辺のところをですね、今回のこの9,132万2,000円という計上をされておりますが、そういう内訳等につきましてお伺いしたいと思います。

 それから老人医療特別会計ですけども、今説明ございましたように、平成14年度の10月に老人保健法が改正されまして、特にお年寄りの医療費がですね、自己負担が今まで定額制であったものが定率制に改悪されまして自己負担の限度額が大幅に増額されて負担が大変重くなってきておるということでございます。そういうことでこの老人医療特別会計ですけども、先ほど部長の方から1人当たりの負担が若干増えたように思いますが、答弁ございましたが、今後の伸びといいますか、そういう点につきましてお伺いしたいと思います。

 それからもう1点は介護保険でございますが、今説明あったわけですけども、居宅介護サービスについてはわかりましたけども、施設介護サービスが4,298万円減額補正になっとるわけですけども、その点についてお伺いしたいと思います。

 それからもう1回、前後しますけども国保会計見ますとですね、基金の繰り入れを大分行ってるわけですけども、不況等で国保への加入が増える、そしてまた老人医療からの高齢者がここの国保へ加入が増えてきますと、国保会計というのが非常に圧迫されてくるんじゃないかというふうに考えるわけですけども、その点お伺いします。



○議長(山口貞夫君) 健康長寿課長、大江君。



◎福祉環境部健康長寿課長(大江正男君) 私の方から最初に介護保険の方から説明させていただきます。

 まず今ほど議員のご指摘のように、施設サービスが下がった要因でございますけれども、これはご高承のとおり小浜市、平成14年度と15年度を対比いたしますと、14年度につきましては宮川のひまわり荘等の施設が増えたわけですけれども、平成15年度中にはいわゆるそういう施設が増えませんでしたもんですから、当初の予定では、今先ほど申し上げましたように平成15年度の介護報酬等の減額によりまして当初よりも伸びなかったというのが主な原因でございます。逆に居宅サービスについては上がっております。

 それから国保の形なんですけど、先ほど部長が申し上げましたように国保の影響につきましては、平成14年度の人数で申し上げますと、トータルでいきますと平成14年度が1万2,692人いらっしゃいまして、平成15年度は1万2,929名、部長が申し上げましたように237人のアップでございます。それにつきましては、先ほど申し上げましたように、平成14年10月の法改正によりまして従来老人医療で見ていたやつを国保で見るというのが大きな要因でございますし、先ほど議員さんがご指摘のございましたように、不況等によりまして、リストラ等によりまして、いわゆる社保から国保に転入された方が多うございます。

 それから老人医療でございますけれども、平成14年度につきましては6,032名でございまして、平成15年の見込みなんですけども5,864名、大体168名ほど減っております。それにつきましては先ほど部長が医療費単価も上がったと申し上げましたけれども、単純に1人頭単価で割りますと平成14年度の単価は55万5,860円、これは総トータルで割った数でございますけども、平成15年度におきましては今の現段階では56万5,503円となっておりまして1万円ほどアップしております。ですから老人医療については平成14年度と対比いたしますと全体的な予算については下がっております。それから国保については上がっております。そういうふうな形が大きい要因でございますし、今後の形につきましても平成14年の10月に法改正があった時点で段階的にそれが上がっていくもんですから、今後もあと3年ほどこの傾向が増えると思います。

 最後に国保の基金繰り入れについてでございますけれども、これは今小浜市の国保基金は5億5,000万円ほどございます。毎年少しずつですけども減らしていただいてますけども、大体この基金の国の指導で行きますと、小浜市の予算につきましては大体25億円ベースの予算になってございますので、それの約1割が基金として持たなければならないという制度がございます。うちの場合でいきますと約2億5,000万円ほどなんですけれども、大体今5億ほどございますし、将来的には平成20年ごろには福井県一本に国保会計が統一されるということもございますので、できるだけ市民の皆様に負担をかけないように、いわゆる基金の繰り入れをしながら今後も対応してまいりたいと考えておりますのでよろしくご理解をお願いいたします。以上です。



○議長(山口貞夫君) ほかに質疑はありませんか。−−質疑なしと認め、これをもって質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第1号平成15年度小浜市一般会計補正予算(第7号)より議案第13号向田架道橋新設工事に関する変更協定の締結についてまでは小浜市議会会議規則第37条第2項の規定により委員会の付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

              (異議なし)



○議長(山口貞夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第1号平成15年度小浜市一般会計補正予算(第7号)より議案第13号向田架道橋新設工事に関する変更協定の締結についてまでは委員会の付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。討論はございませんか。−−討論なしと認め、これをもって討論を終結いたします。

 休憩いたします。

            (午前11時55分)



○議長(山口貞夫君) 再開いたします。

            (午後1時0分)



○議長(山口貞夫君) 午前中におきましては議案第1号平成15年度小浜市一般会計補正予算(第7号)より議案第13号向田架道橋新設工事に関する変更協定の締結につきまして質疑、討論を終結いたしましたのでこれより採決に入ります。

 ただいまの出席議員は20名であります。

 議案第1号平成15年度小浜市一般会計補正予算(第7号)を採決いたします。

 本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の挙手を求めます。

              (全員挙手)



○議長(山口貞夫君) 挙手全員であります。

 よって、議案第1号は原案のとおり可決されました。

 議案第2号平成15年度小浜市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)を採決いたします。

 本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の挙手を求めます。

              (全員挙手)



○議長(山口貞夫君) 挙手全員であります。

 よって、議案第2号は原案のとおり可決されました。

 議案第3号平成15年度小浜市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)を採決いたします。

 本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の挙手を求めます。

              (全員挙手)



○議長(山口貞夫君) 挙手全員であります。

 よって、議案第3号は原案のとおり可決されました。

 議案第4号平成15年度小浜市駐車場事業特別会計補正予算(第3号)を採決いたします。

 本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の挙手を求めます。

              (全員挙手)



○議長(山口貞夫君) 挙手全員であります。

 よって、議案第4号は原案のとおり可決されました。

 議案第5号平成15年度小浜市老人医療特別会計補正予算(第3号)を採決いたします。

 本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の挙手を求めます。

              (多数挙手)



○議長(山口貞夫君) 挙手多数であります。

 よって、議案第5号は原案のとおり可決されました。

 議案第6号平成15年度小浜市下水道事業特別会計補正予算(第4号)を採決いたします。

 本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の挙手を求めます。

              (全員挙手)



○議長(山口貞夫君) 挙手全員であります。

 よって、議案第6号は原案のとおり可決されました。

 議案第7号平成15年度小浜市農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)を採決いたします。

 本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の挙手を求めます。

              (多数挙手)



○議長(山口貞夫君) 挙手多数であります。

 よって、議案第7号は原案のとおり可決されました。

 議案第8号平成15年度小浜市漁業集落環境整備事業特別会計補正予算(第3号)を採決いたします。

 本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の挙手を求めます。

              (全員挙手)



○議長(山口貞夫君) 挙手全員であります。

 よって、議案第8号は原案のとおり可決されました。

 議案第9号平成15年度小浜市西津東部地区土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)を採決いたします。

 本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の挙手を求めます。

              (全員挙手)



○議長(山口貞夫君) 挙手全員であります。

 よって、議案第9号は原案のとおり可決されました。

 議案第10号平成15年度小浜市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)を採決いたします。

 本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の挙手を求めます。

              (全員挙手)



○議長(山口貞夫君) 挙手全員であります。

 よって、議案第10号は原案のとおり可決されました。

 議案第11号平成15年度小浜市国民宿舎事業会計補正予算(第3号)を採決いたします。

 本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の挙手を求めます。

              (全員挙手)



○議長(山口貞夫君) 挙手全員であります。

 よって、議案第11号は原案のとおり可決されました。

 議案第12号平成15年度小浜市水道事業会計補正予算(第3号)を採決いたします。

 本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の挙手を求めます。

              (多数挙手)



○議長(山口貞夫君) 挙手多数であります。

 よって、議案第12号は原案のとおり可決されました。

 議案第13号向田架道橋新設工事に関する変更協定の締結についてを採決いたします。

 本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の挙手を求めます。

              (全員挙手)



○議長(山口貞夫君) 挙手全員であります。

 よって、議案第13号は原案のとおり可決されました。

 日程第3 議案第14号平成16年度小浜市一般会計予算より議案第35号団体営中山間地域総合整備事業(一般型)小浜地区実施計画についてまでを一括議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。市長、村上利夫君。



◎市長(村上利夫君) 提案理由の説明に先立ちまして所信の一端を申し述べたいと存じます。

 私が市長に当選をさせていただいたのは平成12年の7月で、間もなく任期も満了を迎えようとしております。これまで市政を支えてくださいました議員各位、市民の皆様に改めて感謝を申し上げる次第でございます。振り返ってみますと、この年、12年の4月には地方分権一括法が施行されました。行政の主役は基礎的自治体である市町村であることが明確に示された年でもございました。そして同年12月、これまでの国、地方を通ずる行政の組織、制度のあり方、行政と国民との関係等を抜本的に見直し、新たな行政システムの構築を目指した行政改革大綱が策定されたのであります。市町村合併、公務員制度改革、公益法人改革、21世紀の環境にふさわしい競争的な経済システムをつくるための規制緩和の推進等の始まりであります。同じく12月には男女共同参画基本計画が閣議決定され内閣府に男女共同参画局が新設されております。そして経済はバブル景気がはじけ飛んでから、経済再生のためそれまでに何度も財政出動や減税等もありましたが、景気回復はなく経済成長率ゼロの中で市長に就任させていただいたわけであります。このような激動の中、厳しい環境の中、第4次総合計画、新都市計画マスタープラン、中長期財政計画を策定し、食のまちづくり条例を制定し、議員各位、市民の皆様とともに取り組ませていただいてまいりました。

 平成13年には市制50周年記念行事を皆さんとともに慶賀し、15年には若狭路博2003も成功裏に開催させていただきました。この間、なお問題はこれからですが、北朝鮮に拉致されていた地村君夫妻が帰国するという青天へきれきの出来事もございました。まさに激動の2字に尽きる感のするこの4年近くでございましたが、残された課題は山積しているものの総合計画の主なプロジェクトのいくつかは軌道に乗り始め、行財政改革も一定の成果をおさめつつあり健全財政を維持することができました。重ねて議員各位、市民の皆様のご指導、ご協力に感謝を申し上げる次第でございます。

 地方には実感が伴わないものの、内閣府が発表した国内総生産GDPは年率7%増と発表されており、経済は復活軌道に乗ったとの見方が高まっております。こうした中、夢と希望を持って託された期間、市政に邁進する所存でございますので皆様のご指導をお願い申し上げる次第であります。

 それでは平成16年度の諸施策について申し述べます。

 まず本市のまちづくりの基幹、根幹をなす食のまちづくり事業の推進についてでございますが、平成16年度も引き続き食のまちづくりについて市民の方々への趣旨や具体的取り組みの普及啓発を図ってまいります。この中で、本年度までに食のまちづくり条例に基づいて各地区で策定されております新世紀いきいきまち・むらづくり地区振興計画につきましては、平成16年度以降の実践活動等についても引き続き支援していくことによって、より早く、よりよくまちづくりが具体化できるよう機運を醸成してまいりたいと考えております。あわせて地区振興計画を取りまとめ、小浜市の食のまちづくりに関する基本計画の策定にも取り組んでまいります。

