議事ロックス -地方議会議事録検索-


石川県 加賀市

平成18年  6月 定例会(第3回) 06月01日−01号




平成18年  6月 定例会(第3回) − 06月01日−01号







平成18年  6月 定例会(第3回)



                 平成18年6月1日(木)午前10時00分開会

出席議員(22名)

                          1番  林 直史

                          2番  宮崎 護

                          3番  高辻伸行

                          4番  安達優二

                          5番  谷本直人

                          6番  室谷弘幸

                          7番  今津和喜夫

                          8番  山口忠志

                          9番  細野祐治

                         10番  岩村正秀

                         11番  宮本啓子

                         12番  上出栄雄

                         13番  西口剛太郎

                         14番  小塩作馬

                         15番  西出清次

                         16番  西出 振

                         17番  林 俊昭

                         18番  林 茂信

                         19番  吉江外代夫

                         20番  要明 勲

                         21番  新後由紀子

                         22番  川下 勉

欠席議員(0名)



△開会



○議長(西出振君) ただいまから、平成18年第3回加賀市議会定例会を開会いたします。



△表彰状伝達



○議長(西出振君) 会議に先立ちまして、今般、北信越市議会議長会並びに全国市議会議長会から、長年にわたり市議会議員として在職し、市政の発展、振興に寄与されたことによって表彰された方々に表彰状の伝達を行います。



◎事務局長(皆本眞司君) それでは、初めに北信越市議会議長会の表彰から伝達を行います。

 特別表彰、在職20年表彰。

 吉江外代夫議員。



○議長(西出振君) 表彰状。加賀市、吉江外代夫様。

 あなたは市議会議員として在職20年、よく市政の発展に努められ、その功績はまことに顕著なものがあります。よって、第81回定期総会に当たり、本会表彰規程により表彰します。

 平成18年4月20日。北信越市議会議長会会長、松本市議会議長、渡辺 聰。



◎事務局長(皆本眞司君) 林 茂信議員。



○議長(西出振君) 表彰状。加賀市、林 茂信様。

 あなたは市議会議員として在職20年、よく市政の発展に努められ、その功績はまことに顕著なものがあります。よって、第81回定期総会に当たり、本会表彰規程により表彰します。

 平成18年4月20日。北信越市議会議長会会長、松本市議会議長、渡辺 聰。



◎事務局長(皆本眞司君) 続きまして、全国市議会議長会の表彰の伝達を行います。

 特別表彰、在職20年表彰。

 吉江外代夫議員。



○議長(西出振君) 表彰状。加賀市、吉江外代夫殿。

 あなたは市議会議員として20年の長きにわたって市政の発展に尽くされ、その功績は特に著しいものがありますので、第82回定期総会に当たり、本会表彰規程によって特別表彰をいたします。

 平成18年5月24日。全国市議会議長会会長、国松 誠。



◎事務局長(皆本眞司君) 林 茂信議員。



○議長(西出振君) 表彰状。加賀市、林 茂信殿。

 あなたは市議会議員として20年の長きにわたって市政の発展に尽くされ、その功績は特に著しいものがありますので、第82回定期総会に当たり、本会表彰規程によって特別表彰をいたします。

 平成18年5月24日。全国市議会議長会会長、国松 誠。



◎事務局長(皆本眞司君) 以上で表彰状の伝達を終わります。



○議長(西出振君) この際、市長から発言を求められておりますので、これを許します。

 大幸市長。



◎市長(大幸甚君) おはようございます。

 ただいま、20年の長きにわたり、市議会議員として市政の発展に努められ、その功績により、全国市議会議長会及び北信越市議会議長会から表彰の栄誉を受けられました吉江外代夫議員、林 茂信議員に対し、心からお祝いを申し上げます。

 表彰の栄誉を受けられました2名の議員におかれましては、市民の信頼を得られ、市議会議員として豊富な経験と強い責任感を持って市民福祉の向上に御尽力されましたことに、改めて深甚なる敬意と感謝を表する次第でございます。

