議事ロックス -地方議会議事録検索-


石川県 小松市

平成24年第4回定例会(第1日目)  本文




2012.09.03 : 平成24年第4回定例会(第1日目)  本文


      開会 午前10時00分

   ◎開会の宣告
◯議長(円地仁志君) おはようございます。
 ただいまより平成24年第4回小松市議会定例会を開会いたします。

 ───────── ◇ ─────────

   ◎開議の宣告

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(円地仁志君) これより本日の会議を開きます。

 ───────── ◇ ─────────

   ◎諸般の報告

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(円地仁志君) 地方自治法第121条の規定による今期定例会における説明員の氏名は、お手元に配付のとおりでありますので、御報告いたしておきます。
 なお、説明員の欠席届がお手元に配付のとおり参っておりますので、あわせて御報告いたしてきます。
 その他の報告は省略いたします。

 ───────── ◇ ─────────

   ◎会議時間の延長

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(円地仁志君) あらかじめ会議時間を延長いたしておきます。

 ───────── ◇ ─────────

   ◎会期の決定

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(円地仁志君) 日程第1、会期の決定を議題といたします。
 お諮りいたします。
 今期定例会の会期は、本日から9月24日までの22日間といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
   〔「異議なし」と言う人あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(円地仁志君) 御異議なしと認めます。
 よって、会期は22日間と決定いたしました。
 この際、暫時休憩いたします。

      休憩 午前10時02分

      再開 午前10時39分


-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(円地仁志君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 ───────── ◇ ─────────

   ◎日程の追加

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(円地仁志君) ただいま副議長二木攻君から、副議長の辞職願が提出されました。
 お諮りいたします。
 この際、副議長の辞職の件を日程に追加し、議題とすることにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
   〔「異議なし」と言う人あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(円地仁志君) 御異議なしと認めます。
 よって、この際、副議長の辞職の件を日程に追加し、議題といたします。

 ───────── ◇ ─────────

   ◎副議長の辞職について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(円地仁志君) その辞職願を事務局長に朗読させます。
   〔事務局長朗読〕
   辞職願
 今般、一身上の都合により、平成24年9月3日をもって、小松市議会副議長職の職を辞したく存じますので、特段の御配慮をお願いいたします。
  平成24年9月3日
 小松市議会議長 円地仁志殿
       小松市議会副議長 二木 攻

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(円地仁志君) お諮りいたします。
 二木攻君の副議長の辞職を許可することに御異議ありませんか。
   〔「異議なし」と言う人あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(円地仁志君) 御異議なしと認めます。
 よって、二木攻君の副議長の辞職を許可することに決しました。
 二木攻君の入場を許します。
   〔13番 二木 攻君入場〕

 ───────── ◇ ─────────

   ◎副議長退任のあいさつ

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(円地仁志君) この際、二木攻君が発言を求めておりますので、これを許します。
 二木攻君。
   〔13番 二木 攻君登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(二木 攻君) 副議長の職を辞任するに当たり、一言御礼の御挨拶を申し上げます。
 私、平成23年の5月臨時会におきまして、議員各位の温かい御推挙により、名誉ある小松市議会第48代副議長の重職につかさせていただきました。
 以来きょうまで、円地仁志議長の補佐役として副議長の職務に全力を傾注してまいったところでございます。何分行き届かなかった点も多々あったかと思いますが、大過なくこの重責を担うことができましたことは、議長初め議員各位、執行部の皆様並びに多くの市民の皆様の温かい御支援と励ましのたまものと思っております。ここに、皆様方の御厚情に対し、心より感謝を申し上げ、厚く御礼を申し上げる次第でございます。本当にありがとうございます。
 副議長として、この1年4カ月にわたり、多くの経験をする機会を与えていただきました。また、議員各位、執行部に対して物申し、無礼な点も多々あったかと思います。この貴重な経験は、私の議員生活において忘れ得ぬ大きな財産となりました。
 今後は、一議員として小松市勢の発展と教育の向上、それから市民福祉の向上、議会の発展のため、さらなる努力をさせていただきたい所存でございます。今後とも変わらぬ御支援、御指導、御自愛のほどをお願い申し上げまして、まことに簡単ではございますが、辞任の挨拶にさせていただきたいと思います。
 本当にありがとうございました。(拍手)

