議事ロックス -地方議会議事録検索-


石川県 野々市市

平成29年  6月 定例会(第2回) 06月08日−01号




平成29年  6月 定例会(第2回) − 06月08日−01号









平成29年  6月 定例会(第2回)



      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△表彰伝達



○議長(早川彰一議員) 会議に先立ち、今般、北信越市議会議長会及び全国市議会議長会から、長年にわたり市議会議員として在職し、市政の発展、振興に寄与された功績により、岩見博議員が在職20年以上の表彰を受けられましたので、表彰状の伝達を行います。



◎事務局長(松野俊一君) 初めに、北信越市議会議長会の表彰の伝達を行い、引き続き全国市議会議長会の表彰の伝達を行います。岩見博議員、中央にお進みください。



○議長(早川彰一議員) 

               表彰状

 野々市市  岩見 博殿

 あなたは、市議会議員として在職20年、よく市政の発展に努められ、その功績はまことに顕著なものがあります。よって、第92回定期総会に当たり、本会表彰規程により表彰します。

 平成29年4月20日

           北信越市議会議長会会長 金沢市議会議長 黒沢和規

 (表彰状伝達・拍手)

               表彰状

 野々市市  岩見 博殿

 あなたは、市議会議員として20年の長きにわたって市政の発展に尽くされ、その功績は特に著しいものがありますので、第93回定期総会に当たり、本会表彰規程によって特別表彰をいたします。

 平成29年5月24日

                   全国市議会議長会 会長 山田一仁

 (表彰状伝達・拍手)



◆15番(岩見博議員) このたび、全国市議会議長会、北信越市議会議長会から栄誉ある表彰をいただきました。これもひとえに、市民の皆さん、そして議員各位の支えがあったからこそだというふうに思っています。あわせて、執行部の皆さんにもいろいろお世話になった結果だというふうに思っています。

 私自身もよくここまで来たなという思いをしておりますが、同時に、この栄誉をいただいたことによって自分を改めて見直して、これでよかったのかということを問いかけながら、市民の負託に応えるために、今後も全力で頑張っていきたいというふうに思ってます。

 どうもありがとうございました。(拍手)



○議長(早川彰一議員) 表彰の栄を受けられました岩見議員に対し、心よりお喜び申し上げます。

 今後とも、野々市市の発展に一層のお力添えを賜りますことをお願い申し上げますとともに、今後ますますのご活躍とご健勝をご祈念申し上げます。おめでとうございました。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開会・開議

  6月8日午前10時00分開会               出席議員15名

     1番  五十川員申議員     2番  北村大助議員

     3番  馬場弘勝議員      4番  安原 透議員

     5番  宮前一夫議員      6番  西本政之議員

     7番  中村義彦議員      8番  杉林 敏議員

     9番  金村哲夫議員      10番  辻 信行議員

     11番  早川彰一議員      12番  尾西雅代議員

     13番  土田友雄議員      14番  大東和美議員

     15番  岩見 博議員

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(早川彰一議員) ただいまから平成29年第2回野々市市議会定例会を開会します。

 出席議員は地方自治法第113条に規定する定足数に達していますので、これから本日の会議を開きます。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議長諸報告



