議事ロックス -地方議会議事録検索-


石川県 金沢市

平成18年  6月 定例会(第2回) 06月15日−01号




平成18年  6月 定例会(第2回) − 06月15日−01号










平成18年  6月 定例会(第2回)



          平成18年6月15日(木曜日)

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯出席議員(40名)

     議長  的場豊征君        副議長 東出文代君

     1番  安居知世君        2番  宮崎雅人君

     3番  黒沢和規君        4番  松井純一君

     5番  森 一敏君        6番  粟森 慨君

     7番  北 篤司君        8番  清水邦彦君

     9番  新村誠一君        10番  福田太郎君

     11番  横越 徹君        12番  田中展郎君

     13番  村池敬一君        14番  浅田美和子君

     16番  干場辰夫君        17番  森 雪枝君

     18番  苗代明彦君        19番  渡辺 満君

     20番  近松美喜子君       21番  山野之義君

     22番  上田 章君        23番  澤飯英樹君

     24番  玉野 道君        25番  増江 啓君

     26番  出石輝夫君        27番  田中 仁君

     28番  中西利雄君        29番  関戸正彦君

     30番  升 きよみ君       31番  高村佳伸君

     32番  宮保喜一君        33番  不破 実君

     34番  木下和吉君        35番  南部康昭君

     36番  平田誠一君        37番  安達 前君

     39番  上田忠信君        40番  井沢義武君

◯欠席議員(なし)

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯説明のため出席した者

 市長         山出 保君   助役         須野原 雄君

 助役         蓑  豊君   収入役        近藤義昭君

 公営企業管理者    山本文男君   教育委員長      津川龍三君

 都市政策局長     武村昇治君   総務局長       角 健治君

 産業局長       加納明彦君   市民局長       小川秀一君

 福祉健康局長     古田秀一君   環境局長       浜田健一君

 都市整備局長     坂戸正治君   都市整備局土木部長  土谷久幸君

 市立病院事務局長   廣田 健君   美術工芸大学事務局長 小村 隆君

 教育長        石原多賀子君  消防長        宮本健一君

 農林部長       宮島伸宜君   財政課長       丸口邦雄君

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯職務のため出席した事務局職員

 事務局長       篠田 健君

 議事調査課長     縄 寛敏君   議事調査課担当課長  西田賢一君

 主査         上出憲之君   主査         横山 健君

 主査         関戸浩一君   主査         水由謙一君

 主査         安藤哲也君   主査         木谷満貴子君

 書記         一ノ宮直之君  書記         小木 茂君

 総務課長補佐     松田雅典君   書記         竹本 豊君

 書記         越田健靖君

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯議事日程(第1号)

  平成18年6月15日(木)午前10時開議

 日程第1 会期の決定について

 日程第2 永年在職議員の表彰

 日程第3 議案第1号 平成18年度金沢市一般会計補正予算(第1号)

      議案第2号 平成18年度金沢市水道事業特別会計補正予算(第1号)

      議案第3号 平成18年度金沢市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)

      議案第4号 金沢市農業委員会条例の一部改正について

      議案第5号 公益法人等への職員の派遣等に関する条例の一部改正について

      議案第6号 金沢市非常勤職員の公務災害補償等に関する条例の一部改正について

      議案第7号 金沢市税賦課徴収条例の一部改正について

      議案第8号 金沢市公民館設置条例の一部改正について

      議案第9号 金沢市国民健康保険条例の一部改正について

      議案第10号 金沢市地区計画等の区域内における建築物等の制限に関する条例の一部改正について

      議案第11号 金沢市消防本部及び消防署の設置等に関する条例及び金沢市消防団条例の一部改正について

      議案第12号 金沢市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について

      議案第13号 金沢市消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部改正について

      議案第14号 工事請負契約の締結について(金沢市中央消防署味噌蔵出張所(仮称)新築工事(建築工事))

      議案第15号 工事請負契約の締結について(金沢市立十一屋小学校校舎改良工事)

      議案第16号 金沢能楽美術館の指定管理者の指定について

      議案第17号 市道の路線認定について

      議案第18号 市道の路線廃止について

      議案第19号 市道の路線変更について

      議案第20号 公有水面の埋立てに関する意見について

      報告第1号 専決処分の報告について(金沢市税賦課徴収条例の一部改正について)

      報告第2号 専決処分の報告について(金沢市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について)

      報告第3号 専決処分の報告について(損害賠償の額の決定について)

      報告第4号 専決処分の報告について(平成18年度金沢市老人保健費特別会計補正予算(第1号))

      報告第5号 専決処分の報告について(和解について)

      報告第6号 専決処分の報告について(和解について)

