議事ロックス -地方議会議事録検索-


石川県 野々市市

平成29年  3月 定例会(第1回) 03月22日−03号




平成29年  3月 定例会(第1回) − 03月22日−03号









平成29年  3月 定例会(第1回)



      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議

  3月22日午後2時00分開議               出席議員15名



○議長(早川彰一議員) これより本日の会議を開きます。

 出席議員は定足数に達していますので、休会前に引き続き会議を開きます。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議時間の延長



○議長(早川彰一議員) あらかじめ会議時間の延長をしておきます。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議長諸報告



○議長(早川彰一議員) 議事日程はお手元に配付のとおりです。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案の上程



○議長(早川彰一議員) これから日程第1として議案第1号から議案第20号までの20件を一括して議題とします。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△委員長報告



○議長(早川彰一議員) これから委員長報告を行います。

 各委員会に付託しました案件につきまして、委員長の報告を求めます。総務産業常任委員会委員長、辻信行議員。

   〔総務産業常任委員長(辻信行議員)登壇〕



◆総務産業常任委員長(辻信行議員) 総務産業常任委員会委員長報告。

 総務産業常任委員会における審査の経過と結果につきまして、ご報告申し上げます。

 当委員会に付託されました案件は、議案第9号野々市市個人情報保護条例等の一部を改正する条例についてを初めとする議案10件であります。

 これらの案件につきまして、去る3月17日午前9時30分から委員全員の出席を得て委員会を開催し、総務部長を初めとする関係部課長から詳細なる説明を聴取し、慎重に審査を重ねてまいりました。

 その結果、当委員会に付託されました議案第10号及び議案第12号、議案第14号から議案第16号、議案第19号は、全員一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。議案第9号、議案第11号、議案第13号、議案第17号につきましては、賛成多数をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上、当委員会に付託されました議案につきまして、その審査の経過と結果をご報告申し上げ、総務産業常任委員長報告を終わります。



○議長(早川彰一議員) 教育福祉常任委員会委員長、西本政之議員。

   〔教育福祉常任委員長(西本政之議員)登壇〕



◆教育福祉常任委員長(西本政之議員) 教育福祉常任委員会における審査の経過と結果につきまして、ご報告申し上げます。

 当委員会に付託されました案件は、議案第18号野々市市発達相談センター条例についてを初めとする議案2件であります。

 これらの案件につきまして、去る3月17日午後2時から委員全員の出席を得て委員会を開催し、教育長を初めとする関係部課長から詳細なる説明を聴取し、慎重に審査を重ねてまいりました。

 その結果、当委員会に付託されました議案第18号及び議案第20号につきましては、全員一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上、当委員会に付託されました議案につきまして、その審査の経過と結果をご報告申し上げ、教育福祉常任委員長報告を終わります。



○議長(早川彰一議員) 予算決算常任委員会委員長、杉林敏議員。

   〔予算決算常任委員会委員長(杉林敏議員)登壇〕



◆予算決算常任委員会委員長(杉林敏議員) 予算決算常任委員会委員長報告。

 予算決算常任委員会における審査の経過と結果につきまして、ご報告申し上げます。

 当委員会に付託されました案件は、議案第1号平成28年度野々市市一般会計補正予算(第4号)についてを初めとする議案8件であります。

 これらの案件につきまして、去る3月13日から15日までと3月17日及び21日の5日間にわたり、委員全員の出席を得て委員会及び分科会を開催し、教育長及び関係部課長から詳細なる説明を聴取し、審査を重ねてまいりました。

 委員会審査において議論となりました主な事項について、ご報告申し上げます。

 議案第3号平成29年度野々市市一般会計予算についてですが、総務部所管の予算においては、基金の取り崩し及び残高の確保見通しについての質疑が行われ、平成29、30年度については野々市中央地区整備事業等に財源が必要であり基金の取り崩しが必要になるが、平成31年度以降は残高を確保するように努めていきたいとの説明がありました。

 企画振興部所管の予算においては、公共交通利用状況の調査についての質疑が行われ、シャトルバス利用者を対象としたヒアリング調査を行うとの説明がありました。また、今後は、シャトルバスを利用していない方々への意向調査についても機会を捉え実施したいとの説明がありました。

 産業建設部所管の予算においては、都市基盤整備基金についての質疑が行われ、基金の内容としては、北西部土地区画整備事業地区内において、将来整備予定の道路に係る経費や、県河川改修工事に合わせて行う馬場川放水路の緑道を整備する基金であるとの説明がありました。

 教育文化部所管の予算においては、教職員のタイムレコーダー購入についての質疑が行われ、タイムレコーダーの費用については、取りつけ場所等により上下するが、1台当たり10万円から20万円であること、読み取り機械やソフトも含めると総額では約110万円であるとの説明がありました。また、導入時期については、4月中ごろより使用を開始したいとの説明がありました。

 健康福祉部所管の議案第4号平成29年度野々市市国民健康保険特別会計予算については、国民健康保険加入世帯数が減少していることについての質疑が行われ、近年では社会保険に加入している方の転入等が多いことや、国民健康保険に加入していた方が社会保険の加入等によって減少していることが理由であるとの説明がありました。

 分科会においては、無形民俗文化財の調査についてや教育センター費のトイレ改修工事について、また小中学校の情報教育推進事業では普通教室におけるICT環境整備について、図書館費では現図書館の解体に係る什器備品処理について、さらに給食センター費では地産地消の取り組みについての質疑が行われました。

 その結果、当委員会に付託されました議案第1号、議案第2号、議案第7号及び議案第8号につきましては、全員一致をもって、議案第3号から議案第6号については、賛成多数をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上、当委員会に付託されました議案につきまして、その審査の経過と結果をご報告申し上げ、予算決算常任委員長報告を終わります。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△委員長報告に対する質疑



○議長(早川彰一議員) これから委員長報告に対する質疑を行います。

 質疑ありませんか。

   〔「なし」と言う者あり〕



○議長(早川彰一議員) 質疑なしと認めます。

 これで委員長報告に対する質疑を終わります。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△討論



○議長(早川彰一議員) これから討論を行います。

 討論の通告を受けておりますので、発言を許します。15番、岩見博議員。

   〔15番(岩見博議員)登壇〕



◆15番(岩見博議員) 議案の表決に当たり、討論を行います。

 議案第3号、議案第4号、議案第5号、議案第6号、議案第9号、議案第11号、議案第13号及び議案第17号の以上8議案について、反対の立場から討論を行います。

 企業立地のための基金創設にかかわっての予算と関連条例については、12月議会においても指摘してきたように、今やるべきことは資金力のある企業に減税や助成をすることではなくて、消費税増税や個人消費が落ち込む中でも頑張っている地元企業・商店を支える取り組みこそ優先する必要があると考えるものであります。

