議事ロックス -地方議会議事録検索-


福井県 小浜市

平成15年  3月 定例会(第1回) 03月05日−02号




平成15年  3月 定例会(第1回) − 03月05日−02号







平成15年  3月 定例会(第1回)



     平成15年3月5日小浜市議会定例会会議録(その2)

出席議員24名

  1番 池田英之君    2番 西本正俊君    3番 富永芳夫君

  4番 荒木 弘君    5番 清水正信君    6番 池尾正彦君

  7番 重田辰男君    8番 小堂清之君    9番 中村千代子君

 10番 岡尾正雄君   11番 宮崎治宇蔵君  12番 山本益弘君

 13番 水尾源二君   14番 山口貞夫君   15番 石野 保君

 16番 杓子 明君   17番 深谷嘉勝君   18番 岡 明男君

 19番 山崎勝義君   20番 中野健一郎君  21番 濱岸利一君

 22番 石橋和彦君   23番 松尾 剛君   24番 木橋正昭君

欠席議員 なし

地方自治法第121条の規定による議場出席者職氏名

    市長           村上利夫君

    収入役          芝田敏捷君

    総務部長         竹内 齊君

    総務部マネージャー    小林俊一君

    総務部税務課長      長谷川文治君

    企画経営部長       田端浩之君

    企画経営部マネージャー  東 武雄君

    企画経営部財政課長    服部由幸君

    企画経営部広報情報課長  松崎敬一君

    市民まちづくり部長    和田孝夫君

    市民まちづくり部

    マネージャー       中積重喜君

    市民まちづくり部

    市民生活課長       富田 実君

    市民まちづくり部

    鉄道新線・公共交通課長  田井克己君

    市民まちづくり部

    商工観光課長       栗原 茂君

    福祉環境部長       杉山 勲君

    福祉環境部マネージャー  樽谷 清君

    福祉環境部健康長寿課長  大江正男君

    福祉環境部医務保健課長  吉岡澄生君

    福祉環境部環境衛生課長  重田治樹君

    産業建設部長       中村純一君

    産業建設部マネージャー  長尾一彦君

    産業建設部農林水産課長  竹村次夫君

    産業建設部上下水道課長  小川修市君

    教育委員会教育長     食見直孝君

    教育部長         儀峨雅美君

    教育部マネージャー    村井重喜君

    教育部文化生涯学習課長  島本俊博君

    教育部体育課長      古田幸男君

議会事務局長および書記

    議会事務局長       中野 繁

    次長           塩野喜一郎

    書記           佐藤善一

    書記           奥原正子

日程第1 議案第18号 平成15年度小浜市一般会計予算

     議案第19号 平成15年度小浜市国民健康保険事業特別会計予算

     議案第20号 平成15年度小浜市加斗財産区運営事業特別会計予算

     議案第21号 平成15年度小浜市簡易水道事業特別会計予算

     議案第22号 平成15年度小浜市駐車場事業特別会計予算

     議案第23号 平成15年度小浜市老人医療特別会計予算

     議案第24号 平成15年度小浜市下水道事業特別会計予算

     議案第25号 平成15年度小浜市農業集落排水事業特別会計予算

     議案第26号 平成15年度小浜市漁業集落環境整備事業特別会計予算

     議案第27号 平成15年度小浜市西津東部地区土地区画整理事業特別会計予算

     議案第28号 平成15年度小浜市介護保険事業特別会計予算

     議案第29号 平成15年度小浜市国民宿舎事業会計予算

     議案第30号 平成15年度小浜市水道事業会計予算

     議案第31号 小浜市の公の施設の使用条例の一部改正について

     議案第32号 小浜市立小学校図書、備品等整備基金の設置および管理に関する条例の一部改正について

     議案第33号 小浜市地域子育て支援基金条例の一部改正について

     議案第34号 小浜市国民健康保険税条例の一部改正について

     議案第35号 小浜市町並みと食の館の設置および管理に関する条例の制定について

     議案第36号 小浜市ホームヘルパー等派遣手数料徴収条例の廃止について

     議案第37号 小浜市乳幼児医療費の助成に関する条例の一部改正について

     議案第38号 小浜市老人福祉施設の設置および管理に関する条例の一部改正について

     議案第39号 小浜市介護保険条例の一部改正について

     議案第40号 小浜市廃棄物の処理および清掃に関する条例の一部改正について

     議案第41号 小浜市漁業集落排水処理施設の設置および管理に関する条例の一部改正について

     議案第42号 小浜市法定外公共物管理条例の制定について

     議案第43号 小浜市水道事業給水条例の一部改正について

     議案第44号 小浜市簡易水道設置条例の一部改正について

     議案第45号 辺地の総合整備計画の策定について

     議案第46号 負担附き譲与の受け入れについて

     議案第47号 新たに生じた土地の確認について

     議案第48号 号の区域の変更について

     議案第49号 小浜市道路線の認定および変更について

日程第2        陳情



○議長(石野保君) これより本日の会議を開きます。

            (午前10時01分)



○議長(石野保君) 諸般の報告をいたさせます。



◎議会事務局長(中野繁) 報告いたします。

 3月4日IT推進委員会が開催されました。

 ただいまの出席議員は24名であります。

 地方自治法第121条の規定による本日の議場出席者は村上市長ほか27名であります。以上です。



○議長(石野保君) 本日の会議録署名議員は、小浜市議会会議規則第79条の規定により議長において1番池田英之君、17番深谷嘉勝君を指名いたします。

 本日の日程は配付いたしました印刷物のとおりであります。

 日程第1 議案第18号平成15年度小浜市一般会計予算より議案第49号小浜市道路線の認定および変更についてまでを一括議題といたします。

 これより質疑に入ります。質疑ありませんか。24番、木橋君。



◆24番(木橋正昭君) きのうのご説明に対しまして、若干ただしてまいりたいと思いますが、まず15年度の予算編成に伴います施政方針演説といいますか、所信表明の中で数々述べられてまいりましたものと予算書の編成に伴う具体的な予算措置に関連してお伺いしたいと思いますが、まず1点は、きのうの表明の中で出てまいりました町村合併に対する問題でありますが、平成15年度の組織改正案、これによりますと、この資料によりますと町村合併推進室を設置して特例法の期限内に合併を実現するための体制を強化する、こういうふに示されておりますが、したがって、きのうの表明の中でも法定協議会の設置に向けそれぞれの近隣の町村と積極的な接触を進めているところでありますとうたっておりますが、予算措置の観点から見ますと単なる職員の配置だけで、いわゆる給料費だけになっておりまして、何らの行動体形に伴う予算措置じゃないわけでありますが、これは法定協議会に入るまでは全く事業予算を必要としない方向で取り組まれるのか、その辺のお考えをひとつお聞きしたいのと、いま1つは合併の方向でありますけれども、きのうの述べられた中では小浜、上中、名田庄、いわゆる旧遠敷郡を中心とすることがより現実的な対応であると述べられておりますが、先の報道によりますと、上中町長は、また違った観点から具体的に述べられておりまして、ともすれば必ずしもこの協議会設定は期限内にすることは多少困難であろう、でも将来は若狭1つという大きな目標に向かって進んでいくんだという将来の目標をはっきりとお示しになっておるわけでありますが、その辺の取り組みについて、お考えについてお聞きしたいと思います。これが1点。

 いま1つは79ページにありますが、小浜市教育施設整備資金積立基金でありますが、この問題につきましては、かつては小浜小学校改築積立基金というふうな名称が出ておりましたし、これまた何回かの所信表明の中ではっきりと20年開校を目指して小浜小学校の積立基金を開始しますと明言されて以来、積立基金が出てまいりましたが、今度の場合は小学校積立基金となりますと16小学校すべてに適用するように思えるわけでありますが、そう理解していいのか、その中にいくら小浜小学校の部分が入って、そのことが当初のしばしば表明されております20年開校、私どもも全協をはじめとしてたくさんの資料をいただいてこの問題は討議してまいったところでありますが、それらによりましてもそういうふうな説明がございましたけれども、今回小学校全体の積立基金に改築整備積立基金になっておりますが、このことは将来の取り組みの展開に変更が生じたのか、現状のこういう措置のお考えと将来の展開についての方向性をお示しいただきたい、このように思うところであります。以上です。



○議長(石野保君) 市長、村上利夫君。



◎市長(村上利夫君) 合併についてでございますが、合併推進室は4月に設置いたしますが、その予算を伴うような事業につきましては合併協議会が発足してからというように考えております。

 それから確かにより広域のその合併は望ましいことでありますし、嶺南広域圏の管理者会等でも議論はされておりますが、当面その合併特例法の期限に間に合わせるということになりますと、それは先般の管理者会でも困難であると、ですから当面はそういう、将来はより広くということを念頭に置きながら、目標に置きながら当面はできるところからやっていくというふうな共通の認識になっておりますので、そのようにご理解をいただきたいと思います。



○議長(石野保君) 教育部長、儀峨君。



◎教育部長(儀峨雅美君) 教育施設整備資金積立金でございますけれど、これにつきましてはあくまでも教育施設の計画的な整備のための積み立てということでございまして、ご存じのとおり16校を一応想定をしております。ただ、ここ近くに考えられておりますのが小浜小学校の開校というようなことになっておりますので、当面はそれに集中をするというような格好になろうかと思います。したがいまして、計画的にはあくまでも16校のすべての学校を対象とした積立金ということで考えております。



○議長(石野保君) 24番、木橋君。



◆24番(木橋正昭君) そうしますと、第1点の町村合併の問題でありますが、当面はどうしても現実的な対応で取り組みはするけれども、必ずしもいわゆる法定期限にこだわらないということで理解してよろしいか。そして将来はやっぱり広域的な観点から若狭を1つとか、そういった目標に向かって全体の首長さん方が同意しておるんだというふうに理解してよろしいですか、そのような方向で将来は大きくなるけれども、当面現実展開したいというのが本市の意向ですか、その辺をいま1つお伺いしておきたいと思います。

 それから2点目の学校整備資金でありますが、そうしますと16校対象でということでありますが、主として小浜小学校だということですが、そうすると先ほど申し上げましたように、その中のいくらが小浜小学校の基金の対象になるのか、そしてその他改築整備ですから整備資金としては、したがって16校の中にかなり要求されておるものがあろう、そのうちどの程度を予定されておるのか、既に計数が出ておりますので計数整理をされておると思いますから、若干ほか何校ぐらいはいくらでということがお示しいただけるんじゃないかというふうに思いますが、その辺はいかがですか。

 そして当初の計画のこの学校の改築整備は20年開校は間違いないとするならば、常識的に考えれば少なくとも全くの全体移転改築となると、本校舎をはじめとする建築整備については工事そのものでやっぱり3年は物理的に要するだろう、そうするとそれ以前にやっぱり1年ぐらいは設計協議に要する、ましてや設計コンペでもかけようと思うとさらに時間がかかる。そしてそうかけようと思えば当然のことながら用地設定をきちっとしなきゃならん、用地は市有地であるなら別ですけれども、いろいろ考えられるところによりますと、やっぱり用地交渉が伴う、それにかかわる時間もまたそのぐらいかかる。そういうことになりますと、その20年開校は動かないとすると3年、逆算すると17年か7、8、9、さらに1年、16年かかる。そうすると今年あたりは少なくとも調査費ぐらい顔出し予算として、用地交渉とか買収とかいうのは、それはそのときの事情によりますから時々の補正で十分対応されるべき手法だと思いますけれども、基本的にはやっぱり、もしそれが動かないとするならば少し顔出し予算の調査費ぐらい計上されてくるのが、順次その方向に向かうという姿勢を示すものではなかろうかと。そういった点からくると以後の計画の展開が変わるのかどうか、やっぱり多少疑問を持たざるを得ないのでありますが、それはそのままこの整備基金積み立ての趣旨に沿って、その積み立てしたときのご説明は20年開校によるという説明で、当初積み立てのときはそういう説明でありましたから、この予算書に伴うこの基金がそこへずっとつながっていく、そうすると執行体形から来て計画整備からすると、ことしあたりが顔出し予算の必要性が生まれてくるんじゃないかと思いますが、出てないということはその辺の準備段階どのようになっておるんですか。今後の展開は、必ずしも今想定したとこが変わるのかどうか、いろいろの問題があって、いま少し取り組みにくいということであれば、これはまた時の事情でありますからご説明いただければよかろうと思いますが、その辺の経緯について、見通しについてお示しをいただきたい。



○議長(石野保君) 市長、村上利夫君。



◎市長(村上利夫君) 第1段階のといいますか、当面の現実的な対応ということではありますけれども、しかし合併のメリットが大きいですね、合併特例法の期限内という方針で積極的に取り組んでまいりたいというふうに思っております。



○議長(石野保君) 教育部長、儀峨君。



◎教育部長(儀峨雅美君) 積立金の16校での割合ということございますけれど、はっきり申しまして現在小浜小学校にどれだけ、その他の学校にどれだけというような計画は立てておりません。これから考えてまいりたいというふうに考えております。

 それから小浜小学校の20年開校を目標といたしましたことにつきましては、一応16年度には基本構想、基本設計を予定をしてますし、17年度には実施設計を、そして18年、19年の2年間で建設をさせていただきたいと、そして20年の4月には開校というような運びになろうかと思います。したがいまして16年度から予算計上がなされるつもりでおります。以上でございます。



○議長(石野保君) 24番、木橋君。



◆24番(木橋正昭君) 町村合併の問題につきましては、一応当面の姿勢は理解をいたしました。しかしながら、先般の報道によります上中さんのコメントによりますと、各自治体に理解を求めているが、実質的には極めて困難であるというふうにおっしゃっておられるわけでありますが、そういった中でも、なおかつ当面期限内を目指して積極的に働きかけるというご意思のようでありますので、この意思は尊重してまいりたいと思います。積極的な取り組みをお願いしたいと思います。

 なお学校建築の問題でありますけれども、そうすると今のお話ですと、まだ内訳は決めておらないということでありますけれども、やっぱり年次設定をした以上は年次計画でそれぞれ資金のやっぱり積み立て方式の計画性がないとできないのではないかと思いますと同時に、いわゆる文部科学省への申請の問題等を考えますと、果たして今おっしゃる2年間で建築、それは物理的にやろうと思えば3社でも5社でも同時発注で同時着工という方法もあるわけでありますけれども、限られた候補地の中で一遍にそういった建築ができるのかなというふうな危惧もいたしますが、それに翻ってやっぱり前段の準備行為がないと必ずしも建築はできないわけですが、今そしたらそこへ至るまでの最も重要な用地の取得の問題でありますが、それはどの程度進んでおりますか。現状の経過についてご説明をいただきたい。



○議長(石野保君) 教育部長、儀峨君。



◎教育部長(儀峨雅美君) 用地の確保につきましては、話し合いの中で購入または賃貸というようなことで、今現在はどららというふうにはしておりませんけれど、財政の状況に応じまして一部購入して、あとは賃貸にするのか、そういうことについては長期財政計画の中で今後検討されることと思います。



○議長(石野保君) 16番、杓子君。



◆16番(杓子明君) それでは大きな点から細かい点までちょっと7点ほどお聞きをいたしたいと思いますが、まず最初に平成15年度の予算編成に当たりまして企画経営部長にお尋ねをしておきたいと思います。本予算に当たりましては、いろいろご苦心、ご苦労があったと思いますけども、15年度予算編成に当たりましての部長の苦心、そういった点、さらに部長が見る小浜の将来財政にかかわるお気持ちというか、ちょっとぼやっとしてますけども、あなたにお聞きするのが一番いいかと思いますので、その点を少しお話をいただきたいと思います。

 それから次に雇用対策につきましてお尋ねをいたしたいと思います。説明で緊急地域雇用創出特別基金事業ということで4,622万7,000円ということで新規雇用を38名創出できるというような説明をいただいておりますが、この部分につきましては、この予算の説明書のどの款項に当たるのか、ちょっと簡単にですがお示しをいただきたいと思います。

 それから予算説明書の63ページですけども、64ページ、めくっていただきまして64ページに景観整備事業で、これも緊急雇用対策ということで1,929万6,000円が計上されておりますが、これは森林組合への補助か委託かと思うんですけども、14年度におきましても同じような事業がいわゆる緊急雇用対策として計上されたというふうに私は思っておるんですけども、14年度の実績ならびにこうしたものが雇用の継続につながっいくのかどうか、そこら辺のことをお伺いしておきたいと思います。

 それから235ページの水道事業会計につきましてお伺いをいたしておきますが、給水収益の前年度対比につきまして少し説明をいただきたいと思います。

 次に138ページの駐車場事業特別会計につきましてお伺いをいたしておきたいと思います。駐車場使用料のいわゆる収益を556万円アップの予算編成になっておりますけども、このアップ理由の根拠、それをお示しをいただきたいと思います。

 次に議案第40号につきましてお伺いをいたしておきたいと思います。失礼しました。ちょっと議案番号が、私通告を少し間違えたと思うんですけども、いわゆる最終処分場での廃棄物の受取料金につきまして発泡スチロールを新しく重量から体積に対して徴収をかけるということになっておりますけども、この発泡スチロールの持ち込み料金の設定根拠をどういうふうして定められたのか、その点をお伺いしておきたいと思います。

 それから議案第41号の小浜市漁業集落排水処理施設の設置および管理に関する条例の一部改正ということで、今回志積地域、それから矢代地域に対しまして料金改正をここで、条例でうたってありますけども、地域の人たちに対する説明等は終わってるのかどうか、その点をお伺いをしておきたいと思います。

