議事ロックス -地方議会議事録検索-


石川県 輪島市

平成12年 12月 旧輪島市 定例会(第4回) 12月05日−01号




平成12年 12月 旧輪島市 定例会(第4回) − 12月05日−01号









平成12年 12月 旧輪島市 定例会(第4回)



            第4回市議会定例会会議録

             平成12年12月5日(火曜日)

               (午前10時02分開会)

出席議員(19人)

   1番  森 正樹         2番  漆谷豊和

   3番  大宮 正         4番  高田正男

   5番  椿原正洋         6番  桶 正行

   7番  上平公一         8番  上野吉邦

   9番  小山 栄        10番  とおし勝年

  12番  橋本重勝        13番  坂本賢治

  14番  田中秀男        15番  中納治良三郎

  16番  坂下幸雄        17番  刀祢信二郎

  18番  大畑 豊        19番  園又輝夫

  20番  中山 勝

欠員(1人)

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

説明のため議場に出席した者の職氏名

  市長       梶 文秋    助役      粟原正一

  収入役      源代 清    教育長     松岡惠水

                   福祉環境

  総務部長     小山正武            小坂文夫

                   部長

  産業経済

           浜中勝利    総務課長    出口一政

  部長

  企画課長     大下泰宏    財政課長    坂下信幸

  福祉課長     向面正一    土木課長    江上良一

  庶務課長     中山正彦

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開会・開議



○議長(田中秀男君) ただいまより平成12年第4回輪島市議会定例会を開会し、直ちに本日の会議を開きます。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議長諸報告



○議長(田中秀男君) これより、報告事項について申し上げます。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△各特別委員会に関する報告



○議長(田中秀男君) 交通対策特別委員会、産業振興対策特別委員会、日本航空学園立地推進特別委員会、以上3特別委員会に関する報告を申し上げます。

 職員をして報告いたさせます。



◎事務局次長(西見豊君) 命によりまして、平成12年9月定例会以降における各特別委員会の活動状況について、ご報告申し上げます。

 まず、交通対策特別委員会の活動状況について、ご報告申し上げます。

 去る11月30日に委員会を開催し、コミュニティバス及び和倉駅までの特急バス並びに、のと鉄道代替バスの運行計画案について、執行部より説明を聴取し質疑を行いました。

 次に、産業振興対策特別委員会の活動状況についてでございますが、去る11月16日に委員会を開催し、仮称「臨空産業団地」造成計画及び観光客の入り込み状況、並びに下水道事業の進捗状況について、執行部より説明を聴取し質疑を行いました。

 次に、日本航空学園立地推進特別委員会の活動状況について、ご報告申し上げます。

 去る10月8日から9日にかけて山梨県日本航空学園を訪問し、第35回航空祭などを視察いたしました。続いて12月1日に委員会を開催し、執行部よりこれまでの経過並びに今後の計画について説明を聴取するとともに、質疑を行いました。

 以上で、各特別委員会の活動状況の報告を終わります。



○議長(田中秀男君) 以上で各特別委員会の活動状況の報告を終わります。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会期決定の件



○議長(田中秀男君) 日程に入り、会期の決定を行います。

 お諮りいたします。本定例会の会期は、本日から12月15日までの11日間といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

             (「異議なし」というものあり)



○議長(田中秀男君) ご異議なしと認めます。よって、会期は11日間とすることに決しました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員指名の件



○議長(田中秀男君) 次に、会議録署名議員を指名いたします。

 本署名議員に9番小山 栄君、12番橋本重勝君を指名いたします。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案上程



○議長(田中秀男君) 次に、本日市長から提出のあった議案第77号ないし第99号を一括して上程いたします。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△市長議案説明



○議長(田中秀男君) これより、提出議案に対する説明を求めます。

 市長。

             (市長 梶 文秋君登壇)



◎市長(梶文秋君) 本日ここに、平成12年第4回市議会定例会が開催されるに当たり、提案いたしました諸議案につきまして、ご説明を申し上げます。

 本年も余すところあとわずかとなり、20世紀という時代の幕がおりようといたしております。今世紀は、科学技術が飛躍的な進歩を遂げた一方で、世界大戦を初めとする戦火は世界各地に悲惨なつめ跡を残し、今なおとどまるところを知らない状況にあります。

