議事ロックス -地方議会議事録検索-


石川県 輪島市

平成26年 12月 定例会(第4回) 12月16日−04号




平成26年 12月 定例会(第4回) − 12月16日−04号









平成26年 12月 定例会(第4回)



          第4回市議会定例会会議録

          平成26年12月16日(火曜日)

          (午後2時00分開議)

出席議員(20人)

   1番  下 善裕         2番  森 裕一

   3番  西  恵         4番  高田正男

   4番  一二三秀仁        6番  鐙 邦夫

   7番  森 正樹         8番  漆谷豊和

   9番  大宮 正        10番  高作昌年

  11番  中谷達行        12番  椿原正洋

  13番  上平公一        14番  小山 栄

  15番  玉岡了英        16番  橋本重勝

  17番  坂本賢治        18番  田中秀男

  19番  竹田一郎        20番  中山 勝

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

説明のため議場に出席した者の職氏名

 市長                 梶 文秋

 副市長                坂口 茂

 総務部長               宮坂雅之

 交流政策部長             坂下利久

 福祉環境部長             北浜陽子

 産業部長               嘉地和春

 建設部長               伊部周二

 建設部技監兼土木課長         福島暢男

 会計管理者兼会計課長         今井由夫

 門前総合支所長            小谷伊佐雄

 市立輪島病院事務部長         井上 治

 総務部総務課長            中山由紀夫

 総務部財政課長            田方利彦

 交流政策部企画課長          山下博之

 福祉環境部市民課長          浦西武司

 産業部農林水産課長          林平成人

 教育長                吉岡邦男

 教育委員会事務局教育部長兼庶務課長  西畑賢一

 教育委員会教育参事兼生涯学習課長   宮下敏茂

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議・会議時間延長



○議長(中谷達行君) これより本日の会議を開きます。

 本日の会議時間は、あらかじめこれを延長しておきます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△委員長報告



○議長(中谷達行君) 日程第1、議案第111号から議案第129号まで、議案第132号から議案第137号まで及び議案第139号から議案第144号まで並び請願第14号から請願第19号までを一括して議題といたします。

 以上の各件に関し、委員長の報告を求めます。

 総務委員長森 裕一君。

     (総務委員長 森 裕一君登壇)



◆総務委員長(森裕一君) ただいま議題となりました議案のうち、総務委員会における審査の経過及び結果をご報告いたします。

 本委員会に付託された10件の議案につきまして、まず、その主な要旨を申し上げます。

 議案第111号は、専決処分の承認を求めることについて(平成26年度輪島市一般会計補正予算(第3号))であり、衆議院の解散に伴い実施された衆議院議員総選挙に係る選挙費の増額補正であります。

 議案第112号は、平成26年度輪島市一般会計補正予算(第4号)であり、当委員会所管分の主なものは、歳入全款を初め、歳出では財政の健全性維持を目的とした地方債繰上償還金のほか、三井出張所のクロス張りかえ及びカーテン取りかえなどの修繕を行う支所出張所費、住宅用太陽光発電システム設置に対する補助申請増に対応する新エネルギー推進事業費、本市の公共施設における再生可能エネルギー及び省エネルギー設備導入について調査検討を行うグリーンプラン・パートナーシップ事業費、来年3月の輪島キリコ会館及び輪島塗会館の開館に向けた準備やオープニングイベント並びに北陸新幹線金沢開業に向けた広告宣伝等を行う観光交流促進事業費などの増額補正であります。

 議案第120号から議案第123号までの4件は、人事院勧告による国家公務員の給与改定に準じて、本市職員の給与関係条例等の一部改正を行うものであり、一般職職員においては、給料、通勤手当及び勤勉手当の増額を行うものであります。また、一般職職員の勤勉手当支給月数改定に準じて、市長、副市長、教育長及び市議会議員の期末手当についても、それぞれ0.15カ月分増額するものであります。

 議案第126号から議案第129号までの4件は、来年3月で期間満了となる公の施設の指定管理者指定に関する議案であり、輪島市空港交流センターについては学校法人日本航空学園へ、輪島市千枚田レストハウスについては公益財団法人白米千枚田景勝保全協議会へ、能登・門前ファミリーイン ビュー・サンセット等及び輪島市門前ふるさと集いの館については一般財団法人日本海むら開発公社へ、それぞれ指定管理者の指定を行うものであります。

 以上の議案について、執行部から詳細な説明を聴取し、慎重に審査をいたしました結果、市長提出議案10件については、いずれも全会一致で原案のとおり承認または可決すべきものと決しました。

 また、請願第14号から第19号までの6件については、いずれも不採択とすべきものと決しました。

 以上で総務委員会の報告を終わります。



○議長(中谷達行君) 教育民生委員長大宮 正君。

     (教育民生委員長 大宮 正君登壇)



◆教育民生委員長(大宮正君) ただいま議題となりました議案及び請願のうち、当委員会に付託されたものについて、審査の経過及び結果をご報告いたします。

 付託された議案の主な内容についてでありますが、まず議案第112号平成26年度輪島市一般会計補正予算(第4号)については、市内沿岸海岸漂着物回収運搬業務に要する額の確定に伴う増額費用、輪島クリーンセンターの焼却処理施設2号炉耐火物修繕に係る費用及び羽咋市と共同開催をする峨山道トレイルランニング大会運営助成費などが計上されたものであります。

