議事ロックス -地方議会議事録検索-


富山県 南砺市

平成21年 12月 定例会(第7回) 12月22日−04号




平成21年 12月 定例会(第7回) − 12月22日−04号







平成21年 12月 定例会(第7回)



議事日程(第4号)

                   平成21年12月22日(火)午後4時開議

日程第1 議案第125号 平成21年度南砺市一般会計補正予算(第5号)

     議案第126号 平成21年度南砺市バス事業特別会計補正予算(第3号)

     議案第127号 平成21年度南砺市温泉事業特別会計補正予算(第4号)

     議案第128号 平成21年度南砺市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)

     議案第129号 平成21年度南砺市介護事業特別会計補正予算(第2号)

     議案第130号 平成21年度南砺市訪問看護事業特別会計補正予算(第1号)

     議案第131号 平成21年度南砺市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)

     議案第132号 平成21年度南砺市病院事業会計補正予算(第3号)

     議案第133号 平成21年度南砺市水道事業会計補正予算(第2号)

     議案第134号 平成21年度南砺市下水道事業会計補正予算(第3号)

     議案第135号 南砺市一般職員の特殊勤務手当に関する条例の一部改正について

     議案第136号 南砺市下水道条例の一部改正について

     議案第137号 南砺市水道事業給水条例の一部改正について

     議案第138号 南砺市簡易水道等給水条例の一部改正について

     議案第139号 字の区域の変更について

     議案第140号 辺地総合整備計画の変更について

     議案第141号 過疎地域自立促進計画の変更について

     議案第142号 市道路線の廃止について

     議案第143号 市道路線の変更について

     議案第144号 市道路線の認定について

     議案第145号 南砺市上平自然環境活用センター「ささら館」の指定管理者の指定について

     議案第146号 南砺市上平高齢者コミュニティセンター「ことぶき館」の指定管理者の指定について

     議案第147号 南砺市温泉施設(南砺市くろば温泉)の指定管理者の指定について

     請願第4号 日米FTA交渉促進反対に関する請願書

     請願第5号 「核兵器廃絶南砺市宣言」の決議を求める請願書

日程第2 議案第148号 大鋸屋林道ため池災害復旧工事請負契約の変更について

     同意第5号 教育委員の選任について

     同意第6号 人権擁護委員の候補者推薦について

日程第3 議員提出議案第3号 日米FTA交渉促進反対に関する意見書について

     議員提出議案第4号 電源立地地域対策交付金制度の交付期間延長等を求める意見書について

日程第4 各常任委員会、議会運営委員会及び各特別委員会の閉会中継続審査の件

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

 議事日程に同じ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(29人)

      1番  河合常晴議員        2番  赤池伸彦議員

      3番  水口秀治議員        4番  脊戸川義之議員

      5番  (欠員)          6番  山本勝徳議員

      7番  助田幸雄議員        8番  長井久美子議員

      9番  水上成雄議員       10番  榊 祐人議員

     11番  中島 満議員       12番  山瀬悦朗議員

     13番  齊藤光一議員       14番  向川静孝議員

     15番  池田庄平議員       16番  高田龍司郎議員

     17番  川辺邦明議員       18番  山田 勉議員

     19番  岩崎 誠議員       20番  石崎俊彦議員

     21番  前田美好議員       22番  才川昌一議員

     23番  蓮沼晃一議員       24番  浅田裕二議員

     25番  片岸 博議員       26番  西井秀治議員

     27番  香川俊光議員       28番  水木 猛議員

     29番  城岸一明議員       30番  且見公順議員

欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

説明のため出席した者

 市長       田中幹夫      副市長      中山繁實

 教育長      浅田 茂      教育委員長    蓑口勝美

 代表監査委員   高桑俊介      医療局管理者   倉知 圓

 会計管理者    石村悦朗      市長政策室長   平本和雄

 総務部長     下田正佳      民生部長     山畔勝博

 医療局長     仲筋武智      産業経済部長   三谷直樹

 建設部長     上坂吉明      市長政策室次長  大浦章一

 総務部次長    一二三敦司     総務部次長    高山博文

 教育次長     永井 厳      民生部次長    水上正光

 産業経済部次長  西坂英嗣      産業経済部次長  長谷川正昭

 建設部次長    西村俊郎      建設部次長    裏田 親

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

職務のため出席した事務局職員

                    主幹

 事務局長     松田泰彦               林 律子

                    議事調査係長

 議事調査係主任  溝口早苗

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議 午後4時00分



△開議の宣告



○議長(且見公順議員) 本日の会議を開きます。

 議事日程はお手元に配付のとおりであります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第125号から請願第5号の委員長報告、質疑、討論、採決



○議長(且見公順議員) これより日程第1、議案第125号 平成21年度南砺市一般会計補正予算(第5号)から請願第5号 「核兵器廃絶南砺市宣言」の決議を求める請願書まで、以上25案件を議題といたします。

 以上の案件に関し、各常任委員長の審査の経過並びに結果報告を求めます。

 産業建設常任委員長、川辺邦明議員。

   〔川辺邦明産業建設常任委員長登壇〕



◆産業建設常任委員長(川辺邦明議員) 平成21年12月定例会において、産業建設常任委員会における審査の経過、並びに結果についてご報告申し上げます。

 本常任委員会は、12月15日午前10時から開会し、委員全員の出席により、各案件について慎重なる審査を行いました。

 本常任委員会に付託されました案件は、議案第125号 平成21年度南砺市一般会計補正予算(第5号)の所管部分のほか予算関係4件、条例関係3件、その他5件、請願1件の計14案件であります。