 今世紀、最後となりました本年を振り返ってみますと、バブル経済崩壊後、下降の一途をたどっておりました我が国の景気が、本年に入り経済企画庁の月例経済報告では、「わずかに前進、自律回復へ動き出す」といった表現に変化してきております。しかしながら、大手百貨店や生命保険会社の破綻が続くなど雇用情勢を含む経済動向は引き続き厳しい状況にあると思っております。

 本市におきましても同様に、依然として主要産業である漆器・観光産業を初め各産業のほか、小売・サービス業においても引き続き低迷いたしており、さらに加えて「のと鉄道の廃止」、「大型店の進出問題」、「少子高齢化」など本市を取り巻く環境は非常に厳しい状況にあると言えます。

 こうした状況ではありますが、第3次総合計画の締めくくりの年として、新総合体育館の建設、公共下水道の一部供用の開始、公営住宅の再生事業、新埋立処分場の建設など主要な事業や懸案であったごみの減量化及び再資源化、不法投棄対策などの環境対策にも取り組むことができましたことは、市民の皆様並びに議員各位のご理解とご協力のたまものであり厚く御礼を申し上げます。

 また、第4次総合計画の策定、のと鉄道廃止に伴う代替バス、特急列車が乗り入れしている和倉駅への高速バスの運行、市内循環バスの導入、さらに平成15年開港の能登空港や学校法人日本航空学園の進出、輪島駅前のバスターミナル化構想、新たな観光資源としての海洋資源の活用策など新しい世紀を展望する事業にも取り組んでまいりました。

 さらに、飛躍的な進歩が見られる情報技術の分野においてもその活用を図るため、庁内のコンピューターをネットワーク化し、また市民との双方向性を高めるための地域インターネットを導入いたしました。

 市政に対する要請は、年々多様かつ多岐にわたり、しかも迅速な対応を求められており、したがいまして平成13年度当初予算編成に当たりましては、「第4次輪島市総合計画」に基づき市民が真に切望する事業を目指し、新世紀にふさわしいまちづくりをすることはもとより、さらに市民福祉の向上を目指して、なお一層、全身全霊を傾けてまいりますので議員皆様のますますのご支援、ご鞭撻をお願い申し上げる次第であります。

 それでは、今回提出いたしました議案のご説明をいたします。

 まず、予算議案の主な内容についてでありますが、のとやすらぎの郷整備事業といたしまして、先般「白米の千枚田」、「上時国・時国両家の庭園」が国の名勝に指定するよう文化財保護審議会の答申がなされましたが、これらを含む魅力ある田園空間を創造するため、上時国家から下時国家を中心とした時国散策道整備、国の名勝及び天然記念物「曽々木海岸」の中にある千体地蔵への道路整備を調査する散策道調査、大小約2,000枚のうち放置されている約100枚を復活し保全する千枚田復元、また、西二又町の男女滝周辺整備におきましては、遊歩道や駐車場の整備を行おうとするものであります。

 次に、国の補正予算のIT関連といたしまして児童センター・児童館にパソコンを配置する予算計上をしたほか、名舟漁港の防波堤整備、農業集落排水事業、公共下水道事業の処理場などの整備費を計上いたしました。

 このほか、輪島漆器青年会に対し、本年実施いたしました「ジギングバトル」の賞品として好評でありました魚拓パネルを含む各種新商品化研究事業の助成、市内の観光案内板のデザイン作成及びモデル案内板の設置、市街地道路側溝の整備費、上野台中学校のグラウンドの整備費などを計上いたしたものであります。

 この結果、一般会計の補正予算額は4億5,965万7,000円、補正後の額は174億7,397万5,000円となり、昨年度同期比で2.3%の増、また、全会計の補正額は4億8,828万7,000円、補正後の額は348億4,903万5,000円となるものでございます。

 次に、条例の制定及び一部改正の議案についてでございますが、新たに制定するものとして、公共下水道事業の財政の安定化を図るため、公共下水道財政調整基金条例を、また、現在建設中で来年2月竣工予定の西保コミュニティセンターの位置及び名称などを定める輪島市西保コミュニティセンター条例を定めようとするものであります。

