議事ロックス -地方議会議事録検索-


石川県 野々市市

平成27年 12月 定例会(第5回) 12月18日−03号




平成27年 12月 定例会(第5回) − 12月18日−03号









平成27年 12月 定例会(第5回)



      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議

  12月18日午後2時01分開議               出席議員15名



○議長(早川彰一議員) これより本日の会議を開きます。

 出席議員は定足数に達していますので、休会前に引き続き会議を開きます。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議時間の延長



○議長(早川彰一議員) あらかじめ会議時間の延長をしておきます。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議長諸報告



○議長(早川彰一議員) 議事日程は、お手元に配付のとおりです。

 平成27年12月15日付で、野々市市商工会会長 魚住正栄氏より、1、平成28年度野々市市商工業振興事業補助金の安定的確保について、2、まちづくりの推進について、3、市内商工業者の活用支援についての要望書と、あわせて同日付で、石川県商工会連合会会長 田上好道氏と野々市市商工会会長 魚住正栄氏との連名による、商工会に対する平成28年度補助金要望額の完全予算化等に関する要望書が議長宛てに提出されてますので、写しをお手元に配付しておきました。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案の上程



○議長(早川彰一議員) これより議案第57号から議案第65号までの9件及び請願第5号の1件を一括して議題とします。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△委員長報告



○議長(早川彰一議員) これから委員長報告を行います。

 各委員会に付託しました案件につきまして、委員長の報告を求めます。総務産業常任委員会委員長、辻信行議員。

   〔総務産業常任委員長(辻信行議員)登壇〕



◆総務産業常任委員長(辻信行議員) 総務産業常任委員会委員長報告。

 総務産業常任委員会における審査の経過と結果につきまして、ご報告申し上げます。

 当委員会に付託されました案件は、議案第63号野々市市行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律に基づく個人番号の利用に関する条例についてを初めとする議案3件、請願1件の計4件であります。

 これらの案件につきまして、去る12月14日午前10時から委員全員の出席を得て委員会を開催し、副市長、総務部長、企画振興部長、産業建設部長及び関係課長から詳細なる説明を聴取し、慎重に審査を重ねてまいりました。

 その結果、当委員会に付託されました議案第63号から議案第65号までにつきましては、いずれも賛成多数をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。

 請願第5号につきましては、賛否同数により委員長において不採択すべきものと決しました。

 以上、当委員会に付託されました議案等につきまして、その審査の経過と結果をご報告申し上げ、総務産業常任委員長報告を終わります。



○議長(早川彰一議員) 予算決算常任委員会委員長、杉林敏議員。

   〔予算決算常任委員会委員長(杉林敏議員)登壇〕



◆予算決算常任委員会委員長(杉林敏議員) 予算決算常任委員会委員長報告。

 予算決算常任委員会における審査の経過と結果につきまして、ご報告申し上げます。

 当委員会に付託されました案件は、議案第57号野々市市一般会計補正予算(第3号)についてを初めとする議案6件であります。

 これらの案件につきまして、去る12月11日及び12月14日から12月16日までの4日間にわたり、委員全員の出席を得て委員会及び分科会を開催し、副市長、教育長及び関係部課長から詳細なる説明を聴取し、審査を重ねてまいりました。

 この結果、当委員会に付託されました議案第57号から議案第62号までにつきましては、全員一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上、当委員会に付託されました議案につきまして、その審査の経過と結果をご報告申し上げ、予算決算常任委員長報告を終わります。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△委員長報告に対する質疑



○議長(早川彰一議員) これから委員長報告に対する質疑を行います。

 質疑ありませんか。

   〔「なし」と言う者あり〕



○議長(早川彰一議員) 質疑なしと認めます。

 これで委員長報告に対する質疑を終わります。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△討論



○議長(早川彰一議員) これから討論を行います。

 討論の通告を受けておりますので、発言を許します。15番、岩見博議員。

   〔15番(岩見博議員)登壇〕



◆15番(岩見博議員) 議案の表決に当たり討論を行います。

 議案第63号、議案第64号及び議案第65号の3議案について、いずれも反対です。

 まず議案第64号で、新たに市税滞納者が申請することによって換価が一定期間猶予されることになるものを含んでいることについて、不十分とはいえ、先進国では当たり前の納税者の権利保障を一歩前進させるものとして評価するものであります。

 同時に、議案第63号及び議案第64号では、マイナンバーの利用範囲を拡大するものであり、反対です。日本年金機構でおよそ125万件の個人情報が流出した事件を受け、多くの国民は、マイナンバー制度で個人情報が漏れるのではといった強い不安を抱いています。

