議事ロックス -地方議会議事録検索-


石川県 白山市

平成27年 12月会議 参照(4号)




平成27年 12月会議 − 参照(4号)









(参照)

                            議委第68号

                            平成27年12月11日

 白山市議会議長 西川寿夫様

                             総務企画常任委員会

                             委員長 石地宜一

              委員会審査報告

 本委員会に付託の事件は審査の結果、次のとおり決定したから会議規則第110条の規定により報告します。

                 記



事件の番号
件名
審査結果
理由


議案第113号
白山市行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する条例について
原案可決
妥当と認める


議案第119号
町の名称の変更について
可決



議案第120号
コミュニティ施設等の指定管理者の指定について




議案第136号
財産の譲渡について





−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                            議委第69号

                            平成27年12月11日

 白山市議会議長 西川寿夫様

                             文教福祉常任委員会

                             委員長 永井徹史

              委員会審査報告

 本委員会に付託の事件は審査の結果、次のとおり決定したから会議規則第110条の規定により報告します。

                 記



事件の番号
件名
審査結果
理由


議案第115号
白山市国民健康保険税条例の一部を改正する条例について
原案可決
妥当と認める


議案第116号
白山市立公民館条例の一部を改正する条例について




議案第117号
白山市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正する条例について
原案可決
妥当と認める


議案第118号
白山市介護保険条例の一部を改正する条例について




議案第121号
文化会館等の指定管理者の指定について
可決



議案第122号
体育施設等の指定管理者の指定について




議案第123号
児童館の指定管理者の指定について




議案第124号
老人福祉センター等の指定管理者の指定について




議案第125号
健康増進センターの指定管理者の指定について




議案第126号
福祉ステーションの指定管理者の指定について




議案第135号
「湊小学校大規模改造・地震補強他工事(建築工事)請負契約について」の議決の一部変更について





−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                            議委第70号

                            平成27年12月11日

 白山市議会議長 西川寿夫様

                             産業建設常任委員会

                             委員長 宮中郁恵

              委員会審査報告

 本委員会に付託の事件は審査の結果、次のとおり決定したから会議規則第110条の規定により報告します。

                 記



事件の番号
件名
審査結果
理由


議案第127号
営農飲雑用水施設の指定管理者の指定について
可決
妥当と認める


議案第128号
農村集落センターの指定管理者の指定について




議案第129号
農林水産加工販売施設の指定管理者の指定について




議案第130号
農業有機物供給センターの指定管理者の指定について




議案第131号
商工施設の指定管理者の指定について




議案第132号
勤労者体育施設の指定管理者の指定について
可決
妥当と認める


議案第133号
交流研修施設の指定管理者の指定について




議案第134号
市民工房等の指定管理者の指定について





−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                            議委第71号

                            平成27年12月14日

 白山市議会議長 西川寿夫様

                             予算常任委員会

                             委員長 寺越和洋

              委員会審査報告

 本委員会に付託の事件は審査の結果、次のとおり決定したから会議規則第110条の規定により報告します。

                 記



事件の番号
件名
審査結果
理由


議案第110号
平成27年度白山市一般会計補正予算(第3号)
原案可決
妥当と認める


議案第111号
平成27年度白山市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)




議案第112号
平成27年度白山市介護保険特別会計補正予算(第2号)




議案第114号
白山市税条例等の一部を改正する条例について





−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議会議案第9号

   白山市議会基本条例の一部を改正する条例について

 上記の議案を別紙のとおり、地方自治法第112条及び白山市議会会議規則第14条第2項の規定により提出する。

  平成27年12月18日提出

   白山市議会議長  西川寿夫様

                           白山市議会議会運営委員会

                            委員長 藤田政樹

          白山市議会基本条例の一部を改正する条例

 白山市議会基本条例(平成22年白山市条例第28号)の一部を次のように改正する。

 目次中「第5章 議員間の自由討議(第13条・第14条)」を

「第5章 議会の議決事件(第13条)

 第6章 議員間の自由討議(第14条・第15条)」に、

「第6章」を「第7章」に、「第15条」を「第16条」に、「第7章」を「第8章」に、「第16条」を「第17条」に、

「第8章 議会及び議会事務局の体制整備(第17条−第23条)」を

「第9章 議会の災害対応(第18条−第20条)

 第10章 議会及び議会事務局の体制整備(第21条−第27条)」に、

「第9章」を「第11章」に、「第24条−第26条」を「第28条−第30条」に、「第10章」を「第12章」に、「第27条」を「第31条」に、「第11章」を「第13章」に、「第28条」を「第32条」に改める。