 どうぞ今後ともますます御壮健で、市政発展のため、市民福祉の向上に一層の御活躍を御期待申し上げまして、私のお祝いの言葉にかえさせていただきます。

 本日はまことにおめでとうございます。



△開議



○議長(西出振君) これより、本日の会議を開きます。



△議長諸報告



○議長(西出振君) 今定例会の説明員の出席について及び監査委員による監査結果の各報告につきましては、お手元に配付のとおりであります。



△会議録署名議員指名



○議長(西出振君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 本署名議員には会議規則第81条の規定により、上出栄雄君、西口剛太郎君を指名いたします。



△会期決定



○議長(西出振君) 日程第2、会期の決定を行います。

 お諮りいたします。

 本定例会の会期は本日から6月19日までの19日間といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と言う者あり)



○議長(西出振君) 御異議なしと認めます。よって、今定例会の会期は19日間とすることに決しました。



△市長提出議案説明



○議長(西出振君) 日程第3、本日市長から提出のあった報告第6号から第8号まで及び議案第69号から第78号までを一括議題といたします。

 市長から提案理由の説明を求めます。

 大幸市長。



◎市長(大幸甚君) 本日、平成18年第3回加賀市議会定例会を招集しましたところ、議員各位には御出席を賜り、まことにありがとうございます。

 開会に当たりまして、現在の市政を取り巻く状況や課題について述べさせていただきます。

 まず、国内の経済状況についてであります。

 政府の報告によりますと、「景気は回復している」とされており、景気拡大局面は、バブル景気を超えて、戦後2番目の長さになることが確実と言われております。

 政府見通しでは、先行きは、原油価格の動向によりますが、個人消費・設備投資の内需に支えられ、景気回復が続いていくと報告されております。

 また、本市の景気の概況は、法人市民税が前年度比で10%以上の伸びが見込まれ、景気回復が本市におきましても順調に及んでいると思っております。

 しかし、本市の基幹産業である観光業では、本年1月から3月までの観光客数が、山中温泉で増加し、山代・片山津温泉では前年に比べ減少しております。このような状況を踏まえた上で、3温泉の観光客の増加につながるよう知恵を出してまいりたいと考えております。

 次に、地方自治体の経営に重要な課題である三位一体改革についてであります。

 この改革は、地方の自主的・自立的な行財政基盤を確立して、地方分権を進めるものと理解いたしております。

 しかし、平成18年度までは所得譲与税で措置されましたが、実質的な税源移譲が先送りされました。

 現在、国で調整中であります「骨太の方針2006」では、国庫補助負担金の削減や地方交付税の圧縮のみが先行しています。しかし、そのことが地方にとって非常に残念であります。

 地方分権時代の自治体は、財政的に自立してこそ、真の自治が確立するものであります。そこで、市長会などを通じて、国に対し、自治体間財政力格差が拡大しないような措置、特に算定方法が人口と面積による重点配分とならないよう、地方交付税制度の堅持を強く求めてまいりたいと考えております。

 なお、昨日、地方6団体が、この危機を突破するため、地方自治危機突破総決起大会が開催され、行動を開始したところであります。

 次に、本市における行財政改革についてであります。

 私は、行革は市民サービスの向上を第一に、市民並びに議会などの情報の共有化を図り、民間活力を活用し、取り組むべきものと考えております。そのため、研修会などを通じ、特に職員の資質の向上と意識改革を進めてまいります。

 さて、私は新市の市長に就任以来7カ月が過ぎ、この間、「自然との共生」をテーマに、戦略、戦術を検討してまいりました。

 4月には、自然環境保全条例に基づき、自然緑地保護地区の指定を終え、自然との共生の第一歩を踏み出しました。

 新市の市政運営に当たりましては、都市基盤の整備、産業や教育文化の振興、健康福祉の増進など、重要な懸案事項が山積いたしております。しかし、それらの事業を推進するためには、人々にいやしと安らぎを与える「自然」、人々を魅了し、生活を豊かにする「文化」、地域を愛し、守りはぐくんでいる「人」という、まちづくりの基本をなしている要素について、いま一度足元を見て考えなければならないと思っております。

