議事ロックス -地方議会議事録検索-


富山県 射水市

平成20年  6月 定例会 06月25日−04号




平成20年  6月 定例会 − 06月25日−04号







平成20年  6月 定例会



          平成20年6月射水市議会定例会会議録(第4日目)

議事日程(第4号)

                    平成20年6月25日(水)午後2時開議

日程第1 委員長報告(議案第55号から議案第62号まで並びに報告第5号及び報告第6号)(質疑、討論、採決)

日程第2 市長の提案理由の説明(同意第1号並びに諮問第1号及び諮問第2号)(質疑、委員会付託省略、採決)

日程第3 議員の派遣について(採決)

日程第4 議会運営委員会及び各常任委員会の閉会中の継続審査(採決)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

日程第1から日程第4まで議事日程に同じ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議長及び副議長の氏名

    議長   横堀大輔

    副議長  堀 義治

議員の定数   35名

議員の現在数  35名

出席議員(35名)

     1番  菅野清人君      2番  中村文隆君

     3番  岡本良幸君      4番  坂東 昭君

     5番  吉野省三君      6番  伊勢 司君

     7番  津田信人君      8番  堀 義治君

     9番  橋本昌樹君     10番  古城克實君

    11番  梶谷幸三君     12番  赤江寿美雄君

    13番  奈田安弘君     14番  高橋久和君

    15番  竹内美津子君    16番  新中孝子君

    17番  泉田恒男君     18番  中村 弘君

    19番  義本幸子君     20番  高橋賢治君

    21番  野崎義雄君     22番  中野正一君

    23番  四柳 允君     24番  小島啓子君

    25番  藤井喜義君     26番  帯刀 毅君

    27番  中川一夫君     28番  東保 力君

    29番  横堀大輔君     30番  石黒勝三郎君

    31番  呉松福一君     32番  津本二三男君

    33番  嶋崎栄治君     34番  瀧田啓剛君

    35番  大窪長則君

欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

説明のため出席した者

 市長         分家静男君   副市長        宮川忠男君

 教育長        山下富雄君   教育委員長      大代忠男君

 代表監査委員     石黒洋二君   市長公室長      橋本孝雄君

 企画総務部長     宮田雅人君   市民環境部長     村下四郎君

 福祉保健部長     宮林明雄君   産業経済部長     竹内直樹君

 都市整備部長     小井雄三君   上下水道部長     中田敏晴君

 市民病院事務局長   竹内三和君   会計管理者      二口紀代人君

 消防長        浦口成男君   財政課長       渋谷俊樹君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

職務のため議場に出席した事務局職員

 議会事務局長     宮崎 治    議事調査課長     亀島史郎

 議事調査課課長補佐  倉敷博一    議事係主査      梅本雅子



△開議 午後2時00分



△開議の宣告



○議長(横堀大輔君) 本日の出席議員数は、ただいまのところ35名であります。

 よって、会議の定足数に達しておりますので、これより会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△委員長報告(議案第55号から議案第62号まで並びに報告第5号及び報告第6号)



○議長(横堀大輔君) 本日の議事日程は、お手元に配付いたしました議事日程のとおりであります。

 日程第1 議案第55号から議案第62号まで並びに報告第5号及び報告第6号を一括議題といたします。

 まず、各委員長から審査の報告を求めます。

 報告は、総務文教常任委員長・市民環境常任委員長・産業建設常任委員長・予算特別委員長の順でお願いをいたします。

 総務文教常任委員長。

         〔総務文教常任委員長 中村 弘君 登壇〕



◆総務文教常任委員長(中村弘君) 今6月定例会で総務文教常任委員会に付託されました議案1件及び報告1件について、審査の経過と結果について報告申し上げます。

 まず、議案第58号 ふるさと射水応援寄附条例の制定について申し上げます。

 これは、射水市をふるさとと思い、応援しようとする市外に在住する個人及び市外に拠点がある団体から寄附金を募るとともに、ふるさと射水応援基金を設置し、寄附者の意思に即した事業に活用することにより、個性豊かで輝きのあるまちづくりを行うため条例を制定しようとするものであり、審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、報告第5号 専決処分の承認を求めることについて 専決処分第5号 射水市国民保護協議会条例の一部改正について申し上げます。