 マイナンバー制度にかかわる予算、条例についてですが、運用開始から1年になりますが、カード発行数は全国でもわずか8%程度にとどまっています。それは、あれこれと利活用を進め情報量をふやそうとすればするほど、プライバシーの保護、個人情報保護への不安が国民の中に大きくなっているからではないでしょうか。前のめりで推し進めていけば個人情報漏えいの危険にさらすなど、絶対にあってはならないことであります。

 国民健康保険税の市民負担は極めて重く、県内トップクラスとなっています。市民の命と健康を守るためにも、一般会計からの法定外繰り入れをふやし市民負担の軽減を図ることは焦眉の課題です。皆減するなどは絶対にあってはなりません。来年4月から運営主体が県に移行しますが、いまだに保険料率を初めとする全容が明らかにされない中、市民の保険税負担が一気にふえるのではないかといった懸念を拭い去ることはできません。県に対し、保険税引き下げと自治体事務として引き続き法定外繰り入れを認めるよう強く求めることを求めるものであります。

 また、資格証明書の発行は市民の生命にかかわることであり、直ちにやめるべきであります。あわせて、金沢市は、資格証明書の交付世帯であっても、医療を受ける必要が生じ、かつ一時払いが困難な場合は短期保険証を発行する手だてを講じています。本市でもそうした手だてを講ずるよう強く求めておくものであります。

 高齢者医療では、負担の公平の名のもと、新年度においても順次高齢者の負担強化が行われます。低所得者に対する保険料の軽減措置で5割軽減が2割軽減に、被用者保険加入者扶養家族から後期高齢者医療制度に移らされた人の保険料の定額部分も9割軽減から7割軽減に縮小されます。また、療養病床に入院する65歳以上の居住費が値上げされ、また新たに、症状が重い患者の居住費負担が生じることになります。開業医と勤務医が加入する全国保険医団体連合会の調査では、経済的理由で治療を中断した患者がいた医療機関は4割にも上っていることが報告をされています。ますます高齢者と生活困窮者を医療から締め出すものと言わなければなりません。

 4月からは、介護保険要支援1、2の訪問介護、通所介護が介護保険給付から外されて市事業となります。加えて懸念されるのは、基本チェックリストありきで市民の要介護認定申請権が奪われることであります。事業費の削減目標が定められていることから、専門職でない有償ボランティアなどによる安上がりのサービスに誘導されることになります。

 低所得者の利用者負担も深刻です。収入算定が強化され、低所得者の特養ホーム入居者の食費・居住費負担が強化されたことで施設利用料が数万円単位でふえ、年金だけの生活者は入居を続けられない深刻な実態が告発されています。高額介護サービス費の月額負担上限額が7,200円引き上げられます。

 保険あって介護なしと言われるように、これ以上の利用者負担増や給付の削減はもう限界に来ています。国の予算配分自体を考え直さなければならない時期に来ていることを強く指摘し、討論を終わります。



○議長(早川彰一議員) 9番、金村哲夫議員。

   〔9番(金村哲夫議員)登壇〕



◆9番(金村哲夫議員) 私は、議案第3号から議案第6号、議案第9号、議案第11号、議案第13号及び議案第17号について、それぞれ原案に賛成の立場から討論を行います。

 最初に、議案第3号平成29年度野々市市一般会計予算についてであります。

 一般会計予算につきましては、新図書館建設や市民学習センター建設など学びの杜ゾーンに係る整備費用や2つの放課後児童クラブ施設の新設に係る費用など、市民協働のにぎわいづくりと子育て世代の応援のための事業を初め、教育環境の充実や都市基盤整備、市税等のコンビニエンスストアにおける納付など将来へのまちづくりや市民サービスの向上など、市民生活のあらゆる面に十分配慮された予算となっていることから、適正なものと認め、原案に賛成であります。

 次に、議案第4号平成29年度野々市市国民健康保険特別会計予算についてであります。

 この予算は、保険税の収納率向上対策に取り組むとともに、予防は最大の医療と位置づけ、生活習慣病等の早期発見のための特定健康診査や特定保健指導を実施するなど、市民の健康と保険財政の安定化に配慮された予算となっていることから、適正なものと認め、原案に賛成であります。

 次に、議案第5号平成29年度野々市市後期高齢者医療特別会計予算についてであります。

 制度開始以来、石川県後期高齢者医療広域連合が賦課する保険料の収納業務は適切に行われており、脳ドックの補助や特定健診などの保健事業についても的確に実施されるなど、高齢化に伴う医療費の増加に対し安定的な給付の確保を図る予算となっていることから、適正なものと認め、原案に賛成であります。

 次に、議案第6号平成29年度野々市市介護保険特別会計予算についてであります。

 団塊の世代が後期高齢者となる2025年に向けた地域包括ケアシステムをしっかりと構築し、この4月からの介護予防・日常生活支援総合事業に円滑に移行するための予算となっていることから、適正なものと認め、原案に賛成であります。

 次に、議案第9号野々市市個人情報保護条例等の一部を改正する条例についてでありますが、いわゆる番号法の改正法の施行に伴い、引用する条番号にずれが生じたことから所要の改正を行うものであり、適正なものと認め、原案に賛成であります。

 次に、議案第11号野々市市基金条例の一部を改正する条例についてでありますが、まず企業立地促進基金については、将来の雇用や市民の定住化につながる企業誘致を促進する効果があり、地方創生の観点から有効であると認められ、また一方、都市基盤整備基金については、北西部土地区画整理事業地内において必要となる将来の都市基盤整備の財源を積み立てる基金であることから、適正なものと認め、原案に賛成であります。

 次に、議案第13号野々市市企業立地の促進等による地域における産業集積の形成及び活性化のための固定資産税の特例に関する条例の一部を改正する条例についてでありますが、法令の改正に伴い、固定資産税の特例の対象となる施設の取得価額要件を引き下げるものであることから、適正なものと認め、原案に賛成であります。

 最後に、議案第17号野々市市行政手続等における情報通信の技術の利用に関する条例についてでありますが、これまでの市の条例等に基づき書面により行っている手続において、電子申請も可能となるよう必要な条例の整備を行うものであり、市民の利便性の向上が期待されることから、適正なものと認め、原案に賛成であります。

