議事ロックス -地方議会議事録検索-


石川県 野々市市

平成10年  3月 定例会(第1回) 03月16日−03号




平成10年  3月 定例会(第1回) − 03月16日−03号









平成10年  3月 定例会(第1回)



       −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議

  3月16日午後2時06分開議                   出席議員18名



○議長(内村栄一君) 休会前に引き続き会議を開きます。

 出席議員は定足数に達していますので、これから本日の会議を開きます。

       −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議時間の延長



○議長(内村栄一君) あらかじめ会議時間の延長をしておきます。

       −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議長諸報告



○議長(内村栄一君) 議事日程はお手元に配付のとおりです。

 地方自治法に定める会議の説明員、書記は休会前と同様です。

       −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△委員長報告



○議長(内村栄一君) これから委員長報告を行います。

 各常任委員会並びに議会運営委員会に付託しました案件について、委員長の報告を求めます。総務常任委員会委員長、中道明君。

  〔総務常任委員長(中道明君)登壇〕



◆総務常任委員長(中道明君) 総務常任委員会委員長報告。

 総務常任委員会における審査の経過並びに結果につきましてご報告申し上げます。

 当委員会に付託されました案件は、議案第1号平成9年度野々市町一般会計補正予算(第4号)についてのうち、歳入全般及び歳出における議会費、総務費(戸籍住民基本台帳費の項を除く)、消防費、繰越明許費、地方債の補正を初め議案10件及び請願第1号「消費税の減税を求める意見書」の提出を求める請願です。

 これらの各案件につきまして、去る3月12日午前9時58分より委員全員の出席を得まして委員会を開催し、助役、収入役、総務部長並びに担当課長より詳細に説明を聴取し、慎重なる審査を重ねてまいりました。

 その結果、当委員会に付託されました議案第1号、議案第6号、議案第7号、議案第12号、議案第13号、議案第14号、議案第15号、議案第16号、議案第17号、議案第18号につきましては、審査の結果、全員一致をもって原案のとおり可決すべきものと決した次第であります。

 次に、請願第1号につきましては、審査の結果、全員一致をもって不採択とすべきものと決した次第であります。

 なお、審査の過程におきまして、消費税を将来に地方税の財源と考えれば、今後、地方税をふやしていことにより国と地方との財政的均衡が保たれるようになり、地方自治の主体性が確実にされていくという点から、消費税は重要な税であると思われるとの意見がありましたので、ご報告いたします。

 最後になりましたが、平成9年3月定例会において付託となりました野々市町における交通安全対策に関すること、野々市町における災害対策、防災に関すること、野々市町における総合計画に関することの3案件についてでありますが、これらの付託事項については、先進地の視察研修などの取り組みにより一応の成果を上げてきたところでありますが、今後とも継続して審査すべきであることもあわせてご報告いたします。

 以上、当委員会に付託されました議案につきまして、その審査の結果をご報告申し上げ、簡単でございますが総務常任委員長の報告を終わります。



○議長(内村栄一君) 教育民生常任委員会委員長、塩田整君。

  〔教育民生常任委員長(塩田整君)登壇〕



◆教育民生常任委員長(塩田整君) 教育民生常任委員会委員長報告。

 教育民生常任委員会における審査の経過並びに結果につきましてご報告申し上げます。

 当委員会に付託されました案件は、議案第6号平成10年度野々市町一般会計予算についてのうち、歳出における総務費の戸籍住民台帳費の項、民生費、衛生費、働く婦人の家費の目、教育費を初めとする議案12件であります。

 これらの各案件につきまして、3月12日午後1時30分より委員会を開催し、助役、教育委員長、教育長、及び担当部長並びに担当課長より詳細なる説明を聴取し、終始慎重な審査を重ねました。

 その結果、当委員会に付託されました議案第1号、議案第2号、議案第3号、議案第6号、議案第8号、議案第9号、議案第19号、議案第20号、議案第21号、議案第22号、議案第23号、議案第26号につきましては、いずれも全員一致をもって可決すべきものと決しました。

 なお、議案第6号平成10年度野々市町一般会計予算の審査の経過において、さきに制定されました町行政改革大綱を遵守し、財政厳しき折、最小の経費で最大の結果を上げるよう行政努力していただきたい旨の委員全員の要望がありました。

 最後になりましたが、平成9年3月定例会において付託となりました野々市町における保健・衛生・環境に関すること、野々市町における文化・教育・体育に関すること、野々市町における町民福祉に関することの3件についての付託事項については、先進地の視察研修などの取り組みにより一応成果を上げたところであり、今後とも継続して審査すべきものであることもあわせてご報告申し上げます。

