議事ロックス -地方議会議事録検索-


石川県 野々市市

平成25年  3月 定例会(第1回) 03月25日−03号




平成25年  3月 定例会(第1回) − 03月25日−03号









平成25年  3月 定例会(第1回)



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議

  3月25日午後2時00分開議                   出席議員16名



○議長(北村成人議員) 出席議員は定足数に達していますので、休会前に引き続き、これより本日の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議時間の延長



○議長(北村成人議員) あらかじめ会議時間の延長をしておきます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議長諸報告



○議長(北村成人議員) 議事日程はお手元に配付のとおりです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案の上程



○議長(北村成人議員) これより議案第1号から第36号までの36件を一括して議題とします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△委員長報告



○議長(北村成人議員) これから委員長報告を行います。

 各常任委員会及び予算特別委員会に付託しました案件につきまして、委員長の報告を求めます。総務常任委員会委員長、辻信行議員。

   〔総務常任委員長(辻信行議員)登壇〕



◆総務常任委員長(辻信行議員) 総務常任委員会委員長報告。

 総務常任委員会における審査の経過と結果につきまして、ご報告申し上げます。

 当委員会に付託されました案件は、議案第13号野々市市議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例についてを初めとする議案7件であります。

 これらの各案件につきまして、去る3月15日午前10時から委員全員の出席を得て委員会を開催し、副市長、総務部長、市民生活部長及び関係課長から詳細なる説明を聴取し、慎重に審査を重ねてまいりました。

 その結果、当委員会に付託されました議案第13号から議案第16号まで、議案第24号、議案第25号及び議案第35号につきまして、いずれも全員一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上、当委員会に付託されました議案につきまして、その審査の経過と結果をご報告申し上げ、総務常任委員長報告を終わります。



○議長(北村成人議員) 健康福祉常任委員会委員長、岩見博議員。

   〔健康福祉常任委員長(岩見博議員)登壇〕



◆健康福祉常任委員長(岩見博議員) 健康福祉常任委員会委員長報告。

 健康福祉常任委員会における審査の経過と結果につきまして、ご報告申し上げます。

 当委員会に付託されました案件は、議案第12号非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例及び野々市市精神障害者医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例についてを初めとする議案8件であります。

 これらの案件につきまして、去る3月18日午前10時から委員全員の出席を得て委員会を開催し、副市長、健康福祉部長及び関係課長から詳細なる説明を聴取し、慎重に審査を重ねてまいりました。

 その結果、当委員会に付託されました議案第12号、議案第17号、議案第19号、議案第26号から議案第30号までにつきまして、いずれも全員一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上、当委員会に付託されました議案につきまして、その審査の経過と結果をご報告申し上げ、健康福祉常任委員長報告を終わります。



○議長(北村成人議員) 産業建設常任委員会委員長、早川彰一議員。

   〔産業建設常任委員長(早川彰一議員)登壇〕



◆産業建設常任委員長(早川彰一議員) 産業建設常任委員会委員長報告。

 産業建設常任委員会における審査の経過と結果につきまして、ご報告申し上げます。

 当委員会に付託されました案件は、議案第20号野々市市建築関係手数料条例の一部を改正する条例についてを初めとする議案9件であります。

 これらの各案件につきまして、去る3月18日午後2時から委員全員の出席を得て委員会を開催し、副市長、産業建設部長及び関係課長から詳細なる説明を聴取し、慎重に審査を重ねてまいりました。

 その結果、当委員会に付託されました議案第20号から議案第23号まで、議案第31号から議案第34号まで、及び議案第36号につきましては、いずれも全員一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上、当委員会に付託されました議案につきまして、その審査の経過と結果をご報告申し上げ、産業建設常任委員長報告を終わります。



○議長(北村成人議員) 教育文化常任委員会委員長、尾西雅代議員。

   〔教育文化常任委員長(尾西雅代議員)登壇〕



◆教育文化常任委員長(尾西雅代議員) 教育文化常任委員会委員長報告。

 教育文化常任委員会における審査の経過と結果につきまして、ご報告申し上げます。

 当委員会に付託されました案件は、議案第18号野々市市スポーツ推進審議会に関する条例の一部を改正する条例についての議案1件であります。

 この案件につきまして、去る3月15日午後2時から委員全員の出席を得て委員会を開催し、副市長、教育長、教育文化部長及び関係課長から詳細なる説明を聴取し、慎重に審査を重ねてまいりました。

 その結果、当委員会に付託されました議案第18号につきましては、全員一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上、当委員会に付託されました議案につきまして、その審査の経過と結果をご報告申し上げ、教育文化常任委員長報告を終わります。



○議長(北村成人議員) 予算特別委員会委員長、村本道治議員。

   〔予算特別委員長(村本道治議員)登壇〕



◆予算特別委員長(村本道治議員) 予算特別委員会委員長報告。

 予算特別委員会における審査の経過と結果につきまして、ご報告申し上げます。

 当委員会に付託されました案件は、議案第1号平成24年度野々市市一般会計補正予算(第4号)についてを初めとする議案11件であります。

 これらの各案件につきまして、去る3月13日及び3月14日の2日間にわたり、委員全員の出席を得て委員会を開催し、予算書及び予算(案)の概要に基づき、副市長、教育長及び関係部課長から詳細なる説明を聴取し、慎重に審査を重ねてまいりました。

 その結果、当委員会に付託されました議案第1号、議案第2号、議案第4号、議案第5号、議案第10号及び議案第11号につきましては、いずれも全員一致をもって、議案第3号及び議案第6号から議案第9号までにつきましては、いずれも賛成多数をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上、当委員会に付託されました議案につきまして、その審査の経過と結果をご報告申し上げ、予算特別委員長報告を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△委員長報告に対する質疑



○議長(北村成人議員) これから委員長報告に対する質疑を行います。

 質疑ありませんか。

   〔「なし」と言う者あり〕



○議長(北村成人議員) 質疑なしと認めます。

 これで委員長報告に対する質疑を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△討論



○議長(北村成人議員) これから討論を行います。

 討論の通告を受けておりますので、発言を許します。16番、岩見博議員。

   〔16番(岩見博議員)登壇〕



◆16番(岩見博議員) 議案の表決に当たり、日本共産党を代表して討論を行います。

 議案第3号、議案第6号、議案第7号、議案第8号、議案第9号、議案第13号、議案第14号、議案第15号、議案第17号及び議案第19号、以上10議案について反対します。

 以下、その理由を述べます。

 なお、議案第17号及び議案第19号につきましては、健康福祉常任委員長報告は全員一致可決でありますが、私は委員長であり表決に加わることはできません。したがって、この場においては、一議員の立場から討論を行います。

 まず、議案第3号及び議案第17号についてですが、重労働なのに低賃金の介護労働者の高い離職率を食いとめるのを目的として設けられた基金であったのに、賃上げによる処遇改善がどれだけあったのか、目的が達成されたのかどうかも全くつかめていません。しかも、わずか1年や2年で改善したと言えるような賃上げがあるはずがないのに基金を廃止する。これは認めることはできません。

