議事ロックス -地方議会議事録検索-


石川県 白山市

平成28年 12月会議 12月20日−04号




平成28年 12月会議 − 12月20日−04号









平成28年 12月会議



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

        平成28年白山市議会12月会議会議録第4号

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

            平成28年12月20日(火曜日)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(20人)

   2番  山口俊哉君      3番  安実隆直君

   4番  吉本史宏君      5番  永井徹史君

   6番  石地宜一君      7番  小川義昭君

   8番  安田竹司君      9番  北嶋章光君

  10番  宮中郁恵君     11番  村本一則君

  12番  宮岸美苗君     13番  岡本克行君

  14番  寺越和洋君     15番  吉田郁夫君

  16番  竹田伸弘君     17番  清水芳文君

  18番  前多喜良君     19番  藤田政樹君

  20番  西川寿夫君     21番  中西恵造君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

欠員 1番

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

説明のため議場に出席した者の職氏名



市長
山田憲昭君
 
副市長
井田正一君


総務部長
竹内正隆君
 
企画振興部長
田持智行君


健康福祉部長兼
福祉事務所長
村井志朗君
 
市民生活部長
広野晴城君


産業部長
川北誠喜君
 
観光文化部長
毛利文昭君


建設部長
高田 隆君
 
市参事兼白山ろく
産業土木課長
池田昌俊君


上下水道部長
長谷川 茂君
 
会計管理者兼
会計課長
松田栄司君


総務部次長兼
財政課長
山本一彦君
 
健康福祉部次長兼
健康増進課長
南田茂喜君


美川支所長
角田宏一君
 
鶴来支所長
加藤光男君


選挙管理委員会
事務局長
能嶋秀信君
 
監査委員
事務局長
高田秀子君


農業委員会
事務局長
北本雅裕君
 
教育長
松井 毅君


教育部長
松田辰夫君
 
 
 



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

職務のため議場に出席した事務局職員の職氏名

 事務局長     北村 潔君   議事調査課長   佐々木 満君

 主査       小林典子君   主査       西川喜朗君

 手話通訳士    堀口佳子君   手話通訳士    長谷川智美君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

            議事日程(第4号)

                       平成28年12月20日(火曜日)

                       午後3時 開議

  日程第1 諸般の報告

  日程第2 議案第103号ないし議案第125号

       (委員長報告、質疑、討論、表決)

  日程第3 議案第126号及び諮問第2号

       (説明、即決)

  日程第4 特別委員会報告

  日程第5 特別委員会の廃止

  日程第6 議会議案第10号及び議会議案第11号

       (説明、即決)

  日程第7 議会議案第12号

       (説明、即決)

  日程第8 議会議案第13号

       (説明、即決)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

            本日の会議に付した事件

  議事日程(第4号)のとおり

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          午後3時0分開議



○議長(村本一則君) これより本日の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 諸般の報告



○議長(村本一則君) 日程第1諸般の報告を行います。

 平成28年12月13日付にて、総務企画常任委員会委員長、文教福祉常任委員会委員長及び産業建設常任委員会委員長から、12月14日付にて、予算常任委員会委員長から付託事件の審査結果報告書の提出がありました。

 12月16日付にて、情報通信特別委員会委員長から付託事件の審査結果報告書の提出がありました。

 12月20日付にて、市長から議案の提出がありました。

 12月20日付にて、議会運営委員会委員長藤田政樹君、市議会議員藤田政樹君、安田竹司君から議案の提出がありました。

 以上をもって、諸般の報告を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 議案第103号ないし議案第125号

      (委員長報告、質疑、討論、表決)



○議長(村本一則君) 日程第2議案第103号ないし議案第125号を一括して議題といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△委員長報告



○議長(村本一則君) 各案に関し、委員会の報告を求めます。

 総務企画常任委員会委員長、清水芳文君。

     〔総務企画常任委員会委員長(清水芳文君)登壇〕



◆総務企画常任委員会委員長(清水芳文君) 総務企画常任委員会における審査の経過及び結果について御報告申し上げます。

 当委員会に付託になりました案件は、議案第111号白山市職員の退職管理に関する条例についてを初めとする条例案3件であります。

 これらの案件につきましては、12月13日に説明員から詳細に説明を徴し、各般にわたり質疑がなされ、慎重に審査し採決いたしました結果、いずれの議案も全会一致をもって、原案どおり可決すべきものとして本会議に移すことに決した次第であります。

