議事ロックス -地方議会議事録検索-


富山県 南砺市

平成22年  9月 定例会(第4回) 09月07日−01号




平成22年  9月 定例会(第4回) − 09月07日−01号







平成22年  9月 定例会(第4回)



南砺市告示第105号

          南砺市議会9月定例会の招集について

 地方自治法(昭和22年法律第67号)第101条第1項の規定により、平成22年第4回南砺市議会9月定例会を、次のとおり招集する。

  平成22年8月17日

                            南砺市長 田中幹夫

                   記

 1 期日   平成22年9月7日(火)

 2 場所   南砺市役所福光庁舎 議場

議事日程(第1号)

                  平成22年9月7日(火)午後2時30分開会

日程第1 会議録署名議員の指名

日程第2 会期決定の件

日程第3 議案第67号 平成22年度南砺市一般会計補正予算(第2号)

     議案第68号 平成22年度南砺市バス事業特別会計補正予算(第1号)

     議案第69号 平成22年度南砺市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)

     議案第70号 平成22年度南砺市老人保健医療事業特別会計補正予算(第1号)

     議案第71号 平成22年度南砺市介護事業特別会計補正予算(第1号)

     議案第72号 平成22年度南砺市訪問看護事業特別会計補正予算(第1号)

     議案第73号 平成22年度南砺市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)

     議案第74号 平成22年度南砺市水道事業会計補正予算(第1号)

     議案第75号 平成22年度南砺市下水道事業会計補正予算(第1号)

     議案第76号 南砺市名誉市民条例の制定について

     議案第77号 南砺市ひとり親家庭等医療費助成条例の一部改正について

     議案第78号 南砺市福光会館条例の一部改正について

     報告第7号 健全化判断比率及び資金不足比率の報告について

     報告第8号 専決処分の報告について

     認定第1号 平成21年度南砺市一般会計歳入歳出決算認定について

     認定第2号 平成21年度南砺市バス事業特別会計歳入歳出決算認定について

     認定第3号 平成21年度南砺市温泉事業特別会計歳入歳出決算認定について

     認定第4号 平成21年度南砺市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算認定について

     認定第5号 平成21年度南砺市老人保健医療事業特別会計歳入歳出決算認定について

     認定第6号 平成21年度南砺市後期高齢者医療事業特別会計歳入歳出決算認定について

     認定第7号 平成21年度南砺市介護事業特別会計歳入歳出決算認定について

     認定第8号 平成21年度南砺市訪問看護事業特別会計歳入歳出決算認定について

     認定第9号 平成21年度南砺市工業用地造成事業特別会計歳入歳出決算認定について

     認定第10号 平成21年度南砺市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算認定について

     認定第11号 平成21年度南砺市病院事業会計決算認定について

     認定第12号 平成21年度南砺市水道事業会計決算認定について

     認定第13号 平成21年度南砺市下水道事業会計決算認定について

日程第4 決算特別委員会設置の件

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

 議事日程に同じ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(28人)

      1番  河合常晴議員        2番  赤池伸彦議員

      3番  水口秀治議員        4番  脊戸川義之議員

      5番  (欠員)          6番  山本勝徳議員

      7番  助田幸雄議員        8番  長井久美子議員

      9番  水上成雄議員       10番  榊 祐人議員

     11番  中島 満議員       12番  山瀬悦朗議員

     13番  齊藤光一議員       14番  向川静孝議員

     15番  池田庄平議員       16番  (欠員)

