議事ロックス -地方議会議事録検索-


福井県 敦賀市

平成18年第4回定例会(第2号) 本文




2006.09.12 : 平成18年第4回定例会(第2号) 本文


6.議 事
            午後1時45分開議
◯副議長(堂前一幸君) ただいまから本日の会議を開きます。

 報 告

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(堂前一幸君) この際、事務局長をして諸般の報告をいたさせます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議会事務局長(山本 繁君) 御報告いたします。
 本日の会議に、今大地晴美議員は病気のため欠席する旨、届け出がありました。
 以上であります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(堂前一幸君) 以上で報告を終わります。

 日程第1 議長辞職の件

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(堂前一幸君) 日程第1 議長辞職の件を議題といたします。
 本件の審議に当たり、地方自治法第117条の規定により、増田一司君を除斥いたします。
 まず、事務局長をして辞職願を朗読いたさせます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議会事務局長(山本 繁君) 朗読いたします。
「      辞 職 願
                 私儀、
 今般都合により、敦賀市議会議長を辞職いたしたいので、許可されるよう願い出ます。
  平成18年9月12日
  敦賀市議会副議長 堂前一幸殿
      敦賀市議会議長 増田一司 」
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(堂前一幸君) お諮りいたします。
 地方自治法第108条の規定により、増田一司君の議長辞職を許可することに賛成の諸君の起立を求めます。
  〔賛成者起立〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(堂前一幸君) 起立全員。よって、増田一司君の議長辞職を許可することに決しました。
 これをもって増田一司君の除斥を解きます。
  〔28番 増田一司君入場〕

 日程の追加

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(堂前一幸君) ただいま議長が欠員となりましたので、この際、議長の選挙を日程に追加し、既に配付の日程を順次繰り下げ、直ちに選挙を行いたいと存じますが、これに御異議ありませんか。
  〔「異議なし。」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(堂前一幸君) 御異議なしと認めます。よって、議長の選挙を日程に追加し、直ちに選挙を行うことに決しました。

 日程第2 議長選挙

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(堂前一幸君) 日程第2 これより議長の選挙を行います。
 選挙は投票で行います。
 議場の閉鎖を命じます。
  〔議場閉鎖〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(堂前一幸君) ただいまの出席議員数は26人であります。
 投票用紙を配付いたさせます。
  〔投票用紙配付〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(堂前一幸君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。
  〔「なし。」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(堂前一幸君) 配付漏れなしと認めます。
 投票箱を改めさせます。
  〔投票箱点検〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(堂前一幸君) 異状なしと認めます。
 念のため申し上げます。
 投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票を願います。
 点呼を命じます。
  〔氏名点呼、投票〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(堂前一幸君) 投票漏れはありませんか。
  〔「なし。」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(堂前一幸君) 投票漏れなしと認めます。
 投票を終了いたします。
 議場の閉鎖を解きます。
  〔議場開鎖〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(堂前一幸君) 開票を行います。
 会議規則第31条第2項の規定により、開票立会人に3番 小谷康文君、26番 平川幹夫君を指名いたします。
 両君の立ち会いをお願いいたします。
  〔開 票〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(堂前一幸君) 選挙の結果を御報告いたします。
 投票総数26票。これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。
 そのうち有効投票 26票、
     無効投票 0票。
 有効投票中
  水 上 征二郎 君 15票
  小 川 三 郎 君 9票
  上 原 修 一 君 2票
 以上のとおりであります。
 この選挙の法定得票数は7票であります。よって、水上征二郎君が議長に当選されました。
 ただいま議長に当選されました水上征二郎君が議場におられますので、会議規則第32条第2項の規定により議長選挙の当選人である旨、告知いたします。
 これより議長に当選された水上征二郎君から、ごあいさつを承ることにいたします。
  〔議長 水上征二郎君登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 議長就任に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。
 ただいまは、議長選挙におきまして図らずも私、水上征二郎が当選を果たすことができ、心から厚くお礼を申し上げたいと思いますと同時に、その重責と責任の痛感をいたしているところでございます。
 増田前議長の後を引き続いて、残された間、短いわけでございますが、私の政治生命をかけて全力投球で取り組んでいく決意でございます。
 私は、これまで議員活動として市民が主役の行政を、そして市民が総参画の行政を目指して取り組んできたつもりでございます。その経験を生かし、これから残された期間、敦賀市の多くの課題を解決していくために全力を挙げて取り組んでまいりたい、このように思っているところでございます。
 私は、今日までのとうとい経験を生かしながら、そして議員各位の御指導、御支援をいただきながら、そしてまた市長初め理事者のお力をおかしいただきながら取り組んでまいりたい。そして、お互いに英知を結集し本市の発展に向けて取り組んでまいりたい、このように思っているところでございます。
 今日厳しい社会情勢でございますが、今、本市におきましてはJR直流化の開業を目前に控えているわけでございますが、これらの課題に全力を挙げて取り組んでまいる所存でございます。どうか議員各位の皆さんの御指導を心からお願いをするところでございます。
 そして、河瀬市長初め理事者の皆さんのお力もいただきたい、このように思っているところでございます。
 そして、市民が本当に安心して暮らせる本市のまちづくり建設に向けて、皆さんと一緒に力を合わせて取り組んでいく決意を表明をいたしまして、議長就任に当たりましての一言ごあいさつにかえさせていただきたいと思います。
 よろしくお願いいたします。(拍手)

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(堂前一幸君) 次に、前議長 増田一司君から発言を求められておりますので、承ることにいたします。
  〔28番 増田一司君登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯28番(増田一司君) 議長退任に当たりまして、一言ごあいさつ申し上げます。
 平成15年5月臨時会におきまして、議員各位の御推挙により議長の要職に就任しましてから3年4カ月の間、浅学非才の身ではありますが一意専心、市民の心を心として、公平、公正、中立を旨に市政の推進と円滑な議会運営に努めてまいったところであります。
 そのような中にあって、昨日、私に対する議長不信任案が可決されたことは全く心外であり、身に覚えがなく、このことは到底容認しがたいものであります。私は何ら間違った行動をとったものでもなく、何をもってこのような結果になったのか本当に理解に苦しむものでありますし、全く不本意であります。
 しかしながら、今後の市政や円滑な議会運営等を考え、熟慮に熟慮を重ねた結果、私みずからが議長の職を退くのが最良の策であると判断し、辞職願を提出した次第であります。
 幸いにも今日まで議員各位からの御支援、御協力をいただき、また市長初め理事者からの御指導を賜り、おかげさまで大過なくその職責を果たし得ましたことにつきまして、ここに心から厚くお礼申し上げます。
 今後とも皆様とともに市政の進展、市民福祉の向上のために全力を尽くしてまいりたいと存じますので、変わらぬ御厚情を賜りますようお願い申し上げまして、議長退任に当たりましてのごあいさつといたします。
 本当にありがとうございました。(拍手)

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(堂前一幸君) それでは、水上征二郎議長、議長席にお着き願います。
  〔議長 水上征二郎君議長席に着席〕

 日程第3 副議長辞職の件

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 日程第3 副議長辞職の件を議題といたします。
 本件の審議に当たり、地方自治法第117条の規定により、堂前一幸君を除斥いたします。
  〔18番 堂前一幸君退場〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) まず、事務局長をして辞職願を朗読いたさせます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議会事務局長(山本 繁君) 朗読いたします。
「      辞 職 願
                 私儀、
 今般都合により、敦賀市議会副議長を辞職いたしたいので、許可されるよう願い出ます。
  平成18年9月8日
  敦賀市議会議長 増田一司殿
     敦賀市議会副議長 堂前一幸 」
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) お諮りいたします。
 地方自治法第108条の規定により、堂前一幸君の副議長辞職を許可することに賛成の諸君の起立を求めます。
  〔賛成者起立〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 起立全員。よって、堂前一幸君の副議長辞職を許可することに決しました。
 これをもって堂前一幸君の除斥を解きます。
  〔18番 堂前一幸君入場〕

 日程の追加

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) ただいま副議長が欠員となりましたので、この際、副議長の選挙を日程に追加し、現在の日程を順次繰り下げ、直ちに選挙を行いたいと存じますが、これに御異議ありませんか。
  〔「異議なし。」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 御異議なしと認めます。よって、副議長の選挙を日程に追加し、直ちに選挙を行うことに決しました。