 食文化館のキッチンスタジオにおいて昨秋から取り組んでおります食育事業、幼児調理実習キッズキッチンが福井県下では初めて農林水産省、文部科学省、厚生労働省の後援する地域に根差した食育コンクール2003において特別賞を受賞し、食育への取り組みが評価され全国的に報道されるなど、食のまちづくり、そして御食国若狭おばまが着実に全国へ広まりつつあると認識しているところでございます。

 また毎年1月は政府が定めた食を考える月間でございますが、本市におきましても食文化館において食の教育活動パネル展示や作文・図案コンクール展、食の安全・安心講座など食関連の事業を集中して実施したところであります。さらに北陸農政局主催の食育シンポジウム、元気な子供たちはスローフードからにおきまして谷田部ネギの栽培体験や給食での利用などで積極的に食育を実践している口名田小学校の取り組みが認められ、北陸管内の優良事例として発表する機会を得、多くの方々の関心を集めたところであります。今後ともより一層食のまちづくり拠点施設である食文化館を中心に、食育の推進はもとより食関連の施策の推進、そして充実に努めてまいりたいと考えております。

 なお4月下旬のオープンを目指して建設を進めております地域水産物提供施設(食事処)につきましては、その設置に当たり今議会において御食国若狭おばま食文化館の設置および管理に関する条例の一部改正をお願いするものであります。また施設の名称につきましては、先般市民からの募集を行い御食国若狭おばま食文化館「濱の四季」とさせていただいたところで、オープンに向け順調に工事が進んでいるところであります。この地域水産物提供施設は、食文化館の機能を補完する施設であり、別館として位置づけ、食文化館と一体的に運営する予定であります。地域の水産物を活用しながら御食国にふさわしいメニューをはじめスローフードすなわち郷土料理等を提供し市内飲食店等へのパイロット的な役割が果たせるよう努めてまいりたいと考えております。

 今後、食のまちづくりの拠点施設である食文化館へのより一層の集客を図り、観光交流人口の増大を目指す観点からキッチンスタジオ等と連携した食育、食の安全安心等の企画展、イベントの実施、工房体験メニューの開発などを行ってまいります。さらに市内外のマスコミや学校、団体、姉妹都市へのPRを積極的に進めるとともに、館の弾力的な利用基準を定めイベント等の利用を推進してまいります。加えて食文化館と市内観光地、商業地等を組み合わせた観光コース、散策コースの設定などを推進することによって地域産業全般にわたる振興に寄与できるものと考えております。食のまちづくりに関する実践活動を推進するため、引き続き絵画全国公募「命のかたち」展を開催するほか、特産であるサバのなれずしなど本市の食文化を知っていただく機会をつくるため、主に日本まんなか共和国を構成する市町村との交流を推進してまいりたいと考えております。

 また地産地消を基本とした食育の推進の観点から、食文化館と小学校を結ぶ食育ネットワークづくりの調査研究や食の食育推進事業を展開してまいります。なお学校教育での食育の推進につきましては、昨年度から2年間、御食国若狭おばま食の教育推進事業として取り組み、地域の多くの方々のご協力を得て多大な成果を上げることができました。地域の食文化を体験的に学んだり、望ましい食生活について学習したり、また子供たち自身が食材を育てて学校給食に活用するなど、市内全部の小中学校でさまざまな学習に取り組んでまいりました。今後はこの2年間の事業の成果を生かし、地域との連携を一層深めながら各学校でさらに特色ある取り組みを平成16年度から2カ年の継続事業として進めてまいりたいと考えております。さらに海の幸に恵まれた当地若狭おばまの食のまちとしての知名度をより一層高めることを目的として、御食国若狭おばまの魚のおいしさを科学的に実証する研究に対しても支援を行ってまいります。

 食のまちづくりを進める上で観光交流人口を増やすことは重要な要素の1つですが、昨年行った若狭路博でのアンケート調査において9割以上の方々がもう一度若狭路を訪れたい、そして魅力あふれる若狭路の海や自然、食、文化財に触れたいとの結果が出ております。これを追い風として今後は、いかそう若狭路博プロジェクトチームのご意見などを参考にしながら観光交流人口の拡大を目指したソフト事業を積極的に展開してまいりたいと考えております。具体的には小浜市の観光拠点施設であります食文化館でのキッチンスタジオや伝統工房での体験と市の観光コースを組み合わせた体験バスツアーや観光バス誘致誘客事業に取り組むとともに、月刊誌への広告掲載による観光PR等を実施してまいります。

 また国際交流の面でも海のシルクロードという歴史的、地理的にもつながりの深い文化、経済交流を進めるため、ことしは三千年の歴史と文化を誇る中国西安市を訪問し、友好都市協定について協議し交流を広げるきっかけにいたしたいと考えております。

 交流人口の拡大を図るために必要不可欠なのがボランティアや市民活動でありますが、若狭路博2003では、ボランティアをはじめとする市民活動団体や企業、行政が三位一体となり市民総ぐるみのもてなしで成功をおさめることができました。今後ボランティアや市民活動団体がまちづくりに参画していただくことが大変重要であるとの考えから、この体制づくりの一環として、現在つばき回廊業務棟3階にありますボランティア・市民活動支援センターと市民サービスコーナーを1階に移転することといたしております。このフロアにおきまして市民活動団体等の活動拠点施設として小浜市ボランティア・市民活動交流センターを6月に開設することとし諸準備を進めているところであります。この交流センターを拠点として、各種市民活動団体がネットワークへ参加し、活動情報を交換発信することによってまちづくりへの積極的な参加が促進されるものと期待しているところであります。

 次にまちづくりのための中心市街地活性化事業についてですが、平成15年2月に策定いたしました基本計画に沿ったまちづくり実現のための推進母体である中心市街地活性化推進ワーキング会議を12月に設置したところでございます。このワーキング会議は市民、商業者、市民活動団体、関係団体、商工会議所、行政から25名が参画し市と商工会議所が事務局を務めております。平成15年度ではワーキング会議で方向性や優先事業の検討を行うとともに、それに必要な専門部会の絞り込みを行い、平成16年度からは必要な専門部会を立ち上げ各事業の目標や計画、内容等について協議していく予定であります。ワーキング会議と専門部会が連携を密にし活性化事業の具体的な計画を立てた後、平成17年度からは計画に基づき活性化事業を実施していく予定でございます。同時に小浜市版まちづくり会社(TMO)についてもその必要性を含め検討してまいりたいと考えております。

 また食のまちづくりを推進するための主要施策の1つとして、平成14年度から15年度にかけて本市の環境の基本的方向を定めるため環境審議会を設置して環境基本計画の策定を行っているところでありますが、今月中には広く市民の皆様からの意見をいただくためのパブリックコメントを実施する計画であります。新年度では、これらを踏まえ5月に環境審議会より答申をいただく予定になっております。その後引き続いて環境保全の基本指針となる環境基本条例の制定に取り組んでまいりたいと考えております。

 さらに風光明媚な自然環境と由緒ある歴史文化との調和のとれたまちづくりを推進するため景観条例を制定いたしたいと考えております。条例の内容につきましては、学識経験者、市民、行政機関からなる景観条例検討委員会を設置し、歴史と文化が息づく若狭小浜にふさわしい条例案を策定いたしたいと考えているところであります。

 歴史遺産を活用したまちづくりといたしましては、町並み保存対策事業で地域の環境と調和したまちづくりを図るため、伝統的建造物群保存地区の選定を目指して景観形成助成金を交付し、町並み保存に対する意識の啓発を図るとともに、文化遺産として価値のある町並みと食の館、町並み保存資料館を活用して地域の活性化を図ってまいります。さらに市内に数多く有する歴史的文化遺産を生かし魅力ある地域の振興を図るため、世界遺産暫定リスト登載を目指し、まず市民の意識の高揚を図るための講演会を開催するとともに継続して市内神宮寺遺跡の試掘調査を実施いたします。加えて歴史的なまち小浜のシンボルとして小浜城の復元を目指し、市民の理解を得、小浜城復元市民の会を立ち上げて募金活動を開始し、建設事業に資するとともに市民の機運を盛り上げてまいりたいと考えております。こうした本市の食のまちづくりと歴史文化が大いに生かせる催しとして、文化の国体とも言われております第20回国民文化祭が来年の10月に本県において開催されます。本市におきましては、茶道フェスティバルと越前・若狭食の祭典が開催される予定となっており、平成16年度におきましては、お寺での茶会の開催、鯖料理の振る舞い、お茶と歴史の探索といった関連事業をプレイベントとして計画しているところであります。

 さて、まちづくりの基盤となります交通網の整備について申し述べます。まず鉄道関係につきましては、JR小浜線の電化開業から1周年を迎えようとしており、また平成15年10月に着工した湖西線、北陸本線の直流化工事は18年秋の開業に向け順調に進捗をいたしております。嶺南鉄道整備3点セットの最大の課題であり、嶺南地域の長年の悲願である琵琶湖若狭湾快速鉄道が直流化の開業に引き続き速やかに着手できるよう、現在福井、滋賀両県による県レベルの検討機関の設置や財政支援制度の整備などを関係方面へ強く要望しているところであります。今後滋賀県側への働きかけを強化するため、平成17年1月に今津町、朽木村など6町村で構成される滋賀県高島郡が合併して1市になるのを機会に、福井県側の同盟会と滋賀県側の同盟会を一本化いたしたいと考えております。これにより、より緊密な連携のもと建設促進に向けた取り組みが進められるものと考えております。

 一方、嶺南地域の連携を一層強化するため、昨年12月には上中町長とともに嶺南の各市町村長を訪問し改めて新線建設に対する理解と協力を要請したところでございますし、この1月には嶺南8市町村の首長と経済界の代表が参集した会議におきまして、直流化終了後速やかに新線建設に取り組むことが改めて確認されたところであります。今後とも関係自治体や経済界、県など関係機関との緊密な連携のもと、建設促進に向け粘り強い取り組みを行ってまいります。

 JR小浜線につきましては、開業当初、座席数の不足などにより利用者の方にご迷惑をおかけしましたが、その後座席の増設や混雑時間帯の2両連結などの取り組みによりある程度改善されたところであります。またこの3月のダイヤ改正により朝の6時台に通勤通学列車が1本増発され、敦賀方面への通勤通学がより便利になるとともに、特急まいづる号の運行時間も改正され京都方面からの日帰り観光が可能になります。電化開業1周年を迎え、より便利になった小浜線のさらなる利用促進策といたしまして、定期券で通勤される方に無料で小浜駅の駐車場を利用できるようにしたいと考えております。また昨年から実施しております小浜線利用ポイント制度につきましても見直しを図り、平成16年度においても引き続き実施してまいります。さらに毎月1日と16日に実施しておりますノーマイカーデーの実施率を向上させるため市職員に対してのより積極的な対応策を検討しているところでございます。小浜線の利用者数の増加は、琵琶湖若狭湾快速鉄道実現のための必要不可欠な要素でもあり、今後ともより一層小浜線の利便性の向上と利用促進に取り組んでまいる所存でございます。