     17番  川邊邦明議員       18番  山田 勉議員

     19番  岩崎 誠議員       20番  石崎俊彦議員

     21番  前田美好議員       22番  才川昌一議員

     23番  蓮沼晃一議員       24番  浅田裕二議員

     25番  片岸 博議員       26番  西井秀治議員

     27番  香川俊光議員       28番  水木 猛議員

     29番  城岸一明議員       30番  且見公順議員

欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

説明のため出席した者

 市長       田中幹夫      副市長      中山繁實

 教育長      浅田 茂      教育委員長    石岡敬夫

 代表監査委員   高桑俊介      会計管理者    山畔勝博

 市長政策室長   平本和雄      総務部長     下田正佳

 民生部長     三谷直樹      医療局長     仲筋武智

 産業経済部長   大浦章一      建設部長     上坂吉明

 教育委員会理事  永井 厳      市長政策室次長  長澤孝司

 総務部次長    一二三敦司     総務部次長    高山博文

 民生部次長    水上正光      民生部次長    清水哲郎

 産業経済部次長  大西毅彦      建設部次長    西村俊郎

 建設部次長    裏田 親      監査委員事務局長 西坂英嗣

職務のため出席した事務局職員

                    副参事

 事務局長     松田泰彦               林 律子

                    議事調査係長

 議事調査係主任  松本 恵

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開会 午後2時30分



△開会及び開議の宣告



○議長(且見公順議員) ただいまから平成22年第4回南砺市議会9月定例会を開会いたします。

 本日の会議を開きます。

 ここで、謹んで報告します。

 本市議会 高田龍司郎議員は、9月5日、急逝されました。まことに、痛惜哀悼のきわみであります。ここに、故高田龍司郎議員の逝去を悼み、ご冥福をお祈りするため、一分間の黙祷を捧げたいと思います。全員のご起立をお願いします。

   (全員起立)

 黙祷願います。

   (黙祷)

 黙祷を終わります。ご着席をお願いします。

 議事日程はお手元に配付のとおりであります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諸報告



○議長(且見公順議員) 日程に入ります前に、報告事項を申し上げます。

 まず、地方自治法第243条の3第2項の規定に基づく、市の出資等に係る法人の経営状況に関する報告書については、既に配布のとおり提出がありました。

 次に、会議規則第160条の規定に基づき、議長において決定した議員の派遣については、お手元に配布のとおりでありますので、ご了承願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名



○議長(且見公順議員) これより、日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議規則第81条の規定により、会期中の会議録署名議員に 11番 中島満議員 12番 山瀬悦朗議員 13番 齊藤光一議員を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会期の決定



○議長(且見公順議員) 次に、日程第2、会期決定の件を議題といたします。

 お諮りいたします。本定例会の会期は、本日から9月24日までの18日間といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(且見公順議員) ご異議なしと認めます。

 よって、会期は18日間と決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第67号から議案第78号及び報告第7号及び報告8号並びに認定第1号から認定13号の上程、説明



○議長(且見公順議員) 次に、日程第3 議案第67号 平成22年度南砺市一般会計補正予算(第2号)から、議案第78号 南砺市福光会館条例の一部改正について まで 及び 報告第7号 健全化判断比率及び資金不足比率の報告について 及び 報告第8号 専決処分の報告について 並びに 認定第1号 平成21年度南砺市一般会計歳入歳出決算認定について から 認定第13号 平成21年度南砺市下水道事業会計決算認定についてまで、以上27案件を、一括議題といたします。

 市長から提案理由の説明を求めます。

 田中市長。

   〔田中幹夫市長登壇〕



◎市長(田中幹夫) 本日ここに、9月定例会を開催いたしましたところ、議員各位には、何かとご多忙の折にもかかわらずご出席を賜り、厚くお礼申し上げます。

 提案理由の説明に入ります前に、最近の情勢や市政に関する所信の一端を申し述べ、議員の皆様のご理解とご協力を賜りたいと存じます。

 一昨日、高田龍司郎市議会議員が突然逝去され、驚きと悲しみを禁じえません。高田議員さんは南砺市誕生とともに、南砺市市議会議員に初当選され現在2期目を迎えておられました。その間、井波町における収入役を始めとする長い行政経験から総務、病院、建設など幅広い知識をもとに、市政運営全般にわたり的確なご指導ご助言を賜ってまいりました。

 昨年12月からは市議会の民生病院常任委員会委員長として、統合保育園建設や市民病院の耐震化など数多くの課題に対し、円滑な委員会運営により事業推進に努めていただいてきたところであります。今後とも山積する課題に対し、まだまだお力添えをいただきたいと考えておりましたので、任期半ばにしてのご逝去は残念でなりません。これまで市発展に尽くしてこられたご功績に対し、深く感謝申し上げますとともに、謹んで哀悼の意を表します。

 さて、今年の夏は、7月19日の梅雨明け以来、連日30度を超す暑い日が続き、猛暑日が17日を数えるに至っています。気象庁は、8月は戦後最も暑い夏であったと発表しました。県内では連日熱中症についての報道がされ、南砺市においても何人もの方々が熱中症による治療を受けられています。9月に入りましたが、まだしばらく暑い日が続くとの予報がなされていることから、体調管理はもとより、農作物の管理にも細心の注意を払われ、実り大きな秋となりますよう願っているところであります。

