議事ロックス -地方議会議事録検索-


富山県 射水市

平成23年  3月 定例会 03月18日−04号




平成23年  3月 定例会 − 03月18日−04号







平成23年  3月 定例会



          平成23年3月射水市議会定例会会議録(第4日目)

議事日程(第4号)

                    平成23年3月18日(金)午後2時開議

日程第1 委員長報告(議案第1号から議案第29号まで並びに報告第1号及び報告第2号)(質疑、討論、採決)

日程第2 議員提出議案の提案理由の説明(議員提出議案第1号)(質疑、委員会付託省略、討論、採決)

日程第3 議会運営委員会及び各常任委員会の閉会中の継続審査(採決)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

日程第1から日程第3まで議事日程に同じ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議長及び副議長の氏名

    議長   梶谷幸三

    副議長  竹内美津子

議員の定数   26名

議員の現在数  26名

出席議員(26名)

     1番  渡辺宏平君      2番  澤村 理君

     3番  山崎晋次君      4番  石黒善隆君

     5番  不後 昇君      6番  菅野清人君

     7番  吉野省三君      8番  伊勢 司君

     9番  津田信人君     10番  堀 義治君

    11番  古城克實君     12番  梶谷幸三君

    13番  赤江寿美雄君    14番  奈田安弘君

    15番  高橋久和君     16番  竹内美津子君

    17番  義本幸子君     18番  高橋賢治君

    19番  中野正一君     20番  四柳 允君

    21番  小島啓子君     22番  帯刀 毅君

    23番  中川一夫君     24番  横堀大輔君

    25番  津本二三男君    26番  瀧田啓剛君

欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

説明のため出席した者

 市長         夏野元志君   副市長        泉  洋君

 教育長        結城正斉君   教育委員長      大代忠男君

 代表監査委員     石黒洋二君   市長政策室長     小井雄三君

 行政管理部長     米本 進君   市民環境部長     坂井敏政君

 福祉保健部長     松岡信昌君   産業経済部長     竹内直樹君

 都市整備部長     宮嶋 昇君   上下水道部長     西本邦郎君

 市民病院事務局長   山崎武司君   会計管理者      三川俊彦君

 監査委員事務局長   前坪 孝君   消防長        竹内三和君

 財政課長       稲垣和成君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

職務のため議場に出席した事務局職員

 議会事務局長     堺  進    次長・議事調査課長  肥田幸裕

 議事調査課課長補佐  倉敷博一    議事調査係主査    梅本雅子



△開議 午後2時00分



△開議の宣告



○議長(梶谷幸三君) 本日の出席議員数は、ただいまのところ26名であります。

 よって、会議の定足数に達しておりますので、これより会議を開きます。

 日程に入る前に、ニュージーランド地震、東北地方太平洋沖地震でお亡くなりになられました皆様方に哀悼の意を表するとともに、被災されました皆様には心よりお見舞いを申し上げます。一刻も早い東北地方太平洋沖地震の被災者の救援と被災地の復興をお祈りいたします。

 ここで、ニュージーランド地震、そして東北地方太平洋沖地震でお亡くなりになりました皆様に対しまして黙祷をささげたいと思います。御起立をお願いいたします。

 黙祷。

         〔全員起立・黙祷〕



○議長(梶谷幸三君) 黙祷を終わります。御着席をお願いいたします。

         〔全員着席〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△委員長報告(議案第1号から議案第29号まで並びに報告第1号及び報告第2号)



○議長(梶谷幸三君) これより本日の日程に入ります。本日の議事日程は、お手元に配付いたしました議事日程表のとおりであります。

 日程第1 議案第1号から議案第29号まで並びに報告第1号及び報告第2号を一括議題といたします。

 まず、各委員長から審査の報告を求めます。

 報告は、総務文教常任委員長、民生病院常任委員長、産業建設常任委員長、予算特別委員長の順でお願いをいたします。

 総務文教常任委員長。

         〔総務文教常任委員長 奈田安弘君 登壇〕



◆総務文教常任委員長(奈田安弘君) 今3月定例会で総務文教常任委員会に付託されました議案8件、報告2件について、審査の経過と結果について報告申し上げます。

 まず、議案第18号 射水市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正について申し上げます。

 これは、高度化、多様化する行政ニーズに対応できるよう、勤務時間の割り振りを柔軟にするとともに、職員の休日を確保するため、本市条例に所要の改正を行うものであり、審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第22号 射水市新湊交流会館条例の一部改正について申し上げます。