 以上で総務企画常任委員会の委員長報告を終わります。



○議長(村本一則君) 総務企画常任委員会委員長の報告は終わりました。

 次に、文教福祉常任委員会委員長、永井徹史君。

     〔文教福祉常任委員会委員長(永井徹史君)登壇〕



◆文教福祉常任委員会委員長(永井徹史君) 文教福祉常任委員会における審査の経過及び結果について御報告申し上げます。

 当委員会に付託になりました案件は、議案第119号白山市指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営の基準に関する条例の一部を改正する条例についての条例案1件であります。

 この案件につきましては、12月13日に説明員から詳細に説明を徴し、慎重に審査し採決いたしました結果、全会一致をもって、原案どおり可決すべきものとして本会議に移すことに決した次第であります。

 以上で文教福祉常任委員会の委員長報告を終わります。



○議長(村本一則君) 文教福祉常任委員会委員長の報告は終わりました。

 次に、産業建設常任委員会委員長、宮中郁恵君。

     〔産業建設常任委員会委員長(宮中郁恵君)登壇〕



◆産業建設常任委員会委員長(宮中郁恵君) 産業建設常任委員会における審査の経過及び結果について御報告申し上げます。

 当委員会に付託になりました案件は、議案第121号尾口山菜加工施設の指定管理者の指定についてを初めとする事件処分案5件であります。

 これらの案件につきましては、12月13日に説明員から詳細に説明を徴し、各般にわたり質疑がなされ、慎重に審査し採決いたしました結果、いずれの議案も全会一致をもって、可決すべきものとして本会議に移すことに決した次第であります。

 以上で産業建設常任委員会の委員長報告を終わります。



○議長(村本一則君) 産業建設常任委員会委員長の報告は終わりました。

 次に、予算常任委員会委員長、寺越和洋君。

     〔予算常任委員会委員長(寺越和洋君)登壇〕



◆予算常任委員会委員長(寺越和洋君) 予算常任委員会における審査の経過及び結果について御報告申し上げます。

 当委員会に付託になりました案件は、議案第103号平成28年度白山市一般会計補正予算(第3号)を初めとする補正予算案8件及び条例案6件の合計14件であります。

 これらの案件につきましては、12月14日に説明員から詳細に説明を徴し、各般にわたり質疑がなされ、慎重に審査し採決いたしました結果、議案第103号及び議案第115号は賛成多数で、残りの議案については全会一致をもって、原案どおり可決すべきものとして本会議に移すことに決した次第であります。

 以上で予算常任委員会の委員長報告を終わります。



○議長(村本一則君) 予算常任委員会委員長の報告は終わりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△質疑



○議長(村本一則君) これより委員長報告に対する質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(村本一則君) 質疑なしと認め、委員長報告に対する質疑を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△討論



○議長(村本一則君) これより討論に入ります。

 討論の通告がありますので、発言を許します。

 12番、宮岸美苗君。

     〔12番(宮岸美苗君)登壇〕



◆12番(宮岸美苗君) 私は、12月会議の提出議案のうち、議案第103号平成28年度白山市一般会計補正予算(第3号)、議案第115号白山市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例についての2件については反対をし、あとの議案については全て賛成をいたします。

 それでは、反対討論を行います。

 一般会計補正予算では、議員報酬と、市長を初めとする常勤特別職の人件費の増額分について反対をするものです。

 今回の議案第115号で提案された給与条例の改定は、国の人事院勧告に準じて、給料は平均0.2%引き上げ、一時金は0.1カ月分引き上げ、再任用職員については0.05カ月分引き上げるとしたものです。あわせて扶養手当の見直しを段階的に行うとしていますが、これについては、今後後退しないように見ていく必要があると思います。

 アベノミクスの行き詰まりのもとで、国民、市民の所得が全体として低下している中にあって、今回、給与、一時金ともに3年連続引き上げとなったことは、物価の上昇などには追いついていないという問題はありますが、経済の好循環をつくっていくという上では大事なことであり、これらについては反対するものではありません。

 しかし、議員や市長を初めとする常勤特別職についても、一般職と同様に改定するということについては反対をいたします。議員や常勤特別職は、その性質上、給与や報酬は独自に決めるべきであり、人勧に準拠して市職員と同様に引き上げを行うことは適切ではないと考えております。

 議案第115号は、一般職とそのような議員、常勤特別職の改定をまとめて一本の議案として一括提案されておりますので、やむを得ず反対の意思を表明せざるを得ません。

 以上が反対の理由ですが、あわせまして、同一労働同一賃金、均等待遇の立場から、非常勤職員など雇用形態による賃金の格差の是正にも市として積極的に取り組まれますよう求めまして、反対討論といたします。

