議事ロックス -地方議会議事録検索-


石川県 加賀市

平成18年  9月 定例会(第5回) 09月01日−01号




平成18年  9月 定例会(第5回) − 09月01日−01号







平成18年  9月 定例会(第5回)



              平成18年9月1日(金)午前10時00分開会・開議

出席議員(22名)

                           1番  林 直史

                           2番  宮崎 護

                           3番  高辻伸行

                           4番  安達優二

                           5番  谷本直人

                           6番  室谷弘幸

                           7番  今津和喜夫

                           8番  山口忠志

                           9番  細野祐治

                          10番  岩村正秀

                          11番  宮本啓子

                          12番  上出栄雄

                          13番  西口剛太郎

                          14番  小塩作馬

                          15番  西出清次

                          16番  西出 振

                          17番  林 俊昭

                          18番  林 茂信

                          19番  吉江外代夫

                          20番  要明 勲

                          21番  新後由紀子

                          22番  川下 勉

欠席議員(0名)



△開会・開議



○議長(西出振君) ただいまから、平成18年第5回加賀市議会定例会を開会いたします。

 これより本日の会議を開きます。



△議長諸報告



○議長(西出振君) 今定例会の説明員の出席について及び監査委員による監査結果の各報告につきましては、お手元に配付のとおりであります。



△会議録署名議員指名



○議長(西出振君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 本署名議員には会議規則第81条の規定により、林 俊昭君、林 茂信君を指名いたします。



△会期決定



○議長(西出振君) 日程第2、会期の決定を行います。

 お諮りいたします。

 本定例会の会期は本日から9月19日までの19日間といたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

     (「異議なし」と言う者あり)



○議長(西出振君) 御異議なしと認めます。よって、今定例会の会期は19日間とすることに決しました。



△市長提出議案説明



○議長(西出振君) 日程第3、本日、市長から提出のあった報告第20号及び議案第81号から第101号までを一括議題といたします。

 市長から提案理由の説明を求めます。

 大幸市長。



◎市長(大幸甚君) おはようございます。

 本日、平成18年第5回加賀市議会定例会を招集いたしましたところ、議員各位には御出席を賜り、まことにありがとうございます。

 今年の夏は、加賀市環境美化センターのごみ処理施設の事故及び豪雨による災害の発生など、市民の皆さんに大変御心配、御不安、御迷惑をおかけしました。

 特に、ごみ処理施設の事故に関しまして改めて深くおわびを申し上げますとともに、今後、二度とこのような事態が発生しないよう施設の管理運営に万全を期すとともに、積極的な環境保全対策と防災対策を推進してまいる所存であります。

 環境保全対策といたしましては、環境美化センターでのごみ処理に係る環境への負荷を低減し、周辺環境の保全と徹底した安全管理体制を整備してまいります。このため、環境ISO14001の認証取得に向け、環境マネジメントシステムの構築に積極的に取り組んでまいります。また、容器包装プラスチックの分別収集を開始し、ごみの資源化により焼却量を減らし、地球温暖化ガスの減少を目指してまいりたいと考えております。

 なお、バグフィルターの破損事故に関しまして事故の発生とその対応に要しました経費、すなわち施設の補修費、他市での焼却に要した費用、余熱利用施設の休業補償などにつきまして大いに反省し、強く責任を感じているところであります。

 したがいまして、二度とこのような事故を起こさないよう原因を究明すること、一事が万事と言われないように、全庁的に点検を実施し、役所組織、施設及び制度に疲労がないか調査検討すること、組織全体のPDCA、報告・連絡・相談の基本的なことを徹底的にするための意識改革、さらには全庁的にモラルの高い組織づくりなどに邁進することが一義的な責任であると思っております。

 その上で、今般、職務上の責任を明確にするという観点から、詳細に調査し、検討を重ねてまいりました。その結果、顧問弁護士とも相談しましたが、施設管理者である私自身の監督責任を含め、厳正に身を処すべきであるとの結論に達しました。そのため、市長の給料を10%2カ月間減額する条例を9月議会に提出し、あわせて管理監督の職務にある職員につきましても責任に応じて処分することとしました。

 このような事故が発生しないよう、市長である私自身が姿勢を正し、組織が一丸となって安全・安心なまちづくりに取り組んでまいりますので、御理解をお願いいたします。

 一方、ごみ処理施設を大切に長く使うため、さらに市民生活の中で排出されるごみなど不要品について環境負荷の軽減の観点から、バイオマス・タウン構想の基礎調査を実施します。バイオマスとは食品残渣や下水汚泥などの有機性資源のことをいいます。その食品残渣や下水汚泥などの資源化、再利用を全市的に検討するものであります。このバイオマス利用・活用の基礎調査は、加賀市と北陸先端科学技術大学院大学との官学連携及び市民との協働により行おうとするものであります。