 ───────── ◇ ─────────

   ◎日程の追加

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(円地仁志君) ただいま副議長が欠員となりました。
 お諮りいたします。
 この際、副議長の選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思います。これに御異議ありませんか。
   〔「異議なし」と言う人あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(円地仁志君) 御異議なしと認めます。
 よって、この際、副議長の選挙を日程に追加し、選挙を行うことに決しました。

 ───────── ◇ ─────────

   ◎副議長の選挙

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(円地仁志君) 副議長の選挙を行います。
 議場の閉鎖を命じます。
   〔議場閉鎖〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(円地仁志君) ただいまの出席議員数は24名であります。
 投票用紙を配付いたさせます。
   〔投票用紙配付〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(円地仁志君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。──配付漏れなしと認めます。
 投票箱を改めさせます。
   〔投票箱点検〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(円地仁志君) 異状なしと認めます。
 念のため申し上げます。
 投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票をお願いいたします。
 正面左側より右に向かってお進みください。
 点呼を命じます。
   〔氏名点呼・各員投票〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(円地仁志君) 投票漏れはありませんか。──投票漏れなしと認めます。
 投票を終了いたします。
 議場の閉鎖を解きます。
   〔議場開鎖〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(円地仁志君) 開票を行います。
 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に宮橋勝栄君、木下裕介君、高野哲郎君の3名を指名いたします。
 よって、3名の諸君の立ち会いを願います。
   〔投票点検〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(円地仁志君) 投票の結果を報告いたします。
  投票総数    24票
 これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。
 そのうち
  有効投票    17票
  無効投票     7票
 有効投票のうち
  宮 川 吉 男 君   16票
  橋 本 米 子 君    1票
 以上のとおりでございました。
 この選挙の法定得票数は5票であります。
 よって、宮川吉男君が副議長に当選されました。(拍手)
 ただいま副議長に当選されました宮川吉男君が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により当選の告知をいたします。

 ───────── ◇ ─────────

   ◎副議長就任のあいさつ

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(円地仁志君) この際、宮川吉男君が発言を求めておりますので、これを許します。
 宮川吉男君。
   〔16番 宮川吉男君登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(宮川吉男君) 副議長就任に当たり、一言御挨拶申し上げます。
 このたび、議員各位の温かい御推挙を賜り、小松市議会第49代副議長の要職に就任することになりました。この上もない光栄と存じ、衷心からお礼と感謝を申し上げます。
 今、国内において難題も多く、混迷となっている状況であります。その中で、エネルギー供給問題、超少子化、高齢化による社会保障費の高騰、いじめなどの教育問題など、地方自治体に課せられた課題も多岐にわたり、山積みの状況となっており、各自治体とも生き残りをかけて取り組んでいるところです。
 また、議会、議員に対する市民の目は大変厳しい視線が向けられております。小松市議会においては円地議長のもとで開かれた議会、活動ある議会など、議会活性化として議会改革を行っており、これらの議会改革をしっかりと推進し、さらなる市民から信頼される議会を目指していかなければならない。
 さらに、二元代表制を推進し、議会の存在を示していくことも重要なことであります。
 もとより浅学非才な私ですが、円地議長をしっかりと補佐し、議員各位の御協力を賜り、円滑な議会運営、そして市勢の発展、さらに市民が躍動感あふれるまち、安心・安全のまちづくりに粉骨砕身、目指していく所存です。
 どうか議員各位並びに市長初め執行部の皆様方の格別の御指導、御鞭撻を賜りますよう心からお願い申し上げて、まことに簡単でございますが、副議長就任の挨拶とさせていただきます。どうかよろしくお願いいたします。
 どうもありがとうございました。(拍手)

