議事ロックス -地方議会議事録検索-


石川県 白山市

平成26年 12月会議 参照(4号)




平成26年 12月会議 − 参照(4号)









(参照)

     平成26年白山市議会定例会12月会議追加提出事件一覧表

事件の番号        件名

議案第133号 副市長の選任について

諮問第3号 人権擁護委員候補者の推薦について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                            議委第64号

                            平成26年12月19日

 白山市議会議長 寺越和洋様

                              総務企画常任委員会

                              委員長 永井徹史

               委員会審査報告

 本委員会に付託の事件は審査の結果、次のとおり決定したから会議規則第110条の規定により報告します。

                    記



事件の番号
件名
審査結果
理由


議案第121号
白山市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について
原案可決
妥当と認める



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                            議委第65号

                            平成26年12月19日

 白山市議会議長 寺越和洋様

                              文教福祉常任委員会

                              委員長 小川義昭

               委員会審査報告

 本委員会に付託の事件は審査の結果、次のとおり決定したから会議規則第110条の規定により報告します。

                    記



事件の番号
件名
審査結果
理由


議案第122号
白山市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例について
原案可決
妥当と認める

議案第123号
白山市児童館条例の一部を改正する条例について
原案可決
妥当と認める


議案第124号
白山市国民健康保険条例の一部を改正する条例について




議案第125号
白山市老人憩の家条例を廃止する条例について




議案第127号
「明光小学校建設工事(建築工事)請負契約について」の議決の一部変更について
可決



議案第128号
「明光小学校建設工事(電気設備工事)請負契約について」の議決の一部変更について




議案第129号
「明光小学校建設工事(空調設備工事)請負契約について」の議決の一部変更について





−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                            議委第66号

                            平成26年12月19日

 白山市議会議長 寺越和洋様

                              産業建設常任委員会

                              委員長 石地宜一

               委員会審査報告

 本委員会に付託の事件は審査の結果、次のとおり決定したから会議規則第110条の規定により報告します。

                    記



事件の番号
件名
審査結果
理由


議案第126号
市道路線の認定について
可決
妥当と認める


議案第130号
「(都)松任金剣通り線道路築造工事1工区請負契約について」の議決の一部変更について




議案第131号
「(都)松任金剣通り線道路築造工事2工区請負契約について」の議決の一部変更について




議案第132号
「白山市松任中央浄化センター機械濃縮施設の建設工事委託に関する協定について」の議決の一部変更について





−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議会議案第11号

   白山市議会委員会条例の一部を改正する条例について

 上記の議案を別紙のとおり、地方自治法第112条及び白山市議会会議規則第14条第2項の規定により提出する。

  平成26年12月22日提出

   白山市議会議長 寺越和洋様

                           白山市議会議会運営委員会

                            委員長 前多喜良

          白山市議会委員会条例の一部を改正する条例

 白山市議会委員会条例(平成17年白山市条例第221号)の一部を次のように改正する。

 第2条の見出しを「(常任委員会の名称、委員定数及びその所管)」に改め、同条中第1項を削り、第2項を第1項とし、同項に次の3号を加える。

 (4)予算常任委員会 20人(議長を除く。)

    予算に関する事項

 (5)決算常任委員会 20人(議長を除く。)

    決算に関する事項

 (6)広報広聴委員会  6人

   ア 議会だより発行に関する事項

   イ 議会報告会に関する事項

   ウ 議会広報・広聴活動に関する事項

 第2条に次の1項を加える。

2 議員は、前項第1号から第3号までに掲げる常任委員会のいずれかの常任委員となるものとする。

   附則

 この条例は、平成27年3月1日から施行する。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議会議案第12号

   軽度外傷性脳損傷にかかわる周知及び労災認定基準の改正などを要請する意見書

 上記の議案を別紙のとおり、白山市議会会議規則第14条第2項の規定により提出する。

  平成26年12月22日提出

   白山市議会議長 寺越和洋様

                         白山市議会文教福祉常任委員会

                            委員長 小川義昭

   軽度外傷性脳損傷にかかわる周知及び労災認定基準の改正などを要請する意見書

 軽度外傷性脳損傷は、交通事故や高所からの転落、転倒、スポーツ外傷などにより、頭部に衝撃を受け、脳内の情報伝達を担う「軸索」と呼ばれる神経線維が断裂するなどして発症する病気である。

 主な症状は、高次脳機能障害による記憶力・理解力・注意力の低下を初め、てんかんなどの意識障害、半身麻痺、視野が狭くなる、におい・味がわからなくなるなどの多発性脳神経麻痺、尿失禁など複雑かつ多様である。

 この病態は、世界保健機関(WHO)において定義づけがなされており、他覚的・体系的な神経学的検査及び神経各科の裏づけ検査を実施すれば、外傷性脳損傷と診断することができると報告されている。

 しかしながら、この軽度外傷性脳損傷は、日本の医療において知られておらず、また、MRIなどの画像検査では異常が見つかりにくいため、労災や自賠責保険の補償対象にならないケースが多く、働けない場合には経済的に追い込まれるケースもあるのが現状である。

