議事ロックス -地方議会議事録検索-


石川県 加賀市

平成17年  6月 定例会(第3回) 06月03日−01号




平成17年  6月 定例会(第3回) − 06月03日−01号







平成17年  6月 定例会(第3回)



                 平成17年6月3日(金)午前10時10分開会

出席議員(21名)

                          1番  宮下一夫

                          2番  高辻伸行

                          3番  安達優二

                          4番  谷本直人

                          5番  長谷川浄教

                          7番  山口忠志

                          8番  細野祐治

                          9番  岩村正秀

                         10番  宮本啓子

                         11番  上出栄雄

                         12番  小塩作馬

                         13番  西出清次

                         14番  坂野行平

                         15番  西出 振

                         16番  林 俊昭

                         17番  若林幸子

                         18番  吉江外代夫

                         19番  林 茂信

                         20番  新後由紀子

                         21番  村井幸栄

                         22番  川下 勉

欠席議員(0名)



△開会



○議長(坂野行平君) ただいまから、平成17年第3回加賀市議会定例会を開会いたします。



△表彰状伝達



○議長(坂野行平君) 会議に先立ちまして、今般、北信越市議会議長会並びに全国市議会議長会から長年にわたり市議会議員として在職し、市政の発展、振興に寄与されたことによって表彰された方々に表彰状の伝達を行います。



◎事務局長(河原良宣君) 初めに北信越市議会議長会の表彰から伝達を行います。

 特別表彰、在職15年表彰。

 若林幸子議員。



○議長(坂野行平君) 表彰状。加賀市、若林幸子殿。

 あなたは市議会議員として在職15年、よく市政の発展に努められ、その功績はまことに顕著なものがあります。よって、第80回定期総会に当たり、本会表彰規程により表彰します。

 平成17年4月14日。北信越市議会議長会会長、新潟市議会議長、松原藤衛。



◎事務局長(河原良宣君) 林 俊昭議員。



○議長(坂野行平君) 表彰状。加賀市、林 俊昭殿。

 あなたは市議会議員として在職15年、よく市政の発展に努められ、その功績はまことに顕著なものがあります。よって、第80回定期総会に当たり、本会表彰規程により表彰します。

 平成17年4月14日。北信越市議会議長会会長、新潟市議会議長、松原藤衛。



◎事務局長(河原良宣君) 在職10年表彰。

 小塩作馬議員。



○議長(坂野行平君) 表彰状。加賀市、小塩作馬殿。

 あなたは市議会議員として在職10年、よく市政の発展に努められ、その功績はまことに顕著なものがあります。よって、第80回定期総会に当たり、本会表彰規程により表彰します。

 平成17年4月14日。北信越市議会議長会会長、新潟市議会議長、松原藤衛。



◎事務局長(河原良宣君) 続きまして、全国市議会議長会の表彰の伝達を行います。

 一般表彰。在職15年表彰。

 若林幸子議員。



○議長(坂野行平君) 表彰状。加賀市、若林幸子殿。

 あなたは市議会議員として15年、市政の振興に努められ、その功績は著しいものがありますので、第81回定期総会に当たり、本会表彰規程により表彰いたします。

 平成17年5月25日。全国市議会議長会会長、藤沢市議会議長、国松 誠。



◎事務局長(河原良宣君) 林 俊昭議員。



○議長(坂野行平君) 表彰状。加賀市、林 俊昭殿。

 あなたは市議会議員として15年、市政の振興に努められ、その功績は著しいものがありますので、第81回定期総会に当たり、本会表彰規程により表彰いたします。

 平成17年5月25日。全国市議会議長会会長、藤沢市議会議長、国松 誠。



◎事務局長(河原良宣君) 在職10年表彰。

 小塩作馬議員。



○議長(坂野行平君) 表彰状。加賀市、小塩作馬殿。

 あなたは市議会議員として10年、市政の振興に努められ、その功績は著しいものがありますので、第81回定期総会に当たり、本会表彰規程により表彰いたします。

 平成17年5月25日。全国市議会議長会会長、藤沢市議会議長、国松 誠。



◎事務局長(河原良宣君) 以上で表彰状の伝達を終わります。



○議長(坂野行平君) この際、市長から発言を求められておりますので、これを許します。

 大幸市長。



◎市長(大幸甚君) ただいま、15年並びに10年の長きにわたり、市議会議員として市政の推進に尽力されました御功績により、全国市議会議長会並びに北信越市議会議長会から表彰を受けられました若林幸子議員、林 俊昭議員、小塩作馬議員に対し、心からお祝いを申し上げます。