 ───────── ◇ ─────────

   ◎副議長就任・退任の言葉

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(円地仁志君) この際、杉林憲治君が発言を求めておりますので、これを許します。
 杉林憲治君。
   〔23番 杉林憲治君登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯23番(杉林憲治君) お許しをいただきましたので、ただいまの副議長選挙におきまして新しく就任されました第49代副議長宮川吉男君に対するお祝いと激励の言葉を、そして、このたび一身上の都合により副議長の職を辞任されました二木攻君に対するねぎらいの言葉と感謝の言葉を述べさせていただきます。
 さて、49代副議長に就任されました宮川吉男君につきましては、ひたすら市勢の発展と市民の福祉の向上を願い、これまで福祉文教常任委員長、経済環境常任委員長のほか各種委員会や議員連盟の要職につかれ、豊かな議員経験をもとに、市勢発展と市民生活の向上に御尽力されてきたことは、我々一同敬服いたしているところであります。
 今後は、円地議長の補佐役としてその責務を十分に果たされ、市民が期待する福祉向上の実現に情熱と行動力を持って十分な成果を上げられることを確信いたすものであります。
 我々一同は、全力で御支援する所存でありますので、執行部の皆様、そして市民の皆さんの温かい御指導、御鞭撻を心からお願いするものであります。
 また、一身上の都合によりまして辞任されました二木攻前副議長には、本当に御苦労さまでございました。心から感謝を申し上げます。
 昨年の5月に就任されて以来、今日まで円地議長の補佐役として議会運営に鋭意御活躍され、持ち前の手腕を十分に発揮し、副議長としての責務を果たされたことは衆目の一致するところであり、心からねぎらいと御礼を申し上げます。
 これからは、この経験を十分に生かされ、議員としてこれまで以上に市民の福祉向上、市勢の発展に御尽力を賜ることをお願いを申し上げまして、私のお祝いとねぎらいの言葉にいたします。
 長い間、本当に御苦労さまでした。(拍手)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(円地仁志君)この際、暫時休憩いたします。

      休憩 午前11時02分

      再開 午前11時50分


-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(円地仁志君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 ───────── ◇ ─────────

   ◎諸般の報告

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(円地仁志君) この際、御報告を申し上げます。
 先ほどの休憩中に、宮川吉男君から議会運営委員の辞任願の提出があり、委員会条例第9条の2の規定により許可いたしましたので、御報告いたします。

 ───────── ◇ ─────────

   ◎日程の追加

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(円地仁志君) お諮りいたします。
 ただいま欠員となりました議会運営委員1名の選任を日程に追加し、議題とすることにいたしたいと思います。
 これに御異議ありませんか。
   〔「異議なし」と言う人あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(円地仁志君) 御異議なしと認めます。
 よって、この際、本件を日程に追加し、議題とすることに決しました。

 ───────── ◇ ─────────

   ◎議会運営委員の選任

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(円地仁志君) 議会運営委員の選任を行います。
 お諮りいたします。
 議会運営委員の選任については、委員会条例第5条第1項の規定に基づき、議長において浅村起嘉君を指名いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
   〔「異議なし」と言う人あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(円地仁志君) 御異議なしと認めます。
 よって、ただいま指名いたしました浅村起嘉君を議会運営委員会の委員に選任することに決しました。

 ───────── ◇ ─────────

   ◎諸般の報告

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(円地仁志君) この際、御報告申し上げます。
 先ほどの休憩中に経済環境常任委員会が開かれ、宮川吉男君から経済環境常任委員長の辞任願が提出され許可されました。
 これに伴い委員長が欠員となりましたので、委員長互選を行った結果、二木攻君が経済環境常任委員長に互選されましたので、御報告申し上げます。

