議事ロックス -地方議会議事録検索-


石川県 小松市

平成25年第2回定例会(第1日目)  本文




2013.06.10 : 平成25年第2回定例会(第1日目)  本文


      開会 午前 9時58分

   ◎開会の宣告
◯議長(円地仁志君) おはようございます。
 ただいまより平成25年第2回小松市議会定例会を開会いたします。

 ───────── ◇ ─────────

   ◎小松市市政功労者表彰、全国市議会議
    長会及び北信越市議会議長会表彰伝達
    式

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(円地仁志君) 本日の会議に先立ち、長年にわたり市勢の発展に貢献されました方々の表彰式並びに伝達式を行います。
 このたびの表彰及び伝達は、小松市市政功労者表彰並びに全国市議会議長会及び北信越市議会議長会表彰の伝達であります。
 今回表彰を受けられる方々は、議員在職20年の表靖二君、議員在職10年の宮西健吉君の2名であります。
 それでは、表彰式及び伝達式を行います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議会事務局長(粟井憲之君) ただいまより議員在職20年の表彰式及び伝達式を行います。
 最初に小松市市政功労者表彰、次に全国市議会議長会及び北信越市議会議長会特別表彰伝達の順で行いますので、よろしくお願いいたします。
 市長、議長、前へお進みください。
 表靖二殿。
   〔表 靖二君登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議会事務局長(粟井憲之君) 小松市市政功労者表彰。
 市長、お願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(和田愼司君) 長年にわたりまことにありがとうございます。
 表彰状。
 表靖二様。
 あなたは、小松市議会議員として20年間にわたり、市政の振興と発展に尽くされた御功績は誠に顕著でございます。よってここに表彰させていただきます。
 平成25年6月10日
                  小松市長
 これからも御活躍お願い申し上げます。
   〔表彰状授与・拍手〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議会事務局長(粟井憲之君) 全国及び北信越市議会議長会特別表彰の伝達。
 議長、お願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(円地仁志君) 表彰状。
 表靖二殿。
 あなたは、市議会議員として20年の長きにわたって市政の発展に尽くされ、その功績は特に著しいものがありますので、第89回定期総会にあたり、本会表彰規程によって特別表彰をいたします。
       全国市議会議長会会長 佐藤祐文
 おめでとうございます。
   〔表彰状伝達・拍手〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(円地仁志君) 表彰状。
 表靖二殿。
 あなたは、市議会議員として在職20年、よく市政の発展に努められ、その功績はまことに顕著なものがあります。よって、第88回定期総会に当たり、本会表彰規程により表彰します。
 平成25年4月4日
         北信越市議会議長会会長
         富山市議会議長 原田佳津広
 おめでとうございます。
   〔表彰状伝達・拍手〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議会事務局長(粟井憲之君) 表議員は自席へお戻りください。
 続きまして、議員在職10年の表彰式及び伝達式を行います。
 表彰の順序はさきに準じ、最初に小松市市政功労者表彰、続きまして全国及び北信越市議会議長会表彰伝達の順で行いますので、よろしくお願いいたします。
 宮西健吉殿。
   〔宮西健吉君登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議会事務局長(粟井憲之君) 小松市市政功労者表彰。
 市長、お願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(和田愼司君) 長年、本当にありがとうございます。
 表彰状。
 宮西健吉様。
 あなたは、小松市議会議員として10年間にわたり、市政の振興と発展に尽くされた御功績は誠に顕著でございます。よってここに表彰させていただきます。
 平成25年6月10日
                  小松市長
 おめでとうございます。
   〔表彰状授与・拍手〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議会事務局長(粟井憲之君) 全国及び北信越市議会議長会表彰の伝達。
 議長、お願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(円地仁志君) 表彰状。
 宮西健吉殿。
 あなたは、市議会議員として10年、市政の振興に努められ、その功績は著しいものがありますので、第89回定期総会にあたり、本会表彰規程により表彰いたします。
       全国市議会議長会会長 佐藤祐文
 おめでとうございます。
   〔表彰状伝達・拍手〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(円地仁志君) 表彰状。
 宮西健吉殿。
 あなたは、市議会議員として在職10年、よく市政の発展に努められ、その功績はまことに顕著なものがあります。よって、第88回定期総会に当たり、本会表彰規程により表彰いたします。
 平成25年4月4日
         北信越市議会議長会会長
         富山市議会議長 原田佳津広
 おめでとうございます。
   〔表彰状伝達・拍手〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議会事務局長(粟井憲之君) 以上をもちまして、表彰式及び伝達式を終わります。

 ───────── ◇ ─────────

   ◎お祝いのあいさつ

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(円地仁志君) ただいま表彰の栄誉を受けられました表靖二君、宮西健吉君に対しましては心からお祝いを申し上げます。
 お二方は、長年にわたり山積する市民の負託に応え、市勢の発展に寄与すべく、日夜政務に尽力されてこられました。
 特に、在職20年の表靖二君におかれましては、その長年の御苦労に対し、深甚なる敬意を表するとともに、本市議会を牽引し、我々後輩議員を導いてこられた御厚情に厚く感謝申し上げるところであります。
 また、在職10年の宮西健吉君には、着実に中堅議員としての実務をこなされ、本日の栄えある表彰を受けられることを心よりお喜びを申し上げます。
 今後とも小松市の発展に一層のお力添えをお願い申し上げますとともに、今後ますますの御活躍と御健勝を御祈念申し上げます。
 この際、市長が発言を求められておりますので、これを許します。
 市長、和田愼司君。
   〔市長 和田愼司君登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(和田愼司君) 今ほど表彰を受賞されました表靖二様、そして宮西健吉様、大変おめでとうございます。
 表様は市議会議員20年の在職、そして宮西さんは市議会議員10年と、在職期間の違い、また出身地から申しますと宮西さんは北部地域、表さんは南部地域と、エリアの違いこそあれど、この10年、20年、市民のためにひたすら議員活動に尽くしてこられたことに対しまして厚く感謝を申し上げ、また敬意を表したいと思います。
 この長い議員生活、また人生の中で培われましたいわゆる知識、これをこれからさらに発揮をしていただきたいと思いますし、そして何よりもこれからは変革の時代でございます。大きな勇気を持って、その変革にぜひこのキャリアを生かしていただきたい。
 そしてまた、高齢化という問題もございます。障害者の方もいらっしゃいます。そういう意味で、思いやりを持った、まさに小松市が目指しております智・仁・勇の世界をさらに高めていただきますようお願い申し上げまして、お祝いの言葉とさせていただきます。
 おめでとうございます。