○議長(早川彰一議員) 議事日程は、お手元に配付のとおりです。

 これから日程第1として諸報告を行います。

 地方自治法第121条の規定によって、本定例会の説明のため出席を求めた者及び委任を受けた者の氏名は、お手元に配付のとおりです。

  出席を求めた者        市長         粟 貴章君

                 教育長        堂坂雅光君

  委任を受けた説明員      副市長        常田功二君

                 総務部長       山口 良君

                 企画振興部長     金場康宏君

                 健康福祉部次長    東田敏彦君

                 産業建設部長     西野 豊君

                 教育文化部長     大久保邦彦君

                 総務課長       加藤良一君

                 財政課長       押田浩三君

                 税務課長       中川弥生君

                 市民課長       中川 登君

                 環境安全課長     東 和之君

                 秘書広報課長     中田八千代君

                 企画課長       荒木俊雄君

                 地域振興課長     桝谷泰裕君

                 市民協働課長     越柴一良君

                 福祉総務課長     小川幸人君

                 介護長寿課長     堤 喜一君

                 保険年金課長     堀 秀次君

                 子育て支援課長    北 洋一君

                 健康推進課長     肥田千春君

                 産業振興課長     内田 宏君

                 建設課長       北川 勝君

                 建築住宅課長     浅野 昇君

                 都市計画課長     中藪孝志君

                 上下水道課長     鶴見裕一君

                 会計管理者      山下かおり君

                 教育総務課長     塩田 健君

                 学校教育課長     松田英樹君

                 生涯学習課長     横山貴広君

                 文化課長       吉田 淳君

                 教育文化部付課長   市川由美子君

                 教育文化部付課長   清水 実君

                 教育文化部付課長   倉 繁夫君

                 監査委員事務局長   綿野敏紀君

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名



○議長(早川彰一議員) これから日程第2として、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第83条の規定によって、9番議員、金村哲夫議員、10番議員、辻信行議員を指名します。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会期の決定



○議長(早川彰一議員) これから日程第3として、本定例会の会期についてを議題とします。

 お諮りします。本定例会の会期は、本日から6月23日までの16日間にしたいと思います。ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(早川彰一議員) 異議なしと認めます。よって、本定例会の会期は本日から6月23日までの16日間と決定しました。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案の上程



○議長(早川彰一議員) これから日程第4として、議案第22号から議案第48号まで及び諮問第1号の28件を一括して議題とします。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△提案理由の説明



○議長(早川彰一議員) 市長に提案理由の説明を求めます。あわせて、報告第1号から報告第3号までの3件の説明を求めます。粟市長。

   〔市長(粟貴章君)登壇〕



◎市長(粟貴章君) おはようございます。

 春先から時折初夏を感じさせる天候もございましたが、先般、新潟地方気象台から発表された北陸地方の8月までの3カ月予報によりますと、ことしの夏は全国的に気温が高い傾向とのことであります。

 本格的な夏の到来を前に、これからいよいよ梅雨の時期を迎えますが、本市におきましては、今月1日の水防会議でお示しいたしました水防実施計画に沿って万全の備えで臨んでまいりたいと思っております。

 それでは、本日、平成29年第2回野々市市議会定例会が開催されるに当たり、議員各位におかれましては、全員ご健勝でご参集いただきましたことに感謝を申し上げ、提出いたしました諸案件につきまして、その概要とあわせて市政運営について所信の一端を述べさせていただきたいと思います。

 本市の市制5周年記念事業として誘致をいたしました第27回全国椿サミット野々市大会が3月18日、19日の両日にわたり、文化会館フォルテを主会場に、例年この時期に開催しております「花と緑 ののいち 椿まつり」と同時に開催されました。両日とも雲一つないすばらしい天気に恵まれ、市民の皆様を初め、全国各地からツバキ愛好者の方々など、例年に増して非常に多くの方々にお越しいただき、来場者は2日間で1万2,600人を数えました。

 初日の18日は、全国椿サミット協議会理事会・総会が野々市小学校プレイルームで行われ、北は岩手県大船渡市から南は宮崎県宮崎市まで、全国16自治体の代表者の方にご出席をいただきました。

 午後からは、会場を文化会館フォルテ大ホールに移してサミットを開催いたしました。オープニングでは、本市出身のアニメーターでことし7月に「メアリと魔女の花」が公開される予定の米林宏昌監督から、サミットの開催を記念したビデオレターをお寄せいただき、ご紹介をさせていただきました。

 また、本市が石川県立大学と共同研究をいたしております、ツバキの葉に関する保健効果について、西本壮吾准教授からご講演をいただき、ツバキの葉を用いたお茶のサンプルを試飲いただくなど、本市の特色を生かした大会となりました。

 夜には、郷土料理を囲んでの交流会も開催し、全国からのお客様を温かくお迎えいたしました。

 また、2日目の19日には、ボランティアガイド「ののいち里まち倶楽部」の皆様を初め多くの団体の皆様のご協力をいただき、野々市中央公園と旧北国街道の2カ所の市内視察を実施いたしました。