 そうした中、先般明らかになった大阪堺市職員による、68万人にも及ぶ個人情報の持ち出し漏えい事件、持ち出された情報はマイナンバーが付与される前の情報だとは思いますが、もし個人番号が付与された後の情報であれば、さらに深刻な事件に発展したことは間違いありません。これがマイナンバー制度の現実的な危険ではないでしょうか。一旦漏れた個人情報は、もとに戻すことはできません。

 条例によって、行政には効率がよいのかもしれませんが、市民にとっては個人情報が漏れる環境が広がる危険と個人番号カード、通知カードを持ち歩く機会がふえることによる不安など新たな負担となるもので、反対です。

 次に、議案第65号についてですが、本社機能を本市に移転した企業に対して、固定資産税と都市計画税を最大10分の1に軽減しようとするものです。今必要な手だては、そういう体力のある企業を優遇することより、現に本市で頑張る小規模企業とそこで働く人への支援を強めたほうが経済的波及効果も大きく、確実に地域経済を活性化につながり、地方再生の道ではないでしょうか。

 以上を申し上げ、討論を終わります。



○議長(早川彰一議員) 3番、馬場弘勝議員。

   〔3番(馬場弘勝議員)登壇〕



◆3番(馬場弘勝議員) 私は、議案第63号から議案第65号までについて、それぞれ原案に賛成の立場から討論を行います。

 最初に、議案第63号野々市市行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律に基づく個人番号の利用に関する条例についてであります。

 平成28年1月からのマイナンバー制度の開始に伴い制約を受けることとなる本市の行政事務について、引き続き従来と同じように円滑に事務が行われるよう個人番号の利用範囲等に関して必要な規定を整備するなど、その内容は適正であり、原案に賛成であります。

 次に、議案第64号野々市市税条例等の一部を改正する条例についてでありますが、今回の改正は、納税者の申請に基づく換価の猶予制度を創設することで早期かつ的確な納税の履行を確保するほか、一定要件の高齢者向け賃貸住宅の固定資産税の課税標準の特例措置の延長など、その内容は適正であり、原案に賛成であります。

 次に、議案第65号野々市市本社機能立地促進のための市税の課税の特例に関する条例についてでありますが、県の制度と歩調を合わせ積極的な企業誘致のための支援を行い、地域経済の活性化や雇用の創出を生み出すことは、本市の持続的な発展を目指す上でも重要であることから、適正なものと認め、原案に賛成であります。

 以上、議案第63号から議案第65号までに対し、賛成の意を表明し、討論を終わります。



○議長(早川彰一議員) ほかに討論ありませんか。−−討論なしと認めます。

 これで討論を終わります。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△表決



○議長(早川彰一議員) これから表決を行います。

 議案第57号から議案第62号までの6件について一括採決します。

 各案に対する委員長の報告は可決です。本案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

   〔賛成者起立〕



○議長(早川彰一議員) 起立全員です。したがって、議案第57号から議案第62号までの6件は委員長の報告のとおり可決されました。





○議長(早川彰一議員) 議案第63号について採決します。

 本案に対する委員長の報告は可決です。本案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

   〔賛成者起立〕



○議長(早川彰一議員) 起立多数です。したがって、議案第63号は委員長の報告のとおり可決されました。





○議長(早川彰一議員) 議案第64号について採決します。

 本案に対する委員長の報告は可決です。本案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

   〔賛成者起立〕



○議長(早川彰一議員) 起立多数です。したがって、議案第64号は委員長の報告のとおり可決されました。





○議長(早川彰一議員) 議案第65号について採決します。

 本案に対する委員長の報告は可決です。本案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

   〔賛成者起立〕



○議長(早川彰一議員) 起立多数です。したがって、議案第65号は委員長の報告のとおり可決されました。





○議長(早川彰一議員) 請願第5号について採決します。

 本案に対する委員長の報告は不採択です。請願第5号を採択することに賛成の方は起立願います。

   〔賛成者起立〕



○議長(早川彰一議員) 起立少数です。したがって、請願第5号は不採択とすることに決定しました。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案の上程



○議長(早川彰一議員) これより議会議案第4号を議題とします。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△提案理由の説明(議会議案第4号)