 以上、議案第3号から議案第6号、議案第9号、議案第11号、議案第13号及び議案第17号に対し、賛成の意を表明し、討論を終わります。



○議長(早川彰一議員) ほかに討論ありませんか。

   〔「なし」と言う者あり〕



○議長(早川彰一議員) 討論なしと認めます。

 これで討論を終わります。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△表決



○議長(早川彰一議員) これから表決を行います。

 議案第1号及び議案第2号の2件について一括して採決します。

 各案に対する委員長の報告は可決です。各案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

   〔賛成者起立〕



○議長(早川彰一議員) 起立全員です。したがって、議案第1号及び議案第2号の2件は委員長の報告のとおり可決されました。



○議長(早川彰一議員) 議案第3号について採決します。

 本案に対する委員長の報告は可決です。本案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

   〔賛成者起立〕



○議長(早川彰一議員) 起立多数です。したがって、議案第3号は委員長の報告のとおり可決されました。



○議長(早川彰一議員) 議案第4号について採決します。

 本案に対する委員長の報告は可決です。本案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

   〔賛成者起立〕



○議長(早川彰一議員) 起立多数です。したがって、議案第4号は委員長の報告のとおり可決されました。



○議長(早川彰一議員) 議案第5号について採決します。

 本案に対する委員長の報告は可決です。本案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

   〔賛成者起立〕



○議長(早川彰一議員) 起立多数です。したがって、議案第5号は委員長の報告のとおり可決されました。



○議長(早川彰一議員) 議案第6号について採決します。

 本案に対する委員長の報告は可決です。本案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

   〔賛成者起立〕



○議長(早川彰一議員) 起立多数です。したがって、議案第6号は委員長の報告のとおり可決されました。



○議長(早川彰一議員) 議案第7号及び議案第8号の2件について一括して採決します。

 各案に対する委員長の報告は可決です。各案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

   〔賛成者起立〕



○議長(早川彰一議員) 起立全員です。したがって、議案第7号及び議案第8号の2件は委員長の報告のとおり可決されました。



○議長(早川彰一議員) 議案第9号について採決します。

 本案に対する委員長の報告は可決です。本案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

   〔賛成者起立〕



○議長(早川彰一議員) 起立多数です。したがって、議案第9号は委員長の報告のとおり可決されました。



○議長(早川彰一議員) 議案第10号について採決します。

 本案に対する委員長の報告は可決です。本案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

   〔賛成者起立〕



○議長(早川彰一議員) 起立全員です。したがって、議案第10号は委員長の報告のとおり可決されました。



○議長(早川彰一議員) 議案第11号について採決します。

 本案に対する委員長の報告は可決です。本案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

   〔賛成者起立〕



○議長(早川彰一議員) 起立多数です。したがって、議案第11号は委員長の報告のとおり可決されました。



○議長(早川彰一議員) 議案第12号について採決します。

 本案に対する委員長の報告は可決です。本案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

   〔賛成者起立〕



○議長(早川彰一議員) 起立全員です。したがって、議案第12号は委員長の報告のとおり可決されました。



○議長(早川彰一議員) 議案第13号について採決します。

 本案に対する委員長の報告は可決です。本案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

   〔賛成者起立〕



○議長(早川彰一議員) 起立多数です。したがって、議案第13号は委員長の報告のとおり可決されました。



○議長(早川彰一議員) 議案第14号から議案第16号までの3件について一括して採決します。

 各案に対する委員長の報告は可決です。各案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

   〔賛成者起立〕



○議長(早川彰一議員) 起立全員です。したがって、議案第14号から議案第16号までの3件は委員長の報告のとおり可決されました。



○議長(早川彰一議員) 議案第17号について採決します。

 本案に対する委員長の報告は可決です。本案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

   〔賛成者起立〕



○議長(早川彰一議員) 起立多数です。したがって、議案第17号は委員長の報告のとおり可決されました。



○議長(早川彰一議員) 議案第18号から議案第20号までの3件について一括して採決します。

 各案に対する委員長の報告は可決です。各案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

   〔賛成者起立〕



○議長(早川彰一議員) 起立全員です。したがって、議案第18号から議案第20号までの3件は委員長の報告のとおり可決されました。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案の上程



○議長(早川彰一議員) これから日程第2として議会議案第1号から議会議案第3号まで3件を一括して議題とします。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△提案理由の説明(議会議案第1号)



○議長(早川彰一議員) 議会議案第1号について、提案者に提案理由の説明を求めます。7番、中村義彦議員。

   〔7番(中村義彦議員)登壇〕



◆7番(中村義彦議員) 

 議会議案第1号

     北朝鮮によるミサイル発射に抗議する決議

 去る3月6日、北朝鮮は4発の弾道ミサイルをほぼ同時に発射し、そのうち3発は日本海上の我が国の排他的経済水域内を飛翔し、能登半島沖200キロメートルに落下した。この行為は、航空機や船舶の安全確保の観点から極めて問題のある危険な行為であり、断じて容認することはできない。これは、昨年11月に国連安全保障理事会で採択された安保理決議2321号を始めとする累次の安保理決議や日朝平壌宣言に違反するとともに、六者会合共同声明の趣旨にも反するものであり、断固として抗議する。

 北朝鮮は、昨年、核実験を二度にわたり実施し、また、長距離弾道ミサイルや潜水艦から発射したものを含め、20発を超える弾道ミサイルの発射を実施した。さらに、今年に入り、日米首脳会談直後の2月12日の発射に続き、今般も4発の弾道ミサイルを発射するなど、こうした核実験及び度重なる弾道ミサイルの発射は、新たな段階の脅威であることを明確に示すものであるとともに、我が国及び地域、そして国際社会全体の安全保障に対する明らかな挑発行動であり、強く非難する。

 本市議会は、昨年9月定例会において北朝鮮の核実験に抗議する決議を行った。再度北朝鮮に対し、核及び弾道ミサイル計画を放棄し、更なる挑発行動を行わないよう強く求める。また、関連する安保理決議を即時かつ完全に履行することを改めて要求する。さらに、国際社会に対して、安保理決議に基づく制裁措置を完全に履行するよう強く求める。国際社会は、結束した外交努力を展開し、平和的な解決を模索すべきである。

 以上、決議する。

 平成29年3月22日

                          石川県野々市市議会

 上記のとおり議案を提出いたします。

 平成29年3月22日

  野々市市議会議長 早川彰一殿

               提出者  野々市市議会議員  中村義彦

               賛成者  野々市市議会議員  土田友雄

                       〃      尾西雅代

                       〃      北村大助

                       〃      宮前一夫

                       〃      西本政之

                       〃      辻 信行

                       〃      岩見 博

                       〃      五十川員申

 以上、議員におかれましては、賛成多数で決議されることを望んでおります。

 以上です。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△提案理由の説明(議会議案第2号)



○議長(早川彰一議員) 議会議案第2号について、提出者に提案理由の説明を求めます。2番、北村大助議員。

   〔2番(北村大助議員)登壇〕



◆2番(北村大助議員) 意見書案を朗読し、提案理由の説明にかえます。

 議会議案第2号

     「歩育基本法」の制定を求める意見書

 車社会や電子社会の進展など社会環境や生活様式の変化により、「歩かなくてもいい」生活、「一人で室内で遊ぶ」生活が子どもたちに浸透し、すぐ躓いて顔から転ぶ、体格の成長に比較しての運動能力の低下、すぐにキレるなど、子どもたちの心身の異変が指摘されている。