 以上、当委員会に付託されました議案等につきまして、その審査の結果をご報告申し上げ、簡単でございますが教育民生常任委員長報告を終わります。



○議長(内村栄一君) 産業建設常任委員会委員長、山田清司君。

  〔産業建設常任委員長(山田清司君)登壇〕



◆産業建設常任委員長(山田清司君) 産業建設常任委員会委員長報告。

 産業建設常任委員会における審査の経過並びに結果についてご報告申し上げます。

 当委員会に付託されました案件は、議案第1号平成9年度野々市町一般会計補正予算(第4号)についてのうち、歳出における農林水産業費、商工費、土木費を初めとする議案9件であります。

 これらの案件につきまして、去る3月12日午後2時より委員会を開催し、担当部長並びに担当課長より詳細なる説明を聴取し、慎重なる審査を重ねてまいりました。

 その結果、当委員会に付託されました議案第1号、議案第4号、議案第5号、議案第6号、議案第10号、議案第11号、議案第24号、議案第25号、議案第27号については、全員一致をもっていずれも原案のとおり可決するものと決しました。

 最後になりましたが、平成9年3月定例会において付託となりました野々市町における都市計画に関すること、野々市町における上・下水道事業の推進に関すること、野々市町における産業振興及び労働対策に関することの3案件についてでありますが、これらの付託事項につきましては、先進地の視察研修などの取り組みにより一応の成果を上げてきたところでありますが、今後とも継続して審査すべきであることもあわせてご報告申し上げます。

 以上、当委員会に付託されました案件につきまして、その審査の結果をご報告申し上げ、簡単でございますが産業建設常任委員長の報告を終わります。



○議長(内村栄一君) 議会運営委員会委員長、岩見博君。

  〔議会運営委員長(岩見博君)登壇〕



◆議会運営委員長(岩見博君) 議会運営委員会委員長報告。

 平成9年3月の定例会において議会運営委員会に付託されました案件についての審査の経過並びに結果についてご報告申し上げます。

 当委員会に付託されました案件は、議会運営に関する事項、議会の会議規則・委員会に関する条例等に関する事項、議長の諮問に関する事項の3件についてであります。

 これらの付託事項につきましては、その都度協議を重ね、適正なる対応をいたすとともに、先進地の視察研修などの取り組みにより一応の成果を上げてまいりました。

 議長より諮問のあった議会広報の発刊の件及び官工事請負関係について、委員全員にて熱心に討論をいたしたところ、議会広報の発刊については、人、時間等を総合的に考察する中で、単独で発刊することは難しいのではないかとの結論に達したところであります。

 なお、現在、町広報に掲載している議会報告等については、町民の皆様が読んでいただけるような内容の充実を図ることが必要であるとのことから、見出し部分及び質問者の原稿字数を300 字以内にまとめるなどの創意工夫を図っていくことで意見の一致を見たところであります。

 また、官工事請負関係につきましては、県内の先進地の取り組み及び真剣なる討論を重ねてまいりましたが、今、当面する事案もないこともあり結論を出すには時期尚早であるとの意見が多いため、本年9月議会をめどに結論を出せるよう、今後さらに検討を重ねていくこととなりました。

 以上、簡単ですが、当委員会に付託されました案件につきまして、その審査の経過並びに結果をご報告申し上げ、議会運営委員会委員長報告を終わります。

       −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△特別委員会の中間報告



○議長(内村栄一君) これから特別委員会の中間報告を求める件を議題とします。

 お諮りします。行政センター建設特別委員会、高齢者福祉対策特別委員会、情報化対策特別委員会の中間報告を求めたいと思います。ご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(内村栄一君) ご異議なしと認めます。したがって、行政センター建設特別委員会、高齢者福祉対策特別委員会、情報化対策特別委員会の中間報告を求めることに決定しました。

 各委員長の報告を求めます。行政センター建設特別委員長、田中昭一君。

  〔行政センター建設特別委員長(田中昭一君)登壇〕



◆行政センター建設特別委員長(田中昭一君) 行政センター建設特別委員会中間報告。

 築後30年を経過した現庁舎は、老朽化が進行し改善に向けた大規模な増改築も困難であり、その結果、間借り施設が増大し慢性的な駐車場不足にも悩まされております。

 将来の人口増や多種、多様化する住民ニーズにこたえ、防災拠点として役割を果たすためには、現在の分散された状態を一刻も早く解消し、住民が安心、憩い安らげる行政センターの建設が望まれています。

