議事ロックス -地方議会議事録検索-


富山県 射水市

平成19年 12月 定例会 12月06日−01号




平成19年 12月 定例会 − 12月06日−01号







平成19年 12月 定例会



        平成19年12月射水市議会定例会会議録(第1日目)

議事日程(第1号)

                   平成19年12月6日(木)午前10時開議

日程第1 会議録署名議員の指名

日程第2 会期の決定

日程第3 市長の提案理由の説明(議案第87号から議案第108号まで)(質疑)

日程第4 予算特別委員会の設置及び議案の付託(議案第87号)

日程第5 各議案の委員会付託(議案第88号から議案第108号まで)

日程第6 請願の委員会付託(請願第2号)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

日程第1から日程第6まで議事日程に同じ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議長及び副議長の氏名

    議長   石黒勝三郎

    副議長  奈田安弘

議員の定数   35名

議員の現在数  35名

出席議員(35名)

     1番  菅野清人君      2番  中村文隆君

     3番  岡本良幸君      4番  坂東 昭君

     5番  吉野省三君      6番  伊勢 司君

     7番  津田信人君      8番  堀 義治君

     9番  橋本昌樹君     10番  古城克實君

    11番  梶谷幸三君     12番  赤江寿美雄君

    13番  奈田安弘君     14番  高橋久和君

    15番  竹内美津子君    16番  新中孝子君

    17番  泉田恒男君     18番  中村 弘君

    19番  義本幸子君     20番  高橋賢治君

    21番  野崎義雄君     22番  中野正一君

    23番  四柳 允君     24番  小島啓子君

    25番  藤井喜義君     26番  帯刀 毅君

    27番  中川一夫君     28番  東保 力君

    29番  横堀大輔君     30番  石黒勝三郎君

    31番  呉松福一君     32番  津本二三男君

    33番  嶋崎栄治君     34番  瀧田啓剛君

    35番  大窪長則君

欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

説明のため出席した者

 市長         分家静男君   副市長        宮川忠男君

 教育長        竹内伸一君   教育委員長      公文名 真君

 代表監査委員     石黒洋二君   市長公室長      土合真昭君

 企画総務部長     宮田雅人君   市民環境部長     竹内 満君

 福祉保健部長     宮林明雄君   産業経済部長     子川正美君

 都市整備部長     尾上清逸君   上下水道部長     中田敏晴君

 市民病院事務局長   牧野 昇君   会計管理者      橋本孝雄君

 消防長        塚本廣文君   企画政策課長     山崎武司君

 総務課長       坂木 猛君   財政課長       渋谷俊樹君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

職務のため議場に出席した事務局職員

 議会事務局長     荒川秀次    議事調査課長     亀島史郎

 議事調査課課長補佐  片岡幹夫    議事係主査      梅本雅子



△開会 午前10時00分



△開会の宣告



○議長(石黒勝三郎君) おはようございます。

 ただいまから平成19年12月射水市議会定例会を開会いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議の宣告



○議長(石黒勝三郎君) 本日の出席議員数はただいまのところ35名であります。

 よって、会議の定足数に達しておりますので、本日の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諸般の報告



○議長(石黒勝三郎君) 日程に入る前に、諸般の報告をいたします。

 去る9月30日、東京小杉会の総会があり、射水市議会として出席をし、懇親を深めてまいりました。

 次に、10月29日、北信越市議会議長会の総会に代わる評議員会が金沢市で開催され、関係省庁への要望の議案などを協議してまいりました。

 次に、11月9日、全国市議会議長会評議員会が東京都で開催され、それに出席してまいりました。

 次に、11月22日、全国市議会議長会社会文教委員会が東京都で開催され、それに出席してまいりました。

 次に、11月26日、27日の両日、臨港道路富山新港東西線の橋梁の名称が新湊大橋に決定したことから、今後の整備促進について、国土交通省並びに県選出国会議員に要望してまいりました。

 次に、監査委員から、地方自治法第199条の規定により定例監査の結果に関する報告書が議長のもとに提出されておりますので、事務局において適宜御閲覧願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名



○議長(石黒勝三郎君) これより本日の日程に入ります。

 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付してあります日程表のとおりであります。

 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において

  梶谷幸三君

  四柳 允君

  小島啓子君

を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会期の決定



○議長(石黒勝三郎君) 次に、日程第2 会期の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。

 本定例会の会期は、本日から12月19日までの14日間といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(石黒勝三郎君) 御異議なしと認めます。

