議事ロックス -地方議会議事録検索-


富山県 射水市

平成17年 12月 定例会 12月27日−06号




平成17年 12月 定例会 − 12月27日−06号







平成17年 12月 定例会



平成17年12月射水市議会定例会会議録(第6日目)

議事日程(第6号)

                  平成17年12月27日(火)午後2時開議

日程第 1 委員長報告(議案第1号から議案第15号まで及び報告第4号)(質疑、討論、採決)

日程第 2 市長の提案理由の説明(議案第16号及び同意第1号から同意第18号)(質疑、委員会付託省略、      討論、採決)

日程第 3 農業委員会委員の推薦

日程第 4 選挙第3号 選挙管理委員及び同補充員の選挙

日程第 5 選挙第4号 庄川右岸水害予防組合議会議員の選挙

日程第 6 選挙第5号 庄川左岸水害予防組合議会議員の選挙

日程第 7 議会運営委員会及び各常任委員会の閉会中の継続審査

───────────────────────────────────────

本日の会議に付した事件

日程第1から日程第7まで議事日程に同じ

───────────────────────────────────────

議長及び副議長の氏名

    議長   中川一夫

    副議長  高橋久和

議員の定数   35名

議員の現在数  35名

出席議員(35名)

     1番 菅野清人君      2番 中村文隆君

     3番 岡本良幸君      4番 坂東 昭君

     5番 吉野省三君      6番 伊勢 司君

     7番 津田信人君      8番 堀 義治君

     9番 橋本昌樹君     10番 古城克實君

    11番 梶谷幸三君     12番 赤江寿美雄君

    13番 奈田安弘君     14番 高橋久和君

    15番 竹内美津子君    16番 新中孝子君

    17番 泉田恒男君     18番 中村 弘君

    19番 義本幸子君     20番 高橋賢治君

    21番 野崎義雄君     22番 中野正一君

    23番 四柳 允君     24番 小島啓子君

    25番 藤井喜義君     26番 帯刀 毅君

    27番 中川一夫君     28番 東保 力君

    29番 横堀大輔君     30番 石黒勝三郎君

    31番 呉松福一君     32番 津本二三男君

    33番 嶋崎栄治君     34番 瀧田啓剛君

    35番 大窪長則君

欠席議員(なし)

───────────────────────────────────────

説明のため出席した者

 市長        分家静男君  助役       宮川忠男君

 教育長       竹内伸一君  教育委員長    稲田哲夫君

 市長公室長     土合真昭君  企画総務部長   牧野 昇君

 市民環境部長    竹内 満君  福祉保健部長   宮林明雄君

 産業経済部長    宮田雅人君  都市整備部長   尾上清逸君

 上下水道部長    横堀邦一君  市民病院事務局長 永森宏之君

 消防長       塚本廣文君  企画政策課長   山?武司君

 総務課長      三川俊彦君  財政課長     宮崎 治君

───────────────────────────────────────

職務のため議場に出席した事務局職員

 議会事務局長        橋本孝雄   議事調査課長  渋谷 斉

 主幹・課長補佐・調査係長  正橋慎一   議事係長    片岡幹夫

 議事係主査         長久喜美代



△開議 午後 2時07分



△開議の宣告



○議長(中川一夫君) 本日の出席議員数は、ただいまのところ35名であります。

 よって、会議の定足数に達しておりますので、これより会議を開きます。

───────────────────────────────────────



△委員長報告(議案第1号から議案第15号まで及び報告第4号)



○議長(中川一夫君) 本日の会議日程は、お手元に配付いたしました議事日程表のとおりであります。

 日程第1 議案第1号から議案第15号まで並びに報告第4号を一括議題といたします。

 まず、各委員長から審査の報告を求めます。

 報告は、総務文教常任委員長・予算特別委員長、福祉病院常任委員長、市民環境常任委員長、産業建設常任委員長の順でお願いいたします。

 総務文教常任委員長・予算特別委員長。

         〔総務文教常任委員長・予算特別委員長 東保 力君 登壇〕



◎総務文教常任委員長・予算特別委員長(東保力君) 今12月定例会で総務文教常任委員会に付託されました議案4件及び報告1件について、審査の経過と結果について報告申し上げます。

 まず、議案第2号 平成17年度射水市ケーブルテレビ事業特別会計予算について申し上げます。

 これは、小杉地区、大門地区、下地区のケーブルテレビ事業に係る特別会計予算であり、歳入歳出予算の総額をそれぞれ2億2,356万円とするものであります。

 歳入の主なものとしては、ケーブルテレビの使用料及び手数料、一般会計繰入金などであります。一方、歳出の主なものとしては、ケーブルテレビ事業費及び公債費などを計上するものであり、審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第3号 平成17年度射水市公共用地先行取得事業特別会計予算について申し上げます。

 これは、公共用地の先行取得に係る特別会計予算であり、歳入歳出予算の総額をそれぞれ1億6,600万円とするものであります。

 歳入の主なものは、土地開発基金繰入金及び一般会計繰入金であり、歳出では、土地取得事業費及び公債費などを計上するものであり、審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第13号 射水市まちづくり基金条例の制定について申し上げます。

 これは、合併に伴って交付される富山県市町村合併特例交付金を射水市まちづくり基金として設置するため条例を制定するものであり、審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第15号 字の区域の変更について申し上げます。

