議事ロックス -地方議会議事録検索-


石川県 白山市

平成28年  3月会議 03月24日−04号




平成28年  3月会議 − 03月24日−04号









平成28年  3月会議



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

        平成28年白山市議会3月会議会議録第4号

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

           平成28年3月24日(木曜日)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(20人)

   2番  山口俊哉君      3番  安実隆直君

   4番  吉本史宏君      5番  永井徹史君

   6番  石地宜一君      7番  小川義昭君

   8番  安田竹司君      9番  北嶋章光君

  10番  宮中郁恵君     11番  村本一則君

  12番  宮岸美苗君     13番  岡本克行君

  14番  寺越和洋君     15番  吉田郁夫君

  16番  竹田伸弘君     17番  清水芳文君

  18番  前多喜良君     19番  藤田政樹君

  20番  西川寿夫君     21番  中西恵造君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

欠員 1番

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

説明のため議場に出席した者の職氏名



市長
山田憲昭君
 
副市長
井田正一君


企画振興部長
橋本 正君
 
健康福祉部長兼
福祉事務所長
竹内正隆君


市民生活部長
竹内 茂君
 
産業部長
川北誠喜君


観光文化部長
山口 隆君
 
建設部長
高田 隆君


上下水道部長
長谷川 茂君
 
会計管理者兼
会計課長
松田辰夫君


美川支所長
竹内 毅君
 
鶴来支所長
広野晴城君


総務部次長兼
財政課長
山本一彦君
 
河内市民サービス
センター所長
水上幸次君


尾口市民サービス
センター所長
山下俊之君
 
白峰市民サービス
センター所長
小田孝二君


選挙管理委員会
事務局長
田持智行君
 
監査委員
事務局長
高田秀子君


教育長
松井 毅君
 
教育部長
松本一之君



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

職務のため議場に出席した事務局職員の職氏名

 事務局長     中村直人君   議事調査課長   佐々木 満君

 議事調査係長   南 智恵子君  主査       西川喜朗君

 手話通訳士    門倉美樹子君  手話通訳士    堀口佳子君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

            議事日程(第4号)

                        平成28年3月24日(木曜日)

                        午後3時 開議

  日程第1 諸般の報告

  日程第2 議案第1号ないし議案第62号及び議案第64号ないし議案第66号並びに請願第1号

       (委員長報告、質疑、討論、表決)

  日程第3 議案第63号

       (委員長報告、質疑、討論、表決)

  日程第4 議案第68号及び議案第69号

       (説明、即決)

  日程第5 議会議案第2号

       (説明、即決)

  日程第6 議会議案第3号

       (説明、即決)

  日程第7 議員派遣の件

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

            本日の会議に付した事件

  議事日程(第4号)のとおり

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          午後3時0分開議



○議長(村本一則君) これより本日の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 諸般の報告



○議長(村本一則君) 日程第1諸般の報告を行います。

 平成28年3月14日付にて、総務企画常任委員会委員長、文教福祉常任委員会委員長及び産業建設常任委員会委員長から、3月17日付にて、予算常任委員会委員長から付託事件の審査結果報告書の提出がありました。

 3月24日付にて、市長から議案の提出がありました。

 3月24日付にて、市議会議員宮岸美苗君、山口俊哉君から議案の提出がありました。

 以上をもって、諸般の報告を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 議案第1号ないし議案第62号及び議案第64号ないし議案第66号並びに請願第1号

      (委員長報告、質疑、討論、表決)



○議長(村本一則君) 日程第2議案第1号ないし議案第62号及び議案第64号ないし議案第66号並びに請願第1号を一括して議題といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△委員長報告



○議長(村本一則君) 各案に関し、委員会の報告を求めます。

 総務企画常任委員会委員長、清水芳文君。

 〔総務企画常任委員会委員長(清水芳文君)登壇〕



◆総務企画常任委員会委員長(清水芳文君) 総務企画常任委員会委員長報告を行います。審査の経過及び結果について御報告申し上げます。

 当委員会に付託になりました案件は、議案第21号白山市消費生活センターの組織及び運営等に関する条例についてを初めとする条例案9件及び事件処分案4件の合計13件であります。

 これらの案件につきましては、3月14日に説明員から詳細に説明を徴し、各般にわたり質疑がなされ、慎重に審査し、採決いたしました結果、議案第64号については賛成多数で、残りの12議案については全会一致をもって原案どおり可決すべきものとして、本会議に移すことに決した次第であります。

 次に、請願第1号につきましては、慎重に審査し、採決いたしました結果、賛成少数であり、不採択とすべきものとして、本会議に移すことに決した次第であります。

 以上で総務企画常任委員会の委員長報告を終わります。



○議長(村本一則君) 総務企画常任委員会委員長の報告は終わりました。

 次に、文教福祉常任委員会委員長、永井徹史君。

 〔文教福祉常任委員会委員長(永井徹史君)登壇〕



◆文教福祉常任委員会委員長(永井徹史君) 文教福祉常任委員会における審査の経過及び結果について御報告申し上げます。

 当委員会に付託になりました案件は、議案第34号白山市国民健康保険税条例の一部を改正する条例についてを初めとする条例案9件及び事件処分案3件の合計12件であります。

 これらの案件につきましては、3月14日に説明員から詳細に説明を徴し、各般にわたり質疑がなされ、慎重に審査し、採決いたしました結果、いずれの議案も全会一致をもって原案どおり可決すべきものとして、本会議に移すことに決した次第であります。

 以上で文教福祉常任委員会の委員長報告を終わります。



○議長(村本一則君) 文教福祉常任委員会委員長の報告は終わりました。

 次に、産業建設常任委員会委員長、宮中郁恵君。

 〔産業建設常任委員会委員長(宮中郁恵君)登壇〕



◆産業建設常任委員会委員長(宮中郁恵君) 産業建設常任委員会における審査の経過及び結果について御報告申し上げます。

 当委員会に付託になりました案件は、議案第24号白山市中小企業振興基本条例についてを初めとする条例案10件及び事件処分案4件の合計14件であります。

 これらの案件につきましては、3月14日に説明員から詳細に説明を徴し、各般にわたり質疑がなされ、慎重に審査し、採決いたしました結果、いずれの議案も全会一致をもって原案どおり可決すべきものとして、本会議に移すことに決した次第であります。