 よって、会期は14日間と決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△市長の提案理由の説明・質疑(議案第87号から議案第108号まで)



○議長(石黒勝三郎君) 次に、日程第3 議案第87号から議案第108号までを一括議題として、市長から提案理由の説明を求めます。

 分家市長。

     〔市長 分家静男君 登壇〕



◎市長(分家静男君) おはようございます。

 それでは本日、平成19年12月市議会定例会が開催されるに当たり、所信の一端と提出いたしました補正予算並びにその他の案件について御説明をいたします。

 射水市が歴史の一歩を踏み出してから、早いもので2年が過ぎました。改めて時の移り行く早さに驚いております。

 誕生記念日である11月1日を「射水市の日」と位置づけ、当日は市民の皆様に気軽に各地域に足を運んでいただくため、コミュニティバスを終日無料運行するとともに、新湊博物館や大島絵本館、太閤山ランド、パークゴルフ場などの一部公共施設を無料開放いたしました。多くの市民の皆様が利用し、射水市の歴史や風土、豊かな自然、多様な文化など、ふるさと射水の魅力を再発見していただいたと思っております。

 さらに、11月3日には、射水市誕生記念イベントとして、射水市民フェスティバルが盛大に開催されました。市民の皆様におかれましては、改めて市の誕生を祝うとともに、市の着実な繁栄を心に刻まれたものと考えております。

 私は初代射水市長に就任して以来、合併後のまちづくりの最大のテーマであります新市の均衡ある発展、一体感の醸成を初め、まちづくりの基盤となる事業を優先し、常に市民の皆様の声に耳を傾け、真摯に向かい合い、市政運営に当たってきたところであり、市議会を初め市民の皆様の御理解と御協力のもと、まちづくりの礎は着実に築かれてきているものと考えております。引き続き、本市が抱える課題に適切に対応しながら、総合計画に基づき、目指す将来像「豊かな自然 あふれる笑顔 みんなで創る きららか射水」の実現に向けて、懸命の努力を続けてまいる覚悟であります。

 総合計画の基本構想においては、「新しいまちを開くかぎ」の1つに「市民との協働」を挙げており、特に本年度を「市民との協働によるまちづくり元年」と位置づけております。

 現在、市民と行政の協働関係を構築するため、市民の皆様や有識者の方々からなる「射水市協働のまちづくり推進会議」において、射水市にふさわしい市民との協働のあり方、方策などを精力的に御審議いただき、年内には「協働のまちづくり基本指針」を策定することにしており、今後は市民の皆様と知恵を出し合い、ともに考え協力しながら、新しいまちづくりに取り組んでまいりたいと考えております。

 さて、国は平成20年度予算を「経済財政運営と構造改革に関する基本方針2006」で示された歳出改革を軌道に乗せる上で極めて重要な予算であるとし、歳出全般にわたってこれまで行ってきた歳出改革の努力を決して緩めることなく、最大限の削減を図ることとしております。

 地方財政につきましても、国と歩調を合わせつつ、地方団体の自助努力を促すとともに、人件費や地方単独事業等の徹底した見直しを行うことなどにより、地方財政計画の歳出規模を引き続き抑制することとしております。

 このような背景のもとで、本市では平成20年度の予算編成作業を鋭意進めておりますが、市税や交付税等の一般財源総額の増加が見込めないことなどから、現時点では基金からの繰り入れなどを行わない場合、約9億円余りの財源不足額を見込んでおります。歳出につきましては、従来からの経緯にとらわれることなく、柔軟な発想で既存事業の徹底した総点検、総見直しを行った上で、扶助費や公債費などの義務的経費を除く一般行政経費及び投資的経費のうち、通常事業については一般財源ベースで本年度当初予算と比べ、マイナス10%の予算要求基準を設定いたしました。

 今後も、厳しい財政環境は続くものと考えられますが、来年度からは総合計画に基づくまちづくりを強力に推進しなければなりません。このためには、今後は財政的な優遇措置を受ける合併特例債等を有効に活用しながら、行財政基盤の安定と強化を図り、より一層効率的な行政運営に努め、市民の信頼と負託にこたえるよう全力を尽くしてまいりたいと考えております。

 それでは、本日提出いたしました案件につきまして御説明を申し上げます。

 まず、議案第87号 平成19年度射水市一般会計補正予算(第3号)であります。

 今回の補正は、国の補助内示が平成19年度に前倒しとなった東明小学校・中太閤山小学校大規模改造事業費の増額に加え、各種事務事業の年度内所要見込み額の変更などにより補正を行うものであり、補正額は歳入歳出にそれぞれ13億2,492万6,000円を追加し、予算総額を372億3,267万2,000円とするものであります。