 野々市中央公園に開館したツバキの観賞施設「愛と和 花のギャラリー ののいち椿館」では、約250品種の美しく咲いたツバキが参加者の方々を迎え、新たに整備しました椿山からの白山の眺望などを楽しんでいただきました。

 旧北国街道では、国指定重要文化財の喜多家住宅や郷土資料館、またサミットにあわせて公開のご協力をいただきました水毛生家住宅におきまして、多くの方々が庭に咲くツバキや趣のある建物のたたずまいに魅了されていました。

 全国から参加された皆様からは、「まちを挙げてのおもてなしが想像以上で、感動を超えて感銘した」「市全体が歓迎ムードに包まれていて、温かいおもてなしがとてもよかった」などといった、大変ありがたい、うれしい評価をたくさんいただきました。

 2日間という短い日程ではございましたが、野々市らしいおもてなしで「ツバキのまち 野々市」の魅力を大いにご堪能いただけたものと思っております。

 椿サミット野々市大会の成功は、市制施行以降進めてまいりました市民協働のまちづくりの成果であり、準備段階から市民の皆さんが主体的に企画され、活動をいただいた市民協働によるおもてなしの思いと行動の成果であります。

 全国からご参加いただきました皆様のみならず、サミットにさまざまな形でかかわられた全ての皆様の心に残る、市制施行5周年を飾るにふさわしい記念すべきものとなりました。関係団体の皆様を初め、これまでサミット開催に向けてそれぞれのお立場からさまざまなご支援をお寄せいただきました皆様に深く感謝を申し上げますとともに、椿サミットの成功を新たな出発点とし、本市のさらなる発展につなげてまいりたいと考えております。

 さて、4月29日には春の叙勲、褒章の発表がございました。

 本市関係では、三納にお住まいで精密工学分野の研究に尽力された金沢大学名誉教授の黒部利次さんが瑞宝中綬章を、また扇が丘にお住まいで行政評価事務所次長などを務められた中村脩さんが瑞宝双光章を、また押野にお住まいで県土木部長などを歴任された岡田稔さんが瑞宝小綬章を受章されました。

 それぞれの分野でご精励いただきました市民の皆様のご活躍を大変喜ばしく、誇りに思うと同時に、これまでのご功績とご労苦に対し、改めて深く敬意を表するものでございます。

 なお、本年1月16日に亡くなられました故井上昇元町議会議長におかれましては、このたび従六位が奏授され、3月9日にご遺族に伝達をいたしたところでございます。この場をおかりいたしまして井上元議長のご功績に感謝を申し上げますとともに、謹んで哀悼の意を表する次第でございます。

 さて、本年11月にオープンを予定いたしております野々市中央地区整備事業の文化交流拠点施設「学びの杜ののいちカレード」では、先月の27日の土曜日に、施設への愛着を育み建設業に対する理解を深めていただくため、小学生を対象とした現地説明会を開催し、午前と午後の2回の現場見学会には親子35組79名のご参加をいただきました。最初に図書館の模型を見ながらの説明の後、高所作業車のデッキに乗って、建設中の図書館を眺めるなどの体験をしてもらいました。

 市民の方を対象とした現場説明会は今回が初めてでありますが、今後も機会を捉え工事の進捗状況をお知らせし、11月の竣工に向けた市民の皆様の期待感を一層高めていただけるよう考えております。

 さて、既にご案内のとおり、明日9日から翌10日まで、金沢市兼六園周辺の文化の森で開催される第28回全国「みどりの愛護」のつどいにご臨席のため、皇太子殿下がご来県されます。明後日10日には、白山市へ向かわれる際に本市をお通りになられます。多くの市民の皆様の沿道での歓迎をお願いできればと思っております。

 さて、本年4月からは、市税や介護保険料などをコンビニエンスストアやクレジットカードによる決済で納付いただけるサービスをスタートさせました。これまでの市役所窓口や金融機関からの納付とは異なり、全国のコンビニエンスストアからでも24時間納付いただけることから、多くの方々にご利用をいただいていると感じているところでございます。