 これからの住民と行政とが共存し、つながりや触れ合える場として、行政センター建設を目指して調査、研究を行うために昨年3月に当委員会が設置され、この1年間、各種の取り組みを行ってまいりました。

 昨年6月には、庁舎建設準備室の業務内容や新庁舎建設推進組織、基本構想策定へのフロー等の町当局から説明を受け、今後の委員会活動の方針を立てたところであります。

 引き続き、9月には町新庁舎建設構想懇談会に諮問した内容や今後のスケジュール、目標年次、計画人口、計画職員数の推計などの将来フレームと最近の新庁舎建設状況について、事務局より詳細に説明を求め、庁舎建設に係る現状の地方債制度についても理解を深めたところであります。

 また、11月には近年建設された兵庫県三木市と大阪府藤井寺市の庁舎を先進地として視察してまいりました。建設に至る経過や各都市の背景はそれぞれ異なりますが、住民の利便性に配慮し、これからの高度情報化社会に対応できる工夫がなされていたようであります。

 今後についてでありますが、住民の安心と密接にかかわりのある行政センターの早期建設のため、基本構想や基本計画の策定、取りまとめをお願いする次第であります。

 当委員会におきましても、これからについて積極的に取り組むのはもちろん、一層の審査と調査を重ねていく必要があることを申し上げ、行政センター建設特別委員会の中間報告といたします。



○議長(内村栄一君) 高齢者福祉対策特別委員長、村本道治君。

  〔高齢者福祉対策特別委員長(村本道治君)登壇〕



◆高齢者福祉対策特別委員長(村本道治君) 高齢者福祉対策特別委員会中間報告。

 当委員会は、既に現実のものとなっている高齢社会のあり方について、高齢者の福祉の向上、また平成12年4月施行される介護保険制度の公平で適切な運用に資する調査、研究を行うために昨年3月に設置され、この1年間、各種の取り組みを行ってまいりました。

 平成9年5月9日、本委員会の活動目的、事業等についてを議題とし委員会を開催し、その審議の結果に基づき、5月26日には「2025年の保健・医療・福祉と行政、我が町野々市の福祉サービスと行政サービスとは」と題してフォーラムを開催させていただきました。

 そこでは、社団法人日本医療法人協会税制委員会制度委員・専門委員の松田紘一郎氏に「高齢者をめぐる医療の動き、その行政サービスとは?」をテーマとして基調講演をいただき、また、「高齢社会の保健・医療・福祉の現状と実態、行政サービスへの期待」をテーマとし、石川県薬剤師会会長川崎直司氏、石川中央保健所所長川島ひろ子氏、金沢赤十字病院看護副部長田村幸子氏をパネラーとして、また、さきの松田紘一郎氏をコーディネーターとしてパネルディスカッションを開催いたしました。このフォーラムの内容につきましては、フォーラム記録集として議長、副議長、委員各位並びに行政当局の関係者にお届けさせていただきました。

 また、平成10年2月17日には、介護保険制度及び特別養護老人ホーム建設についてを議題とし委員会を開催し、論議を深めるとともに、視察事業として金沢市の特別養護老人ホーム第2朱鷺の苑の施設を視察及び意見交換会を行うなど、本委員会に課せられた諸問題について慎重に調査、研究を重ねてまいりました。

 今後につきましては、我が町野々市の保健福祉施設等の視察並びに関係者との意見交換、特別養護老人ホーム富樫苑の建設計画を見守り、4月以降計画されている要介護認定モデル事業や介護保険事業計画等を視野に入れて委員会で議題を調整し、さらに継続して発展的に諸問題の審査と調査を重ねていくことを申し上げ、高齢者福祉対策特別委員会の中間報告といたします。



○議長(内村栄一君) 情報化対策特別委員長、宮前茂君。

  〔情報化対策特別委員長(宮前茂君)登壇〕



◆情報化対策特別委員長(宮前茂君) 情報化対策特別委員会中間報告。

 野々市町議会情報化対策特別委員会は、野々市町における情報提供や情報公開、情報処理など情報化施策全般の推進に関することについて調査、研究を行うことを目的として昨年3月に設置されました。

 情報化対策について、今日の高度情報技術は目覚ましい進展を遂げており、より高度な行政情報システムの構築が急務であると思われます。

 そこで、情報化の一層の推進により、行政の効率化と住民に対する迅速な対応や、きめ細かい住民サービスの向上を図るよう努力しなければならないと考えております。その意味で、町民の方々への情報提供や情報公開は、非常に重要な課題であると感じているところであります。