                               (提案理由説明)

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯本日の会議に付した事件

  議事日程(第1号)に同じ

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午前10時3分 開会



△開会





○議長(的場豊征君) ただいまから平成18年定例第2回金沢市議会を開会いたします。

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△開議





○議長(的場豊征君) 本日の出席議員数は、ただいまのところ40名であります。

 よって、会議の定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△会議録署名議員の指名





○議長(的場豊征君) 会議録署名議員の指名を行います。

 8番  清水邦彦君

 9番  新村誠一君

 10番  福田太郎君

以上3名の方々を指名いたします。

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△諸報告





○議長(的場豊征君) 次に、今定例会までに議長において決定した議員の派遣については、お手元に配付のとおりでありますので、御報告いたしておきます。

 また、地方自治法第121条の規定による今定例会の説明員の氏名は、お手元に配付のとおりでありますので、あわせて御報告いたしておきます。

 なお、上着の着用は御自由に願います。

     〔議員の派遣については本号末尾参照〕

     〔説明員の氏名は本号末尾参照〕

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△会期の決定について





○議長(的場豊征君) これより、日程第1会期の決定についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 今定例会の会期は、本日から27日までの13日間といたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(的場豊征君) 御異議なしと認めます。

 よって、今定例会の会期は13日間と決定いたしました。

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△永年在職議員の表彰





○議長(的場豊征君) 次に、日程第2永年在職議員の表彰を行います。

 26番  出石輝夫君

 37番  安達 前君

及び私、以上3名の方々は、本市議会議員として在職20年に達せられましたので、金沢市議会表彰条例の定めるところにより表彰いたしたいと存じます。

 これより表彰状の授与を行います。表彰を受けられる方々は、どうぞ前の方にお出ましを願います。

     〔被表彰者議場前方に整列〕



○議長(的場豊征君) 表彰状

 出石輝夫殿

 あなたは金沢市議会議員として在職されること20年市勢発展のために尽くされた功績はまことに顕著なものがあります

 よって金沢市議会表彰条例によりこれを表彰します

 平成18年6月15日

   金沢市議会議長  的場豊征

 おめでとうございました。

     〔表彰状授与〕         (拍手)



○議長(的場豊征君) 表彰状

 安達 前殿

 あなたは金沢市議会議員として在職されること20年市勢発展のために尽くされた功績はまことに顕著なものがあります

 よって金沢市議会表彰条例によりこれを表彰します

 平成18年6月15日

   金沢市議会議長  的場豊征

 おめでとうございました。

     〔表彰状授与〕         (拍手)



○副議長(東出文代君) 表彰状

 的場豊征殿

 あなたは金沢市議会議員として在職されること20年市勢発展のために尽くされた功績はまことに顕著なものがあります

 よって金沢市議会表彰条例によりこれを表彰します

 平成18年6月15日

   金沢市議会議長

 おめでとうございます。

     〔表彰状授与〕         (拍手)



○議長(的場豊征君) 以上で、表彰状の授与を終わります。

 この際、出石輝夫君から発言を求められておりますので、これを許します。

 26番出石輝夫君。

     〔26番出石輝夫君登壇〕



◆26番(出石輝夫君) 受賞者を代表しまして、一言お礼を申し上げます。

 ただいまは私ども3名が永年在職議員として表彰いただきましたことは身に余る光栄であり、感謝にたえないところであります。これもひとえに議員各位、市長を初めとする執行部各位、そして市民の皆さんの御指導、御鞭撻のたまものと厚く感謝をいたしているところでございます。

 顧みますに、昭和62年、私を含め7人の仲間が初当選し、この議場に参画をさせていただきました。当時は私1人が社会党、あとの6名の皆さんは自民党、ややもすると蚊帳の外でありましたが、6名の仲間は私を大事にしていただき、一緒に勉強会をやっていこうと、常に勉強会をする会を組織してもらいました。これが昭和62年の「六二会」でございます。今も続いております。

 よく議会の前には財政面について、あるいは財政について、当時の財政課長であった、後の助役である佐子田前助役から大変な御指導を受けて、熱心に勉強もさせてもらいました。また、議会人としてどうあるべきか、何をすべきかという点については、当時の議事調査課の中西議事調査課長からもいろいろと教えをいただきました。そんなふうにして私ども7名はよく勉強会もし、情報交換も行ったところでございます。

