議事ロックス -地方議会議事録検索-


富山県 射水市

平成22年 11月 臨時会 11月29日−01号




平成22年 11月 臨時会 − 11月29日−01号







平成22年 11月 臨時会



          平成22年11月射水市議会臨時会会議録(第1日目)

議事日程(第1号)

                  平成22年11月29日(月)午前10時開議

日程第1 会議録署名議員の指名

日程第2 会期の決定

日程第3 市長の提案理由の説明(議案第63号及び報告第7号)(質疑)

日程第4 議案の委員会付託(議案第63号)

日程第5 委員長報告(議案第63号)(質疑、討論、採決)

日程第6 常任委員会委員の所属変更

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

日程第1から日程第5まで議事日程に同じ

追加日程1 議長の辞職

追加日程2 議長の選挙

追加日程3 副議長の辞職

追加日程4 副議長の選挙

追加日程5 富山県後期高齢者医療広域連合議会議員の補欠選挙

追加日程6 議会運営委員会委員の辞任及び選任

日程第6議事日程に同じ

追加日程7 市長の提案理由の説明(同意第3号)(質疑、委員会付託の省略、採決)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議長及び副議長の氏名

    (新)議長   梶谷幸三

    (旧)議長   四柳 允

    (新)副議長  竹内美津子

    (旧)副議長  高橋賢治

議員の定数   26名

議員の現在数  26名

出席議員(26名)

     1番  渡辺宏平君      2番  澤村 理君

     3番  山崎晋次君      4番  石黒善隆君

     5番  不後 昇君      6番  菅野清人君

     7番  吉野省三君      8番  伊勢 司君

     9番  津田信人君     10番  堀 義治君

    11番  古城克實君     12番  梶谷幸三君

    13番  赤江寿美雄君    14番  奈田安弘君

    15番  高橋久和君     16番  竹内美津子君

    17番  義本幸子君     18番  高橋賢治君

    19番  中野正一君     20番  四柳 允君

    21番  小島啓子君     22番  帯刀 毅君

    23番  中川一夫君     24番  横堀大輔君

    25番  津本二三男君    26番  瀧田啓剛君

欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

説明のため出席した者

 市長         夏野元志君   副市長        泉  洋君

 教育長        結城正斉君   教育委員長      大代忠男君

 代表監査委員     石黒洋二君   市長政策室長     小井雄三君

 行政管理部長     米本 進君   市民環境部長     坂井敏政君

 福祉保健部長     松岡信昌君   産業経済部長     竹内直樹君

 都市整備部長     宮嶋 昇君   上下水道部長     西本邦郎君

 市民病院事務局長   山崎武司君   会計管理者      三川俊彦君

 監査委員事務局長   前坪 孝君   消防長        竹内三和君

 財政課長       稲垣和成君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

職務のため議場に出席した事務局職員

 議会事務局長     堺  進    次長・議事調査課長  肥田幸裕

 議事調査課課長補佐  倉敷博一    議事調査係主査    梅本雅子

 議事調査係主任    三浦広充



△開会 午前10時00分



△開会の宣告



○議長(四柳允君) ただいまから平成22年11月射水市議会臨時会を開会いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議の宣告



○議長(四柳允君) 本日の出席議員数はただいまのところ26名であります。

 よって、会議の定足数に達しておりますので、本日の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諸般の報告



○議長(四柳允君) 日程に入る前に諸般の報告をいたします。

 去る10月8日に東京小杉会の総会に出席し、懇親を深めてまいりました。

 次に、11月9日に全国市議会議長会評議員会、また25日には自治体病院全国大会「地域医療再生フォーラム」が、それぞれ東京都で開催され、出席してまいりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名



○議長(四柳允君) これより本日の日程に入ります。

 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付してあります日程表のとおりであります。

 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において

  菅野清人君

  奈田安弘君

  横堀大輔君

 を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会期の決定



○議長(四柳允君) 次に、日程第2 会期の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。

 本臨時会の会期は、本日1日といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(四柳允君) 御異議なしと認めます。

 よって、会期は本日1日と決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△市長の提案理由の説明・質疑(議案第63号及び報告第16号)



○議長(四柳允君) 次に、日程第3 議案第63号 射水市職員の給与に関する条例等の一部改正について及び報告第16号 専決処分の報告についてを議題とし、市長から提案理由の説明を求めます。

