議事ロックス -地方議会議事録検索-


富山県 南砺市

平成21年 12月 定例会(第7回) 12月04日−01号




平成21年 12月 定例会(第7回) − 12月04日−01号







平成21年 12月 定例会(第7回)



南砺市告示第147号

          南砺市議会12月定例会の招集について

 地方自治法(昭和22年法律第67号)第101条第1項の規定により、平成21年第7回南砺市議会12月定例会を、次のとおり招集する。

 平成21年11月11日

                            南砺市長 田中幹夫

                   記

          1 期日   平成21年12月4日(金)

          2 場所   南砺市役所福光庁舎 議場

議事日程(第1号)

                 平成21年12月4日(金)午後2時30分開会

日程第1 会議録署名議員の指名

日程第2 会期決定の件

日程第3 常任委員の所属変更の件

日程第4 広報特別委員選任の件

日程第5 議会運営委員選任の件

日程第6 砺波地方衛生施設組合議会議員の補欠選挙

     砺波地方介護保険組合議会議員の補欠選挙

日程第7 南砺市農業委員の推薦の件

日程第8 議案第125号 平成21年度南砺市一般会計補正予算(第5号)

     議案第126号 平成21年度南砺市バス事業特別会計補正予算(第3号)

     議案第127号 平成21年度南砺市温泉事業特別会計補正予算(第4号)

     議案第128号 平成21年度南砺市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)

     議案第129号 平成21年度南砺市介護事業特別会計補正予算(第2号)

     議案第130号 平成21年度南砺市訪問看護事業特別会計補正予算(第1号)

     議案第131号 平成21年度南砺市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)

     議案第132号 平成21年度南砺市病院事業会計補正予算(第3号)

     議案第133号 平成21年度南砺市水道事業会計補正予算(第2号)

     議案第134号 平成21年度南砺市下水道事業会計補正予算(第3号)

     議案第135号 南砺市一般職員の特殊勤務手当に関する条例の一部改正について

     議案第136号 南砺市下水道条例の一部改正について

     議案第137号 南砺市水道事業給水条例の一部改正について

     議案第138号 南砺市簡易水道等給水条例の一部改正について

     議案第139号 字の区域の変更について

     議案第140号 辺地総合整備計画の変更について

     議案第141号 過疎地域自立促進計画の変更について

     議案第142号 市道路線の廃止について

     議案第143号 市道路線の変更について

     議案第144号 市道路線の認定について

     議案第145号 南砺市上平自然環境活用センター「ささら館」の指定管理者の指定について

     議案第146号 南砺市上平高齢者コミュニティセンター「ことぶき館」の指定管理者の指定について

     議案第147号 南砺市温泉施設(南砺市くろば温泉)の指定管理者の指定について

     報告第7号 専決処分の報告について

     同意第4号 南砺市監査委員の選任について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

 日程第1から日程第2まで議事日程に同じ

 追加日程第1 議長辞職の件

 追加日程第2 議長の選挙

 追加日程第3 副議長辞職の件

 追加日程第4 副議長の選挙

 日程第3から日程第8まで議事日程に同じ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(29人)