 直立二足歩行は数百万年前からの人間活動の基本であり、また足は「第二の心臓」とも言われ、歩行は身体機能を育て、正常に保つ不可欠の手段といえ、心身の健康に資する運動として、歩行運動の有効性は数々の調査により示されているとおりである。

 「歩育」とはそうした歩行運動の有効性を活用し「子どもの心身の健全な育成に資することを目的とした教育活動、保健活動および啓発活動」を含めた総合運動活動として定義されており、石川県における子ども施策の推進に関する行動計画であるエンゼルプランに「スポーツや外遊び」の必要性が指摘され、また官学民参画による組織により親子を対象とした「歩育運動」が推進されている。

 さらに全国的には、東松山市では小学校の行事としてウォーキング大会で子どもたちが10キロ、20キロを歩き、東京都教育委員会では日常生活における子供の身体活動量の向上を目指して、1日15,000歩の歩行及び1日60分の運動、スポーツを奨励しており、大阪府レクリエーション協会では「歩育」を活動の中心に据え、歩行運動を展開するなど、「歩育」の趣旨を広める社会運動が拡大しているところである。

 運動とともに子どもたちの成長に欠かせない「食」への取組は平成17年に「食育基本法」が制定され、教育現場はもとより社会教育活動としても幅広く取り組まれている。

 よって、国におかれては、平成24年3月には文部科学省より幼児期の運動指針が通知され、子どもたちの身体活動促進への取組が始まるこの機会に、身体運動の基礎となり、屋外での直接体験学習による五感力の育成、親子・仲間との交流による絆の形成など、子どもたちの心身の健全育成に資する「歩育」の推進を支える「歩育基本法」を早急に制定されるよう強く要望する。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

  衆議院議長殿

  参議院議長殿

  内閣総理大臣殿

  総務大臣殿

  文部科学大臣殿

  厚生労働大臣殿

  内閣官房長官殿

                          石川県野々市市議会

 平成29年3月22日 提出

  野々市市議会議長 早川彰一殿

               提出者  野々市市議会議員  北村大助

               賛成者  野々市市議会議員  西本政之

                       〃      安原 透

                       〃      五十川員申

                       〃      中村義彦

                       〃      杉林 敏

                       〃      尾西雅代

 議員各位におかれましては、本意見書案を慎重に審査の上、可決されますようお願いいたします。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△提案理由の説明(議会議案第3号)



○議長(早川彰一議員) 議会議案第3号について、提出者に提案理由の説明を求めます。14番、大東和美議員。

   〔14番(大東和美議員)登壇〕



◆14番(大東和美議員) 意見書案を朗読し、提案理由の説明にかえます。

 議会議案第3号

     無料公衆無線LAN(Wi−Fi)環境の整備促進を求める意見書

 2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催に向けて、通信環境の整備、とりわけ無料公衆無線LAN(Wi−Fi)環境の整備は喫緊の課題となっています。

 2014年度に観光庁が行った「平成26年度訪日外国人旅行者の国内における受入環境整備に関する現状調査結果」によると、旅行中最も困ったこととして、無料公衆無線LAN環境が30.2%と最も高く、特に公共施設や観光施設におけるWi−Fi環境の普及や利用手続きの簡便性の面での課題が指摘されています。

 政府は、防災の観点から、2020年までに約3万箇所のWi−Fi環境の整備を目指しており、また空港や駅・鉄道、宿泊施設など人が多く出入りする場所には、民間での設置を働きかけています。

 また、整備されていても狭いエリアにWi−Fi基地局が多数設置されていた場合は電波干渉をして接続しづらい状況となっています。

 Wi−Fi環境の整備促進は、インバウンドのさらなる増加だけでなく、防災拠点となる公共施設等の災害時における通信手段の確保にも大きく貢献することから、以下の項目について強く要望します。

                 記

1.鉄道・バス等の公共交通機関やホテル・旅館等の宿泊施設などの民間施設に対するWi−Fi整備支援事業を一層拡充すること。

2.日本遺産・国立公園等の観光拠点や観光案内所におけるWi−Fi環境の整備を一層促進し、観光地の機能向上や利便性向上を図ること。

3.防災の観点から、避難所・避難場所の学校、市民センター、公民館等の防災拠点や、博物館・自然公園等の被災場所として想定される公的拠点へのWi−Fi環境の整備を行う地方公共団体に対して、財政的支援措置を導入すること。

4.Wi−Fi環境の整備を促進するため、電波干渉対策等のルールづくりを制定すること。

 以上、地方自治法第99条の規定により提出する。

  内閣総理大臣殿

  総務大臣殿

  国土交通大臣殿

                          石川県野々市市議会

 平成29年3月22日 提出

  野々市市議会議長 早川彰一殿

               提出者  野々市市議会議員  大東和美

               賛成者  野々市市議会議員  辻 信行

                       〃      馬場弘勝

                       〃      北村大助

                       〃      宮前一夫

                       〃      金村哲夫

                       〃      土田友雄

                       〃      岩見 博

 議員各位におかれましては、本意見書案を慎重に審査の上、可決されますようお願いいたします。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△質疑



○議長(早川彰一議員) これから質疑を行います。

 質疑ありませんか。

   〔「なし」と言う者あり〕



○議長(早川彰一議員) 質疑なしと認めます。

 これで質疑を終わります。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案の委員会付託の省略



○議長(早川彰一議員) これから委員会付託を行います。

 お諮りします。ただいま議題となっております議会議案第1号から議会議案第3号までの3件につきましては、委員会付託を省略したいと思います。ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(早川彰一議員) 異議なしと認めます。したがって、議会議案第1号から議会議案第3号までの3件につきましては、委員会付託を省略することに決定しました。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△討論



○議長(早川彰一議員) これから討論を行います。

 討論ありませんか。

   〔「なし」と言う者あり〕



○議長(早川彰一議員) 討論なしと認めます。

 これで討論を終わります。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△表決



○議長(早川彰一議員) これから表決を行います。

 議会議案第1号について採決します。本案は原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

   〔賛成者起立〕



○議長(早川彰一議員) 起立全員です。したがって、議会議案第1号は原案のとおり可決されました。



○議長(早川彰一議員) 議会議案第2号について採決します。本案は原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

   〔賛成者起立〕



○議長(早川彰一議員) 起立全員です。したがって、議会議案第2号は原案のとおり可決されました。



○議長(早川彰一議員) 議会議案第3号について採決します。本案は原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

   〔賛成者起立〕



○議長(早川彰一議員) 起立全員です。したがって、議会議案第3号は原案のとおり可決されました。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議会閉会中の継続審査



○議長(早川彰一議員) これから日程第3として議会運営委員会及び各常任委員会の閉会中の継続審査の件を議題とします。

 議会運営委員長及び各常任委員長から審査中の件につき、お手元に配付のとおり継続審査の申し出がありました。

 お諮りします。各委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(早川彰一議員) 異議なしと認めます。したがって、各委員長からの申し出のとおり閉会中の継続審査とすることに決定しました。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△休憩