 日程第4 副議長選挙

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 日程第4 これより副議長の選挙を行います。
 選挙は投票で行います。
 議場の閉鎖を命じます。
  〔議場閉鎖〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) ただいまの出席議員数は26人であります。
 投票用紙を配付いたさせます。
  〔投票用紙配付〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。
  〔「なし。」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 配付漏れなしと認めます。
 投票箱を改めさせます。
  〔投票箱点検〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 異状なしと認めます。
 念のため申し上げます。
 投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票を願います。
 点呼を命じます。
  〔氏名点呼、投票〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 投票漏れはありませんか。
  〔「なし。」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 投票漏れなしと認めます。
 投票を終了いたします。
 議場の閉鎖を解きます。
  〔議場開鎖〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 開票を行います。
 会議規則第31条第2項の規定により、開票立会人に3番 小谷康文君、26番 平川幹夫君を指名いたします。
 両君の立ち会いをお願いいたします。
  〔開 票〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 選挙の結果を御報告いたします。
 投票総数26票。これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。
 そのうち有効投票 26票、
     無効投票 0票。
 有効投票中
  立 石 武 志 君 15票
  常 岡 大三郎 君 9票
  山 本 貴美子 君 2票
 以上のとおりであります。
 この選挙の法定得票数は7票であります。よって、立石武志君が副議長に当選されました。
 ただいま副議長に当選されました立石武志君が議場におられますので、会議規則第32条第2項の規定により副議長選挙の当選人である旨、告知いたします。
 これより副議長に当選された立石武志君から、ごあいさつを承ることにいたします。
  〔副議長 立石武志君登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(立石武志君) ただいま副議長に選出されました立石武志でございます。
 突然の選出ということで、本当に自分自身、今、戸惑っております。私も3期11年間この議会で務めさせていただきまして、皆様のいろいろなお知恵、御高配等を賜ってまいりました。これからも皆様方の御高配、ますますのお知恵をおかしいただきたく、これから市政に邁進していきたいなと思っております。
 また市長初め理事者の皆さん、また議員の皆様方のさらなる御教示をお願いしまして、市民の福祉向上のために、残り少ない時間ではございますが務め上げさせていただきたいと思いますので、どうかよろしくお願いいたします。(拍手)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 次に、前副議長 堂前一幸君から発言を求められておりますので、承ることにいたします。
  〔18番 堂前一幸君登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯18番(堂前一幸君) 副議長を退任するに当たりまして、一言ごあいさつ申し上げます。
 昨年の3月定例会で、大勢の皆様の御推挙により副議長の要職に就任させていただきましてから、今日まで約1年6カ月の間、皆様の御支持と御協力により大過なく務めることができました。また、人望が高く識見もすぐれた増田議長のもとで、大変勉強させていただきました。副議長が非才であるため足を引っ張ることが多々あったのではなかろうかと今は反省しておるところでもございます。
 ともかく1年6カ月の間、副議長として議員各位、理事者の皆様には大変お世話になりました。今後は一議員として皆様と一緒に市政の発展に汗を流す覚悟でございますので、変わらぬ御指導と御鞭撻をお願いいたしまして、退任のごあいさつとさせていただきます。
 まことにありがとうございました。(拍手)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 暫時休憩いたします。
            午後2時20分休憩

            午後4時45分開議

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 あらかじめ会議時間を延長いたします。

 報 告

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 先刻、河端 満君、立石武志君及び私、水上征二郎の以上3名から議会運営委員会委員辞任の願い出があり、委員会条例第12条の規定によりこれを許可いたしましたので、御報告いたします。

 日程の追加

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) お諮りいたします。
 議会運営委員会委員の欠員補充のため、議会運営委員会委員選任の件を日程に追加し、現在の日程を順次繰り下げ、直ちに議題とすることに御異議ありませんか。
  〔「異議なし。」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 御異議なしと認めます。よって、議会運営委員会委員選任の件を日程に追加し、直ちに議題とすることに決しました。

 日程第5 選第2号 議会運営委員会委員
      選任の件

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 日程第5 選第2号 議会運営委員会委員選任の件を議題といたします。
 ただいま欠員となっております議会運営委員会委員の選任については、委員会条例第6条第1項の規定により、有馬茂人君、和泉 明君及び奥本兼義君の3名をそれぞれ指名いたしたいと存じますが、これに御異議ありませんか。
  〔「異議なし。」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 御異議なしと認めます。よって、議会運営委員会委員選任の件については、ただいま議長より指名のとおり選任することに決しました。

 報 告

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 次に、先刻、立石武志君から原子力発電所特別委員会委員辞任願が、また岡 武彦君から環境保全対策特別委員会委員辞任願があり、委員会条例第12条の規定によりこれを許可いたしましたので、御報告いたします。

 日程の追加

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) お諮りいたします。
 原子力発電所特別委員会委員及び環境保全対策特別委員会委員の欠員補充のため、特別委員会委員選任の件を日程に追加し、現在の日程を順次繰り下げ、直ちに議題とすることに御異議ありませんか。
  〔「異議なし。」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 御異議なしと認めます。よって、特別委員会委員選任の件を日程に追加し、直ちに議題とすることに決しました。

 日程第6 選第3号 特別委員会委員選任
      の件

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 日程第6 選第3号 特別委員会委員選任の件を議題といたします。
 ただいま欠員となっております各特別委員会委員の選任については、委員会条例第6条第1項の規定により、原子力発電所特別委員会委員に岡 武彦君を、環境保全対策特別委員会委員に常岡大三郎君をそれぞれ指名いたしたいと存じますが、これに御異議ありませんか。
  〔「異議なし。」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 御異議なしと認めます。よって、特別委員会委員選任の件については、ただいま議長より指名のとおり選任することに決しました。

 日程の追加

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 次に、先刻、常任委員会委員所属変更の申し出がありましたので、この際、常任委員会委員所属変更の件を日程に追加し、現在の日程を順次繰り下げ、直ちに議題とすることに御異議ありませんか。
  〔「異議なし。」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 御異議なしと認めます。よって、常任委員会委員所属変更の件を日程に追加し、直ちに議題とすることに決しました。

 日程第7 選第4号 常任委員会委員所属
      変更の件

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 日程第7 選第4号 常任委員会委員所属変更の件を議題といたします。
 建設常任委員会委員 河端 満君は総務常任委員会へ、総務常任委員会委員 増田一司君は建設常任委員会へ、それぞれ委員会の所属を変更されたい旨、申し出がありましたので、委員会条例第6条第3項の規定により、申し出のとおり委員会の所属を変更することに御異議ありませんか。
  〔「異議なし。」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 御異議なしと認めます。よって、申し出のとおり委員会の所属を変更することに決しました。
 暫時休憩いたします。
            午後4時50分休憩

            午後5時10分開議

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 報 告

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 休憩中に議会運営委員会を開催し、委員長の互選を行った結果、議会運営委員会委員長に平川幹夫君が選出されましたので、御報告いたします。