      1番  河合常晴議員        2番  赤池伸彦議員

      3番  水口秀治議員        4番  脊戸川義之議員

      5番  (欠員)          6番  山本勝徳議員

      7番  助田幸雄議員        8番  長井久美子議員

      9番  水上成雄議員       10番  榊 祐人議員

     11番  中島 満議員       12番  山瀬悦朗議員

     13番  齊藤光一議員       14番  向川静孝議員

     15番  池田庄平議員       16番  高田龍司郎議員

     17番  川辺邦明議員       18番  山田 勉議員

     19番  岩崎 誠議員       20番  石崎俊彦議員

     21番  前田美好議員       22番  才川昌一議員

     23番  蓮沼晃一議員       24番  浅田裕二議員

     25番  片岸 博議員       26番  西井秀治議員

     27番  香川俊光議員       28番  水木 猛議員

     29番  城岸一明議員       30番  且見公順議員

欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

説明のため出席した者

 市長       田中幹夫      副市長      中山繁實

 教育長      浅田 茂      教育委員長    蓑口勝美

 代表監査委員   高桑俊介      医療局管理者   倉知 圓

 会計管理者    石村悦朗      市長政策室長   平本和雄

 総務部長     下田正佳      民生部長     山畔勝博

 医療局長     仲筋武智      産業経済部長   三谷直樹

 建設部長     上坂吉明      市長政策室次長  大浦章一

 総務部次長    一二三敦司     総務部次長    高山博文

 教育次長     永井 厳      民生部次長    水上正光

 産業経済部次長  西坂英嗣      産業経済部次長  長谷川正昭

 建設部次長    西村俊郎      建設部次長    裏田 親

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

職務のため出席した事務局職員

                    主幹

 事務局長     松田泰彦               林 律子

                    議事調査係長

 議事調査係主任  溝口早苗

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開会 午後2時31分



△開会及び開議の宣告



○議長(水木猛議員) ただいまから平成21年第7回南砺市議会12月定例会を開会いたします。

 本日の会議を開きます。

 議事日程はお手元に配付のとおりであります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名



○議長(水木猛議員) これより、日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議規則第81条の規定により、会期中の会議録署名議員に25番片岸博議員、27番香川俊光議員、29番城岸一明議員を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会期の決定



○議長(水木猛議員) 次に、日程第2、会期決定の件を議題といたします。

 お諮りいたします。本定例会の会期は、本日から12月22日までの19日間といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(水木猛議員) ご異議なしと認めます。

 よって、会期は19日間と決定いたしました。

 暫時休憩いたします。



△休憩 午後2時32分

−−−−−−−−−−−−



△再開 午後2時35分



○副議長(西井秀治議員) 会議を再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議長辞職について



○副議長(西井秀治議員) 休憩中に議長 水木猛議員から、議長の辞職願が提出されております。

 お諮りいたします。この際、議長辞職の件を日程に追加し、直ちに議題といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○副議長(西井秀治議員) ご異議なしと認めます。

 よって、そのように決定いたしました。

 議長辞職の件を議題といたします。まず、その辞職願を事務局長に朗読させます。



◎事務局長(松田泰彦) それでは朗読いたします。

 辞職願。南砺市議会副議長 西井秀治殿。今般、一身上の都合により議長を辞職いたしたいので許可されるよう願います。平成21年12月4日 南砺市議会議長 水木 猛。



○副議長(西井秀治議員) お諮りいたします。水木猛議員の議長の辞職を許可することにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○副議長(西井秀治議員) ご異議なしと認めます。

 よって、水木猛議員の議長の辞職を許可することに決定いたしました。

 ただいま水木猛議員から発言を求められておりますので、これを許します。

   〔28番 水木 猛議員登壇〕



◆28番(水木猛議員) 議長退任に当たり一言ごあいさつを申し上げます。

 一昨年12月の定例会におきまして、議員各位のご推挙により、議長の要職に就任しましてから2年間、各位のご協力、ご支援をいただきましたことに対し厚くお礼を申し上げます。

 この2年間の議長としての私は、何をしたのだろうか。もっと努力すべき点がなかったのかと反省するとき、やはり力がなかったな、大役過ぎたかなといった気がしないわけではありません。在職中に議事・次第用語を耳で聞いてわかるように改革しましたが、これとて議会運営委員会、議会事務局の職員におんぶに抱っこでされてきたものであります。非才な私にご協力いただき、おかげさまで曲がりなりにもその身を全うし得ましたことに対して重ねて御礼を申し上げますとともに、今後とも南砺市の発展と住民福祉の増進に努力する所存でございます。

 変わらぬご厚誼を賜りますようお願い申し上げまして、退任のあいさつとさせていただきます。

 本当にありがとうございました。(拍手)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議長の選挙



○副議長(西井秀治議員) ただいま議長が欠員となりました。

 お諮りいたします。この際、議長の選挙を日程に追加し、直ちに選挙を行いたいと思います。これにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○副議長(西井秀治議員) ご異議なしと認めます。