 ───────── ◇ ─────────

   ◎開議の宣告

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(円地仁志君) これより本日の会議を開きます。

 ───────── ◇ ─────────

   ◎諸般の報告

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(円地仁志君) 地方自治法第121条の規定による今期定例会における説明員の氏名は、お手元に配付のとおりでありますので、御報告いたしておきます。
 その他の報告は省略いたします。

 ───────── ◇ ─────────

   ◎会議時間の延長

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(円地仁志君) あらかじめ会議時間を延長いたしておきます。

 ───────── ◇ ─────────

   ◎会期の決定

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(円地仁志君) 日程第1、会期の決定を議題といたします。
 お諮りいたします。
 今期定例会の会期は、本日から6月27日までの18日間といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
   〔「異議なし」と言う人あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(円地仁志君) 御異議なしと認めます。
 よって、会期は18日間と決定いたしました。
 この際、暫時休憩いたします。

      休憩 午前10時08分

      再開 午前10時45分


-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(宮川吉男君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 ───────── ◇ ─────────

   ◎日程の追加

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(宮川吉男君) ただいま議長円地仁志君から、議長辞職願が提出されました。
 お諮りいたします。
 この際、議長の辞職の件を日程に追加し、議題とすることにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
   〔「異議なし」と言う人あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(宮川吉男君) 御異議なしと認めます。
 よって、この際、議長の辞職の件を日程に追加し、議題といたします。

 ───────── ◇ ─────────

   ◎議長の辞職について

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(宮川吉男君) その辞職願を事務局長に朗読させます。
   〔事務局長朗読〕
   辞職願
 私儀、今般、一身上の都合により、平成25年6月10日をもって小松市議会議長の職を辞したく存じますので、特段の御配慮をお願いいたします。
  平成25年6月10日
 小松市議会副議長 宮川吉男殿
         小松市議会議長 円地仁志

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(宮川吉男君) お諮りいたします。
 円地仁志君の議長の辞職を許可することに御異議ありませんか。
   〔「異議なし」と言う人あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(宮川吉男君) 御異議なしと認めます。
 よって、円地仁志君の議長の辞職を許可することに決しました。
 円地仁志君の入場を許します。
   〔15番 円地仁志君入場〕

 ───────── ◇ ─────────

   ◎議長退任のあいさつ

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(宮川吉男君) この際、円地仁志君が発言を求めておりますので、これを許します。
 円地仁志君。
   〔15番 円地仁志君登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯15番(円地仁志君) 今定例会におきまして、私、小松市議会議長の職を辞する決意をいたしました。そして今ほど、皆様のお許しをいただきましたので、退任に当たり一言御挨拶を申し上げます。
 振り返りますと、平成23年5月臨時会におきまして、皆様の温かい御推挙により、第47代小松市議会議長の重職を預からせていただきました。以来、皆様の御支援、御協力のもと、私なりに多くの先輩諸氏が営々と築き上げてきました本市議会の伝統と誇りを守り、市民の負託に応え得る、権威ある議会運営に努めてきたところであります。
 具体的に幾つか挙げさせていただければ、まず政策提言能力を高めるため、各常任委員会において政策テーマを設けていただき、議論を尽くし、各政策テーマの方向性を示していただいたところであります。そして、それを受け、各委員長と市執行部との意見交換会を開催させていただいたところであります。
 この取り組みは、今後、本市議会の政策提言能力の向上、議論の質的向上に寄与するものと確信いたしておるところであります。
 また、市民に開かれた議会づくりの一環として、本会議、連合審査会のインターネット中継を実施し、本定例会からはそれらの録画配信もあわせて行わせていただくことになりました。これにより、本市議会での議論の様子を広く市民に知っていただき、関心を持っていただくことにより、市民と市民の代弁者たる議員とが、本来持ち合わせている信頼関係がより強固になることを期待するところであります。
 そして、本市の国際交流推進の一翼を担うべく、台湾・彰化市との議会間交流を始めさせていただきました。
 本市議会の国際交流の取り組みは、これまで多くの歴史を重ねてまいりましたが、昨今の我が国への外国人観光客の増加や小松空港の国際化の進展等に鑑み、小松空港と定期便で結ばれている台湾との交流を決めさせていただきました。地理的にも近く、親日家の多い台湾との交流は、国際都市こまつを標榜する本市の文化交流、経済交流の進展に寄与し、本市議会と台湾・彰化市との議会間交流がその大きな推進力になるものと考えるところであります。
 これら議会の改革、進化の取り組みに終わりはありません。今後、新議長のもと、確たる二元代表制の体現に向け、新たな改革、進化の道が開かれんことを御期待申し上げるところであります。
 さて、本市は南加賀の中核都市として発展してまいりました。この発展は、多くの先人が、産業を興し、まちを整備し、文化を育んできたたゆまぬ努力のたまものであります。これからも時代のニーズを的確に捉え、先人の功績に感謝の念を抱きながら、南加賀の中核都市として本市が光彩を放ち続ける未来を描き、実現させることが私どもに課せられた使命であります。
 私も今後は、一議員として市勢の発展と市民の幸せの実現のため努力を重ねてまいる所存であります。
 終わりに当たり、未熟な私でありましたが、この重責を果たし得ることができましたことはまことに感慨深いものがございます。御指導、御協力を賜りました先輩並びに同僚議員の皆さん、後輩議員の皆さん、市長初め執行部の皆さん、関係機関の皆さん、そして市民の皆さんに心から感謝の意を表し御礼を申し上げまして、退任の挨拶とさせていただきます。
 本当にありがとうございました。(拍手)

 ───────── ◇ ─────────

   ◎日程の追加

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(宮川吉男君) ただいま議長が欠員となりました。
 お諮りいたします。
 この際、議長の選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思います。これに異議ありませんか。
   〔「異議なし」と言う人あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(宮川吉男君) 異議なしと認めます。
 よって、この際、議長の選挙を日程に追加し、選挙を行うことに決しました。