○議長(早川彰一議員) 暫時休憩し、ここで議長を交代します。

  午後2時46分休憩

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△再開

  午後2時53分再開



○副議長(中村義彦議員) 休憩前に引き続き会議を開きます。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程の追加



○副議長(中村義彦議員) 議長より辞職の申し出があります。

 お諮りします。議長の辞職の件についてを日程に追加し、第3号の追加日程、追加日程第1として議題とすることにご異議ございませんか。

   〔「異議なし」と言う者あり〕



○副議長(中村義彦議員) 異議なしと認めます。したがって、議長辞職の件についてを日程に追加し、第3号の追加日程、追加日程第1として議題とすることに決定しました。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議長の辞職



○副議長(中村義彦議員) 議長辞職の件についてを議題とします。

 議長である早川彰一議員から辞職願が提出されています。

 事務局長に辞職願を朗読させます。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 平成29年3月22日

 野々市市議会副議長 中村義彦様

                      野々市市議会議長 早川彰一

                辞職願

 このたび2年の区切りとして、議長を辞職したいので許可されるよう願い出ます。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○副議長(中村義彦議員) お諮りします。早川彰一議員の議長の辞職を許可することにご異議ございませんか。

   〔「異議なし」と言う者あり〕



○副議長(中村義彦議員) 異議なしと認めます。したがって、早川彰一議員の議長の辞職を許可することに決定しました。

 早川彰一議員、入場を許可します。

   〔早川彰一議員入場〕

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△前議長退任挨拶



○副議長(中村義彦議員) 早川彰一議員から発言の申し出がありますので、発言を許可します。

 11番、早川彰一議員。

   〔11番(早川彰一議員)登壇〕



◆11番(早川彰一議員) 2年間、議長を拝命いたしました。議員各位のご協力をもちまして、さまざまな議長職を体験させていただきましたし、また議会改革、あるいは議会を開かれたものにするために私なりに一生懸命努力をしてまいりました。一定の成果は得られたと思いますが、これから先もさらに議会改革を進めて、一層市民のための議会となるように努めていっていただきたいというふうに思います。

 まことにありがとうございました。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程の追加



○副議長(中村義彦議員) お諮りします。以上の結果、議長に欠員が生じましたので、直ちに議長選挙の件を日程に追加し、第3号の追加日程、追加日程第2とすることにしたいと思います。ご異議ございませんか。

   〔「異議なし」と言う者あり〕



○副議長(中村義彦議員) 異議なしと認めます。したがって、議長選挙の件を日程に追加し、第3号の追加日程、追加日程第2とすることに決定しました。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議長選挙



○副議長(中村義彦議員) 議長の選挙を行います。

 選挙は投票で行います。

 議場の出入り口を閉めます。

   〔議場閉鎖〕



○副議長(中村義彦議員) ただいまの出席議員は15人です。

 次に、立会人を指名します。会議規則第31条第2項の規定により、立会人に8番、杉林敏議員、9番、金村哲夫議員を指名します。

 投票用紙を配ります。

 念のため申し上げます。投票は単記無記名です。

   〔投票用紙配付〕



○副議長(中村義彦議員) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

   〔「なし」と言う者あり〕



○副議長(中村義彦議員) 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を点検します。

   〔投票箱点検〕



○副議長(中村義彦議員) 異状なしと認めます。

 ただいまから投票を行います。事務局長が議席番号と氏名を呼び上げますので、順番に投票願います。

   〔氏名点呼、投票〕



◎議会事務局長(中川登君) 1番 五十川員申議員、2番 北村大助議員、3番 馬場弘勝議員、4番 安原透議員、5番 宮前一夫議員、6番 西本政之議員、8番 杉林敏議員、9番 金村哲夫議員、10番 辻信行議員、11番 早川彰一議員、12番 尾西雅代議員、13番 土田友雄議員、14番 大東和美議員、15番 岩見博議員、7番 中村義彦議員。



○副議長(中村義彦議員) 投票漏れはありませんか。−−投票漏れなしと認めます。

 投票を終わります。

 開票を行います。8番、杉林敏議員、9番、金村哲夫議員、開票の立ち会いをお願いします。

   〔開票〕



○副議長(中村義彦議員) 選挙の結果を報告します。

 投票総数15票、有効投票15票、無効投票なしです。有効投票のうち、

    早川彰一議員   14票、

    岩見博議員    1票、

以上のとおりです。

 この選挙の法定得票数は4票です。したがって、早川彰一議員が議長に当選されました。

 議場の出入り口を開きます。

   〔議場開鎖〕



○副議長(中村義彦議員) ただいま議長に当選されました早川彰一議員が議場におられます。会議規則第32条第2項の規定により当選告知をいたします。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議長就任挨拶



○副議長(中村義彦議員) 11番、早川彰一議員。

   〔11番(早川彰一議員)登壇〕



◆11番(早川彰一議員) ただいま、議員の皆様のご支持を得まして再び議長を拝命いたしました。まことにありがとうございます。

 今後は、より一層開かれた議会、そして市民のための議会を目指して頑張っていきたいというふうに思います。皆様方とともによろしくお願いいたします。

 ありがとうございました。



○副議長(中村義彦議員) 早川彰一議長、議長席に着席願います。

   〔早川彰一議長、議長席に着く〕

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△休憩



○議長(早川彰一議員) 暫時休憩します。

  午後3時10分休憩

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△再開

  午後3時18分再開



○議長(早川彰一議員) 休憩前に引き続き会議を開きます。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程の追加



○議長(早川彰一議員) 副議長より辞職の申し出があります。

 お諮りします。副議長の辞職の件についてを日程に追加し、第3号の追加日程2、追加日程第1として議題とすることにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(早川彰一議員) 異議なしと認めます。したがって、副議長辞職の件についてを日程に追加し、第3号の追加日程2、追加日程第1として議題とすることに決定しました。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△副議長の辞職



○議長(早川彰一議員) 副議長辞職の件についてを議題とします。

 地方自治法第117条の規定によって、中村義彦議員の退場を求めます。

   〔7番(中村義彦議員)退場〕



○議長(早川彰一議員) 副議長、中村義彦議員から辞職願が提出されています。

 事務局長に辞職願を朗読させます。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 平成29年3月22日

 野々市市議会議長 早川彰一様

                     野々市市議会副議長 中村義彦

                辞職願

 このたび一身上の理由により、副議長を辞職したいので許可されるよう願い出ます。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(早川彰一議員) お諮りします。中村義彦議員の副議長の辞職を許可することにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(早川彰一議員) 異議なしと認めます。したがって、中村義彦議員の副議長の辞職を許可することに決定しました。

