議事ロックス -地方議会議事録検索-


石川県 輪島市

平成14年  3月 旧輪島市 定例会(第1回) 03月14日−04号




平成14年  3月 旧輪島市 定例会(第1回) − 03月14日−04号









平成14年  3月 旧輪島市 定例会(第1回)



            平成14年3月14日(木曜日)

              (午後2時18分開議)

出席議員(17人)

   1番  森 正樹         2番  漆谷豊和

   3番  大宮 正         4番  高田正男

   5番  椿原正洋         7番  上平公一

   8番  上野吉邦         9番  小川 栄

  10番  とおし勝年       12番  橋本重勝

  13番  坂本賢治        14番  田中秀男

  15番  中納治良三郎      16番  坂下幸雄

  18番  大畑 豊        19番  園又輝夫

  20番  中山 勝

欠員(3人)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

説明のため議場に出席した者の職氏名

  市長      梶 文秋      助役      粟原正一

                    総務部長

  収入役     源代 清      兼監理課長   小坂文夫

                    事務取扱

  福祉環境              産業経済

          向面正一              竹中栄信

  部長                部長

  総務課長    宿谷秋央      企画課長    大下泰宏

  財政課長    坂下信幸      税務課長    上 清広

                    農林水産

  福祉課長    谷 弘明              浦 啓一

                    課長

                    漆器観光

  商工業課長   小上防 登             木引松男

                    課長

                    都市整備

  土木課長    角 隆一              谷口 寛

                    課長

                    教育次長兼

  教育長     松岡惠水              田中正明

                    庶務課長

  教育委員会             教育委員会

  学校教育    山下至高      生涯学習    皆戸秀継

  課長                課長

  監査委員

          高森 茂

  事務局長

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議・会議時間延長



○議長(中納治良三郎君) これより本日の会議を開きます。

 この際、本日の会議時間はあらかじめこれを延長しておきます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議長諸報告



○議長(中納治良三郎君) この際、ご報告を申し上げます。

 本日、開催されました議会運営委員会において、副委員長の選任が行われ、橋本重勝君が互選された旨、通知がありましたので、ご報告いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△委員長報告



○議長(中納治良三郎君) 日程に入り、市長提出報告第1号及び議案第1号ないし第46号並びに前回から継続審議中の議会議案第11号を一括して議題といたします。

 右、各件の委員会における審査の経過並びに結果について委員長の報告を求めます。

 総務委員長上平公一君。

              (総務委員長 上平公一君登壇)



◆総務委員長(上平公一君) 平成14年第1回市議会定例会において総務委員会に付託された事件に対する審査の経過並びに結果について、ご報告申し上げます。

 新年度事業の執行に当たっては、統計的なデータを活用するなど、現実を見きわめながらその方向を誤らないように留意をするとともに、目前に迫ったペイオフ制度の開始に伴っては、金融機関の健全性について日常的に調査研究を行い、より確実な、より有利な公金運用を行うよう、意見が出されました。

 また、平成14年度予算に措置された新規防災対策基金のあり方に関連し、救急救命体制、防火水槽、防犯灯、防災無線など、消防防災に関する質疑も多く出たところであり、日常的な危機管理意識の高揚に努めるよう求めました。

 そのほか本委員会に付託された案件については、当局より詳細なる説明を聴取し、慎重に審査をいたしました結果、議案18件をいずれも原案どおり可とすることに決しました。

 以上で本委員会の報告とします。



○議長(中納治良三郎君) 教育民生委員長椿原正洋君。

              (教育民生委員長 椿原正洋君登壇)



◆教育民生委員長(椿原正洋君) 平成14年第1回市議会定例会において教育民生委員会に付託されました議案に対する審査の経過並びに結果について、ご報告申し上げます。

 平成14年度予算案及び13年度補正予算案の審議の過程において、世代間交流施設整備事業費の中で、土地取得費、建物改修費と寄附に係る部分との相互関係について、十分な説明がなければ誤解が生ずると思われる表現があったため、事業の実施に当たり、市民に対しての説明に注意を払うよう求めました。