 これは、新湊交流会館の本館の管理を教育委員会から市長部局に変更するとともに、分館を放生津コミュニティセンターの一室として管理するため、本市条例に所要の改正を行うものであり、審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第24号 射水市田中消雪施設整備基金条例の廃止について申し上げます。

 これは、合併前に新湊市で定められた新規消雪整備計画に基づく事業がすべて完了したことから条例を廃止するものであり、審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第25号 字の区域の変更及び廃止について申し上げます。

 これは、県営経営体育成基盤整備事業串田地区における土地改良事業に伴う換地処分のため、字の区域を変更及び廃止するものであり、審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第26号 射水市立小杉小学校屋内運動場耐震補強及び大規模改造(建築主体)工事請負契約について申し上げます。

 これは、射水市立小杉小学校屋内運動場耐震補強及び大規模改造(建築主体)工事について請負契約を締結するものであり、審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第27号 射水市立下村小学校耐震補強及び大規模改造(建築主体)工事請負契約について申し上げます。

 これは、射水市立下村小学校耐震補強及び大規模改造(建築主体)工事について請負契約を締結するものであり、審査の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第28号 射水市立大門中学校耐震補強第?期(建築主体)工事請負契約について申し上げます。

 これは、射水市立大門中学校耐震補強第?期(建築主体)工事について請負契約を締結するものであり、審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第29号 指定管理者の指定について申し上げます。

 これは、新湊コミュニティセンターほか3館のコミュニティセンターの指定管理者に新湊地域振興会ほか3つの地域振興会をそれぞれ指定し、指定期間を平成23年4月1日から平成26年3月31日までとするものであり、審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、報告第1号 専決処分の承認を求めることについて、平成22年専決処分第8号 平成22年度射水市一般会計補正予算(第4号)及び報告第2号 専決処分の承認を求めることについて、平成23年専決処分第2号 平成22年度射水市一般会計補正予算(第5号)について申し上げます。

 これは、豪雪に伴う除雪費用等の経費を専決処分により増額補正したものであり、審査の結果、いずれも全会一致で承認すべきものと決しました。

 以上、総務文教常任委員会の報告といたします。



○議長(梶谷幸三君) 民生病院常任委員長。

         〔民生病院常任委員長 高橋久和君 登壇〕



◆民生病院常任委員長(高橋久和君) 今3月定例会で民生病院常任委員会に付託されました議案12件について、審査の経過と結果について御報告申し上げます。

 初めに、議案第2号 平成23年度射水市国民健康保険事業特別会計予算について申し上げます。

 これは、歳入歳出予算総額をそれぞれ81億7,676万4,000円とするものであります。歳入の主なものは、一般被保険者国民健康保険税、退職被保険者等国民健康保険税、国庫負担金、療養給付費等交付金、前期高齢者交付金、県補助金、共同事業交付金であり、歳出の主なものは、一般被保険者療養給付費、退職被保険者等療養給付費、高額療養費、後期高齢者支援金、共同事業拠出金であります。

 審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第3号 平成23年度射水市後期高齢者医療事業特別会計予算について申し上げます。

 これは、歳入歳出予算総額をそれぞれ16億8,057万円とするものであります。歳入の主なものは、後期高齢者医療保険料、一般会計繰入金であり、歳出の主なものは、後期高齢者医療広域連合納付金であります。

 審査の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第4号 平成23年度射水市墓苑事業特別会計予算について申し上げます。

 これは、歳入歳出予算の総額をそれぞれ3,515万9,000円とするものであります。歳入の主なものは、土地貸付収入、墓地使用料、墓苑事業基金繰入金であり、歳出の主なものは、地方債償還金、墓苑管理費であります。

 審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第5号 平成23年度射水市介護保険事業特別会計予算について申し上げます。

 これは、予算総額を74億1,592万1,000円とするものであり、歳入の主なものは、被保険者が納める保険料や国・県からの介護給付費負担金、支払基金交付金などであります。歳出の主なものは、要介護認定者及び要支援者に対する介護サービス給付費のほか、介護予防事業の実施のための事業費などであり、審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第10号 平成23年度射水市病院事業会計予算について申し上げます。