 以上です。



○議長(村本一則君) 以上で通告による討論は終わりました。

 ほかに討論はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(村本一則君) ないようですので、これをもって討論を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△表決



○議長(村本一則君) これより表決に入ります。

 議案第103号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(村本一則君) 起立多数であります。よって、本案は委員長の報告のとおり可決されました。

 議案第104号ないし議案第110号を一括して採決いたします。

 各案に対する委員長の報告は可決であります。各案は委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(村本一則君) 御異議なしと認めます。よって、各案は委員長の報告のとおり可決されました。

 議案第111号ないし議案第114号を一括して採決いたします。

 各案に対する委員長の報告は可決であります。各案は委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(村本一則君) 御異議なしと認めます。よって、各案は委員長の報告のとおり可決されました。

 議案第115号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(村本一則君) 起立多数であります。よって、本案は委員長の報告のとおり可決されました。

 議案第116号ないし議案第120号を一括して採決いたします。

 各案に対する委員長の報告は可決であります。各案は委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(村本一則君) 御異議なしと認めます。よって、各案は委員長の報告のとおり可決されました。

 議案第121号ないし議案第125号を一括して採決いたします。

 各案に対する委員長の報告は可決であります。各案は委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(村本一則君) 御異議なしと認めます。よって、各案は委員長の報告のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 議案第126号及び諮問第2号

      (説明、即決)



○議長(村本一則君) 日程第3議案第126号及び諮問第2号を一括して議題といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△提案理由の説明



○議長(村本一則君) 市長から提案理由の説明を求めます。

 市長、山田憲昭君。

     〔市長(山田憲昭君)登壇〕



◎市長(山田憲昭君) ただいま追加上程されました議案第126号及び諮問第2号の人事案件につきまして御説明申し上げます。

 初めに、農業委員会委員の任命につきましては、本年4月、農業委員会等に関する法律が改正され、委員の選出方法が、公選制を廃止し、市町村長が議会の同意を得て任命することとなりました。

 現委員が来年3月19日で任期満了となりますので、同法の規定により飯田穣さん、圓角外喜男さん、大岸修一さん、北村真一さん、源田吉則さん、澤邉肇善さん、下村正耕さん、竹内文雄さん、竹山武志さん、谷口清次さん、土屋照二さん、西多正子さん、半田義春さん、番場睦夫さん、藤田清人さん、南幸子さん、宮井幸恵さん、盛本久子さんの18名の方を任命いたしたく、議会の同意をお願いするものであります。

 いずれの方も、農業並びに農地利用に関する豊富な見識を有する方々であり、農業委員会委員として最適任であります。

 次に、人権擁護委員候補者の推薦につきましては、現委員の香城満さん、北村市範さん、米永仁史朗さんが、来年3月31日に任期満了となることから、香城満さんを再度、候補者として推薦いたしたく、また、新たに、北崎由紀子さん、池田耕藏さんを候補者として推薦いたしたく、人権擁護委員法の規定により議会の意見を求めるものであります。

 いずれの方も、人格が高潔で、社会の実情に精通する豊富な見識を有しており、人権擁護委員候補者として最適任であります。

 以上2件につきまして、よろしく御決議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(村本一則君) 提案理由の説明は終わりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△表決



○議長(村本一則君) お諮りいたします。議案第126号及び諮問第2号は人事に関する案件につき、この際、即決いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(村本一則君) 御異議なしと認めます。よって、議案第126号及び諮問第2号は即決することに決しました。

 議案第126号を採決いたします。

 本案は同意することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(村本一則君) 起立全員であります。よって、本案は同意することに決しました。

 諮問第2号を採決いたします。

 本件は諮問のとおり答申することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(村本一則君) 起立全員であります。よって、本件は諮問のとおり答申することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第4 特別委員会報告



○議長(村本一則君) 日程第4特別委員会報告を行います。

 情報通信特別委員会委員長、小川義昭君。

     〔情報通信特別委員会委員長(小川義昭君)登壇〕



◆情報通信特別委員会委員長(小川義昭君) 情報通信特別委員会における付託事項の審査経過並びに結果について御報告申し上げます。

 情報通信技術の進歩により、タブレット型端末機を初めとする情報通信端末機の普及が進んでおります。こうした中、議案や会議資料のペーパーレス化を目指す地方議会が年々ふえており、本市議会においても、市民に行政情報などをわかりやすく説明することや、会議資料等のペーパーレス化による環境負荷の低減などを目的として、平成27年7月、当時の議長の諮問委員会でありますICT推進委員会が設置され、タブレット型端末機導入に向けた協議が重ねられました。その後、推進委員会の答申を踏まえ、来期からの導入に向けて、より具体的な導入体制を検討することを目的として、本年6月会議において本特別委員会が設置されました。