 表彰の栄を受けられました3氏におかれましては、市民の信頼を得、市議会議員として豊富な経験と強い責任感を持って、市民の福祉向上を願い御尽力されましたことに改めて深甚なる敬意と感謝を表する次第でございます。

 どうぞ今後ともますます御壮健で、市政の発展に一層の御活躍を御期待申し上げまして、私のお祝いの言葉にかえさせていただきます。

 本日は本当に心からお祝いを申し上げます。おめでとうございます。



△開議



○議長(坂野行平君) これより、本日の会議を開きます。



△議長諸報告



○議長(坂野行平君) 今定例会の説明員の出席について及び監査委員による監査結果の各報告につきましては、お手元に配付のとおりであります。



△会議録署名議員指名



○議長(坂野行平君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 本署名議員には会議規則第81条の規定により、岩村正秀君、宮本啓子君を指名いたします。



△会期決定



○議長(坂野行平君) 日程第2、会期の決定を行います。

 お諮りいたします。

 本定例会の会期は本日から6月20日までの18日間といたしたいと思いますが、これに御異議はございませんか。

         (「異議なし」と言う者あり)



○議長(坂野行平君) 御異議なしと認めます。よって、今定例会の会期は18日間とすることに決しました。



△市長提出議案説明



○議長(坂野行平君) 日程第3、本日市長から提出のあった報告第1号及び議案第36号から第66号までを一括議題といたします。

 市長から提案理由の説明を求めます。

 大幸市長。



◎市長(大幸甚君) 本日、平成17年第3回加賀市議会定例会を招集いたしましたところ、議員各位には御出席を賜り、ありがとうございます。

 開会に当たり、10月に迫った山中町との合併に関する政策課題及び提案しております平成17年度補正予算の概要などを説明申し上げます。

 議員各位並びに市民の皆様方の御理解と御協力を賜りますようお願いいたします。

 現在、加賀市が直面し、乗り越えなければならない課題のすべてが山中町との合併であります。これまでの山中町との17回にわたる合併協議会で、新市の体制づくりについての事務的協議はほぼ終了し、いよいよ仕上げの作業にかかる段階となりました。10月1日の合併まで4カ月足らずに迫りましたが、この間、全精力を傾注して、加賀市民、山中町民に迷惑をかけることなく円滑な事務の体制に移行できるよう万全の体制で臨みたいと思います。

 具体的には、まず7月1日をめどに、新市の発足にあわせ、基本となる住民基本台帳、税や料金、福祉、財務などの全25業務の電算システムについて、統合システムを稼働させながら、入力結果が適正であることの確認作業を行います。

 次に、機構改革と組織の編成についてであります。

 新市の機構については、協定に従い、加賀市の組織機構を基本にしながら、各部局の所管事務にも大幅な変更のないよう配慮するとともに、山中温泉支所のほか加賀市民病院、山中温泉医療センターを所管させる病院管理部を、また教育委員会事務局に教育管理部をおのおの設置する予定であります。

 また、平成18年4月の介護保険制度改正にあわせて介護保険室を、また企画戦略的な作業及び事務の適正化を図るための工事検査室、景観保全室、地籍調査室などを設置する予定としております。なお、組織の名称についても、簡潔でわかりやすいものになるよう変更する予定でおります。

 新市においては、この新組織機構体制で、世界から注目される水と森のふるさととしての都市づくりを進めていただきたいと思います。

 次に、人事異動と配置及び市町職員の交流についてであります。

 合併は、地方史における重大な歴史的転換点であります。この重大な局面において職責を果たしていかなければならないことに、加賀市と山中町の職員の多くが期待と不安を持っております。職員の期待にはこたえるべく、不安を取り除き、速やかに新体制に適応できるような体制づくりも急がねばなりません。それには、山中町の職員と加賀市の職員がそれぞれの地域を理解し、人を理解し、職場のルールを理解することで、相互に信頼できる人間関係を築くことが大事であると考えております。そのためには、合併協議会でも説明しておりますとおり、早期の職員交流を行うことが必要であると考えております。