 続きまして、議案第115号輪島市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の制定について、議案第116号輪島市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準を定める条例の制定について及び議案第117号輪島市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の制定については、平成27年4月1日に開始される子ども・子育て支援新制度に関する関係法令の制定及び改正に伴い、保育所や認定こども園、放課後児童クラブや新たな保育サービス事業の認可基準、設備及び運営に関する輪島市の基準等を定めるものであります。

 議案第124号輪島市国民健康保険条例の一部改正については、安心して産科医療を受けるための環境整備の一環として、平成21年1月創設された産科医療補償制度掛金の額改定に伴い、出産育児一時金の総支給額を据え置くものであります。

 議案第125号輪島市看護師等修学資金貸与条例の一部改正については、輪島市立輪島病院における薬剤師不足を解消するため、新たに薬剤師に対する貸与制度を設け、一定期間勤務した場合に償還が免除される制度を創設するとともに、同制度を利用する看護師に対しても、償還期間を短縮するなど条件緩和を図るものであります。

 議案第132号から議案第137号は、市の公の施設に関する指定管理に関する議案であり、それぞれ議案第132号では、門前高齢者保健福祉施設あすなろ苑の指定管理者の指定を社会福祉法人門前町福祉会に、議案第133号では、門前小規模ケア付老人住宅ふれあいの家を同じく社会福祉法人門前町福祉会に、議案第134号では、一本松総合運動公園体育館等をミズノスポーツサービス株式会社に、議案第135号では、輪島市町野テニスコート等を特定非営利活動法人町野スポーツクラブに、議案第136号では、輪島市門前野球場等を特定非営利活動法人もんぜんスポーツクラブに、議案第137号では、石川県輪島漆芸美術館を公益財団法人輪島漆芸美術館に、それぞれ指定管理者として指定するものであります。

 執行部から詳細に説明を聴取し、質疑、採決を行ったところ、市長提出議案12件については、いずれも原案のとおり可決すべきものと決しました。

 なお、質疑を行う中で、子ども・子育て新支援制度の来年の4月1日にスタートするに当たり、教育・保育施設の利用者負担及び上乗せ徴収について明確になっていないため、暫定案でもよいので、速やかに料金体系等について公表し、保護者の不安を解消するとともに、これまでと比べて保護者の負担増とならないように措置を求めるとの意見がありました。

 以上、ご報告終わります。



○議長(中谷達行君) 産業経済委員長小山 栄君。

     (産業経済委員長 小山 栄君登壇)



◆産業経済委員長(小山栄君) ただいま議題となっています議案のうち、産業経済委員会に付託されました議案11件につきまして、審査の経過及び結果をご報告をいたします。

 まず、その主な要旨を申し上げます。

 議案第112号から議案第114号は、平成26年度の一般会計、1特別会計及び1企業会計の補正予算であります。

 主なものは、平成26年度一般会計補正予算のうち、6款農林水産業費では、ハウス農園チャレンジ事業において、予想申請件数よりも増加したため、これに係る追加費用などであります。

 7款商工費では、商業活性化事業費及び起業・新規出店支援事業費において、申請件数が当初の予想を上回ったため、これに係る追加費用や、輪島塗会館の今年度分の運営費、企業誘致推進事業費として、マリンタウンにおいて大型飲食店のオープンを目指している株式会社うぉーたーまうすに対して、条例の規定に基づき助成金を交付する費用などであります。

 8款土木費では、寄り道パーキング利用促進事業費として、門前町五十洲地区及び三井町洲衛地区において県が整備する寄り道パーキングに、地元地区が物販施設及びトイレを設けることから、これを補助する費用や、まちづくり交付金事業費として、国の社会資本整備総合交付金を活用し、市道河井海岸線及びみなと線の改良に必要となる費用や、みなと橋の耐震補強及び新たに歩道橋を整備する費用などであります。

 11款災害復旧費は、10月2日から3日に発生した豪雨による農地、農業用施設災害の復旧工事に係る費用であります。

 議案第118号及び議案第119号は、輪島塗会館及び輪島市マリンタウン交流拠点施設について、それぞれ公の施設として、その設置及び管理について必要な規定を整備するものであります。

 議案第139号から議案第144号の6件は、来年3月で期間満了となる公の施設の指定管理者指定に関する議案であり、輪島市かやぶきの郷コミュニティ施設についてはのと農工商事業組合へ、馬場崎交流サロンについては馬場崎商店会へ、鳳至上町交流サロンについては鳳至上町街づくり推進協議会へ、わいち交流サロンについてはわいち商店会へ、鳳至上町第2交流サロンについては鳳至上町第2交流サロン指定管理共同事業体へ、輪島市工房長屋については株式会社まちづくり輪島へ、それぞれ指定管理者の指定を行うものであります。

 これらの議案11件に対して、執行部から説明を聴取し、質疑をし、採決を行ったところ、いずれも全会一致で可決すべきものと決しました。

 以上をもちまして産業経済委員会の報告を終わります。



○議長(中谷達行君) 以上で委員長報告を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△質疑



○議長(中谷達行君) これより委員長報告に対する質疑に入ります。

 ただいまのところ質疑の通告はありません。

 これをもちまして委員長報告に対する質疑を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△討論



○議長(中谷達行君) これより討論に入ります。

 討論の通告がありますので、発言を許します。

 6番鐙 邦夫君。

     (6番 鐙 邦夫君登壇)