 夏野市長。

         〔市長 夏野元志君 登壇〕



◎市長(夏野元志君) 本日、ここに11月射水市議会臨時会を招集いたしましたところ、各位には御多用にもかかわらず御参集を賜り、厚くお礼申し上げます。

 本日付議しております案件について御説明申し上げます。

 議案第63号 射水市職員の給与に関する条例等の一部改正については、人事院勧告並びに国及び他の地方公共団体の状況を勘案して、本市職員の給与等を改定するため、関係条例について所要の改正を行おうとするものであります。

 次に、報告第16号につきましては、地方自治法第180条第1項の規定により、議会において指定されました事項について専決処分をいたしましたので、これを報告するものであります。

 以上、何とぞ慎重審議の上、議決賜りますようお願い申し上げます。



○議長(四柳允君) 以上で市長の提案理由の説明が終わりました。

 これより議案に対する質疑に入ります。

 質疑ありませんか。

         〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(四柳允君) 質疑なしと認めます。

 よって、これにて質疑を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案の委員会付託(議案第63号)



○議長(四柳允君) 次に、日程第4 議案の委員会付託を行います。

 議案第63号については、総務文教常任委員会に付託いたします。

 なお、念のため申し上げます。報告第16号は議決事項ではないため、委員会付託を省略いたしますので御了承願います。

 ここで、全員協議会及び総務文教常任委員会開催のため、暫時休憩いたします。



△休憩 午前10時05分



△再開 午前10時45分



○議長(四柳允君) ただいまの出席議員数は会議の定足数に達しております。

 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△委員長報告(議案第63号)



○議長(四柳允君) 日程第5 議案第63号を議題といたします。

 総務文教常任委員長から審査の報告を求めます。

 総務文教常任委員長。

         〔総務文教常任委員長 吉野省三君 登壇〕



◆総務文教常任委員長(吉野省三君) 今11月臨時会で総務文教常任委員会に付託されました議案1件について、審査の経過と結果について報告申し上げます。

 議案第63号 射水市職員の給与に関する条例等の一部改正について申し上げます。

 これは、人事院勧告並びに国及び他の地方公共団体の状況を勘案して、本市職員の給与等について所要の改正を行うものであり、審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上、総務文教常任委員会の報告といたします。



○議長(四柳允君) 以上で委員長の報告が終わりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△質疑



○議長(四柳允君) これより委員長報告に対する質疑に入ります。質疑ありませんか。

         〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(四柳允君) 質疑なしと認め、これにて質疑を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△討論



○議長(四柳允君) これより討論に入ります。討論ありませんか。

         〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(四柳允君) 討論なしと認め、これにて討論を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△表決



○議長(四柳允君) これより採決に入ります。

 議案第63号 射水市職員の給与に関する条例等の一部改正についてを採決いたします。

 本案に対する総務文教常任委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(四柳允君) 挙手多数であります。

 よって、議案第63号は原案のとおり可決されました。

 ここで、暫時休憩いたします。



△休憩 午前10時49分



△再開 午後2時10分



○副議長(高橋賢治君) ただいまの出席議員数は会議の定足数に達しております。

 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加



○副議長(高橋賢治君) ただいま議長四柳 允君から議長の辞職願が提出されました。

 お諮りいたします。

 この際、四柳 允君の議長辞職の件を日程に追加し、議題とすることに御異議ありませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(高橋賢治君) 御異議なしと認めます。

 よって、この際、議長辞職の件を日程に追加し、議題といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議長の辞職



○副議長(高橋賢治君) まず、議長の辞職願を事務局職員に朗読させます。



◎議会事務局長(堺進君) それでは、読み上げさせていただきます。

                               平成22年11月29日

 射水市議会副議長 高橋賢治殿

                           射水市議会議長 四柳 允

               辞職願

 このたび都合により議長を辞職いたしたく許可されるよう願い出ます。

 以上であります。



○副議長(高橋賢治君) 以上のとおりであります。

 お諮りいたします。

 四柳 允君の議長辞職を許可することに御異議ありませんか。

         〔「異議なし」「異議あり」と呼ぶ者あり〕



○副議長(高橋賢治君) 御異議がありますので、採決をいたします。

 この採決は挙手により行います。

 お諮りいたします。

 四柳 允君の議長辞職を許可することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○副議長(高橋賢治君) 挙手多数であります。