 具体的に申し上げますと、5月末が納期限の軽自動車税の納付件数で、口座振替を除いた納入通知書発行件数1万3,507件のうち6,259件、率にして46.3%がコンビニエンスストアからの納付をご利用されております。

 時間的な制約がなく、いつでも納付いただけることから、多くの市民の皆様にご利用をいただいているところであり、個人住民税などの4税のほか、介護保険料などの4料金の納付にもぜひご利用をいただきたいと思っております。

 また、コンビニエンスストアからの納付に加えて、県内初のクレジットカード決済による納付サービスも導入しております。このサービスは、外出することなくご自宅のパソコンやスマートフォンから納付いただけるさらに便利なサービスであり、コンビニエンスストアからの納付とあわせて一層の納付機会の拡大が期待されることから、引き続きこの新しいサービスの周知に努めてまいりたいと思っております。

 今後とも、このような市民の皆様の利便性の向上につながる施策につきまして積極的に推進してまいりたいと考えております。

 最後に、ののいち創生につながる事業についてでございます。

 政府は、地方の創生を推進するため、制度改正を伴うさまざまな施策に取り組んでおります。

 その一つに地方創生応援税制、いわゆる企業版ふるさと納税がございます。

 本市では、本年11月に開館いたします新市立図書館の蔵書の充実にあわせまして、企業の力でののいちの創生を目指すため創業支援を進めるべく、企業版ふるさと納税による寄附を募りたいと思っておりまして、今月中に周知を行えるよう準備を進めております。

 「ここがいい」「住んでみたい」「選ばれるまち」を目指し、市内外の企業の方にとっても魅力あるまちに感じていただけるようアピールしてまいりたいと思っております。

 それでは、本定例会の提出案件及び報告の大要につきましてご説明させていただきます。

 議案第22号から議案第27号までの6件は、一般会計及び特別会計の平成28年度補正予算に係る専決処分の承認を求めるものでございます。

 まず、一般会計についてでございますが、歳入においては、市税や特別交付税のほか、各種事務事業に係る国県支出金などについて、決算見込みや交付額の決定に伴う調整を行った一方、歳出においては、心身障害者福祉費や保育所費及び各特別会計への繰出金など、各種事務事業の確定に伴う不用額、精算額などの調整を行ったものでございます。

 その結果、歳入の増額と歳出の減額との差し引き額につきましては、財政調整基金繰入金の減額などにより収支の均衡を図ったものでございます。これにより、歳入歳出それぞれ3億1,856万6,000円を減額し、予算総額を182億5,097万8,000円としたものでございます。

 次に、国民健康保険特別会計につきましては、歳入では、国民健康保険税の決算の見込みや療養給付費等負担金、療養給付費交付金、財政調整交付金などの確定に伴う補正を行った一方、歳出においては、保険給付費や共同事業拠出金などの確定に伴う精算額の調整を行ったもので、これにより、歳入歳出それぞれ1億7,980万3,000円を減額し、予算総額を49億9,565万7,000円としたものでございます。

 次に、後期高齢者医療特別会計につきましては、歳入では、保険料の決算の見込みや事務費繰入金と保険料還付金などの確定に伴う補正を行った一方、歳出においては、後期高齢者医療広域連合納付金や過年度保険料還付金などの確定に伴う精算額の調整を行ったもので、これにより、歳入歳出それぞれ209万2,000円を減額し、予算総額を4億1,643万6,000円としたものでございます。

 次に、介護保険特別会計につきましては、歳入では、保険料決算見込みのほか、国県支出金及び支払基金交付金等の確定に伴う補正を行った一方、歳出では、介護サービスに係る保険給付費等の確定に伴い調整を行ったもので、歳入歳出それぞれ2,977万8,000円を減額し、予算総額を25億7,557万6,000円としたものでございます。

 次に、水道事業会計につきましては、決算見込み額に基づく消費税及び地方消費税の所要額を追加したもので、これにより、営業外費用で1,500万円を追加し、収益的支出予算額を7億9,500万円としたものでございます。