 次に、市の13年度予算についてですが、政府の13年度予算のポイントは、15カ月予算であるとともに、予算の重点化として公共事業予算を充実、防衛予算を充実の一方で、生活保護、地方公務員人件費などについて適正化・見直ししたと安倍内閣予算の矛先が生活保護と地方公務員人件費、自治体に向けられているという特徴が鮮明になっています。私の一般質問でも明らかにしてきたように、生活保護基準の引き下げによる市民生活への影響が大きいことや、官民の給与引き下げ競争となる地方公務員給与引き下げと、それを前提とした交付税が本市では1億円も削減されることが明らかとなりました。また、職員給与を引き下げないよう求めた私の質問に、市長は明言を避けたことも問題と言わなければなりません。

 医療や高齢者福祉における国民健康保険税や後期高齢者医療保険料、介護保険料の負担がどんどんふえ、払いたくても払えない低所得者も滞納整理機構による差し押さえの対象とされ、資格証明書の発行や短期保険証の発行が続いています。命にかかわる問題であり、生存権を侵害するおそれがあるペナルティは直ちにやめるべきであります。

 昨年4月の介護保険法と介護報酬の改定の結果、利用者はサービスを受ける時間が削減され、介護労働者は収入が減るといったことが広がってきています。4月1日から現行の障害者自立支援法が障害者総合支援法となりますが、障害者の脱施設支援がうたわれ、障害者に自立・自助を求めています。こうしたことに、障害者と家族から家族負担がふえるのではないかといった不安が広がっていることを指摘しておかなければなりません。

 このように、まさに社会保障と税の一体改革の実態は、国民と高齢者・障害者などの生活弱者に対する社会保障制度の改悪にあることがはっきりとあらわれています。その一方で、市民の足を奪うこととセットになっている新幹線建設に伴う負担金の押しつけは問題と言わなければなりません。

 市長給与や議員報酬等の引き上げについて、日本共産党は低ければよいという立場はとっていません。しかし、労働者の賃金が下がり続けています。ことしの春闘で一部大企業で賃上げや一時金がアップしたというものの、中小企業に働く労働者や非正規労働者などへの広がりがありません。しかも、市民は負担増を強いられている上に、年金は下がり続け、生活保護費が削られ、公務員労働者も給与の引き下げが行われる中で、議員報酬などの引き上げは行うべきではないことを申し上げておきます。

 議案第19号については、市立粟田保育園を民営化するもので、反対することを申し上げ、討論を終わります。



○議長(北村成人議員) 9番、平野政昭議員。

   〔9番(平野政昭議員)登壇〕



◆9番(平野政昭議員) 私は、上程されました全ての議案に賛成するものであります。

 特に議案第3号、議案第6号から第9号まで、議案第13号から第15号まで、及び議案第17号並びに議案第19号について、原案に賛成の立場から討論を行います。

 最初に、議案第3号平成24年度野々市市介護保険特別会計補正予算についてであります。

 今回の補正は、県下一若いまちと言われる本市においても、近年徐々に高齢者が増加しており、それにより介護保険利用者の給付費が増加したことに伴う措置であり、適正なものと認め、原案に賛成であります。

 次に、議案第6号平成25年度野々市市一般会計予算についてであります。平成25年度は、野々市市になって2回目の通年予算であります。普通交付税が削減され、税を中心とした一般財源の確保が大変厳しい財政事情の中にあって、経常経費の抑制を図りながら、限られた財源を老朽化した公共施設の改修や耐震化事業及び防災・減災事業に取り組むなど、市民生活の安全と安心を担うためのさまざまな事業に取り組んでおります。

 さらに、教育環境の充実や地域産業の活性化及び都市基盤整備などの主要事業に重点配分がなされており、総合計画に掲げる「市民協働」の理念に沿った予算であることから、適正なものと認め、原案に賛成であります。

 次に、議案第7号平成25年度野々市市国民健康保険特別会計予算についてであります。今回の国保予算は、特定健康診査や特定保健指導の実施について積極的に推進しており、さらに生活習慣病の予防への取り組み、人間ドック事業の継続、新たにジェネリック医薬品利用差額通知事業を行うなど保健事業を積極的に進めていく中で医療費の抑制にも配慮された予算であり、適正と認め、原案に賛成であります。

 次に、議案第8号平成25年度野々市市後期高齢者医療特別会計予算についてであります。この予算は、県下全19市町で構成する石川県後期高齢者医療広域連合が実施する制度運営に対する負担金が主なものであります。全市町がその規模に見合った負担を担うべきものであり、適正なものと認め、原案に賛成であります。

 次に、議案第9号平成25年度野々市市介護保険特別会計予算についてであります。ことしは第5期介護保険事業計画の2年目に当たる年であり、住みなれた地域で安心して暮らせるように、地域包括ケアシステムの確立や介護保険サービスのさらなる充実が図られており、適正なものと認め、原案に賛成であります。

 次に、議案第13号野々市市議会議員の報酬及び費用弁償等に関する条例等の一部を改正する条例、議案第14号野々市市長及び副市長の給与に関する条例の一部を改正する条例及び議案第15号野々市市教育委員会教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部を改正する条例についてでありますが、それぞれ市特別職報酬等審議会におきまして慎重に審議が行われました結果、報酬、給料ともに15年ぶりに改定すべきであるとの答申が出され、それを尊重した改正となっております。

 審議会の答申は、市制施行以降、ますます高まる議会及び行政に対する市民の期待に応え、さらなる市政の発展を目指せとのことであり、原案に賛成であります。

 次に、議案第17号野々市市基金条例の一部を改正する条例についてであります。今回廃止する介護従事者処遇改善臨時特例基金は、平成21年度に3年間の期限つきで設置した基金であり、国の交付金がなくなった今、不要なものとして廃止するものであり、適正なものと認め、原案に賛成であります。

 最後に、議案第19号野々市市保育所設置条例の一部を改正する条例についてであります。今回の条例改正は、老朽化した市立粟田保育園を廃止し、市立保育園を現行の6園から5園にするものであります。廃止する市立粟田保育園の代替として、同じく粟田地内に社会福祉法人久楽会が運営する新しい保育園が既に竣工しており、園児の移行もスムーズに運ぶものと確信いたしており、適正なものと認め、原案に賛成であります。