 第28条を第32条とする。

 第11章を第13章とする。

 第10章中第27条を第31条とし、同章を第12章とする。

 第9章中第26条を第30条とし、第25条を第29条とし、第24条を第28条とし、同章を第11章とする。

 第8章中第23条を第27条とし、第17条から第22条までを4条ずつ繰り下げ、同章を第10章とする。

 第7章中第16条を第17条とし、同章を第8章とする。

 第8章の次に次の1章を加える。

   第9章 議会の災害対応

 (災害時の体制の整備)

第18条 議会は、大規模災害等の緊急の事態から市民の生命、身体及び財産を保護し、並びに市民生活の平穏を確保するため、総合的かつ機動的な活動が図られるよう、市長等と協力し、大規模災害等の発生時における議会としての体制の整備を図るものとする。

 (災害時の議会の役割)

第19条 議長は、大規模災害等の緊急の事態が発生したときは、必要に応じて、議員による協議、調整等を行うための会議を開催するものとする。

2 議会は、大規模災害等の緊急の事態が発生したときは、状況を調査し、市民の意見、要望等を的確に把握するとともに、必要に応じて、市長等に対し、提言、提案、要望等を行うものとする。

 (災害時の議員の役割)

第20条 議員は、大規模災害等の緊急の事態が発生したときは、議長に自らの安否及び所在を明らかにするため、連絡するものとする。

2 議員は、大規模災害等の緊急の事態が発生したときは、地域における被災者の安全の確保、避難所への誘導又は避難所に対する支援を行うなど、地域の一員として共助の取組が円滑に行われるよう努めるものとする。

3 議員は、大規模災害等の緊急の事態が発生したときは、地域における被災状況、被災者の要望等の情報収集に努め、必要に応じて、議長に報告するものとする。

 第6章中第15条を第16条とし、同章を第7章とする。

 第5章中第14条を第15条とし、第13条を第14条とし、同章を第6章とする。

 第4章の次に次の1章を加える。

   第5章 議会の議決事件

 (議決事件の拡大等)

第13条 地方自治法(昭和22年法律第67号)第96条第2項の規定に基づく議会の議決すべき事件は、白山市自治基本条例(平成23年白山市条例第2号)第11条に規定する総合計画のうち基本構想の策定、変更又は廃止(以下「策定等」という。)とする。

2 議会は、市長等が各行政分野における基本的な計画の策定等をするために計画の概要を公表し、広く市民等から意見等を募集するときは、あらかじめ市長等に当該計画の策定等を行う理由及び概要の説明を求めるものとする。

   附則

 この条例は、公布の日から施行する。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議会議案第10号

   マイナンバー制度の円滑な運営に係る財源確保等自治体の負担軽減を求める意見書

 上記の議案を別紙のとおり、白山市議会会議規則第14条第1項の規定により提出する。

  平成27年12月18日提出

   白山市議会議長  西川寿夫様

       提出者  白山市議会議員  清水芳文

       賛成者  白山市議会議員  北嶋章光   村本一則   岡本克行

                     前多喜良   藤田政樹

  マイナンバー制度の円滑な運営に係る財源確保等自治体の負担軽減を求める意見書

 マイナンバー(社会保障・税番号)制度の導入に伴い、市町村には通知カード・個人番号カードの交付について対応するよう求められている。直接のカード交付経費である地方公共団体情報システム機構への交付金については、平成27年度は国庫補助(個人番号カード交付事業費補助金・補助率10/10)が措置される一方、市町村のカード交付事務に係る経費については、個人番号カード事務費補助金が措置される。しかし、これは、国が平成27年度に予算化した40億円を、市町村の人口比で案分した額によって交付申請を行うこととされ、本来全額が国庫負担であるべきところ、非常に低い補助上限額となっており、おのずと市町村は財源負担を強いられることとなっている。

 また、平成28年度以降についても、個人番号カードは相当数の交付が見込まれるが、現時点では、これらに対して十分な補助金額が確保されるのか明確ではない。

 よって、国におかれては、自治体負担の軽減のために下記の事項について実現されるよう要望する。

                 記

1 平成28年度以降についても、地方公共団体情報システム機構に支払う交付金全額を国の負担とし、十分な予算措置をすること。

2 同様に、円滑な個人番号カード交付事務を行うため、事務処理に必要な人員の確保やシステム整備経費など、全額を国の負担とし十分な予算措置を行うこと。

3 地方自治体の予算編成等に支障が出ないよう、補助金交付やシステム改修フローなど、円滑な制度導入準備のために必須の情報を適時適切に提供すること。

4 マイナンバー制度のスムーズな導入に向けて、地方自治体職員や地域の事業者に対する研修用ガイドブックの作成、研修会の開催など十分な支援を実施すること。

5 配達できなかった簡易書留郵便(マイナンバー通知)の受取人の所在調査に要する経費の負担軽減を図ること。

6 マイナンバー制度導入時の混乱に乗じた詐欺の防止や個人番号カードの円滑な交付の推進のための周知広報に対する支援を実施すること。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