 そこで、私が市長として責任を全うするために、特に「自然」、「図書館」、「食」をテーマに取り組んでまいりたいと考えております。

 市職員による「自然」と「図書館」、そして「食」のワーキンググループによる勉強会を立ち上げました。

 環境教育、環境学習は、幼いときから自然の中で自然とともに過ごし、自然と触れ合うことが大切であります。生きることの原点は自然にあります。自然を考えるグループの目的は、子供たちのために、身近なところに豊かな自然をつくり上げることであり、積極的に自然と親しむ施策を企画することであります。

 次に、図書館についてでありますが、図書館の充実は、その都市の文化水準のバロメーターの一つでもあります。

 図書館は、自由と自立が基本であります。文化や自然、そして人の生活など、郷土の資料、地域の情報は、人々の文化性を高める上で非常に重要であります。自然を学ぶための図鑑や映像は、最も必要とされるものであります。また、特に市民が利用しやすい図書館は、図書内容について紹介、相談に応ずることができる、俗に言うレファレンス機能の充実した図書館であると思っております。

 その上で、市民が気軽に足を運ぶことができ、特色ある図書館とするために、図書館のあり方を考える勉強会をスタートさせております。

 次に、最近の食文化や食に関する社会問題が大きく取り上げられております。有機農業への傾向は、そのあらわれであります。有機・無農薬栽培と生産者の顔が見える安心安全の食材や、日本古来の伝統加工技術にはぐくまれているみそ、しょうゆ、あるいは漬物などの発酵食品を再認識する必要があると考えております。

 先日も、発酵食品の権威であります東京農大の小泉武夫教授をお招きし、食育講演会をいたしました。その話の中で、食糧自給率39%、毎日300万食を捨てていることなどをお聞きしますと、食に関する問題も行政として取り組む必要があると認識したところであります。

 このため、後世に伝えるべき食文化を発掘するため、食のワーキンググループを組織いたしました。

 「自然」、「食」、そして「図書館」の充実は、訪れてみたい、住んでみたいという魅力ある地域となり、交流人口・定住人口の拡大につながるものであると考えております。

 なお、これらの勉強会の成果につきましては、施策立案に生かしてまいりたいと考えております。

 続きまして、地域活力を増進する企業誘致の推進についてであります。

 今年度から、総務部に企業誘致室を設置し、専任職員を配置して、組織体制を強化しております。また、市一丸となった企業誘致を図るため、5月に、助役・4部長で構成する企業誘致推進委員会を設置いたしました。これまでに、福井鋲螺の工場拡張の決定を初め、旧加賀百万石時代村の再生への動きが加速しております。

 これら進出企業に対し、助成措置の新設拡充と不均一課税の導入などにより、企業誘致を積極的に進めてまいりたいと考えております。

 それでは、本議会に提案しております議案などについて御説明申し上げます。

 報告第6号は、加賀市税条例の一部改正の専決処分であります。

 改正の主な内容は、地方税法の一部改正に伴い、個人市民税の非課税範囲の基準額などの変更並びに平成18年度の評価替えに伴い、固定資産税などの負担調整措置を講ずるものであります。

 報告第7号は、加賀市国民健康保険税条例の一部改正の専決処分であります。

 地方税法の一部改正に伴う国民健康保険税の増加に対する負担軽減措置及び介護納付金課税に係る限度額を引き上げるものであります。

 報告第8号は、平成18年度加賀市老人保健特別会計補正予算の専決処分であります。

 その内容は、平成17年度決算において、国庫負担金の精算払いが翌年度に繰り延べられ、歳入に不足が生じたため、平成18年度の予算から繰り上げ充用することについて、5月31日に専決処分を行ったものであります。

 次に、議案第69号は、平成18年度加賀市一般会計補正予算で、補正額2億910万円、総額282億9,610万円となっております。

 今回の主な補正は、市役所内の庁内パソコンの情報が外部への漏えいや私的利用を防止するためのセキュリティーシステム導入経費、分校及び庄地区会館の空調設備の更新並びにバリアフリー化などの整備費、地元産の漆を使用した伝統山中漆器振興や、石積みの棚田に漆の木を植樹し、紅葉した景観を観光資源化とする林産物生産対策事業などを掲げています。

