議事ロックス -地方議会議事録検索-


石川県 野々市市

平成25年  6月 定例会(第2回) 06月24日−03号




平成25年  6月 定例会(第2回) − 06月24日−03号









平成25年  6月 定例会(第2回)



      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議

  6月24日午後2時05分開議                   出席議員16名



○議長(平野政昭議員) 出席議員は定足数に達していますので、休会前に引き続き、これより本日の会議を開きます。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議長諸報告



○議長(平野政昭議員) 議事日程はお手元に配付のとおりです。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議時間の延長



○議長(平野政昭議員) あらかじめ会議時間の延長をしておきます。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案の上程



○議長(平野政昭議員) これから追加提案されました議案第52号を議題といたします。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△提案理由の説明



○議長(平野政昭議員) 議案第52号について、市長に提案理由の説明を求めます。粟市長。

   〔市長(粟貴章君)登壇〕



◎市長(粟貴章君) それでは、本日追加提案いたしました議案第52号につきまして、ご説明を申し上げます。

 この議案は、(仮称)富奥地区防災コミュニティセンター建設工事(建築工事)につきまして、兼六・河合特定建設工事共同企業体と契約金額3億7,275万円で工事請負契約の締結を行うものであり、地方自治法第96条第1項第5号及び議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定に基づき議会の議決を求めるものでございます。

 何とぞ慎重にご審議の上、適切なるご決議を賜りますようお願い申し上げ、提案理由の説明といたします。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△質疑



○議長(平野政昭議員) これから質疑を行います。

 質疑ありませんか。

   〔「なし」と言う者あり〕



○議長(平野政昭議員) 質疑なしと認めます。

 これで質疑を終わります。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案の委員会付託の省略



○議長(平野政昭議員) これから委員会付託を行います。

 お諮りします。ただいま議題となっております議案第52号の1件につきましては、委員会付託を省略したいと思います。ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(平野政昭議員) 異議なしと認めます。したがって、議案第52号の1件につきましては、委員会付託を省略することに決定しました。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△討論



○議長(平野政昭議員) これから討論を行います。

 討論ありませんか。

   〔「なし」と言う者あり〕



○議長(平野政昭議員) 討論なしと認めます。

 これで討論を終わります。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△表決



○議長(平野政昭議員) これから表決を行います。

 議案第52号工事請負契約の締結についてを採決します。本案は原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

   〔賛成者起立〕



○議長(平野政昭議員) 起立全員です。したがって、議案第52号の工事請負契約の締結については原案のとおり可決されました。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案の上程



○議長(平野政昭議員) これより議案第39号から第51号までの13件並びに請願第1号及び請願第2号の2件について一括して議題とします。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△委員長報告



○議長(平野政昭議員) これから委員長報告を行います。

 各常任委員会及び予算特別委員会に付託しました案件につきまして、委員長の報告を求めます。総務常任委員会委員長、金村哲夫議員。

   〔総務常任委員長(金村哲夫議員)登壇〕



◆総務常任委員長(金村哲夫議員) 総務常任委員会委員長報告。

 総務常任委員会における審査の経過と結果につきまして、ご報告申し上げます。

 当委員会に付託されました案件は、議案第45号専決処分(野々市市税条例の一部を改正する条例)の承認についてを初めとする議案1件、請願2件の計3件であります。

 これらの各案件につきまして、去る6月18日午前10時から委員全員の出席を得て委員会を開催し、副市長、総務部長、市民生活部長及び関係課長から詳細なる説明を聴取し、慎重に審査を重ねてまいりました。

 その結果、当委員会に付託されました議案第45号につきましては、全員一致をもって原案のとおり承認すべきものと決しました。また、請願第1号及び請願第2号につきましては、賛成少数をもって不採択とすべきものと決しました。

