議事ロックス -地方議会議事録検索-


富山県 南砺市

平成16年 12月 定例会(第2回) 12月10日−01号




平成16年 12月 定例会(第2回) − 12月10日−01号







平成16年 12月 定例会(第2回)



南砺市告示第162号

          南砺市議会12月定例会の招集について

 地方自治法(昭和22年法律第67号)第101条第1項の規定により、平成16年第2回南砺市議会12月定例会を、次のとおり招集する。

 平成16年12月2日

                              南砺市長 溝口 進

                    記

 1期日   平成16年12月10日(金)

 2場所   南砺市役所福光庁舎 議場

議事日程(第1号)

                  平成16年12月10日(金)午前10時開会

日程第1 会議録署名議員の指名

日程第2 会期決定の件

日程第3 議案第1号 平成16年度南砺市一般会計予算

日程第4 議案第2号 平成16年度南砺市バス事業特別会計予算

日程第5 議案第3号 平成16年度南砺市公共用地取得事業特別会計予算

日程第6 議案第4号 平成16年度南砺市国民健康保険事業特別会計予算

日程第7 議案第5号 平成16年度南砺市老人保健医療事業特別会計予算

日程第8 議案第6号 平成16年度南砺市介護福祉支援センター事業特別会計予算

日程第9 議案第7号 平成16年度南砺市自然環境活用センター事業特別会計予算

日程第10 議案第8号 平成16年度南砺市スキー場事業特別会計予算

日程第11 議案第9号 平成16年度南砺市温泉事業特別会計予算

日程第12 議案第10号 平成16年度南砺市国民宿舎事業特別会計予算

日程第13 議案第11号 平成16年度南砺市工業用地造成事業特別会計予算

日程第14 議案第12号 平成16年度南砺市下水道事業特別会計予算

日程第15 議案第13号 平成16年度南砺市農業集落排水事業特別会計予算

日程第16 議案第14号 平成16年度南砺市林業集落排水事業特別会計予算

日程第17 議案第15号 平成16年度南砺市個別合併浄化槽設置事業特別会計予算

日程第18 議案第16号 平成16年度南砺市簡易水道事業特別会計予算

日程第19 議案第17号 平成16年度南砺市病院事業会計予算

日程第20 議案第18号 平成16年度南砺市水道事業会計予算

日程第21 議案第19号 平成16年度南砺市下水道事業会計予算

日程第22 議案第20号 平成16年度南砺市農業集落排水事業会計予算

日程第23 議案第21号 南砺市合併地域振興基金条例の制定について

日程第24 議案第22号 南砺市合併まちづくり基金条例の制定について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

 議事日程に同じ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(34名)

   1番  田中幹夫君      2番  山瀬悦朗君

   3番  齊藤光一君      4番  向川静孝君

   5番  池田庄平君      6番  高田龍司郎君

   7番  長尾益勇君      8番  川辺邦明君

   9番  堀 豊次君     10番  生田長範君

  11番  大島 孝君     12番  高橋 猛君

  13番  山田 勉君     14番  岩崎 誠君

  15番  石崎俊彦君     16番  前田美好君

  17番  才川昌一君     18番  蓮沼晃一君

  19番  浅田裕二君     20番  吉田 清君

  21番  武田慎一君     22番  片岸 博君

  23番  西井秀治君     24番  香川俊光君

  25番  中川邦宏君     26番  中島洋三君

  27番  水木 猛君     28番  中田勝治君

  29番  城岸一明君     30番  且見公順君

  31番  島田勝由君     32番  倉 一雄君

  33番  大西正隆君     34番  嶋 信一君

欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

説明のため出席した者

 市長       溝口 進君   助役       清都邦夫君

 収入役      山本勝徳君   教育長      梧桐角也君

 代表監査委員   伊東 浩君   教育委員長    小林敏夫君

 市長公室長    向川正憲君   企画総務部長   上坂甚誠君

 民生部長     大和秀夫君   産業経済部長   堀 和男君

 建設部長     畑 清一君   市長公室次長   中谷信一君

 企画総務部次長  大家信二君   企画総務部次長  三谷直樹君

 教育次長     西村勝三君   民生部次長    真草嶺信義君

 市民病院事務局長 永井 厳君   産業経済部次長  細川 哲君

 建設部次長    中山繁實君   総務課長     山畔勝博君

 財政課長     下田正佳君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

職務のため出席した事務局職員

 事務局長     平本和雄    主幹議事調査係長 吉田鈴代

 議事調査係    溝口早苗

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開会 午前10時00分



△開会及び開議の宣告



○議長(嶋信一君) ただいまから平成16年第2回南砺市議会12月定例会を開会いたします。

 本日の会議を開きます。

 議事日程はお手元に配付のとおりであります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名



○議長(嶋信一君) これより、日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議規則第81条の規定により、会期中の会議録署名議員に4番向川静孝君、5番池田庄平君、6番高田龍司郎君を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会期の決定