 以上、議案第3号、議案第6号から第9号まで、議案第13号から第15号まで及び議案第17号並びに議案第19号に対し、賛成の意を表明し、討論を終わります。



○議長(北村成人議員) ほかに討論ありませんか。

   〔「なし」と言う者あり〕



○議長(北村成人議員) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△表決



○議長(北村成人議員) これから表決を行います。

 議案第1号及び議案第2号の2件を一括して採決します。

 各案に対する委員長の報告は可決です。各案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

   〔賛成者起立〕



○議長(北村成人議員) 起立全員です。したがって、議案第1号及び議案第2号は委員長の報告のとおり可決されました。





○議長(北村成人議員) 議案第3号について採決します。

 本案に対する委員長の報告は可決です。本案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

   〔賛成者起立〕



○議長(北村成人議員) 起立多数です。したがって、議案第3号は委員長の報告のとおり可決されました。





○議長(北村成人議員) 議案第4号及び議案第5号の2件を一括して採決します。

 各案に対する委員長の報告は可決です。各案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

   〔賛成者起立〕



○議長(北村成人議員) 起立全員です。したがって、議案第4号及び議案第5号は委員長の報告のとおり可決されました。





○議長(北村成人議員) 議案第6号について採決します。

 本案に対する委員長の報告は可決です。本案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

   〔賛成者起立〕



○議長(北村成人議員) 起立多数です。したがって、議案第6号は委員長の報告のとおり可決されました。





○議長(北村成人議員) 議案第7号について採決します。

 本案に対する委員長の報告は可決です。本案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

   〔賛成者起立〕



○議長(北村成人議員) 起立多数です。したがって、議案第7号は委員長の報告のとおり可決されました。





○議長(北村成人議員) 議案第8号について採決します。

 本案に対する委員長の報告は可決です。本案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

   〔賛成者起立〕



○議長(北村成人議員) 起立多数です。したがって、議案第8号は委員長の報告のとおり可決されました。





○議長(北村成人議員) 議案第9号について採決します。

 本案に対する委員長の報告は可決です。本案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

   〔賛成者起立〕



○議長(北村成人議員) 起立多数です。したがって、議案第9号は委員長の報告のとおり可決されました。





○議長(北村成人議員) 議案第10号から議案第12号までの3件を一括して採決します。

 各案に対する委員長の報告は可決です。各案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

   〔賛成者起立〕



○議長(北村成人議員) 起立全員です。したがって、議案第10号から議案第12号までの3件は委員長の報告のとおり可決されました。





○議長(北村成人議員) 議案第13号について採決します。

 本案に対する委員長の報告は可決です。本案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

   〔賛成者起立〕



○議長(北村成人議員) 起立多数です。したがって、議案第13号は委員長の報告のとおり可決されました。





○議長(北村成人議員) 議案第14号について採決します。

 本案に対する委員長の報告は可決です。本案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

   〔賛成者起立〕



○議長(北村成人議員) 起立多数です。したがって、議案第14号は委員長の報告のとおり可決されました。





○議長(北村成人議員) 議案第15号について採決します。

 本案に対する委員長の報告は可決です。本案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

   〔賛成者起立〕



○議長(北村成人議員) 起立多数です。したがって、議案第15号は委員長の報告のとおり可決されました。



○議長(北村成人議員) 議案第16号について採決します。

 本案に対する委員長の報告は可決です。本案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

   〔賛成者起立〕



○議長(北村成人議員) 起立全員です。したがって、議案第16号は委員長の報告のとおり可決されました。





○議長(北村成人議員) 議案第17号について採決します。

 本案に対する委員長の報告は可決です。本案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

   〔賛成者起立〕



○議長(北村成人議員) 起立多数です。したがって、議案第17号は委員長の報告のとおり可決されました。





○議長(北村成人議員) 議案第18号について採決します。

 本案に対する委員長の報告は可決です。本案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

   〔賛成者起立〕



○議長(北村成人議員) 起立全員です。したがって、議案第18号は委員長の報告のとおり可決されました。





○議長(北村成人議員) 議案第19号について採決します。

 本案に対する委員長の報告は可決です。本案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

   〔賛成者起立〕



○議長(北村成人議員) 起立多数です。したがって、議案第19号は委員長の報告のとおり可決されました。





○議長(北村成人議員) 議案第20号から議案第36号までの17件を一括して採決します。

 各案に対する委員長の報告は可決です。各案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

   〔賛成者起立〕



○議長(北村成人議員) 起立全員です。したがって、議案第20号から議案第36号までの17件は委員長の報告のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案の上程



○議長(北村成人議員) これから議案第38号の1件を議題とします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△提案理由の説明



○議長(北村成人議員) 市長から提案理由の説明を求めます。粟市長。

   〔市長(粟貴章君)登壇〕



◎市長(粟貴章君) それでは、本日追加提案いたしました議案第38号につきまして、ご説明を申し上げます。

 この議案は、布水中学校大規模改造等工事(建築工事)につきまして、豊蔵・清水特定建設工事共同企業体と契約金額5億1,030万円で請負契約の締結を行うものであり、地方自治法第96条第1項第5号及び関連する市条例の規定に基づきまして、議会の議決を求めるものでございます。

 何とぞ慎重にご審議の上、適切なるご決議を賜りますようお願い申し上げ、提案理由の説明といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△質疑



○議長(北村成人議員) これから質疑を行います。

 質疑ありませんか。

   〔「なし」と言う者あり〕



○議長(北村成人議員) 質疑なしと認めます。

 これで質疑を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案の委員会付託の省略



○議長(北村成人議員) これから委員会付託を行います。

 お諮りします。ただいま議題となっております議案第38号の1件につきましては、委員会付託を省略したいと思います。ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(北村成人議員) 異議なしと認めます。したがって、議案第38号の1件につきましては、委員会付託を省略することに決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△討論



○議長(北村成人議員) これから討論を行います。

 討論ありませんか。

   〔「なし」と言う者あり〕



○議長(北村成人議員) 討論なしと認めます。

 これで討論を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△表決



○議長(北村成人議員) これから表決を行います。

 議案第38号について採決します。本案は原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

   〔賛成者起立〕



○議長(北村成人議員) 起立全員です。したがって、議案第38号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案の上程



○議長(北村成人議員) これより議会議案第2号を議題とします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△提案理由の説明



○議長(北村成人議員) 議会議案第2号について、提出者に提案理由の説明を求めます。10番、土田友雄議員。

   〔10番(土田友雄議員)登壇〕



◆10番(土田友雄議員) 意見書案を朗読し、提案理由の説明にかえます。

         TPP交渉参加表明の撤回を求める意見書

 3月15日、安倍総理は、「自民党の決議文を胸に、強い交渉力で結果を出していく」、「日本の食と農を守ることを約束する」、「政権公約、国民との約束は必ず守る」などと述べ、TPP交渉参加の意向を正式に表明した。

 しかし、先の日米首脳会談の共同声明は、?全ての物品が交渉の対象とされており、さらにTPP交渉参加国で合意されている『TPPの輪郭』(関税と非関税障壁の撤廃が原則であると明記されている)を日本が達成していくことを明記した。?「両国のセンシティビティーの存在を認識」したとしているが、農産物を関税撤廃対象から除外することを確認したわけではない。?「一方的に全ての関税を撤廃することをあらかじめ約束することを求められるものではない」としているが、交渉の場で例外を主張することは「認める」という程度のものにすぎず、交渉の結果がどうなるかについて、何ら保証されていないことが明らかになってきている。

 こうしたもとで、新規にTPP交渉参加を表明しても対等な交渉権が保障されず、わが国の農林水産業、医療、公共調達、食品の安全、雇用、共済など多くの分野において甚大な影響を及ぼすことになる。国内経済や国民生活への影響も大きい。中でも最も影響を受けやすい分野である農林水産業は壊滅的な打撃を受けることになる。食料自給率の大幅な低下は避けられず、農産物の大量輸入は国際価格の高騰を招き、世界の飢餓人口を増加させ、国内でも安定供給に影響を及ぼすことになりかねない。