 それから議案第31号の小浜市の公の施設の使用条例の一部改正ということで、町並みと食の館ということでその部分をいわゆる新たにまちづくりの拠点施設として設置するということでございますが、ずっと説明をいただいております中で食の館という言葉で表現をされておりますが、館、ヤカタと書く字をタテと総務部長の方からはご説明をいただいておるんですけども、どうも耳ざわりというか、おかしく受けるんですけど、これは何か法的にタテと読まざるを得んのか、逆に小浜の市民の人に対してこの食のタテという言葉で今後一切通していくのか、そこら辺をお伺いをしておきたいと思います。以上でございます。



○議長(石野保君) 企画経営部長、田端君。



◎企画経営部長(田端浩之君) まず予算編成に関しましてのご質問でございます。今回予算編成に当たりましては、やはりまず歳入面の課題がございました。特に市税、交付税、これらがそれぞれかなり落ち込んでおるわけでございます。こうした中で一般財源をどうやって確保するかといった点にまず苦慮したわけでございます。こうした対応方針といたしまして、後年度交付税措置がございます例えば臨時財政対策債、これの発行を5億円、あるいは今回基金の取り崩しということで、昨年の約2倍近い基金の取り崩しで対応させていただくといった形で一般財源の確保を図ったところでございます。その結果ですね、一般財源につきましては、昨年度当初ベースで申し上げますと93億6,000万円程度でございましたのが92億7,000万円程度と、約1億円程度の減に抑えることができたのではないかと思っております。また起債につきましても後年度負担、当然出てまいりますので、できるだけこれ圧縮したいということで歳入面を見たわけでございます。ちなみにいわゆる臨時財政対策債、これを除きまして、例えば14年度当初ベースで申し上げますと10億円ございました。これを8億8,000万円台に圧縮したと、こうしたことで財源的に見たわけでございます。

 また歳出面でございますが、やはりより市民本位の予算を編成したいということで、今回事務事業評価システム、これを本格的にしたわけでございます。結果的に14年度9月現計で市でやっておりますいわゆる事業と申しますと718事業ございますが、このうち318事業を対象に事務事業評価をやったわけでございまして、この結果36事業につきまして見直ししまして、予算別で申し上げますと1億円、ここで財源的に出たわけでございます。こうした中で、やはり先ほども申しましたが市民サービスの維持という観点から、従来以上の財源の重点的、効率的配分という形で配慮したわけでございます。特にこれは市長の所信表明にございましたように、食のまちづくりの本格的展開、以下7点でございますが、特に戦略的に進める点、交流人口の拡大等、例えば食のまちづくり、若狭路博への対応、歴史遺産の活用等、こうしたことにつきまして十分措置したつもりでございます。また一方で市民ニーズにこたえるきめ細かな予算につきましてもある程度配慮したつもりでございます。

 それから将来の財政の見通しでございますが、これはどこの市町村でも共通して言える話でございますが、先ほど申し上げましたように税ならびに交付税というのが、いわゆる一般財源収入が落ちてございます。より一層の財政の健全化の取り組みが必要ではないかと思っております。たまたま小浜市で今までの状況を申し上げますと、例えば実質単年度収支、これは平成12年度から黒字に改善してございます。また経常収支比率につきましても11年度まで90%台であったものが12年度89.6%、13年度88%と改善傾向にあるわけでございます。また先ほど申し上げましたように起債の残高で申し上げましても、13年度末で144億円程度ございました、これは一般会計ベースでございますが、これが15年度末では、いわゆる145億円でございますが、いわゆる先ほど申しました臨時財政対策債、これを除きますと135億円程度と、約10億円程度減っている状況にございます。こうした中で、ある程度財政状況は改善しているのではないかという観点で思っております。ただですね、今後の財政需要を見ますと、当然これもご承知あると思いますが、16年度は起債の償還ピークを迎えるわけでございます。それからまたハード面で申し上げますと、例えば西街道、これが18年度完成を目指し本格化します。それから高速道関連、鉄道関連と、いわゆる交流人口拡大のための交通網の整備と、こうした大きい事業がございます。また一方で下水道で、先ほどご質問出ました学校整備、不燃物の処分場と、いわゆる生活基盤関連の充実と、こうした大きな事業がまだ残ってるわけでございます。また一方でソフト面で申し上げますと、いわゆる制度的に増えるいわゆる高齢者関係の経費とか、こうしたものがあるわけでございます。こうした中で当然、市長も先ほども申し上げましたように、合併によるより効率的な行財政基盤の確立というのがまず第一でございますが、中長期的に計画的な財政運営が必要ではないかと思っております。こうした中で、特に今後進める、こうしたらどうかと思いますのは、市長が所信表明の中でも申し上げましたように観光立市ですね、これに伴います交流人口の拡大等による税源の涵養、あるいはこれは市民のご理解を当然得る必要がございますが、行財政体制の見直しを含む行政サービス水準の見直しと、これは当然負担見合いといった形での見直しが必要ではないかと、こうした中で将来的には財政運営を図っていく必要があるということを考えてございます。以上でございます。



○議長(石野保君) 市民まちづくり部長、和田君。



◎市民まちづくり部長(和田孝夫君) ご質問のございました雇用対策で緊急地域雇用創出特別基金事業でございますが、これ8事業ございましてですね、どの款に属しているんかということで、款で説明させていただきますと、まず市有財産管理費、これにつきまして総務費でございます。それから景観整備事業、これは広域基幹林道等のいわゆる補修等でございまして、これは農林水産業費でございます。それから中学校緊急地域雇用特別基金事業、これは補助教員の派遣事業でございまして教育費でございます。それから若狭路博関連環境整備事業、これは商工費でございます。それから若狭総合公園景観整備事業、これは土木費でございます。海水浴場等環境美化事業、これも商工費でございます。それから発泡スチロールごみ分別委託事業、これは民生費でございます。それから学校生活支援員設置事業、これにつきましては教育費でございます。そんなようなことで配分をさせていただいております。

 それからもう1点ございましたうちで駐車場の件なんですが、これにつきまして、いわゆる駐車場をことし予算計上をお願いいたしております部分で546万円、前年度と比べてアップをしております。この件でございますが、これにつきましてはですね、全体では7つの駐車場を管理しておるんですが、そのうちですね、6つの駐車場では全体的な前年度実績を踏まえて10万1,000円の増額で、残りはですね、駅前の駐車場なんでございますが、これにつきましては15年度からですね、今までの無料パンチを廃止させていただきましてポイント制度、利用者には同じように還元はさせていただくんですが、商店街等の連携の中でポイント制度より切り替えをさせていただくと、そうしたことから駐車場会計では増収になっておるというのが現状でございます。



○議長(石野保君) 農林水産課長、竹村君。



◎産業建設部農林水産課長(竹村次夫君) 景観整備事業につきましてお答えを申し上げます。

 1点目の森林組合への取り組みしていただいておりますが、補助か委託かという件につきましては、事業主体は小浜市でございまして委託事業でございます。

 2点目の平成14年度の実績についてご説明を申し上げます。事業費が1,995万円、内容につきましては枯れ松伐採1,000立米、主に竜前地域を実施させていただいております。林道草刈り、延長16.5キロメートル、これは若狭幹線ほか3路線を実施させていただいております。林道側溝清掃といたしまして延長2キロメートル、1路線を実施させていただいております。なお新規雇用につきましては12名をこの事業で創出しております。平成15年度につきましても同等な事業を計画をいたしております。

 3点目の継続につながるかというご質問でございますが、この事業につきましては国の制度によりまして平成13年度から16年度とお聞きしております。この景観整備につきましては、14年度、15年度の計画をさせていただいております。しかし、今回のこの景観整備事業につきましては、所管課として林道維持につきまして当然必要な事業でございまして、今後ともこのような有利な補助事業が継続されるとありがたいというふうに考えております。以上でございます。



○議長(石野保君) 上下水道課長、小川君。



◎産業建設部上下水道課長(小川修市君) 水道会計の給水収益の前年度対比ということのご質問であったかと思いますけども、14年度当初予算対比でございますが、マイナス0.6%弱ということでございますが、昨日ご承認いただきました3月補正ベースで比較をいたしますと、14年度の3月補正で給水収益が3億4,578万9,000円ということでございますし、15年度当初予算で上げさせていただいておりますのが3億6,607万9,000円ということで6%の増を見込んでおります。これは昨日もご回答させていただきましたけども、加斗地区、それから口名田地区の給水収益の増が約2,000万円余り、684世帯分の増が見込まれるための増加でございます。

 それから議案第41号の漁業集落排水特別会計におけます志積、矢代区の料金改定で地元の説明、ご了解を得ておるかどうかというご質問であったかと思いますけども、昨年の暮れから将来の財政計画をシミュレーションを立てまして、各区の区長さん、また漁業集落排水の組合の役員様にご説明させていただきまして、平成元年から供用開始いたしました施設でございまして、15年目に入るわけございますけども、汚水ポンプ等の分解、部品交換等、大々的なオーバーホール業務を控えておりますことから改定をさせていただきまして、今後の財源として対応していきたいということでご了解をいただいております。よろしくお願いします。



○議長(石野保君) 環境衛生課長、重田君。



◎福祉環境部環境衛生課長(重田治樹君) 発泡スチロールの持ち込み料金の根拠の説明でございますけども、処分場の仕事につきましては民間に年間委託をしております。その人件費につきまして単純に割り戻して2名分で100個程度といいますのは軽トラック1台分ですけども、それに係る費用が2,500円程度ということでございます。



○議長(石野保君) 企画経営部長、田端君。



◎企画経営部長(田端浩之君) 31号議案関係につきましてお答えさせていただきたいと思います。

 今回、公の施設といたしまして町並みと食の館ということで設置条例をお願いしてるわけでございます。タテと呼びますのは、いわゆる古くからですね、貴賓あるいは官吏など高貴な人の宿泊施設を指しましてタテとしております。この意味から食のタテとして食文化を啓蒙したいという趣旨でタテとさせていただいたわけでございます。またこういうタテと命名することによりまして、特色ある名前ということで記憶にも残っていただけるんではないかということで今回タテという形で命名させていただきましたのでよろしくお願いいたします。



○議長(石野保君) 16番、杓子君。



◆16番(杓子明君) それぞれご説明いただきまして理解をすることができました。それでちょっともう少しだけお聞きをいたしたいと思います。

 まず雇用対策につきまして、今お答えいただきましたその景観整備事業で16年度ということになるんですけども、私がここでお聞きしておるのは、例えば森林組合に委託をされて森林組合の方が、今お話聞きますと14年度に12名のバイトというか、常用的扱いというかわかりませんけども人を雇用することができたというご回答をいただきました。彼らがですね、その募集された彼らがですね、それでもういわゆる一発きりでというか、その期間だけでもう終わってしまうのか、その都度いわゆる募集を森林組合の方でかけてですね、やっておられるのか。例えばその人方を優秀であればそのまま連続して雇用するような対策等も打たれているのかどうか、そこら辺のとこわかりましたらちょっとお伺いをしておきたいと思います。こういった時期でございますので、それぞれ大変だと思いますけども、継続してできましたら雇用ができていく方策が一番望ましいと思います。事業採択ということで16年で終わりというこの現実の悲しさというか、私はこれが、今市長も森を大事にしていこうということで森、川、海というこの流れからするとですね、森を大事にすることが食のまちづくりにつながっていくという大きな観点に立っておられるときにですね、こういったものがずっと継続してですね、雇用のいわゆる継続性というか、確固としたものにならないかという点、ちょっとそこら辺のことももし何かご見解がありましたらお伺いをしておきたいと思います。

 それから水道事業の方はわかりました。本当は加斗地区、口名田地区が上水道の方に入ってこられますともっと当然増えると。このごろ下水道が完備されてまいりますと、本来給水が増えるんかなと思うんですけども、何かやっぱり家庭もいろいろ、今こういう経済事情でございますので大分節水をしておるなということが見えないこともないんですけども、この点については理解をさせていただきました。

 それから駐車場事業会計ですけども、今7駐車場のうちの6駐車場におきましては10万円ぐらいのアップということで予算組みしたということ、それで結構なんですけども、駅前の駐車場、いわゆる無料パンチからですね、ポイント制にするということは、1つお伺いしておきたいんですけども、いわゆるJRを利用される方についてはどういう措置をとっていくのか、それからあの駐車場に商店街の利用される方がこれに相当するだけの、金額に相当するだけの駐車が現状にあるのかどうか、もう一度お伺いをしておきたいと思います。

 発泡スチロールの持ち込みにつきましては、今2名の人がする時間で割ったということでございますけども、出し方としてはいろいろとあると思うんですけども、そういうふうに数字的に割り算としてというか、割り出しておればそれでいいと思いますけども、運用してみていろいろ問題もあるかもわかりませんし、そこら辺は十分踏まえて、また今後これらの料金について考えていただきたいなと思っております。

 それから漁業集落排水の料金改定につきましてはそれぞれご了解をいただいているという説明をいただいてるということでわかりました。

 議案第31号の食の館でわかりました。そのタテで売っていくという気持ちが初めてわかりました。私はどういうんかな、タテと読ませる意味をやっぱりですね、市民の人に、今部長が言われた言葉でやっぱり説明をすべきだと思ってます。このタテ、タテというとるけど何のこっちゃわからんということでは非常に理解をしにくいとこありますので、そのタテと読ませる理由をやっぱりそれなりにしっかり説明をしていただけたらなと思いましたので、これである程度わかったんですけども、これから後は皆さん方の宣伝次第やと思いますけども。

 あと少しちょっと追加して質疑したとこだけお答えをいただきたいと思います。



○議長(石野保君) 農林水産課長、竹村君。



◎産業建設部農林水産課長(竹村次夫君) 景観整備事業につきまして、今後継続雇用ができるのか、またそういうことが望ましいというご質問でございますが、まず景観整備事業につきましては、緊急雇用対策ということでございまして、新規雇用6カ月間を超えてはならないという制度上の問題がございまして、この制度で取り組む限りは継続的な雇用はできないと判断いたしております。しかしながら、森林整備の必要性につきましては、今この環境保全等によりまして国民に対する受益というのが叫ばれておりまして、今後税金投入がどんどんされ、またこういう環境保全に対する制度が出てまいりますと森林組合といたしましても雇用が増えていくのではないかという想定もいたしております。なお17年以降につきましては、ただいま申し上げましたような有利な補助事業を要望してまいりたいというふうに考えております。以上です。



○議長(石野保君) 市民まちづくり部長、和田君。



◎市民まちづくり部長(和田孝夫君) 最初に先ほど申し上げました中で若狭路博関連環境整備事業を商工費と申し上げたようでございまして、これえらい失礼しました、土木費の間違いでございます。訂正させていただきます。

 それから次に駐車場の関係での質問でございますが、これにつきましてはですね、駐車場の利用者、JR利用者については昨年度までは割引というんですか、無料カードでもって対応させていただいておったんですが、ことしからはですね、いろんな条件がございまして負担の公平性ということからもですね、ポイント制度でもってこれを還元させていただきたいと。当然これは商店街との連携のもとにですね、100円で1ポイント、基本的には100円で1ポイント、それから駐車場の基本料金分を40ポイント、そうした積算をやりながら200ポイントで500円の割引、こうした商店街の当然協力が必要でございますが、そうしたとことこれから十分協議させていただきながら利用券でもって、割引券というんですか、そうしたものを商店街でもって活用していただく。それでもって全体的な還元をさせていただきたいといったように考えております。

 それとですね、恒常的な定期券とかで利用されております恒常的な利用者、これにつきましては、通常ですと1カ月5,000円の利用料金をですね、これを2,500円という料金にさせていただきながら全体的なJR利用も促進していきたいというように考えておりますのでよろしくお願いをいたします。



○議長(石野保君) 18番、岡君。



◆18番(岡明男君) 議案第18号の関連で3点ばかりお伺いをしたいと思います。

 まず第1点に議案説明書の36ページにございます総務費の中でですね、歴史的景観形成補助金というのが新年度予算に計上されておるわけであります。この事業は平成14年の9月補正で初めて事業採択をされた事業であろうというふうに思っておるわけなんですが、この歴史的景観形成補助事業につきまして内容を少しご説明をいただきたい、こう思います。従来、町並み保存の事業を進めるということで重伝建の指定を受けるための努力を行政として十分してこられたというふうに思っておるわけですが、過日のアンケート調査等によりまして非常に住民の皆さん方のご理解を得るには十分ではないというような状況があってですね、この事業が新たに出てきたと、このように受け止めておるわけでございます。そういったことを踏まえながら、この内容について少し詳細にご説明をいただきたいと思います。

 次にページ39ページでございますが、賦課徴収データ管理業務委託料というのが計上されておりまして、新年度予算は250万円でありますが、平成16年から20年度にわたりまして債務負担行為としまして1,500万円余りの提案がございます。この賦課徴収データ管理業務というものがどういうふうな目的でなされるのか、その点をひとつお伺いをしておきたい、こう思います。

 それから説明資料のページ60ページにですね、都市農村交流対策事業ということで、これは農業振興費で予算が盛られておるわけでありますが、この内容とその目指すところをご説明いただきたいと思います。

 それから65ページに小規模漁場保全事業、水産振興費でありますが、ここに盛られておりますこの予算につきまして、その内容とその目的をご説明をいただきたい、こう思います。

 それから最後の点ですが、ページ69ページにですね、食のまちづくり拠点施設整備事業、いわゆる食の文化館の予算が計上されております。これは8月に一応完成するという説明をいただいてきたわけでありますが、これが完成の暁にどのような行政上の位置づけで運用されいてくのかが非常に大きな課題であろうと思いますので、そういった点でこの食のまちづくりの拠点事業というものをどうとらえて、それをどう発展させていくお考えであるのかお伺いをしておきたい、この点につきましてひとつご説明をお願いいたします。