◆6番(鐙邦夫君) 日本共産党、鐙 邦夫です。反対討論を始めます。

 12月14日の総選挙で日本共産党は比例代表選挙で606万票、11.37%を獲得し、20議席を獲得しました。さらに、沖縄1区で赤嶺政賢候補の勝利を勝ち取り、合わせて改選8議席の2倍を上回る21議席となり、衆議院でも議案提案権を持つこととなりました。衆議院選挙での躍進は、1996年以来18年ぶりです。

 今回の総選挙で日本共産党は、「安倍政権の暴走ストップ、日本の政治の5つの転換」を訴え抜きました。さらに、政党助成金の廃止を強く訴えました。

 私たちは、安倍政権と正面から対決するとともに、どんな問題でも国民の立場に立った対案を示し、国民との協働で政治を動かす「対決」、「対案」、「共同」の政治姿勢を貫いて選挙戦を戦いました。

 安倍政権の暴走に対して、多くの国民が「この道は危ない」と感じているもとで、日本共産党がこの暴走と正面から対決する姿勢を鮮明に打ち出したことは評価をいただけたと考えています。

 初めに、議案第120号市長及び副市長の給与に関する条例の一部改正について、議案第122号教育長の給与、勤務時間、その他の勤務条件に関する条例の一部改正について、議案第123号輪島市議会の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部改正についてを一括して反対討論を行います。

 この3つの条例案は、市長、副市長、教育長、議員の期末手当の引き上げがその内容です。今、アベノミクスのもとで格差が大幅に拡大し、勤労者は16カ月連続で実質賃金が減少し、年金生活者は少ない年金がさらにカットされ、国保税や介護保険料はさらに重くのしかかっています。そんな中での議員や特別職の報酬の引き上げは、市民の皆さんの納得が得られないと思います。よって、この3つの条例改正案には反対いたします。

 既に支給済みですが、職員の給与の場合は、議決前でも市民の了解は得られると思いますが、議員、特別職の手当は、議会での審議を経て、条例改正後に執行するのが筋だということも申し上げておきます。

 請願第14号は、「消費税10%増税を中止する意見書」採択を求める請願書です。

 安倍首相は、来年10月からの消費税率10%増税を2017年4月まで先送りすると発表し、衆議院を解散しました。しかし、先送りしても増税の実施に変更はありません。現在の増税法に盛り込まれた「景気が悪くなれば増税を中止する景気条項」が削除され、1年半後には増税が強行されます。

 この間のアベノミクスで株価は上がり、資産家や輸出大企業は利益を上げました。しかし、消費税8%増税や急激な円安で働く人の実質賃金は連続マイナスになり、食料品や生活必需品の値上げと相まって、庶民の生活を直撃しています。材料仕入れや運送料の高騰で中小業者の経営は深刻な打撃を受けています。アベノミクスを続けたまま、先送りしても、効果がないのは明らかです。

 消費税10%増税は、先送り実施ではなく、きっぱり中止すべきです。税収は応能負担の原則を貫いて確保し、庶民の懐を暖める政策を実行して、景気を底からよくしていくことですというもので、消費税10%増税を先送りでなく中止する意見書を政府に送付することを求めています。

 請願第15号は、「集団的自衛権行使を容認する閣議決定撤回を求める意見書」採択を求める請願書です。

 安倍内閣は、去る7月1日、国民多数の反対の声を押し切って集団的自衛権行使容認などの解釈改憲の閣議決定を強行し、今後これを実現するため、国内法整備を進めていくとの方針を示しています。

 この閣議決定は、歴代政府の憲法解釈を大きく変えるものであり、その内容は明文改憲に等しく、憲法9条を形骸化するものです。

 日本国憲法は、過去の悲惨な戦争と専制政治を反省し、人々の平和と民主主義の渇望の中から生まれたものです。戦争のない平和なアジアと世界を願う私たちは、閣議決定による憲法解釈の変更を認めることはできません。閣議決定そのものの速やかなる撤廃と憲法9条の遵守を求めますというもので、集団的自衛権行使を容認する閣議決定撤回を求める意見書を政府に送付することを求めています。

 請願第16号は、「日米軍事協力の指針(ガイドライン)再改定作業の即時中止を求める意見書」の採択を求める請願書です。

 政府は、日米ガイドライン再改定の中間報告を発表しました。中間報告は、7月1日の集団的自衛権行使容認の閣議決定を適切に反映すると明記し、日米両国政府で集団的自衛権の具体化を先取り的に進めていくことを宣言したものとなっています。

 中間報告の最も大きな問題は、従来のガイドラインにあった周辺事態と後方支援の2つの制約を取り払ったことです。これにより、平時から緊急事態まで、日米の切れ目なしの協力が実現し、地球のどこにでも、そして24時間日米が肩を並べて戦闘地域において戦争をする体制づくりが可能となります。