 よって、政府と国会におかれては、政権公約を守り、すべての情報を国民に提供して、国民が納得できる交渉方針を確立する国民的な議論を促進し、国益を守れないと国民が判断した場合には、TPP交渉参加を撤回することを強く要望する。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

  衆議院議長殿

  参議院議長殿

  内閣総理大臣殿

  総務大臣殿

  外務大臣殿

  厚生労働大臣殿

  農林水産大臣殿

  経済産業大臣殿

  内閣官房長官殿

                              石川県野々市市議会

 平成25年3月25日 提出

  野々市市議会議長 北村成人殿

                   提出者  野々市市議会議員  土田友雄

                   賛成者  野々市市議会議員  金村哲夫

                           〃      川 哲郎

                           〃      早川彰一

                           〃      村本道治

                           〃      田中昭一

                           〃      岩見 博

 議員各位におかれましては、本意見書案を慎重に審査の上、可決されますようお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△質疑



○議長(北村成人議員) これから質疑を行います。

 質疑ありませんか。

   〔「なし」と言う者あり〕



○議長(北村成人議員) 質疑なしと認めます。

 これで質疑を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案の委員会付託の省略



○議長(北村成人議員) これから委員会付託を行います。

 お諮りします。ただいま議題となっております議会議案第2号につきましては、委員会付託を省略したいと思います。ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(北村成人議員) 異議なしと認めます。したがって、議会議案第2号につきましては、委員会付託を省略することに決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△討論



○議長(北村成人議員) これから討論を行います。

 討論ありませんか。

   〔「なし」と言う者あり〕



○議長(北村成人議員) 討論なしと認めます。

 これで討論を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△表決



○議長(北村成人議員) これから表決を行います。

 議会議案第2号について採決します。本案は原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

   〔賛成者起立〕



○議長(北村成人議員) 起立多数です。したがって、議会議案第2号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議会閉会中の継続審査



○議長(北村成人議員) これより議会運営委員会及び各常任委員会の閉会中の継続審査の件を議題とします。

 議会運営委員長及び各常任委員長から、審査中の件につき、お手元に配付のとおり継続審査の申し出がありました。

 お諮りします。各委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(北村成人議員) 異議なしと認めます。したがって、各委員長からの申し出のとおり閉会中の継続審査とすることに決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△休憩



○議長(北村成人議員) 暫時休憩し、ここで議長を交代します。

  午後2時41分休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△再開

  午後2時43分再開



○副議長(村本道治議員) 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程の追加



○副議長(村本道治議員) 議長より辞職の申し出があります。

 お諮りします。議長の辞職の件についてを日程に追加し、追加日程第1として議題とすることにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う者あり〕



○副議長(村本道治議員) 異議なしと認めます。したがって、議長辞職の件についてを日程に追加し、追加日程第1として議題とすることに決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議長の辞職



○副議長(村本道治議員) 議長辞職の件についてを議題とします。

 議長である北村成人議員から辞職願が提出されています。

 事務局長に辞職願を朗読させます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 平成25年3月25日

 野々市市議会副議長 村本道治殿

                      野々市市議会議長 北村成人

                辞職願

 このたび一身上の都合により、議長を辞職したいので許可されるよう願い出ます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○副議長(村本道治議員) お諮りします。北村成人議員の議長の辞職を許可することにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う者あり〕



○副議長(村本道治議員) 異議なしと認めます。したがって、北村成人議員の議長の辞職を許可することに決定しました。

 北村成人議員、入場を許可します。

   〔北村成人議員入場〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△前議長退任挨拶



○副議長(村本道治議員) 北村成人議員から発言の申し出がありますので、発言を許可します。

 15番、北村成人議員。

   〔15番(北村成人議員)登壇〕



◆15番(北村成人議員) 議長退任に当たりまして、一言お礼のご挨拶を申し上げます。

 一昨年、平成23年の4月、地方統一選を受けた後の組織会で野々市町の第30代の議長としてご推挙をいただきました。今日まで2年間、この議長を務めさせていただきました。大変緊張をもって務めてまいりましたが、これも議員各位の温かいお支えとご支援の賜物でございまして、まず心から厚く御礼を申し上げます。ありがとうございました。

 ちょうと平成23年は野々市が町から市へとその地方の分権の中で新たなステージに上る年でもございまして、11月11日に晴れて5万市制として新たな野々市市がスタートもいたしました。そうした大きなうねりの中で議長を大過なく今日まで努めることができまして、感慨無量でもございます。

 本当に地方分権が進む中、議会改革も含めて我々も安閑としては議会活動はできないぞという思いを議員各位と共有する中でさまざまな改革にも取り組ませていただきました。地方分権の地方自治法の改正を受けての4常任委員会制を施行もできました。それから、一問一答制を取り入れることによって、それぞれの議員の皆さんが自分の思いで一般質問できるように、またそれから先、議会のあり方について、本当に市民の皆さんに安心・安全のお住まいをいただくための方向性を皆さんとともに施行してこれたと思っております。

 とりわけ、私は、この地方分権の大きく進む中、今、野々市は人口がたくさんふえておるという中でございますけれども、一番私は失われているのは日本人の心、やはりそこに住むふるさとのよさを、そこに住むみずからが自覚することが本当に大事なことだと思いました。

 教育委員会なり、あるいは各学校の先生方にもご協力いただきまして、子ども議会という形で初めてこの議場を使っての子ども議会も開催をすることができました。そういうことをあわせて、私は、これから先、新たなふるさと教育が野々市にようやく芽が生えたなと、芽生えたなという思いも持っております。

 これから先いろいろな問題がございますが、やはり新しい酒は新しい革袋に入れるという言葉もございます。どうか新しい組織の上で、より一層議会改革と市民の幸せづくりのために、我々議会も一丸となって取り組んでいかなければならないと思ってもおります。

 私も一議員として皆さんとともに一生懸命に頑張っていくことを表明をさせていただき、本に2年間お世話になったお礼を改めて申し上げまして、お礼のご挨拶にします。

 ありがとうございました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程の追加



○副議長(村本道治議員) お諮りします。以上の結果、議長に欠員が生じましたので、直ちに議長選挙の件を日程に追加し、追加日程第2とすることにしたいと思います。ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う者あり〕



○副議長(村本道治議員) 異議なしと認めます。したがって、議長選挙の件を日程に追加し、追加日程第2とすることに決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議長選挙