 ───────── ◇ ─────────

   ◎議長の選挙

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(宮川吉男君) 議長の選挙を行います。
 議場の閉鎖を命じます。
   〔議場閉鎖〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(宮川吉男君) ただいまの出席議員数は24名であります。
 投票用紙を配付いたさせます。
   〔投票用紙配付〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(宮川吉男君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。──配付漏れなしと認めます。
 投票箱を改めさせます。
   〔投票箱点検〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(宮川吉男君) 異状なしと認めます。
 念のため申し上げます。
 投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票をお願いいたします。
 正面左側より右に向かってお進みください。
 点呼を命じます。
   〔氏名点呼・各員投票〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(宮川吉男君) 投票漏れはありませんか。──投票漏れなしと認めます。
 投票を終了いたします。
 議場の閉鎖を解きます。
   〔議場開鎖〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(宮川吉男君) 開票を行います。
 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に宮橋勝栄君、木下裕介君、高野哲郎君の3名を指名いたします。
 よって、3名の諸君の立ち会いをお願いいたします。
   〔投票点検〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(宮川吉男君) 投票の結果を報告いたします。
  投票総数    24票
 これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。
 そのうち
  有効投票    23票
  無効投票     1票
 有効投票のうち
  宮 西 健 吉 君   15票
  飛 弾 共 栄 君    7票
  橋 本 米 子 君    1票
 以上のとおりでございます。
 この選挙の法定得票数は6票であります。
 よって、宮西健吉君が議長として当選されました。(拍手)
 ただいま議長に当選されました宮西健吉君が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により当選の告知をいたします。

 ───────── ◇ ─────────

   ◎議長就任のあいさつ

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(宮川吉男君) この際、宮西健吉君が発言を求めておりますので、これを許します。
 宮西健吉君。
   〔14番 宮西健吉君登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯14番(宮西健吉君) お許しをいただきましたので、一言御挨拶を申し上げます。
 ただいま、議員各位の御推挙をいただき、栄えある第48代小松市議会議長の職につかせていただくことになりましたことは、まことに身に余る光栄であります。衷心より感謝を申し上げ、改めてその責任の重さを痛感しているところであります。
 さて、御承知のとおりアベノミクス効果により経済的には期待が膨らんできているものの、依然として国及び地方自治体においては財政状況が大変厳しいものがあります。
 地方分権改革を初め少子・高齢化社会、そしてまた地球環境問題や高度情報化の進展、国際化の進展などさまざまな行政サービスが求められる中、今後とも急激な社会変化に対応して複雑かつ新たな行政課題が発生してくることが予想されます。
 このような時代に求められるものは、市民に身近な行政であります。この身近な行政をしんに持ち、ぶれずに議会改革に取り組む決意を新たにしたところであります。
 また、地方自治は情報化社会の進展により大きく変わろうとしております。平成23年度のインターネット人口普及率は79.1%にも及び、多くの市民が欲しい情報を簡単に手に入れることができる時代になりました。
 我が小松市議会もインターネットライブ、録画配信がこの6月定例会から始まります。小松市議会は先人たちの英知により、格式と伝統を重んじ、他の自治体に負けない運営を行っている自負がありますが、これからは今まで以上に情報を公開し、多くの市民に本市の議会はここがすばらしいと、もっと知ってもらおう、また執行部へのチェック機関としての役割だけではなく、議会からの施策の企画立案が必要であると確信をいたしております。
 まだまだ未熟な私でございますが、これまでの議会経験を十分生かしながら、市勢の発展と住民福祉の向上、さらには議会の円満かつ円滑な運営のため、副議長初め議員の皆様方と力を合わせ、誠心誠意全力で職務を全うする覚悟でございます。
 何とぞ議員の皆様方及び執行部並びに市民の皆様方の一層の御支援、御鞭撻を賜りますようお願いを申し上げまして、議長就任の御挨拶といたします。
 どうもありがとうございます。(拍手)

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(宮川吉男君) それでは、宮西議長、議長席へお着き願いたいと思います。
   〔新議長、副議長と交代〕

 ───────── ◇ ─────────

   ◎議長就任・退任の言葉

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(宮西健吉君) この際、灰田昌典君が発言を求めておりますので、これを許します。
   〔24番 灰田昌典君登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯24番(灰田昌典君) お許しをいただきまして、ただいま議長選挙において新しく議長に就任されました宮西健吉君に対するお祝いと激励の言葉を、そしてこのたび一身上の都合により辞任されました円地仁志君に対するねぎらいと感謝の言葉を述べさせていただきたいと思います。
 議長に就任されました宮西健吉君につきましては、平成20年には第46代の副議長を務められ、これまで総務企画常任委員長、決算特別委員長を初めとする各種委員会や議員連盟の要職につかれ、豊かな議員経験をもとにひたすら市勢発展と市民生活の向上に御尽力されてきたことは、我々一同敬服をいたしているところであります。
 今、金融緩和、財政出動、成長戦略という三本の矢で、長期デフレの脱却を目指すいわゆるアベノミクス効果により、経済的には明るさも見え始めております。
 そのような状況であっても、地方自治体を取り巻く情勢は依然厳しいものがあります。引き続き、地方分権のさらなる推進、少子化社会、超長寿化社会への対応など厳しい財政状況の中、市政における多岐にわたる諸課題や懸案事項に取り組んでいく必要があります。
 また今日、議会に対する市民の厳しい目線がありますが、これも議会に対する大きな期待のあらわれと思っております。議会みずからがこれまでのあり方を省み、さらに市民の期待と負託に応えることが強く求められていくこととなります。
 このような重大な時期に就任されました宮西議長には、これまでの経験と持ち前の手腕を十二分に発揮され、議会の代表として、公正な議会運営、開かれた議会づくり、さらに市民福祉の向上と市勢発展の実現に十分なる成果を上げられるものと確信いたすところであります。
 我々議員一同は全力で御支援していく所存でありますので、市長を初め執行部の皆様、そして市民の皆様の御指導と御鞭撻を心からお願いするものであります。
 また、このたび一身上の都合により辞任されました円地仁志前議長には、本当に御苦労さまでございました。心から感謝し、御礼を申し上げる次第であります。
 平成23年5月の臨時会において第47代議長に就任され、今日まで寛容な人柄、豊かな人間性、そして何よりも人柄にあらわれているとおり融和を重んじられ、すばらしい統率力をもって、その業績を十二分に果たされました。
 全国市議会議長会基地協議会の相談役として、また全国市議会議長会基地協議会北信越ブロックの会長として、その運営に手腕を発揮されるなど、我々議会の代表として内外に小松市議会の名を十分に高めてくれたことは大いに評価するものであります。
 また、議会主導での台湾・彰化市議会との交流、常任委員会における政策テーマへの取り組み、本会議、連合審査会のインターネットでの録画配信など、円地前議長が新たに取り組まれた事業は宮西議長へ引き継がれ、さらなる果実を実らせるものと期待する次第であります。
 どうか議長職を離れましても健康に十分留意され、これまでの経験を十二分に生かされ、市勢の発展と市民の福祉向上に一層の御活躍を心からお願い申し上げ、まことに簡単ではございますが私のお祝いの言葉とねぎらいの言葉といたします。
 本当にありがとうございました。(拍手)