 一方、運行開始から3年目を迎えるあいあいバスにつきましては、運行開始以来、より便利になるよう利用者ニーズを踏まえルートの見直しやダイヤの改正等を行ってまいりました。平成16年度では一部のコミュニティ路線につきましてさらに利便性が向上するよう見直しを図り、具体的には下根来遠敷線のルートを今富地区の方にも利用していただけるよう西街道から市道生野線を経由するように変更いたします。また土曜日曜と休日に小浜駅から食文化館、中心市街地を経由する路線を新たに運行し、観光客の市内散策や買物などに利用していただきたいと考えております。あいあいバスは経費の大部分を市の補助金で賄っており、今後は名田庄村と共同で運行している流星バスを含め路線バスの利用促進を積極的に呼びかけてまいりたいと考えております。

 次に舞鶴若狭自動車道について申し述べます。昨年3月に開通した舞鶴東インターチェンジから小浜西インターチェンジ間の開通後の1日平均交通量は2,600台となっております。この開通は、昨年開催されました若狭路博2003への交通手段として活用され大きな役割を果たしたところであります。現在施工中の小浜西インターチェンジから敦賀ジャンクション間の50キロメートルにおきましても、小浜市域では岡津から谷田部までの7キロメートルと、1月には木崎区に、先月29日には野代区にそれぞれ調印をいただいたところで、この区間1,600メートルを合わせますと率にして約47%の用地買収が完了しております。工事におきましては、昨年度の工事に引き続き今年度では東勢、西勢と谷田部地係で発注され現在施工中であります。今後も用地買収や工事が円滑に進むよう日本道路公団および福井県と連携を図りながら事業の推進に当たってまいりたいと考えております。

 なお道路公団等の民営化に関連いたしまして、昨年の暮れに開催されました国土開発幹線自動車道建設会議におきまして、舞鶴若狭自動車道は民営化されるまでは日本道路公団で、民営化後は新会社によって整備されることが決定しております。高速道路を取り巻く環境は依然厳しい状況でありますので、引き続き国や関係機関に対し当初の整備計画どおり早期に全線が整備されるよう働きかけを行ってまいります。

 次に広域営農団地農道整備事業(若狭西地区)につきましては、農産物の輸送の迅速化、農業施設の有効利用を目的として小浜市上野から大飯町本郷までの18.9キロメートルを基幹農道として平成7年度から総事業費278億円で平成18年度完成を目標に県において整備を進めていただいております。若狭西地区および若狭西2期地区におきましては、既に上野から神宮寺間の1.4キロメートルにつきまして平成11年2月に供用を開始し、神宮寺から生守間3.96キロメートルにつきましても平成15年7月30日より供用を開始しております。現在主なものとして、トンネルでは勢浜東トンネル、橋梁では今富大橋、道路では南川左岸および勢浜地区におきまして工事を施工いたしております。今後とも早期に全線が供用開始できるよう県と連携して事業の促進に努めてまいります。

 都市計画道路の整備状況につきましては、多賀竹原松ヶ崎線の水取大橋では現在中央部のアーチ橋の1つが完成しており、引き続き竹原側のアーチ橋につきましても工場での製作を終え、平成16年度と17年度で現地にかける計画になっております。水取側の高架部は現在工事中でありまして、残る取付工事や照明工事、消雪工事、舗装工事などを平成17年度と18年度の2カ年で施工いたしまして平成18年度内の完成を目指しているところでございます。

 一方、小浜縦貫線の住吉酒井区間につきましては、平成15年度から用地買収や物件移転交渉を進めており、現在のところ関係者のご協力をいただきながら順調に用地の取得が進んでおります。また山手小松原線、臨港線につきましても平成15年度までに物件移転調査を終えまして用地買収と物件移転交渉を進めているところでございます。平成16年度以降も用地買収と物件移転交渉に取り組み、早期完成を目指して事業の促進を図ってまいります。

 次に河川や海など公共用水域の水質保全と生活環境の改善を目的に昭和58年度から進めております公共下水道事業の整備事業につきましては、第1期から第3期区域であります小浜雲浜および西津地区の整備が完了し順次供用を開始しております。残る未供用の第3期区域の一部につきましては、平成16年度の小浜東部中継ポンプ場の完成にあわせ供用拡大を図ってまいります。また第4期区域である今富地区および遠敷地区の整備につきましては、平成15年5月30日付けで国の認可を受けましたので、今富地区は木崎区から、遠敷地区は遠敷10丁目区から順次整備を進め平成22年度を完成目標に取り組んでまいります。

 なお農業集落排水事業の整備につきましては、口名田地区が供用を開始しており中名田地区におきましても平成17年度完成に向けて引き続き積極的に取り組んでまいります。

 次に農業、林業ならびに漁業の振興について申し述べます。まず水田農業の今後の取り組みについてでございますが、本市におきましては生産調整が拡大する中、農業就業者の減少や高齢化などにより農業生産が停滞する一方で耕作放棄など水田の荒廃も進んでおります。2004年は国際コメ年であり新たな水田農業ビジョンに基づく農政がスタートいたします。小浜市では昨年来小浜市水田農業推進協議会で具体的内容の検討を重ねていただいており近くご報告を願う予定でございますが、認定農業者や生産組合、女性農業者や高齢者など多様な担い手の育成を図りながら集落農業を中心に主幹作物である米の品質向上と安定生産、だれもが安心して食べられ、小浜で栽培できるさまざまな特産物の生産拡大と地産地消を積極的に推進してまいりたいと考えております。特に市が進めております食のまちづくりの観点から、土づくり、有機栽培等の普及指導に努めてまいりたいと存じます。なお国の産地づくり等推進交付金の活用につきましては、麦や特産作物の生産拡大や水田農業の構造改革の推進等の取り組みに活用してまいりたいと考えております。

 次に林業の振興についてでございますが、現在本市におきましては、除伐や間伐等の保育を必要とする45年以下の若齢林分が約3,000ヘクタールございますが、木材価格の低迷等により山林所有者の林業に対する意欲が減退し危険な放置林が増加しております。その結果、森林の持つ公益的機能が低下している現状であります。このような管理不十分な森林の整備を環境保全林対策事業等により除伐や間伐を中心に実施してまいります。一方、里山につきましても自然循環林として治山、景観保全の面からも整備が必要であり、伐倒、地ごしらえ、植林に至る受託造林を推進し、水土保全など豊かな森林形成を保ってまいります。また山林の境界につきましては、不明確な私有林が多く森林所有者ごとの境界確認が把握できていない現状におきまして、山林図の作成、境界杭の埋設等を支援してまいります。

 次に漁業につきましては、観光漁業、育てる漁業、漁港整備等を推進してまいりますが、第7次海岸環境整備事業につきましては、日吉地区から塩釜地区の約500メートルを豊かで潤いのある海岸環境の整備とともに背後地の生活環境の保全を含めた総合的な整備を図ることを目的としております。平成15年3月に新規事業採択を受けまして総事業費12億円を予定し事業着手されたところであり、本年度は測量、調査、設計作業を実施中であります。また計画の策定に当たっては関係機関をはじめ地元区や観光関係者等との協議の場を設け市の要望にこたえていただけるよう県に要請してまいります。

 次に本市を取り巻く雇用情勢と商工振興について申し述べます。まず現在の雇用情勢につきましては、1月の完全失業率は5%で、同月のハローワークおばま管内の求職者数は1,012人、求人数は867人で有効求人倍率は0.86となり年度当初の0.65に比べかなり好転はしております。雇用を推進するための新規の企業誘致と地域産業の活性化を図るため企業振興助成金制度と新産業支援策、空き店舗対策を柱に支援をいたしておりますが、ことし2月までの利用件数につきましては、小浜市企業振興助成金が2件、国際標準規格の取得支援が3件、ホームページの作成支援が7件、空き店舗等活用起業家支援が2件となっております。13年度から取り組んでおります緊急地域雇用創出特別基金事業につきましては、新年度におきましても中学校に英語補助教員2名を配置する学校生活支援員設置事業等8事業に取り組み雇用の確保を図ってまいりたいと考えております。

 次に竜前企業団地での松尾株式会社小浜工場建設の進捗状況についてでありますが、平成15年10月22日に遠敷地区区長会と公害防止協定を調印し、平成15年10月29日に松尾株式会社と小浜市土地開発公社で土地売買契約を締結し、平成15年11月4日より工事に着工されております。今後の予定といたしましては、近々に新社屋が完成いたしまして今月下旬までに機械設備を据えつけし、この4月1日から操業を開始する予定でございます。これに伴う当面の新規雇用者数は男子1名、女子11名、パート1名の13名のほか内職数十名を見込んでおります。

 本市の商工業を展望する上においては、将来の商工業界をリードしていくための人材の育成が大変重要であり、このため商工会議所と十分な連携をとりながら新たに県立大学やコンサルタント会社と提携し、経営者等を育成支援するための事業に取り組みたいと考えておりますし、専門家の市への人材被派遣事業も実施いたします。地元消費を促進するための市独自の対策や中小企業融資制度等借入者の負担を軽減するため新たに保証料の助成制度を立ち上げてまいります。また引き続き地場産業の育成支援や労働者の福利厚生のための生活安定資金貸付事業を実施いたします。さらに景気対策の一環として住宅増改築資金利子補給事業を平成16年においても継続していくなど積極的な施策を展開してまいります。

 なお小規模事業者への支援策の1つとして、新年度より市が発注する小学校、中学校、公民館、保育園などの公共施設の修繕等で、1件の発注金額が50万円を超えない小規模な契約について小規模修繕等契約希望者登録制度を設けることによって、市内に主たる事業所を置く小規模事業者の受注機会を確保し、市内経済の活性化に結びつけたいと考えているところでございます。

 さて厳しいこの経済状況下にあって進められました地上デジタルテレビ放送は、昨年12月から関東、中京、近畿の3大都市圏においてスタートしたところでございます。この後平成18年末までには県庁所在地など全国の主要都市に段階的に開始され、平成21年には現在の地上アナログテレビ放送の終了が予定されているところであります。そこでケーブルテレビ若狭小浜におきましては、デジタル対応として加入者の皆様へ高品質な番組を提供していくため、第1段階として地上デジタル放送が開始されるまでに局社設備を改修し、現行のアナログ専用の端末機であるホームターミナルをアナログ放送もデジタル放送も受信可能な設備に交換していく予定でございます。引き続き第2段階として伝送路設備の耐用年数が過ぎる平成19年以降をめどにインターネット接続も可能な広帯域双方向設備に段階的に改修をしてまいりたいと考えております。

 次に教育文化の振興についてですが、まず小浜小学校移転改築事業につきましては、計画どおり平成20年4月に開校するための建設準備を進めているところであります。また昨年5月に設立されました小浜小学校建設準備委員会では、委員各位のそれぞれの小浜小学校への思いや希望をまとめ上げ、これを小浜小学校建設基本コンセプトとして作成され、昨年11月にご報告をいただいたところでございます。ことしはこの小浜小学校建設基本コンセプトに基づいた基本構想をもとに基本設計を策定いたしたく所要の予算を計上させていただいたところであり、建設準備委員会の皆さんと十分意見を交換しながら年内には策定を完了いたしたいと考えております。

