議事ロックス -地方議会議事録検索-


石川県 石川県

平成17年10月31日議会運営委員会−10月31日-01号




平成17年10月31日議会運営委員会

┌──────────────────────────────────────┐
│  議 会 運 営 委 員 会 会 議 記 録            │
├──────────────────────────────────────┤
│1 日  時  平成17年10月31日(月曜日) 午後1時01分開議         │
│                     午後1時20分閉議         │
├──────────────────────────────────────┤
│2 場  所  議会運営委員会室                      │
├──────────────────────────────────────┤
│3 出席委員  吉田委員長、宇野副委員長、向出委員、上田委員、矢田委員、  │
│        粟委員、宮下登詩子委員(欠席:稲村委員)          │
│        (米田議長、藤井副議長)                  │
│        [オブザーバー:広岡議員、庄源議員、尾西議員]       │
├──────────────────────────────────────┤
│4 出席職員  山本局長以下関係職員                    │
├──────────────────────────────────────┤
│5 説明員   稲岡総務部長、山沢参事兼総務部次長、藤原財政課長      │
├──────────────────────────────────────┤
│6 会議に付した事件等                           │
│  1 平成17年第4回石川県議会定例会の運営について            │
│   (1) 提出予定案件について                       │
│   (2) 招集日について                          │
│   (3) 会期日程について                         │
│   (4) 発言通告締切日及び発言時間について                │
│   (5) 請願提出締切日について                      │
│  2 その他                               │
├──────────────────────────────────────┤
│7 議事の経過概要  別紙のとおり                     │
├──────────────────────────────────────┤
│8 特記事項                                │
└──────────────────────────────────────┘



               会 議 の 概 要

1 平成17年第4回石川県議会定例会の運営について
 (1) 提出予定案件について
 稲岡総務部長から、現在のところ予算案1件のほか人事委員会からの給与勧告に関連し、給与条例の改正条例案などを提出する予定であり、この給与条例の改正条例案については定例会初日に審議、採択してほしい旨、また、収用委員会会長の清田明夫氏、会長代理の湯澤邦夫氏及び委員の西村昭孝氏の任期が12月21日をもってそれぞれ満了することに伴う人事案件を提出する予定である旨、議案を招集日の前日までに事務局に届ける旨の発言があった。
 また、平成16年度一般会計及び12特別会計の決算認定をお願いしたい旨の発言があった。
 また、人事案件については情報管理に意を用いる旨の発言があった。
 (2) 招集日について
 稲岡総務部長から、11月29日としたい旨の発言があった。
 (3) 会期日程について
 米田議長から、会期を11月29日から12月14日までの16日間としたい旨の発言があり、配付資料のとおりの日程とすることで了承された。
 (4) 発言通告締切日及び発言時間について
 下記のとおり決定した。
・発言通告締切日  代表質問 11月29日(火)正午
          一般質問 12月2日(金)正午
・発言時間  代表質問 自民党40分、新進石川30分
       一般質問 20分
 (5) 請願提出締切日について
 11月24日(木)とすることで決定した。
2 その他
 宇野副委員長から、産業委員会能登地区視察での漁業取締船定員超過問題に関する説明がないことや、事務局側の議会運営・委員会運営で、いくつかのミスが発生している旨の指摘があり、山本事務局長から、事務局としての連携、情報提示を的確に行いたい旨の発言があった。