 集団的自衛権の行使容認に関する閣議決定はされましたが、関連する法整備は全くなされてなく、日米の協議だけを先行させて、海外で戦争をする国づくりのレールを敷くのは、憲法を無視し、国民不在、国会不在、民主主義を否定するものです。私たちは、政府に直ちに再改定作業の即時中止をするよう求めますというもので、日米軍事協力の指針(ガイドライン)再改定作業の即時中止を求める意見書を政府に送付することを求めています。

 請願第17号は、「『慰安婦』問題の早期解決を求める意見書」採択を求める請願書です。

 アジア太平洋戦争の終結から69年が経過した今でも、戦争により被害を受けた人々の傷はいやされていません。旧日本軍慰安婦問題は、その中でも性奴隷として扱われた女性への人権侵害として重大です。

 日本政府は、慰安婦問題に対し、「河野談話」、「村山談話」を発表して取り組んできました。しかし、さきに朝日新聞が検証記事として発表した慰安婦記事取り消しを受けて、異常な朝日バッシングが続いています。見過ごせないのは、その矛先が「河野談話」に向けられ、河野官房長官談話を否定し、慰安婦問題そのものがなかったかのような動きです。朝日新聞報道の全部が誤りであり、慰安婦被害という戦争犯罪に当たる歴史的事実まで消し去ろうとする言い方がされています。

 「河野談話」は、朝日新聞が取り消した「吉田清治証言」を根拠にしていないことが、当時副官房長官として作成に直接かかわった石原信雄氏によって証言されているところです。

 政府は、河野談話は継承するとしながら、他方で、「(軍や官憲による)強制連行はなかった」と繰り返し主張しており、極めて不誠実な対応です。

 国際社会が慰安婦問題に向ける目は、暴力的な連行の有無、あるなしではなく、被害者の意思に反して行われた行為です、そのことを踏まえ、政府は慰安婦問題の早期解決を図るよう、次の事項について請願しますというもので、慰安婦問題の早期解決を求める意見書を政府に送付することを求めています。

 請願第18号は、「特定秘密保護法の廃止を求める意見書」の採択を求める請願書です。

 政府は、10月14日、昨年12月に強行成立させた特定秘密保護法の運用基準と法律の施行日を12月10日とする政令を閣議決定しました。

 本法は、行政機関の長が特定秘密を指定し、基本的に60年間秘密指定ができます。また、秘密情報の漏えい、不正取得に対して、また特定秘密保有者の管理を害する行為により取得した場合も、厳罰の対象になります。

 また、秘密を取り扱う者に対する適正評価制度は、個人のプライバシーを広範囲に侵害するものです。

 特定秘密の指定が適正かどうかをチェックする監視機関を複数設置しましたが、いずれも行政機関内の機関であるため、純粋な第三者機関とは言えず、また行政機関の長が非開示を判断すれば、これらの機関に開示の強制力はありません。政府が何を秘密情報とするのか、国民は全く知ることができません。

 国民主義、民主主義国家においては、主権者国民が自由な情報の流通が保障された中で国政に関与してきました。しかし、本法はこれを否定するものであり、憲法の諸原則に反する法律と言えます。

 私たちは、安倍内閣に対し、秘密保護法の運用基準の閣議決定を撤回し、同法の即時廃止を要請しますというもので、特定秘密保護法の廃止を求める意見書を政府に送付することを求めています。

 請願第19号は、「集団的自衛権行使容認の閣議決定を撤回し、閣議決定に基づく立法化を行わないことを求める意見書」採択を求める請願書です。

 これにつきましては、請願の第15号と趣旨がよく似ておりますので、省略したいと思います。

 以上のように、市民生活破壊の消費税10%増税の中止、そして海外で戦争する道を歩ませないために、6つの請願をぜひ採択するために、議員の皆様のお力をおかしください。

 以上で終わります。



○議長(中谷達行君) 以上で通告による討論は終わりました。

 これをもちまして討論を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△採決



○議長(中谷達行君) これより採決いたします。

 最初に、議案のうち、反対討論のありました議案第120号「市長及び副市長の給与に関する条例の一部改正について」を採決いたします。

 本件に対する委員長報告は可決であります。

 本件は委員長の報告どおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     (起立多数)



○議長(中谷達行君) 起立多数であります。よって、本件は原案のとおり可決することに決定しました。

 次に、議案第122号「教育長の給与、勤務時間その他勤務条件に関する条例の一部改正について」採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は可決であります。

 本件は委員長の報告のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     (起立多数)



○議長(中谷達行君) 起立多数であります。よって、本件は原案のとおり可決することに決定しました。

 次に、議案第123号「輪島市議会の議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部改正について」採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は可決であります。

 本件は委員長の報告のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     (起立多数)



○議長(中谷達行君) 起立多数であります。よって、本件は原案のとおり可決することに決定しました。

 次に、議案第111号から議案第129号まで、議案第132号から議案第137号まで及び議案第139号から議案第144号までのうち、ただいま採決いたしました案件を除く残余の案件を一括して採決いたします。

 以上の各件に対する委員長の報告は、いずれも承認または可決であります。

 以上の各件は、委員長の報告のとおり承認または可決することに異議ありませんか。

     (「異議なし」というものあり)