 この間、石坂修一さん、朝倉忍さん、そして中村勲さんはいずれも県政に身を転じ、中村正さんにありましては御逝去なされました。

 今もこの議場に残っているのは私ども3人となり、一抹の寂しさを禁じ得ないところでありますが、金沢市におかれましては、平成8年に中核市となり、山出市長の強いリーダーシップのもと、金沢市固有の自然と歴史、学術、文化を基盤としたまちづくりが進められてまいりました。今や行政は全国から高い評価を受け、世界に冠たる都市としての地歩をも固めつつあります。

 この間、私どもも議会人として責任ある要職にも携わり、その一端として行政にかかわることができましたことは大きな喜びと誇りであると感じて、感謝をしているところでございます。

 本格的な地方分権時代を迎え、新しい産業の育成、少子高齢社会への対応、子供たちの安全を柱とする安全で安心なまちづくりの課題等々、掲げる課題はたくさんありますが、私たちはこのきょうの受賞を機に46万金沢市民の幸せを願い、そして未来に明るい希望が持てるよう今後とも努力してまいる所存であります。

 どうか従来にも増して御指導、御鞭撻を賜りますようお願い申し上げまして、受賞者を代表して、甚だ簡単でございますが、御礼のごあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。(拍手)

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△議案上程





○議長(的場豊征君) 次に、日程第3議案第1号平成18年度金沢市一般会計補正予算(第1号)ないし議案第20号公有水面の埋立てに関する意見について及び報告第1号ないし報告第6号専決処分の報告について、以上の議案20件、報告6件を一括して議題といたします。

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△提案理由の説明





○議長(的場豊征君) 市長から提案理由の説明を求めます。

 山出市長。

     〔市長山出 保君登壇〕



◎市長(山出保君) 本日、ここに各位の御参集をいただき、平成18年定例第2回金沢市議会が開かれますに当たり、市政の概況と提出議案の大要につきまして、御説明を申し上げます。

 これに先立ちまして、ただいま本議場において、市議会議員在職20年の表彰の栄に浴されました出石輝夫議員、安達前議員、的場豊征議長の各位に対しまして、心からお祝いを申し上げます。長年にわたる市勢発展のための御尽力に敬意と謝意を表しますとともに、この上ともの御活躍をお祈り申し上げます。

 さて、我が国は、設備投資の増加や個人消費の拡大により景気回復傾向が続くなど、次第に活気を取り戻しつつございます。しかし、地方への波及にはなお時間を要しており、加えて人口の減少や格差の拡大が懸念されるなど、真の豊かさを実感できるまでには至っておりません。こうした中、我が国が希望と喜びの持てる持続可能な成熟社会を築き上げていくためには、多様性を持つ地域の活力と創造力が必要であり、そのためにも分権型社会の実現を目指してまいらねばなりません。

 しかるに、現在、国の経済財政諮問会議において、財政再建の名のもとに、地方交付税の削減を前提とするかのごとき議論が展開されております。歳出削減のみが先行し、地方分権に係る議論が先送りされかねない事態はまことに遺憾でございます。地方六団体は、この1月に設置をいたしました新地方分権構想検討委員会の中間報告を受けて、先月末に新たな地方分権法の制定を初めとする税財政改革を中心とした7つの提言を取りまとめました。この提言の実現のため、今月7日、12年ぶりに地方自治法に基づく意見提出権の行使に踏み切った次第であります。道のりは決して平たんではありませんが、要は国の赤字のツケが地方に転嫁されることのないように、また、近く閣議決定が予定される「骨太の方針2006」に平成19年度以降の第2期改革の推進が盛り込まれるように、国に強く働きかけてまいる覚悟であります。各位のこの上ともの御支援をお願い申し上げる次第であります。

 同時に、地方みずからも高い志を持って、主体的で自立度の高い行財政運営に励んでまいらねばなりません。昨年度末に金沢世界都市構想の第2次基本計画を策定したところであり、今後、市民との協働に意を用いながら計画の具現化に努めてまいりますとともに、先月ローリングを行いました中期財政計画及び昨年度策定した行政改革実施計画の実践に鋭意取り組み、健全な行財政体質の維持に努めてまいる所存でございます。

 さて、北陸新幹線につきましては、4月末に白山総合車両基地の工事が認可されるとともに、市内における用地取得のための中心線測量が先月完了したところであります。近く地元説明会を開始したいと考えており、引き続き鉄道・運輸機構や県と連携しながら、早期整備に全力で取り組んでまいります。

 また、金沢港についてでありますが、来月から大水深岸壁の整備工事が始まりますことから、今般、県と協調し、埠頭内の港湾施設の規模や配置計画等の調査に着手することとした次第であります。

 一方、金沢駅武蔵北地区の市街地再開発事業にありましては、第4工区施設建築物の躯体工事が順調に進み、明年春の完成に向けて、設備・内装工事に一部取りかかっておりますほか、第3工区につきましても、権利者との調整を鋭意進めているところであります。