 これまでに5回にわたる委員会、また、タブレット型端末機の活用策及び使用に関する基準を初め、導入する端末の機種、ペーパーレス会議システムについて、より具体的な調査研究を行うことを目的として、情報通信端末導入に関する小委員会を設置し、4回にわたる会議において、鋭意検討、審査してまいりました。

 まず、タブレット型端末機の導入時期であります。5月27日の議員協議会において、来期に向けて端末機を導入する方向で合意形成がなされ、本特別委員会が設置された経緯を踏まえ、来年度早々には導入し、試験稼働による検証及び調整を行った後、9月会議を目標として本稼働へ移行するとの結論に至りました。

 次に、タブレット型端末機の活用策についてであります。議会活動、議員活動、事務連絡の3つの区分で10項目の活用用途を協議し、タブレット型端末機導入目的の一つである、本会議、委員会、全員協議会、議員協議会における電子資料の閲覧については、安全性、操作性、トラブル時のサポート等を考慮し、電子会議システムの導入が必要であるという結論に至りました。こうしたことから、10月17日に開催した、情報通信端末導入に関する小委員会において、タブレット型端末機並びにペーパーレス会議システムを用いて実際に会議を行い、視認性や操作性等の確認を行いました。

 次に、導入するタブレット型端末機についてであります。端末機については、事務連絡を初め、災害時などの迅速な緊急連絡体制への対応のほか、市民の皆さんへの広報広聴活動における的確な情報の提供を可能とするため、使用場所を選ばず、携帯電話回線を介し通信ができるセルラーモデル型端末機を導入することが適当との結論に至りました。

 次に、タブレット型端末機の使用基準の整備についてであります。この基準は、白山市議会において、端末機における本会議を初めとした各種会議のほか、議員活動における使用に関して必要な事項を定めるものであり、端末機の管理やセキュリティー対策、また、通信費の議員負担に関する事項等を規定することとしました。また、会議での端末機使用については、今後、白山市議会会議規則において規定することとしました。

 以上、情報通信端末の利活用についての審査の経過と概要を申し上げましたが、本市議会へのタブレット型端末機導入については、膨大な会議資料等の閲覧、情報伝達の迅速化、市民等への政策説明や情報提供、災害時における情報の収集や伝達手段としての活用など、議会及び議員活動に大変有効であると考えます。

 同時に、市議会への情報提供や各種計画書、会議資料作成に係る印刷や労務コストの縮小など、より効果的な活用を図るため、執行部においてもタブレット型端末機を導入し、全庁的な経費節減を推進できる体制づくりが必要と考えます。

 また、情報通信技術は日進月歩で発展する分野であることから、今後も費用対効果を見きわめながら、効率的、効果的な利活用方法について注視、検討を行う必要があります。

 そのようなことから、引き続き議論を積み重ねながら、本市議会にふさわしい情報通信端末の利活用について確立すべきものであり、それらを活用することにより、さらなる議会の活性化と、より市民に開かれた白山市議会となるよう努めるものとし、情報通信特別委員会の委員長報告といたします。



○議長(村本一則君) 情報通信特別委員会委員長の報告は終わりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第5 特別委員会の廃止



○議長(村本一則君) 日程第5特別委員会の廃止を議題といたします。

 お諮りいたします。情報通信特別委員会については、今ほど委員長から調査報告が行われましたので、調査の目的を終了したものとして廃止することにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(村本一則君) 御異議なしと認めます。よって、情報通信特別委員会については廃止することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第6 議会議案第10号及び議会議案第11号

      (説明、即決)



○議長(村本一則君) 日程第6議会議案第10号白山市議会基本条例の一部を改正する条例について及び議会議案第11号白山市議会政務活動費の交付に関する条例の一部を改正する条例についてを一括して議題といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△提案理由の説明



○議長(村本一則君) 議会運営委員会委員長から提案理由の説明を求めます。

 議会運営委員会委員長、藤田政樹君。

     〔議会運営委員会委員長(藤田政樹君)登壇〕



◆議会運営委員会委員長(藤田政樹君) ただいま一括議題として上程を賜りました議会議案第10号及び議会議案第11号について、提案理由の説明を申し上げます。

 政務活動費は、議員が行う調査研究その他の活動に必要な経費の一部として支給されているものであり、各議員が政務活動を行うには欠かすことができないものであります。

 本市議会では、政務活動費の執行に関し、これまでも議員おのおのが、政務活動費運用の手引に基づき適正な執行に努めてまいりました。

 しかしながら、全国で政務活動費の不適切な支出が相次いでいることから、その使途についてはより一層の透明性を図り、市民の皆様に御理解いただくよう、政務活動費の公開について関係条例の改正を行うものであります。