 一方、県立大学小浜キャンパスの学部化についてでありますが、現在当キャンパスは地域に開かれた大学として若狭の地域産業の振興はもとより水産業界の人材育成に大きく貢献しているところでございます。しかしながら現在は海洋生物自然学科1学科のみの配置となっており、少人数学生のため機能的弱体が懸念されております。現在県では県立大学のあり方検討懇話会において県立大学の運営方法や学部、学科の再編について議論をされているところで、市といたしましては、この機会をとらえ各種団体や県立大学小浜キャンパスを育てる会と連携しながら学部昇格に向け引き続き積極的に関係機関に働きかけを行ってまいります。

 社会体育におきましては、本年10月2日から10月5日までスポレクでみんなの顔に福来るをスローガンに第17回全国スポーツレクリエーション祭が県内各地で開催されます。本市におきましてもラージボール卓球競技が韓国選手団の参加を含め全国から52チーム、約600名の選手をお迎えして盛大に開催される予定であります。卓球競技を通したスポーツ交流と親睦を深めるとともに、この機会に参加される全国の選手の皆様に御食国若狭おばまをPRしてまいりたいと考えております。

 ふるさと文化と文化財保護につきましては、県内で最も多数を誇る小浜市の指定文化財数が本年度では5件増えまして204件となったところで、このうち市指定文化財であった3件が去る1月23日県指定の文化財になったところでございます。これからもこの状況をさらに加速させ指定文化財の充実を図ってまいります。

 また第2回目を迎えた杉田玄白賞は、発酵食品と健康で世界的に活躍されている家森幸男氏をこのほど表彰したところであり、市民の皆さんには食と健康のかかわりを改めて自覚していただき、そしてこの若狭おばまの名を全国に発信していただける機会が増えるものと期待をいたしております。今後も杉田玄白賞や梅田雲近顕彰等のさらなる充実を図り、小浜市民、特に若者たちが先達に学ぶことによって郷土に誇りを持つとともに、向上心がはぐくめるような環境づくりに努めてまいりたいと考えております。

 次に環境問題に触れます。現在仏谷区でお世話になっております一般廃棄物最終処分場は、平成17年3月末で閉鎖になるため新たなリサイクルを中心とした施設の建設が喫緊の課題となっております。このため施設建設の第一歩として現在候補地の同意をいただくための交渉を行っており、できるだけ早い時期に建設できるよう努めてまいる所存でございます。これとあわせて、ごみの減量リサイクル化への取り組みとして本年6月より一部の地域で新聞、雑誌、段ボールの回収を実施し、10月からはハッピーマンディに対応して祝祭日のごみ収集を開始する予定でございます。さらに容器リサイクル法に基づきペットボトル以外のプラスチック類と新聞、雑誌、段ボール以外の紙類の分別収集を平成17年4月より計画しております。また可燃物ごみ収集への指定袋の導入やごみ収集の有料化など今までの懸案事項を解決するための新たな検討会を立ち上げる計画でございます。

 次に福祉関係でございますが、まず公立小浜病院の整備につきましては、昨年8月に着工した第1期工事の医師公舎、看護師・看護学生寮、精神病棟の建設が本年9月の完成を目指し予定どおり進められております。第2期工事の救命救急センターなど病院本体の建設につきましては、現在公立小浜病院高度医療施設整備計画策定委員会において県の指導や協力のもと施設規模等具体的な内容の検討が行われているところであります。近く実施設計に取りかかり、今後若狭地域の中核的医療機関として初期医療から高度特殊医療までを総合的に提供できるよう平成18年度の完成を目指し整備を進めてまいります。

 次に養護老人ホーム観海寮と特別養護老人ホーム小浜福寿園につきましては、高齢者の増加に伴う福祉施設の整備充実が急務となる中、観海寮と小浜福寿園の一層のサービス向上と効率的な運営を図るため、平成16年4月1日付けをもって両施設を社会福祉法人若州福祉会に移譲することといたします。このことを受け平成17年8月には当法人によって東勢に養護老人ホーム30人、特別養護老人ホーム70人、短期入所10人、デイサービス20人の仮称老人福祉施設もみじの里が新しく整備され開所される予定となっております。

 次に少子化対策としての次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画の策定についてであります。我が国の急速な少子化の進行が今後社会経済全体に極めて深刻な影響を与えるものと予想されることから、改めて国、地方公共団体、企業等が一体となって従来の取り組みに加え、さらなる対策を進めるための次世代育成支援対策推進法が昨年7月に成立したところであります。これを受けて平成16年度に具体的な少子化対策に取り組む行動計画の策定が各自治体に義務づけられたところであり、本市におきましても子育てを中心をしたニーズを把握し、実情に沿った行動計画の策定に向け現在取り組みを始めているところで、次世代に対する支援を迅速かつ重点的に推進してまいります。

 また少子化対策として既に進めております乳幼児医療助成の対象範囲の拡大につきましては、若い世代の保護者の経済的負担を軽減するため、現在県の助成基準を超えて小浜市単独の助成対象範囲を設け、現在4歳までの乳幼児および子供の数が3人以上の世帯に属する幼児については小学校就学前まで医療費を助成しておりますが、これをさらにこの4月からは対象乳幼児の範囲を2子以下の世帯についても5歳まで拡大をいたします。なお今回5歳への拡大に伴う市単独助成につきましては、昨年と同様、要した医療費の2分の1とさせていただくとともに、今後とも保護者の経済的負担を段階的に軽減できるよう努力してまいりたいと考えております。

 行政・市民サービスの改善について申し述べます。平成13年度から推進しております行政改革につきましては、本年度で第1段階が終了いたします。これに伴い現在第1段階の取りまとめを行っているところでございます。あわせて平成16年度からは、第2段階として実施するため新たな実施計画の策定作業にも取り組んでいるところでございます。

 具体的な取り組み例といたしましては、行政サービスの一層の向上を図るため戸籍の電算化事業に着手いたします。これに伴い窓口での謄抄本発行に要する時間が従来より大幅に短縮されるほか、発行窓口がつばき回廊の市民サービスコーナーでも可能となり市民の利便性の向上に大きく寄与できるものと考えております。さらにこれと関連して、窓口業務の時間延長につきましても現在市民の方からの御意見をちょうだいし、マナーアップ推進委員会において検討しているところで、この4月から試行的に実施いたしたいと考えております。民間に学ぶという観点から職員の企業内職場体験研修も実施してまいります。

 なお図書館の利用時間の延長につきましては、勤労者の要望にこたえこの4月から火曜日と金曜日に一般図書を対象に1時間利用時間を延長し午後7時まで開館することといたします。

 また実施計画の具体的な数値目標につきましても、交通事故死者数や火災発生件数などを新たに追加したいと考えております。

 第3次行政改革は、市民本位の行政改革を旨として最小の経費で最大の効果を発揮できるよう取り組んできたところでございますが、今後その仕上げに邁進してまいる所存でございます。

 次に男女共同参画社会の推進についてですが、男女共同参画推進のよりどころは、社会のあらゆる分野における男女の人権の尊重と共同参画という基本理念に基づいており、平成14年度から16年度におきまして各課で具体的施策を立てて取り組んでおります。本年度の各課に係る進捗状況は、例えば小浜市に属する審議会などの女性の参画率は28.6%になり前年度の26.7%から前進しております。さらに女性の参画率を高めるため市職員においては女性職員の管理職等への登用を積極的に行ってまいりたいと考えておりますし、地域や企業へもこの取り組みに協力をしていただくよう働きかけを行ってまいりたいと考えております。

 次に市町村合併につきましては、平成14年12月定例会におきまして、小浜市、上中町、名田庄村の3市町村による枠組みなどその方向を明らかにして以来、これまで合併協議会の設置に向け鋭意努めてきたところでございます。現在は目指した枠組みの一角が崩れ大変残念な状況となっておりますが、1月末改めて名田庄村に対し特例法期限内の合併を申し入れたところであり、引き続きその実現に向けて積極的に取り組んでまいりたいと考えております。

 さて国際的な問題になっております北朝鮮による日本人拉致問題の最近の動きについて申し述べます。昨年暮れから非公式でありますが、家族が平壌空港まで出向かえに来れば、北朝鮮に残っている家族を日本に帰すという出迎え方式による帰国案が伝えられましたが、被害者そして市民の会としては北朝鮮に残る家族の一日も早い帰国を願いつつも、非公式ルートではなく信頼できる政府間の交渉を求めてまいりました。2月7日には自由民主党北朝鮮による拉致問題対策本部の安倍本部長、中山事務総長、中山内閣官房参与が本市を訪れ、地村夫妻との面談の後、安倍本部長らとの懇談会の席上、私からも一刻も早く拉致問題を解決するように与野党、政府が一致団結して取り組まれるように要請を行ったところであります。2月9日には日本単独で北朝鮮への経済制裁を可能にする外国為替・外国貿易法改正案が国会で成立し、政府は対話と圧力路線を対北朝鮮政策の基本とすることを明らかにしたところであります。2月12日には県内外から集まりました12万1,956人分、これまでの合計は52万人余りとなりますが、帰国要請署名簿を中山内閣官房参与に手渡すとともに第4回目の拉致被害者関係市町連絡会を開催し、市民の会などからの子供たちの早期帰国に対する率直な要望を政府関係者に伝えるとともに、3市町の今後の活動についてお互いに連携を図り、5人の拉致被害者に対し最大限の支援をしていくことを改めて確認をいたしました。

 また同じく2月12日から再開されました政府高官による日朝協議では、政府間協議を継続していくことが確認され、2月25日から4日間北京で開催された6カ国協議では、核問題に加え日本人拉致問題が取り上げられ、日朝間の協議も行われましたが具体的な進展がなかったことはまことに遺憾とするところであります。今後速やかに日朝間の首脳、高官協議が再開されることを強く望むものであります。これからも北朝鮮によって拉致された地村君夫妻の子供たちが一刻も早く帰国できるようにあらゆる機会を通じて努力してまいりたいと考えておりますので、市民の皆様のご支援をお願い申し上げる次第であります。

 最後に平成16年度の予算編成について申し述べます。国の三位一体改革による地方交付税の縮減や一部国庫補助負担金が一般財源化され、全国の大多数の自治体では大幅な歳入減に頭を悩ませている状況でございます。本市におきましても地方交付税や公立保育園の運営に対する国、県負担金等の減が見込まれます。また一方で、公債費、少子化対策、高齢者福祉関係経費等が増えることに対応し、市民福祉の向上を基本に健全財政の維持に留意しつつ市民の皆様のニーズに配慮しながら従来以上の財源の効率的、重点的配分による予算編成を行ったところであります。

 なお一般財源の不足に対応するため財政調整基金を約2億4,600万円繰り入れるとともに、公債費増加の対応策といたしまして減債基金を取り崩しすることといたしました。また中長期的な視点に立ち財政の健全化の確保を図るため市債発行の抑制、人件費の削減等に留意するとともに、平成16年度は任期満了による市長選挙を控えていることから、原則として新たなハード事業には取り組まず、次年度以降の準備の年と位置づけを行ったところであります。

 基本的な方針といたしましては、重要なプロジェクト事業をそのまま継続するとともに、まず若狭路博での成果と経験を生かした食のまちづくりを推進するためのソフト事業に重点的に予算配分することとし、市民が自信と誇りを持ち活力のあるまちづくりを展開していく機運の醸成を図ることといたします。