 ───────── ◇ ─────────

   ◎市長提出議案第73号〜議案第89号
    及び報告第10号の上程、説明

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(円地仁志君) 日程第2、市長提出議案第73号 平成24年度小松市一般会計補正予算(第2号)外16件及び報告第10号を一括して議題といたします。
 市長より提案理由の説明を求めます。
 市長、和田愼司君。
   〔市長 和田愼司君登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(和田愼司君) 皆さん、こんにちは。
 先ほど第49代小松市議会副議長に御就任されました宮川吉男議員に心よりお祝い申し上げます。
 宮川議員は、4期という長きにわたりまして市民のため議員活動を続けておられますが、特に働く仲間のため、また地域福祉向上のために取り組んでこられました。これからも副議長としての辣腕を御期待申し上げるものでございます。
 そして、二木前副議長におかれましては、自衛隊御出身だということもございます。小松市の柱でございます基地との共存共栄、これに大変心を配られまして、その成果は大きなものがあったと思います。これからも議員としての御活躍を心よりお祈り申し上げます。
 さて、平成24年第4回市議会定例会の開会に当たり、提出いたしました議案の概要と今後の市政運営に対する所信の一端を申し上げます。
 先ごろ開催されましたロンドンオリンピックにおいて、日本選手団は過去最多となる38個のメダルを獲得し大活躍されました。特に団体競技が好調で、改めてきずなやチームワークの美しさと大切さを感じることができました。
 小松市在住のカヌー競技、松下選手、トランポリンの岸選手、水泳・高飛び込みの中川選手は、これまで培ってきた力とわざと精神力を存分に発揮し、私たちに勇気と希望を与えてくれました。ここに選手の皆様の御健闘と、指導者、支援者の努力に心から敬意を表し、栄誉をたたえたいと思います。
 国内スポーツでは、高校生のスポーツ祭典である平成24年度全国高等学校総合体育大会が北信越かがやき総体として開催され、本市ではカヌー競技が行われました。選手、監督約740名が参加し気迫あふれる熱戦が繰り広げられましたが、カヌーのメッカである木場潟を舞台に鍛練を積んだ選手の中から将来のオリンピック選手が数多く育つことを期待しております。改めて、大会運営に携わられました協会や関係者に厚く感謝申し上げます。
 一方、ペナントレース終盤戦に差しかかっているプロ野球界では、串町出身の楽天イーグルスに入団した釜田投手、島内外野手の両選手の活躍が新聞紙上をにぎわせています。
 今後とも、各種大会やスポーツ合宿の誘致などスポーツ交流を積極的に推進するとともに、世界や全国の大会で活躍できるトップアスリートを輩出できるまちの実現を目指してまいります。
 さて、最近の景況に目を転じますと、世界経済の先行き不透明感が高まっています。中近東の政情不安、欧州債務危機の影響に加え、これまで急成長を遂げてきた中国、インド、ブラジルなど新興国の成長率が鈍化しております。
 本市基幹産業である鉄工機械については、震災復興需要の増加が見込まれるものの、建設機械を中心に新興国需要が減速しており、生産の縮小が見込まれています。今後、雇用や個人所得、企業業績などへの影響を見据え、必要な対策を講じていきたいと考えています。
 一方、総務省が8月に公表した住民基本台帳に基づく人口動態調査によると、日本の総人口は1億2,665万人余と前年比過去最大の約26万人の減となり、生産年齢人口が減少する中、65歳以上の人口比率は23.4%と初めて23%台に乗りました。人口減で税収が落ち込む中、高齢者の社会保障給付は伸び続けており、現役世代の負担が重くなっています。
 このような状況の中で、8月10日、消費税率を段階的に10%に引き上げ、年金、医療、介護、子育てなどの社会保障制度を安定化することを柱とする社会保障と税の一体改革の関連法案が成立しました。国の当初予算ベースの新規国債発行額が3年連続で税収を上回るという異常な事態が続き、国の借金残高が1,000兆円規模に膨らむ現状では消費税増税は避けられないものと捉えていますが、無駄な歳出の削減と日本経済の成長力強化が重要であると考えています。