 以上、当委員会に付託されました議案等につきまして、その審査の経過と結果を報告申し上げ、総務常任委員長報告を終わります。



○議長(平野政昭議員) 健康福祉常任委員会委員長、杉林敏議員。

   〔健康福祉常任委員長(杉林敏議員)登壇〕



◆健康福祉常任委員長(杉林敏議員) 健康福祉常任委員会委員長報告。

 健康福祉常任委員会における審査の経過と結果につきまして、ご報告申し上げます。

 当委員会に付託されました案件は、議案第46号専決処分(野々市市国民健康保険税条例の一部を改正する条例)の承認についての議案1件であります。

 この案件につきまして、去る6月19日午前10時から委員全員の出席を得て委員会を開催し、議案第46号につきまして、副市長、健康福祉部長及び関係課長から詳細なる説明を聴取し、慎重に審査を重ねてまいりました。

 その結果、当委員会に付託されました議案第46号につきましては、全員一致をもって原案のとおり承認すべきものと決しました。

 以上、当委員会に付託されました議案につきまして、その審査の経過と結果をご報告申し上げ、健康福祉常任委員長報告を終わります。



○議長(平野政昭議員) 産業建設常任委員会委員長、西本政之議員。

   〔産業建設常任委員長(西本政之議員)登壇〕



◆産業建設常任委員長(西本政之議員) 産業建設常任委員会委員長報告。

 産業建設常任委員会における審査の経過と結果につきまして、ご報告申し上げます。

 当委員会に付託されました案件は、議案第48号野々市市企業立地の促進等による地域における産業集積の形成及び活性化のための固定資産税の特例に関する条例の一部を改正する条例についてを初めとする議案4件であります。

 これらの各案件につきまして、去る6月19日午後2時から委員全員の出席を得て委員会を開催し、副市長、産業建設部長及び関係課長から詳細なる説明を聴取し、慎重に審査を重ねてまいりました。

 その結果、当委員会に付託されました議案第48号につきましては、賛成多数をもって、議案第49号から議案第51号につきましては、いずれも全員一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上、当委員会に付託されました議案につきまして、その審査の経過と結果をご報告申し上げ、産業建設常任委員長報告を終わります。



○議長(平野政昭議員) 予算特別委員会委員長、岩見博議員。

   〔予算特別委員長(岩見博議員)登壇〕



◆予算特別委員長(岩見博議員) 予算特別委員会委員長報告。

 予算特別委員会における審査の経過と結果につきまして、ご報告申し上げます。

 当委員会に付託されました案件は、議案第39号専決処分(平成24年度野々市市一般会計補正予算第5号)の承認についてを初めとする議案7件であります。

 これらの各案件につきまして、去る6月17日午後2時から委員全員の出席を得て委員会を開催し、議案第39号から議案第44号まで及び議案第47号につきまして、副市長、教育長及び関係部課長から詳細なる説明を聴取し、慎重に審査を重ねてまいりました。

 その結果、当委員会に付託されました議案第39号から議案第44号までにつきましては、いずれも全員一致をもって原案のとおり可決すべきものと、議案第47号につきましては、全員一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上、当委員会に付託されました議案につきまして、その審査の経過と結果をご報告申し上げ、予算特別委員長報告を終わります。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△委員長報告に対する質疑



○議長(平野政昭議員) これから委員長報告に対する質疑を行います。

 質疑ありませんか。

   〔「なし」と言う者あり〕



○議長(平野政昭議員) 質疑なしと認めます。

 これで委員長報告に対する質疑を終わります。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△討論



○議長(平野政昭議員) これから討論を行います。

 討論の通告を受けておりますので、発言を許します。

 16番、岩見博議員。

   〔16番(岩見博議員)登壇〕



◆16番(岩見博議員) 議案の表決に当たり、討論を行います。

 議案第48号については反対です。以下、その理由を述べます。

 条例案は、3億円ないし5億円を超える設備投資ができる企業だけが固定資産税を3年間免除の恩恵を受けることができるというものであります。産業建設常任委員会の審査で、1企業で3年間に4,000万円もの税金が免除されることが明らかになりました。一方、日本の経済と雇用を支えているのが中小零細の事業者であり、そうした事業者が数百万や数千万円の設備を更新しても対象にはなりません。加えて、下請、孫請の事業者は、元請企業からの一方的な単価の切り下げを強いられ、消費税を転嫁できない弱い立場に置かれているのが実態です。市民も受益者負担を理由に、住民税や国民健康保険税、介護保険料などの負担増を強いられています。まさに大企業優遇の不公平条例であることを指摘し、討論を終わります。