 これは、射水市大門本江第一土地区画整理事業(第2工区)に伴う換地処分のため、字の区域を変更する必要が生じたもので、審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、報告第4号 専決処分の承認を求めることについて、専決処分第219号 射水市職員の給与に関する条例等の一部改正について申し上げます。

 これは、ことしの人事院勧告並びに国及び他の地方公共団体の状況を勘案して、議会の議員及び特別職の手当、職員の給料及び手当を改定するため、関係する4条例の一部改正を専決処分したものであり、審査の結果、全会一致で承認すべきものと決しました。

 続きまして、予算特別委員会に付託されました議案第1号 平成17年度射水市一般会計予算について、審査の経過と結果について申し上げます。

 これは、新市発足に当たり射水市としての本予算であり、旧5市町村などの平成17年度予算額から10月31日までの執行額を減じた額を基本に、新たに新市となって生じる経費を加え、さらに補助しなければならない経費などを増減することを基本として調整がなされたものであります。

 予算規模は、歳入歳出それぞれ243億7,469万2,000円となっております。

 予算の柱となるものとして、射水市まちづくり基金への積立金として5億円、来年2月に予定している新市誕生記念式典の経費として750万円余り、さらにはこれまで県が措置していた町村分の生活保護費などの福祉関係扶助費については、11月以降、市が措置することになるための必要額を計上するものであります。

 また、旧市町村間で格差があるサービスの均衡を図るための必要額、さらには新市発足に伴い早急に、あるいは新年度に向けて準備しなければならない必要経費などを計上するものであります。

 一方、減員となった議会の議員、特別職、各行政委員会委員の人件費については、減額した上で、今後の必要額を計上するものであり、審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上、総務文教常任委員会、予算特別委員会の報告といたします。



○議長(中川一夫君) 福祉病院常任委員長。

         〔福祉病院常任委員長 義本幸子君 登壇〕



◎福祉病院常任委員長(義本幸子君) 議長の命によりまして、今12月定例会で福祉病院常任委員会に付託されました議案2件について、審査の経過と結果について報告申し上げます。

 まず、議案第7号 平成17年度射水市介護保険事業特別会計予算について申し上げます。

 これは、予算総額を歳入歳出それぞれ28億5,718万6,000円とするものであります。この介護保険事業については、射水地区広域圏事務組合の事業を射水市が引き継いだものであります。

 まず、歳入の主なものとして、65歳以上の第1号被保険者が納める保険料、国・県からの介護給付費負担金、支払基金からの交付金、一般会計の繰入金などであり、また、10月末までの事務組合決算に伴う清算分としての剰余金であります。

 歳出については、介護保険事業の実施に必要な一般管理事務費及び保険給付費などであります。その主なものは、第1款総務費では、国の制度改正がなされたことに伴う介護保険事務処理システム改修費の委託料、使用料等であり、また、事業計画推進委員会費については、平成18年度から平成20年度までの第3期介護保険事業計画策定に係る経費であります。

 第2款保険給付費の特定入所者介護サービス等費については、ことし10月からの制度改正による施設サービス等居住費、食費の利用料が自己負担になったことに伴う低所得者の方々の補足給付のための保険者負担であります。

 次に、議案第12号 平成17年度射水市病院事業会計予算については、地方公営企業法を適用する企業会計であります。

 予算総額を19億8,611万1,000円とするものであり、その主なものは、医業費用、企業債償還金などであります。一方、収入の主なものは、医業収益のほか一般会計繰入金などであり、審査の結果、原案のとおり全会一致で可決すべきものと決しました。

 以上、福祉病院常任委員会の報告といたします。



○議長(中川一夫君) 市民環境常任委員長。

         〔市民環境常任委員長 大窪長則君 登壇〕



◎市民環境常任委員長(大窪長則君) 今12月定例会で市民環境常任委員会に付託されました議案について、審査の経過と結果について御報告申し上げます。

 当委員会は、去る12月21日午前10時から、委員全員、当局から市長、関係部長、次長、課長の出席により開会し、慎重に審議をいたしました。当委員会に付託されました議案は4件であります。

 初めに、議案第4号 平成17年度射水市国民健康保険事業特別会計予算について申し上げます。

 これは、歳入歳出それぞれ予算総額41億1,200万円とするものであります。

 加入状況については、一般・退職被保険者合わせて1万4,553世帯、射水市全世帯の48.4%、人数では2万7,966人、射水市全人口の29.5%であります。

 歳出の主なものは、加入者の一般被保険者療養給付費、退職被保険者療養給付費等であります。歳入については、それに見合う一般被保険者国民健康保険税、退職被保険者等国民健康保険税、国庫負担金、県負担金などを計上してあります。

 審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第5号 平成17年度射水市老人保健医療事業特別会計予算について申し上げます。

 これは、歳入歳出それぞれ予算総額43億925万3,000円とするものであります。

 老人保健医療の対象者につきましては、1万1,896人、射水市全人口の12.5%であります。

 歳出の主なものは、老人保健医療給付費であり、歳入として、それに見合う支払基金交付金、国庫負担金、県負担金などを計上してあります。

 審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第6号 平成17年度射水市墓苑事業特別会計予算について申し上げます。

