議事ロックス -地方議会議事録検索-


石川県 加賀市

平成17年 12月 定例会(第3回) 12月02日−01号




平成17年 12月 定例会(第3回) − 12月02日−01号







平成17年 12月 定例会(第3回)



             平成17年12月2日(金)午前10時00分開会・開議

出席議員(22名)

                          1番  林 直史

                          2番  宮崎 護

                          3番  高辻伸行

                          4番  安達優二

                          5番  谷本直人

                          6番  室谷弘幸

                          7番  今津和喜夫

                          8番  山口忠志

                          9番  細野祐治

                         10番  岩村正秀

                         11番  宮本啓子

                         12番  上出栄雄

                         13番  西口剛太郎

                         14番  小塩作馬

                         15番  西出清次

                         16番  西出 振

                         17番  林 俊昭

                         18番  林 茂信

                         19番  吉江外代夫

                         20番  要明 勲

                         21番  新後由紀子

                         22番  川下 勉

欠席議員(0名)



△開会・開議



○議長(西出振君) ただいまから、平成17年第3回加賀市議会定例会を開会いたします。

 これより本日の会議を開きます。



△議長諸報告



○議長(西出振君) 今定例会の説明員の出席に関する事項は、お手元に配付のとおりであります。



△会議録署名議員指名



○議長(西出振君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 本署名議員には会議規則第81条の規定により、谷本直人君、室谷弘幸君を指名いたします。



△会期決定



○議長(西出振君) 日程第2、会期の決定を行います。

 お諮りいたします。

 本定例会の会期は、本日から12月19日までの18日間といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と言う者あり)



○議長(西出振君) 御異議なしと認めます。よって、今定例会の会期は18日間とすることに決しました。



△市長提出議案説明



○議長(西出振君) 日程第3、本日市長から提出のあった議案第28号から第114号までを一括議題といたします。

 市長から提案理由の説明を求めます。

 大幸市長。



◎市長(大幸甚君) おはようございます。本日、平成17年第3回加賀市議会定例会を招集いたしましたところ、議員各位には御出席を賜りまことにありがとうございます。

 会議の開会に当たりまして、市政を取り巻く現下の状況や課題について述べさせていただきます。

 10月の合併から2カ月たちました。おかげさまで、市民の皆様方に大きな迷惑をかけることなく、円滑に事務体制を移行することができました。

 また、田中助役、田島助役、両氏の選任も終え、あわせて教育委員会を初めとする行政委員会の委員を選任でき、新しい加賀市の陣容を整えることができました。

 職員の配置につきましても、旧加賀市と山中町の職員の間で、信頼関係の構築に向けて、今後とも相互理解を深めていけるよう努めてまいりたいと考えております。

 そして、何よりも新加賀市の市民意識が醸成されるよう、特段の努力をしなければならないと考えております。

 さて、三位一体改革に関する国と地方との折衝が行われておりましたが、先日の政府・与党において合意された内容を見ますと、税源移譲額が3兆90億円と、目標の3兆円が確保されたとしております。また、来年度の補助金の削減内容は、生活保護費の削減は見送り、総額を抑制する、児童手当、児童扶養手当は国の負担率を引き下げるなどを内容としております。

 いずれにしましても、こうした改革の中で地方自治体の独自性がますます求められ、それに即応できる行政経営を一日も早く確立する必要があると考えております。

 次に、本市の財政状況についてであります。

 国の経済状況には明るさが見え始めておりますが、市内の経済も緩やかながら景気回復を続けております。そして、先日、商工会議所より提出されました要望書を拝見しますと、製造業の設備投資意欲は、建設機械・自動車関連産業の増産を受けて、バブル期以上の状況にあるとのことでございます。

 しかしながら、本市の財政見通しは極めて厳しい状況にあります。旧加賀市、山中町を合算した起債制限比率は16.1%となっており、自治体経営における警戒水準を超えております。また、税収面では、法人市民税の増加が見込まれるものの、固定資産税の評価替えを来年度に控え、今後の減収が見込まれております。そのほか、団塊の世代の退職手当、生活保護など義務的扶助費の増額など、財政運営を圧迫する要因が数多くあります。

 そのため、事務事業の見直し、スクラップ・アンド・ビルドによる予算の有効配分を行うなど、まさに身の丈に合った行財政の執行が求められているわけであります。

 このような中、合併のメリットとして、11年間で160億8,000万円の合併特例債が発行可能となります。この特例債を最大限に活用して、新しい都市づくりに努めてまいりたいと考えております。

 次に、新総合計画及び行財政改革についてであります。

 平成18年度中に策定を予定しております新しい加賀市の総合計画につきましては、しっかりとした理念に基づき、将来の展望を見据えるとともに、新市建設計画を核として、市民の皆様方にとって夢と希望の持てる将来都市像を描いてまいりたいと考えております。