 よって、この際、議長の選挙を日程に追加し、直ちに選挙を行います。

 選挙は投票により行います。

 議場を閉鎖いたします。

   〔議場閉鎖〕



○副議長(西井秀治議員) ただいまの出席議員は、29人であります。

 会議規則第31条第2項の規定により、開票立会人に、6番山本勝徳議員、7番助田幸雄議員を指名いたします。

 投票用紙を配ります。

   〔投票用紙配付〕



○副議長(西井秀治議員) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

   〔「なし」と言う人あり〕



○副議長(西井秀治議員) 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を点検いたします。

   〔投票箱点検〕



○副議長(西井秀治議員) 異状なしと認めます。

 ただいまから投票を行います。事務局長が議席番号と氏名を呼び上げますので、順番に投票願います。

   〔事務局長点呼・投票〕



○副議長(西井秀治議員) 投票漏れはありませんか。

   〔「なし」と言う人あり〕



○副議長(西井秀治議員) 投票漏れなしと認めます。投票を終わります。

 開票を行います。

 山本勝徳議員、助田幸雄議員、開票の立ち会いをお願いいたします。

   〔開票〕



○副議長(西井秀治議員) 選挙の結果を報告いたします。

  投票総数 29票

  有効投票 28票

  無効投票  1票

  有効投票中、且見公順議員 27票

        中島 満議員  1票

 以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は7票であります。

 したがって、且見公順議員が議長に当選されました。

 議場の閉鎖を解きます。

   〔議場開鎖〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議長の就任あいさつ



○副議長(西井秀治議員) ただいま議長に当選された且見公順議員に、本席から会議規則第32条第2項の規定により告知をいたします。

 議長に当選されました且見公順議員からごあいさつがあります。

 且見公順議員。

   〔30番 且見公順議員登壇〕



◆30番(且見公順議員) ただいまは議員各位の皆様方のご推挙を賜りまして、新議長という職を仰せつかりました。本当にありがとうございます。

 前水木議長ほどの力量はございませんが、誠心誠意、市議会、南砺市のために頑張って、ともに叱咤激励をいただきながら、南砺市議会の発展のために、また、南砺市民のために頑張ってまいりたいと思います。どうかひとつよろしくお願いします。

 ありがとうございました。(拍手)



○副議長(西井秀治議員) 暫時休憩いたします。



△休憩 午後2時52分

−−−−−−−−−−−−



△再開 午後3時00分



○議長(且見公順議員) 会議を再開します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△副議長辞職について



○議長(且見公順議員) 休憩中に副議長 西井秀治議員から、副議長の辞職願が提出されております。

 お諮りいたします。この際、副議長辞職の件を日程に追加し、直ちに議題といたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(且見公順議員) ご異議なしと認めます。

 よって、そのように決定いたしました。

 副議長辞職の件を議題といたします。まず、その辞職願を事務局長に朗読させます。



◎事務局長(松田泰彦) 辞職願。南砺市議会議長殿。今般、一身上の都合により副議長を辞職したいので許可されますよう願い出ます。平成21年12月4日 南砺市議会副議長 西井秀治。



○議長(且見公順議員) お諮りいたします。西井秀治議員の副議長の辞職を許可することにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(且見公順議員) ご異議なしと認めます。

 よって、西井秀治議員の副議長の辞職を許可することに決定いたしました。

 ただいま西井秀治議員から発言を求めておられますので、これを許可します。西井秀治議員。

   〔26番 西井秀治議員登壇〕



◆26番(西井秀治議員) 副議長を退任するにに当たりまして、一言ごあいさつ申し上げます。

 昨年11月、市議会議員選挙後の組織議会におきまして、議員各位のご推挙を受け、副議長に選任されました。以来1年間、微力ではありますが、水木議長のもとにその職務を大過なくすごすことができましたのも、皆様方の暖かいご理解とご協力の賜物であり、心から感謝とお礼を申し上げる次第であります。

 副議長を退任いたしましても、議会を構成する一人として皆様方からいただいたご指導ご助言を心の宝といたしまして、南砺市の発展と市民生活向上のために力を尽くす覚悟であります。

 あとになりましたが、南砺市議会のますますの発展と議員各位のご健康ご活躍も併せて祈念いたしまして、簡単ではありますが退任の言葉とさせていただきます。

 ありがとうございました。(拍手)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△副議長の選挙



○議長(且見公順議員) ただいま副議長が欠員となりました。

 お諮りいたします。この際、副議長の選挙を日程に追加し、直ちに選挙を行いたいと思います。これにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(且見公順議員) ご異議なしと認めます。