 結果につきましては、お手元に配布されております委員会審査結果のとおり(末尾参照)、委員全員の一致により、いずれも原案のとおり可決すべきものと決した次第であります。

 以下、審査の過程における主な審査の内容について申し上げます。

 まず、議案第136号 南砺市下水道条例の一部改正についてであります。

 景気の低迷など、厳しい社会経済情勢の中にあって、下水道の使用料という公共料金の値上げを明年5月1日より施行することについてであります。

 これまで、整備のため借り入れた企業債の償還がピークを迎え、数年後には資金不足が生じ、下水道会計が破綻するという状況であることから、この時期をさらに延ばすことについては、市民にさらなる負担を強いることにつながりかねない。引き続き接続率向上の取り組みや不明水対策を講じるなど、経営改善に努めるとともに、広報活動はもとより、あらゆる機会を通じて周知を図り、さらなる市民の理解を求めていくとの答弁でありました。

 次に、平成21年度一般会計補正予算(第5号)についてであります。

 農林水産業費の農業振興費における福光射撃場改修工事関連事業費1億3,505万円についてであります。

 市では多くの公共施設を抱え、その見直しが問われている中にあって、五箇山荘、桂湖に続いて県営施設を譲り受けることについては、県はクレー射撃場の鉛汚染土を取り除いた段階で施設の再開を行わないことを受け、有害鳥獣捕獲技術の向上や競技スポーツの振興、地元からの要望を踏まえ、国からの補助金や県の支援を得る中で再開に踏み切りたいとの答弁でありました。

 また、再開後における施設の運営や採算性について質したところ、管理運営については、指定管理者制度を検討しており、採算性についても整備を行うことにより、銃刀法の改正による実射訓練の義務化や日本海側でも有数の射撃場となることから、大会の誘致などを進めることにより、ある程度、収支の均衡が図られるとのことでありました。

 次に、本委員会に付託されました請願第4号 日米FTA交渉促進反対に関する請願書について申し上げます。

 審議の経過として、委員からは、今、問題になっている日米間のFTAは、農産物の輸入全面自由化に道を開くものであり、このことにより農村が疲弊し、農業の崩壊につながることから、断じて認めるわけにはいかない。また、新政府の施策が定まらない段階ではあるが、地方の農家の声を反映する形として意見書を提出すべきという意見などから、採決の結果、全会一致で採択すべきものと決しました。

 以上、主な審査内容を申し上げ、産業建設常任委員長報告といたします。



○議長(且見公順議員) 民生病院常任委員長、高田龍司郎議員。

   〔高田龍司郎民生病院常任委員長登壇〕



◆民生病院常任委員長(高田龍司郎議員) 平成21年12月定例会において、民生病院常任委員会における審査の経過、並びに結果についてご報告申し上げます。

 本常任委員会は、12月16日午前10時から開会し、委員全員の出席により、各案件について慎重に審査を行いました。

 本委員会に付託されました議案は、議案第125号 平成21年度南砺市一般会計補正予算(第5号)の所管部分ほか、予算関係5件、その他1件の計7案件であります。

 結果につきましては、お手元に配布されております委員会審査結果のとおり(末尾参照)、委員全員の一致により、いずれも原案のとおり可決すべきものと決した次第であります。

 以下、審査の過程における主な審査の内容について、申し上げます。

 まず、平成21年度一般会計補正予算(第5号)についてであります。

 民生費、保育実施費の保育園費における臨時保育士等の賃金4,230万円という多額の補正額についてであります。

 これは、0、1歳の途中入園児の大幅な増加や保護者の多様な保育ニーズに対応するための措置で、特に途中入園児に占める0、1歳児が7割を超え80名を数える状況であり、これら低年齢児などに対する保育人員を確保するため、臨時の保育士等が年度当初より43名増加したことに伴うものであるとの答弁でありました。

 今後、こうした乳児保育など多様な保育ニーズに対応するため、また、保育園の再編・統合を踏まえ、正規保育士の確保など適正な配置に努められるよう求めたところであります。

 また、(仮称)福野東部統合保育園の用地取得費9,500万円に関連して、今後の整備スケジュールについて質したところ、現在、県の学校用地である福野高校百町校舎敷地の払い下げについては、金額を含め県と合意に至り、周辺の用地についても地権者との交渉を進めているところであるとのことであります。百町校舎の解体につきましては、来年2月末までに県が実施し、その後、建設に伴う各種手続きを整えた上で、5月着工、22年度内の完成を目指すとのことでありました。

 次に、衛生費、予防接種費における新型インフルエンザ予防接種費用の助成の考え方について質したところ、生活支援という目的の国の補助制度により、住民税非課税世帯と生活保護者について全額助成をするものであり、子どもたちなど市独自の支援策を行う考えにつきましては、新型インフルエンザの予防接種は任意の接種であること、また、すでに感染者が多く不公平感が発生することから、現在の状況では、接種の助成の考えはないとのことでありました。

 次に、平成21年度南砺市病院事業会計補正予算(第3号)についてであります。

 南砺市民病院における救急勤務医特殊勤務手当222万円については、国において新たに休日及び夜間の救急医療に携わる医師に対して、これまでの特殊勤務手当に1回1万8,600円の範囲内で救急医療業務に対する手当を上乗せするもので、これが喫緊の課題である医師の確保、また、救急医療体制の充実につながるように願うものであります。

