議事ロックス -地方議会議事録検索-


福井県 敦賀市

平成18年第4回定例会(第5号) 本文




2006.09.25 : 平成18年第4回定例会(第5号) 本文


5.議 事
            午前10時00分開議
◯議長(水上征二郎君) ただいまから本日の会議を開きます。

 報 告

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) この際、諸般の報告をいたします。
 今大地晴美君から会議規則第148条の規定に基づき、身体上の都合により、議場における帽子の着用について許可願いたい旨の申し出があり、これを許可いたしましたので報告をいたします。
 次に、事務局長をして諸般の報告をいたさせます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議会事務局長(山本 繁君) 御報告いたします。
 市長より、本日付総第5530号をもって、今定例会に提出する議案の送付がありました。すなわち、第80号議案から第82号議案までの3件であります。件名につきましては、お手元の議案目録のとおりでありますので、朗読は省略いたします。
 以上であります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 以上で報告を終わります。

 日程第1 敦賀美方消防組合議会議員選挙

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 日程第1 ただいま欠員となっております敦賀美方消防組合議会議員の選挙を行います。
 お諮りいたします。
 選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により指名推選によることとし、議長において指名することにいたしたいと存じますが、これに御異議ありませんか。
  〔「異議なし。」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 御異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選によることとし、議長において指名することに決しました。
 敦賀美方消防組合議会議員に、
  河 端   満 君
を指名いたします。
 お諮りいたします。
 ただいま議長において指名いたしました河端 満君を敦賀美方消防組合議会議員選挙の当選人と定めることに御異議ありませんか。
  〔「異議なし。」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 御異議なしと認めます。よって、河端 満君が敦賀美方消防組合議会議員に当選されました。
 河端 満君が議場におられますので、会議規則第32条第2項の規定により、敦賀美方消防組合議会議員選挙の当選人である旨、告知いたします。

 日程第2 嶺南広域行政組合議会議員選挙

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 日程第2 ただいま欠員となっております嶺南広域行政組合議会議員の選挙を行います。
 お諮りいたします。
 選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により指名推選によることとし、議長において指名することにいたしたいと存じますが、これに御異議ありませんか。
  〔「異議なし。」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 御異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選によることとし、議長において指名することに決しました。
 嶺南広域行政組合議会議員に、
  原   幸 雄 君
  堂 前 一 幸 君
を指名いたします。
 お諮りいたします。
 ただいま議長において指名いたしました原 幸雄君及び堂前一幸君を嶺南広域行政組合議会議員選挙の当選人と定めることに御異議ありませんか。
  〔「異議なし。」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 御異議なしと認めます。よって、原 幸雄君及び堂前一幸君が嶺南広域行政組合議会議員に当選されました。
 原 幸雄君及び堂前一幸君が議場におられますので、会議規則第32条第2項の規定により、嶺南広域行政組合議会議員選挙の当選人である旨、告知いたします。

 日程第3 敦賀市農業委員会委員解任請求
      の件

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 日程第3 敦賀市農業委員会委員解任請求の件を議題といたします。
 本件の審議に当たり、地方自治法第117条の規定により、立石武志君を除斥いたします。
  〔28番 立石武志君退場〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 敦賀市農業委員会委員 立石武志君から辞任の意思表示がなされておりますので、農業委員会等に関する法律第17条に定める解任請求をいたしたいと存じますが、これに御異議ありませんか。
  〔「異議なし。」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 御異議なしと認めます。よって、敦賀市農業委員会委員 立石武志君の解任を請求することに決しました。
 立石武志君の除斥を解きます。
  〔28番 立石武志君入場〕

 日程第4 敦賀市農業委員会委員解任請求
      の件

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 日程第4 敦賀市農業委員会委員解任請求の件を議題といたします。
 本件の審議に当たり、地方自治法第117条の規定により、私、水上征二郎が除斥となりますので、副議長と交代をいたします。
  〔副議長 立石武志君議長席に着席〕
  〔21番 水上征二郎君退場〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(立石武志君) 敦賀市農業委員会委員 水上征二郎君から辞任の意思表示がなされておりますので、農業委員会等に関する法律第17条に定める解任請求をいたしたいと存じますが、これに御異議ありませんか。
  〔「異議なし。」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(立石武志君) 御異議なしと認めます。よって、敦賀市農業委員会委員 水上征二郎君の解任を請求することに決しました。
 水上征二郎君の除斥を解きます。
  〔21番 水上征二郎君入場〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(立石武志君) 暫時休憩いたします。
            午前10時06分休憩

            午前10時30分開議

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 日程第5 敦賀市農業委員会委員推薦の件

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 日程第5 敦賀市農業委員会委員推薦の件を議題といたします。
 本件の審議に当たり、地方自治法第117条の規定により、籠 一郎を除斥いたします。
  〔7番 籠 一郎君退場〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 先刻可決いたしました農業委員会委員の解任請求に伴い、農業委員会等に関する法律第12条第2号の規定に基づき、農業委員会委員1人の推薦を求められております。
 お諮りいたします。
 敦賀市農業委員会委員に、
  敦賀市金山54号1番地
   籠   一 郎 君
を推薦いたしたいと存じますが、これに御異議ございませんか。
  〔「異議なし。」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 御異議なしと認めます。よって、敦賀市農業委員会委員に籠 一郎君を推薦することに決しました。
 籠 一郎君の除斥を解きます。
  〔7番 籠 一郎君入場〕

 日程第6 第80号議案及び第81号議案

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 日程第6 本日追加送付がありました第80号議案及び第81号議案の人事案件2件を、件名を省略し一括議題といたします。
 説明を求めます。
  〔市長 河瀬一治君登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(河瀬一治君) ただいま議題に供されました第80号議案及び第81号議案につき御説明申し上げます。
 第80号議案は、敦賀市教育委員会委員の任命につき同意を求める件、第81号議案は敦賀市公平委員会委員の選任につき同意を求める件でございます。
 敦賀市教育委員会委員であります矢田 豊氏及び敦賀市公平委員会委員であります土森純男氏は、平成18年9月30日をもってそれぞれ任期満了となります。
 つきましては、それぞれの委員に次の方々を任命及び選任いたしたく、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項及び地方公務員法第9条の2第2項の規定により議会の同意を求めるものであります。
 すなわち、敦賀市教育委員会委員候補者には、
  敦賀市金ケ崎町9番9号
   山 本   等 氏
 敦賀市公平委員会委員候補者には、
  敦賀市白銀町7番15号
   田 保 英 二 氏
であります。
 以上の方々は、それぞれ人格高潔にして経験もまた極めて豊かであり、委員として最適任と認められますので、ここに提案いたす次第であります。
 何とぞよろしく御同意賜りますようお願いを申し上げ、説明にかえさせていただきます。
 よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) お諮りいたします。
 第80号議案及び第81号議案の2件については、いずれも人事案件でありますので、慣例により質疑を省略し、また会議規則第37条第2項の規定に基づき委員会付託を省略し、直ちに採決いたしたいと存じますが、これに御異議ありませんか。
  〔「異議なし。」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 御異議なしと認めます。よって、第80号議案及び第81号議案の2件については、質疑及び委員会付託を省略し、直ちに採決することに決しました。
 これより採決いたします。
 まず、第80号議案 敦賀市教育委員会委員の任命につき同意を求める件について、提案のとおり同意することに賛成の諸君の起立を求めます。
  〔賛成者起立〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 起立全員。よって、第80号議案については、提案のとおり同意することに決しました。
  ────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 次に、第81号議案 敦賀市公平委員会委員の選任につき意見を求める件について、提案のとおり同意することに賛成の諸君の起立を求めます。
  〔賛成者起立〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 起立全員。よって、第81号議案については、提案のとおり同意することに決しました。