 市長提案理由概要説明

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 次に、議案の上程に先立ち、市長から諸議案の提案理由の概要について説明を承ることにいたします。
  〔市長 河瀬一治君登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(河瀬一治君) 平成18年第4回市議会定例会が開催されるに当たり、市政に対する所信の一端を申し述べますとともに、市政の諸課題及び提出いたしました議案について、その概要を御説明申し上げます。
 まず最初に、先ほどの議長、副議長選挙におきまして議長に水上征二郎議員が、また副議長には立石武志議員が御就任をされましたことに対しまして、市民を代表いたしまして心からお祝いを申し上げる次第でございます。
 増田一司前議長、堂前一幸前副議長におかれましては、議会制民主主義を基本とし、議会運営と市政の発展のため日夜御尽力をいただき、また市政運営につきましても格別の御理解、御協力を賜りましたことに対し、ここに改めて市民とともに深く感謝を申し上げる次第でございます。
 また、新しく就任されました水上征二郎議長、立石武志副議長は人格、識見ともにすぐれた方でございまして、今後の御活躍をお祈りいたしますとともに、私どもへの御指導、御協力をよろしくお願いを申し上げます。
 ところで、去る6日、秋篠宮紀子様が元気なお子様を御出産されました。悠仁親王殿下の御誕生は秋篠宮様以来41年ぶりであり、国民を挙げての慶事であります。市民の皆様とともに謹んで慶賀の誠をあらわし、改めて皇室の御繁栄をお祈り申し上げる次第であります。
 そして、少子対策の一助になればと願っておるところでございます。
 さて、JR湖西線・北陸本線直流化の開業により京阪神から敦賀に乗り入れる快速電車等の発着時刻が先月23日にJR西日本から発表され、10月21日の直流化一番電車の運行まであと39日となりました。県を初めJR西日本、関係各機関の皆様に対し感謝申し上げますとともに、議員各位並びに市民の皆様と悲願の具体化を心から喜びたいと存ずるところであります。
 現在、官民を挙げた記念事業の準備と遊敦塾など観光客の受け皿づくりに全力で取り組んでいるところでありますが、観光客等の皆さんに喜んでもらえ、繰り返し敦賀においでいただくための最良の方策は、市民の皆様のおもてなしが一番だと私は考えております。お客様へのおもてなしを官民一体となって取り組むことで、直流化は敦賀市のさらなる発展を遂げる千載一遇の好機となり、末永く多くの方々に訪れていただける魅力あふれる町になるものと確信いたしております。
 これからも市民の皆様と一丸となって、誠のある手厚い(敦)もてなしと、お互いが喜びあう心(賀)をもって来訪者に接することにより、将来において長浜市さんと同様に乗降客が倍増となり、多くの人々が行き交う観光都市の実現を目指し、より利便性の高い快速電車等の運行を関係機関にさらに働きかけてまいりますので、ぜひとも議員各位を初め市民の皆様の御協力をよろしくお願い申し上げます。
 ところで、国においては7月7日、国の経済財政政策の枠組みを示す経済財政運営と構造改革に関する基本方針2006が閣議決定されました。この骨太の方針2006の決定に際し、全国市長会等地方六団体は、地方財政自立のための7つの提言を取りまとめ、地方分権の推進に関する意見書として12年ぶりに地方自治法に基づく意見書を政府と国会に提出いたしました。
 この意見書に対し、政府においては、地方分権関係法令の一括見直しや国と地方の役割分担の見直し等、改革への方向性については配慮がなされましたが、地方行財政会議の設置や地方共有税構想については一切回答がなかったことから、地方六団体では遺憾の意を表するとともに、新分権一括法の制定に向け政府が一丸となって取り組む体制を整備するよう強く要請しております。
 国においては、地方分権改革に関する地方の意見を十分尊重し、真の地方自治の確立に向け全力で取り組んでいただきますよう切に希望するところであります。
 また、今月8日には、平成19年度国家予算の各省庁の概算要求、要望額が取りまとめられました。
 今回の概算要求では、出生率の低下で緊急の課題となっております少子化対策や再チャレンジ支援関連事業、技術革新や地域活性化と人材育成を柱とする経済成長戦略要望枠に関連する新規事業など、総額85兆7048億円の要求、要望額が取りまとめられたところであります。
 本市関連では、敦賀港多目的国際ターミナルの大型岸壁について、平成19年度中の完成を目指し国土交通省の概算要求に盛り込まれたことから、本市といたしましても、残り整備費の約18億円の確保に向け、国を初め関係各機関に対し、積極的に要望活動を行ってまいりたいと考えております。
 政府においては、平成19年度予算を財政健全化の成果を示す初年度となる重要な予算と位置づけており、財務省では、一層の歳出削減を目指し厳しく歳出を抑制するとしておりますが、これから年末にかけての予算編成作業の中で地方の意見を尊重した予算となることを切望するものであります。
 当面する市政の諸課題について申し上げます。
 まず、市政の基本方針であります第5次総合計画第3期基本計画の策定につきましては、先月31日に第1回目の総合計画審議会を開催させていただき、席上、委員の皆様から今後の政策について忌憚のない御意見を賜りました。
 これまでも総合計画、基本計画の策定には、市民の皆様から御意見をちょうだいし計画に反映させてまいりましたが、今回は、新たに市民アドバイザーを公募し20回に及ぶ協議を重ねていただき、敦賀に暮らす生活人としての御提案、御意見をちょうだいしながら原案を策定したところであります。
 審議会委員の皆様には、引き続き慎重かつ十分に御審議を賜ることとなっておりますが、さらに市民の皆様の御意見、御要望などを反映させるため、パブリックコメントによる御意見等の集約を図ってまいりたいと考えております。
 基本計画は、今後の敦賀市の政策を定める羅針盤ともいうべき大切な計画でありますので、今年度末の策定に向け積極的に取り組んでまいります。
 次に、敦賀短期大学につきましては、7月に市職員を短大の常務理事として派遣し、経営改革等に取り組んでいるところであります。
 7月18日には、世界的ジャズピアニストの松居慶子さんを短大の客員教授に招き、地域総合科学科にポピュラー、ロック、ジャズを中心とする音楽フィールドを設け、学科の領域を拡充するとともに、先月18日には、豊かな講座と著名な講師陣を抱える放送大学と単位互換協定に調印し、学生の教養分野の科目選択の幅を広げることができましたことは、新年度の学生確保につながるものと期待しているところであります。
 今後とも自立する短大を目指し、経営の合理化と学生確保に引き続き努力してまいる所存であります。
 エネルギー研究開発拠点化計画について申し上げます。
 先月、若狭湾エネルギー研究センターでは、エネルギー研究開発拠点化計画の一環として実施した嶺南地域新産業創出モデル事業の補助対象研究として、8件を選定いたしました。うち敦賀市内の6企業から共同研究を含め7件の対象研究が選ばれ、原子力、エネルギー関連技術を活用した新技術や新製品の開発に取り組むこととなりました。
 また、同センターにおいて原子力、エネルギーにかかわる人材育成の一環として、昨日から15日までの5日間、将来を担う原子力技術者の養成と大学間の連携を促進するため、県内外の大学生等を対象に敦賀原子力夏の大学が開講されております。
 嶺南の企業を巻き込んで進められるこうした事業や原子力の人材育成活動が本市で開催されることは、本市各企業の技術力の向上はもとより地域の活性化につながるものであると考えており、今後とも関係機関と連携をとりながら積極的な推進を国、県に対し要望してまいりたいと存じております。
 次に、原子力行政につきましては、先月8日、国の原子力部会において原子力発電を国家的戦略として進める原子力立国計画がまとめられました。
 私も委員として審議に参画し、立地自治体の立場から意見を述べてまいりましたが、原子力政策を進めるに当たっては立地地域住民の理解と信頼が基本であります。国策の最前線に立つ立地地域が誇りと自信を持って原子力に取り組める環境づくりが図られることが肝要であり、今後とも安全、安心の確保を最優先に、原子力が立地地域の発展に貢献するよう全力を挙げて国及び関係機関に働きかけてまいります。
 また、もんじゅの改造工事は順調に進められておりますが、今後予定されている性能試験を実施するために燃料の取りかえが必要であることから、去る7月26日、日本原子力研究開発機構から初装荷燃料の変更計画に係る事前了解願が県と本市に提出されました。
 もんじゅは、長期間停止していることから燃料を含めたプラント全体の安全性が確認されなければならないと認識しており、今後、国の安全審査の結果や市議会等での御意見を踏まえ、県とも十分協議しながら適切に判断してまいりたいと考えております。
 次に、情報化の推進でありますが、現在、市内山間部の一部において携帯電話の不感地帯があり、日常生活の不便さのみならず緊急時や災害時における非常連絡等の観点から、当該地区の住民の皆様より早急な解消を求められており、これまで鋭意努力を重ねてまいったところであります。
 今回、県において、県内不感地域の解消を図る新たな支援策としてモデル事業が創設されるとともに、通信事業者の協力が得られる見込みとなりましたので、小河地区、駄口地区の解消を図ることといたしました。
 なお、残る不感地区につきましても引き続き解消に取り組んでまいります。
 老人保健制度について申し上げます。