 以上、主な審査内容を申し上げ、民生病院常任委員長報告といたします。



○議長(且見公順議員) 総務文教常任委員長、岩崎誠議員。

   〔岩崎 誠総務文教常任委員長登壇〕



◆総務文教常任委員長(岩崎誠議員) 平成21年12月定例会において、総務文教常任委員会における審査の経過、並びに結果についてご報告申し上げます。

 本常任委員会は、12月17日午前10時から開会し、委員全員の出席により、各案件について慎重に審査を行いました。

 本委員会に付託されたました議案は、議案第125号 平成21年度南砺市一般会計補正予算(第5号)の所管部分ほか、条例関係1件 その他3件、請願1件、合計6案件であります。

 結果につきましては、お手元に配布されております委員会審査結果報告のとおり(末尾参照)、補正予算、条例の一部改正、その他3件については、委員全員の一致により、いずれも原案のとおり可決すべきものと決しましたが、請願第5号については継続審査と決した次第であります。

 以下、審査の過程における主な内容について、申し上げます。

 まず、平成21年度南砺市一般会計補正予算(第5号)についてでありますが、さきの11月臨時会において、一般職員の給与費については、国の人事院勧告に準じ、給与については平均0.24%の減額、また、期末・勤勉手当の年間支給月数も0.35月減と改定したことから、今回の補正予算においては、一般会計並びに、病院会計を除く特別会計において、総じて1億3,700万円余りの人件費が減額となっております。

 給与水準、いわゆる平成20年度におけるラスパイレス指数について、国を100とした場合、本市は90.4と低水準であり県下10市でも最下位の現状となっていることから、職務に対する士気の高揚を図るため改善を求めたところであります。

 次に、総務費、協働のまちづくり費の(仮称)協働のまちづくり支援センターの設置目的や内容について申し上げます。

 市民協働を推進するため、明年4月1日よりショッピングセンター「アスモ」の2階の一室に開設するもので、自治会はもとよりNPOやボランティア団体など公益性がある団体を利用対象とし、そこには印刷機やコピー機などを設置し、実費で利用できるほか、利用時間帯についても、夜間や土曜・日曜も開館し、広く利用に供したいとの答弁でありました。

 次に教育費の小学校・中学校管理費における福野小学校並びに平中学校の校舎改築事業について、16億1,000万円余りもの大型補正に至った経緯について申し上げます。

 両校の工事において、今回、新たな国の補助制度「地域活性化・公共投資臨時交付金」4億7,000万円を受け、さらに、安全・安心な学校づくり交付金及び国庫負担金6億7,000万円、起債対応として、福野小学校には合併特例債、平中学校へは過疎債など4億3,200万円を充当することにより、一般財源が軽減される有利性はもとより、何よりもさらなる事業の進捗が図られると判断したとのことでありました。

 今回の補正に伴い、残る福光東部小学校及び福野中学校の耐震化については、耐震診断結果における緊急性を踏まえ、早急に着手されるよう求めたところであります。

 次に、当委員会に付託されました請願第5号「核兵器廃絶南砺市宣言」の決議を求める請願書について申し上げます。

 審議の経過として、紹介議員の中島議員より、この請願についての趣旨説明があり、委員からは、趣旨には同感であるが、美しい日本の原風景が息づく南砺市は、世界遺産の合掌造り集落をはじめ、散居村の自然景観など豊かな自然や風土、多彩な文化を有していることから、世界に発信する南砺市らしい宣言となるよう、今後、市当局とも十分に協議を重ねていく必要があるとのことから、採決の結果、継続審査とすべきものと決しました。

 以上、当委員会における審査内容を申し上げましたが、どうか議員各位には、適切なご決定を賜りますようお願い申し上げ、総務文教常任委員長報告といたします。



○議長(且見公順議員) 以上をもって、各常任委員長の審査の経過並びに結果報告を終わります。

 これより、各常任委員長の報告に対する質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

   〔「なし」と言う人あり〕



○議長(且見公順議員) 質疑なしと認めます。

 次に、討論に入ります。

 討論の通告がありますので、発言を許します。

 11番 中島満議員。

   〔11番 中島 満議員登壇〕



◆11番(中島満議員) 私は、議案第136号南砺市下水道条例の一部改正について、反対の立場で討論をいたします。

 この議案は、下水道料金を1立方メートル当たり21円値上げするというものです。

 市の下水道会計は、企業債の償還がピーク期間に入り、経営を大きく圧迫しています。資金の不足分に減価償却などの内部留保金を充ててきましたが、平成23年度末に底をつくことが明らかになったとしています。そこで、資金不足を回避するため、使用料の改定による増収と、一般会計からの資金不足補てん繰入金の双方を行うとしています。

 なお、使用料改定に当たり考慮すべき事項として4点を挙げていますが、その中の一つに、使用量の少ない単身世帯や高齢者世帯など、いわゆる生活弱者への配慮が必要としていました。

 しかし、料金改定の基本方針として生活弱者への配慮といいながらも、20立方メートルまでを同一単価とし、基本水量を据え置くとしています。そして参考として、65歳以上のみの世帯は3,865世帯、全世帯の22.2%である。また、井戸併用など、認定水量、月1人7立方メートルで計算する場合、2人世帯なら14立方メートルとなり、基本水量と同一単価になるとしています。

 これでは、生活弱者といわれる一人暮らし世帯に対する配慮が全く見られません。県下では、下水道の基本水量を氷見市では8立方メートルとしており、富山市も一定の配慮をしています。

 また、今回の改定に当たっては、一般会計からの繰入金は約1億円、使用料による増収は約1億5,000万円で、41対59となっています。基本水量の引き下げで生活弱者に対する配慮をすれば、仮に8立方メートルとした場合、約1,500万円余り、認定水量の7立方メートルとした場合には、約2,200万円余りの減収と試算されます。逆にいえば、使ってもいないのに、生活弱者といわれる世帯がそれ以上の料金を下水道、そして上水道に上乗せされているのであります。