 日程第7 第82号議案 敦賀市吏員懲戒審
      査委員会委員の任命につき同意
      を求める件

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 日程第7 同じく本日追加送付がありました第82号議案 敦賀市吏員懲戒審査委員会委員の任命につき同意を求める件を議題といたします。
 本件の審議に当たり、地方自治法第117条の規定により、堂前一幸君を除斥いたします。
  〔24番 堂前一幸君退場〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 説明を求めます。
  〔市長 河瀬一治君登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(河瀬一治君) ただいま議題に供されました第82号議案につき御説明をさせていただきます。
 第82号議案は、敦賀市吏員懲戒審査委員会委員の任命につき同意を求める件でございます。
 この案件につきましては、委員であります立石武志氏からの辞任の申し出によるものであります。
 つきましては、委員に次の方を任命いたしたく、地方自治法施行規程第40条第3項の規定により議会の同意を求めるものであります。
 すなわち、敦賀市吏員懲戒審査委員会委員候補者には、
  敦賀市沓見69号10番地
   堂 前 一 幸 氏
であります。
 同氏は、人格高潔にして経験もまた極めて豊かであり、委員として最適任と認められますので、ここに提案いたす次第であります。
 何とぞよろしく御同意を賜りますようお願いを申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) お諮りいたします。
 第82号議案については、人事案件でありますので、慣例により質疑を省略し、また会議規則第37条第2項の規定に基づき委員会付託を省略し、直ちに採決いたしたいと存じますが、これに御異議ありませんか。
  〔「異議なし。」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 御異議なしと認めます。よって、第82号議案については、質疑及び委員会付託を省略し、直ちに採決することに決しました。
 これより採決いたします。
 第82号議案 敦賀市吏員懲戒審査委員会委員の任命につき同意を求める件について、提案のとおり同意することに賛成の諸君の起立を求めます。
  〔賛成者起立〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 起立全員。よって、第82号議案については、提案のとおり同意することに決しました。
 堂前一幸君の除斥を解きます。
  〔24番 堂前一幸君入場〕