○議長(早川彰一議員) 議会議案第4号について、提出者に提案理由の説明を求めます。7番、中村義彦議員。

   〔7番(中村義彦議員)登壇〕



◆7番(中村義彦議員) 意見書案を朗読し、提案理由の説明にかえます。

 議会議案第4号

      子ども医療費に係る国民健康保険の国庫負担減額調整措置の廃止と子ども医療費の助成制度の創設を求める意見書

 少子化の進行はいっそうの人口減少をもたらし、社会経済や社会保障に影響を及ぼすことが懸念される。そのため本市ではきびしい財政状況ながら、子育てしやすい環境づくりに努力している。

 子育て家庭の経済的負担を軽減することは、少子化対策の重要施策と捉え、すべての都道府県で子ども医療費への助成を実施している。しかし国においては、なんらの措置も講じられていない。早急な実現をもとめるものである。

 また、子どもの医療費助成等の地方単独事業を実施している自治体に対して国民健康保険の国庫負担減額調整措置がなされている。少子化対策への取り組みであるのに不合理な措置である。今や日本の人口問題は喫緊の課題であり、だからこそ国も少子化担当大臣を配置し、子育てしやすい環境づくりに力を入れ、人口減少をくいとめようとしているのではないか。一方で国庫負担減額調整措置は、少子化対策に相反することである。

 以上のことから下記の事項について強く要望する。

                記

1 子ども医療費に係る国民健康保険の国庫負担減額調整措置を廃止すること

2 国において子ども医療費の助成制度を創設すること

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

  衆議院議長殿

  参議院議長殿

  内閣総理大臣殿

  総務大臣殿

  財務大臣殿

  厚生労働大臣殿

  内閣官房長官殿

                          石川県野々市市議会

 平成27年12月18日提出

  野々市市議会議長 早川彰一殿

                提出者  野々市市議会議員  中村義彦

                賛成者  野々市市議会議員  尾西雅代

                        〃      五十川員申

                        〃      西本政之

                        〃      杉林 敏

                        〃      安原 透

                        〃      大東和美

                        〃      岩見 博

 議員各位におかれましては、本意見書を慎重に審査の上、可決されますようお願いいたします。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△質疑



○議長(早川彰一議員) これから質疑を行います。

 質疑ありませんか。−−質疑なしと認めます。

 これで質疑を終わります。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案の委員会付託の省略



○議長(早川彰一議員) これから委員会付託を行います。

 お諮りします。議会議案第4号につきましては、委員会付託を省略したいと思います。ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(早川彰一議員) 異議なしと認めます。したがって、議会議案第4号につきましては、委員会付託を省略することに決定しました。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△討論



○議長(早川彰一議員) これから討論を行います。

 討論ありませんか。

   〔「なし」と言う者あり〕



○議長(早川彰一議員) 討論なしと認めます。

 これで討論を終わります。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△表決



○議長(早川彰一議員) これから表決を行います。

 議会議案第4号について採決します。本案は原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

   〔賛成者起立〕



○議長(早川彰一議員) 起立全員です。したがって、議会議案第4号は原案のとおり可決されました。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議会閉会中の継続審査



○議長(早川彰一議員) これより議会運営委員会及び各常任委員会の閉会中の継続審査の件を議題とします。

 議会運営委員長及び各常任委員長から審査中の件につき、お手元に配付のとおり継続審査の申し出がありました。

 お諮りします。各委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(早川彰一議員) 異議なしと認めます。したがって、各委員長からの申し出のとおり閉会中の継続審査とすることに決定しました。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉議・閉会



