議事ロックス -地方議会議事録検索-


富山県 射水市

平成22年  6月 定例会 06月07日−01号




平成22年  6月 定例会 − 06月07日−01号







平成22年  6月 定例会



          平成22年6月射水市議会定例会会議録(第1日目)

議事日程(第1号)

                    平成22年6月7日(月)午前10時開議

日程第1 会議録署名議員の指名

日程第2 会期の決定

日程第3 市長の提案理由の説明(議案第33号から議案第46号まで及び報告第3号から報告第11号まで)(質疑)

日程第4 予算特別委員会の設置及び議案の付託(議案第33号)

日程第5 各議案の委員会付託(議案第34号から議案第46号まで並びに報告第3号及び報告第4号)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

日程第1から日程第5まで議事日程に同じ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議長及び副議長の氏名

    議長   四柳 允

    副議長  高橋賢治

議員の定数   26名

議員の現在数  26名

出席議員(26名)

     1番  渡辺宏平君      2番  澤村 理君

     3番  山崎晋次君      4番  石黒善隆君

     5番  不後 昇君      6番  菅野清人君

     7番  吉野省三君      8番  伊勢 司君

     9番  津田信人君     10番  堀 義治君

    11番  古城克實君     12番  梶谷幸三君

    13番  赤江寿美雄君    14番  奈田安弘君

    15番  高橋久和君     16番  竹内美津子君

    17番  義本幸子君     18番  高橋賢治君

    19番  中野正一君     20番  四柳 允君

    21番  小島啓子君     22番  帯刀 毅君

    23番  中川一夫君     24番  横堀大輔君

    25番  津本二三男君    26番  瀧田啓剛君

欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

説明のため出席した者

 市長         夏野元志君   副市長        泉  洋君

 教育長        結城正斉君   教育委員長      大代忠男君

 代表監査委員     石黒洋二君   市長政策室長     小井雄三君

 行政管理部長     米本 進君   市民環境部長     坂井敏政君

 福祉保健部長     松岡信昌君   産業経済部長     竹内直樹君

 都市整備部長     宮嶋 昇君   上下水道部長     西本邦郎君

 市民病院事務局長   山崎武司君   会計管理者      三川俊彦君

 監査委員事務局長   前坪 孝君   消防長        竹内三和君

 財政課長       稲垣和成君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

職務のため議場に出席した事務局職員

 議会事務局長     堺  進    次長・議事調査課長  肥田幸裕

 議事調査課課長補佐  倉敷博一    議事調査係主査    梅本雅子

 議事調査係主任    三浦広充



△開会 午前10時00分



△開会の宣告



○議長(四柳允君) ただいまから平成22年6月射水市議会定例会を開会いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議の宣告



○議長(四柳允君) 本日の出席議員数はただいまのところ26名であります。

 よって、会議の定足数に達しておりますので、本日の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諸般の報告



○議長(四柳允君) 日程に入る前に、諸般の報告をいたします。

 去る4月22日、第85回北信越市議会議長会定期総会が長岡市で、5月26日に第86回全国市議会議長会定期総会が東京都で開催されました。各総会の席上、永年勤続議員の表彰があり、本市議会から在職20年以上表彰に中野正一君、私、四柳 允、在職15年以上表彰に瀧田啓剛君、津本二三男君、在職10年以上表彰に前議員、新中孝子君がそれぞれ表彰されました。表彰されました諸君は、長年にわたり市議会議員として市政に貢献されたものであり、その御功績に対し深甚なる敬意を表するとともに心からお祝いを申し上げます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△表彰状の伝達



○議長(四柳允君) これより表彰状の伝達を行います。事務局より順次お名前を申し上げますので、前のほうにお並びください。



◎議会事務局長(堺進君) これより表彰状の伝達を行いますので、前のほうにお願いいたします。

 四柳議長、中野議員、瀧田議員、津本議員、新中前議員。

 これより表彰状の伝達を行います。

 四柳議長、前のほうにお進みください。



○副議長(高橋賢治君) 

               表彰状

                             射水市 四柳 允殿

 あなたは市議会議員として20年の長きにわたって市政の発展に尽くされその功績は特に著しいものがありますので第86回定期総会にあたり本会表彰規程によって特別表彰をいたします。