 よって、副議長の選挙を日程に追加し、直ちに選挙を行います。

 選挙は投票により行います。

 議場を閉鎖します。

   〔議場閉鎖〕



○議長(且見公順議員) ただいまの出席議員は、29人であります。

 会議規則第31条第2項の規定により、開票立会人に、8番長井久美子議員、9番水上成雄議員を指名いたします。

 投票用紙を配ります。

   〔投票用紙配付〕



○議長(且見公順議員) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

   〔「なし」と言う人あり〕



○議長(且見公順議員) 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を点検いたます。

   〔投票箱点検〕



○議長(且見公順議員) 異状なしと認めます。

 これより投票に移ります。事務局長が議席番号と氏名を呼び上げますので、順番に投票願います。

   〔事務局長点呼・投票〕



○議長(且見公順議員) 投票漏れはありませんか。

   〔「なし」と言う人あり〕



○議長(且見公順議員) 投票漏れなしと認めます。投票を終わります。

 開票を行います。

 長井久美子議員、水上成雄議員の立ち会いをお願いいたします。

   〔開票〕



○議長(且見公順議員) 選挙の結果を報告いたします。

  投票総数 29票

  有効投票 28票

  無効投票  1票

  有効投票中、浅田裕二議員 27票

        中島 満議員  1票

 以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は7票であります。

 したがって、浅田裕二議員が副議長に当選されました。

 議場の閉鎖を解きます。

   〔議場開鎖〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△副議長の就任あいさつ



○議長(且見公順議員) ただいま副議長に当選された浅田裕二議員に、本席から会議規則第32条第2項の規定による当選の告知をいたします。

 副議長に当選されました浅田裕二議員からごあいさつがあります。

   〔24番 浅田裕二議員登壇〕



◆24番(浅田裕二議員) いまほど議員の皆様方の計らいにより副議長に選ばれました。大変ありがとうございました。光栄に存じるとともに、責務の重大さを痛感しているところでございます。

 幸いにも素晴らしい且見議長がおられます。公正で開かれた、そして円滑な議会運営を一生懸命心がけていきたいと思っているところでございます。

 先輩並びに議員各位のますますの叱咤激励をお願い申し上げまして就任のごあいさつとさせていただきます。

 ありがとうございました。(拍手)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△常任委員の所属変更



○議長(且見公順議員) 次に、日程第3、常任委員の所属変更の件を議題といたします。12月3日付けをもって総務文教常任委員 河合常晴議員ほか19人から、それぞれ常任委員会の所属を変更されたい旨の申し出があります。

 お諮りいたします。お手元に配布してあります常任委員会所属変更申し出一覧表(末尾参照)のとおり、当該委員の申し出により、それぞれ常任委員会の所属を変更することにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(且見公順議員) ご異議なしと認めます。

 よって、それぞれ常任委員会の所属を変更することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△広報特別委員の選任



○議長(且見公順議員) 次に、日程第4、広報特別委員選任の件を議題といたします。

 岩崎誠議員、助田幸雄議員、脊戸川義之議員、以上3人から、広報特別委員の辞任願が提出され、委員会条例第13条の規定により、これを許可しました。

 お諮りいたします。広報特別委員の選任については、委員会条例第7条第1項の規定により、10番榊祐人議員、9番水上成雄議員、8番長井久美子議員、6番山本勝徳議員、以上4人を指名したいと思います。これにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(且見公順議員) ご異議なしと認めます。

 よって、以上4人を広報特別委員に選任することに決定いたしました。

 この際、委員会条例第8条第2項の規定により、各常任委員会及び広報特別委員会の委員長及び副委員長を互選するため、各委員会をそれぞれ招集いたします。

 暫時休憩いたします。



△休憩 午後3時19分

−−−−−−−−−−−−



△再開 午後3時31分



○議長(且見公順議員) 休憩前に引き続き、会議を再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△各常任委員会及び広報特別委員会の委員長及び副委員長互選結果の報告



○議長(且見公順議員) ご報告いたします。

 さきほど各委員会が開催され、委員長及び副委員長の互選が行われましたところ、

 総務文教常任委員会委員長に 岩崎 誠議員

      同じく副委員長に 向川静孝議員

 民生病院常任委員会委員長に 高田龍司郎議員

      同じく副委員長に 榊 祐人議員

 産業建設常任委員会委員長に 川辺邦明議員

      同じく副委員長に 水上成雄議員

 広報特別委員会委員長に   池田庄平議員

    同じく副委員長に   長井久美子議員

が互選されましたのでご報告いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議会運営委員の選任



○議長(且見公順議員) 次に、日程第5、議会運営委員選任の件を議題といたします。

 且見公順、香川俊光議員、片岸博議員、浅田裕二議員、石崎俊彦議員から、議会運営委員の辞任願が提出され、委員会条例第13条の規定により、これを許可しました。

 お諮りいたします。議会運営委員には、委員会条例第7条第1項の規定により、28番水木猛議員、26番西井秀治議員、17番川辺邦明議員、16番高田龍司郎議員、12番山瀬悦朗議員、以上5人を指名いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(且見公順議員) ご異議なしと認めます。