-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(宮西健吉君) この際、暫時休憩いたします。

      休憩 午前11時14分

      再開 午前11時53分


-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(宮川吉男君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 ───────── ◇ ─────────

   ◎諸般の報告

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(宮川吉男君) この際、御報告を申し上げます。
 先ほど休憩中に宮西健吉君から小松基地・空港対策特別委員会委員の辞任願の提出がありました。委員会条例第9条の2の規定により許可いたしましたので、御報告いたします。

 ───────── ◇ ─────────

   ◎日程の追加

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(宮川吉男君) お諮りいたします。
 ただいま欠員となりました小松基地・空港対策特別委員会委員1名の選任を日程に追加し、議題とすることにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
   〔「異議なし」と言う人あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(宮川吉男君) 御異議なしと認めます。
 よって、この際、本件を日程に追加し、議題とすることに決しました。

 ───────── ◇ ─────────

   ◎小松基地・空港対策特別委員会委員の
    選任

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(宮川吉男君) 小松基地・空港対策特別委員会委員の選任を行います。
 お諮りいたします。
 小松基地・空港対策特別委員会委員の選任については、委員会条例第5条第1項の規定に基づき、議長において円地仁志君を指名したいと思います。これに御異議ありませんか。
   〔「異議なし」と言う人あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(宮川吉男君) 御異議なしと認めます。
 よって、ただいま指名いたしました円地仁志君を小松基地・空港対策特別委員会委員に選任することに決しました。

 ───────── ◇ ─────────

   ◎諸般の報告

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(宮川吉男君) この際、御報告申し上げます。
 石川県後期高齢者医療広域連合議会より、円地仁志君の辞職を受理した通知及び同広域連合議会議員の補欠議員の選出依頼がありましたことを御報告いたします。

 ───────── ◇ ─────────

   ◎日程の追加

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(宮川吉男君) お諮りいたします。
 本市議会において選出すべき石川県後期高齢者医療広域連合議会議員1名がただいま欠員となっております。この際、同広域連合議会議員の補欠選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思います。これに御異議ありませんか。
   〔「異議なし」と言う人あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(宮川吉男君) 御異議なしと認めます。
 よって、この際、同広域連合議会議員の補欠選挙を日程に追加し、選挙を行うことに決しました。

 ───────── ◇ ─────────

   ◎石川県後期高齢者医療広域連合議会議
    員の補欠選挙

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(宮川吉男君) これより石川県後期高齢者医療広域連合議会議員の補欠選挙を行います。
 お諮りいたします。
 選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選により行いたいと思います。これに御異議ありませんか。
   〔「異議なし」と言う人あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(宮川吉男君) 御異議なしと認めます。
 よって、選挙の方法は指名推選によることと決しました。
 お諮りいたします。
 指名の方法については、議長において指名することにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
   〔「異議なし」と言う人あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(宮川吉男君) 御異議なしと認めます。
 よって、議長において指名することに決しました。
 石川県後期高齢者医療広域連合議会議員に
  宮 西 健 吉 君
を指名いたします。
 お諮りいたします。
 ただいま指名いたしました宮西健吉君を石川県後期高齢者医療広域連合議会議員の当選人として決めることに御異議ありませんか。
   〔「異議なし」と言う人あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯副議長(宮川吉男君) 御異議なしと認めます。
 よって、宮西健吉君が石川県後期高齢者医療広域連合議会議員に当選されました。
 この際、暫時休憩いたします。

      休憩 午前11時57分

      再開 午前11時59分


-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(宮西健吉君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 ───────── ◇ ─────────