○議長(平野政昭議員) 10番、土田友雄議員。

   〔10番(土田友雄議員)登壇〕



◆10番(土田友雄議員) 私は、議案第48号について、原案に賛成の立場から討論を行います。

 議案第48号野々市市企業立地の促進等による地域における産業集積の形成及び活性化のための固定資産税の特例に関する条例の一部を改正する条例についてでありますが、企業立地の促進等による地域における産業集積の形成及び活性化に関する法律に基づき、石川県の基本計画期間が新たに平成25年4月1日から平成30年3月31日までとされたことに伴い、固定資産税の免除対象となる施設の設置期間及び取得期間を県の期間と合わせるものであることから、適正なものと認め、原案に賛成であります。

 以上、議案第48号に賛成の意を表明し、討論を終わります。



○議長(平野政昭議員) ほかに討論ありませんか。

   〔「なし」と言う者あり〕



○議長(平野政昭議員) 討論なしと認めます。

 これで討論を終わります。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△表決



○議長(平野政昭議員) これから表決を行います。

 議案第39号から議案第46号までの8件を一括して採決します。

 各案に対する委員長の報告は承認です。各案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

   〔賛成者起立〕



○議長(平野政昭議員) 起立全員です。したがって、議案第39号から議案第46号は委員長の報告のとおり承認されました。





○議長(平野政昭議員) 議案第47号について採決します。

 本案に対する委員長の報告は可決です。本案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

   〔賛成者起立〕



○議長(平野政昭議員) 起立全員です。したがって、議案第47号は委員長の報告のとおり可決されました。





○議長(平野政昭議員) 議案第48号を採決します。

 本案に対する委員長の報告は可決です。本案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

   〔賛成者起立〕



○議長(平野政昭議員) 起立多数です。したがって、議案第48号は委員長の報告のとおり可決されました。





○議長(平野政昭議員) 議案第49号から議案第51号までの3件を一括採決します。

 各案に対する委員長の報告は可決です。各案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

   〔賛成者起立〕



○議長(平野政昭議員) 起立全員です。したがって、議案第49号から議案第51号までの3件は委員長の報告のとおり可決されました。





○議長(平野政昭議員) 請願第1号について採決します。

 本案に対する委員長の報告は不採択です。請願第1号を採択することに賛成の方は起立願います。

   〔賛成者起立〕



○議長(平野政昭議員) 起立少数です。したがって、議案第1号は不採択とすることに決しました。





○議長(平野政昭議員) 請願第2号について採決します。

 本案に対する委員長の報告は不採択です。請願第2号を採択することに賛成の方は起立願います。

   〔賛成者起立〕



○議長(平野政昭議員) 起立少数です。したがって、請願第2号は不採択とすることに決しました。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案の上程



○議長(平野政昭議員) これより議会議案第4号及び議会議案第5号の2件を一括議題とします。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△提案理由の説明(議会議案第4号)



○議長(平野政昭議員) 議会議案第4号について、提出者に提案理由の説明を求めます。4番、金村哲夫議員。

   〔4番(金村哲夫議員)登壇〕



◆4番(金村哲夫議員) 意見書案を朗読し、提案理由の説明にかえます。

 議会議案第4号

     地方財政の充実・強化を求める意見書

 2013年度の地方財政計画において、政府は国の政策目的の実現のために、地方公務員の臨時給与減額に係る地方交付税減税を推し進めました。このことは、地方財政制度の根幹を揺るがすものであり、憲法が保障する地方自治の本旨から見て容認できるものではありません。

 地方交付税は地方の固有財源であり、地方交付税法第1条に規定する「地方団体の独立性の強化」、「地方行政の計画的な運営」に資するものでなければなりません。

 さらに、被災地の復興、子育て、医療、介護などの社会保障、環境対策など地方自治体が担う役割は増大しており、地域の財政需要を的確に見積もり、これに見合う地方交付税総額を確保する必要があります。

 以上のことから、公共サービスの質の確保と地方自治体の安定的な行政運営を実現するため、2014年度の地方財政計画、地方交付税総額の拡大にむけて政府に下記の通り対策を求めます。