 これは、予算総額を46億813万8,000円とするものであり、収入の主なものは、医業収益のほか、一般会計繰入金などであります。支出の主なものは、医業費用や企業債償還金などであり、審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第12号 平成22年度射水市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)について申し上げます。

 これは、歳入歳出からそれぞれ1億8,818万4,000円を減額し、予算総額を81億9,024万円とするものであります。歳入については、一般被保険者国民健康保険税、国庫負担金、共同事業交付金などを減額する一方、前期高齢者交付金、一般会計繰入金などを増額するものであり、歳出については、後期高齢者支援金、共同事業拠出金等を減額する一方、一般被保険者療養給付費、退職被保険者等療養給付費等を増額するものであります。

 審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第13号 平成22年度射水市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第3号)について申し上げます。

 これは、歳入歳出からそれぞれ5,430万6,000円を減額し、予算総額を16億4,304万1,000円とするものであります。歳入については、後期高齢者医療保険料を減額する一方、一般会計繰入金などを増額するものであり、歳出については、後期高齢者医療広域連合納付金などを減額するものであります。

 審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第14号 平成22年度射水市墓苑事業特別会計補正予算(第1号)について申し上げます。

 これは、歳入歳出予算総額の変更はありませんが、歳入について、土地貸付収入を減額し、一般会計繰入金を増額するものであります。

 審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第15号 平成22年度射水市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)について申し上げます。

 これは、歳入歳出にそれぞれ2億5,167万1,000円を増額し、その予算総額を72億1,051万2,000円とするものであります。

 歳入では、保険料を減額する一方、国・県支出金や支払基金交付金、繰入金などを増額するものであり、歳出では、保険給付費などを増額するものであります。

 審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第19号 射水市手数料条例の一部改正について申し上げます。

 これは、住民基本台帳ネットワークシステムを利用し交付されている住民基本台帳カードの交付に関する事務の手数料を無料とする期間について、市民の負担の軽減と住民基本台帳カード普及促進の観点から無料期間を延長するため、本市条例について所要の改正を行うものであり、審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第20号 射水市が設置する一般廃棄物処理施設に係る生活環境影響調査結果の縦覧等の手続に関する条例の一部改正について申し上げます。

 これは、廃棄物の処理及び清掃に関する法律の一部を改正する法律が平成23年4月1日から施行されることに伴い、本市条例について所要の改正を行うものであり、審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第21号 射水市立保育園条例の一部改正について申し上げます。

 これは、社会福祉法人鷹寺福祉会が新たに開設する保育園に、射水市立太閤山保育園の園児が受け入れられることになったことから、当該保育園を廃止するため、本市条例について所要の改正を行うものであり、審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上、民生病院常任委員会の報告といたします。



○議長(梶谷幸三君) 産業建設常任委員長。

         〔産業建設常任委員長 赤江寿美雄君 登壇〕



◆産業建設常任委員長(赤江寿美雄君) 今3月定例会で産業建設常任委員会に付託されました議案7件ついて、審査の経過と結果を御報告申し上げます。

 まず、議案第6号 平成23年度射水市企業団地造成事業特別会計予算について申し上げます。

 これは、予算総額を歳入歳出それぞれ7,470万1,000円とするものであります。歳入は一般会計繰入金であり、歳出の主なものは、公債費元利償還金、企業団地管理事業費などであります。

 審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第7号 平成23年度射水市水道事業会計予算について申し上げます。

 これは、支出予算総額を36億2,030万6,000円とするものであり、業務の予定量としては、給水栓の数が3万4,147栓、年間の総配水量が1,129万立方メートルであります。収入としては、水道料金や加入金などの水道事業収益、企業債や工事負担金などの資本的収入であります。支出としては、原水及び浄水費や減価償却費などの水道事業費用、建設改良費や企業債償還金などの資本的支出であり、審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第8号 平成23年度射水市下水道事業特別会計予算について申し上げます。

 これは、予算総額を歳入歳出それぞれ42億2,250万6,000円とするものであります。歳入の主なものは、下水道使用料や一般会計繰入金などであり、歳出の主なものは、下水道管理費、下水道整備費、公債費などであります。