 これは、歳入歳出それぞれ予算総額3,028万1,000円とするものであります。内訳は、旧小杉町、旧大門町、旧大島町が管理していた墓地が合併により市の管理となったことから計上したものであります。

 歳出の主なものは、維持管理に必要な経費、墓地管理料を基金として積み立てるものであり、歳入については、墓地使用料と合併前の旧小杉町、旧大門町の特別会計の歳計余剰金であります。

 審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第14号 射水市市税条例の一部改正について申し上げます。

 これは、地方税法の一部を改正する法律が本年3月25日に公布され、平成18年1月1日施行されることに伴い市税条例の一部を改正しようとするものであり、審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上、市民環境常任委員会の報告といたします。



○議長(中川一夫君) 産業建設常任委員長。

         〔産業建設常任委員長 藤井喜義君 登壇〕



◎産業建設常任委員長(藤井喜義君) 産業建設常任委員会委員長報告を申し上げます。

 今12月定例会で産業建設常任委員会に付託されました議案4件について、審査の経過と結果について御報告申し上げます。

 本委員会は、去る12月22日、新湊庁舎3階全員協議会室において、分家市長を初め担当部長、関係職員の出席を求め、慎重に審議をいたしました。

 まず、議案第8号 平成17年度射水市企業団地造成事業特別会計予算について申し上げます。

 これは、広上工業団地及び大島企業団地に係る特別会計であり、予算総額を歳入歳出それぞれ1,610万2,000円とするものであります。

 歳出の主なるものは、企業団地造成事業債に係る利子償還金のほか、企業団地管理事業費などであり、これに見合う歳入は一般会計繰越金などであり、審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第9号 平成17年度射水市水道事業会計予算について申し上げます。

 これは、収益を14億1,744万4,000円とするものであり、その内訳は、収益的収入で10億1,575万6,000円、資本的収入で4億168万8,000円であります。

 水道事業収益の主なものは、給水収益、いわゆる水道料金、加入金などであり、資本的収入の主なものは企業債などであります。

 一方、支出としては17億772万円であり、その内訳は、収益的支出として水道事業費用9億9,825万1,000円、資本的支出として7億946万9,000円とするものであります。

 水道事業費用の主なものは、原水及び浄水費、減価償却費、支払利息及び企業債取扱諸費などであり、資本的支出の主なものは、建設改良費、企業債償還金などであり、審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第10号 平成17年度射水市下水道事業特別会計予算について申し上げます。

 これは、予算総額を歳入歳出それぞれ55億1,770万円とするものであり、歳入の主なものは、下水道整備債、国庫補助金、一般会計からの繰入金などであります。

 一方、歳出の主なものは、下水道管理費、下水道整備費、流域下水道事業費などの下水道事業費、公債費などであり、審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第11号 平成17年度射水市農業集落排水事業特別会計予算について申し上げます。

 これは、予算総額を歳入歳出それぞれ2億4,390万円とするものであり、歳入の主なものは、使用料のほか一般会計からの繰入金などであります。

 一方、歳出の主なものは、施設の維持管理費等に要する農業集落排水事業費、公債費などであり、審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上、産業建設常任委員会の報告といたします。



○議長(中川一夫君) 以上で各委員長の報告が終わりました。

───────────────────────────────────────



△質疑

 これより委員長報告に対する質疑に入ります。質疑ありませんか。

         〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中川一夫君) 質疑なしと認め、これにて質疑を終結いたします。

───────────────────────────────────────



△討論



○議長(中川一夫君) これより討論に入ります。討論ありませんか。

         〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中川一夫君) 討論なしと認め、これにて討論を終結いたします。

───────────────────────────────────────



△表決



○議長(中川一夫君) これより表決に入ります。

 まず、議案第1号 平成17年度射水市一般会計予算についてを採決いたします。

 本案に対する予算特別委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(中川一夫君) 挙手全員であります。

 よって、議案第1号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第2号 平成17年度射水市ケーブルテレビ事業特別会計予算についてを採決いたします。

 本案に対する総務文教常任委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(中川一夫君) 挙手全員であります。

 よって、議案第2号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第3号 平成17年度射水市公共用地先行取得事業特別会計予算についてを採決いたします。

 本案に対する総務文教常任委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(中川一夫君) 挙手全員であります。

 よって、議案第3号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第4号 平成17年度射水市国民健康保険事業特別会計予算についてを採決いたします。

 本案に対する市民環境常任委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(中川一夫君) 挙手全員であります。

 よって、議案第4号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第5号 平成17年度射水市老人保健医療事業特別会計予算についてを採決いたします。

 本案に対する市民環境常任委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(中川一夫君) 挙手全員であります。

 よって、議案第5号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第6号 平成17年度射水市墓苑事業特別会計予算についてを採決いたします。

 本案に対する市民環境常任委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(中川一夫君) 挙手全員であります。

 よって、議案第6号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第7号 平成17年度射水市介護保険事業特別会計予算についてを採決いたします。

 本案に対する福祉病院常任委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(中川一夫君) 挙手全員であります。

 よって、議案第7号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第8号 平成17年度射水市企業団地造成事業特別会計予算についてを採決いたします。

 本案に対する産業建設常任委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(中川一夫君) 挙手全員であります。

 よって、議案第8号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第9号 平成17年度射水市水道事業会計予算についてを採決いたします。