                記

1.地方財政計画、地方交付税総額の決定に当たっては国の政策方針に基づき一方的に決するのではなく、国と地方の十分な協議のもとに決定すること。

2.社会保障分野の人材確保、農林水産業の再興、環境対策などの財政需要を的確に把握し、増大する地域の財政需要に見合う地方財政計画、地方交付税総額の拡大をはかること。

3.被災自治体の復興に要する地方負担分については、通常の予算とは別枠として確保すること。

4.地方公務員給与費の臨時給与削減により減額した給与関係費等に係る財源については、完全に復元すること。

5.小規模自治体に配慮した段階補正の強化、市町村合併の算定特例の終了を踏まえた新たな財政需要の把握について、対策を講じること。

 以上、地方自治法第99条の規定に基づき、意見書を提出する。

  衆議院議長殿

  参議院議長殿

  内閣総理大臣殿

  総務大臣殿

  財務大臣殿

  経済産業大臣殿

  内閣府特命担当大臣(経済財政政策担当)殿

  内閣官房長官殿

                             石川県野々市市議会

 平成25年6月24日提出

  野々市市議会議長 平野政昭殿

                   提出者  野々市市議会議員  金村哲夫

                   賛成者  野々市市議会議員  西本政之

                           〃      尾西雅代

                           〃      西田治夫

                           〃      土田友雄

                           〃      川 哲郎

                           〃      岩見 博

 議員各位におかれましては、本意見書案を慎重に審査の上、可決されますようお願いいたします。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△提案理由の説明(議会議案第5号)



○議長(平野政昭議員) 議会議案第5号について、提出者に提案理由の説明を求めます。1番、西本政之議員。

   〔1番(西本政之議員)登壇〕



◆1番(西本政之議員) 意見書案を朗読し、提案理由の説明にかえます。

 議会議案第5号

     教育予算の拡充を求める意見書

 新学習指導要領が本格的に始まり、授業時数や指導内容が増加しています。日本語指導などを必要とする子どもたちや障害のある子どもたちへの対応等も課題となっており、いじめ、不登校等生徒指導の課題も深刻化しています。こうしたことの解決にむけて、計画的な定数改善が必要です。

 30年ぶりの法改正で小学1、2年生に35人学級が導入されました。しかし、今年度はその拡充において予算措置されていません。文部科学省が2010年に実施した調査では、保護者の約6割が「望ましい学級規模」として26人〜30人を挙げており、また、国内の各府県の調査においても、少人数学級編成で「個別指導がしやすくなった」「教員はきめ細かい対応をしている」など肯定的な意見を述べられたほか、不登校の出現率や欠席率の低下、いじめの発生件数の減少など、その効果は明らかです。国際的にみても、日本はOECD諸国平均に比べ1学級あたりの児童生徒数や、教員1人当たりの児童生徒数はとりわけ多くなっています。

 子どもたちが全国どこに住んでいても、機会均等に一定水準の教育を受けられることが憲法上の要請です。しかし、教育予算について、GDPに占める教育費の割合や一般政府総支出における教育費の割合はOECD加盟国(データのある31ヵ国)の中で日本は最下位であり、対して、教育支出における私費負担の割合はOECD平均の倍です。また、三位一体改革により、義務教育費国庫負担制度の国負担割合は2分の1から3分の1に引き下げられ、非正規教職員の増大などにみられるように教育条件の格差も生じています。

 将来を担い、社会の基盤づくりにつながる子どもたちへの教育は極めて重要です。子どもや若者の学びを切れめなく支援し、人材育成・創出から雇用・就業の拡大につなげる必要があります。