○議長(石野保君) 企画経営部マネージャー、東君。



◎企画経営部マネージャー(東武雄君) それでは私の方から歴史的景観形成補助金について、その内容につきましてご説明を申し上げたいと思います。

 今ほど議員仰せのとおり、小浜西部地区を伝統的建造物群の保存地区の選定を目指して取り組んでまいりましたけれども、住民の皆様に十分なご理解が得られなかったということで、昨年の9月議会におきまして初めてこの予算を計上させていただいたものでございます。このまま得られなかったということで、このままあの地区を放置しておきますと、さらに風化が進んで非常に貴重な町並み景観が崩れていくということになりますので、当面市の施策として現状維持ないしは従来のもの以上によりよい景観を確保していきたいという方針のもとで補助制度を設定させていただいたものでございまして、あくまでも目指すところは国の重伝建の指定を受けたいというのが本来の究極の目的とするところでございます。

 その事業内容でございますが、道路や路地から望見できる建築物と歴史的風致を含めた景観の形成を図るに当たり、伝統的建造物およびこれらと一体をなす環境を保全し、加えて住民の生活環境に配慮したまちづくりを基本に景観地区内で街路に面する家屋等の修理、修景などの建築工事に対しまして一定の助成率、限度額の範囲でもって助成を交付する事業でございます。助成金につきましては、対象建築物の修理、修景については最高100万円を、助成金の交付決定に当たりましては審査委員会で審査をして交付をしてまいりたいというふうに考えております。平成14年度につきましては、現在数軒の申請が出ております。

 なおまた対象範囲でございますが、八幡神社以西で旧丹後街道とその周辺の小浜らしい歴史的景観を残している地域で国の文化庁や県等と協議の上で、将来小浜市が伝統的建造物群保存地区として選定できる範囲といたしております。具体的には鹿島、浅間、大原、香取、飛鳥の各区全戸と男山、貴船、白鳥区の一部でございます。以上でございます。よろしくお願いします。



○議長(石野保君) 総務部長、竹内君。



◎総務部長(竹内齊君) 賦課徴収の管理業務の委託についてお答えをさせていただきます。

 この管理委託の目的でございますが、公平で適正な滞納処分、この整理を行いたいというものでございまして、滞納額を軽減するということを考えて、それを図ることを考えております。事業委託でございますが、滞納管理システムということでございまして、市税と国保税について滞納の一元化を図りたい、一元管理をしたいということでございます。平成15年度には250万円を、平成16年から20年までは債務負担として1,553万9,000円をお願いしておるわけでございましてリース料でございます。利用方法なんですが、1つ目は収入状況、資産状況をコンピュータで一元管理ができるということでございますし、また滞納者との交渉履歴、分納状況、滞納処分、これらの状況管理ができるということを考えております。また担当者以外の職員でも対応ができるような事務改善が図れるというふうに考えております。



○議長(石野保君) 産業建設部長、中村君。



◎産業建設部長(中村純一君) 都市農村交流対策事業でございますが、都市住民の農業、農村に対する理解を深め、都市と農村の交流の一層の推進を図るため交流人口の拡大を目標として交流機会の確保や農村側の受入体制の整備に取り組む事業でございます。本年度300万4,000円のお願いをしているわけですが、この内容につきましては若狭小浜大漁市2003のイベント委託料として200万円を補助するものでございまして、残りは農林漁業体験交流協議会を設立し、関係機関による交流活動等について検討を行うことにしております。

 続きまして小規模漁場保全事業でございますが、この事業につきましては小浜湾内はエビ等の好漁場でありまして、また各種魚類の産卵、育成の場でもあります。しかし近年、北川と南川の河川から流入する生活廃棄物や流木等が堆積し水産物の繁殖が妨げられてきております。このため動力船により海底の清掃、耕耘をすることによって漁場の改善を図り、漁場の生産力を回復るものでございまして、本年度896万8,000円をお願いしてございまして、海底清掃といたしまして小浜湾3平方キロメートルを、また海底耕耘として若狭湾2平方キロメートルと小浜湾3平方キロメートルで実施するものでございます。以上です。



○議長(石野保君) 市民まちづくり部長、和田君。



◎市民まちづくり部長(和田孝夫君) 食文化館の関係でございますが、食文化館につきましてはですね、今回予算でお願いしておりますのは、食文化館が完成してオープンする時点ではですね、設置管理条例も含めまして6月の補正でこうしたお願いをしていきたいというように考えておりまして、それまでの館の予算を今回はお願いしております。

 食文化館につきましてはですね、小浜の歴史、文化、そうした特色のある、御食国と言われるようなそうした特性をですね、外から来られた県外の方には十分小浜の特色を知っていただく機能、あるいはですね、市内の方についてはですね、いろんな意味で食文化館を活用いただきましてですね、そうした中でまちづくりというものを体験しながらいろんな意味での意見をいただいたり、あるいはそれを実践していただく、そうした総合的な機能を持たしたいというように考えております。そうしたことによりまして、周辺との連携というんですか、当然市街地でありますとか国宝でありますとか、あるいはエンゼルラインを含めたエンゼルライン、蘇洞門めぐりを含めた自然との連携、そうしたものを十分とれるような機能を持たしていきたいというように考えております。



○議長(石野保君) 18番、岡君。



◆18番(岡明男君) 1点ずつ再度お伺いをしたいと思います。

 歴史的景観形成補助事業につきましては、いわゆる丹後街道を中心にですね、整備をしていきたいと、このまま放置したんでは町並みの風化が進むということで、少なくとも現状維持、よければ少しは前進をしていきたいということでこの事業を立ち上げられたということでございます。この対象区域の範囲が今のご説明ですと8地区をすべて含んでいるんではないかと、このように思うわけですね。この景観形成を進めるに当たってはですね、本来ならばやはりその地区と行政との間に一定のルールが必要ではないかと、そのように私は考えるわけですね。ところが今ご提案のこの制度については、申請に基づいて一定の条件をクリアすれば補助する、最高限度100万円までは補助すると、こういうお話でございましたが一方ではそういうふうに景観保全を進めるために公費を投入すると、しかし一方では住民の自由意思に基づいて家屋の取り壊し、あるいは改築、あるいは新築等が勝手にできていくという状況が想定されるわけですね。そういった点を考えますと、これは非常にちぐはぐな状況が現地生まれてくるんではないかということを危惧するわけですね。悪くいうと賽の河原のようにですね、積んでは崩し、積んでは崩しということが起こり得る可能性が十分あるわけですね。それを考えますと、もう少しこの事業を進めるに当たっては条件整備を進められて、一定のルールを確立した上でこの事業を進めるということが必要ではないかなと、そうしないと非常に財政厳しい折からこういった公費を投入しながら、これは恐らく市の単独事業としてやっておられると思うんですが、そういう状況の中で公費を投入すると、金額はあんまり大きくはありませんが、そういった公費の投入が果たしてそれなりの成果を生むのかどうか、非常に疑問を感ずるわけなんです。そういった点でその地元には協議会があるというふうにお聞きをしておりますが、そういった団体と行政との間でですね、この制度を運用するに当たっての何か約束事というんですか、合意したような不文律といったようなものがあるのかどうか、その辺もひとつお聞きをしておきたいと、このように思います。

 それから賦課徴収データ管理業務委託料、これはリース料ということですが、恐らく従来は個々の滞納者についてそれぞれ管理をしてこられたというふうに私は思うわけなんですね。それをひとつ一元的に非常に精度の高いデータをそろえてですね、そうして滞納者のいろんな資産状況から収入の状況等、それから従来の納税の実態、そういったものを把握しながら適時適切に料金収納を図っていこうというその基礎資料にしようというお考えであろうというふうに思うわけですが、いま少しその辺を具体的にお示しいただいてですね、現状どのような滞納の状況になっておるのか、このデータを活用することによってどういった成果が期待できるのかひとつお示しをいただきたい、このように思います。

 それから都市農村交流対策事業につきましては、都市と農村の交流というようなことで施策を講じられると、これは若狭小浜大漁市等を中心として運用されるということであります。私もっとほかにグリーンツーリズム等も視野に入れて事業を起こされるのかなと、このように思っておったわけなんですが、これらもですね、これは予算そのものは農業振興費でいわゆる設定をされておるわけですね。しかしその目指すところは、やはり交流人口の拡大、大きくいうならば観光事業の推進に寄与することが基本的な目的ではないかなという点が1つあると思います。その点ひとつ踏まえて、横にちょっと置いときまして、これは後の食のまちづくりとの関連においてですね、少し申し上げたいというふうに思うわけですが、これとそれから小規模漁場保全事業の896万8,000円ですが、これは主として小浜湾の海底耕耘に力を注いでいくということで漁場の保全を図っていくというお話でございましたが、このほかに稚魚の放流などは、あとほかに別途予算化されておるのでしょうか、その点も少しお聞きをしておきたいと、このように思います。

 それからもう1点、最後にその食のまちづくり拠点施設整備事業の関連でありますが、完成の暁にはこれをどう運用するかということで設置管理条例を6月定例会に提案するという今お話でございました。この点につきましてですね、私はこの食のまちづくりの食文化館については市長の基本的な政策として食のまちづくりを推進するための大きな起爆剤になる施設であろうというふうに思うわけです。そういった点からしますと、この食文化館、それにあわせまして、これも農林水産業費の中にあります地域水産物販売・提供施設整備、これもこの平成15年度中に完成するということでありますが、こういった施設を一体的にとらえて食のまちづくり特別会計といったようなものを立ち上げてですね、行政の中に食のまちづくりの屋台骨といいますか、背筋をしっかりしたものをつくることが必要ではないかなというように思いますので、そういったお考えをお持ちの上でこの設置管理条例等の成案に向けて取り組んでおられるのかどうかご見解をお伺いをしておきたい、所管の方と同時に市長のご見解もあればひとつお伺いをしておきたい、こう思います。こういった最後の点につきましては、やはり都市農村交流対策事業あるいは小規模漁場保全事業、これ稚魚の放流等がこの中にあるとしますと、そういったものは交流人口の増大、いわゆる観光事業として取り組むということが終極的にあろうと思いますので、これらを農林振興費あるいは水産振興費という位置づけだけで終わらすんではなしに、こういった縦割り行政ではなしにもっと横の連携を密にしてですね、全協でも申し上げましたように政策のいわゆる組み立て方、相関関係、その関係をうまくつくることによって、いわゆる相乗効果を得るということをやはり視野に入れて政策を遂行されるべきではないかなと、このように思いますので、その点につきましてのご見解をお伺いしておきたいと、こう思います。



○議長(石野保君) 市長、村上利夫君。



◎市長(村上利夫君) 食文化館のことでございますが、6月に条例をご提案をさせていただきますときに、この運営等のですね、位置づけとかですね、そういうことについてまた議論もしていただきたいというふうに思っておりますが、今岡議員が仰せられましたように、まさにこれは小浜市の食のまちづくり条例、まちづくり条例に基づくそのまちづくりのその趣旨を十分生かしていくための拠点というふうに位置づけておるわけです。ですから温浴施設等の整備もその一環であるわけですが、心安らぐ、心安らぐ美食の郷と、それのシンボル、シンボルでもありますし、それからその拠点を通して交流人口の増加にも資する、それからまた農林水産業の振興にも資する、環境の保全にも皆さんのご理解をいただく、あるいはそういう交流人口の増加等を通して地場産業の発展にも結びつけていく、当然その観光の発展にも資すると、こういう総合的なねらいを持った拠点施設として位置づけてですね、その運営はいかにあるべきかという関係になると思いますので、しかしそれが特別会計が望ましいのかですね、なじむのか、一般会計の中である程度きちっと款とかですね、項とか、こう分けてやることの方がなじむのかですね、その辺は十分またこれから検討させていただきたいというふうに思っております。



○議長(石野保君) 企画経営部長、田端君。



◎企画経営部長(田端浩之君) 町並み保存関係のご質問でございますが、やはり最終的な目標と申し上げますと、やはり重伝建の指定という形になろうかと思ってます。ただ現状は先ほど申し上げましたように、やはり地区の方々の、住民の方々のやはり理解をですね、深めるような努力というのがやっぱり最大限必要かと思っております。こうした中で先ほどもご説明いたしましたが、地元の協議会ならびに庁内ではまた町並み保存対策委員会等もつくってございます。こうした中で十分協議していく中で、地元の方々のご理解を上げていくのがやはり行政の役割だと思っております。こうした中で先ほども補助金につきましてご説明いたしましたが、あくまでも住民の方々のご理解を得ていくための手段として、奨励的補助金として創設させていただいたものでございまして、こうしたものを活用いただくことによってまちづくりの熟度が上がっていけばということで今回またご提案させていただいておりますのでよろしくお願いいたします。



○議長(石野保君) 税務課長、長谷川君。



◎総務部税務課長(長谷川文治君) ただいまのご質問の件でございますが、滞納の状態はどういう具合になっておるかということでございます。やはり市税あるいは国保税につきましては非常に年々滞納額が増えておるという現状でございます。市税につきましては約3,000万円から3,500万円ずつ毎年増えてきております。国保税につきましては1,500万円ずつが増えてきおるということでございます。平成13年度決算では、市税では約3億3,100万円、国保税につきましては2億1,200万円と非常に大きな金額が増えてきておるということでございます。これらの原因につきましては、やはり不況によります個人の所得あるいは法人の所得の減ということが考えられますし、固定資産税等の増加も考えられております。また大口の滞納者が増加をしておるというのが状況でございます。

 それであと現在の管理はどういう具合にやっておるんかといお尋ねでございます。現在の管理につきましては、滞納の台帳あるいはアリスという端末機がございます。それら等によりまして収納の画面が出ますので、それらにより滞納いたしまして、徴収につきましてはやはり現年の徴収につきましては納付指導員が主に担当いたしておりますし、税務課の職員につきましては大きな大口の滞納者等につきまして対応しておるというのが実情でございます。

 それから成果はどういう具合になるんかというようなお尋ねであったかと思います。先ほど総務部長が言いましたように、滞納の一元管理をすることによりましてきめ細かな滞納の整理が図られるということでございますし、だれでも担当の職員がそれに当たれるという事務改善がありますのでよろしくお願いをいたしたいと思います。

 それから最後にやはり大事でございますのは、納税相談あるいはきめ細かな納税指導というのが非常に重要であるという具合に思っております。そういう具合にやってまいりたいと、このように思います。以上です。



○議長(石野保君) 農林水産課長、竹村君。



◎産業建設部農林水産課長(竹村次夫君) 3点目のご質問でございますが、小規模漁場保全事業は小浜湾の海底清掃と海底耕耘と、もっと交流人口増につながる放流事業等がないのかというご質問でございます。その事業につきましては、別途の事業といたしまして沿岸漁業生産拡大推進事業補助金がございます。これにつきましては市漁協が毎年実施しております放流事業でございまして、種苗の中間育成、放流、内容的にはクロダイ、アワビがございます。それを実施しております。なお交流人口増という目的での水産事業といたしましては、ほかに稚アユ放流事業補助金がございます。これは若狭河川漁業協同組合が実施しております稚アユ放流に対する助成でございます。以上でございます。



○議長(石野保君) 市民まちづくり部長、和田君。



◎市民まちづくり部長(和田孝夫君) 都市農村交流事業等を含めまして、横の連携でございます。これにつきましてはですね、できるだけそうしたことになるようにこれからも十分気をつけていかなければならないと考えておりますが、現段階でもですね、例えば新世紀いきいきまち・むらづくりですね、これにつきましては農林水産関係の補助事業を中山間地域のそうした基金造成をやりながら全体的に取り組みをさせていただいておりましたり、あるいは食と文化の交流フェアと、今大漁市ですね、そうしたものを連携を図ったり、あるいは教育関係ですと学芸員ですね、そうしたものに兼職辞令でもってですね、食文化館の関係に携わっていただくといったようなことも現段階でもやっておりますが、なおさらにですね、そうした連携が深まるように十分気をつけさせてもらいながら事業を進めさせていただきたいと思っております。



○議長(石野保君) 18番、岡君。



◆18番(岡明男君) あらかたご説明をいただきまして理解ができてまいったわけですが、重ねてお伺いをしておきたいと思います。

 歴史的景観形成事業につきましては、将来は重伝建の指定を受けるところまでいきたいと、こういうお話でございまして、島根県の津和野町へ行きますとですね、あそこは重伝建の指定を受けずに町並み保存条例をつくっております。これは内容的には罰則規定も何も設けてない、ところが町並みは非常にきれいに保存され、しかも線と点で指定をしておられるという、そういう先例も見受けられますが、小浜の場合はあくまでも重伝建の指定に力点を置いておられるように思うわけですね。そうしますと、どうしてもやはり法的な網をかけることになって住民の皆さん方のご理解が得られないという非常に大きな問題点があるわけなんですが、そこら辺はあまり重伝建の指定にこだわらずにですね、何かこの町並み保存事業を都市計画等の視点でとらえてですね、進めることはできないものなのかという考えを持つわけなんですが、その点の検討はされたことがあるんでしょうか。

 それともう1点は、この若狭の丹後街道を中心にというお話でお聞きしたわけですが、と同時にその8地区全部を網羅するというような対象地域の指定ということになりますとですね、ちょっと後先矛盾するようにも思うんですが、この前のアンケート調査の結果出てきたものは、やはり面での指定はもう難しいと、やはり今後は通りの筋、いわゆる線で何とか指定はできないかということのご発言を市長はなさったと私は記憶をしておるわけですが、その点どうなんでしょうか。文化庁なんかは昭和50年にこの重伝建の制度をつくったときには、今お話のように線でですね、指定をするということを前提に指導してこられたようですが、その後各全国的なこういった重伝建の指定の実態から見るとどんどん線から面の方へ転換してきておるというふうには思うんですが、アンケートの結果からするならば、もう面での指定はもう困難というふうな結論ではなかったんでしょうか。その辺ひとつお伺いをしておきたい。このいわゆる重伝建の指定にあくまでもこだわっていかれるのか、面ではなしに線の指定を考えていくお考えはないのかどうか、その辺を少し最後にお伺いをしておきたい。

