議事ロックス -地方議会議事録検索-


富山県 南砺市

平成21年  3月 定例会(第1回) 02月27日−01号




平成21年  3月 定例会(第1回) − 02月27日−01号







平成21年  3月 定例会(第1回)



南砺市告示第31号

          南砺市議会3月定例会の招集について

 地方自治法(昭和22年法律第67号)第101条第1項の規定により、平成21年第1回南砺市議会3月定例会を、次のとおり招集する。

 平成21年2月18日

                            南砺市長 田中幹夫

                   記

          1 期日   平成21年2月27日(金)

          2 場所   南砺市役所福光庁舎 議場

議事日程(第1号)

                 平成21年2月27日(金)午前10時開会

日程第1 会議録署名議員の指名

日程第2 会期決定の件

日程第3 議案第1号 平成21年度南砺市一般会計予算

     議案第2号 平成21年度南砺市バス事業特別会計予算

     議案第3号 平成21年度南砺市温泉事業特別会計予算

     議案第4号 平成21年度南砺市国民健康保険事業特別会計予算

     議案第5号 平成21年度南砺市老人保健医療事業特別会計予算

     議案第6号 平成21年度南砺市後期高齢者医療事業特別会計予算

     議案第7号 平成21年度南砺市介護事業特別会計予算

     議案第8号 平成21年度南砺市訪問看護事業特別会計予算

     議案第9号 平成21年度南砺市工業用地造成事業特別会計予算

     議案第10号 平成21年度南砺市簡易水道事業特別会計予算

     議案第11号 平成21年度南砺市病院事業会計予算

     議案第12号 平成21年度南砺市水道事業会計予算

     議案第13号 平成21年度南砺市下水道事業会計予算

     議案第14号 平成20年度南砺市一般会計補正予算(第9号)

     議案第15号 平成20年度南砺市温泉事業特別会計補正予算(第4号)

     議案第16号 平成20年度南砺市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)

     議案第17号 平成20年度南砺市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第2号)

     議案第18号 平成20年度南砺市介護事業特別会計補正予算(第2号)

     議案第19号 平成20年度南砺市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)

     議案第20号 平成20年度南砺市病院事業会計補正予算(第3号)

     議案第21号 平成20年度南砺市水道事業会計補正予算(第3号)

     議案第22号 平成20年度南砺市下水道事業会計補正予算(第2号)

