議事ロックス -地方議会議事録検索-


石川県 白山市

平成27年  5月会議 06月23日−04号




平成27年  5月会議 − 06月23日−04号









平成27年  5月会議



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

       平成27年白山市議会5月会議会議録第4号

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          平成27年6月23日(火曜日)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(20人)

   2番  山口俊哉君      3番  安実隆直君

   4番  吉本史宏君      5番  永井徹史君

   6番  石地宜一君      7番  小川義昭君

   8番  安田竹司君      9番  北嶋章光君

  10番  宮中郁恵君     11番  村本一則君

  12番  宮岸美苗君     13番  岡本克行君

  14番  寺越和洋君     15番  吉田郁夫君

  16番  竹田伸弘君     17番  清水芳文君

  18番  前多喜良君     19番  藤田政樹君

  20番  西川寿夫君     21番  中西恵造君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

欠員 1番

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

説明のため議場に出席した者の職氏名



市長
山田憲昭君
 
副市長
井田正一君


総務部長
西川英智君
 
企画振興部長
橋本 正君


健康福祉部長兼
福祉事務所長
竹内正隆君
 
市民生活部長
竹内 茂君


産業部長
川北誠喜君
 
観光文化部長
山口 隆君


建設部長
高田 隆君
 
市参事兼白山ろく
産業土木課長
池田昌俊君


上下水道部長
長谷川 茂君
 
会計管理者兼
会計課長
松田辰夫君


美川支所長
竹内 毅君
 
鶴来支所長
広野晴城君


総務部次長兼
財政課長
山本一彦君
 
河内市民サービス
センター所長
水上幸次君


尾口市民サービス
センター所長
山下俊之君
 
白峰市民サービス
センター所長
小田孝二君


監査委員
事務局長
高田秀子君
 
教育長
松井 毅君


教育部長
松本一之君
 
 
 





−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

職務のため議場に出席した事務局職員の職氏名

 事務局長     中村直人君   議事調査課長   佐々木 満君

 議事調査係長   増田智恵子君  主査       西川喜朗君

 手話通訳士    門倉美樹子君  手話通訳士    堀口佳子君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

            議事日程(第4号)

                        平成27年6月23日(火曜日)

                        午後3時 開議

  日程第1 諸般の報告

  日程第2 議案第67号ないし議案第73号

       (委員長報告、質疑、討論、表決)

  日程第3 諮問第1号

       (説明、即決)

  日程第4 議会議案第4号

       (説明、即決)

  日程第5 議会議案第5号

       (説明、即決)

  日程第6 議員派遣の件

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

            本日の会議に付した事件

  議事日程(第4号)のとおり

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          午後3時0分開議



○議長(西川寿夫君) これより本日の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 諸般の報告



○議長(西川寿夫君) 日程第1諸般の報告を行います。

 平成27年6月11日付にて、総務企画常任委員会委員長、文教福祉常任委員会委員長及び産業建設常任委員会委員長から、6月15日付にて予算常任委員会委員長から付託事件の審査結果報告書の提出がありました。

 6月23日付にて、市長から議案の提出がありました。

 6月23日付にて、市議会議員宮中郁恵君、山口俊哉君から議案の提出がありました。

 以上をもって、諸般の報告を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 議案第67号ないし議案第73号(委員長報告、質疑、討論、表決)



○議長(西川寿夫君) 日程第2議案第67号ないし議案第73号を一括して議題といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△委員長報告



○議長(西川寿夫君) 各案に関し、委員会の報告を求めます。

 総務企画常任委員会委員長、石地宜一君。

     〔総務企画常任委員会委員長(石地宜一君)登壇〕



◆総務企画常任委員会委員長(石地宜一君) 総務企画常任委員会における審査の経過及び結果について御報告申し上げます。

 当委員会に付託になりました案件は、議案第70号白山市無線LAN設置に関する条例を廃止する条例についてを初めとする条例案1件及び事件処分案2件の合計3件であります。