 バイオマス・タウン構想の推進につきましては、国の戦略としての地域再生、言いかえますと、地域の特性を生かした活力を再生するため、地域の人的・物的・文化的・歴史的資源が有効に活用される社会システムの構築についての可能性を調査することを考えております。

 次に、柴山潟の浸水対策につきましては、石川県から提示されました柴山潟の温泉街側の湖畔に堤防を整備する湖岸堤整備案に対して、地元の柴山潟周辺の住民、行政で組織されております柴山潟周辺浸水対策連絡協議会の総会におきまして、昨年、同意が得られ、先ごろ、再度確認をいただいたところであります。

 今後、県が堤防の位置や工法の調査に入る予定と聞いております。市といたしましては、地元要望を受けて、事業化されますよう国・県に強く働きかけてまいる所存であります。

 また、このことに関連しまして、市の事業として、市街地側から柴山潟に流れ込む水路の水をポンプなどで排水する内水排除を行うことといたしております。今後は、詳細に現地を調査し、排水方法を検討してまいりたいと考えております。

 柴山潟が安全・安心な潟として、これまで以上に地域住民や観光客に親しまれる湖面としての整備に取り組んでまいります。

 次に、加賀市総合サービス会社の設立とその進捗状況についてであります。

 この会社の設立は、より小さな市役所の実現、合併後の課題であります財団法人加賀市地域振興事業団と社団法人山中温泉観光産業開発公社の整理統合、三位一体改革に伴う一連の民営化の流れに対応するものであります。

 会社の目的は、民間の経営手法による効率化とコスト削減、行政事務のアウトソーシングの推進、市民サービスの向上などであります。

 会社は、市の体育・文化・入浴施設などの管理運営業務や学校、保育園の給食調理業務などの行政の補完サービスを行うとともに、自主自立の精神による新たな事業展開を経営理念とするものであります。

 会社の社長につきましては、5月1日から6月30日までの2カ月間の期間を設けて公募いたしました。その結果、県内外から応募者が34名ありました。その中から一次審査として書類選考を行い、4名の候補者を選び、さらに二次審査として面接により最終的に1名を決定したものであります。

 なお、10月には会社を設立する予定であります。

 次に、合併時から懸案となっております温泉文化交流施設についてであります。

 温泉地の共同浴場である総湯は温泉街の中心であり、温泉文化のシンボルであります。本市の3温泉の各温泉街は総湯を核に地域や町並みが形成され、住民と来訪者が温泉と周辺の自然環境を共有してきた歴史があります。

 そこで、市は、総湯を中心とした温泉まちづくりを進めるため、昨年から、山代温泉と片山津温泉のそれぞれにおきまして、総湯の再生を検討するため、地元の委員会で鋭意協議を重ねてまいりました。今回、その協議結果を受けた上で、市が基本構想を作成したところであり、先般、議員の皆様にお示ししたところであります。

 その基本構想は、山代温泉では、総湯を中心に旅館、商店など、歴史的な温泉情緒あふれるオンリーワンの「湯の曲輪」の再生、保存を目指します。現総湯につきましてはシンボル湯として明治時代の総湯を復元します。また、市民向け総湯につきましては、地元の要望を受けまして、吉野屋の場所に整備する方向で検討いたしております。外観は歴史的町並みに調和し、内部は高齢者など市民の利便に配慮します。周辺は湯のまちの情緒漂う路面舗装や植樹などによる修景を行います。

 片山津温泉につきましては、歴史・文化を踏まえて、50年、100年先を見据え、柴山潟と一体となった新しい片山津温泉街の形成を目指します。これまでに整備されております砂走公園あいあい広場や散策路や自然景観を生かし、さらに温泉街の回遊性を高め、にぎわいを再生するため、観光交流機能を有する複合的な施設として総湯を整備いたします。

 それでは、今議会に提案しております報告及び議案について御説明申し上げます。

 まず、専決処分の報告であります。

 報告第20号平成18年度加賀市一般会計補正予算の専決処分であります。

 その内容は、さきの7月17日から19日にかけての豪雨により、住宅の浸水被害のあった住民への避難に係る経費や、土砂崩落による民家、道路・河川、農林施設、学校施設などが被害を受けたことにより応急復旧を早急に行う必要があるため、7,040万円の予算計上を行いました。