 さらに、本人や家族、周囲の人たちもこの病態を知らないために誤解が生じ、職場や学校において理解されずに、悩み、苦しんでいるケースが多々ある。

 以上のことから、医療機関を初め、国民・教育機関への啓発・周知が重要と考える。

よって、国におかれては、現状を踏まえて下記の事項について適切な措置を講じるよう強く要望する。

                    記

1 業務上の災害または通勤災害により軽度外傷性脳損傷となり、後遺障害が残存した労働者を、労災の障害(補償)年金が受給できるよう、労災認定基準を改正すること。

2 労災認定基準の改正に当たっては、他覚的・体系的な神経学的検査法など、画像に代わる外傷性脳損傷の判定方法を導入すること。

3 軽度外傷性脳損傷について、医療機関を初め国民、教育機関への啓発・周知を図ること。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

  平成26年12月22日

                           白山市議会議長 寺越和洋

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議会議案第13号

   「女性が輝く社会」の実現に関する意見書

 上記の議案を別紙のとおり、白山市議会会議規則第14条第1項の規定により提出する。

  平成26年12月22日提出

   白山市議会議長  寺越和洋様

       提出者  白山市議会議員  宮中郁恵

       賛成者  白山市議会議員  小川義昭   村本一則   竹田伸弘

                     前多喜良   藤田政樹

          「女性が輝く社会」の実現に関する意見書

 政府は、女性の活躍を成長戦略の柱の一つと定め、「2020年に指導的地位に占める女性の割合30%」との目標を掲げ、「女性活躍担当相」を新設した。

 また、臨時国会には「女性の活躍推進法案」を提出し、その取り組みの推進を「国や地方自治体の責務」と位置づけ、仕事と家庭の両立を図る環境整備などに向けた基本方針を国が策定するとした。その上で、国や地方自治体に加え従業員が300人を超える企業・団体に対し、女性管理職の割合や女性の採用比率、女性の勤続年数といった項目について状況把握・分析し、改善すべき事項等に関しての数値目標を盛り込んだ行動計画を定めて、これを公表することを義務づけすることとした。加えて、国は公共工事の実施や物品の調達などに当たって、女性の登用に積極的に取り組んでいる企業・団体への発注の機会をふやすとしている。

 今後、我が国が世界で最も「女性が輝く社会」を実現していくためには、こうした取り組みを確実に進めつつ、一層加速化していかねばならない。

 よって、国におかれては、下記の項目について適切な措置を講じられるよう、強く要望する。

                    記

1 「2020年に指導的地位に占める女性の割合30%」との目標について、民間に先駆けて政府、国会、地方自治体がより早急に率先して取り組み、毎年その進捗状況について公表すること。

2 女性が幅広い分野で活躍できるよう、職場復帰等の支援や、起業支援、在宅テレワークの推進など、女性が働きやすい環境整備のための支援措置を創設すること。

3 家庭生活と仕事を両立できるよう、育児・介護休業制度の抜本的見直しや、子ども・子育て支援新制度、放課後子ども総合プランを着実に実施し、同一労働にもかかわらず男女間に生じる賃金格差の実質的な解消のために必要な措置を早急に講じること。

4 働く女性が妊娠・出産を理由にした不利益な対応や嫌がらせを受ける「マタニティー・ハラスメント(マタハラ)」の撲滅に向け、企業などに対し、マタハラを防ぐ行動計画の策定を義務づけること。

5 子どもの医療や教育に係る財政的支援や、子育て世帯に対する住宅支援など、子ども・子育て環境の充実に向けて予算・税制を抜本的に見直すこと。

6 「女性の健康の包括的支援法」の制定、女性特有の疾病予防対策、不妊治療・不育症に対する助成の拡充など幅広い支援を一層拡充すること。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

  平成26年12月22日

                           白山市議会議長 寺越和洋

議決一覧表



議決番号
事件の番号
件名
議決月日
議決結果
備考


第1号
議案第121号
白山市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について
12月22日
原案可決
賛成多数


第2号
議案第122号
白山市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例について


全員賛成


第3号
議案第123号
白山市児童館条例の一部を改正する条例について





第4号
議案第124号
白山市国民健康保険条例の一部を改正する条例について





第5号
議案第125号
白山市老人憩の家条例を廃止する条例について





第6号
議案第126号
市道路線の認定について

可決



第7号
議案第127号
「明光小学校建設工事(建築工事)請負契約について」の議決の一部変更について





第8号
議案第128号
「明光小学校建設工事(電気設備工事)請負契約について」の議決の一部変更について





第9号
議案第129号
「明光小学校建設工事(空調設備工事)請負契約について」の議決の一部変更について





第10号
議案第130号
「(都)松任金剣通り線道路築造工事1工区請負契約について」の議決の一部変更について





第11号
議案第131号
「(都)松任金剣通り線道路築造工事2工区請負契約について」の議決の一部変更について





第12号
議案第132号
「白山市松任中央浄化センター機械濃縮施設の建設工事委託に関する協定について」の議決の一部変更について





第13号
議案第133号
副市長の選任について

同意



第14号
諮問第3号
人権擁護委員候補者の推薦について

答申



第15号
議会議案第11号
白山市議会委員会条例の一部を改正する条例について

原案可決



第16号
議会議案第12号
軽度外傷性脳損傷にかかわる周知及び労災認定基準の改正などを要請する意見書





第17号
議会議案第13号
「女性が輝く社会」の実現に関する意見書





 
報告第19号
専決処分(平成26年度白山市一般会計補正予算(第4号))の報告について
 
 
 



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。

       議長    寺越和洋

       副議長   安田竹司

       議員    西川寿夫

       議員    中西恵造