 次に、公共下水道事業会計につきましては、決算見込み額に基づく消費税及び地方消費税の所要額を追加したもので、これにより、営業外費用で420万円を追加し、収益的支出予算額を13億6,320万円としたものでございます。

 次に、議案第28号は、野々市市税条例の一部を改正する条例の専決処分の承認を求めるものでございます。

 主な改正内容といたしましては、配偶者控除、配偶者特別控除の見直しに伴う規定の整備、軽自動車税のグリーン化特例による軽減課税の延長、固定資産税の特例措置の導入並びに条例中の引用条項の整理を行ったものでございます。

 議案第29号は、野々市市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の専決処分の承認を求めるものでございます。

 今回の改正は、地方税法施行令が改正されたことに伴い、国民健康保険税の軽減対象となる所得判定基準について、5割軽減及び2割軽減の基準を緩和し軽減対象世帯の拡大を図るもので、今年度課税分から適用するものでございます。

 次に、議案第30号は、平成29年度一般会計補正予算(第1号)についてでございます。

 今回の補正は、多子世帯放課後児童クラブ利用料支援事業において、放課後児童クラブを利用する多子世帯の児童の利用料支援を第2子以降まで拡大するための費用、及び保育の実施事業において、第2子以降の病児、病後児の保育利用料を支援するための費用について追加補正を行うものでございます。これにより、歳入歳出それぞれ700万円を追加し、予算総額を209億5,700万円とするものでございます。

 なお、債務負担行為補正といたしまして、期間を平成30年度から平成40年度までとして、野々市中央地区整備事業で52億7,000万円を限度額として債務負担行為の設定を行うものでございます。

 次に、議案第31号野々市市立図書館設置条例の一部を改正する条例についてでございます。

 この条例の改正につきましては、野々市市立図書館が「学びの杜ののいち」の施設内に移転することから、図書館の位置及び管理に必要な事項について改正を行うものでございます。

 議案第32号学びの杜ののいち条例についてでございます。

 ことしの11月に、市民の学びと文化・芸術・創造、情報発信、市民協働のシンボルとなる新たな施設「学びの杜ののいち」が開館いたします。この施設は、市立図書館、市民学習センター、憩いのひろばの3つの施設をもって構成する複合施設であり、指定管理者に管理を行わせることといたしております。それぞれの機能を一体的に捉え、民間事業者のアイデアやノウハウを活用しながら効果的な運営を行い、市民の生涯学習の振興を図ってまいりたいと思っております。その施設の設置及び管理に必要な事項を定めるため、条例の制定を行うものでございます。

 次に、議案第33号野々市市民学習センター条例についてでございます。

 「学びの杜ののいち」の複合施設の一つとして市民の生涯学習の振興に資するため、野々市市民学習センターを設置いたします。その設置及び管理に必要な事項を定めるため、条例の制定を行うものでございます。

 議案第34号は、公の施設に係る指定管理者の指定についてでございます。

 対象となる「学びの杜ののいち」の管理につきまして、野々市中央まちづくり株式会社を指定管理者として指定することについて、地方自治法第244条の2第6項の規定により、議会の議決を求めるものでございます。

 議案第35号市道路線の廃止及び議案第36号市道路線の認定につきましては、関連がございますので一括してご説明を申し上げます。

 今回の市道路線の認定につきましては、柳町土地区画整理事業に伴い新設される8路線及び高橋町地内の道路整備に伴う1路線の認定を行うもので、その認定に伴い、市道2路線の廃止を行うものであります。本認定につきましては、それぞれ道路法の定めにより、議会の議決を求めるものでございます。

 次に、議案第37号石川県市町村職員退職手当組合規約の変更についてでございます。

 平成29年3月31日付で、組合を構成する能美広域事務組合が解散したことに伴い組合規約を変更するものであり、地方自治法第290条の規定により、議会の議決を求めるものでございます。