 日程第8 第62号議案〜第75号議案、第78
      号議案

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 日程第8 第62号議案から第75号議案まで及び第78号議案の15件を、件名を省略し一括議題といたします。
 本件については、各委員会にその審査を付託してありますので、これより、その審査の結果について会議規則第39条第1項の規定により各委員長の報告を求めます。
 まず、総務常任委員長 常岡大三郎君。
  〔総務常任委員長 常岡大三郎君登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務常任委員長(常岡大三郎君) 皆さん、おはようございます。
 ただいまから総務常任委員会の報告をさせていただきます。
 今定例会において、総務常任委員会に付託されました案件審査のため、9月19日午前10時から、委員全員出席のもと、第3委員会室において委員会を開催いたしました。
 それでは、審査の経過及び結果について御報告いたします。
 委員会審査結果報告書の1ページをごらんください。
 第62号議案 平成18年度敦賀市一般会計補正予算(第2号)中、本委員会の所管となる部分について、議会事務局、監査委員事務局、会計課関係についての予算計上はなく、総務部関係での主な質疑として、繰越金の現状と今後の運用について問いがありました。平成17年度からの繰越金は約7億円あり、6月補正で約1億円、9月補正で約8500万円を計上した結果、差し引き約5億円を現在留保している。その留保資金を除雪経費や県営事業の負担金、勧奨による退職金など今後見込まれる財政需要に充てていく。また、今後については税収増も考えられることから、決算見込みとしてある程度の留保資金が確保できると考えているとの回答がありました。
 また企画部関係の質疑では、市長記者会見ホームページ掲載事業費について、ホームページへの掲載予定はいつかとの問いに対し、今回、補正予算が可決されれば、機材等をそろえ11月から掲載したいと考えている。ホームページへの掲載については、記者会見の主催者である記者クラブと協議した結果、会見の内容全部について掲載することになったとの回答がありました。
 また、このホームページには市長提案理由概要説明も掲載してあり非常にありがたいが見づらい点もある。見る人の立場に立った工夫ができないものかとの問いに対し、現在、横書きに整えるなど利用しやすいホームページの掲載方法を検討しており、直ちに対応したいとの回答がありました。
 また、携帯電話不感地域解消モデル事業費について、今回は小河、駄口の2地区が対象ということだが残る不感地域はあるのか。また、道路などの不感地域は対象となるのかとの問いに対して、残る不感地域は新道、奥麻生、池河内の3地区があり、今後の整備については通信事業者の方に協力を得られるように要請し、解消していきたい。また、本事業はあくまでも住民を対象に行っているが、国道8号、161号など道路の不感地帯についても、通信事業者の方に協力を得られれば解消していきたいとの回答がありました。
 討論はなく、採決の結果、全会一致原案どおり認めることに決定いたしました。
 以上が本委員会に付託されました各議案の審査の経過及び結果であります。
 なお、本委員会の所管事務調査として、総務部関係において、人事考課制度、給与制度等の人事制度について調査を実施いたしました。
 議員各位の御賛同をよろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) ただいまの委員長報告に御質疑ありませんか。
  〔「なし。」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 次に、産業経済常任委員長 奥本兼義君。
  〔産業経済常任委員長 奥本兼義君登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯産業経済常任委員長(奥本兼義君) 今定例会において、産業経済常任委員会に付託されました案件審査のため、9月19日午前10時から、委員全員出席のもと、第4委員会室において委員会を開催いたしました。
 ただいまから、審査の経過及び結果について御報告をいたします。
 委員会審査結果報告書の3ページをごらんください。
 まず、第62号議案 平成18年度敦賀市一般会計補正予算(第2号)中、本委員会の所管となる部分については、主な質疑として、農地・水・農村環境保全向上活動支援事業費について、総事業費の25%が市の持ち分で、全体としてはその4倍の事業ができると解釈すればよいのかとの問いに対し、国から2分の1、県、市からそれぞれ4分の1の費用が出るので、地区へは市の4倍の額が交付されることは間違いないとの回答がありました。
 また、市内周遊バス運行事業費補助金について、運行収入は市へ入るのか。また、赤字分については200万円を限度とし、それ以上の分は市は一切払わないということなのか。さらに、乗客数の目標はどのくらいかとの問いに対し、運行収入は事業者側に入ることになる。年度末に報告をいただき、赤字となっていればその分を市から補助金として出す。ただし、支出が収入より200万円を上回っていてもそれ以上の補助は行わない。また1便当たりの目標乗客数は14人と積算しており、コミュニティバスの2倍を見込んでいるとの回答がありました。
 また、本事業は3月で打ち切られる予定であるのかとの問いに対し、次年度以降については運行状況により検討をするとの回答がありました。
 また関連して、本事業については、JR直流化開業記念イベント実行委員会において事業者側の企画発案でとの説明を受けたが、実際には市で行っているのかとの問いに対し、JR直流化活性化・利用促進協議会の中で、直流化以降の二次アクセスについてバスを走らせることが提案され、市が取り組んでいる。運行の方法については主に事業者側からの提案だが、市としても公共施設、観光施設等について停留所をつくっていただきたいとの提案は行っているとの回答がありました。
 また関連して、リラ・ポートが停留所として入っているのは、無料送迎バスを廃止したその代替として運行するようにも受け取れるがどうか。また、補助金は200万円が上限とのことだが、日割りすると1日、四、五万円ぐらいの補助となり、すべて市の方で赤字補てんするような印象を受けるがどうかとの問いに対し、リラ・ポートについては、JRの駅長お勧めプランにも入っていることなどから利用等を考え、入れた方がよいとの結論になった。また事業者による新たな路線開設が困難である中、市としては二次アクセスがどうしても必要であるという協議会の提案を受け、この事業に取り組ませていただいたとの回答がありました。
 その後、討論はなく、採決の結果、全会一致原案どおり認めることに決定をいたしました。
 次に、第67号議案 きらめきみなと館の設置及び管理に関する条例の一部改正の件については、主な質疑として、入場料を徴収するイベントについては無料のものと使用料に差をつけているのかとの問いに対し、有料イベントの場合には、入場料が2000円を超え3000円以内の場合には基本料金の5割増し、3000円を超える場合には基本料金の10割増しの加算金を設定しているとの回答がありました。
 その後、討論はなく、採決の結果、全会一致原案どおり認めることに決定をいたしました。
 次に、第72号議案 公有水面埋立てについての意見の件については、主な質疑として、埋め立ての申請者は。また、埋め立てを行う目的はとの問いに対し、申請者については福井県知事である。目的については、申請書の中の理由書において、敦賀港における船舶の係留場所が慢性的に不足していることから、花城に漁船のための休憩設備機能を持った物揚げ場を整備することにより、慢性化した漁船の不法係留等を少しでも少なくするためとしているとの回答がありました。
 また、漁船の不法係留等を少しでも少なくするためとのことだが、その原因として漁船自体がふえてきているということなのか、それとも古い漁船を放置してあるということなのか、市としての見解はとの問いに対し、今回の申請地は漁船のためのものであるが、不法係留等の問題が発生していることについては、プレジャーボート等がかなりふえてきており、河川等への不法係留が多いとの意味であると考えるとの回答がありました。
