議事ロックス -地方議会議事録検索-


石川県 七尾市

平成17年  9月 定例会(第3回) 09月12日−01号




平成17年  9月 定例会(第3回) − 09月12日−01号 − P.0 「(名簿)」












平成17年  9月 定例会(第3回)



     平成17年第3回七尾市議会定例会会期日程

                               (会期17日間)



月日

本会議
休会の別
開議時刻
議事


9月12日

本会議
午前10時
開会
会期決定
会議録署名議員指名
市長提出案件説明


13日

休会
 
 


14日

休会
 
 


15日

休会
 
 


16日

本会議
午前10時
質疑・質問(代表・一般)


17日

休会
 
 


18日

休会
 
 


19日

休会
 
祝日(敬老の日)


20日

休会
 
 


21日

本会議
午前10時
質疑・質問(一般)


22日

本会議
午前10時
質疑・質問(一般)


23日

休会
 
祝日(秋分の日)


24日

休会
 
 


25日

休会
 
 


26日

休会
 
(各常任委員会)


27日

休会
 
 


28日

本会議
午後2時
委員長報告
質疑
討論
採決
閉会



       平成17年第3回七尾市議会定例会会議録

議事日程(第1号)

                 平成17年9月12日(月曜日)午前10時開会

 日程第1 会期決定の件

 日程第2 会議録署名議員指名の件

 日程第3 市長提出議案第101号ないし第130号及び報告第25号ないし第38号(説明)

本日の会議に付した事件

 議事日程のとおり

出席議員(58名)

      1番  政浦幸太郎君    2番  池岡一彦君

      3番  瀧音弘信君     4番  杉木 勉君

      5番  久保吉彦君     6番  島田 篤君

      7番  坂下孝志君     8番  藤井政治君

      9番  平山紀昭君    10番  西田昭二君

     11番  伊藤正喜君    12番  蔵谷美喜蔵君

     13番  杉森克夫君    14番  荒川一義君

     15番  松井千太郎君   16番  松本精一君

     17番  伊藤厚子君    18番  垣内武司君

     19番  川森外行君    20番  山本一明君

     21番  水上久博君    22番  石島正則君

     23番  大林吉正君    24番  古田秀雄君

     25番  古川 繁君    26番  石川邦彦君

     27番  堀田郁夫君    28番  舘野繁雄君

     29番  桂 撤男君    30番  高僧 弘君

     31番  松本計麿君    32番  堀井義孝君

     33番  宮下研一君    34番  津田照生君

     35番  中西庸介君    36番  永崎 陽君

     37番  柳 助男君    38番  氣戸佐俊君

     39番  竹本信太郎君   40番  井田 孝君

     41番  今田勇雄君    43番  作田啓二君

     44番  谷口正昭君    45番  中西 博君

     46番  岡野廣市君    47番  杉本忠一君

     48番  小間邦雄君    49番  木下孝輝君

     50番  中村宗之進君   51番  木下 彬君

     52番  瀧川正美智君   53番  千場 拓君

     54番  石倉喜一君    55番  助田 尚君

     56番  野崎 博君    57番  仙田 忍君

     58番  後藤達雄君    59番  半座六弘君

欠席議員(1名)

     42番  田浦勇吉君

説明のための出席者

   市長      武元文平君    助役      中畠三雄君

   市長公室長兼

           神野善一君    企画政策部長  三富 博君

   秘書広報課長

   田鶴浜支所長  永畠直樹君    中島支所長   上野登志雄君

   能登島支所長  出村俊昭君    総務部長    出村範彦君

   総務部次長兼

           永井兵嗣君    財政課主幹   楠 利勝君

   財政課長

   財政課主幹   新野 学君    市民生活部長  遠藤正志君

   健康福祉部長  田中 修君    産業部長    松平重成君

   建設部長    宮本永一君    上下水道部長  本田利助君

   教育委員長   大場豊治君    教育長     中島輝夫君

   教育部長    室田久則君    庶務課長    受川俊治君

   学校教育課長  西川恒明君

事務局職員出席者

                    次長兼

   事務局長    雪嵐光男             高木精一

                    総務課長

   次長兼              議事調査課

           片山慶進             向田秋子

   議事調査課長           主幹

   議事調査課            議事調査課

           平畠基次             大谷内好子

   係長               主査



△開会 午前10時00分



△開会・開議



○議長(後藤達雄君) ただいまより平成17年第3回七尾市議会定例会を開会し、直ちに本日の会議を開きます。



△諸般の報告



○議長(後藤達雄君) この際に諸般の報告をいたします。

 報告につきましては、お手元に配付してありますので、御了承をお願いいたします。



△会期決定



○議長(後藤達雄君) これより日程に入ります。

 日程第1の会期決定を議題といたします。

 お諮りいたします。

 本定例会の会期は、お手元に配付の会期日程表のとおり、本日から9月28日までの17日間といたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

         〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(後藤達雄君) 異議なしと認めます。

 よって、会期は17日間とすることに決しました。



△会議録署名議員指名



○議長(後藤達雄君) 次に、日程第2に入り、会議録署名議員の指名をいたします。

 本署名議員に、大林吉正君、古田秀雄君を指名いたします。



△市長提案説明



○議長(後藤達雄君) 次に、日程第3に入り、本日市長から提出のあった議案第 101号ないし第 130号及び報告第25号ないし第38号を一括して議題といたします。

 以上の議案に対する説明を求めます。武元市長。

         〔市長(武元文平君)登壇〕



◎市長(武元文平君) おはようございます。

 本日ここに議員の皆様にお集まりをいただき、平成17年第3回七尾市議会定例会を開催するに当たりまして、今回御審議をいただく議案のあらましについて、御説明を申し上げるわけでございます。

 その前に、きのう行われました第44回衆議院選挙のことでございますが、予想を上回る自民党の圧勝でありました。これは、改革をとめるなと訴えた小泉首相に、国民が大きな期待を持って自民党に託したということであると思うわけでございます。国、県を問わず、行財政改革をさらに進めなさいというのが民意であると受けとめ、七尾市の行財政改革につきましても、さらに進めていかなきゃならないという思いを新たにしてるところでございます。

 また、石川3区に新たな国会議員が誕生し、3区の代議士が2人となりました。このことは、能登の抱える多くの課題を、これまで以上に国政へ反映し、能登の振興に大きな力になるものと期待をするものであります。

 さらにまた先日、9月5日から9日にかけてでございますが、アメリカのモントレー市へ友好都市締結10周年記念という形で、議長と私を含めた親善団を派遣させていただきまして、モントレー市との友好親善を深めてまいったところでございます。マリンシティ推進協議会の研修視察団と合流をしながら、モントレー市との友好・交流関係が、さらに深まるということを期待をするような、大変いい結果であったということも御報告を申し上げたいと思います。

 それでは、提案理由の説明要旨を述べさせていただきます。

 初めに、平成14年から崎山半島で建設を進めておりました七尾国家石油ガス備蓄基地が、去る7月29日に竣工いたしました。我が国における液化石油ガス、LPGの安定供給を目指す国家プロジェクトであり、全国5カ所の基地の一つとして整備が進められておりましたが、他の4カ所に先駆けて、第1番目に操業を開始することになりました。8月19日には、プロパンガス、ブタンガスを満載した第一船が、サウジアラビアから到着したところであります。

 今回の石油ガス備蓄基地の操業開始により、重要港湾である七尾港にエネルギー拠点港としての可能性が加わることになったわけですが、今後も、今回のような機会を一つ一つ逃すことなく取り組むとともに、港湾機能自体の整備を着実に進めることにより、拠点港湾として一層の充実を図り、地域経済の発展へとつなげていきたいと考えております。

 また、操業に当たっては、周辺環境にも十分に配慮しながら、地元の皆様が安心して暮らせるよう、安全対策に万全を期してまいりたいと考えております。

 さて、七尾市、間もなく合併して満1年を迎えます。合併した1市3町が一日も早く一体感を持って新市のまちづくりに邁進し、市民の皆様一人一人が合併してよかったと感じることができるよう努めているところであります。

 しかしながら、御承知のとおり、当市の財政は極めて憂慮すべき状況になっております。財政の硬直化が進み、平成16年度決算における経常収支比率は 104.1%と、これまでになく大幅に悪化しております。もはや、今までどおりのサービスを維持していくことが困難な状況になっております。

 こうした困難な状況を乗り越えていくため、このたび七尾市行財政改革大綱を策定するとともに、これに基づいた実施計画として、七尾市行財政改革プラン(案)を策定したところであります。

 七尾市行財政改革プラン(案)は、平成17年度から21年度までの5カ年間を計画期間とし、市民とともに歩む、開かれた行政運営、市民ニーズに対応できる効率的な行政体制、健全な財政運営の3つを基本方針としております。

 行政の透明性を高め、市民の皆様が参画しやすい環境づくりを進めることにより、市民の皆様と私たち行政がそれぞれの果たすべき役割を改めて見直し、市民の皆様ができることは市民の皆様にお任せをする、市民協働の行政運営を進めてまいりたいと考えております。

 とりわけ、喫緊の課題となっているのが財政の立て直しであります。

 行財政改革プランの中でも触れておりますが、財政再建団体に転落することを回避し、財政の健全化を図るため、行政サービスの見直しにより、市民の皆様にも痛みを伴うことをお願いしていかなければならない状況になっています。

 具体的な内容は、今後、市民の皆様の御意見を伺いながら進めていくこととなりますが、いずれにいたしましても、市民の皆様と行政とが一丸となってこの難局を乗り越えていかなければなりません。七尾市まちづくり計画に掲げる目標一つ一つの実現に向け、未来の子供たちのために着実にまちづくりを行っていくことが、今の私たちに課せられた責任であると考えます。改めて、改革への御理解と御協力をお願い申し上げる次第であります。