 財源としては、篤志家からの寄附金80万円、特別交付税2,700万円、財政調整基金を4,260万円取り崩し、8月17日に専決処分を行ったものであります。

 次に、議案第81号は、平成18年度加賀市一般会計補正予算であります。

 補正額5億2,040万円、総額290億2,730万円となっております。

 今回の主な補正は、10月、仮でありますけれども、加賀市総合サービス株式会社を設立するための出資金、平成19年1月から実施する容器包装プラスチックの分別収集に係る経費、山代温泉、片山津温泉の総湯を核とした温泉文化交流施設の基本計画費などを予算計上しております。

 以下、その他の歳出補正について目的別にその概要を御説明申し上げます。

 総務費では、生活保護費などの平成17年度精算による国・県への返納金の追加、中国・大連との国際交流費、平成20年度に施工する市民会館の大規模改修や機械設備工事の設計費などを増額しております。

 民生費では、障害者福祉関係は、障害者の地域社会への参加を促進するための点訳機器などの環境整備費、自立支援法の改正による、障害者が自立した生活を送る社会参加の拡大を目指す地域生活支援事業費を計上しております。

 子育て支援関係は、不妊に悩む夫婦の経済的負担の軽減を図る不妊治療助成費を拡充します。また、妊娠時から育児に関する情報提供を受けるマイ保育園に子育て支援コーディネーターを配置したり、在宅保育児童に対して個別の子育て支援プランを作成するなど、マイ保育園の子育て支援拠点としての機能をさらに充実します。保育園や小学校に通っている児童が病気や病後の回復期で保育園や学校で過ごすことが困難な場合、また児童が保育園や学校で突然熱を出した場合など、保護者が仕事などで自宅看護ができない児童を山中温泉医療センターが送迎し、同医療センターで保育する特別保育助成費を計上しております。

 また、山代児童・老人福祉センターの老朽化により、耐震化を図るとともに、大規模改修を行い、児童や老人の活動拠点の整備費などを計上しております。

 衛生費では、生後4カ月半の乳児の健康診査における疾病などに適切な予防の指導を行う乳幼児健康診査費、北陸先端科学技術大学院大学との官学連携により市民と協働によるバイオマス活用調査費、加賀及び山中美化センターのISO14001の取得費、平成19年1月から実施する容器包装プラスチックごみの分別収集に取り組む容器包装リサイクル推進費などを計上しております。

 農林水産業費では、食農・食育の推進計画の策定費、農業用施設の応急復旧の市単土地改良事業費、有害鳥獣駆除対策費、県の内示による今立の林道安谷線整備事業費を増額し、老朽ため池の危険度調査費を追加し、国庫補助分が直接交付となることにより間伐対策総合事業の森林施業団地費を減額しております。

 土木費では、県の内示による黒崎地区の急傾斜地対策費、生活道路整備助成費、側溝整備費などを増額し、山代地区まちづくり交付金事業、新幹線駅周辺整備基礎調査費を追加計上しております。

 消防費では、消防団の水難活動用のライフジャケット購入費を計上しております。

 教育費では、小中学校及び山中給食センターの維持補修費、小中学校の耐震優先度調査費、篤志家からの寄附による図書購入費を増額しております。

 災害復旧費では、7月の豪雨災害による農林業施設及び文教施設の災害復旧費を増額しております。

 これら歳出補正に充当する歳入といたしまして、地方交付税、分担金及び負担金、使用料及び手数料、国・県支出金、寄附金、繰入金、諸収入、市債、平成17年度からの繰越金を充てております。

 議案第82号は、国民健康保険特別会計補正予算であります。

 その予算額は4億9,200万円で、総額83億6,060万円となっております。

 歳出は、県内市町間の保険財政の共同安定化や高額医療の共同事業のための保険財政共同安定化事業拠出金、平成17年度の保険給付費の精算による国への返還金などであります。

 歳入は、国保連合会からの共同事業交付金、一般会計繰入金、国保調整基金を取り崩し、平成17年度からの繰越金を充てております。

 議案第83号は、介護保険特別会計補正予算であります。

 その予算額は8,280万円で、総額52億2,290万円となっております。

 歳出は、平成17年度の保険給付費の精算による国・県支払基金への返還金及び一般会計繰出金であります。

 歳入は、介護保険事業調整基金を取り崩し、平成17年度からの繰越金を充てております。

 議案第84号は、病院事業会計補正予算であります。

 その予算額は9,873万9,000円で、総額81億8,523万9,000円となっております。

 歳出は職員の退職予定による退職給与金の増額で、歳入は内部留保資金を充てております。

 続きまして、条例案件について御説明申し上げます。

 今回提案いたしております条例案件は全部で9件であり、うち新設条例が2件であります。

 まず、議案第85号公益法人等への職員の派遣等に関する条例の一部を改正する条例は、関係法令の改正に沿って、通勤範囲等の所要の改正を行うものであります。

 議案第86号市長の給料の特例に関する条例は、環境美化センター事故に係る責任者として市長の給料を2カ月間減額しようとするものであります。

 議案第87号加賀市低開発地域工業開発促進のための固定資産税の免除に関する条例を廃止する条例は、低開発地域工業開発促進法による固定資産の特別償却制度の適用期間が平成15年に満了しており、本年、3年間の措置期間が終了することから、本条例を廃止するものであります。