 また、近江町市場の再整備では、先月、権利変換計画の縦覧を終えましたので、店舗配置計画の策定等を進め、明年春の着工を目指してまいりたいと存じます。

 外環状道路につきましては、今町から白山市乾町に至る山側環状がこの4月に全線開通をいたしました。これに伴って都市内交通の流れが大きく変化し、市中心部の渋滞も緩和されてまいりましたので、これを機にパーク・アンド・ライドなどのTDM施策を強化するとともに、海側幹線にありましても、過日、直江町地内において土地区画整理組合が設立されましたことから、鞍月−今町間の早期事業化を国、県に要望してまいりたいと存じます。

 次に、まちなかの文化施設の整備でありますが、広坂地区の能楽美術館につきましては、10月のオープンを目指し、現在、展示工事を進めるなど、開設準備に万全を期しております。なお、隣接する金沢21世紀美術館では、来月、国内では初めてとなる「日墨文化サミット」が開催される予定でございます。

 なお、北安江地内の安江金箔工芸館につきましては、建物の老朽化により建てかえの必要性が生じておりますことから、この際、金沢箔とのゆかりが深く、文化施設が集積している東山地区への移転を検討してまいりたいと考えております。

 一方、県庁跡地でありますが、今般、南ブロックの活用策や整備の方向性を示す基本構想を年度内に策定する方針が打ち出されましたので、市としてもこれに協力してまいりたいと存じております。

 さらに、市南部地域の金沢大学四十万農場跡地につきましては、このたび北陸財務局から未利用の国有地を速やかに処分する方針が示されたのを受け、全体の2分の1程度を市で取得したいと考え、地元の方々の意向も踏まえながら、多目的広場及びテニスコート等の整備を検討してまいりたいと考えております。

 また、先日、解体工事に着手した湯涌地区の旧白雲楼ホテルでありますが、周辺が急傾斜地でもありますことから、今後、学識経験者等から成る安全管理委員会の御意見をいただきながら、のり面の保全などの安全対策に万全を期してまいりますほか、旧江戸村と一体となった活用策を検討してまいりたいと存じます。あわせて、湯涌荒屋町地内で進めている旧江戸村の移転整備につきましては、農家ゾーンの整備がおおむね完了し、来月下旬にも暫定オープンの運びであります。

 ところで、都市の活力を創造するには地域産業の振興が不可欠であります。建設・産業機械における国内トップメーカーの新工場が明年1月の操業開始を目指し、金沢港の大浜地区において建設中であり、今後、関連企業等の進出が予想されますことから、市といたしましても、その受け皿となるかたつ工業団地等の早期分譲に向けて可能な限り整備の前倒しを図るなど、対応に万全を期してまいりたいと存じます。

 また、先端技術産業の誘致を目指す金沢テクノパークでは、日本ケンブリッジフィルターとの間で、過日、用地の取得契約が交わされ、近く超高性能のフィルターの製造工場の建設が始まることになっておりますので、これを機に、さらなる企業誘致に積極的に取り組んでまいります。

 加えて、起業家の支援では、市内3カ所目のSOHO事業者向けのオフィスとなる「金沢ビジネスプラザ尾山」が今月24日にオープンの運びとなっております。

 次に、新産業の育成についてでありますが、金沢21世紀美術館を中心に、この10月に「ライフ&ファッション 金沢ウィーク」の開催を予定し、現在、実行委員会を中心に関係業界における新製品づくりを進めているところであります。来月には、美術工芸大学のファッションデザインコースと連携し、100日前イベントの開催を計画しており、伝統工芸の技術を生かしながら現代のライフスタイルに調和した新たなファッションを提案し、国の内外に発信してまいりたいと存じます。

 一方、商店街の活性化につきましては、アーケードの撤去と道路修景整備が完了した横安江町商店街の再生を支援するほか、昨年、本市との間に歩けるまちづくり協定を締結した竪町商店街におきまして、今般、メーンストリートの舗装改良工事を施工することとした次第であります。

 さらに、農林業の振興につきましては、農政プランの見直しに向けて、先月、新農政プラン策定協議会を立ち上げたところであり、加賀野菜を初めとする地元農産物のブランド化や地産地消の推進など、本市における農林業の新たな方向性を取りまとめるべく取り組んでまいる所存であります。