 審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第9号 平成23年度射水市農業集落排水事業特別会計予算について申し上げます。

 これは、予算総額を歳入歳出それぞれ3億9,694万3,000円とするものであります。歳入の主なものは、使用料や一般会計繰入金であり、歳出の主なものは、農業集落排水事業管理費、公債費などであります。

 審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第16号 平成22年度射水市下水道事業特別会計補正予算(第4号)について申し上げます。

 これは、歳入歳出総額にそれぞれ1億4,374万円を増額し、予算総額を45億4,040万8,000円とするものであります。歳入では市債、雑入などを増額する一方、一般会計繰入金を減額し、歳出では下水道管理費、下水道整備費を増額する一方、流域下水道事業費を減額するものであります。

 審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第17号 平成22年度射水市農業集落排水事業特別会計補正予算(第4号)について申し上げます。

 これは、歳入歳出総額からそれぞれ1,100万円を減額し、予算総額を4億1,538万3,000円とするものであります。歳入では分担金及び一般会計繰入金を減額し、歳出では農業集落排水事業管理費を減額するものであります。

 審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第23号 射水市農業委員会の選挙による委員の定数条例の一部改正について申し上げます。

 これは、選挙による農業委員の定数を25人から20人へと変更するため、本市条例に所要の改正を行おうとするものであります。

 審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上、産業建設常任委員会の報告といたします。



○議長(梶谷幸三君) 予算特別委員長。

         〔予算特別委員長 堀 義治君 登壇〕



◆予算特別委員長(堀義治君) 今3月定例会で予算特別委員会に付託されました議案2件について、審査の経過と結果について申し上げます。

 まず、議案第1号 平成23年度射水市一般会計予算について申し上げます。

 平成23年度当初予算は、総額363億1,825万9,000円となるものであります。平成22年度当初予算と比較すると、4億1,848万5,000円、1.1%の減となりましたが、主な要因は、学校給食センター整備事業が完了するほか、小学校の大規模改造事業を前倒しで実施いたしたためであります。

 本市の財政状況は、雇用対策、地域資源活用推進費などが別枠で加算されたことから、地方交付税の増額は見込めないものの、長引く景気の低迷により市税収入が低い水準で推移しており、引き続き一般財源の確保は厳しい状況であります。

 一方、歳出については、人件費が減少しているものの、扶助費や社会保障費、公債費の増加によって経常的な財源不足となっています。このことから予算案は、市民生活の喫緊の課題である経済、雇用対策、安全・安心なまちづくりを最優先に考え、施策の選択と集中を図りながら、限られた財源を重点的、効率的に配分した編成となっています。

 それでは、審査の経過を申し上げます。

 3月9日に予算の説明を受け、翌10日と17日に質疑を行いました。質疑においては、庁舎整備関連では、未利用地と庁舎敷地の活用について地元と十分に話し合いながら進めていくと答弁されました。また、資源再利用推進報奨金の単価引き下げに対して再考を促す意見や、小・中学校の統合については慎重に進めるようにという意見もありました。小学校の校舎整備に係る給食室の整備方針の一部変更については、現在整備中の下村小学校や今後整備をする大島小学校などへの影響について多くの質疑がありました。子ども手当法案の行方についても、6月支給に間に合うのかという質疑については、想定される事態には対応できるとの答弁でした。先日、東北地方太平洋沖地震に関して、市の支援体制や今後の方針について積極的な支援を望む意見や具体的な支援策が提言されました。さらに、将来的に交付税や合併特例事業債への影響を懸念する意見もありました。市単独の補助金について、合併時からの推移と各交付団体との綿密な連携を求める意見も出されました。

 こうした質疑を踏まえて、3月17日の委員会において採決を行い、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第11号 平成22年度射水市一般会計補正予算(第6号)について申し上げます。

 これは、歳入歳出にそれぞれ2億2,901万5,000円を追加し、予算総額を401億3,371万2,000円とするものであります。国の補正予算に計上された、地域活性化交付金「きめ細かな交付金」「住民生活に光をそそぐ交付金」を活用した事業や東明小学校、下村小学校のグラウンド改修に係る実施設計と工事に要する経費を計上するほか、各事業費の確定及び諸経費の年度内所要見込額の算定に基づくものであります。