 以下、その他の歳出補正について、目的別にその概要を御説明申し上げます。

 総務費では、小塩辻町の有線放送設備の老朽化による更新の整備費を計上しております。

 民生費では、10月に障害者自立支援法の制度改正に伴い、補装具などの給付管理を行うシステム改修費、知的障害者通所授産施設の利用者の利用料減免に対する助成費、国民年金システム改修費、篤志家の寄附を受けまして、保育園に配置する児童図書購入費などを計上しております。

 衛生費では、市民病院における人工透析室増床に係る出資金、自然緑地地区の指定看板設置費を計上し、上木キャンプ場の廃止に伴う管理費を減額しております。

 農林水産業費では、塔尾及び三木地区の集団営農機械購入助成費を追加し、県の事業縮減に伴い、森林病害虫対策費を減額しております。

 商工費では、全国伝統工芸士大会開催負担金、企業誘致対策の資料作成費、加賀温泉郷の観光振興促進の活動助成費、別所温泉源泉配湯管取りかえ工事助成費を計上しています。

 土木費では、国の内示による財源更正や下水道事業の制度改正による繰出金を減額しております。

 教育費では、学校教育に係る保護者、地域住民の情報を学校運営に反映させる学校評価システム構築モデル事業などの学校教育研究費などを計上しております。

 災害復旧費では、山中温泉今立町林道安谷線ののり面崩壊による復旧費を新たに計上しております。

 公債費では、一般会計より九谷ダム事業に出資しておりましたが、九谷ダム用地内の一部を古九谷窯跡地として市が購入いたしました。このため、水道事業の目的外となりますことから、市が出資のために起債しておりました元金の一部を繰上償還する額を計上しております。

 これら歳出補正に充当する歳入といたしまして、国・県支出金、寄附金、諸収入、市債、17年度からの繰越金を充てております。

 議案第70号は、下水道事業特別会計補正予算で、その予算額は1,520万円で、総額29億4,770万円となっております。下水道事業の制度改正に伴う財源更正及び市債を低利に借りかえるための予算の計上であります。

 議案第71号は、病院事業会計補正予算で、その予算額は2億1,400万円で、総額80億8,650万円となっております。

 歳出は、市民病院の人工透析室の移転増改築及び透析用機器の購入費で、歳入は、企業債、一般会計からの出資金、内部留保資金を充てております。

 なお、加賀市民病院の産科につきましては、一部報道されましたが、6月いっぱいで常勤医師がやめることから、7月から産科を休診せざるを得ません。

 婦人科は、非常勤の医師による診察を予定しており、住民健診やドックなど、配慮いたしておりますので、御安心いただきたいと思います。

 なお、幸いにも、山中医療センターでは、チーム医療により、産科が月20件の出産が可能であります。ですから、年間240件で、今の市民病院の産科と山中医療センターの産科の出産合計は約200件であります。したがいまして、一応加賀市での出産の対応ができるというふうに考えておるところであります。

 議案第72号は、水道事業会計補正予算で、その予算額は4,615万5,000円で、総額40億4,995万5,000円となっております。

 歳出は、大聖寺及び保賀送水ポンプ場のアスベスト除去費を追加して、打越簡易水道整備の統合事業が翌年度に国庫補助事業の対象となる配水管布設事業の減額、国の内示による石綿セメント管更新事業の増額や企業債の繰上償還を計上しております。

 歳入は、企業債、国庫補助金及び内部留保金を充てております。

 続きまして、条例案件について御説明申し上げます。

 今回提案いたしております条例案件は、全部で5件であり、うち新設条例は1件であります。

 まず、議案第73号議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償などに関する条例の一部を改正する条例は、関係法令の改正に伴い、通勤範囲の改正及び公務災害補償の対象外となるものの追加などであります。

 議案第74号加賀市税条例の一部を改正する条例は、地方税法の改正に伴い、平成19年度分以後の市民税の所得割税率を一律6%とし、及び本年7月1日から、たばこ税率の引き上げなどを行うものであります。