 なお、今回の料金改定に当たり、住民説明会が旧町村ごとに8カ所で行われました。私は、市民に下水道事業の状況を説明し理解を得ようとする姿勢は評価しますが、これは行政の側から言いたいことを述べるだけで、住民の声を聞くというものではありませんでした。議会での全員協議会の席では、住民の声も議案に反映するかのような説明もありましたが、住民説明会の最終日が議会での議案説明の当日の晩に開催されたことを見ても明らかであります。また、住民が最も知りたいと思っていた値上げ幅についても、一切知らされませんでした。

 私は、下水道事業の現状を見るとき、使用料の改定もやむを得ない面もありますが、こういう時こそ弱者への配慮を形にして明らかにすべきと考え、よって、この議案に反対いたします。

 また、請願第5号は「核兵器廃絶南砺市宣言」の決議を求める請願であります。

 核兵器の廃絶を求める決議は、旧町村でも採択されています。利賀村が平成7年12月に採択し、平成8年3月には、井口・城端・平・上平・福野・井波の各町村で決議し、平成11年12月に県議会で決議し、それを受けて福光でも決議されたと聞きます。

 そのあと平成の合併があり、平成17年6月に砺波市、12月に富山市、18年3月に射水市、12月に高岡市、そして20年8月に黒部市でそれぞれ新たに決議し宣言しています。

 こういう状況でもあり、この請願に対し、かつての町村長さんをはじめ、浄土真宗の東・西の別院の輪番さん、安居寺の住職さん、高瀬神社の宮司さんなどの宗教者の方々、また、なんと・福光農協の組合長さん、自治振興会の会長さんなど、旧町で5名、旧村からは元村長さんなど著名人24氏が賛同の署名をされ、提出されたものであります。

 南砺市としては遅くなったわけでありますが、アメリカのオバマ大統領が「核兵器のない世界」を追求すると演説し、ノーベル平和賞を受賞するなど、核兵器のない世界へ大きな流れができてきたこの時期は、大変いいタイミングでもあります。

 また、市長も9月議会で、「核廃絶の南砺市宣言は検討に値する」、「手法としては、議員提出議案が多く見られる」と表明されました。

 県内のすべての宣言は、議員提案で行われており、宣言の内容もほぼ同じであります。

 一つには、すべての国の核兵器の緊急な廃絶を全世界に強く訴える。二つには、国是である「核兵器を作らず、持たず、持ち込ませず」の非核三原則を将来にわたり厳守する。三つには、戦争の悲惨さを子々孫々に伝え、平和を守る行政を行うというものです。

 付託された総務文教常任委員会では、趣旨には同感であるが、宣言文の表現など当局とも協議し継続審議にしたい旨の発言もあり、継続となりました。

 地方議会には、会期不継続の原則があり、その会期に議決にならなかった事件は、会期終了とともに審議未了、廃案となります。継続審査とするためには、正式な手続きが必要であります。

 とかく継続審議は、改めて次の議会で審査されることはありません。しかし、この請願に関しては委員長より議長に正式に継続審査の申し出があり、また委員長も休会中に当局を含め宣言文を協議したいとのことでありました。3月議会ではよりよい宣言が決議されることを求め、討論を終わります。



○議長(且見公順議員) 以上で討論は終了いたしました。

 これより採決いたします。

 まず、議案第125号 平成21年度南砺市一般会計補正予算(第5号)を採決いたします。

 本案に対する各常任委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○議長(且見公順議員) 起立全員であります。

 よって、本案は委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第126号 平成21年度南砺市バス事業特別会計補正予算(第3号)から議案第131号 平成21年度南砺市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)まで、以上6件を採決いたします。

 以上の案件に対する各常任委員長の報告は可決であります。以上の案件は、委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○議長(且見公順議員) 起立全員。

 よって、以上の案件は委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第132号 平成21年度南砺市病院事業会計補正予算(第3号)から議案第134号 平成21年度南砺市下水道事業会計補正予算(第3号)まで、以上3件を採決いたします。

 以上の案件に対する各常任委員長の報告は可決であります。以上の案件は委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○議長(且見公順議員) 起立全員。

 よって、以上の案件は委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第135号 南砺市一般職員の特殊勤務手当に関する条例の一部改正についてを採決いたします。

 本案に対する総務文教常任委員長の報告は可決であります。本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○議長(且見公順議員) 起立全員であります。

 よって、以上の案件は委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第136号 南砺市下水道条例の一部改正についてを採決いたします。

 本案に対する産業建設常任委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○議長(且見公順議員) 起立多数であります。

 よって、本案は委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第137号 南砺市水道事業給水条例の一部改正について及び議案第138号 南砺市簡易水道等給水条例の一部改正について、以上2件を採決いたします。

 以上の案件に対する産業建設常任委員長の報告は可決であります。以上の案件は委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○議長(且見公順議員) 起立全員。

 よって、以上の案件は委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第139号 字の区域の変更ついてから、議案第144号 市道路線の認定についてまで、以上6件を採決いたします。

 以上の案件に対する各常任委員長の報告は可決であります。以上の案件は、委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○議長(且見公順議員) 起立全員。

 よって、本案は委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第145号 南砺市上平自然環境活用センター「ささら館」の指定管理者の指定についてから議案第147号 南砺市温泉施設(南砺市くろば温泉)の指定管理者の指定についてまで、以上3件を採決いたします。