 以上で産業建設常任委員会の委員長報告を終わります。



○議長(村本一則君) 産業建設常任委員会委員長の報告は終わりました。

 次に、予算常任委員会委員長、寺越和洋君。

 〔予算常任委員会委員長(寺越和洋君)登壇〕



◆予算常任委員会委員長(寺越和洋君) 予算常任委員会おける審査の経過及び結果について御報告申し上げます。

 当委員会に付託になりました案件は、議案第1号平成28年度白山市一般会計予算を初めとする平成28年度予算案12件、平成27年度補正予算案8件及び条例案6件の合計26件であります。

 これらの案件につきましては、3月10日に予算常任委員会を開催し、総務企画、文教福祉及び産業建設の各分科会で分担して審査することとし、3月14日に総務企画、文教福祉及び産業建設の各分科会において詳細な審査が行われ、3月17日に予算常任委員会を開催し、各分科会で審査された内容について各分科会委員長から審査報告がありました。

 それでは、分科会委員長報告の主な意見等について申し上げます。

 初めに、総務企画分科会委員長報告であります。

 平成28年度一般会計予算中、第2款総務費では、財政管理費において、ふるさと納税促進事業としてチラシ等のリニューアルと合わせて県外に住む白山市ゆかりの方に観光資料を送り、寄附をお願いするなどの働きかけを積極的に行うよう検討していただきたい。

 次に、地域安全推進費において、防犯カメラの設置場所については地元やPTAと十分に協議し、市民の安全・安心のために防犯カメラの設置を進めていただきたい。

 次に、交通対策費では、北陸鉄道石川線は観光客の利用もふえており、車両の更新時に車体をペイントし、観光にも利用していただけるよう、観光部局と協力しながらさらなる集客につなげるような方策を検討していただきたい。

 第4款衛生費では、再生可能エネルギー対策事業において、木質バイオマスストーブ設置補助については、企業が設置した場合も来客者へのPRが期待できるため、現在の個人への補助とあわせて企業においても補助の対象とするよう検討していただきたい。

 第9款消防費では、避難施設のバリアフリー化について、危機管理課と福祉部局が連携し、エレベーターの設置や施設の改修など具体的な取り組みとなるよう、新年度庁内に福祉や建築などの関係課と調整する場をつくっていただきたい。

 また、防災事務費に関連して、昨年9月の鬼怒川氾濫時、ドローンが撮影した映像が被害実態の把握に役立っており、白山市でも災害時におけるドローンの活用について、県内の大学や企業と連携し、新年度から動き始められるよう検討していただきたい。

 次に、文教福祉分科会委員長報告であります。

 平成28年度一般会計予算中、第3款民生費では、障害者福祉費において、現在手話通訳士が不足していることから、手話通訳士の養成に向けた取り組み及び手話言語条例の制定に向けた取り組み推進を図り、手話講習の受講者の拡大に努めていただきたい。

 次に、高齢者ふれあい入浴事業について、市内にある公衆浴場以外の温泉も対象施設になるよう検討するとともに、高齢者が市民温泉に行きやすいよう、めぐーるの路線ルートを所管課と協議し検討していただきたい。

 第10款教育費では、松任中学校プール温水化調査事業について、同校のプールを練習拠点にしていくということから、当該校だけでなく市内全域の児童・生徒も一緒に練習できる等の配慮が必要であり、温水化調査結果を踏まえ、東京オリンピックに向けての選手強化のため、早急にこの事業を展開していただきたい。

 次に、公民館費について、公民館職員の賃金を含む委託事業費と退職謝礼金を個々に予算計上するのではなく、指定管理のように一括して公民館連合会に委託するべきであり、一括委託の方法について今後検討していただきたい。

 次に、埋蔵文化財保護事業について、さまざまな埋蔵品が発掘されており、広く市民の方に紹介するためにも、ある程度の規模の展示会等の開催を検討していただきたい。

 次に、産業建設分科会委員長報告であります。

 平成28年度一般会計予算中、第6款農林水産業費、地籍調査事業について、事業に年数をかけることで所有者への確認などの調査に支障を来すおそれがあるので、事業のさらなる進捗に向けて引き続き国に要望していただきたい。

 次に、保安林等保育管理事業について、美川地域では松くい虫の被害に遭った保安林等で松の補植に取り組んでいるので、より効果的な事業になるように支援し、支所と連携して円滑に事業を推進できるように努めていただきたい。

 第7款商工費では、本年1月に本市出身の作家、本谷有希子さんが芥川賞を受賞され、本谷さんの発信力が強まっていることから、記念講演などのイベントの開催だけでなく、本市のPR等に御尽力いただけるように働きかけていただきたい。

 簡易水道事業特別会計、水道事業会計及び工業用水道事業会計について、企業が大量に揚水することにより地下水の低下が危惧されているので、市民の不安を解消するとともに企業と共存共栄できるように鋭意取り組むとともに、市民へ安定した水の供給ができるように民営の簡易水道を上水道への統合に向けて推進していただきたい。

 以上、各分科会委員長報告の後、報告に対する質疑を行い、採決いたしました結果、議案第1号、議案第4号及び議案第23号は賛成多数で、残りの議案については全会一致をもって原案どおり可決すべきものとして、本会議に移すことに決した次第であります。

 以上で予算常任委員会の委員長報告を終わります。



○議長(村本一則君) 予算常任委員会委員長の報告は終わりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△質疑



○議長(村本一則君) これより委員長報告に対する質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(村本一則君) 質疑なしと認め、委員長報告に対する質疑を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△討論



○議長(村本一則君) これより討論に入ります。

 討論の通告がありますので、順次発言を許します。

 12番、宮岸美苗君。

 〔12番(宮岸美苗君)登壇〕



◆12番(宮岸美苗君) 3月会議に上程されました議案のうち、私は議案第1号平成28年度白山市一般会計予算、議案第4号白山市介護保険特別会計予算、議案第23号白山市本社機能立地促進のための固定資産税の課税の特例に関する条例について、議案第64号金沢市及び白山市における連携中枢都市圏形成に係る連携協約の締結についての以上4件の議案については反対をし、あとの議案については全て賛成をいたします。

 それでは、反対討論いたします。

 今、市民の暮らしは、消費税の増税と税金や各種の負担増、加えて物価高で、従来に増して厳しいものがあると思います。

 総務省の家計調査によると、2人以上世帯のうち勤労者世帯の実質可処分所得が30年前以下の水準に落ち込んでいることが明らかになっていますし、非正規雇用は激増、その多くは低い賃金という実態です。大企業が巨額の利益を得ても、働く人々の賃金には回らないことがはっきりしています。