 よって、四柳 允君の議長辞職を許可することに決しました。

 四柳 允君から発言の申し出がありますので、これを許可いたします。

 四柳 允君。

         〔20番 四柳 允君 登壇〕



◆20番(四柳允君) 議長退任に当たり、一言ごあいさつを申し上げます。

 昨年11月30日の議会において、議員各位の温かい御推挙により、射水市第5代目の議長に就任させていただきました。私は、就任当初から議会の円満な一致結束のもと、夏野新市政をしっかりと支え、車の両輪として、発展する射水市のために尽力をしてまいりました。特に、3月までは副市長、教育長不在の中、夏野市長も大変な御苦労があったかとは思いますが、議員各位の大きな協力のもとで、ともに市政運営を支え合って、助け合ってこられたものと思っております。

 これからは一議員として引き続き市民福祉の向上、市政の発展に努めてまいりたいと思いますが、議員各位、そして夏野市長を初めとする当局の皆さん、何よりも市民の皆様のこれまでに引き続き温かい御指導、御鞭撻、御協力を心からお願いを申し上げまして、退任のごあいさつにかえさせていただきます。

 本当にありがとうございました。

         〔拍手〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加



○副議長(高橋賢治君) ただいま議長が欠員となりました。

 お諮りいたします。

 この際、議長の選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思います。これに御異議ありませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(高橋賢治君) 御異議なしと認めます。

 よって、議長の選挙を日程に追加し、選挙を行います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議長の選挙



○副議長(高橋賢治君) お諮りいたします。

 選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思います。これに御異議ありませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(高橋賢治君) 御異議なしと認めます。

 よって、選挙の方法は指名推選とすることに決しました。

 お諮りいたします。

 指名の方法については、議長において指名することにいたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(高橋賢治君) 御異議なしと認めます。

 よって、議長において指名いたします。

 射水市議会議長に梶谷幸三君を指名いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議長において指名いたしました梶谷幸三君を射水市議会議長の当選人と定めることに御異議ありませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(高橋賢治君) 御異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名をいたしました梶谷幸三君が射水市議会議長に当選されました。

 ただいま議長に当選されました梶谷幸三君が議場におられますので、会議規則第32条第2項の規定により本席から告知をいたします。

 それでは、議長に当選されました梶谷幸三君から就任のごあいさつがあります。

 梶谷幸三君。

         〔12番 梶谷幸三君 登壇〕



◆12番(梶谷幸三君) 一言、ごあいさつを申し上げます。

 ただいま議長選挙におきまして、議員の皆様方からの御推挙をいただきまして射水市議会議長に就任させていただきました。この重職をいただきまして、まことに身に余る光栄に存ずるとともに、この重責を考えたときに身の引き締まる思いでおります。

 まことに浅学非才で短所の多い私でありますが、いただきましたこの重責に議員の皆様方を初め、市当局、そしてまた市民の皆様方の御叱正と、そしてまた御指導、御鞭撻を切にお願いを申し上げる次第でございます。

 このいただきました重責を誠心誠意、無私の心で公明に、そして公正に公平に議会がスムーズに動きますように、市当局とともに車の両輪となってこの議会の使命と、そしてまた射水市民の皆様方の福祉の向上、射水市の限りない発展を目指しまして、粉骨砕身、努力をいたす覚悟でおります。

 どうか重ねて皆様方のお力添え、御指導、御鞭撻を切にお願いを申し上げまして、簡単ではありますが議長就任の言葉とさせていただきます。

 大変、どうもありがとうございました。

         〔拍手〕



○副議長(高橋賢治君) 梶谷議長、議長席にお着きを願います。

         〔副議長退席、議長着席〕



○議長(梶谷幸三君) それでは、ここで暫時休憩をいたします。



△休憩 午後2時22分



△再開 午後2時45分



○議長(梶谷幸三君) ただいまの出席議員数は会議の定足数に達しております。

 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加



○議長(梶谷幸三君) ただいま副議長高橋賢治君から副議長の辞職願が提出されております。

 お諮りいたします。

 この際、高橋賢治君の副議長辞職の件を日程に追加し、議題とすることに御異議ありませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(梶谷幸三君) 御異議なしと認めます。