 以上の案件に対する各常任委員長の報告は可決であります。以上の案件は委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○議長(且見公順議員) 起立全員であります。

 よって、以上の案件は委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、請願書の採決を行います。

 請願第4号 日米FTA交渉促進反対に関する請願書を採決いたします。

 本請願に対する産業建設常任委員長の報告は採択であります。本請願は、委員長の報告のとおり採択することに賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○議長(且見公順議員) 起立全員であります。

 よって、本請願は委員長の報告のとおり採択することに決定いたしました。

 次に、請願第5号 「核兵器廃絶南砺市宣言」の決議を求める請願書については、総務文教常任委員長から会議規則第104条の規定により、閉会中の継続審査の申し出があります。

 お諮りいたします。

 本請願は、総務文教常任委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(且見公順議員) ご異議なしと認めます。

 よって、本請願は総務文教常任委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第148号から同意第6号の上程、説明、採決



○議長(且見公順議員) 次に、日程第2、議案第148号 大鋸屋林道ため池災害復旧工事請負契約の変更についてから、同意第6号 人権擁護委員の候補者推薦についてまで、以上3案件を一括議題といたします。

 田中市長から提案理由の説明を求めます。

   〔田中幹夫市長登壇〕



◎市長(田中幹夫) ただいま追加提出いたしました議案について提案理由をご説明申し上げます。

 議案第148号の大鋸屋林道ため池災害復旧工事請負契約の変更につきましては、5月29日に議会の議決を経て本契約を締結し鋭意工事を進めてきたところでございますが、堆積土の浚渫の進捗に伴い、埋没していた底樋の水門等が破損していることが判明したため水門の修繕を追加するとともに、流木処分量の追加等工事内容を変更する必要が生じましたので、工事請負契約金額を987万4,200円追加し1億7,566万9,200円に変更するため、議会の議決を求めるものであります。

 同意第5号は、南砺市教育委員会委員の任命について議会の同意を求めるものであり、教育に関して高い見識をお持ちの、大西良美氏を任命いたしたいと存じます。

 同意第6号は、人権擁護委員の候補者推薦についてであります。平成22年3月末日をもって3名の人権擁護委員の方々が任期満了となられますが、現委員の森田千鶴子氏と廣島誓子氏につきましては引き続き、また人権問題に深い見識をお持ちの野原義和氏を新たに推薦いたしたく議会の意見を求めるものであります。

 以上、追加提出いたしました議案について提案理由を説明いたしましたが、慎重ご審議の上、適切な議決を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(且見公順議員) これより、議案第148号について質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

   〔「なし」と言う人あり〕



○議長(且見公順議員) 質疑なしと認めます。

 お諮りいたします。

 議案第148号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

   〔「なし」と言う人あり〕



○議長(且見公順議員) ご異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。

 次に、討論に入ります。

 討論はありませんか。

   〔「なし」と言う人あり〕



○議長(且見公順議員) 討論なしと認めます。

 これより採決いたします。

 議案第148号 大鋸屋林道ため池災害復旧工事請負契約の変更についてを採決いたします。本案は、原案のとおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○議長(且見公順議員) 起立全員。

 よって、本案は原案のとおり可決することに決定いたしました。

 次にお諮りいたします。同意第5号及び同意第6号については、事案の性質上、この際直ちに採決したいと思います。これにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(且見公順議員) ご異議なしと認めます。

 よって、そのように決定いたしました。

 これより採決いたします。

 同意第5号 南砺市教育委員会委員の任命についてを採決いたします。本案は、原案のとおり同意することに賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○議長(且見公順議員) 起立全員であります。

 よって、本案は、原案のとおり同意することに決しました。

 次に、同意第6号 人権擁護委員の候補者推薦についてを採決いたします。本案は、原案のとおり同意することに賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○議長(且見公順議員) 起立全員。

 よって、本案は、原案のとおり同意することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議員提出議案第3号及び議員提出議案第4号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(且見公順議員) 次に、日程第3、議員提出議案第3号及び議員提出議案第4号、以上2件を議題といたします。

 まず、議員提出議案第3号 日米FTA交渉促進反対に関する意見書について、提案理由の説明を求めます。

 産業建設常任委員長 川辺邦明議員。

   〔川辺邦明産業建設常任委員長登壇〕



◆産業建設常任委員長(川辺邦明議員) 議員提出議案第3号について、提案理由のご説明を申し上げます。

 我が国の農産物輸入に対する関税は、米等の一部品目を除き、既に自由化に近い水準まで引き下げられており、農産物輸出大国である米国との農産物貿易を自由化すれば、安価な海外農産物がわが国市場にあふれ、米をはじめ多くの生産者は営農を継続できなくなり、国内および地域の農業生産が激減するだけでなく、これまで取り組んできた担い手の育成や集落営農の推進などの努力も水泡に帰すことは必至であります。現在、国内自給率の向上を目指して、国民の理解を求めながら生産者が努力している中、農産物の自由化はこれに反し、生産者の努力も無にするものであります。

 よって、国におかれては、食の安全・安定供給、食料自給率の向上、国内農業・農村の振興などを損なうような日米FTAは行わないよう強く要望するものであります。

 以上、提案理由のご説明を申し上げましたが、議員各位にはこの趣旨を御理解いただき、全会一致の御賛同を賜りますようお願いを申し上げまして、提案理由の説明といたします。



