議事ロックス -地方議会議事録検索-


富山県 南砺市

平成20年 12月 定例会(第8回) 12月05日−01号




平成20年 12月 定例会(第8回) − 12月05日−01号







平成20年 12月 定例会(第8回)



南砺市告示第138号

          南砺市議会12月定例会の招集について

 地方自治法(昭和22年法律第67号)第101条第1項の規定により、平成20年第8回南砺市議会12月定例会を、次のとおり招集する。

 平成20年11月28日

                            南砺市長 田中幹夫

                    記

          1 期日   平成20年12月5日(金)

          2 場所   南砺市役所福光庁舎 議場

議事日程(第1号)

                   平成20年12月5日(金)午前10時開会

日程第1 会議録署名議員の指名

日程第2 会期決定の件

日程第3 議案第96号 平成20年度南砺市一般会計補正予算(第6号)

     議案第97号 平成20年度南砺市温泉事業特別会計補正予算(第3号)

     議案第98号 平成20年度南砺市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)

     議案第99号 平成20年度南砺市老人保健医療事業特別会計補正予算(第2号)

     議案第100号 平成20年度南砺市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第1号)

     議案第101号 平成20年度南砺市介護事業特別会計補正予算(第1号)

     議案第102号 平成20年度南砺市国民宿舎事業特別会計補正予算(第1号)

     議案第103号 平成20年度南砺市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)

     議案第104号 平成20年度南砺市水道事業会計補正予算(第2号)

     議案第105号 平成20年度南砺市下水道事業会計補正予算(第1号)

     議案第106号 南砺市特別会計条例の一部改正について

     議案第107号 南砺市過疎地域自立促進特別措置法の施行に伴う固定資産税の課税免除に関する条例の一部改正について

     議案第108号 南砺市立学校設置条例の一部改正について

     議案第109号 南砺市学校教育施設使用条例の一部改正について

     議案第110号 南砺市国民健康保険条例の一部改正について

     議案第111号 南砺市病院事業使用料及び手数料条例の一部改正について

     議案第112号 字の区域の変更及び廃止について

     議案第113号 字の区域の廃止について

     議案第114号 辺地総合整備計画の変更について

     議案第115号 市道路線の認定について

     議案第116号 市道路線の廃止について

     議案第117号 訴えの提起について

     議案第118号 南砺市城端老人福祉センター「美山荘」及び南砺市福光福祉の家の指定管理者の指定について

     議案第119号 南砺市城端老人福祉センター「美山荘別館」の指定管理者の指定について

     議案第120号 南砺市特別養護老人ホーム及び南砺市デイサービスセンターの指定管理者の指定について

     議案第121号 南砺市福野シルバーワークプラザ及び南砺市福野高齢者共同作業センターの指定管理者の指定について

     議案第122号 南砺市城端介護研修センターの指定管理者の指定について

     議案第123号 南砺市高瀬コミュニティ施設の指定管理者の指定について

     議案第124号 南砺市利賀特産品等直売施設の指定管理者の指定について

     議案第125号 南砺市利賀農業拠点施設の指定管理者の指定について

     議案第126号 南砺市利賀高齢農業者生きがい農園等管理施設の指定管理者の指定について

     議案第127号 南砺市つくばね森林公園の指定管理者の指定について

     議案第128号 南砺市福光林業総合センターの指定管理者の指定について

     議案第129号 南砺市利賀林業者宿泊研修施設の指定管理者の指定について

     議案第130号 南砺市利賀ふるさとの森林の指定管理者の指定について

     議案第131号 南砺市起業家支援センターの指定管理者の指定について

     議案第132号 南砺市福光会館及び南砺市街中にぎわい弐号館の指定管理者の指定について

     議案第133号 南砺市井波物産展示館の指定管理者の指定について

     議案第134号 南砺市井波彫刻総合会館及び南砺市都市公園(井波芸術の森)の指定管理者の指定について

     議案第135号 南砺市井波彫刻伝統産業会館の指定管理者の指定について

     議案第136号 南砺市城端織物会館の指定管理者の指定について

     議案第137号 南砺市五箇山和紙の里の指定管理者の指定について

     議案第138号 南砺市井波商業観光拠点施設の指定管理者の指定について

     承認第5号 専決処分の承認を求めることについて

     報告第7号 専決処分の報告について

     同意第3号 南砺市監査委員の選任について

     同意第4号 南砺市公平委員会委員の選任について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

 議事日程に同じ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(30人)

