議事ロックス -地方議会議事録検索-


富山県 射水市

平成22年  9月 定例会 09月17日−04号




平成22年  9月 定例会 − 09月17日−04号







平成22年  9月 定例会



          平成22年9月射水市議会定例会会議録(第4日目)

議事日程(第4号)

                    平成22年9月17日(金)午後2時開議

日程第 1 委員長報告(議案第47号から議案第62号まで)(質疑、討論、採決)

日程第 2 議会運営委員会及び各常任委員会の閉会中の継続審査(採決)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

日程第1から日程第2まで議事日程に同じ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議長及び副議長の氏名

    議長   四柳 允

    副議長  高橋賢治

議員の定数   26名

議員の現在数  26名

出席議員(26名)

     1番  渡辺宏平君      2番  澤村 理君

     3番  山崎晋次君      4番  石黒善隆君

     5番  不後 昇君      6番  菅野清人君

     7番  吉野省三君      8番  伊勢 司君

     9番  津田信人君     10番  堀 義治君

    11番  古城克實君     12番  梶谷幸三君

    13番  赤江寿美雄君    14番  奈田安弘君

    15番  高橋久和君     16番  竹内美津子君

    17番  義本幸子君     18番  高橋賢治君

    19番  中野正一君     20番  四柳 允君

    21番  小島啓子君     22番  帯刀 毅君

    23番  中川一夫君     24番  横堀大輔君

    25番  津本二三男君    26番  瀧田啓剛君

欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

説明のため出席した者

 市長         夏野元志君   副市長        泉  洋君

 教育長        結城正斉君   教育委員長      大代忠男君

 代表監査委員     石黒洋二君   市長政策室長     小井雄三君

 行政管理部長     米本 進君   市民環境部長     坂井敏政君

 福祉保健部長     松岡信昌君   産業経済部長     竹内直樹君

 都市整備部長     宮嶋 昇君   上下水道部長     西本邦郎君

 市民病院事務局長   山崎武司君   会計管理者      三川俊彦君

 監査委員事務局長   前坪 孝君   消防長        竹内三和君

 財政課長       稲垣和成君



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

職務のため議場に出席した事務局職員

 議会事務局長     堺  進    次長・議事調査課長  肥田幸裕

 議事調査課課長補佐  倉敷博一    議事調査係主査    梅本雅子



△開議 午後2時00分



△開議の宣告



○議長(四柳允君) 本日の出席議員数は、ただいまのところ26名であります。

 よって、会議の定足数に達しておりますので、これより会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△委員長報告(議案第47号から議案第62号まで)



○議長(四柳允君) 本日の議事日程は、お手元に配付いたしました議事日程表のとおりであります。

 日程第1 議案第47号から議案第62号までを一括議題といたします。

 まず、各委員長から審査の報告を求めます。

 報告は、総務文教常任委員長、民生病院常任委員長、産業建設常任委員長、予算特別委員長の順でお願いいたします。

 総務文教常任委員長。

         〔総務文教常任委員長 吉野省三君 登壇〕



◆総務文教常任委員長(吉野省三君) 今9月定例会で総務文教常任委員会に付託されました議案6件について、審査の経過と結果について報告申し上げます。

 まず、議案第53号 射水市コミュニティセンター条例の制定について申し上げます。

 これは、市内27カ所の地区公民館を地域づくり活動、生涯学習及び地域住民の交流の事業に供するコミュニティセンターに移行するため、新たに条例を制定するものであり、審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第54号 射水市中央公民館条例の制定について申し上げます。

 これは、地区公民館のコミュニティセンターへの移行に伴い、射水市立公民館条例を廃止する一方で、この条例に定める中央公民館について、従前どおり全地域の生涯学習の振興に資するため、設置条例を新たに制定するものであり、審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第58号 射水市手数料条例の一部改正について申し上げます。

 これは、地方公共団体の手数料の標準化に関する政令の一部改正に伴い、本市条例について所要の改正を行うものであり、審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第59号 射水市火災予防条例の一部改正について申し上げます。

 これは、対象火気設備等の位置、構造及び管理並びに対象火気器具等の取り扱いに関する条例の制定に関する基準を定める省令及び住宅用防災機器の設置及び維持に関する条例の制定に関する基準を定める省令の一部改正に伴い、本市条例について所要の改正を行うものであり、審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第60号 動産の取得について申し上げます。

 これは、射水市学校給食センターの厨房機器を購入するものであり、審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第62号 射水市学校給食センター新築(厨房設備)工事請負契約について申し上げます。