 また、学校週5日制に対する対応については、学校、地域、PTAが一体となった取り組みができるよう、柔軟性のある体制づくりに努めるよう意見がありました。

 さらに看護師の恒常的な不足を根本的に解決するための対策案が議員より提案され、次回委員会までに検討するように求めました。

 その他、議案16件について当局より詳細な説明を聴取し、慎重に審査いたしました結果、いずれも原案を可とすることに決しました。

 以上、本委員会の報告を終わります。



○議長(中納治良三郎君) 経済委員長上野吉邦君。

              (経済委員長 上野吉邦君登壇)



◆経済委員長(上野吉邦君) 平成14年第1回市議会定例会において経済委員会に付託されました事件に対する審査の経過並びに結果についてご報告申し上げます。

 本委員会に付託された報告1件、議案19件について当局より詳細なる説明を聴取し、慎重に審査をいたしました結果、原案を可とすることに決しました。

 なお、当市の漁業振興を目的として、舳倉島周辺で国及び県により実施されている人工漁礁造成事業については、市の負担がないとはいえ、11億円もの巨費を投じて実施するものであることから、今後定期的に追跡調査をし、どのような効果が上げられたのかを検証し、報告するよう求めました。

 また、舳倉島周辺のみならず、西保地区や名舟、大川、曽々木地区においても、漁礁造成等により漁業振興を図るよう求めました。

 以上、本委員会の報告とします。



○議長(中納治良三郎君) 輪島市議会議員政治倫理条例特別委員長園又輝夫君。

           (輪島市議会議員政治倫理条例特別委員長 園又輝夫君登壇)



◆輪島市議会議員政治倫理条例特別委員長(園又輝夫君) 平成13年第4回市議会定例会において、本委員会に付託された「輪島市議会議員政治倫理条例」に関する審議の状況についてご報告申し上げます。

 去る1月18日には、県内市町村議会における制定状況及び実例による法令解釈について、1月29日には、先進的な条例や要綱などの実例と本市の当該条例との比較について、2月13日には、本件を一部修正した試案について、2月20日には、本市議員の事件と当該条例との関係及び政治倫理に関する議会決議あるいは要綱について、2月25日には、委員長報告について、計5回の会議を開催し、審議をいたしました。

 倫理道徳は、関係する個人や集団ごとに、それぞれの価値観や利害を背景とした多様なものがあり、その中でいかにそれらを調整し、住民全体の利益にかなうような、具体的な目的を設定していくかということが、立法政策においても最も基本的な問題であります。

 条例はあくまでも「規範」として制定されるべきであり、一定の強要や拘束性を持ち、あるいはその行動等の準則たり得るものでなければならず、その内容においては実効性を持ち得るものが必要であります。

 条例の制定は、さまざまな社会的な価値や要求を、比較し、はかって調整する価値的な作業でありますが、実際上は理論や理念の場ではなく、利害が交錯し、意見が対立する政治の場で行われることにおいて、決して無色なものとはなり得ません。

 さらに、法規定の欠如が「特にその事項について、いかなる規制をも施すことなく、放置すべき趣旨である」と解される場面もあることから、本委員会に付託された条例で定める適用対象の範囲について、基準の設定のためには確たる事象が必要であるとの意見がありました。

 この審議過程において、近年の社会情勢に照らし合わせ、市民に対し、議会人として殊さら襟を正す必要性は、委員全員が等しく痛感するところであります。

 そこで、事実上の効果を生み出すためには、議員みずからの問題として、まず議会決議や要綱制定を行うべきとの意見や、あるいは原案どおり条例で制定するべきとの意見もありました。

 以上、熱心に審議を重ねたところでありますが、付託案件に対する結論を導くまでには至りませんでしたので、議長のもとで適切にお取り計らいいただきますようお願い申し上げます。

 以上、輪島市議会議員政治倫理条例特別委員会の報告といたします。



○議長(中納治良三郎君) 以上で委員長報告を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△質疑



○議長(中納治良三郎君) これより委員長報告に対する質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

              (「なし」というものあり)



○議長(中納治良三郎君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△討論



○議長(中納治良三郎君) これより、以上の各件に対する討論に入ります。

 討論ありませんか。

              (「なし」というものあり)