 さて、少子化対策でありますが、現在、国の少子化対策推進会議において、抜本的な解決策に関しての議論が交わされておりますので、市といたしましても、先月より妊娠期間中の健診費用の一部に対する助成を開始したところであり、また、この10月から県と協調し、不妊治療に対する助成制度の拡充を図ることといたしました。あわせて、この4月より、教育プラザ富樫において児童相談所を開設し、子供に関する相談・支援体制の充実を期しておりますほか、福祉健康センターとの連携により、児童虐待の防止にも努めているところであります。

 一方、この4月から第3期事業計画が開始された介護保険制度にありましては、目下、円滑な運営が行われており、今後とも介護予防や地域密着型サービスの充実に努めてまいりますとともに、新たな障害者自立支援制度の運営につきましても、きめ細かな対応に心がけてまいる所存であります。なお、一昨日、国の税制改正に伴う市民税や国民健康保険料などの相談に対応するため、市庁舎1階エントランスホールに特別相談窓口を開設いたしました。

 ところで、循環型社会の形成に資する廃棄物処理施設の計画整備につきましては、西部クリーンセンター新工場の基本計画がこの3月にまとまりましたので、平成20年度の着工を目指して準備を進めてまいりますほか、次期埋立場につきましても、近く基本設計に着手することといたしております。

 次に、美しい沿道景観の形成についてでありますが、モデル路線となる諸江通りにおきまして、地元の方々と協働しながら緑化活動などの取り組みを進めてまいりますとともに、この3月、周辺環境に調和した道路標識に係る特区の認定を受けましたので、この秋にも兼六園周辺の道路案内標識について、縮小実験等に取り組むこととしております。

 さて、教育は健全な社会をつくるための礎であります。現在、国会において、教育基本法の改正案が審議されておりますので、この動向を注視してまいりますとともに、先月より学校の教育力の向上を目指し、マン・ツー・マンによる教員の指導や新たな学習指導法の開発など、市独自の実践活動に取り組んでいるところであります。

 また、特区制度により、本市が他に先駆けて取り組んでまいりました小中一貫英語教育でありますが、その必要性が全国的にも認められ、先般、中央教育審議会の外国語専門部会の提言の中に、小学校における英語の必須化が盛り込まれました。今後とも地域の実情に合った先駆的な取り組みを進めてまいりますとともに、そのためにも教育現場の自主性や効率性を高めることが不可欠でありますので、過般設置した中核市市長会のプロジェクトチーム等で教育の分権化に係る議論を深め、政令指定都市とも連携しながら、人事権等の移譲を国に強く求めてまいる所存であります。

 加えて、児童の安全確保につきまして、新1年生入学時の4月を安全安心パトロール月間とし、児童の下校時に合わせ巡回活動に取り組むとともに、これまでのごみ収集職員に加え、新たに水道・ガスの検針員による子供の見守り活動を展開しているところであり、今後とも学校防犯ボランティアと連携しながら対策の強化に努めてまいりたいと存じます。

 次に、市民生活の安全・安心の確保でありますが、犀川、浅野川の百年に一度の豪雨を想定した洪水ハザードマップが先日完成いたしましたので、浸水が想定される区域において説明会を開催するなど、市民の方々への周知に努めることとしております。

 また、先般、金沢駅周辺地域の浸水対策として整備を進めてきた浅野雨水ポンプ場が、梅雨期に先駆けて供用を開始いたしました。なお、ここに来てエレベーターの安全が問われており、改めて建築物、構築物のほか、食のあり方を含め、暮らしやまちづくりにかかわるあらゆる面で、「安全こそ最大の福祉」との観点から、安全・安心の追求と施策の充実強化に最大限の努力を払ってまいらねばなりません。

 ところで、明春、尾張町2丁目及び安江町地内で、市内8番目となる「袋町」の旧町名が復活の見込みとなりました。同地区では、本市との間でまちづくり協定が締結されるなど、まちづくりの機運が高まりを見せておりますことから、市としてもこれを積極的に支援をするとともに、旧町名復活の面的な広がりにもつなげてまいりたいと存じます。

 一方、金沢ナンバーについてでありますが、2市2町で構成する連絡協議会において、このほどドライバーのマナー向上を目指す、サポーターズ・クラブの会員募集を開始した次第であり、企業や住民の方々の協力の輪が広がりつつありますことから、10月10日の導入に向けて、普及啓発活動や記念イベントの開催準備等に鋭意取り組んでまいりたいと存じております。

 報告の最後に、平成17年度の決算見込みでありますが、一般会計におきまして、実質20億1,000万円余の黒字決算の見通しとなり、引き続き健全財政を維持することができました。財政環境は依然として厳しいものがありますが、この上とも将来を見据えた健全な財政運営に心がけてまいりますので、市民の皆様の御理解と御支援をお願い申し上げる次第であります。