     議案第23号 南砺市合掌造り等活用施設条例の制定について

     議案第24号 南砺市鳥獣害防止対策推進事業分担金徴収条例の制定について

     議案第25号 南砺市高齢者生きがいセンター条例の全部改正について

     議案第26号 南砺市行政組織条例の一部改正について

     議案第27号 南砺市コミュニティセンター条例の一部改正について

     議案第28号 南砺市職員の自己啓発等休業に関する条例の一部改正について

     議案第29号 南砺市一般職の職員の給与に関する条例の一部改正について

     議案第30号 南砺市一般職員の特殊勤務手当に関する条例の一部改正について

     議案第31号 南砺市特別会計条例の一部改正について

     議案第32号 南砺市企業立地の促進等による地域における産業集積の形成及び活性化に関する法律の施行に伴う固定資産税の課税免除に関する条例の一部改正について

     議案第33号 南砺市積立基金条例の一部改正について

     議案第34号 南砺市利賀芸術公園条例の一部改正について

     議案第35号 南砺市ひとり親家庭等医療費助成条例の一部改正について

     議案第36号 南砺市デイサービスセンター条例の一部改正について

     議案第37号 南砺市斎場等条例の一部改正について

     議案第38号 南砺市桜ヶ池自然活用施設条例の一部改正について

     議案第39号 南砺市原山牧場条例の一部改正について

     議案第40号 南砺市利賀農山村滞在型交流施設条例の一部改正について

     議案第41号 南砺市企業立地振興条例の一部改正について

     議案第42号 南砺市国民宿舎条例の一部改正について

     議案第43号 南砺市五箇山和紙の里条例の一部改正について

     議案第44号 南砺市都市公園条例の一部改正について

     議案第45号 南砺市下水道条例の一部改正について

     議案第46号 南砺市ホームヘルパー派遣事業実施条例の廃止について

     議案第47号 南砺市公共残土処理場条例の廃止について

     議案第48号 字の区域の廃止について

     議案第49号 辺地総合整備計画の策定について

     議案第50号 過疎地域自立促進計画の変更について

     議案第51号 市道路線の認定について

     議案第52号 市道路線の廃止について

     議案第53号 南砺市コミュニティセンター(南砺市上梨コミュニティセンター)の指定管理者の指定について

     議案第54号 南砺市体育施設(南砺市城端西部体育館等)及び南砺市都市公園(城南中央公園)の指定管理者の指定について

     議案第55号 南砺市体育施設(南砺市井波社会体育館及び南砺市東洋紡屋外球技場)の指定管理者の指定について

     議案第56号 南砺市体育施設(南砺市福野体育館等)の指定管理者の指定について

     議案第57号 南砺市体育施設(南砺市福光体育館等)の指定管理者の指定について

     議案第58号 南砺市体育施設(南砺市福光里山体育館等)及び南砺市福光里山野営場・レクリエーション農園の指定管理者の指定について

     議案第59号 南砺市体育施設(南砺市城端温水プール)の指定管理者の指定について

     議案第60号 南砺市体育施設(南砺市福光プール等)の指定管理者の指定について

     議案第61号 南砺市体育施設(南砺市いなみ木彫りの里テニスコート)の指定管理者の指定について

     議案第62号 南砺市合掌造り等活用施設(旧野宇家等)の指定管理者の指定について

     議案第63号 南砺市相倉民俗館等の指定管理者の指定について

     議案第64号 南砺市利賀芸術公園の指定管理者の指定について

     議案第65号 南砺市いなみ交流館「ラフォーレ」の指定管理者の指定について

     議案第66号 南砺市高齢者生きがいセンターの指定管理者の指定について

     議案第67号 南砺市桜ヶ池クアガーデンの指定管理者の指定について

     議案第68号 南砺市農村公園(南砺市野尻緑地公園)の指定管理者の指定について

     議案第69号 南砺市南蟹谷総合交流ターミナル施設及び南砺市南蟹谷中山間活性化施設の指定管理者の指定について

     議案第70号 南砺市鳥越農作業準備休憩施設の指定管理者の指定について

     議案第71号 南砺市イオックス・アローザ交流施設(南砺市イオックス・アローザオートキャンプ場等)の指定管理者の指定について

     議案第72号 南砺市イオックス・アローザ交流施設(南砺市イオックス・ヴァルト)の指定管理者の指定について

     議案第73号 南砺市福野産業文化会館の指定管理者の指定について

     議案第74号 南砺市道の駅福光及び南砺市福光紹興友好物産館の指定管理者の指定について

     議案第75号 南砺市五箇山和紙の里(たいら楮畑管理棟)の指定管理者の指定について

     議案第76号 南砺市五箇山合掌の里の指定管理者の指定について

     議案第77号 南砺市桂湖レクリエーション施設の指定管理者の指定について

     議案第78号 南砺市西赤尾山村活性化施設及び南砺市索道施設(タカンボー)の指定管理者の指定について

     議案第79号 南砺市利賀活性化施設(スノーバレー利賀スキー場)及び南砺市索道施設(スノーバレー利賀)の指定管理者の指定について

     議案第80号 南砺市利賀活性化施設(利賀そばの郷等)及び南砺市温泉施設(南砺市天竺温泉の郷)の指定管理者の指定について

     議案第81号 南砺市農林漁業体験実習館施設等の指定管理者の指定について

     議案第82号 南砺市索道施設(閑乗寺)及び南砺市都市公園(閑乗寺公園)の指定管理者の指定について

     議案第83号 南砺市索道施設(IOX-AROSA)の指定管理者の指定について

     議案第84号 南砺市赤祖父レイクサイドパーク及び南砺市井口体験交流センターの指定管理者の指定について

     承認第1号 専決処分の承認を求めることについて

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

 議事日程に同じ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(30人)