 また、本来なら環境保全のため砂浜をふやすなどの動きがある時代に、県からの申請ということで安易に埋め立てを行ってよいものか。市として何の意見もなく事業が行われるのはぐあいが悪いのではないかとの問いに対し、現在、手の浦、浦底、立石の漁業関係者の物揚げ場、また、漁船を係留する場所はかなり整備がされているが、松島地区の周辺にはそのような漁港がなく、唯一この場所が物揚げ場となっている。また、この周辺は海岸線が切り立ち、急傾斜の山が迫っているため、場所を確保するのが非常に難しいことから、御理解をいただきたいとの回答がありました。
 また、この物揚げ場については松島の漁業組合が使用するようだが、第73号議案の公有水面埋立てとの関連性はないのかとの問いに対し、そのあたりの関連はないと思われるとの回答がありました。
 続いて討論に入り、今後は、基本的には敦賀の海岸を守ることを前提に考えていかなければならない。次から次へと埋め立てて観光都市となり得るのか。もっと全体的な視点に立たなければならない。ここのところ漁船がふえたとも聞かないし、漁師がふえたとも聞いていないにもかかわらず、なぜ今ごろになってこのような場所が必要であるのか理解できない。もう少し精査をし直すべきであり、反対との意見。
 また、あくまでも荷揚げ施設であり、面積についてもある程度確保する必要があると考えるため賛成との意見があり、採決の結果、賛成多数原案どおり認めることに決定をいたしました。
 次に、第73号議案 公有水面埋立てについての意見の件については、主な質疑として、埋め立てることにより、現在係留してある船に影響はないのかとの問いがあり、現在係留してある船について支障はない。また、冬場に海が荒れると西浦地区の船が避難してくるが、それらもほぼこの中におさまると聞いているとの回答がありました。
 また、埋め立てることにより、離岸するときに接触事故が起きることはないのかとの問いがあり、埋め立てを行ってもこの中で回転するスペースは十分確保されていると聞いているとの回答がありました。
 その後、討論はなく、採決の結果、全会一致原案どおり認めることに決定をいたしました。
 以上が本委員会に付託されました議案の審査結果であります。
 議員各位の御賛同をよろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) ただいまの委員長報告に御質疑ありませんか。
  〔「なし。」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 次に、文教民生常任委員長 木下 章君。
  〔文教民生常任委員長 木下 章君登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯文教民生常任委員長(木下 章君) 今定例会におきまして、文教民生常任委員会に付託されました案件審査のため、9月19日午前10時から、委員全員出席のもと、第1委員会室において委員会を開催いたしました。
 ただいまから、議題に供されました案件の審査の経過及び結果について御報告をいたします。
 委員会審査結果報告書の5ページをごらんください。
 まず、第62号議案 平成18年度敦賀市一般会計補正予算(第2号)中、本委員会の所管部分中、主な質疑として、まず市民生活部の関係について、生活交通維持支援事業費補助金に関連して、広域バス路線の日向線廃止に伴う住民対応及びJR小浜線利用促進との関連について質問があり、日向線廃止に伴い美浜駅から日向までは美浜町のコミュニティバスで対応し、若狭線、いわゆる敦賀−美浜−三方間を1便ふやすことで住民の利便性は確保される。またJR小浜線との関係については、いきなり路線廃止は難しく、1市2町の協議の中で18年度と19年度は効率を上げるため、若狭線の路線を市立敦賀病院経由に変更することで合意がなされており、今後、運用の中で相互の整合性について検証していきたいとの回答がありました。
 また、民間処分場環境保全対策事業費負担金について、今後の対策事業費についても搬入自治体に負担を求めていくのかとの質問があり、今回と同様に20%の対策費負担分のうち3分の1を敦賀市が負担し、残り3分の2を搬入自治体に求めていくこととするが、搬入自治体に求める額については起債で対応したいと考えている。また、搬入自治体への説明については全力を挙げて取り組み、今後の交渉により支払いが確約された分については、特定財源として対応していきたいとの回答がありました。
 さらに、最終処分場建設事業費については、埋め立て作業用重機等購入に当たっては入札となるのかとの質問があり、これらの重機は特殊仕様となるため納入までに時間がかかることから、今議会の補正で計上したもので、入札を行うとの回答がありました。
 次に健康福祉部の関係について、今回の障害者福祉費により障害者に対する医療費はすべて確立されるのか。また、精神障害者3級への適用拡大について質問があり、障害者自立支援法の制定に伴う事業であり、県の指導要綱に基づき行うもので、精神障害者の方については1、2級に該当する方を対象としており、精神障害者の方の入院については事業の対象とはならないとの回答がございました。
 次に教育委員会の関係について、環境・エネルギー教育支援事業については県の事業として年度当初から決められていたが、今議会での補正とした理由はとの質問があり、この事業は上期、下期で計画されており、希望した市町により割り振りをされるもので、本市は下期、いわゆる10月からに割り当てられたことから今議会での補正となったとの回答がありました。
 その後、討論におきまして、今回の補正予算の歳入で児童デイサービス利用者負担金26万6000円が計上されているが、自治体として負担し、利用者負担を軽減すべきであると考え、原案には反対するとの意見があり、採決の結果、賛成多数をもって原案どおり認めることに決定をいたしました。
 次に、第64号議案 平成18年度敦賀市国民健康保険(事業勘定の部)特別会計補正予算(第1号)及び第65号議案 平成18年度敦賀市介護保険(保険事業勘定の部)特別会計補正予算(第2号)の2件については、質疑、討論ともになく、採決の結果、いずれも全会一致をもって原案どおり認めることに決定をいたしました。
 次に、第68号議案 敦賀市心身障害者医療費の助成に関する条例の一部改正の件については、質疑はなく、討論において、精神障害者においては重度の1、2級に限定されていることや、他の自治体においては自己負担率を下げるなどの措置が行われており、敦賀市の場合、不十分と指摘せざるを得ないが、今回の改正で医療費の助成対象を精神障害者にも拡大されたことを評価するとともに、今後、精神障害者の方の入院や軽度の方への適用拡大の検討を希望しつつ原案に賛成するとの意見があり、採決の結果、全会一致をもって原案どおり認めることに決定をいたしました。
 次に、第69号議案 敦賀市太陽の家児童デイサービスセンターの設置及び管理に関する条例の一部改正の件については、サービスの利用者数及び条例改正に伴い月額でどの程度の負担となるのかとの質問があり、サービス利用者は12名登録されており、全員該当しており1割負担となる。月7回程度の利用状況であることから、1回の報酬費5280円の1割の7回分で月3700円程度の負担となるとの回答がありました。
 その後、討論におきまして、障害者自立支援法に基づき提出されたものではあるが、減免措置などを講じている自治体もあることから、敦賀市においても減免措置を講ずるなど障害者に負担を強要すべきではないと考え、原案に反対するとの意見があり、採決の結果、賛成多数をもって原案どおり認めることに決定をいたしました。
 次に、第70号議案 敦賀市国民健康保険条例の一部改正の件及び第71号議案 敦賀市通学区域審議会条例の一部改正の件の2件については、質疑、討論はなく、採決の結果、いずれも全会一致をもって原案どおり認めることに決定をいたしました。
 以上が文教民生常任委員会の審査報告であります。
 議員各位の御賛同をよろしくお願いをいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) ただいまの委員長報告に御質疑ありませんか。
  〔「なし。」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 次に、建設常任委員長 宮崎則夫君。