 平成22年5月26日

                        全国市議会議長会会長 五本幸正

 おめでとうございました。



◎議会事務局長(堺進君) 中野議員、前のほうにお進みください。



○議長(四柳允君) 

               表彰状

                             射水市 中野正一殿

 あなたは市議会議員として20年の長きにわたって市政の発展に尽くされその功績は特に著しいものがありますので第86回定期総会にあたり本会表彰規程によって特別表彰をいたします。

 平成22年5月26日

                        全国市議会議長会会長 五本幸正

 おめでとうございました。



◎議会事務局長(堺進君) 瀧田議員、前のほうにお進みください。



○議長(四柳允君) 

               表彰状

                             射水市 瀧田啓剛殿

 あなたは市議会議員として15年市政の振興に努められその功績は著しいものがありますので第86回定期総会にあたり本会表彰規程により表彰いたします。

 平成22年5月26日

                        全国市議会議長会会長 五本幸正

 おめでとうございました。



◎議会事務局長(堺進君) 津本議員、前のほうにお進みください。



○議長(四柳允君) 

               表彰状

                             射水市 津本二三男殿

 あなたは市議会議員として15年市政の振興に努められその功績は著しいものがありますので第86回定期総会にあたり本会表彰規程により表彰いたします。

 平成22年5月26日

                        全国市議会議長会会長 五本幸正

 おめでとうございました。



◎議会事務局長(堺進君) 新中前議員、前のほうにお進みください。



○議長(四柳允君) 

               表彰状

                             射水市 新中孝子殿

 あなたは市議会議員として10年市政の振興に努められその功績は著しいものがありますので第86回定期総会にあたり本会表彰規程により表彰いたします。

 平成22年5月26日

                        全国市議会議長会会長 五本幸正

 おめでとうございました。



◎議会事務局長(堺進君) 以上で、表彰状の伝達を終わります。



○議長(四柳允君) 引き続き、報告いたします。

 5月13日に、全国自治体病院経営都市議会協議会の総会が東京都で開催され、当面の諸問題について協議してまいりました。5月25日には、交流のある荒川区と渋谷区を表敬訪問し、区長及び議長と懇談してまいりました。

 次に、去る3月定例会において議決されました地方議会議員年金制度に関する適切な措置を求める意見書、電源立地地域対策交付金制度の交付期間延長等を求める意見書、核兵器廃絶に向けた取組強化を求める意見書、夫婦別姓制度の導入に反対する意見書、国として直接地方の声を聞く仕組みを保障することを求める意見書、永住外国人への地方参政権付与の法制化に反対する意見書につきましては、内閣総理大臣を初め、関係方面に提出いたしましたので御報告申し上げます。

 次に、監査委員から地方自治法第199条の規定により、定例監査の結果に関する報告書が議長のもとに提出されておりますので、事務局において適宜御閲覧願います。

 次に、地方自治法第243条の3第2項の規定に基づき、市の出資等に係る法人の経営状況に関する説明書については、お手元に配付しましたとおり提出がありました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名



○議長(四柳允君) これより本日の日程に入ります。

 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付してあります日程表のとおりであります。

 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において

  石黒善隆君

  梶谷幸三君

  帯刀 毅君

 を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会期の決定



○議長(四柳允君) 次に、日程第2 会期の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。

 本定例会の会期は、本日から6月21日までの15日間といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(四柳允君) 御異議なしと認めます。

 よって、会期は15日間と決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△市長の提案理由の説明・質疑(議案第33号から議案第46号まで及び報告第3号から報告第11号まで)



○議長(四柳允君) 次に、日程第3 議案第33号から議案第46号まで及び報告第3号から報告第11号までを一括議題として、市長から提案理由の説明を求めます。

 夏野市長。

         〔市長 夏野元志君 登壇〕



◎市長(夏野元志君) 本日、平成22年6月市議会定例会が開催されるに当たり、提出いたしました案件の説明に先立ちまして一言申し上げます。

 今ほどは、永年勤続表彰を受けられました議員の皆様、まことにおめでとうございます。

 これまでの長年にわたる御活躍と御功績に対し、心から敬意を表したいと存じます。

 これからもますます御健康で、射水市勢発展と市民の幸せの実現のため、御指導、御鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