 また多様かつ刻々と変化する住民のニーズにこたえていくために重点枠予算を盛り込んだところであり、具体的には若狭路博2003の開催を生かした食のまちづくりの推進、雇用対策、地域経済への対応、健康づくり、高齢者、障害者、少子化対策等の充実、教育環境の整備促進、歴史遺産の活用と文化振興、交通網体系の整備、生活環境と社会基盤等の整備促進などの事業に重点的に予算配分を行い、これらの事業を着実に実行することにより活力のあるまちづくりを強力に展開してまいりたいと考えているところであります。

 それでは、ただいま日程第3をもちまして議題に供していただきました議案第14号から議案第35号につきまして提案理由のご説明を申し上げます。

 まず議案第14号平成16年度小浜市一般会計予算でございますが、予算の規模を135億5,917万3,000円とさせていただくもので、対前年度比で6.8%下回ります。また議案第15号平成16年度小浜市国民健康保険事業特別会計予算から議案第26号平成16年度小浜市水道事業会計予算までの特別会計と企業会計を合わせた総予算規模は261億7,967万5,000円で、前年度対比2.3%下回ることになります。

 次に議案第27号小浜市部設置条例の一部改正についてでございますが、地方自治法の改正に伴い地方公共団体の長の直近下位の内部組織とその分掌する事務を条例で定めることになったため所要の改正をお願いするものです。

 次に議案第28号小浜市乳幼児医療費の助成に関する条例の一部改正についてでございますが、乳幼児医療費助成の範囲を拡大したことに伴い所要の改正をお願いするものです。

 次に議案第29号小浜市老人福祉施設の設置および管理に関する条例の廃止についてでございますが、養護老人ホーム観海寮ならびに特別養護老人ホーム小浜福寿園を本年4月1日付けをもって社会福祉法人若州福祉会に移譲を行うため条例の廃止をお願いするものです。

 次に議案第30号小浜市ボランティア・市民活動交流センターの設置および管理に関する条例の制定についてでございますが、ボランティアをはじめとする市民活動の拠点施設を設置し、市民活動の活性化と交流を促進するため条例の制定をお願いするものです。

 次に議案第31号御食国若狭おばま食文化館の設置および管理に関する条例の一部改正についてでございますが、御食国若狭おばま食文化館に併設して別館である食事処を設置するため所要の改正をお願いするものであります。

 次に議案第32号小浜市企業職員の給与の種類および基準に関する条例の一部改正についてでございますが、企業職員の住居手当について平成15年度の人事院の給与勧告に準ずるとともに法律の名称が変更したのに伴い所要の改正をお願いするものであります。

 次に議案第33号小浜市簡易水道設置条例の一部改正についてでございますが、今年4月1日より相生・中井簡易水道の西相生地区の一部が上水道に移行するのに伴い所要の改正をお願いするものです。

 次に議案第34号辺地の総合整備計画の策定および変更についてでございますが、池河内地区の林道大滝線については計画の策定を、仏谷地区の市道と田烏地区の林道蛙端線につきましては計画の変更をいたしたく議会の議決をお願いするものであります。

 最後に議案第35号団体営中山間地域総合整備事業(一般型)小浜地区実施計画についてでございますが、平成16年度から事業を実施するため土地改良法第96条の2第2項の規定により議会の議決をお願いするものであります。

 計上させていただきました予算等の詳細につきましては、担当部長から説明させますので何とぞよろしくご審議を賜りますようにお願い申し上げます。



○議長(山口貞夫君) 企画経営部長、東君。



◎企画経営部長(東武雄君) それではお手元に配付をさせていただいております平成16年度予算書に基づきまして議案第14号から議案第25号までの予算関係議案についてご説明を申し上げます。

 1ページをお願いします。まず議案第14号平成16年度小浜市一般会計予算についてでございますが、歳入歳出予算の総額は歳入歳出それぞれ135億5,917万3,000円と定めるものでございます。あわせまして第2条の債務負担行為の設定につきましては第2表によりまして、第3条の地方債の発行条件等につきましても第3表のとおりお願いするものでございます。第4条の一時借入金につきましては、借り入れの最高額を20億円と定めさせていただくものでございます。

 次のページお願いします。第5条の歳出予算の流用でございますが、地方自治法第220条第2項ただし書きの規定により歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合につきましては、各項に計上した給料、職員手当等および共済費(賃金に係る共済費を除く)に係る予算額に過不足を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項間の流用という形で設定をさせていただくものでございます。

 それでは3ページでございます。まず第1表歳入歳出予算の歳入でございますけれども、第1款市税で34億5,541万1,000円で対前年度比120万円の減でございます。前年度とほぼ同額を計上いたしております。内訳といたしまして1項市民税で12億2,201万円、2項固定資産税で17億1,930万円、3項軽自動車税で5,810万円、4項市たばこ税で2億200万円、5項特別土地保有税で1,000円、6項都市計画税で2億5,400万円を見込んでおります。次に第2款地方譲与税で2億2,400万円を計上いたしております。対前年度比6,400万円の増で率にいたしますと40%のアップとなっております。その要因につきましては第1項所得譲与税が平成16年度から創設されたことによるもので5,500万円を計上しております。2項自動車重量譲与税においては1億2,600万円、3項地方道路譲与税におきましては4,300万円を計上いたしております。次に第3款利子割交付金第1項利子割交付金で3,400万円でございます。対前年度400万円の増で13.3%のアップとなっております。次に第4款配当割交付金第1項配当割交付金で800万円でございまして、平成15年度の税制改正で創設されたものでございまして平成16年度から交付されるものでございます。次に第5款株式等譲渡所得割交付金第1項株式等譲渡所得割交付金につきましても同様でございまして平成16年度から交付されるもので500万円を見込んでおります。次に第6款地方消費税交付金第1項地方消費税交付金で3億5,600万円を見込んでおりまして対前年度比3,100万円の増でございます。率にして9.5%のアップとなっています。次に第7款自動車取得税交付金第1項自動車取得税交付金で7,700万円を見込んでおりまして、対前年度比900万円の減で率にいたしまして10.5%の減となっております。次に第8款地方特例交付金第1項地方特例交付金で1億2,000万円を見込んでおりまして、対前年度比100万円の増でございます。

 次のページをお願いします。次に第9款地方交付税第1項地方交付税で40億1,000万円で、内訳は普通交付税で34億1,000万円、特別交付税で6億円を計上いたしております。対前年度比2億7,600万円の減で率にして6.4%の減となっております。次に第10款交通安全対策特別交付金第1項交通安全対策特別交付金においては500万円でございまして前年度と同額でございます。次に第11款分担金および負担金第1項負担金で3億2,200万6,000円を見込んでおります。対前年度695万5,000円の減で2.1%の減となっております。次に第12款使用料および手数料におきましては3億4,046万4,000円を計上しておりまして対前年度比1億834万7,000円の増でございます。46.7%の増となっております。その要因でございますが、食文化館の入浴料と別館として建設をいたしております食事処の使用料を見込んだことによるものでございます。款の内訳でございますが1項使用料で2億7,228万3,000円を、2項手数料で6,818万1,000円を見込んでおります。次に13款国庫支出金で9億848万2,000円でございまして対前年度比7,639万6,000円の減でございます。7.8%の減ということでございます。内訳ですが1項国庫負担金で5億5,552万5,000円、2項国庫補助金で3億2,910万3,000円、3項委託金で2,385万4,000円でございます。次に14款県支出金で8億9,412万1,000円を見込んでおります。対前年度比5億8,722万円の減で率にいたしますと39.6%の減となっております。その主な要因につきましては、食文化館の完成に伴い地域活力創出支援事業補助金がなくなったということでございます。款の内訳でございますが1項県負担金で7,858万7,000円、2項県補助金で7億3,982万円、3項委託金で7,571万4,000円でございます。次に15款財産収入におきましては5,908万2,000円を見込んでおりまして、対前年度比89万3,000円の減となっております。内訳は1項財産運用収入で3,508万2,000円、2項財産売払収入で2,400万円でございます。次に16款寄附金1項寄附金で114万6,000円を計上しております。次に17款繰入金で8億4,261万7,000円で対前年度比2億5,386万7,000の増でございます。率にして43.1%の増となっております。内訳は1項特別会計繰入金で1,200万円、2項基金繰入金については8億3,061万7,000円を計上しております。主なものといたしまして財政調整基金から2億4,610万1,000円を、減債基金からは起債償還のピークを迎えることから対前年度比3億円増の5億円を計上しております。次に18款繰越金1項繰越金で1,000万円でございまして前年度と同額でございます。19款諸収入で9億2,454万4,000円でございまして対前年度比8,380万8,000円の減でございます。8.3%の減となっております。内訳でございますが1項延滞金加算金および過料で30万円、2項市預金利子で11万2,000円、3項貸付金元利収入で6億6,570万円、4項受託事業収入で1,032万6,000円、5項雑入で2億4,810万6,000円となっております。最後に20款市債1項市債で9億6,230万円でございまして、この中には臨時財政対策債4億円が含まれております。以上、歳入合計といたしまして135億5,917万3,000円でございます。

 次のページお願いします。歳出でございます。まず1款議会費1項議会費で1億9,594万4,000円で対前年度比97.6%でございます。次に2款総務費で16億6,623万7,000円でございまして対前年度比90.5%となっております。内訳でございますが1項総務管理費で13億1,295万7,000円、2項徴税費で2億753万1,000円、3項戸籍住民基本台帳費で7,051万8,000円、この中には戸籍の電算システムを導入する経費が含まれております。4項選挙費で3,835万1,000円、この中には任期満了に伴います市長選挙費が含まれております。5項統計調査費で764万3,000円、6項監査委員費で2,923万7,000円でございます。次に3款民生費で27億3,436万円で対前年度比102.5%でございます。内訳は1項社会福祉費で13億8,745万9,000円、2項児童福祉費で10億9,537万3,000円、3項生活保護費で2億5,152万8,000円でございます。次に4款衛生費でございますが2億5,152万8,000円を計上しておりまして前年度対比91.3%でございます。内訳は1項保健衛生費で6億4,960万6,000円、2項清掃費で6億5,638万8,000円でございます。次に5款労働費1項労働諸費で9,525万円で前年度対比98.9%でございます。次に6款農林水産業費で14億1,123万8,000円で前年度対比86.8%でございます。内訳は1項農業費で7億9,190万7,000円、2項林業費で1億4,862万1,000円、3項水産業費で4億7,071万円でございます。次に7款商工費1項商工費で8億5,269万7,000円で前年度対比56.6%でございます。この中には新規として商工業経営者育成事業費、中小企業信用保証料補助金、バスツアー誘致のための観光宣伝事業、いきいきまちづくり活動支援補助金、食の都市交流事業費、川崎地係に建設いたしております地域水産物提供施設食事処の管理運営経費等を計上いたしております。次に8款土木費で13億9,101万7,000円で前年度対比90.1%でございます。内訳は1項土木管理費で1,037万5,000円、2項道路橋梁費で4億4,070万1,000円、この中には間谷線、府中線の整備事業費が含まれております。3項河川費で1,569万1,000円、4項都市計画費で8億4,133万7,000円でございます。水取大橋に係ります県営事業負担金、山手小松原線、臨港線整備事業費が含まれております。5項住宅費で8,291万3,000円でございます。次に9款消防費1項消防費で5億2,882万4,000円で前年度対比99.3%でございます。次に10款教育費でございますが11億5,773万8,000円を計上しておりまして前年度対比97%でございます。内訳は1項教育総務費で1億2,200万1,000円を、この中には御食国若狭おばま食の教育推進事業費等が含まれております。2項小学校費で3億5,865万6,000円を、この中には小浜小学校建設に伴います基本設計料を計上しております。3項中学校費で1億3,154万4,000円を、この中には浜中の久須夜寮廃止に伴います通学バス運行事業費を新規に計上いたしております。4項幼稚園費で4,502万6,000円、5項社会教育費で3億2,754万8,000円を、この中には第20回国民文化祭プレイベント事業費あるいは文化財図録をデジタル化して市のホームページに掲載するための経費を新規に計上いたしております。6項保健体育費で1億7,296万3,000円を計上しております。この中にはことしの10月に開催されます全国スポーツレクリエーション祭の開催経費が含まれております。次に11款公債費1項公債費で22億987万4,000円で前年度対比116.4%でございます。最後に12款予備費1項予備費で1,000万円計上しておりまして前年度と同額でございます。