 また、行財政改革大綱でありますが、行政サービスの向上と経費削減が可能となるように具体的な内容を、例えば指定管理者制度の活用や、総合的な分野においてサービスを行う株式会社の設立案などについて提示したいと考えております。

 そのためにも、プラン、つまり計画し、ドゥ、実行し、チェック、検証し、アクション、改善するといったP・D・C・Aサイクルを回していく行政評価制度を、市民の皆様方と一体となって取り組むこととしております。

 それでは、本議会に提案いたしております議案について御説明申し上げます。

 今回の本予算は、10月から3月までに要する新加賀市の予算であります。10月1日に専決いたしました3カ月間の暫定予算は、今議会の本予算の議決を得るとともに吸収されます。

 本予算の編成は、合併前の加賀市と山中町の9月時点の現計予算額から9月末の決算額を差し引いた額を基本としております。暫定予算の政策経費などについては、事業の緊急性を考慮し、それぞれ整理をした上で本予算に計上いたしております。また、これらのほか、義務的経費の人件費、扶助費や管理的経費などについては、今後の見込みにより増額しております。さらに、市民福祉の向上を目指して、今年度中あるいは平成18年度当初予算への橋渡しとなる事業を厳選して新たに追加しております。

 議案第28号平成17年度加賀市一般会計予算についてでありますが、主な追加事業として、来年夏にスタートする地上デジタル放送に対応し、行政広報や防災などの情報を発信するケーブルテレビ網を広帯域化するための地域情報化基盤整備事業費、市内3温泉地の宿泊施設が高齢者や障害者、外国人など、人に優しく、魅力あふれる施設に改修するための助成を行うユニバーサルデザイン推進費、橋立地区の自然環境を活用し、市民に開かれた自然園を整備し、生活環境の改善及び防災機能の強化を図る橋立地区土地区画整理事業の調査費、大聖寺地区に点在し、老朽化している聖北団地、鳥越団地、朝日団地を統合・集約化し、市営住宅を建てかえる市営住宅整備費、アメリカ・ニューヨークにおいて山中漆器展示会を開催し、販路拡大を図る漆器振興助成費などを予算計上しております。

 また、合併特例債を活用する事業として、地域情報化基盤整備事業費など12事業を選定し、6億4,980万円の発行を予定しております。

 財源といたしましては、市民税などの市税の増加も見込まれますが、厳しい財政状況の中、財政調整基金などを取り崩すこととしております。その主な基金でありますが、財政調整基金は、旧加賀市、旧山中町における取り崩し予定額を新市に引き継いで取り崩すこととし、さらに、市債償還に充てるため、減債基金を取り崩しております。福祉基金は、本年度に新たに生じた福祉関係の予算需要のために活用するものであります。

 その結果、一般会計の総予算額は174億9,530万円となっております。

 次に、特別会計8会計についてであります。

 国民健康保険会計、老人保健会計、下水道事業会計において、旧加賀市、山中町での9月末の打ち切り決算の収支が赤字となりました。その補てんとして、一般会計剰余金または事業調整基金から一時借り入れした額を返済することとし、その費用が会計上、増加しております。

 その結果、特別会計においては、議案第29号加賀市国民健康保険特別会計予算で50億1,060万円、議案第30号加賀市老人保健特別会計予算で50億180万円、議案第31号加賀市介護保険特別会計予算では、10月から介護施設での食費や居住費など、いわゆるホテルコストが自己負担となりましたことから、低所得者支援として、その費用に係る給付費を織り込みまして、29億4,650万円、議案第32号下水道事業特別会計予算で21億5,350万円、議案第33号山代温泉財産区特別会計予算で5,480万円、議案第34号片山津財産区特別会計予算で4,000万円、議案第35号山中温泉財産区特別会計予算では、財産区本来の源泉管理費及び指定管理者としての菊の湯管理費を合わせて9,960万円、議案第36号加賀市長谷田西土地区画整理事業特別会計予算で4,150万円となっております。

 次に、企業会計では、議案第37号加賀市病院事業会計予算で、加賀市民病院及び山中温泉医療センターの両病院を合わせて42億8,740万円、議案第38号加賀市水道事業会計予算で27億9,860万円となり、全会計の総予算額は399億2,960万円となっております。