 議案第75号加賀市産業振興のための加賀市税条例の特例を定める条例は、新・増設した事業所などに係る固定資産税などの不均一課税を行おうとするものであります。

 議案第76号加賀市キャンプ場条例の一部を改正する条例は、上木キャンプ場の廃止に伴い、所要の改正を行うものであります。

 議案第77号加賀市産業振興条例の一部を改正する条例は、事業所の新・増設などに対する補助金の率及び限度額を改正するとともに、補助対象事業の拡大を行おうとするものであります。

 その他案件といたしまして、市道路線の認定に関するものが1件であります。

 以上が、本日提案しております議案の概要であります。何とぞ御審議を賜りますよう、よろしくお願いいたします。



○議長(西出振君) 提案理由の説明は終わりました。



△議長諸報告



○議長(西出振君) この際、御報告いたします。

 地方自治法施行令第146条第2項の規定により、平成17年度の一般会計、下水道事業特別会計における繰越明許費については報告第9号、第10号をもって、地方公営企業法第26条第3項の規定により、平成17年度加賀市病院事業会計、加賀市水道事業会計の繰り越しについては報告第11号、第12号をもって、地方自治法第243条の3第2項の規定により、加賀市土地開発公社及び財団法人加賀市地域振興事業団並びに社団法人山中温泉観光産業開発公社の各法人の平成17年度及び平成18年度の経営状況などについては報告第13号から第18号をもって、それぞれお手元に配付の書類のとおり、議会に対して報告がありましたので、お知らせいたします。



△休会決定



○議長(西出振君) 日程第4、休会の件についてお諮りいたします。

 議案調査のため、明2日から11日までの10日間、休会いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と言う者あり)



○議長(西出振君) 御異議なしと認めます。よって、以上のとおり休会することに決しました。



△閉議



○議長(西出振君) 本日の議事はこれをもって終了いたしました。

 次会は6月12日午前10時から会議を開きます。

 本日はこれにて散会いたします。

                             午前10時29分閉議

             議事日程(第1号)

                         平成18年6月1日(木)

                         午前10時 開議

  (北信越、全国市議会議長会の表彰あり)

日程第1 会議録署名議員の指名

  第2 会期の決定

  第3 市長提出報告第6号から第8号まで及び議案第69号から第78号まで

     一括議題

      説明

  第4 休会の決定

     閉議

                  (写)

                         発加行第33号

                         平成18年6月1日

加賀市議会議長

  西出 振様

                             加賀市長  大幸 甚

               議案の提出について

 平成18年第3回加賀市議会定例会に提案する議案を、次のとおり提出します。

       報告第6号から報告第8号まで及び議案第69号から議案第78号まで

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                  (写)

                         発加行第34号

                         平成18年6月1日

加賀市議会議長

  西出 振様

                             加賀市長  大幸 甚

               報告書の提出について

 平成18年第3回加賀市議会定例会において、次のとおり報告します。

         報告第9号から報告第18号まで

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                  (写)

                         収加行第5.25−1号

                         平成18年6月1日

加賀市議会議長

  西出 振様

                             加賀市長  大幸 甚

             説明員の出席について(通知)

 地方自治法(昭和22年法律第67号)第121条及び加賀市議会委員会条例(平成17年加賀市条例第218号)第20条の規定に基づき、平成18年第3回加賀市議会定例会の説明員を、別紙のとおり通知します。