 すみません、今ほど第4款の衛生費の合計金額を2億5,152万8,000円と申し上げましたが、1段間違っておりまして13億599万4,000円の誤りでございますのでご訂正をお願いいたします。

 次のページをお願いします。次に第2表債務負担行為の設定につきましては6件お願いするものでございます。まず戸籍電算化業務につきましては、期間を平成17年度から平成22年度までの6年間で1億6,499万4,000円を、漁港工事積算システム導入経費につきましては、平成17年度から平成21年度までの5年間で442万5,000円を、住宅増改築資金利子補給事業につきましては、平成17年度から19年度までの3年間で225万円を、小学校教育用コンピューター設置事業および中学校教育用コンピューター設置事業につきましては、いずれも期間は平成17年度から21年度までの5年間でそれぞれ1,710万円を、小浜市土地開発公社事業資金借入金の債務保証通常事業分につきましては、平成16年度から平成20年度までの5年間で3億6,397万円をそれぞれ限度額として設定させていただくものでございます。

 続きまして第3表地方債につきましては、まず起債の目的と限度額についてでございますが、水道水源開発施設整備事業で390万円を、不燃物処理施設整備事業で480万円を、農道整備事業で2億5,670万円を、土地改良事業で2,760万円を、農村整備事業で850万円を、中山間地域整備事業で650万円を、林道整備事業で1,360万円を、漁港整備事業で2,040万円を、漁業集落環境整備事業で2,030万円を、道路整備事業で1億1,100万円を、急傾斜地崩壊対策事業で250万円を、都市計画事業で8,140万円を、公営住宅改善事業で510万円、臨時財政対策債で4億円でございます。計14事業で限度額として9億6,230万円を設定させていただくものでございます。なお起債の方法につきましては、証書借り入れまたは証券発行ということで、利率につきましては年4%以内、ただし利率見直し方式で借り入れる政府資金およびその他の資金について、利率の見直しを行った後においては当該見直し後の利率で設定させていただくものでございます。償還の方法につきましては、政府資金およびその他の資金についてはその融資条件によるものとし、ただし市財政の都合により据置期間および償還期限を短縮し、または繰上償還もしくは低利に借り換えすることができると設定させていただくものでございます。

 次のページお願いします。次に議案第15号平成16年度小浜市国民健康保険事業特別会計予算についてでございますが、まず第1条歳入歳出予算につきましては、予算の総額を歳入歳出それぞれ27億7,314万8,000円と定めるものでございます。前年度対比111.9%でございます。次に第2条の歳出予算の流用でございますが、地方自治法第220条第2項ただし書きの規定により歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合は、保険給付費の各項に計上された予算額に過不足を生じた場合における款内でのこれらの経費の各項間の流用という形で定めさせていただくものでございます。

 次のページをお願いします。第1表歳入歳出予算の内訳でございますが、歳入の1款国民健康保険税1項国民健康保険税で9億2,582万5,000円、2款使用料および手数料1項手数料で21万3,000円、3款国庫支出金で9億6,614万2,000円で、内訳は1項国庫負担金で7億8,138万5,000円、2項国庫補助金で1億8,475万7,000円でございます。次に4款県支出金1項県負担金で1,711万8,000円、5款療養給付金交付金1項療養給付金交付金で4億8,621万1,000円、6款共同事業交付金1項共同事業交付金で3,423万7,000円、7款財産収入1項財産運用収入で6,000円、8款繰入金で3億3,442万8,000円で、内訳は1項他会計繰入金で1億1,530万2,000円、2項基金繰入金で2億1,912万6,000円でございます。次に9款繰越金1項繰越金で2,000円、10款諸収入で896万6,000円で、内訳は1項延滞金加算金および過料で41万2,000円、2項市預金利子で5万円、3項雑入で850万4,000円でございます。

 次のページお願いします。続きまして歳出でございますが、1款総務費で6,084万6,000円で、内訳は1項総務管理費で4,853万3,000円、2項徴税費で1,208万7,000円、3項運営協議会費で19万8,000円、4項趣旨普及費で2万8,000円でございます。次に2款保険給付費で17億1,059万3,000円で対前年度比1億5,217万円の増となっております。医療費の増加を見込んでおります。内訳は1項療養諸費で14億9,177万円、2項高額療養費で1億9,782万1,000円、3項出産育児諸費で1,500万円、4項葬祭諸費で600万円、5項移送費で2,000円でございます。次に3款老人保健拠出金1項老人保健拠出金で7億4,313万9,000円を計上しております。対前年度比8,420万円の増ということでございます。次に4款介護納付金1項介護納付金で1億3,339万9,000円でございます。5款共同事業拠出金1項共同事業拠出金で6,862万1,000円でございます。対前年度比4,137万2,000円の増ということになっております。次に6款保健事業費1項保健事業費で1,044万8,000円でございます。この中には新規として前年度無診療であった世帯に濱の湯の入浴回数券を進呈する事業費が含まれております。次に7款基金積立金1項基金積立金で1,000円でございます。8款諸支出金で610万1,000円で、内訳は1項償還金および還付加算金で210万1,000円、2項貸付金で400万円でございます。最後に9款予備費1項予備費で4,000万円でございます。

 次のページお願いします。次に議案第16号平成16年度小浜市加斗財産区運営事業特別会計予算でございますが、第1条の歳入歳出予算につきましては、予算の総額を歳入歳出それぞれ2万7,000円と定めるものでございます。前年度と同額でございます。

 次のページお願いします。第1表歳入歳出予算の歳入でございますが、1款財産収入1項財産運用収入で1,000円でございます。2款繰越金1項繰越金で1,000円でございます。3款繰入金1項基金繰入金で2万5,000円でございます。次に歳出でございますが、1款総務費1項財産区管理会費で2万7,000円でございます。

 次のページお願いします。次に議案第17号平成16年度小浜市簡易水道事業特別会計予算についてでございますが、第1条の歳入歳出予算については予算の総額を歳入歳出それぞれ9,313万5,000円と定めるものでございます。前年度比115.4%となっております。

 次のページお願いします。第1表歳入歳出予算の歳入でございますが、1款使用料および手数料で6,315万3,000円で、内訳は1項使用料で6,308万1,000円、2項手数料で7万2,000円でございます。次に2款財産収入1項財産運用収入で1,000円でございます。3款寄附金1項寄附金で90万円でございます。4款繰入金におきましては2,814万4,000円を計上しておりまして、内訳は1項一般会計繰入金で1,814万2,000円、2項基金繰入金で1,000万円でございます。次に5款繰越金1項繰越金で1,000円でございます。6款諸収入1項雑入で93万6,000円でございます。続きまして歳出でございますが、1款簡易水道事業費1項簡易水道管理費で5,756万2,000円でございます。水質検査項目が増えたこと等で対前年度比21.3%の増となっております。次に2款公債費1項公債費で3,557万3,000円でございます。

 次のページお願いします。次に議案第18号平成16年度小浜市駐車場事業特別会計予算でございますが、第1条の歳入歳出予算につきましては、予算の総額を歳入歳出それぞれ3,506万4,000円と定めるものでございます。前年度比89.5%でございます。

 次のページお願いします。第1表歳入歳出予算の歳入でございますが、1款使用料および手数料で3,503万9,000円で、内訳は1項使用料で3,503万6,000円を、2項手数料で3,000円でございます。1項使用料につきましては、駅前駐車場の利用者でJR定期券利用者については無料化するということ等で対前年度比409万9,000円の減となっております。次に2款繰越金1項繰越金で1,000円でございます。3款諸収入1項雑入で2万4,000円でございます。続きまして歳出でございますが、1款駐車場事業費1項駐車場事業費で3,506万4,000円でございます。

 次のページお願いします。次に議案第19号平成16年度小浜市老人医療特別会計予算でございますが、第1条の歳入歳出予算につきましては、総額を歳入歳出それぞれ32億4,957万8,000円と定めるものでございます。法の改正によりまして対象年齢が70歳から段階的に毎年1歳ずつ引き上げられ対象者が減ってきておりますが、1人当たりの医療費が年々高くなってきているということから対前年度比99.1%でほぼ同額を計上いたしております。

 次のページお願いします。第1表歳入歳出予算の歳入でございますが、1款支払基金交付金1項支払基金交付金で20億1,307万5,000円、2款国庫支出金1項国庫負担金で8億1,346万5,000円、3款県支出金1項県負担金で2億311万5,000円、4款繰入金1項一般会計繰入金で2億1,991万7,000円、5款繰越金1項繰越金で1,000円、6款諸収入におきましては5,000円を計上しておりまして、内訳は1項延滞金および加算金で2,000円、2項雑入で3,000円でございます。続きまして歳出でございますが、1款総務費1項総務管理費で1,569万2,000円、2款医療諸費1項医療諸費で32億3,338万5,000円を計上しております。3款諸支出金1項償還金で1,000円、4款予備費1項予備費につきましては昨年と同様50万円を計上しております。

 次のページをお願いします。次に議案第20号平成16年度小浜市下水道事業特別会計予算でございますが、第1条の歳入歳出予算につきましては、予算の総額を歳入歳出それぞれ24億5,819万4,000円と定めるものでございます。前年度比109.8%でございます。あわせまして第2条の債務負担行為については第2表により、第3条の地方債につきましては第3表によりそれぞれ設定をさせていただくものでございます。

 次のページをお願いします。第1表歳入歳出予算の歳入でございますが、1款分担金および負担金1項負担金で1億100万5,000円、款2使用料および手数料で2億9,714万円を計上しております。内訳は1項使用料で2億9,710万円、2項手数料で4万円でございます。次に3款国庫支出金おきましては4億841万円を計上しております。内訳は1項国庫補助金で4億800万円、2項委託金で41万円でございます。次に4款県支出金1項県補助金で672万5,000円でございます。5款繰入金1項一般会計繰入金で6億1,072万9,000円、6款繰越金1項繰越金で1,000円でございます。7款諸収入におきましては5,748万4,000円を計上しております。内訳は1項延滞金加算金および過料で1,000円、2項貸付金元金収入で3,672万2,000円、3項雑入で2,076万1,000円でございます。最後の8款市債1項市債で9億7,670万円でございます。続いて歳出でございますが、1款下水道事業費で16億204万5,000円を計上しております。前年度比1億8,792万6,000円の増となっております。その主な要因につきましては、第4期区域受け入れのための浄化センター増設工事に伴うものでございます。款の内訳でございますが、1項下水道管理費で2億7,033万2,000円、2項下水道建設費で13億3,171万3,000円でございます。次に2款公債費1項公債費で8億5,614万9,000円でございます。