 議会議案第10号白山市議会基本条例の一部を改正する条例につきましては、これまで白山市情報公開条例により公開されておりました政務活動費の収支報告書等の関係書類をホームページ等で公開することとするものであります。

 また、議会議案第11号白山市議会政務活動費の交付に関する条例の一部を改正する条例につきましては、収支報告書を初めとする領収書等についても、個人情報等の非公開情報を除き自由に閲覧することができることとするための改正を行うものであります。

 どうか議員各位におかれましては、慎重な審議の上、御賛同を賜りますようお願い申し上げまして、提案理由の説明とさせていただきます。



○議長(村本一則君) 提案理由の説明は終わりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△表決



○議長(村本一則君) お諮りいたします。議会議案第10号及び議会議案第11号については事理明白につき、この際、即決いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(村本一則君) 御異議なしと認めます。よって、議会議案第10号及び議会議案第11号は即決することに決しました。

 議会議案第10号及び議会議案第11号を一括して採決いたします。

 各案は原案のとおり可決することに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(村本一則君) 御異議なしと認めます。よって、議会議案第10号及び議会議案第11号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第7 議会議案第12号

      (説明、即決)



○議長(村本一則君) 日程第7議会議案第12号地方議会議員の厚生年金への加入を求める意見書を議題といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△提案理由の説明



○議長(村本一則君) 提案理由の説明を提出者である藤田政樹君から求めます。

 19番、藤田政樹君。

     〔19番(藤田政樹君)登壇〕



◆19番(藤田政樹君) 議会議案第12号について、提案理由の説明を申し上げます。

 我が国の将来にとって重要な政治課題である地方創生の実現に向け、大きな責任を有する地方議会の果たすべき役割はますます重要となっております。

 地方議会議員は、地方行政の広範かつ専門的な諸課題について、住民の意向を酌み取り、的確に執行機関の監視や政策提言等を行うことが求められております。また、議会活動のほか、地域における住民ニーズの把握等さまざまな議員活動を行っており、近年においては、都市部を中心に専業化が進んでいる状況でもあります。

 一方で、統一地方選挙の結果を見ても、投票率は低下傾向にあり、無投票当選者の割合が高くなるなど、住民の関心の低さや地方議会議員のなり手不足が深刻な問題となっております。

 よって、国におかれましては、国民の幅広い層からの政治参加や地方議会における人材確保の観点から、地方議会議員の厚生年金加入のための法整備を早急に実現するよう強く求めていきたく、本案を提出した次第であります。

 どうか議員各位におかれましては、適切な御決定をいただきますようお願い申し上げまして、提案理由の説明といたします。



○議長(村本一則君) 提案理由の説明は終わりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△表決



○議長(村本一則君) お諮りいたします。議会議案第12号については事理明白につき、この際、即決したいと思います。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(村本一則君) 御異議なしと認めます。よって、議会議案第12号は即決することに決しました。

 議会議案第12号を採決いたします。

 本案は可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(村本一則君) 起立多数であります。よって、議会議案第12号は可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第8 議会議案第13号

      (説明、即決)



○議長(村本一則君) 日程第8議会議案第13号子宮頸がん予防ワクチン接種後の副反応被害の早期解決を求める意見書を議題といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△提案理由の説明



○議長(村本一則君) 提案理由の説明を提出者である安田竹司君から求めます。

 8番、安田竹司君。

     〔8番(安田竹司君)登壇〕



◆8番(安田竹司君) 議会議案第13号について、提案理由の説明を申し上げます。

 厚生労働省は、2010年より、任意接種の子宮頸がんワクチンを公費負担で実施し、2013年4月から、予防接種法による定期接種として同ワクチンの接種が実施されてきました。その後、ワクチン接種後にワクチンとの因果関係が疑われる持続的な疼痛が特異的に見られたことから、国民に適切な情報提供ができるまでの間、定期接種を積極的に勧奨しないとしました。

 しかしながら、厚生労働省の勧告から今日まで、いまだ因果関係は解明されず、救済体制は進んでいません。2014年8月の厚生労働大臣の記者会見では、各県に専門的な協力機関を設けること、医療機関からの副反応報告が確実に行われることなどが発表されました。