 次に、このたびの首相交代について申し上げます。

 6月4日に民主党の菅 直人氏が首相に指名されました。

 国内外に喫緊の課題が山積している中で、いやしくも政治的空白により、国政が停滞し、国民生活が混乱するようなことがあってはなりません。新しい内閣には地方の声に十分耳を澄まし、山積する重要課題に全力で取り組んでいただくことを期待しております。

 さて、6月に入り、木々の緑が一段と深みを増す季節を迎えましたが、ことしは例年になく春の訪れが遅く、これから本格的な梅雨の到来を迎えます。近年の天候で懸念されるのが、長雨や多発しているゲリラ豪雨による土砂災害、浸水災害であります。こうした降雨期を前に、先般、市民の生命・財産・暮らしを守るため、市内の危険箇所についての現地確認及び調査を実施し、災害が発生するおそれのある箇所についての対策、パトロール強化などを指示いたしました。今後とも、防災体制に万全を期してまいります。

 なお、去る5月27日から気象庁において、気象情報の注意報・警報が市町村単位で発表されることとなりました。市民の皆様におかれましては、最新の気象情報の確認に御活用いただきたいと考えております。

 さて、我が国の経済動向につきましては、政府の5月の月例経済報告によれば、景気は着実に持ち直してきておりますが、自律性は弱く、失業率が高水準にあるなど、依然として厳しい状況にあるとされております。

 また、先行きは雇用情勢に厳しさが残るものの、国の緊急経済対策などの効果から、景気の持ち直し傾向が続くものと期待されていますが、一方で、ギリシャを中心とするユーロ圏諸国の財政状況に関する不安などによる海外景気の下振れ懸念、デフレの影響など、国内景気を下押しするリスクも依然として残っております。

 本市においても、昨年来から市内有数の企業が倒産するなど、今なお厳しい経済情勢が続いております。

 こうしたことから、これまでも、中小企業への支援や雇用の確保・安定化を図るため、市単独での各種施策を積極的に実施してきておりますが、さらに、政府の緊急経済対策を受け、平成21年度3月補正予算において道路や学校の修繕など市民生活に密着した事業に係る経費を前倒しで予算化するとともに、本年度予算とあわせて、切れ目なく予算執行ができるよう努めてまいりました。

 今議会におきましても、国や県の雇用対策を受け、補正予算案として、離職者の再就職及び未就職卒業者を支援し、就業を促進する人材育成事業を初め、バイオマスタウン構想に基づく堆肥製造施設の運営や、防災意識の向上を図るための防災支援員の配置に係る経費など、総額7,324万円を計上し、43人分に相当する新たな雇用対策を講じております。

 加えて、景気対策の一つとして本年も地域の消費を刺激し、地域経済の活性化を図るため、昨年に引き続き、プレミアム付き地域商品券「いみず元気にせんまい券」を発行する準備を進めております。

 来る6月13日の日曜日から、高周波文化ホール、アイザック小杉文化ホール、大門総合体育館の三カ所で販売いたします。市民の皆様には、景気回復の一助として、奮ってご購入いただきますようお願い申し上げます。

 今後とも、本市の重点施策の一つである景気・雇用対策に万全を期してまいる所存であります。

 次に、最近の市政の取り組み状況及び補正予算に計上いたしました各種事業の概要などについて申し上げます。

 初めに、子育て支援、環境対策などについてであります。

 子ども医療費の助成制度につきましては、子育て世帯の経済的負担を一層軽減するため、県内の他市町村に先駆けて、この4月から助成対象を入院・通院ともに所得制限を設けず、中学校3年生まで拡充したところであります。

 次代を担う子供の健やかな育ちを支援する子ども手当につきましては、国の制度を受けて速やかに準備を整え、本市においては6月10日から支給を開始いたします。

 また、保育園、子育て支援センターなどに、感染症対策に必要な機器を整備するほか、保育園、幼稚園、公民館などに読み聞かせのための絵本、DVDなどの備品を整備するなど、県安心こども基金推進事業に係る経費を、今回の補正予算案に計上しております。