 本案に対する産業建設常任委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(中川一夫君) 挙手全員であります。

 よって、議案第9号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第10号 平成17年度射水市下水道事業特別会計予算についてを採決いたします。

 本案に対する産業建設常任委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(中川一夫君) 挙手全員であります。

 よって、議案第10号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第11号 平成17年度射水市農業集落排水事業特別会計予算についてを採決いたします。

 本案に対する産業建設常任委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(中川一夫君) 挙手全員であります。

 よって、議案第11号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第12号 平成17年度射水市病院事業会計予算についてを採決いたします。

 本案に対する福祉病院常任委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(中川一夫君) 挙手全員であります。

 よって、議案第12号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第13号 射水市まちづくり基金条例の制定についてを採決いたします。

 本案に対する総務文教常任委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(中川一夫君) 挙手全員であります。

 よって、議案第13号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第14号 射水市市税条例の一部改正についてを採決いたします。

 本案に対する市民環境常任委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(中川一夫君) 挙手全員であります。

 よって、議案第14号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第15号 字の区域の変更についてを採決いたします。

 本案に対する総務文教常任委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(中川一夫君) 挙手全員であります。

 よって、議案第15号は原案のとおり可決されました。

 次に、報告第4号 専決処分の承認を求めることについて、専決処分第219号 射水市職員の給与に関する条例等の一部改正についてを採決いたします。

 本案に対する総務文教常任委員長の報告は承認であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(中川一夫君) 挙手全員であります。

 よって、報告第4号は承認されました。

───────────────────────────────────────



△市長の追加提案理由の説明



○議長(中川一夫君) 次に、日程第2、本日提案されました議案第16号並びに同意第1号から同意第18号までを一括議題として、市長から提案理由の説明を求めます。

 分家市長。

         〔市長 分家静男君 登壇〕



◎市長(分家静男君) それでは、本日、追加提案いたしました議案1件及び同意18件について御説明を申し上げます。

 まず、議案第16号 射水市に収入役を置かない条例の制定についてでありますが、これは、地方自治法の規定に基づき、収入役を置かず、その事務を助役の所管とする条例を制定しようとするものであります。

 次に、同意第1号 助役の選任についてでありますが、これは、魚津市六郎丸709番地10、宮川忠男氏を射水市助役に選任しようとするものであります。

 同意第2号から同意第6号までは、教育委員会委員の任命についてであります。

 同意第2号は、射水市市井275番地、公文名眞氏、同意第3号は、射水市戸破3521番地3、高橋 功氏、同意第4号は、射水市三日曽根7番13号、大代忠男氏、同意第5号は、射水市中新湊8番20号、竹内伸一氏、同意第6号は、射水市放生津町17番5号、渡辺八重子氏を、それぞれ射水市教育委員会委員に任命しようとするものであります。

 同意第7号から同意第9号までは、公平委員会委員の選任についてであります。

 同意第7号は、射水市二の丸町14番11号、高藤林藏氏、同意第8号は、射水市松木304番地、糀 秀一氏、同意第9号は、射水市桜町13番19号、島 雅代氏を、それぞれ射水市公平委員会委員に選任しようとするものであります。

 同意第10号から同意第14号までは、固定資産評価審査委員会委員の選任についてであります。

 同意第10号は、射水市善光寺23番20号、菅谷正一氏、同意第11号は、射水市戸破4227番地、木村正明氏、同意第12号は、射水市生源寺164番地、竹島哲二氏、同意第13号は、射水市小林184番地1、前田 稔氏、同意第14号は、射水市白石297番地、向井清治氏を、それぞれ射水市固定資産評価審査委員会委員に選任しようとするものであります。

 同意第15号 固定資産評価員の選任については、射水市市民環境部長の竹内 満を射水市固定資産評価員に選任しようとするものであります。

 同意第16号から同意第18号までは、監査委員の選任についてであります。

 同意第16号は、射水市久々湊375番地、石黒洋二氏、同意第17号は、射水市二口1233番地9、川口 彰氏、同意第18号は、射水市上野2240番地、横堀大輔氏を、それぞれ射水市監査委員に選任しようとするものであります。

 以上、何とぞよろしくお願いいたします。



○議長(中川一夫君) 以上で市長の提案理由の説明が終わりました。

───────────────────────────────────────



△質疑



○議長(中川一夫君) これより議案第16号に対する質疑に入ります。質疑ありませんか。

         〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中川一夫君) 質疑なしと認め、これにて質疑を終結いたします。

───────────────────────────────────────



△委員会付託の省略



○議長(中川一夫君) お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議案第16号につきましては、会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略し、直ちに採決いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中川一夫君) 御異議なしと認めます。

 よって、議案第16号については、委員会付託を省略し、直ちに採決することに決しました。

───────────────────────────────────────



△討論



○議長(中川一夫君) これより討論に入ります。討論ありませんか。

         〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中川一夫君) 討論なしと認め、これにて討論を終結いたします。

───────────────────────────────────────



△表決



○議長(中川一夫君) これより採決をいたします。

 議案第16号 射水市に収入役を置かない条例の制定についてを、原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(中川一夫君) 挙手全員であります。