      1番  河合常晴議員        2番  赤池伸彦議員

      3番  水口秀治議員        4番  脊戸川義之議員

      5番  小西正信議員        6番  山本勝徳議員

      7番  助田幸雄議員        8番  長井久美子議員

      9番  水上成雄議員       10番  榊 祐人議員

     11番  中島 満議員       12番  山瀬悦朗議員

     13番  齊藤光一議員       14番  向川静孝議員

     15番  池田庄平議員       16番  高田龍司郎議員

     17番  川辺邦明議員       18番  山田 勉議員

     19番  岩崎 誠議員       20番  石崎俊彦議員

     21番  前田美好議員       22番  才川昌一議員

     23番  蓮沼晃一議員       24番  浅田裕二議員

     25番  片岸 博議員       26番  西井秀治議員

     27番  香川俊光議員       28番  水木 猛議員

     29番  城岸一明議員       30番  且見公順議員

欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

説明のため出席した者

 市長       田中幹夫      教育長      梧桐角也

 教育委員長    蓑口勝美      代表監査委員   伊東 浩

 医療局管理者   倉知 圓      市長政策室長   平本和雄

 総務部長

          大家信二      民生部長     石村悦朗

 会計管理者

                    産業経済部長

 医療局長     三谷直樹               細川 哲

                    建設部長

 市長政策室次長  大浦章一      総務部次長    下田正佳

 総務部次長    上坂吉明      教育次長     仲筋武智

 民生部次長    山畔勝博      産業経済部次長  松田泰彦

 産業経済部次長  長谷川正昭     建設部次長    加藤信行

 建設部次長    西坂英嗣

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

職務のため出席した事務局職員

                    局長補佐

 事務局長     奥野伸一               中嶋真知子

                    議事調査係長

 議事調査係主任  溝口早苗

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開会 午前10時00分



△開会及び開議の宣告



○議長(水木猛議員) ただいまから平成20年第8回南砺市議会12月定例会を開会いたします。

 本日の会議を開きます。

 議事日程はお手元に配付のとおりであります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名



○議長(水木猛議員) これより、日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議規則第81条の規定により、会期中の会議録署名議員に4番脊戸川義之議員、5番小西正信議員、6番山本勝徳議員を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会期の決定



○議長(水木猛議員) 次に、日程第2、会期決定の件を議題といたします。

 お諮りいたします。本定例会の会期は、本日から12月24日までの20日間といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(水木猛議員) ご異議なしと認めます。

 よって、会期は20日間と決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第96号から議案第138号及び承認第5号から同意第4号の上程、説明



○議長(水木猛議員) 次に、日程第3、議案第96号 平成20年度南砺市一般会計補正予算(第6号)から議案第138号 南砺市井波商業観光拠点施設の指定管理者の指定についてまで、及び承認第5号 専決処分の承認を求めることについてから同意第4号 南砺市公平委員会委員の選任についてまで、以上47案件を一括議題といたします。

 市長から提案理由の説明を求めます。

 田中市長。

   〔田中幹夫市長登壇〕



◎市長(田中幹夫) 本日ここに、12月定例会を開催いたしましたところ、議員各位には年末何かとご多忙の折にもかかわらずご出席を賜り、厚くお礼申し上げます。

 先日の臨時会において、議長、副議長の選挙をはじめ、各委員会の構成、組合議会議員の選挙などを無事終えられまして、まことにおめでとうございます。

 定例会の開会にあたり、市民の代表である議員各位を前に、私の市長就任後初めて市政運営の所信の一端を申し述べる機会をいただきますことは誠に光栄であります。

 私は、11月16日に行われました南砺市長選挙におきまして、市民の皆様の市政運営に対する変化への期待を込めた熱いご支援をいただき、市政を担当させていただくこととなりました。大好きなふるさと「南砺市」のために働ける喜びと幸せを感じるとともに、5万7,000人の南砺市民の暮らしを守るという重大な責務を負っていることを日々実感し、身が引き締まる思いであります。

 南砺市の現状は、減少を続ける人口、さらに速いスピードで進む少子高齢化、世界的な経済不況、不安定な国政による地方の疲弊等今日的な原因による閉塞感がありますが、これを打破することが私に対する市民の皆様のご期待であると受け止めています。