 これは射水市国民保護協議会条例中、「企画総務部総務課」を「市長公室情報・危機管理課」に改める専決処分をしたものであります。

 これは組織機構の見直しにより、射水市国民保護協議会の庶務担当課を市長公室情報・危機管理課とするため、本市条例について所要の改正を行ったものであり、審査の結果、賛成多数で原案のとおり承認すべきものと決しました。

 以上、総務文教常任委員会の報告といたします。



○議長(横堀大輔君) 市民環境常任委員長。

         〔市民環境常任委員長 義本幸子君 登壇〕



◆市民環境常任委員長(義本幸子君) 今6月定例会で市民環境常任委員会に付託されました議案3件及び報告1件について、審査の経過と結果についてご報告申し上げます。

 初めに、議案第56号 平成20年度射水市老人保健医療事業特別会計補正予算(第1号)について申し上げます。

 これは、歳入歳出予算の総額にそれぞれ5,759万9,000円を増額し、予算総額を10億7,883万4,000円とするものであります。歳入については繰越金などを増額し、歳出については前年度国庫負担金などの精算返還金や予備費などを増額するものであり、審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第59号 射水市手数料条例の一部改正について申し上げます。

 これは戸籍法の一部を改正する法律の施行に伴い、地方公共団体の手数料の標準に関する政令が一部改正されたため、本市条例について所要の改正を行うものであり、審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第60号 射水市国民健康保険税条例の一部改正について申し上げます。

 これは健康保険法等の一部を改正する法律及び地方税法等の一部を改正する法律が施行されたことに伴い、本市条例について所要の改正を行うものであり、審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、報告第6号 専決処分の承認を求めることについて 専決処分第6号 射水市市税条例の一部改正について申し上げます。

 これは地方税法の一部を改正する法律が4月30日に公布されたことに伴い、本市条例について所要の改正を行ったものであり、審査の結果、賛成多数で原案のとおり承認すべきものと決しました。

 以上で、市民環境常任委員会の報告といたします。



○議長(横堀大輔君) 産業建設常任委員長。

         〔産業建設常任委員長 古城克實君 登壇〕



◆産業建設常任委員長(古城克實君) 今6月定例会で産業建設常任委員会に付託されました議案3件について、審査の経過と結果をご報告申し上げます。

 まず、議案第57号 平成20年度射水市企業団地造成事業特別会計補正予算(第1号)について申し上げます。

 これは、歳入歳出総額にそれぞれ2億8,061万4,000円を増額し、予算総額を3億7,183万3,000円とするものであります。

 その主なものは、広上工業団地の用地売却に伴い、歳入では不動産売払収入を新たに計上し、歳出では用地に係る借入金を繰上償還するため、公債費を増額するものであります。

 審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第61号 不動産の処分について申し上げます。

 これは、広上工業団地において工場等建設用地として中越テック株式会社へ市有地1万3,424.84平方メートルを売却しようとするものであり、審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第62号 射水市道路線の認定について申し上げます。

 これは、開発行為に基づく道路の帰属など、住民に密着した生活基盤の充実を図るため、8路線を市道として認定しようとするものであり、審査の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上、産業建設常任委員会の報告といたします。



○議長(横堀大輔君) 予算特別委員長。

         〔予算特別委員長 瀧田啓剛君 登壇〕



◆予算特別委員長(瀧田啓剛君) 今6月定例会で予算特別委員会に付託されました議案第55号 平成20年度射水市一般会計補正予算(第1号)について、審査の経過と結果について申し上げます。