 次に、庁舎改修についてであります。

 庁舎レイアウトについては、既存施設の有効利用を基本としておりますが、山中町からの職員を迎え、一時的に職員数が増加し、本庁舎及び別館だけでは収まらないため、教育委員会を市民会館に移動するなど、所要の改修を行います。

 次に、合併に向けた加賀市民と山中町民の交流イベントについて申し上げます。

 加賀市と山中町の住民同士が、交流を通じて相互の理解を深めるため、8月20日と21日に合併記念イベントえぬのくにまつりを開催します。これは、大人から子供までのおおよそ2万人の住民の参加を目指す交流イベントで、加賀市中央公園を主会場とし、山代、片山津、山中の3温泉にもサブ会場を設けます。

 会場では、市と町の保育園児から小学生までの子供たち全員の造形作品を展示したり、来場者一人一人の合併記念モニュメントを制作するなど、合併してよかったと体感できる催しを企画しております。市民、町民の多数の参加をお願いするものであります。

 次に、市政の6年間を振り返り、これまでに取り組んできました施策に対する思いを申し上げたいと思います。

 私は、市長に就任して以来、本物だけが生き残るという信念を持って、「自然と文化が息づくまち」づくりに取り組んでまいりました。先般も、第7回ふるさとの森づくり植樹祭を片野海岸で実施し、議員各位を初め、大勢の市民や市外からの植樹ボランティアの参加を得、1万本の苗木を植えることができました。この3年間に市内で植樹した数は3万 5,000本を超えており、市民の皆さんに、本来の潜在自然植生による本物の森づくりの大切さが理解されてきているものと考えております。本物の森とは、その土地の気候、風土、土質に合ったものであり、何百年もの間、気候変動や病害虫及び災害にもびくともしない鎮守の森のようなものであります。

 また、本市には、古来から世界に通じるものとして古九谷があります。九谷五彩による山水、花鳥風月、人物などを大胆に、優雅に描き出した色絵の数々は、今も世界の中で人々を魅了しております。これらの文化を生んだ加賀市の風土には、世界に誇れる遺伝子が生き続けているものと考えております。

 先ごろ、加賀市と山中町合同の課長級研修で、加賀市と山中町の企業を視察しましたが、そこでは、極限の精度を要求される製品が、若い技術者の手でつくり上げられていました。その高度な人間の技によってつくり出された製品が、情報通信の最先端で世界をリードする海外企業に送られていることに感動し、感激したところであります。

 新市においても、このように過去に光っていたものの中から今も光り輝くものを探し出し、未来に輝き続ける本物にこだわり、世界から注目される文化・文明を持つ新生加賀市になってほしいと願っております。

 それでは、御提案申し上げている一般会計補正予算などについて、その概要を申し上げます。

 まず、平成16年度加賀市一般会計の決算見込みであります。

 歳入は、景気の上向き状況から、法人市民税が増収となり、一方、歳出では光熱水費や展観施設などの経費削減により、財政調整基金を取り崩さないで、約1億 9,000万円の黒字となる見込みです。

 また、特別会計では、老人保健特別会計が国・県負担金などの精算払いが翌年度に繰り延べられたために約 2,400万円の赤字となりましたが、その他の会計では黒字となる見込みです。

 企業会計では、水需要の伸びや企業債の借りかえなどによる経費節減で約 6,000万円の黒字となる見込みであります。

 次に、専決処分の報告であります。

 報告第1号は、平成17年度加賀市老人保健特別会計補正予算の専決処分であります。

 その内容は、平成16年度決算において、国・県負担金などの精算払いが翌年度に繰り延べられ、歳入に不足が生じたため、平成17年度の予算から繰り上げ充用することについて、5月31日に専決処分を行ったものであります。

 次に、議案第36号は、平成17年度加賀市一般会計補正予算で、補正額 6,770万円、総額 219億 8,670万円となっております。今般の予算補正では、山中町との合併に備え、新市が円滑に発足するための事業を重点として計上しております。

 その主なものは、合併協議会で調整されました山代・片山津両温泉の総湯を市民の財産として、また観光振興につながる施設として位置づけるため、温泉交流施設基本構想策定事業、山中町との合併を機に、加賀市、山中町の住民が新市民としての一体感の醸成を図り、住民交流を促す合併記念イベントえぬのくにまつりの開催、子育て応援プランに掲げる家庭における子育ての経済的負担の軽減を図るための保育料1人当たり平均12.2%の引き下げについて、合併前の7月分の保育料から適用するための改定とその財源の確保、保育園児が泥んこ遊びを体験できるようにするための実施方法の検討や試みを行う泥んこ体験保育事業などを主要事業に掲げています。