 さて、今回提出いたしました補正予算案は、かねて国に要望しておりました国庫補助金等の増額決定に伴う道路、下水道などの公共事業費や、県の6月補正に伴う協調事業費の追加が主なる内容であり、全会計の補正額は10億9,825万7,000円となりました。

 まず、都市整備関係では、疋田−上荒屋線の高柳町地内での道路の築造に着手いたしますほか、泉野−野々市線の泉本町地内の用地取得を進めてまいります。また、沖−浅野本町線の道路改良工事を完成させるとともに、土清水−上辰巳線の舘山町地内において用地取得を進めることとしております。

 公園事業では、千木町や金市町地内の公園整備用地を土地開発公社等から再取得いたしますほか、住宅事業では、市営住宅における住宅用火災警報器の設置を前倒ししてまいります。さらに、片町2丁目地内において、大野庄用水の護岸工事を進めますとともに、福祉健康関係では、小規模通所授産施設の高柳町地内への移転新築に対する支援や、城北児童会館の大規模改修に取り組むことにいたしております。

 このほか、企業局関係では、千木町地内などの下水道管渠築造工事や三口新町地内などにおける上水道の配水管改良工事を進めてまいりますとともに、都市政策関係では、深谷町地内などにおける携帯電話の通信不良を解消するため、通信用施設の整備を進めることにいたしました。

 次に、予算以外の議案でありますが、三位一体改革による3兆円の税源移譲に伴い、平成19年度から個人住民税所得割の10%比例税率化を実現するための金沢市税賦課徴収条例の一部改正など条例案10件の外、中央消防署味噌蔵出張所建設に係る工事請負契約の締結など7件を提案いたし、その他の案件としては、老人保健費特別会計の繰り上げ充用に係る専決処分の報告を初め、39件を報告いたしております。

 最後に、音楽監督であられ、指揮者であられました岩城宏之先生には、去る13日逝去されました。73年の生涯にわたり、音楽一筋に情熱を傾けられ、昭和63年のアンサンブル金沢の創設以来18年、音楽を通じて金沢を世界に発信されたその御功績は言い尽くせません。皆さんと一緒に心から先生の御冥福をお祈り申し上げる次第でございます。

 以上、議案等の大要を御説明申し上げました。何とぞ慎重に御審議の上、適切なる御決議を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(的場豊征君) 提案理由の説明は終わりました。

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△諸報告





○議長(的場豊征君) この際、御報告いたしておきます。

 地方自治法第180条第2項の規定により、議会の委任による専決処分については報告第7号ないし報告第9号をもって、地方自治法施行令第146条第2項の規定により、一般会計、市街地再開発事業費特別会計、土地区画整理事業費特別会計、工業団地造成事業費特別会計及び農村下水道事業費特別会計における繰越明許費については報告第10号ないし報告第14号をもって、地方公営企業法第26条第3項の規定により、ガス事業、水道事業、中央卸売市場事業及び公共下水道事業の各特別会計における予算の繰越しについては報告第15号ないし報告第21号をもって、地方自治法第243条の3第2項の規定により、金沢市土地開発公社、財団法人金沢国際交流財団、財団法人いしかわまちづくりセンター、財団法人横浜記念金沢の文化創生財団、財団法人金沢芸術創造財団、社団法人金沢ボランティア大学校、財団法人金沢市福祉サービス公社、財団法人金沢総合健康センター、財団法人石川県金沢勤労者プラザ、財団法人金沢勤労者福祉サービスセンター、株式会社金沢商業活性化センター、財団法人金沢まちづくり財団、財団法人石川県県民ふれあい公社、財団法人金沢子ども科学財団、社団法人金沢職人大学校、財団法人金沢文化振興財団、財団法人金沢市スポーツ事業団、財団法人金沢市水道サービス公社の各法人の経営状況については報告第22号ないし報告第39号をもって、それぞれ報告されております。

 また、地方自治法第252条の37第5項の規定により、平成17年度包括外部監査の結果報告書が、さらに平成17年度監査等結果報告書がそれぞれ提出されておりますことをあわせてお知らせいたしておきます。

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△休会について





○議長(的場豊征君) 以上をもって、本日の日程は終了いたしました。

 お諮りいたします。

 本日はこれにて散会いたし、明16日から20日までは議案調査のため休会といたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(的場豊征君) 御異議なしと認めます。

 よって、さよう決定いたしました。

 この際、御通知申し上げます。

 次の本会議は、21日午前10時から開きます。

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△散会





○議長(的場豊征君) 本日はこれにて散会いたします。

     午前10時43分 散会

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

   〔参照〕

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                               平成18年6月15日

