議事ロックス -地方議会議事録検索-


富山県 射水市

平成20年 12月 定例会 12月09日−01号




平成20年 12月 定例会 − 12月09日−01号







平成20年 12月 定例会



          平成20年12月射水市議会定例会会議録(第1日目)

議事日程(第1号)

                   平成20年12月9日(火)午前10時開議

日程第1 会議録署名議員の指名

日程第2 会期の決定

日程第3 市長の提案理由の説明(議案第83号から議案第106号まで)(質疑)

日程第4 予算特別委員会の設置及び議案の付託(議案第83号)

日程第5 各議案の委員会付託(議案第84号から議案第106号まで)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

日程第1から日程第5まで議事日程に同じ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議長及び副議長の氏名

    議長   横堀大輔

    副議長  堀 義治

議員の定数   35名

議員の現在数  35名

出席議員(35名)

     1番  菅野清人君      2番  中村文隆君

     3番  岡本良幸君      4番  坂東 昭君

     5番  吉野省三君      6番  伊勢 司君

     7番  津田信人君      8番  堀 義治君

     9番  橋本昌樹君     10番  古城克實君

    11番  梶谷幸三君     12番  赤江寿美雄君

    13番  奈田安弘君     14番  高橋久和君

    15番  竹内美津子君    16番  新中孝子君

    17番  泉田恒男君     18番  中村 弘君

    19番  義本幸子君     20番  高橋賢治君

    21番  野崎義雄君     22番  中野正一君

    23番  四柳 允君     24番  小島啓子君

    25番  藤井喜義君     26番  帯刀 毅君

    27番  中川一夫君     28番  東保 力君

    29番  横堀大輔君     30番  石黒勝三郎君

    31番  呉松福一君     32番  津本二三男君

    33番  嶋崎栄治君     34番  瀧田啓剛君

    35番  大窪長則君

欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

説明のため出席した者

 市長         分家静男君   副市長        宮川忠男君

 教育長        山下富雄君   教育委員長      大代忠男君

 代表監査委員     石黒洋二君   市長公室長      橋本孝雄君

 企画総務部長     宮田雅人君   市民環境部長     村下四郎君

 福祉保健部長     宮林明雄君   産業経済部長     竹内直樹君

 都市整備部長     小井雄三君   上下水道部長     中田敏晴君

 市民病院事務局長   竹内三和君   会計管理者      二口紀代人君

 監査委員事務局長   竹内 満君   消防長        浦口成男君

 財政課長       渋谷俊樹君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

職務のため議場に出席した事務局職員

 議会事務局長     宮崎 治    議事調査課長     亀島史郎

 議事調査課課長補佐  倉敷博一    議事係主査      梅本雅子



△開会 午前10時00分



△開会の宣告



○議長(横堀大輔君) 皆さんおはようございます。

 ただいまから平成20年12月射水市議会定例会を開会いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議の宣告



○議長(横堀大輔君) 本日の出席議員数はただいまのところ35名であります。

 よって、会議の定足数に達しておりますので、本日の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諸般の報告



○議長(横堀大輔君) 日程に入る前に、諸般の報告をいたします。

 去る10月10日、東京小杉会の総会があり、射水市議会として出席をし、懇親を深めてまいりました。

 次に、11月25日、本市の重要課題であります臨港道路富山新港東西線などの整備促進について、国土交通省並びに県選出国会議員に要望してまいりました。

 次に、去る9月定例会において議決されました「社会保障費を毎年2,200億円抑制する方針の撤回を求める意見書」及び「道路特定財源の一般財源化に伴う地方の道路予算確保に関する意見書」につきましては、内閣総理大臣を初め関係各方面に提出いたしましたので、御報告申し上げます。

 次に、監査委員から、地方自治法第199条の規定により定例監査の結果に関する報告書が議長のもとに提出されておりますので、事務局において適宜御閲覧願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名



○議長(横堀大輔君) これより本日の日程に入ります。

 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付してあります日程表のとおりであります。

 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において

  坂東 昭君

  竹内美津子君

  東保 力君

 を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会期の決定



○議長(横堀大輔君) 次に、日程第2 会期の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。

 本定例会の会期は、本日から12月22日までの14日間といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(横堀大輔君) 御異議なしと認めます。

 よって、会期は14日間と決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△市長の提案理由の説明・質疑(議案第83号から議案第106号まで)