○副議長(村本道治議員) 議長の選挙を行います。

 選挙は投票で行います。

 議場の出入り口を閉めます。

   〔議場閉鎖〕



○副議長(村本道治議員) ただいまの出席議員は16人です。

 次に、立会人を指名します。会議規則第31条第2項の規定により、立会人に11番、西田治夫議員、12番、大東和美議員を指名します。

 投票用紙を配ります。

 念のため申し上げます。投票は単記無記名です。

   〔投票用紙配付〕



○副議長(村本道治議員) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

   〔「なし」と言う者あり〕



○副議長(村本道治議員) 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を点検します。

   〔投票箱点検〕



○副議長(村本道治議員) 異状なしと認めます。

 ただいまから投票を行います。事務局長が議席番号と氏名を呼び上げますので、順番に投票を願います。

   〔氏名点呼、投票〕



◎議会事務局長(高見重任君) 1番 西本政之議員、2番 中村義彦議員、3番 杉林敏議員、4番 金村哲夫議員、5番 辻信行議員、6番 川哲郎議員、7番 早川彰一議員、8番 尾西雅代議員、9番 平野政昭議員、10番 土田友雄議員、11番 西田治夫議員、12番 大東和美議員、13番 村本道治議員、14番 田中昭一議員、15番 北村成人議員、16番 岩見博議員。



○副議長(村本道治議員) 投票漏れはありませんか。−−投票漏れなしと認めます。

 投票を終わります。

 開票を行います。11番、西田治夫議員、12番、大東和美議員、開票の立ち会いをお願いします。

   〔開票〕



○副議長(村本道治議員) 選挙の結果を報告します。

 投票総数16票、有効投票16票。有効投票のうち、

    平野政昭議員   14票、

    岩見博議員    1票、

    村本道治議員   1票、

以上のとおりです。

 この選挙の法定得票数は4票です。したがって、平野政昭議員が議長に当選されました。

 議場の出入り口を開きます。

   〔議場開鎖〕



○副議長(村本道治議員) ただいま議長に当選されました平野政昭議員が議場におられます。会議規則第32条第2項の規定により当選告知をします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議長就任挨拶



○副議長(村本道治議員) 9番、平野政昭議員、就任のご挨拶を願います。

   〔9番(平野政昭議員)登壇〕



◆9番(平野政昭議員) ただいまの選挙の結果、議員各位から伝統のある野々市町を引き継いだ野々市市議会の第2代目の議長に選任いただきました。大変ありがたく、心から感謝を申し上げる次第でございます。また、身に余る光栄とともに、この大役を与えられましたことで、心身ともに新たな緊張感でいっぱいでございます。そして、議長という大任を担うことの責任の重さを痛感しているところでもございます。

 諸先輩方が歴史を積み上げてきた伝統と文化の豊かな野々市市の市民の負託に応えるべく、第一次総合計画にもあります「ともに創る ともに育む」の精神で、誰もが安全で安心して暮らせる住みよいまちづくりのために、誠心誠意努力をしてまいる所存でございます。

 議員各位におかれましては、今後ともご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願いを申し上げまして、まことに簡単ではございますが議長就任のご挨拶とさせていただきます。

 ただいまはどうもありがとうございました。



○副議長(村本道治議員) 平野政昭議長、議長席に着席願います。

   〔平野政昭議長、議長席に着く〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△休憩



○議長(平野政昭議員) 暫時休憩します。

  午後3時03分休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△再開

  午後3時07分再開



○議長(平野政昭議員) 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程の追加



○議長(平野政昭議員) 副議長より辞職の申し出があります。

 お諮りします。副議長の辞職の件についてを日程に追加し、追加日程第3として議題とすることにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(平野政昭議員) 異議なしと認めます。したがって、副議長辞職の件についてを日程に追加し、追加日程第3として議題とすることに決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△副議長の辞職



○議長(平野政昭議員) 副議長辞職の件についてを議題とします。

 地方自治法第117条の規定によって、村本道治議員の退場を求めます。

   〔13番(村本道治議員)退場〕



○議長(平野政昭議員) 副議長、村本道治議員から辞職願が提出されています。

 事務局長に辞職願を朗読させます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 平成25年3月25日

 野々市市議会議長殿

                     野々市市議会副議長 村本道治

                辞職願

 このたび一身上の都合により、副議長を辞職したいので許可されるよう願い出ます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(平野政昭議員) お諮りします。村本道治議員の副議長の辞職を許可することにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(平野政昭議員) 異議なしと認めます。したがって、村本道治議員の副議長の辞職を許可することに決定しました。

 村本道治議員の入場を許可します。

   〔村本道治議員入場〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△前副議長退任挨拶



○議長(平野政昭議員) 村本道治議員から発言の申し出がありますので、発言を許可します。

 13番、村本道治議員。

   〔13番(村本道治議員)登壇〕



◆13番(村本道治議員) 副議長退任の挨拶をさせていただきます。

 副議長を退任するに当たり、一言御礼のご挨拶を申し上げたいと思います。

 去年3月定例会において副議長に選任され、北村議長の補佐役を務めてまいりましたが、このたび、私の一身上の都合により辞職をさせていただきます。

 野々市市制施行後1年と4カ月強、一歩、また一歩と着実に前進を続けているところであり、議会といたしましても、先ほど北村議員からお話がありましたように、委員会の複数所属、一問一答方式による一般質問の恒常的な運営もできるようになりました。そして、さらには子どもたちからお年寄りまで安心して暮らせるように、そのふるさと教育の一環として子ども憲章もこの議場で子ども議会を通じましてつくり上げることができ、ことしも新たに磨きをかけようとしております。

 そんな市民と行政と議会が一体となった発展をし続けておりますが、これからも一議員として野々市市議会の発展はもとより、市民全体の奉仕者として一生懸命頑張らさせていただくことをお誓い申し上げ、大変粗辞ではございますが、退任のご挨拶とさせていただきます。

 本当にありがとうございました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程の追加



○議長(平野政昭議員) お諮りします。以上の結果、副議長に欠員が生じましたので、直ちに副議長選挙の件を日程に追加し、追加日程第4とすることにしたいと思います。ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(平野政昭議員) 異議なしと認めます。したがって、副議長選挙の件を日程に追加し、追加日程第4とすることに決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△副議長選挙



○議長(平野政昭議員) 副議長選挙を行います。

 選挙は投票で行います。

 議場の出入り口を閉めます。

   〔議場閉鎖〕



○議長(平野政昭議員) ただいまの出席議員は16人です。

 次に、立会人を指名します。会議規則第31条第2項の規定によって、立会人に11番、西田治夫議員、12番、大東和美議員を指名します。

 投票用紙を配ります。

 念のため申し上げます。投票は単記無記名です。

   〔投票用紙配付〕



○議長(平野政昭議員) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

   〔「なし」と言う者あり〕



○議長(平野政昭議員) 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を点検します。

   〔投票箱点検〕



○議長(平野政昭議員) 異状なしと認めます。

 ただいまから投票を行います。事務局長が議席番号と氏名を呼び上げますので、順番に投票願います。

   〔氏名点呼、投票〕



◎議会事務局長(高見重任君) 1番 西本政之議員、2番 中村義彦議員、3番 杉林敏議員、4番 金村哲夫議員、5番 辻信行議員、6番 川哲郎議員、7番 早川彰一議員、8番 尾西雅代議員、9番 平野政昭議員、10番 土田友雄議員、11番 西田治夫議員、12番 大東和美議員、13番 村本道治議員、14番 田中昭一議員、15番 北村成人議員、16番 岩見博議員。