 ことし6月に公布された医療制度改革関連法により、75歳以上の老人保健制度が後期高齢者医療制度に改変され、平成20年4月から施行されます。この運営主体であります都道府県単位の全市町村が加入し、独立した保険者として制度を運用する後期高齢者医療広域連合について、今年度中の設立を義務づけられたことから、今月1日に県内全市町による準備委員会が立ち上げられたところであります。
 また、障害者福祉につきましては、ことし4月に施行された障害者自立支援法が10月1日から完全施行となることに伴い、新たに重度精神障害者の通院医療費を助成するとともに、精神障害者のデイサービス事業や自立支援、就労移行支援等の生活支援事業につきましても、新たに市の事業として障害者の皆さんを支援してまいりたいと存じております。
 次に、防災についてでありますが、7月には2年前の福井豪雨を思い起こさせる集中豪雨が発生し、全国各地で土砂崩れや家屋の倒壊、浸水、倒木、道路冠水等、人命をも損なう甚大な被害が続出いたしました。
 県内でも、7月15日から降り続いた雨は19日にピークに達し、県内各地で避難勧告が出される中、福井市では、土砂崩れにより住宅が全壊しお2人が亡くなられたことは大変痛ましく、衷心よりお悔やみを申し上げる次第であります。
 本市におきましても、笙の川を初め幾多の河川が増水したことから19日未明、災害対策連絡室を設置し、河川やがけ崩れ危険箇所のパトロールを強化して、市民の皆様をいち早く災害から守るため早期の対応を心がけた次第であります。
 幸いにして、本市では、山間部における土砂崩れ等はあったものの大事に至らず安堵したところでありますが、災害はいつどのように発生するかは予断を許さず、今後とも災害に対する市民の安全確保のため最善の方策を研究、検討し、災害防止に実効力のある防災体制の構築に取り組んでまいりたいと考えております。
 廃棄物最終処分場について申し上げます。
 樫曲地区民間廃棄物最終処分場につきましては、事業者等が5月16日に発した措置命令による漏水防止や雨水等の流入防止などの対策に期限までに着手しなかったことから、7月4日から県と共同して、今後の対策工事の効果確認に必要な水質等のモニタリング調査を代執行により行っております。
 また、対策工事に必要な実施設計のためのボーリング等の詳細調査も完了したことから、工事の実施設計及び来年度からの対策工事に向け、県と一体となって適切に対応してまいりたいと考えております。
 なお、赤崎地区に建設中の一般廃棄物最終処分場につきましては、埋立処分地の工事の進捗率が先月末で59%に達しており、来年4月の供用開始に向け重機の購入等諸準備を進めさせていただきたいと存じております。
 さて、敦賀の夏を彩るとうろう流しと花火大会は、天候にも恵まれ過去最高の19万5000人の人出となり、JR直流化を記念した花火など1万2000発の花火が次々と打ち上げられ、市民を初め県内外からのお客様を魅了し、躍進する本市の勢いを示すものとなりました。
 また、今月2日から始まりました敦賀まつりには、間近に迫ったJR直流化により快速電車が走る沿線の町から、直流化開業を記念してカーニバルへの参加とともに大勢の皆様にお越しいただいたところであります。おかげさまで市民一体となったお祭りを一層盛り上げることができ、敦賀の元気を滋賀県を初め京阪神地域に広くアピールすることができたと存じております。
 花火大会や敦賀まつりに東奔西走していただいた関係者の皆様を初め、市民の皆様の御支援・御協力に感謝を申し上げる次第であります。
 次に、さきの通常国会で改正された都市計画法と中心市街地の活性化に関する法律に、平成12年に施行された大規模小売店舗立地法を加えたいわゆるまちづくり三法のうち、中心市街地の活性化に関する法律が先月22日に施行されました。
 これまで国や自治体は、中小商業や商店街の活性化に重点を置いた市街地活性化に取り組んでまいりましたが、中心部の顧客の流出や人口減に歯どめがかからず苦慮してきたところであります。
 今回施行された法律では、中心市街地の都市機能の増進及び経済活力の向上を、総合的かつ一体的に推進するための基本方針を定めるとともに、目的を中小商業の再生から地方都市の中心部への居住促進に切りかえ、共同住宅や公共施設を集約し、高齢者にも住みやすい市街地再生の新たな枠組みに取り組むこととされたところであります。
 本市におきましても、高齢者を含む多くの市民にとって暮らしやすい生活空間の実現を図り、市街地全体のにぎわいを回復するため、この法律の施行に伴い、今年度末をめどに実効性ある活性化基本計画を策定し、国の認定と支援を受けたいと考えております。
 また、国土交通省では、観光交流促進プロジェクトを立ち上げ、港を生かした観光振興による地域の活力向上に取り組んでおりますが、今回、このプロジェクトのモデル港として全国10港の中に敦賀港が選ばれたところであります。
 この事業は、港を核とした観光振興を図る観点から、地域が一体となったソフト、ハードの連携施策を重点的、一体的に実施するための行動計画を策定する事業であります。
 事業の実施につきましては、港湾管理者、敦賀市、NPO等地域の関係者によるみなと観光交流促進協議会を設立し、その成果を生かした港まちづくりを進めていきたいと考えております。
 次に、貿易の振興であります。
 敦賀港は、国内外への物流拠点港としての役割が大きく期待されているところでありますが、原油の高騰等により韓国釜山との定期航路が減便されるなど、敦賀港を取り巻く環境は非常に厳しい状況であります。
 この現状を踏まえ、私は8月に韓国の海運会社を訪問し、安定した週2便体制への航路復活を強く要請してまいりました。海運会社からは、敦賀港は重要な港と考えており、この変更はあくまでも暫定的な措置で、できるだけ早く見直しを検討するとの回答をいただき、航路の早期復活に期待しているところであります。
 また、先月10日には産学官が連携した敦賀港の振興策を検討する敦賀港物流懇談会が開かれ、今後、他港との比較、検証などにより敦賀港の特徴を模索していくことが申し合わされるとともに、17日には、国において産学官で構成する北陸地域国際物流戦略チームを設けて、今後2年をめどに、敦賀港を含めた北陸4県主要港湾の物流効率化の方向性をまとめるとの発表もなされております。
 今後とも、関係各機関と連携を密にしながら、敦賀港の整備促進や貿易振興のための港の利用促進に努めてまいる所存であります。
 なお、姉妹都市であります韓国東海市の市長選挙が5月に行われ、金 鶴基氏が新たな東海市長に就任されましたので、ポートセールスにあわせて表敬訪問してまいりました。今後とも両市の友好交流関係をさらに深めてまいりたいと存じております。
 次に、農業振興について申し上げます。
 先月29日、北陸農政局福井農政事務所が発表したことしの本県の水稲作柄は、嶺北、嶺南ともに田植え後の日照不足が影響しやや不良としており、作柄が平年並みを下回るのは平成15年以来となっております。
 本市の水稲状況につきましても、長雨の影響や出穂期以降高温、乾燥が続いたことによる根の発育不良から胴割れ米が多発するおそれがあり、早期刈り取りが指導されているところであります。
 また、国においては、昨年10月、農業経営所得安定対策等の大綱を決定し、担い手の育成、確保や農地の利用集積、農村環境の保全向上を推進しておりますが、本市におきましても国の政策を踏まえ、地域ぐるみでの農地・水・環境保全への取り組みや環境調和型のモデル事業等を新たにスタートさせ、安全、安心な米づくりをさらに積極的に支援してまいりたいと考えております。
 また、水産振興につきましては、水産卸売市場改築計画に伴います用地確保のため、蓬莱町地係の公有水面を埋め立て整備することが必要となりますので、今議会において公有水面埋め立てについての御意見をお願いしたいと存じております。
 ところで、木崎地係に建設が予定されております大型総合遊技施設の建設計画につきましては、これまで開発行為の凍結を求める団体の皆様から、市議会への請願や開発行為の許可権限がある知事に対し、1万5000名を超える署名を添えて要望書が提出されております。
 本市には法的な権限はありませんが、団体からの要望を真摯に受けとめ、団体の代表者と開発行為の申請者との話し合いの場を設けるとともに、市のまちづくり審議会においても事業概要の説明会を開催したところであります。
 市といたしましては、開発行為の申請者に対し、団体の公開の場での話し合いに応ずるよう要請しており、話し合いでの意見を取りまとめ、県に提出したいと考えております。
 さて、今回提出いたしました補正予算案につきましては、国の制度改正に伴うものや早急に対応が必要なものについて補正を行うものであります。
 その結果、補正予算の規模は、
  一般会計      1億8823万1000円
  特別会計      3億2534万4000円
  企業会計          5510万円
  合計        5億6867万5000円
となり、補正後の予算総額は、
  一般会計      253億8502万9000円
  特別会計      212億2165万6000円
  企業会計       92億569万1000円
  合計        558億1237万6000円
となりました。
 また、これらに伴う歳入予算につきましては、確実に見込まれる国庫支出金、繰越金などを計上し収支の均衡を図りました。
 なお、予算案以外の案件及びその他の議案につきましては、それぞれ記載の理由に基づき提案した次第であります。
 次に、本市に寄せられました寄附金品につきましては、別紙お手元に配布申し上げたとおりであります。その御厚志に対し、各位とともに市民を代表して厚くお礼を申し上げます。
 以上のとおり、諸議案の上程に当たり所信の一端と市政の諸課題について御説明申し上げましたが、細部につきましては御質問に応じ、私または助役、関係部局長よりお答えを申し上げます。
 何とぞ慎重に御審議をいただき、妥当な議決を賜りますようお願いを申し上げ、説明とさせていただきます。