 これは、射水市学校給食センター新築厨房設備工事について、請負契約を締結するものであり、審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上、総務文教常任委員会の報告といたします。



○議長(四柳允君) 民生病院常任委員長。

         〔民生病院常任委員長 伊勢 司君 登壇〕



◆民生病院常任委員長(伊勢司君) 今9月定例会で民生病院常任委員会に付託されました議案6件について、審査の経過と結果について御報告申し上げます。

 初めに、議案第48号 平成22年度射水市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)について申し上げます。

 これは、歳入歳出にそれぞれ1億69万円を追加し、予算総額を82億6,322万1,000円とするものであります。

 歳入については、前年度繰越金等を増額する一方、国民健康保険財政調整基金繰入金を減額するものであり、歳出については、予備費等を増額するものであります。

 審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第49号 平成22年度射水市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第1号)について申し上げます。

 これは、歳入歳出にそれぞれ396万2,000円を追加し、予算総額を16億8,760万9,000円とするものであります。

 歳入については、後期高齢者医療保険料を増額し、歳出については、後期高齢者医療広域連合納付金を増額するものであります。

 審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第50号 平成22年度射水市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)について申し上げます。

 これは、歳入歳出にそれぞれ3,330万9,000円を追加し、予算総額を69億7,061万2,000円とするものであります。

 歳入については、前年度繰越金等を増額し、歳出については、過年度返還金等を増額するものであります。

 審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第55号 射水市堀岡福祉センター条例の一部改正について申し上げます。

 これは、射水市コミュニティセンター条例の制定に伴い、地区公民館をコミュニティセンターに移行し、使用料の規定の見直し及び管理を指定管理者に行わせることができるようにすることから、堀岡福祉センターの使用料の規定や指定管理者制度への対応についてもコミュニティセンターに準じ、所要の改正を行うものであります。

 審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第56号 射水市ひとり親家庭等医療費助成に関する条例の一部改正について申し上げます。

 これは、児童扶養手当法の一部改正に伴い、本市条例について所要の改正を行うものであります。

 審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第61号 旧ごみ焼却施設解体工事請負契約について申し上げます。

 これは、旧ごみ焼却施設解体工事を行うため、請負契約を締結しようとするものであり、審査の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上、民生病院常任委員会の報告といたします。



○議長(四柳允君) 産業建設常任委員長。

         〔産業建設常任委員長 菅野清人君 登壇〕



◆産業建設常任委員長(菅野清人君) 今9月定例会で産業建設常任委員会に付託されました議案3件について、審査の経過と結果を御報告申し上げます。

 まず、議案第51号 平成22年度射水市下水道事業特別会計補正予算(第2号)について申し上げます。

 これは、歳入歳出総額にそれぞれ1億1,585万1,000円を増額し、予算総額を43億6,151万4,000円とするものであります。

 歳入では、前年度繰越金、下水道受益者分担金及び負担金、下水道整備債などを増額する一方、一般会計からの繰入金を減額し、歳出では、一般管理費や公共下水道整備事業費などを増額するものであります。

 審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第52号 平成22年度射水市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)について申し上げます。

 これは、歳入歳出総額にそれぞれ1,390万円を増額し、予算総額を4億2,440万5,000円とするものであります。

 歳入では、前年度繰越金及び分担金を増額する一方、一般会計からの繰入金を減額し、歳出では、管渠・ポンプ維持管理費及び処理場管理費を増額するものであります。

 審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第57号 射水市手数料条例の一部改正について申し上げます。

 これは、富山県屋外広告物条例施行規則が改正され、広告物の種類が追加されたこと等に伴い、本市条例について所要の改正を行うものであります。

 審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上、産業建設常任委員会の報告といたします。



○議長(四柳允君) 予算特別委員長。

         〔予算特別委員長 竹内美津子君 登壇〕



◆予算特別委員長(竹内美津子君) 今9月定例会で予算特別委員会に付託されました議案1件、議案第47号 平成22年度射水市一般会計補正予算(第2号)について、審査の経過と結果について申し上げます。

 これは、歳入歳出にそれぞれ7億4,003万円を追加し、予算総額を379億5,295万7,000円とするものであります。

 今回の補正は、平成21年度繰越金を将来に備え基金に積み立てるとともに、積雪期を前に除雪機械の補充及び消雪施設の点検業務に係る経費など所要の補正を行うものであります。