 これらの案件につきましては、6月11日に説明員から詳細に説明を徴し、各般にわたり質疑がなされ、慎重に審査し、採決いたしました結果、いずれの議案についても全会一致をもって原案どおり可決すべきものとして、本会議に移すことに決した次第であります。

 以上で総務企画常任委員会の委員長報告を終わります。



○議長(西川寿夫君) 総務企画常任委員会委員長の報告は終わりました。

 次に、文教福祉常任委員会委員長、永井徹史君。

     〔文教福祉常任委員会委員長(永井徹史君)登壇〕



◆文教福祉常任委員会委員長(永井徹史君) 文教福祉常任委員会における審査の経過及び結果について御報告申し上げます。

 当委員会に付託になりました案件は、議案第68号白山市体育施設及び有料公園施設条例の一部を改正する条例についてを初めとする条例案2件であります。

 これらの案件につきましては、6月11日に説明員から詳細に説明を徴し、慎重に審査し、採決いたしました結果、いずれの議案も全会一致をもって原案どおり可決すべきものとして、本会議に移すことに決した次第であります。

 以上で文教福祉常任委員会の委員長報告を終わります。



○議長(西川寿夫君) 文教福祉常任委員会委員長の報告は終わりました。

 次に、産業建設常任委員会委員長、宮中郁恵君。

     〔産業建設常任委員会委員長(宮中郁恵君)登壇〕



◆産業建設常任委員会委員長(宮中郁恵君) 産業建設常任委員会における審査の経過及び結果について御報告申し上げます。

 当委員会に付託になりました案件は、議案第73号「北陸本線五歩市踏切の改良工事委託に関する協定について」の議決の一部変更についての1件であります。

 この案件につきましては、説明員から詳細に説明を徴し、慎重に審査し、採決いたしました結果、全会一致をもって可決すべきものとして、本会議に移すことに決した次第であります。

 以上で産業建設常任委員会の委員長報告を終わります。



○議長(西川寿夫君) 産業建設常任委員会委員長の報告は終わりました。

 次に、予算常任委員会委員長、寺越和洋君。

     〔予算常任委員会委員長(寺越和洋君)登壇〕



◆予算常任委員会委員長(寺越和洋君) 予算常任委員会における審査の経過及び結果について御報告申し上げます。

 当委員会に付託になりました案件は、議案第67号平成27年度白山市一般会計補正予算(第1号)の1件であります。

 この案件につきましては、6月15日に説明員から詳細に説明を徴し、各般にわたり質疑がなされ、慎重に審査し、採決いたしました結果、全会一致をもって原案どおり可決すべきものとして、本会議に移すことに決した次第であります。

 以上で予算常任委員会の委員長報告を終わります。



○議長(西川寿夫君) 予算常任委員会委員長の報告は終わりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△質疑



○議長(西川寿夫君) これより委員長報告に対する質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(西川寿夫君) 質疑なしと認め、委員長報告に対する質疑を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△討論



○議長(西川寿夫君) これより討論に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(西川寿夫君) 討論なしと認め、討論を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△表決



○議長(西川寿夫君) これより表決に入ります。

 議案第67号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(西川寿夫君) 御異議なしと認めます。よって、本案は委員長の報告のとおり可決されました。

 議案第68号ないし議案第70号を一括して採決いたします。

 各案に対する委員長の報告は可決であります。各案は委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(西川寿夫君) 御異議なしと認めます。よって、各案は委員長の報告のとおり可決されました。

 議案第71号ないし議案第73号を一括して採決いたします。

 各案に対する委員長の報告は可決であります。各案は委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(西川寿夫君) 御異議なしと認めます。よって、各案は委員長の報告のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 諮問第1号(説明、即決)



○議長(西川寿夫君) 日程第3諮問第1号を議題といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△提案理由の説明