○議長(平野政昭議員) 投票漏れはありませんか。

   〔「なし」と言う者あり〕



○議長(平野政昭議員) 投票漏れなしと認めます。

 投票を終わります。

 開票を行います。11番、西田治夫議員、12番、大東和美議員、開票の立ち会いをお願いします。

   〔開票〕



○議長(平野政昭議員) 選挙の結果を報告します。

 投票総数16票、有効投票16票。有効投票のうち、

    岩見博議員    11票、

    早川彰一議員   5票、

以上のとおりです。

 この選挙の法定得票数は4票です。したがって、岩見博議員が副議長に当選されました。

 議場の出入り口を開きます。

   〔議場開鎖〕



○議長(平野政昭議員) ただいま副議長に当選されました岩見博議員が議場におられます。会議規則第32条第2項の規定により当選の告知をします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△副議長就任挨拶



○議長(平野政昭議員) 16番、岩見博議員。

   〔16番(岩見博議員)登壇〕



◆16番(岩見博議員) ただいま投票の結果、副議長を拝命することになりまして、正直申し上げまして本人が一番びっくりしているというような状況であります。私も議員活動長いわけでありますが、たびたび大変な状況を経験してまいりましたが、今回ほど驚かされたことはないというのが正直な気持ちであります。

 しかし、選ばれた以上、やはり副議長としての任を全うしなければならないという決意を新たに持っていきたいなというふうに思います。

 同時に、私は常々思っていることは、議会というのはやはり言論の府であるということ、言論を通じてやはり市勢発展のため、そして議会活性化のために頑張っていかなければならないなというふうに思ってもいます。市民は、市長に対して行政の執行を責任を任せております。同時に一方で、議員にはその行政を監視する役割を任せているわけであります。私は、議員の立場から、この市民の期待に応えていかなければならないなというふうに思っております。

 同時に、市になってやがて1年5カ月を経過しようとしているわけでありますが、この間、前北村議長を初めとして議会改革に本当に取り組んでこられました。この先人の皆さんのこの活躍に対して恥じることないように、私は平野議長とともに頑張っていきたいというふうに思っています。

 思い返してみますと、平成の合併の嵐の中で合併をせずに単独市制を貫きました。本当に今振り返ってみてもよかったなというふうに正直言って思っております。ますます市勢が発展していく、そして議会が活性化をしていく、このことを市民が最も願っていることだというふうに思っています。その市民の期待に応えて頑張っていきたいというふうに思います。

 どうか皆さん方のお力添えを改めてお願いを申し上げまして、就任の挨拶とさせていただきます。

 本当にありがとうございました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△休憩



○議長(平野政昭議員) 暫時休憩します。

  午後3時27分休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△再開

  午後3時44分再開



○議長(平野政昭議員) 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程の追加



○議長(平野政昭議員) ただいま議会運営委員全員より、辞任したいとの申し出があります。

 お諮りします。議会運営委員の辞任の件を日程に追加し、追加日程第5として議題とすることにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(平野政昭議員) 異議なしと認めます。したがって、議会運営委員の辞任の件を日程に追加し、追加日程第5とすることに決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議会運営委員の辞任



○議長(平野政昭議員) 議会運営委員の辞任の件を議題とします。

 お諮りします。申し出のとおり、辞任を許可することにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(平野政昭議員) 異議なしと認めます。したがって、議会運営委員全員の辞任を許可することに決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程の追加



○議長(平野政昭議員) お諮りします。これから議会運営委員の選任の件を日程に追加し、追加日程第6として議題としたいと思います。ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(平野政昭議員) 異議なしと認めます。したがって、議会運営委員の選任の件を日程に追加し、追加日程第6として議題とすることに決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議会運営委員の選任



○議長(平野政昭議員) 議会運営委員の選任の件を議題とします。

 お諮りします。議会運営委員の選任については、委員会条例第5条第1項の規定により、お手元に配付のとおり指名したいと思います。ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(平野政昭議員) 異議なしと認めます。したがって、議会運営委員は、お手元に配付のとおり選任することに決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議会運営委員会正副委員長互選



○議長(平野政昭議員) 議会運営委員会の委員長及び副委員長は、委員会条例第6条第2項の規定により委員の互選となっていますので、議会運営委員会で互選して議長に報告願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△休憩



○議長(平野政昭議員) 暫時休憩します。

  午後3時46分休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△再開

  午後3時49分再開



○議長(平野政昭議員) 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議会運営委員会正副委員長互選結果報告



○議長(平野政昭議員) 議会運営委員会委員長に北村成人議員、副委員長に田中昭一議員が互選されましたので、報告します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程の追加



○議長(平野政昭議員) 次に、各常任委員より所属変更の申し出があります。

 お諮りします。常任委員の所属変更の件を日程に追加し、追加日程第7とすることにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(平野政昭議員) 異議なしと認めます。したがって、常任委員の所属変更の件を日程に追加し、追加日程第7とすることに決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△常任委員の所属変更



○議長(平野政昭議員) 常任委員の所属変更の件を議題とします。

 常任委員から、お手元に配付のとおりそれぞれの常任委員会の所属を変更したいとの申し出があります。

 お諮りします。申し出のとおり、それぞれ常任委員会の所属を変更することにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(平野政昭議員) 異議なしと認めます。したがって、申し出のとおり、それぞれ常任委員会の所属を変更することに決定しました。

 お諮りします。議長は、職責上、常任委員を辞退することを申し合わせておりますので、辞退したいと思います。これにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(平野政昭議員) 異議なしと認めます。よって、議長は常任委員を辞退することに決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△常任委員会正副委員長互選



○議長(平野政昭議員) 各常任委員会の委員長及び副委員長は、委員会条例第6条第2項の規定により委員の互選となっていますので、各委員会で互選し、議長に報告願います。

 この際申し上げます。委員会への所属が複数所属のため、総務常任委員会から順に1委員会ずつ開催し、正副委員長の互選をされますようお願いします。

 なお、互選の際は、委員会条例第7条第2項の規定により、年長者が委員長の職務を行うことになります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△休憩



○議長(平野政昭議員) 暫時休憩します。

  午後3時52分休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△再開

  午後4時03分再開



○議長(平野政昭議員) 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△常任委員会正副委員長互選結果報告



○議長(平野政昭議員) 報告いたします。委員会条例第6条第2項の規定に基づき互選が行われた結果、総務常任委員会委員長に金村哲夫議員、副委員長に尾西雅代議員、健康福祉常任委員会委員長に杉林敏議員、副委員長に早川彰一議員、産業建設常任委員会委員長に西本政之議員、副委員長に川哲郎議員、教育文化常任委員会委員長に中村義彦議員、副委員長に辻信行議員がそれぞれ互選されましたので、報告します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程の追加



○議長(平野政昭議員) お諮りします。これから2名の欠員となっております白山石川医療企業団議会議員の選挙を日程に追加し、追加日程第8としたいと思います。ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(平野政昭議員) 異議なしと認めます。したがって、白山石川医療企業団議会議員の選挙を日程に追加し、追加日程第8とすることに決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△白山石川医療企業団議会議員の選挙