 続きまして、議案第38号石川県市町村消防賞じゅつ金組合規約の変更についてでございます。

 同じく能美広域事務組合が解散したことに伴い組合規約を変更するものであり、地方自治法第290条の規定により、議会の議決を求めるものでございます。

 次の議案第39号から議案第48号までは、野々市市農業委員会委員の任命についてでございます。

 農業委員会等に関する法律の一部改正によりまして、農業委員会委員の選任方法が公選制から、市長が任命する方法に改められました。このたび、現委員の方々が平成29年7月19日をもって任期満了を迎えることから、農業委員会委員の任命について議会のご同意を求めるものでございます。

 議案第39号から議案第44号までは、現委員で農業に関する識見を広く有する徳野三知應さん、北川康一さん、西村信夫さん、藤井繁さん、川畑良一さん、佛田利弘さんについて、引き続き任命するものでございます。

 また、議案第45号から議案第48号までの方につきましては、新たに任命するものでございます。

 議案第45号の中谷治夫さんは、石川県職員として長く農業の普及指導に努められるなど、農業に関する識見を広く有する方でございます。

 議案第46号の小堀眞由美さんは、フレッシュじょんから市などの生産者団体に長く携わっておられ、本市の農業の振興にご尽力をいただいている方でございます。

 議案第47号の西川曉さんは、元野々市市職員で、在職中は本市の農業振興に務められるなど、農業に関する識見を広く有する方でございます。

 議案第48号の林夢太さんは、現在、株式会社林農産に勤められ農業の経験を積まれており、本市農業の担い手として将来を嘱望されている方でございます。

 以上10名の方々を農業委員会委員に任命いたしたく、議会のご同意を求めるものでございます。

 諮問第1号は、人権擁護委員の候補者推薦についてでございます。

 現委員の長谷川芳彦さんが平成29年9月30日をもって任期満了となりますが、人格、識見ともに高く、広く社会の実情に通じ、人権について深い理解を持たれご活躍されていることから、引き続き推薦いたしたく、議会のご意見を求めるものでございます。

 報告第1号から報告第3号までの3件につきましては、一般会計、水道事業会計及び公共下水道事業会計について、それぞれ繰越明許費に係る計算書を地方自治法施行令及び地方公営企業法の規定により、ご報告申し上げるものでございます。

 最後に、寄附採納についてご報告させていただきます。

 別紙のとおり、一般寄附金で1件、民生費寄附金で1件、寄附物件といたしまして2件のご寄附をいただきました。ご厚意に心から感謝とお礼を申し上げ、ご報告とさせていただきます。

 以上、提出いたしました諸案件につきましてご説明申し上げましたが、何とぞ慎重にご審議の上、適切なるご決議を賜りますように心からお願いを申し上げ、提案理由の説明といたします。

 どうぞよろしくお願いいたします。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△質疑・委員会付託・討論の省略



○議長(早川彰一議員) お諮りします。これから日程第5として、ただいま提案されました議案第39号から議案第48号まで及び諮問第1号につきましては、人事に関する案件につき、この際、質疑、委員会付託、討論を省略し、直ちに採決したいと思います。これにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(早川彰一議員) 異議なしと認めます。よって、議案第39号から議案第48号まで及び諮問第1号につきましては即決することに決定しました。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△表決