               議員の派遣について

 地方自治法第100条及び金沢市議会会議規則第120条の規定により、次のとおり議員を派遣した。

                   記



 (1) 派遣目的  地方行政調査

 (2) 派遣場所  兵庫県淡路市、兵庫県南あわじ市、徳島県徳島市、高知県高知市

 (3) 派遣期間  平成18年4月26日から同月29日まで

 (4) 派遣議員  松井純一議員、増江 啓議員、浅田美和子議員、南部康昭議員



 (1) 派遣目的  地方行政調査

 (2) 派遣場所  熊本県南小国町、熊本県八代市、福岡県太宰府市

 (3) 派遣期間  平成18年5月15日から同月18日まで

 (4) 派遣議員  森 一敏議員、東出文代議員、出石輝夫議員、平田誠一議員



 (1) 派遣目的  地方行政調査

 (2) 派遣場所  大分県大分市、沖縄県南風原町

 (3) 派遣期間  平成18年6月6日から同月8日まで

 (4) 派遣議員  粟森 慨議員、北 篤司議員、清水邦彦議員、新村誠一議員、干場辰夫議員、森 雪枝議員、苗代明彦議員、渡辺 満議員、田中 仁議員、中西利雄議員、関戸正彦議員、安達 前議員、的場豊征議員、上田忠信議員、井沢義武議員

     (写)

                               収財第34号

                               平成18年6月14日

                               (2006年)

  金沢市議会議長  的場豊征様

                         金沢市長  山出 保

               説明員の出席について(通知)

  平成18年6月8日付け発金議議調第27号で請求された地方自治法(昭和22年法律第67号)第121条の規定に基づく平成18年定例第2回金沢市議会の説明員は、次のとおりです。

 助役          須野原 雄    助役          蓑  豊

 収入役         近藤義昭

 公営企業管理者     山本文男     福祉健康局長      古田秀一

 教育委員長       津川龍三

                      福祉健康局担当局長

 都市政策局長      武村昇治

                     +保健所長事務取扱兼 +

                     |          | 田中邦美

 都市政策局担当局長           |駅西福祉健康センター|

                     |          |

+都市政策局次長   +         +所長事務取扱    +

|          |

|事務取扱      |          環境局長        浜田健一

|          |

|兼交通政策課長   | 藤田昌邦     都市整備局長      坂戸正治

|          |

|事務取扱      |          市立病院事務局長    廣田 健

|          |

|兼新幹線建設推進室長|          美術工芸大学事務局長  小村 隆

|          |

+事務取扱      +

                      副収入役

 総務局長        角 健治                 今川 実

                     (兼会計課長事務取扱)

 産業局長        加納明彦

                      教育長         石原多賀子

 産業局担当局長

             宮島伸宜     教育委員会担当局長

(農林部長事務取扱)                        川上憲治

                     (学校職員課長事務取扱)

 卸売市場長                消防長         宮本健一

+兼中央卸売市場長  +

|          |

|兼中央卸売市場   | 戸藤信夫

|          |

|事務局長兼公設花き |

|          |

+地方卸売市場長   +

 市民局長        小川秀一

 市民局担当局長

+防災安全課長    + 河原春男

|          |

+事務取扱      +

 都市政策局担当部長            元町福祉健康センター

             黒瀬剛久                 城下 謙

(圏域交流課長事務取扱)          所長

 文化スポーツ部長    東元秀明

 都市政策局担当部長            福祉健康局担当部長

             喜多 茂

(国際文化課長事務取扱)         +保健所食肉衛生検査 + 桐原公郎

                     |          |

                     +所長事務取扱    +

 文化スポーツ部付

 担当部長                 環境局担当部長

             甚田和幸

+金沢21世紀美術館  +         +施設管理課長    +

|          |         |          | 中村 均

+副館長       +         |事務取扱兼西部衛生 |

                     |          |

                     +センター所長事務取扱+

 都市政策局担当部長

+スポーツ振興課長  + 太田博之     都市整備局担当部長

|          |                      上田哲男

+事務取扱      +         (緑と花の課長事務取扱)

                      土木部長        土谷久幸

 総務局担当部長

             上田外茂男

(総務課長事務取扱)            都市整備局担当部長

                                  出口 正

                     (道路建設課長事務取扱)

 総務局担当部長

             糸屋吉廣

(職員課長事務取扱)            定住促進部長

                     +兼区画整理課長   + 前多 豊

 総務局担当部長             |          |

             丸口邦雄    +事務取扱      +

(財政課長事務取扱)

                      教育委員会

 産業局次長                            大路孝之

                      学校教育部長

+兼企業立地課長   + 君塚明宏

|          |

+事務取扱      +          教育委員会担当部長

                                  嶋口外樹正

                     (学校指導課長事務取扱)