 GDP、国内総生産はマイナスが続き、アベノミクスでいう経済の好循環とはほど遠い状況でありますが、こんな中での本市の新年度予算案は、市民の暮らしを後押しし、暮らし・福祉重視、そして大企業優遇ではなく圧倒的に多い中小企業や生産者を支えるものであってほしいものです。

 反対する理由の主なものについて述べます。

 1つは、マイナンバーの関連事業の推進です。マイナンバー制度の運用が1月より始まり、新年度予算にもカードの発行を実施するためのものが計上されています。

 この間、個人情報流出の危険性など制度の問題点が指摘されてきたところでありますが、本制度の目的は税と社会保障の個人情報を国が一元的に管理をし、徴収の強化と給付の抑制をすることにあります。加えて、国民監視やプライバシー漏えいのおそれも懸念されるところであり、私はこれまでも制度の凍結・中止を求めてきたところです。

 2つ目として、株式会社ジャパンディスプレイに対する10億円の工場立地助成金です。当企業の操業に当たって、地下水への影響を市民は不安視しており、大口の地下水採取者に対する一定の規制は必要と私は考えます。規制すると企業誘致に影響するとの声も聞きますが、今や市民・消費者の環境意識は高くなっており、大企業が地下水保全に協力することは、むしろ企業のよいイメージにつながる社会背景がつくられてきているのではないかと感じています。

 今回の立地助成金は、本市制度の大型投資案件の対象となるものではありますが、限度額いっぱいの助成という点でも妥当性があるのか検討が必要と考えるものです。

 そのほか、北陸新幹線(仮称)白山駅整備促進事業、地方税滞納整理機構への職員派遣と負担金、小松白川連絡道路整備に関連した負担金などには賛成しかねるものです。

 介護保険特別会計予算については、今年度、2015年度、介護保険制度が改定され、そうしたもとでの当初予算となります。

 主な介護保険制度の改定として、特養ホームの入所を原則要介護3以上に限定、施設やショートステイの食費、居住費の補足給付の要件を厳しくするといったことなどありましたが、この制度改定は、介護度が軽いとされる人たちや所得の低い人たちにとっては大きな負担を強いるものとなっています。

 また、要支援1、2の人のデイサービス、ホームヘルプサービスをボランティアやNPOなどによる生活支援でもいいという、市・町が行う地域支援事業に移行するものとなっています。

 しかし、資格を持った専門的なサービスがあるからこそ、高齢者の生活が維持でき、症状の悪化や介護の重度化を防ぐことができます。介護費用抑制、コスト削減が目的のサービスの基準緩和は、高齢者の実態を全く見ないものであり、重度化を早め、家族の負担をさらに重くすることとなり、費用の抑制効果にも逆行するものだと言わなければなりません。

 本市は、この地域支援事業を新年度に前倒ししてこの3月から実施しています。現段階では利用者のサービス内容は従来と変わりがないということでありますが、今後は見直しされることになっていくものであります。こうしたサービスの後退には反対です。

 このホームヘルプサービス外しについては、今後要支援の人のみならず、さらに要介護1、2の人にまで広げようと国は言っておりますが、とんでもないことです。それぞれが自分自身の問題として捉えるなら、ここは規制緩和一辺倒、財源削減ありきで進める分野でないことがわかるのではないでしょうか。介護の社会化にふさわしい公的サービスが十分に維持されてこそ、地域住民の支え合いも機能し、住みなれた地域で暮らし続けられることができると思います。

 条例案2件については、いずれも国の地方創生に関連するものです。

 議案第23号は企業の本社機能の移転等に対する税制の優遇措置です。東京や都市部にある企業が本社機能を地方に移転させるのは、その地方で利益獲得が見込めるとした場合であり、それが見込めなければ移転はしません。企業にとっては当然のことです。したがって、税制面で優遇しても地方移転が進むというものでもないように思います。大企業優遇ではなく、本市の中小企業、中小業者とそこに働く人への支援を強めてこそ、地域活性・地方再生につながると思います。

 議案第64号は、連携中枢都市圏形成のために金沢市と連携協約を結ぶという議案です。これは、本市と金沢市、かほく市、野々市市、津幡町、内灘町の4市2町を対象に人口約72万人の都市圏を構想するもので、中心は金沢市となります。

 それぞれの役割は周辺自治体で分担されるとのことですが、地方創生のキーワードであるネットワークとコンパクト化、選択と集中のもとで機能は金沢市に集中となりますから、結果的には特定の地域に財源と施策が集中する、つまり行政サービスや都市機能は終局的には金沢市に集中するということになるのではないでしょうか。

 選択と集中から外れた本市及び周辺自治体の格差は、やがては拡大していくことを懸念するもので、今回の連携協約を締結することについては反対です。

 人口減少など地方衰退の中で打ち出されたのが今回の地方創生であります。しかし、地方衰退の原因は、例えば輸入自由化などによる農林水産業の衰退、大店法廃止による規制緩和で商店街のシャッターをおろさせ、そして東京一極集中政策が進められてきたからにほかなりません。

 また、小泉内閣の三位一体改革と平成の大合併が地方自治体と住民に深刻な影響を及ぼし、今日の事態につながってきていると思います。その検証がまずは必要だと思います。

 国のほうでは、新たな自治制度の改変として政令指定都市を道府県から独立させる特別自治市を打ち出しました。さらに、都道府県を解体し、道州制へと移行していく方向を示しています。したがって、今回の連携中枢都市圏構想は姿を変えた合併そのもので、人口72万都市の形成に向けて金沢市を中心とした、やがては道州制を目指すものと言えると思います。この方向は、住民の福祉の向上を目的とする地方自治のあり方に逆行するように私は感じています。

 以上、反対の討論といたします。



○議長(村本一則君) 7番、小川義昭君。

 〔7番(小川義昭君)登壇〕



◆7番(小川義昭君) ただいま議題となっております議案第1号平成28年度白山市一般会計予算を初めとする全議案について、賛成の立場から討論を行います。

 我が国の経済は、輸出・生産は横ばい状態ではありますが、企業収益や政府の要請による名目賃金は増加し始めております。しかしながら、消費税率引き上げによる物価上昇が高まり、実質賃金が低迷を続けているため、家計の節約志向が根強く、個人消費には一進一退の動きが見られ、また年明けの為替レートが企業の想定を上回る円高水準で推移するなど、景気下振れリスクの高い状況が続いております。