○議長(横堀大輔君) 次に、日程第3 議案第83号から議案第106号までを一括議題として、市長から提案理由の説明を求めます。

 分家市長。

         〔市長 分家静男君 登壇〕



◎市長(分家静男君) おはようございます。

 本日、平成20年12月市議会定例会が開催されるに当たり、所信の一端と提出いたしました補正予算並びにその他の案件について御説明を申し上げます。

 ことしは、本市を初め各地で集中豪雨による災害が多発した年でありました。そして、北陸は間もなく厳しい雪の季節を迎えようとしております。気象台の長期予報によれば、この冬は暖冬で雪が少ないとも言われておりますが、異常気象が懸念される昨今、大雪にならないことを願う次第であります。

 さて、国内の経済情勢につきましては、先ごろ国が発表した月例経済報告によれば、輸出、生産ともに減少し、企業収益は減少しているとし、雇用情勢、個人消費などを含め幅広い項目で、その悪化を報じており、景気の基調判断を2カ月連続で下方修正しました。

 また、先行きについても、連日のように報道される企業業績の悪化などから、その厳しさを改めて強く認識するものであります。

 このような状況のもとで、政府は生活不安の解消や持続可能社会への変革加速などを柱とした1兆8,000億円規模の安心実現のための緊急総合対策を閣議決定し、さきに第1次補正予算を成立させ、実施しているところであります。これらの対策により、一日も早く日本経済が再生することを強く願うとともに、現在検討されている追加経済対策が、実効性があり真に国民の幸せにつながるものとなるよう強く要望するものであります。

 本市といたしましても、地域の経済対策に全力で取り組んでまいることが重要であると考えており、今回の国の措置を受け、地域活性化・緊急安心実現総合対策交付金で実施する雨水対策事業、さらには小学校の大規模改造事業などを前倒しで実施することを本日提案しております12月補正予算案に盛り込んでいるところであります。

 このような背景のもと、新年度の予算編成作業を進めておりますが、歳入見通しにつきましては、市税収入が企業収益の減少などにより大幅に減収する見込みであり、交付税につきましても、総務省の地方財政収支の仮試算によりますと、その総額は前年度比3.9%の減と公表されており、財源的にかなりの影響を受けることが予想されます。

 したがいまして、予算編成に当たっては、引き続き行財政改革を強力に進めるとともに、扶助費や公債費などの義務的経費を除く一般行政経費及び投資的経費のうち通常事業については、本年度当初予算と比べ一般財源ベースでマイナス10%の予算要求基準を設定したところであります。さらに、総合計画の実施計画に示した事業につきましても、その内容を十分精査することはもちろん、その他の施策についても厳しい選択を行い、限られた財源の重点的配分と効率的な経費の支出に努めるなど、将来にわたる安定した財政基盤の確立に向けて一層努力し、市民の信頼と期待にこたえるよう全力を挙げてまいりたいと考えております。

 それでは、本日提出いたしました議案24件につきまして、その概要を申し上げます。

 まず、議案第83号 平成20年度射水市一般会計補正予算(第3号)につきましては、歳入歳出にそれぞれ16億5,118万2,000円を追加し、予算総額を402億5,012万1,000円とするものであります。

 今回の補正は、国の追加補助に伴う小杉小学校及び東明小学校の大規模改造費などを増額するほか、各事務事業の所要見込み額の変更などにより、所要の補正を行うものであります。

 歳入の主なものを申し上げますと、固定資産税で5,000万円、国・県支出金で6億3,649万2,000円、財政調整基金繰入金で1億2,100万円、市債で7億6,950万円などを増額するものであります。

 また、歳出の主なものを申し上げますと、総務費では、防災対策として雨量・水位等監視システムの構築費など8,211万8,000円を増額するものであります。

 民生費では、国の制度改正により利用者負担の軽減が図られたことから、自立支援給付費を増額するほか、児童数の増加に伴う保育園運営委託費や児童手当などで3億4,909万4,000円を増額するものであります。

 衛生費では、各種がん検診委託費や病院事業会計への繰出金など3,817万4,000円を増額するものであります。

 農林水産業費では、燃油・肥料代の高騰に対する緊急支援補助金を新たに計上するなど1,090万円を増額するものであります。

 商工費では、進出企業の事業計画が変更されたことから、企業立地奨励事業助成金を減額するなど1,186万円を減額するものであります。

 土木費では、市内14カ所に浸水警告板を設置するなど雨水対策に要する経費を新たに計上するほか、下水道事業特別会計への繰出金を増額するなど3,648万5,000円を増額するものであります。