      1番  河合常晴議員        2番  赤池伸彦議員

      3番  水口秀治議員        4番  脊戸川義之議員

      5番  小西正信議員        6番  山本勝徳議員

      7番  助田幸雄議員        8番  長井久美子議員

      9番  水上成雄議員       10番  榊 祐人議員

     11番  中島 満議員       12番  山瀬悦朗議員

     13番  齊藤光一議員       14番  向川静孝議員

     15番  池田庄平議員       16番  高田龍司郎議員

     17番  川辺邦明議員       18番  山田 勉議員

     19番  岩崎 誠議員       20番  石崎俊彦議員

     21番  前田美好議員       22番  才川昌一議員

     23番  蓮沼晃一議員       24番  浅田裕二議員

     25番  片岸 博議員       26番  西井秀治議員

     27番  香川俊光議員       28番  水木 猛議員

     29番  城岸一明議員       30番  且見公順議員

欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

説明のため出席した者

 市長       田中幹夫      副市長      中山繁實

 教育長      浅田 茂      教育委員長    蓑口勝美

 代表監査委員   高桑俊介      市長政策室長   平本和雄

 総務部長

          大家信二      民生部長     石村悦朗

 会計管理者

                    産業経済部長

 医療局長     三谷直樹               細川 哲

                    建設部長

 市長政策室次長  大浦章一      総務部次長    下田正佳

 総務部次長    上坂吉明      教育次長     仲筋武智

 民生部次長    池田祐昇      民生部次長    山畔勝博

 産業経済部次長  松田泰彦      産業経済部次長  長谷川正昭

 建設部次長    加藤信行      建設部次長    西坂英嗣

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

職務のため出席した事務局職員

                    局長補佐

 事務局長     奥野伸一               中嶋真知子

                    議事調査係長

 議事調査係主任  溝口早苗

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開会 午前10時00分



△開会及び開議の宣告



○議長(水木猛議員) ただいまから平成21年第1回南砺市議会3月定例会を開会いたします。

 本日の会議を開きます。

 議事日程はお手元に配付のとおりであります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名



○議長(水木猛議員) これより、日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議規則第81条の規定により、会期中の会議録署名議員に7番助田幸雄議員、8番長井久美子議員、9番水上成雄議員を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会期の決定



○議長(水木猛議員) 次に、日程第2、会期決定の件を議題といたします。

 お諮りいたします。本定例会の会期は、本日から3月24日までの26日間といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(水木猛議員) ご異議なしと認めます。

 よって、会期は26日間と決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第1号から議案第84号及び承認第1号の上程、説明



○議長(水木猛議員) 次に、日程第3、議案第1号 平成21年度南砺市一般会計予算から議案第84号 南砺市赤祖父レイクサイドパーク及び南砺市井口体験交流センターの指定管理者の指定についてまで、及び承認第1号 専決処分の承認を求めることについて、以上85案件を一括議題といたします。

 市長から提案理由の説明を求めます。

 田中市長。

   〔田中幹夫市長登壇〕



◎市長(田中幹夫) 本日ここに、平成21年3月定例会を開催いたしましたところ、議員各位には何かとご多忙の折にもかかわらずご出席を賜り、厚くお礼申し上げます。

 提案理由の説明に入ります前に、最近の情勢や市政に対する所信の一端を申し述べ、議員の皆様のご理解とご協力を賜りたいと存じます。

 1月13日の高瀬西自治振興会を皮切りに、31の自治振興会単位で開いてまいりました「地域づくり談議」も、2月25日の吉江自治振興会を最後に無事終了させていただきました。開催に際しましては、自治振興会役員や地域住民の皆様方のご協力、そして、貴重なご意見を賜りましたことにつきまして、この場をお借りしまして、改めてお礼を申し上げ、感謝の気持ちを表したいと思います。また、議員の皆様にもご出席を賜りましたことにつきましてお礼を申し上げます。

 この談議を開催するに当たり、職員に対して、住民の意見を肌で感じること、地域の中に入り込むこと、市民の目線に立つことを訓示し、実際、地域づくり談議にも多くの職員が参加させていただいたところであります。

 私は、選挙運動の中でも「市民との協働によるまちづくり」を繰り返し訴えてまいりましたが、「行動する市役所」のスローガンも含めて第一歩を踏み出したところであります。この方針は、4月の機構改革において市民協働課を設置し、また、予算の裏づけも取りながら、市民の皆様とともに着実に前進させていく所存であります。ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