 よって、以上5人を議会運営委員に選任することに決定いたしました。

 この際、委員会条例第8条第2項の規定により、議会運営委員会委員長及び副委員長を互選するため、議会運営委員会を直ちに招集いたします。

 暫時休憩いたします。



△休憩 午後3時34分

−−−−−−−−−−−−



△再開 午後3時44分



○議長(且見公順議員) 会議を再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議会運営委員長及び副委員長の互選結果の報告



○議長(且見公順議員) ご報告いたします。

 さきほど議会運営委員会が開催され、委員長及び副委員長の互選が行われましたところ、

 議会運営委員会委員長に 城岸一明議員

    同じく副委員長に 山田勉議員

が互選されましたので、ご報告いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△砺波地方衛生施設組合議会議員の補欠選挙



△砺波地方介護保険組合議会議員の補欠選挙



○議長(且見公順議員) 次に、日程第6、砺波地方衛生施設組合議会議員の補欠選挙、砺波地方介護保険組合議会議員の補欠選挙、以上2件の補欠選挙を行います。

 お諮りいたします。選挙の方法については、指名推選の方法を用いたいと思います。これにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(且見公順議員) ご異議なしと認めます。

 よって、選挙は指名推選の方法を用いることに決定いたしました。

 お諮りいたします。指名の方法につきましては、議長において指名することにいたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(且見公順議員) ご異議なしと認めます。

 よって、指名の方法については議長において指名することに決定いたしました。

 砺波地方衛生施設組合議会議員に、且見公順、向川静孝議員、水上成雄議員を、砺波地方介護保険組合議会議員に、且見公順、西井秀治議員、石崎俊彦議員、川辺邦明議員をそれぞれ指名いたします。

 お諮りいたします。ただいま議長において指名いたしました各議員を当選人と定めることにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(且見公順議員) 異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました各議員がそれぞれ当選されました。

 ただいま当選人に本席から、会議規則第32条第2項の規定による当選の告知をいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△農業委員の推薦の件



○議長(且見公順議員) 次に日程第7、南砺市農業委員会委員の推薦の件を議題といたします。

 地方自治法第117条の規定により、向川静孝議員、才川昌一議員の退席を求めます。

 お諮りいたします。推薦の方法につきましては、議長において指名推薦といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(且見公順議員) ご異議なしと認めます。

 よって、議長において指名推薦とすることに決定いたしました。

 南砺市農業委員に、

  南砺市石田48番地 向川静孝議員

  南砺市沖125番地  才川昌一議員

を指名いたします。

 お諮りいたします。ただいま議長において指名いたしました各議員を南砺市農業委員会委員として推薦することにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(且見公順議員) ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました各議員を南砺市農業委員会委員として推薦することに決定いたしました。

 向川静孝議員、才川昌一議員の入場を認めます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第125号から同意第4号の上程、説明



○議長(且見公順議員) 次に、日程第8、議案第125号 平成21年度南砺市一般会計補正予算(第5号)から同意第4号 南砺市監査委員の選任についてまで、以上25案件を一括議題といたします。

 市長から提案理由の説明を求めます。

 田中市長。

   〔田中幹夫市長登壇〕



◎市長(田中幹夫) 本日ここに、12月定例会を開催いたしましたところ、議員各位には年末何かとご多忙の折にもかかわらずご出席を賜り、厚くお礼申し上げます。

 今ほどは、議長、副議長の選挙をはじめ、各委員会の構成、組合議会議員の選挙など無事終えられまして、誠におめでとうございます。

 退任されました水木前議長には、2年間の長きにわたり議会のかじ取り役としてご活躍をいただくとともに、市政を担って日の浅い私たち行政の良きパートナーとして幅広いご指導、ご協力をいただき、心から敬意を表しますとともに厚くお礼申し上げます。他の役員におかれましても、市政の発展や円滑な議会運営に尽くされた一年間のご労苦に、心から敬意を表するものであります。

 また、新しく就任なさいました且見議長をはじめ新しい役員の皆様には、これからのご活躍を期待いたしますとともに、ご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げる次第であります。