 したがって、ワクチン接種後に日常生活に支障が生じている方々に対して医療支援を実施することが急務であると考えます。

 よって、国におかれては、国民の健康と安全のため、子宮頸がんワクチン接種後の副反応被害について調査し実態把握を行い、因果関係の解明を急ぐとともに、治療法の確立など、副反応被害の早期解決を図るよう強く求めていきたく、本案を提出した次第であります。

 どうか議員各位には、適切な御決定をいただきますようお願い申し上げ、提案理由の説明といたします。



○議長(村本一則君) 提案理由の説明は終わりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△表決



○議長(村本一則君) お諮りいたします。議会議案第13号については事理明白につき、この際、即決したいと思います。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(村本一則君) 御異議なしと認めます。よって、議会議案第13号は即決することに決しました。

 議会議案第13号を採決いたします。

 本案は可決することに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(村本一則君) 御異議なしと認めます。よって、議会議案第13号は可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(村本一則君) 以上をもって、今12月会議の議事全部を終了いたしました。

 次に、休会の件についてお諮りいたします。明日21日から平成29年1月22日までの33日間は本会議を休会といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(村本一則君) 御異議なしと認めます。よって、以上のとおり休会とすることに決しました。

 これでことしの会議は終わりますけれども、年末年始、何かと多忙と思います。議員の皆様、体に御自愛をくださいまして、1月会議に参集をお願いいたしたいというふうに思います。

 本日はこれにて散会いたします。



◎議会事務局長(北村潔君) 御起立願います。礼。

          午後3時39分散会

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

(参照)

     平成28年白山市議会12月会議追加提出事件一覧表

事件の番号        件名

議案第126号 農業委員会委員の任命について

諮問第2号 人権擁護委員候補者の推薦について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                            議委第60号

                            平成28年12月13日

 白山市議会議長 村本一則様

                              総務企画常任委員会

                              委員長 清水芳文

               委員会審査報告

 本委員会に付託の事件は審査の結果、次のとおり決定したから会議規則第110条の規定により報告します。

                 記



事件の番号
件名
審査結果
理由


議案第111号
白山市職員の退職管理に関する条例について
原案可決
妥当と認める


議案第113号
町の名称の変更に伴う関係条例の整理に関する条例について




議案第114号
白山市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例について





−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                            議委第61号

                            平成28年12月13日

 白山市議会議長 村本一則様

                              文教福祉常任委員会

                              委員長 永井徹史

               委員会審査報告

 本委員会に付託の事件は審査の結果、次のとおり決定したから会議規則第110条の規定により報告します。

                 記



事件の番号
件名
審査結果
理由


議案第119号
白山市指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営の基準に関する条例の一部を改正する条例について
原案可決
妥当と認める



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                            議委第62号

                            平成28年12月13日

 白山市議会議長 村本一則様

                              産業建設常任委員会

                              委員長 宮中郁恵

               委員会審査報告

 本委員会に付託の事件は審査の結果、次のとおり決定したから会議規則第110条の規定により報告します。

                 記



事件の番号
件名
審査結果
理由


議案第121号
尾口山菜加工施設の指定管理者の指定について
可決
妥当と認める


議案第122号
白山観光物産センターの指定管理者の指定について




議案第123号
温泉センター天領等の指定管理者の指定について




議案第124号
北陸本線石川踏切の改良工事委託に関する協定について




議案第125号
財産の処分について





−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                                 議委第63号

                            平成28年12月14日

 白山市議会議長 村本一則様

                              予算常任委員会

                              委員長 寺越和洋

               委員会審査報告

 本委員会に付託の事件は審査の結果、次のとおり決定したから会議規則第110条の規定により報告します。

                 記



事件の番号
件名
審査結果
理由


議案第103号
平成28年度白山市一般会計補正予算(第3号)
原案可決
妥当と認める


議案第104号
平成28年度白山市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)




議案第105号
平成28年度白山市介護保険特別会計補正予算(第2号)




議案第106号
平成28年度白山市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)




議案第107号
平成28年度白山市工業団地造成事業特別会計補正予算(第1号)




議案第108号
平成28年度白山市水道事業会計補正予算(第1号)




議案第109号
平成28年度白山市工業用水道事業会計補正予算(第1号)




議案第110号
平成28年度白山市下水道事業会計補正予算(第1号)