 よって、この際、高橋賢治君の副議長辞職の件を日程に追加し、議題といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△副議長の辞職



○議長(梶谷幸三君) まず、副議長の辞職願を事務局職員に朗読させます。



◎議会事務局長(堺進君) それでは、読み上げさせていただきます。

                               平成22年11月29日

 射水市議会議長 梶谷幸三殿

                          射水市議会副議長 高橋賢治

               辞職願

 このたび都合により副議長を辞職いたしたく許可されるよう願い出ます。

 以上であります。



○議長(梶谷幸三君) 以上のとおりであります。

 お諮りいたします。

 高橋賢治君の副議長辞職を許可することに御異議ありませんか。

         〔「異議なし」「異議あり」と呼ぶ者あり〕



○議長(梶谷幸三君) 御異議がありますので、採決いたします。

 この採決は挙手により行います。

 お諮りいたします。

 副議長辞職を許可することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(梶谷幸三君) 挙手多数であります。

 よって、高橋賢治君の副議長辞職を許可することに決しました。

 高橋賢治君から発言の申し出がありますので、これを許可いたします。

 高橋賢治君。

         〔18番 高橋賢治君 登壇〕



◆18番(高橋賢治君) 射水市議会副議長を退任するに当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。

 昨年11月に皆様方の温かい御理解のもと副議長に就任させていただき、1年間この職務を全うすることができましたことも、ひとえに皆様方の御協力のたまものであると深く感謝を申し上げます。

 この間、四柳議長の御指導を仰ぎながら、全国市議会議長会や剣淵町との姉妹都市交流事業、さらに多くの市内行事に参加をさせていただき、貴重な体験をさせていただきましたことは、今後の議員活動にしっかりと生かしていかなければならないと思っております。

 今後は、一市議会議員として、市勢の発展のために一層の努力をしていく覚悟でございます。どうか今後とも議員各位を初め市当局の皆様、また市民の皆様の変わらぬ御指導、御鞭撻をお願いを申し上げまして、副議長退任のごあいさつとさせていただきます。

 どうも皆さん、ありがとうございました。

         〔拍手〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加



○議長(梶谷幸三君) ただいま副議長が欠員となりました。

 お諮りいたします。

 この際、副議長の選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思います。これに御異議ありませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(梶谷幸三君) 御異議なしと認めます。

 よって、副議長の選挙を日程に追加し、選挙を行います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△副議長の選挙



○議長(梶谷幸三君) 選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思います。これに御異議ありませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(梶谷幸三君) 御異議なしと認めます。

 よって、選挙の方法は指名推選とすることに決しました。

 お諮りいたします。

 指名の方法については、議長において指名することにいたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(梶谷幸三君) 御異議なしと認めます。

 よって、議長において指名いたします。

 射水市議会副議長に竹内美津子君を指名いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議長において指名いたしました竹内美津子君を射水市議会副議長の当選人と定めることに御異議ありませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(梶谷幸三君) 御異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました竹内美津子君が射水市議会副議長に当選されました。

 ただいま副議長に当選されました竹内美津子君が議場におられますので、会議規則第32条第2項の規定により本席から告知をいたします。

 それでは、副議長に当選されました竹内美津子君から就任のごあいさつがあります。

 竹内美津子君。

         〔16番 竹内美津子君 登壇〕



◆16番(竹内美津子君) ただいま議員の皆様方の御推挙をいただきまして、射水市議会副議長の要職に着かせていただくことになりました。本当に心から感謝申し上げます。

 そして、この責任の重大さに身の引き締まる思いでございます。きょうのこの日の感激と緊張を忘れずに、梶谷議長の足手まといになりませぬよう一生懸命努めてまいる所存でございます。どうか議員の皆様、市当局の皆様のより一層の御指導、御鞭撻を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

 まことに簡単ではございますが、就任のごあいさつとさせていただきます。どうか皆様、よろしくお願いいたします。

         〔拍手〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加



○議長(梶谷幸三君) 次に、富山県後期高齢者医療広域連合議会議員であった四柳 允君の辞職に伴う富山県後期高齢者医療広域連合議会議員の補欠選挙を日程に追加いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(梶谷幸三君) 御異議なしと認めます。