 産業局担当部長

             羽場利夫

(商業振興課長事務取扱)          教育委員会

                      生涯学習部長

 産業局担当部長                          新家俊一

                     +兼生涯学習課長   +

+農業センター所長  + 手嶋 重    |          |

|          |         +事務取扱      +

+事務取扱      +

                      教育プラザ富樫

 市民局担当部長

             橋本純一     総括施設長       横山外茂二

(広報広聴課長事務取扱)

                     (兼研修センター所長)

 市民局担当部長

             山下義夫     消防局次長

(保険年金課長事務取扱)                      川村外志夫

                     (兼警防課長事務取扱)

 社会福祉事務所長             企業局経営企画部長   米林憲英

+兼福祉総務課長   + 喜多明嗣     企業局営業部長     永井 隆

|          |

+事務取扱      +

                      企業局建設部長     北野俊一

 福祉健康局担当部長            企業局施設部長

             澤田 博                 坂井修二

(介護保険課長事務取扱)         (兼ガス課長事務取扱)

 福祉健康局担当部長

+こども総合相談   +

|          |

|センター所長事務取扱|

|          |

|兼児童相談所長   |

|          | 浅香久美子

|事務取扱      |

|          |

|兼教育プラザ富樫  |

|          |

|総括施設次長    |

|          |

+事務取扱      +

 健康推進部長

+兼保健衛生課長   + 中山和久

|          |

+事務取扱      +

 企画課長        河原 清     都市計画課長      清水啓紀

                      まちなみ対策課長    岡田宜之

 総合調整課長

                      再開発課長       石野一次

+兼玉川こども図書館 + 大脇正昭

|          |          道路管理課長      河村孝夫

+開設準備室長    +

                      内水整備課長      扇子嘉則

 情報政策課長      西村賢了

                      営繕課長        尾崎一志

 文化財保護課長              技術管理課長      小浦和夫

+兼埋蔵文化財センター+ 横山光雄     住宅政策課長      坂井祐一

|          |

+所長        +          市営住宅課長      宮下 繁

                      建築指導課長      馬場悦夫

 歴史建造物整備課長   井波良一

                      市立病院事務局次長   山崎 章

 秘書課長        浦上光太郎

 文書法制課長      河原秀治     美術工芸大学

                                  平 幸盛

 行政経営課長      相川一郎     事務局次長

 監理課長        南 善史

                      教育委員会

 税務課長        山田義明                 平嶋正実

                      教育総務課長

 資産税課長       今井 進

 市民税課長       宮前信之     市立工業高等学校

                                  野島宏英

 工業振興課長      山田克俊     事務局長

 観光交流課長      桶川秀志

                      教育委員会

 労働政策課長      西村喜博

                      玉川図書館長      河崎英一

 農林総務課長      難波田 徹   (兼城北分館長)

 農林基盤整備課長    亀田健治

                      教育委員会

 中央卸売市場               泉野図書館長      嶋 健三

             坪内俊二

 事務局次長               (兼平和町児童図書館長)

                      地域教育センター所長  川原利治

 公設花き地方卸売市場

             宮下 毅     選挙管理委員会書記長  太田 亨

 事務局長

                      監査事務局長      橋本光正

 市民参画課長

             吉田俊朗     農業委員会事務局長   北川義文

(兼人権同和対策室長)

 市民課長        岡本博文     消防局消防総務課長   宮下清昭

 生活支援課長      吉本忠則     消防局予防課長     西川 昇

 長寿福祉課長      山田菊二     消防局統制指令課長   山田 弘

                      企業局経営企画課長   山崎純生

 こども福祉課長

                      企業局企業総務課長   山口 亮

+兼金沢駅      + 北村誠広

|          |

+こどもらんど所長  +          企業局お客さま

                                  中川雅則

                      サービス課長

 障害福祉課長      池屋安夫

 福祉指導監査課長    勝田清作     企業局営業開発課長   永井信幸

 地域保健課長      大野直樹     企業局建設課長     山崎良則

 衛生指導課長      西 外喜男    企業局維持管理課長   藺上勇松

 環境総務課長      宮本伸一     企業局上水・発電課長  西 敏明

 リサイクル推進課長   河合豊嘉     企業局水処理課長    松島 浩

 環境保全課長      新村光秀

 上記説明員中、教育委員長 津川龍三は、所用のため6月22日、23日、27日の本会議を欠席し、教育委員 小杉善嗣(22日)、教育委員 佐藤秀紀(23日)、教育委員 吉田國男(27日)が代理出席します。