 中村義彦議員、入場を許可します。

   〔中村義彦議員入場〕

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△前副議長退任挨拶



○議長(早川彰一議員) 中村義彦議員から発言の申し出がありますので、発言を許可します。

 7番、中村義彦議員。

   〔7番(中村義彦議員)登壇〕



◆7番(中村義彦議員) 副議長辞職に当たって、一言お礼を申し上げます。

 1年間、副議長という重責を務めさせていただきました。これもひとえに、議員各位の皆様初め、事務局、執行部、市民の皆様のご指導、ご協力のたまものと厚くお礼申し上げます。ありがとうございました。

 なお、今後、この経験を生かして、一生懸命努力を重ねて議員として頑張る所存でございますので、今後も変わらぬご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げまして、簡単ではございますが、退任に当たってのお礼の挨拶とさせていただきます。

 本当にありがとうございました。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程の追加



○議長(早川彰一議員) お諮りします。以上の結果、副議長に欠員が生じましたので、直ちに副議長選挙の件を日程に追加し、第3号の追加日程2、追加日程第2とすることにしたいと思います。ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(早川彰一議員) 異議なしと認めます。したがって、副議長選挙の件を日程に追加し、第3号の追加日程2、追加日程第2とすることに決定しました。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△副議長選挙



○議長(早川彰一議員) 副議長の選挙を行います。

 選挙は投票で行います。

 議場の出入り口を閉めます。

   〔議場閉鎖〕



○議長(早川彰一議員) ただいまの出席議員は15人です。

 次に、立会人を指名します。会議規則第31条第2項の規定により、立会人に8番、杉林敏議員、9番、金村哲夫議員を指名します。

 投票用紙を配ります。

 念のため申し上げます。投票は単記無記名です。

   〔投票用紙配付〕



○議長(早川彰一議員) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

   〔「なし」と言う者あり〕



○議長(早川彰一議員) 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を点検します。

   〔投票箱点検〕



○議長(早川彰一議員) 異状なしと認めます。

 ただいまから投票を行います。事務局長が議席番号と氏名を呼び上げますので、順番に投票願います。

   〔氏名点呼、投票〕



◎議会事務局長(中川登君) 1番 五十川員申議員、2番 北村大助議員、3番 馬場弘勝議員、4番 安原透議員、5番 宮前一夫議員、6番 西本政之議員、7番 中村義彦議員、8番 杉林敏議員、9番 金村哲夫議員、10番 辻信行議員、12番 尾西雅代議員、13番 土田友雄議員、14番 大東和美議員、15番 岩見博議員、11番 早川彰一議員。



○議長(早川彰一議員) 投票漏れはありませんか。

   〔「なし」と言う者あり〕



○議長(早川彰一議員) 投票漏れなしと認めます。

 投票を終わります。

 開票を行います。8番、杉林敏議員、9番、金村哲夫議員、開票の立ち会いをお願いします。

   〔開  票〕



○議長(早川彰一議員) 選挙の結果を報告します。

 投票総数15票、有効投票15票、無効投票0票です。有効投票のうち、

    辻信行議員   14票、

    岩見博議員   1票、

以上のとおりです。

 この選挙の法定得票数は4票です。したがって、辻信行議員が副議長に当選されました。

 議場の出入り口を開きます。

   〔議場開鎖〕



○議長(早川彰一議員) ただいま副議長に当選されました辻信行議員が議場におられます。会議規則第32条第2項の規定により当選告知をいたします。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△副議長就任挨拶



○議長(早川彰一議員) 10番、辻信行議員。

   〔10番(辻信行議員)登壇〕



◆10番(辻信行議員) 今ほど、皆様のご支持をいただきまして副議長の任を拝命いたしました。より開かれた議会のために、改革と活性化に一生懸命努めてまいりたいと思います。どうかこれからもよろしくお願いいたします。

 ありがとうございました。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△休憩



○議長(早川彰一議員) 暫時休憩します。

  午後3時34分休憩

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△再開

  午後3時50分再開



○議長(早川彰一議員) 休憩前に引き続き会議を開きます。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議長諸報告



○議長(早川彰一議員) これから第3号の追加日程3、追加日程第1として、諸報告を行います。

 議会運営委員全員から議会運営委員の辞任願の提出があり、委員会条例第10条の2の規定によりこれを許可いたしましたので、ご報告いたします。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程の追加



○議長(早川彰一議員) お諮りします。これから議会運営委員の選任の件を日程に追加し、第3号の追加日程3、追加日程第2として議題とすることにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(早川彰一議員) 異議なしと認めます。したがって、議会運営委員の選任の件を日程に追加し、第3号の追加日程3、追加日程第2とすることに決定しました。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議会運営委員の選任



○議長(早川彰一議員) 議会運営委員の選任の件を議題とします。

 お諮りします。議会運営委員の選任については、委員会条例第5条第1項の規定により、お手元に配付のとおり指名したいと思います。ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(早川彰一議員) 異議なしと認めます。したがって、議会運営委員は、お手元に配付のとおり選任することに決定しました。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程の追加



○議長(早川彰一議員) 次に、各常任委員より所属変更の申し出があります。

 お諮りします。常任委員の所属変更の件を日程に追加し、第3号の追加日程3、追加日程第3とすることにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(早川彰一議員) 異議なしと認めます。したがって、常任委員の所属変更の件を日程に追加し、第3号の追加日程3、追加日程第3とすることに決定しました。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△常任委員の所属変更



○議長(早川彰一議員) 常任委員の所属変更の件を議題とします。

 常任委員から、お手元に配付のとおりそれぞれの常任委員会の所属を変更したいとの申し出があります。

 お諮りします。委員会条例第5条第2項の規定により、それぞれ常任委員会の所属を申し出のとおり変更することにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(早川彰一議員) 異議なしと認めます。したがって、申し出のとおり、それぞれ常任委員会の所属を変更することに決定しました。

 お諮りします。議長は、職責上、常任委員を辞任することを申し合わせておりますので、辞任したいと思います。これにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(早川彰一議員) 異議なしと認めます。よって、議長は常任委員を辞任することに決定しました。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△正副委員長互選



○議長(早川彰一議員) 議会運営委員会及び各常任委員会の委員長及び副委員長は、委員会条例第6条第2項の規定により、委員会において互選することとなっていますので、各委員会で互選し、議長に報告願います。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△休憩



○議長(早川彰一議員) 暫時休憩します。

  午後3時52分休憩

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△再開

  午後4時45分再開



○議長(早川彰一議員) 休憩前に引き続き会議を開きます。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△正副委員長互選結果報告



○議長(早川彰一議員) 報告いたします。委員会条例第6条第2項の規定に基づき各委員会において正副委員長の互選が行われた結果、議会運営委員会委員長に中村義彦議員、副委員長に北村大助議員、総務産業常任委員会委員長に馬場弘勝議員、副委員長に五十川員申議員、教育福祉常任委員会委員長に安原透議員、副委員長に尾西雅代議員、予算決算常任委員会委員長に宮前一夫議員、副委員長に杉林敏議員がそれぞれ互選されましたので、報告いたします。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程の追加



