議事ロックス -地方議会議事録検索-


富山県 南砺市

平成21年  6月 定例会(第3回) 06月08日−01号




平成21年  6月 定例会(第3回) − 06月08日−01号







平成21年  6月 定例会(第3回)



南砺市告示第104号

          南砺市議会6月定例会の招集について

 地方自治法(昭和22年法律第67号)第101条第1項の規定により、平成21年第3回南砺市議会6月定例会を、次のとおり招集する。

 平成21年5月21日

                            南砺市長 田中幹夫

                   記

        1 期日   平成21年6月8日(月)

        2 場所   南砺市役所福光庁舎 議場

議事日程(第1号)

                    平成21年6月8日(月)午前10時開会

日程第1 会議録署名議員の指名

日程第2 会期決定の件

日程第3 議案第92号 平成21年度南砺市一般会計補正予算(第1号)

     議案第93号 平成21年度南砺市バス事業特別会計補正予算(第1号)

     議案第94号 平成21年度南砺市温泉事業特別会計補正予算(第1号)

     議案第95号 平成21年度南砺市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)

     議案第96号 平成21年度南砺市下水道事業会計補正予算(第1号)

     議案第97号 南砺市桜ヶ池農産物直売所条例の制定について

     議案第98号 南砺市上平自然環境活用センター条例の全部改正について

     議案第99号 財産の取得について

     議案第100号 南砺市桜ヶ池農産物直売所の指定管理者の指定について

     報告第1号 継続費繰越計算書の報告について

     報告第2号 繰越明許費繰越計算書の報告について

     報告第3号 予算繰越計算書の報告について

     報告第4号 専決処分の報告について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

 議事日程に同じ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(29人)

      1番  河合常晴議員        2番  赤池伸彦議員

      3番  水口秀治議員        4番  脊戸川義之議員

      5番  (欠員)          6番  山本勝徳議員

      7番  助田幸雄議員        8番  長井久美子議員

      9番  水上成雄議員       10番  榊 祐人議員

     11番  中島 満議員       12番  山瀬悦朗議員

     13番  齊藤光一議員       14番  向川静孝議員

     15番  池田庄平議員       16番  高田龍司郎議員

     17番  川辺邦明議員       18番  山田 勉議員

     19番  岩崎 誠議員       20番  石崎俊彦議員

     21番  前田美好議員       22番  才川昌一議員

     23番  蓮沼晃一議員       24番  浅田裕二議員

     25番  片岸 博議員       26番  西井秀治議員

     27番  香川俊光議員       28番  水木 猛議員

     29番  城岸一明議員       30番  且見公順議員

欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

説明のため出席した者

 市長       田中幹夫      副市長      中山繁實

 教育長      浅田 茂      教育委員長    蓑口勝美

 代表監査委員   高桑俊介      会計管理者    石村悦朗

 市長政策室長   平本和雄      総務部長     下田正佳

 民生部長     山畔勝博      医療局長     仲筋武智

 産業経済部長   三谷直樹      建設部長     上坂吉明

 市長政策室次長  大浦章一      総務部次長    一二三敦司

 総務部次長    高山博文      教育次長     永井 厳

 民生部次長    水上正光      産業経済部次長  西坂英嗣

 産業経済部次長  長谷川正昭     建設部次長    加藤信行

 建設部次長    裏田 親

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

職務のため出席した事務局職員

                    主幹

 事務局長     松田泰彦               林 律子

                    議事調査係長

 議事調査係主任  溝口早苗

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開会 午前10時00分



△開会及び開議の宣告



○議長(水木猛議員) ただいまから平成21年第3回南砺市議会6月定例会を開会いたします。

 本日の会議を開きます。

 議事日程はお手元に配付のとおりであります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諸報告



○議長(水木猛議員) 日程に入ります前に、報告事項を申し上げます。

 まず、地方自治法第243条の3第2項の規定に基づく市の出資法人の経営状況については、すでに配布のとおり提出がありました。

 次に、会議規則第160条の規定に基づき、議長において決定した議員の派遣については、お手元に配布のとおりでありますので、ご了承願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名



○議長(水木猛議員) これより、日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議規則第81条の規定により、会期中の会議録署名議員に13番齊藤光一議員、14番向川静孝議員、15番池田庄平議員を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会期の決定