 日程第8 第62号議案〜第79号議案

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 日程第8 第62号議案から第79号議案までの18件を、件名を省略し一括議題といたします。
 なお、この際、お諮りいたします。
 第76号議案、第77号議案及び第79号議案の決算案件3件については、慣例により説明を省略いたしたいと存じますが、これに御異議ありませんか。
  〔「異議なし。」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 御異議なしと認めます。よって、第76号議案、第77号議案及び第79号議案の決算案件3件については、説明を省略することに決しました。
 それでは、第62号議案から順次説明を求めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(奥村 薫君) それでは、予算関係の議案につきまして順次御説明を申し上げます。
 まず、第62号議案 平成18年度敦賀市一般会計補正予算(第2号)でございますが、歳入歳出それぞれに1億8823万1000円を追加し、予算の総額を253億8502万9000円とさせていただきたいというものでございます。
 また、継続費、地方債の補正につきましてもお願いをするものでございます。
 歳出の方から御説明を申し上げます。
 14ページをお願いいたします。
 総務費の文書広報費59万5000円につきましては、11月の市長記者会見から会見内容を市のホームページに掲載するための録音用機材購入費等でございます。
 次の諸費のコミュニティバス運行事業費95万7000円につきましては、コミュニティバスを利用される観光客の利便を図るため、駅前に観光地へのバス案内板を設置するとともに、金ケ崎緑地、松原公園、西福寺の3カ所の停留所につきましては観光地の案内標識を設置するための経費でございます。
 次の生活交通維持支援事業費補助金141万7000円につきましては、敦賀駅と三方駅間で運行しております赤字の広域バス路線、若狭線でございますが、これを存続させるため美浜町、若狭町とともに事業者へ補助するものでございます。
 次の携帯電話不感地域解消モデル事業費2763万3000円につきましては、不感地域を解消するために事業者が駄口、小河の両地区に設置する鉄塔と疋田の携帯電話交換局との間9.85キロメートルに光ケーブルを敷設するための工事費などでございます。財源は県の補助金2分の1でございます。
 次のページ、選挙費の農業委員会委員選挙費409万2000円につきましては、平成19年1月14日に任期満了となります農業委員会委員の選挙執行経費でございます。
 次の16ページ、民生費、障害者福祉費でございますが、これは障害者自立支援法が10月より完全施行になり、新たな障害福祉サービスを実施するためのものでございます。
 まず、障害者生活支援事業委託料256万6000円につきましては、新たに精神障害に係る業務を社会福祉法人に委託するため事業費を増額するものでございまして、事業者の業務対象地域の美浜町、若狭町と人口割で負担するものでございます。
 次の心身障害者医療費助成費130万1000円につきましては、10月より実施いたします重度の精神障害者の通院医療費の自己負担分の助成でございます。対象者128名分を見込んでございます。財源は県補助金2分の1でございます。
 次の身体障害者等デイサービス事業支援費462万7000円につきましては、在宅の精神障害者の方々を対象にいたしまして社会福祉法人で社会適応訓練等のデイサービスを行うものでございまして、利用者は14名を見込んでおります。
 次の訓練等給付費1160万6000円につきましては、精神障害者の方々の生活能力向上のための自立訓練等に要する給付費でございまして、利用者21名分を見込んでおります。財源は2分の1が国庫負担金、4分の1が県負担金でございます。
 次のサービス利用計画作成費56万1000円につきましては、障害福祉サービス利用計画の作成や事業者との連絡調整の支援経費でございまして、利用者11名分を見込んでございます。財源は国庫負担金2分の1、県負担金の4分の1でございます。
 次の重度障害者医療費助成システム整備事業費300万円につきましては、先ほど御説明申し上げました、精神障害者の方々の医療費助成に伴う電算システムの改修費でございます。
 次の老人福祉費268万8000円につきましては、平成20年度より実施される後期高齢者医療制度のため、県単位で設立されます広域連合の設立準備委員会の運営費負担金でございます。
 次のページの児童文化センター費155万4000円につきましては、児童文化センターの児童室系統の空調機が故障いたしましたので、その取りかえ修繕費でございます。なお、故障いたしましたのは6月でございまして、既に手当てを済ませておりまして、今回その分を補正させていただくというものでございます。
 次の18ページ、衛生費の環境衛生費150万円でございますが、水道事業会計での消火栓5基の設置に係る繰出金でございます。
 次のページ、廃棄物対策費1887万7000円につきましては、民間処分場環境保全対策事業負担金でございまして、県が実施いたします処分場対策工事の実施設計費9438万9000円の20%分でございます。
 財源といたしまして、3分の1の敦賀市負担分629万3000円につきましては、公共施設整備基金からの繰入金を、残り3分の2の搬入団体負担分1258万4000円につきましては市債1250万円を充てさせていただいております。
 次の最終処分場建設費の埋立作業用重機等購入費4000万につきましては、来年4月供用開始を目指し工事を進めております市最終処分場で使用する覆土整地用重機及び埋立ごみ運搬用トラック、合計3台分の購入費でございます。財源は全額、電源立地地域対策交付金でございます。
 その下の事務費83万2000円につきましては、来年3月下旬に予定しております竣工式開催に係る委託料など65万9000円と、処分場施設の机、いす等の初度備品購入費17万3000円でございます。
 その下の赤崎会館建設事業費補助金1107万4000円の減額につきましては、工事費等の入札差金を減額するものでございます。
 次の20ページ、農林水産業費の農業振興費、米需給調整円滑推進事業費42万円につきましては、米の生産調整の普及促進のための経費でございまして、財源は全額、県補助金でございます。
 その下、環境調和型農業推進事業費補助金119万4000円につきましては、化学肥料等の低減を目指すエコファーマーの拡大や有機農産物の安定供給を促進するため、五幡地区農業生産組合のもみ殻薫炭器購入などに対して補助するものでございます。財源は県補助金でございます。
 次の農地費、農業用排水路整備事業費300万円につきましては、杉津地係の老朽化した農業用排水路88メートルの整備費でございます。財源といたしまして県補助金2分の1、地元負担金6分の1でございます。
 その下の土地改良施設維持管理適正化事業費補助金360万円につきましては、金山土地改良区など5土地改良区のポンプ等の維持補修に対する補助でございます。
 その下の農地・水・農村環境保全向上活動支援事業費51万6000円でございますが、これは農地、農業用水などの管理を地域の農業者だけでなく、地域ぐるみで農地保全を実施するための説明会開催経費等でございます。
 なお、本事業は19年度の本格導入に向け、今年度はモデル地区といたしまして山泉地区で実施いたしております。財源は県補助金と、この事業を支援する県、JA等で構成された地域協議会からの助成金でございます。
 次のページ、林業振興費の折損木整理事業費補助金183万8000円につきましては、平成18年豪雪による造林の折損木の整理に対する補助金でございまして、二州森林組合に対する補助でございます。財源は県補助金でございます。
 その下、間伐促進強化対策事業費補助金49万円につきましては、折損木を合板へ有効活用するため、二州森林組合へ補助しております搬出経費の補助金を増額するものでございます。この件につきましては、別途事業者へ県からの直接補助がございます。
 造林費11万8000円につきましては、市行造林線下伐採分収交付金でございまして、沓見地係での送電に支障となる立木182本の伐採に係る補償金のうち、分収契約に基づきその4割を地元生産森林組合に交付するものでございます。財源は全額、市行造林線下伐採補償金でございます。
 次の22ページ、水産業振興費3600万円につきましては、水産卸売市場改築に伴う用地確保のため、市場西側の公有水面を埋め立てるための工事費でございまして、財源は全額、電源立地地域対策交付金でございます。
 なお、本件につきましては継続費の補正をお願いいたしておりますので、恐れ入りますが5ページに戻っていただきたい。
 第2表の継続費でございます。
 今ほど申し上げました公有水面埋立事業につきまして、18年度、19年度の2カ年継続事業、総額2億6400万円で実施させていただきたいというものでございます。
 恐れ入りますが23ページにまたお戻りいただきまして、商工費、観光費のJR直流化開業記念事業費の街なか賑い創出事業費230万円につきましては、11月18、19日の両日に駅前広場において関西の学生による模擬店選手権を開催いたしますので、これに対する補助金でございます。
 その下の赤レンガ倉庫等ライトアップ事業費182万1000円につきましては、10月21日の直流化開業日より点灯いたします旧敦賀港駅舎のライトアップにあわせ、赤レンガ倉庫と大和田別荘についても、11月末までナトリウム灯によるライトアップを試験的に実施するための工事費等でございます。
 その下の市内周遊バス運行事業費補助金200万円につきましては、直流化開業後の土日祝日に駅から市内観光地をめぐるバスを運行いたしますので、企画提案により選定したバス事業者へ予算計上額を限度として補助するものでございます。
 次の24ページ、土木費の道路維持費380万円につきましては、白銀町より税務署跡地を経由して港へ参ります市道5号線の歩道、車道の舗装補修等の工事費でございます。
 次のページ、河川改良費の急傾斜地崩壊対策事業費の工事費67万4000円につきましては、7月の豪雨によりまして江良地区で土砂流出が発生いたしましたので、被害対策のシート張り工等の施工費でございます。
 その下、測量調査等委託料190万円につきましては、元比田地区で、今後、施工を予定しております箇所の測量及び予備設計委託料でございます。
 次の26ページ、都市計画総務費の735万円につきましては、改正されたまちづくり三法に対応した中心市街地活性化基本計画を策定するための経費でございます。
 次の街路事業費の300万円につきましては、白銀岡山線街路事業費の補正でございまして、用地購入費の500万円の減額につきましてはJA中郷支店等の用地購入単価の確定によるものでございます。
 調査等委託料1300万円につきましては、今後必要とする物件移転等補償費の算定調査のための委託料でございます。また、物件移転補償金500万円の減額は、JA中郷支店の営業補償等に係るものでございます。
 なお財源でございますが、当初、国庫補助金の地方道路整備臨時交付金を見込んでおりましたが、内示によりまちづくり交付金に変更になりましたので、財源の調整もいたしたところでございます。
 次のページ、教育費の小学校費、教育振興費の環境・エネルギー教育支援事業費89万1000円につきましては、児童が環境やエネルギーについて理解を深めるための発電所見学経費や理科教材の購入費等でございます。財源は全額、県補助金でございます。
 次の28ページ、中学校費、学校管理費の310万8000円につきましては、気比中学校体育館の床改修工事でございます。これにつきましても夏休み中に工事を済ませておりますので、その分の補正でございます。
 次の教育振興費の環境・エネルギー教育支援事業費60万9000円につきましては、小学校費のところで御説明を申し上げたとおりでございまして、こちらも財源は全額、県補助金でございます。
 次のページ、文化費62万円につきましては、国指定史跡で市が管理しております玄蕃尾城跡の管理道の一部が7月の豪雨により崩落いたしましたので、これの復旧工事費でございます。
 次の30ページ、体育振興費25万円につきましては、10月28日、29日の両日にサンピア敦賀において開催されます、第52回西日本ショートトラックスピードスケート選手権大会に係る補助金でございます。
 以上で歳出を終わりまして、次に歳入でございます。
 9ページをお願いいたします。
 歳出で御説明申し上げましたものにつきましては省略をさせていただきまして、分担金及び負担金、民生費負担金の児童デイサービス利用者負担金でございますが、障害者自立支援法の施行に伴い、10月より太陽の家児童デイサービスセンターのデイサービスの利用者負担金を徴収いたしたいので、これに伴う補正でございます。
 別途、関係条例の改正も提案をさせていただいております。
 次に、12ページ下段の繰越金でございます。留保しております6億1287万2000円のうち、今回8549万4000円を計上させていただいたものでございまして、差し引き留保額は5億2737万8000円でございます。