 そこで、昨年8月に第1回目の委員会を開き、現在、町で調査、研究を行っている地図情報システムについて、当委員会として研修することとしました。このシステムは、既に税務課が作成した固定資産土地評価システムのデジタルマップ上に、庁内の各部局の管理されている多くの地図情報をコンピューターを用いて編集、管理し、総合的に検索や表示、解析などを行えるようにしたものです。

 また、野々市町の情報管理、情報提供、情報処理などの情報化施策の状況を踏まえ、より高度な行政情報システムの構築のため、昨年11月11日、12日の両日、先進地行政視察をして広島県の廿日市市で情報化の推進などによる行政サービスの向上について視察研修を行ったところであります。廿日市市は人口約7万 3,000人、面積約50平方キロメートルという規模の中、昨年3月に市役所、文化ホール、市民図書館などの複合施設が完成し、この施設を拠点とした庁舎内ネットワーク化、自己電算の導入、情報公開などの情報諸施策の現状、問題点及び今後の課題について視察研修を行い、見聞を広めてまいりました。

 今後、町当局においては、平成8年8月の野々市町行政改革大綱に基づき、いろいろと方策を講じ、全庁が一体となって情報化の推進に努力されておりますが、当委員会としましても今後ともより一層の情報化対策の推進について調査、研究することを申し上げ、情報化対策特別委員会の活動中間報告といたします。

       −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△委員長報告に対する質疑



○議長(内村栄一君) これから委員長報告に対する質疑を行います。

 質疑ありませんか。−−質疑なしと認めます。

 これで委員長報告に対する質疑を終わります。

       −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△討論



○議長(内村栄一君) これから討論を行います。

 16番議員、岩見博君。

  〔16番(岩見博君)登壇〕



◆16番(岩見博君) 議案の表決に当たり討論を行います。

 議案第6号、議案第8号、議案第9号、議案第12号、議案第14号、並びに議案第20号の以上6議案について、いずれも反対です。

 98年度の地方財政計画の特徴は、財政構造改革法により一般歳出を厳しく抑制されたものとなっています。歳入面では、地方自治体の財源となる地方交付税の交付税率の引き上げ措置をとらないばかりか、交付税特別会計借入金の償還の大半を地方負担としています。歳出では、92年の総合経済対策以降、景気対策として地方単独事業が事実上強制されてきました。98年度は4%の削減されたというものの、依然として高い水準にあることには変わりありません。これらが地方財政の赤字を拡大してきたのです。本町の場合で見ても、財政不足を地方債で補てんしているのが現状で、町の最近5年間の公債費比率を見ても、平成7年度予算で危険ラインと言われる15%を超えたのを初めとして、13%近くの高い水準で推移しています。

 加えて、財政構造改革法による補助金などの削減の一環として、地方分権を口実にした補助金などの一般財源化、すなわち地方自治体による肩がわり、国庫補助の削減が進められています。既に行われている国保事務にかかわる人件費などの一般財源化に加えて、98年度からはがん検診や妊産婦健康診査、骨祖しょう症検診など、いずれも住民の命と健康に深くかかわるものが一般財源化されています。このように、今日の地方財政危機の責任は政府にあることは明らかです。

 町民の暮らしの問題でも、消費税の増税と医療制度改悪などによる9兆円の負担増に加えて、労働者の賃上げ抑制と雇用不安、中小零細業者の仕事量と売り上げ激減、銀行の貸し渋りによる経営不安など、どこを見ても町民の暮らしが厳しい状況となっています。

 そんな中で、保育料の値上げが計画され、一方で議員報酬と町長を初めとする4役の給与を引き上げるなど、町民に理解されるはずがありません。まして、議会正副議長席への消火剤散布事件にかかわる議会への不信が払拭されていない中では、町民は納得しません。

 医療の面では、医療保険制度の相次ぐ改悪の中で受診抑制が強まっており、国民の命と健康が脅かされています。これに加えて新年度からは、原因が不明で治療方法も確立されていない難病患者の医療費についても財政構造改革法の対象とされ、新たに患者自己負担が導入されることとなりました。難病患者にとっては死活問題となっていることを申し上げて討論を終わります。



○議長(内村栄一君) 5番議員、北村成人君。

  〔5番(北村成人君)登壇〕



◆5番(北村成人君) 私は、議案第6号、議案第8号、議案第9号、議案第12号、議案第14号、議案第20号の6議案について、いずれも賛成の立場を表明し討論を行います。