 次に、市内の公衆浴場などで利用できる福祉入浴券につきましては、去る4月19日から各地区公民館で順次交付を開始し、5月末現在の交付率は7割を超えております。引き続き、高齢者の生きがいづくり、健康づくり、市民相互のふれあいを図る事業に取り組んでまいります。

 市民病院におきましては、4月から臨床研修医を1名ふやし、現在3名の受け入れを行っております。今後とも、研修の充実に努めるとともに、安全・安心で質の高い医療を提供するため、優秀な医師などの確保に努めてまいります。

 ミライクル館プラザ棟の再建につきましては、周辺自治会の住民説明会を開催するなど、市民の皆様の環境問題への理解を深めながら実施することとし、先日、実施設計に着手したところであります。

 次に、観光振興についてであります。

 去る4月28日、本市を含む8市1村が、越中・飛騨観光圏の指定を受けました。これを受け、海鮮食彩ツアー事業を今回の補正予算案に新たに計上したところです。今後は、整備実施計画に基づき、歴史、自然、食といった本市の豊富な観光資源を最大限に活用し、より広域的な視点から、本市への観光客の誘致を図ってまいります。

 次に、農林業の振興についてであります。

 かねてから県に要望をしておりました土合地区基盤整備事業につきましては、4月に採択されたところであり、今後とも、生産基盤の整備を図り、効率的で安定的な経営を育成してまいります。

 去る5月28日、太閤山ランドにおいて、県との共催により「第11回とやま森の祭典」が開催されました。本市の木「とねりこ」の記念植樹などに、県内外から約2,000人が参加し、森林の持つ多様な役割や森林整備の必要性についての理解を深めたところであります。

 次に、社会基盤の整備についてであります。

 北陸新幹線につきましては、4月中旬、今開発・本開発地内と土合地内において、高架橋工事の安全祈願が行われました。現在は市内全8工区で鋭意工事が進められております。既に庄川橋梁ほか工事が完了しており、今後とも、平成26年度末の開業に向けて、関係機関と連携するとともに、地元協議を踏まえ、関連する公共施設などの整備を行ってまいります。

 港湾の整備につきましては、来る6月30日に、伏木富山港多目的国際ターミナルのガントリークレーン2号機が竣工する予定となっております。引き続き、迅速な荷役体制を確立することで地域経済の活性化につながるよう、現在の岸壁の50メートル延伸及び2バース2クレーン体制の早期実現に向けて、関係機関へ強く働きかけてまいります。

 安心で快適な道路環境の確保につきましては、公共施設建設基金を活用し、太閤山地区など新たに3カ所の市道整備を行うほか、津幡江地内の消雪井戸を更新する工事に係る経費を今回の補正予算案に新たに計上しております。

 なお、片口雨水ポンプ場土木工事につきましては、市民の皆様には御心配をおかけしましたが、全体計画におくれを生じないよう事業を進め、安全で快適な暮らしを実現してまいります。

 次に、教育環境の充実につきましては、去る5月27日、子供たちにとって望ましい教育環境を実現するため、本市の学校の適正規模・適正配置の基準などについて審議する、射水市学校等のあり方検討委員会を設置いたしました。今後、同委員会における議論を踏まえながら、本市の学校などのあり方について十分検討してまいります。

 最後に、まちづくりについてであります。

 地域の課題解決やまちづくりを牽引する、まちづくりのリーダーを育成することを目的とするまちづくり大学につきましては、7月11日に開学することとしております。

 また、地域間競争に勝ち抜くための本市の重要施策の企画・立案などについて指導・助言を受けるための政策アドバイザーを設置することとし、所要の経費を今回の補正予算案に新たに計上しております。

 それでは、本日提出いたしました議案14件、報告9件の計23件につきまして、その概要を申し上げます。

 まず、予算に関する議案について申し上げます。

 平成22年度射水市一般会計補正予算(第1号)につきましては、先ほど御説明いたしました緊急に必要となった各種事業のほか、介護サービスの拡充を図るため、新設する小規模多機能型居宅介護事業所に対する補助などから成る介護基盤緊急整備特別対策事業に係る経費を計上することなどにより所要の補正を行うものであります。