 今後の国内景気は力強い回復は見込みにくいと思われますが、景気循環的な逆風が少ないことに加え、政府が昨年末に決定した3兆円余りの補正予算による押し上げ効果も小幅ながら見込めること、原油価格の低水準での推移などが景気回復を下支えする要因として期待されているところであります。

 平成28年度の地方財政計画では、地方が地方創生等の重要課題に取り組みつつ、安定的に財政運営を行うことができるよう、地方交付税等の一般財源総額について昨年度を0.1兆円上回る額が確保されております。また、地方の重点課題である高齢者支援や自治体情報システム改革等に取り組むために必要な経費が計上されており、今後は地方創生の深化のための新型交付金が地域の実情に応じ適切に講じられてくることを期待するものであります。

 このような中、本市の一般会計予算の歳入では、市税においては個人所得の増加による市民税の増収や事務所の増設、設備投資に伴う固定資産税等の増収が見込まれておりますが、地方交付税は合併特例措置の段階的縮減により、これまでにも増して大変厳しい財政状況であります。このため、各種事業のスリム化や負担の平準化に努めることにより、今年度当初予算と比較しマイナス0.8%の減額とする堅調な予算を編成されたことを評価するものであります。

 歳出面では、北陸新幹線金沢開業から1年が経過し、白山ブランドPR戦略実行プランを着実に推進するとともに、アンテナショップを活用した情報発信、また平成29年の白山開山1300年を記念する新たなPR戦略など、積極的な活動を展開することにより、さらなる観光誘客につなげるよう努められております。

 また、再生可能エネルギーの普及促進については、低炭素・循環型社会の構築や市民の地球温暖化対策に対する意識の高揚を図るため、再生可能エネルギーを活用した発電施設の学習用設備等に対し新たな補助を行い、再生可能エネルギーの普及促進に努められるものであります。

 学校教育環境の充実としては、小・中学校における特別支援教育支援員の配置については、支援を必要とする児童・生徒が年々増加しているため、新年度はさらに2名を増員し、支援体制の拡充が図られております。

 また、小・中学校の耐震化については、河内小学校の建設をもって全校の耐震化が終了し、大規模改造については新年度は石川小学校、笠間中学校、北辰中学校と計画的に進められております。また、水球競技で東京オリンピックの出場を目指し、市内の小・中学生が年間を通して練習できるよう松任中学校プールの温水化を検討・調査するとされております。

 健やかに暮らせるまちづくりについては、妊婦の健康管理の充実を図るため、超音波検査など検査項目の追加や健康診査の助成など経済的負担の軽減を図り、安心して出産できる環境の整備に努められております。

 また、胃がん検診では、発見率が高く早期治療につなげるため、医療機関における胃カメラ検査による個別検診が受けられることとなり、医療費の抑制にもつながることを期待するものであります。

 また、昨年実施された国勢調査では、合併後初めて人口が減少に転じ、その人口減少に歯どめをかける定住促進として、これまでの定住促進奨励金制度の効果による人口の社会増を継続するため制度を延長するとともに、立地企業従業員賃貸住宅家賃助成制度を創設し、市内での事業所増設に伴う従業員の定住促進が図られており、以上、これらのことに賛意を表するものであります。

 今後は、その執行を速やかに図られるとともに、徹底して効率的で効果的な行財政運営に努められることを期待するものであります。

 その他、全議案に関しましても、職員一人一人が市民目線に立ち、既存の制度にとらわれることなく、積極的な事務事業の見直しを行われることを確信し、賛成の意を表して私の討論といたします。



○議長(村本一則君) 以上で通告による討論は終わりました。

 ほかに討論はありませんか。

 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(村本一則君) ないようですので、これをもって討論を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△表決



○議長(村本一則君) これより表決に入ります。

 議案第1号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 〔賛成者起立〕



○議長(村本一則君) 起立多数であります。よって、本案は委員長の報告のとおり可決されました。

 議案第2号及び議案第3号を一括して採決いたします。

 各案に対する委員長の報告は可決であります。各案は委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。

 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(村本一則君) 異議なしと認めます。よって、各案は委員長の報告のとおり可決されました。

 議案第4号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 〔賛成者起立〕



○議長(村本一則君) 起立多数であります。よって、本案は委員長の報告のとおり可決されました。

 議案第5号ないし議案第12号を一括して採決いたします。

 各案に対する委員長の報告は可決であります。各案は委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。

 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(村本一則君) 異議なしと認めます。よって、各案は委員長の報告のとおり可決されました。

 議案第13号ないし議案第20号を一括して採決いたします。

 各案に対する委員長の報告は可決であります。各案は委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。

 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(村本一則君) 異議なしと認めます。よって、各案は委員長の報告のとおり可決されました。

 議案第21号及び議案第22号を一括して採決いたします。

 各案に対する委員長の報告は可決であります。各案は委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。

 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(村本一則君) 異議なしと認めます。よって、各案は委員長の報告のとおり可決されました。

 議案第23号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 〔賛成者起立〕



○議長(村本一則君) 起立多数であります。よって、本案は委員長の報告のとおり可決されました。

 議案第24号ないし議案第54号を一括して採決いたします。

 各案に対する委員長の報告は可決であります。各案は委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。

 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(村本一則君) 異議なしと認めます。よって、各案は委員長の報告のとおり可決されました。

 議案第55号ないし議案第62号を一括して採決いたします。

 各案に対する委員長の報告は可決であります。各案は委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。

 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(村本一則君) 異議なしと認めます。よって、各案は委員長の報告のとおり可決されました。

 議案第64号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 〔賛成者起立〕



○議長(村本一則君) 起立多数であります。よって、本案は委員長の報告のとおり可決されました。

 議案第65号及び議案第66号を一括して採決いたします。

 各案に対する委員長の報告は可決であります。各案は委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。

 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(村本一則君) 異議なしと認めます。よって、各案は委員長の報告のとおり可決されました。

 請願第1号を採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は不採択であります。本件は採択することに賛成の諸君の起立を求めます。

 〔賛成者起立〕



○議長(村本一則君) 起立少数であります。よって、本件は不採択とされました。

 〔中西恵造君退場〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 議案第63号

      (委員長報告、質疑、討論、表決)



○議長(村本一則君) 日程第3議案第63号を議題といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△委員長報告