 まず、議案第6号平成10年度野々市町一般会計予算、議案第8号平成10年度野々市町国民健康保険特別会計予算、議案第9号平成10年度野々市町老人保健特別会計予算についてでありますが、これらの各新年度予算は、厳しい財政環境の中、野々市町行政改革大綱に定めた計画的で効率的な財政運営を基本にしながら、野々市町新総合計画に盛り込まれた諸施策等を積極的に推進するものであり、原案賛成であります。

 次に、議案第12号野々市町議会議員の報酬及び費用弁償等に関する条例、議案第14号町長・助役・収入役給与条例及び野々市町教育委員会教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部を改正する条例の2議案についてでありますが、いずれも町特別職報酬等審議会におきまして慎重に審議が行われたその答申に基づくものであり、町民の行政に対する要望や議員活動の多様化により、その内容も複雑多岐にわたる今日、各人のより一層の自覚を促し、町政の発展を期待するものであり、原案賛成であります。

 次に、議案第20号野々市町保育所入所措置条例の一部を改正する条例についてでありますが、児童福祉法の改正に伴い保護者が保育所を選択できる制度に改めるための条例改正であり、原案賛成であります。

 以上、賛成討論を終わります。



○議長(内村栄一君) これで討論を終わります。

       −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△表決



○議長(内村栄一君) これから表決を行います。

 議案第1号平成9年度野々市町一般会計補正予算(第4号)についてを採決します。

 本案に対する委員長の報告は可決です。本案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

  〔賛成者起立〕



○議長(内村栄一君) 起立全員です。したがって、議案第1号は委員長の報告のとおり可決されました。



○議長(内村栄一君) 議案第2号平成9年度野々市町国民健康保険特別会計補正予算(第3号)についてを採決します。

 本案に対する委員長の報告は可決です。本案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

  〔賛成者起立〕



○議長(内村栄一君) 起立全員です。したがって、議案第2号は委員長の報告のとおり可決されました。



○議長(内村栄一君) 議案第3号平成9年度野々市町老人保健特別会計補正予算(第2号)についてを採決します。

 本案に対する委員長の報告は可決です。本案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

  〔賛成者起立〕



○議長(内村栄一君) 起立全員です。したがって、議案第3号は委員長の報告のとおり可決されました。



○議長(内村栄一君) 議案第4号平成9年度野々市町下水道事業特別会計補正予算(第3号)についてを採決します。

 本案に対する委員長の報告は可決です。本案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

  〔賛成者起立〕



○議長(内村栄一君) 起立全員です。したがって、議案第4号は委員長の報告のとおり可決されました。



○議長(内村栄一君) 議案第5号平成9年度野々市町水道事業会計補正予算(第3号)についてを採決します。

 本案に対する委員長の報告は可決です。本案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

  〔賛成者起立〕



○議長(内村栄一君) 起立全員です。したがって、議案第5号は委員長の報告のとおり可決されました。



○議長(内村栄一君) 議案第6号平成10年度野々市町一般会計予算についてを採決します。

 本案に対する委員長の報告は可決です。本案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

  〔賛成者起立〕



○議長(内村栄一君) 起立多数です。したがって、議案第6号は委員長の報告のとおり可決されました。



○議長(内村栄一君) 議案第7号平成10年度野々市町土地取得特別会計予算についてを採決します。

 本案に対する委員長の報告は可決です。本案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

  〔賛成者起立〕



○議長(内村栄一君) 起立全員です。したがって、議案第7号は委員長の報告のとおり可決されました。



○議長(内村栄一君) 議案第8号平成10年度野々市町国民健康保険特別会計予算についてを採決します。

 本案に対する委員長の報告は可決です。本案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

  〔賛成者起立〕



○議長(内村栄一君) 起立多数です。したがって、議案第8号は委員長の報告のとおり可決されました。



○議長(内村栄一君) 議案第9号平成10年度野々市町老人保健特別会計予算についてを採決します。

 本案に対する委員長の報告は可決です。本案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

  〔賛成者起立〕



○議長(内村栄一君) 起立多数です。したがって、議案第9号は委員長の報告のとおり可決されました。



○議長(内村栄一君) 議案第10号平成10年度野々市町下水道事業特別会計予算についてを採決します。

 本案に対する委員長の報告は可決です。本案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

  〔賛成者起立〕



○議長(内村栄一君) 起立全員です。したがって、議案第10号は委員長の報告のとおり可決されました。



○議長(内村栄一君) 議案第11号平成10年度野々市町水道事業会計予算についてを採決します。

 本案に対する委員長の報告は可決です。本案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

  〔賛成者起立〕



○議長(内村栄一君) 起立全員です。したがって、議案第11号は委員長の報告のとおり可決されました。



○議長(内村栄一君) 議案第12号野々市町議会議員の報酬及び費用弁償等に関する条例についてを採決します。

 本案に対する委員長の報告は可決です。本案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

  〔賛成者起立〕



○議長(内村栄一君) 起立多数です。したがって、議案第12号は委員長の報告のとおり可決されました。



○議長(内村栄一君) 議案第13号非常勤の特別職の職員の報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例についてを採決します。

 本案に対する委員長の報告は可決です。本案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

  〔賛成者起立〕



○議長(内村栄一君) 起立全員です。したがって、議案第13号は委員長の報告のとおり可決されました。



○議長(内村栄一君) 議案第14号町長・助役・収入役給与条例及び野々市町教育委員会教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部を改正する条例についてを採決します。