 南砺市政の先輩たる議員の皆様とは、行政、議会とそれぞれの責任を果たす中で、市民の方々に開かれた場所で建設的な意見を交換し、共に衆知を集め、力を合わせて、南砺市を一層輝かしい都市にしていくために、全身全霊を傾けていく覚悟でございます。何とぞ皆様方のご協力をお願いいたします。

 私は、「南砺」が大好きであります。

 山々に抱かれ、明瞭な四季が織りなす自然の美しさは、何物にも代え難い貴重な財産であります。

 また、世界遺産合掌集落や五箇山民謡、夜高祭りや曳山祭り、各地での獅子舞等の伝統芸能や文化、さらに世界の舞台芸術の場、世界の音楽の場があります。さらに、木彫や和紙といった伝統工芸が盛んであります。

 自然と人々が共生する、この素晴らしいまち「南砺」は、私にとって誇りでもあります。平成16年の4町4村の合併を成功させるかじ取りをしてこられた初代の溝口市長様に対しまして敬意を表するとともに、議員の皆様をはじめ、市政にこれまでご尽力いただいた皆様にも感謝を申し上げるところであります。

 このたびの選挙を通じて、多くの市民、企業、団体の方々のお考えを伺いました。私は合併後の4年間をしっかり検証し、市政に反映すべき意見は積極的に取り入れてまいりたいと考えております。

 私にとりまして市政運営は初めてでありますが、今後、市民が主役であること、公平公正であること、また、常に自らの責任で市政の先頭に立つことを心掛け、全身全霊を捧げて、謙虚に、真剣に、市政に取り組む決意であります。

 議員の皆様はもとより市民の皆様との対話を通じて、多くの方々の声に耳を傾け、信頼関係を構築しながら、まちづくりを進めてまいりたいと考えております。

 次に、今後の市政運営に対する方針について申し上げます。

 第一は、私自らが各方面へのトップセールスを展開するということであります。自らが南砺市の一番の営業マンとして、国内外への観光PR、農林水産物や加工物などの販路拡大、企業誘致、県や国との関係構築、市内各地での市民との対話など、トップである私自身がまずしっかりと動いてまいります。

 第二は、奉仕・サービスの徹底であります。行政の基本は、言うまでもなく奉仕・サービスです。南砺市役所が「最高のサービス業」となるよう行政を確立してまいります。

 第三は、人を生かし、衆知を集めることです。南砺市の財産は、5万7,000人の市民が持つ知恵であります。新しい自治体経営の仕組みをつくる中で市民、市職員の力が存分に発揮され、それぞれの知恵が生きるような仕組みづくりを進めてまいります。そのためにも、職員には、常に現場で市民の皆さんとしっかり対話をし、どういう思いを持っておられるのかということを意識し、現場から常に発想する現場主義を徹底させてまいります。

 第四は、徹底的に情報公開を進めることです。地方分権が進む中で、これからの南砺市も自己決定・自己責任を負わなければなりません。また、市民との協働を進める際にも「情報」は何よりも重要なものであると考えます。徹底的な情報公開とは、要求があったものについて開示するといった消極的な情報公開ではなく、行政の側から、集会、広報、ホームページ、メールマガジンなどあらゆる手段により、わかりやすい形で行政情報の提供を積極的に行っていくことだと思っております。透明性の高い市政運営を行うことにより、市民の皆様にも、市政に対してより一層関心を持っていただくとともに、更なる信頼や協力をいただき、住民の主体的な地域づくり活動に繋げてまいりたいと考えます。

 第五は、失敗を恐れず果敢に挑戦していくということであります。これからの自治体経営は、「多くの自治体がやっているからやる」ではなく、市民あるいは南砺市にとって必要なことであれば、「前例がなくてもやる」、「新しいものをつくっていく」、「提案していく」ことが求められます。良いものはどんどん取り入れ、挑戦する、行動する市役所をつくってまいります。

 南砺市には、旧4町4村の先人たちが築き、伝承されてこられました魅力ある祭りやイベント、文化がたくさんあります。将来を考えますと、私は、そんな魅力を今一度市民を挙げて価値を共有し、さらに磨き込み、真の南砺市の魅力として育て上げたいと思います。そのことから、市民の皆様に南砺市に住む自信と自慢を持っていただき、「住民満足度」「住民幸福度」をさらに上げて「このまちに生まれてきてよかった」と思うことのできる「一流の田舎」を創りたいと思うのであります。