 よって、富山県後期高齢者医療広域連合議会議員の補欠選挙を日程に追加し、選挙を行います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△富山県後期高齢者医療広域連合議会議員の補欠選挙



○議長(梶谷幸三君) 選挙は投票によって行います。

 議場の閉鎖を命じます。

         〔議場閉鎖〕



○議長(梶谷幸三君) ただいまの出席議員数は26名であります。

 投票用紙を配付させます。

         〔投票用紙配付〕



○議長(梶谷幸三君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

         〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(梶谷幸三君) 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を改めさせます。

         〔投票箱点検〕



○議長(梶谷幸三君) 異常なしと認めます。

 念のため申し上げます。

 投票は単記無記名であります。投票用紙に副市長及び議員のうちから1名の方の氏名を記載の上、職員の点呼に応じて順次投票を願います。

 点呼を命じます。

         〔職員(肥田議会事務局次長)点呼・投票〕



○議長(梶谷幸三君) 投票漏れはありませんか。

         〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(梶谷幸三君) 投票漏れなしと認めます。

 投票を終了いたします。

 議場の閉鎖を解きます。

         〔議場開鎖〕



○議長(梶谷幸三君) 開票を行います。

 立会人に渡辺宏平君及び澤村 理君を指名いたします。両君の立ち会いを願います。

         〔開票〕



○議長(梶谷幸三君) 選挙の結果を報告いたします。

 投票総数26票、これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。

 そのうち、

  有効投票    26票

  無効投票    0票

 有効投票中、

  梶谷幸三君   25票

  津本二三男君  1票

 以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は7票であります。

 よって、私、梶谷幸三が当選をいたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議時間の延長



○議長(梶谷幸三君) なお、本日の会議時間は、議事の都合により、あらかじめこれを延長いたしたいと思います。

 ここで暫時休憩をいたします。



△休憩 午後3時04分



△再開 午後3時35分



○議長(梶谷幸三君) ただいまの出席議員数は会議の定足数に達しております。

 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加



○議長(梶谷幸三君) 議会運営委員会委員の辞任及び選任についてを日程に追加し、議題にいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(梶谷幸三君) 御異議なしと認めます。

 よって、議会運営委員会委員の辞任及び選任についてを日程に追加し、議題とすることに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議会運営委員会委員の辞任及び選任



○議長(梶谷幸三君) 本日、議会運営委員会委員全員から議会運営委員会委員を辞任したいとの申し出があり、委員会条例第12条の規定により、議長においてこれを許可いたしました。

 また、新たな議会運営委員会委員の選任については、委員会条例第6条第1項の規定により、議長において、お手元に配付してあります名簿のとおり指名いたします。

          議会運営委員会委員



委員会名
委員の氏名
定数


議会運営委員会
吉野省三   伊勢 司   堀 義治
奈田安弘   高橋久和   中野正一
瀧田啓剛
7人



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△常任委員会委員の所属変更



○議長(梶谷幸三君) 次に、日程第6 常任委員会委員の所属変更についてを議題といたします。

 常任委員会委員の所属変更の申し出があり、委員会条例第6条第1項の規定により、議長において、お手元に配付いたしてあります常任委員会所属表のとおり、それぞれ各委員会委員の所属を変更いたします。

          常任委員会所属表



委員会名
委員の氏名
定数


総務文教常任委員会
澤村 理   山崎晋次   石黒善隆
伊勢 司   津田信人   古城克實
奈田安弘   四柳 允   瀧田啓剛
9人


民生病院常任委員会
渡辺宏平   菅野清人   堀 義治
梶谷幸三   高橋久和   高橋賢治
小島啓子   帯刀 毅   津本二三男
9人


産業建設常任委員会
不後 昇   吉野省三   赤江寿美雄
竹内美津子  義本幸子   中野正一
中川一夫   横堀大輔
8人





○議長(梶谷幸三君) ここで、議会運営委員会及び各常任委員会の正副委員長互選のため休憩をいたします。



△休憩 午後3時37分



△再開 午後4時20分



○議長(梶谷幸三君) ただいまの出席議員数は会議の定足数に達しております。

 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△各委員会の正副委員長の互選結果報告



○議長(梶谷幸三君) 議会運営委員会及び各常任委員会の正副委員長の報告をいたします。

 議会運営委員会委員長    瀧田啓剛君     同 副委員長  高橋久和君

 総務文教常任委員会委員長  奈田安弘君     同 副委員長  津田信人君

 民生病院常任委員会委員長  高橋久和君     同 副委員長  小島啓子君

 産業建設常任委員会委員長  赤江寿美雄君    同 副委員長  義本幸子君

 以上の諸君がそれぞれ正副委員長に就任されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加



○議長(梶谷幸三君) 次に、お諮りいたします。

 同意第3号 監査委員の選任については、緊急を要しますので急施事件と認め、この際、日程に追加し、審議することにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(梶谷幸三君) 御異議なしと認めます。