 次のページお願いします。次に第2表債務負担行為の設定につきましては1件でございまして、浄化センター建設事業において平成17年度で9,100万円の限度額でお願いをするものでございます。次に第3表地方債についてでございますが、公共下水道事業において9億7,670万円を発行限度額として定めさせていただくものでございます。起債の方法につきましては、証書借り入れまたは証券発行ということで設定をするものでございます。利率につきましては年4%以内、ただし利率見直し方式で借り入れる政府資金および公営企業金融公庫資金について、利率の見直しを行った後においては当該見直し後の利率ということで、償還の方法につきましては、政府資金およびその他の資金についてはその融資条件によると、ただし市財政の都合により据置期間および償還期限を短縮し、または繰上償還もしくは低利に借り換えすることができるということで設定をさせていただくものでございます。

 次のページをお願いします。次に議案第21号平成16年度小浜市農業集落排水事業特別会計予算でございますが、第1条の歳入歳出予算につきましては、予算の総額を歳入歳出それぞれ8億7,625万9,000円と定めるものでございます。前年度対比85.9%でございます。あわせまして第2条の地方債につきましては第2表のとおり設定させていただくものでございます。

 次のページお願いします。第1表歳入歳出予算の歳入でございますが、1款分担金および負担金1項負担金で3,231万5,000円、2款使用料および手数料については1億6,452万4,000円で、内訳は1項使用料で1億6,452万4,000円、2項手数料で1,000円でございます。次に3款県支出金1項県補助金で2億6,015万円、4款財産収入1項財産運用収入で1万9,000円、5款繰入金につきましては2億650万5,000円を計上しておりまして、内訳は1項一般会計繰入金で1億9,596万1,000円、2項基金繰入金で1,054万4,000円でございます。次に6款繰越金1項繰越金で1,000円でございます。7款諸収入1項雑入で1,094万4,000円でございます。最後の8款市債1項市債で2億180万円でございます。続いて歳出でございますが、1款農業集落排水事業費1項農業集落排水事業費で6億1,479万7,000円でございます。主なものは中名田農業集落排水施設建設事業に係るものでございます。次に2款公債費1項公債費で2億6,146万2,000円でございます。

 次のページお願いします。次に第2表地方債でございます。農業集落排水事業において発行限度額を2億180万円と設定をさせていただくものでございます。起債の方法につきましては、証書借り入れまたは証券発行とするものでございます。利率につきましては年4%以内、ただし利率見直し方式で借り入れる政府資金および公営企業金融公庫資金について、利率の見直しを行った後においては当該見直し後の利率ということで、償還の方法につきましては、政府資金およびその他の資金についてはその融資条件によるものとし、ただし市財政の都合により据置期間および償還期限を短縮し、または繰上償還もしくは低利に借り換えすることができるということで設定をさせていただくものでございます。

 次に議案第22号平成16年度小浜市漁業集落環境整備事業特別会計予算でございますが、第1条の歳入歳出予算につきましては、予算の総額を歳入歳出それぞれ7,683万4,000円と定めさせていただくものでございます。前年度対比96.2%でございます。

 次のページお願いします。第1表歳入歳出予算の歳入でございますが、1款使用料および手数料については3,709万6,000円を計上しております。内訳は1項使用料で3,709万5,000円、2項手数料で1,000円でございます。次に2款財産収入1項財産運用収入で2,000円でございます。第3款繰入金で3,897万9,000円を計上しております。内訳は1項一般会計繰入金で3,744万4,000円、2項基金繰入金で153万5,000円でございます。次に4款繰越金1項繰越金で1,000円でございます。次に5款諸収入1項雑入で75万6,000円でございます。続いて歳出ですが、1款漁業集落環境整備事業費1項漁業集落環境整備事業費で3,336万7,000円でございます。2款公債費1項公債費で4,346万7,000円でございます。

 次のページお願いします。次に議案第23号平成16年度小浜市西津東部地区土地区画整理事業特別会計予算でございますが、第1条の歳入歳出予算につきましては、予算の総額を歳入歳出それぞれ581万4,000円と定めるものでございます。前年度比95.8%でございます。

 次のページお願いします。第1表歳入歳出予算の歳入でございますが、1款繰入金1項一般会計繰入金で552万1,000円、2款諸収入1項雑入で29万3,000円でございます。続きまして歳出でございますが、1款公債費1項公債費で581万4,000円でございます。なお本会計におきましては平成16年度ですべての事業が完了する予定となっております。

 次のページお願いします。次に議案第24号平成16年度小浜市介護保険事業特別会計予算でございますが、第1条の歳入歳出予算につきましては、予算の総額を歳入歳出それぞれ20億2,461万7,000円を定めるものでございます。前年度比106.1%でございます。第2条の地方債につきましては第2表のとおり設定させていただくものでございます。第3条の歳出予算の流用についてでございますが、地方自治法第220条第2項ただし書きの規定により歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合は、保険給付費の各項に計上された予算額に過不足を生じた場合における款内でのこれらの経費の各項間の流用という形で設定させていただくものでございます。

 次のページお願いします。第1表歳入歳出予算の歳入でございます。1款保険料1項介護保険料で3億1,400万9,000円、2款分担金および負担金1項負担金で961万9,000円、3款使用料および手数料1項手数料で1,000円、4款国庫支出金におきましては5億1,486万8,000円を計上しておりまして、内訳は1項国庫負担金で3億8,808万2,000円、2項国庫補助金で1億2,678万6,000円でございます。次に5款支払基金交付金1項支払基金交付金で6億2,093万円でございます。6款県支出金1項県負担金で2億4,254万7,000円でございます。7款財産収入1項財産運用収入で1,000円でございます。8款繰入金1項一般会計繰入金で3億442万5,000円でございます。基金繰入金につきましては廃項でございます。次に9款繰越金1項繰越金で1,000円でございます。10款諸収入におきましては5,000円でございまして、内訳は延滞金加算金および過料で3,000円、2項雑入で2,000円でございます。最後に11款市債1項市債で1,821万1,000円でございます。

 次のページお願いします。続きまして歳出でございます。1款総務費で8,086万8,000円を計上しております。内訳は1項総務管理費で5,147万6,000円、2項徴収費で210万2,000円、3項介護認定審査会費で2,729万円でございます。趣旨普及費は廃項でございます。次に2款保険給付費で19億4,041万4,000円を計上しております。前年度比1億2,781万2,000円の増でございます。主な要因は居宅介護サービス給付費の増加を見込んだことによるものでございます。内訳は1項介護サービス等諸費で18億9,586万円、2項支援サービス等諸費で3,044万8,000円、その他諸費で330万6,000円、4項高額介護サービス等諸費で1,080万円でございます。次に3款財政安定化基金拠出金1項財政安定化基金拠出金で183万3,000円でございます。4款基金積立金1項基金積立金で1,000円でございます。5款予備費1項予備費で100万円でございます。6款諸支出金1項償還金および還付加算金で50万1,000円でございます。

 次に第2表地方債についてでございますが、起債の目的は財政安定化基金貸付金でございます。限度額は1,821万1,000円と設定させていただくものでございます。起債の方法は証書借り入れで、利率につきましては無利子、償還の方法については福井県介護保険財政安定化基金条例第8条第1項の規定によるということで設定させていただくものでございます。

 次のページお願いします。次に議案第25号平成16年度小浜市国民宿舎事業会計予算でございますが、第2条の業務の予定量につきましては、普通客室22室、広間4室でございます。年間利用者数につきましては、宿泊を1万600人、休憩を8,080人で計画をいたしております。1日平均利用者数は、宿泊で30人、休憩で23人を見込んでおります。次に収益的収入および支出のまず収入でございますが、第1款国民宿舎事業収益で1億3,925万3,000円を予定しておりまして前年度比469万8,000円の減となっております。款の内訳といたしましては、第1項営業収益で1億3,821万1,000円、2項営業外収益で104万2,000円でございます。次のページお願いします。次に支出でございますが、第1款国民宿舎事業費用で1億3,339万5,000円を計上しておりまして前年度比213万5,000円の減となっております。款の内訳といたしましては、1項営業費用で1億3,001万5,000円、2項営業外費用で308万円、3項予備費で30万円でございます。続きまして第4条、資本的収入および支出についてでございますが、まず資本的収入はございません。資本的支出につきましては、第1款国民宿舎事業資本的支出で160万円を予定しておりまして、内訳は第1項建設改良費でございます。避難用設備等の改修を行う予定をいたしております。なお資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額160万円につきましては、当年度分消費税資本的収支調整額8万円および過年度分損益勘定留保資金152万円で補填をさせていただくものでございます。次に第5条の議会の議決を経なければ流用することのできない経費については、職員給与費の2,798万4,000円と設定させていただくものでございます。

 最後に議案第26号平成16年度小浜市水道事業会計予算でございます。第2条の業務の予定量につきましては、給水戸数で1万200戸、年間総給水量で304万3,000立米、1日平均給水量で8,336立米、主要な建設改良事業で第3期拡張工事および改良工事事業費2億8,416万円を予定いたしております。次に第3条の収益的収入および支出の収入でございますが、第1款事業収益で3億8,334万6,000円を予定いたしておりまして前年度比1,996万5,000円の減でございます。内訳は第1項営業収益で3億7,927万8,000円、第2項営業外収益で406万8,000円でございます。支出におきましては、第1款事業費で4億2,232万5,000円を予定しておりまして前年度比2,025万1,000円の増でございます。内訳は第1項営業費用で3億887万8,000円で第2項営業外費用で1億1,244万7,000円、第3項予備費で100万円でございます。ということで大変厳しい予算となっております。

 次のページお願いします。次に第4条の資本的収入および支出についてでございますが、まず収入におきましては、第1款資本的収入で2億4,588万5,000円を予定しておりまして、内訳は第1項企業債で5,260万円、第2項出資金で460万9,000円、3項工事負担金で1億6,060万円、4項他会計負担金で551万円、5項国庫補助金で1,465万1,000円、6項県補助金で791万5,000円でございます。続いて支出でございます。第1款資本的支出で4億7,051万2,000円を予定しております。内訳は第1項建設改良費で3億5,100万6,000円、第2項企業債償還金で1億1,950万6,000円でございます。なお資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額2億2,462万7,000円につきましては、当年度分消費税および地方消費税資本的収支調整額662万3,000円、過年度分損益勘定留保資金2億1,800万4,000円で補填をさせていただくものでございます。次に第5条の債務負担行為についてでございますが2件お願いするものでございます。まず企業会計システム賃借料につきましては、平成17年度から21年度までの5年間で限度額を894万1,000円に、工事設計積算システム賃借料についても平成17年度から21年度までの5年間で限度額を1,468万4,000円と設定させていただくものでございます。続いて第6条の企業債についてでございますが、起債の目的は第3期拡張事業でございます。限度額につきましては5,260万円でございます。起債の方法につきましては証書借り入れまたは証券発行ということでございます。利率につきましては年4%以内、ただし利率見直し方式で借り入れる政府資金およびその他の資金について、利率の見直しを行った後においては当該見直し後の利率ということでお願いをするものでございます。償還の方法につきましては、政府資金およびその他の資金についてその融資条件によるものとし、ただし企業財政の都合により据置期間および償還期限を短縮し、または繰上償還もしくは低利に借り換えすることができると設定させていただくものでございます。続いて第7条の一時借入金につきましては、その限度額を3,000万円と定めるものでございます。続いて第8条の議会の議決を経なければ流用することのできない経費につきましては、職員給与費の4,051万1,000円と設定させていただくものでございます。最後に第9条の棚卸資産購入限度額については711万8,000円と定めるものでございます。

