議事ロックス -地方議会議事録検索-


石川県 七尾市

平成17年  6月 定例会(第2回) 06月10日−01号




平成17年  6月 定例会(第2回) − 06月10日−01号 − P.0 「(名簿)」












平成17年  6月 定例会(第2回)



     平成17年第2回七尾市議会定例会会期日程

                               (会期15日間)



月日

本会議
休会の別
開議時刻
議事


6月10日

本会議
午前10時
開会
会期決定
会議録署名議員指名
市長提出案件説明


11日

休会
 
 


12日

休会
 
 


13日

休会
 
 


14日

休会
 
 


15日

休会
 
 


16日

本会議
午前10時
質疑・質問(一般)


17日

本会議
午前10時
質疑・質問(一般)


18日

休会
 
 


19日

休会
 
 


20日

本会議
午前10時
質疑・質問(一般)


21日

休会
 
 


22日

休会
 
(常任委員会)


23日

休会
 
 


24日

本会議
午後2時
委員長報告
質疑
討論
採決
閉会



          平成17年第2回七尾市議会定例会会議録

議事日程(第1号)

                 平成17年6月10日(金曜日)午前10時開会

 日程第1 会期決定の件

 日程第2 会議録署名議員指名の件

 日程第3 市長提出議案第78号ないし第96号及び報告第1号ないし第22号(説明)

本日の会議に付した事件

 議事日程のとおり

出席議員(59名)

     1番  政浦幸太郎君    2番  池岡一彦君

     3番  瀧音弘信君     4番  杉木 勉君

     5番  久保吉彦君     6番  島田 篤君

     7番  坂下孝志君     8番  藤井政治君

     9番  平山紀昭君    10番  西田昭二君

    11番  伊藤正喜君    12番  蔵谷美喜蔵君

    13番  杉森克夫君    14番  荒川一義君

    15番  松井千太郎君   16番  松本精一君

    17番  伊藤厚子君    18番  垣内武司君

    19番  川森外行君    20番  山本一明君

    21番  水上久博君    22番  石島正則君

    23番  大林吉正君    24番  古田秀雄君

    25番  古川 繁君    26番  石川邦彦君

    27番  堀田郁夫君    28番  舘野繁雄君

    29番  桂 撤男君    30番  高僧 弘君

    31番  松本計麿君    32番  堀井義孝君

    33番  宮下研一君    34番  津田照生君

    35番  中西庸介君    36番  永崎 陽君

    37番  柳 助男君    38番  氣戸佐俊君

    39番  竹本信太郎君   40番  井田 孝君

    41番  今田勇雄君    42番  田浦勇吉君

    43番  作田啓二君    44番  谷口正昭君

    45番  中西 博君    46番  岡野廣市君

    47番  杉本忠一君    48番  小間邦雄君

    49番  木下孝輝君    50番  中村宗之進君

    51番  木下 彬君    52番  瀧川正美智君

    53番  千場 拓君    54番  石倉喜一君

    55番  助田 尚君    56番  野崎 博君

    57番  仙田 忍君    58番  後藤達雄君

    59番  半座六弘君

欠席議員(なし)