 私も、住民に一番身近な基礎的自治体の長として、社会保障と税の一体改革による地方への影響を注視するとともに、次の世代を担う子や孫のために、よりよい社会を残すべく未来志向に立った政策の実現に全力を注いでまいります。
 次に、最近の主な市政の執行状況についてであります。
 6月議会終了後の6月29日、整備計画決定から40年、長年の悲願でありました北陸新幹線金沢−敦賀間の工事実施計画が認可されました。白山総合車両基地から敦賀までの工事区間約114キロメートルのうち、小松市内の延長は約13.6キロメートルで、金沢開業からおおむね10年強後の平成37年度の開業を想定しているとのことであります。
 事業主体である独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構による市及び市議会、沿線町内会長などへの事業説明会を経て、8月19日には、建設工事起工式がとり行われました。今月中旬以降、事業実施に向けた沿線、周辺町内の住民や事業所への地元説明会が行われる予定であり、市民の御理解を得ながら、事業が順調に進み、開業時期が少しでも早くなるよう努力してまいります。また、敦賀以西ルートの明確化と全線フル規格整備が早期に実現するよう、あらゆる機会を捉えて要望していきたいと考えています。
 交通のレベルアップに合わせて、まちのレベルも高めていかなければなりません。本市には、日本海側を代表する空港があります。また、JR小松駅周辺は東西でそれぞれ特色あるテーマを持つことができるという強みがあります。「科学と交流」「歌舞伎のまち」をテーマとしたまちづくりを進め、東西のコントラストでまちの表情を豊かにし、JR小松駅を新しい時代にふさわしい南加賀地域全体のターミナルに発展させていきたいと考えています。
 一方、小松空港の利用者数は、4月から7月末までの累計で対前年同月比17.4%増と、東日本大震災の影響があった前年から回復しています。特に国際便では昨年10月に週2便から週4便に倍増された台北便を中心に好調で、この9月1日からは週5便となり、小松空港の航空ネットワークの充実と国際化がさらに進んできています。また先週8月28日には、小松市も発起人となった航空乗継利用促進協議会が設立され、国内最多33区間に設定されている乗り継ぎ割引制度の充実や利用促進に向け、県や関係機関と連携して取り組んでまいります。
 国際交流関係では、去る8月23日から29日にかけて、ブラジル・スザノ市から代表訪問団が来松され、市民とともに姉妹都市提携40周年をお祝いする記念式典を開催いたしました。11月には当市からも、市、議会、経済界を初めとする代表訪問団がスザノ市を訪問する予定であり、今後とも相互の友好と親善を深めてまいります。
 高等教育機関との連携では、去る8月1日、北陸先端科学技術大学院大学と包括連携協定を締結しました。本市においては、金沢大学に続くものであり、(仮称)科学交流館での技術展示や産業高度化、人材育成など、市のまちづくりや地元企業の発展に大学が有する知的財産を生かそうとするものです。今後、国際連合大学と連携した里山資源の活用や発信などを含め、高等教育機関との共同事業をさらに展開し、研究者や学生たちが学び、訪れるまちを目指します。
 それでは、今議会に提出いたしました議案の概要について説明申し上げます。
 提出いたしました議案は、予算案3件、条例案5件、その他の議案9件、合計17件であります。
 初めに、補正予算案の概要についてであります。
 今回の補正予算案は、国県補助事業の補助内示に伴う予算調整のほか、予防接種の制度改正に伴う予算追加、道路や農業用施設の基盤整備に関する市単独事業の追加などを中心に所要額を計上いたしております。
 各会計の補正額は、一般会計1億7,762万8,000円、特別会計4,168万9,000円、合計2億1,931万7,000円であり、補正後の予算累計額は、一般会計で418億7,222万8,000円、全会計の合計では925億3,691万7,000円となります。
 それでは、補正予算案に計上いたしました主な施策について、10年ビジョンのテーマ別に説明いたします。
 第1のテーマは、「こまつの底力は、今も昔も10年後も「ものづくり」」です。