○議長(早川彰一議員) これより表決いたします。

 議案第39号野々市市農業委員会委員の任命につき同意を求めることについて採決します。

 本件は、これに同意することに賛成の方は起立願います。

   〔賛成者起立〕



○議長(早川彰一議員) 起立全員です。したがって、議案第39号野々市市農業委員会委員の任命につき同意を求める件は、これに同意することに決定しました。



○議長(早川彰一議員) 次に、議案第40号野々市市農業委員会委員の任命につき同意を求めることについて採決します。

 本件は、これに同意することに賛成の方は起立願います。

   〔賛成者起立〕



○議長(早川彰一議員) 起立全員です。したがって、議案第40号野々市市農業委員会委員の任命につき同意を求める件は、これに同意することに決定しました。



○議長(早川彰一議員) 次に、議案第41号野々市市農業委員会委員の任命につき同意を求めることについて採決します。

 本件は、これに同意することに賛成の方は起立願います。

   〔賛成者起立〕



○議長(早川彰一議員) 起立全員です。したがって、議案第41号野々市市農業委員会委員の任命につき同意を求める件は、これに同意することに決定しました。



○議長(早川彰一議員) 次に、議案第42号野々市市農業委員会委員の任命につき同意を求めることについて採決します。

 本件は、これに同意することに賛成の方は起立願います。

   〔賛成者起立〕



○議長(早川彰一議員) 起立全員です。したがって、議案第42号野々市市農業委員会委員の任命につき同意を求める件は、これに同意することに決定しました。



○議長(早川彰一議員) 次に、議案第43号野々市市農業委員会委員の任命につき同意を求めることについて採決します。

 本件は、これに同意することに賛成の方は起立願います。

   〔賛成者起立〕



○議長(早川彰一議員) 起立全員です。したがって、議案第43号野々市市農業委員会委員の任命につき同意を求める件は、これに同意することに決定しました。



○議長(早川彰一議員) 次に、議案第44号野々市市農業委員会委員の任命につき同意を求めることについて採決します。

 本件は、これに同意することに賛成の方は起立願います。

   〔賛成者起立〕



○議長(早川彰一議員) 起立全員です。したがって、議案第44号野々市市農業委員会委員の任命につき同意を求める件は、これに同意することに決定しました。



○議長(早川彰一議員) 次に、議案第45号野々市市農業委員会委員の任命につき同意を求めることについて採決します。

 本件は、これに同意することに賛成の方は起立願います。

   〔賛成者起立〕



○議長(早川彰一議員) 起立全員です。したがって、議案第45号野々市市農業委員会委員の任命につき同意を求める件は、これに同意することに決定しました。



○議長(早川彰一議員) 次に、議案第46号野々市市農業委員会委員の任命につき同意を求めることについて採決します。

 本件は、これに同意することに賛成の方は起立願います。

   〔賛成者起立〕



○議長(早川彰一議員) 起立全員です。したがって、議案第46号野々市市農業委員会委員の任命につき同意を求める件は、これに同意することに決定しました。



○議長(早川彰一議員) 次に、議案第47号野々市市農業委員会委員の任命につき同意を求めることについて採決します。

 本件は、これに同意することに賛成の方は起立願います。

   〔賛成者起立〕



○議長(早川彰一議員) 起立全員です。したがって、議案第47号野々市市農業委員会委員の任命につき同意を求める件は、これに同意することに決定しました。



○議長(早川彰一議員) 次に、議案第48号野々市市農業委員会委員の任命につき同意を求めることについて採決します。

 本件は、これに同意することに賛成の方は起立願います。

   〔賛成者起立〕



○議長(早川彰一議員) 起立全員です。したがって、議案第48号野々市市農業委員会委員の任命につき同意を求める件は、これに同意することに決定しました。



○議長(早川彰一議員) 次に、諮問第1号人権擁護委員の候補者推薦につき意見を求めることについて採決します。

 本件は、これを適任と認めることに賛成の方は起立願います。

   〔賛成者起立〕



○議長(早川彰一議員) 起立全員です。したがって、諮問第1号人権擁護委員の候補者推薦につき意見を求める件は、これを適任と認めることに決定しました。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉議