   ◎市長提出議案第33号〜議案第49号
    及び報告第1号〜報告第9号の上程、
    説明

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(宮西健吉君) 日程第2、市長提出議案第33号 平成25年度小松市一般会計補正予算外16件及び報告第1号外8件を一括して議題といたします。
 市長より提案理由の説明を求めます。
 市長、和田愼司君。
   〔市長 和田愼司君登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(和田愼司君) 先ほど第48代小松市議会議長に御就任されました宮西健吉新議長に心からお祝いを申し上げます。
 小松市は今、北陸新幹線金沢開業、それに続く全国植樹祭とまちの発展に向けて大きな転機を迎えようとしています。宮西新議長におかれましては、このような重要な時期に、これまで培われた深い見識を遺憾なく発揮され、本市の発展と暮らしの充実のため、市議会の代表としてますます御活躍されますよう心から御祈念申し上げます。
 そして、一身上の御都合により辞任されました円地仁志前議長には、これまで小松市勢の発展のため多大なる御尽力をいただきましたことに心から感謝とお礼を申し上げます。
 議長在任中、2年間余、見事な力量を発揮され議会運営に当たられました。今後ともその御経験を生かし、引き続き議員活動を通して、小松市民の幸せのため御活躍いただきますようお願い申し上げます。
 それでは、平成25年第2回市議会定例会の開会に当たり、提出いたしました議案の概要と今後の市政運営に対する所信の一端を申し上げます。
 3月の市長選挙におきまして、多くの市民の皆様から力強い御支援をいただき、引き続き市政を担わせていただくことになりました。
 これまでの4年間におけるさまざまな成果に対し、市民の皆様からの評価に心より感謝申し上げますとともに、さらに高い評価をいただけるよう、引き続き不惜身命の精神で邁進してまいります。これからも決して改革をとめることなく、「みんなの笑顔いっぱいのまち」の実現に向け、一視同仁の心を込めて市政運営に取り組んでまいります。
 私は市長就任時に、「行政改革、財政再建」「市民ともっと身近に」「小松市を発展させる」の3つを基本方針として行政を運営してまいりました。また、新しい時代にふさわしい方向性を示す指針として10年ビジョンを策定し、日本一「たくましい・おもしろい・ここちよい」まちを旗印とし、まちのイメージアップに向けて、ビジョンに政策と予算をリンクし、まちづくりを実行してきたところであります。この10年ビジョンの実現に向けたアクションプランを策定し、スピードを上げて実施してきた結果、一定のめども立ってきていると考えています。
 まず、日本一「ここちよい」まちの進捗についてです。
 急速に進展する少子・超長寿化社会において、シニアや女性が活躍し、未来を担う子供たちは夢を描き成長する、そのようなまちを目指してきました。結果的に、高齢者が住みやすいまち、出産、子育てしやすいまちとして、昨年発行の全国経済誌においてそれぞれトップ20位以内に位置づけられました。
 昨年11月には救急医療センターを開設、本年2月からはデジタルを活用した消防救急体制を強化し、医師会や消防団などの諸団体と連携し、市民の安心を格段に向上できました。
 そして、発達障害や高齢者福祉など、身近な窓口相談機能も他自治体に先駆け充実しております。また、保育料の引き下げや子供の医療費助成の拡大など、子供たちが安心して成長できる環境づくりに努めてまいりました。
 私は、暮らしの心地よさの基本は、自分の住まいがある地域やおのおのの家庭内にあると考え、いきいきサロン、自主防災組織やわがまち防犯隊などの活動拡充、三世代家族の増加に向けた定住促進策などさまざまな政策を実施してきました。
 また、平成25年3月には、本市ならではの幸せ度を示すこまつ幸せへの「道しるべ」を策定しました。
 これからも、本市の底力である市民力、地域力、きずなを市民協働で高めながら、三世代が笑顔で暮らすここちよいまちを目指し、幸せ度向上に取り組んでまいります。
 次に、日本一「たくましい・おもしろい」まちの進捗についてです。
 平成26年度末の北陸新幹線金沢開業まで1年9カ月となりました。これまで、本市の強みを「歌舞伎のまち」「科学と交流」「乗りもののまち」「環境王国こまつ」の4テーマに大別し、特色あるコンセプトでまちづくりを進めてきました。スピードを上げ実施した結果、新幹線金沢開業という当面の中間ゴールの方向性は市民の皆様にも見えてきたと思います。
 この交流拡大の機会に加え、平成27年度に開催される第66回全国植樹祭の主会場が木場潟に決定いただきましたことは、全市民にとって大きな喜びであるとともに、まち発展の力強い追い風になります。さらに、平成28年度には曳山子供歌舞伎が250周年を迎えます。さらに、那谷寺、粟津温泉1300年と続きます。
 このまちづくりの大転換期において、市民や企業、大学とも一層連携を深め、ポテンシャルの高い地域資源の活用やものづくり力をアップし、まちを発展させていきます。
 特に、JR小松駅周辺は駅東西プロジェクトの完成を控え、大きく変わってきています。駅東地区では産業技術や科学をテーマとした人材育成拠点であるこまつの杜やサイエンスヒルズこまつ、駅西地区では歴史文化と伝統を生かし、北陸の際立ったエリアに仕上げます。
 本市はさらに大きく成長できます。小松空港においては、アジアのハブ空港との連絡が強化されるとともに、国際貨物便の拡充、羽田乗り継ぎ割引区間が国内最多になるなど、利便性、機動性が向上しています。
 北陸最大の空港が立地するという大きな特徴に加え、産業はもとより、自然、文化などの地域の強みを生かし、ビジネス、観光、教育での海外交流を拡大していきます。そして、北陸の中でも多くの外国人が行き交う国際都市こまつに向け、まちづくりを進化させていきましょう。
 行政改革、財政再建は重要であり、市民が私に対する期待が強いテーマです。時代が大きく変化している今、まちづくりをたくましく牽引する市役所と職員を目指し、組織、人事制度を、そして仕事のやり方を改善し、行政コストの圧縮やスピードアップに常に努めてきました。また、もっと身近な市役所に変わるよう、市職員の行動意識も改めてまいりました。ふえ続けてきた市債残高という長年の課題については、ようやく減少に転じることができました。
 今後とも対話を重視し、民間手法の改革を取り入れながら、市民から評価される日本一の職員育成と安心の財政基盤づくりを進めるべく、私と市職員が一丸となって取り組んでまいります。
 さて、最近の主な市政の執行状況についてであります。
 長年、北陸本線で雷鳥号、白山号として親しまれたボンネット型特急電車の保存設置が完了し、お披露目式を4月29日に土居原ボンネット広場で行いました。こまつの杜の世界最大級の超大型ダンプ、そして9月末までの展示ですが世界に6台しかないコマツの対人地雷除去機を含めて、見て、触れて、楽しんで、子供たちからシニア世代まで幅広く親しまれ、相乗効果により「乗りもののまち」を一層アピールできるものと考えております。
 女性の就労の支援や働ける環境づくりのため、4月1日から小松市民病院内に夜間保育所を開設いたしました。小松市民病院のみならず小松市医師会に加入する病院で夜間勤務する医師や看護師など医療スタッフの乳幼児、児童を対象とするもので、医療分野での女性の社会での活躍をサポートいたします。
 平成21年9月1日より、市外からの転入、町なかや農山村地域、飛行場周辺地区への定住支援を相次いで導入してまいりましたが、4月より、空き家に入居される方に対して月額2万円までの家賃の一部を助成する空き家有効活用家賃補助金制度、賃貸住宅として空き家を改修する場合の奨励金として空き家有効活用奨励金制度をそれぞれ新設し、空き家を有効活用することにより、まちのにぎわいや地域コミュニティの活性化、そして定住促進を図ります。さらに、私の重要政策であります三世代同居の拡大を図るべく、準三世代という概念を取り入れ、家族のきずなをつないでいきたいと考えます。
 「歌舞伎のまち」では、5月1日に拠点施設であるこまつ曳山交流館みよっさを開館しました。かが杉や九谷焼などの地元産材をふんだんに使用した和空間の中に、豪華けんらんな曳山2基を常設し、その迫力を間近に感じることができる空間であり、小松市のたくみのわざと粋を全国に丸ごと発信いたします。伝統芸能の発表やお稽古場の十八番舞台では、オープンから1カ月間、38団体61回のこけら落とし公演を繰り広げました。