 次に、「五箇山」が、ミシュラン・グリーンガイドにおいて、観光地として全国で17カ所しか選定されていない三ツ星評価−−わざわざ訪れる価値のある場所−−をいただきました。このことは、観光都市を目指す南砺市にとって大いなる追い風であり、東海北陸道の全線開通と合わせて、大いに「おもてなしの心」を発揮し、さらに観光地としてグレードアップを図らなければならない時機であると思っております。このことは、五箇山に限ることなく、全市域をあげて取り組むべき課題であると思っております。

 また、城端ハイウェイオアシスにおいて、農畜産物直売所の建設に着工いたしました。農業振興と観光物販の両面でしっかり寄与できる施設に仕上げたいと思っております。

 3月には、南砺いのくち椿まつりにあわせて、全国椿サミット南砺大会を開催することとしておりますが、市民の皆様方のご協力とご支援をお願いする次第であります。

 また、この4月から統合「平中学校」がスタートいたします。このほど校歌を制定し、2月25日には作詞者と作曲者を迎えて平・上平中学校の両校生徒が歌唱指導を受けるなど、一体化に向けて準備を進めております。現在の上平中学校校舎でのスタートとなりますが、新校舎の建築に着手し、2年後には移転できるようにしたいと思っております。

 次に、今国会でも大きな争点となっております定額給付金、子育て応援特別手当をはじめ、国の第2次補正予算に関係する事務事業について準備を進めております。国の事業とはいえ、実際に事務を行うのは市町村であり、国会の審議状況を注視しているところであります。

 この時期、スキー競技をはじめ、各種スポーツにおいて市民の活躍が目立っており、たいへんうれしく思っております。とりわけ、トキめき新潟国体冬季大会で国体連覇を成し遂げられました蛯沢克仁選手、全国高校スキー大会(インターハイ)で2種目表彰台の快挙を達成されました千重彩華選手、全国高校バレーボール選抜優勝大会(春高バレー)の出場切符を手にされました平高校男子バレー部の皆さんには、大きな勇気をいただきました。その栄誉を市民とともに称えるものであります。

 また、市民との協働によるまちづくりを一生懸命に進めようとしている私にとって大変うれしい報告が2件ありました。

 1つは、スキヤキ・ミーツ・ザ・ワールド実行委員会が2008年度国際交流基金地球市民賞を受賞したことであります。ボランティアスタッフや地域住民の協力のもと、手作りで行われてきた活動が認められたことに大きな意義を感じており、大きな拍手を送りたいと思います。

 もう1つは、「広報なんと」が富山県市町村広報コンクールにおいて2年連続で特選を受賞したことであります。市民と行政が連携していくためには、情報を共有することが前提となります。広報紙も、情報を共有するための重要な媒体であり、今後とも、必要な情報をより正確に提供できるように努力していきたいと思っております。

 それでは、提案いたしました議案につき、提案理由とその概要を説明申し上げます。

 議案第1号から議案第13号までは、13の会計について平成21年度当初予算を調製し、議会の議決をいただこうとするものであります。

 なお、五箇山荘が平成21年度から指定管理者制度に移行することから、国民宿舎事業特別会計を廃止し、医療局所管で事業を展開している訪問看護事業について、新たに特別会計を設置いたしました。

 最初に、予算編成に当たり重点としたことについて申し上げます。

 第1には、総合計画の実現に向けて、集中豪雨災害復旧工事の状況を勘案した上で、実施に移せる事業については積極的に予算化することといたしました。また、基本調査や実施設計の段階に入れる事業につきましても、積極的に予算を計上し、次年度以降、合併特例債など有利な財源を期限内に計画的に活用できるように配慮しました。

 第2には、選挙を通じて訴えてまいりました「協働のまちづくり」を実現するための予算の計上に意を注ぎました。予算という形で目に見えるようにし、1月から始めております「地域づくり談議」と合わせて、一歩一歩着実に歩んでまいりたいと思っております。