 それでは、審査の経過を申し上げます。

 審査は、3月9日に説明と質疑を行いました。質疑では、雇用創出関係補助金の減額について、受け入れ企業とのマッチングに精査を求める意見や、債務負担行為で補正されたコミュニティセンターの指定管理に関して慎重を期する意見、年度末の財政状況に関する質疑などがありました。

 審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上、予算特別委員会の報告といたします。



○議長(梶谷幸三君) 以上で各委員長の報告が終わりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△質疑



○議長(梶谷幸三君) これより委員長報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。

         〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(梶谷幸三君) 質疑なしと認め、これにて質疑を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△討論



○議長(梶谷幸三君) これより討論に入ります。討論の通告がありますので、発言を許します。

 津本二三男君。

         〔25番 津本二三男君 登壇〕



◆25番(津本二三男君) 津本二三男でございます。

 私は、議案第1号 平成23年度射水市一般会計予算、議案第3号 平成23年度射水市後期高齢者医療事業特別会計予算、議案第29号 指定管理者の指定について、この3議案について反対の立場から討論いたします。

 新年度の予算は、学校給食を単独調理方式で行う方向で大島小学校の整備に着手するなど、積極的な面は少なくないと私は考えております。しかし、以下の点において見過ごすことができない予算だとも考えております。

 その第1は、新たな統合庁舎の建設を進めようとしている点でございます。庁舎建設基本設計等として2,567万8,000円が計上されておりますが、これは大島中央公園敷地において新たに統合庁舎を整備するためのものと説明されています。私は庁舎問題について、ほとんどの庁舎が老朽化する数十年後には一つの統合庁舎に移行していくこととして、当座は新たな庁舎を建設するのではなく、まだ使える既存の庁舎、あるいは既存の公共施設を活用していく、こういった方向がよいと考えております。これは人口減少期の中で既存市街地を維持活性化していくまちづくりの観点から、また各地域の共感を大事にし、射水市民としての一体感の醸成を大事に進めていくという観点からも、そう考えております。

 なお、新庁舎建設が推進されている理由の一つとして合併特例債があります。この合併特例債は、射水市にとっては有利な借金であります。しかし、将来の射水市民と国民がともに背負っていく借金という点では、通常の借金と基本は変わりません。市民の中には、この合併特例債についてもいろいろな意見がございます。その中で、今でも税金の負担は重い、使わないで済むものなら使わないでほしいという意見が広く聞かれます。私も同じように考えております。

 見過ごすことができない第2は、市民協働の進め方でございます。地域振興会がかかわる市民協働は、対等のパートナーとしての原則、地域の自発性の原則が極めて重要だと私は考えております。そして、そのためにはそれを保証する、あるいは担保する条例が不可欠だと考えております。こういった点があいまいなまま、コミュニティセンターの指定管理や金山地区学童保育の市民協働化が進められようとしております。金山地区学童保育については、地元地域からの自発性から具体化してきたのではなく、市が地域に要請して具体化してきたものと理解しております。なお、コミュニティセンターの指定管理については、議会でも議論になったように、市全体としてコミュニティセンターとしての経験が全くない段階での指定管理という点でも、問題点があると思っております。

 第3は、地域経済活性化の視点が弱いということでございます。地域経済の活性化は、市民の暮らしを守る上で重要な課題となっております。しかし、今回の予算では、いみず元気にせんまい券事業などはありますが、まだまだ産業経済部という狭い取り組みになっており、市全体の取り組みになっているとは思えません。

 第4は、事務事業の見直しの中に納得のできない事業の後退がある点でございます。資源回収報奨金は1キログラム当たり3円から2.5円に切り下げ、薬勝寺池フナ釣り大会補助金の廃止などは、私は納得できません。

 第5は、後期高齢者医療制度でありますが、高齢者に負担増と差別医療を招くものであり、私は早急に廃止されるべきものと考えております。

 以上の点から、議案第1号、議案第3号、議案第29号に反対するものでございます。

 以上で私の討論といたします。



○議長(梶谷幸三君) これにて討論を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△表決



○議長(梶谷幸三君) これより採決に入ります。

 まず、議案第1号 平成23年度射水市一般会計予算を採決いたします。

 本案に対する予算特別委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(梶谷幸三君) 挙手多数であります。