○議長(中納治良三郎君) 討論なしと認めます。

 これをもって討論を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△採決



○議長(中納治良三郎君) これより、市長提出報告第1号及び議案第1号ないし議案第46号を一括して採決いたします。

 以上の各件は、委員長報告のとおり決することにご異議ありませんか。

              (「異議なし」というものあり)



○議長(中納治良三郎君) ご異議なしと認めます。よって、以上の各件は委員長の報告のとおり決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議会議案(第11号)



○議長(中納治良三郎君) 次に、前回から継続審議中の議会議案第11号は、ただいまの委員長報告のとおりでありますので、本会議の議題といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△採決



○議長(中納治良三郎君) お諮りいたします。本案は即決いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

              (「異議なし」というものあり)



○議長(中納治良三郎君) ご異議なしと認めます。よって、本案は即決することにいたしました。

 採決いたします。

 議会議案第11号「輪島市議会政治倫理条例の制定について」は、これを原案のとおり可とすることに賛成の諸君の起立を求めます。

              (起立多数)



○議長(中納治良三郎君) 起立多数であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△追加議案上程の件



○議長(中納治良三郎君) 次に、本日市長から追加提出のあった議案第47号及び第48号を上程いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△市長追加議案説明



○議長(中納治良三郎君) これより、追加議案に対する説明を求めます。

 市長。

              (市長 梶 文秋君登壇)



◎市長(梶文秋君) 本日、追加提出いたしました議案につきましてご説明を申し上げます。

 議案第47号につきましては、本市公平委員会委員、堀 秀知氏が平成14年3月31日をもって任期満了となりますが、引き続き同氏を再任いたしたく、地方公務員法第9条第2項の規定により、議会のご同意をお願いするものであります。

 また、議案第48号の本市固定資産評価審査委員会委員、田尻英也氏におかれしても、同じく平成14年3月31日をもって任期満了となりますが、引き続き同氏を再任いたしたく、地方税法第 423条第3項の規定により、議会のご同意をお願いするものであります。

 以上が、今回提出いたしました議案の主な内容であります。何とぞ原案どおりお認めいただきますようお願い申し上げます。



○議長(中納治良三郎君) 以上で説明を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△公平委員会委員選任同意の件



○議長(中納治良三郎君) これより、市長提出議案第47号「公平委員会委員選任につき同意を求めることについて」を議題といたします。

 お諮りいたします。本案は人事に関する案件につき、この際即決いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

              (「異議なし」というものあり)



○議長(中納治良三郎君) ご異議なしと認めます。よって、即決することに決しました。

 採決いたします。

 本案は同意することに賛成の諸君の起立を求めます。

              (起立全員)



○議長(中納治良三郎君) 起立全員であります。よって、本案は同意することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△固定資産評価審査委員会委員選任同意の件



○議長(中納治良三郎君) 次に、議案第48号「固定資産評価審査委員会委員選任につき同意を求めることについて」を議題といたします。

 お諮りいたします。本案は、人事に関する案件につき、この際即決いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

              (「異議なし」というものあり)



○議長(中納治良三郎君) ご異議なしと認めます。よって、即決することに決しました。

 採決いたします。

 本案は、同意することに賛成の諸君の起立を求めます。

              (起立全員)



○議長(中納治良三郎君) 起立全員であります。よって、本案は同意することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△特別委員会委員辞任並びに定数の改正及び委員の選任の件



○議長(中納治良三郎君) 次に、本日、交通対策特別委員会委員長、坂下幸雄君外全委員、日本航空学園立地推進特別委員会委員長、大畑 豊君外全委員から辞任の願い出があり、これを許可いたしました。

 これより、交通対策特別委員会、日本航空学園立地推進特別委員会の定数の改正並びに委員選任を行います。

 お諮りいたします。以上の2特別委員会の定数及び委員は、お手元に配付のとおりといたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

              (「異議なし」というものあり)



○議長(中納治良三郎君) ご異議なしと認めます。よって、以上のとおり決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△産業振興対策特別委員会委員長報告