 第3には、市民生活に直結した事業を展開し、行政を身近に感じていただくこと、そして市民にやさしいまちづくりを目指していると思っていただけるよう配慮をいたしました。

 第4には、東海北陸自動車道の全線開通を追い風に、交流人口を増やすとともに、観光が産業として成り立つよう、観光連盟とタイアップして観光都市を売り込むことに力を入れました。

 第5には、道路、上水道、下水道など社会資本の充実に引き続き力を注ぎ、生活の利便化と産業基盤の整備に配慮いたしました。

 次に、予算編成に当たり留意した事項について申し上げます。

 まず、総合計画の実施計画に留意のうえ、特に、起債事業につきましては後年度の実質公債費比率及び財源を考慮して予算化したところであります。

 また、利率の高い公的資金の繰上償還元金を予算化し、財政健全化計画、公営企業経営健全化計画を着実に推進することとしました。

 併せて、起債総額を元金償還額の範囲内に抑え、市債残高を減らすとともに、新たな起債につきましては、後年度元利償還金が地方交付税に算入されるものを厳選いたしました。

 なお、予算査定にあたっては、厳しい財政状況を踏まえて、投資的経費は一般財源ベースで10%、経常経費は5%の削減を原則としたところであります。

 また、平成20年7月28日の集中豪雨災害の復旧事業を確実に実施するため、災害復旧を担当する課においては、投資的経費総額を20%増以内にとどめることといたしました。

 以上の方針に基づいて編成いたしました平成21年度予算の規模は、一般会計323億1,000万円、特別会計83億770万円、企業会計170億2,141万5,000円、合計576億3,911万5,000円となり、平成20年度当初予算と比較して、一般会計では3.1ポイント減、特別会計で15.9ポイント減、企業会計で1.1ポイント増、予算総額では4.0ポイントの減となるものであります。

 最初に、一般会計についてその概要を申し上げます。

 平成21年度は総合計画の3年目であり、実施計画に盛り込まれた事業のうち、教育施設の建設が次々と着工の運びとなっておりますが、特別養護老人ホーム福寿園と福光斎場の大型建設事業がおおむね完了したことから、予算規模としては若干縮小することとなりました。

 ただし、平成20年度予算のうち平成20年7月28日の豪雨災害復旧事業、国の第2次補正予算に係る事業のほとんどが平成21年度への繰越事業となる予定であり、その額は45億円にのぼると見込んでおります。投資的経費がほとんどであり、21年度予算の投資的経費の減少分8億3,372万1,000円を大きく上回ることとなることから、実行しなければならない建設事業費は大きく膨らむことになります。

 予算化いたしました主な事業は、福野小学校改築事業10億37万3,000円、統合平中学校新築事業3億5,645万2,000円、新中央図書館整備事業5億8,257万1,000円、福光西部小学校体育館改修事業1億753万円、特別養護老人ホーム福寿園建設事業1億5,456万円、平・上平統合小学校新築事業2,039万円、インターチェンジ実施計画調査委託料4,850万円、地域ICT利活用モデル構築事業6,353万円、観光宣伝特別対策事業582万5,000円、合併5周年記念事業365万円などであります。

 また、一般会計の目的別歳出の状況では、事業費は建設事業によってそれぞれ大きく増減しておりますが、それを除きますと、国民健康保険事業特別会計繰出金の増1億3,219万7,000円により民生費が、ふるさと雇用再生特別交付金事業3,900万円により労働費が、下水道事業会計繰出金の増1億8,013万4,000円により土木費が、補償金免除繰上償還元金の増1億5,013万1,000円により公債費がそれぞれ増えており、一方、議員定数減による議員報酬の減1,640万円により議会費が、所得変動減額措置分に係る住民税還付金8,160万円の減により総務費が、商工中金預託金の減9,000万円により商工費がそれぞれ減っております。

 また、性質別状況をみますと、行政改革や経費節減により人件費が順調に減少し、維持補修費は横ばいとなっています。物件費は8.8ポイントの増加となりましたが、埋蔵文化財調査業務委託料、ふるさと雇用再生特別交付金事業委託料、住民カードシステム改修委託料など臨時的な委託料が生じたことによるものであり、来年度以降は縮小できると考えております。また、公債費も増額となっておりますが、補償金免除繰上償還元金の増によるものであり、21年度をもって終了となります。貸付金の減は、商工中金が民営化され、預託金が減額されたことにより、繰出金の増は、国民健康保険事業会計において人件費を計上することとなり、一般会計からの繰出金が増額となったことによります。