 これは、歳入歳出にそれぞれ1,430万円を追加し、予算総額を376億7,528万1,000円とするものであります。

 今回の補正は、緊急に必要となった各種事業や寄附に伴う経費を計上することなどにより増額補正を行うものであります。

 歳入では、県支出金、寄附金、繰越金及び諸収入を増額するものであります。

 一方、歳出の主なものは総務費で、市税のクレジットカード決済の導入経費を新たに計上するものであります。

 衛生費では、とやまPET画像診断センターの利用促進のための検査料助成や小・中学校2校に省エネナビを設置する経費を新たに計上するものであります。

 農林水産業では、「農地・水・環境保全向上対策事業」に新たに取り組む団体に助成するため増額するものであります。

 商工費では、射水ブランド推進事業を一層進めるため、新たな助成を得て事業の充実を図るため増額するものであります。

 土木費では、人口の増加と定住化の一環として、指定宅地取得支援助成金を増額するものであります。

 また、教育費では、小・中学校の図書及び教材購入費を増額するものであります。

 審査の結果、原案のとおり全会一致で可決すべきものと決しました。

 以上、予算特別委員会の報告といたします。



○議長(横堀大輔君) 以上で、各委員長の報告が終わりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△質疑



○議長(横堀大輔君) これより委員長報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。

         〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(横堀大輔君) 質疑なしと認め、これにて質疑を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△討論



○議長(横堀大輔君) これより討論に入ります。

 討論の通告がありますので、発言を許します。

 津本二三男君。

         〔32番 津本二三男君 登壇〕



◆32番(津本二三男君) 津本二三男でございます。

 私は報告第6号 専決処分の承認を求めることについて、この1議案に絞って反対の立場から討論いたします。

 今回の専決処分に反対する理由は、住民税を年金から天引きすることにした点にあります。これまで年金からの天引きは、所得税から始まり介護保険料、後期高齢者医療保険料と広げられてきました。そして、今回の専決処分及び国民健康保険税条例の改定で65歳以上の方の国民健康保険税、そして住民税も年金から本人の意思にかかわらず天引きすることになります。介護保険料や国保税、後期高齢者医療保険料は保険給付の費用を賄うことを軸に決定されており、高齢者の実際の負担能力を考慮されることなく引き上げられてきているのが実態であります。また、税金も年金生活者に対する課税強化が2年前から始まり、高齢者の住民税負担は大幅にふやされてまいりました。

 憲法はすべての国民に生きる権利、生存権を認めています。この憲法の要請から最低限度の生活を保障するために国税徴収法第76条では国民年金などの差し押さえを禁止していると言われています。今回の改定はこういった国民の生きる権利よりも税金の徴収を優先させようとするものであり、納得できないのであります。

 こうした流れやその根底にある考え方の無慈悲さは次の点にもあらわれていると思っています。

 年金天引きは具体的に次のように進められていくと言われています。最初に、所得税が最優先に天引きされる。次に、残った年金額から介護保険料を天引きする。次に国保税、後期高齢者医療保険料が天引きされる。これらはそれぞれの時点で年金支給額の2分の1を超えた場合は、その時点で普通徴収に変わります。最後に、住民税の天引きがある。対象はこれまでの天引きで残ったすべての年金額と言われています。年金のほとんどが天引きで消えてしまうということはまれなケースかもしれませんが、しっかり法律で想定されています。こうした流れに私はくみすることはできません。

 以上の理由から、報告第6号に反対するものであります。

 なお、先ほど触れたように国民健康保険税の年金天引きも、今回提案されている国民健康保険税条例の改定案で提案されています。この国保税の年金天引きについても納得はしていません。しかし、この国民健康保険税条例の改定案には多くの市民が要望し、私もこれまでの一般質問や決算特別委員会などで取り上げてきた国民健康保険税の引き下げが具体化されており、1世帯当たり約1万円の引き下げを実施するものとなっており、この努力を大いに評価することとして賛成するものであります。

 以上で、私の討論といたします。



○議長(横堀大輔君) これにて討論を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△表決



○議長(横堀大輔君) これより採決に入ります。

 まず、議案第55号 平成20年度射水市一般会計補正予算(第1号)についてを採決いたします。

 本案に対する予算特別委員長の報告は可決であります。本案を委員長の報告のとおりに決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(横堀大輔君) 挙手全員であります。