 それから賦課徴収データ管理業務につきましては、いよいよこの滞納額は大きくなってくる、毎年相当なスピードで上がってきて、現在過年度分でですか、これもう5億円を超えるというような実態になってきておるようですので、こういったデータ管理を進められて実態を的確に把握をされた上で適時その状況に応じた生きたいわゆる顧客対策といいますか、そういったものが実施されてですね、そのことがいわゆる料金収納に、税収納にいい結果が生まれてくるというお考えのように思いますので、ひとつそういうことを中心に進めていただきたい。ただ1点、ちょっと不安といいますか、思いますのは、一元管理をしてですね、だれでも滞納整理に取り組むということは非常にいいように思えるわけなんですが、やはり私も過去この料金収納関係を数年間担当した経験もございますので、そういった点からしますとですね、やはり料金収納には相当な技術がやはり必要になってくるというふうに私は思います、自分の体験上。そういった点を考えますとですね、いたずらにこのデータ管理システムに依拠し過ぎて安易な取り組みになってはまずいんじゃないかなということで、やはり相当やはり専門知識を身につけながら、いわゆる顧客応対ができるような体制をあわせて考えていただく必要があるんではないかなと、このように思いますのでご見解をいただきたいと、こう思います。

 それから食のまちづくり拠点施設の件につきましては、市長の考えておられる食のまちづくり、御食国若狭おばまのありようについて非常にわかりますので、そういった点で私は一般会計の中へぱらっとあちこち分散した状態で予算化をして施策を進めるということ、これは制度上、国の補助事業等を受けますとそれは集約することができない部分ももちろんあると思います。しかし集約できるものはひとつ一元的に管理されて、食のまちづくりの屋台骨はしっかり据えてほしいという気持ちがあります。

 過日、岐阜の高山市役所へちょっと電話を入れさせていただきまして、向こうの担当の方でいろいろお聞かせをいただきました。そうしますと、やはりあそこも観光事業を中心にですね、まちづくりを全力挙げて取り組んでおると。きのう市長が所信表明をなさったようにですね、オリジナリティを生かした観光立地、それをやはり非常に心がけておるということやら、マーケティング、いわゆるそれのマーケティングの拡大の取り組み、あるいはまちの活性化に向けてですね、全市挙げて取り組んできたということも披瀝をしておられまして、ちょうど市長がきのう所信表明で述べられたいわゆる今後のまちづくりのスタンスとほぼ一致するということで、なるほどなというふうに私は聞かせていただいたんですが、そういった点から考えますと岐阜の高山では観光事業特別会計をやはり設置しておるようです。これは向こうには飛騨の里というのが1つの観光施設としてあるわけですね。何か大きな池をつくりまして周辺に茅葺きの民家をどこかから移築してきて何棟か建ててですね、その周辺を非常に自然景観をつくり上げたというか、保全したというか、散策道などをつくってですね、観光客を誘致しようと。これとまちづくりとを一体のものとして運用して年間350万人からの観光客を呼び込んでおるというお話でございましたので、そういった点からこの先進地に学ぶということからしまして、やはりその特別会計をつくるぐらいな迫力でもってこの食のまちづくりというものを不動のものにしていただきたいなという気持ちを私は持ちますので申し上げておりますので、この6月議会には設置管理条例を議会へ提案されるというお話でございまして、私そのときは実はおりませんので、これが最後のお伺いになるわけでございますが、ひとつそういった視点をまた踏まえられてですね、この食のまちづくりに向けての取り組みを一段と強化、推進をしていただきたい、このことを最後に申し上げまして終わらせていただきます。ありがとうございました。



○議長(石野保君) 市長、村上利夫君。



◎市長(村上利夫君) 今の食文化館につきましてはですね、その国の補助事業が、あるいは県の補助事業がどうでありましてもですね、縦割りであっても、この食文化館ということについては一元的にですね、何らかの形で一元的にそれは総合的にやっていかなきゃならんと、このように思っておりますし、それから町並みのことですね、これはその都市計画との関係とかですね、あるいはその一部を指定できないか、あるいは線としてとらえることができないかですね、8地区全体がいいのかどうか、これは実は庁内でもですね、十分検討してきましたし、それから県の意見、それから国の文化庁等のですね、専門家の意見も十分聞いてまいりました。私はですね、これは本来その重伝建そのものが目的ではないんですね。これはその世界遺産における、ああいうものもそうなんですけども、その重伝建そのものが最終の目的じゃなくて、本来はやっぱり歴史を大事にすると、地域の住民が歴史を大事にする、あるいはいいものをちゃんと末永く保存をしていく、そしてみんながそれに誇りを持っていくと、それが今おっしゃったように、あるいはこの地域の活性化なりですね、また観光の発展にも資するということに結果的になるんかもしれませんけど、基本はやっぱり、それはみんながやっぱりいいものを大事にしていこうというですね、そういうことを機運を醸成するための重伝建なんですね。だからその辺は履き違えて私はいかんというふうに思っております。ですからそういうことに近づいていく、近づいていくにはどうしたらいいか、それの、これまでの経過も踏まえましてね、最も現実的な、最も現実的な当面の方策としては市単独であんまり大きなことはできませんけれどもね、一生懸命やりながら皆さんのご理解をいただいていこうと、こういうことでございますのでご了承いただきたいと思います。



○議長(石野保君) 税務課長、長谷川君。



◎総務部税務課長(長谷川文治君) ただいまの件でございますが、やはり滞納につきましてはいろんな原因がございます。やはり税の公平性ということで、公平な納税というのは非常に重要でございます。当然このシステムを導入することによりまして、やはり個人のプライバシーというのは、これは厳守しなければならないという具合に考えておりますし、一元管理を行う上では、やはり滞納者の方との交渉の履歴というのが非常に重要でございますので、その点は十二分に慎重に対応してまいりたいという具合に思いますし、あと滞納に徴収に行く場合の技術あるいは専門性ということについては、議員の仰せのとおりでございますので、やはり徴収職員の能力の向上ということについても常々やはり研修をしていきたいという具合に考えておりますし、やはり納税の相談、納税の指導ということを親身にやってまいりたいと、このように考えております。以上でございます。



○議長(石野保君) 5番、清水君。



◆5番(清水正信君) それでは議案第18号平成15年度小浜市一般会計予算について2点お尋ねしたいと思います。

 まず最初に15年度予算における少子化対策と申しますか、少子化、高齢化に対応した施策がいよいよ重要になってるわけでございますが、そうした中で15年度予算において少子化防止や子育て支援に対する予算はどういったものを用意されているのか、またそしてそれらの中で来年度予算として拡充されたもの、またあるいは新規の施策はどういったものがあるのか、そしてその拡充された予算額はどのような額になっているのかを1点お伺いしたいと思います。

 そして2つ目に私の所属する委員会の案件なんでございますが、予算に関する説明書69ページの商工費、3目観光費、観光案内看板設置事業補助金200万円についてお尋ねしたいと思います。これたしか説明をお聞きしたときには、御食国おばまのシンボルロゴマークを入れた看板の設置に対する補助金と伺ったように思うわけですが、再度詳しくお尋ねしたいと思います。そしてあわせてシンボルロゴマークの利用活用についての事業についてお伺いしておきます。今までですね、何度もその食のまちづくりにシンボルロゴマークを活用するために農産物あるいはほかの加工食品についてもですね、差別化、ブランド化図るためにロゴマークを活用するというふうにお聞きしてきたわけでございますが、その利用活用に対する事業費は予算化されているのかされていないのか、その点をお尋ねしたいと思います。よろしくお願いします。



○議長(石野保君) 福祉環境部マネージャー、樽谷君。



◎福祉環境部マネージャー(樽谷清君) それではただいまのご質問にお答えさせていただきたいと思います。

 少子化対策につきましては9事業ありまして、今から申し上げます。乳幼児医療助成事業、15年度予算につきましては3,484万円でございます。続きまして児童手当特例で15年度予算につきましては1億865万円でございます。続きまして児童扶養手当でございます。15年度予算につきましては6,604万5,000円でございます。続きまして放課後児童対策事業でございます。予算が665万6,000円でございます。続きまして地域子育て支援センター事業でございます。予算額が257万8,000円でございます。続きまして6番目にチャイルドシート助成事業といたしまして、予算が7万3,000円を盛り上げてございます。続きまして母子家庭の医療助成といたしまして1,350万1,000円を上げております。続きまして延長保育事業といたしまして、平成15年度予算が198万円を上げております。続きまして9番目といたしまして乳児保育促進事業といたしまして、15年度予算が224万7,000円上げております。以上9事業をもちまして少子化対策に取り組んでおります。

 それからもう1つご質問のありました拡充拡大でございますが、国の事業といたしましては、ただいま申しました児童扶養手当があります。それにつきましては、去年ですが、平成14年の8月1日に法改正がありまして、2段階から多段階の3,500段階に分けまして一部支給が10円刻みでございます。その一部支給の所得制限が拡大となり、幅広く対象者が増加いたしております。45人から一応74人となっております、聞いております。それからもう1つ小浜市独自といたしまして乳幼児の医療助成事業があります。これにつきましては2子以下世帯の3歳誕生月を越えまして4歳誕生月の児童分の医療費といたしまして2分の1を市といたしまして助成をしていく事業でございます。これが拡大事業でございます。これも一応対象者につきましては167名を見ております。これにつきまして、予算につきましては毎度申しております200万円を予算計上させていただいております。以上でございます。



○議長(石野保君) 商工観光課長、栗原君。



◎市民まちづくり部商工観光課長(栗原茂君) それでは私の方から観光案内看板の設置事業につきましてご答弁させていただきます。

 昨年度から商店および事業所の看板に御食国若狭おばまのロゴ、シンボルマークを設置するものに対しまして助成金を交付することにより市民および観光客の意識の高揚を高めるということで、看板設置事業費の20%、上限が10万円でございますが、取り組みをさせていただいております。14年度の今までの状況でございますが115件、170万2,000円の申請がございます。新年度も継続させていただきたいとするものでございまして200万円の予算をお願いするところでございます。以上でございます。



○議長(石野保君) 市民まちづくり部マネージャー、中積君。



◎市民まちづくり部マネージャー(中積重喜君) ただいまシンボルロゴマークの利活用についてご質問があったところです。シンボルロゴマークのその利活用の考え方は2つあるわけなんです。1つは御食国若狭おばまというものを外部から来られた方にPRしていくPR型、それからもう1点が今お話ありましたように地元特産品などを市域外に出すときにその御食国若狭おばまのシンボルロゴマークが張ってあることによって今後価値が上がっていく、ブランド化が進められるというこの2面あるわけです。それでうちの市といたしましては、そのシンボルロゴマークの商標登録のその貼付について昨年から関係業界の方とお話をしてきたわけでございます。ただこのシンボルロゴマークの扱いについては、いろんな面でリスクを負う分もありますし、うまくいけばかなりメリットが今後出てくるというふうに考えております。それで今現状では、関係業界の方にはかなりの温度差があるということで、さらに協議、それから意見の交換を進めながら対応していきたいというふうに考えております。よろしくお願いします。



○議長(石野保君) 5番、清水君。



◆5番(清水正信君) ありがとうございます。ただいまお答えいただいたわけですが、そうした中でですね、今のその少子化あるいは子育て支援という中で9本の事業があるということでございます。そうした中で小浜市の単独分といたしまして、乳幼児の補助事業の3歳児までが3歳から4歳へ1歳延長されたと、それが市の単独分として2分の1補助ということで200万円ということでございます。あとは国の制度の拡充によってということでございますが、そうした中で周辺の市町村によりますと就学前まで全児童無料化にしておるわけでございますが、もう少し整備されるかなと思って期待しておったわけですが、大変厳しい中でこれだけしていただいたというのは、取り組んでいただいたというふうに評価するべきなのか、もう少し拡充してほしかったと言い寄った方が正しいのか、その辺大変難しいんでございますが、いずれにしましても、先の市長の所信表明にもありましたように、今後も県の動向を踏まえつつということでございますが、拡充に取り組んでいただきたいと思います。

 そしてこの児童扶養手当あるいは母子家庭医療助成というふうな部分については、どちらも母子家庭対象なんですね。これは父子家庭は対象外なんですね、と思うわけですが、小浜市男女共同参画推進条例あるいは基本計画を策定してですね、この男女共同参画の中でなぜ母子があって父子が対象にならないのか、その辺所得の違いということもあるのかもわかりませんが、必ずしもそれだけじゃなしにですね、父子の中にもやはりそういった助成を必要とされる方もあるかと思うわけですが、武生においては単独で来年度は父子家庭も児童手当ということですが、本市においてそういった議論があったのかなかったのか、その点をお伺いしたいと思います。

 そしてただいまの看板の設置の方は大体ただいま説明いただいたのでわかるわけでございますが、今のシンボルロゴマークの活用については予算化されているのかいないのかですね、その事業に対してですね、ブランド化図る分については予算にあるのかないのか、もしないとするとどういう今後取り組みをされようとするのかですね、若狭路博、もう6カ月後なんですね。それにですね、きょうまで使ってた方もあるわけですが、ちょっと使うのを待ってくれっていうてストップかけられてる状況もあるように聞いておるわけですね。そうするとこの中のこうした取り組みはですね、一体どのように今後進められているのか、もう少しはっきり説明していただきたいと思うわけですね。そうでなければですね、せっかく商標登録した、そしてまちの活性化につなげるために取り組んでおると、それのことでございますので、そうした中でのこのシンボルロゴマークであると思います。それをですね、いざ利用しようとするときにですね、しばらく待てという待ったがかかっておるのが現状だと聞いておりますので、再度その辺をお尋ねしたいと思います。



○議長(石野保君) 福祉環境部マネージャー、樽谷君。



◎福祉環境部マネージャー(樽谷清君) ただいま議員さんのご質問でありました父子家庭について児童扶養手当について取り組みしたかということでございます。小浜市としましては、現在のところまだ取り組んでおりません。そして現在、今調べるところによりますと4世帯の方が父子家庭というふうに聞いております。今後またいろんな7市の中でまた相談させていただきまして、また考えていきたいと思っておりますのでよろしくお願いいたしたいと思います。



○議長(石野保君) 市民まちづくり部マネージャー、中積君。



◎市民まちづくり部マネージャー(中積重喜君) 失礼いたしました。15年度当初予算におきましては、現段階ではシンボルロゴマークに係ります予算は計上はされておりません。

 それからシンボルロゴマークの利活用というのは進めていかなければならないのですが、市内の事業者の方が一部それを使用したということで市の方からそれは当面やめてほしいということがあったということでお聞きしたわけなんですけども、市の考え方といたしましては、やはりその利活用についてのそのルール、そういうものは基本的に必要でないかというふうに考えております。ある程度のルールがありませんとブランド化という意味合いというのがやはり薄れてくるという面も出てこようかと思います。今現段階では若狭おばま物語の委託事業の中で、そのブランド化推進のためのたたき台ですね、例えばそれを進めていくための組織づくりですとか運営方法、それからルールづくりなどを現在検討していただいて近々上がってくるというふうになっておりますので、それらをベースにして今後関係事業者の方と話を進めていくというふうに考えておりますのでよろしくお願いします。



○議長(石野保君) 5番、清水君。



◆5番(清水正信君) それでは重ねてお願いをしておきたいと思います。

 本市のですね、第4次総合計画の基本計画の中でもですね、児童福祉の中で今後はエンゼルプランに従い健全育成のための子育て支援事業を重点的に取り組んでいくということでございますので、ここにもそううたわれておるようにですね、もっともっとですね、その制度の充実、そしてまた本市においてもエンゼルプランを策定するような方法を取り入れていただいてですね、より充実を図っていっていただきたいとお願いしておきたいと思います。

 そしてただいまのロゴマークの活用ですが、その活用方法、本当にいよいよ議論をですね、集中的に深めていただいてですね、本当に早くルールをつくっていただいてですね、それがまちづくり活性化に結びつくような方法でですね、利用できるようにぜひ前へ、そして一日も早くですね、それが活用に向けた使用ができるような取り組みをお願いしていきたいと思います。以上で終わります。



○議長(石野保君) 休憩いたします。

            (午前11時48分)



○議長(石野保君) 再開いたします。

            (午後1時00分)



○議長(石野保君) 1番、池田君。



◆1番(池田英之君) 議案第18号平成15年度小浜市一般会計予算につきまして2点質問をさせていただきます。

 まず第1点目は、全体的な歳出の観点から特別枠と重点枠予算というのを設定されていると思いますが、それぞれの件数とそれぞれの総額についてお尋ねをいたします。

 それから2点目につきましては、予算に関する説明書の61ページ、新世紀いきいきまち・むらづくり支援事業補助金につきましてお尋ねをいたします。この事業につきましては、平成13年度から平成15年度までの3カ年にかけまして地域独自でその自主的なまち・むらづくりを市民の方にしていただくということで補助金という形で助成してるものでございますが、各地区の取り組み状況と2年間終わったところでの総括的なことにつきましてお尋ねをいたします。2点よろしくお願いいたします。



○議長(石野保君) 財政課長、服部君。



◎企画経営部財政課長(服部由幸君) ただいまは15年度の予算特別枠と重点枠につきましてご質問いただきましたが、特別枠につきましては11事業で2,026万円を、重点枠につきましては23事業で3,982万円でございます。ただ重点枠の23事業の中には2つの項目が入っております。事業数とすると23事業でございます。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(石野保君) 市民まちづくり部マネージャー、中積君。