○議長(中納治良三郎君) 次に、産業振興対策特別委員会における審査の経過並びに結果について、委員長の報告を求めます。

 産業振興対策特別委員長田中秀男君。

              (産業振興対策特別委員長 田中秀男君登壇)



◆産業振興対策特別委員長(田中秀男君) 産業振興対策特別委員会活動終了報告をいたします。

 産業振興対策特別委員会に対して、議会の決議により調査を付託された事項について、このたび調査を終了いたしましたので、その経過並びに結果についてご報告申し上げます。

 本委員会は、以前の水資源確保対策特別委員会及び観光振興対策特別委員会の調査終了の流れを受け、企業誘致の促進及び地場産業の振興に関することについて調査研究することを目的として、平成9年6月議会から設置されました。

 この間、能登空港の着工、鉄道廃止、下水道の供用開始、企業誘致、地場産業の活性化あるいは市街地の活性化など、実に多くの問題が取り上げられ、その対策等について審議が行われました。

 平成11年6月には、行政の機構改革にあわせ、本特別委員会も再スタートをいたしましたが、この間、14回の委員会を開催するなど、市長初め執行部から説明報告を聴取するとともに、現地視察も行いながら調査研究を深めました。

 また、観光や地場産業あるいは企業誘致に関する先進地の事例についても視察研修をしながら、本市における現状の把握と振興策について審議を行ってまいりました。

 人口の減少と高齢化は、世帯構成や家族関係を変化させ、経済活動の低迷の中で情報だけが先行し、はんらんしています。そのことが図らずも旅行形態を変化させることとなり、観光客の誘致や増加対策は、簡単には対策できないものがあると思われます。

 また、地場産業の輪島塗器には高級感が伴うため、経済低迷による影響は一段と厳しいものが感じられ、今後さらなる販路拡大や用途の拡大等に工夫が必要と考えられます。

 しかし、さまざまなマイナス要因ばかりが多い中で、鉄道廃止の影響は最小限にとどまったと思われること、下水道事業の伸展により、都市機能が向上しつつあること、商店街活性化事業の取り組み、能登空港に隣接して日本航空学園の誘致、臨空産業団地への株式会社トパテックの進出さらには駅前再整備事業などにより、観光誘致や産業振興における輪島市のセールスポイントはさらに増加し、将来に期待が持てることと思います。

 一方、今市町村合併が課題となる中で、産業や観光につきましても情報、人の流れ、経済などはますますグローバル化しており、一自治体だけでは取り組めない問題が山積しています。このことの対応には、関係機関や関係部局が横断的に取り組む必要性があるものと、強い意見があったところです。

 さらに、本特別委員会の最近の審議内容からしても、常任委員会と重複することが多いとの指摘もあり、今般一応の目的を果たしたとの結果に至りました。

 よって、審議を終了することとしてご報告いたします。



○議長(中納治良三郎君) 以上で、産業振興対策特別委員会委員長の報告を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△産業振興対策特別委員会調査終了の件



○議長(中納治良三郎君) お諮りいたします。本件に関する委員長報告は事理明白につき、この際即決いたしたいと思います。

 右、委員長の報告のとおり、産業振興対策特別委員会は調査を終了し、廃止することにご異議ありませんか。

              (「異議なし」というものあり)



○議長(中納治良三郎君) ご異議なしと認めます。よって、本件は委員長報告のとおり決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△特別委員会設置及び委員選任の件



○議長(中納治良三郎君) 次に、お手元に配付してありますとおり、園又輝夫君外5名から「市町村合併問題対策特別委員会設置に関する動議」が提出されました。

 本動議を議題といたします。

 お諮りいたします。本動議を可決することにご異議ありませんか。

              (「異議なし」というものあり)



○議長(中納治良三郎君) ご異議なしと認めます。よって、本動議は可決されました。

 お諮りいたします。ただいま設置されました「市町村合併問題対策特別委員会」の委員選任については、お手元に配付してあります名簿のとおり選任いたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

              (「異議なし」というものあり)



