議事ロックス -地方議会議事録検索-


富山県 南砺市

平成21年 11月 臨時会(第6回) 11月27日−01号




平成21年 11月 臨時会(第6回) − 11月27日−01号







平成21年 11月 臨時会(第6回)



南砺市告示第146号

          南砺市議会11月臨時会の招集について

 地方自治法(昭和22年法律第67号)第101条第1項の規定により、平成21年第6回南砺市議会11月臨時会を、次のとおり招集する。

 平成21年11月11日

                            南砺市長 田中幹夫

                   記

       1 期日   平成21年11月27日(金)

       2 場所   南砺市役所福光庁舎 議場

       3 付議案件

          議案第124号 南砺市一般職の職員の給与に関する条例等の一部改正について

議事日程(第1号)

                   平成21年11月27日(金)午後2時開会

日程第1 会議録署名議員の指名

日程第2 会期決定の件

日程第3 議案第124号 南砺市一般職の職員の給与に関する条例等の一部改正について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

 議事日程に同じ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(29人)

      1番  河合常晴議員        2番  赤池伸彦議員

      3番  水口秀治議員        4番  脊戸川義之議員

      5番  (欠員)          6番  山本勝徳議員

      7番  助田幸雄議員        8番  長井久美子議員

      9番  水上成雄議員       10番  榊 祐人議員

     11番  中島 満議員       12番  山瀬悦朗議員

     13番  齊藤光一議員       14番  向川静孝議員

     15番  池田庄平議員       16番  高田龍司郎議員

     17番  川辺邦明議員       18番  山田 勉議員

     19番  岩崎 誠議員       20番  石崎俊彦議員

     21番  前田美好議員       22番  才川昌一議員

     23番  蓮沼晃一議員       24番  浅田裕二議員

     25番  片岸 博議員       26番  西井秀治議員

     27番  香川俊光議員       28番  水木 猛議員

     29番  城岸一明議員       30番  且見公順議員

欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

説明のため出席した者

 市長       田中幹夫      副市長      中山繁實

 教育委員長    蓑口勝美      代表監査委員   高桑俊介

 会計管理者    石村悦朗      市長政策室長   平本和雄

 総務部長     下田正佳      民生部長     山畔勝博

 医療局長     仲筋武智      産業経済部長   三谷直樹

 建設部長     上坂吉明      市長政策室次長  大浦章一

 総務部次長    一二三敦司     総務部次長    高山博文

 教育次長     永井 厳      民生部次長    水上正光

 産業経済部次長  西坂英嗣      産業経済部次長  長谷川正昭

 建設部次長    西村俊郎      建設部次長    裏田 親

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

職務のため出席した事務局職員

                    主幹

 事務局長     松田泰彦               林 律子

                    議事調査係長

 議事調査係主任  溝口早苗

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開会 午後2時00分



△開会及び開議の宣告



○議長(水木猛議員) ただいまから平成21年第6回南砺市議会11月臨時会を開会いたします。

 本日の会議を開きます。

 議事日程はお手元に配付のとおりであります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名



○議長(水木猛議員) これより日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議規則第81条の規定により、会期中の会議録署名議員に22番才川昌一議員、23番蓮沼晃一議員、24番浅田裕二議員を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会期決定の件



○議長(水木猛議員) 次に、日程第2、会期決定の件を議題といたします。

 お諮りいたします。本臨時会の会期は、本日1日間といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(水木猛議員) ご異議なしと認めます。

 よって、会期は1日間と決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第124号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(水木猛議員) 次に、日程第3、議案第124号 南砺市一般職の職員の給与に関する条例等の一部改正についてを議題といたします。

 市長から理由の説明を求めます。

 田中市長。

   〔田中幹夫市長登壇〕



◎市長(田中幹夫) このたび、緊急にご審議をお願いしたい事案が生じましたので、臨時会を招集いたしましたところ、議員各位には、ご多忙の折にもかかわらずご出席を賜り、厚くお礼を申し上げます。

 南砺市が発足して5周年を迎え、11月1日には市功労表彰式を挙行し、16名と2団体の方を表彰いたしました。各分野で市の発展にご尽力いただきましたことに深く感謝いたしますとともに、これからもご指導を賜りますよう改めてお願い申し上げる次第であります。

 また、同日福野文化創造センターで、南砺市合併5周年記念式典を開催いたしましたところ、富山県を初め県内の各市長、国会議員や県議会議員の皆様、そして遠くは武蔵野市長など多くのご来賓のご臨席をいただくとともに、南砺市の草創期に大変ご尽力をいただいた多数の市民の方々にもご出席をいただき、ともにお祝いすることができたことは大変意義深いものと考えています。当日は、歌手の林道美有紀さんや市内2団体による南砺市の歌「緑の里から」の合唱や城端小学校5年生の川那辺透衣君考案による市のブランドマークの披露、市内6団体によるアトラクションなど多くの市民の皆様のご協力により大変すばらしい式典になったものと感謝いたしております。南砺市誕生以来これまでの5年間の歩みを礎とし、市民が主役のまちづくりを進め、議員各位とともにさらなる南砺市の発展に努めていきたいと考えています。

 また、11月3日には秋の叙勲受章者が発表され、南砺市からは前南砺市長の溝口進さん、元南砺市消防副団長の羽馬一夫さん、元福光中部小学校長の蓑口義隆さん、元砺波広域圏消防監の宮森八郎さん、元富山県警部の永田務さんの5名が受章の栄に浴されました。それぞれの分野における輝かしいご功績に対し心から敬意を表しますとともに、今後ともご健康で市勢発展にご指導賜りますようお願い申し上げます。