 歳入では、地方特例交付金が確定したことによる減額のほか、普通交付税、県支出金、寄附金、繰越金などを増額するものであります。

 歳出では、各特別会計の平成21年度決算見込みに基づき、一般会計からの繰出金をそれぞれ減額するほか、雇用対策として水産物の販路拡大を推進する事業や万葉線の利用促進のための調査業務、地上デジタル放送普及の相談員の経費などを新たに計上しています。

 また、財政管理費では、財政調整基金積立金に6億8,480万円を計上しています。

 民生費では、不妊治療助成費を昨年並みの実績まで増額計上しています。

 土木費では、除雪車リース料、消雪施設維持管理費経費を新たに計上しようとするものであります。

 それでは、審査の経過を申し上げます。

 9月13日は議案に対する説明と質疑を行い、16日は質疑を再開し、採決をしました。

 質疑では、今回提出された補正予算に対する質疑のほか、総合計画の進捗状況と財政見通しについてや行財政改革の一層の推進を図るために窓口サービスの向上と宿日直態勢の見直し、組織機構のあり方について、また、庁舎整備に関しては、多くの委員から熱心に質疑や提言等の発言が相次ぎました。

 これらの審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上、予算特別委員会の報告といたします。



○議長(四柳允君) 以上で各委員長の報告が終わりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△質疑



○議長(四柳允君) これより委員長報告に対する質疑に入ります。質疑ありませんか。

         〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(四柳允君) 質疑なしと認め、これにて質疑を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△討論



○議長(四柳允君) これより討論に入ります。

 討論の通告がありますので、発言を許します。

 津本二三男君。

         〔25番 津本二三男君 登壇〕



◆25番(津本二三男君) 津本二三男でございます。

 私は議案第54号 射水市中央公民館条例の制定について、議案第60号 動産の取得について、議案第62号 射水市学校給食センター新築(厨房設備)工事請負契約について、以上の3議案について反対の立場から討論いたします。

 まず、議案第54号についてでございます。

 これは、地区公民館のコミュニティセンターへの移行に伴い、現行の公民館条例を廃止し、同条例の中で定めていた中央公民館について設置条例を新たに制定しようとするものでございます。

 この地区公民館から地区コミュニティセンターへの移行については、私はこれまでの公民館機能に加え、地域活動、地域住民の交流のやかたとしての機能を持たせるものであり、住民にとって積極的なものを持っていると考えております。

 しかし、同時にこれまで公民館において当たり前に行われていた生涯学習活動が場合によっては消えていきかねない可能性があると感じており、慎重に検討していく必要があるものと考えております。

 ここ最近の市当局の説明は、コミュニティセンターの生涯学習については、地域振興会任せではなく、これまでの公民館と同様に市教育委員会が指導・監督し、責任を持つと説明されるなど、かなり改善されてまいりました。しかし、コミュニティセンターでの生涯学習推進の実務はだれがどのように扱うのかといったことなどを初め、まだ煮詰まったものになっていないとの印象を私は感じております。また、これまで肝心な点については口頭説明であって、明文化されたものは議会に提出されておりません。このような段階で公民館条例の廃止を認めることはできないものと考えております。

 個人的な見解でコミュニティセンターでの生涯学習が揺らされてはなりません。長い年月の中で当事者の意見、市当局の担当者の意見、教育委員会の意見が揺れることもございます。このような場合、これまでは公民館条例において、社会教育法に基づく施設だと明記され、法律を基準にして判断され、運営されてまいりました。しかし、コミュニティセンター条例ではこのような基準がなくなります。それだけにコミュニティセンターでの生涯学習については、条例あるいは規則で明文化し、しっかり定めておく必要があると私は考えております。

 次に、議案第60号及び議案第62号は学校給食センター新築にかかわる動産の取得、工事請負契約でございます。

 さきの6月市議会での討論でも申し上げましたが、学校給食センター新築事業は、市食育推進計画を作成し、学校給食のあり方の結論が出るまでは、一時凍結すべきだったと私は考えております。

 以上の理由から、議案第54号、議案第60号、議案第62号に反対するものでございます。

 以上で私の反対討論といたします。



○議長(四柳允君) これにて討論を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△表決



○議長(四柳允君) これより採決に入ります。

 まず、議案第47号 平成22年度射水市一般会計補正予算(第2号)についてを採決いたします。

 本案に対する予算特別委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(四柳允君) 挙手全員であります。

 よって、議案第47号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第48号 平成22年度射水市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)についてを採決いたします。