 よって、議案第16号は原案のとおり可決されました。

───────────────────────────────────────



△質疑



○議長(中川一夫君) 次に、同意第1号から同意第18号までに対する質疑に入ります。

 質疑の通告がありますので、発言を許します。

 津本二三男君。

         〔32番 津本二三男君 登壇〕



◆32番(津本二三男君) 津本二三男でございます。

 私は、今、提案されています同意案件第1号の助役の選任について、それと同意案件の2号から6号の教育委員の任命についての、この6議案について質疑をしたいと思います。

 この中身は、先ほど市長さんから提案がありましたとおりですが、まず、私の考えていることを言っておきたいと思います。

 一般質問でもいろいろな議論がなされました。今、合併して初めての議会を迎え、初めての、いわば行政一歩目を踏み出している。今この時期に何が大事かということで、市長も含めその一体感をどうやって醸成するか、その努力に取り組むということが、一般質問でも盛んに言われました。その質問の中でも、今度、一体感とはそもそも一体何をいうのか、何をもってはかるのかということも提起されたりして、なかなか難しい問題もあります。

 私は、これまで、合併が決まってから新湊の人からお話を聞く機会がありまして、すごく納得したことが一つあります。それは、その一体感というのは、実はなかなか難しい。一体感をつくるというのは難しい。今、小学生、子供たちですね、物心がつくころの子供たちが大人になって、実は本当の意味の射水市民ができるんだろう。いわばそんなふうに、私なら小杉ですが、小杉としての気負いもなく本当に新射水市としてのことを考えられる、そういう人たちが出てくる、そのときに本当の一体感がなし遂げられたんじゃないかというふうになるんじゃないかというお話を聞いて、本当にそうだろうとは思いました。

 じゃあ私たちは今何をすべきかということでは、その努力をするということなんだろうと思います。その努力の中では、いろいろな議論はありましたが、私はこれが一番本筋だと思っています。何かといいますと、地域の違いを超えて広範な市民の納得と共感の上で行政を進めていく、これに徹することだと思っています。その上で、時間もかかるし、手間もかかるかもしれませんが、一つ一つの行政についてそうやって配慮をしていくということが大事なんじゃないかと思っています。その上で一番大事になっていくのが人の配置ではないかと、私は思っています。

 また、もう一つ考えているのは、それぞれの地域のよいところを生かしていく、これこそが新しい射水市をつくっていく最大の力になっていくと思っています。一地域のやってきたことを全市に広げる、こういうやり方では決してあってはならないと思っています。

 もう一度言いますが、だれがやってくれるわけでもなくて、人がやらざるを得ない。結局、人がそれを判断し、行動していくわけですので、言うまでもないことですが、市の幹部といいますか、この幹部の配置についてもそれぞれの地域のよさもわかり、住民感情もわかる、そういう配置をしてこそ、今言ったような望ましい市へ向かっていけるんじゃないかと、私は思っております。

 で、質疑の中身に入っていきます。ここで提案されている助役ですが、私の理解では、前新湊市時代の助役さんだったというふうに理解しておりますが、どうでしょうか。

 それと、教育委員については、1人は小杉の方、1人は大門の方、あと3人の方は、やはり新湊市時代の教育委員の人だったというふうに理解しておりますが、それで合っていますか。

 もう一つ、教育長はどのようにして決まるのか、これも聞いておきたいと思います。

 大体、私のイメージとしては、市長は分家さん、新湊出身の方、議長は中川さん、新湊の方、助役も、今、提案されているのは新湊の方、場合によっては教育長も新湊の方というふうになるのではないかと思っていますが、ある意味では余りに偏り過ぎて、一地域ですべての幹部を占めてしまうという事態になってしまうと、このようにイメージしています。

 これでは、ほかの旧4町村の地域の市民に対しては余りにも配慮がないんじゃないか、このように率直に感じます。また、これで各地域のよいところを生かした新しい市の行政ができるのかというふうな疑問も思っています。この点について市長の答弁をいただきたいと思います。



○議長(中川一夫君) 当局の答弁を求めます。

 分家市長。

         〔市長 分家静男君 登壇〕



◎市長(分家静男君) ただいまの御質問にお答えいたします。

 まず、第1点目については、そのとおりでございます。

 第2点目につきましては、人物を本位として選ばせていただきました。

 3点目につきましては、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第16条に基づき教育委員会が任命されるものであります。

 以上であります。



○議長(中川一夫君) 津本二三男君。

         〔32番 津本二三男君 登壇〕



◆32番(津本二三男君) 再質問というほどのものではないんですが、教育長はどのように決まるかということでは、互選で決まるということですので、それは、人数で決まるようなものだとは思いませんが、5人のうち1人は小杉、1人は大門、残りは3人をなぜそんなふうにして人選されたのかという疑問を感じてしまいます。

 で、答弁がなかったのが、これでは余りに配慮が足りないんじゃないかということと、各地のよいところを生かした市の行政運営といいますか、新しい行政をつくり上げていくということでは望めないんじゃないかということを私は聞いたわけですが、この点の答弁はありませんでしたので、再度お願いします。



○議長(中川一夫君) 当局の答弁を求めます。

 分家市長。

         〔市長 分家静男君 登壇〕



◎市長(分家静男君) 先ほど申し述べましたとおり人物本位、射水は一つであります。



○議長(中川一夫君) 以上で質疑を終結いたします。

───────────────────────────────────────



△委員会付託の省略



○議長(中川一夫君) お諮りいたします。

 ただいま議題となっております同意第1号から同意第18号までにつきましては、会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略し、直ちに採決いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中川一夫君) 御異議なしと認めます。