○議長(村本一則君) 本案に関し、委員会の報告を求めます。

 産業建設常任委員会委員長、宮中郁恵君。

 〔産業建設常任委員会委員長(宮中郁恵君)登壇〕



◆産業建設常任委員会委員長(宮中郁恵君) 産業建設常任委員会における審査の経過及び結果について御報告申し上げます。

 当委員会に付託になりました案件は、議案第63号財産の譲渡につきましては、3月14日に説明員から詳細に説明を徴し、慎重に審査し、採決いたしました結果、全会一致をもって可決すべきものとして本会議に移すことに決した次第であります。

 以上で産業建設常任委員会の委員長報告を終わります。



○議長(村本一則君) 産業建設常任委員会委員長の報告は終わりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△質疑



○議長(村本一則君) これより委員長報告に対する質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(村本一則君) 質疑なしと認め、委員長報告に対する質疑を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△討論



○議長(村本一則君) これより討論に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(村本一則君) 討論なしと認め、討論を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△表決



○議長(村本一則君) これより表決に入ります。

 議案第63号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。

 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(村本一則君) 異議なしと認めます。よって、本案は委員長の報告のとおり可決されました。

 〔中西恵造君入場〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第4 議案第68号及び議案第69号

      (説明、即決)



○議長(村本一則君) 日程第4議案第68号及び議案第69号を一括して議題といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△提案理由の説明



○議長(村本一則君) 市長から提案理由の説明を求めます。

 市長、山田憲昭君。

 〔市長(山田憲昭君)登壇〕



◎市長(山田憲昭君) ただいま追加上程されました議案第68号の教育委員会委員の任命につきましては、現委員の川上隆夫さんが3月29日で任期満了となりますので、その後任に北田朋幸さんを任命いたしたく、また、現委員の水洞満子さんが3月31日で任期満了となりますので、水洞さんを引き続き任命いたしたく、地方教育行政の組織及び運営に関する法律の定めにより議会の同意をお願いするものであります。

 北田さん、水洞さんは人格が高潔で、豊かな情操を持ち、教育行政に関する豊富な見識を有しており、教育委員会委員として最適任であります。

 次に、議案第69号の公平委員会委員の選任につきましては、現委員の小堀幸穂さんが3月28日に任期満了となりますので、引き続き小堀さんを選任いたしたく、地方公務員法の規定により議会の同意を願うものであります。

 小堀さんは人格が高潔で、人事行政に関して豊富な知識と卓越した見識を有しており、公平委員会委員として最適任であります。

 以上、2件につきまして御審議の上、よろしく御決議賜りますようお願いを申し上げます。



○議長(村本一則君) 提案理由の説明は終わりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△表決



○議長(村本一則君) お諮りいたします。議案第68号及び議案第69号は人事に関する案件につき、この際、即決いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(村本一則君) 異議なしと認めます。よって、議案第68号及び議案第69号は即決することに決しました。

 議案第68号を採決いたします。

 本案は同意することに賛成の諸君の起立を求めます。

 〔賛成者起立〕



○議長(村本一則君) 起立全員であります。よって、本案は同意することに決しました。

 議案第69号を採決いたします。

 本案は同意することに賛成の諸君の起立を求めます。

 〔賛成者起立〕



○議長(村本一則君) 起立全員であります。よって、本案は同意することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第5 議会議案第2号

      (説明、即決)



○議長(村本一則君) 日程第5議会議案第2号安全・安心の医療・介護の実現と夜勤改善・増員を求める意見書を議題といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△提案理由の説明



○議長(村本一則君) 提案理由の説明を、提出者である宮岸美苗君から求めます。

 12番、宮岸美苗君。

 〔12番(宮岸美苗君)登壇〕



◆12番(宮岸美苗君) 安全・安心の医療・介護の実現と夜勤改善・増員を求める意見書。

 議会議案第2号について、提案理由の説明を申し上げます。

 厚生労働省は、看護師等の雇用の質の向上のための取り組みについての5局長通知を発出し、医師、看護職員、薬剤師などの医療従事者の勤務環境の改善のための取り組みを促進してきました。

 さらに、医療スタッフの勤務環境改善として、都道府県に対してワンストップの相談支援体制構築の予算が組まれ、石川県でも勤務環境改善支援センターが設置され、各医療機関が具体的な勤務環境改善を進めるための支援が始まっております。

 しかしながら、国民の命と暮らしを守る医療・介護現場は深刻な人手不足となっており、労働実態は依然として厳しく、医師、看護師、介護職員の増員や夜勤改善を含む労働環境の改善は喫緊の課題となっております。

 このことから、次期看護職員需給見通しの策定に当たっては、看護師の具体的な勤務環境の改善を可能にする増員計画とし、そのための看護師確保策を講じていく必要があります。

 よって、国におかれては、安全・安心の医療・介護を実現するために、医師、看護師、介護職員の増員、夜勤改善を図る対策等を講じられるよう強く求めていきたく、本案を提出した次第であります。

 どうか議員各位には、適切な御決定をいただきますようお願い申し上げまして、提案理由の説明といたします。



○議長(村本一則君) 提案理由の説明は終わりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△表決



○議長(村本一則君) お諮りいたします。議会議案第2号については事理明白につき、この際、即決いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(村本一則君) 異議なしと認めます。よって、議会議案第2号は即決することに決しました。

 議会議案第2号を採決いたします。

 本案は可決することに御異議ありませんか。

 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(村本一則君) 異議なしと認めます。よって、議会議案第2号は可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第6 議会議案第3号

      (説明、即決)



○議長(村本一則君) 日程第6議会議案第3号奨学金制度の充実等を求める意見書を議題といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△提案理由の説明



○議長(村本一則君) 提案理由の説明を、提出者である山口俊哉君から求めます。

 2番、山口俊哉君。

 〔2番(山口俊哉君)登壇〕



◆2番(山口俊哉君) 議会議案第3号について、提案理由の説明を申し上げます。

 現在、大学などの学費が高騰する中で、家庭の教育費負担がかつてなく重くなっており、既に大学生の5割超えが何らかの奨学金を受給しなくては学業を続けられないのが実態であります。

 我が国の公的な奨学金制度における奨学金は貸与型の奨学金制度であり、その7割超えが年3%を上限とする利息つきの奨学金となっております。

 近年、学生の就職難や非正規労働の増加などから、卒業後も奨学金の返還ができずに生活に苦しむ若者が急増しております。

 よって、国におかれては、学習意欲と能力のある若者が家庭の経済状況にかかわらず進学し、安心して学業に専念できる環境をつくるため、奨学金制度の充実等を図るよう強く求めていきたく、本案を提出した次第であります。