 また、5月13日まで、こまつ芸術劇場うららにおいて、市民の皆様から團十郎さんとの思い出の写真や品々を御提供いただき「十二代市川團十郎丈追慕展」を開催し、多くの方々が「歌舞伎のまちこまつ」を牽引していただいた團十郎さんとの別れを惜しまれました。
 5月4日、5日、滋賀県米原市・松翁山子ども歌舞伎、新潟県南魚沼市・塩沢子ども歌舞伎をお迎えし、第15回全国子供歌舞伎フェスティバルin小松を開催。5月10日から13日のお旅まつりでは、11日の曳山八基曳揃えは、龍助町、中町の両当番町の子供たちの熱演により、会場を埋め尽くした1万2,000人の観客を魅了し、大変な盛況でした。
 昨年11月より、東京を皮切りに京都、名古屋と全国巡回いたしました加賀赤絵展が、4月から本市で開催され先月26日をもって終了いたしました。10万4,000人余もの方々が豪華かつ繊細な九谷赤絵に魅了され、小松のイメージアップに貢献できました。
 さて、ドイツの大学関係者が、前国際連合大学学長にも評価いただいた日用町のコケ庭や古民家など美しい里山を鑑賞されました。翌日には、地域資源を生かした国際交流について意見交換を実施し、その席上、カイザースラウテルン工科大学副学長を介し、カイザースラウテルン市長から招待メッセージが伝えられ、今後、欧州ドイツとの自然、文化、科学交流について前向きに検討していきたいと考えます。
 ものづくり産業の集積では、串工業団地において、建設機械部品製造、村井索道(株)が1万平米の用地を取得し、今月には新工場の着工を予定しています。今回の分譲により分譲率は40%となりました。さらに、矢田野工業団地におきましても、観光土産の和菓子、洋菓子製造業、(株)たくみやが用地取得し、分譲率は67%となりました。働く、学ぶ、住む、楽しむが充実した小松市をアピールし、さらなる産業育成に努めています。
 昨年より進めております小松運動公園の再整備では、末広陸上競技場のトラック、フィールド改修や写真判定装置などの機器の新設が完成し、6月1日に記念式典を挙行いたしました。さらに、小松運動公園周辺の環境整備を続行しております。
 次に、平成24年度の決算見通しについてであります。
 市税収入の伸び悩みが続く中、社会保障費の伸びを初め、こまつ曳山交流館みよっさ、サイエンスヒルズこまつの建設が本格化するなど建設事業費の増加がありましたが、効率的な予算執行と固定費の節減に努めた結果、財政調整基金の取り崩しを3億5,000万円予定していたものを1億5,000万円圧縮するとともに、6億円程度の黒字決算を見込んでおります。
 また、大きな課題となっている市債残高については、市債発行総額の抑制や繰り上げ償還などにより全会計で約1,368億円と、前年度に対し約17億円の改善を見込んでおり、平成21年度からの3年間で約66億円の減額となります。
 それでは、今議会に提出いたしました議案の概要について説明申し上げます。
 提出いたしました議案は、予算案7件、条例案6件、その他の議案4件、合計17件であります。
 初めに、補正予算案の概要についてであります。
 補正額は、一般会計25億5,520万1,000円、特別会計1,465万5,000円、企業会計11億8,358万5,000円、合計37億5,344万1,000円であり、補正後の予算累計額は、一般会計で398億2,520万1,000円、全会計の合計では911億3,604万1,000円となります。このほか、債務負担行為額として1億6,800万円を計上しています。
 平成25年度当初予算は骨格予算として編成したものであります。国の大型補正予算を積極的に取り入れた平成24年度3月補正予算に、平成25年度当初予算、そして今回の6月補正予算案が一体となって平成25年度の通年予算に相当することになります。この3つの予算を合わせたものを平成25年度まちづくり継続型予算とみなしており、この場合、一般会計で428億9,910万5,000円、全会計の合計では946億9,194万5,000円となり、前年度当初予算に対して2.7%の伸びとなります。
 それでは、補正予算案における主な施策の概要についてテーマ別に説明いたします。
 第1のテーマは、「北陸の成長を引っぱる国際都市こまつ」です。
 小松市を北陸の成長をリードする国際都市へ成長させるために、JR小松駅や小松空港などの拠点整備を進め、世界からも評価される小松の文化と自然を活用し、国内外の交流促進と海外誘客を強化します。
 北陸新幹線金沢開業に向けて、JR小松駅東西プロジェクトの一翼を担うサイエンスヒルズこまつの建設工事は予定どおり進捗しています。今回の補正予算案では、11月末の一部オープンに向けて、来館者に満足してもらえるサービスの提供はもちろんのこと、リピーターの増加を図り、来館者が成長する施設を目指し、運営準備や大学連携の加速など所要の予算計上を行っております。また、サイエンスヒルズこまつ内に新たに86台分の駐車場を整備し、JR小松駅及び周辺を含めた利便性を確保いたします。
 JR小松駅西側からこまつ曳山交流館みよっさ方面をつなぐ延長250メートルの都市計画道路小松駅前線が、5月11日に県の尽力により完成いたしました。この都市計画道路をれんが花道通りと名づけ、花道広場よろっさ、三の市朱門広場及び八の辻広場しばらくの3つの広場とあわせて、「歌舞伎のまち」にふさわしい光、花、緑、モニュメントで演出してまいります。
 一方、小松空港の平成24年度国内・国際線利用者数が前年度に比して18万人増の217万人余となりました。国内線利用者数は4年ぶりに200万人を超え、7.9%増の202万人余で、那覇便を除き全路線でふえております。国際線利用者数では、チャーター便を含み過去最多の15万1,141人で26%増。このように年間で200万人以上の乗降客がある北陸エアターミナルビル内に、本市の食と農の魅力を生かす6次産業育成の場として、また小松の自然や伝統文化、工芸品の魅力などを発信する拠点として「空の駅こまつ」を本格整備いたします。
 国際人が集い、成長するまち、国際都市こまつを目指して、金沢大学、JAIST(北陸先端科学技術大学院大学)の留学生をこまつリサーチャーとして委嘱し、多文化が融合するインターナショナルシティに向けて、環境王国や乗りものなどのテーマを外国人の視点で検証し、意見、提言をいただきます。
 また、未来を担う子供たちと海外駐在経験者や留学生との交流の機会を拡大し、異文化に対する理解を深め、興味を抱いてもらうことでグローバルな視点を持つ人材育成を目指すため、小中学生を対象にグローバルゼミナールを開講いたします。
 霊峰白山を望む水郷木場潟を主会場として開催される第66回全国植樹祭に備えて、木場潟をフィールドとした金沢大学との連携プロジェクトを追加展開するとともに、アクセス道路として木場潟公園線及び今江三谷バイパス線を整備いたします。
 第2のテーマは、「たくましいものづくりのまちへ」です。
 バランスのとれた産業の集積、ものづくりを支える技術と人材の育成、6次産業や環境王国こまつのブランド化など農林水産業も積極展開し、ものづくりのまちとしての底力を高めます。
 コマツからの寄附を小松市農林水産振興基金として一旦積み立て、この基金を活用してJA小松市と産学官連携で先進的モデルとして6次産業を進めるため、農産物の集積、加工、商品製造を一元化した加工製造拠点を整備する(仮称)こまつ・アグリウエイプロジェクトを開始します。このプロジェクトにより、地元農産物を環境王国こまつブランドとして発信するとともに、生産農家の所得向上、都市と農村の交流人口の拡大、シニア世代や女性などの雇用の場を拡大します。なお、本プロジェクトは今後、林業や里山エリアも検討対象にする考えもあり、さらなる波及拡大が期待されます。
 地域の農業の中心となる意欲ある認定農業者や集落営農組合などの経営体に対して、経営規模の拡大や農産物の品質向上などの経営改善に必要な農業用機械、施設の整備を行うために必要な支援をしてまいります。
 また、共同して店舗を整備する共同ビジネス事業、省エネ、自動化、ICT設備を導入する企業スマート化事業、事業転換し新事業に取り組む経営革新事業などに対して助成を行い、経営のモデルチェンジに取り組む市内中小事業者や起業家を支援するほか、女性の視点によるプロデュースで地域産材の利用促進を図るなど、バランスのとれた産業都市を目指します。
 第3のテーマは、「子どもたち、みんなの夢のために」です。
 子供たちのために、医療費の負担軽減の推進、教育環境の一層の向上により、子育て環境を日本トップクラスへ上昇させます。また、シニア世代や女性が活躍できる環境整備を引き続き推進します。これまでも、子供たちの健やかな成長をサポートする一環として小児医療費の助成の充実に努めてきたところですが、今回、助成対象年齢を15歳までを18歳までに拡大するとともに、名称もこども医療費に変更いたします。