 よって、同意第1号から同意第18号までについては、委員会付託を省略し、直ちに採決することに決しました。

───────────────────────────────────────



△表決



○議長(中川一夫君) 同意第1号 助役の選任についてを採決いたします。

 市長提案のとおり、魚津市六郎丸709番地10、宮川忠男君に同意することに賛成の諸君の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(中川一夫君) 起立多数であります。

 よって、助役に宮川忠男君が同意されました。

 ここで暫時休憩いたします。

 3時10分から本会議を再開いたします。





△休憩 午後 2時51分





△再開 午後 3時10分





○議長(中川一夫君) ただいまの出席議員数は、会議の定足数に達しております。

 休憩前に引き続き会議を開きます。

───────────────────────────────────────



△助役あいさつ



○議長(中川一夫君) 助役に同意されました宮川忠男君から発言の申し出がありますので、これを許します。

 宮川助役。

         〔助役 宮川忠男君 登壇〕



◎助役(宮川忠男君) ただいまは、夢と元気のある、そして限りない発展を秘めた射水市の助役に選任いただきまして、本当にありがとうございました。

 現在は、その責任の重大さを痛感いたしております。今後は、分家市長を補佐し、市民の幸せと市政の発展のために精いっぱい頑張るつもりでありますので、議員各位並びに市民の皆様の御指導、御鞭撻をよろしくお願いいたします。

───────────────────────────────────────



△表決



○議長(中川一夫君) 次に、同意第2号 教育委員会委員の任命についてを採決いたします。

 市長提案のとおり、射水市市井275番地、公文名眞君に同意することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(中川一夫君) 挙手全員であります。

 よって、教育委員会委員に公文名眞君が同意されました。

 次に、同意第3号 教育委員会委員の任命についてを採決いたします。

 市長提案のとおり、射水市戸破3521番地3、高橋 功君に同意することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(中川一夫君) 挙手全員であります。

 よって、教育委員会委員に高橋 功君が同意されました。

 次に、同意第4号 教育委員会委員の任命についてを採決いたします。

 市長提案のとおり、射水市三日曽根7番13号、大代忠男君に同意することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(中川一夫君) 挙手多数であります。

 よって、教育委員会委員に大代忠男君が同意されました。

 次に、同意第5号 教育委員会委員の任命についてを採決いたします。

 市長提案のとおり、射水市中新湊8番20号、竹内伸一君に同意することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(中川一夫君) 挙手多数であります。

 よって、教育委員会委員に竹内伸一君が同意されました。

 次に、同意第6号 教育委員会委員の任命についてを採決いたします。

 市長提案のとおり、射水市放生津町17番5号、渡辺八重子君に同意することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(中川一夫君) 挙手多数であります。

 よって、教育委員会委員に渡辺八重子君が同意されました。

 次に、同意第7号 公平委員会委員の選任についてを採決いたします。

 市長提案のとおり、射水市二の丸町14番11号、高藤林藏君に同意することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(中川一夫君) 挙手全員であります。

 よって、公平委員会委員に高藤林藏君が同意されました。

 次に、同意第8号 公平委員会委員の選任についてを採決いたします。

 市長提案のとおり、射水市松木304番地、糀 秀一君に同意することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(中川一夫君) 挙手全員であります。

 よって、公平委員会委員に糀 秀一君が同意されました。

 次に、同意第9号 公平委員会委員の選任についてを採決いたします。

 市長提案のとおり、射水市桜町13番19号、島 雅代君に同意することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(中川一夫君) 挙手全員であります。

 よって、公平委員会委員に島 雅代君が同意されました。

 次に、同意第10号 固定資産評価審査委員会委員の選任についてを採決いたします。

 市長提案のとおり、射水市善光寺23番20号、菅谷正一君に同意することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(中川一夫君) 挙手全員であります。

 よって、固定資産評価審査委員会委員に菅谷正一君が同意されました。

 次に、同意第11号 固定資産評価審査委員会委員の選任についてを採決いたします。

 市長提案のとおり、射水市戸破4227番地、木村正明君に同意することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(中川一夫君) 挙手全員であります。

 よって、固定資産評価審査委員会委員に木村正明君が同意されました。

 次に、同意第12号 固定資産評価審査委員会委員の選任についてを採決いたします。

 市長提案のとおり、射水市生源寺164番地、竹島哲二君に同意することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(中川一夫君) 挙手全員であります。

 よって、固定資産評価審査委員会委員に竹島哲二君が同意されました。

 次に、同意第13号 固定資産評価審査委員会委員の選任についてを採決いたします。

 市長提案のとおり、射水市小林184番地1、前田 稔君に同意することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(中川一夫君) 挙手全員であります。

 よって、固定資産評価審査委員会委員に前田 稔君が同意されました。

 次に、同意第14号 固定資産評価審査委員会委員の選任についてを採決いたします。

 市長提案のとおり、射水市白石297番、向井清治君に同意することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(中川一夫君) 挙手全員であります。