○議長(西川寿夫君) 市長から提案理由の説明を求めます。

 市長、山田憲昭君。

     〔市長(山田憲昭君)登壇〕



◎市長(山田憲昭君) ただいま、全国市議会議長会表彰並びに北信越市議会議長会表彰を受賞されました4名の議員各位に心よりお祝いを申し上げます。

 今後とも御健勝でさらなる御活躍をいただきますよう御期待を申し上げます。

 それでは、ただいま追加上程されました諮問第1号の人権擁護委員候補者の推薦につきまして御説明を申し上げます。

 このたびの推薦につきましては、現委員の山口正雄さんが9月30日に任期満了となることから、再度、山口さんを候補者として推薦いたしたく、人権擁護委員法の定めにより議会の意見を求めるものであります。

 山口さんは、人格が高潔で、社会の実情に精通する卓越した識見を有しており、人権擁護委員候補者として最適任であります。

 よろしく御決議を賜りますようお願いを申し上げます。



○議長(西川寿夫君) 提案理由の説明は終わりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△表決



○議長(西川寿夫君) お諮りいたします。諮問第1号は人事に関する案件につき、この際、即決いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(西川寿夫君) 御異議なしと認めます。よって、諮問第1号は即決することに決しました。

 諮問第1号を採決いたします。

 本件は諮問のとおり答申することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(西川寿夫君) 起立全員であります。よって、本件は諮問のとおり答申することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第4 議会議案第4号(説明、即決)



○議長(西川寿夫君) 日程第4議会議案第4号認知症への取り組みの充実強化に関する意見書を議題といたします。

 提案理由の説明を提出者である宮中郁恵君から求めます。

 10番、宮中郁恵君。

     〔10番(宮中郁恵君)登壇〕



◆10番(宮中郁恵君) 議会議案第4号について提案理由の説明を申し上げます。

 認知症は、世界規模で取り組むべき課題であり、WHO認知症閣僚級会議では、各国が認知症対策への政策的優先度をより高位に位置づけるべきとの考えが確認されました。

 世界最速で高齢化が進む我が国では、2025年には、認知症高齢者数は約700万人にも達すると推計されており、日本の認知症への取り組みが注目されています。

 政府は本年1月、認知症対策を国家的課題として位置づけ、認知症施策推進総合戦略を策定し、認知症高齢者が、住みなれた地域のよい環境で、自分らしく暮らし続けることができる社会を目指すこととしました。

 しかし、今後の認知症高齢者の増加等を考えれば、認知症への理解の一層の促進、当事者や家族の生活を支える体制の整備など、総合的な取り組みが求められるところであります。

 よって、国におかれては、学校教育などにより認知症への理解を一層促進するとともに、認知症の予防や治療法の確立などを初めとする各種施策において、適切な措置を講じられることを強く求めていきたく、本案を提案した次第であります。

 どうか議員各位には、適切な御決定をいただきますようお願いを申し上げ、提案理由の説明といたします。



○議長(西川寿夫君) 提案理由の説明は終わりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△表決



○議長(西川寿夫君) お諮りいたします。議会議案第4号については事理明白につき、この際、即決いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(西川寿夫君) 御異議なしと認めます。よって、議会議案第4号は即決することに決しました。

 議会議案第4号を採決いたします。

 本案は可決することに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(西川寿夫君) 御異議なしと認めます。よって、議会議案第4号は可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第5 議会議案第5号(説明、即決)



○議長(西川寿夫君) 日程第5議会議案第5号教育予算の拡充を求める意見書を議題といたします。

 提案理由の説明を提出者である山口俊哉君から求めます。

 2番、山口俊哉君。

     〔2番(山口俊哉君)登壇〕



◆2番(山口俊哉君) 議会議案第5号について提案理由の説明を申し上げます。

 OECDの調査によると、日本のGDP比に占める教育機関への公財政支出割合は、データのある約30カ国中、最下位です。また、1学級当たりの平均児童・生徒数は、OECD諸国に比べ多い状況です。