  〔建設常任委員長 宮崎則夫君登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設常任委員長(宮崎則夫君) 今定例会において、建設常任委員会に付託されました案件審査のため、9月19日午前10時から、委員全員出席のもと、第2委員会室において委員会を開催いたしました。
 ただいまから、審査の経過及び結果について御報告をいたします。
 委員会審査結果報告書の7ページをごらんください。
 第62号議案 平成18年度敦賀市一般会計補正予算(第2号)中、本委員会の所管となる部分及び第63号議案 平成18年度敦賀市簡易水道特別会計補正予算(第1号)については、主な質疑、討論もなく、採決の結果、全会一致原案どおり認めることに決定いたしました。
 第66号議案 平成18年度敦賀市水道事業会計補正予算(第1号)については、主な質疑として、老朽配水管布設がえ工事について、市内で漏水管の布設がえをしなければならない箇所の状況はとの問いに対し、18年度も含めてあと距離的には1万メーター残っているが、国の方針で補助金が21年までだったものが20年で打ち切りになるため、今年度の工事が終わると残工事6500メーターを2年間で行う計画であるとの回答がありました。
 討論はなく、採決の結果、全会一致原案どおり認めることに決定いたしました。
 次に、第74号議案 字の区域の変更の件については、主な質疑として、地元の人は理解しているのかとの問いに対して、当然、組合施行であるため、地権者の方々も組合員ということで理解していただいているとの回答がありました。
 討論はなく、採決の結果、全会一致原案どおり認めることに決定いたしました。
 第75号議案 敦賀市公共下水道事業中央幹線(汚水)築造工事請負契約の件については、主な質疑として、今回の入札結果一覧表によると低い入札率になっているが考えられる理由は何かとの問いに対して、今回、事業者間での競争が激しかったのではないかと思うとの回答があり、また、これだけ低い入札率だと契約どおりに、手抜き等また遅滞なくできるか調査したのかとの問いに対して、調査基準価格を下回っていますので調査をした。さらに、低入札価格審査会が市にあり意見を求めたところ、最低価格入札者の入札価格は契約の内容に適合した事項がなされていると認められるが、契約後は当該工事が安全で良質な施工が行われるよう監督体制の強化に努めるようにと指摘事項があったとの回答がありました。
 討論はなく、採決の結果、全会一致原案どおり認めることに決定いたしました。
 次に、第78号議案 平成17年度敦賀市水道事業剰余金処分の件については、質疑、討論はなく、採決の結果、全会一致原案どおり認めることに決定いたしました。
 以上が本委員会に付託されました各議案の審査結果報告であります。
 議員各位の御賛同をよろしくお願い申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) ただいまの委員長報告に御質疑ありませんか。
  〔「なし。」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 以上で各委員長の報告及び質疑を終結いたします。
 これより採決いたします。
 一括議題といたしました各議案中、討論通告の申し出があります議案2件を除く第63号議案から第68号議案まで、第70号議案から第75号議案まで及び第78号議案の13件について、いずれも各委員長報告のとおり、これを決することに賛成の諸君の起立を求めます。
  〔賛成者起立〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 起立全員。よって、第63号議案から第68号議案まで、第70号議案から第75号議案まで及び第78号議案の13件については、いずれも各委員長報告のとおり可決いたしました。
  ────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) これより、討論通告のありました議案2件について討論を行います。
 まず、第62号議案 平成18年度敦賀市一般会計補正予算(第2号)について討論を行います。
 まず、委員長報告に反対の討論を求めます。
 上原修一君。
  〔11番 上原修一君登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯11番(上原修一君) 日本共産党敦賀市会議員団の上原修一でございます。
 日本共産党敦賀市会議員団を代表いたしまして、第62号議案 平成18年度敦賀市一般会計補正予算(第2号)について委員長の報告に反対の討論を行います。
 第62号議案の中には、市民生活に必要な予算としては、学校管理費において校舎の改良及び補修工事等が含まれておりますが、これまでの児童福祉法から障害者自立支援法の施行に伴い、保護者の自己負担を新たに徴収するというものが含まれています。
 障害者自立支援法については、既に4月から原則1割の応益負担が導入されたことで、いずれの施設でも大幅な利用者の負担増になり、施設からの退所あるいはサービス利用の縮小が相次いでいます。
 これまでの通所施設の利用者負担は、ほとんどの人が無料でありました。1万から3万円もの大幅負担増となっているわけであります。そして10月からは就学前の障害児童にもデイサービスについて保護者に負担額を徴収するということで、今回の敦賀市一般会計補正予算の中で、児童デイサービス利用者負担金として26万6000円が計上されており、障害児童に対する負担増となっております。これでは利用抑制の事態となり、障害者のサービス後退にもつながります。
 現在、独自に利用者の負担軽減を実施している自治体は徐々にふえております。敦賀市においても早急に独自の軽減策を講じるべきだと考えます。
 そういった理由で、今回の就学前の障害児童のデイサービスについて保護者に負担増をすべきではなく、軽減措置をすべきであります。市の予算配分で努力すれば可能であります。
 以上述べまして、第62号議案に対しての反対の討論といたします。
 議員各位の御賛同よろしくお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 次に、委員長報告に賛成の討論を求めます。
 有馬茂人君。
  〔5番 有馬茂人君登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯5番(有馬茂人君) 市政会の有馬でございます。
 第62号議案 平成18年度敦賀市一般会計補正予算(第2号)について、委員長報告に対し賛成の立場から討論を行います。
 今回編成された平成18年度敦賀市一般会計補正予算(第2号)は、歳入歳出それぞれに1億8823万1000円を追加し、総額253億8502万9000円の規模になったものであります。
 この補正予算の主なものとして、重度精神障害者通院医療費の自己負担分の助成、携帯電話不感地域解消のための経費、市最終処分場で使用する重機等の購入費、中心市街地活性化基本計画策定経費、7月の豪雨被害の対策費、さらには、県と一体となって対応しなければならない民間処分場環境保全対策の負担金など、市民の生活や市民福祉の向上に直結した予算であると評価いたすものであります。
 ところで、今ほど上原議員から反対討論のありました敦賀市太陽の家児童デイサービスセンターの利用者負担金でございますが、障害者自立支援法がこの10月1日から精神障害者の方にも適用され、これによって身体障害者、知的障害者及び精神障害者の3障害の方が、同じ制度に基づき共通のサービスを受けられるようになります。
 現在のデイサービスセンターの利用料については、平成15年に支援費制度が導入され利用料を徴収することとされましたが、その時点では制度の統一がなされておらず、現行法の解釈ではデイサービスセンターの利用は有料で、2階の授産施設は無料という不公平が生じるような状況となっております。
 このたび、法改正に伴い障害者の方への福祉サービスを一元化し、サービス量に応じた定率1割負担を求めることは、公平性を確保し、かつ今後の福祉施策の一層の充実を図ることであると考えます。
 また、今後の負担軽減措置については、今年度設立する予定であります敦賀市地域自立支援協議会(仮称)において協議し、さらには他市の状況を参考にしながら検討していくとの今定例会の一般質問の答弁もあり、議案については妥当であると判断いたします。