○議長(水木猛議員) 次に、日程第2、会期決定の件を議題といたします。

 お諮りいたします。本定例会の会期は、本日から6月24日までの26日間といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(水木猛議員) ご異議なしと認めます。

 よって、会期は17日間と決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第92号から議案第100号及び報告第1号から報告第4号の上程、説明



○議長(水木猛議員) 次に、日程第3、議案第92号 平成21年度南砺市一般会計補正予算(第1号)から議案第100号 南砺市桜ヶ池農産物直売所の指定管理者の指定についてまで、及び報告第1号 継続費繰越計算書についてから報告第4号 専決処分の承認を求めることについてまで、以上13案件を一括議題といたします。

 市長から提案理由の説明を求めます。

 田中市長。

   〔田中幹夫市長登壇〕



◎市長(田中幹夫) 本日ここに、6月定例会を開催いたしましたところ、議員各位には何かとご多忙の折にもかかわらず、ご出席を賜り厚くお礼申し上げます。

 提案理由の説明に入ります前に、最近の情勢や市政に対する所信の一端を申し述べ、議員の皆様のご理解とご協力を賜りたいと存じます。

 去る4月24日、メキシコ国内で豚由来のインフルエンザの人への感染が疑われる症例が800件前後に上り、60人前後が死亡した疑いがあるとのWHOの発表を機に、世界各国において新型インフルエンザの拡大が報じられるようになりました。日本国内においても新型インフルエンザへの対応策について4月末から本格的に検討が始められました。当市においてもまず情報収集体制の確立と市民への的確な情報提供が最も大切であると考え、4月30日には新型インフルエンザ対策情報班を、翌5月1日には、市長を本部長とする対策本部を設置し、未策定であった新型インフルエンザに対する行動計画や今後の対応方針について検討を進めてきました。市民の皆様には、ホームページによりインフルエンザへの対処方法等をお知らせするとともに、休日も含め保健センターにおいて相談窓口を開設してきたところであります。幸いにして、現在まで弱毒性であるといわれていること、富山県内での発生例が報告されていないこと、他県においても沈静化の傾向にあるといわれていることなど一時の状況は脱した感がありますが、いついかなる事態に変化するのか予想もつかないことから、今後ともその動向に十分注意していく必要があると考えています。なお、6月1日には南砺市新型インフルエンザ対策行動計画を策定いたしたところであり、今後新たな事態が発生した場合は、富山県とも緊密な連携をとりながら、この計画に準拠し迅速に対応することにより、一層の危機管理に努めていきたいと考えています。

 次に6月1日、南砺市民病院に院内保育所「カルガモ広場」を開設しました。これは、小さな子供を持つ医療機関の職員が勤めやすい環境を整え、医師、看護師の確保や医療サービスの充実につなげることを目的として開設したものですが、子供たちが元気に成長することのできる環境づくりと安心して働くことのできる職場づくりの第一歩を踏み出すことができたものと考えています。女性1人が生涯に産む子供の推定人数を示す合計特殊出生率が、全国平均では3年連続で上昇し、平成20年は1.37になったと発表されましたが、出生数から死亡者数を引いた自然増減数は過去最大のマイナスとなっています。県内市町村の中でも高齢化が進んでいる当市においては、その傾向がさらに強く、人口の減少が続いています。現在行っている定住奨励事業補助金や出生祝い金制度などの人口増加対策に加え、これからはより子供を産み育てやすい環境づくりに取り組んでいかなければならないものと考えています。

 また、元気なまちづくりには、市内のそれぞれの地域が、そしてお年寄りから若者までみんなが元気でなければならないと考えています。そのためには、それぞれの地域において市民と行政が協働して、その地域固有の資源や伝統を生かしたまちづくりを進めていくとともに、お年寄りにはみずからが持つ貴重な経験やすぐれた技を活用して、地域に貢献できる環境づくりが大切であると考えています。元気なまちづくりの基礎となる人材育成や計画づくりなど、今年度から市民と行政の協働のまちづくりの端緒となるいくつかの事業を展開していきたいと考えています。