 定例会の開会に当たり、市民の代表である議員各位を前に、私の市長就任1年を振り返りさらに今後の市政運営の所信の一端を申し述べさせていただきます。

 多くの市民の皆様の熱いご支援をいただき就任して一年が過ぎました。大好きな「南砺市」のために働ける喜びと幸せを感じ、5万7,000人の南砺市民の暮らしを守るという重大な責務の中で、就任当時から申し上げてまいりました私の基本姿勢であります「市民が主役の市政」「常に市民目線の行政運営」「市民と行政の協働のまちづくりの推進」は何も変わることなく、ぶれることなく市政運営に邁進してまいりました。この間おおむね順調に推移してまいりましたのも、議員各位の適切なご指導と大きなご理解、ご協力によるものであり、心より深く感謝申し上げる次第であります。

 昨年7月28日のゲリラ豪雨による大災害の復旧とさらに安心安全のまちづくりを創りあげること。昨年7月5日に全線開通した東海北陸自動車道を利用した新たな観光産業振興による元気なまちづくり。地域医療再生や福祉社会への対応によるやさしいまちづくり。子育て支援や学校教育、社会教育など広い意味での人づくり。人口減少社会の到来、超少子高齢化、情報化、国際化など急激に変化する社会環境の中で持続可能な地域社会の構築を目指し、市民の皆様への説明も積極的に行いながら進めてまいりました「協働のまちづくり」の仕組みづくりなど。様々な施策の中で南砺市のそれぞれの地域性を生かした魅力ある地域づくりにも配慮しながら積極的に取り組んできたつもりでございます。

 しかしながら、長引く世界同時不況や、政権交代による状況変化など、今日的な問題からさらに多くの課題が山積しているのが現状であります。こういった時期だからこそ未来を見据え、無駄なコストカットをさらに行い、意識改革を進めながら実情に応じた施策をご提案し、開かれた議論のもと、議会の皆様はもちろん、市民の皆様との信頼関係をさらに強くし、市政を運営すべきと心新たにしているところでございます。

 現在、財政的にも大変厳しい平成22年度に向けての予算も編成中でございますが、今後とも議員各位のご指導を仰ぎながら市民の皆様の知恵を結集して「次代に選ばれる南砺市」を創りたいと思います。今まで以上に「高い志」と情熱を持って全力で取り組んでいく覚悟であります。重ね重ねではございますが、議員の皆様ならびに市民の皆様の温かいご支援とご協力を心よりお願い申し上げます。

 それでは、提案いたしました議案につき、提案理由とその概要を説明申し上げます。

 議案第125号から議案第134号までは、一般会計、6特別会計及び3企業会計について、補正予算を調製し、議会の議決を求めるものであります。

 今回は、主に11月臨時会において人事院勧告に準じ議決いただきました給与条例の改正に基づく人件費の調整、経済危機対策関係経費、補助事業等の調整、緊急な修繕、年度の終盤に向けて必要となった事業などに要する経費を補正しようとするものであります。

 議案第125号の一般会計補正予算(第5号)について、補正のうち人件費の調整以外の主なものを申し上げます。

 総務費においては、市予算等の概要書印刷費110万円、仮称協働のまちづくり支援センター設置費25万7,000円、バス運行対策費補助金343万5,000円、全国瞬時警報システム設置工事900万円などを計上いたしました。

 民生費では、生活保護扶助費480万円、前年度生活保護費にかかる国庫負担金の返還金571万3,000円、自立支援給付事業に係る障害福祉サービス費6,940万円、補装具給付費400万円、こども妊産婦医療費給付費873万円、城端児童館ボイラー修繕工事110万円、途中入園児童の増や産休代替等にかかる臨時保育士賃金及び共済費に4,910万円、インフルエンザ感染症対策として空気清浄機購入費387万6,000円、消毒液購入費260万円、仮称福野東部統合保育園用地取得費9,500万円などを計上いたしました。

 衛生費では、新型インフルエンザ予防接種にかかる周知チラシや住民税非課税世帯等に対する予防接種費用に1,263万2,000円、斎場運営にかかる燃料費及び電気水道料430万円などを計上いたしました。

 農林水産業費では、有害鳥獣捕獲技術向上やスポーツ振興を図るため、富山県から譲渡を受け整備する福光射撃場の改修費に1億3,505万円、畜産担い手育成総合整備事業費660万2,000円、森林組合高性能林業機械購入補助1,666万円などを計上いたしました。