 平成19年に策定しました南砺市の第1次総合計画を踏襲し、さらに時代にあった新しい感覚で市民ニーズに答えるべく施策を実現していくべきと考えています。

 しかしながら、昨今の社会情勢は激変の中にあります。急激に進展する少子高齢化、産業や情報のグローバル化、地球規模の環境問題などの課題により、これまでの人口増や経済の安定的な発展を前提とした社会システムを根本的に見直さなければならない時代を迎えております。地方自治体におきましても、これら社会経済構造の変化を背景に、地方分権や社会保障制度の変化への対応が迫られております。

 また、経済や雇用、教育、医療や福祉など様々な分野において地域間の格差が広がり、市民の暮らしへの不安、将来への不安はますます大きくなっております。そういった時代だからこそ、従来のやり方から新しい時代にあった市民目線の、協働の自治体経営に変革をしなくてはなりません。

 そういった中で、新たな南砺市のセカンドステージにおいては、変えるべきところは変える、直すべきところは直しながら、新しい時代に向かって勇気をもって取り組んでいかなければならないのであります。

 まず、市民と行政を繋ぐ仕組みを確立し、財政と市役所の人材の構造計算をし、さらに行財政改革を断行しなくてはなりません。また、合併の検証を行い、旧町村名の問題等にも積極的に取り組みます。

 次に、健康づくりや福祉介護事業においては、従来のやり方に加え、さらに身近な民間組織やNPO法人等を支援し、高齢者、障害者など生活弱者といわれる皆様を地域で支え合う福祉に取り組んでいきます。地域医療においても、医師会の皆様との連携、広域医療ネットワークの確立、市民の皆さんとともに医療を考える仕組みづくりなど早急に取り組んでまいりたいと思います。

 さらに、農業、商工業の元気が地域の元気となるよう更なる担い手の育成や新技術支援を行い、農業主体の地方と商工業主体の都市が交流しての農商工連携などを積極的に展開してまいります。

 7月28日に発生したゲリラ的集中豪雨災害に対しましては、計画的に復旧を進めるとともに、その教訓を生かして安心安全のまちづくりを進めていきます。

 また、富山県内のみならず近隣市町村との広域連携により、人口を減らさない施策、観光客の準市民化を図る仕組み等を確立するなど、交流人口を増やす施策にも積極的に取り組んでまいります。

 南砺市の健全な子供たちを育成するために、教育環境の充実、育児・保育環境の充実等はさらに進めてまいります。

 また、地球環境問題についても、南砺市独自の環境負荷軽減の仕組みをつくり積極的に取り組んでまいります。

 その他選挙中に市民の皆様とお約束しました施策は、予算編成や計画策定の中で、さらに対話集会等を積極的に開催し、説明し、意見をいただきながら着実に実施に向けて取り組んでまいります。

 最後になりますが、私は、この南砺市は「一流の田舎」「生まれてきてよかったまち」になる可能性は大いにあると思っています。そして、市民、企業、地域の皆様の力を信じています。5万7,000人の南砺市民の力を結集すれば、必ずやすばらしい未来が開けると信じています。私は、自らが先頭に立って、これからの新しい南砺市づくりに全力で取り組んでまいる覚悟であります。議員の皆様ならびに市民の皆様の暖かいご支援とご協力を心よりお願い申し上げまして、所信表明とさせていただきます。

 それでは、提案いたしました議案につき、提案理由とその概要を説明申し上げます。

 議案第96号から議案第105号までは、一般会計、7特別会計及び2企業会計について、補正予算を調整し、議会の議決を求めるものであります。

 今回は、人件費の調整、集中豪雨災害の復旧、補助事業の調整、原油高による燃料費の増額、緊急な修繕、年度の終盤に向けて必要となった事業などに要する経費を補正しようとするものであります。

 議案第96号の一般会計補正予算(第6号)について、補正のうち人件費の調整以外の主なものを申し上げます。

 総務費においては、アスベスト分析調査委託料326万6,000円、防災行政無線修繕工事費200万円、集中豪雨災害関連超過勤務手当6,887万3,000円、他市からの派遣職員の給与費等負担金3,023万円、税還付金1,500万円などを計上いたしました。