 よって、固定資産評価審査委員会委員に向井清治君が同意されました。

 次に、同意第15号 固定資産評価員の選任についてを採決いたします。

 市長提案のとおり、射水市大江683番地、竹内 満君に同意することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(中川一夫君) 挙手全員であります。

 よって、固定資産評価員に竹内 満君が同意されました。

 次に、同意第16号 監査委員の選任についてを採決いたします。

 市長提案のとおり、射水市久々湊375番地、石黒洋二君に同意することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(中川一夫君) 挙手全員であります。

 よって、監査委員に石黒洋二君が同意されました。

 次に、同意第17号 監査委員の選任についてを採決いたします。

 市長提案のとおり、射水市二口1233番地9、川口 彰君に同意することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(中川一夫君) 挙手全員であります。

 よって、監査委員に川口 彰君が同意されました。

 次に、同意第18号 監査委員の選任についてを採決いたします。

 市長提案のとおり、射水市上野2240番地、横堀大輔君に同意することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(中川一夫君) 挙手全員であります。

 よって、監査委員に横堀大輔君が同意されました。

───────────────────────────────────────



△農業委員会委員の推薦



○議長(中川一夫君) 次に、日程第3 農業委員会委員の推薦についてを議題といたします。

 本件につきましては、農業委員会等に関する法律第4条及び同法第12条第1項第2号の規定により、市長から学識経験者の推薦を求められたものであります。

───────────────────────────────────────



△表決



○議長(中川一夫君) お諮りいたします。

 議会推薦の農業委員会委員に、射水市殿村196番地、柴田助治君、射水市上野2240番地、横堀大輔君、射水市下村三箇228番地、芝田 ?君、射水市今開発619番地、竹内勇三君、以上4名を推薦することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(中川一夫君) 挙手多数であります。

 よって、農業委員会委員に、柴田助治君、横堀大輔君、芝田 ?君、竹内勇三君、以上4名を推薦することに決しました。

───────────────────────────────────────



△選挙第3号 選挙管理委員及び同補充員の選挙



○議長(中川一夫君) 次に、日程第4 選挙第3号 選挙管理委員及び同補充員の選挙を議題といたします。

 まず、選挙管理委員4人の選挙を行います。

 お諮りいたします。

 選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により指名推選によりたいと思います。これに御異議ありませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中川一夫君) 御異議なしと認めます。

 よって、選挙の方法は、指名推選によることに決定いたしました。

 お諮りいたします。

 指名の方法につきましては、議長において指名することにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中川一夫君) 御異議なしと認めます。

 よって、議長において指名することに決しました。

 選挙管理委員に、射水市海老江284番地、波 政枝君、射水市椎土609番地、藤田良雄君、射水市生源寺123番地、福田保一君、射水市小島948番地2、森永泰正君を指名いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま指名いたしました諸君を選挙管理委員選挙の当選人に定めることに御異議ありませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中川一夫君) 御異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました諸君が選挙管理委員に当選されました。

 次に、選挙管理委員の補充員4人の選挙を行います。

 お諮りいたします。

 選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により指名推選によりたいと思います。これに御異議ありませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中川一夫君) 御異議なしと認めます。

 よって、選挙の方法は、指名推選によることに決しました。

 お諮りいたします。

 指名の方法につきましては、議長において指名することにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中川一夫君) 御異議なしと認めます。

 よって、議長において指名することに決定いたしました。

 お諮りいたします。

 補充員の補欠順序は、指名の順序によることにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中川一夫君) 御異議なしと認めます。

 よって、補充員の補欠順序は、指名の順序によることに決定いたしました。

 選挙管理委員の補充員に、射水市加茂中部1025番地、竹島教仁君、射水市川口858番地、二山文夫君、射水市中太閤山8丁目33番地、小林哲郎君、射水市串田8328番地、?橋哲夫君を指名いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま指名いたしました諸君を選挙管理委員の補充員選挙の当選人に定めることに御異議ありませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中川一夫君) 御異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました諸君が射水市選挙管理委員の補充員に当選されました。

───────────────────────────────────────



△選挙第4号 庄川右岸水害予防組合議会議員の選挙



○議長(中川一夫君) 次に、日程第5 選挙第4号 庄川右岸水害予防組合議会議員の選挙を議題といたします。

 本件につきましては、平成17年11月1日付の市町村合併に伴い旧構成市町議会選出議員が失職し、欠員が生じたことに伴う選挙を、庄川右岸水害予防組合管理者から、組合規約第6条第1項の規定により求められたものであります。

 これにより同組合議会議員の選挙を行います。

 お諮りいたします。

 選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により指名推選によりたいと思います。これに御異議ありませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中川一夫君) 御異議なしと認めます。

 よって、選挙の方法は、指名推選によることに決しました。

 お諮りいたします。

 指名の方法につきましては、議長において指名することにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中川一夫君) 御異議なしと認めます。