 本案に対する委員長の報告は可決です。本案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

  〔賛成者起立〕



○議長(内村栄一君) 起立多数です。したがって、議案第14号は委員長の報告のとおり可決されました。



○議長(内村栄一君) 議案第15号野々市町職員定数条例の一部を改正する条例についてを採決します。

 本案に対する委員長の報告は可決です。本案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

  〔賛成者起立〕



○議長(内村栄一君) 起立全員です。したがって、議案第15号は委員長の報告のとおり可決されました。



○議長(内村栄一君) 議案第16号職員の特殊勤務手当条例の一部を改正する条例についてを採決します。

 本案に対する委員長の報告は可決です。本案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

  〔賛成者起立〕



○議長(内村栄一君) 起立全員です。したがって、議案第16号は委員長の報告のとおり可決されました。



○議長(内村栄一君) 議案第17号野々市町防災会議条例の一部を改正する条例についてを採決します。

 本案に対する委員長の報告は可決です。本案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

  〔賛成者起立〕



○議長(内村栄一君) 起立全員です。したがって、議案第17号は委員長の報告のとおり可決されました。



○議長(内村栄一君) 議案第18号野々市町税条例の一部を改正する条例についてを採決します。

 本案に対する委員長の報告は可決です。本案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

  〔賛成者起立〕



○議長(内村栄一君) 起立全員です。したがって、議案第18号は委員長の報告のとおり可決されました。



○議長(内村栄一君) 議案第19号野々市町国民健康保険税条例の一部を改正する条例についてを採決します。

 本案に対する委員長の報告は可決です。本案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

  〔賛成者起立〕



○議長(内村栄一君) 起立全員です。したがって、議案第19号は委員長の報告のとおり可決されました。



○議長(内村栄一君) 議案第20号野々市町保育所入所措置条例の一部を改正する条例についてを採決します。

 本案に対する委員長の報告は可決です。本案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

  〔賛成者起立〕



○議長(内村栄一君) 起立多数です。したがって、議案第20号は委員長の報告のとおり可決されました。



○議長(内村栄一君) 議案第21号野々市町乳幼児医療費給付に関する条例等の一部を改正する条例についてを採決します。

 本案に対する委員長の報告は可決です。本案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

  〔賛成者起立〕



○議長(内村栄一君) 起立全員です。したがって、議案第21号は委員長の報告のとおり可決されました。



○議長(内村栄一君) 議案第22号野々市町生活環境保全基本条例の一部を改正する条例についてを採決します。

 本案に対する委員長の報告は可決です。本案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

  〔賛成者起立〕



○議長(内村栄一君) 起立全員です。したがって、議案第22号は委員長の報告のとおり可決されました。



○議長(内村栄一君) 議案第23号野々市町廃棄物の減量化及び適正処理等に関する条例の一部を改正する条例についてを採決します。

 本案に対する委員長の報告は可決です。本案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

  〔賛成者起立〕



○議長(内村栄一君) 起立全員です。したがって、議案第23号は委員長の報告のとおり可決されました。



○議長(内村栄一君) 議案第24号野々市町交遊舎条例についてを採決します。

 本案に対する委員長の報告は可決です。本案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

  〔賛成者起立〕



○議長(内村栄一君) 起立全員です。したがって、議案第24号は委員長の報告のとおり可決されました。



○議長(内村栄一君) 議案第25号財産の取得についてを採決します。

 本案に対する委員長の報告は可決です。本案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

  〔賛成者起立〕



○議長(内村栄一君) 起立全員です。したがって、議案第25号は委員長の報告のとおり可決されました。