◎市民まちづくり部マネージャー(中積重喜君) 新世紀いきいきまち・むらづくりの総括、それから各地域の取り組み状況ということでございます。14年度は中間年度ということで大切な時期に入ってるわけでして、ただ14年度はまだ3月までまだ少し余裕があるということで、最終的にきちっとした総括というのはちょっと難しいかなというふうに思っていますが、総じて言いますと各地区の取り組みというのが大変積極的にされているというのがわかります。折返点ということで、昨年の9月の下旬、それからことしの1月の17日に代表者の方に寄っていただいて、そして地区ごとの状況もお聞きいたしておりますし、地区間の代表者の方については情報を仕入れ、そしてどのような今状況にあるのかということもそれぞれの取り組みを聞かれる中でそれぞれの代表者の方も理解をされているというふうに思っていますし、そして代表者の方のご意見ですと、やはりこういう代表者会議という場をできるだけセットしてもらって、より細かな情報を知っていきたい、そして意見交換もしていきたいというお話があります。うちの、うちといいますか、市の方といたしましてもできるだけ地域代表の方が寄っていただけるような場も今後積極的に設けたいというふうに考えております。

 それで各地区の状況なんですけども、折返点ということで中間取りまとめを中心に簡潔に報告させていただきます。小浜地区なんですが、現在中間取りまとめはまだ行われておりません。それから雲浜ですが、現在はアンケートの集計を行っているところで、中間取りまとめは行っていないということでございます。西津地区につきましては、昨年の12月に各部会から中間報告を行っているということです。それから内外海ですが、3月初旬の区長会で中間取りまとめを行いまして方向性を決めていきたい。国富地区につきましては中間取りまとめを行う予定はないんですが、年度末に1年間の進捗状況を取りまとめる予定ということでございます。宮川さんにつきましては既に長期ビジョンがつくられてるということですし、松永地区の方では3月末に各部会から中間報告を上げてもらって、地区内の各種団体に説明に行きたいということでございます。遠敷地区につきましては、4月初旬に中間報告を行い、新年度の区長会に提出したいということです。今富さんにつきましては4つの部会のうち3つまでが中間取りまとめといいますか、報告を終えているということでございまして、新年度の区長会にその旨の報告をしたいということでございます。口名田地区につきましては、3月に各部会から報告がありまして計画の骨組みをまとめて公民館だよりで地区民に知らせる予定ということでございます。中名田さんですが、昨年の12月に中間取りまとめが行われまして、その際には4つの部会が報告する形をとっておられます。それから加斗地区なんですが、現在アンケートの集計作業に入っておりまして、それが一段落してから中間取りまとめを行いたいということで、全体的には年度内に中間取りまとめができるところが多いという状況にあります。以上でございます。



○議長(石野保君) 1番、池田君。



◆1番(池田英之君) それぞれご答弁いただきまして、まず予算の特別枠と重点枠予算につきまして、特別枠というのは食のまちづくりの積極的な推進のための特別枠の事業ということでございまして、重点枠というのは社会経済情勢の変化に伴って多様化する住民ニーズにこたえるため重点的に配分する事業ということで、予算の組み立てをされる場合のときにもご説明をいただいてるわけでございますが、それぞれ特別枠が11事業と重点枠が23事業ということで今ご答弁をいただきまして、食のまちづくりにつきましては村上市長が提唱されましてから2年半ほどが経過したというふうに思っておりまして、その中でその特別枠につきましてはどういう点を重視されて事業を組まれたのか、食のまちづくりの中のどういう点を重視されて予算を組まれたのか、それから重点枠につきましては、今予算の説明の中でも第4次総合計画に合わせまして重点項目として7項目ぐらい挙げられておりますが、各課に均等に何かこの事業が振り分けられてるような気がするんですが、もうちょっとめり張りをつけるとか、そういうスクラップ・アンド・ビルドとか、先ほど午前中の質疑でもありましたように、その事業の評価システムを活用して事業の見直し等が行われた結果、その重点枠予算として設定されたのか、その辺についてお伺いをさせていただきます。

 それから新世紀いきいきまち・むらづくりの支援事業につきましては、かなり2年間経ちまして積極的に市民の方も取り組んでおられますし、地域の実態につきましては少しのばらつきはあるということでございますが、おおむね順調に進んでるということでございますが、15年度は一応地区別に振興計画を立てるということでございまして、市長もきのうの所信表明におきまして、その振興計画が策定されるに当たって一層きめの細かいお手伝いを市の方もさせていただくということで所信表明をされておりますが、今後の取りまとめに当たっての考え方と、それからそれを地域住民にどのように周知をされていくのか、その点についてお伺いをいたします。

 それとあわせまして、食のまちづくりとの関連の中で、各地区においてその食のまちづくりとの関連の中で取り組み状況として出ているものはかなりあると思うんですが、目新しいものにつきましてありましたらご説明をいただきたいと思います。



○議長(石野保君) 財政課長、服部君。



◎企画経営部財政課長(服部由幸君) ただいま特別枠でございますが、平成15年度におきましては食のまちづくりを本格的に展開していく年度になるという位置づけのもと、昨年も特別枠を設定したわけでございますが、一層の財源の重点的、効率的配分に努めたところでございます。したがいまして、特別枠を設定をいたしまして主要政策課題に全庁体制で取り組みたいとするものでございます。また重点枠でございますが、重点枠におきましては各部におけます重点事業枠を設けたところでございます。社会情勢の変化、多様化する市民ニーズに的確に対応できるように機動的な予算の編成を行ったところでございます。以上でございます。



○議長(石野保君) 市民まちづくり部長、和田君。



◎市民まちづくり部長(和田孝夫君) 新世紀いきいきまち・むらづくりの関係でございますが、まず今後の取りまとめに当たっての考え方でございます。これにつきましてはですね、地域特性ですね、各地域の特性を出しながら地域それぞれのまちづくり、村づくりについての計画樹立をしていただくということで、そうした意味で地域の方が多数参画されましてですね、この計画策定に当たっていただいておりますし、市のお手伝いとしましてはですね、そうした計画がスムーズに進行できるように支援をさせていただくといったことで、できるだけその計画段階で必要あればこちらも参加させていただきますし、あるいは資料の収集でありますとか情報の提供でありますとか、そういう形でのお手伝いをさせていただくといったことが中心になろうかなというふうに考えておりますし、それから地域住民への広報対策ですね、これにつきましてはですね、地域の方が相当数計画策定段階で参加をされておりまして、地域がその地域の持つ特色を出すためにそれぞれのアンケート調査を行ったり、いろんな手法でもって住民参加をお願いしておりまして、そうした意味で住民の方はよくご存じではないかなというようには考えておりますが、市の方としましても、これをすべて計画が整いました時点で取りまとめをさせてもらいながら1つの計画書をつくっていきたいなというように考えております。



○議長(石野保君) 市民まちづくり部マネージャー、中積君。



◎市民まちづくり部マネージャー(中積重喜君) いきまちの計画の中で目新しいものはないかということでございます。それにつきまして、中間取りまとめはやはりかなりアバウトな部分もあると思うんです。それで3年度目にやはり中間取りまとめをベースにして絞っていくということがあろうと思いますので、絞られた中で目新しいものを把握していきたいなというふうに考えております。ただ2年度目で特徴的なことは、計画もつくりながらある地区では看板設置なども行われていっているということが特徴としてはあるかなというふうに思っております。以上でございます。



○議長(石野保君) 1番、池田君。



◆1番(池田英之君) それではもう少しお尋ねをさせていただきたいと思いますけれども、特別枠と重点枠の予算につきまして、特別枠は食のまちづくりの本格的に充実させていく年に当たって、一層内容も充実したものにしていくために特別枠を組んだということでございますが、その中でも具体的にどういうソフト事業といいますか、市民の方の意識啓発でありますとか、そういった観点からどういうことを重視して組まれたのかということを先ほどお尋ねをさせていただきたかったので、その点を再度お伺いいたします。

 それから重点枠につきましては、各課から上がってきたということでございますが、先ほどそういうスクラップ・アンド・ビルドとか、そういう事業評価システムの成果といいますか、そういうものが十分反映されているのかということをお答えをいただきたいと思います。

 それから市民の方とか市の職員の方の考えがこの特別枠、重点枠の予算にそれぞれ十分に反映されたものとなっているのかどうか、その辺をお伺いをいたします。

 それから新世紀いきいきまち・むらづくり支援事業補助金につきましては、これから計画樹立するに当たって資料の提供ですとか、進行を十分支援されていくというこでございますが、この事業につきましては各地区でそれぞれ策定委員の方が数十名おられまして、市民の方で300人から400人ぐらいこの事業にかかわって真剣に自分たちの地域をどうすればよくなっていくのかということで考えておられると思うんですが、それの、ちょっと先の話になるんですけど、計画樹立後のその進行管理といいますか、そういったことと市の施策との整合性をどのように図っていかれるのか、特に食のまちづくりなんかでは各地区でそういうものを出していただくのとすり合わせをしながら整合性を図っていくことが必要であると思いますが、その辺をあわせましてお伺いをいたします。



○議長(石野保君) 企画経営部長、田端君。



◎企画経営部長(田端浩之君) まず最初の特別枠でございますが、これにつきましては先ほどご説明いたしましたように11事業ということで、あくまでも食のまちづくりの推進という形の中で全庁的に何ができるかということで予算要求を受けたわけでございます。この中で従来との継続事業もございますが、中では新規事業で申し上げますと都市農村交流対策事業とか、あるいは食育関係、こういうものに全庁体制で取り組むという形の中で予算づけをさせていただいたわけでございます。

 また重点枠につきましては、これはあくまでも本年度の予算要求から一応ゼロシーリングという形で既存事業につきましてはシーリング枠を設けたわけでございますが、それの別枠でですね、各部で緊急性を要するとか、そういった事業につきまして要求していただきたいということで通知した上での予算づけでございまして、その中でこれ各部均等というわけではなくてですね、例えば福祉関係で申し上げますと乳幼児医療の助成事業の拡大とかですね、あとは老人保健事業の検診項目の追加、あるいは予防接種事業の年齢の引き下げと、こういったものにつきまして特別に緊急性を要する、あるいは重要性があるということで、こういった形の中で予算づけをしたわけでございます。



○議長(石野保君) 市民まちづくり部長、和田君。



◎市民まちづくり部長(和田孝夫君) 新世紀いきいきまち・むらづくりのいわゆる進行管理ということでございますが、この計画にはですね、地域で取り組んでいただく方がスムーズにその事業が展開できるという、そうしたものもあると思います。それと今すぐ取り組むことができるもの、あるいは中長期視点でとらまえることが必要な部分、それからこうした分の当然仕分けも出てくるかと考えますし、そうした中でですね、行政的に支援が必要な部分、それと地域みずからが取り組んでいただいた方が事業全体がスムーズに進行できる部分、こうしたものをまた先ほどマネージャーの方からお答えしておりますように、委員長さんの会議ですね、これを持ちながらですね、そうした意味での調整も図りながら、市全体では小浜市の第4次総合計画ございますので、それがもとに、基本にはなりますが、そうした中での取り組みも当然展開させていただきたいというように考えておりますので、その辺これからですね、計画ができ次第、今各地区から出てきております計画そのものを1つにまとめさせていただきたいというように考えておりますのでよろしくお願いをいたします。



○議長(石野保君) 市長、村上利夫君。



◎市長(村上利夫君) ちょっと補足させていただきますけれども、この特別枠で何を重点にという、私の思いとしてはですね、やっぱりまだ食のまちづくりというものについて市民の方々にも、あるいは外の方々にも十分理解されておらないと思います。あくまでその食というものを入口にして環境保全とか教育とかね、農林水産業の振興とか観光とか、そこを入口にして広げていくという、そういう趣旨であるわけでございますが、本来のそういう食のまちづくりというものがまだ十分には理解されておらない、要するに食べることかいなと、こういう要するに受け止め方も多いわけなんで、やっぱり十分知ってもらうということが一番大事やという意味で、まさに教育、啓蒙ですね、そういうソフト事業を重点にいろんな事業を組み立てていただきたいと、私の気持ちとしてはそういうことです。

 それから重点枠の方は、これは要するに縦割りやなくてですね、横断的に職員のそのアイデアをね、創意を十分発揮してもらおうということでやっておりますので、その段階でやっぱり職員が市民の皆さん方にも接触をして市民の皆さん方の声もですね、ある程度反映された予算になっていると、このように理解をいたしております。

 それからこのいきいきまちづくりのですね、これもう1年あるわけですけれども、その後でこの各地区のそれを、今部長がおっしゃったように集大成しますね、その集大成したものと小浜市の第4次総合計画、それから都市計画マスタープランですね、これとの調整を図っていく。調整を図っていくといっても、本来各地区でまとめられたプロジェクトは、それは各地区で自主的にみんなのプロジェクトとしてご努力をいただくということなんですけどね、その中でその行政的な支援、その中の行政的な支援としては、それは当然その具体的なものは総合計画とか、あるいは都市計画のマスタープラン等と調整をとりながら何を支援すべきかということを考えていくと、こういうことになると思います。



○議長(石野保君) 11番、宮崎君。



◆11番(宮崎治宇蔵君) 議案第18号平成15年度小浜市一般会計予算につきまして2件お伺いいたします。

 予算に関する説明書の65ページ、6款農林水産業費、地域水産物販売・提供施設整備事業9,800万円について説明していただきたいと思います。

 2点目に説明書の69ページ、7款商工費、食のまちづくり拠点施設整備費8億4,503万5,000円についてですが、説明をお願いしたいと思います。以上2件お願いします。



○議長(石野保君) 市民まちづくり部マネージャー、中積君。



◎市民まちづくり部マネージャー(中積重喜君) 69ページの食のまちづくり拠点施設整備費の中身でございます。これにつきましては、この準備行為からということで13年度から15年度の3カ年にかけて拠点施設を完成させるということです。それで今年度につきましては、14年度で起こしております債務負担分ですね、これについて7億9,192万5,000円、それから確認手数料の11万円、それから食文化館隣に予定しております駐車場の工事、これについて500万円、それから食文化館内に入れ込みます備品が4,800万円ということで合計8億4,503万5,000円ということでございます。以上でございます。



○議長(石野保君) 市民まちづくり部長、和田君。



◎市民まちづくり部長(和田孝夫君) ページ65ページの地域水産物提供施設の概要でございますが、まず事業主体は当然小浜市でございますし、それから事業年度は15年度で考えておりまして、16年4月からはこの施設を完了してオープンさせたいというように考えております。内容はですね、レストラン、飲食提供機能ですね、これを124平米、それから一時加工、加工体験ですね、こうしたものが36平米、それから物販機能が49平米、その他事務所でありますとか、いわゆる共有部分ですね、これが71平米ございまして、全体が280平米の規模を現在考えております。

 内容はですね、今言いましたように、こうした総合的な機能が発揮できながら、いわゆる食文化館との連携によりまして全体的な波及効果というんですか、全体的な機能を保っていきたいというように考えております。



○議長(石野保君) 11番、宮崎君。



◆11番(宮崎治宇蔵君) それでは初めに地域水産物販売・提供施設整備事業につきまして再度お伺いします。

 今説明ではレストランということでございましたが、さらにもう少しお尋ねしたいのは、この人員ですね、このレストランの人員、それから内容につきましてもう少しお伺いしたいんですけども、この説明資料の中には地元水産物を活用した郷土料理の提供、漁法や魚介類の調理方法の展示、広報の拠点となる施設の建設というふうに書いてあるわけでございますが、内容についてももう少しお伺いしたいと思います。それから運営問題につきまして、運営の経費とか、それからそれぞれの運営の経費ですね、これがどの程度になるのか、その辺につきましてもお伺いしたいと思います。それから今お伺いしますと、経営の主体は市営ということでございましたが、もう一度その点もお伺いします。

 もう1点は食のまちづくりの拠点施設ですけれども、これは今までにも何回かお伺いしておるんですけども、ちょっと確認の意味でもう一度お伺いしたいんですけども、この施設は今川崎の先にどんどんと大きな形、建設されてきて形が見えてきておるわけでございますが、それで確認したいんですけども、拠点施設整備費の前年度分が6億7,740万円となってるわけでございますが、今回の8億4,503万5,000円を合わせますと15億2,243万5,000円となるわけでございますが、この食のまちづくりの拠点施設に関する予算とするとこれですべてになるのかどうかお伺いします。

 それから今回の財源内訳を見ますと、地方債で2億7,270万円、一般財源で7,808万5,000円となっていますが、前年度分と合わせると起債、一般財源それぞれどういった金額になるのかお伺いをいたします。



○議長(石野保君) 市民まちづくり部長、和田君。



◎市民まちづくり部長(和田孝夫君) 地域水産物提供施設でございますが、まず人員ということで、これはレストランというんですか、飲食物提供機能の人員かと思いますんで、これ48名を予定いたしております。

 それから内容ということでございますが、まず1つは今地域水産物の提供施設、レストランと、端的に表現しますとレストランというんですか、これにつきましては運営をですね、できれば、できればと言いますよりも、今話しかけをしておりますのが奥村先生ですね、奥村先生の指導を得ながら、いわゆるメニュー、御食国と言われるようなそうした歴史、文化にふさわしい料理ということで、奥村先生に今そのメニュー開発と、そこへ当たっていただく方を指導をお願いをいたしております。そうした中で、奥村先生の方は、いわゆるプロの調理師といったことじゃなくして、いわゆる少し素人の方でそうしたものに当たっていただいた方が郷土料理でありますとか、いろんな意味でのおもしろみも出るし、あるいはそのつくられたものが、あるいはその地域のですね、飲食店がそのメニューを利用していただいてもいいというような話もしていただいておりまして、そんなことから今すこやか会にそうした話しかけをさせていただいております。ことし1年研修をさせていただきながら、具体的な内容等のメニューづくりを含めまして、そうした奥村先生との連携によりまして、そうした機能を補完していきたいというように考えております。