○議長(中納治良三郎君) ご異議なしと認めます。よって、以上のとおり決しました。

 なお、休憩中に各特別委員会をお開き願い、正副委員長を互選の上、議長まで通知願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△休憩



○議長(中納治良三郎君) これにて暫時休憩いたします。

              (午後2時42分休憩)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

              (午後3時06分再開)

              出席議員(休憩前に同じ)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△再開



○議長(中納治良三郎君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△特別委員会正副委員長互選結果報告



○議長(中納治良三郎君) この際、ご報告申し上げます。

 休憩中に開催された各特別委員会において正副委員長の選任が行われ、交通対策特別委員会委員長に橋本重勝君、同副委員長に上平公一君、日本航空学園立地推進特別委員会委員長に大畑 豊君、同副委員長に田中秀男君、市町村合併問題対策特別委員会委員長に坂下幸雄君、同副委員長にとおし勝年君が選任された旨通知がありましたのでご報告いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△副議長選挙



○議長(中納治良三郎君) 次に、欠員となっております副議長の選挙を行います。

 これより投票に入ります。

 議場の閉鎖を命じます。

              (議場閉鎖)



○議長(中納治良三郎君) ただいまの出席議員数は17人であります。投票用紙を配付いたさせます。

              (投票用紙配付)



○議長(中納治良三郎君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

              (「なし」というものあり)



○議長(中納治良三郎君) 配付漏れなしと認めます。投票箱を改めます。

              (投票箱点検)



○議長(中納治良三郎君) 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票願います。なお、投票中議会役職名など敬称とみなされるものは有効といたします。点呼を命じます。

              (職員点呼・各議員投票)



○議長(中納治良三郎君) 投票漏れはありませんか。

              (「なし」というものあり)



○議長(中納治良三郎君) 投票漏れなしと認めます。投票を終了いたします。議場の閉鎖を解きます。

              (議場開閉)



○議長(中納治良三郎君) これより、開票を行います。

 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に8番上野吉邦君、12番橋本重勝君を指名いたします。よって、両君の立ち会いを願います。

              (立会人参集・開票)



○議長(中納治良三郎君) 選挙の結果を報告いたします。

 投票総数17票。これは先ほどの出席議員数と符号いたしております。

 そのうち、有効投票数 17票

 有効投票中

  小山 栄 君  11票

  白票      5票

  他事記載    1票

 以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は5票であります。よって、小山 栄君が副議長に当選されました。

 ただいま副議長に当選されました小山 栄君が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により、告知いたします。

 以上をもって、副議長の選挙を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△副議長就任あいさつ



○議長(中納治良三郎君) 小山 栄君から副議長就任のごあいさつがあります。

 小山 栄君。

              (9番 小山 栄君登壇)



◆9番(小山栄君) ただいま議員各位のご推挙によりまして、副議長という大役を仰せつかりました。まだまだ未熟でありますけれども、前副議長のとおし副議長の足跡を汚さないように、また中納議長を助けながら、精いっぱい務めさせていただきます。

 今後とも議員各位におかれましても、関係者各位におかれましてもご指導ご鞭撻を賜りますよう心からお願い申し上げまして、就任のごあいさつとさせていただきます。

 ありがとうございました。(拍手)



○議長(中納治良三郎君) これをもって選挙を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△各常任委員会及び議会運営委員会の閉会中の継続調査の件



○議長(中納治良三郎君) 次に、各常任委員会及び議会運営委員会の閉会中の継続調査についてを議題といたします。

 総務委員会等各常任委員会委員長及び議会運営委員会委員長から、お手元に配付のとおり、それぞれ閉会中の継続調査の申し出書が議長のもとへ参っております。

 お諮りいたします。各常任委員長及び議会運営委員長から申し出のあった事項につきましては、閉会中もなお継続して調査することにご異議ありませんか。

              (「異議なし」というものあり)



○議長(中納治良三郎君) ご異議なしと認めます。よって、各常任委員会委員長及び議会運営委員長から申し出のあった事項につきましては、閉会中も継続して調査することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉議・閉会