 一人一人の子供に丁寧な対応を行うためには、1学級当たりの人数を少なくすることを初め、計画的な教職員定数の改善が必要であります。

 既に本市を初め、幾つかの自治体においては、独自財源による少人数学級が行われています。このことは、少人数学級の必要性を認識していることのあらわれであり、国の施策として少人数学級のための財源保障をすべきであります。

 義務教育費国庫負担制度は、義務教育を円滑に推進するための基盤であり、教育の機会均等のために必要不可欠な制度であります。

 よって、国におかれては、平成28年度政府の概算要求実現に向けて、義務教育費国庫負担制度の拡充を図るほか、必要な予算措置を行うよう強く求めていきたく、本案を提出した次第であります。

 どうか議員各位には、適切な御決定をいただきますようお願い申し上げ、提案理由の説明といたします。



○議長(西川寿夫君) 提案理由の説明は終わりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△表決



○議長(西川寿夫君) お諮りいたします。議会議案第5号については事理明白につき、この際、即決いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(西川寿夫君) 御異議なしと認めます。よって、議会議案第5号は即決することに決しました。

 議会議案第5号を採決いたします。

 本案は可決することに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(西川寿夫君) 御異議なしと認めます。よって、議会議案第5号は可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第6 議員派遣の件



○議長(西川寿夫君) 日程第6議員派遣の件を議題といたします。

 お諮りいたします。議員派遣の件については、お手元に配付のとおり、地方自治法第100条第13項及び会議規則第167条の規定により、派遣することに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(西川寿夫君) 御異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり議員を派遣することに決しました。

 なお、派遣の内容等に変更が生じた場合の取り扱いについては、議長一任ということで御了承をお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(西川寿夫君) 以上をもって、今5月会議の議事全部を終了いたしました。

 次に、休会の件についてお諮りいたします。

 明日24日から7月5日までの12日間は、本会議を休会といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(西川寿夫君) 御異議なしと認めます。よって、以上のとおり休会とすることに決しました。

 次の本会議は、7月6日午前11時から開きます。

 本日はこれにて散会いたします。



◎議会事務局長(中村直人君) 御起立願います。礼。

          午後3時20分散会

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

(参照)

                             議委第21号

                             平成27年6月11日

 白山市議会議長 西川寿夫様

                           総務企画常任委員会

                           委員長 石地宜一

               委員会審査報告

 本委員会に付託の事件は審査の結果、次のとおり決定したから会議規則第110条の規定により報告します。

                記



事件の番号
件名
審査結果
理由


議案第70号
白山市無線LAN設置に関する条例を廃止する条例について
原案可決
妥当と認める


議案第71号
財産の取得について
可決



議案第72号
財産の取得について







−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                             議委第22号

                             平成27年6月11日

 白山市議会議長 西川寿夫様

                            文教福祉常任委員会

                            委員長 永井徹史

               委員会審査報告

 本委員会に付託の事件は審査の結果、次のとおり決定したから会議規則第110条の規定により報告します。

                記



事件の番号
件名
審査結果
理由


議案第68号
白山市体育施設及び有料公園施設条例の一部を改正する条例について
原案可決
妥当と認める


議案第69号
白山市子ども・子育て会議条例の一部を改正する条例について







−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                             議委第23号

                             平成27年6月11日

 白山市議会議長 西川寿夫様

                           産業建設常任委員会

                           委員長 宮中郁恵

               委員会審査報告

 本委員会に付託の事件は審査の結果、次のとおり決定したから会議規則第110条の規定により報告します。

                記



事件の番号
件名
審査結果
理由


議案第73号
「北陸本線五歩市踏切の改良工事委託に関する協定について」の議決の一部変更について
可決
妥当と認める





−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                             議委第24号