 それからもう1つの一時加工でありますとか、物販機能ですね、物販機能につきましては一時加工も含めまして物産協会ですね、今物産協会の方とそうした協議をさせていただいております。あるいは漁協ですね、漁協との話もさせていただいておりまして、物産協会が中心にこれはなるとは思うんですが、そうした中で十分内容的な面を煮詰めていきながら体制をとってまいりたいというように考えております。



○議長(石野保君) 市民まちづくり部マネージャー、中積君。



◎市民まちづくり部マネージャー(中積重喜君) 食文化館全体の事業費、それから財源について説明をさせていただきます。

 それで、まず前年度当初の6億7,740万円は、当初予算の段階ではそうでしたが、12月補正で2,000万円強の補正をさせていただいております。この文化館は、先ほどもお話させていただきましたように、13年度から取り組んでおります。それで最終の事業費といいますのを一度お答えさせていただいて、その中の財源も説明をさせていただきます。

 13年度は全体で設計委託などが中心でございますが5,252万5,000円、このときの地方債は5,240万円ということで、残りが一般財源でございます、12万5,000円ということです。それから14年度につきましては、全体の事業費が6億9,812万4,000円ということで、財源は県支出金が4億1,518万4,000円、それから地方債、振興資金でございますが2億2,010万円、それから一般財源が6,284万円という内訳でございます。最終年度につきましては、今8億4,503万5,000円、これで結べるというふうに考えております。財源内訳では県支出金が4億9,425万円、それから振興資金が2億7,270万円、それから一般財源が7,808万5,000円ということでございます。これを総合計いたしますと15億9,568万4,000円ということで16億円弱ということになります。それで県の支出金が合計で9億943万4,000円、それから振興資金ですが5億4,520万円、それから一般財源で1億4,105万円というふうになります。以上でございます。



○議長(石野保君) 11番、宮崎君。



◆11番(宮崎治宇蔵君) それぞれお答えいただきましたのでほぼわかったんですけども、最後に質問したいと思います。

 人員につきまして、この地域水産物販売・提供施設整備事業についてですけども、ちょっとこれ聞き間違いかもしれませんが、人員については何か48人と言われたように思うんですけども、そこだけちょっともう一度確認しておきたいと思います。48人といいますとかなりの人数になるかと思いますので。

 それからこの市営でですね、こうした施設をしていくというのはですね、非常に問題があるかと思います。それでお伺いしたいのはですね、このレストラン、レストランというか、こういう経営がですね、成り立つ見通しがあるのかどうかお伺いします。

 それから先ほど面積等々につきましていろいろ答弁していただきましたが、先般、資料としてこの図面をいただきましたが、今の説明でもそうなんですけども、レストランというよりも水産物のいろいろこの展示とか、それから広報のいろんなレストラン以外のですね、何か施設であるかと思うんですけども、この本当の施設のですね、中心は本当に何なのか、もう一度お伺いしたいと思います。

 それから食のまちづくり拠点施設でございますが、財政の件につきましてはわかりましたが、最後に1点だけお伺いしたいのはですね、この起債の返済、それから運営費ですね、いろいろ維持管理、それから人件費等々の運営費ですけども、これが年間どれぐらいになるのか、その辺をお伺いしたいと思います。どのぐらい考えておられるのか。

 それからこの起債も含めてですね、起債ですね、これ何年間かけて返済する考えなのか、その点を最後にお伺いしたいと思います。



○議長(石野保君) 市民まちづくり部長、和田君。



◎市民まちづくり部長(和田孝夫君) まず地域水産物提供施設の人員の関係の確認がございました。これ補助事業の関係から名称はですね、地域水産物提供施設ということで、土地の特色あるですね、水産物等を使いながら飲食物の提供を行っていくという機能からこうした名称をとっておりまして、この48名は現段階の計画では48名ということになっております。

 それからレストラン経営がこうしたことで経営的に成り立つんかといったご質問もあったかと思います。現段階でですね、こうした意味での経験が非常に豊富な奥村先生でございまして、神戸の農業公園でありますとかフルーツパーク、和歌山でもそうした経験ございますし、篠山でもそんな体験もございます。その奥村先生の話によりますとですね、いろんな視点はあると思うんですが、こうした、僕はいわゆるプロじゃなしにアマチュアというんですか、そうした方を指導することによってですね、独特の雰囲気の出せる食事提供ができるやろうということで、そうした部分については経営的にはですね、これ市営ですんで収支ゼロというような出発を切っております。そんな意味から大丈夫やというようなお話もいただいております。そうした指導はやりますというような話もいただいております。

 それからですね、水産物の提供でほんまの施設は何なのかと、中心は何なのかといったことかと思います。これ2つあると思うんです。1つはいわゆる飲食物等を提供する地域水産物の提供施設、もう1つは一時加工の体験と、あわせて物販、これは地域のいわゆる水産物という表現は、これは補助事業の関係ございまして水産物という表現をしておりますが、この中には当然農産物、あるいは林産物も、これそうした機能の中には取り込めばいいというようには考えておりまして、そうした体験と物販機能の2つにあると思います。



○議長(石野保君) 市民まちづくり部マネージャー、中積君。



◎市民まちづくり部マネージャー(中積重喜君) 食文化館に係ります起債、県の振興資金の償還条件でございます。これにつきましては、据え置き2年を含めまして10年償還というスタイルになっております。

 それから食文化館に係ります年間の運営費でございますが、これにつきましては従来から市長の方でも答弁しておりますように5,000万円ラインで企画も含めて動くというふうにうちの方では考えております。以上でございます。



○議長(石野保君) 2番、西本君。



◆2番(西本正俊君) それでは個々につきまして2点お尋ねをいたします。

 まず議案第18号の一般会計予算と、それから議案第32号、議案第33号につきましてお尋ねをいたします。

 まず最初に議案第32号、33号からお尋ねいたしますが、小学校図書、備品等整備基金の設置および管理に関する条例とですね、地域子育て支援基金条例ということで、これ一部改正、追加でございますが、この基金の全部または一部を処分することができるということで条例を追加をされるわけでありますけども、まず最初にお尋ねをいたしておきますが、この32号、33号のですね、基金残高と運用利率につきまして、まず最初にお尋ねをいたしておきます。

 それから議案第18号の予算に関する説明書の50ページになりますが、児童館と児童センターの運営管理経費につきまして908万4,000円につきましてお尋ねをいたすわけでございますが、まずその908万4,000円のですね、内訳の主なもの、細かいことは結構でございますので主なものを挙げていただきたい。それからこの児童館、児童センターといいますのは何館あってですね、児童数にしてはどれぐらいの対象でですね、運営されてるのか、その2点についてまず最初にお尋ねをいたします。



○議長(石野保君) 教育部マネージャー、村井君。



◎教育部マネージャー(村井重喜君) 小学校の図書、備品等整備基金ですが、現在は残高現金、そのままの寄附金1,000万円であります。利率はちょっとわかりませんが、上期の利息が88円と下期は定期に切り替えましたので5,967円、今年度は合計で6,055円の利子が入っております。以上です。



○議長(石野保君) 福祉環境部マネージャー、樽谷君。



◎福祉環境部マネージャー(樽谷清君) それでは地域子育て基金につきましてご回答させていただきたいと思います。

 残高でございますが、平成14年の12月1日現在で2,564万5,064円でございます。そのうち全庁体制でございますが、ペイオフに対応いたしまして2,493万円の国債を買いまして保管している状態でございます。それから利率につきましては国債が0.9972%となっておる次第でございます。以上です。

 それからもう1つ、P50ページの児童福祉総務費の900万円の減の主なものでございますが、14年度につきまして児童館、遠敷児童館の屋根の修繕工事、それから加斗児童館の集排工事の負担金で使っております。15年度はこれがもう完了しましたので、14年度で完了しましたのでマイナス900万円が出ております。

 それからもう1つあったと思いますが、児童館につきましては、小浜市では5つの児童館があります。



○議長(石野保君) 福祉環境部長、杉山君。



◎福祉環境部長(杉山勲君) 児童館、児童センターの908万4,000円の大きなものでございますが、児童厚生員の賃金が624万4,000円計上させていただいております。あと事業費関係で183万1,000円でございます。以上でございます。



○議長(石野保君) 福祉環境部マネージャー、樽谷君。



◎福祉環境部マネージャー(樽谷清君) 児童館の館数につきましては5館あります。それから対象人員でございますが、小学校から帰ってこられたら児童館を使うということで対処しております。以上でございます。



○議長(石野保君) 2番、西本君。



◆2番(西本正俊君) それでは引き続きお尋ねいたしますが、今この32号、33号のですね、小学校図書と備品とですね、地域子育て支援の基金ですけども、この出してこられましたのは運用果実がですね、ほとんどないということで目的達成のためには一部または全部を処分してですね、その所期の目的を達成したいということだと思います、そこに書いてあるとおりなんですけども。必要だから基金がつくってあるわけですしですね、仮に一部というかほとんど、または全部ですね、処分をしてしまう場合がないとは限らない、そういう条例ですので。今後ですね、これどのように考えておられるのか、対処方法ですね、それにつきましてお尋ねをいたしておきたいと思います。

 それから児童館、児童センターにつきまして、この館とですね、児童センターのその位置づけ、どのような位置づけでこの予算を組まれてるのか、位置づけにつきまして、性格ですか、位置づけにつきましてお尋ねをさせていただきたい。

 それから先ほどのご答弁で908万4,000円の内訳の主なものについては、児童厚生員の賃金が600万円ですか、ほとんどそちらの方でしょうか。そうして考えますとですね、当然児童館、児童センターを維持管理していく、運営していく上でですね、お金が要るわけでございまして、その維持運営費ですね、は十分であるのかどうか、この予算で、そのあたりの考えをお聞かせいただきたいというふうに思います。



○議長(石野保君) 教育部マネージャー、村井君。



◎教育部マネージャー(村井重喜君) 小学校の図書、備品等整備基金の今後の方向、取り崩しですが、この寄附された方に何とか連絡とりたいということでお探しましたが、なかなかわからなかったんです。それで加斗出身ということでしたので、まず加斗小学校へ校長先生にお願いしましたら本が1冊出てきました。この先生探してくださいまして、この次田勉さんという方は加斗から京都へ出られまして、京都で事業を興され成功されまして会社を創立されました。会社が30年経ったということから30周年を記念して記念誌を発行されまして、記念に1,000万円の金を小浜市にくださると、そういう歴史があるもんですから、その方の本を調べまして京都へ行きお会いしてきました。そしたら2代目の社長さんでしたが、本当に気持ちよく、快く、時代が時代だからしょうがないでというような表現で基金の元金を取り崩してもいいよと、うちとしましては向こう10年ぐらいの方向で、9年になるか、頑張って10年までもたすように基金の元本を取り崩しますがよろしくお願いしますということで了解を得ました。今後は向こう10年ぐらいかけて基金そのものを崩して、最後はゼロにしたいと考えております。以上です。



○議長(石野保君) 福祉環境部マネージャー、樽谷君。



◎福祉環境部マネージャー(樽谷清君) それでは取り崩しの理由でございますが答弁させていただきたいと思います。

 取り崩しの理由といたしましては、子育て支援事業から、県からの補助金がカットになった場合には普通残高を有効利用として使っていきたいと思っておりますのでよろしくお願いいたしたいと思います。以上です。

 それからもう1つ、館と児童センターの違いなんですが、僻地につきましては児童、位置づけですか。児童館につきましては僻地を児童館と位置づけております。児童センターにつきましては、そのほかの児童センターとして……。以上です。



○議長(石野保君) 福祉環境部長、杉山君。



◎福祉環境部長(杉山勲君) 位置づけでございますが、位置づけにつきましては児童厚生施設という意味合いがございまして、児童に健全な遊びを与える、また健康を維持して、あわせて情操を豊かにすると、こういうような位置づけでございます。よろしくお願いいたします。



○議長(石野保君) 2番、西本君。



◆2番(西本正俊君) 児童館と児童センターの位置づけは児童の厚生施設、今部長の方からも遊びというふうにご答弁ありましたがですね、私も実はあるところである館といいますかね、お話がございまして、お尋ねをしてきたんですけども、この908万4,000円の中、先ほどのあれですとほとんど賃金なんですね。その維持運営費が本当これ、この908万4,000円でいいのかということでお尋ねをしておるわけですけども、そのあたり十分当然、理事者側としては十分と考えて提案をされてるわけなんで聞く方が間違ってるのかもしれませんが、そのあたり維持運営費、十分なものとして考えて出されてるかどうか、再度お尋ねをいたします。

 それから小学校図書と備品のことにつきましては、10年かけて基金を使い果たしていく方向でいくということで、それよくわかりました。それで地域子育て支援の方ですね、これはもう一度そのあたりですね、お尋ねをしておきたいと思います。以上です。



○議長(石野保君) 福祉環境部長、杉山君。



◎福祉環境部長(杉山勲君) 児童館、児童センターの予算は十分かというようなことでございます。先ほどもご答弁を申し上げましたように、児童厚生員の賃金が600万円余りございます。といいますのは、この児童厚生施設といたしまして児童が健全に留守家庭のお宅の学童保育という意味も当然ございますので、そのような形のもので留守家庭の児童対策にも対処すると、こういうような意味合いがございますので、特にこの児童厚生員の方の賃金が多いということでございますのでよろしくお願いいたしたいと思います。



○議長(石野保君) 福祉環境部マネージャー、樽谷君。



◎福祉環境部マネージャー(樽谷清君) 基金の今後の考えでございますが、先ほど言いましたように地域子育て支援事業の有効利用に使いたいと思う、また元金につきましては、この条例の趣旨によって必要に応じまして取り崩しを考えていきたいと思っておりますのでよろしくお願いいたしたいと思います。



○議長(石野保君) 17番、深谷君。



◆17番(深谷嘉勝君) それでは議案第18号と、それからあと条例について少しお尋ねをしたいと思いますが、議案第18号につきまして、平成13年度の決算ですね、決算特別委員会で慎重に審査をされ、そして多くの決算、常任委員長からの意見が出ておるわけでありますが、この決算特別委員会の意見というものが次の予算に反映できるようにという願い、気分をもちまして審査をされておるわけでありますが、この15年度に先の決算特別委員会での意見、そういうものが市長部局で、そしてまた教育委員会部局の方でどのあたりでその反映をされてるのか、全般にわたってご説明をいただきたいと、1点目はそのことであります。

 そして18号の説明資料で質問いたしますが、ページ56の一般廃棄物最終処分場準備調査事業ということで予算が計上されております。これらの具体的な内容についてのご説明をいただきたいというふうに思います。

 もう1点はページ64でございますが、景観整備事業で先ほどもどなたか質問をされておりましたが、雇用対策と、これは緊急の雇用対策の事業でありますが、またもう1つは若狭路博に向けての景観をよくするということで、その周辺の松枯れを伐採するというふうなことが説明がございました。雇用対策として多くの方がこれに従事できるわけでありますので、これらについて否定をするものではないわけですけども、自然の摂理といたしまして、枯れた木をほっとけば、また次から新しい芽が出てきて森が守られるというふうな感もするわけですね。伐採をしてすぐに植林をされる、そして今問題になっておる杉や、またヒノキを植えられるのか、そのまま伐採をして造林が生えてくるのを待つのか、そのあたり内容についてご説明をいただきたいというように思います。

 それから議案第22号でございますが、駐車場会計ですね、きょうまで駐車場特別会計の中へは一般会計から繰り入れをしながら運営してきたわけですが、返済も済み、そしていよいよこの駐車場事業会計の中から収益が上がってきており、それを一般会計へ繰り入れるというふうに私は理解をしておるんですが、これからの駐車場事業が、駐車場というのはまだまだ整備をしていかにゃならん、拡充もしていかなならんというように思いますが、ここから得られた収益を厳しい財政状況の中で一般会計へ、今まで一般会計から入れていだたいておったので、今度収益が上がったら一般会計へお返しするというのも方法かもしれませんが、特別に積み立てをして次の新しくまた駐車場事業を起こすという意味において、それらのことはお考えないかどうかお尋ねしたいと思います。

 それからもう1つ、31号と35号ですが、どちらも私らの所管になりますので所管でその委員会審査の中で詳しくまた質問していきたいと思うんですが、どうも食のタテということで随分とこだわっておられるし、ちょっとその内容が私には、ちょっと内容がどういうものなのか少し理解ができませんので説明いただきたい。昨年の9月議会で伝統的建造物群保存活用事業ということで酔月を保存修理をする、3,330万円、県の2分の1の補助を受けてやっておられたわけでありますが、その内容ですね、特にもうタテということでこだわっておられるのが、その建物の内容、中身も1つあるんではないかなというように思いますので、これは市長の持っておられるこだわりというか、何かそのようなものがあるのではないかなと思いますのでその点について自分が伝統的建造物をこれ保存修理をされて、そして食のまちとしての1つのシンボルとして、あるいはこういうようなものをというようなことのお気持ちというか、考え方をお尋ねしたいなというふうに思うんです。ただ単なるそこが喫茶店であったり、食堂ではないいうふうに思いますので、そして展示場があり、そして和室を皆さんに提供して、そこで食を、何かをいただくのかどうかわからんのですが、そのイメージが少しちょっとわかりませんので、内容について説明をいただきたいというふうに思います。以上。