 親が安心して預けられ、児童が伸び伸びと遊び、学べる環境を充実するため、私立保育園の建てかえのほか、7カ所の耐震改修工事などの施設環境整備に対して助成します。また、公立保育所についても3カ所で園庭と遊具整備などを進めます。
 緊急課題であった小中学校耐震化は、本年2月末をもって100%達成しました。教育環境のさらなる向上を目指して、耐震改修の必要がなかった小中学校の体育館について経年劣化したトイレのリニューアルを行うほか、学校プールについても安全、衛生対策を重点に小中学校各4校の計画的な改修を行います。この結果、小学校については本年度で、中学校については来年度で全てのプール改修を完了する予定です。
 理科教育などについては、昨年度からデジタル教科書の導入など教材の充実に努めているところでありますが、国の助成を受けて全ての小中学校にデジタル顕微鏡と液晶モニターを配備し、理科大好き青少年の育成に努めます。
 こまつドーム屋外運動場はサッカー競技を中心に活用されていますが、芝生の維持管理のため利用が制限されている現状を改めるため、天然芝を人工芝の多目的グラウンドに改修し、利用可能日数の大幅増により競技人口の拡大と競技力の向上を目指します。さらに、末広テニスコートの改修に向けた実施設計や木場潟スポーツ研修センターの体操競技用器具の更新などを通じ、スポーツ施設の機能強化を進めます。
 4年目になりますスポーツ選手の競技力向上のための医科学的サポート対策についても、生徒本人はもとより指導者、保護者からも高い評価をいただいており、ハード、ソフト両面でスポーツの振興を進めます。
 シニア世代については、いきいきサロンが年々活発化しておりますが、今年度は特に男性高齢者の参加拡大を図るため、ウオーキングサロンを開設します。健脚長寿を目指し、いつまでも生きがいを持ち、元気なシニアづくりと健康な地域の育成をサポートします。
 女性起業家の支援では、これまで卒業生を126人輩出し、14人が起業したこまつ女性起業チャレンジ塾に新たにQCサークル手法による業務改善方法や現場実習を行う実践コースを設置し、実践力と即戦力を育成します。
 第4のテーマは、「日本一ここちよいまちへ」です。
 医療、防災、福祉の一層の拡充、ICTやエコを引き続き推進するとともに、いっぱいの花、美しい水でまちの景観と風情を向上させ、小松に住んでよかったと思えるように家族みんなの暮らしをサポートします。
 安心して暮らせるまちを目指し、昨年6月1日より、生活全般や就労などについて気軽に相談できる総合窓口としてこまつふれあい支援センターを開所し、さまざまな方々に利用されています。
 ひきこもりの若者がさらに社会参加や就労に意欲を持ってもらえるよう、また閉じこもりの高齢者の生きがい就労や趣味活動、ボランティア活動につながるよう、訪問型の相談窓口及び相談の取次窓口を新たに社会福祉施設などに開設し、あわせて地域との連携強化を通じて支援ネットワークの構築強化を図ります。
 全国的な流行が懸念されている風疹については、妊娠初期の女性が感染すると胎児が先天性風疹症候群になる可能性があるため、接種率の低い年代の方を中心に接種が必要な方に対し風疹予防接種助成を本年4月より行っておりますが、接種希望者が増加しているため予算の増額をお願いします。
 4月11日、12日の両日、全国さくらシンポジウムが本市で開催され、全国から約800人もの桜を初めとする花や緑を愛する方々の御参加をいただきました。
 さらに、2年後の全国植樹祭に向け、市民総参加による花いっぱいの品格あるまちの形成に向けて、フローラルこまつ〜花・水・樹〜を展開したいと存じます。今後の展開運営については、マナー向上活動とあわせ、市議会、町内会、学校、企業、そして緑の少年団を初め全市民参画組織を結成してまいりたく、その進行につき御協力をお願いいたします。
 また、町のごみ集積所について、新設や箇所数の集約に対して助成していますが、新たに町の景観、美観に配慮したごみ集積所の新設、リニューアルに対して支援いたします。
 第5のテーマは、「まちづくりに魂を込める行政へ」です。
 まちづくりを牽引し、市民の皆様から評価される市役所に向け、引き続き行財政改革を遂行し、職員の意識改革と能力アップを図ることで市民サービスを高めるともに、ひいては安心な財政基盤確立を目指します。
 生活様式が多様化する中、納税される方の利便性の向上を図るため、365日24時間いつでも便利に市税をお支払いできるようにコンビニエンスストアでの納付を平成26年度課税分からの開始に向けて準備を進めてまいります。
 また、平成27年度固定資産評価がえに向け、土地評価がえ作業の効率化を図るため、土地評価システムを導入し、あわせて必要な情報調査業務をアウトソーシングすることとします。
 将来負担軽減200億円を目標として進めている市債残高の改善については、水道事業会計及び病院事業会計で合わせて5億円余りの繰り上げ償還を行います。
 次に、職員の給与についてです。地方公務員の給与については、東日本大震災後、復興財源確保などのための国家公務員の給与減額措置に準じた取り組みを要請されています。本市においては、既に業務改善、業務の効率化、民営化、アウトソーシングなどを通じて総人件費の抑制に努めているところであります。
 今回、給与減額の誘導手段として国よりの地方交付税が削減されたことは大変遺憾です。しかし、それに伴う財源減少を基金の取り崩しなどで補うことは、本市の高い将来負担比率などを考慮すれば市民の皆様に御理解をいただくのは難しいと考え、職員の給与減額に関する条例改正案と予算案を上程しております。具体的には、本市のラスパイレス指数が102.2%であることを勘案し、7月1日から来年3月31日までの限定的な措置として、医師を除く全ての職員の給料及び管理職手当を2.2%減額することといたしたく、合わせて市長、副市長、教育長の給料についても、それぞれ10%、5%、3%相当額を減額いたします。
 なお、これらの減額に伴う合計額は、地方交付税削減見込み額とほぼ同額となっております。
 以上が、補正予算案の主な施策の概要であります。
 財源といたしましては、国・県支出金などの特定財源のほか、地域の元気臨時交付金5億2,600万円、前年度繰越金1億3,693万4,000円を充てております。
 条例案としましては、今ほど説明いたしました一般職及び特別職の給与を減額する小松市一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例についてなど6件、その他の議案といたしましては、町の名称並びに町及び字の区域の変更について、専決処分の承認を求めることについてなど4件を提出いたしております。
 専決処分の承認を求めることについてのうち、小松市特別職の職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例については、市長及び副市長の退職手当の支給割合を現行より約16%引き下げるものです。3月議会で御承認いただいた小松市職員退職手当条例の一部改正により、一般職の退職手当は平成25年3月25日より段階的に引き下げられ最終の平成26年7月1日以降では現行より約16%の引き下げとなることを考慮し、引き下げ改正いたしました。改正時期については、私の1期目の退職手当の支給分からの措置とするため、平成25年4月12日付で専決処分したものです。
 また、平成24年度の3月31日付専決補正予算につきましては、3月補正後に生じた事由に基づく不用額や市債、基金繰入額等の整理、地方交付税の増額などが主な内容であります。
 その他の条例案等については、本日からの日程に従い、担当部課長より説明いたしますので、私からの説明は省略させていただきます。
 これからの4年間、従来にも増して市議会を初め市民の皆様と意見交換を重ね、思いを同じくして精いっぱい行動努力してまいる所存です。
 平成27年は、北陸全体に変動がもたらされます。これらは小松市にとり大きなチャンスだと捉え、市民一丸となって取り組んでいきましょう。
 しかしながら、過去から先送りされている問題はまだ多く、また全国的に予期せぬ大災害の発生も懸念されており、さらに不安定な世界情勢がもたらす未知の課題など心配は尽きませんが、直面する問題は速やかに解決して次世代に先送りすることがないよう日々新たに取り組んでまいります。
 市議会の皆様におかれましてもこれまで同様に高い視野に立って御提言いただきますようお願い申し上げ、2期目に当たる所信といたします。
 以上で提案理由の説明を終わりますが、御審議の上、全議案について原案どおり可決いただきますようよろしくお願いいたします。