 次に、これから反対討論があります民間処分場環境保全対策事業費の2割負担については、市民の安全かつ安心できる生活を確保するため早急に進めていかなければならないものであると考えます。2割負担については、既に6月定例会でも説明がありましたが、抜本的な対策工事を早急に進めるため県と協議を重ね、既に締結した協定書に基づくものであります。今後とも工事の実施設計及び来年度からの対策工事に向け、県と一体となって適切に対応されることが必要であります。
 以上申し上げまして、第62号議案 平成18年度敦賀市一般会計補正予算(第2号)について委員長報告に対する賛成の討論といたします。
 議員各位の御賛同をよろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 次に、委員長報告に反対の討論を求めます。
 今大地晴美君。
  〔14番 今大地晴美君登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯14番(今大地晴美君) いつも市民派、ずっと無党派の今大地晴美です。
 ただいまから、第62号議案 平成18年度敦賀市一般会計補正予算(第2号)に対し反対の立場での討論を行います。
 ただいま、有馬議員より賛成討論の中で、自立支援法の適用によりサービスを一元化して受けられると、公平性の確保であるという賛成討論がなされました。しかし、これは机上の空論であり、実際に障害者の方々に耳を傾けておられるのかどうか疑問であります。
 今の時点ですら多くの障害を持った方々が非常に大きな負担にあえいでいます。デイサービスを受けたり、それから仕事をしてもすべてそれが負担増につながっていくわけです。ますます生きづらい世の中にしていくこの自立支援法の適用は、今、まさに障害者にとっては大きなツケとなっているのが事実です。その点におきましても、私は反対をしたいと思っております。
 また、衛生費、廃棄物対策費1887万7000円、これは樫曲の民間処分場環境保全対策事業費負担金として公共施設整備基金繰入金629万3000円と市債1250万円となっております。
 私たち敦賀市民にとっては、ごみの山に加え、環境ホルモン、ビスフェノールAの及ぼす影響の不安が将来にまで残ることになります。確かに今回の特措法による国の支援は市民生活の不安を取り除くための対策ではありますが、100%の保証はどこにもありません。
 ましてや環境省は、このビスフェノールAについて、魚の雌化は環境ホルモンではなく人間から出る女性ホルモンが原因だという内容の冊子を製作依頼しています。環境省で化学物質の問題などを担当する環境安全課が編集、製作費約1105万円という公金を支払っていると言います。しかもそれは環境省の見解と一致しているとのことです。いまだにビスフェノールAについて環境基準が制定されないままであるのもうなずけます。
 岐阜大学の環境生態学の粕谷教授は、ビスフェノールAをマウスやラットに投与すると多動性が増し、人間の子供にもADHD──注意欠陥多動性障害を引き起こす可能性が懸念される。なのにいまだに規制されていないと環境省に対する警告を述べています。
 私たち敦賀市民は、未来永劫この不安を抱えたままこの町で暮らしていかなければなりません。ここまで業者を野放しにしてきた福井県の責任は不問になり、一般廃棄物が持ち込まれたのは市町村の責任という国のこれまた無責任きわまりない法令の解釈を押しつけられ、費用の20%という根拠すら明確にされない取り決めが行政同士で交わされ、市民の税金が投入されるのです。
 敦賀市民にとっては、市民税、県民税、国税の三重の費用負担と撤去されないごみの山、そして環境ホルモンや化学物質の及ぼす影響の不安という重いツケを背負わされてしまいました。
 ごみの処分場には人権や民族、暴力団、そして利権をむさぼる表に出てこない人たちがかかわる、暗くて深いやみが存在しています。業者は年間数十億という利益を上げていながら計画倒産し、措置命令に従わず、いまだに措置命令違反での告発もされないままです。
 また、敦賀市はこれから今回の費用負担の3分の2を、一般廃棄物を搬入していた自治体に請求していくことになりますが、その回収もできるのかどうかさえ見通しがついておりません。
 福井県行政の怠慢と事なかれ主義、隠ぺい体質が招いたとしか言いようのない処分場問題の費用負担については、その当時にかかわった知事や職員などその費用の一部を負担するべきだと思います。
 敦賀市民の税金を投入すべきではないという観点に立って、今回、反対の立場で討論することにいたしました。議員の皆さんの賛同をお願いいたします。
 以上で反対討論を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 以上で討論を打ち切り、採決いたします。
 第62号議案 平成18年度敦賀市一般会計補正予算(第2号)について、各委員長報告のとおり、これを決することに賛成の諸君の起立を求めます。
  〔賛成者起立〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 起立多数。よって、第62号議案については、各委員長報告のとおり可決いたしました。
  ────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 次に、第69号議案 敦賀市太陽の家児童デイサービスセンターの設置及び管理に関する条例の一部改正の件について討論を行います。
 委員長報告に反対の討論を求めます。
 上原修一君。
  〔11番 上原修一君登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯11番(上原修一君) 日本共産党敦賀市会議員団を代表いたしまして、第69号議案 敦賀市太陽の家児童デイサービスセンターの設置及び管理に関する条例の一部改正の件について、委員長の報告に反対の討論を行います。
 第69号議案は、10月から太陽の家児童デイサービスセンターにおいてデイサービス料の1割負担を徴収するというものであり、反対であります。
 障害者自立支援法は、国が社会保障予算削減を行い、国民に負担を押しつけるためにつくられたものであり、懸念されていたとおり障害者の自立を拒み、生存権の侵害とも言うべき深刻な問題を引き起こしています。
 全国的にも通所施設の場合、これまで無料だった利用者負担が月2万円から3万円もの大幅負担増となっています。工賃をはるかに上回る利用者負担の支払いに、働く意欲をなくし、施設利用を控えたり、断念し家に閉じこもる障害者がいるということでもあり、自立支援、ノーマライゼーションの実現に逆行する事態であります。
 国は、負担上限や幾つかの減免措置を講じているものの、介護保険との統合を視野に入れた基準設定がなされているために、高齢者一般に比べて所得が少ない障害者にとっては、より過酷な負担増にならざるを得ません。
 そこで、日本共産党が要求しているように月額上限の引き下げを初め、実態に合わない国の減免制度を緊急に改善することや、自治体も可能な限り独自の負担軽減措置を講じることが急務であります。
 自治体の独自負担軽減措置については、障害者自立支援法第7条は、他の法令による給付との調整を規定したものであり、介護保険などの他の法律等による給付との重複給付を禁じているものです。定率1割負担を自治体独自に軽減することは法の規定に該当するものではなく、独自軽減措置は自治体の判断で行えると厚生労働省も言っていることであります。
 現在、独自に利用料の負担軽減策を実施している自治体は、5月末で1820自治体の13.4%、6月議会以降もさらに増加しております。当市においても早急に負担軽減措置を講じるべきであります。
 以上述べまして、第69号議案に対して反対の討論といたします。
 議員各位の御賛同をよろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 以上で討論を打ち切り、採決いたします。
 第69号議案 敦賀市太陽の家児童デイサービスセンターの設置及び管理に関する条例の一部改正の件について、委員長報告のとおり、これを決することに賛成の諸君の起立を求めます。
  〔賛成者起立〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 起立多数。よって、第69号議案については、委員長報告のとおり可決いたしました。