 よって、議案第1号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第2号 平成23年度射水市国民健康保険事業特別会計予算を採決いたします。

 本案に対する民生病院常任委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(梶谷幸三君) 挙手全員であります。

 よって、議案第2号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第3号 平成23年度射水市後期高齢者医療事業特別会計予算を採決いたします。

 本案に対する民生病院常任委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(梶谷幸三君) 挙手多数であります。

 よって、議案第3号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第4号 平成23年度射水市墓苑事業特別会計予算を採決いたします。

 本案に対する民生病院常任委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(梶谷幸三君) 挙手全員であります。

 よって、議案第4号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第5号 平成23年度射水市介護保険事業特別会計予算を採決いたします。

 本案に対する民生病院常任委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(梶谷幸三君) 挙手全員であります。

 よって、議案第5号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第6号 平成23年度射水市企業団地造成事業特別会計予算を採決いたします。

 本案に対する産業建設常任委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(梶谷幸三君) 挙手全員であります。

 よって、議案第6号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第7号 平成23年度射水市水道事業会計予算を採決いたします。

 本案に対する産業建設常任委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(梶谷幸三君) 挙手全員であります。

 よって、議案第7号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第8号 平成23年度射水市下水道事業特別会計予算を採決いたします。

 本案に対する産業建設常任委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(梶谷幸三君) 挙手全員であります。

 よって、議案第8号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第9号 平成23年度射水市農業集落排水事業特別会計予算を採決いたします。

 本案に対する産業建設常任委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(梶谷幸三君) 挙手全員であります。

 よって、議案第9号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第10号 平成23年度射水市病院事業会計予算を採決いたします。

 本案に対する民生病院常任委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(梶谷幸三君) 挙手全員であります。

 よって、議案第10号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第11号 平成22年度射水市一般会計補正予算(第6号)を採決いたします。

 本案に対する予算特別委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(梶谷幸三君) 挙手全員であります。

 よって、議案第11号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第12号 平成22年度射水市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)を採決いたします。

 本案に対する民生病院常任委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(梶谷幸三君) 挙手全員であります。

 よって、議案第12号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第13号 平成22年度射水市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第3号)を採決いたします。

 本案に対する民生病院常任委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(梶谷幸三君) 挙手全員であります。

 よって、議案第13号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第14号 平成22年度射水市墓苑事業特別会計補正予算(第1号)を採決いたします。

 本案に対する民生病院常任委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(梶谷幸三君) 挙手全員であります。

 よって、議案第14号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第15号 平成22年度射水市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)を採決いたします。

 本案に対する民生病院常任委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(梶谷幸三君) 挙手全員であります。

 よって、議案第15号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第16号 平成22年度射水市下水道事業特別会計補正予算(第4号)を採決いたします。

 本案に対する産業建設常任委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(梶谷幸三君) 挙手全員であります。

 よって、議案第16号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第17号 平成22年度射水市農業集落排水事業特別会計補正予算(第4号)を採決いたします。

 本案に対する産業建設常任委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(梶谷幸三君) 挙手全員であります。

 よって、議案第17号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第18号 射水市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正についてから議案第26号 射水市立小杉小学校屋内運動場耐震補強及び大規模改造(建築主体)工事請負契約についてまでを一括して採決いたします。

 本案に対する各常任委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(梶谷幸三君) 挙手全員であります。

 よって、議案第18号から議案第26号までは原案のとおり可決されました。

 次に、議案第27号 射水市立下村小学校耐震補強及び大規模改造(建築主体)工事請負契約についてを採決いたします。

 本案に対する総務文教常任委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(梶谷幸三君) 挙手全員であります。

 よって、議案第27号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第28号 射水市立大門中学校耐震補強第?期(建築主体)工事請負契約についてを採決いたします。

 本案に対する総務文教常任委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(梶谷幸三君) 挙手全員であります。

 よって、議案第28号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第29号 指定管理者の指定についてを採決いたします。

 本案に対する総務文教常任委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(梶谷幸三君) 挙手多数であります。