○議長(且見公順議員) これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

   〔「なし」と言う人あり〕



○議長(且見公順議員) 質疑なしと認めます。

 次に、討論に入ります。

 討論はありませんか。

   〔「なし」と言う人あり〕



○議長(且見公順議員) 討論なしと認めます。

 それでは採決いたします。

 議員提出議案第3号 日米FTA交渉促進反対に関する意見書についてを採決いたします。本案は原案のとおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○議長(且見公順議員) 起立全員。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 次に、議員提出議案第4号 電源立地地域対策交付金制度の交付期間延長等を求める意見書について、提案理由の説明を求めます。

 総務文教常任委員長 岩崎誠議員。

   〔岩崎 誠総務文教常任委員長登壇〕



◆総務文教常任委員長(岩崎誠議員) 議員提出議案第4号について、提案理由のご説明を申し上げます。

 電源立地地域対策交付金の水力発電施設周辺地域交付金相当部分、いわゆる水力交付金は、水力発電ダムに関わる発電用施設周辺地域住民の福祉の向上と電源立地の円滑化に資することを目的に創設されたものであり、関係市町村では、この水力交付金を活用し、防火水槽や防災無線等の公共施設の整備、診療所や保育園の運営費等への充当による住民生活の利便性向上を図っているところであります。

 しかしながら、現在の制度では、交付対象市町村の多くが、まもなく最長交付期間の30年を迎えることとなりますが、その場合、水力発電施設の円滑な運転継続や新規の電源立地に支障を生ずることが危惧されております。

 よって、国におかれては、平成22年度末をもって多くの関係市町村で交付期限を迎える水力交付金について、平成23年度以降は恒久的な制度とすること、及び原子力発電交付金との格差を踏まえた交付金の最高限度額及び最低保証額の引き上げなど交付条件の改善や事務手続きの簡素化を図られることを強く要望するものであります。

 以上、提案理由のご説明を申し上げましたが、議員各位には、この趣旨をご理解いただき、全会一致のご賛同を賜りますようお願いを申し上げまして、提案理由の説明といたします。



○議長(且見公順議員) これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

   〔「なし」と言う人あり〕



○議長(且見公順議員) 質疑なしと認めます。

 次に、討論に入ります。

 討論はありませんか。

   〔「なし」と言う人あり〕



○議長(且見公順議員) 討論なしと認めます。

 それでは採決いたします。

 議員提出議案第4号 電源立地地域対策交付金制度の交付期間延長等を求める意見書についてを採決いたします。本案は原案のとおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○議長(且見公順議員) 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会中継続審査について



○議長(且見公順議員) 次に、日程第4、各常任委員会、議会運営委員会及び広報特別委員会の閉会中継続審査の件を議題といたします。

 各常任委員長、議会運営委員長及び広報特別委員長から、審査中の事件につき、会議規則第104条の規定により、お手元に配付いたしました申し出一覧のとおり(末尾参照)、閉会中の継続審査の申し出があります。

 お諮りいたします。各委員長から申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(且見公順議員) 異議なしと認めます。

 よって、そのように決定いたしました。

 以上で、本日の日程は終了いたしました。

 これをもって、本定例会に付議されました諸案件の審議はすべて終了いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△市長あいさつ



○議長(且見公順議員) 次に、本定例会を閉会するに当たり、市長からあいさつがございます。

   〔田中幹夫市長登壇〕



◎市長(田中幹夫) ただいまは、12月定例会に提案させていただきました議案につきまして、お認めいただき心から感謝を申し上げる次第でございます。事業につきましては、早速取りかかっていきたいと思っております。

 また、公共料金でございます上下水道、特に下水道の料金につきまして、今後さらに市民の皆様にご理解を賜りますよういろいろと努めてまいりたいと、このように思っております。

 今年もあと十日で終わりとなりますが、少し一年を振り返ってみますと、春に平高校が春高バレーに37年ぶりに出場しまして、その流れから南砺福野高等学校野球部が甲子園に出場しました。そういった素晴らしい若者が頑張る南砺市で我々も元気をいただいたわけでございますが、また、福野庁舎に熊が入ったり、パンデミックという言葉が我々の耳に初めて入ってきたわけでございますけれども、新型インフルエンザが今もなお蔓延しているところでございますし、やはり危機管理体制も今後いろいろと考えていかなければならないと思っているところでございます。

 夏の衆議院総選挙におきましても、民主党中心の政権が誕生し、今もなお、さまざまな事業が流動的ではっきりしていない部分もあるわけでございますが、南砺市としてもしっかりと注視しながら進めていかなければならない、また、改めて新たな要望等々の方法を用いて、しっかりと要望していかなければならないと、このように思っております。

 11月1日には合併5周年記念式典も皆様方のご協力を賜りまして、無事成功に終わることができました。さまざまな思いでこの一年を振り返りました。皆様方には本当にいろいろとご指導を賜りましたことを改めて感謝申し上げますとともに、また来年、清々しい一年をお迎えになられますことを心から念じまして、閉会のあいさつに代えさせていただきたいと思います。