 日程第9 各特別委員会中間報告

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 日程第9 特別委員会の中間報告を議題といたします。
 お諮りいたします。
 会議規則第45条第1項の規定により、各特別委員会の中間報告を求めることにいたしたいと存じますが、これに御異議ありませんか。
  〔「異議なし。」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 御異議なしと認めます。よって、各特別委員会の中間報告を求めることに決しました。
 まず、原子力発電所特別委員長 和泉 明君。
  〔原子力発電所特別委員長 和泉 明君
   登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯原子力発電所特別委員長(和泉 明君) 去る9月20日午前10時から、委員全員出席のもと、第1委員会室において委員会を開催いたしました。
 ただいまから、原子力発電所に関する諸問題についての理事者からの報告に基づき、調査した内容について中間報告をいたします。
 特別委員会中間報告書の1ページをごらんください。
 理事者から、ごらんのとおり4項目について報告を受け、調査を行いました。
 まず、原子力発電所関係について、日本原子力発電株式会社関係では、主な質疑として、1号機について事象を起こした原子炉再循環ポンプB以外の2台のポンプに対して点検がなされるのかとの質問があり、他の2台についてはシールリーク流量を記録しており、その記録に変化が見られないため分解点検を行う必要はないと考えているとの回答がありました。
 また、2号機の脱気器タンク水位制御弁点検に伴う原子炉手動停止について、ダイヤフラム方式からパイロット方式に変更したことから本事象が起こったということだが、慎重に検査を行ってから動かすべきであったのではとの質問があり、パイロット方式については各発電所で既に実績があり、組み立てる前に試験を行っていたにもかかわらず、開動作に必要な圧力について十分に検討していなかったことは遺憾であり、強く事業者に言い伝えたところであるとの回答がありました。
 続いて日本原子力研究開発機構関係では、主な質疑として、もんじゅ初装荷燃料の変更計画について、実際に装荷している燃料を抜き出して検査を行っているのか。また、一部だけでなくすべての燃料を入れかえする方が安全なのではないかとの質問があり、プルトニウム241は放射性物質であるため半減期は計算上において出せる。よって、燃料を取り出しての確認は行っていない。また、炉心に装荷されている燃料については、まだ使用できるだけの力が残っているとはいえ臨界まで持っていく力はないため、臨界に必要な体数だけ交換するものであるとの回答がありました。
 関連して、燃料の健全性は確保されているとも聞くし、もったいない精神や資源の有効活用や廃棄物抑制の観点からも、使用できる燃料は利用することに理解するものであるという意見もありました。
 また、炉心確認試験とはどのようなものか、これらの性能試験について安全性は確保されているのかとの質問があり、プルトニウムにわずかながらではあるがアメリシウムが含まれており、その特性について十分に確認をするため炉心確認試験を行う。従来1年ほどの性能試験を延長し、かつそれぞれの段階において詳細に安全性について確認をしていくとの回答がありました。
 また関連して、段階ごとに国の審査が行われ、次の段階に進んでいくということかとの質問があり、一つ一つの段階が終わった状態で安全審査が行われることはないが、それぞれの条件について原子力安全委員会にも報告がなされ、内容についても確認されるとの回答がありました。
 また、10年近くとまっている中で運転員の技術の低下が考えられるが、訓練等の状況はとの質問があり、シミュレーターによる訓練、実験炉でもある常陽において運転の経験を積むなど行っている。国の検討会でも人材の問題について指摘がなされており、それに従い日本原子力研究開発機構は教育、訓練等を重視していると聞いているとの回答がありました。
 続いて関西電力株式会社関係では、主な質疑として、3号機の今後の運転方針について、今後、10年程度美浜3号機の運転を継続するとのことだが関電からの報告の内容は。また、この方針について市として何らかの指示はされたのかとの質問があり、原子炉容器の冷却材の状況、管台の疲労割れがないか、中性子を浴びることによる脆化がどの程度か、周りのコンクリートに問題はないのか評価を行い、長期保存を行うにはどうすべきかについて検討を行っているとのことである。市としては、その都度、関電から報告を受けており、相互立地隣接協定に基づき、その立場を認識しつつ、疑問に思う部分については質問し、検討していただくよう要求はしていくとの回答がありました。
 続いて原子力全般に対するその他として、他の原発においてコストダウンによる設計不良が起きていた問題で、敦賀3・4号機の建設についても安全を軽視したコストダウンが行われないよう十分な検証、説明を行うべきと考えるがとの質問があり、企業として効率を求めるのは当然の行為であるとはいえ、原子力の場合は安全が第一であり、コストダウンさせても安全を低下させてはいけないと、以前から厳しく申し上げているとの回答がありました。
 また、報告項目ではありませんが、原子力防災関係について質疑があり、その内容について報告いたします。
 まず、県原子力防災訓練について、立地の4市町が年次順番に行っていると記憶している。昨年は国民保護法実働訓練と重なって開催したが、今後の開催計画はとの質問があり、本年度についてはおおい町で開催した。立地市町の開催順番は敦賀市、高浜町、美浜町、おおい町の順で行っている。17年度については美浜町を主会場に実働訓練の中で行い、18年度についてはおおい町で行っている。19年度については敦賀市が主会場で開催予定であるとの回答がありました。
 以上が原子力発電所特別委員会の中間報告であります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) ただいまの委員長報告に御質疑ありませんか。
  〔「なし。」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 次に、環境保全対策特別委員長 岡本正治君。
  〔環境保全対策特別委員長 岡本正治君
   登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境保全対策特別委員長(岡本正治君) 環境保全対策特別委員会の中間報告を行います。
 9月20日午後1時から、委員全員出席のもと、第2委員会室におきまして委員会を開催いたしました。
 ただいまから、環境保全に関する諸問題についての理事者からの報告に基づき、調査した内容につきまして中間報告をいたします。
 特別委員会中間報告書の13ページをごらんいただきたいと存じます。
 理事者からの報告項目は、ごらんのとおり6項目でございます。
 調査した内容につきましては、まず理事者より参考資料に基づき、各項目について実施した調査結果等についての説明がありました。
 1項目めの公共用水域水質調査結果について及び2項目めのダイオキシン類調査結果については、特に質疑はございませんでした。
 3項目めの地下水質調査結果についてでございますが、どのような地点でどのように調査しているのかとの問いに、従来から井戸として掘って使用されている事業所や家庭の井戸を調査地点として、1キロメートル四方のメッシュの中で満遍に行っているとの回答がございました。
 4項目めの民間一般・産業廃棄物最終処分場等に係る状況及び調査結果につきましては、まず行政措置命令違反に対する告発の予定、またボーリング調査の詳細結果の報告、環境審議会の開催についての質問に対しまして、措置命令は対策工事も含め一つの文書になっているので、タイミング的にはすべてが終わってからと考えているが、時期については県と協議し合わせていく。資料等報告については、県の部分については詳細がまとまり次第、要望に対応していける。今回の行政代執行の2割分、敦賀市負担分につきましての調査は、ホームページ等も含めその都度公表を考えている。環境審議会の開催につきましては、工事の進捗にあわせ、節目で県と協議して開催していきたいとの回答がございました。
 次に、実施設計に伴う水処理等に関する質問に対しまして、水処理については囲い込みをした中で施設をすべて新しくはできないが、平成14年の代執行の際の施設と組み合わせながら1日に350トンの処理能力は必要と考えている。また、産廃特措法の枠の中で進められる工事であることから、イニシャルコスト──初期投資費用と30年間を見据えたランニングコスト──保守管理費用を比較検討し、かつ法律的な問題もクリアする必要がある。今後、処理した水を川に流すか下水に流すかという問題になるが、法律面を考慮し、下水管を布設する場合の初期投資、また下水に流す際に排水の中に含まれるホウ素の排出基準をクリアしなければならず、樹脂によりホウ素を目標値以下まで効率的に吸着除去するキレート吸着処理のランニングコスト等を検討しなければならない。市民の安全、安心を第一に、法律の枠や県との協議の中で、今後搬入自治体に負担を求めていくことからもコスト面の比較を行い、それぞれ納得できる線で検討を進めていきたい。また、他の方法につきましても十分精査、協議し県と進めていく。
 なお、これらの事業は将来の不安に対してさらなる処理対策を行うもので、現状としては法の水質基準を守って処理、検査されており、水質に問題があるわけではないとの回答がございました。
 次に、ビスフェノールAは落ちついてきているのか。どのような傾向値なのか。また、処分場対岸部については遮水壁でとめることができるのかとの質問に対しまして、調査地点には新しい地点も含まれており、高い数値も出ているが、従来の市の地点においては大きな変化はなく落ちついている。
 なお、対岸部が木の芽川をくぐって出てきている地点ではないかととらえられ、今後も効果確認として調査を進めていくとの回答がありました。
 5項目めの北陸電力(株)敦賀火力発電所については、特に質疑はございませんでした。
 6項目めの中池見検討協議会については、今後の維持管理に関し委員会の立ち上げや専門部会についての質問に対し、今後も効果的な管理のために管理専門委員会を設置するとともに、NPOの方や民間の力を集える仕組みを整えながらよりよい環境づくりを行っていきたい。委員会については、中池見検討協議会の中で人選も含め検討していくとの回答がございました。
 以上が当委員会の調査における主な質疑であります。
 なお、参考資料につきましては、お手元に配付されているとおりでございますので、朗読は省略をいたします。
 これで環境保全対策特別委員会の中間報告を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) ただいまの委員長報告に御質疑ありませんか。
  〔「なし。」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 以上で各特別委員会の中間報告を終了いたします。