○議長(早川彰一議員) 以上で本日の日程は全部終わりました。

 再開は6月15日午前9時30分とします。

 本日はこれで散会します。

  午前10時42分散会

┌―――――┬―――――――――――――――――――――――――――――――┐

|招集年月日|           平成29年6月8日            |

├―――――┼―――――――――――――――――――――――――――――――┤

|招集の場所|           野々市市議会議事堂           |

├―――――┼―――┬――――――――――――――┬―――┬――――――――┤

|開閉会日時|開 会|平成29年6月8日午前10時00分|議 長|  早川彰一  |

│  及び ├―――┼――――――――――――――┼―――┼――――――――┤

│  宣告 |閉 議|平成29年6月8日午前10時42分|議 長|  早川彰一  |

├―――――┼―――┴┬―――――┬――――┬――┴―┬―┴―――┬――――┤

|出席及び |議席番号| 氏 名 |出欠の別|議席番号| 氏 名 |出欠の別|

| 欠席議員├――――┼―――――┼――――┼――――┼―――――┼――――┤

│     | 1  |五十川員申│ ◯  │ 9  |金村哲夫 │ ◯  |

│     ├――――┼―――――┼――――┼――――┼―――――┼――――┤

│     │ 2  |北村大助 │ ◯  │ 10  |辻 信行 │ ◯  |

│出席15名├――――┼―――――┼――――┼――――┼―――――┼――――┤

│     │ 3  |馬場弘勝 │ ◯  │ 11  |早川彰一 │ ◯  |

|欠席 0名├――――┼―――――┼――――┼――――┼―――――┼――――┤

│     │ 4  |安原 透 │ ◯  │ 12  |尾西雅代 │ ◯  |

│     ├――――┼―――――┼――――┼――――┼―――――┼――――┤

|     | 5  |宮前一夫 │ ◯  │ 13  |土田友雄 │ ◯  |

│     ├――――┼―――――┼――――┼――――┼―――――┼――――┤

|凡例   | 6  |西本政之 │ ◯  │ 14  |大東和美 │ ◯  |

|◯は出席 ├――――┼―――――┼――――┼――――┼―――――┼――――┤

|▲は欠席 | 7  |中村義彦 │ ◯  │ 15  |岩見 博 │ ◯  |

|×は不応招├――――┼―――――┼――――┼――――┼―――――┼――――┤

|     | 8  |杉林 敏 │ ◯  │    |     |    |

├―――――┴―――┬┴―――――┼――――┴―┬――┴―――┬―┴――――┤

| 会議録署名議員 | 9 番  | 金村哲夫 | 10 番  | 辻 信行 |

├―――――――――┼――――――┼――――――┼――――――┼――――――┤

| 職務のため出席 |事務局長  | 松野俊一 |事務局長補佐| 岡山恵美 |

| した者の氏名  ├――――――┼――――――┼――――――┼――――――┤

|         |書記    | 寺岡一彦 |      |      |

├―――――┬―――┴―――┬――┴――――┬―┴―――――┬┴――――――┤

│     │市長     | 粟 貴章  |       |       |

│     ├―――――――┼―――――――┼―――――――┼―――――――┤

│     │教育長    | 堂坂雅光  |       |       |

│     ├―――――――┼―――――――┼―――――――┼―――――――┤

│     │副市長    | 常田功二  |       |       |

│     ├―――――――┼―――――――┼―――――――┼―――――――┤

│     │総務部長   | 山口 良  |       |       |

│     ├―――――――┼―――――――┼―――――――┼―――――――┤

│     │企画振興部長 | 金場康宏  |       |       |

│     ├―――――――┼―――――――┼―――――――┼―――――――┤

│地方自治法│健康福祉部長 | 東田敏彦  |       |       |

│第121条├―――――――┼―――――――┼―――――――┼―――――――┤

│により説明│産業建設部長 | 西野 豊  |       |       |

│のため出席├―――――――┼―――――――┼―――――――┼―――――――┤

│した者の職│教育文化部長 | 大久保邦彦 |       |       |

│氏名   ├―――――――┼―――――――┼―――――――┼―――――――┤

│     │総務課長   | 加藤良一  |       |       |

│     ├―――――――┼―――――――┼―――――――┼―――――――┤

|     |財政課長   | 押田浩三  |       |       |

│     ├―――――――┼―――――――┼―――――――┼―――――――┤

|     |秘書広報課長 | 中田八千代 |       |       |

│     ├―――――――┼―――――――┼―――――――┼―――――――┤

|     |福祉総務課長 | 小川幸人  |       |       |

│     ├―――――――┼―――――――┼―――――――┼―――――――┤

|     |建設課長   | 北川 勝  |       |       |

│     ├―――――――┼―――――――┼―――――――┼―――――――┤

|     |教育総務課長 | 塩田 健  |       |       |

├―――――┴―――――――┴―――――――┼―――――――┴―――――――┤

| 議事日程・会議に付した議件・会議の経過 |    別紙のとおり     |

└―――――――――――――――――――――┴―――――――――――――――┘