○議長(平野政昭議員) 白山石川医療企業団議会議員選挙を行います。

 お諮りします。白山石川医療企業団議会議員の選挙については、地方自治法第118条第2項の規定により指名推選にしたいと思います。ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(平野政昭議員) 異議なしと認めます。したがって、選挙の方法は指名推選で行うことに決定しました。

 お諮りします。指名の方法について、議長が指名することにしたいと思います。ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(平野政昭議員) 異議なしと認めます。したがって、議長が指名することに決定しました。

 白山石川医療企業団議会議員に、8番 尾西雅代議員、14番 田中昭一議員を指名します。

 お諮りします。ただいま議長が指名しました尾西雅代議員、田中昭一議員を当選人と定めることにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(平野政昭議員) 異議なしと認めます。したがって、ただいま指名しました尾西雅代議員、田中昭一議員が議場におられます。会議規則第32条第2項の規定により、当選の告知をします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程の追加



○議長(平野政昭議員) お諮りします。これから2名の欠員となっております白山野々市広域事務組合議会議員の選挙を日程に追加し、追加日程第9としたいと思います。ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(平野政昭議員) 異議なしと認めます。したがって、白山野々市広域事務組合議会議員の選挙を日程に追加し、追加日程第9とすることに決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△白山野々市広域事務組合議会議員の選挙



○議長(平野政昭議員) 白山野々市広域事務組合議会議員選挙を行います。

 お諮りします。白山野々市広域事務組合議会議員の選挙については、地方自治法第118条第2項の規定により指名推選にしたいと思います。ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(平野政昭議員) 異議なしと認めます。したがって、選挙の方法は指名推選で行うことに決定しました。

 お諮りします。指名の方法について、議長が指名することにしたいと思います。ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(平野政昭議員) 異議なしと認めます。したがって、議長が指名することに決定しました。

 白山野々市広域事務組合議会議員に、5番 辻信行議員、7番 早川彰一議員を指名します。

 お諮りします。ただいま議長が指名しました5番 辻信行議員、7番 早川彰一議員を当選人と定めることにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(平野政昭議員) 異議なしと認めます。したがって、ただいま指名しました辻信行議員、早川彰一議員が議場におられます。会議規則第32条第2項の規定により、当選の告知をします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程の追加



○議長(平野政昭議員) お諮りします。これから石川県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙を日程に追加し、追加日程第10としたいと思います。ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(平野政昭議員) 異議なしと認めます。したがって、石川県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙を日程に追加し、追加日程第10とすることに決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△石川県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙



○議長(平野政昭議員) 石川県後期高齢者医療広域連合議会議員選挙を行います。

 お諮りします。石川県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙については、地方自治法第118条第2項の規定により指名推選にしたいと思います。ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(平野政昭議員) 異議なしと認めます。したがって、選挙の方法は指名推選で行うことに決定しました。

 お諮りします。指名の方法について、議長が指名することにしたいと思います。ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(平野政昭議員) 異議なしと認めます。したがって、議長が指名することに決定しました。

 石川県後期高齢者医療広域連合議会議員に、平野政昭を指名します。

 お諮りします。ただいま議長が指名しました平野政昭を当選人と定めることにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(平野政昭議員) 異議なしと認めます。ただいまの選挙の結果、平野政昭が当選しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程の追加



○議長(平野政昭議員) お諮りします。手取川水防事務組合議会議員の選出についてを日程に追加し、追加日程第11とすることにしたいと思います。ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(平野政昭議員) 異議なしと認めます。したがって、手取川水防事務組合議会議員の選出の件についてを日程に追加し、追加日程第11とすることに決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△手取川水防事務組合議会議員の選出



○議長(平野政昭議員) 手取川水防事務組合議会議員の選出の件を議題とします。

 手取川水防事務組合議会議員の選出については、手取川水防事務組合規約第5条の規定により議長を充てることになっていますので、平野政昭を選出をします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉議・閉会



○議長(平野政昭議員) 以上で本日の日程は全部終わりました。

 以上をもって今定例会に付議されました案件すべてを終了しました。

 これにて会議を閉じます。

 平成25年第1回野々市市議会定例会を閉会します。

  午後4時22分 閉会

−別紙−

            閉会中の継続審査申出書

・議会運営委員会

   議会の運営に関する事項

   議会の会議規則、委員会に関する条例等に関する事項

   議会事務局の所管に属する事項

   議長の諮問に関する事項

・総務常任委員会

   総務部の所管に属する事項

   市民生活部の所管に属する事項

   会計課の所管に属する事項

   監査委員の所管に属する事項

・健康福祉常任委員会

   健康福祉部の所管に属する事項

・産業建設常任委員会

   産業建設部の所管に属する事項

   公営企業に関する事項

・教育文化常任委員会

   教育委員会の所管に属する事項

−別紙−

       議会運営委員会 委員名一覧

               (平成25年3月25日選任)

┌―――――┬―――――┬―――――――――――┬―――――――――┐

|正副委員長|議席番号 |   氏   名   |  備   考  |

├―――――┼―――――┼―――――――――――┼―――――――――┤

|     |  2  |   中村義彦    |         │

├―――――┼―――――┼―――――――――――┼―――――――――┤

|     |  4  |   金村哲夫    |         │

├―――――┼―――――┼―――――――――――┼―――――――――┤

|     |  7  |   早川彰一    |         │

├―――――┼―――――┼―――――――――――┼―――――――――┤

|     |  11  |   西田治夫    |         │

├―――――┼―――――┼―――――――――――┼―――――――――┤

|  ◯  |  14  |   田中昭一    |         │

├―――――┼―――――┼―――――――――――┼―――――――――┤

|  ●  |  15  |   北村成人    |         │

└―――――┴―――――┴―――――――――――┴―――――――――┘

 ● 委員長    ◯ 副委員長

    − 委員による互選(野々市市議会委員会条例第6条第2項)−

−別紙−

       各常任委員会 委員名一覧

               (平成25年3月25日選任)