 よって、議案第55号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第56号 平成20年度射水市老人保健医療事業特別会計補正予算(第1号)についてを採決いたします。

 本案に対する市民環境常任委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(横堀大輔君) 挙手全員であります。

 よって、議案第56号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第57号 平成20年度射水市企業団地造成事業特別会計補正予算(第1号)についてを採決いたします。

 本案に対する産業建設常任委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(横堀大輔君) 挙手全員であります。

 よって、議案第57号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第58号 ふるさと射水応援寄附条例の制定についてを採決いたします。

 本案に対する総務文教常任委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(横堀大輔君) 挙手全員であります。

 よって、議案第58号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第59号 射水市手数料条例の一部改正についてを採決いたします。

 本案に対する市民環境常任委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(横堀大輔君) 挙手全員であります。

 よって、議案第59号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第60号 射水市国民健康保険税条例の一部改正についてを採決いたします。

 本案に対する市民環境常任委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(横堀大輔君) 挙手全員であります。

 よって、議案第60号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第61号 不動産の処分についてを採決いたします。

 本案に対する産業建設常任委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(横堀大輔君) 挙手全員であります。

 よって、議案第61号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第62号 射水市道路線の認定についてを採決いたします。

 本案に対する産業建設常任委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(横堀大輔君) 挙手全員であります。

 よって、議案第62号は原案のとおり可決されました。

 次に、報告第5号 専決処分の承認を求めることについて 専決処分第5号 射水市国民保護協議会条例の一部改正についてを採決いたします。

 本案に対する総務文教常任委員長の報告は承認であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(横堀大輔君) 挙手多数であります。

 よって、報告第5号は承認されました。

 次に、報告第6号 専決処分の承認を求めることについて 専決処分第6号 射水市市税条例の一部改正についてを採決いたします。

 本案に対する市民環境常任委員長の報告は承認であります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(横堀大輔君) 挙手多数であります。

 よって、報告第6号は承認されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△市長の提案理由の説明(同意第1号並びに諮問第1号及び諮問第2号)



○議長(横堀大輔君) 次に、日程第2 本日提案されました同意第1号並びに諮問第1号及び諮問第2号について一括議題として、市長から提案理由の説明を求めます。

 分家市長。

         〔市長 分家静男君 登壇〕



◎市長(分家静男君) 本日追加提案いたしました同意1件、諮問2件について御説明を申し上げます。

 まず、同意第1号 固定資産評価員の選任については、同評価員、竹内 満前市民環境部長から辞職願が提出され、これを承認しましたので、後任者として村下四郎市民環境部長を選任いたしたく同意を求めるものであります。

 続きまして、諮問第1号及び諮問第2号は、人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについてであります。

 諮問第1号につきましては、委員、加登正人氏は、平成20年9月30日で任期満了となることから、同氏を再び推薦いたしたいので意見を求めるものであります。

 次に、諮問第2号につきましては、委員、中川弘紀氏は、平成20年9月30日で任期満了となることから、同氏を再び推薦いたしたいので意見を求めるものであります。

 以上、何とぞよろしくお願いいたします。



○議長(横堀大輔君) 以上で市長の提案理由の説明が終わりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△質疑



○議長(横堀大輔君) これより議案に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。

         〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(横堀大輔君) 質疑なしと認め、これにて質疑を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△委員会付託の省略



○議長(横堀大輔君) お諮りをいたします。

 ただいま議題となっております同意第1号並びに諮問第1号及び諮問第2号については、会議規則第37条第3項の規定により委員会付託を省略し、直ちに採決いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(横堀大輔君) 御異議なしと認めます。

 よって、同意第1号並びに諮問第1号及び諮問第2号については、委員会付託を省略し直ちに採決することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△表決



○議長(横堀大輔君) まず、同意第1号 固定資産評価員の選任についてを採決いたします。

 市長提案のとおり、高岡市中曽根375番地3、村下四郎君に同意することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(横堀大輔君) 挙手全員であります。

 よって、固定資産評価員に村下四郎君が同意されました。

 次に、諮問第1号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについてを採決いたします。

 市長諮問のとおり、射水市白石61番地、加登正人君を人権擁護委員として答申することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(横堀大輔君) 挙手全員であります。