○議長(早川彰一議員) これで本日の日程は全部終了しました。

 以上をもって本定例会に付議されました案件全て終了いたしました。

 これにて会議を閉じます。

 平成27年第5回野々市市議会定例会を閉会します。

  午後2時23分 閉会

−別紙−



△閉会中の継続審査申出書

・議会運営委員会

   議会の運営に関する事項

   議会の会議規則、委員会に関する条例等に関する事項

   議長の諮問に関する事項

・総務産業常任委員会

   総務部、企画振興部、産業建設部、会計課、議会事務局及び監査委員の所管に属する事

  項並びに公営企業に関する事項

・教育福祉常任委員会

   健康福祉部及び教育委員会の所管に属する事項

・予算決算常任委員会

   予算及び決算に関する事項

┌―――――┬―――――――――――――――――――――――――――――――┐

│招集年月日│           平成27年12月1日            │

├―――――┼―――――――――――――――――――――――――――――――┤

│招集の場所│           野々市市議会議事堂           │

├―――――┼―――┬――――――――――――――┬―――┬――――――――┤

│開閉会日時│開 会│平成27年12月18日午後2時01分│議 長│  早川彰一  │

│  及び ├―――┼――――――――――――――┼―――┼――――――――┤

│  宣告 │閉 議│平成27年12月18日午後2時23分│議 長│  早川彰一  │

├―――――┼―――┴┬―――――┬――――┬――┴―┬―┴―――┬――――┤

│出席及び │議席番号│ 氏 名 │出欠の別│議席番号│ 氏 名 │出欠の別│

│ 欠席議員├――――┼―――――┼――――┼――――┼―――――┼――――┤

│     │ 1  │五十川員申│ ◯  │ 9  │金村哲夫 │ ◯  │

│     ├――――┼―――――┼――――┼――――┼―――――┼――――┤

│     │ 2  │北村大助 │ ◯  │ 10  │辻 信行 │ ◯  │

│出席15名├――――┼―――――┼――――┼――――┼―――――┼――――┤

│     │ 3  │馬場弘勝 │ ◯  │ 11  │早川彰一 │ ◯  │

│欠席 0名├――――┼―――――┼――――┼――――┼―――――┼――――┤

│     │ 4  │安原 透 │ ◯  │ 12  │尾西雅代 │ ◯  │

│     ├――――┼―――――┼――――┼――――┼―――――┼――――┤

│     │ 5  │宮前一夫 │ ◯  │ 13  │土田友雄 │ ◯  │

│     ├――――┼―――――┼――――┼――――┼―――――┼――――┤

│凡例   │ 6  │西本政之 │ ◯  │ 14  │大東和美 │ ◯  │

│◯は出席 ├――――┼―――――┼――――┼――――┼―――――┼――――┤

│▲は欠席 │ 7  │中村義彦 │ ◯  │ 15  │岩見 博 │ ◯  │

│×は不応招├――――┼―――――┼――――┼――――┼―――――┼――――┤

│     │ 8  │杉林 敏 │ ◯  │    │     │    │

├―――――┴―――┬┴――――┬┴――――┴―┬――┴――┬――┴――――┤

│会議録署名議員  │ 7 番 │ 中村義彦  │ 8 番 │ 杉林 敏  │

├―――――――――┴――┬――┴―┬―――――┴―┬―――┼―――――――┤

│職務の為出席した者の氏名│事務局長│ 中川 登  │書 記│ 北坂義明  │

├―――――┬――――――┴┬―――┴―――┬―――┴―――┼―――――――┤

│     │市長     │ 粟 貴章  │建設課長   │ 北川 勝  │

│     ├―――――――┼―――――――┼―――――――┼―――――――┤

│     │教育委員長  │ 松野勝夫  │教育総務課長 │ 小川幸人  │

│     ├―――――――┼―――――――┼―――――――┼―――――――┤

│     │副市長    │ 田中 宣  │       │       │

│     ├―――――――┼―――――――┼―――――――┼―――――――┤

│     │教育長    │ 堂坂雅光  │       │       │

│     ├―――――――┼―――――――┼―――――――┼―――――――┤

│     │総務部長   │ 高橋賢一  │       │       │

│     ├―――――――┼―――――――┼―――――――┼―――――――┤

│地方自治法│企画振興部長 │ 山崎由治  │       │       │

│第121条├―――――――┼―――――――┼―――――――┼―――――――┤

│により説明│健康福祉部長 │ 絹川一也  │       │       │

│のため出席├―――――――┼―――――――┼―――――――┼―――――――┤

│した者の職│産業建設部長 │ 小山 滋  │       │       │

│氏名   ├―――――――┼―――――――┼―――――――┼―――――――┤

│     │教育文化部長 │ 寺尾庄司  │       │       │

│     ├―――――――┼―――――――┼―――――――┼―――――――┤

│     │総務課長   │ 東田敏彦  │       │       │

│     ├―――――――┼―――――――┼―――――――┼―――――――┤

│     │財政課長   │ 大久保邦彦 │       │       │

│     ├―――――――┼―――――――┼―――――――┼―――――――┤

│     │秘書広報課長 │ 越柴一良  │       │       │

│     ├―――――――┼―――――――┼―――――――┼―――――――┤

│     │企画課長   │ 山口 良  │       │       │

│     ├―――――――┼―――――――┼―――――――┼―――――――┤

│     │福祉総務課長 │ 堤 喜一  │       │       │

├―――――┴―――――――┴―――――――┼―――――――┴―――――――┤

│ 議事日程・会議に付した議件・会議の経過 │    別紙のとおり     │

└―――――――――――――――――――――┴―――――――――――――――┘

 上記会議録は議会事務局長中川登が記載したものであるが、内容に相違なきことを証するため、地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

            野々市市議会議長

            野々市市議会議員

            野々市市議会議員