 以上で一般会計を終わらせていただきます。
 次に、特別会計を御説明申し上げます。
 特別会計の予算書をお願いいたします。
 特の1ページ、第63号議案 平成18年度敦賀市簡易水道特別会計補正予算(第1号)でございますが、歳入歳出それぞれに450万円を追加し、予算の総額を2億697万5000円とさせていただきたいというものでございます。
 また、地方債の補正についてもお願いをするものでございます。
 特の9ページをお願いいたします。
 歳出でございますが、簡易水道事業費、建設事業費の450万円につきましては、西浦地区簡易水道統合整備事業の国庫補助金の追加交付による補正でございまして、明神町地係100メートルの配管布設工事でございます。財源は国庫補助金、補助率10分の4でございます。市債及び一般財源として繰越金を充てさせていただいたものでございます。
 なお、特の7ページに計上させていただいております繰越金でございますが、平成17年度からの繰越金留保額63万3000円のうち今回10万1000円を計上させていただくものでございます。
 次に、特の11ページをお願いします。
 第64号議案 平成18年度敦賀市国民健康保険(事業勘定の部)特別会計補正予算(第1号)でございますが、歳入歳出それぞれに2億8731万5000円を追加し、予算の総額を59億4391万4000円とさせていただきたいというものでございます。
 特の18ページをお願いいたします。
 歳出でございますが、共同事業拠出金の保険財政共同安定化事業拠出金につきましては、10月より市町村国保間の保険税の標準化、財政の安定化を図るために、1件30万円以上80万円未満の医療費についても、共同事業が新設されたことによる国保連合会への拠出金でございます。財源は、県の国保連合会からの保険財政共同安定化事業に係る交付金でございまして、歳出と同額でございます。
 次に、特の19ページ、第65号議案 平成18年度敦賀市介護保険(保険事業勘定の部)特別会計補正予算(第2号)でございますが、歳入歳出それぞれに3352万9000円を追加し、予算の総額を36億8505万4000円とさせていただきたいというものでございます。
 特の26ページをお願いいたします。
 歳出でございますが、財政安定化基金拠出金15万3000円につきましては、拠出金額の確定による不足分の補正でございます。
 次のページ、諸支出金、償還金3337万6000円につきましては、平成17年度の介護給付費国庫負担金等の精算による返還金でございます。
 特の25ページに戻っていただきまして、歳入につきましては介護保険基金繰入金により調整を図ったものでございます。
 次に、特の29ページをお願いいたします。
 第66号議案 平成18年度敦賀市水道事業会計補正予算(第1号)でございますが、資本的収入及び支出の収入に1300万円を追加し3億1209万5000円に、さらに支出に5510万円を追加し7億1992万6000円とさせていただきたいというものでございます。
 特の33ページをお願いいたします。
 資本的支出の建設改良費、配水設備改良費でございますが、国庫補助金の追加交付によります松葉町など6地係の老朽化した配水管1000メートルの布設がえと、これに伴う消火栓5基の工事費を計上するとともに、県道松島若葉線改良工事の歩道拡幅による配水管移設工事費についても、計上させていただいたものでございます。
 収入につきましては、消火栓設置に係る一般会計からの負担金と、老朽管布設がえに係る国庫補助金がございまして、収入と支出の差4210万円につきましては過年度分消費税資本的収支調整額、過年度分損益勘定留保資金及び当年度分損益勘定留保資金で補てんをさせていただきたいというものでございます。
 以上で補正予算関係の説明を終わらせていただきます。
 よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯産業経済部長(木村 学君) それでは、第67号議案 きらめきみなと館の設置及び管理に関する条例の一部改正の件について御説明申し上げます。
 議案書の2ページをお願いいたします。
 きらめきみなと館の改造に伴い、立体映画の上映に関係する条文を削り、小ホール及び楽屋の使用料を定めたいので、この条例改正をお願いするものでございます。
 第4条につきましては、業務を定めた号のうち映画の上映に関連した第2号及び第3号を削り、関連する字句を整備するもの。
 第9条については、別表に定める使用料のうちマイク、スポットライト等附属設備使用料を文化センターやプラザ萬象と同様、規則で定めたいので、「別表」の次に「又は規則」を加えるもの。
 第14条から第17条は、映画鑑賞料金及びその納付方法、減免、還付について定めた条文でございますので、これらを削り、第18条以下の条文をそれぞれ4条ずつ繰り上げるものでございます。
 次に、別表、基本使用料のうちシアターを表のとおり小ホールと楽屋の使用料に改め、小ホールの平日について午前3400円、午後4600円、夜間6200円、全日1万2400円に、また土・日・祝日、楽屋についても表のとおり定めたいというものでございます。この金額につきましては、面積がほぼ同じプラザ萬象小ホールを参考に設定させていただいたものでございます。
 第9号につきましては、小ホールを利用していただく市民の皆様の利便性を考慮し、準備、練習のために舞台のみを使用される場合、小ホールの基本使用料を3割にするというものでございます。
 附則といたしまして、この条例は平成18年10月1日から施行するというものでございます。
 以上よろしくお願いをいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯健康福祉部長(岩嵜賢司君) それでは、第68号議案から第70号議案まで御説明申し上げます。
 まず最初に、第68号議案 敦賀市心身障害者医療費の助成に関する条例の一部改正の件について御説明申し上げます。
 6ページをお願いいたします。
 障害者自立支援法の制定に伴い、身体、知的、精神障害の種別が一元化されたことによりまして、語句の整理と医療費の助成対象を精神障害者にも拡大する改正でございます。
 題名及び第1条中、「心身障害者」を「障害者」に改め、同様に第2条第1項及び第5項、第3条及び第4条第1項につきましても語句を改めるものでございます。
 次に、第2条は定義でございますが、第1項中「に掲げる者」を「のいずれかに該当する者」に改め、第3号中、第15条は児童相談所の設置規定ですが、児童福祉法の改正に伴い第12条に改めるものでございます。
 また、第3号の次に第4号を加え、医療費助成の対象として精神障害者1級または2級に該当するもので、自立支援医療費受給者証の交付を受けたものの要件規定を追加するものでございます。
 第2条第3項中、「負担すべき額」の次に精神障害者1級または2級に該当するものにあっては、病院または診療所への入院に要する費用は除くの規定を加えたものでございます。
 第3条は、助成対象者の住所要件の特例の規定でございますが、国民健康保険法の改正に伴い語句を改めるものでございまして、第1号中「同条に規定する施設への入所措置が採られたため」を「病院、診療所、施設又は住居(以下「病院等」という。)に入院、入所又は入居(以下「入院等」という。)したため」に改め、「当該措置が採られた際現に」を「病院等に入院等をした際」に改めるものです。
 また、第2号につきましても同様に語句を整理するものでございます。
 附則といたしまして、この条例は平成18年10月1日から施行するというものでございます。
 第2項の経過措置といたしまして、改正後の敦賀市障害者医療費の助成に関する条例の規定は、この条例の施行の日以後において適用し、施行日前に医療機関において受けた療養に係る助成は、なお従前の例による規定でございます。
 提案理由といたしまして、医療費の助成の対象を精神障害者にも拡大いたしたいので、この案を提出するものでございます。
 よろしくお願いいたします。
 続きまして、第69号議案 敦賀市太陽の家児童デイサービスセンターの設置及び管理に関する条例の一部改正の件について御説明を申し上げます。
 10ページをお願いいたします。
 障害者自立支援法の施行に伴い、児童デイサービス事業の利用料を徴収いたしたいので、敦賀市太陽の家児童デイサービスセンターの設置及び管理に関する条例の一部を次のように改正するものでございます。
 第3条は、児童デイサービス事業の規定でございますが、障害者自立支援法の制定に伴い、第1号中「児童福祉法第6条の2第8項に掲げる」を「障害者自立支援法第5条第7項に規定する」に改めるものでございます。
 また、第5条は費用の徴収の規定でございまして、「厚生労働大臣が定める基準を超えない範囲内において、別に定めるところにより、費用の一部」を障害者自立支援法第29条第3項に規定する介護給付費の児童デイサービス費基準表に当てはめた金額の1割の額、または法第22条第5項により障害福祉サービス受給者証に記載された負担上限額から他の障害福祉サービスを受けている場合、省令第1条第9号により利用者負担額の1割の額を引いた金額、つまり負担上限額から他のサービス分の1割負担額を引いた残額と児童デイサービス費の1割負担額とを比べ、いずれか低い額を徴収するということに改めるものでございます。
 附則第2項は、費用徴収の特例でございまして、第5条に規定する費用の徴収については当分の間、徴収しないという規定を削るものでございます。
 附則といたしまして、この条例は平成18年10月1日から施行するものでございます。
 提案理由でございますが、障害者自立支援法の施行に伴い、保護者の自己負担額の徴収を行いたいので、この案を提出するものでございます。
 よろしくお願いいたします。
 次に、第70号議案 敦賀市国民健康保険条例の一部改正の件について御説明申し上げます。
 12ページをお願いいたします。
 平成18年6月21日付で医療制度改革関連法が公布され、その中で出産育児一時金の見直しが行われたことに伴い、敦賀市国民健康保険条例の一部を次のように改正するものでございます。
 第6条、出産育児一時金について、第1項中「30万円」を「35万円」に改めるというものでございます。
 附則といたしまして、この条例は平成18年10月1日から施行するというものでございます。
 また、適用区分といたしまして、この条例による改正後の規定は、施行日以後の被保険者の出産に係る出産育児一時金について適用し、施行日前の被保険者の出産に係る出産育児一時金については、なお従前の例による規定でございます。
 提案理由といたしまして、出産育児一時金の額を増額いたしたいので、この案を提出するものでございます。
 以上でございます。よろしくお願いをいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育委員会事務局長(山口雅司君) それでは、13ページをお願いいたします。
 第71号議案 敦賀市通学区域審議会条例の一部改正の件について御説明いたします。
 敦賀市通学区域審議会条例の一部を改正する条例を次のように制定するというものでございます。
 次のページをお願いいたします。
 敦賀市通学区域審議会条例(昭和45年敦賀市条例第26号)の一部を次のように改正いたしたいというもので、条例第3条第2項中、第1号の議会の議員を削り、第2号学識経験者を第1号とし、第3号から第5号までを1号ずつ繰り上げるというものでございます。
 附則といたしまして、この条例は平成18年10月1日から施行いたしたいというものでございます。
 提案理由といたしまして、敦賀市通学区域審議会の委員構成を変更いたしたいので、この案を提出いたすものでございます。
 以上、よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯産業経済部長(木村 学君) 15ページをお願いいたします。
 第72号議案 公有水面埋立てについての意見の件について御説明申し上げます。
 公有水面埋立法第3条第1項の規定に基づき、次の公有水面の埋め立てについて異議のない旨意見を述べたいので、同条第4項の規定により議会の議決を求めるというものでございます。
 出願人は、福井県知事 西川一誠。埋め立ての場所及び面積は、敦賀市櫛川91号イトコ崎1番2、4番及び8番の地先の公有水面で、面積が695.26平方メートルでございます。埋立地の用途は、物揚げ場に適した平地を既設物揚げ場に隣接して確保し、一体的な利用により、より効率的に使用するものでございます。
 なお、位置図につきましては17ページをごらんいただきたいと存じます。
 提案理由といたしまして、公有水面の埋め立ての意見を述べるについて議会の議決を必要とすることから、この案を提出するというものでございます。
 引き続きまして、第73号議案 公有水面埋立てについての意見の件について御説明を申し上げます。
 19ページをお願いいたします。
 第72号議案同様、公有水面埋立法第3条第1項の規定に基づき、次の公有水面の埋め立てについて異議のない旨意見を述べたいので、同条第4項の規定により議会の議決を求めるというものでございます。