 よって、議案第29号は原案のとおり可決されました。

 次に、報告第1号 専決処分の承認を求めることについて、平成22年専決処分第8号 平成22年度射水市一般会計補正予算(第4号)及び報告第2号 専決処分の承認を求めることについて、平成23年専決処分第2号 平成22年度射水市一般会計補正予算(第5号)を一括して採決いたします。

 本案に対する総務文教常任委員長の報告は承認であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(梶谷幸三君) 挙手全員であります。

 よって、報告第1号及び報告第2号は承認されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議員提出議案の提案理由の説明(議員提出議案第1号)



○議長(梶谷幸三君) 次に、日程第2 議員提出議案第1号を議題といたします。

 議員提出議案第1号 「自立支援医療」に係る低所得世帯(市町村民税非課税世帯)の利用者負担の無料化を求める意見書について、提出者、高橋久和君から提案理由の説明を求めます。

 高橋久和君。

         〔15番 高橋久和君 登壇〕



◆15番(高橋久和君) 

 議員提出議案第1号

     「自立支援医療」に係る低所得世帯(市町村民税非課税世帯)の利用者負担の無料化を求める意見書

 射水市議会会議規則第14条の規定により別紙のとおり提出する。

  平成23年3月18日 提出

                       提出者 射水市議会議員 瀧田啓剛

                                 〃  吉野省三

                                 〃  伊勢 司

                                 〃  堀 義治

                                 〃  奈田安弘

                                 〃  中野正一

                                 〃  高橋久和

 提出者を代表して案文を読み上げ、提案理由の説明にかえさせていただきます。

  自立支援医療に係る低所得世帯(市町村民税非課税世帯)の利用者負担の無料化を求める意見書

 平成18年に施行された障害者自立支援法に係る利用者負担については、数次にわたる国の対策により、低所得世帯(市町村民税非課税世帯)を中心とした負担限度額の引き下げが行われ、軽減が図られてきたところである。

 さらに、昨年4月から低所得世帯の障害者及び障害児の保護者に対しては、障害者自立支援法及び児童福祉法による障害福祉サービス及び補装具に係る利用者負担を無料とする措置が講じられたところである。

 しかしながら、自立支援医療に係る利用者負担は当面の課題とされ、低所得世帯の障害者及び障害児の保護者は、引き続き利用者負担を求められており、早急に改善が臨まれている。

 よって、国会及び政府におかれては、「自立支援医療」においても、障害福祉サービスと同様に低所得世帯の利用者負担の無料化を早急に実現されるよう強く要望する。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

  平成23年3月18日

                                  射水市議会



○議長(梶谷幸三君) 以上で提案理由の説明が終わりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△質疑



○議長(梶谷幸三君) これより質疑に入ります。質疑ありませんか。

         〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(梶谷幸三君) 質疑なしと認め、これにて質疑を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△委員会付託の省略



○議長(梶谷幸三君) お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議員提出議案第1号については、会議規則第37条第3項の規定により委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(梶谷幸三君) 御異議なしと認めます。

 よって、議員提出議案第1号は、委員会付託を省略することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△討論



○議長(梶谷幸三君) これより討論に入ります。討論ありませんか。

         〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(梶谷幸三君) 討論なしと認め、これにて討論を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△表決



○議長(梶谷幸三君) これより議員提出議案第1号 「自立支援医療」に係る低所得世帯(市町村民税非課税世帯)の利用者負担の無料化を求める意見書を採決いたします。

 本案を原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(梶谷幸三君) 挙手全員であります。

 よって、議員提出議案第1号は原案のとおり可決されました。

 なお、ただいま可決されました意見書につきましては、字句の訂正、提出先などの取り扱いについては、議長に御一任を願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議会運営委員会及び各常任委員会の閉会中の継続審査



○議長(梶谷幸三君) 次に、日程第3 議会運営委員会及び各常任委員会の閉会中の継続審査についてを議題といたします。

 各委員長から会議規則第104条の規定により、お手元に配付してあります申し出一覧のとおり、閉会中の継続審査の申し出があります。

 お諮りいたします。

 各委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することに御異議ありませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(梶谷幸三君) 御異議なしと認めます。