 以下、その他の歳出補正について目的別にその概要を御説明申し上げます。

 総務費では、障害者の雇用率を向上させる臨時職員給与費、町内集会施設の老朽化による修繕費の助成費などを計上しております。

 民生費では、障害者自立支援法の施行に向けての準備事業費、国・県補助制度の改正に伴う学童クラブ運営費を増額するとともに、新たにひとり親家庭が学童クラブを利用する際にかかる保育料を一部助成する学童保育活動助成費などを計上しております。

 衛生費では、健やかコミュニティーモデル地区の育成として、湖北地区の健康づくり事業費、再生可能な資源をバイオマスによる肥料化、エネルギー化などにより循環させる資源リサイクル基本調査費を新たに計上しております。

 農業費では、農作物のイノシシ被害対策の強化や集団営農機械購入助成の農業生産総合対策事業費、農業排水路しゅんせつの土地改良事業地元負担金助成費などを増額計上しております。

 商工費では、山中漆器の海外市場向けに商品開発及び販路開拓を図るための漆器振興助成費、加賀温泉郷4温泉の観光資源の連携可能性調査や、誘客拡大の宣伝活動などを支援する活動助成費、石川県が東京において観光振興を図る首都圏アンテナショップ設置の負担金を計上しています。

 土木費では、合併記念行事の一環としての景観シンポジウム開催費、宇谷野工場団地の消融雪施設設置の水源調査費を計上しております。

 消防費では、幼年消防用鼓笛隊セット購入費を新たに計上しております。

 教育費では、合併記念事業として、古九谷と山中漆器のであい展及びモンゴル音楽祭の開催費、私立幼稚園施設整備助成費を計上しております。

 これら歳出補正に充当する歳入といたしまして、加賀ケーブルテレビの市保有株を金沢ケーブルテレビに譲渡することによる財産収入を計上しているほか、国・県支出金、諸収入、16年度からの繰越金を充てております。

 議案第37号は、片山津財産区特別会計補正予算で、その予算額は 1,280万円で、総額 6,370万円となっております。

 歳出では、片山津熱エネルギー株式会社の業務廃業に伴う給湯施設の施設整備費で、歳入は、事業調整基金を取り崩すこととしております。

 議案第38号は、下水道事業会計補正予算で、その予算額は 920万円で、総額25億 1,640万円となっております。農業集落排水事業に係る市債を低利に借りかえるための予算計上であります。

 議案第39号は、水道事業会計補正予算で、その予算額は 1,240万円で、総額37億 4,760万円となっております。

 歳出は、高尾町地内の県道つけかえに伴う配水管移設工事費で、歳入は企業債を充てております。

 続きまして、条例案件について御説明申し上げます。

 今回提案しております条例案件は、すべて一部改正を行おうとするものであり、全部で14件であります。

 まず、山中町との合併に伴うものといたしまして、合併後を視野に入れた機構の改編と、本庁舎における執務スペースを確保するための加賀市部設置条例及び加賀市市民会館条例の一部改正の2件であります。

 次に、公の施設に指定管理者制度を導入するためのものといたしまして、加賀市公の施設の指定管理者の指定手続などに関する条例及び加賀市公の施設共通使用料条例の一部改正を初めとし、加賀市セミナーハウスあいりす条例、加賀市文化会館条例、加賀市体育施設条例並びにいきいきランドかが条例の一部改正の6件であります。

 次に、有害図書などの自動販売機のさらなる適正な管理などを行うためのものといたしまして、加賀市図書等自動販売機の適正な設置及び管理に関する条例を、また保育園保育料の減額改定などを行うものといたしまして、加賀市児童福祉施設の費用徴収に関する条例の一部をそれぞれ改正するものであります。

 その他、法令などの改正に伴うものといたしまして、加賀市税条例、加賀市手数料条例、加賀市火災予防条例及び片山津温泉共同浴場条例の一部改正の件であります。

 その他案件といたしまして、山中町との合併または県内の他市町の合併に伴うもので、一部事務組合の規約変更またはその解散、事務の受託の廃止に関する協議、協議会からの脱退、審査会からの共同設置の廃止に関するものが10件であります。