 本案に対する民生病院常任委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(四柳允君) 挙手全員であります。

 よって、議案第48号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第49号 平成22年度射水市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第1号)についてを採決いたします。

 本案に対する民生病院常任委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(四柳允君) 挙手全員であります。

 よって、議案第49号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第50号 平成22年度射水市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)についてを採決いたします。

 本案に対する民生病院常任委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(四柳允君) 挙手全員であります。

 よって、議案第50号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第51号 平成22年度射水市下水道事業特別会計補正予算(第2号)についてを採決いたします。

 本案に対する産業建設常任委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(四柳允君) 挙手全員であります。

 よって、議案第51号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第52号 平成22年度射水市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)についてを採決いたします。

 本案に対する産業建設常任委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(四柳允君) 挙手全員であります。

 よって、議案第52号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第53号 射水市コミュニティセンター条例の制定についてを採決いたします。

 本案に対する総務文教常任委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(四柳允君) 挙手全員であります。

 よって、議案第53号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第54号 射水市中央公民館条例の制定についてを採決いたします。

 本案に対する総務文教常任委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(四柳允君) 挙手多数であります。

 よって、議案第54号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第55号 射水市堀岡福祉センター条例の一部改正についてから議案第59号 射水市火災予防条例の一部改正についてまでを一括して採決いたします。

 本案に対する各常任委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(四柳允君) 挙手全員であります。

 よって、議案第55号から議案第59号までは原案のとおり可決いたしました。

 次に、議案第60号 動産の取得についてを採決いたします。

 本案に対する総務文教常任委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(四柳允君) 挙手多数であります。

 よって、議案第60号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第61号 旧ごみ焼却施設解体工事請負契約についてを採決いたします。

 本案に対する民生病院常任委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(四柳允君) 挙手多数であります。

 よって、議案第61号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第62号 射水市学校給食センター新築(厨房設備)工事請負契約についてを採決いたします。

 本案に対する総務文教常任委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(四柳允君) 挙手多数であります。

 よって、議案第62号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議会運営委員会及び各常任委員会の閉会中の継続審査



○議長(四柳允君) 次に、日程第2 議会運営委員会及び各常任委員会の閉会中の継続審査についてを議題といたします。

 各委員長から会議規則第104条の規定により、お手元に配付してあります申し出一覧のとおり、閉会中の継続審査の申し出があります。

 お諮りいたします。

 各委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することに御異議ありませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(四柳允君) 御異議なしと認めます。

 よって、各委員長から申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することに決しました。

          閉会中継続審査事件の申し出一覧



委員会名
件名




議会運営
1 議会の運営に関することについて
2 議会の会議規則、委員会条例等に関することについて
3 議長の諮問に関することについて


総務文教
1 行財政の効率的執行について
2 市政の重要施策の推進について
3 土地利用の基本計画について
4 防災対策について
5 学校教育の充実と教育環境の整備について
6 生涯学習の振興及び体育・スポーツ、芸術・文化施策の推進について
7 消防対策について
8 その他総務文教所管に関することについて


民生病院
1 市税の賦課、徴収について
2 国民健康保険事業及び老人保健医療事業について
3 後期高齢者医療事業について
4 総合交通対策について
5 環境保全、環境衛生対策の促進について
6 高齢者、児童・ひとり親家庭等の福祉対策の促進について
7 障害者(児)の福祉対策の促進について
8 介護保険事業について
9 健康増進施策の推進について
10 市民病院事業について
11 その他民生病院所管に関することについて


産業建設
1 港湾の整備促進について
2 商工業の振興対策について
3 観光事業の推進について
4 農業及び水産業の振興育成について
5 地域開発事業について
6 新幹線の整備推進について
7 河川、水利及び水防について
8 都市公園緑地等について
9 道路、都市計画事業の促進について
10 住宅対策について
11 上下水道事業について
12 その他産業建設所管に関することについて



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会の宣告



○議長(四柳允君) 以上をもちまして、今定例会に付議されました案件はすべて議了いたしました。

 議員各位には会期中、終始熱心にかつ慎重な御審議をいただき、厚く御礼を申し上げます。

 これをもちまして、平成22年9月射水市議会定例会を閉会いたします。

 御苦労さまでした。



△閉会 午後2時30分

地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

  平成  年  月  日

         射水市議会議長   四柳 允

         射水市議会副議長  高橋賢治

         射水市議会議員   不後 昇

         射水市議会議員   赤江寿美雄

         射水市議会議員   中川一夫