 よって、各委員長から申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することに決しました。

          閉会中継続審査事件の申し出一覧



委員会名
件名


議会運営
1 議会の運営に関することについて
2 議会の会議規則、委員会条例等に関することについて
3 議長の諮問に関することについて


総務文教
1 行財政の効率的執行について
2 市政の重要施策の推進について
3 土地利用の基本計画について
4 防災対策について
5 学校教育の充実と教育環境の整備について
6 生涯学習の振興及び体育・スポーツ、芸術・文化施策の推進について
7 消防対策について
8 その他総務文教所管に関することについて


民生病院
1 市税の賦課、徴収について
2 国民健康保険事業及び老人保健医療事業について
3 後期高齢者医療事業について
4 総合交通対策について
5 環境保全、環境衛生対策の促進について
6 高齢者、児童・ひとり親家庭等の福祉対策の促進について
7 障害者(児)の福祉対策の促進について
8 介護保険事業について
9 健康増進対策の推進について
10 市民病院事業について
11 その他民生病院所管に関することについて


産業建設
1 港湾の整備促進について
2 商工業の振興対策について
3 観光事業の推進について
4 農業及び水産業の振興育成について
5 地域開発事業について
6 新幹線の整備推進について
7 河川、水利及び水防について
8 都市公園緑地等について
9 道路、都市計画事業の促進について
10 住宅対策について
11 上下水道事業について
12 その他産業建設所管に関することについて



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△市長のあいさつ



○議長(梶谷幸三君) 次に、市長から発言の申し出がありますので、許可いたします。

 夏野市長。

         〔市長 夏野元志君 登壇〕



◎市長(夏野元志君) お許しをいただきましたので、一言ごあいさつを申し上げます。

 議員各位には、去る3月2日の開会以来、本定例会におきまして、本会議並びに各委員会を通じて慎重審議を尽くしていただき、心から感謝を申し上げます。

 おかげをもちまして、先ほど平成23年度予算案及び平成22年度補正予算案並びに条例、その他の議案等についてそれぞれ議決を賜り、厚く御礼を申し上げます。

 本定例会の中では、将来の射水市にとっても大きな分岐点となるような重要案件が多くありましたが、議員各位から賜りました貴重な御意見を真摯に受けとめ、今後の予算執行を初め市政運営に全力を挙げて取り組んでまいる所存であります。

 また、先月のニュージーランドでの大地震や今議会中に発生したマグニチュード9.0という過去に例を見ない国内最大規模の東北地方太平洋沖地震など、射水市の方を初め多くの方々が被災され、お亡くなりになられました。改めまして犠牲となられた方々の御冥福をお祈り申し上げ、被災された方々へのお見舞いを申し上げますとともに、被災地の一刻も早い復興を祈念しております。射水市としても、引き続き復興に向け、できるだけの支援をしてまいりたいと考えております。

 さて、議会冒頭でも申し上げましたが、平成23年度は合併から5年が経過し、合併特例期間の折り返しを迎えます。そして、いよいよこの4月1日からは公民館がコミュニティセンター化され、地域振興会を中心とした市民協働の拠点がスタートいたします。今後、市といたしましても、行政で行うこと、市民協働で行うこと、民間委託するものといった役割分担を明確にしながら、行財政改革をさらに推進してまいります。

 10年、20年後の射水市の発展を見据え、幅広い視野に立ち、鋭意努めてまいりますので、議員各位、そして市民の皆様の御協力を心からお願いするものであります。

 ここ数日、雪模様の日が続きましたが、庄川の堤防沿いの斜面にはフキノトウが顔を出すなど、春の気配が日一日と近づいているようです。まだまだ肌寒い日もあると思いますが、皆様には健康に十分留意されますようお祈り申し上げまして、ごあいさつといたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会の宣告



○議長(梶谷幸三君) 以上をもちまして、今定例会に付議されました案件はすべて議了いたしました。

 議員各位には会期中、終始熱心にかつ慎重な御審議をいただき、厚く御礼を申し上げます。

 これをもちまして、平成23年3月射水市議会定例会を閉会いたします。

 大変御苦労さまでございました。



△閉会 午後3時01分

地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

 平成  年  月  日

        射水市議会議長   梶谷幸三

        射水市議会副議長  竹内美津子

        射水市議会議員   伊勢 司

        射水市議会議員   義本幸子

        射水市議会議員   瀧田啓剛