 よって、議長において指名することに決しました。

 それでは、申し上げます。

 射水市松木734番地、岡本良幸君、射水市二口2504番地1、奈田安弘君、射水市小島3785番地、竹内美津子君、射水市土合1321番地2、中村 弘君、射水市作道1859番地、四柳 允君、射水市安吉193番地、藤井喜義君、射水市松木725番地3、東保 力君、射水市上野2240番地、横堀大輔君、射水市戸破5158番地、石黒勝三郎君、射水市中野475番地、瀧田啓剛君、射水市二口2489番地、川井 實君、射水市島324番地、粟江弘信君、射水市中村146番地、星野 勤君、射水市生源寺305番地1、竹島孝一君、射水市土合1018番地、夏野和良君、射水市広上1068番地、広田 肇君、射水市西広上31番地、表 昌彦君、射水市西新湊20番9号、境蓮勇一君、射水市沖塚原473番地、堀 芳夫君、射水市寺塚原302番地、佐伯修太郎君、射水市高木205番地、中江敏之君、射水市作道1876番地、宮島誠吉君、射水市片口高場389番地、石川 勇君、射水市片口59番地、片林郁夫君。

 以上24名の諸君を指名いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議長において指名いたしました諸君を庄川右岸水害予防組合議会議員選挙の当選人と定めることに御異議ありませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中川一夫君) 御異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました諸君が当選されました。

 ただいま庄川右岸水害水害予防組合議会議員に当選されました諸君には、本席から会議規則第32条第2項の規定により告知いたします。

───────────────────────────────────────



△選挙第5号 庄川左岸水害予防組合議会議員の選挙



○議長(中川一夫君) 次に、日程第6 選挙第5号 庄川左岸水害予防組合議会議員の選挙を議題といたします。

 本件につきましては、平成17年11月1日付の市町村合併に伴い旧構成市町村議会選出議員が失職し、欠員が生じたことに伴う選挙を、庄川左岸水害予防組合管理者から、組合規約第6条第2項の規定により求められたものであります。

 これより同組合議会議員の選挙を行います。

 お諮りいたします。

 選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により指名推選によりたいと思います。これに御異議ありませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中川一夫君) 御異議なしと認めます。

 よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。

 お諮りいたします。

 指名の方法につきましては、議長において指名することにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中川一夫君) 御異議なしと認めます。

 よって、議長において指名することに決しました。

 それでは、申し上げます。

 射水市庄西町一丁目3番26号、泉田恒男君を指名いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議長において指名いたしました泉田恒男君を庄川左岸水害予防組合議会議員選挙の当選人と定めることに御異議ありませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中川一夫君) 御異議なしと認めます。

 よって、庄川左岸水害予防組合議会議員に泉田恒男君が当選されました。

 ただいま当選されました泉田恒男君が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により告知いたします。

───────────────────────────────────────



△議会運営委員会及び各常任委員会の閉会中の継続審査



○議長(中川一夫君) 次に、日程第7 議会運営委員会及び各常任委員会の閉会中の継続審査についてを議題といたします。

 各委員長から会議規則第104条の規定により、お手元に配付してあります申し出一覧表のとおり、閉会中の継続審査の申し出があります。

 お諮りいたします。

 各委員長からの申し出のとおり閉会中の継続審査に付することに御異議ありませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(中川一夫君) 御異議なしと認めます。

 よって、各委員長から申し出のとおり閉会中の継続審査に付することに決しました。



          閉会中継続審査事件の申し出一覧



委員会名
件名


議会運営
1 議会の運営に関することについて2 議会の会議規則、委員会条例等に関することについて3 議長の諮問に関することについて


総務文教
1 行財政の効率的執行について2 市政の重要施策の推進について3 合併関連の推進について4 土地利用の基本計画について5 防災対策について6 学校教育の充実と教育環境の整備について7 生涯教育の振興及び体育・スポーツ、芸術・文化施策の推進について8 消防対策について9 その他総務文教所管に関することについて


福祉病院
1 高齢者、児童・母子家庭等の福祉対策の促進について2 障害者(児)の福祉対策の促進について3 介護保険事業について4 健康増進施策の推進について5 市民病院事業について6 その他福祉病院所管に関することについて


市民環境
1 市税の賦課、徴収について2 国民健康保険事業及び老人保健医療事業について3 総合交通対策について4 地域交通対策について5 交通安全対策の推進について6 環境保全、環境衛生対策の促進について7 その他市民環境所管に関することについて


産業建設
1 港湾の整備促進について2 商工業の振興対策について3 観光事業の推進について4 農業及び水産業の振興育成について5 地域開発事業について6 新幹線の整備推進について7 河川、水利及び水防について8 都市公園緑地等について9 道路、都市計画事業の促進について10 住宅対策について11 上下水道事業について12 その他産業建設所管に関することについて





───────────────────────────────────────



△閉会の宣告



○議長(中川一夫君) 以上をもちまして、今定例会に付議されました案件はすべて議了いたしました。

 議員各位には、開会中、終始熱心に、かつ慎重な御審議をいただき、厚く御礼を申し上げます。

 ことしもあとわずか残すのみとなりました。各位におかれましては、御健勝で、夢と希望に満ちた新春を迎えられますよう心から御祈念申し上げます。

 これをもちまして、平成17年12月射水市議会定例会を閉会いたします。

 本当に御苦労さまでした。



△閉会 午後 3時32分

地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

  平成  年  月  日

          射水市議会臨時議長  呉松福一

          射水市議会議長    中川一夫

          射水市議会副議長   高橋久和

          射水市議会議員    菅野清人

          射水市議会議員    赤江寿美雄

          射水市議会議員    小島啓子