○議長(中納治良三郎君) 以上をもって、今定例会に付議されました議案は、全部終了いたしました。

 平成14年第1回輪島市議会定例会は、本日をもって閉会いたします。

 これにて散会いたします。

              (午後3時22分散会)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

              (参照)議事日程(第4号)

                         平成14年3月14日(木)

                         午後2時開議

日程第1 市長提出、報告第1号並びに議案第1号ないし第46号及び前回から継続審議中の議会議案第11号(委員長報告、質疑、討論、採決)

  第2 追加議案第47号及び第48号(上程、説明、即決)

  第3 特別委員会委員辞職並びに定数の改正及び委員選任の件

  第4 産業振興対策特別委員会委員長報告(即決)

  第5 特別委員会設置及び委員選任の件

  第6 副議長選挙

  第7 各常任委員会及び議会運営委員会の閉会中の継続調査の件

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△特別委員会委員名簿



委員会名
委員名


日本航空学園立地推進特別委員会
 小山 栄  ◯田中秀男

●大畑 豊   園又輝夫


交通対策特別委員会
◯森 正樹   大宮 正

 上平公一  ●橋本重勝

 坂本賢治


市町村合併問題対策特別委員会
 漆谷豊和   高田正男

 椿原正洋   上野吉邦

◯とおし勝年 ●坂下幸雄

 中山 勝





※●は委員長、◯は副委員長



△委員会審査報告書

          委員会審査報告書(総務委員会)

 本委員会に付託の事件は、審査の結果次のとおり決定したから、輪島市議会会議規則第103条の規定により報告します。

                    記



事件番号
件名
結果
理由
備考


議案第1号
平成14年度輪島市一般会計予算
原案可決
妥当と認む
 


議案第7号
平成14年度輪島市土地取得特別会計予算


 


議案第14号
職員の再任用に関する条例の制定について


 


議案第15号
公益法人等への職員の派遣等に関する条例の制定について


 


議案第16号
輪島市防災対策基金条例の制定について


 


議案第17号
輪島市立小中学校の学校医、学校歯科医及び学校薬剤師の公務災害補償に関する条例の制定について


 


議案第22号
輪島市地域住民スクールバス利用条例の制定について


 


議案第23号
輪島市表彰条例の一部改正について


 


議案第24号
政治倫理の確立のための輪島市長の資産等の公開に関する条例の一部改正について


 


議案第25号
職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正について


 


議案第26号
職員の育児休業等に関する条例の一部改正について
原案可決
妥当と認む
 


議案第27号
特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正について


 


議案第28号
職員の特殊勤務手当に関する条例の一部改正について


 


議案第29号
輪島市税条例の一部改正について


 


議案第35号
輪島市防災会議条例の一部改正について


 


議案第37号
辺地に係る公共的施設の総合整備計画の変更について


 


議案第38号
奥能登ふれあい市町村圏振興整備事業基金の基本財産の一部を処分することについて


 


議案第39号
平成13年度輪島市一般会計補正予算(第4号)


 





  平成14年3月14日

 輪島市議会議長  中納治良三郎様

                    総務委員会委員長  上平公一

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          委員会審査報告書(教育民生委員会)

 本委員会に付託の事件は、審査の結果次のとおり決定したから、輪島市議会会議規則第103条の規定により報告します。

                    記



事件番号
件名
結果
理由
備考



議案第1号
平成14年度輪島市一般会計予算
原案可決
妥当と認む
 


議案第2号
平成14年度輪島市国民健康保険特別会計予算


 


議案第3号
平成14年度輪島市老人保健特別会計予算


 


議案第4号
平成14年度輪島市介護保険特別会計予算


 


議案第11号
平成14年度輪島市病院事業会計予算


 


議案第17号
輪島市立小中学校の学校医、学校歯科医及び学校薬剤師の公務災害補償に関する条例の制定について


 


議案第18号
輪島市ふれあいプラザ条例の制定について


 


議案第19号
輪島市障害者ホームヘルパー等派遣条例の制定について


 


議案第20号
輪島市大屋コミュニティセンター条例の制定について


 


議案第27号
特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正について


 


議案第30号
輪島市立公民館の設置及び管理等に関する条例の一部改正について


 