○議長(嶋信一君) 次に、日程第2、会期決定の件を議題といたします。

 お諮りいたします。本定例会の会期は、本日から12月22日までの13日間といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(嶋信一君) ご異議なしと認めます。

 よって、会期は13日間と決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第1号〜議案第22号の上程、説明



○議長(嶋信一君) 次に、日程第3、議案第1号 平成16年度南砺市一般会計予算から日程第24、議案第22号 南砺市合併まちづくり基金条例の制定についてまで、以上22案件を一括議題といたします。

 市長から提案理由の説明を求めます。

 溝口市長。

     〔溝口 進市長登壇〕



◎市長(溝口進君) 本日ここに、12月定例会を開催いたしましたところ、議員各位には年末何かとご多忙の折にもかかわらずご出席を賜り、厚くお礼申し上げます。

 提案理由の説明に入ります前に、最近の情勢や市政に対する所信の一端を申し述べ、議員の皆様のご理解とご協力を賜りたいと存じます。

 去る10月23日には、新潟県中越地方を震源とする地震があり、人的にも物的にも大きな被害を受けました。被害を受けられました皆様には心からお見舞いを申し上げますとともに、冬の季節を前にし、できるだけ復旧がはかどることを心から祈念いたしたいと思います。幸いにも、当地方では震度3の揺れを2回観測する程度で大きな被害はありませんでしたが、改めて日ごろからきちんと備える必要があると痛感した次第であります。

 一方、今年は日本列島に台風の襲来が相次ぎ、10月20日には台風23号が富山県で猛威を振るい、北東の強風と近年まれに見る多量の降水により、南砺市のエリアでも大きな被害が出ました。平野部では、強風により散居村のシンボルであるカイニョを構成する樹木が多数倒れ、また、山間部では土砂崩れにより農地や林道を中心に災害が発生しており、現在も復旧に努めているところであります。

 さらに、今年はクマがえさを求めて山や森から市街地近くまで下りてきており、福光地域では人身に被害が出ることとなってしまいました。広く山間地を持つ南砺市としては、背後にある原因の究明に努め、対策を立てる必要に迫られております。

 これらのことから、改めて自然の力の大きさを痛感した次第であります。

 次に、富山県におきましては、6期24年にわたって県政のかじ取りを行ってこられました中沖豊氏が知事を退任され、11月9日には、新しく石井隆一氏が知事にご就任になりました。中沖氏の偉大な功績をたたえるとともに、石井氏の手腕にご期待を申し上げる次第であります。

 11月1日にスタートを切った南砺市では、11月3日の第1回南砺菊まつりの開幕を皮切りに、井波彫刻まつり、ぐるめフェスタ?nいなみ、菅沼合掌造り集落一斉放水、城端彩菜まつり、雪恋まつり、里いもまつりなど諸行事がそれぞれ盛大に開催され、大勢の人々でにぎわいました。関係各位のご尽力に深く感謝申し上げる次第であります。

 また、南砺市消防団福光方面団第1分団の皆さんが、11月8日に行われました第19回全国消防操法大会小型ポンプの部において第2位という輝かしい成績をおさめられ、南砺市の名をいち早く全国に知らしめていただきました。市民を代表して、心から敬意を表し感謝申し上げます。

 さらに、南砺市が構築しました情報サービスネットワークが、平成16年度バリアフリー化推進功労者の内閣総理大臣表彰を受賞し、12月3日に首相官邸において表彰状を受け取ってまいりました。旧福光町において手がけられ、南砺市全体のエリアまで広がったサービスが評価されたものであり、市長としての仕事始めに、このような栄誉を受けたことに感謝申し上げます。この上は、表彰に恥じぬよう、さらに全市を対象に利用の拡大を図っていきたいと思っております。

 さて、政府と与党は去る11月26日に三位一体改革の全体像である「三位一体の改革について」を決定しました。そのポイントは、?平成17年度と18年度において、3兆円程度の国庫補助負担金の廃止・縮減等を行うこと、?税源移譲については、16年度分までに移譲された6,500億円を含め、おおむね3兆円規模を目指し、この税源移譲は所得税から個人住民税への移譲で行うこと、?地方交付税については、17年度と18年度は適切に財源措置を行い、地方団体の安定的な財政運営に必要な地方交付税など一般財源の総額を確保することなどであります。

 この結果を踏まえて、12月20日ごろに予定される国の一般会計予算の財務省原案の内示に向け、各省の折衝が行われていることと思います。総務大臣からは、平成17年度の地方交付税総額の確保に向けて全力を尽くすとのメッセージが寄せられているところでありますが、市町村にとって非常に厳しい内容になることは避けられないと考えられます。