 昨年10月、北陸3県の自治体で初、全国でも11番目に認定された環境王国については、間もなく認定1周年を迎えます。認定以来、里山など本市の恵まれた自然環境を舞台にした活動や、安心・安全、本物の農産物、加工品の提供を通じて地域ブランドの定着に努めてまいりました。
 また、今年度より広告宣伝を強化する4つのテーマの1つとして「環境王国こまつ」を取り上げ、販促PRを行っています。その結果、小松産の米が関西・東海地区の大手百貨店でブランド米としての付加価値をつけて販売されるようになったほか、全国展開するビジネスホテルの朝食に採用されるなど、これまでにない成果を上げることができました。
 この10月に認定1周年を迎えることから、米・食味コンクールや環境王国こまつシンポジウム、里山ワークショップなどの記念事業を開催するほか、各種媒体やイベントを通じて環境王国を市内外にPRします。
 また、6次産業化をさらに推進するため、幾つもの大学や研究機関と連携し、大麦、そばなどを素材とした新製品開発、試作品のモニター調査を推進するため所要の予算措置を講じています。
 交流拡大の面では、里山自然学校こまつ滝ケ原の塾活動や日用町を舞台とした国連大学との連携のほか、里山自然学校大杉みどりの里では7月1日のオープン以来、市内外を初め外国からのお客様も迎え、自然を生かしたさまざまな体験学習を行うなど、既に約5,000人の御利用をいただいております。特に、地元産材かが杉の代表格である日用杉を全面使用して創建される国連大学のティーハウスは世界へ小松市の里山の豊かさを示す好材料であり、ことし11月には完成する予定と伺っています。
 今後とも、農林水産物の品質向上や商品開発、販路拡大のみならず、交流人口拡大や定住促進など、環境王国のメリットを最大限に生かしてまいります。
 一方、本市の基幹産業である鉄工機械は、長引く円高や新興国通貨の下落、世界経済の調整局面の中で減産が見込まれています。ハローワーク小松管内の有効求人倍率については、平成23年12月の0.95倍をピークに低下しており、平成24年6月の有効求人倍率は0.76倍となっています。
 このような状況の中、8月7日には新たな取り組みとして、地元企業29社の参加を得てこまつ・のみ合同就職面接会を開催し、来春の大学卒業予定者や35歳未満の求職者など県内外から170名が参加されました。年明けにも合同就職説明会を計画しています。今補正予算案においては、石川県の雇用創出基金事業を活用し、今後の成長が期待できる分野の民間企業で新たに5名の雇用創出を図るべく、所要の予算措置を講じています。
 また、九谷焼や石材など本市の誇るべき伝統的な産業への若者の就業や技術習得、伝承を促進するため、新たな雇用奨励金制度を創設するとともに、市内企業の人材育成として北陸先端科学技術大学院大学などの講座受講支援を行います。
 なお、8月中にはものづくりの新製品、技術開発支援として、新たに小松ブランド新製品2件、産学官共同研究促進事業3件を認定いたしました。いずれも、今後成長が見込める介護、医療、環境、エネルギー分野での意欲的な製品開発であり、制度創設以来、小松ブランドが30件目、産学官共同研究が10件目の認定となっています。
 今後とも、産業高度化10%アップに向けた取り組みを進めてまいります。
 第2のテーマは、「守り続けます、活かします こまつの大切な資産を」です。
 平成21年7月、平成のこけら落としが行われ、67年ぶりに舞台が復活した粟津演舞場については、地元の皆様方の熱意により、近代和風文化遺産として保存、活用するため、去る6月20日、一般社団法人粟津演舞場が設立されました。来年度、用地取得、建物修復を行い、平成26年4月のオープンを目指すとのことであり、本補正予算案において、施設利活用計画の策定に対し応分の助成を行います。
 今後とも、地元が一致団結して粟津温泉の活性化につなげていただくよう支援してまいります。
 また、当初予算で御承認をいただいている二代浅蔵五十吉展については、このほど財団法人自治総合センターの地域の芸術環境づくり助成金の交付決定を得ましたので所要の予算追加を行うほか、九谷焼の赤絵に着目した加賀赤絵展が東京や京都など全国4カ所で開催されますので、平成25年春の小松市開催に向け、所要の準備経費を計上しています。
 第3のテーマは、「子どもたちの笑い声があふれるまちへ」です。