 こうした観点から、2014年度政府の概算要求に向けて下記事項の実現について、地方自治法第99条の規定にもとづき意見書を提出するものであります。

                記

1.35人以下学級の完結及び30人以下学級を推進すること。

2.教育の機会均等と水準の維持向上をはかるため、義務教育費国庫負担制度の拡充を図ること。

3.校舎の耐震化、教材備品・修繕費等、学校教育環境の整備充実に必要な予算措置を行うこと。

4.子どもと向き合える時間の確保ができるよう、教職員の定数改善や事務負担の軽減を行うこと。

  衆議院議長殿

  参議院議長殿

  内閣総理大臣殿

  総務大臣殿

  財務大臣殿

  文部科学大臣殿

  内閣官房長官殿

                             石川県野々市市議会

 平成25年6月24日提出

  野々市市議会議長 平野政昭殿

                   提出者  野々市市議会議員  西本政之

                   賛成者  野々市市議会議員  中村義彦

                           〃      早川彰一

                           〃      西田治夫

                           〃      土田友雄

                           〃      村本道治

                           〃      北村成人

                           〃      川 哲郎

                           〃      岩見 博

 議員各位におかれましては、本意見書案を慎重に審査の上、可決されますようお願いいたします。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△質疑



○議長(平野政昭議員) これから質疑を行います。

 質疑ありませんか。

   〔「なし」と言う者あり〕



○議長(平野政昭議員) 質疑なしと認めます。

 これで質疑を終わります。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案の委員会付託の省略



○議長(平野政昭議員) これから委員会付託を行います。

 お諮りします。ただいま議題となっております議会議案第4号及び議会議案第5号につきましては、委員会付託を省略したいと思います。ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(平野政昭議員) 異議なしと認めます。したがって、議会議案第4号及び議会議案第5号につきましては、委員会付託を省略することに決定しました。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△討論



○議長(平野政昭議員) これから討論を行います。

 討論ありませんか。

   〔「なし」と言う者あり〕



○議長(平野政昭議員) 討論なしと認めます。

 これで討論を終わります。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△表決



○議長(平野政昭議員) これから表決を行います。

 議会議案第4号について採決します。本案は原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

   〔賛成者起立〕



○議長(平野政昭議員) 起立全員です。したがって、議会議案第4号は原案のとおり可決されました。





○議長(平野政昭議員) 議会議案第5号について採決します。本案は原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

   〔賛成者起立〕



○議長(平野政昭議員) 起立全員です。したがって、議会議案第5号は原案のとおり可決されました。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議会閉会中の継続審査



○議長(平野政昭議員) これより議会運営委員会及び各常任委員会の閉会中の継続審査の件を議題とします。

 議会運営委員長及び各常任委員長から審査中の件につき、お手元に配付のとおり継続審査の申し出がありました。

 お諮りします。各委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(平野政昭議員) 異議なしと認めます。したがって、各委員長からの申し出のとおり閉会中の継続審査とすることに決定しました。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉議・閉会