 歳出の主なものを申し上げますと、総務費では、校下・地区自治会を単位として地域が主体となって行う地域型市民協働事業を展開するための地域振興会設立支援補助金などを増額する一方、人件費の減額などにより1,396万6,000円を減額するものであります。

 民生費では、保育ニーズに的確に対応するため、老朽化している大島中央保育園にかわる保育園の整備事業補助金や、大門地区の保育園の入園需要に対応するため、大門きらら保育園増築に伴う設計委託費などを新たに計上するほか、こども及び妊産婦医療助成費や保育園運営委託費などで1億8,298万8,000円を増額するものであります。

 労働費では、公共職業安定所の再編に伴う雇用サービスの低下を防ぐ対応策として、来年4月からスタートする地域職業相談室の設置準備経費を新たに計上するなど、274万円を増額するものであります。

 農林水産業費では、循環型社会の形成の一環として、地域のバイオマス活用方法を調査・研究するための事業費などを新たに計上するほか、農地の集積利用を促進する面的集積強化促進事業に対する補助金などで2,314万7,000円を増額するものであります。

 商工費では、商店街の活性化を図るとともに、その核として地元住民の暮らしに密着した店舗づくりを行う事業者に対し、核店舗再生支援事業費補助金を新たに計上するほか、人件費などで3,339万9,000円を増額するものであります。

 土木費では、下水道事業特別会計繰出金を減額する一方、内川周辺の魅力向上、賑わいの交流拠点として(仮称)川の駅建築工事費を計上するほか、雪害対策費などで1億5,647万円を増額するものであります。

 消防費では、事業費が確定したことにより、高規格救急自動車や分団配備のポンプ自動車購入費を減額するなど851万7,000円を減額するものであります。

 教育費では、東明小学校と中太閤山小学校の大規模改造工事費を増額するほか、小・中学校の維持管理費や幼稚園管理費などで9億2,013万8,000円を増額するものであります。

 また、歳入の主なものを申し上げますと、市税では5,940万円、国・県支出金で3億4,803万8,000円、寄附金で147万1,000円、財政調整基金繰入金で1億1,000万円のほか、市債で7億4,020万円などを増額するものであります。

 そのほか、債務負担行為につきましては、中央公民館管理等業務ほか5件について、平成20年度から平成22年度まで指定管理者にその管理を移行するため、各施設の管理等業務を追加するほか、クリーンピア射水の効率的かつ効果的な管理運営を行うため、平成20年度から平成24年度までの長期包括運営業務を追加するなど、計31件について補正するものであります。

 次に、議案第88号 平成19年度射水市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)につきましては、歳入歳出からそれぞれ290万4,000円を減額し、予算総額を83億1,767万2,000円とするものであります。歳出では、老人保健医療費拠出金や介護納付金などを減額し、歳入では、前年度繰越金などを増額する一方、療養給付費等交付金や国民健康保険財政調整基金繰入金などを減額するものであります。

 議案第89号 平成19年度射水市老人保健医療事業特別会計補正予算(第2号)につきましては、歳入歳出にそれぞれ114万3,000円を追加し、予算総額を86億5,894万2,000円とするものであります。歳出では、後期高齢者医療制度に係る事務費や人件費などを増額し、歳入では、国庫支出金と一般会計繰入金を増額するものであります。

 議案第90号 平成19年度射水市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)につきましては、保険事業勘定の歳入歳出からそれぞれ1,048万4,000円を減額し、予算総額を64億3,960万8,000円とするものであります。歳出では、介護認定調査に係る事務費を増額する一方、人件費などを減額し、歳入では、一般会計繰入金を減額するものであります。

 議案第91号 平成19年度射水市水道事業会計補正予算(第1号)につきましては、収益的収支の収入では、上半期の収益動向に対応し、給水収益を1,100万円減額し、支出では、和田川分総括原価の精算に伴う受水費の減少などにより365万1,000円を減額するものであります。また、資本的収支の支出では、建設改良費で55万5,000円を増額するものであります。

 議案第92号 平成19年度射水市下水道事業特別会計補正予算(第2号)につきましては、歳入歳出からそれぞれ2,226万4,000円を減額し、予算総額を48億6,122万6,000円とするものであります。歳出では、管渠・ポンプ維持管理費を増額する一方、人件費を減額し、歳入では、一般会計繰入金などを減額するものであります。