○議長(中谷達行君) 異議なしと認めます。よって、以上の各件は、いずれも原案のとおり承認または可決することに決定しました。

 次に、請願第14号「「消費税10%増税を中止する意見書」採択を求める請願書」を採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は不採択であります。

 本件は委員長の報告のとおり不採択とすることに賛成の諸君の起立を求めます。

     (起立多数)



○議長(中谷達行君) 起立多数であります。よって、本件は不採択とすることに決定しました。

 次に、請願第15号「「集団的自衛権行使を容認する閣議決定撤回を求める意見書」採択を求める請願書」を採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は不採択であります。

 本件は委員長の報告のとおり不採択とすることに賛成の諸君の起立を求めます。

     (起立多数)



○議長(中谷達行君) 起立多数であります。よって、本件は不採択とすることに決定しました。

 次に、請願第16号「「日米軍事協力の指針(ガイドライン)再改定作業の即時中止を求める意見書」の採択を求める請願書」を採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は不採択であります。

 本件は委員長の報告のとおり不採択とすることに賛成の諸君の起立を求めます。

     (起立多数)



○議長(中谷達行君) 起立多数であります。よって、本件は不採択とすることに決定しました。

 次に、請願第17号「「『慰安婦』問題の早期解決を求める意見書」採択を求める請願書」を採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は不採択であります。

 本件は委員長の報告のとおり不採択とすることに賛成の諸君の起立を求めます。

     (起立多数)



○議長(中谷達行君) 起立多数であります。よって、本件は不採択とすることに決定しました。

 次に、請願第18号「「特定秘密保護法の廃止を求める意見書」の採択を求める請願書」を採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は不採択であります。

 本件は委員長の報告のとおり不採択とすることに賛成の諸君の起立を求めます。

     (起立多数)



○議長(中谷達行君) 起立多数であります。よって、本件は不採択とすることに決定しました。

 次に、請願第19号「「集団的自衛権行使容認の閣議決定を撤回し、閣議決定に基づく立法化を行わないことを求める意見書」採択を求める請願書」を採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は不採択であります。

 本件は委員長の報告のとおり不採択とすることに賛成の諸君の起立を求めます。

     (起立多数)



○議長(中谷達行君) 起立多数であります。よって、本件は不採択とすることに決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案(第130号及び第131号)



○議長(中谷達行君) 日程第2、議案第130号及び議案第131号を一括して議題といたします。

 地方自治法第117条の規定により、5番一二三秀仁君、9番大宮 正君の退席を求めます。

     (5番 一二三秀仁君、9番 大宮 正君退席)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△委員長報告・質疑



○議長(中谷達行君) 以上の各件に関し、委員長の報告を求めます。

 教育民生副委員長高作昌年君。

     (教育民生副委員長 高作昌年君登壇)



◆教育民生副委員長(高作昌年君) ただいま議題となりました両議案につきまして、教育民生委員会における審査の経過及び結果をご報告いたします。

 付託された議案の主な内容についてでありますが、まず議案第130号については、輪島市もんぜん児童館を、議案第131号については、介護予防拠点施設ふれあいプラザ二勢を、それぞれ平成27年4月1日から3年間、社会福祉法人輪島市社会福祉協議会に引き続き指定管理者として指定するものです。

 両議案について、執行部から詳細に説明を聴取し、質疑、採決を行ったところ、いずれも原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上、ご報告いたします。



○議長(中谷達行君) 以上で委員長の報告を終わります。

 これより委員長の報告に対する質疑に入ります。

 ただいまのところ質疑の通告はありません。

 これをもちまして委員長の報告に対する質疑を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△討論



○議長(中谷達行君) これより討論に入ります。

 ただいまのところ討論の通告はありません。

 これをもちまして討論を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△採決



○議長(中谷達行君) これより議案第130号及び議案第131号を一括して採決いたします。

 以上の各件に対する委員長の報告は、いずれも可決であります。

 以上の各件は、委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」というものあり)



○議長(中谷達行君) 異議なしと認めます。よって、以上の各件は、いずれも原案のとおり可決することに決定しました。

 一二三秀仁君、大宮 正君の入場を認めます。

     (5番 一二三秀仁君、9番 大宮 正君入場)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案(第138号)



○議長(中谷達行君) 日程第3、議案第138号を議題といたします。

 地方自治法第117条の規定により、5番一二三秀仁君の退席を求めます。

     (5番 一二三秀仁君退席)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△委員長報告・質疑



○議長(中谷達行君) 本件に関し、委員長の報告を求めます。

 産業経済委員長小山 栄君。

     (産業経済委員長 小山 栄君登壇)



◆産業経済委員長(小山栄君) ただいま議題となっています議案第138号輪島市ふるさと体験実習館の指定管理者の指定について、審査の経過及び結果をご報告をいたします。

 議案第138号は、来年3月で期間満了となる公の施設の指定管理者指定に関する議案であり、輪島市ふるさと体験実習館の指定管理者を特定非営利活動法人あえの郷しんこう会に指定するものであります。