  平成27年12月18日

                          白山市議会議長  西川寿夫

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議会議案第11号

   ブラッドパッチ療法の保険適用及び脳脊髄液減少症の治療推進を求める意見書

 上記の議案を別紙のとおり、白山市議会会議規則第14条第1項の規定により提出する。

  平成27年12月18日提出

   白山市議会議長  西川寿夫様

       提出者  白山市議会議員  宮中郁恵

       賛成者  白山市議会議員  北嶋章光   村本一則   岡本克行

                     前多喜良   藤田政樹

    ブラッドパッチ療法の保険適用及び脳脊髄液減少症の治療推進を求める意見書

 脳脊髄液減少症は、交通事故、スポーツ外傷等、身体への強い衝撃により、脳脊髄液が漏れ、頭痛、目まい、吐き気、倦怠感等のさまざまな症状が発症する病気である。その症状は、外見的には見えないため、医療現場や交通事故時の保険関係者の無理解に、患者及び家族は肉体的、精神的な苦痛を味わってきた。

 国は、平成19年に厚生労働省研究班を立ち上げ、平成23年には脳脊髄液減少症の一部である「脳脊髄液漏出症」の診断基準が定められた。また、平成24年にはブラッドパッチ療法が「先進医療」として承認され、平成26年1月に行われた先進医療会議においては、ブラッドパッチ療法の有効率は82%(527件中432例が有効)と報告されたところである。さらに、「外傷を機に発生する、脳脊髄液の漏れ」の診断基準の研究がなされており、ブラッドパッチ療法の保険適用が切に望まれる。

 よって、国におかれては、下記の事項について早期に実現されるよう強く要望する。

                 記

1 脳脊髄液減少症の治療法であるブラッドパッチ療法(硬膜外自家血注入療法)を保険適用とすること。

2 厚生労働省の研究事業において、18歳未満の症例を加えること。

3 脳脊髄液減少症の早期発見・早期治療のため、医療関係機関への情報提供を徹底すること。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

  平成27年12月18日

                          白山市議会議長  西川寿夫

議決一覧表



議決番号
事件の番号
件名
議決月日
議決結果
備考


第1号
議案第110号
平成27年度白山市一般会計補正予算(第3号)
12月18日
原案可決
賛成全員


第2号
議案第111号
平成27年度白山市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)





第3号
議案第112号
平成27年度白山市介護保険特別会計補正予算(第2号)





第4号
議案第113号
白山市行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する条例について


賛成多数


第5号
議案第114号
白山市税条例等の一部を改正する条例について





第6号
議案第115号
白山市国民健康保険税条例の一部を改正する条例について





第7号
議案第116号
白山市公民館条例の一部を改正する条例について


賛成全員


第8号
議案第117号
白山市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正する条例について





第9号
議案第118号
白山市介護保険条例の一部を改正する条例について


賛成多数


第10号
議案第119号
町の名称の変更について

可決
賛成全員


第11号
議案第120号
コミュニティ施設等の指定管理者の指定について





第12号
議案第121号
文化会館等の指定管理者の指定について





第13号
議案第122号
体育施設等の指定管理者の指定について





第14号
議案第123号
児童館の指定管理者の指定について





第15号
議案第124号
老人福祉センター等の指定管理者の指定について





第16号
議案第125号
健康増進センターの指定管理者の指定について





第17号
議案第126号
福祉ステーションの指定管理者の指定について





第18号
議案第127号
営農飲雑用水施設の指定管理者の指定について





第19号
議案第128号
農村集落センターの指定管理者の指定について





第20号
議案第129号
農林水産加工販売施設の指定管理者の指定について





第21号
議案第130号
農業有機物供給センターの指定管理者の指定について





第22号
議案第131号
商工施設の指定管理者の指定について





第23号
議案第132号
勤労者体育施設の指定管理者の指定について





第24号
議案第133号
交流研修施設の指定管理者の指定について





第25号
議案第134号
市民工房等の指定管理者の指定について





第26号
議案第135号
「湊小学校大規模改造・地震補強他工事(建築工事)請負契約について」の議決の一部変更について





第27号
議案第136号
財産の譲渡について





第28号
議会議案第9号
白山市議会基本条例の一部を改正する条例について

原案可決



第29号
議会議案第10号
マイナンバー制度の円滑な運営に係る財源確保等自治体の負担軽減を求める意見書


賛成多数


第30号
議会議案第11号
ブラッドパッチ療法の保険適用及び脳脊髄液減少症の治療推進を求める意見書


賛成全員