 教育費では、小杉小学校校舎の大規模改造などに要する経費を増額するほか、東明小学校屋内運動場の改築に要する経費を新たに計上するなど11億6,093万1,000円を増額するものであります。

 そのほか、債務負担行為につきましては、射水市川の駅新湊ほか3件について、平成21年度から平成23年度まで指定管理者にその管理を移行するため、各施設の管理等業務を追加するなど、計33件について補正するものであります。

 次に、議案第84号 平成20年度射水市公共用地先行取得事業特別会計補正予算(第1号)につきましては、歳入歳出にそれぞれ130万1,000円を追加し、予算総額を5,250万2,000円とするものであります。歳入では、普通財産貸付収入を新たに計上し、歳出では、その同額を土地開発基金へ繰り出すものであります。

 次に、議案第85号 平成20年度射水市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)につきましては、歳入歳出にそれぞれ460万6,000円を追加し、予算総額を81億517万6,000円とするものであります。歳入では、一般会計繰入金などを増額し、歳出では、出産育児一時金などを増額するものであります。

 次に、議案第86号 平成20年度射水市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第2号)につきましては、歳入歳出からそれぞれ1億2,972万8,000円を減額し、予算総額を15億895万6,000円とするものであります。歳入では、一般会計繰入金を増額する一方、後期高齢者医療保険料などを減額し、歳出では、徴収費などを増額する一方、後期高齢者医療広域連合への納付金などを減額するものであります。

 次に、議案第87号 平成20年度射水市老人保健医療事業特別会計補正予算(第3号)につきましては、歳入歳出からそれぞれ2億6,999万6,000円を減額し、予算総額を8億993万8,000円とするものであります。歳入では、支払基金交付金や国・県医療費負担金などを減額し、歳出では、医療給付費などを減額するものであります。

 次に、議案第88号 平成20年度射水市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)につきましては、保険事業勘定で歳入歳出にそれぞれ9,796万5,000円を追加し、予算総額を66億7,115万2,000円とするものであります。歳入では、国・県介護給付費負担金や支払基金交付金などを増額し、歳出では、地域密着型介護サービス費や高額介護サービス費などを増額するものであります。

 次に、議案第89号 平成20年度射水市水道事業会計補正予算(第1号)につきましては、収益的収支の収入で加入金など520万円を減額し、支出で支払利息を減額するなど1,089万3,000円を減額するほか、資本的収支の収入で工事負担金2,162万1,000円を減額し、支出で配水管等整備事業費を減額するなど2,824万8,000円を減額するものであります。

 次に、議案第90号 平成20年度射水市下水道事業特別会計補正予算(第2号)につきましては、歳入歳出にそれぞれ1億2,071万4,000円を追加し、予算総額を52億9,569万9,000円とするものであります。歳入では、神通川左岸流域下水道の維持管理負担金精算額を新たに計上するほか、一般会計繰入金などを増額する一方、公共下水道整備事業債などを減額するものであります。歳出では、管渠・ポンプ維持管理費や神通川左岸流域下水道の維持管理負担金を増額する一方、雨水管渠整備事業費を減額するものであります。

 次に、議案第91号 平成20年度射水市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)につきましては、歳入歳出にそれぞれ472万1,000円を追加し、予算総額を6億8,253万6,000円とするものであります。歳入では、一般会計繰入金などを増額し、歳出では、処理場管理費や管渠・ポンプ維持管理費などを増額するものであります。

 次に、議案第92号 平成20年度射水市病院事業会計補正予算(第2号)につきましては、収益的収支の収入で一般会計補助金1,463万1,000円を増額し、支出で給与費241万4,000円を減額するほか、資本的収支の収入で企業債1,710万円を増額し、支出で企業債償還金1,712万2,000円を増額するものであります。

 続きまして、予算以外の議案について御説明を申し上げます。

 まず、議案第93号 射水市職員の自己啓発等休業に関する条例の一部改正については、独立行政法人国際協力機構法の一部改正に伴い、同法の条項を引用する関係条文を改めるものであります。

 議案第94号 射水市ふるさと基金条例の一部改正については、基金の目的を達成するために必要な財源に充てる場合に限り、基金を処分することができるよう、所要の改正を行うものであります。