       平成18年第3回加賀市議会定例会説明員名簿

     市長                     大幸 甚

     助役                     田中 實

     助役                     田島孝一

     総務部長                   深村富士雄

     市民部長                   津田稔勝

     地域振興部長                 和田 究

     建設部長                   本田義勝

     病院管理部長                 福村孝治

     山中温泉支所長                畦地和司

     秘書課長                   酒井 猛

     行財政課長                  嶽野和保

     工事検査室長                 出嶋榮吉

     政策課長                   表 雅裕

     会計課長                   清水美知子

     政策監                    吉村信夫

     政策監                    大和徳泰

     窓口課長                   吉野順一

     福祉保険課長                 笹木憲一

     介護保険室長                 荒木優子

     こども課長                  山下正純

     税料金課長                  鹿野博志

     健康課長                   泉 喜久雄

     政策監                    今川俊一

     政策監                    元谷信也

     政策監                    中村 誠

     観光商工課長                 久保基樹

     農林水産課長                 塚谷裕次

     環境安全課長                 菅生安芳

     まちづくり課長(兼吉田屋展推進室長)     見附裕史

     政策技監                   池端幸雄

     政策監                    力田一夫

     整備課長                   北野長俊

     景観文化室長                 山崎 正

     地籍調査室長                 谷口正一

     上下水道課長                 中出隆夫

     管理課長                   西出英雄

     町屋再生室長                 菅村 勉

     総務課長                   高野英夫

     医事課長                   畑中修子

     庶務課長                   東野正雄

     振興課長                   山本憲一

     山中温泉支所窓口課長             上野利夫

     施設管理課長                 下出啓司

     議会事務局長                 皆本眞司

     代表監査委員                 梅田茂徳

     監査委員事務局長               小池 衞

     教育委員会委員長               北出俊雄

     教育委員会教育長               北澤陸夫

     教育管理部長                 上出雄二

     教育総務課長                 水出外志和

     学校指導課長                 荒谷 実

     消防長                    松村勇一

     政策監                    末 一夫

     消防課長                   宮竹 節

     消防署長                   加野 勉

     山代温泉財産区管理会長            永井俊二郎

     片山津財産区管理会長             安宅俊和

     片山津財産区管理会事務局長          中谷一夫

     山中温泉財産区管理会長            浅井廣史

                  (写)

                         収加行号外

                         平成18年6月1日

加賀市議会議長

  西出 振様

                             加賀市長  大幸 甚

             説明員の欠席について(通知)

 平成18年第3回加賀市議会定例会説明員のうち、次の者が本会議を欠席しますので通知します。



所属

氏名
期日
理由


税料金課
課長
鹿野博志
6月1日
病気療養のため


景観文化室
室長
山崎 正
6月1日
公務出張のため


山中温泉財産区管理会
会長
浅井廣史
6月1日
所用のため



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                  (写)

                         発加監第27号

                         平成18年3月28日

加賀市議会議長

  西出 振様

                          加賀市監査委員  梅田茂徳

                          加賀市監査委員  西出清次

             例月出納検査結果について(報告)

 地方自治法第235条の2第1項の規定により、平成18年2月末現在の現金出納検査を行ったので、その結果を同条第3項の規定により次のとおり報告します。

1.検査年月日  平成18年3月27日

2.検査の概要

 平成18年2月分出納について検査を実施したところ、その収支は別紙のとおりで、一般会計・特別会計・公営企業会計(水道事業・病院事業会計)ともに収支の計数において違算はなく、指定金融機関の取り扱った収支額と符合していることを確認した。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                  (写)

                         発加監第11号

                         平成18年4月26日

加賀市議会議長

  西出 振様

                          加賀市監査委員  梅田茂徳

                          加賀市監査委員  西出清次

             例月出納検査結果について(報告)

 地方自治法第235条の2第1項の規定により、平成18年3月末現在の現金出納検査を行ったので、その結果を同条第3項の規定により次のとおり報告します。

1.検査年月日  平成18年4月25日

2.検査の概要

 平成18年3月分出納について検査を実施したところ、その収支は別紙のとおりで、一般会計・特別会計・公営企業会計(水道事業・病院事業会計)ともに収支の計数において違算はなく、指定金融機関の取り扱った収支額と符合していることを確認した。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                  (写)

                         発加監第18号

                         平成18年5月26日

加賀市議会議長

  西出 振様

                          加賀市監査委員  梅田茂徳

                          加賀市監査委員  西出清次

             例月出納検査結果について(報告)

 地方自治法第235条の2第1項の規定により、平成18年4月末現在の現金出納検査を行ったので、その結果を同条第3項の規定により次のとおり報告します。

1.検査年月日  平成18年5月25日

2.検査の概要

 平成18年4月分出納について検査を実施したところ、その収支は別紙のとおりで、一般会計・特別会計・公営企業会計(水道事業・病院事業会計)ともに収支の計数において違算はなく、指定金融機関の取り扱った収支額と符合していることを確認した。