 なお、災害復旧費は、昨年の集中豪雨被害の過年災分を計上したことにより大幅増となりましたが、普通建設費は大型事業の完了などにより、一時縮小することといたしました。

 歳入の状況では、市税を、市内企業の収益動向、固定資産の評価替えなどを勘案して、対前年度8億4,309万5,000円の大幅減となる68億7,405万6,000円とし、地方交付税につきましては、地域雇用創出推進費の予定額2億9,900万円、引き続き措置される地方再生対策費などを考慮のうえ、4億万円増の134億円を見込みました。また、実施する事業に基づき、国庫支出金、県支出金、起債などについて調整を行いました。大型建設事業が一段落したことから、市債の発行額は前年度に対し12億8,950万円減の34億820万円を計上することとなりましたが、実質公債費比率、起債残高には引き続き注意をしてまいります。

 歳入の調整を行って、なお足りない12億4,300万円につきましては、財政調整基金を取り崩すことといたしました。

 特別会計につきましては、医療保険の制度改革に伴う動向がおおむね明らかとなり、国民健康保険事業、老人保健医療事業、後期高齢者医療事業とも減額となりました。その他の特別会計につきましても、温泉施設、宿泊施設などの大規模改修工事が終了したことから、通常ベースの予算規模となったところであります。

 企業会計につきましては、上水道事業において高度浄水処理施設整備事業3億8,578万円を進めているほかは、下水道事業、病院事業とも大きな施設整備がない時期となっております。なお、利率の高い公的資金の繰上償還を行うために、病院事業会計で9億3,385万1,000円、水道事業会計で6,299万1,000円、下水道事業会計で9億3,221万2,000円の元金償還額を計上したことから、予算総額は増加することとなりました。

 議案第14号から議案第22号までは、9の会計の平成20年度補正予算について、議会の議決をいただこうとするものであります。

 今回の補正では、地域活性化・生活対策臨時交付金に係る事業の追加、国県の事業採択に伴うもの、緊急な事業経費、特別会計への繰出金、病院事業の運転資金の調達、土地開発基金からの土地の買戻し、基金利子の積み立て、入札差額などにより事業費の減額が見込まれるものなどについて調整したものであります。

 その結果、補正予算の規模は、一般会計2億7,922万5,000円の減額、特別会計7,924万6,000円の増額、企業会計1億3,716万2,000円の減額となりました。

 まず、一般会計歳出予算について、主なものを申し上げます。

 地域活性化・生活対策臨時交付金を充てる事業のうち12月補正予算までに予算化されていない事業費5億7,095万4,000円及び基金積立金1億万円を計上するとともに、地域ICTネットサービス構築事業費8,584万2,000円、路網整備地域連携モデル事業補助金1億5,770万円を計上いたしましたが、これらは平成21年度に繰り越して執行することになります。緊急な経費として、保育園光熱水費400万円、高齢者インフルエンザ予防接種委託料730万円、また、後期高齢者医療事業特別会計繰出金2,722万3,000円、病院事業への長期貸付金2億円、土地開発基金からの土地の購入費2,002万4,000円、利子の基金への積立金3,462万4,000円を計上しました。

 一方、入札差額をはじめ事業費の精算があり、福寿園建設事業1億1,000万円、福野小学校改築事業8,992万2,000円、農林水産業施設等災害復旧費5億5,955万8,000円、土木施設災害復旧費7,876万円、中小企業金融対策費3億3,520万7,000円などを減額補正いたしました。

 これらに対する歳入につきましては、市民税、普通交付税の増額、各種交付金、財政調整基金繰入金の減額により一般財源を調整するとともに、事業費の増減により、国庫支出金の増額、県支出金、貸付金元金収入、市債の減額など所要の調整を行いました。

 次に、特別会計の補正予算の概要を申し上げます。

 温泉事業特別会計では、地域活性化・生活対策臨時交付金を利用して行う、施設や設備の改修工事費などを計上いたしました。

 国民健康保険事業特別会計では、事業勘定において、国民健康保険税の年金からの特別徴収要件が変更になったことに対応するためのシステム改修費433万9,000円などを計上し、直診勘定においては、医薬品衛生材料費1,430万円などを計上いたしました。