 どうか議員各位には、適切な御決定をいただきますようお願い申し上げ、提案理由の説明といたします。



○議長(村本一則君) 提案理由の説明は終わりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△表決



○議長(村本一則君) お諮りいたします。議会議案第3号については事理明白につき、この際、即決いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(村本一則君) 異議なしと認めます。よって、議会議案第3号は即決することに決しました。

 議会議案第3号を採決いたします。

 本案は可決することに御異議ありませんか。

 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(村本一則君) 異議なしと認めます。よって、議会議案第3号は可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第7 議員派遣の件



○議長(村本一則君) 日程第7議員派遣の件を議題といたします。

 お諮りいたします。議員派遣の件については、お手元に配付のとおり、地方自治法第100条第13項及び会議規則第167条の規定により、派遣することに御異議ありませんか。

 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(村本一則君) 異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり議員を派遣することに決しました。

 なお、派遣の内容等に変更が生じた場合の取り扱いについては、議長に一任ということで御承認をお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(村本一則君) 以上をもって、今3月会議の議事全部を終了いたしました。

 次に、休会の件についてお諮りいたします。明日25日から6月5日までの73日間は、本会議を休会といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(村本一則君) 異議なしと認めます。よって、以上のとおり休会とすることに決しました。

 次の本会議は、6月6日午前10時から開きます。

 本日はこれにて散会いたします。



◎議会事務局長(中村直人君) 御起立願います。礼。

          午後3時53分散会

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

(参照)

     平成28年白山市議会3月会議追加提出事件一覧表

事件の番号        件名

議案第68号 教育委員会委員の任命について

議案第69号 公平委員会委員の選任について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                             議委第92号

                             平成28年3月14日

 白山市議会議長 村本一則様

                              総務企画常任委員会

                              委員長 清水芳文

               委員会審査報告

 本委員会に付託の事件は審査の結果、次のとおり決定したから会議規則第110条の規定により報告します。

                   記



事件の番号
件名
審査結果
理由


議案第21号
白山市消費生活センターの組織及び運営等に関する条例について
原案可決
妥当と認める


議案第22号
白山市行政不服審査会条例について




議案第26号
行政不服審査法の施行に伴う関係条例の整備等に関する条例について




議案第27号
白山市多目的コミュニティ施設条例の一部を改正する条例について




議案第28号
白山市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例について




議案第29号
白山市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例について




議案第30号
白山市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について




議案第31号
白山市職員の特殊勤務手当に関する条例及び白山市職員等の旅費に関する条例の一部を改正する条例について




議案第33号
白山市税条例の一部を改正する条例について
原案可決
妥当と認める


議案第61号
財産の譲渡について
可決



議案第64号
金沢市及び白山市における連携中枢都市圏形成に係る連携協約の締結について




議案第65号
白山市辺地に係る総合整備計画の策定について




議案第66号
白山市過疎地域自立促進計画の策定について





−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                             議委第93号

                             平成28年3月14日

 白山市議会議長 村本一則様

                              文教福祉常任委員会

                              委員長 永井徹史

               委員会審査報告

 本委員会に付託の事件は審査の結果、次のとおり決定したから会議規則第110条の規定により報告します。

                   記



事件の番号
件名
審査結果
理由


議案第34号
白山市国民健康保険税条例の一部を改正する条例について
原案可決
妥当と認める


議案第36号
白山市青少年育成センター条例の一部を改正する条例について




議案第39号
白山市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例について




議案第40号
白山市保育所条例の一部を改正する条例について




議案第41号
白山市児童館条例の一部を改正する条例について




議案第42号
白山市指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営の基準に関する条例及び白山市指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営の基準等に関する条例の一部を改正する条例について




議案第43号
白山市地域包括支援センターの運営及び職員の基準に関する条例の一部を改正する条例について
原案可決
妥当と認める


議案第50号
白山市老人生きがいセンター条例を廃止する条例について




議案第51号
白山市心身障害児福祉金支給条例を廃止する条例について




議案第59号
河内小学校建設工事(校舎建築)請負契約について
可決



議案第60号
河内小学校建設工事(屋内運動場建築)請負契約について




議案第62号
財産の譲渡について





−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                             議委第94号

                             平成28年3月14日

 白山市議会議長 村本一則様

                              産業建設常任委員会

                              委員長 宮中郁恵

               委員会審査報告

 本委員会に付託の事件は審査の結果、次のとおり決定したから会議規則第110条の規定により報告します。

                   記



事件の番号
件名
審査結果
理由


議案第24号
白山市中小企業振興基本条例について
原案可決
妥当と認める


議案第25号
白山市文化振興条例について




議案第44号
白山市農山漁村野外活動施設条例の一部を改正する条例について




議案第45号
白山市農村集落センター条例の一部を改正する条例について




議案第46号
白山市農林水産加工販売施設条例の一部を改正する条例について




議案第48号
白山市市民工房うるわし条例の一部を改正する条例について
原案可決
妥当と認める


議案第49号
白山市建築審査会条例の一部を改正する条例について




議案第52号
白山市農業共同利用施設条例を廃止する条例について




議案第53号
白山市農村環境改善センター条例を廃止する条例について




議案第54号
白山市森林館条例を廃止する条例について




議案第55号
市道路線の認定について
可決



議案第56号
市道路線の変更について




議案第57号
パーク獅子吼の指定管理者の指定について




議案第58号
獅子吼高原センターの指定管理者の指定について




議案第63号
財産の譲渡について





−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                             議委第96号

                             平成28年3月17日

 白山市議会議長 村本一則様

                              予算常任委員会

                              委員長 寺越和洋

               委員会審査報告

 本委員会に付託の事件は審査の結果、次のとおり決定したから会議規則第110条の規定により報告します。

                   記



事件の番号
件名
審査結果
理由


議案第1号
平成28年度白山市一般会計予算
原案可決
妥当と認める


議案第2号
平成28年度白山市国民健康保険特別会計予算




議案第3号
平成28年度白山市後期高齢者医療特別会計予算




議案第4号
平成28年度白山市介護保険特別会計予算




議案第5号
平成28年度白山市簡易水道事業特別会計予算
原案可決
妥当と認める


議案第6号
平成28年度白山市墓地公苑特別会計予算




議案第7号
平成28年度白山市温泉事業特別会計予算




議案第8号
平成28年度白山市工業団地造成事業特別会計予算




議案第9号
平成28年度白山市湊財産区特別会計予算




議案第10号
平成28年度白山市水道事業会計予算




議案第11号
平成28年度白山市工業用水道事業会計予算




議案第12号
平成28年度白山市下水道事業会計予算




議案第13号
平成27年度白山市一般会計補正予算(第4号)