 議案第95号 射水市長期継続契約とする契約を定める条例の一部改正については、長期継続契約について、その範囲を拡大し、所要の改正を行うものであります。

 議案第96号 射水市手数料条例の一部改正については、住民基本台帳カードの交付に関する事務の手数料について、市民の負担軽減と住民基本台帳カード普及促進の観点から、交付手数料を一定期間無料とするため、所要の改正を行うものであります。

 議案第97号 射水市民病院使用料及び手数料条例の一部改正については、診療報酬の算定方法による診療報酬の改定に伴い、人間ドック料金を改めるなど所要の改正を行うものであります。

 議案第98号 射水市図書館条例の一部改正については、本市図書館の利用実態や費用対効果を考慮し、開館時間や休館日を変更するため、所要の改正を行うものであります。

 議案第99号 射水市小杉展示館条例及び射水市竹内源造記念館条例の一部改正については、本市類似施設の開館時間を調整し、利用者の利便性を向上させた施設運営を図るため、所要の改正を行うものであります。

 議案第100号 射水市消防本部及び消防署の設置等に関する条例の一部改正については、新湊消防署の移転及び射水市鏡宮土地区画整理事業の実施に伴い、所要の改正を行うものであります。

 議案第101号 射水市道路線の認定については、県道バイパス計画に関連する道路及び県管理の港湾道路が移管されることに伴い、3路線を市道として認定しようとするものであります。

 議案第102号から議案第105号までの指定管理者の指定については、射水市川の駅新湊ほか4施設について、指定管理者を指定するものであり、その期間を平成21年4月1日から平成24年3月31日までとし、地方自治法の規定により議会の議決を求めるものであります。

 議案第106号 射水市国民健康保険条例の一部改正については、健康保険法施行令の一部改正により、新たに産科医療補償制度が導入されたことに伴い分娩費用が増加することから、出産育児一時金について、3万円を上限として加算し、被保険者の負担の軽減を図るよう、所要の改正を行うものであります。

 以上が本日提案いたしました案件の説明であります。何とぞ慎重審議の上、議決賜りますようお願いを申し上げます。

 最後に、去る10月1日、市の花、木、花木、さかなを制定し、それぞれ、カワラナデシコ、とねりこ、あじさい、そして、シラエビ、ベニズワイガニ及びアユと決定いたしました。これらは、この地を苦労して開拓した先人たちが親しんできたものであり、今後は広く市民の皆さまにもこれまで以上に親しまれるよう努めてまいりたいと考えております。

 特に、あしたを担う子供たちが、これを機会に一層ふるさとの歴史を学び、ふるさとを愛する心をはぐくんでいくものと期待しているところであります。

 議員各位を初め、市民の皆様の御理解と御協力を賜りますようお願い申し上げまして、提案理由の説明にかえさせていただきます。ありがとうございました。



○議長(横堀大輔君) 以上で市長の提案理由の説明が終わりました。

 これより各議案に対する質疑に入ります。質疑ありませんか。

         〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(横堀大輔君) 質疑なしと認め、これにて質疑を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△予算特別委員会の設置及び議案の付託(議案第83号)



○議長(横堀大輔君) 次に、日程第4 予算特別委員会の設置及び議案の付託についてを議題といたします。

 お諮りをいたします。

 議案第83号 平成20年度射水市一般会計補正予算(第3号)については、先例により議長を除く議員全員で構成する予算特別委員会を設置し、これに付託いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(横堀大輔君) 御異議なしと認めます。

 よって、予算特別委員会を設置し、議案第83号を付託することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△各議案の委員会付託(議案第84号から議案第106号まで)



○議長(横堀大輔君) 次に、日程第5 各議案の委員会付託を行います。

 議案第84号から議案第106号までについては、お手元に配付してあります議案付託表のとおり、それぞれの所管の常任委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会の宣告



○議長(横堀大輔君) 以上で本日の日程は終了いたしました。

 ここでお諮りをいたします。

 12月10日及び11日は議案調査日として休会いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(横堀大輔君) 御異議なしと認めます。

 よって、12月10日及び11日は休会することに決しました。

 次の本会議は12日に開き、各派代表質問を行います。

 本日はこれをもって散会いたします。

 どうも御苦労さまでした。



△散会 午前10時22分