議案第112号
白山市子育て基金条例について




議案第115号
白山市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について




議案第116号
白山市税条例等の一部を改正する条例について




議案第117号
白山市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例について




議案第118号
白山市立公民館条例の一部を改正する条例について




議案第120号
白山市公営企業の設置等に関する条例等の一部を改正する条例について





−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議会議案第10号

   白山市議会基本条例の一部を改正する条例について

 上記の議案を別紙のとおり、地方自治法第112条及び白山市議会会議規則第14条第2項の規定により提出する。

  平成28年12月20日提出

   白山市議会議長  村本一則様

                           白山市議会議会運営委員会

                               委員長 藤田政樹

     白山市議会基本条例の一部を改正する条例

 白山市議会基本条例(平成22年白山市条例第28号)の一部を次のように改正する。

 第17条の見出しを「(政務活動費の執行及び公開)」に改め、同条第1項中「遵守しなければならない」を「遵守するとともに、適正な執行に努めなければならない」に改め、同条第2項を次のように改める。

2 議会は、政務活動費の収支報告書及び当該支出に係る領収書等の証拠書類を公開するものとする。

   附則

 (施行期日)

1 この条例は、平成29年4月1日から施行する。

 (経過措置)

2 改正後の第17条第2項の規定は、この条例の施行の日以後に提出される収支報告書等について適用し、同日前に提出された収支報告書等については、なお従前の例による。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議会議案第11号

   白山市議会政務活動費の交付に関する条例の一部を改正する条例について

 上記の議案を別紙のとおり、地方自治法第112条及び白山市議会会議規則第14条第2項の規定により提出する。

  平成28年12月20日提出

   白山市議会議長  村本一則様

                           白山市議会議会運営委員会

                               委員長 藤田政樹

     白山市議会政務活動費の交付に関する条例の一部を改正する条例

 白山市議会政務活動費の交付に関する条例(平成17年白山市条例第232号)の一部を次のように改正する。

 題名を次のように改める。

   白山市議会政務活動費の交付等に関する条例

 第1条中「を交付すること」を「の交付等」に改める。

 第10条中「交付」を「交付等」に改め、同条を第11条とし、第9条の次に次の1条を加える。

 (収支報告書等の写しの閲覧)

第10条 何人も、議長に対し、別に定めるところにより、第8条の規定により保存されている収支報告書等の写しの閲覧を請求することができる。

2 議長は、前項の規定による請求があったときは、非公開情報(白山市情報公開条例(平成17年白山市条例第11号)第6条各号のいずれかに該当する情報をいう。)が記録されている部分を除き、収支報告書等の写しを閲覧に供するものとする。

 別記様式中「白山市議会政務活動費の交付に関する条例」を「白山市議会政務活動費の交付等に関する条例」に改める。

   附則

 (施行期日)

1 この条例は、平成29年4月1日から施行する。

 (経過措置)

2 改正後の第10条の規定は、この条例の施行の日以後に提出される収支報告書等について適用し、同日前に提出された収支報告書等については、なお従前の例による。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議会議案第12号

   地方議会議員の厚生年金への加入を求める意見書

 上記の議案を別紙のとおり、白山市議会会議規則第14条第1項の規定により提出する。

  平成28年12月20日提出

   白山市議会議長  村本一則様

       提出者  白山市議会議員  藤田政樹

       賛成者  白山市議会議員  小川義昭   岡本克行   吉田郁夫

                     前多喜良

     地方議会議員の厚生年金への加入を求める意見書

 地方創生が、我が国の将来にとって重要な政治課題となり、その実現に向け大きな責任を有する地方議会の果たすべき役割は、ますます重要となっている。

 このような状況の中、地方議会議員は、これまで以上に地方行政の広範かつ専門的な諸課題について住民の意向をくみ取り、的確に執行機関の監視や政策提言等を行うことが求められている。

 また、地方議会議員は、議会活動のほか地域における住民ニーズの把握等さまざまな議員活動を行っており、近年においては、都市部を中心に専業化が進んでいる状況にある。

 一方で、統一地方選挙の結果をみると、投票率が低下傾向にあるとともに無投票当選者の割合が高くなるなど、住民の関心の低さや地方議会議員のなり手不足が深刻な問題となっている。

 よって、国におかれては、国民の幅広い層からの政治参加や地方議会における人材確保の観点から、地方議会議員の厚生年金加入のための法整備を早急に実現するよう強く要望する。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

  平成28年12月20日

                          白山市議会議長  村本一則

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議会議案第13号

   子宮頸がん予防ワクチン接種後の副反応被害の早期解決を求める意見書

 上記の議案を別紙のとおり、白山市議会会議規則第14条第1項の規定により提出する。

  平成28年12月20日提出

   白山市議会議長  村本一則様

       提出者  白山市議会議員  安田竹司

       賛成者  白山市議会議員  小川義昭   岡本克行   吉田郁夫

                     前多喜良   藤田政樹

     子宮頸がん予防ワクチン接種後の副反応被害の早期解決を求める意見書

 厚生労働省は、2010年より任意接種の子宮頸がんワクチン(HPVワクチン)を「子宮頸がんワクチン接種緊急促進事業」として公費負担で実施してきた。子宮頸がんの予防には、子宮頸がん予防ワクチンの接種が有効であるとされ、2013年4月1日から、予防接種法による定期接種として同ワクチンの接種が実施されてきた。