 後期高齢者医療事業特別会計では、保険基盤安定制度納付金2,191万3,000円、保険料納付金919万7,000円などを計上いたしました。

 また、介護事業特別会計では、訪問看護ステーション運営費に活動用車両とパソコンの購入費200万6,000円を計上するとともに、ホームヘルプステーション運営費の減額などを行いました。

 簡易水道事業特別会計は、年度末を迎え、予算の過不足を調整したものであります。

 次に、企業会計について申し上げます。

 病院事業会計につきましては、収益的収支において、繰上償還に伴い企業債利息1,199万1,000円を減額し、固定資産除却費1,020万2,000円を計上するとともに、資本的収支において、繰上償還に伴い償還元金457万1,000円を減額いたしました。

 上水道事業会計では、収益的収支において、支障移転工事が少なかったことから収入支出とも減額するとともに、資本的収支においても支障移転工事費などについて減額精算をいたしました。

 また、下水道事業につきましても事業費の減額精算が生じましたので、資本的収支について3,960万円を減額するとともに、収益的収支において、精査による減価償却費の調整を行いました。

 最後に、予算以外の議案について申し上げます。

 議案第23号の南砺市合掌造り等活用施設条例の制定につきましては、相倉集落及び菅沼集落にある南砺市所有の建造物について指定管理者制度に移行するとともに、利用料金などの統一を図り、施設管理の要件を整え、その利用促進を図ろうとするものであります。

 議案第24号の南砺市鳥獣害防止対策推進事業分担金徴収条例の制定につきましては、有害鳥獣により被害を受けている地域において、市が実施する鳥獣害防止対策推進事業について、地域協議会からの分担金徴収に関する規定を整備するものであります。

 議案第25号の南砺市高齢者生きがいセンター条例の全部改正につきましては、城端高齢者生きがいセンター「ふれあいはうす」を指定管理者制度に移行するため所要の改正を行おうとするものであります。

 議案第26号の南砺市行政組織条例の一部改正につきましては、市長政策室の分掌事務に「市民協働に関すること」を追加するものであります。

 議案第27号の南砺市コミュニティセンター条例の一部改正につきましては、上梨コミュニティセンターを指定管理者制度に移行するため所要の改正を行おうとするものであります。

 議案第28号の南砺市職員の自己啓発等休業に関する条例の一部改正につきましては、独立行政法人国際協力機構法の改正に伴い、引用条項を改正するものであります。

 議案第29号の南砺市一般職の職員の給与に関する条例の一部改正及び議案第30号の南砺市一般職員の特殊勤務手当に関する条例の一部改正につきましては、若手・中堅医師の人材確保のため、医療職給料表(1)の適用を受ける職員について初任給調整手当を設けるとともに、医師業務に従事する職員に対する特殊勤務手当との重複支給を避けるための規定を整備しようとするものであります。

 議案第31号の南砺市特別会計条例の一部改正につきましては、医療局が所管する訪問看護事業について、介護事業特別会計から分離し、新たに特別会計を設置しようとするものであります。

 議案第32号の南砺市企業立地の促進等による地域における産業集積の形成及び活性化に関する法律の施行に伴う固定資産税の課税免除に関する条例の一部改正につきましては、富山県企業立地促進計画の変更に伴い、固定資産税の課税免除の適用となる指定業種の追加及び適用となる土地、家屋等の取得価格要件の変更を行おうとするものであります。

 議案第33号の南砺市積立基金条例の一部改正につきましては、国民宿舎事業特別会計の廃止に伴い国民宿舎事業基金を廃止するとともに、地域活性化等に資する事業に充てる資金を積み立てるため、地域活性化・生活対策基金を設置しようとするものであります。

 議案第34号の南砺市利賀芸術公園条例の一部改正につきましては、富山県利賀芸術公園の指定管理期間の変更に準じて、指定管理期間を3年から5年に変更するものであります。