 出願人は、敦賀市長 河瀬一治。埋め立ての場所及び面積は、敦賀市蓬莱町19番8から19番11を経て19番6に至る間の土地に接する公共荷揚げ場の地先の公有水面で、面積が1934.91平方メートルでございます。埋立地の用途は、水産卸売市場の改築計画に伴い、既設用地を利用しながら不足する用地について必要面積を造成するというものでございます。
 なお、位置図につきましては21ページをごらんいただきたいと存じます。
 提案理由といたしまして、公有水面の埋め立ての意見を述べるについて議会の議決を必要とすることから、この案を提出するものでございます。
 よろしくお願いをいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設部長(小堀八寿雄君) それでは、第74号議案 字の区域の変更の件について御説明申し上げます。
 議案書の23ページをお願いいたします。
 本件は、市野々土地区画整理事業の施行に伴いまして、地方自治法第260条第1項の規定に基づき字の区域の変更をお願いいたすものでございます。
 23ページの公文名26号上捨鷹、御名58号下捨鷹の記載の各地番及びこれらの区域に隣接、介在する道路である国有地の一部につきましては、御名53号捨鷹に編入をいたしたいというものでございます。
 また、23ページから25ページの公文名13号瓜屋、24号時繁、25号初ン場、26号上捨鷹、27号苅山、櫛林30号時繁、砂流47号苅山、御名53号捨鷹、55号時繁、57号瓜屋、58号下捨鷹、59号又木田、山89号瓜屋の記載の各地番及びこれらの区域に隣接、介在する道路、水路等である国有地の一部につきましては、公文名11号捨鷹に編入をいたしたいというものでございます。
 提案理由といたしまして、市野々土地区画整理事業の施行に伴い、字の区域を変更したいので、この案を提出するものです。
 なお、字区域概要図につきましては26ページに添付してございますので、よろしくお願いをいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯水道部長(松村 茂君) それでは、水道部からは第75号議案及び第78号議案について御説明を申し上げます。
 まず、第75号議案 敦賀市公共下水道事業中央幹線(汚水)築造工事請負契約の件について御説明を申し上げます。
 議案書の27ページをお願いいたします。
 敦賀市公共下水道事業中央幹線(汚水)築造工事請負契約を次のとおり締結いたしたいというものでございます。
 その内容でございます。
 1、契約の目的。敦賀市公共下水道事業中央幹線(汚水)築造工事でございます。
 2、契約の方法でございます。一般競争入札でございます。
 3、契約の金額。9219万円でございます。
 4、契約の相手方。福井県敦賀市中央町2丁目22番22号 株式会社浅原組敦賀支店 支店長 長谷康彦でございます。
 提案理由でございますが、地方自治法第96条第1項第5号及び議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、この案を提出させていただくものでございます。
 なお、入札結果一覧につきましてはお手元に配付いたしておりますとおりでございます。
 以上よろしくお願いを申し上げます。
 続きまして、第78号議案 平成17年度敦賀市水道事業剰余金処分の件について御説明を申し上げます。
 33ページをお願いいたします。
 平成17年度敦賀市水道事業剰余金の一部を任意積立金として、次の第2項第2号のように処分をいたしたいというものでございます。
 34ページをお願いいたします。
 平成17年度敦賀市水道事業剰余金処分計算書でございますが、当年度未処分利益剰余金が1億2399万829円でございまして、内訳は前年度繰越利益剰余金985万9258円と当年度純利益1億1413万1571円との合計でございます。利益剰余金処分額といたしまして、法定積立金として減債積立金1000万円と任意積立金、建設改良積立金へ1億1000万円の合計1億2000万円を処分させていただき、翌年度繰越利益剰余金を399万829円といたしたいというものでございます。
 提案理由でございますが、剰余金の一部を任意積立金に処分するため、地方公営企業法第32条第2項の規定によりましてこの案を提出させていただくものでございます。
 以上よろしくお願いをいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) これより質疑を行います。
 まず、第62号議案について御質疑ありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯20番(北條 正君) まず1点は、23ページのJR直流化開業記念事業の2点、街なか賑い創出事業。この効果といいますか、どのようなことをねらっているのか、そのことについてお尋ねをしたいのと、赤レンガ倉庫等ライトアップの事業についてのモデル事業という話をされておりましたけれども、この効果についてどのようなことをねらっておられるのか、もう少し詳しく教えていただきたいと思います。
 それから、同じく市内周遊の観光バス。コミュニティバスの、従来、はぎ号というのがたしか観光周遊バスとしてあったかと思うんですけれども、これとの兼ね合いをどのように考えておられるのか。
 もう1点は、26ページ、中心市街地活性化基本計画、この計画については、これまでも何度かされてきておりますけれども、今回はどのようなことを重点的に基本計画の中に盛り込もうとしておられるのか。また、どのような業者に委託をしようとしているのかをお聞きいたします。
 それから最後にもう1点、29ページの玄蕃尾城の管理、修復でございますけれども、私もこの夏行きましたけれども、かなり傷んで、この程度の金額等でいけるのかどうか。道路面も含めて62万円という計上でございますけれども、かなり修復をしなければいけない箇所が多くございます。どのようなところを直そうとしているのか、わずかでございますけれども、その点について大きく3点でございますか、よろしく御回答をお願いいたします。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯産業経済部長(木村 学君) 私の方から3点お答えをいたしたいと思います。
 まず1点目、街なか賑い創出事業につきまして、ねらいは何かということでございますが、この件につきましては、開業イベント以降でございます。開業イベントが10月21日、22日にございますが、それ以降に観光客を敦賀市の方へ呼び入れるため、学生を中心とした模擬店コンテストを開催いたしたいということで、これに対する補助金を予算化させていただきたいというものでございます。
 2点目でございます。赤レンガ倉庫等ライトアップ事業についてでございますが、この件につきましては、総務部長から説明のありましたとおり港駅舎がライトアップされます。これにあわせまして赤レンガ倉庫と大和田別荘についてもライトアップすることによりまして、相乗効果を出して周辺の夜間景観を創出していきたいということで、今回予算化をさせていただいたものでございます。
 もう1点でございますが、市内周遊バス運行事業費の補助金でございます。これについてコミュニティバスとの兼ね合いはということでございますが、コミュニティバスの方への乗り込み等につきましても現在検討いたしておりまして、現在考えておりますのは、1日フリー券500円でどのバスにでも何回でも乗れる、そういった利用の仕方。また1回券200円の設定をさせていただきたいと思っておりますが、これにつきましてもコミュニティバスとの乗りかえをしていきたいということで考えております。
 また、コミュニティバスの方には少し1周の時間がかかりますが、このバスにつきましては1周1時間コースということで現在考えているところでございます。
 以上でございます。よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育委員会事務局長(山口雅司君) 玄蕃尾城跡の管理道の修理の件でございますが、敦賀市が管理しております面積5万9220平米あるわけなんですが、7月の大雨によりまして8メーター、高さ3メーターにわたって崩れた分、その分の修復工事費でございます。
 以上です。よろしくお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設部長(小堀八寿雄君) 先ほどの質問でございますけれども、中心市街地活性化基本計画の策定につきまして御説明を申し上げます。
 今回、市長が冒頭、説明いたしましたように、まちづくり三法の改正に伴いまして中心市街地の活性化に関する施策を総合的かつ一体的に推進するため、基本計画を策定し、今まで内閣総理大臣に対し申請するようなことはなかったんですけれども、申請することで認定基本計画ということで認めていただけますと、いろいろな費用的な支援がいただけるということで、今回この計画を策定したいというものでございます。
 それから業者につきましては、この計画に精通した業者を選んでいきたいと、このように思っております。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯6番(和泉 明君) 今の中心市街地活性化基本計画の関連なんですけれども、この基本計画策定に当たっては、中心市街地活性化協議会での審議が、審議というか話し合いが必要だということが法制化されています。
 それで今回見させていただきますと、策定事業費のみが上がっているという形なんですけれども、例えば中心市街地活性化協議会を設立し、それの運営等をどうされていかれるのか。今年度中に策定を目指すと市長の提案理由にもありましたので、今年度中に出されると思うんですけれども、そこをお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設部長(小堀八寿雄君) 御説明申し上げます。
 今回提案させていただいております735万の中には、基本的な計画の策定、さらには先ほど議員から御紹介ございました協議会の設立、運営、すべてこの費用の中に含まれております。
 よろしくお願いをいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯5番(有馬茂人君) 2点質問させてもらいます。
 1点目は、17ページの児童文化センター費なんですけれども、私の聞き違いでなければ先ほど総務部長の方で、もう既にこの空調が壊れて執行されているというような御説明でしたけれども、私の理解では、この議案に乗ってくるものはこれから執行するものが乗ってくるのであって、既に執行されたものは専決処分で処理されるものだと理解していますけれども、ここで議案の中に乗ってきているのはどういうところでそういうふうになっているのかというのが1点目。
 あと23ページ、商工費の観光費ですけれども、これも私の勘違いでなければ、県はJR直流化開業記念事業についていろいろ補助金だとかそういうものを用意していると新聞記事に出ていますけれども、ここでは歳入というか、一般財源でしかひもづいてないですけれども、この辺、県の補助との関係というのはどうなってくるのか、その2点について質問いたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(奥村 薫君) 児童文化センター費の故障の件でございますが、金額にもよるわけでございますが、基本的にこの程度の額ということで、既決予算の中で緊急避難ということで対応させていただいたということで、もう少し額が大きくなるようなことがございますと専決処分をさせていただくとか、極端に多くなれば臨時議会を開かせていただくとか、そういういろんな方法があると思いますが、既決予算に余裕があって緊急避難のために実施をさせていただいて、その修理費を今回予算で上げさせていただいて、一時的に流用させていただいたところへ予算を戻すということでございます。
 そういうことで御理解いただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯産業経済部長(木村 学君) 23ページのJR直流化開業記念事業費に関連しまして、県の財源はということでございますが、県の財源につきましては、当初予算の際に空き店舗対策等々につきましていただいておりますが、今回上げさせていただいたものについては県の補助要項等ございませんので、今回県の財源は入っておりません。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯9番(美尾谷幸雄君) 14ページの携帯電話不感地域解消モデル事業費ということで、駄口、小河地区に関して光ケーブルができるということなんですけれども、この携帯電話は各機種の携帯電話が使用できるのかどうか、お聞かせください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画部長(中野明男君) お答えいたします。