 それでは、改めまして、提案の概要について御説明申し上げます。

 議案第 101号は、平成17年度の一般会計補正予算案でありますが、6月補正予算成立後に生じた事情によるもので、かつ本年度中に行わなければならないものについて、4億 3,634万 3,000円の追加を行うものであります。

 まず、災害復旧費についてでありますが、7月11日から12日にかけての豪雨により、市内の多くの施設が被害を受けたところであります。早急に対応が必要なものについては補正予算の専決処分を行い、さきの臨時会において御承認いただいたところでありますが、今回、被災箇所の確認を終え、国等の助成を受けて復旧するものを中心に3億 1,146万 8,000円を追加計上しております。

 次に、近年、核家族化等の進行により子育て家庭の育児の負担感、不安感が高まっていると言われ、育児不安の解消対策が求められております。このたび、保育所を身近な子育て支援の拠点と位置づけ、育児相談や一時保育の利用を通じ、妊娠時から3歳未満のすべての子育て家庭の育児不安の解消を図ることとしております。

 あわせて、急病児に適切な対応をするため、看護師の常勤化を進める私立保育所に対して、県とともに助成することといたしております。

 また、休日・夜間の急病児に適切な対応をするため、七尾市医師会及び関係機関の協力を得て、能登総合病院において、これまで空白となっていた土曜日の夜間診療を行い、安心して子供を育てられる環境づくりを進めることといたしております。

 今後、ますます少子・高齢化が進み、国全体の人口が減少していくと見込まれております。七尾市においても、人口は減少してきております。この状況を少しでも打開すべく、七尾暮らし促進事業による市外からの定住者確保を目的とした情報発信や、受け入れ態勢の整備を行うことといたしております。

 また、七尾短大跡地の利活用についてでありますが、開校を希望する法人から打診がありましたので、その開校に向けた調査を行うことといたしております。

 次に、心身障害者(児)医療費助成事業についてであります。

 当市の財政状況が予想を上回って悪化していることから、当面の措置として県、市単独部分の見直しを行ったところでありますが、今般対象者を拡大することとし、その必要額を確保したところであります。

 このほか、国、県の補助の内示などに伴い農林水産費や土木費に、当初計画いたしました建設事業について所要額を計上いたしております。

 これらの財源といたしましては、それぞれ計上した事業の特定財源のほか、16年度の歳計剰余金の一部及び財政調整基金繰入金を充てることとしております。

 議案第 102号は、国民健康保険特別会計の補正予算でありますが、人間ドックの申し込みが当初の見込みを上回ったことにより、必要な予算を追加計上したものであります。

 議案第 103号の下水道事業特別会計の補正予算につきましては、一般国道 160号歩道設置工事及び市道笠師線橋梁拡幅工事に伴い、下水道管等を移設するため、必要な予算を計上したものであります。

 議案第 104号は、七尾市議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正するものでありますが、平成17年10月31日をもって議員の在任の特例期間が終了することに合わせ、新たに議長等の報酬額を定めるものであります。

 議案第 105号は、七尾市公の施設の指定管理者の指定の手続等に関する条例の一部を改正するものでありますが、指定管理者選定審議会を指定管理者選定委員会に改正するものであります。

 議案第 106号は、七尾市手数料条例の一部を改正するものでありますが、建築基準法の改正により、審査手数料等を新たに追加するものであります。

 議案第 107号から第 115号、第 117号、第 118号、第 120号、第 121号及び第 123号から第 129号は施設の管理について、指定管理者制度を導入できるよう各施設の設置条例を改正するものであります。

 議案第 116号は、七尾市民ふれあい福祉条例の一部を改正するものでありますが、関係法令の改正に合わせて語句の改正を行うものであります。

 議案第 119号は、七尾市農村公園条例の一部を改正するものでありますが、三引町の天神山親水公園を新たに追加するものであります。

 議案第 122号は、企業立地を一層促進し、積極的に本市産業の振興と雇用の拡大を図るため、現行条例を廃止し、新たに七尾市企業立地の促進及び雇用の拡大に関する条例を制定するものであります。

 議案第 130号は、七尾駅前第二地区第1種市街地再開発事業の施行に伴い、町の区域の変更及び字の区域の廃止をするものであります。

 報告第25号から第38号までは、地方自治法第 243条の3第2項の規定により、七尾市土地開発公社を初め14法人の経営状況を報告するものであります。

 以上で議案の説明を終わりますが、細部につきましては、議事の進行に従いまして御説明申し上げたいと存じますので、何とぞ慎重に御審議の上、適切なる御決議を賜りますようお願いを申し上げます。



○議長(後藤達雄君) 提案理由の説明を終わります。

 以上をもって本日の議事日程を、全部終了いたしました。



△休会



○議長(後藤達雄君) 次に、休会の件についてお諮りいたします。

 議案調査等のため、明13日から15日までの3日間は休会いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

         〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(後藤達雄君) 異議なしと認めます。

 よって、以上のとおり休会することに決しました。



△散会



○議長(後藤達雄君) 次会は9月16日の午前10時より会議を開きます。

 本日はこれをもって散会いたします。



△散会 午前10時17分