 商工費では、温泉事業特別会計繰出金647万1,000円、起業家育成支援事業補助金100万円、がんばる商店街支援事業補助金100万円などを計上いたしました。

 土木費では、地域活性化経済危機対策臨時交付金事業の事業間調整による舗装工事費1,224万3,000円、消融雪施設整備費1,245万8,000円、地震防災マップ整備業務委託料470万円などを計上いたしました。

 教育費では、小中学校施設修繕料290万円、福野小学校改築事業8億3,750万円、小中学校CATVケーブル配線工事3,716万円、平中学校校舎改築事業7億8,179万4,000円、公民館地上デジタル化対応工事160万円、井波美術館トイレ改修工事250万円、井波総合文化センターピンスポットライト更新工事800万円、福野文化創造センター舞台機構電子機器取替工事750万円、同センター第3駐車場土地購入費4,812万8,000円、社会体育館アリーナ床リフレッシュ工事1,030万円、福光プール改修事業1,585万円などを計上いたしました。

 災害復旧費では、林道仙野原線等の林道災害復旧費に7,747万5,000円、市道水無白川線などの道路河川災害復旧費に1,001万2,000円を計上いたしました。

 諸支出金では、社会福祉基金積立金100万円を計上いたしました。

 これら補正予算の財源は、市税、国庫支出金、県支出金、諸収入、市債などをもって充当することとしておりますが、同時に将来の健全な財政運営を図るため、財政調整基金からの繰入金を10億7,514万円減額いたすこととしております。

 今回の補正総額は20億2,180万2,000円となり、この結果、平成21年度一般会計予算の累計額は376億8,859万8,000円となります。

 議案第126号は、バス事業特別会計補正予算(第3号)についてであります。職員の異動による人件費の調整として519万8,000円を補正するものであり、予算の累計額は1億2,887万8,000円となります。

 議案第127号は、温泉事業特別会計補正予算(第4号)についてであります。福光温泉の源泉ポンプ制御盤修繕費21万円、くろば温泉の分煙コーナーの設置及び厨房機器購入費278万5,000円、ゆ〜ゆうランド脱衣室トイレの改修及びポンプ設備修繕費347万6,000円を補正するものであり、予算の累計額は1億7,752万1,000円となります。

 議案第128号は、国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)についてであります。事業勘定においては、人件費の調整として給与費1,533万1,000円の減額、後期高齢者支援金等1,008万円、老人保健拠出金1,928万7,000円、介護納付金4,332万1,000円の減額、直診施設事業費885万5,000円などを計上いたしました。この結果、補正総額は1,463万5,000円の減額となり、事業勘定の予算の累計額は57億1,398万7,000円となります。

 また、直診勘定においては、人件費の調整や在宅酸素供給装置賃借料など総額269万3,000円を補正しようとするものであり、直診勘定の予算の累計は2億789万3,000円となります。

 議案第129号は、介護事業特別会計補正予算(第2号)についてであります。人件費の調整として給与費1,224万6,000円の減額、臨時介護士賃金324万9,000円、地域活性化経済危機対策臨時交付金事業の精算による261万円の減額などを計上いたしました。この結果、補正総額は1,136万4,000円の減額となり、予算の累計額は3億2,103万6,000円となります。

 議案第130号は、訪問看護事業特別会計補正予算(第1号)についてであります。職員の異動による人件費の調整により給与費1,232万9,000円を補正するものであり、予算の累計額は1億9,502万9,000円となります。

 議案第131号は、簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)についてであります。利賀地域遠方監視システム更新工事219万円、上平地域配水池流入制御装置修繕工事250万円など総額482万4,000円を補正するものであり、予算の累計額は4億5,824万4,000円となります。

 議案第132号は、病院事業会計補正予算(第3号)についてであります。収益的支出においては、人件費の調整により給与費9,689万7,000円を減額するとともに、企業債利息487万1,000円の減額を計上いたしました。この結果、補正総額は1億176万8,000円の減額となり、収益的支出の累計額は65億1,498万3,000円となります。

 議案第133号は、水道事業会計補正予算(第2号)についてであります。収益的支出について、職員の異動に伴い給与費701万円を補正するものであり、収益的支出の累計額は10億1,924万円となります。また、資本的支出については、人件費の調整により給与費1万3,000円を補正するものであり、資本的支出の累計額は7億4,961万8,000円となります。