説明のための出席者

   市長      武元文平君   助役      中畠三雄君

   市長公室長兼

           神野善一君   企画政策部長  三富 博君

   秘書広報課長

   田鶴浜支所長  永畠直樹君   中島支所長   上野登志雄君

   能登島支所長  出村俊昭君   総務部長    出村範彦君

   総務部次長兼

           永井兵嗣君   財政課主幹   楠 利勝君

   財政課長

                   男女参画

   市民生活部長  遠藤正志君   まちづくり   中村宗幹君

                   課長

   市民課長    藏 久枝君   健康福祉部長  田中 修君

   産業部長    松平重成君   建設部長    宮本永一君

   上下水道部長  本田利助君   教育委員長   出崎允也君

   教育長     中島輝夫君   教育部長    室田久則君

   庶務課長    受川俊治君

                   生涯学習課長

   学校教育課長  西川恒明君   兼中島地区   山田理平君

                   生涯学習

                   センター長

欠席者

    6月10日欠席者     助役     中畠三雄君

    6月16日〜24日欠席者  教育委員長  出崎允也君

                教育委員長

    代理者                杉本亮子君

                職務代理

事務局職員出席者

                   次長兼

   事務局長    雪嵐光男            高木精一

                   総務課長

   次長兼             議事調査課

           片山慶進            向田秋子

   議事調査課長          主幹

   議事調査課           議事調査課

           平畠基次            大谷内好子

   係長              主査



△開会 午前10時6分



△開会・開議



○議長(後藤達雄君) ただいまより平成17年第2回七尾市議会定例会を開会し、直ちに本日の会議を開きます。



△諸般の報告



○議長(後藤達雄君) この際に諸般の報告をいたします。

 報告につきましては、お手元に配付してありますので、御了承願います。



△会期決定



○議長(後藤達雄君) これより日程に入ります。

 日程第1の会期決定を議題といたします。

 お諮りいたします。

 本定例会の会期は、お手元に配付の会期日程表のとおり、本日から6月24日までの15日間といたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(後藤達雄君) 異議なしと認めます。

 よって、会期は15日間とすることに決しました。



△会議録署名議員指名



○議長(後藤達雄君) 次に、日程第2に入り、会議録署名議員の指名をいたします。

 本署名議員に、川森外行君、山本一明君を指名いたします。



△市長提案説明



○議長(後藤達雄君) 次に、日程第3に入り、本日市長から提出のあった議案第78号ないし第96号及び報告第1号ないし第22号を一括して議題といたします。

 以上の議案に対する説明を求めます。

 武元市長。

     〔市長(武元文平君)登壇〕



◎市長(武元文平君) おはようございます。

 いよいよ6月議会が始まるわけでございますが、今議会もひとつまた、よろしくお願いしたいと思います。

 提案理由を説明させていただきます。

 本日ここに議員の皆様にお集まりいただき、平成17年第2回七尾市議会定例会を開催するに当たりまして、今回、御審議をいただきます議案のあらましについて御説明を申し上げます。

 初めに、去る4月25日から5月8日まで、七尾美術館で行われました国宝「松林図屏風」の特別公開におきましては、当初の予想を大幅に上回る5万 7,412人の方々に御来場をいただきました。また、同じ期間中に開催されました青柏祭や花嫁のれん展などのイベントも、好天にも恵まれ、前年を大きく上回る人出となり、まち全体が大きなにぎわいを見せたところであります。

 今回の成果によって、私たちは、元気のあるまちづくりに向けて、地域の歴史や固有の文化を生かした「交流体感都市」を実現するという一つの方向性を確認することができました。これもひとえに関係者の方々の御努力や市民の皆様の御理解、御協力があってのことであり、改めて御礼を申し上げます。今後とも、まちの活性化のためにお力添えをいただきますようお願いを申し上げる次第であります。

 一方、昨年10月1日に1市3町の合併により新生七尾市が誕生し、この4月からは本来の組織機構による年間を通した予算の執行がスタートしているところであります。

 御承知のとおり、平成17年度当初予算は極めて厳しい財政状況下での予算編成となり、こうした状況を一時的にでも克服するため、内部経費のほか補助金や扶助費を含めた歳出全般の大幅な削減を行いました。議員各位の御理解、御協力をいただきましたが、結果として、市民の皆様に多大な痛みや御負担を強いることとなりました。

 今回の予算の編成結果に対し、市民の皆様からは、たくさんの御意見や御要望をいただいております。また、以前から合併後のまちづくりのビジョンが不透明であるという御意見も伺っております。こうした市民の皆様の声を真摯に受けとめ、業務の執行に当たっては、これまで以上に厳しい精査を行うとともに、選択と集中を徹底することによって、市民の皆様が真に求めていることに確実にこたえていかなければならないと改めて痛感いたしているところであります。