 次に、第6回南砺菊まつりが11月3日から11日まで開催されましたが、期間中好天にも恵まれ、連日大変多くの人々でにぎわったところであります。そのほか地区文化祭や各地域での秋祭りが盛大に繰り広げられております。これら市民主体のイベントが活気あふれる南砺市づくりにつながるものであり、今後とも各地域固有の個性あふれる取り組みを大切にしていかなければならないものと考えています。

 さて、一時沈静化の傾向にあった新型インフルエンザが、このところ再び流行しています。現在市内においても7つの小中学校と3つの保育園において休校、休園、学年閉鎖や学級閉鎖などの措置がとられています。幸い重篤化の報告は受けていないものの、市民生活に影響が出ている状況にあるものと受け止めています。対象者には予防接種が順次実施されていますが、市としては感染予防のため、引き続き各種媒体を利用し、きめ細かな情報提供に努めていきたいと考えています。

 一方、国におきましては、民主党中心の政権により連日報道されていますように事業仕分け等、様々な変革が進められております。地域の実情、地域の声を国政に届け、真の地方分権に向けてどのように進めていかれるのか、また、地方の要望や政策提言などをどのようにしていくのかなど大きな不安がありますが、議会の皆様方と力を合わせて取り組んで参りたいと存じます。ご指導のほどよろしくお願いいたします。

 それでは、提出いたしました議案について提案理由を説明申し上げます。

 議案第124号の南砺市一般職の職員の給与に関する条例等の一部改正につきましては、8月11日に行われました人事院勧告に準じ、一般職の給料表を平均0.24%減額改定するとともに、新築または購入された自己所有の住居に対して5年間を限度として支給する住居手当を廃止しようとするものであります。また、一般職の期末、勤勉手当の年間支給月数を4.5月から0.35月減の4.15月とし、市長、副市長、教育長及び議員の期末手当の年間支給月数を3.35月から0.25月減の3.1月としようとするものであり、施行期日は12月1日とするものであります。

 以上、本臨時会に提出いたしました議案について提案理由を説明いたしましたが、慎重ご審議のうえ、適切な議決を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(水木猛議員) これより、議案に対する質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

   〔「なし」と言う人あり〕



○議長(水木猛議員) 質疑なしと認めます。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案については、会議規則第37条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(水木猛議員) ご異議なしと認めます。

 よって、そのように決定いたしました。

 次に、討論に入ります。

 討論の通告がありますので、発言を許します。11番、中島満議員。

   〔11番中島満議員登壇〕



◆11番(中島満議員) 私は、議案第124号 南砺市一般職の職員の給与に関する条例等の一部改正について、反対の立場で討論をいたします。

 なお、この条例の一部改正の中の、一般職の職員の月給、一時金の引き下げに反対するものであって、市長ら常勤の特別職、教育長、そして議員の一時金の削減に反対するものではありません。

 人事院は8月11日、平成21年度給与について、月給を0.22%、一時金を0.35月それぞれ引き下げるよう勧告しました。月給と一時金両方の引き下げは、6年ぶり3度目であります。削減額は、年収で15万4,000円にもなります。一時金はすでに5月の臨時勧告で今夏分を0.20月減額しており、今冬分を0.15月減らし2.2月とします。

 近年の公務員バッシングは、民間労働者を取り巻く状況があまりにも悪化しているために起こっている病理現象という側面があります。官民格差というのは昔から存在したのですが、以前は今とは逆でした。すなわち、官よりも民、民は大企業ですが、民のほうが恵まれているので、それをどう埋めていくかという時期もありました。公務員バッシングは、まず80年代に中曽根内閣が人事院勧告を繰り延べたり凍結したりした時期に展開されました。当時はどちらかというと、攻撃の対象は3公社5現業でした。特に、国鉄分割民営化に先立って展開された国労に対する攻撃はすさまじく、明らかに政治目的によるバッシングでした。

 90年代から今世紀にかけて、民間の労働者が大変な状況になってくると。総体的に恵まれている公務員が再び攻撃を受けるようになりました。そして、公務員制度を変質させようという勢力が官僚も公務員も一まとめにして攻撃しているのが今の状況であります。

 今回の措置により直接影響を受ける約600万人に上る公務員労働者の生活を脅かすとともに、地場民間企業のさらなる賃金低下を招き、内需拡大による景気回復に逆行するものであります。

 よって、私はこの議案に反対いたします。



○議長(水木猛議員) 以上で討論は終結いたしました。

 これより採決いたします。

 まず、議案第124号 南砺市一般職の職員の給与に関する条例等の一部改正についてを採決いたします。

 本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○議長(水木猛議員) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 これをもって、本臨時会に付議されました案件の審議は終了いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△市長あいさつ



○議長(水木猛議員) 次に、本臨時会を閉会するに当たり、市長からあいさつがあります。

 田中市長。

   〔田中幹夫市長登壇〕



◎市長(田中幹夫) ただいまは、条例の改正につきましての議案を多数で可決いただきまして、まことにありがとうございました。

 12月に入りますと、またすぐに定例会が始まるわけでございます。大変インフルエンザも流行っておりますけれども、どうか皆様、体調を整えていただきまして、さらにまたお願いを申し上げたいと思います。

 本日は本当にありがとうございました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会の宣告



○議長(水木猛議員) これをもって、平成21年第6回南砺市議会11月臨時会を閉会いたします。

 お疲れさまでした。



△閉会 午後2時13分

地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

 平成21年11月27日

        議長        水木 猛

        署名議員      才川昌一

        署名議員      蓮沼晃一

        署名議員      浅田裕二