 この議案に対して、執行部から説明を聴取し、採決を行ったところ、全会一致で可決すべきものと決しました。

 以上をもちまして産業経済委員会の報告を終わります。



○議長(中谷達行君) 以上で委員長の報告を終わります。

 これより委員長の報告に対する質疑に入ります。

 ただいまのところ質疑の通告はありません。

 これをもちまして委員長の報告に対する質疑を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△討論



○議長(中谷達行君) これより討論に入ります。

 ただいまのところ討論の通告はありません。

 これをもちまして討論を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△採決



○議長(中谷達行君) これより議案第138号を採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は可決であります。

 本件は委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」というものあり)



○議長(中谷達行君) 異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決することに決定しました。

 一二三秀仁君の入場を認めます。

     (5番 一二三秀仁君入場)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議員の派遣について



○議長(中谷達行君) 日程第4、議員の派遣について議題といたします。

 お諮りいたします。本件につきましては、お手元に配付のとおり議員を派遣することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」というものあり)



○議長(中谷達行君) ご異議なしと認めます。よって、本件は手元に配付のとおり議員を派遣することに決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△各常任委員会及び議会運営委員会の閉会中の継続調査について



○議長(中谷達行君) 日程第5、各常任委員会及び議会運営委員会の閉会中の継続調査について議題といたします。

 各常任委員会委員長及び議会運営委員会委員長から、お手元に配付のとおり、それぞれの閉会中の継続審査の申し出が議長の手元に参っております。

 お諮りいたします。各委員長からの申し出のあった事項につきましては、閉会中も継続して調査をすることにご異議ありませんか。

     (「異議なし」というものあり)



○議長(中谷達行君) ご異議なしと認めます。よって、各委員長から申し出のあった事項につきましては、閉会中継続して調査することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議長挨拶



○議長(中谷達行君) 以上をもちまして、本定例会に付議されました全てを終了いたしました。

 閉会に当たり、一言ご挨拶申し上げます。

 去る12月2日より開会されました第4回輪島市議会定例会も本日をもって終了いたします。特に緊急の案件がない限り、本年納めの議会となります。

 本年1年を振り返ってみますと、輪島中学校の開校、穴水町との共同施設であります新火葬場やすらぎの杜の完成、また消防本部や新輪島消防署の建設が始まるなど、各事業に大きく進捗した1年でもありました。

 一方、豪雨による広島市の土砂災害、御嶽山などの火山噴火、長野県北部を震源とする地震など、さまざま自然災害が起きました。私たち能登半島地震のつらかった思いを思い起こしますとともに、被災された地域の復興の一日も早く進むことを心からお祈りいたします。

 このような中、明るい話題として、本市が来年度のNHK連続テレビ小説「まれ」の舞台となることが発表されました。輪島の魅力を全国に発信する大きな機会であります。

 あわせて、来年3月、能越の自動車道の七尾市までの開通、そして北陸新幹線金沢開業が重なり、本市を訪れる観光客の増加が期待されております。

 また、現在建設が進められています輪島塗会館やマリンタウン交流拠点施設といった新たな観光施設の整備は大変すばらしいことであります。これも、市長を初め、関係各位のご努力とご協力のたまものであると心から敬意を表するものであります。

 そして、我々議会もまた市民の皆様の声を市政に届け、市民生活の向上に向けて努力していかなければなりません。

 議員各位には、この1年間、活発な議会活動を通じ、円滑な議会運営にご支援をいただき、心から敬意を表しますとともに感謝を申し上げます。

 本年もあとわずかとなりましたが、各位には時節健康に十分留意され、来るべき平成27年度が希望に満ちた新年となりますようご祈念申し上げ、私のあいさつといたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉議・閉会



○議長(中谷達行君) 以上をもちまして、平成26年第4回輪島市定例会を閉会いたします。

          (午後2時50分閉会)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          (参照)議事日程(第4号)

                         平成26年12月16日(火)

                         午後2時開議

 日程第1 議案第111号から議案第129号まで、議案第132号から議案第137号まで及び議案第139号から議案第144号まで並びに請願第14号から請願第19号まで

      一括議題

       委員長報告・質疑、討論、採決

   第2 議案第130号及び議案第131号

      一括議題

       委員長報告・質疑、討論、採決

   第3 議案第138号

       委員長報告・質疑、討論、採決

   第4 議員の派遣について

   第5 各常任委員会及び議会運営委員会の閉会中の継続調査について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                            平成26年12月16日

          議員の派遣について(案)

 地方自治法(昭和22年法律第67号)第100条第13項及び輪島市議会会議規則(平成18年輪島市議会規則第1号)第161条の規定により、下記のとおり議員を派遣する。

                記

 1 石川県市議会議長会研修「市議会議員特別セミナー」

 (1) 目的    都市行財政の重点課題、地方財政をとりまく環境の変化、地域振興のための諸方策等についての特別セミナーへの参加

 (2) 場所    市町村職員中央研修所(千葉市)

 (3) 期間    平成27年1月15日から同月16日まで

 (4) 対象議員  高田正男



△委員会審査報告書

          委員会審査報告書(総務委員会)

 本委員会に付託された事件は、審査の結果下記のとおり決定したので、輪島市議会会議規則(平成18年輪島市議会規則第1号)第103条及び第137条の規定により報告します。

                記



事件番号
件名
結果
理由
備考


議案第111号
専決処分の承認を求めることについて(平成26年度輪島市一般会計補正予算(第3号))
承認
妥当と認む
 


議案第112号
平成26年度輪島市一般会計補正予算(第4号)
原案可決

 