 議案第134号は、下水道事業会計補正予算(第3号)についてであります。収益的支出について、人件費の調整により給与費812万1,000円を減額し、収益的支出の累計は36億394万5,000円となります。また、資本的支出について、管渠整備費を8,000万円減額し、収益的支出の累計は34億7,442万円となります。

 議案第135号以下は予算以外の議案であります。

 議案第135号の南砺市一般職員の特殊勤務手当に関する条例の一部改正につきましては、国において新たに、休日及び夜間に救急医療に携わる医師に対して特殊勤務手当を支払った場合に助成する制度が新設されたことに伴い、平成22年1月1日以降救急医療業務のため夜間及び休日に勤務する医師に対し、1回につき1万8,600円の範囲内で、規則で定める額を特殊勤務手当として支給するものであります。

 議案第136号の南砺市下水道条例の一部改正につきましては、これまで整備のため借り入れた企業債の償還がピークを迎え、数年後には資金不足を生じる見込みであることから、経営の建て直しを図るため下水道使用料を改定するものであります。基本使用料10立方メートルまでを1,680円から1,890円に引き上げる一方、使用水量の少ない高齢者世帯などに配慮し、超過料金については累進体系を導入しようとするものであります。

 また、議案第137号の南砺市水道事業給水条例の一部改正及び議案第138号の南砺市簡易水道等給水条例の一部改正につきましては、水道使用者の負担の軽減を図るため、水道料金を1立方メートルにつき一律10円50銭引き下げるものであります。

 なお、下水道使用料、水道料金いずれも平成22年5月使用分から適用するものであります。

 議案第139号の字の区域の変更につきましては、県営経営体育成基盤整備事業北山田北部地区の土地改良事業の施行に伴い、換地処分を行うため地方自治法第260条第1項の規定により議会の議決を求めるものであります。

 議案第140号の辺地総合整備計画の変更につきましては、平地域に係る総合整備計画における林道及び簡易水道施設整備事業費を増額変更するため、辺地に係る公共的施設の総合整備のための財政上の特別措置等に関する法律の規定により議会の議決を求めるものであります。

 議案第141号の過疎地域自立促進計画の変更につきましては、過疎地域自立促進市町村計画に福光射撃場鉛弾飛散防止対策事業を追加するため、過疎地域自立促進特別措置法の規定により議会の議決を求めるものであります。

 議案第142号の市道路線の廃止、議案第143号の市道路線の変更及び議案第144号の市道路線の認定につきましては、市道仙野原細島線道路改良工事の完了に伴い、市道路線の廃止、変更及び認定を行おうとするものであります。

 議案第145号から議案第147号までは、南砺市上平自然環境活用センター「ささら館」、南砺市上平高齢者コミュニティセンター「ことぶき館」及び南砺市くろば温泉の3施設を、平成22年4月1日から3年間上平観光開発株式会社に指定管理を行わせることについて、地方自治法の規定により議会の議決を求めるものであります。

 報告第7号は、100万円以内の損害賠償に係る損害賠償額の決定及び和解について専決を行いましたので、地方自治法第180条第2項の規定により、これを報告するものであります。

 同意第4号は、監査委員の選任について同意を求めるものであります。行政について豊かな経験と優れた見識をお持ちの片岸博氏を選任いたしたく、議会の同意を求めるものであります。

 以上、本定例会に提出いたしました議案について提案理由を説明いたしましたが、慎重ご審議の上、適切な議決を賜りますようお願い申し上げます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△同意第4号の採決



○議長(且見公順議員) お諮りいたします。ただいま議題となっております同意第4号につきましては、事案の性質上、この際直ちに採決いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(且見公順議員) ご異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。

 これより採決いたします。同意第4号 南砺市監査委員の選任についてを採決いたします。

 本案は、原案のとおり同意することに賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○議長(且見公順議員) 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり同意することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△休会について



○議長(且見公順議員) 議案調査のため、12月7日から10日までの4日間は休会といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(且見公順議員) ご異議なしと認めます。

 よって、そのように決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会



○議長(且見公順議員) 以上で本日の日程は終了いたしました。

 次回の本会議は、12月11日午前10時から再開し、市政一般に対する質問並びに提出案件の質疑を行います。

 本日はこれをもって散会いたします。

 ご苦労さまでした。



△散会 午後4時12分