 現在、本年8月の行財政改革プラン策定に向け、あらゆる角度からの経費の削減や行政サービスの見直し等の検討を行っているところであります。歳入が年々減少する状況下で、どのように市民福祉を向上させ、どのように地域間競争に勝ち残っていくのか、また、そのためにどのような行政改革を行うのか、それが当市の最重要課題であります。

 こうした課題に対しては、これまでも取り組んでまいりましたが、これまで以上に職員一丸となって取り組んでまいりますので、引き続き議員、市民の皆様におかれましても、御理解と御協力をお願いを申し上げる次第であります。

 それでは、改めまして議案の概要について御説明申し上げます。

 議案第78号は、平成17年度の一般会計補正予算でありますが、当初予算成立後に生じた事情によるもので、かつ本年度中に行わなければならないものについて 4,256万 3,000円の追加を行うものであります。

 まず、乳幼児医療の助成制度につきましては、当市の財政状況が予想を上回って悪化していることから、当面の措置として、本年度から所得制限や月額 1,000円の御負担をお願いしているところであります。

 しかしながら、子育て世帯に対しては継続的に支援していくことが必要であるとの観点から、今回新たに小学校1年生から3年生までの低学年の入院費用を拡大して助成対象とし、必要な予算を確保したところであります。

 また、昭和36年に建設された朝日中学校は、建設から44年余りが経過し、老朽化も著しいことから、いっときも早い改築が求められているところであります。このたびの改築に当たっては、県道池崎徳田線の改良などとも関連した徳田駅周辺全体の効率的な土地利用の観点から、移転改築とすることが適当であると判断しているところであり、移転候補地の地形測量に必要な予算を計上しているところであります。

 このほか、指定寄附に基づく美術品収集積立基金への 1,000万円の積み立てや、地元企業の新たな設備投資に対する融資について、必要な予算を計上しているところであります。

 これらの財源といたしましては、それぞれ計上した事業の特定財源のほか、16年度の歳計剰余金の一部を充てることとしております。

 議案第79号は、国民健康保険特別会計の補正予算でありますが、能登島診療所の運営に必要な経費を計上したものであります。

 議案第80号及び第81号の老人保健特別会計、介護保険特別会計の補正予算につきましては、それぞれ16年度分の公費負担の精算に伴う必要予算を計上したものであります。

 議案第82号及び第83号の下水道事業特別会計、水道事業会計の補正予算につきましては、それぞれ将来の公債費負担の軽減を図る観点から、高利率の起債について借りかえを行うため、必要な予算を計上したものであります。

 議案第84号は、新たに文化産業賞条例を設けるものでありますが、本市において、文化産業の振興発展に著しく功績のあった方々を顕彰するため、必要な事項を定めるものであります。

 議案第85号は、外国の地方公共団体の機関等に派遣される職員の処遇等を定めた条例について、国際機関等に派遣される国家公務員に関する規定に準じて必要な改正を行うものであります。

 議案第86号は、特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正するものでありますが、来る7月20日をもって、現在、各地区ごとに置かれている農業委員会を廃止し、新たに一つの農業委員会を設置することから、その委員の報酬の額を定めるものであります。

 議案第87号は、職員退職手当条例の一部を改正するものでありますが、行財政改革推進の最優先課題である職員数の適正化を早急に図るため、定年前の早期勧奨退職者に対する退職手当の特例措置を17年度と18年度の2カ年度に限り拡大するものであります。

 議案第88号は、フォーラム七尾条例の一部を改正するものでありますが、施設の使用に当たり、対価を徴収する場合について、施設使用料を割り増しするため必要な改正を行うものであります。