 日程第10 B議案第5号 「地方道路の整
      備促進に関する意見書」提出の
      件

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 日程第10 B議案第5号 「地方道路の整備促進に関する意見書」提出の件を議題といたします。
 提案者の説明を求めます。平川幹夫君。
  〔26番 平川幹夫君登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯26番(平川幹夫君) ただいま議題に供されましたB議案第5号 「地方道路の整備促進に関する意見書」提出の件について提案説明をさせていただきます。
 本議案は、国土の均衡ある発展と活力ある地域づくり、また災害に強い安全な地域づくりに向け道路整備の財源を確保し、舞鶴若狭自動車道を初めとする地方道路の整備促進を求める意見書を地方自治法第99条の規定により、政府関係者に提出するため提案するものでございます。
 提出者は私、平川幹夫、賛成者は記載の皆さんでございます。
 その案文につきましては、お手元に配付のとおりでございますので、朗読は省略させていただきます。
 議員各位の御賛同をよろしくお願い申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) ただいまの説明に対し御質疑ありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯1番(山本貴美子君) 地方道路の整備促進に関する意見書ということで、今手元にいただいております。この中の1番目の項目に、道路特定財源は課税目的以外に拡大しないことと書かれているわけなんですけれども、現在、道路特定財源は約5兆円、ガソリン税とか重量税とかある中で5兆円あって、それにさらに一般財源も入れて約10兆円が日本の道路の整備に使われているということをお聞きしておりますけれども。
 10兆円といいますと、アメリカとほぼ同じなんです。国土面積でいうと日本の約25倍のアメリカと同じ金額が、道路のお金として使われているというわけなんですけれども、そういった中で、なかなか市道の整備、地方の道路が整備されないというのは、やはりこれはむだな大型公共事業といいますか、今、四国と九州を結ぶ橋ですね、そういった道路に使うとか、伊勢湾の湾岸道路、また、今、赤字で問題になっていますけれども東京の湾岸道路ですか、あれをもう一本つくるとか、そういったむだなゼネコンが喜ぶような道路につぎ込まれていて地方に回ってこないということでは、やはり、そういったむだな公共事業をやめて地方に財源を回せと。そうすれば5兆円もあるわけですから、道路特定財源は。地方の市道、県道、そういったものを整備し、なおかつ年金や社会保障へもお金が回せるという指摘もあるわけで、そういった議論もされたかと思うんですけれども、なぜそういったものが反映されていないのかお聞きいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯26番(平川幹夫君) 山本議員にお答えをいたしますが、今、山本議員がいろいろおっしゃいました問題につきましては、いろいろ議論があるところでありましょうけれども、やはり、地方においての道路整備そのものにつきましては非常におくれているというのが現状でございます。また、さらに今いろいろと敦賀市としても国に対して陳情等々を行っております舞鶴若狭自動車道等についても、早期完成を願っているわけでございます。また、地方道、市道とか県道等々の取りつけの関係とか、そういうものにつきまして全般にやはりおくれているのが現状でございます。
 そういうことを考えますと、国に対してやはり、この財源そのものを他に使うことなく、その目的とするところへひとつ使っていただくというようなことで要望するということでございます。
 そういうことですから、今いろいろと細かく御説明をいただきましたけれども、それについては今後の課題ということでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) ほかに御質疑ありませんか。
  〔「なし。」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 以上で質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。
 B議案第5号については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略し、直ちに採決いたしたいと存じますが、これに御異議ありませんか。
  〔「異議なし。」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 御異議なしと認めます。よって、B議案第5号については、委員会付託を省略し、直ちに採決することに決しました。
 これより採決いたします。
 B議案第5号 「地方道路の整備促進に関する意見書」提出の件について、提案のとおりこれを決することに賛成の諸君の起立を求めます。
  〔賛成者起立〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 起立多数。よって、B議案第5号については、提案のとおり可決いたしました。

 日程第11 議員派遣の件

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 日程第11 議員派遣の件を議題といたします。
 お諮りいたします。
 会議規則第162条の規定による議員の派遣について、お手元に配付のとおり決することに御異議ございませんか。
  〔「異議なし。」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 御異議なしと認めます。よって、議員派遣の件については、原案のとおり可決いたしました。

 閉会のあいさつ

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 以上で、今定例会に提案された議案の審議についてはすべて終了いたしました。
 今定例会に提案された多数の重要案件につき、本日まで長きにわたり御審議いただき、厚くお礼申し上げます。
 また、理事者の方々におかれましても、議案の作成に始まり今日に至る御労苦に対し、深く敬意を表します。
 この際、市長から発言を求められておりますので、承ることにいたします。
  〔市長 河瀬一治君登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(河瀬一治君) 閉会に当たりまして、一言お礼のごあいさつを申し上げます。
 第4回市議会定例会は、去る11日に開催され、本日まで15日間にわたり、議員各位には本会議並びに各委員会を通じ終始熱心かつ慎重に御審議を賜り、本日、補正予算案を初めとする各議案及び本日追加提案いたしました人事案件等、全議案につきまして原案どおり議決並びに同意を賜り、ここに厚くお礼を申し上げます。
 今回議決いただきました予算案を初め各議案の執行に当たりましては、私を初め職員一同、全力を傾注して市民の皆様の負託にこたえてまいる所存でございますので、今後とも議員各位の御支援、御協力を切にお願い申し上げます。
 さて、いよいよJR湖西線・北陸本線の新快速電車の乗り入れまであと26日となりました。これまでハード、ソフト両面での魅力あるまちづくりに県を初め地元経済界、商工会等の皆さんとともに取り組んでまいりましたが、4月以降、市民ボランティアの皆様による市民総参加のもてなしでお客様をお迎えしようとの機運が日に日に高まっており、9月20日には24団体の皆様によるウエルカム新快速!市民サポーターが設立され、着々と準備が進められているところであります。こうした市民の皆様の心意気に深く感謝申し上げますとともに、より一層御尽力をお願いするところであります。
 また、敦賀の自然や食べ物、歴史を体験していただく遊敦塾など敦賀の魅力を発信する観光客の受け皿づくりも急ピッチで進められております。観光客のみならず、敦賀のファンやリピーターをお迎えする手ごたえを強く感じているところであります。
 今後とも市民の皆様の御協力をいただきながら、新快速乗り入れを新しいまちづくりの出発点として、魅力とにぎわいのあるまちづくりに一層努めてまいりますので、市民の皆様初め議員各位の御支援、御協力を心からお願い申し上げる次第であります。
 いよいよ秋も本番でございます。朝夕大変涼しくなってまいりました。これから寒くなってくるんじゃないかなと思います。何といいましても温泉でございます。これは四季を通じていつでも結構でございますけれども、ぜひ敦賀きらめき温泉リラ・ポートを御利用いただければ大変ありがたい、このようにお願いも申し上げる次第であります。
 終わりになりましたけれども、市民の皆様を初め議員各位におかれましては御健康に十分御留意をいただき、なお一層の御活躍をいただきますように心から御祈念申し上げ、閉会に当たりましてのお礼のごあいさつといたします。
 本当にありがとうございました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) これをもって平成18年第4回敦賀市議会定例会を閉会いたします。
            午前11時54分閉会

 上記会議のてんまつに相違ないことを証明するため、地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。



                   議   長  増 田 一 司




                   議   長  水 上 征二郎




                   副 議 長  堂 前 一 幸




                   副 議 長  立 石 武 志




                   署名議員   岡 本 正 治




                     同    美尾谷 幸 雄




                     同    原   幸 雄