議案第14号
平成27年度白山市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)




議案第15号
平成27年度白山市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)




議案第16号
平成27年度白山市介護保険特別会計補正予算(第3号)




議案第17号
平成27年度白山市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)




議案第18号
平成27年度白山市水道事業会計補正予算(第2号)




議案第19号
平成27年度白山市工業用水道事業会計補正予算(第3号)




議案第20号
平成27年度白山市下水道事業会計補正予算(第1号)




議案第23号
白山市本社機能立地促進のための固定資産税の課税の特例に関する条例について




議案第32号
白山市特別会計条例の一部を改正する条例について




議案第35号
白山市建築関係手数料条例の一部を改正する条例について




議案第37号
白山市立公民館条例の一部を改正する条例について




議案第38号
白山市吉野谷保養センター条例の一部を改正する条例について
原案可決
妥当と認める


議案第47号
白山市観光施設条例の一部を改正する条例について





−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                             議委第95号

                             平成28年3月14日

 白山市議会議長 村本一則様

                              総務企画常任委員会

                              委員長 清水芳文

               請願審査報告

 本委員会に付託された請願を審査の結果、次のとおり決定したから会議規則第143条第1項の規定により報告します。

                   記



受理番号
件名
審査結果
意見
措置


第1号
違法憲法の安全保障関連2法(国際平和支援法、平和安全法制整備法)の廃止を求める意見書採択についての請願
不採択
妥当と認めがたい
 



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議会議案第2号

   安全・安心の医療・介護の実現と夜勤改善・増員を求める意見書

 上記の議案を別紙のとおり、白山市議会会議規則第14条第1項の規定により提出する。

  平成28年3月24日提出

   白山市議会議長  村本一則様

       提出者  白山市議会議員  宮岸美苗

       賛成者  白山市議会議員  小川義昭    岡本克行    吉田郁夫

                     前多喜良    藤田政樹

        安全・安心の医療・介護の実現と夜勤改善・増員を求める意見書

 厚生労働省は平成23年6月17日、「看護師等の『雇用の質』の向上のための取り組みについて」の通知(5局長通知)を発出し、また、平成25年2月8日には医師、看護職員、薬剤師などの医療スタッフが健康で安心して働ける環境を整備するため「医療分野の『雇用の質』の向上のための取り組みについて」(6局長通知)も発出し、医療従事者の勤務環境の改善のための取り組みを促進してきた。

 さらに、医療提供体制改革の中でも医療スタッフの勤務環境改善が議論され、都道府県に対して当該事項にかかわるワンストップの相談支援体制構築の予算が組まれ、石川県でも医療対策課に「勤務環境改善支援センター」が設置され、各医療機関が具体的な勤務環境改善を進めるための支援が始まっている。

 しかし、国民の命と暮らしを守る医療・介護現場は深刻な人手不足となっており、労働実態は依然として厳しい。安全・安心の医療・介護を実現するためにも医師・看護師・介護職員の増員や夜勤改善を含む労働環境の改善は喫緊の課題となっている。

 必要な病床機能は確保した上で労働者の勤務環境を改善していくことによる医療提供体制の改善が求められており、次期看護職員需給見通しの策定に当たっては、これを単なる数値目標とするのではなく、看護師の具体的な勤務環境の改善を可能にする増員計画とし、そのための看護師確保策を講じていく必要がある。

 よって、国におかれては、安全・安心の医療・介護を実現するために、医師・看護師、介護職員の増員、夜勤改善を図る下記の対策を講ずるよう強く要望する。

                   記

1 看護師など夜勤交替制労働者の深夜労働時間の短縮や、十分な勤務間隔を保持するなど、労働環境を改善すること。

2 医師・看護師、介護職員などを増員すること。

3 安定的な財源を確保した上で、安全・安心の医療・介護を実現すること。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

  平成28年3月24日

                          白山市議会議長  村本一則

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議会議案第3号

   奨学金制度の充実等を求める意見書

 上記の議案を別紙のとおり、白山市議会会議規則第14条第1項の規定により提出する。

  平成28年3月24日提出

   白山市議会議長  村本一則様

       提出者  白山市議会議員  山口俊哉

       賛成者  白山市議会議員  小川義昭    岡本克行    吉田郁夫

                     前多喜良    藤田政樹

              奨学金制度の充実等を求める意見書

 学費が高騰し、一方で世帯年収が下がり続ける中で、家庭の教育費負担がかつてなく重くなっている。既に大学生の5割超、大学院生の6割超が何らかの奨学金を受給しなくては、学業を続けられないのが実態である。

 我が国の公的な奨学金制度の中心である独立行政法人日本学生支援機構による奨学金は、貸与型の奨学金制度であり、その7割超(貸与金額)が年3%を上限とする利息付の奨学金(第2種奨学金)となっている。

 近年、貸与者数及び貸与金額が増加を続ける一方で、学生の就職難や非正規労働の増加などから、卒業後も奨学金の返還ができずに生活に苦しむ若者が急増している。同機構は、返還期限の猶予や減額返還などの制度を設けているが適用の要件が厳しく、民間サービサー(債権回収会社)による過酷な債権回収などが社会問題ともなっている。

 よって、国におかれては、学習意欲と能力のある若者が家庭の経済状況にかかわらず進学し、安心して学業に専念できる環境をつくるため、下記事項について強く要望する。

                   記

1 高校生を対象とした給付型奨学金制度を拡充し、大学生等を対象とした給付型奨学金制度を創設すること。

2 返還期限の猶予、返還免除、減額返還などの救済制度の周知と拡充を図り、柔軟に適用させること。

3 大学等の授業料減免制度を充実し、高等教育の学費の引き下げを図ること。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

  平成28年3月24日

                          白山市議会議長  村本一則

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          議員派遣の件

                             平成28年3月24日

 地方自治法第100条第13項及び会議規則第167条の規定により、次のとおり議員を派遣する。

                   記

1 市町村職員中央研修所市議会議員研修

 (1)派遣目的 市議会議員の自己研さんと資質の向上を図る。

 (2)派遣場所 千葉県千葉市

 (3)派遣期間 平成28年5月12日から同月13日まで(2日間)