 民生費では、市社会福祉協議会補助金2,300千円、原油高による経費332万円、老人保健医療事務費255万7,000円、障害者自立支援給付事業費6,126万4,000円、出生祝い金154万円、所得判定システム改修委託料176万4,000円、保育園臨時職員賃金等1,172万6,000円などを計上いたしました。

 衛生費では、原油高による経費160万円などを計上いたしました。

 農林水産業費では、ささら館管理費222万円、集中豪雨災害土地改良区施行事業補助金6,450万円、原油高による経費23万円などを計上いたしました。

 商工費では、がんばる商店街支援事業補助金255万円、県大雨災害対策特別融資利子補給金300万円、原油高による経費543万円、国民宿舎事業特別会計を廃止し一般会計へ移行したことに伴い五箇山荘改修経費2億6,011万9,000円などを計上いたしました。

 土木費では、アスベスト除去事業補助金1,719万9,000円などを計上いたしました。

 消防費では、消防専用配管工事費171万5,000円などを計上いたしました。

 教育費では、原油高による経費1,531万円、小学校光熱水費550万円、福光西部小学校、平・上平中学校移転経費495万6,000円、市施設使用料320万円、スポーツ大会派遣補助金150万円などを計上いたしました。

 公債費では、老健なんと貸付金の繰上償還に対応するため、償還元金3,077万2,000円を計上いたしました。

 諸支出金では、電源立地交付金基金積立金100万円を計上いたしました。

 これら補正予算の財源は、国庫支出金、県支出金、諸収入、市債などをもって充当することとしておりますが、同時に法人住民税法人税割の減額を余儀なくされているところであります。

 今回の補正総額は5億4,387万9,000円となり、この結果、平成20年度一般会計予算の累計額は392億554万1,000円となります。

 議案第97号は、温泉事業特別会計補正予算(第3号)についてであります。温泉施設の指定管理料について原油高による経費増の補填額988万円、クアガーデンのRDFボイラー施設修繕費114万5,000円を補正するものであり、予算の累計額は2億4,011万1,000円となります。

 議案第98号は、国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)についてであります。事業勘定において、負担金、交付金などの過年度精算金7,319万7,000円などを計上するとともに、医療制度の改革に伴う変動について中間調整を行いました。この結果、補正総額は5億2,630万円の減額となり、事業勘定の予算の累計額は55億1,000万円となります。

 議案第99号は、老人保健医療事業特別会計補正予算(第2号)についてであります。医療制度の改革に伴う変動について、決算見込みにもとづく調整を行いました。この結果、補正総額は9,368万8,000円の減額となり、予算の累計額は6億6,434万2,000円となります。

 議案第100号は、後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第1号)についてであります。制度の変更に伴うシステムの改修委託料1,263万8,000円、制度円滑導入事業補助金精算金469万6,000円などを計上するとともに、広域連合納付額が決定しましたので、医療保険料納付金1億2,238万4,000円を減額するものであり、予算の累計額は11億8,946万1,000円となります。

 議案第101号は、介護事業特別会計補正予算(第1号)についてであります。デイサービスセンターの原油高による経費170万円、デイサービスセンターの職員に係る経費217万1,000円などを補正するものであり、予算の累計額は4億5,966万8,000円となります。

 議案第102号は、国民宿舎事業特別会計補正予算(第1号)についてであります。特別会計を廃止することから、営業経費については8月31日までの営業に係る分までの決算とし、改修工事に係る事業費につきましては減額し、一般会計において改めて計上するものであります。この結果、補正総額は3億1,051万5,000円の減額となり、予算の累計額は67,285千円となります。

 議案第103号は、簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)についてであります。水質検査委託料244万5,000円、災害復旧工事費171万円などを計上するものであり、予算の累計額は4億2,757万2,000円となります。

 議案第104号は、水道事業会計補正予算(第2号)についてであります。収益的支出について、水質検査委託料248万8,000円、給与費23万5,000円を増額するとともに、資本的支出について、給与費51万7,000円を減額するものであります。

 議案第105号は、下水道事業会計補正予算(第1号)についてであります。収益的支出について、原油高による経費40万円を増額し、給与費367万6,000円を減額するとともに、資本的支出について、企業債償還元金1,129万円を増額し、管渠整備費を事業間調整の上4,770万円、個別合併浄化槽整備費を1,200万円減額するものであります。