議案第120号
市長及び副市長の給与に関する条例の一部改正について


 


議案第121号
輪島市一般職の職員の給与に関する条例の一部改正について


 


議案第122号
教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部改正について


 


議案第123号
輪島市議会の議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部改正について


 


議案第126号
輪島市空港交流センターの指定管理者の指定について


 


議案第127号
輪島市千枚田レストハウスの指定管理者の指定について


 


議案第128号
能登・門前ファミリーイン ビュー・サンセット等の指定管理者の指定について


 


議案第129号
輪島市門前ふるさと集いの館の指定管理者の指定について
原案可決
妥協と認む
 


請願第14号
「消費税10%増税を中止する意見書」採択を求める請願書
不採択
趣旨を了としがたい
 


請願第15号
「集団的自衛権行使を容認する閣議決定撤回を求める意見書」採択を求める請願書


 


請願第16号
「日米軍事協力の指針(ガイドライン)再改定作業の即時中止を求める意見書」の採択を求める請願書


 


請願第17号
「『慰安婦』問題の早期解決を求める意見書」採択を求める請願書


 


請願第18号
「特定秘密保護法の廃止を求める意見書」の採択を求める請願書


 


請願第19号
「集団的自衛権行使容認の閣議決定を撤回し、閣議決定に基づく立法化を行わないことを求める意見書」採択を求める請願書


 



 平成26年12月12日

 輪島市議会議長  中谷達行様

                    総務委員会委員長  森 裕一

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          委員会審査報告書(教育民生委員会)

 本委員会に付託された事件は、審査の結果下記のとおり決定したので、輪島市議会会議規則(平成18年輪島市議会規則第1号)第103条の規定により報告します。

                記



事件番号
件名
結果
理由
備考


議案第112号
平成26年度輪島市一般会計補正予算(第4号)
原案可決
妥当と認む
 


議案第115号
輪島市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の制定について


 


議案第116号
輪島市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準を定める条例の制定について


 


議案第117号
輪島市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の制定について


 


議案第124号
輪島市国民健康保険条例の一部改正について


 


議案第125号
輪島市看護師等修学資金貸与条例の一部改正について


 


議案第130号
輪島市もんぜん児童館の指定管理者の指定について


 


議案第131号
介護予防拠点施設ふれあいプラザ二勢の指定管理者の指定について


 


議案第132号
門前高齢者保健福祉施設あすなろ苑の指定管理者の指定について


 


議案第133号
門前小規模ケア付老人住宅ふれあいの家の指定管理者の指定について


 


議案第134号
一本松総合運動公園体育館等の指定管理者の指定について


 


議案第135号
輪島市町野テニスコート等の指定管理者の指定について


 


議案第136号
輪島市門前野球場等の指定管理者の指定について
原案可決
妥当と認む
 


議案第137号
石川県輪島漆芸美術館の指定管理者の指定について


 



 平成26年12月12日

 輪島市議会議長  中谷達行様

                  教育民生委員会委員長  大宮 正

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          委員会審査報告書(産業経済委員会)

 本委員会に付託された事件は、審査の結果次のとおり決定したので、輪島市議会会議規則(平成18年輪島市議会規則第1号)第103条の規定により報告します。

                記



事件番号
件名
結果
理由
備考


議案第112号
平成26年度輪島市一般会計補正予算(第4号)
原案可決
妥当と認む
 


議案第113号
平成26年度輪島市臨海土地造成事業特別会計補正予算(第1号)


 


議案第114号
平成26年度輪島市水道事業会計補正予算(第1号)


 


議案第118号
輪島塗会館条例の制定について


 


議案第119号
輪島市マリンタウン交流拠点施設条例の制定について


 


議案第138号
輪島市ふるさと体験実習館の指定管理者の指定について


 


議案第139号
輪島市かやぶきの郷コミュニティ施設の指定管理者の指定について


 


議案第140号
馬場崎交流サロンの指定管理者の指定について
原案可決
妥当と認む
 


議案第141号
鳳至上町交流サロンの指定管理者の指定について


 


議案第142号
わいち交流サロンの指定管理者の指定について


 


議案第143号
鳳至上町第2交流サロンの指定管理者の指定について


 


議案第144号
輪島市工房長屋の指定管理者の指定について


 



 平成26年12月12日

 輪島市議会議長  中谷達行様

                 経済産業委員会副委員長  西  恵

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議決一覧



議決番号
議案番号
件名
議決年月日
議決結果


議決
第111号
市長提出議案
第111号
専決処分の承認を求めることについて(平成26年度輪島市一般会計補正予算(第3号))
平成26年
12月16日
承認



第112号

第112号
平成26年度輪島市一般会計補正予算(第4号)

原案可決



第113号

第113号
平成26年度輪島市臨海土地造成事業特別会計補正予算(第1号)





第114号

第114号
平成26年度輪島市水道事業会計補正予算(第1号)




議決
第115号
市長提出議案
第115号
輪島市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の制定について
平成26年
12月16日
原案可決