 携帯電話の事業者でありますけれども、現在、日本では3事業者おられます。3事業者おられまして、この事業のうちいろんなところでこの事業をやっていただいておるわけなんですけれども、具体的に申し上げますと、NTTドコモ、まず1社。それとau、KDDIの方なんですけれども、それが1社。もう一つはボーダフォン、今後ソフトバンクになろうかと思いますけれども。この3社ございまして、皆さんがそれぞれの地域でやっておりますので、今回の改正の有線伝送路、光ケーブルを敷設いたしましても、すべて3社とも使えるというわけにはいきません。この中の、例えば駄口の分につきましてはauが対応いたしましょうと、例えば小河口の方につきましてはNTTドコモが対応しましょうという形になりますので、1つの鉄塔につきまして、事業者が建てていきます関係上、その部分で3社とも使えるというわけにはいきませんので、その点の御理解の方はよろしくお願いしたいと思います。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯1番(山本貴美子君) 3点お聞きいたします。
 今、携帯電話不感地域解消モデル事業費2763万3000円について3社の事業者でそれぞれ、1つで一遍には使えないけれどもそれぞれ使えるとの説明がありました。県も出しますということですけれども、au、ドコモ、ボーダフォン、それぞれの会社、企業は負担はしないのか、するのかお聞きいたします。
 それと、23ページのJR直流化開業記念事業費なんですけれども、街なか賑い創出事業費ですか、関西の学生による模擬店をするということですよね。これについて230万円の予算がついているわけなんですけれども、例えば模擬店とかしますと出店料とかあって、割と敦賀市にお金が入ってくるのかなと思ったんですけれども、230万円払うということですけれども、これは学生たちに払うのか、そういった取りまとめをしてもらうどこか団体をつくって払うのかということについてお聞きいたします。
 最後に、26ページの中心市街地活性化基本計画策定事業費ですけれども、735万円ということで結構高額な金額だなと思うんですけれども、これ全部委託料ということですけれども、これを敦賀市の職員がつくることはできないのか。
 そのこと3点についてお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画部長(中野明男君) まず、携帯電話不感地域の解消モデル事業の件なのでございますけれども、これにつきましては電話交換局から電話基地局、いわゆる鉄塔までの有線伝送路の光ケーブルを敷設する事業でございます。それにつきまして、私ども敦賀市の方で光ケーブルについて敷設をしましたという形になります。
 光ケーブルのところまでいきますと、今度、電話基地局というのがございます。これにつきましては、先ほど言いました携帯電話通信業者の方が鉄塔を建てます。鉄塔を建てるという約束がありまして、初めて私どもの方が敷設をするという形になりますので、そういう協力依頼、例えば先ほど言いました3社のどこかがそこのところにつきまして鉄塔を建てて、携帯の不感解消をやりましょうという部分についての協力があって初めて敷設できるものでございますので、その点の方の御理解をよろしくお願いしたいと思います。携帯電話の事業社の方が鉄塔を敷設するということでございます。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯産業経済部長(木村 学君) 街なか賑い創出事業についてでございますが、関西の学生、京都、神戸、大阪等の学生でございますが、運営委員会を組織していただきまして、そこへの補助金ということで支払いはさせていただきたいと存じておりますが、この230万円の内容につきましては、関西からの交通費、また宿泊代、また、こちらでテントを立てる、これに係ります給排水設備、机、いす等、こういったものに係ります経費について予算化をさせていただいたものでございます。
 よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設部長(小堀八寿雄君) ただいまの御質問ですけれども、敦賀市の職員でできないかという件なんですけれども、今回この基本計画につきましては、先ほど申し上げましたように都市施設であるとか経済の活力を高めるためということを考えておりますので、そういう点から、やはり、都市計画並びに都市整備に資格を持ちます技術士であるとか、そういう技術者が必要でございます。そういう観点から今回委託をするということで、これによって職員も勉強になると考えております。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯17番(河端 満君) 28ページの学校管理費ですか。工事請負費で310万8000円ですね。これはたしか夏休み中に気比中学校をもう工事が完了したということでしたが、これは予算のないのにやったということなんですが、6月補正でできなかったかどうかということ。それ以降にこういう事態が発生しておるのかどうか。ちょっとそこをひとつ質問したいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育委員会事務局長(山口雅司君) この件につきまして、学校から話がありましたのが6月の中旬ごろでございまして、いわゆるこの学校は昭和55年3月の建築でございまして26年経過しているというようなことで、学校の体育の授業、それから部活動、それから夜間の社会体育のいわゆるバレーボールとかバドミントンとかの使用が多いというようなこと、2階のフローリングのすり切れや床のでこぼこが非常に多いというようなこと、それと管理をするのに帯電美化調整剤ということで、毎日砂ぼこりなんかで床そのものが劣化しておりまして滑りませんので、毎日、滑りやすくするためにそういうようなことでのメンテナンスを行っているというような話。
 それと、化学物質過敏症の生徒が気比中学校の方へ1年生に入ってきたというようなことで、帯電美化調整剤によりその生徒に化学物質過敏症の影響が出ないように対応を早急に行いたいというようなことで、夏休み中に行わせていただいたということでございますので、よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) ほかに御質疑ありませんか。
  〔「なし。」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 次に、第63号議案について御質疑ありませんか。
  〔「なし。」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 次に、第64号議案について御質疑ありませんか。
  〔「なし。」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 次に、第65号議案について御質疑ありませんか。
  〔「なし。」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 次に、第66号議案について御質疑ありませんか。
  〔「なし。」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 次に、第67号議案について御質疑ありませんか。
  〔「なし。」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 次に、第68号議案について御質疑ありませんか。
  〔「なし。」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 次に、第69号議案について御質疑ありませんか。
  〔「なし。」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 次に、第70号議案について御質疑ありませんか。
  〔「なし。」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 次に、第71号議案について御質疑ありませんか。
  〔「なし。」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 次に、第72号議案について御質疑ありませんか。
  〔「なし。」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 次に、第73号議案について御質疑ありませんか。
  〔「なし。」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 次に、第74号議案について御質疑ありませんか。
  〔「なし。」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 次に、第75号議案について御質疑ありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯19番(常岡大三郎君) 第75号議案の汚水築造工事の件なんですけれども、初めて見させてもらったような落札額なんですけれども、まず大丈夫なのかというのが1点ありまして、その根拠をもしあったらちょっとお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯水道部長(松村 茂君) ただいまの質問は、低価格なので大丈夫かという問題と根拠ということでございますけれども、今回の入札については一般競争入札でございまして、設計額が1億5000万以上かかっておりますので、本定例会に上程させていただいたわけでございます。
 入札の結果、契約額は9200万ということでございまして請負率56.35%の低入札価格ということで一たん入札に保留をかけております。そして、低入札の調査基準価格がありまして、それを割った会社が6社ございました。
 各6社につきましては、各低入札価格調査表等々いろいろな書類の提出を求めて、私の方で審査をかけまして、当該工事の内容に適合した履行がなされると認めたわけでございますが、さらに今回は市の低入札価格調査審査会に意見を求めました。そして、その審査結果に基づき、落札者を今回認めたということでございます。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯19番(常岡大三郎君) 僕の記憶違いかもわからないんで、もし違ったらそれでいいんですけれども、ここの前の工事のときに、この業者さんがやられていたんじゃないか。下請か何かでやられていた。もし違ったら違うと言ってくれればいいんですけれども、その前の手前の工事というんですか、前の工事のときに下請かもわかりませんけれども、入っておられたんじゃないかなと思うので、そのときの入札率というか、もしあったらお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯水道部長(松村 茂君) 残念ながら今前回の資料を持っておりませんので何とも申し上げられませんが、今回につきましては各社いろいろな考え方があったかと思いますので、結果的にこういうぐあいになったと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) ほかに御質疑ありませんか。
  〔「なし。」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 次に、第76号議案について御質疑ありませんか。
  〔「なし。」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 次に、第77号議案について御質疑ありませんか。
  〔「なし。」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 次に、第78号議案について御質疑ありませんか。
  〔「なし。」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 次に、第79号議案について御質疑ありませんか。
  〔「なし。」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 以上で質疑を終結いたします。

 休会の決定

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) お諮りいたします。
 議案調査等のため、明日は休会といたしたいと存じますが、これに御異議ありませんか。
  〔「異議なし。」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 御異議なしと認めます。よって、明日は休会とすることに決しました。
  ────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(水上征二郎君) 以上で本日の日程はすべて終了いたしました。
 次の本会議は9月14日午前10時から再開いたします。
 本日はこれをもって散会いたします。
            午後6時46分散会