 その後、ワクチン接種後にワクチンとの因果関係が疑われる持続的な疼痛が特異的に見られたことから、同年6月、厚生労働省は、国民に適切な情報提供ができるまでの間、定期接種を積極的に勧奨しないとした。

 しかしながら、厚生労働省の勧告から今日まで、同省に設けられた厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会においては、救済制度の審査は再開されたが、いまだ因果関係は解明されず、救済体制は進んでいない。その間にも、接種後の副反応の症状に苦しむ被害者が全国で声を上げている。2014年8月の厚生労働大臣の記者会見では、各県に専門的な協力機関を設けること、医療機関からの副反応報告が確実に行われること等が発表された。したがって、国においては、これまでの子宮頸がんワクチン接種後の副反応被害について調査し実態把握をすること。原因解明を急ぐとともに、ワクチン接種後に日常生活に支障が生じている方々に対して医療支援を実施することが急務であると考える。

 よって、国におかれては、国民の健康と安全のため、下記の事項を実施するよう強く要望する。

                 記

1 子宮頸がん予防ワクチンによる副反応に関し、因果関係の解明を急ぐとともに、国民に対し速やかに情報提供を行うこと。

2 子宮頸がんワクチンを接種した方全員に対し、接種後の被害実態調査を実施すること。

3 ワクチン製薬会社にワクチンの成分の公表を促し、関係機関に働きかけて接種後の副反応被害への治療法の確立を急ぐこと。

4 子宮頸がん予防ワクチンの接種後に日常生活に支障が生じた方々への補償、並びに相談事業の拡充と各地域の医療機関の連携による対応を確立すること。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

  平成28年12月20日

                          白山市議会議長  村本一則

議決一覧表



議決番号
事件の番号
件名
議決月日
議決結果
備考


第1号
議案第103号
平成28年度白山市一般会計補正予算(第3号)
12月20日
原案可決
賛成多数


第2号
議案第104号
平成28年度白山市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)


賛成全員


第3号
議案第105号
平成28年度白山市介護保険特別会計補正予算(第2号)





第4号
議案第106号
平成28年度白山市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)





第5号
議案第107号
平成28年度白山市工業団地造成事業特別会計補正予算(第1号)





第6号
議案第108号
平成28年度白山市水道事業会計補正予算(第1号)





第7号
議案第109号
平成28年度白山市工業用水道事業会計補正予算(第1号)





第8号
議案第110号
平成28年度白山市下水道事業会計補正予算(第1号)





第9号
議案第111号
白山市職員の退職管理に関する条例について





第10号
議案第112号
白山市子育て基金条例について





第11号
議案第113号
町の名称の変更に伴う関係条例の整理に関する条例について





第12号
議案第114号
白山市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例について





第13号
議案第115号
白山市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について


賛成多数


第14号
議案第116号
白山市税条例等の一部を改正する条例について


賛成全員


第15号
議案第117号
白山市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例について





第16号
議案第118号
白山市立公民館条例の一部を改正する条例について





第17号
議案第119号
白山市指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営の基準に関する条例の一部を改正する条例について





第18号
議案第120号
白山市公営企業の設置等に関する条例の一部を改正する条例について





第19号
議案第121号
尾口山菜加工施設の指定管理者の指定について

可決



第20号
議案第122号
白山観光物産センターの指定管理者の指定について





第21号
議案第123号
温泉センター天領等の指定管理者の指定について





第22号
議案第124号
北陸本線石川踏切の改良工事委託に関する協定について





第23号
議案第125号
財産の処分について





第24号
議案第126号
農業委員会委員の任命について

同意



第25号
諮問第2号
人権擁護委員候補者の推薦について

答申



第26号
議会議案第10号
白山市議会基本条例の一部を改正する条例について

原案可決



第27号
議会議案第11号
白山市議会政務活動費の交付に関する条例の一部を改正する条例について





第28号
議会議案第12号
地方議会議員の厚生年金への加入を求める意見書


賛成多数


第29号
議会議案第13号
子宮頸がん予防ワクチン接種後の副反応被害の早期解決を求める意見書


賛成全員



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。

       議長    村本一則

       副議長   石地宜一

       議員    西川寿夫

       議員    中西恵造