○議長(内村栄一君) 議案第26号財産の取得についてを採決します。

 本案に対する委員長の報告は可決です。本案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

  〔賛成者起立〕



○議長(内村栄一君) 起立全員です。したがって、議案第26号は委員長の報告のとおり可決されました。



○議長(内村栄一君) 議案第27号工事請負契約の締結についてを採決します。

 本案に対する委員長の報告は可決です。本案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

  〔賛成者起立〕



○議長(内村栄一君) 起立全員です。したがって、議案第27号は委員長の報告のとおり可決されました。



○議長(内村栄一君) 諮問第1号人権擁護委員の推薦につき意見を求める件を採決します。

 本件はこれを適任と認めることに賛成の方は起立願います。

  〔賛成者起立〕



○議長(内村栄一君) 起立全員です。したがって、諮問第1号人権擁護委員の推薦につき意見を求める件は、これを適任と認めることに決定しました。



○議長(内村栄一君) 請願第1号「消費税の減税を求める意見書」の提出を求める請願書についてを採決します。

 本案に対する委員長の報告は不採択です。したがって原案について採決します。本案を採択することに賛成の方は起立願います。

  〔賛成者起立〕



○議長(内村栄一君) 起立少数です。したがって、請願第1号は不採択とすることに決定しました。

       −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△委員会付託



○議長(内村栄一君) これから、委員会付託を行います。

 お諮りします。本町の懸案事項及び本議会の議会運営等について審査するため、本議会は各常任委員会並びに議会運営委員会に懸案事項等を付託したいと思います。ご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(内村栄一君) 異議なしと認めます。したがって、本町の懸案事項及び本議会の議会運営等について審査するため、本議会は各常任委員会並びに議会運営委員会に懸案事項等を付託することに決定しました。

 付託案を事務局から朗読させます。

   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

各常任委員会付託(案)

・総務常任委員会

  野々市町における交通安全対策に関すること。

  野々市町における災害対策、防災に関すること。

  野々市町における総合基本計画に関すること。

・教育民生常任委員会

  野々市町における保健・衛生・環境に関すること。

  野々市町における文化・教育・体育に関すること。

  野々市町における町民福祉に関すること。

・産業建設常任委員会

  野々市町における都市計画に関すること。

  野々市町における上・下水道事業の推進に関すること。

  野々市町における産業振興及び労働対策に関すること。

議会運営委員会付託(案)

  議会運営に関する事項。

  議会の会議規則、委員会に関する条例等に関する事項。

  議長の諮問に関する事項。

   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(内村栄一君) ただいま朗読いたしました付託案のとおり決定することにご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(内村栄一君) 異議なしと認めます。したがって、付託案のとおり決定しました。

       −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議会閉会中の継続審査



○議長(内村栄一君) お諮りします。ただいま各常任委員会及び議会運営委員会に付託しました各事項の審査期間は平成11年3月31日までとし、議会の閉会中も継続審査とすることにしたいと思います。ご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(内村栄一君) 異議なしと認めます。したがって、各事項の審査期間は平成11年3月31日までとし、議会の閉会中も継続審査とすることに決定しました。

       −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△県内外派遣の件



○議長(内村栄一君) お諮りします。ただいま各常任委員会及び議会運営委員会に付託しました各事項の調査、研修のため、平成10年度中に県内外の関係機関へ委員を派遣することにしたいと思います。ご異議ありませんか。

  〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(内村栄一君) 異議なしと認めます。したがって、各事項の調査、研修のため、平成10年度中に県内外の関係機関へ委員を派遣することに決定しました。