○議長(早川彰一議員) 先ほどの休憩中、市長から白山石川医療企業団議会の議員1人を選挙されたい旨の通知がありました。

 お諮りします。これから1人の欠員となっております白山石川医療企業団議会議員の選挙を日程に追加し、第3号の追加日程3、追加日程第4としたいと思います。ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(早川彰一議員) 異議なしと認めます。したがって、白山石川医療企業団議会議員の選挙を日程に追加し、第3号の追加日程3、追加日程第4とすることに決定しました。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△白山石川医療企業団議会議員の選挙



○議長(早川彰一議員) 白山石川医療企業団議会議員の選挙を行います。

 お諮りします。白山石川医療企業団議会議員の選挙については、地方自治法第118条第2項の規定により指名推選にしたいと思います。ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(早川彰一議員) 異議なしと認めます。したがって、選挙の方法は指名推選とすることに決定しました。

 お諮りします。指名の方法については、議長が指名することにしたいと思います。ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(早川彰一議員) 異議なしと認めます。したがって、議長が指名することに決定しました。

 白山石川医療企業団議会議員に、杉林敏議員を指名します。

 お諮りします。ただいま議長が指名しました杉林敏議員を当選人と定めることにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(早川彰一議員) 異議なしと認めます。したがって、ただいま指名しました杉林敏議員が白山石川医療企業団議会議員に当選されました。

 ただいま当選されました杉林敏議員が議場におられます。会議規則第32条第2項の規定により、当選の告知をします。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程の追加



○議長(早川彰一議員) 先ほどの休憩中、市長から白山野々市広域事務組合議会の議員1人を選挙されたい旨の通知がありました。

 お諮りします。これから1人の欠員となっております白山野々市広域事務組合議会議員の選挙を日程に追加し、第3号の追加日程3、追加日程第5としたいと思います。ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(早川彰一議員) 異議なしと認めます。したがって、白山野々市広域事務組合議会議員の選挙を日程に追加し、第3号の追加日程3、追加日程第5とすることに決定しました。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△白山野々市広域事務組合議会議員の選挙



○議長(早川彰一議員) 白山野々市広域事務組合議会議員選挙を行います。

 お諮りします。白山野々市広域事務組合議会議員の選挙については、地方自治法第118条第2項の規定により指名推選にしたいと思います。ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(早川彰一議員) 異議なしと認めます。したがって、選挙の方法は指名推選で行うことに決定しました。

 お諮りします。指名の方法については、議長が指名することにしたいと思います。ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(早川彰一議員) 異議なしと認めます。したがって、議長が指名することに決定しました。

 白山野々市広域事務組合議会議員に、西本政之議員を指名します。

 お諮りします。ただいま議長が指名しました西本政之議員を当選人と定めることにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(早川彰一議員) 異議なしと認めます。したがって、ただいま指名しました西本政之議員が白山野々市広域事務組合議会の議員に当選されました。

 ただいま当選されました西本政之議員が議場におられます。会議規則第32条第2項の規定により、当選の告知をします。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉議・閉会



○議長(早川彰一議員) これで、本日の日程は全部終了しました。

 以上をもって本定例会に付議されました案件全て終了いたしました。

 これにて会議を閉じます。

 平成29年第1回野々市市議会定例会を閉会します。

  午後4時50分 閉会

−別紙−

          閉会中の継続審査申出書

・議会運営委員会

   議会の運営に関する事項

   議会の会議規則、委員会に関する条例等に関する事項

   議長の諮問に関する事項

・総務産業常任委員会

   総務部、企画振興部、産業建設部、会計課、議会事務局及び監査委員の所管に属する事

  項並びに公営企業に関する事項

・教育福祉常任委員会

   健康福祉部及び教育委員会の所管に属する事項

・予算決算常任委員会

   予算及び決算に関する事項

−別紙−

       議会運営委員会 委員名一覧

                 (平成29年3月22日選任)

┌―――――┬――――┬――――――┬―――――――――┐

|正副委員長|議席番号| 氏  名 | 備     考 |

├―――――┼――――┼――――――┼―――――――――┤

|  ◯  | 2  | 北村大助 |再任       |

├―――――┼――――┼――――――┼―――――――――┤

|     | 3  | 馬場弘勝 |新任       |

├―――――┼――――┼――――――┼―――――――――┤

|     | 5  | 宮前一夫 |再任       |

├―――――┼――――┼――――――┼―――――――――┤

|     | 6  | 西本政之 |再任       |

├―――――┼――――┼――――――┼―――――――――┤

|  ●  | 7  | 中村義彦 |新任       |

├―――――┼――――┼――――――┼―――――――――┤

|     | 13  | 土田友雄 |再任       |

└―――――┴――――┴――――――┴―――――――――┘

  ● 委員長    ◯ 副委員長

−別紙−

       各常任委員会 委員名一覧

                 (平成29年3月22日選任)