┌―――――――┬―――――┬――――┬――――――┐

|所属常任委員会|正副委員長|議席番号| 氏  名 |

├―――――――┼―――――┼――――┼――――――┤

|       |     | 1  | 西本政之 |

|       ├―――――┼――――┼――――――┤

|       |     | 2  | 中村義彦 |

|       ├―――――┼――――┼――――――┤

|       |  ●  | 4  | 金村哲夫 |

|       ├―――――┼――――┼――――――┤

| 総   務 |  ◯  | 8  | 尾西雅代 |

|       ├―――――┼――――┼――――――┤

| 常任委員会 |     | 10  | 土田友雄 |

|       ├―――――┼――――┼――――――┤

|       |     | 11  | 西田治夫 |

|       ├―――――┼――――┼――――――┤

|       |     | 14  | 田中昭一 |

|       ├―――――┼――――┼――――――┤

|       |     | 16  | 岩見 博 |

├―――――――┼―――――┼――――┼――――――┤

|       |  ●  | 3  | 杉林 敏 |

|       ├―――――┼――――┼――――――┤

|       |     | 4  | 金村哲夫 |

|       ├―――――┼――――┼――――――┤

|       |     | 5  | 辻 信行 |

| 健康福祉  ├―――――┼――――┼――――――┤

|       |     | 6  | 川 哲郎 |

| 常任委員会 ├―――――┼――――┼――――――┤

|       |  ◯  | 7  | 早川彰一 |

|       ├―――――┼――――┼――――――┤

|       |     | 12  | 大東和美 |

|       ├―――――┼――――┼――――――┤

|       |     | 13  | 村本道治 |

|       ├―――――┼――――┼――――――┤

|       |     | 15  | 北村成人 |

├―――――――┼―――――┼――――┼――――――┤

|       |  ●  | 1  | 西本政之 |

|       ├―――――┼――――┼――――――┤

|       |     | 3  | 杉林 敏 |

|       ├―――――┼――――┼――――――┤

| 産業建設  |  ◯  | 6  | 川 哲郎 |

|       ├―――――┼――――┼――――――┤

| 常任委員会 |     | 8  | 尾西雅代 |

|       ├―――――┼――――┼――――――┤

|       |     | 13  | 村本道治 |

|       ├―――――┼――――┼――――――┤

|       |     | 15  | 北村成人 |

|       ├―――――┼――――┼――――――┤

|       |     | 16  | 岩見 博 |

├―――――――┼―――――┼――――┼――――――┤

|       |  ●  | 2  | 中村義彦 |

|       ├―――――┼――――┼――――――┤

|       |  ◯  | 5  | 辻 信行 |

|       ├―――――┼――――┼――――――┤

| 教育文化  |     | 7  | 早川彰一 |

|       ├―――――┼――――┼――――――┤

| 常任委員会 |     | 10  | 土田友雄 |

|       ├―――――┼――――┼――――――┤

|       |     | 11  | 西田治夫 |

|       ├―――――┼――――┼――――――┤

|       |     | 12  | 大東和美 |

|       ├―――――┼――――┼――――――┤

|       |     | 14  | 田中昭一 |

└―――――――┴―――――┴――――┴――――――┘

 ● 委員長    ◯ 副委員長

    − 委員による互選(野々市市議会委員会条例第6条第2項)−

┌―――――┬―――――――――――――――――――――――――――――――┐

|招集年月日|           平成25年3月4日            |

├―――――┼―――――――――――――――――――――――――――――――┤

│招集の場所│           野々市市議会議事堂           │

├―――――┼―――┬――――――――――――――┬―――┬――――――――┤

|開閉会日時|開 議|平成25年3月25日午後2時00分|議 長|  北村成人  |

| 及び  ├―――┼――――――――――――――┼―――┼――――――――┤

|   宣告|閉 議|平成25年3月25日午後4時22分|議 長|  平野政昭  |

├―――――┼―――┴┬―――――┬――――┬――┴―┬―┴―――┬――――┤

│     │議席番号│ 氏 名 │出欠の別│議席番号│ 氏 名 │出欠の別│

│出席及び ├――――┼―――――┼――――┼――――┼―――――┼――――┤

| 欠席議員| 1  |西本政之 | ◯  | 9  |平野政昭 | ◯  |

│     ├――――┼―――――┼――――┼――――┼―――――┼――――┤

|     | 2  |中村義彦 | ◯  | 10  |土田友雄 | ◯  |

│出席16名├――――┼―――――┼――――┼――――┼―――――┼――――┤

|     | 3  |杉林 敏 | ◯  | 11  |西田治夫 | ◯  |

│欠席 0名├――――┼―――――┼――――┼――――┼―――――┼――――┤

|     | 4  |金村哲夫 | ◯  | 12  |大東和美 | ◯  |

│     ├――――┼―――――┼――――┼――――┼―――――┼――――┤

|     | 5  |辻 信行 | ◯  | 13  |村本道治 | ◯  |

│     ├――――┼―――――┼――――┼――――┼―――――┼――――┤

|凡例   | 6  |川 哲郎 | ◯  | 14  |田中昭一 | ◯  |

│◯は出席 ├――――┼―――――┼――――┼――――┼―――――┼――――┤

│▲は欠席 | 7  |早川彰一 | ◯  | 15  |北村成人 | ◯  |

│×は不応招├――――┼―――――┼――――┼――――┼―――――┼――――┤

│     | 8  |尾西雅代 | ◯  | 16  |岩見 博 | ◯  |

├―――――┴―――┬┴――――┬┴――――┴―┬――┴――┬――┴――――┤

| 会議録署名議員 | 11 番 | 西田治夫  | 12 番 | 大東和美  |

├―――――――――┴――┬――┴―┬―――――┴―┬―――┼―――――――┤

|職務の為出席した者の氏名|事務局長| 高見重任  |書 記| 源野喜啓  |

├―――――┬――――――┴┬―――┴―――┬―――┴―――┼―――――――┤

|     │市長     | 粟 貴章  |教育総務課長 | 寺尾庄司  |

│     ├―――――――┼―――――――┼―――――――┼―――――――┤

|     │教育委員長  | 北本 正  |       |       |

│     ├―――――――┼―――――――┼―――――――┼―――――――┤

|     │副市長    | 田中 宣  |       |       |

│     ├―――――――┼―――――――┼―――――――┼―――――――┤

|     │教育長    | 堂坂雅光  |       |       |

│     ├―――――――┼―――――――┼―――――――┼―――――――┤

|     │総務部長   | 岡田晴彦  |       |       |

│     ├―――――――┼―――――――┼―――――――┼―――――――┤

|地方自治法│市民生活部長 | 村梶輝男  |       |       |

│第121条├―――――――┼―――――――┼―――――――┼―――――――┤

|により説明│健康福祉部長 | 中村 彰  |       |       |

│のため出席├―――――――┼―――――――┼―――――――┼―――――――┤

|した者の職│産業建設部長 | 太田譲二  |       |       |

│氏名   ├―――――――┼―――――――┼―――――――┼―――――――┤

|     │教育文化部長 | 森元 裕  |       |       |

│     ├―――――――┼―――――――┼―――――――┼―――――――┤

|     │総務部次長兼 | 小畠邦雄  |       |       |

|     |総務課長   |       |       |       |

│     ├―――――――┼―――――――┼―――――――┼―――――――┤

|     │財政課長   | 大久保邦彦 |       |       |

│     ├―――――――┼―――――――┼―――――――┼―――――――┤

|     │市民課長   | 橋本秀字  |       |       |

│     ├―――――――┼―――――――┼―――――――┼―――――――┤

|     │福祉総務課長 | 絹川一也  |       |       |

│     ├―――――――┼―――――――┼―――――――┼―――――――┤

|     │建設課長   | 小山 滋  |       |       |

├―――――┴―――――――┴―――――――┼―――――――┴―――――――┤

│ 議事日程・会議に付した議件・会議の経過 │    別紙のとおり     │

└―――――――――――――――――――――┴―――――――――――――――┘

 上記会議録は議会事務局長高見重任が記載したものであるが、内容に相違なきことを証するため、地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

            野々市市議会議長

            野々市市議会議長

            野々市市議会副議長

            野々市市議会議員

            野々市市議会議員