 子供たちの命を守る予防接種については、法律で定められている定期予防接種に加え、任意接種として子宮頸がんワクチン、ヒブワクチン、小児用肺炎球菌ワクチンの全額助成など、その充実に努めております。このほど、定期予防接種のうち小児麻痺を予防するポリオワクチンについて、これまでの経口による生ワクチンはごくまれに副作用が発生することから、注射による不活化ワクチンに一斉切りかえされることになりました。法律に基づき9月1日より実施させていただいておりますので、御理解のほどよろしくお願い申し上げます。
 第4のテーマは、「生き生きシニア、元気日本一へ」です。
 加齢や病気などにより心身の機能が低下しても、住みなれた自宅や地域で自立して暮らし続けることは、本人のみならず家族みんなの願いです。地域に根差した小規模な施設で通いのサービスを中心に利用者のニーズに応じて、きめ細かな支援を行う小規模多機能型居宅介護事業所については、現在、市内5圏域に1カ所ずつ設置し、在宅での生活を支えています。在宅介護の重要な拠点としてさらにニーズが高まっていることから、1圏域につき2カ所目の整備について県の介護基盤施設緊急整備臨時特例事業を活用し、安宅・板津圏域、南部圏域において事業者を公募し、施設整備に応分の助成をいたします。
 また近年、本市の主要死因のうち、肺炎が脳卒中にかわって第3位となっています。特に高齢者での重篤化や肺炎球菌の感染による発症が多いことから、75歳以上の高齢者に対し、市単独の任意予防接種として肺炎球菌ワクチンの接種助成制度を創設いたします。
 シニア世代がいつまでも生き生きと暮らし続けることができるよう、諸制度の充実を図ってまいります。
 第5のテーマは、「技術と絆でつながり合う、豊かで安心のまちへ」です。
 市民共通の願いである健康長寿を実現するには、市民一人一人の主体的な健康づくりが求められています。平成5年に小松市や民間企業、民間団体の寄附によって、健康長寿のまちづくりを目的に設立された財団法人こまつ健康の里づくり財団が、平成24年3月末をもって解散し、残余財産が小松市に寄附されました。趣旨に沿い、本補正予算案において寄附金の一部を活用し、本市の健康づくり推進計画であるすこやかこまつ21の第2期計画を策定するほか、運動機能低下の予防対策やウオーキングの普及促進を図ります。また、残余については、すこやかこまつ推進基金に積み立て、今後の市民の健康づくりの推進に活用させていただきたいと考えております。
 障害のある方への対応では、10月1日より、障害者虐待の防止、障害者の養護者に対する支援等に関する法律が施行されることから、24時間相談体制の整備や一時保護のための居室確保、関係機関との協力体制の充実などを図ります。
 快適な生活基盤の整備では、御要望が多い町内道路改良舗装補助金、道路整備費を増額したほか、劣化している消雪井戸の修繕を実施します。また、今江地区の都市排水機能強化のため所要額を計上しています。
 消防分野では、県の助成を得て消防団活動用資機材の充実を図るほか、平成19年の道路交通法改正に伴い、改正後取得した普通運転免許では消防ポンプ車を運転できないことから、消防職員の中・大型免許取得に対し一部助成をすることといたしております。
 第6のテーマは、「エコでここちよい生活をみんなで実現」です。
 新エネルギーとしてますますその重要性が高まっている住宅用太陽光発電の設置助成については、当初見込みを上回る申し込みがありますので所要額を追加いたします。また、今年度より創設した町内会リサイクルステーションの設置助成については、第1次公募により2町内会への助成を決定しておりますが、リデュース、リユース、リサイクルの3Rをさらに推進するため第2次公募を実施すべく、所要の予算追加を行っています。
 そのほか、市民の皆様から温かいお志を多数いただいております。御意思に沿い、各種基金に積み立てるなど有効に活用させていただくとともに、改めて厚く御礼申し上げます。
 また、末広陸上競技場周辺環境整備については、国の補助内示に合わせて所要の予算調整を行っています。
 以上の財源といたしましては、国・県支出金などの特定財源のほか、前年度繰越金1億1,569万7,000円などを充てております。
 条例案としましては、小松市手数料条例の一部を改正する条例についてなど5件、その他の議案としましては、財産の取得について、平成23年度小松市歳入歳出決算の認定など9件を提出いたしております。