 補正予算の規模につきましては、歳入歳出にそれぞれ4億7,618万3,000円を追加し、予算総額を372億1,292万7,000円とするものであります。

 次に、平成22年度射水市老人保健医療事業特別会計補正予算(第1号)ほか2つの特別会計につきましては、総額4,962万6,000円を追加し、予算総額を293億1,568万3,000円とするものであります。

 続きまして、予算以外の議案について申し上げます。

 まず、条例関係として射水市職員の育児休業等に関する条例及び射水市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正のほか3件の条例の一部改正について提案しております。

 次に、市道路線の廃止・認定につきましては、路線の起点変更により1路線を廃止し、また、開発行為に基づく道路の帰属等、住民に密着した生活基盤の充実を図るため、23路線を射水市市道路線として新たに認定しようとするものであります。

 次に、動産の取得につきましては、災害対応特殊水槽付消防ポンプ自動車の購入について契約を締結したいので、議会の議決を求めるものであります。

 次に、工事請負につきましては、制限付き一般競争入札に付した射水市立下村小学校屋内運動場改築(建築主体)に係る工事請負契約ほか2件について、契約を締結したいので、議会の議決を求めるものであります。

 続きまして、報告に関する案件であります。

 まず、報告第3号及び第4号につきましては、地方自治法第179条第1項の規定により、2件の条例の一部改正について専決処分をいたしましたので、同法の規定により議会に報告し承認を求めるものであります。

 いずれも3月市議会閉会後の3月31日に地方税法等の一部を改正する法律が公布されたことに伴い、所要の改正を行ったものであります。

 次に、報告第5号につきましては、地方自治法第180条第1項の規定により、議会において指定されました事項2件について専決処分をいたしましたので、これを報告するものであります。

 次に、継続費繰越計算書につきましては、地方公営企業法施行令及び地方自治法施行令の規定により、現在、継続事業で実施している事業について、平成22年度に逓次繰り越しした予算の繰越計算書を調製し、これを議会に報告するものであります。

 次に、繰越明許費繰越計算書及び建設改良費繰越計算書につきましては、地方自治法施行令及び地方公営企業法の規定により、平成21年度から平成22年度に繰り越した予算について繰越計算書を調製し、これを議会に報告するものであります。

 また、地方自治法の規定により、市の出資等に係る法人の経営状況に関する説明書を提出しております。

 以上が、本日提案いたしました案件の説明であります。何とぞ慎重審議の上、議決賜りますようお願い申し上げます。



○議長(四柳允君) 以上で、市長の提案理由の説明が終わりました。

 これより各議案に対する質疑に入ります。

 質疑ありませんか。

         〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(四柳允君) 質疑なしと認めます。

 よって、これにて質疑を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△予算特別委員会の設置及び議案の付託(議案第33号)



○議長(四柳允君) 次に、日程第4 予算特別委員会の設置及び議案の付託についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 議案第33号 平成22年度射水市一般会計補正予算(第1号)については、先例により、議長を除く議員全員で構成する予算特別委員会を設置し、これに付託いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(四柳允君) 御異議なしと認めます。

 よって、予算特別委員会を設置し、議案第33号を付託することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△各議案の委員会付託(議案第34号から議案第46号まで並びに報告第3号及び報告第4号)



○議長(四柳允君) 次に、日程第5 各議案の委員会付託を行います。

 議案第34号から議案第46号まで並びに報告第3号及び報告第4号については、お手元に配付してあります議案付託表のとおり、それぞれ所管の常任委員会に付託いたします。

 なお、念のため申し上げます。報告第5号から報告第11号までについては、議決事項ではないため委員会付託を省略いたしますので、御了承願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会の宣告



○議長(四柳允君) 以上で本日の議事日程は終了いたしました。

 ここでお諮りいたします。

 6月8日から10日までは議案調査日として休会いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(四柳允君) 御異議なしと認めます。

 よって、8日から10日までは休会することに決しました。

 次の本会議は11日に開き、代表質問を行います。

 なお、本日はこの後、10時45分から全員協議会を開催いたします。

 本日はこれをもって散会いたします。

 御苦労さまでした。



△散会 午前10時30分