 よって、人権擁護委員に加登正人君を推薦することに異議なき旨を答申することに決しました。

 次に、諮問第2号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについてを採決いたします。

 市長諮問のとおり、射水市下村三箇233番地、中川弘紀君を人権擁護委員として答申することに賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(横堀大輔君) 挙手全員であります。

 よって、人権擁護委員に中川弘紀君を推薦することに異議なき旨を答申することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議員の派遣について



○議長(横堀大輔君) 次に、日程第3 議員の派遣についてを議題といたします。

 本件は、平成20年度全国市議会議長会欧州都市行政調査団の行政視察について、お手元に配付いたしましたとおり東保 力君と呉松福一君を派遣するものであります。

 お諮りいたします。

 本件の議員派遣について賛成の諸君の挙手を求めます。

         〔賛成者挙手〕



○議長(横堀大輔君) 挙手多数であります。

 よって、本件については、東保 力君と呉松福一君を派遣することに決しました。

 なお、お諮りいたします。

 ただいまの議員の派遣に対し変更があった場合の措置については、議長に御一任願いたいと思います。これに御異議ありませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(横堀大輔君) 御異議なしと認め、よってそのように決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議会運営委員会及び各常任委員会の閉会中の継続審査



○議長(横堀大輔君) 次に、日程第4 議会運営委員会及び各常任委員会の閉会中の継続審査についてを議題といたします。

 各委員長から会議規則第104条の規定により、お手元に配付してあります申し出一覧のとおり閉会中の継続審査の申し出があります。

 お諮りをいたします。

 各委員長からの申し出のとおり閉会中の継続審査に付することに御異議ありませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(横堀大輔君) 御異議なしと認めます。

 よって、各委員長から申し出のとおり閉会中の継続審査に付することに決しました。

          閉会中継続審査事件の申し出一覧



委員会名
件名


議会運営
1 議会の運営に関することについて
2 議会の会議規則、委員会条例等に関することについて
3 議長の諮問に関することについて


総務文教
1 行財政の効率的執行について
2 市政の重要施策の推進について
3 合併関連の推進について
4 土地利用の基本計画について
5 防災対策について
6 学校教育の充実と教育環境の整備について
7 生涯教育の振興及び体育・スポーツ、芸術・文化振興の推進について
8 消防対策について
9 その他総務文教所管に関することについて


福祉病院
1 高齢者、児童・母子家庭等の福祉対策の促進について
2 障害者(児)の福祉対策の促進について
3 介護保険事業について
4 健康増進施策の推進について
5 市民病院事業について
6 その他福祉病院所管に関することについて


市民環境
1 市税の賦課、徴収について
2 国民健康保険事業及び老人保健医療事業について
3 後期高齢者医療事業について
4 総合交通対策について
5 地域交通対策について
6 交通安全対策の推進について
7 環境保全、環境衛生対策の促進について
8 その他市民環境所管に関することについて


産業建設
1 港湾の整備促進について
2 商工業の振興対策について
3 観光事業の推進について
4 農業及び水産業の振興育成について
5 地域開発事業について
6 新幹線の整備推進について
7 河川、水利及び水防について
8 都市公園緑地等について
9 道路、都市計画事業の促進について
10 住宅対策について
11 上下水道事業について
12 その他産業建設所管に関することについて



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会の宣告



○議長(横堀大輔君) 以上をもちまして、今定例会に付議されました案件はすべて議了いたしました。

 議員各位には、会期中、終始熱心にかつ慎重な御審議をいただき、厚く御礼を申し上げます。

 これをもちまして、平成20年6月射水市議会定例会を閉会いたします。

 本日はどうも御苦労さまでした。



△閉会 午後2時27分

地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

  平成  年  月  日

         射水市議会議長   横堀大輔

         射水市議会副議長  堀 義治

         射水市議会議員   中村文隆

         射水市議会議員   奈田安弘

         射水市議会議員   帯刀 毅