 (4)派遣議員 石地宜一議員

議決一覧表



議決番号
事件の番号
件名
議決月日
議決結果
備考


第1号
議会議案第1号
白山市議会委員会条例の一部を改正する条例について
3月1日
原案可決
賛成全員


第2号
議案第67号
監査委員の選任について

同意



第3号
議案第1号
平成28年度白山市一般会計予算
3月24日
原案可決
賛成多数


第4号
議案第2号
平成28年度白山市国民健康保険特別会計予算


賛成全員


第5号
議案第3号
平成28年度白山市後期高齢者医療特別会計予算





第6号
議案第4号
平成28年度白山市介護保険特別会計予算


賛成多数


第7号
議案第5号
平成28年度白山市簡易水道事業特別会計予算


賛成全員


第8号
議案第6号
平成28年度白山市墓地公苑特別会計予算





第9号
議案第7号
平成28年度白山市温泉事業特別会計予算





第10号
議案第8号
平成28年度白山市工業団地造成事業特別会計予算





第11号
議案第9号
平成28年度白山市湊財産区特別会計予算





第12号
議案第10号
平成28年度白山市水道事業会計予算





第13号
議案第11号
平成28年度白山市工業用水道事業会計予算





第14号
議案第12号
平成28年度白山市下水道事業会計予算





第15号
議案第13号
平成27年度白山市一般会計補正予算(第4号)





第16号
議案第14号
平成27年度白山市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)





第17号
議案第15号
平成27年度白山市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)





第18号
議案第16号
平成27年度白山市介護保険特別会計補正予算(第3号)





第19号
議案第17号
平成27年度白山市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)





第20号
議案第18号
平成27年度白山市水道事業会計補正予算(第2号)





第21号
議案第19号
平成27年度白山市工業用水道事業会計補正予算(第3号)





第22号
議案第20号
平成27年度白山市下水道事業会計補正予算(第1号)





第23号
議案第21号
白山市消費生活センターの組織及び運営等に関する条例について





第24号
議案第22号
白山市行政不服審査会条例について





第25号
議案第23号
白山市本社機能立地促進のための固定資産税の課税の特例に関する条例について


賛成多数


第26号
議案第24号
白山市中小企業振興基本条例について


賛成全員


第27号
議案第25号
白山市文化振興条例について





第28号
議案第26号
行政不服審査法の施行に伴う関係条例の整備等に関する条例について





第29号
議案第27号
白山市多目的コミュニティ施設条例の一部を改正する条例について





第30号
議案第28号
白山市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例について





第31号
議案第29号
白山市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例について





第32号
議案第30号
白山市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について





第33号
議案第31号
白山市職員の特殊勤務手当に関する条例及び白山市職員等の旅費に関する条例の一部を改正する条例について





第34号
議案第32号
白山市特別会計条例の一部を改正する条例について
3月24日
原案可決
賛成全員


第35号
議案第33号
白山市税条例の一部を改正する条例について





第36号
議案第34号
白山市国民健康保険税条例の一部を改正する条例について





第37号
議案第35号
白山市建築関係手数料条例の一部を改正する条例について





第38号
議案第36号
白山市青少年育成センター条例の一部を改正する条例について





第39号
議案第37号
白山市立公民館条例の一部を改正する条例について





第40号
議案第38号
白山市吉野谷保養センター条例の一部を改正する条例について





第41号
議案第39号
白山市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例について





第42号
議案第40号
白山市保育所条例の一部を改正する条例について





第43号
議案第41号
白山市児童館条例の一部を改正する条例について





第44号
議案第42号
白山市指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営の基準に関する条例及び白山市指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営の基準等に関する条例の一部を改正する条例について





第45号
議案第43号
白山市地域包括支援センターの運営及び職員の基準に関する条例の一部を改正する条例について





第46号
議案第44号
白山市農山漁村野外活動施設条例の一部を改正する条例について





第47号
議案第45号
白山市農村集落センター条例の一部を改正する条例について





第48号
議案第46号
白山市農林水産加工販売施設条例の一部を改正する条例について





第49号
議案第47号
白山市観光施設条例の一部を改正する条例について





第50号
議案第48号
白山市市民工房うるわし条例の一部を改正する条例について





第51号
議案第49号
白山市建築審査会条例の一部を改正する条例について





第52号
議案第50号
白山市老人生きがいセンター条例を廃止する条例について





第53号
議案第51号
白山市心身障害児福祉金支給条例を廃止する条例について





第54号
議案第52号
白山市農業共同利用施設条例を廃止する条例について





第55号
議案第53号
白山市農村環境改善センター条例を廃止する条例について





第56号
議案第54号
白山市森林館条例を廃止する条例について





第57号
議案第55号
市道路線の認定について

可決



第58号
議案第56号
市道路線の変更について





第59号
議案第57号
パーク獅子吼の指定管理者の指定について





第60号
議案第58号
獅子吼高原センターの指定管理者の指定について





第61号
議案第59号
河内小学校建設工事(校舎建築)請負契約について





第62号
議案第60号
河内小学校建設工事(屋内運動場建築)請負契約について





第63号
議案第61号
財産の譲渡について





第64号
議案第62号
財産の譲渡について
3月24日
可決
賛成全員


第65号
議案第64号
金沢市及び白山市における連携中枢都市圏形成に係る連携協約の締結について


賛成多数


第66号
議案第65号
白山市辺地に係る総合整備計画の策定について


賛成全員


第67号
議案第66号
白山市過疎地域自立促進計画の策定について





第68号
請願第1号
憲法違反の安全保障関連2法(国際平和支援法、平和安全法制整備法)の廃止を求める意見書採択についての請願

不採択
賛成少数


第69号
議案第63号
財産の譲渡について

可決
賛成全員


第70号
議案第68号
教育委員会委員の任命について

同意



第71号
議案第69号
公平委員会委員の選任について





第72号
議会議案第2号
安全・安心の医療・介護の実現と夜勤改善・増員を求める意見書

原案可決



第73号
議会議案第3号
奨学金制度の充実等を求める意見書





第74号
 
議員派遣の件






−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。

       議長    村本一則

       前議長   西川寿夫

       副議長   石地宜一

       前副議長  小川義昭

       議員    寺越和洋

       議員    吉田郁夫