       −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉議・閉会



○議長(内村栄一君) 以上で本日の日程は全部終わりました。

 会議を閉じます。

 平成10年第1回野々市町議会定例会を閉会します。

  午後2時57分閉会

┌─────┬───────────────────────────────┐

│招集年月日│            平成10年3月5日           │

├─────┼───────────────────────────────┤

│招集の場所│           野々市町議会議事堂           │

├─────┼───┬──────────────┬───┬────────┤

│開閉会日時│開会 │平成10年3月16日午前2時06分│議長 │  内村栄一  │

│ 及び  ├───┼──────────────┼───┼────────┤

│   宣告│閉議 │平成10年3月16日午前2時57分│議長 │  内村栄一  │

├─────┼───┴┬─────┬────┬──┴─┬─┴───┬────┤

│     │議席番号│ 氏名  │出欠の別│議席番号│ 氏名  │出欠の別│

│     ├────┼─────┼────┼────┼─────┼────┤

│     │ 1  │辰野文治 │ ◯  │ 10 │西 孝夫 │ ◯  │

│     ├────┼─────┼────┼────┼─────┼────┤

│出席及び │ 2  │村本道治 │ ◯  │ 11 │村太武嗣 │ ◯  │

│ 欠席議員├────┼─────┼────┼────┼─────┼────┤

│     │ 3  │宮前 茂 │ ◯  │ 12 │内村栄一 │ ◯  │

│     ├────┼─────┼────┼────┼─────┼────┤

│出席18名│ 4  │田中昭一 │ ◯  │ 13 │山田清司 │ ◯  │

│     ├────┼─────┼────┼────┼─────┼────┤

│欠席 0名│ 5  │北村成人 │ ◯  │ 14 │井上 昇 │ ◯  │

│     ├────┼─────┼────┼────┼─────┼────┤

│     │ 6  │上野弘子 │ ◯  │ 15 │中村達雄 │ ◯  │

│     ├────┼─────┼────┼────┼─────┼────┤

│凡例   │ 7  │地崎弘吉 │ ◯  │ 16 │岩見 博 │ ◯  │

│◯は出席 ├────┼─────┼────┼────┼─────┼────┤

│▲は欠席 │ 8  │中道 明 │ ◯  │ 17 │塩田 整 │ ◯  │

│×は不応招├────┼─────┼────┼────┼─────┼────┤

│     │ 9  │山下志津枝│ ◯  │ 18 │中野喜佐雄│ ◯  │

├─────┴────┼─────┼────┴─┬──┴──┬──┴────┤

│ 会議録署名議員  │ 1番  │ 辰野文治 │ 2番  │ 村本道治  │

├──────────┴─┬───┴┬─────┴─┬───┼───────┤

│職務の為出席した者の氏名│事務局長│ 丸山由一  │書記 │ 中村 彰  │

├─────┬──────┴┬───┴───┬───┴───┼───────┤

│     │町長     │ 安田彦三  │税務課長   │ 久保 昇  │

│     ├───────┼───────┼───────┼───────┤

│     │教育委員長  │ 喜多禎一  │福祉課長   │ 堀 輝夫  │

│     ├───────┼───────┼───────┼───────┤

│地方自治法│助役     │ 杉井宏美  │保健環境課長 │ 澤村 勇  │

│第121条├───────┼───────┼───────┼───────┤

│により説明│収入役    │ 櫻井輝男  │農政課長   │ 宮前 諭  │

│のため出席├───────┼───────┼───────┼───────┤

│した者の職│教育長    │ 田村昌俊  │商工労働課長 │ 北 精二  │

│氏名   ├───────┼───────┼───────┼───────┤

│     │総務部長   │ 田中 宣  │土木課長   │ 野村 満  │

│     ├───────┼───────┼───────┼───────┤

│     │民生部長   │ 村田博之  │都市計画課長 │ 山口 浩  │

│     ├───────┼───────┼───────┼───────┤

│     │産業建設部長 │ 藤江洋範  │下水道課長  │ 古源憲一  │

│     ├───────┼───────┼───────┼───────┤

│     │教育部長   │ 宮崎昭男  │会計課長   │ 柳田正久  │

│     ├───────┼───────┼───────┼───────┤

│     │民生部参事  │       │       │       │

│     │       │ 吉田 勇  │学校教育課長 │ 西村 進  │

│     │兼住民課長  │       │       │       │

│     ├───────┼───────┼───────┼───────┤

│     │産業建設部参事│       │       │       │

│     │       │ 平木 進  │生涯学習課長 │ 西川昇剛  │

│     │兼水道課長  │       │       │       │

│     ├───────┼───────┼───────┼───────┤

│     │総務課長   │ 山原良一  │文化課長   │ 西本正明  │

│     ├───────┼───────┼───────┼───────┤

│     │       │       │スポーツ振興 │       │

│     │企画財政課長 │ 堂坂雅光  │       │ 中川保夫  │

│     │       │       │課長     │       │

├─────┴───────┴───────┼───────┴───────┤

│ 議事日程・会議に付した議件・会議の経過 │ 別紙のとおり        │

└─────────────────────┴───────────────┘

 上記会議録は議会事務局長丸山由一が記載したものであるが、内容に相違なきことを証するため、地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

            野々市町議会議長 内村栄一

            野々市町議会議員 辰野文治

            野々市町議会議員 村本道治