○議長(平野政昭議員) これで本日の日程は全部終了しました。

 以上をもって本定例会に付議されました案件全て終了いたしました。

 これにて会議を閉じます。

 平成25年第2回野々市市議会定例会を閉会します。

  午後2時38分 閉会

−別紙−

          閉会中の継続審査申出書

・議会運営委員会

   議会の運営に関する事項

   議会の会議規則、委員会に関する条例等に関する事項

   議会事務局の所管に属する事項

   議長の諮問に関する事項

・総務常任委員会

   総務部の所管に属する事項

   市民生活部の所管に属する事項

   会計課の所管に属する事項

   監査委員の所管に属する事項

・健康福祉常任委員会

   健康福祉部の所管に属する事項

・産業建設常任委員会

   産業建設部の所管に属する事項

   公営企業に関する事項

・教育文化常任委員会

   教育委員会の所管に属する事項

┌―――――┬―――――――――――――――――――――――――――――――┐

│招集年月日│           平成25年6月6日            │

├―――――┼―――――――――――――――――――――――――――――――┤

│招集の場所│           野々市市議会議事堂           │

├―――――┼―――┬――――――――――――――┬―――┬――――――――┤

│開閉会日時│開 議│平成25年6月24日午後2時05分│議 長│  平野政昭  │

│  及び ├―――┼――――――――――――――┼―――┼――――――――┤

│  宣告 │閉 会│平成25年6月24日午後2時38分│議 長│  平野政昭  │

├―――――┼―――┴┬―――――┬――――┬――┴―┬―┴―――┬――――┤

│出席及び │議席番号│ 氏 名 │出欠の別│議席番号│ 氏 名 │出欠の別│

│ 欠席議員├――――┼―――――┼――――┼――――┼―――――┼――――┤

│     │ 1  │西本政之 │ ◯  │ 9  │平野政昭 │ ◯  │

│     ├――――┼―――――┼――――┼――――┼―――――┼――――┤

│     │ 2  │中村義彦 │ ◯  │ 10  │土田友雄 │ ◯  │

│出席16名├――――┼―――――┼――――┼――――┼―――――┼――――┤

│     │ 3  │杉林 敏 │ ◯  │ 11  │西田治夫 │ ◯  │

│欠席 0名├――――┼―――――┼――――┼――――┼―――――┼――――┤

│     │ 4  │金村哲夫 │ ◯  │ 12  │大東和美 │ ◯  │

│     ├――――┼―――――┼――――┼――――┼―――――┼――――┤

│     │ 5  │辻 信行 │ ◯  │ 13  │村本道治 │ ◯  │

│     ├――――┼―――――┼――――┼――――┼―――――┼――――┤

│凡例   │ 6  │川 哲郎 │ ◯  │ 14  │田中昭一 │ ◯  │

│◯は出席 ├――――┼―――――┼――――┼――――┼―――――┼――――┤

│▲は欠席 │ 7  │早川彰一 │ ◯  │ 15  │北村成人 │ ◯  │

│×は不応招├――――┼―――――┼――――┼――――┼―――――┼――――┤

│     │ 8  │尾西雅代 │ ◯  │ 16  │岩見 博 │ ◯  │

├―――――┴―――┬┴――――┬┴――――┴―┬――┴――┬――┴――――┤

│会議録署名議員  │ 8 番 │ 尾西雅代  │ 10 番 │ 土田友雄  │

├―――――――――┴――┬――┴―┬―――――┴―┬―――┼―――――――┤

│職務の為出席した者の氏名│事務局長│ 高見重任  │書 記│ 北坂義明  │

├―――――┬――――――┴┬―――┴―――┬―――┴―――┼―――――――┤

│     │市長     │ 粟 貴章  │教育総務課長 │ 今西孝一  │

│     ├―――――――┼―――――――┼―――――――┼―――――――┤

│     │教育委員長  │ 北本 正  │       │       │

│     ├―――――――┼―――――――┼―――――――┼―――――――┤

│     │副市長    │ 田中 宣  │       │       │

│     ├―――――――┼―――――――┼―――――――┼―――――――┤

│     │教育長    │ 堂坂雅光  │       │       │

│     ├―――――――┼―――――――┼―――――――┼―――――――┤

│     │総務部長   │ 岡田晴彦  │       │       │

│     ├―――――――┼―――――――┼―――――――┼―――――――┤

│地方自治法│市民生活部長 │ 小畠邦雄  │       │       │

│第121条├―――――――┼―――――――┼―――――――┼―――――――┤

│により説明│健康福祉部長 │ 中村 彰  │       │       │

│のため出席├―――――――┼―――――――┼―――――――┼―――――――┤

│した者の職│産業建設部長 │ 今村 滋  │       │       │

│氏名   ├―――――――┼―――――――┼―――――――┼―――――――┤

│     │教育文化部長 │ 寺尾庄司  │       │       │

│     ├―――――――┼―――――――┼―――――――┼―――――――┤

│     │総務課長   │ 山崎由治  │       │       │

│     ├―――――――┼―――――――┼―――――――┼―――――――┤

│     │財政課長   │ 大久保邦彦 │       │       │

│     ├―――――――┼―――――――┼―――――――┼―――――――┤

│     │市民課長   │ 北岡達也  │       │       │

│     ├―――――――┼―――――――┼―――――――┼―――――――┤

│     │福祉総務課長 │ 絹川一也  │       │       │

│     ├―――――――┼―――――――┼―――――――┼―――――――┤

│     │建設課長   │ 小山 滋  │       │       │

├―――――┴―――――――┴―――――――┼―――――――┴―――――――┤

│ 議事日程・会議に付した議件・会議の経過 │    別紙のとおり     │

└―――――――――――――――――――――┴―――――――――――――――┘

 上記会議録は議会事務局長高見重任が記載したものであるが、内容に相違なきことを証するため、地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

            野々市市議会議長

            野々市市議会議員

            野々市市議会議員