                             平成27年6月15日

 白山市議会議長 西川寿夫様

                            予算常任委員会

                            委員長 寺越和洋

               委員会審査報告

 本委員会に付託の事件は審査の結果、次のとおり決定したから会議規則第110条の規定により報告します。

                記



事件の番号
件名
審査結果
理由


議案第67号
平成27年度白山市一般会計補正予算(第1号)
原案可決
妥当と認める





−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議会議案第4号

   認知症への取り組みの充実強化に関する意見書

 上記の議案を別紙のとおり、白山市議会会議規則第14条第1項の規定により提出する。

  平成27年6月23日提出

   白山市議会議長  西川寿夫様

       提出者  白山市議会議員  宮中郁恵

       賛成者  白山市議会議員  北嶋章光  村本一則  岡本克行

                     前多喜良  藤田政樹

     認知症への取り組みの充実強化に関する意見書

 今日、認知症は世界規模で取り組むべき課題であり、本年開催されたWHO認知症閣僚級会議では、各国が認知症対策への政策的優先度をより高位に位置づけるべきとの考えが確認された。

 世界最速で高齢化が進む我が国では、団塊の世代が75歳以上となる2025年には、認知症高齢者数は約700万人にも達すると推計されており、日本の認知症への取り組みが注目されている。

 政府は本年1月、認知症対策を国家的課題として位置づけ、認知症施策推進総合戦略いわゆる新オレンジプランを策定し、認知症高齢者が、住みなれた地域のよい環境で、自分らしく暮らし続けることができる社会、「認知症高齢者等にやさしい地域づくり」を目指すこととした。

 しかし、今後の認知症高齢者の増加等を考えれば、認知症への理解の一層の促進、当事者や家族の生活を支える体制の整備、予防・治療法の確立など、総合的な取り組みが求められるところである。

 よって、国におかれては、下記の事項について適切な措置を講じられるよう強く要望する。

                記

1 認知症の方々の尊厳、意思、プライバシー等が尊重される社会の構築を目指し、学校教育などにより認知症への理解を一層促進するとともに、認知症の予防・治療法確立、ケアやサービスなど認知症に対する総合的な施策について、具体的な計画を策定することを定めた「認知症の人と家族を支えるための基本法(仮称)」を早期に制定すること。

2 認知症に見られる不安、抑鬱、妄想など心理行動症状の発症・悪化を防ぐため、訪問型の医療や看護サービスなどの普及促進を、地域包括ケアシステムの中に適切に組み入れること。

3 自治体などの取り組みについて家族介護、老老介護、独居認知症高齢者など、より配慮を要する方々へのサービスの好事例(サロン設置、買物弱者への支援等)を広く周知すること。

4 認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)の効果を見きわめるため、当事者や介護者の視点を入れた点検・評価を適切に行い、その結果を施策に反映させること。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

  平成27年6月23日

                         白山市議会議長  西川寿夫

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議会議案第5号

   教育予算の拡充を求める意見書

 上記の議案を別紙のとおり、白山市議会会議規則第14条第1項の規定により提出する。

  平成27年6月23日提出

   白山市議会議長  西川寿夫様

       提出者  白山市議会議員  山口俊哉

       賛成者  白山市議会議員  北嶋章光  村本一則  岡本克行

                     前多喜良  藤田政樹

     教育予算の拡充を求める意見書

 OECDの調査(平成26年発表)によると、日本のGDP比に占める教育機関への公財政支出割合は3.6%(OECD平均:5.3%)と、データのある約30カ国中最下位(5年連続)である。また、1学級当たりの平均児童生徒数は、小学校:27.7人、中学校:32.6人とOECD諸国(小:21.3人、中:23.6人)に比べ多い状況である。

 社会状況等の変化により、学校では、いじめ・不登校などさまざまな課題に対するきめ細かな対応が必要となっている。一人一人の子供に丁寧な対応を行うためには、1学級当たりの人数を少なくすることを初め、計画的な教職員定数の改善が必要である。

 既に本市を初め、幾つかの自治体においては、厳しい財政状況の中、独自財源による少人数学級が行われている。このことは、少人数学級の必要性を認識していることのあらわれである。また、文部科学省が実施した調査(平成22年)でも、約6割が「小中高校の望ましい学級規模」として、26人〜30人を挙げている。国の施策として少人数学級のための財源保障をすべきである。