 最後に、橋立漁港の埋め立て工事に伴い、新たに生じた土地の確認並びに町及び字の区域の変更に関するものが1件、市道路線の認定に関するものが1件であります。

 以上が、本日提案いたしております議案の概要であります。何とぞ御審議を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 なお、昨日以来、全国でガードレールの金属破片の問題が出ております。当市におきましても緊急に調査をさせていただきました。当市におきましては、ただいま、けさ早くから調査中でございまして、9時50分現在、松山町内で1件、中島町内で1件、柴山町内で1件、弓波町内で1件、計4件が発見されております。現地での安全対策を講じております。午前中を目標にして、7班体制で現在もパトロールを実施しておるのであります。

 先ほど、上出議員より、弓波町のガードレールの金属破片、こういう破片が出ておりまして、私の力で曲げれば曲がりますけれども、これがまともに入ったら、恐らくずぼっと入るのではないかなと。とても危険ですし、ここから自転車でやったら、すぱっと包丁のように、多分こうやれば必ず切れると思います。とても危険であると思います。全力挙げて調査をし、除去していきたい。そして、今後ともパトロールをしていきたいと、こういうふうに思います。

 以上であります。



○議長(坂野行平君) 提案理由の説明は終わりました。



△議長諸報告



○議長(坂野行平君) この際、御報告いたします。

 地方自治法施行令第 146条第2項の規定により、平成16年度の一般会計、下水道事業特別会計における繰越明許費及び事故繰り越しについては報告第2号、第3号、第4号をもって、地方自治法第 243条の3第2項の規定により、加賀市土地開発公社及び財団法人加賀市地域振興事業団の各法人の平成16年度及び平成17年度の経営状況などについては報告第5号から報告第8号をもって、それぞれお手元に配付の書類のとおり、議会に対して報告がありましたので、お知らせいたします。



△休会決定



○議長(坂野行平君) 日程第4、休会の件についてお諮りいたします。

 議案調査のため、明4日から12日までの9日間休会いたしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。

         (「異議なし」と言う者あり)



○議長(坂野行平君) 御異議なしと認めます。よって、以上のとおり休会とすることに決しました。



△閉議



○議長(坂野行平君) 本日の議事はこれをもって終了いたしました。

 次会は6月13日午前10時から会議を開きます。

 本日はこれにて散会いたします。

                             午前10時46分閉議

             議事日程(第1号)

                         平成17年6月3日(金)

                         午前10時 開議

  (北信越、全国市議会議長会の表彰あり)

日程第1   会議録署名議員の指名

  第2   会期の決定

  第3   市長提出報告第1号及び議案第36号から第66号まで

       一括議題

        説明

  第4   休会の決定

       閉議

                  (写)

                            発加行第30号

                            平成17年6月3日

加賀市議会議長

   坂野行平様

                         加賀市長   大幸 甚

            議案の提出について

 平成17年第3回加賀市議会定例会に提案する議案を、次のとおり提出します。

          報告第1号及び議案第36号から第66号まで

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                  (写)

                            発加行第31号

                            平成17年6月3日

加賀市議会議長

   坂野行平様

                         加賀市長   大幸 甚

            報告書の提出について

 平成17年第3回加賀市議会定例会において、次のとおり報告します。

          報告第2号から第8号まで

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                  (写)

                            収加行第5.27−1号

                            平成17年6月3日

加賀市議会議長

   坂野行平様

                         加賀市長   大幸 甚

            説明員の出席について(通知)

 地方自治法(昭和22年法律第67号)第121条及び加賀市議会委員会条例(昭和35年加賀市条例第1号)第20条の規定に基づき、平成17年第3回加賀市議会定例会の説明員を、別紙のとおり通知します。

          平成17年第3回加賀市議会定例会説明員名簿

     市長                     大幸 甚

     助役                     田島孝一

     収入役                    中野孝子

     総務部長                   深村富士雄

     総務部合併担当部長              津田稔勝

     市民サービス部長               宮崎 護

     地域支援部長                 徳田 弘

     都市整備部長                 本田義勝

     秘書課長                   酒井 猛

     行財政課長                  嶽野和保

     政策人事課長                 皆本眞司

     会計課長                   久保基樹

     政策監                    元谷倫夫

     政策監                    大和徳泰

     窓口課長                   吉野順一

     福祉保険課長                 笹木憲一

     こども課長                  山下正純

     税料金課長                  鹿野博志

     政策監                    今川俊一

     観光商工課長                 和田 究

     農林水産課長                 田中 豊

     環境安全課長                 菅生安芳

     住民協働課長

                            見附裕史

     (兼吉田屋展推進室長)