議案第31号
輪島市体育施設条例の一部改正について


 


議案第32号
輪島市乳幼児医療費助成条例の一部改正について


 


議案第39号
平成13年度輪島市一般会計補正予算(第4号)


 


議案第40号
平成13年度輪島市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)


 


議案第45号
平成13年度輪島市病院事業会計補正予算(第2号)


 





  平成14年3月14日

 輪島市議会議長  中納治良三郎様

                    教育民生委員会委員長  椿原正洋

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          委員会審査報告書(経済委員会)

 本委員会に付託の事件は、審査の結果次のとおり決定したから、輪島市議会会議規則第103条の規定により報告します。

                    記



事件番号
件名
結果
理由
備考


報告第1号
市長専決事項に関し承認を求めることについて

(財産の処分について)
承認
妥当と認む
 


議案第1号
平成14年度輪島市一般会計予算
原案可決

 


議案第5号
平成14年度輪島市簡易水道事業特別会計予算


 


議案第6号
平成14年度輪島市農業集落排水事業特別会計予算


 


議案第8号
平成14年度輪島市臨海土地造成事業特別会計予算


 


議案第9号
平成14年度輪島市臨空産業団地造成事業特別会計予算


 


議案第10号
平成14年度輪島市公共下水道事業特別会計予算


 


議案第12号
平成14年度輪島市国民宿舎事業会計予算


 


議案第13号
平成14年度輪島市水道事業会計予算


 


議案第18号
輪島市ふれあいプラザ条例の制定について


 


議案第21号
輪島市まちなみ景観保全条例の制定について


 


議案第33号
輪島市漁港管理条例の一部改正について


 


議案第34号
輪島市農業集落排水施設条例の一部改正について


 


議案第36号
市道路線の変更について


 


議案第39号
平成13年度輪島市一般会計補正予算(第4号)


 


議案第41号
平成13年度輪島市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)


 


議案第42号
平成13年度輪島市臨海土地造成事業特別会計補正予算(第1号)


 


議案第43号
平成13年度輪島市臨空産業団地造成事業特別会計補正予算(第1号)


 


議案第44号
平成13年度輪島市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)


 


議案第46号
平成13年度輪島市水道事業会計補正予算(第2号)


 