 また、条例の一部改正といたしまして南志見保育所の新築移転による位置の変更や人事院勧告に伴う国家公務員の給与改定に準じ、12月期の期末・勤勉手当を0.2カ月削減するものなど本市の職員の給与改定を図るもの、さらに平成13年1月6日に施行される国の省庁再編に伴う関係条例の規定の整備などを行うものでございます。

 次に、本市の基本構想である第4次輪島市総合計画の策定に関する議案についてでありますが、これまでの3次にわたる総合計画を継承しながら、さらなる飛躍を目指し、各分野における施策の大綱を定めるものであります。具体的には、10年後の目標人口を2万6,500人とし、基本理念は『先人がつくり上げてきた文化と伝統に満ちた輪島を、市民みずからの手で、新しい時代に合った住みがいのある快適都市とすることを目指します。また、漆文化に立脚する伝統産業と新しい産業がともに繁栄し、日本海に開かれた豊かな交流の町として発展し、市民とともに訪れる多くの人々にも、輪島の魅力とそこに暮らす価値が見出せる都市を目指します。』としております。この計画の推進に当たりましては、市民と一体となったまちづくりを推進するための仕組みを構築するとともに進行管理と評価も実施してまいりたいと考えております。

 次に、その他の議案についてでありますが、国道の改良に伴う市道路線の認定及び変更などにつきまして、また、コミュニティバス購入に係る財産の取得に関するもので法令並びに条例など関係規定に基づきお諮りをするものでございます。

 以上が、今回提出いたしました議案の主な内容であります。

 何とぞ、ご審議を賜り、原案どおりお認めいただきますようお願いを申し上げます。

 以上でございます。



○議長(田中秀男君) 以上で説明を終わります。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△休会の件



○議長(田中秀男君) 次に、休会の件についてお諮りいたします。明12月6日から10日までの5日間は議案等審査のため休会したいと思います。

 これにご異議ありませんか。

             (「異議なし」というものあり)



○議長(田中秀男君) ご異議なしと認めます。よって、以上のとおり休会することに決しました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉議



○議長(田中秀男君) 本日の議事はこれをもって終了いたしました。

 次会は、12月11日午前10時より会議を開きます。

 これにて散会いたします。

             (午前10時18分散会)

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

             (参照)議事日程(第1号)

                          平成12年12月5日(火)

                            午前10時開議

 日程第1 会期決定の件

   第2 会議録署名議員指名の件

   第3 議案上程

   第4 市長議案説明

   第5 休会の件

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                            収総第714号

                            平成12年11月28日

 輪島市議会議長 田中秀男様

                          輪島市長 梶 文秋

     平成12年4回市議会定例会における説明員の委任並びに嘱託に

     ついて(通知)

 地方自治法(昭和22年法律第67号)第121条の規定により、平成12年12月5日招集に係る平成12年第4回市議会定例会における説明員として、下記の者を委任並びに嘱託したので通知します。

                    記

 委託した者                嘱託した者

  助役       粟原正一        教育長      松岡惠水

                       教育委員会

  収入役      源代 清                 中山正彦

                       庶務課長

                       教育委員会

  総務部長     小山正武                 山下至高

                       学校教育課長

                       教育委員会

  福祉環境部長   小坂文夫                 皆戸秀継

                       生涯学習課長

                       教育委員会

  産業経済部長   浜中勝利                 田中正明

                       文化課長

                       農業委員会

  総務課長     出口一政                 加藤武治

                       事務局長

                       選挙管理委員会

  企画課長     大下泰宏                 大岩主税

                       書記長

                       監査委員

  財政課長     坂下信幸                 高森 茂

                       事務局長

  監理課長     宿谷秋央

  税務課長     上 清広

  市民課長     川岸力雄

  福祉課長     向面正一

  長寿保健課長   谷 弘明

  環境対策課長   中崎忠雄

  農林水産課長   浦 啓一

  商工業課長    小上防登

  漆器観光課長   木引松男

  土木課長     江上良一

  都市整備課長   坂本 栄

  下水道課長    竹中栄信

  会計課長     熊野 章

  水道課長     角 隆一

  病院事務長    谷 定雄

  国民宿舎支配人  江下幸夫