 このうち、平成23年度一般会計決算の概要について報告いたします。
 景気動向や土地評価額などの影響から、市税収入の低迷が続き、実質地方交付税についても前年度に対し約4億円の減収となるなど厳しい財政運営を迫られましたが、国・県補助金の有効活用や効率的な予算執行、固定費の節減などに努めた結果、5億9,000万円余の黒字決算となりました。
 また、課題となっている市債残高については、市債発行総額の抑制や4億円の繰り上げ償還などを行った結果、全会計で約1,385億円と前年度に対し約30億円の改善を図ることができました。
 なお、財政健全化法に基づく健全化判断比率については、一般会計の赤字度合いを示す実質赤字比率、特別会計、企業会計など全会計を通じた赤字度合いを示す連結実質赤字比率とも黒字であることから、赤字比率は生じておりません。
 また、市債の償還金など負債に関するフロー指標である実質公債費比率については、昨年度の18.2%から18.5%と0.3ポイント悪化しましたが、市債残高や債務など負債に関するストック指標である将来負担比率については、昨年度の216.3%から208.5%と7.8ポイント改善しました。
 いずれの指標も法律が定める早期健全化基準を下回っていますが、他都市との比較では高い水準にありますので、今後とも市債残高を10年間で200億円改善するというアクションプランの目標達成や土地開発公社の簿価圧縮などを通じて、将来世代の負担軽減に努めてまいります。
 その他の条例案等については、本日からの日程に従い、担当部課長から説明いたしますので、私からの説明は省略させていただきます。
 最後に、10年ビジョンの実現に向けた取り組みについてであります。
 現在、まちのイメージアップを目指し、さまざまな政策を展開しています。その際、市役所組織が明確な旗印のもと、方針を共有し、まちづくりを展開することが重要です。7月には、若手職員も含め各部局とのミーティングを実施し、基本方針を再確認いたしました。
 機動的な組織づくりは、継続的かつ柔軟に対応しなければなりません。組織は戦略に従うという基本的な考えのもと、10月1日付で一部の組織を改定します。JR小松駅東西の顔づくりとして進めている(仮称)科学交流館や曳山常設展示場の整備については取り組みの重要な時期を迎えているため、歴史や文化資源を生かした交流拡大政策ともあわせた推進組織の設置などが見直しの主な内容です。
 今後とも、目標を共有し一丸となった組織体制で、まちの新しい形づくりとイメージアップに取り組んでまいります。
 以上で提案理由の説明を終わりますが、御審議の上、全議案について、原案どおり可決いただきますようお願いいたします。
 なお、市長就任以来3年5カ月間、小松市民の幸せとまちの発展のため、改革、スピード、イメージアップを柱として全力投球してまいりました。これからも「たくましいまち」「おもしろいまち」「ここちよいまち」を目指す10年ビジョンの早期実現に向け、引き続き、市議会、市民の皆様の御理解を得ながら、市職員とともに奮励努力してまいりますので、よろしくお願いいたします。

 ───────── ◇ ─────────

   ◎次会日程報告

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(円地仁志君) 以上で、本日の議事日程は終了いたしました。
 お諮りいたします。
 明4日から9日までは議案調査のため休会いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
   〔「異議なし」と言う人あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(円地仁志君) 御異議なしと認めます。
 よって、明4日から9日までは議案調査のため休会することに決しました。
 次会は、9月10日午前10時から会議を開き、市長提出議案に対する質疑並びに市政一般に対する質問を行います。

 ───────── ◇ ─────────

   ◎散会の宣告

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(円地仁志君) 本日はこれにて散会いたします。

      散会 午後 0時20分