 議案第89号は、乳幼児医療費給付条例の一部を改正するものでありますが、さきに説明をいたしましたとおり、新たに小学校1年生から3年生までの児童の入院費用を助成対象とするとともに、それに伴い「子ども医療費給付条例」と改称するため、必要な改正を行うものであります。

 議案第90号は、農業委員会の選挙による委員の定数及び選挙区設定に関する条例の一部を改正するものでありますが、新組織による委員の選挙については、その設立前に選挙期日の告示を行うため、条例の施行日を定めるものであります。

 議案第91号は、農村公園条例の一部を改正するものでありますが、赤浦農村公園を新たに追加するものであります。

 議案第92号は、町及び字の区域並びに字の名称の変更についてでありますが、相馬地区において県営圃場整備を行ったことにより、変更するものであります。

 議案第93号は、七尾鹿島広域圏事務組合規約の変更についてでありますが、市町合併により、組合を組織する団体数が減少したため、組合議員の定数を見直すものであります。

 議案第94号は、七尾市土地開発公社定款の変更についてでありますが、定款上で引用している条例に変更があったため変更するものであります。

 議案第95号及び第96号は、市道路線1路線を廃止し、新たに12路線を認定するものであります。

 次に、報告第1号から第13号までは、平成16年度の一般会計及び11の特別会計並びに水道事業会計の補正予算の専決処分を行ったことについて報告するものでありますが、いずれも年度末における歳入歳出の実績に伴う整理を行ったものであります。

 この結果、一般会計において約6億 2,000万円の基金繰入金を減額することとなりましたが、これは16年度において当面の資金手当てを含め66億円もの多額の市債の発行を行ったためであり、将来にわたって当市の財政が危機的状況にあることに変わりはありません。引き続き将来にわたって持続可能な財政構造を確立できる仕組みづくりが必要不可欠であります。行財政改革プランの策定に向けて、改めて皆様の御理解と御協力をお願い申し上げる次第であります。

 報告第14号及び第15号は、税条例及び過疎地域における固定資産税の特例に関する条例の一部を改正したものでありますが、いずれも地方税法の改正に伴うものであり、平成17年4月1日から適用しなければならないことから、専決処分を行ったものであります。

 報告第16号及び第17号は、昨年12月と本年1月に発生した市有車両による2件の事故における相手方との示談について、それぞれ、あらかじめ専決処分を認める旨の議決をいただいている案件でありましたので、専決処分し、報告するものであります。

 報告第18号及び第19号は、平成16年度の決算を行った結果、老人保健特別会計及び公設地方卸売市場事業特別会計の2つの特別会計において収支の不足を生じたこととなりましたので、繰上充用しなければならないことから専決処分したものであります。

 最後に、報告第20号から第22号までは、平成16年度予算を17年度に繰り越したことについて、地方自治法または地方公営企業法の規定に基づき、それぞれ報告するものであります。

 いずれも年度内に事業を完成できるよう努めてまいりましたが、用地補償交渉の難航などにより事業が完了できなかったものについて、やむを得ず予算を翌年度へ繰り越したものであります。引き続き早期に完了するよう努めてまいりますので、御理解をお願い申し上げます。

 以上で議案の説明を終わりますが、細部につきましては、議事の進行に従いまして御説明申し上げたいと存じますので、何とぞ慎重に御審議の上、適切なる御決議を賜りますようお願い申し上げます。

 以上でございます。



○議長(後藤達雄君) 提案理由の説明を終わります。

 以上をもって本日の議事日程は全部終了しました。



△休会



○議長(後藤達雄君) 次に、休会の件についてお諮りいたします。

 議案調査等のため、明11日から15日までの5日間は休会いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(後藤達雄君) 異議なしと認めます。

 よって、以上のとおり休会することに決しました。



△散会



○議長(後藤達雄君) 次回は6月16日の午前10時より会議を開きます。

 本日はこれにて散会いたします。



△散会 午前10時26分