第116号

第116号
輪島市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準を定める条例の制定について





第117号

第117号
輪島市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の制定について





第118号

第118号
輪島塗会館条例の制定について





第119号

第119号
輪島市マリンタウン交流拠点施設条例の制定について





第120号

第120号
市長及び副市長の給与に関する条例の一部改正について





第121号

第121号
輪島市一般職の職員の給与に関する条例の一部改正について





第122号

第122号
教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部改正について





第123号

第123号
輪島市議会の議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部改正について





第124号

第124号
輪島市国民健康保険条例の一部改正について





第125号

第125号
輪島市看護師等修学資金貸与条例の一部改正について





第126号

第126号
輪島市空港交流センターの指定管理者の指定について




議決
第127号
市長提出議案
第127号
輪島市千枚田レストハウスの指定管理者の指定について
平成26年
12月16日
原案可決



第128号

第128号
能登・門前ファミリーイン ビュー・サンセット等の指定管理者の指定について





第129号

第129号
輪島市門前ふるさと集いの館の指定管理者の指定について





第130号

第130号
輪島市もんぜん児童館の指定管理者の指定について





第131号

第131号
介護予防拠点施設ふれあいプラザ二勢の指定管理者の指定について





第132号

第132号
門前高齢者保健福祉施設あすなろ苑の指定管理者の指定について





第133号

第133号
門前小規模ケア付老人住宅ふれあいの家の指定管理者の指定について





第134号

第134号
一本松総合運動公園体育館等の指定管理者の指定について





第135号

第135号
輪島市町野テニスコート等の指定管理者の指定について





第136号

第136号
輪島市門前野球場等の指定管理者の指定について





第137号

第137号
石川県輪島漆芸美術館の指定管理者の指定について





第138号

第138号
輪島市ふるさと体験実習館の指定管理者の指定について





第139号

第139号
輪島市かやぶきの郷コミュニティ施設の指定管理者の指定について





第140号

第140号
馬場崎交流サロンの指定管理者の指定について




議決
第141号
市長提出議案
第141号
鳳至上町交流サロンの指定管理者の指定について
平成26年
12月16日
原案可決



第142号

第142号
わいち交流サロンの指定管理者の指定について





第143号

第143号
鳳至上町第2交流サロンの指定管理者の指定について





第144号

第144号
輪島市工房長屋の指定管理者の指定について





−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△請願一覧



議決番号
件名
議決年月日
議決結果


請願第14号
「消費税10%増税を中止する意見書」採択を求める請願書
平成26年
12月16日
不採択


請願第15号
「集団的自衛権行使を容認する閣議決定撤回を求める意見書」採択を求める請願書




請願第16号
「日米軍事協力の指針(ガイドライン)再改定作業の即時中止を求める意見書」の採択を求める請願書




請願第17号
「『慰安婦』問題の早期解決を求める意見書」採択を求める請願書




請願第18号
「特定秘密保護法の廃止を求める意見書」の採択を求める請願書




請願第19号
「集団的自衛権行使容認の閣議決定を撤回し、閣議決定に基づく立法化を行わないことを求める意見書」採択を求める請願書





−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△請願処理顛末書

               総件数    6件

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

              * 総務委員会

                付託件数  6件

                不採択   6件



番号
件名
請願者
紹介議員
結果


第14号
「消費税10%増税を中止する意見書」採択を求める請願書
(住所)
 金沢市新保本 4−66−4
(氏名)
 消費税廃止石川県各界連絡会
 加藤忠男
鐙 邦夫
不採択


第15号
「集団的自衛権行使を容認する閣議決定撤回を求める意見書」採択を求める請願書
(住所)
 金沢市兼六元町9−40
 金沢合同法律事務所気付
(氏名)
 戦争をさせない石川の会
 莇 昭三
鐙 邦夫
不採択


第16号
「日米軍事協力の指針(ガイドライン)再改定作業の即時中止を求める意見書」の採択を求める請願書
(住所)
 金沢市兼六元町9−40
 金沢合同法律事務所気付
(氏名)
 戦争をさせない石川の会
 莇 昭三
鐙 邦夫
不採択


第17号
「『慰安婦』問題の早期解決を求める意見書」採択を求める請願書
(住所)
 金沢市兼六元町9−40
 金沢合同法律事務所気付
(氏名)
 戦争をさせない石川の会
 莇 昭三
鐙 邦夫
不採択


第18号
「特定秘密保護法の廃止を求める意見書」の採択を求める請願書
(住所)
 金沢市兼六元町9−40
 金沢合同法律事務所気付
(氏名)
 戦争をさせない石川の会
 莇 昭三
鐙 邦夫
不採択


第19号
「集団的自衛権行使容認の閣議決定を撤回し、閣議決定に基づく立法化を行わないことを求める意見書」採択を求める請願書
(住所)
 金沢市兼六元町9−40
 金沢合同法律事務所気付
(氏名)
 石川憲法会議
 菅野昭夫
 東 孝二
鐙 邦夫
不採択



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

    職務のため議場に出席した事務局職員の職氏名

                    事務局次長

 事務局長     西山豊一               坂本 修

                    兼庶務係長

 議事調査係長   二角貴博      書記       滝町 健

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。

             輪島市議会議長    中谷達行

             輪島市議会副議長   高田正男

             輪島市議会議員    坂本賢治

             輪島市議会議員    下 善裕