 現在、南砺市におきましても平成17年度の予算編成に着手しておりますが、合併後初めての当初予算編成であり、南砺市としての方向性を問われる重要な予算編成であることを十分に認識して臨みたいと思っており、所信の一端を申し述べ、ご理解を賜りたいと存じます。

 今回の合併に当たって、私たちはさまざまな協議の中でいろいろと約束をしてまいりました。その約束をきちんと守り、なおかつ創意工夫を凝らして市政を運営することが、創成期に当たって信頼性を確保する上から最も重要なことであると考えております。この経過においては、旧町村がそれぞれ培ってきた固有の文化や伝統を引き継ぎ尊重することと新市としての一体感を醸成することは、一見相反するような感じではありますが、それをうまくこなしていかなければならないと思っております。

 この困難な課題の克服に当たっては、事を急いで信頼関係を失うことのないよう慎重に進めなければなりません。また、町村時代の良さ、協働の精神を大切にしながら、市全体で行うソフト事業への参画や市の将来構想を語り合う中で、自然に一体感が生まれてくる状況をつくり出していきたいとも考えております。

 このことから、平成17年度は各種の計画を策定する重要な年度であると位置づけております。合併協議会で策定した「新市合併まちづくり計画」では、合併特例債事業の具体名や実施順位までは盛り込んでおりません。今後は、この建設計画を基礎として、総合計画、さらに防災、福祉、介護、医療、教育などの各種計画をつくり上げなければなりません。厳しい財政環境のもとではありますが、少ない財源を有効に活用し、高いサービスを提供できる体制を構築しなければならないと考えます。

 予算編成や計画策定の過程で、私が選挙運動の中で約束してまいりました「自然、文化、交流が織りなす創造とやすらぎの南砺市」を目指して、「明日を拓く人づくり」「安心して暮らせる地域づくり」「活力ある社会づくり」「公正な行政づくり」の実現を図りたいと考えておりますので、議員各位のご理解とご協力をお願いする次第であります。

 それでは、提案いたしました議案につき、提案理由とその概要をご説明申し上げます。

 議案第1号から議案第20号までは、新市の発足に当たり、20の会計について平成16年度本予算を調整し、議会の議決をいただこうとするものであります。

 本予算の調整に当たっての基本的な考え方は、旧8町村の年間予算額から10月31日までに支出した額を減じた額を基本とし、それに平成15年度からの繰越予算のうち10月31日までに支払いが完了しなかった額、新市となり、新たに生じる経費を加え、さらに補正しなければならない経費などを増減して調整したものであります。

 この方針に基づき調整いたしました予算の規模は、一般会計289億930万円、特別会計97億7,590万円、企業会計43億1,617万8,000円となります。

 平成16年度南砺市一般会計の総額は289億930万円となりますが、この中には平成15年度からの繰越分として保育園整備事業費1億4,461万5,000円、田園空間整備事業費4,575万1,000円、道路・街路関係整備費1億205万5,000円など4億806万1,000円を、増額補正を行うものとして特別障害者手当支給費454万1,000円、児童扶養手当給付費576万3,000円、合併地域振興基金積立金40億円、合併まちづくり基金積立金8億円、台風23号被害関連経費4億507万4,000円などを、減額補正を行うものとして議員報酬等8,482万3,000円、特別職報酬等1億2,045万2,000円の減額などを含むものであります。

 特別会計は、バス事業特別会計、公共用地取得事業特別会計、国民健康保険事業特別会計、老人保健医療事業特別会計、介護福祉支援センター事業特別会計、自然環境活用センター事業特別会計、スキー場事業特別会計、温泉事業特別会計、国民宿舎事業特別会計、工業用地造成事業特別会計、下水道事業特別会計、農業集落排水事業特別会計、林業集落排水事業特別会計、個別合併浄化槽設置事業特別会計、簡易水道事業特別会計の15会計からなるのであります。

 また、地方公営企業法の財務諸規定を適用する企業会計は、病院事業会計、水道事業会計、下水道事業会計、農業集落排水事業会計の4会計を設けております。

 議案第21号は、国の合併支援制度による合併特例債38億円をもとに、40億円の合併地域振興基金を設けるため、南砺市合併地域振興基金条例を制定しようとするものであります。

 また、議案第22号は、富山県の市町村合併特例交付金8億円を原資として合併まちづくり基金を設けるため、南砺市合併まちづくり基金条例を制定しようとするものであります。

 以上、本定例会に提出いたしました議案について提案理由をご説明いたしましたが、慎重ご審議の上、適切な議決を賜りますようお願い申し上げます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△次会日程の報告



○議長(嶋信一君) 以上で本日の日程は終了いたしました。

 12月13日は午前10時に本会議を開き、一般質問を行います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会の宣告



○議長(嶋信一君) 本日はこれをもって散会いたします。

 10時30分から全員協議会を開きます。

 ご苦労さまでした。



△散会 午前10時20分