 ありがとうございました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会の宣告



○議長(且見公順議員) これをもって、平成21年第7回南砺市議会12月定例会を閉会いたします。

 お疲れさまでした。



△閉会 午後4時51分

     常任委員会所属変更申出一覧表



氏名
現在所属している委員会
新たに所属を希望する委員会


河合常晴
総務文教
民生病院


赤池伸彦
総務文教
産業建設


水口秀治
産業建設
総務文教


脊戸川義之
産業建設
総務文教


山本勝徳
総務文教
民生病院


助田幸雄
民生病院
産業建設


長井久美子
民生病院
総務文教


中島 満
民生病院
総務文教


向川静孝
産業建設
総務文教


池田庄平
総務文教
産業建設


山田 勉
民生病院
総務文教


岩崎 誠
民生病院
総務文教


石崎俊彦
産業建設
民生病院


前田美好
総務文教
民生病院


才川昌一
総務文教
産業建設


浅田裕二
総務文教
民生病院


片岸 博
民生病院
総務文教


水木 猛
民生病院
総務文教


城岸一明
産業建設
民生病院


且見公順
総務文教
産業建設



     平成21年第7回南砺市議会12月定例会議案付託表



総務文教常任委員会付託分


議案番号
議案名


議案第125号
平成21年度南砺市一般会計補正予算(第5号)の所管部分


議案第135号
南砺市一般職員の特殊勤務手当に関する条例の一部改正について


議案第139号
字の区域の変更について


議案第140号
辺地総合整備計画の変更について


議案第141号
過疎地域自立促進計画の変更について


以上5案件







民生病院常任委員会付託分


議案番号
議案名


議案第125号
平成21年度南砺市一般会計補正予算(第5号)の所管部分


議案第126号
平成21年度南砺市バス事業特別会計補正予算(第3号)


議案第128号
平成21年度南砺市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)


議案第129号
平成21年度南砺市介護事業特別会計補正予算(第2号)


議案第130号
平成21年度南砺市訪問看護事業特別会計補正予算(第1号)


議案第132号
平成21年度南砺市病院事業会計補正予算(第3号)


議案第146号
南砺市上平高齢者コミュニティセンター「ことぶき館」の指定管理者の指定について


以上7案件







産業建設常任委員会付託分


議案番号
議案名


議案第125号
平成21年度南砺市一般会計補正予算(第5号)の所管部分


議案第127号
平成21年度南砺市温泉事業特別会計補正予算(第4号)


議案第131号
平成21年度南砺市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)


議案第133号
平成21年度南砺市水道事業会計補正予算(第2号)


議案第134号
平成21年度南砺市下水道事業会計補正予算(第3号)


議案第136号
南砺市下水道条例の一部改正について


議案第137号
南砺市水道事業給水条例の一部改正について


議案第138号
南砺市簡易水道等給水条例の一部改正について


議案第142号
市道路線の廃止について


議案第143号
市道路線の変更について


議案第144号
市道路線の認定について


議案第145号
南砺市上平自然環境活用センター「ささら館」の指定管理者の指定について


議案第147号
南砺市温泉施設(南砺市くろば温泉)の指定管理者の指定について


以上13案件





平成21年第7回南砺市議会12月定例会請願文書表


日米FTA交渉促進反対に関する請願書  (請願第4号)
                 産業建設常任委員会付託


受理年月日
平成21年11月4日


請願者
砺波市宮沢町3番11号
 となみ野農業協同組合
  代表理事組合長 佐野日出勇 ほか2農業協同組合


紹介議員
向川静孝議員、山田 勉議員、岩崎 誠議員


請願の趣旨
 我が国の農産物輸入に関する関税は、米等の一部品目を除きすでに自由化に近い水準まで引き下げられており、農産物輸出大国である米国との農産物貿易を自由化すれば、安価な海外農産物がわが国市場にあふれ、米をはじめ多くの生産者は営農を継続できなくなり国内および地域の農業生産が激減するだけでなく、これまで取り組んできた担い手の育成や集落営農の推進などの努力も水泡に帰すことは必至である。国内農業生産の激減、食料自給率の大幅低下、雇用の喪失等は確実で、「食の安全・安定供給、食料自給率の向上、国内農業・農村の振興」と「日米FTA交渉の促進」は両立できるとは到底考えられないことから、断じて交渉の促進は認められない。
 貴議会におかれては、農業者の生産の継続を確保し国産農畜産物増産・自給率向上、加えて地域経済の維持・発展に向け、以下の実効ある措置を図られるよう請願する。
1.市において、日米FTA交渉の促進について反対の意思を明確にし、国に対してしかるべき要請を行うこと。





平成21年第7回南砺市議会12月定例会請願文書表


「核兵器廃絶南砺市宣言」の決議を求める請願書  (請願第5号)
                    総務文教常任委員会付託


受理年月日
平成21年11月20日


請願者
南砺市山見1488-7
 南砺市平和委員会 代表 三宅秀正


紹介議員
中島 満議員


請願の趣旨
 アメリカのオバマ大統領が、プラハで「核兵器のない世界」を追求すると演説し、G8で「核兵器のない世界へ向けた諸条件をつくる」と明記した声明を発表したことにより、いま、核兵器のない世界へ大きな流れができつつある。先の9月議会では田中南砺市長からもこの流れを歓迎する発言があった。
 合併前には、平成8年に旧町村の多くの自治体でも「核兵器廃絶自治体宣言」を決議しており、合併後の砺波市など改めて宣言をする自治体も増えている。ぜひ南砺市でも下記の3点を明記した「核兵器廃絶宣言」を決議いただくよう請願する。
 1.南砺市は、すべての国の核兵器の緊急な廃絶を全世界に強く訴える。
 2.南砺市は、国是である「核兵器を作らず、持たず、持ちこませず」の非核三原則を将来にわたり厳守する。
 3.南砺市は、戦争の悲惨さを子々孫々につたえ、平和を守る行政を行う。