 このように暑い夏ではありましたが、7月にはいなみ太子伝観光祭や福光ねつおくり七夕祭りといった伝統あるまつりが盛大に行われ、8月には20回を迎えるスキヤキ・ミーツ・ザ・ワールドや演劇の利賀サマーシーズンなど国際的な文化事業が行われることにより、南砺市から世界へ数多くの情報を発信することができたものと考えています。もちろん参加された市民の皆様にも楽しんで頂けたものと思っています。

 すべての企画を南砺里山博として全体でピーアールもしていますし、市民の皆様の企画にも、少しずつ参加者が増えてきています。9月から10月にかけては、南砺里山博の秋の企画も盛りだくさんとなっています。五箇山民謡や秋の食文化等、様々な企画が用意されていますので、前期に増してたくさんの皆さんに南砺市に足を運んで頂けるよう、全力を挙げて取り組んでまいりたいと考えています。

 また、今年の夏も小学生から高校生まで市出身の多くの子どもたちがスポーツ、文化など様々な分野での全国大会に出場し、すばらしい活躍を見せてくれました。なかでも第92回全国高等学校野球選手権富山県大会において、昨年の南砺総合高校福野高校野球部に続き砺波工業高校野球部が見事優勝し、2年連続での砺波地方からの甲子園出場を果たすことができました。これまでの地道なジュニアからの育成の成果が現れてきたものと、献身的に育成に携わってこられた多くの方々に深く感謝いたしますとともに、今後とも全国に通用するすばらしい子どもたちを育てていただくようお願いするものであります。

 次に、市及び市民の皆様に災害に備える意識を持っていただくため、市では昨年に引き続き、8月5日には災害対策本部の状況付与型図上訓練を実施しました。また、8月28日には南砺市になって2回目となる総合防災訓練を福光地域の小矢部川公園を主会場に実施しました。当日は、市民の皆様で組織された自主防災会、陸上自衛隊、警察署、消防団、消防署など約1,200名の方々に参加をいただき、避難訓練や要援護者支援訓練など実践に即した様々な訓練をしていただきました。今年度は陸上自衛隊による自走式架柱橋の設置訓練や県消防防災ヘリによる状況調査など、より多方面からの取り組みがなされ、いざという時のため日頃からの災害に対する備えの大切さを改めて認識していただけたものと考えています。防災に対する取り組みを全市に広げていくため、来年度以降も順次場所を変え総合防災訓練を実施していきたいと考えています。

 また、常備消防の充実を図るための南砺市、砺波市及び小矢部市の3市による消防の広域合併に向けた第4回砺波地域広域消防運営協議会において、このほど広域消防運営計画が決定されたところであります。しかし、南砺市における将来的な署所の配置計画は未定でありますので、消防力の適正配置について、議員の皆様と十分協議のうえ年内には成案を得るよう努力してまいりますので、格別のご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 去る7月11日の第22回参議院議員通常選挙の結果、民主党など与党が参議院において過半数を割り込みました。衆参のねじれ現象により政治が不安定となっており、政治経済における先行きが心配されるところであります。加えて8月中旬からのヨーロッパ経済やアメリカ経済の不安に端を発した円高の進展や、輸出企業の業績懸念による株安により、日本経済の先行きが更に心配されるところであります。そのような中、民主党代表選挙が行われており、国民挙げてオープンな議論がなされることは大切ですが、政治空白が生じないよう、迅速で効果的な対策が図られるよう求めるものであります。

 それでは、提案いたしました議案につき、提案理由とその概要を説明申し上げます。

 議案第67号から議案第75号までは、一般会計、6件の特別会計及び2件の企業会計について、補正予算を調製し、議会の議決を求めるものであります。今回は、補助事業等の採択、事業の中間調整、年度後半の事業等の推進、決算に伴う会計処理のために必要な経費などを補正しようとするものであります。

 議案第67号の一般会計補正予算(第2号)について、補正の主なものを申し上げます。

 総務費においては、風雪害などによる施設修繕費用に充てるため全国自治協会からの保険金を指定管理者などに支払うための市有建物共済保険補填金280万円、来年4月から住民票の写しなどの証明書をコンビニで交付できるようにするためのシステム構築費用等839万6,000円、今年度新たに創設した高齢者運転免許自主返納支援事業費180万円の追加、補助事業の事務費の減少に伴い不足する行政センターの事務費400万円などを計上しました。