 よって、同意第3号 監査委員の選任については、急施事件と認め、日程に追加し、審議することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△市長の提案理由の説明(同意第3号)



○議長(梶谷幸三君) 同意第3号 監査委員の選任についてを議題といたします。

 市長から提案理由の説明を求めます。

 夏野市長。

         〔市長 夏野元志君 登壇〕



◎市長(夏野元志君) 本日、追加提案いたしました同意案件について御説明を申し上げます。

 同意第3号 監査委員の選任については、議会選出の監査委員瀧田啓剛氏の退職を本日付で承認いたしましたので、その後任として中川一夫氏を選任いたしたく、同意を求めるものであります。何とぞよろしくお願いいたします。



○議長(梶谷幸三君) 以上で市長の提案理由の説明が終わりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△質疑



○議長(梶谷幸三君) これより議案に対する質疑に入ります。質疑ありませんか。

         〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(梶谷幸三君) 質疑なしと認めます。

 よって、これにて質疑を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△委員会付託の省略



○議長(梶谷幸三君) お諮りいたします。

 同意第3号につきましては、会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略し、直ちに採決いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(梶谷幸三君) 御異議なしと認めます。

 よって、同意第3号については、委員会付託を省略し、直ちに採決することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△表決



○議長(梶谷幸三君) これより同意第3号 監査委員の選任についてを採決いたします。

 市長提案のとおり、射水市七美中野189番地5、中川一夫君に同意することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(梶谷幸三君) 挙手全員であります。

 よって、監査委員に中川一夫君が同意されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△市長のあいさつ



○議長(梶谷幸三君) 以上で本臨時会に付議されました案件はすべて議了いたしました。

 ここで、市長から発言の申し出がありますので、許可いたします。

 夏野市長。

         〔市長 夏野元志君 登壇〕



◎市長(夏野元志君) お許しをいただきましたので、一言ごあいさつを申し上げます。

 議員各位には、本臨時会に提出しました議案について慎重審議の上、可決いただき、心から感謝を申し上げます。

 さて、退任されました四柳前議長並びに高橋賢治前副議長におかれましては、昨年11月、射水市として第2回目の市議会議員選挙がとり行われた後の御就任以来、厳しい財政状況のもと重要課題が山積する中において、積極果敢な行動力と深い洞察力を遺憾なく発揮され、市議会の発展と市勢の伸展に多大な御貢献をいただきました。ここに深く敬意を表しますとともに、心から感謝申し上げる次第でございます。

 また、先ほどは射水市議会の組織構成を滞りなく終えられ、梶谷議長、竹内副議長の御就任、まことにおめでとうございます。今後は梶谷議長、竹内副議長を中心に議会活動が活発かつ円滑に行われ、射水市議会がますます発展されますことを御祈念申し上げる次第であります。

 あさってからは、いよいよ師走に入り、12月市議会定例会も目前に迫っているところであります。最近は寒さも一段と厳しくなり、ことしは重症化するとされるA香港型インフルエンザ流行の兆しも見られることから、その感染拡大も懸念されるところであります。議員各位を初め市民の皆様には予防対策を十分にとられ、くれぐれも御自愛くださいますようお祈り申し上げ、簡単ではありますが私のごあいさつといたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会の宣告



○議長(梶谷幸三君) これをもちまして、平成22年11月射水市議会臨時会を閉会いたします。

 御苦労さまでした。



△閉会 午後4時27分

地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

 平成  年  月  日

        射水市議会議長   梶谷幸三

        射水市議会前議長  四柳 允

        射水市議会前副議長 高橋賢治

        射水市議会議員   菅野清人

        射水市議会議員   奈田安弘

        射水市議会議員   横堀大輔