 平成14年3月14日

 輪島市議会議長  中納治良三郎様

                    経済委員会委員長  上野吉邦

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議決一覧



議決番号
議案番号
件名
議決年月日
議決結果


承認第1号
報告第1号
市長専決事項に関し承認を求めることについて(財産の処分について)
平成14年3月14日
承認


議決第1号
市長提出議案第1号
平成14年度輪島市一般会計予算

原案可決


〃第2号
〃第2号
平成14年度輪島市国民健康保険特別会計予算




〃第3号
〃第3号
平成14年度輪島市老人保健特別会計予算




〃第4号
〃第4号
平成14年度輪島市介護保険特別会計予算




〃第5号
〃第5号
平成14年度輪島市簡易水道事業特別会計予算




〃第6号
〃第6号
平成14年度輪島市農業集落排水事業特別会計予算




〃第7号
〃第7号
平成14年度輪島市土地取得特別会計予算




〃第8号
〃第8号
平成14年度輪島市臨海土地造成事業特別会計予算




〃第9号
〃第9号
平成14年度輪島市臨空産業団地造成事業特別会計予算




〃第10号
〃第10号
平成14年度輪島市公共下水道事業特別会計予算




〃第11号
〃第11号
平成14年度輪島市病院事業会計予算




〃第12号
〃第12号
平成14年度輪島市国民宿舎事業会計予算
平成14年3月14日
原案可決


〃第13号
〃第13号
平成14年度輪島市水道事業会計予算




〃第14号
〃第14号
職員の再任用に関する条例の制定について




〃第15号
〃第15号
公益法人等への職員の派遣等に関する条例の制定について




〃第16号
〃第16号
輪島市防災対策基金条例の制定について




〃第17号
〃第17号
輪島市立小中学校の学校医、学校歯科医及び学校薬剤師の公務災害補償に関する条例の制定について




〃第18号
〃第18号
輪島市ふれあいプラザ条例の制定について




〃第19号
〃第19号
輪島市障害者ホームヘルパー等派遣条例の制定について




〃第20号
〃第20号
輪島市大屋コミュニティセンター条例の制定について




〃第21号
〃第21号
輪島市まちなみ景観保全条例の制定について




〃第22号
〃第22号
輪島市地域住民スクールバス利用条例の制定について




〃第23号
〃第23号
輪島市表彰条例の一部改正について




〃第24号
〃第24号
政治倫理の確立のための輪島市長の資産等の公開に関する条例の一部改正について




〃第25号
〃第25号
職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正について




〃第26号
〃第26号
職員の育児休業等に関する条例の一部改正について




〃第27号
〃第27号
特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正について




〃第28号
〃第28号
職員の特殊勤務手当に関する条例の一部改正について




〃第29号
〃第29号
輪島市税条例の一部改正について




〃第30号
〃第30号
輪島市立公民館の設置及び管理等に関する条例の一部改正について




〃第31号
〃第31号
輪島市体育施設条例の一部改正について




〃第32号
〃第32号
輪島市乳幼児医療費助成条例の一部改正について




〃第33号
〃第33号
輪島市漁港管理条例の一部改正について




〃第34号
〃第34号
輪島市農業集落排水施設条例の一部改正について




〃第35号
〃第35号
輪島市防災会議条例の一部改正について




〃第36号
〃第36号
市道路線の変更について




〃第37号
〃第37号
辺地に係る公共的施設の総合整備計画の変更について




〃第38号
〃第38号
奥能登ふれあい市町村圏振興整備事業基金の基本財産の一部を処分することについて




〃第39号
〃第39号
平成13年度輪島市一般会計補正予算(第4号)




〃第40号
〃第40号
平成13年度輪島市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)




〃第41号
〃第41号
平成13年度輪島市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)




〃第42号
〃第42号
平成13年度輪島市臨海土地造成事業特別会計補正予算(第1号)




〃第43号
〃第43号
平成13年度輪島市臨空産業団地造成事業特別会計補正予算(第1号)




〃第44号
〃第44号
平成13年度輪島市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)




〃第45号
〃第45号
平成13年度輪島市病院事業会計補正予算(第2号)




〃第46号
〃第46号
平成13年度輪島市水道事業会計補正予算(第2号)




〃第47号
〃第47号
公平委員会委員選任につき同意を求めることについて

同意


〃第48号
〃第48号
固定資産評価審査委員会委員選任につき同意を求めることについて




議会第1号
議員提出議案第1号
市議会議員の倫理確立に関する決議
平成14年2月27日
原案可決


〃第2号
平成13年議員提出議案第11号
輪島市議会議員政治倫理条例の制定について
平成14年3月14日



動議第1号
議員動議第1号
市町村合併問題対策特別委員会設置に関する動議







−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 市町村合併問題対策特別委員会設置に関する動議

1.本議会に「8人」の委員をもって構成する市町村合併問題対策特別委員会(以下「委員会」という。)を設置する。

2.議会は、委員会に次の事項の調査を付託する。

 ? 市町村合併の推進に関する調査研究

 ? 近隣市町村議会との意見交換及び先進市町村の実状調査

 ? 合併問題についての、市民、市内各種団体との意見交換

 ? 合併に伴う諸課題に対する調査研究

3.委員会は、議会が本件調査終了を議決するまで議会の閉会中も調査を継続して行うものとする。

 以上、動議を提出する。

 平成14年3月14日

 輪島市議会議長 中納治良三郎様

               提出者議員  園又輝夫

               提出者議員  橋本重勝

               提出者議員  小山 栄

               提出者議員  上野吉邦

               提出者議員  上平公一

               提出者議員  森 正樹

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

職務のため議場に出席した事務局職員の職氏名

 事務局長   谷内家次守   事務局次長 竹中 斉

 議事調査係長 橋爪朱文    書記    平 正秋

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

右、地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

               輪島市議会議長    中納治良三郎

               輪島市議会議員    坂本賢治

               輪島市議会議員    上平公一