 民生費では、特別養護老人ホームやグループホームに対するスプリンクラー整備補助金1,791万3,000円、やすらぎ荘改築にかかる用地取得費用等6,435万2,000円、旅川会館を地域活動支援センターや福祉作業所などが入居する障害者を支援する拠点施設とするための改修工事費1億4,400万円、保育園、幼稚園、児童館などの児童福祉施設に感染症対策機器やミニ文庫等を整備する安心こども基金事業2,182万3,000円、保育園における乳児などの途中入園児童の増加や早朝・延長保育など保育サービスの充実に対応するため必要となる臨時職員賃金及び共済費4,227万6,000円などを計上しました。

 衛生費では、保健センターにベビーシート等を設置する安心こども基金事業31万5,000円などを計上しました。

 農林水産業費では、農地の貸し借りを推進するための農地利用集積事業補助金1,088万円、耕作放棄地を解消するためのみどりの農地再生利用事業補助金250万円、平・上平地域の育苗ハウスの整備費2,300万円、城端ハイウェイオアシス誘導サイン設置工事費750万円、将来の財政負担を軽減するため、債務負担行為が設定されている土地改良区に対する償還金の繰上げ償還費用1億9,000万円、大規模林道大山福光線の賦課金の繰上げ償還費用9,660万円、事業費増に伴う県営土地改良費1,911万7,000円、県単土地改良費454万2,000円、市単土地改良費238万4,000円、間伐の実施など森林整備のための森林育成対策費811万円、林道崩土除去費300万円、県営林道高成線負担金500万円などを計上しました。

 商工費では、起業家育成支援事業補助金200万円、入居者の利便性向上のための福光会館改修事業費1,182万円、道の駅いなみ木彫りの里に対する施設運営事業資金貸付金2,000万円などを計上しました。

 土木費では、道路関係費について事業費の組替えを行うとともに消融雪装置管理費200万円、都市計画街路費3,506万7,000円の減額、安心こども基金事業による公園遊具整備事業費620万円、まちづくり交付金事業552万1,000円などを計上しました。

 消防費では、消火栓新設負担金160万円などを計上しました。

 教育費では、地区公民館、文化センターなどの社会教育施設にベビーシートやミニ文庫等を整備する安心こども基金事業1,166万円、城端曳山会館の施設修繕工事費180万円、その他緊急に修繕が必要となった施設修繕費などを計上しました。

 林道災害復旧費では、平成21年に被災した林道仙野原線が積雪及び融雪により更に大規模な崩壊が発生したことから災害復旧工事費等1億2,550万9,000円などを計上しました。

 公債費は、後年度の財政負担の軽減を図り、実質公債費比率を抑制するため、9億1,030万円を市債の繰上げ償還に充てようとするものであります。

 これら補正予算の財源は、負担金、国庫支出金、県支出金、繰入金、繰越金、諸収入、市債をもって充当することといたしております。

 今回の補正総額は17億7,397万7,000円となり、この結果、平成22年度一般会計予算の累計額は332億6,460万4,000円となります。

 議案第68号は、バス事業特別会計補正予算(第1号)についてであります。市営バス路線の来年度ダイヤ改正に伴う時刻表作成費や今年度からバスに有料広告を掲載するための広告枠取付費に105万円を計上するものであり、予算の累計額は1億3,575万円となります。

 議案第69号は、国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)についてであります。直診勘定において、総合診療医育成環境整備のための書籍、医療機械等整備費113万5,000円、平診療所のレントゲンや上平医師住宅の緊急修繕費135万円を補正するものであり、予算の累計額は3億7,968万5,000円となります。

 議案第70号は、老人保健医療事業特別会計補正予算(第1号)についてであります。平成21年度医療費交付金等の額の確定による返還金349万3,000円を補正するものであり、予算の累計額は429万3,000円となります。

 議案第71号は、介護事業特別会計補正予算(第1号)についてであります。今年度から上平デイサービスセンターの定員を14名から20名に増員したことによる利用者の混雑解消を図るための洗面台改修工事140万円を補正するものであり、予算の累計額は3億3,610万円となります。

 議案第72号は、訪問看護事業特別会計補正予算(第1号)についてであります。訪問看護ステーションにおける質の高い看護師を育成することを目的としたナースプラクティショナー的ナース養成講習会費20万円を補正するものであり、予算の累計額は2億1,050万円となります。

 議案第73号は、簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)についてであります。五箇山地域における消火栓設置について、修繕料を一部減額する一方、工事費を追加し、総額283万6,000円を補正するものであり、予算の累計は3億4,063万6,000円となります。