 さて、南砺市が合併して今年の11月に5周年を迎えます。合併後も各地域にある数多くの祭りやイベント、景観が市民の皆様の献身的なご努力により、見事に守り育てられてきておりますことにつきまして、心より感謝いたすものであります。今回5周年を機会にこれまで培われてきた伝統的な文化や魅力に加え、デジタルや情報技術などの新しいメディアを活用した取り組みとして、7月4日、5日の両日、じょうはな座において「デジタルリニューアル記念イベント」として大型スクリーンを利用した最新デジタルによる「シネマ歌舞伎」と、城端を舞台にした大人気アニメ「トゥルー・ティアーズ」が上映されます。また、6月9日には報道各社を招いての試写会も予定しており、南砺市の新しい魅力を発信するまたとない機会になるものと、大きな期待を寄せているところであります。

 5月29日、深刻度を増す「世界金融危機」と「世界同時不況」に対処するため、国の平成21年度補正予算が成立しました。そのうち14兆6,987億円が雇用・金融・低炭素革命などの経済危機対策関係経費に充てられています。中でも、地方公共団体への配慮として地域活性化・公共投資臨時交付金1兆3,790億円、地域活性化・経済危機対策臨時交付金1兆円が予算化されました。経済危機対策臨時交付金の充当事業としては、?地球温暖化対策、?少子高齢化社会への対応、?安全・安心の実現、?その他将来に向けた地域の実情に応じるきめ細かな事業などがあげられています。当市においても、この貴重な予算を活用して、活力ある地域づくりや市民生活の充実、効率的な行政の推進などにつながる各種事業を実施していきたいと考えておりますが、事業の取りまとめに今しばらく時間をいただきたいと考えておりますので、よろしくお願い申し上げます。

 それでは、提案いたしました議案につき提案理由とその概要を説明いたします。

 議案第92号は、一般会計補正予算(第1号)を調製し、議会の議決を求めるものであります。

 今回は、厳しい雇用情勢を踏まえ、雇用機会の創出を図るため国の緊急雇用創出事業にかかるもの、経済対策の一環として地域活性化・生活対策基金を利用して行う事業、協働によるまちづくりを推進するために行う事業、補助事業等の額の内示に伴い調整するもの、当初予算編成後に早急に対応する必要が生じたもの、緊急に修繕を要するものなどを補正しようとするものであります。

 補正の主なものを申し上げます。

 緊急雇用創出事業にかかるものにつきましては、昨年7月28日豪雨災害にかかる資料データ管理事業367万5,000円、市有林整備事業414万6,000円、林道草刈等維持管理事業344万4,000円、耕作放棄地解消事業318万8,000円などを計上しました。

 地域活性化・生活対策基金事業につきましては、南砺市商工会が実施したプレミアム付商品券発行支援事業3,250万円、住基カード標準システム導入事業3,465万円、福寿園既存施設解体工事440万円、南砺市合併5周年記念事業25万円を計上しました。

 本年4月に新たに市民協働課を設置し、今後市民と行政の協働のまちづくりを推進していくための新規事業として、まちづくりを担うリーダーを養成する七転び八起き塾や協働のまちづくりモデル事業補助金など協働によるまちづくり推進費275万円を計上しました。

 補助事業等の額の内示に伴い調整するものにつきましては、コミュニティ助成事業補助金250万円、消費者相談窓口の充実を図るための消費者行政活性化基金事業に300万円、富山型デイサービス事業補助金800万円、野菜自給力強化対策事業補助金452万円、橋梁長寿命化調査700万円、まちづくり交付金事業4,040万円、景観づくり住民協定推進事業101万6,000円、相倉・菅沼集落保存修理事業200万円、1月31日発生した融雪による21年災道路河川災害復旧事業1,239万9,000円などを計上しました。

 早急に対応する必要が生じたものにつきましては、新型インフルエンザ対策予防資器材購入費360万円、福寿園改築事業に併せ進入路の拡幅整備を行う外構工事費680万円、福野地域の統合保育園建設に向けての調査費201万5,000円、富山市、飛騨市、南砺市の3市で構成する飛越国際観光都市連合において行う韓国からの観光客誘致事業のための負担金206万4,000円、企業立地振興条例施行規則の改正により市内企業が行う光ケーブル等の高速通信回線の接続整備にかかる引き込み工事費の2分の1を新たに助成対象とすることに伴う企業立地助成金100万円、井波交通広場有料化に向けた管理棟整備工事など準備費用等に757万円、来年4月開館の予定で進めております新中央図書館整備事業について、富山県耐震診断等評定委員会の判定結果に基づき実施設計を行ったところ鉄骨ブレースや鉄筋コンクリート補強壁等構造部分の変更に伴う耐震改修等工事費2億300万円、福光地域太美地内の住宅地の背後地のがけ崩れ対策等にかかる調査費370万円などを計上しました。