 議案第88号加賀市特定商業集積を構成する商業基盤施設に係る固定資産税の特例措置に関する条例を廃止する条例は、特定商業集積の整備の促進に関する特別措置法が廃止されたことに伴い、本条例を廃止するとともに、関連条例についても所要の改正を行うものであります。

 議案第89号加賀市地域生活支援事業の実施に関する条例は、障害者自立支援法に基づき、本市が実施する地域生活支援事業の種類及び利用料などを規定しようとするものであります。

 議案第90号加賀市国民健康保険条例の一部を改正する条例は、10月1日から、出産育児一時金を5万円増額し、35万円に引き上げるものであります。

 なお、これに伴い、本人からの申請により出産費用を市から医療機関に直接支払うことにするものであります。

 また、70歳以上で一定の所得のある者の医療費負担率を3割とするものであります。

 議案第91号加賀市廃棄物の減量化及び適正処理等に関する条例及び加賀市環境美化センター条例の一部を改正する条例は、環境美化センターで処理する産業廃棄物を市長が指定するもの以外は処理しないこととし、所要の改正を行うものであります。

 環境美化センター条例につきましては、施設の体系を整理するものであります。

 議案第92号加賀市営住宅条例の一部を改正する条例は、聖北団地の建てかえに伴い、新たに新川住宅を加えるとともに、従前の住宅を順次廃止しようとするものであります。

 議案第93号加賀市消防本部及び消防署の設置等に関する条例及び加賀市消防団の設置等に関する条例の一部を改正する条例は、消防組織法の改正に伴い、条文の番号にずれが生じたため、所要の改正を行うものであります。

 次に、その他案件といたしまして、議案第94号損害賠償の額を定めることについては、平成17年6月に山中温泉ゆけむり健康村ゆーゆー館で発生しました、利用者の転倒事故に係る損害賠償額を決定するものであります。

 議案第95号請負契約の締結についての一部変更については、さきの議会で議決をいただきました湖北小学校改築防音工事の請負契約の金額を減額変更しようとするものであります。

 その他、石川県市町村消防団員等公務災害補償等組合規約の変更、石川県漁業信用基金協会及び石川県農業信用基金協会への加入についてお諮りするものであります。

 最後に、議案第99号から第101号は、平成17年度の各会計の決算について議会の認定をお願いするものであります。

 以上が本日提案いたしております議案の概要であります。何とぞ御審議を賜りますようよろしくお願い申し上げます。



○議長(西出振君) 提案理由の説明は終わりました。



△休会決定



○議長(西出振君) 日程第4、休会の件についてお諮りいたします。

 議案調査のため、明2日から10日までの9日間、休会いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と言う者あり)



○議長(西出振君) 御異議なしと認めます。よって、以上のとおり休会することに決しました。



△閉議



○議長(西出振君) 本日の議事はこれをもって終了いたしました。

 次会は、9月11日午前10時から会議を開きます。

 本日はこれにて散会いたします。

                             午前10時29分閉議

             議事日程(第1号)

                         平成18年9月1日(金)

                         午前10時 開議

日程第1 会議録署名議員の指名

  第2 会期の決定

  第3 市長提出報告第20号及び議案第81号から第101号まで

     一括議題

      説明

  第4 休会の決定

     閉議

                  (写)

                         発加行第63号

                         平成18年9月1日

加賀市議会議長

  西出 振様

                             加賀市長  大幸 甚

          議案の提出について

 平成18年第5回加賀市議会定例会に提案する議案を、次のとおり提出します。

         報告第20号及び議案第81号から議案第101号まで

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                  (写)

                         収加行第8.25−5号

                         平成18年9月1日

加賀市議会議長

  西出 振様

                             加賀市長  大幸 甚

          説明員の出席について(通知)

 地方自治法(昭和22年法律第67号)第121条及び加賀市議会委員会条例(平成17年加賀市条例第218号)第20条の規定に基づき、平成18年第5回加賀市議会定例会の説明員を、別紙のとおり通知します。