○議長(石野保君) 企画経営部長、田端君。



◎企画経営部長(田端浩之君) ちょっと順番が逆になりますが、食の館関係でご説明させていただきます。

 この町並みと食の館ということで、今回条例ご提案してるわけでございますが、これ昨年度、平成14年度9月補正で改修経費等3,300万円余りを補正予算で計上していただいたものでございます。これにつきまして、町並み保存対策事業といたしまして、先ほどもご質問ございましたが、引き続き伝統的建造物群の選定を目指しながら、その特性を生かした地域の活性化と環境に調和したまちづくりを進めるために、今回酔月館を新たに整備いたしましてこういう名称にしたわけでございます。これの目的といたしましては、今後の活用でございますが、まちづくりの拠点施設といたしまして御食国の特性であります食の提供と御食国若狭おばまの歴史と文化を広くPRしたいという形で活用を図っていきたいと考えてます。そうした中で全体の面積でございますが260平米程度でございます。このうちをですね、いわゆる食文化施設と、食の提供するスペースでございますが、これが150平米余り、その他展示と多目的施設ということで残りの110平米余りにつきましてはそうした形で活用していきたいという形で考えてございます。以上でございます。



○議長(石野保君) 次答弁。市民まちづくり部長、和田君。



◎市民まちづくり部長(和田孝夫君) 駐車場の関係、ご答弁を申し上げます。

 駐車場でございますが、この繰り入れをするよりも積み立てということも一部では考えることは、これはできるかと思うんですが、駐車機能ですね、駐車場の機能、これがですね、当然民間も含めてですね、小浜市全体である意味では駐車場機能は、特に都市圏からの方はですね、小浜には非常にたくさんの駐車場ありますねと、すぐ近くにいくつも駐車場があります。非常にそうした意味では都市圏と比べたら当然便利やという部分もあるでしょうけども、一部では往々の市民にとってはですね、自分が用を果たす前に駐車場がないと駐車場ではないといったような1つの視点もございます。そうした意味でのとらまえ方によって多少の違いがあるんですが、現在の公営的な駐車場としてはですね、これで一応機能を果たしているといった考え方からですね、今回は繰り入れをさせていただいておる。繰り入れをさせていただいておる理由といたしましては、用地購入費については一般会計から繰り出しをしてもらいながら用地を確保していった、そうしたことから今回は繰り入れをさせていただいておるというのが現状でございます。



○議長(石野保君) 企画経営部長、田端君。



◎企画経営部長(田端浩之君) 決算委員会関係のご質問でございますが、まずご指摘あった事項につきまして申し上げますと、まず滞納関係、これの収納率をアップせよといったご指摘でございました。それから教育関係につきましては、中学校生徒海外派遣事業、これにつきましての研修費用に対し補助を行う方向等につきまして検討せよというご指摘でございました。それから姉妹都市のスポーツ交流事業関係、これにつきましてもご指摘あったわけでございます。それから温水プール、これの利用率を高めるといったご指摘でございます。それから文芸協会の活動補助のあり方等につきましてもご指摘がございました。それからですね、商工業費、いわゆる貸付金の不用が多いのではないかといったご指摘でございます。それらにつきまして、基本的に予算査定の中でいろいろ議論させていただきまして、滞納につきまして今回、先ほども税務課の方で滞納システムを導入するといった形で滞納対策につきまして鋭意努力するといった形の予算づけをしておりますし、教育関係等につきましてもそれぞれ査定の中でご指摘を踏まえた査定の方向で取り組まさせていただいているところでございます。また商工関係につきまして、貸付金につきまして昨年と同枠を計上させていただいておりますが、これらにつきまして、いわゆる景気動向にも対応する必要ございますので、いつでも対応できる枠を確保したいという点でご理解いただきたいと思ってます。以上でございます。



○議長(石野保君) 福祉環境部長、杉山君。



◎福祉環境部長(杉山勲君) 不燃物最終処分場関係の予算の内容につきましてご説明をさせていただきます。内容につきましては、大きなものを申し上げますのでよろしくお願いいたします。

 まず1点目の最終処分場の施設管理費の計上でございますが4,476万1,000円をお願いしているところでございます。これにつきましては一般的な経費のほか、大きなものを申し上げますと委託料でございます。委託料が2,355万9,000円お願いをいたしております。その大きなものでございますが、処分場の管理費が1,645万6,000円でございますし、あと埋立処分場の方の管理もございますので、それが262万5,000円お願いをしているところでございます。次に同じく処分場の施設管理費の臨時1,860万円でございますが、失礼しました。調査事業につきましては4,158万5,000円お願いしているところでございまして、これは次期処分場の調査事業費ということで準備の予算ですね、アセス等も必要でございますので、そのための予算計上でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(石野保君) 農林水産課長、竹村君。



◎産業建設部農林水産課長(竹村次夫君) 景観整備についてご質問についてお答え申し上げます。

 事業概要については省かせていただきますが、今回の景観整備につきましては若狭路博に向けてイメージダウンを少しでも抑えようということで枯れ松伐採を実施いたしておりますが、これにつきましては、この事業の実施につきましては今後造林を目的といたしておりません。しかしながら、今後この刈った後につきましては造林事業が取り組めないかという課題としては今検討中でございますのでよろしくお願いいたしたいと思います。

 それと松につきましては、ご存じのようにマツノザイセンチュウがマツノマダラカミキリを媒介して広がるということでございまして、この事業につきましては森林病害虫防除事業という形の中で積極的に取り組みをさせていただいてます。その中におきましては、伐採した後の樹種転換という事業でも積極的に取り組んでいるところでございます。よろしくお願いいたします。



○議長(石野保君) 17番、深谷君。



◆17番(深谷嘉勝君) 全般的な中で決算委員会での出た意見については査定はしたということで、前年と何も変わらんようなことでありますが、以前はですね、12月に決算特別委員会が設置されて3月にその意見、付託された議案が3月議会に上程をされておったということでありますが、今はもうその新年度にその意見が十分に反映されるようにということで9月の議会に決算が出てきまして、そして12月の早い段階で結論を出しておりますので、今後もやはりこの決算特別委員会から出された意見というものは十分に考慮して予算編成に当たっていただきたいというふうに思うわけであります。これは全般的な面でありますのでそれぐらいで、具体的なことについては先ほど部長の方から何点かの項目を挙げられて査定はしたと、でもそのままのようなことでありますので改善の方向でまたしていただくようにお願いしておきたいと思います。

 次に廃棄物の処分場のことについてお尋ねいたしますが、ここに相当具体的な予算が計上されておりますので、その場所とか、そしてその環境アセスの準備段階に入る予定ですね、それはどのようになっておるのか、その点についてもう一度お尋ねをしたいというふうに思います。

 景観整備については伐採だけで、あと造林する段階まではいかないということでありますが、今後のことについて今一番、それも山を守るためには何がいいのかということも十分いただく、そしてまたこれが新たな事業が、補助事業やいろんなものがありますとそれにすぐ乗るわけでありますが、小浜市は小浜市独自のそういう市長の言っておられる、山を守る、そして川がきれいになる、海がきれいになる、おいしい魚が食べられるという、そういう一貫した方向での取り組みというものについてお考えお尋ねしたいというふうに思います。

 駐車場事業については、今の駐車場でこれ以上という、十分その機能を果たしておる、そしてスペースも十分だということでありますので、これについては理解をいたしておきますが、車社会でありますので、より市街地についても公共の駐車場というのはどこのまちへ行ってもやはり場所が取れない場合は地下にまで駐車場をつくるというふうないろんな施策がとられておるわけですが、やはりもうこれからのまちづくりの中でやはり駐車場というものが必要になってくると思うわけですね。すべて民間にということは無理だと思いますし、西部地区のこれからの開発やいろんなことからしますと、やはり次の駐車場を確保するための基金というものも、そういうものを当然必要ではないかなというふうに思いますので、もう一度その点についてお尋ねをしたいというふうに思います。

 そしてもう1つは食の館ですが、これもそうすると先ほど説明がありました漁村コミュニティ基盤整備事業として新年度から取り組まれる地域水産物販売・提供施設と同じような考え方でいいのか、ちょっと中身が少しこの議案には使用料なんかも入っておるんですので、そこで地域の活性化ということも言われておるんですね。市民の方がどういう格好でそこを利用されるのか、ちょっとわかりにくい面がありますので、具体的にこんなようなことやというようなことがわかりましたら説明いただきたい。何かこの条例の中には改造するときには市長の許可を得て改造するとか何とかいろいろ書いてございますが、そこで自分たちが集会所というか、そこの人がいってそこの部屋をただ使っていろんなことを研修するとか、何かするような場所なのか、行ってメニューを見て何か物を食べるとこなのか、その辺が少しちょっとわかりにくいので、その点についてちょっとお尋ね、所管のことですので、また所管の方で尋ねますので、以上で質問終わりたいと思いますがよろしくお願いします。



○議長(石野保君) 福祉環境部長、杉山君。



◎福祉環境部長(杉山勲君) 処分場の件でございますが、場所はどうかというご質問がございました。場所につきましては、現在未定でございます。

 アセスでございますが、現在お願いしているところが同意をいただければ、すぐアセス調査に入らせていただきたいと、このように考えているわけでございます。その調査につきましては、地質調査、また環境影響調査、施設の計画の調査、また附帯工事の実施設計等の調査もございます。そのような全体的な調査委託料としてお願いをしているところでございます。以上でございます。



○議長(石野保君) 農林水産課長、竹村君。



◎産業建設部農林水産課長(竹村次夫君) 森林保全についての再度の考え方をということでございます。近年、環境の保全が強く叫ばれておりまして、そういう中にありまして、本市は食のまちづくりを推進しております。森林を守る所管課といたしまして、森林の環境保全につきまして積極的に取り組んでまいりますのでよろしくお願い申し上げます。



○議長(石野保君) 市民まちづくり部長、和田君。



◎市民まちづくり部長(和田孝夫君) 駐車場の関係でございますが、今当面駐車場問題がございますのが人魚の浜周辺と、これが当面の課題かなというようには考えておりますが、これにつきましてはですね、海岸整備事業の中でそうした機能を持たすことも、これは検討を現在、来年度から、15年度からですね、計画策定業務に入るわけですが、そうした中でそうした機能の補完を検討しておりまして、検討といいますよりも、それをやるべく要望しておりまして、そうした機能はある意味では補完されるということから、駐車場機能をですね、さらにあればそれにこしたことございませんけども、公的な駐車場としてですね、そうしたことをやることについては、もう現段階ではこれで十分とは言えませんが、今の状況では不便さはないといったように考えておりまして、そうした意味から繰り入れは、一般会計への繰り入れをさせていただきたいというように考えております。



○議長(石野保君) 企画経営部長、田端君。



◎企画経営部長(田端浩之君) 町並みと食の館関係でございますが、まず大きく分けまして、先ほどもちょっとご説明いたしましたが、いわゆる中身をですね、食文化施設と先ほどもご説明いたしましたが、展示と多目的施設とこの2つに分けます。そうした中で、食文化施設につきましては、いわゆるテナントとして位置づけております。ですから入居希望者の方に使用許可をして、そこをテナントとして活用していただくということで使用料等を計上させていただいてるわけでございます。また一方、展示と多目的施設につきましては、市民の方々がですね、例えばまちづくりのフォーラムとか、あるいは展示とか、そういった形でご活用いただければなという形でしております。以上でございます。



○議長(石野保君) 市長、村上利夫君。



◎市長(村上利夫君) 町並みのことについては、今部長から説明をいたしましような内容でございますが、最初に何か市長の思いがあるんかというようなご質問もございましたけれども、今川崎に建設中の食文化館ですね、その食文化館の中にもいろんな食文化の展示とかですね、それから小浜の歴史を紹介した展示とか、いろんなものがございます。あそこを、市民の方もそうですが、観光のね、よそから見えた方もあそこへ行っていただいて、いろんなそういうものを見ていただいて、できればといいますかね、あそこからずっと海岸を歩いていただくと、今度今この塩釜のあちらの方の海岸整備もですね、これから取り組んで立派に仕上げたいというふうに県にもお願いをしておりますけれどもね、そうするとあそこからちょっと遠いかもしれませんが、あの海辺をずっと散策していただいて、そしてその古い町並みに入っていただいて、そういう雰囲気の中でですね、また実際にその食文化の実体験もしていただくと、そしてまたあの辺も歩いていただくというふうなことがちょっといいのかなと、それは私のちょっと思いをですね、申し上げたんですけれども、そんなことも考えております。



○議長(石野保君) ほかに。23番、松尾君。



◆23番(松尾剛君) 4点ほどお尋ねをいたしたいと思います。

 まず当初予算についてでありますけれども、36ページのですね、歴史遺産等活用事業260万円計上されておりますけども、これのその事業の中身をもう少し詳しくご説明願いたいと思います。

 それから同じく38ページにですね、小浜線に乗る運動の予算が200万円計上されております。先般、全員協議会の席でですね、今度小浜線の電化に伴いましてダイヤの改正を私お願いをしておきましたけれども、その後小浜市からの要請がどのようにダイヤにあらわれているのか、その辺何か改善のされた場所があるのかどうか、その辺も少しお尋ねをいたしておきたいと思います。

 それから3点目にですね、全体の予算、私の所管の委員会でございますけれども、全体の予算のことでございますのでこの場で質問させていただきますけれども、少しこの全体のほかのものに比べましてですね、教育費の割合が少ないんでないかなというふうに思います。特に今年度予算8.2%ということですね、かなり教育というものに対して窮屈な予算でないかなと思いますけれども、近隣の自治体でありますとか、あるいはまた県下7市のですね、全体の予算に対する教育費の割合などデータをお持ちでしたら発表願いたいと思いますし、この教育費に対する予算編成についてですね、どのようなお考えで取り組まれたのかお尋ねをいたしたいと思います。

 4点目に起債の動向についてでございます。今年度の予算の起債、15年度末の残高を見ますとですね、一般会計で145億円、それから下水道、農排、漁排、これ合わせまして189億円ということで、一般会計を44億円余りもこの下水道の起債が上回っておるわけでございます。今後まだ下水道、これから事業をまだまだ進めていかなければならないわけでございますけれども、この下水道債の動き今後どうなるのか、またそれらに対しましてですね、この財政計画がどのように動いていくのか、その辺のことをお尋ねをいたしておきたいと思います。以上です。



○議長(石野保君) 企画経営部マネージャー、東君。



◎企画経営部マネージャー(東武雄君) 今ほど歴史遺産活用事業についてその事業の中身はどうかというご質問であったかと思います。ご答弁をさせていただきます。

 まず事業といたしましては3点ございます。総括的には市内に残されております貴重な歴史遺産をまちづくりの資源とするため、まず世界遺産暫定リスト登載を目指しながら文化財の森センターの建設調査、歴史的建物の復元等の事業を推進し活用を図るということでございまして、具体的に申し上げますと、まず1つ目が神宮寺周辺の遺跡の調査をまず実施をしていきたいということでございまして、試掘調査を実施いたしまして科学的に古代の遺跡を実証して歴史的文化遺産をPRし、その成果を一般公開をして機運を盛り上げていきたいというのが1つ目の事業でございます。

 次に2つ目がふるさと文化財の森センターの件でございます。ご存じのとおり、小浜市内には多くの寺院がございまして、屋根が桧皮葺きになっております。そうしたことから桧皮確保のために専門家を交えた庁内の委員会を立ち上げるとともに、桧皮の加工を研修する施設を建設準備のための調査研究会を設立して、その建設のための準備を進めていきたいというのが2つ目の事業でございます。

 3つ目の事業が歴史的建造物等復元事業でございまして、これにつきましては既にプロジェクトチームからの提言もございます小浜城の復元を目指して市民を中心にした(仮称)小浜城等復元市民の会を発足いたしまして、そこで募金活動を開始をしたいということから、それらに要します経費を計上させていただいております。以上3点でございます。よろしくお願いをいたします。



○議長(石野保君) 鉄道新線・公共交通課長、田井君。



◎市民まちづくり部鉄道新線・公共交通課長(田井克己君) 小浜線電化に伴いますメリットということでございまして、乗り継ぎの件についてでございますけれども、小浜と舞鶴線との接続につきまして、舞鶴から小浜への夕方の便でございますけれども、舞鶴着17時54分で、それから小浜の方へ向かう便でございますが、今まで46分ほどの待ち時間がございました。これが5分に短縮されたことがございまして、また小浜の方から舞鶴経由で京都府まで向かいます列車につきましても、夕方の便でございますけれども40分の待ち時間が5分に短縮さたといったことがあるわけでございます。そして春休み期間中とか連休中には特別優等列車、特急列車でございますけれども、これの運行が計画されてるということでございますし、全体的に申しまして小浜線の敦賀東舞鶴間が約10分間短縮されるといったことが今回の主な改善点かと思います。



○議長(石野保君) 企画経営部長、田端君。



◎企画経営部長(田端浩之君) まず教育費関係でございますが、近隣市町村7市のウエートにつきましては、ちょっとデータを持ち合わせてございませんので申しわけございません。ただ、今構成比でございますが、確かにご指摘のとおり14年度当初8%、8%前後で推移してるわけでございます。ただこれらにつきましては、今後大規模な施設の改修とかですね、そうしたものがあれば当然構成比が伸びるのではないかと思ってございます。ただですね、そうした中で今回特別に重点的に教育環境の整備促進という形で重点的に、例えばコンピュータの設置とかですね、教員の加配、こうしたものにつきましては教育委員会と十分協議した中で予算編成をさせていただいたところでございます。