 義務教育費国庫負担制度は、義務教育を円滑に推進するための基盤である。それは、国が義務的に支出する経費であり、地方分権の推進を阻害するものではない。教育の機会均等のために必要不可欠な制度である。

 よって、国におかれては、平成28年度政府の概算要求実現に向けて、下記の事項について努力されるよう強く要望する。

                記

1 豊かな教育環境を整備するため、35人以下学級を完結すること。

2 教育の機会均等と水準の維持向上を図るため、義務教育費国庫負担制度の拡充を図ること。

3 校舎の耐震化、教材備品・修繕費等、学校教育環境の整備充実に必要な予算措置を行うこと。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

  平成27年6月23日

                         白山市議会議長  西川寿夫

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

            議員派遣の件

                             平成27年6月23日

 地方自治法第100条第13項及び会議規則第167条の規定により、次のとおり議員を派遣する。

                記

1 近畿市町村広報紙セミナー

 (1)派遣目的 市議会の広報・広聴機能の充実を図る。

 (2)派遣場所 大阪府大阪市

 (3)派遣期間 平成27年7月13日から同月14日まで(2日間)

 (4)派遣議員 北嶋章光

議決一覧表



議決番号
事件の番号
件名
議決月日
議決結果
備考


第1号
議案第67号
平成27年度白山市一般会計補正予算(第1号)
6月23日
原案可決
賛成全員


第2号
議案第68号
白山市体育施設及び有料公園施設条例の一部を改正する条例について





第3号
議案第69号
白山市子ども・子育て会議条例の一部を改正する条例について





第4号
議案第70号
白山市無線LAN設置に関する条例を廃止する条例について





第5号
議案第71号
財産の取得について

可決



第6号
議案第72号
財産の取得について





第7号
議案第73号
「北陸本線五歩市踏切の改良工事委託に関する協定について」の議決の一部変更について





第8号
諮問第1号
人権擁護委員候補者の推薦について

答申



第9号
議会議案第4号
認知症への取り組みの充実強化に関する意見書

原案可決



第10号
議会議案第5号
教育予算の拡充を求める意見書





第11号
 
議員派遣の件





 
報告第1号
専決処分(白山市税条例等の一部を改正する条例について)の報告について
 
 
 


 
報告第2号
専決処分(白山市国民健康保険税条例等の一部を改正する条例について)の報告について
 
 
 


 
報告第3号
専決処分(白山市国民健康保険条例の一部を改正する条例について)の報告について
 
 
 


 
報告第4号
専決処分(平成26年度白山市一般会計補正予算(第7号))の報告について
 
 
 


 
報告第5号
専決処分(平成26年度白山市国民健康保険特別会計補正予算(第3号))の報告について
 
 
 


 
報告第6号
専決処分(平成26年度白山市介護保険特別会計補正予算(第5号))の報告について
 
 
 


 
報告第7号
専決処分(平成26年度白山市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号))の報告について
 
 
 


 
報告第8号
専決処分(平成26年度白山市墓地公苑特別会計補正予算(第2号))の報告について
 
 
 


 
報告第9号
専決処分(平成26年度白山市工業団地造成事業特別会計補正予算(第1号))の報告について
 
 
 


 
報告第10号
平成26年度白山市一般会計繰越明許費繰越計算書について
 
 
 


 
報告第11号
平成26年度白山市介護保険特別会計繰越明許費繰越計算書について
 
 
 


 
報告第12号
平成26年度白山市水道事業会計予算繰越計算書について
 
 
 


 
報告第13号
平成26年度白山市下水道事業会計予算繰越計算書について
 
 
 


 
報告第14号
白山市土地開発公社の経営状況の報告について
 
 
 





−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。

       議長    西川寿夫

       副議長   小川義昭

       議員    永井徹史

       議員    石地宜一