 以上、予算関係議案の説明にかえさせていただきます。どうかよろしくお願いをいたします。



○議長(山口貞夫君) 10分間休憩いたします。

            (午後3時7分)



○議長(山口貞夫君) 再開いたします。

            (午後3時20分)



○議長(山口貞夫君) 引き続き提案理由の説明を求めます。総務部長、和田君。



◎総務部長(和田孝夫君) それでは議案第27号から議案第35号の条例等議案について説明を申し上げます。

 まず議案第27号小浜市部設置条例の一部改正でございますが、これにつきましてはですね、地方自治法の改正に伴う条例の一部改正でございまして、内容といたしましてはですね、地方公共団体の長の直近下位の内部組織およびその分掌する事務について条例で定めるものとしたことでございます。内容でございますが、現在規則で分掌事務等が定められておりまして、規則等も現在見直しをかけておりますが、現段階ではですね、規則は大幅な改正というんですか、現段階では改正はしなくてはいけないという部分がないというような判断をいたしておりまして、1つ例を挙げさせてもらいますと、その中に一番最初分掌事務という形で出てきます部の分掌事務はおおむね次のとおりとするということで、総務関係で議会に関することとございますが、それにつきましてはですね、規則がもう既に制定されておりまして、この小浜市行政組織規則、この10条関係に別表があるんですが、その中にですね、所管する事務について議会関係ですと市議会の招集告知および議案に関すること、議会の議案に関することと、そうしたことで具体的な分掌事務等が明記をされておりまして、そうした意味でこうした条例を制定させていただきたいというものでございます。以下ですね、企画経営部、市民まちづくり部、福祉環境部、産業建設部といった部のそれぞれの分掌事務を新しく条例で制定させていただきたいといった内容でございます。

 次に議案第28号でございますが、小浜市乳幼児医療費の助成に関する条例の一部改正でございまして、これにつきましては改正理由といたしましてはですね、乳幼児医療費助成については、4歳誕生月までの乳幼児および4歳誕生月の翌月の初日から就学前までの間にある幼児のうち、子の数が3人以上の世帯に属する幼児に係る医療費を助成しているが、保護者の経済的負担を軽減するため対象乳幼児の範囲を5歳誕生月までの乳幼児および5歳誕生月の翌月の初日から就学前までの間にある幼児のうち、子の数が3人以上の世帯に属する幼児に拡大することに伴いまして条例を改正させていただきたいというものでございまして、そうした意味で、現行の4歳を5歳に変えさせていただくといったのが主な内容でございます。施行につきましてはですね、16年の4月1日に施行をさせていただきたいといったものでございます。

 次に議案第29号でございますが、小浜市老人福祉施設の設置および管理に関する条例の廃止についてということで、これ廃止する理由でございますが、養護老人ホーム観海寮ならびに特別養護老人ホーム小浜福寿園を16年の4月1日付けをもって社会福祉法人若州福祉会に移譲を行うということに伴いまして、この条例については廃止をさせていただきたいというものでございまして、施行日につきましては16年の4月1日をお願いしたいというものでございます。

 次に議案第30号でございますが、小浜市ボランティア・市民活動交流センターの設置および管理に関する条例の制定についてということで、これは条例の制定でございまして、白鬚にございますもとの福井銀行を寄贈を受けまして、これらにつきましてですね、ボランティアと市民活動の交流センターとして活用していきたいということからこの条例の制定をお願いするものでございます。第1条ではですね、設置、第2条では定義、第3条では位置、第4条では職員、第5条では事業、事業は特にですね、市交流センターの事業について市民活動の促進に関すること、市民活動を行う団体に関すること、その他市民活動に関することといった規定を盛り込んでおります。第6条は施設、第7条では使用者でございます。使用者につきましてはですね、市民活動交流室の使用者についての規定でございまして、まず第1点はですね、主として市内において市民活動を行う団体で市に登録した者が使用することができるといった規定でございますし、市長が適当と認めたときは登録団体以外の者に使用させることができる。それから登録に関する手続は規則で定めるといったような規定をさせていただくものでございます。第8条関係は使用許可、第9条関係は使用の制限、第10条ではですね、目的外使用、権限譲渡等の禁止、それから第11条では使用許可の取り消し等、それから第12条では使用団体の義務、第13条では使用料、使用料につきましてはですね、交流センターの使用料は無料とするという規定でございます。それから第14条では特別な設備等の許可、第15条では原状回復の義務、それから第16条では損害賠償、第17条では職員の立ち入り、第18条では委任ということで、規則でこの規定については規則で定めるといった規定を設けさせていただきたいというものでございまして、施行日につきましてはですね、16年の6月1日から施行をさせていただきたいといったものでございます。この条例そのものは全体が18条から構成されておりまして、ボランティア・市民活動交流センターとして十分活用していただきたいということからこうした条例の制定をさせていただくものでございます。

 それから次にですね、議案第31号でございますが、御食国若狭おばま食文化館の設置および管理に関する条例の一部改正でございまして、これ改正理由といたしましてはですね、御食国若狭おばま食文化館に別館といたしまして食事処を新たに設置するということからこの条例の一部改正をお願いするものでございます。それでまず内容でございますが、食文化館の別館として位置づけをしていきたいということでございますし、第6条関係ではですね、食文化館に次の施設を置くということで、ミュージアム、キッチンスタジオ、伝統工房、これ従来からあった施設でございますが、健康くつろぎ広場、これも従来からあった施設でございます。別館といたしまして食事処を規定させていただきたいというものでございますし、使用料につきましてはですね、この使用料につきましては第11条関係でございますが、食事処使用料として1品につき100円以上2,000円以下の範囲で市長が別に定める額、ただし会食その他特別料理についてはその実費を勘案して別に定めることができるといったようにしております。施行につきましてはですね、この条例の施行につきましては、公布の日から起算して三月を超えない範囲内において規則で定める日ということで規定をさせていただきたいと思います。

 それから次に議案第32号小浜市企業職員の給与の種類および基準に関する条例の一部改正でございますが、この改正理由といたしましてはですね、企業職員の住居手当については、平成15年度の人事院の給与勧告に準じ、小浜市一般職の職員の給与に関する条例を改正したことに対応するための改正でございます。法律の名称変更に対する改正もございまして、これにつきましてはですね、住居手当を新築・購入してから5年間に限定をいたしております。それと名称の変更でございますが、地方公営企業労働関係法を地方公営企業等の労働関係に関する法律という名称に変更になりました関係から、そうしたことからこの名称も変更させていただきたいというものでございます。施行につきましてはですね、これも16年の4月1日から施行させていただきたいというものでございます。

 次に議案第33号でございますが、小浜市簡易水道設置条例の一部改正でございます。改正理由といたしましては、平成16年の4月1日より相生・中井簡易水道の西相生地区の一部が上水道に移行するため、これらの関係から条例を改正させていただきたいというものでございます。施行につきましてはですね、16年の4月1日から施行させていただきたいわけですが、経過措置がございまして、経過措置といたしましてはですね、この条例の施行の日前からですね、継続して供給している相生・中井簡易水道のうち西相生地区の一部に係る水道の使用で、この条例の施行の日から平成16年4月30日までの間に料金の支払いを受ける権利が確定されているものに係る料金についてはですね、改正後の小浜市簡易水道設置条例の規定にかかわらずなお従前の例によるといった経過措置も設けさせていただきたいというものでございます。

 次に議案第34号辺地の総合整備計画の策定および変更についてということで、これにつきましてはですね、整備計画の策定および変更の理由でございますが、これ4つございます。1つはですね、池河内辺地、それから2つ目が仏谷辺地、3つ目がですね、田烏辺地、4つ目が辺地の総合整備計画という4つがございまして、まずに池河内辺地につきましてはですね、辺地に係る公共的施設の総合整備計画のための財政上の特別措置等に関する法律の規定により池河内地区の林道大滝線を整備するに当たり辺地の総合整備計画を策定するということになっておりまして、これは林道大滝線にかかわるものでございます。仏谷辺地につきましてはですね、これは仏谷区の市道の整備に関することといったことで、この市道整備に係る辺地の総合整備計画でございます。田烏辺地につきましては、林道の蛙端線、これの整備を計画しておりまして、これにかかわる変更でございます。それから4つ目の辺地の総合整備計画を策定または変更する場合にはですね、前記法律の定めにより議会の議決を経て総務大臣に提出しなければならないという規定がございまして、そうしたことから今回の変更の議決をお願いしたいというものでございます。内容的にはですね、池河内辺地では整備計画期間が平成16年度の1年間、全体事業費が500万円、事業の概要につきましては、先ほど申し上げしたように、林道大滝線の路肩の改良工事といったのが内容となっております。仏谷辺地につきましてはですね、整備計画期間が平成14年度から平成16年度の3年間といった期間でございますし、全体事業費が1億円、これ変更前は1億円でございますが、変更後はですね、1億3,200万円といった額に変更させていただきたい。追加する事業の概要でございますが、これにつきましてはですね、国、県との協議によりまして護岸部の構造の変更をさせていただきたいというものでございます。それから次には田烏辺地でございますが、これは整備計画の期間がですね、平成4年度から平成14年度の11年間といった期間を設定いたしておりまして、これにつきましてはですね、整備計画期間につきましては変更をお願いいたしまして、変更では平成4年度から平成20年度まで17年間という期間の変更もお願いしたいというものでございますし、全体事業費といたしましてはですね、変更前が19億300万円、これをですね、変更後は20億7,300万円といった額に変更させていただきたいというものでございます。

 次に議案第35号でございますが、団体営中山間地域総合整備事業、一般型でございますが、小浜地区実施計画についてということで、これにつきましてはですね、平成16年度から団体営中山間地域総合整備事業(一般型)小浜地区を実施したいので、土地改良法ですね、これに基づきまして議会の議決をお願いしたいというものでございます。総事業費は6億2,000万円、工期につきましては平成16年度から平成21年の6カ年を予定をいたしておるものでございます。以上よろしくお願いを申し上げます。



○議長(山口貞夫君) お諮りいたします。本日の会議はこの程度にとどめ延会いたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

              (異義なし)



○議長(山口貞夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、本日はこれにて延会することに決しました。

 明4日は定刻本会議を開きます。

 本日はこれにて延会いたします。

            (午後3時38分)

   上会議の次第を記し相違ないことを証するために署名する。

           平成16年  月  日

           小浜市議会議長

           署名議員   7番

           署名議員  19番

 上会議録は地方自治法第123条の規定により調製したものである。

        小浜市議会事務局長 中野 繁