 それからですね、もう1点、起債の関係でございますが、確かにご指摘のとおり一般会計、今145億円、これに対しまして下水道関係と、今後かなり伸びる格好になります。ただですね、今後平成22年度までを目標にして整備を進めるわけでございますが、このペースでいきますとですね、年間大体一般会計からの繰り出しがですね、毎年約2,500万円程度増えるんではないかという形で推測してるところでございます。ただですね、これらにつきましては、当然交付税措置もございますので、そうした中で財源の確保を図る中で計画的な事業進捗を図っていきたいということで原課と調整してまいりたいと考えてございます。



○議長(石野保君) 23番、松尾君。



◆23番(松尾剛君) 大体ご説明をいただきましたけれども、私どもこの素人が考えますとですね、世界遺産というのは大変なものだというふうに理解をいたしております。ですからその暫定リストに登載をするための準備ということでありますけれども、本当にですね、この実現が可能なのかどうなのか、その辺の見通しとかですね、それから暫定リストに乗せるまでのその手順でありますとか、そんなことわかりましたら教えていただきたいなというふうに思います。

 それから今ほど小浜線のダイヤにつきましてお聞きいたしましたけれども、そんなに改正されたような跡は見えないわけでございます。やはり一番小浜の人が利用しますのは、やはり敦賀での待ち合わせ時間、これがどうなるんかということだというふうにも思いますけれども、その辺の働きかけをですね、どのようにやってこられたのか、また今後どうしようとされておりますのかお尋ねをいたしておきたいと思います。

 それから教育費のことでございますけれども、今少子高齢化と言われておりますしてですね、高齢化に対する予算というのは大変たくさん上がっております。ことしの新年度予算で見ましてもですね、高齢化に対する予算、いわゆる一般会計の老人福祉でありますとか老人施設費でありますとか、また老人医療特別会計、あるいはまた介護保険特別会計、こんなもの合わせますとですね、56億円ぐらいになるんですね。これ全体予算のですね、21%ぐらいになろうかと思います。これと比べましてですね、少子化、少子の分を少し話させていただきますとですね、教育費がここに8.2%というふうに上がっております。これは一般会計の割合ですから、これを全体の総予算の割合でこの教育費を見ますとですね、実にですね、これは4.45にしかならないんですね。いわゆるその高齢化の部分が20.88%、それからいわゆるその教育の部分、これが4.45、あまりにも差があるんじゃないかなというふうに私は思います。ですからそういうところでですね、私ちょっとここに近隣自治体の合併の資料から、ちょっと古い資料なんですけれども、平成12年度の当初予算の教育費の割合を各市別に、嶺南8市町村の出してみたんですけれども、大体小浜市がこのときは8.9%でしたけれども、上中が9.62、それから多いのが美浜の9.8、三方の12.1、敦賀の19.6、これは大飯の20.4、これ学校建設費とか何かありますとかなり突出してくるかと思いますので一概には比較はできないと思いますけれども、やはり10%そこそこが妥当な線でないかなというふうに私は思いますけれども、少しその高齢化の分が優遇されてですね、少子化の子供たちの分がどうも抑えられているような気がしてならないわけですけれども、こういう考え方に対しましてですね、財政の今回の予算を組み立てられたお考えをお尋ねをいたしたいと思います。



○議長(石野保君) 市長、村上利夫君。



◎市長(村上利夫君) 初めのこの世界文化遺産のリストへの登載の件ですけれども、可能性については五分五分だというふうに思っておりますから、その目標に向かって努力することに大変大きな意味があるのではないかというふうに思っております。まず普通の場合は県ですね、それから国、文化庁、もうそこで門前払いになってしまうと思います。小浜市の場合は県もそれを既に認めていただいておりますし、国の文化庁の方も厳しいけれどもですね、一生懸命取り組んでほしいというような指導をいただいております。ちなみに具体的なことは申し上げると大変失礼になりますが、福井県内でも最近ほかのところでそういう動きがございましたが、とてもそこまでいっておりません。そんな状況でございますので、時間はかかると思いますけれども一生懸命取り組みたいというふうに思っております。具体的なあれは部長の方からいたします。



○議長(石野保君) 企画経営部長、田端君。



◎企画経営部長(田端浩之君) クリアすべき課題というのは当然山積してるわけでございます。例えば都市計画上の問題とか、いろいろな手順を踏む必要があろうかと思ってます。これらにつきまして、ただいま市長申し上げましたように順次市民の熟度、熱意、こうしたものをくみ上げる中で取り組ませていただきたいと思ってます。

 それから教育費関係でございますが、これは私の方から答えるのも本当に申しわけございませんが、本年の予算につきまして、先ほど申し上げたとおり、ある程度の中で編成をさせていただいたわけでございます。今後の教育費をどうするかといった点につきましては、今後教育委員会と十分協議する中で、市としてどうやって取り組んでいくんかと、そういう方針の中で予算編成をさせていただきたいと考えてますのでご理解いただきたいと思います。



○議長(石野保君) 市民まちづくり部長、和田君。



◎市民まちづくり部長(和田孝夫君) 小浜線の関係でですね、ダイヤ、確かに敦賀での待ち時間も多いですし、そうした意味での小浜市民にとっては不便な部分もあると思います。そうした部分につきましてはですね、当然JR金沢支社ですね、そうしたとこ、あるいは関西支社へそうした要望をしたりですね、それから県と歩調を合わせてこうした運動も展開したり、いろんな活動はしておるんですが、そうした運動とともにですね、小浜線のいわゆる年々減少しております利用客をできたら増やしたいと、できるだけ小浜線を利用していただきたいということで今回予算を200万円、こうしたポイント制度も含めましてそうした予算計上もお願いをしておりますし、さらにですね、ノーマイカーデーでありますとか、いろんな形で小浜線を自分たちの鉄道としてですね、沿線地域、これ全体でございますが、自分たちの鉄道として利用していただきたいと、それによっていろんな今の利便性の問題でありますとかですね、いろんな改善がなされるものというようには考えます。なおですね、今回先ほど田井課長の方から答弁申し上げておりましたように、京都からの優等列車ですね、特急列車が春休み中に運行されます。そうしたことで民宿との連携でありますとか、あるいは小浜へ来られてからの足の確保のための、そうしたタクシーでありますとか、そうしたとことの連携でありますとか、あるいは飲食店等との連携、こうしたものを十分連携をとりながらですね、来られた方に満足していただけるような対策もとっていきたいというように考えておりますので、そんな意味でどうかひとつよろしくお願いを申し上げます。



○議長(石野保君) 23番、松尾君。



◆23番(松尾剛君) ご説明をいただきましてわかりましたけれども、世界遺産というのは私は大変なことだというふうに思っております。ですから何でもそうですけれども、やはり夢とか大きな望みを持って活動していただきたいなというふうに思いますので頑張っていただきたいと思います。

 それから小浜線に乗る運動の件なんですけれども、今ほど言いましたのは小浜線を利用するために、たくさん乗っていただくために便利なダイヤを組んでもらいなさいよというふうに私は申し上げておるんで、おたくの答弁は何か逆のような感じがいたしましたけれども、それなくしてですね、今東京から帰ってきてですね、新幹線、私ども米原で降りて乗り換えして家へ帰ってくる間にその新幹線は広島まで行っておるんですよ。ですからそれぐらいのですね、ダイヤというのは大事なもんなんですから、もっともっと私は言うべきことは言って解消してもらうべきだというふうに思いますので、今後とも強く当たっていただいてほしいというふうに思います。

 それから教育費の件ですけども、確かにいろんな財政的な総枠きついものがあります。それはよくわかりますけれども、やはりこれからの人材を育てていくという1つの大きな目標からいいますれば、もっともっとあってもしかるべきだというふうに私は思いますけれども、1つのこの予算を立てるときにですね、例えば教育委員会が出てきたのを全部集めて8.2%ですか、なったのかですね、最初に教育費は8.2%というふうに決めて、そして予算組まれたのかですね、その辺の予算の組み方をどのようにされたのかもう1つお尋ねをいたしておきたいと思います。

 それから下水道債ですけれども、やはり最終的にですね、幾らぐらいになるのかですね、予測立てておられると思います。そのことについて少し触れていただきたいなと思います。以上です。



○議長(石野保君) 企画経営部長、田端君。



◎企画経営部長(田端浩之君) まず教育費の8.2%でございます。これにつきましては8.2%ありきで予算計上したものではございません。当然教育委員会の方でいろいろ各種事業を計画されてる中でいろんな査定を通じまして、こういう数字になったわけでございます。また特に査定の中で、今回基金の積み立てということでご提案させていただいておりますが、これ配分につきましても市長査定の段階でですね、例えば教育関係の基金へ積もうとか、そうした配慮したわけでございます。ですから初めからこの枠が決まっているといったわけではございません。必要なものにつきましては、当然必要な予算づけをしていくといった方針で取り組まさせていただいてございます。

 それから下水道債が最終的にどれぐらいになるかと、これにつきましては大変申しわけございませんが数字はつかんでございませんが、ただ先ほどもご説明いたしましたように16年度以降、これが一般会計の繰り出しベースで申し上げますと約2,500万円程度ずつ、これ約45%相当でございますが、45%が交付税措置ございますので、この分が増えていくという形で推計しているところでございます。以上でございます。



○議長(石野保君) ほかに質疑ありませんか。3番、富永君。



◆3番(富永芳夫君) 議案第18号平成15年度小浜市一般会計予算についてお尋ねいたします。

 予算に関する説明書の43ページお願いいたします。1目社会福祉総務費の中の障害者支援費事業についてお尋ねいたします。このことに関しては、きのうの市長の所信表明でも述べられておりましたが、障害者支援費制度の制度趣旨と15年度から10事業のサービスが行われるそうですが、その内容について説明願います。



○議長(石野保君) 財政課長、服部君。



◎企画経営部財政課長(服部由幸君) ただいま支援費制度につきましてご質問をいただいたところでございますが、この制度につきましては身体障害者と知的障害者向けの新しいタイプのサービスシステムということでございます。これまでですと、すべて行政の方に任せていたわけでございますが、障害者みずからが福祉サービスを選んで施設事業者と契約できることになるわけでございます。利用料につきましては自己負担分を除いた分を国や地方自治体が支援費として補助するという制度でございます。したがいまして、障害者の方々の意思が生かせるものというふうに考えておりますし、それに対して自治体が支援をするといったことになろうかと思います。以上でございます。

 すいません、申しわけございません。10項目ほどというの、今までは5つの区分がございまして9事業があったわけでございますが、それが区分的には同じ5つの区分でございますが11事業あるわけでございます。大きく分けますと身体の障害者児、それから知的障害者児、精神障害者の3つに分類をされるわけでございます。この児といいますのは、すべて18歳未満のことでございまして、例えば身体障害者施設訓練等支援費でありますとか、身体障害者の居宅介護支援費の中にも4つの支援事業に分かれておりますし、知的障害者居宅介護支援費の方につきましても4つ分かれております。それから障害児につきましても2つの事業に分かれておるところでございます。以上でございます。



○議長(石野保君) 3番、富永君。



◆3番(富永芳夫君) 今ここの説明欄にその事業が書いてありますので、その中の今5つに分けられてる中からの部分で、知的障害者の部分でデイサービス、ホームヘルプサービス、グループホーム、それから身体障害者の部分でホームヘルプサービス、その4つと、あとちょっと施設サービスの方はちょっと私この中ではわからないんですが、5万以下の自治体としては、今回のこの障害者支援費制度、割と4月1日から始める割にはサービスができてるんではないかなと、そのように思いますが、まずこの支援費制度の対象となる今サービスを利用されてる人の支援費支給申請の手続がスムーズに行われているのか、その点についてお尋ねいたします。



○議長(石野保君) 福祉環境部マネージャー、樽谷君。



◎福祉環境部マネージャー(樽谷清君) 答弁させていただきます。

 身障と知的と児童とありまして、まず居宅支援とそれから施設支援がありまして、身障につきましては居宅支援が17、知的が12、児童が15、合計44でございます。

 それから申請済みにつきましては、居宅支援がそのうちの10、知的が7、児童が1、合計18でございます。判定の件数につきましては、一応居宅支援が5、知的が6、児童が0、合計11でございます。施設支援につきましては、今言いました21、51、72、全部一応判定は済んでおります。以上でございます。



○議長(石野保君) 3番、富永君。



◆3番(富永芳夫君) 先ほど小浜市はある程度サービスができるのかなと、でもこれで終わりじゃないんで、この支援費制度、介護保険制度と違って保険じゃなくて税で運営をされるみたいですから、国の財政難の中で予算的にこれから相当多難な部分が出てくるのではないかと思いますから、行政はやはり熱意と工夫をもってこれからの制度充実にますます進めていただきたいと思いますが、まだそうやって先ほど居宅サービス、施設サービスの中で行われてない部分があるんですが、それに対する見通しをどのようにお考えになっておられるか、まだ制度が4月1日からですからそれを運用してからじゃないとわからない部分があるかもわかりませんが、今見通しがありましたらお聞かせください。



○議長(石野保君) 福祉環境部マネージャー、樽谷君。



◎福祉環境部マネージャー(樽谷清君) それでは見通しということでございますが、今現在率で、先ほど言いました率が72%弱の率でございます。それで、うち100%持っていくように努力させていただきたいと思いますのでよろしくお願いいたしたいと思います。以上です。



○議長(石野保君) はい、富永君。



◆3番(富永芳夫君) それではその社会福祉総務費の中で知的障害者小規模通所授産施設運営補助金、45ページですが、上から2番目ですがありますが、小規模通所授産施設に関しては、今度この支援費制度は適用されないみたいですが、この小規模通所授産施設事業についてのこの事業者、だれかわかれば教えてください。



○議長(石野保君) 福祉環境部長、杉山君。



◎福祉環境部長(杉山勲君) この知的障害者の授産施設の事業者でございますが、これは現在身体障害者福祉連合会でございます。よろしくお願いします。



○議長(石野保君) 3番、富永君。



◆3番(富永芳夫君) ということは、15年度、これもその事業者がするわけですか。



○議長(石野保君) 福祉環境部長、杉山君。



◎福祉環境部長(杉山勲君) 15年度もこの身体障害者福祉連合会が運営する計画でございます。



○議長(石野保君) ほかございませんか。−−質疑なしと認め、これをもって質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております各議案を先に配付いたしました議案付託表のとおり、それぞれの所管の常任委員会に付託いたします。

 暫時休憩いたします。

            (午後2時51分)



○議長(石野保君) 再開いたします。

            (午後3時35分)



○議長(石野保君) ただいま市長より議案第50号助役の選任についての件が提出されました。

 お諮りいたします。この際議案第50号助役の選任についての件を日程に追加し、日程の順序を変更し直ちに議題とすることについてご異議ありませんか。

             (異議なし)



○議長(石野保君) ご異議なしと認めます。

 よって、この際議案第50号助役の選任についての件を日程に追加し、日程の順序を変更し直ちに議題とすることに決しました。

 議案第50号助役の選任についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。市長、村上利夫君。



◎市長(村上利夫君) ただいま追加日程で議題に供していただきました議案第50号助役の選任について提案理由のご説明を申し上げます。

 議案第50号助役の選任についてでございますが、現在空席となっております副市長に福井県農林水産部農業技術経営課長の中塚安治氏を選任いたしたく地方自治法第162条の規定により議会のご同意をお願いするものです。

 中塚氏の住所は上中町脇袋第17号16番地の1で、昭和19年9月29日のお生まれで、現在満58歳でございます。昭和40年3月に福井県立高等農業講習所をご卒業され、同年4月から福井県に奉職されておられます。奉職後、昭和44年4月から1年間は京都大学農学部に留学研修をされておられます。平成元年4月に農林水産部総合農政課若狭農業改良普及センター主任改良普及員に就任された後、農林水産部総合農政課農業技術開発普及室長補佐、嶺南振興局若狭農業改良普及センター総括改良普及員を歴任され、また平成10年4月には農林水産部農林水産政策課参事として、さらに平成13年4月からは農林水産部農業技術経営課長の要職を務めておられます。

 中塚氏の長年培ってきた行政手腕は高く評価されており、卓越した識見と的確な判断で数多くの諸問題を解決してこられたところであります。また人格は温厚篤実にして社会的信望はまことに厚く、本市の副市長として最適任者と存じますので、何とぞご同意くださいますようにお願いを申し上げます。

 以上、提案理由のご説明とさせていただきます。何とぞよろしくご審議を賜りますようお願いを申し上げます。



○議長(石野保君) これより質疑に入ります。質疑はありませんか。−−質疑なしと認め、これをもって質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第50号については、人事に関する案件でありますので委員会の付託ならびに討論を省略し直ちに採決に入りたいと思います。これにご異議ございませんか。

             (異議なし)



○議長(石野保君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第50号については委員会の付託ならびに討論を省略し直ちに採決することに決しました。

 これより採決に入ります。

 ただいまの出席議員は23名であります。

 議案第50号助役の選任についてを採決いたします。

 本案はこれに同意することに賛成の諸君の起立を求めます。

             (全員起立)



○議長(石野保君) 起立全員であります。

 よって、助役に中塚安治君を選任することに同意することに決しました。

 日程第2 陳情を議題といたします。

 今期定例会において本日までに受理いたしました陳情は、先に配付いたしました陳情文書表のとおりであります。その内容は先に配付いたしました陳情書写しのとおりであります。

 ただいま議題となっております陳情を陳情文書表のとおり所管の常任委員会に付託いたします。

 以上で本日の日程はすべて終了いたしました。

 明6日より9日までは休会とし、10日は定刻本会議を開き一般質問を行います。

 本日はこれにて散会いたします。

            (午後3時40分)

   上会議の次第を記し相違ないことを証するために署名する。

           平成15年  月  日

           小浜市議会議長

           署名議員   1番

           署名議員  17番

 上会議録は地方自治法第123条の規定により調製したものである。

        小浜市議会事務局長 中野 繁