 議案第35号の南砺市ひとり親家庭等医療費助成条例の一部改正につきましては、児童福祉法の改正に伴い、規定の整備を行うものであります。

 議案第36号の南砺市デイサービスセンター条例の一部改正につきましては、指定管理者制度を導入する他の条例と規定の仕方を統一するものであります。

 議案第37号の南砺市斎場等条例の一部改正につきましては、福光斎場の4月1日の供用開始に当たり、名称の変更、使用料の改定などを行おうとするものであります。

 議案第38号の南砺市桜ヶ池自然活用施設条例の一部改正から議案第40号の南砺市利賀農山村滞在型交流施設条例の一部改正までにつきましては、指定管理者制度の施設について、市長が直接管理する場合の規定を追加するものであります。

 議案第41号の南砺市企業立地振興条例の一部改正につきましては、統計法の改正に伴い規定の整備を行うとともに、中小企業に対する雇用要件の緩和を図ろうとするものであります。

 議案第42号の南砺市国民宿舎条例の一部改正につきましては、近隣施設及び類似施設の利用料金に合わせて、利用料金の最高額を改定しようとするものであります。

 議案第43号の南砺市五箇山和紙の里条例の一部改正につきましては、たいら楮畑管理棟を指定管理者制度に移行するとともに、施設設置条例として不足している規定の整備を行おうとするものであります。

 議案第44号の南砺市都市公園条例の一部改正につきましては、小矢部川の改修時に整備した区域を小矢部川公園に追加するとともに、水害により復旧不能となった小矢部川公園分区園を廃止し、その使用料の規定を削除しようとするものであります。

 議案第45号の南砺市下水道条例の一部改正につきましては、下水道処理区域内における特定事業場から公共下水道へ排除される下水の水質をより適正に確保するため、新たに、アンモニア性窒素等に係る排除基準を設定しようとするものであります。

 議案第46号の南砺市ホームヘルパー派遣事業実施条例の廃止につきましては、要介護者に対しては介護保険法を、障害者に対しては自立支援法を適用して訪問介護を実施することから、この条例を廃止するものであります。

 議案第47号の南砺市公共残土処理場条例の廃止につきましては、公共残土処理を民間主導型の運営に切り替えようとするものであります。

 議案第48号の字の区域の廃止につきましては、県営中山間地域総合整備事業南砺地区法林寺換地区の換地変更調書のとおり手続きを行うものであります。

 議案第49号の辺地総合整備計画の策定につきましては、辺地5地域に係る総合整備計画の策定について、辺地に係る公共的施設の総合整備のための財政上の特別措置等に関する法律の規定により議会の議決を求めるものであります。

 議案第50号の過疎地域自立促進計画の変更につきましては、過疎地域自立促進特別措置法の規定により議会の議決を求めるものであります。

 議案第51号の市道路線の認定及び議案第52号の市道路線の廃止につきましては、道路整備等により、市道路線の認定及び廃止を行おうとするものであります。

 議案第53号から議案第84号までは、113の公の施設の指定管理者の指定について、地方自治法の規定により議会の議決を求めるものであります。

 承認第1号は、平成20年度補正予算に係るもの2件について、地方自治法第179条第1項の規定により専決処分をいたしましたので、同条第3項の規定によりこれを報告し、承認を求めるものであります。

 専決第1号は、一般会計補正予算(第7号)であり、いなみ交流館「ラフォーレ」及び城端プールを直営とした経費を緊急に予算化し、また、専決第2号は、一般会計補正予算(第8号)であり、除雪経費の不足分を予算化したものであります。

 以上、平成21年度における市政運営の基本方針及び本定例会に提案いたしました議案について提案理由を説明申し上げましたが、何卒、慎重ご審議のうえ、適切な議決を賜りますようお願い申し上げます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△休会について



○議長(水木猛議員) 次にお諮りいたします。議案調査のため、3月2日から6日までの5日間を休会といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(水木猛議員) ご異議なしと認めます。

 よって、そのように決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会



○議長(水木猛議員) 以上で本日の日程は終了いたしました。

 次回の本会議は、3月9日午前10時に再開し、市政一般に対する質問並びに提出議案に対する質疑を行います。

 本日はこれをもって散会いたします。

 お疲れさまでした。



△散会 午前10時38分