 続きまして、条例案件について御説明申し上げます。

 今回提案しております条例案件は、全部で6件であります。

 議案第39号加賀市名誉市民条例は、社会文化の進展に寄与し、または市に深い関係を有する方々に名誉市民の称号を贈ることに関して必要な事項を定めるものであります。

 議案第40号加賀市表彰条例は、本市において功労または篤行のあった市民、団体を表彰することに関して必要な事項を定めるものであります。

 議案第41号加賀市地域医療審議会条例は、地域医療の充実を図るために審議会を設置することに関して必要な事項を定めるものであります。

 議案第42号加賀市公有林野官行造林条例を廃止する条例では、国との間で締結されていた国有林に係る契約が解除されたことに伴い、条例を廃止するものであります。

 議案第43号加賀市火災予防条例の一部を改正する条例は、法令の改正に伴い、一部改正を行うものであります。

 議案第44号加賀市長職務執行者の給与及び旅費に関する条例を廃止する条例は、市長職務執行者が職務を終えたことに伴い、条例を廃止するものであります。

 その他の案件といたしまして、本市を含めた市町合併及び法令の改正に伴い、一部事務組合の規約変更を行うものが2件、また、公の施設において、地方自治法の規定に基づき、指定管理者に管理させるために指定の議決を求めるものが68件であります。

 以上、本日提出いたしました議案の概要を御説明申し上げました。議員各位におかれましては、慎重に御審議をいただきまして、議決を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(西出振君) 提案理由の説明は終わりました。



△休会決定



○議長(西出振君) 日程第4、休会の件についてお諮りいたします。

 議案調査のため、明3日から11日までの9日間、休会いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と言う者あり)



○議長(西出振君) 御異議なしと認めます。よって、以上のとおり休会することに決しました。



△閉議



○議長(西出振君) 本日の議事はこれをもって終了いたしました。

 次会は12月12日午前10時から会議を開きます。

 本日はこれにて散会いたします。

                             午前10時17分閉議

             議事日程(第1号)

                         平成17年12月2日(金)

                         午前10時 開議

日程第1 会議録署名議員の指名

  第2 会期の決定

  第3 市長提出議案第28号から第114号まで

     一括議題

      説明

  第4 休会の決定

     閉議

                  (写)

                         発加行第51号

                         平成17年12月2日

加賀市議会議長

  西出 振様

                             加賀市長  大幸 甚

            議案の提出について

 平成17年第3回加賀市議会定例会に提案する議案を、次のとおり提出します。

         議案第28号から議案第114号まで

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                  (写)

                         収加行第11.28−1号

                         平成17年12月2日

加賀市議会議長

  西出 振様

                             加賀市長  大幸 甚

            説明員の出席について(通知)

 地方自治法(昭和22年法律第67号)第121条及び加賀市議会委員会条例(平成17年加賀市条例第218号)第20条の規定に基づき、平成17年第3回加賀市議会定例会の説明員を、別紙のとおり通知します。

       平成17年第3回加賀市議会定例会説明員名簿

     市長                     大幸 甚

     助役                     田中 實

     助役                     田島孝一

     総務部長                   深村富士雄

     市民部長                   津田稔勝

     地域振興部長                 和田 究

     建設部長                   本田義勝

     病院管理部長                 福村孝治

     山中温泉支所長                畦地和司

     政策監                    表 雅裕

     秘書課長                   酒井 猛

     行財政課長                  嶽野和保

     工事検査室長                 出嶋榮吉

     政策課長                   皆本眞司

     会計課長                   清水美知子

     政策監                    吉村信夫

     政策監                    大和徳泰

     窓口課長                   吉野順一

     福祉保険課長                 笹木憲一

     介護保険室長                 荒木優子

     こども課長                  山下正純

     税料金課長                  鹿野博志

     健康課長                   泉 喜久雄

     政策監                    田中 豊

     政策監                    今川俊一

     政策監                    元谷信也

     政策監                    中村 誠

     観光商工課長                 久保基樹

     農林水産課長                 塚谷裕次

     環境安全課長                 菅生安芳

     まちづくり課長(兼吉田屋展推進室長)     見附裕史

     政策技監                   岡田秀雄

     政策技監                   池端幸雄

     政策監                    力田一夫

     整備課長                   北野長俊

     景観文化室長                 山崎 正

     地籍調査室長                 谷口正一

     上下水道課長                 中出隆夫

     管理課長                   西出英雄

     町屋再生室長                 菅村 勉

     総務課長                   畑中修子

     医事課長                   南出眞知子

     庶務課長                   東野正雄

     振興課長                   山本憲一

     山中温泉支所窓口課長             上野利夫

     施設管理課長                 下出啓司

     議会事務局長                 河原良宣

     代表監査委員                 梅田茂徳

     監査委員事務局長               小池 衞

     教育委員会委員長               北出俊雄

     教育委員会教育長               北澤陸夫

     教育管理部長                 上出雄二

     教育総務課長                 水出外志和

     学校指導課長                 荒谷 実

     消防長                    松村勇一

     政策監                    末 一夫

     消防課長                   宮竹 節

     消防署長                   加野 勉

     山代温泉財産区管理会長            大橋泰男

     山代温泉財産区管理会事務局長         下 登志博

     片山津財産区管理会長             安宅俊和

     片山津財産区管理会事務局長          中谷一夫

     山中温泉財産区管理会長            浅井廣史