 議案第93号 平成19年度射水市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)につきましては、歳入歳出にそれぞれ330万9,000円を追加し、予算総額を4億2,395万3,000円とするものであります。歳出では、一般管理費などを増額し、歳入では、一般会計繰入金を増額するものであります。

 議案第94号 平成19年度射水市病院事業会計補正予算(第2号)につきましては、収益的収支の収入では、一般会計補助金の増額などにより医業外収益で1,916万2,000円を増額し、支出では、給与費の減額などにより、医業費用で4,175万7,000円を減額するものであります。

 続きまして、予算以外の議案について御説明を申し上げます。

 まず、議案第95号 地方公務員の育児休業等に関する法律の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定については、地方公務員の育児休業等に関する法律の一部を改正する法律の施行に伴い、本市関係条例について必要な整備を行うものであります。

 次に、議案第96号 射水市企業立地の促進等による地域における産業集積の形成及び活性化に関する法律第10条第1項の規定に基づく準則を定める条例の制定については、本市において企業誘致を推進するため、企業立地の促進等による地域における産業集積の形成及び活性化に関する法律の規定に基づき、市内工業団地の緑地及び環境施設面積率を緩和する条例を制定するものであります。

 議案第97号 射水市担い手農地集積高度化促進事業分担金徴収条例の制定については、国の補助事業として執行する担い手農地集積高度化促進事業の実施に要する費用に係る分担金の徴収について必要な事項を定めるため、制定するものであります。

 議案第98号 射水市職員の給与に関する条例の一部改正については、人事院勧告並びに国及び他の地方公共団体の状況を勘案して、本市職員の給与を改定しようとするものであります。

 議案第99号 射水市立公民館条例の一部改正については、市立公民館の使用時間、休館日及び使用料の施設間における調整を図るため、所要の改正を行うものであります。

 議案第100号 野手埋立処分所整備工事(浸出水処理施設建設工事)請負契約については、去る11月19日に制限付き一般競争入札に付した結果、9億4,395万円で、株式会社神鋼環境ソリューション大阪支社 取締役大阪支社長 近藤秀幸と工事請負契約を締結したいので、議会の議決を求めるものであります。

 議案第101号 射水市道路線の認定については、開発行為に基づく道路の帰属などに伴い、4路線を市道として認定しようとするものであります。

 議案第102号から議案第108号までの指定管理者の指定については、射水市ケーブルテレビ施設ほか7施設について指定管理者を指定するものであり、その期間を平成20年4月1日から平成23年3月31日までとし、地方自治法の規定により、議会の議決を求めるものであります。

 以上が本日提案いたしました案件の説明であります。何とぞ慎重審議の上、議決賜りますようお願い申し上げます。



○議長(石黒勝三郎君) 以上で市長の提案理由の説明が終わりました。

 これより各議案に対する質疑に入ります。質疑ありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(石黒勝三郎君) 質疑なしと認めます。

 よって、これにて質疑を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△予算特別委員会の設置及び議案の付託(議案第87号)



○議長(石黒勝三郎君) 次に、日程第4 予算特別委員会の設置及び議案の付託についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 議案第87号 平成19年度射水市一般会計補正予算(第3号)については、先例により議長を除く議員全員で構成する予算特別委員会を設置し、これに付託したいと思います。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(石黒勝三郎君) 御異議なしと認めます。

 よって、予算特別委員会を設置し、議案第87号を付託することに決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△各議案の委員会付託(議案第88号から議案第108号まで)



○議長(石黒勝三郎君) 次に、日程第5 各議案の委員会付託を行います。

 議案第88号から議案第108号までについては、お手元に配付してあります議案付託表のとおり、それぞれの所管の常任委員会に付託したいと思います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△請願の委員会付託(請願第2号)



○議長(石黒勝三郎君) 次に、日程第6 請願の委員会付託を行います。

 請願第2号 「地産地消」と学校給食センターの早期改築に関する請願書につきましては、総務文教常任委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会の宣告



○議長(石黒勝三郎君) 以上で本日の議事日程は終了いたしました。

 ここでお諮りいたします。

 12月7日及び10日は議案調査日として休会したいと思います。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(石黒勝三郎君) 御異議なしと認めます。

 よって、7日及び10日は休会することに決しました。

 次の本会議は11日に開き、各派代表質問及び一般質問を行います。

 本日はこれをもって散会いたします。

 御苦労さまでございました。



△散会 午前10時24分