┌―――――――┬―――――┬――――┬―――――――┐

|所属常任委員会|正副委員長|議席番号|  氏 名  |

├―――――――┼―――――┼――――┼―――――――┤

|       |  ◯  | 1  | 五十川員申 |

|       ├―――――┼――――┼―――――――┤

|       |  ●  | 3  | 馬場弘勝  |

|       ├―――――┼――――┼―――――――┤

|       |     | 5  | 宮前一夫  |

| 総務産業  ├―――――┼――――┼―――――――┤

|       |     | 6  | 西本政之  |

| 常任委員会 ├―――――┼――――┼―――――――┤

|       |     | 7  | 中村義彦  |

|       ├―――――┼――――┼―――――――┤

|       |     | 8  | 杉林 敏  |

|       ├―――――┼――――┼―――――――┤

|       |     | 15  | 岩見 博  |

├―――――――┼―――――┼――――┼―――――――┤

|       |     | 2  | 北村大助  |

|       ├―――――┼――――┼―――――――┤

|       |  ●  | 4  | 安原 透  |

|       ├―――――┼――――┼―――――――┤

|       |     | 9  | 金村哲夫  |

| 教育福祉  ├―――――┼――――┼―――――――┤

|       |     | 10  | 辻 信行  |

| 常任委員会 ├―――――┼――――┼―――――――┤

|       |  ◯  | 12  | 尾西雅代  |

|       ├―――――┼――――┼―――――――┤

|       |     | 13  | 土田友雄  |

|       ├―――――┼――――┼―――――――┤

|       |     | 14  | 大東和美  |

├―――――――┼―――――┼――――┼―――――――┤

|       |     | 1  | 五十川員申 |

|       ├―――――┼――――┼―――――――┤

|       |     | 2  | 北村大助  |

|       ├―――――┼――――┼―――――――┤

|       |     | 3  | 馬場弘勝  |

|       ├―――――┼――――┼―――――――┤

|       |     | 4  | 安原 透  |

|       ├―――――┼――――┼―――――――┤

|       |  ●  | 5  | 宮前一夫  |

|       ├―――――┼――――┼―――――――┤

|       |     | 6  | 西本政之  |

|       ├―――――┼――――┼―――――――┤

| 予算決算  |     | 7  | 中村義彦  |

|       ├―――――┼――――┼―――――――┤

| 常任委員会 |  ◯  | 8  | 杉林 敏  |

|       ├―――――┼――――┼―――――――┤

|       |     | 9  | 金村哲夫  |

|       ├―――――┼――――┼―――――――┤

|       |     | 10  | 辻 信行  |

|       ├―――――┼――――┼―――――――┤

|       |     | 12  | 尾西雅代  |

|       ├―――――┼――――┼―――――――┤

|       |     | 13  | 土田友雄  |

|       ├―――――┼――――┼―――――――┤

|       |     | 14  | 大東和美  |

|       ├―――――┼――――┼―――――――┤

|       |     | 15  | 岩見 博  |

└―――――――┴―――――┴――――┴―――――――┘

  ● 委員長    ◯ 副委員長

−別紙−

      一部事務組合議会 議員名一覧

             (平成29年3月22日選任)

┌―――――――――――┬――――┬――――――┐

|  一部事務組合   |議席番号| 氏  名 |

├―――――――――――┼――――┼――――――┤

|           | 8  | 杉林 敏 |

|白山石川医療企業団  ├――――┼――――――┤

|議会議員       | 9  | 金村哲夫 |

|           ├――――┼――――――┤

|           | 15  | 岩見 博 |

└―――――――――――┴――――┴――――――┘

┌―――――――――――┬――――┬――――――┐

|  一部事務組合   |議席番号| 氏  名 |

├―――――――――――┼――――┼――――――┤

|           | 6  | 西本政之 |

|白山野々市広域事務組合├――――┼――――――┤

|議会議員       | 7  | 中村義彦 |

|           ├――――┼――――――┤

|           | 12  | 尾西雅代 |

└―――――――――――┴――――┴――――――┘

┌―――――┬―――――――――――――――――――――――――――――――┐

│招集年月日│           平成29年3月1日            |

├―――――┼―――――――――――――――――――――――――――――――┤

│招集の場所│           野々市市議会議事堂           |

├―――――┼―――┬――――――――――――――┬―――┬――――――――┤

│開閉会日時│開 議|平成29年3月22日午後2時00分|議 長|  早川彰一  |

│  及び ├―――┼――――――――――――――┼―――┼――――――――┤

│  宣告 │閉 会|平成29年3月22日午後4時50分|議 長|  早川彰一  |

├―――――┼―――┴┬―――――┬――――┬――┴―┬―┴―――┬――――┤

│出席及び │議席番号│ 氏 名 │出欠の別│議席番号│ 氏 名 │出欠の別│

│ 欠席議員├――――┼―――――┼――――┼――――┼―――――┼――――┤

│     | 1  |五十川員申| ◯  | 9  |金村哲夫 | ◯  |

│     ├――――┼―――――┼――――┼――――┼―――――┼――――┤

│     │ 2  |北村大助 | ◯  | 10  |辻 信行 | ◯  |

│出席15名├――――┼―――――┼――――┼――――┼―――――┼――――┤

│     │ 3  |馬場弘勝 | ◯  | 11  |早川彰一 | ◯  |

│欠席 0名├――――┼―――――┼――――┼――――┼―――――┼――――┤

│     │ 4  |安原 透 | ◯  | 12  |尾西雅代 | ◯  |

│     ├――――┼―――――┼――――┼――――┼―――――┼――――┤

│     │ 5  |宮前一夫 | ◯  | 13  |土田友雄 | ◯  |

│     ├――――┼―――――┼――――┼――――┼―――――┼――――┤

│凡例   | 6  |西本政之 | ◯  | 14  |大東和美 | ◯  |

|◯は出席 ├――――┼―――――┼――――┼――――┼―――――┼――――┤

|▲は欠席 | 7  |中村義彦 | ◯  | 15  |岩見 博 | ◯  |

|×は不応招├――――┼―――――┼――――┼――――┼―――――┼――――┤

|     | 8  |杉林 敏 | ◯  |    |     |    |

├―――――┴―――┬┴――――┬┴――――┴―┬――┴――┬――┴――――┤

| 会議録署名議員 | 12 番 | 尾西雅代  | 13 番 | 土田友雄  |

├―――――――――┴――┬――┴―┬―――――┴―┬―――┼―――――――┤

|職務の為出席した者の氏名|事務局長| 中川 登  |書 記| 寺岡一彦  |

├―――――┬――――――┴┬―――┴―――┬―――┴―――┼―――――――┤

│     │教育長    | 堂坂雅光  |       |       |

│     ├―――――――┼―――――――┼―――――――┼―――――――┤

|     |副市長    | 常田功二  |       |       |

│     ├―――――――┼―――――――┼―――――――┼―――――――┤

|     |総務部長   | 高橋賢一  |       |       |

│     ├―――――――┼―――――――┼―――――――┼―――――――┤

|     |企画振興部長 | 山崎由治  |       |       |

│     ├―――――――┼―――――――┼―――――――┼―――――――┤

|     |健康福祉部長 | 絹川一也  |       |       |

│     ├―――――――┼―――――――┼―――――――┼―――――――┤

|地方自治法|産業建設部長 | 小山 滋  |       |       |

|第121条├―――――――┼―――――――┼―――――――┼―――――――┤

|により説明|教育文化部長 | 大久保邦彦 |       |       |

|のため出席├―――――――┼―――――――┼―――――――┼―――――――┤

|した者の職│総務課長   | 東田敏彦  |       |       |

|     ├―――――――┼―――――――┼―――――――┼―――――――┤

│     |財政課長   | 金場康宏  |       |       |

│     ├―――――――┼―――――――┼―――――――┼―――――――┤

│     │秘書広報課長 | 中田八千代 |       |       |

│     ├―――――――┼―――――――┼―――――――┼―――――――┤

│     │福祉総務課長 | 堤 喜一  |       |       |

│     ├―――――――┼―――――――┼―――――――┼―――――――┤

│     │建設課長   | 北川 勝  |       |       |

│     ├―――――――┼―――――――┼―――――――┼―――――――┤

│     │教育総務課長 | 小川幸人  |       |       |

├―――――┴―――――――┴―――――――┼―――――――┴―――――――┤

│ 議事日程・会議に付した議件・会議の経過 │    別紙のとおり     │

└―――――――――――――――――――――┴―――――――――――――――┘

 上記会議録は議会事務局長中川登が記載したものであるが、内容に相違なきことを証するため、地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

            野々市市議会議長

            野々市市議会議員

            野々市市議会議員