                            平成21年12月15日

南砺市議会議長 且見公順様

                        南砺市議会産業建設常任委員会

                         委員長 川辺邦明

               委員会審査報告書

 本委員会に付託の下記案件は、審査の結果、次のとおり決定したので会議規則第103条の規定により報告します。

                   記



議案番号
案件名
議決結果


議案第125号
平成21年度南砺市一般会計補正予算(第5号)の所管部分
原案可決


議案第127号
平成21年度南砺市温泉事業特別会計補正予算(第4号)
原案可決


議案第131号
平成21年度南砺市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)
原案可決


議案第133号
平成21年度南砺市水道事業会計補正予算(第2号)
原案可決


議案第134号
平成21年度南砺市下水道事業会計補正予算(第3号)
原案可決


議案第136号
南砺市下水道条例の一部改正について
原案可決


議案第137号
南砺市水道事業給水条例の一部改正について
原案可決


議案第138号
南砺市簡易水道等給水条例の一部改正について
原案可決


議案第142号
市道路線の廃止について
原案可決


議案第143号
市道路線の変更について
原案可決


議案第144号
市道路線の認定について
原案可決


議案第145号
南砺市上平自然環境活用センター「ささら館」の指定管理者の指定について
原案可決


議案第147号
南砺市温泉施設(南砺市くろば温泉)の指定管理者の指定について
原案可決



                            平成21年12月15日

南砺市議会議長 且見公順様

                        南砺市議会産業建設常任委員会

                         委員長  川辺邦明

               請願審査報告書

 本委員会に付託の請願を審査した結果、次のとおり決定したので、会議規則第136条第1項の規定により報告します。

                   記



受理番号
付託年月日
件名
審査の結果
委員会の意見
措置



平成21年12月14日
日米FTA交渉促進反対に関する請願書
採択
国内農業・農村の振興などを損なうような日米FTAは行わないよう要望する
日米FTA交渉促進反対に関する意見書を関係各庁へ提出



                            平成21年12月16日

南砺市議会議長 且見公順様

                        南砺市議会民生病院常任委員会

                         委員長 高田龍司郎

               委員会審査報告書

 本委員会に付託の下記案件は、審査の結果、次のとおり決定したので会議規則第103条の規定により報告します。

                   記



議案番号
案件名
議決結果


議案第125号
平成21年度南砺市一般会計補正予算(第5号)の所管部分
原案可決


議案第126号
平成21年度南砺市バス事業特別会計補正予算(第3号)
原案可決


議案第128号
平成21年度南砺市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)
原案可決


議案第129号
平成21年度南砺市介護事業特別会計補正予算(第2号)
原案可決


議案第130号
平成21年度南砺市訪問看護事業特別会計補正予算(第1号)
原案可決


議案第132号
平成21年度南砺市病院事業会計補正予算(第3号)
原案可決


議案第146号
南砺市上平高齢者コミュニティセンター「ことぶき館」の指定管理者の指定について
原案可決



                            平成21年12月17日

南砺市議会議長 且見公順様

                        南砺市議会総務文教常任委員会

                         委員長  岩崎 誠

               委員会審査報告書

 本委員会に付託の下記案件は、審査の結果、次のとおり決定したので会議規則第103条の規定により報告します。

                   記



議案番号
案件名
議決結果


議案第125号
平成21年度南砺市一般会計補正予算(第5号)の所管部分
原案可決


議案第135号
南砺市一般職員の特殊勤務手当に関する条例の一部改正について
原案可決


議案第139号
字の区域の変更について
原案可決


議案第140号
辺地総合整備計画の変更について
原案可決


議案第141号
過疎地域自立促進計画の変更について
原案可決



                            平成21年12月17日

南砺市議会議長 且見公順様

                        南砺市議会総務文教常任委員会

                         委員長  岩崎 誠

               閉会中継続審査申出書

 本委員会に付託された下記の請願については、審査の結果、閉会中もなお継続して審査を要するものと決定したので、会議規則第104条の規定により申し出ます。

                   記



受理番号
受理年月日
件名



平成21年11月20日
「核兵器廃絶南砺市宣言」の決議を求める請願書



理由 なお調査研究を要するため

     閉会中継続審査事件の申し出一覧



委員会名
件名


議会運営

議会の運営に関することについて



議会の会議規則、委員会条例等に関することについて



議長の諮問に関することについて


総務文教

行財政の効率的執行について



市政の重要施策の推進について



都市・国際交流の推進について



高度情報通信基盤の整備などIT施策の推進について



防災対策の強化について



学校教育の充実と教育環境の整備について



生涯学習の振興及び体育・スポーツ、芸術・文化施策の推進について



文化財の活用及び美術館・図書館などの充実について



高等教育機関の整備について


10
女性教育及び青少年健全育成に関することについて


民生病院

高齢者、児童等の福祉対策の促進について



障害者(児)福祉対策の促進について



市民の健康増進施策の推進について



環境保全及び環境衛生対策について



病院事業の推進について



交通安全と事故防止対策の推進について



暴力犯罪の防止及び防犯対策の推進について


産業建設

地場産業の育成と中小企業の振興対策について



商工業発展と振興対策について



雇用対策と職業能力開発事業の推進について



観光事業の積極的な推進について



勤労者福祉の拡充について



地域開発事業の推進について



長期展望に基づく総合農政の展開について



農業生産基盤の整備と農業構造改善対策について



水産業、畜産業の振興対策について


10
林道・治山対策及び林業構造改善対策について


11
道路事業の促進について


12
河川、砂防事業の促進について


13
都市計画の促進について


14
住宅対策について


15
上下水道事業の促進について


広報特別

議会広報に関することについて



地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

 平成21年12月22日

        議長        且見公順

        前議長       水木 猛

        前副議長      西井秀治

        署名議員      片岸 博

        署名議員      香川俊光

        署名議員      城岸一明