 また、たいらスキー場圧雪車修繕360万円、井波社会体育館支柱基礎改修工事費160万円など緊急に対処しなければならない修繕費用も計上しました。

 これら補正予算の財源は、使用料、国庫支出金、県支出金、寄附金、繰入金、諸収入、市債をもって充当することといたしております。

 今回の補正総額は4億2,916万3,000円となり、この結果、平成21年度一般会計予算の累計額は327億3,916万3,000円となるのであります。

 議案第93号のバス事業特別会計補正予算(第1号)につきましては、国の緊急雇用創出事業により市営バス停の標識をリフレッシュするため320万円を補正するものであり、予算の累計額は9,180万円となるのであります。

 議案第94号の温泉事業特別会計補正予算(第1号)につきましては、クアガーデンの桜ヶ池温泉源泉建仁寺垣補修工事、ゆ〜楽露天風呂ろ過ポンプ取替工事、ゆ〜ゆうランド浴室サッシオペレーター取替工事など緊急に対処しなければならない修繕費用118万円を補正するものであり、予算の累計額は1億6,758万円となるのであります。

 議案第95号の簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)につきましては、上平地域における統合簡易水道事業の国の補助内示による送配水管新設工事72万円、漏水に伴う新屋地内配水管敷設替工事760万円を計上し、国庫支出金、繰入金、市債をもって充当することとしています。

 今回の補正総額は832万円となり、予算の累計額は4億5,342万円となるのであります。

 議案第96号の下水道事業会計補正予算(第1号)につきましては、国の緊急雇用創出事業により下水道台帳を整備するため収益的収支について105万4,000円増額するものであります。

 議案第97号の南砺市桜ヶ池農産物直売所条例の制定につきましては、農産物の販路拡大による農業の振興と都市との交流を図るため、城端ハイウェイオアシス内に桜ヶ池農産物直売所を設置し、指定管理者により管理を行なうための諸規定や利用料金等を定めるものであります。

 議案第98号の南砺市上平自然環境活用センター条例の全部改正につきましては、上平地域にある「ささら館」を指定管理者制度に移行できるようにするとともに、利用料金区分の簡素化を図るものであります。

 議案第99号は、予定価格が2,000万円以上かつ5,000平方メートル以上の土地の取得について議会の議決を求めるものであります。福光地域遊部地内において市営住宅建設事業用地として土地7,966.54平方メートルを金額2億4,580万7,591円で三光合成株式会社から取得しようとするものであります。

 議案第100号は、7月1日から南砺市桜ヶ池農産物直売所の指定管理者に株式会社リーフを指定することについて、地方自治法の規定により議会の議決を求めるものであります。

 報告第1号は、継続費を設定しております福野小学校改築事業の繰越状況を報告するものであります。

 報告第2号及び第3号は、いずれも平成20年度予算の繰越状況を報告するものであります。

 報告第4号は、100万円以内の損害賠償に係る損害賠償額の決定及び和解について専決を行いましたので、地方自治法第180条第2項の規定により、これを報告するものであります。

 また、市の出資等に係る法人の経営状況に関する説明書を提出いたしております。

 以上、本定例会に提出いたしました議案について提案理由を説明いたしましたが、慎重ご審議の上、適切な議決を賜りますようお願い申し上げます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△休会について



○議長(水木猛議員) 次にお諮りいたします。議案調査のため、6月9日から12日までの4日間を休会といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(水木猛議員) ご異議なしと認めます。

 よって、そのように決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会



○議長(水木猛議員) 以上で本日の日程は終了いたしました。

 次回の本会議は、6月15日午前10時に再開し、市政一般に対する質問並びに提出議案に対する質疑を行います。

 本日はこれをもって散会いたします。

 お疲れさまでした。



△散会 午前10時21分