 ───────── ◇ ─────────

   ◎常任委員の選任

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(宮西健吉君) 日程第3、常任委員の選任を行います。
 お諮りいたします。
 常任委員の選任については、委員会条例第5条第1項の規定により
  木 下 裕 介 君  吉 村 範 明 君
  吉 本 慎太郎 君  飛 弾 共 栄 君
  北 出 隆 一 君  灰 田 昌 典 君
以上6名を総務企画常任委員に、
  井 田 秀 喜 君  一 川 政 之 君
  二 木   攻 君  宮 西 健 吉
  表   靖 二 君  杉 林 憲 治 君
以上6名を福祉文教常任委員に、
  浅 村 起 嘉 君  高 野 哲 郎 君
  片 山 瞬次郎 君  円 地 仁 志 君
  川 崎 順 次 君  浅 野 清 利 君
以上6名を経済環境常任委員に、
  宮 橋 勝 栄 君  新 田 寛 之 君
  梅 田 利 和 君  出 戸 清 克 君
  宮 川 吉 男 君  橋 本 米 子 君
以上6名を建設常任委員にそれぞれ指名したいと思います。これに御異議ありませんか。
   〔「異議なし」と言う人あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(宮西健吉君) 御異議なしと認めます。
 よって、ただいま指名いたしました以上の諸君をそれぞれの常任委員に選任することに決しました。

 ───────── ◇ ─────────

   ◎議会運営委員の選任

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(宮西健吉君) 日程第4、議会運営委員の選任を行います。
 お諮りいたします。
 議会運営委員の選任については、委員会条例第5条第1項の規定により
  木 下 裕 介 君  吉 村 範 明 君
  二 木   攻 君  円 地 仁 志 君
  表   靖 二 君  浅 野 清 利 君
  北 出 隆 一 君  杉 林 憲 治 君
以上8名を議会運営委員に指名したいと思います。これに御異議ありませんか。
   〔「異議なし」と言う人あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(宮西健吉君) 御異議なしと認めます。
 よって、ただいま指名いたしました以上の諸君を議会運営委員に選任することに決しました。
 この際、各常任委員会及び議会運営委員会の正副委員長互選等のため、午後2時まで休憩いたします。

      休憩 午後 0時36分

      再開 午後 1時59分


-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(宮西健吉君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 ───────── ◇ ─────────

   ◎各常任委員会及び議会運営委員会の正
    副委員長の互選結果報告

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(宮西健吉君) この際、御報告申し上げます。
 ただいま休憩中に各常任委員会及び議会運営委員会を開き、委員会条例第6条第2項の規定により、正副委員長の互選を行いました結果、総務企画常任委員長に北出隆一君、同副委員長に吉村範明君、福祉文教常任委員長に二木攻君、同副委員長に井田秀喜君、経済環境病院常任委員長に片山瞬次郎君、同副委員長に浅村起嘉君、建設常任委員長に梅田利和君、同副委員長に宮橋勝栄君、議会運営委員長に円地仁志君、同副委員長に杉林憲治君がそれぞれ互選されましたので、御報告いたしておきます。

 ───────── ◇ ─────────

   ◎議会運営委員会の継続審査の申し出

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(宮西健吉君) 次に、議会運営委員長より、議会の運営に関し、任期中、閉会中の継続審査の申し出がありましたので、本件を議題といたします。
 お諮りいたします。
 本件は、議会運営委員長からの申し出のとおり決することに御異議ありませんか。
   〔「異議なし」と言う人あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(宮西健吉君) 御異議なしと認めます。
 よって、本件は議会運営委員長の申し出のとおり決しました。

 ───────── ◇ ─────────

   ◎次会日程報告

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(宮西健吉君) 以上で、本日の議事日程は終了いたしました。
 お諮りいたします。
 明11日から16日までは議案調査のため休会いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
   〔「異議なし」と言う人あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(宮西健吉君) 御異議なしと認めます。
 よって、明11日から16日までは議案調査のため休会することに決しました。
 次会は、6月17日午前10時から会議を開き、市長提出議案に対する質疑並びに市政一般に対する質問を行います。

 ───────── ◇ ─────────

   ◎散会の宣告

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(宮西健吉君) 本日はこれにて散会いたします。

      散会 午後 2時01分