 議案第106号以下は予算以外の議案であります。

 まず、議案第106号の南砺市特別会計条例の一部改正につきましては、補正予算のところでも触れましたが、国民宿舎五箇山荘が現在改修工事中であり、また、平成21年4月からは指定管理者制度に移行することから、国民宿舎事業特別会計を廃止しようとするものであります。

 議案第107号の南砺市過疎地域自立促進特別措置法の施行に伴う固定資産税の課税免除に関する条例の一部改正につきましては、課税免除の地域に関する規定をより適正なものにするものであります。

 議案第108号の南砺市立学校設置条例の一部改正及び議案第109号の南砺市学校教育施設使用条例の一部改正につきましては、平成21年4月1日から、福光中部小学校と福光西部小学校を、平中学校と上平中学校をそれぞれ統合することに伴い、所要の改正を行うものであります。

 議案第110号の南砺市国民健康保険条例の一部改正及び議案第111号の南砺市病院事業使用料及び手数料条例の一部改正につきましては、平成21年1月1日の産科医療補償制度の創設を踏まえて、出産育児一時金を3万円を限度として加算し、分娩料を3万円増額改定しようとするものであります。

 議案第112号及び議案第113号は、字の区域の変更及び廃止について、それぞれ土地改良事業の換地変更調書のとおり手続きを行うものであります。

 議案第114号の辺地総合整備計画の変更につきましては、辺地に係る公共的施設の総合整備のための財政上の特別措置等に関する法律の規定により議会の議決を求めるものであります。

 議案第115号の市道路線の認定及び第116号の市道路線の廃止につきましては、道路整備、宅地造成の開発行為等により、市道路線の認定及び廃止を行おうとするものであります。

 議案第117号の訴えの提起につきましては、市営荒田町団地に不法入居する者に対して市営住宅明け渡し等の訴えを提起することについて、地方自治法第96条第1項第12号の規定により議会の議決を求めるものであります。

 議案第118号から議案第138号までは、平成21年3月31日に指定期間が終了する公の施設のうち、引き続き同一指定管理者が管理することについて協議が整いました33の公の施設の指定管理者の指定について、地方自治法の規定により議会の議決を求めるものであります。

 承認第5号は、3件の専決処分について議会の承認を求めるものであります。専決第24号から専決第26号まで、いずれも、砺波森林組合、利賀村森林組合などが合併し、富山県西部森林組合となったことに伴い指定管理者を変更したものであります。

 報告第7号は、100万円以内の損害賠償に係る損害賠償額の決定及び和解について専決を行いましたので、地方自治法第180条第2項の規定により、これを報告するものであります。

 同意第3号は、監査委員の選任について同意を求めるものであります。行政について豊かな経験と優れた見識をお持ちの香川俊光氏を選任いたしたいと思います。

 同意第4号は、公平委員会委員の選任についてであります。人格高潔にして、人事行政に高い見識をお持ちの柴田壽和氏を選任いたしたく、議会の同意を求めるものであります。

 以上、本定例会に提出いたしました議案について提案理由を説明いたしましたが、慎重ご審議の上、適切な議決を賜りますようお願い申し上げます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△同意第3号及び同意第4号の採決



○議長(水木猛議員) 次にお諮りいたします。ただいま議題となっております同意第3号及び同意第4号については、この際、直ちに採決いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(水木猛議員) ご異議なしと認めます。

 よって、そのように決定いたしました。

 これより採決いたします。

   〔香川俊光議員退場〕

 同意第3号 南砺市監査委員の選任についてを採決いたします。

 本案は、原案のとおり同意することに賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○議長(水木猛議員) 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり同意することに決しました。

   〔香川俊光議員入場〕

 次に、同意第4号 南砺市公平委員会委員の選任についてを採決いたします。

 本案は、原案のとおり同意することに賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○議長(水木猛議員) 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり同意することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△休会について



○議長(水木猛議員) 次にお諮りいたします。議案調査のため、12月8日から11日までの4日間を休会といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(水木猛議員) ご異議なしと認めます。

 よって、そのように決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会



○議長(水木猛議員) 以上で本日の日程は終了いたしました。

 次回の本会議は、12月12日午前10時に再開し、市政一般に対する質問並びに提出議案に対する質疑を行います。

 本日はこれをもって散会いたします。

 お疲れさまでした。



△散会 午前10時31分