     健康課長                   泉 喜久雄

     政策技監                   岡田秀雄

     政策技監                   池端幸雄

     政策技監                   山崎 正

     施設整備課長                 北野長俊

     上下水道課長                 中出隆夫

     施設管理課長                 西出英雄

     町屋再生室長                 菅村 勉

     議会事務局長                 河原良宣

     代表監査委員                 南海 豊

     監査委員事務局長               小池 衞

     教育委員会委員長               藤峰雅行

     教育委員会教育長               北澤陸夫

     教育総務課長                 水出外志和

     学校指導課長                 荒谷 実

     消防長                    松村勇一

     消防課長                   宮竹 節

     消防署長                   加野 勉

     山代温泉財産区管理会長            大橋泰男

     山代温泉財産区管理会事務局長         下 登志博

     片山津財産区管理会長             安宅俊和

     片山津財産区管理会事務局長          中谷一夫

                  (写)

                            収加行号外

                            平成17年6月3日

加賀市議会議長

   坂野行平様

                         加賀市長   大幸 甚

            説明員の欠席について(通知)

 平成17年第3回加賀市議会定例会説明員のうち、次の者が本会議を欠席しますので通知します。



所属

氏名
期日
理由


片山津財産区管理会
会長
安宅俊和
6月3日
病気療養のため



 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                  (写)

                            発加監第41号

                            平成17年3月28日

加賀市議会議長

   坂野行平様

                     加賀市監査委員    南海 豊

                     加賀市監査委員    西出 振

            例月出納検査結果について(報告)

 地方自治法第235条の2第1項の規定により、平成17年2月末現在の現金出納検査を行ったので、その結果を同条第3項の規定により次のとおり報告します。

1.検査年月日  平成17年3月25日

2.検査の概要

 平成17年2月分出納について検査を実施したところ、その収支は別紙のとおりで、一般会計・特別会計(公営企業会計も含む)ともに収支の計数において違算はなく、指定金融機関の取り扱った収支額と符合していることを確認した。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                  (写)

                            発加監第42号

                            平成17年3月28日

加賀市議会議長

   坂野行平様

                     加賀市監査委員    南海 豊

                     加賀市監査委員    西出 振

            行政監査の結果について

 地方自治法第199条第2項の規定により実施したセミナーハウスあいりす、スポーツセンターに対する行政監査の結果を、同条第9項の規定により別紙のとおり報告します。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                  (写)

                            発加監第43号

                            平成17年3月28日

加賀市議会議長

   坂野行平様

                     加賀市監査委員    南海 豊

                     加賀市監査委員    西出 振

            財政的援助団体の監査の結果について

 地方自治法第199条第7項の規定により実施した加賀商工会議所に対する財政的援助団体の監査の結果を、同条第9項の規定により別紙のとおり報告します。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                  (写)

                            発加監第6号

                            平成17年4月26日

加賀市議会議長

   坂野行平様

                     加賀市監査委員    南海 豊

                     加賀市監査委員    西出 振

            例月出納検査結果について(報告)

 地方自治法第235条の2第1項の規定により、平成17年3月末現在の現金出納検査を行ったので、その結果を同条第3項の規定により次のとおり報告します。

1.検査年月日  平成17年4月25日

2.検査の概要

 平成17年3月分出納について検査を実施したところ、その収支は別紙のとおりで、一般会計・特別会計(公営企業会計も含む)ともに収支の計数において違算はなく、指定金融機関の取り扱った収支額と符合していることを確認した。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                  (写)

                            発加監第9号

                            平成17年5月26日

加賀市議会議長

   坂野行平様

                     加賀市監査委員    南海 豊

                     加賀市監査委員    西出 振

            例月出納検査結果について(報告)

 地方自治法第235条の2第1項の規定により、平成17年4月末現在の現金出納検査を行ったので、その結果を同条第3項の規定により次のとおり報告します。

1.検査年月日  平成17年5月25日

2.検査の概要

 平成17年4月分出納について検査を実施したところ、その収支は別紙のとおりで、一般会計・特別会計(公営企業会計も含む)ともに収支の計数において違算はなく、指定金融機関の取り扱った収支額と符合していることを確認した。