 議案第74号は、水道事業会計補正予算(第1号)についてであります。収益的支出について、消火栓の修繕に93万5,000円を補正するものであり、収益的支出の累計は10億5,147万7,000円となります。また、資本的支出については、石綿管更新事業等に2,352万9,000円を補正するものであり、資本的支出の累計は5億7,324万3,000円となります。

 議案第75号は、下水道事業会計補正予算(第1号)についてであります。収益的支出について、農業集落排水の処理場機器等の修繕費940万8,000円を補正するものであり、収益的支出の累計は34億7,924万3,000円となります。また、資本的支出については、下水道の管渠整備費及び農業集落排水の処理場建設費632万5,000円を補正するものであり、資本的支出の累計は22億7,778万8,000円となります。

 議案第76号の南砺市名誉市民条例の制定につきましては、郷土の誇りとして、社会に大きく貢献された方に名誉市民の称号を贈り、その功績や栄誉を将来にわたって顕彰するため、その手続きや待遇について新たに条例を制定するものであります。

 議案第77号の南砺市ひとり親家庭等医療費助成条例の一部改正につきましては、児童扶養手当法の改正により児童扶養手当の対象が父子家庭にも拡大されたことに伴い、ひとり親家庭等の医療費助成に父子家庭を加えるための読み替え規定が不要となったため削除するものであります。

 議案第78号の南砺市福光会館条例の一部改正につきましては、入居者や利用者の利便性向上を図るため、福光会館の2階、3階の一部を改修することに伴い、利用料金等を改正するものであります。

 報告第7号は、地方公共団体の財政の健全化に関する法律の規定により、南砺市の財政状況を示す4つの健全化判断比率及び南砺市が所管する公営企業の経営状況を示す資金不足比率について、監査委員の意見を付して、報告するものであります。

 報告第8号は、100万円以内の損害賠償に係る損害賠償額の決定及び和解について3件の専決を行いましたので、地方自治法第180条の規定により、これを報告するものであります。

 認定第1号から認定第13号までは、平成21年度の南砺市の一般会計、9特別会計及び3企業会計の計13会計の決算認定についてであります。各会計の決算につきましては、先般来監査委員による監査をいただきましたが、ここに審査意見書を添えて、議会の認定をお願いするものであります。監査委員各位には、終始熱心にご審査をいただきましたことを、この機会に深く感謝申し上げます。

 また、市の出資等に係る法人の経営状況に関する説明書を提出いたしております。

 以上、本定例会に提出いたしました議案について提案理由を説明いたしましたが、慎重ご審議の上、適切な議決を賜りますようお願い申し上げます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△決算特別委員会設置の件



○議長(且見公順議員) 次に、日程第4、決算特別委員会設置の件を議題といたします。

 お諮りいたします。平成21年度決算に関し、11人の委員をもって構成する決算特別委員会を設置し、認定第1号から認定第13号までについては、これに付託の上(末尾参照)、審査することにいたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」という人あり〕



○議長(且見公順議員) ご異議なしと認めます。

 よって、そのように決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△決算特別委員会委員の選任



○議長(且見公順議員) 次に、お諮りいたします。ただいま設置されました決算特別委員会の委員の選任については、委員会条例第7条第1項の規定により、お手元に配布の名簿のとおり(末尾参照)指名いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」という人あり〕



○議長(且見公順議員) ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました11人の議員を決算特別委員会委員に選任することに決定いたしました。

 なお、決算特別委員会の委員長及び副委員長を互選するため、暫時休憩いたします。



△休憩 午後2時56分

−−−−−−−−−−−−



△再開 午後3時05分



○議長(且見公順議員) 会議を再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△正副委員長互選の報告



○議長(且見公順議員) ご報告いたします。

 休憩中に決算特別委員会が開催され、委員長及び副委員長の互選が行われましたところ、委員長に、才川昌一議員、同副委員長に、山田勉議員がそれぞれ選任されましたので、ご報告いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△休会について



○議長(且見公順議員) お諮りいたします。議案調査のため、9月13日を休会といたしたいと思います。

 これにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(且見公順議員) ご異議なしと認めます。

 よって、そのように決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会



○議長(且見公順議員) 以上で本日の日程は終了いたしました。

 次回の本会議は、9月14日 午前10時に再開し、市政一般に対する質問 並びに各議案の質疑を行います。

 本日はこれをもって散会いたします。

 お苦労さまでした。



△散会 午後3時06分