         平成18年第5回加賀市議会定例会説明員名簿

     市長                     大幸 甚

     助役                     田中 實

     助役                     田島孝一

     審議監                    皆本眞司

     総務部長                   深村富士雄

     市民部長                   津田稔勝

     地域振興部長                 和田 究

     建設部長                   本田義勝

     病院管理部長                 福村孝治

     山中温泉支所長                畦地和司

     秘書課長                   酒井 猛

     行財政課長                  嶽野和保

     工事検査室長                 出嶋榮吉

     政策課長                   表 雅裕

     会計課長                   清水美知子

     政策監                    吉村信夫

     政策監                    大和徳泰

     窓口課長                   吉野順一

     福祉保険課長                 笹木憲一

     介護保険室長                 荒木優子

     こども課長                  山下正純

     税料金課長                  鹿野博志

     健康課長                   泉 喜久雄

     政策監                    今川俊一

     政策監                    元谷信也

     政策監                    中村 誠

     観光商工課長                 久保基樹

     農林水産課長                 塚谷裕次

     環境安全課長                 菅生安芳

     まちづくり課長                見附裕史

     政策技監                   池端幸雄

     政策監                    力田一夫

     整備課長                   北野長俊

     景観文化室長                 山崎 正

     地籍調査室長                 谷口正一

     上下水道課長                 中出隆夫

     管理課長                   西出英雄

     町屋再生室長                 菅村 勉

     総務課長                   高野英夫

     医事課長                   畑中修子

     庶務課長                   東野正雄

     振興課長                   山本憲一

     山中温泉支所窓口課長             上野利夫

     施設管理課長                 下出啓司

     議会事務局長                 小池 衞

     代表監査委員                 梅田茂徳

     監査委員事務局長               吉田和雄

     教育委員会委員長               北出俊雄

     教育委員会教育長               北澤陸夫

     教育管理部長                 上出雄二

     教育総務課長                 水出外志和

     学校指導課長                 荒谷 実

     消防長                    松村勇一

     政策監                    末 一夫

     消防課長                   宮竹 節

     消防署長                   加野 勉

     山代温泉財産区管理会長            永井俊二郎

     片山津財産区管理会長             安宅俊和

     山中温泉財産区管理会長            浅井廣史

     山代温泉財産区管理会事務局長         薮  剛

     片山津財産区管理会事務局長          中谷一夫

                  (写)

                         収加行号外

                         平成18年9月1日

加賀市議会議長

  西出 振様

                             加賀市長  大幸 甚

          説明員の欠席について(通知)

 平成18年第5回加賀市議会定例会説明員のうち、次の者が本会議を欠席しますので通知します。



所属

氏名
期日
理由


整備課
課長
北野長俊
9月1日
公務出張のため



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                  (写)

                         発加監第31号

                         平成18年7月5日

加賀市議会議長

  西出 振様

                          加賀市監査委員  梅田茂徳

                          加賀市監査委員  西出清次

          定期監査の結果報告について

 地方自治法第199条第4項の規定により実施した下記保育園に対する定期監査の結果を、同条第9項の規定により別紙のとおり報告します。

                  記

市立保育園   山代、庄、勅使、東谷口、山中中央、河南、若美弥

法人立保育園  やくおうえん、第2やくおうえん、わかたけ、新生、開陽

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                  (写)

                         発加監第32号

                         平成18年7月25日

加賀市議会議長

  西出 振様

                          加賀市監査委員  梅田茂徳

                          加賀市監査委員  西出清次

          例月出納検査結果について(報告)

 地方自治法第235条の2第1項の規定により、平成18年6月末現在の現金出納検査を行ったので、その結果を同条第3項の規定により次のとおり報告します。

1.検査年月日  平成18年7月25日

2.検査の概要

 平成18年6月分出納について検査を実施したところ、その収支は別紙のとおりで、一般会計・特別会計・公営企業会計(水道事業・病院事業会計)ともに収支の計数において違算はなく、指定金融機関の取り扱った収支額と符合していることを確認した。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                  (写)

                         発加監第40号

                         平成18年8月29日

加賀市議会議長

  西出 振様

                          加賀市監査委員  梅田茂徳

                          加賀市監査委員  西出清次

          例月出納検査結果について(報告)

 地方自治法第235条の2第1項の規定により、平成18年7月末現在の現金出納検査を行ったので、その結果を同条第3項の規定により次のとおり報告します。

1.検査年月日  平成18年8月29日

2.検査の概要

 平成18年7月分出納について検査を実施したところ、その収支は別紙のとおりで、一般会計・特別会計・公営企業会計(水道事業・病院事業会計)ともに収支の計数において違算はなく、指定金融機関の取り扱った収支額と符合していることを確認した。