議事ロックス -地方議会議事録検索-


富山県 南砺市

平成20年 12月 臨時会(第7回) 12月01日−01号




平成20年 12月 臨時会(第7回) − 12月01日−01号







平成20年 12月 臨時会(第7回)



南砺市告示第137号

          南砺市議会12月臨時会の招集について

 地方自治法(昭和22年法律第67号)第101条第1項の規定により、平成20年第7回南砺市議会12月臨時会を、次のとおり招集する。

 平成20年11月28日

                            南砺市長 田中幹夫

                    記

        1 期日   平成20年12月1日(月)

        2 場所   南砺市役所福光庁舎 議場

        3 付議案件

          南砺市議会議長の選挙について

          南砺市議会副議長の選挙について

          議員提出議案第8号 南砺市議会委員会条例の一部改正について

          南砺市議会常任委員会委員選任の件

          南砺市議会運営委員会委員選任の件

          南砺市議会広報特別委員会の設置及び委員選任の件

          砺波広域圏事務組合議会議員の選挙について

          砺波地方衛生施設組合議会議員の選挙について

          砺波地方介護保険組合議会議員の選挙について

          富山県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙について

議事日程(第1号)

                    平成20年12月1日(月)午後2時開会

日程第1 議長の選挙

日程第2 議席の指定

日程第3 会議録署名議員の指名

日程第4 会期決定の件

日程第5 副議長の選挙

日程第6 議員提出議案第8号 南砺市議会委員会条例の一部改正について

日程第7 常任委員選任の件

日程第8 議会運営委員選任の件

日程第9 広報特別委員会の設置及び委員選任の件

日程第10 砺波広域圏事務組合議会議員の選挙

      砺波地方衛生施設組合議会議員の選挙

      砺波地方介護保険組合議会議員の選挙

      富山県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

 議事日程に同じ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(29人)

      1番  河合常晴議員        2番  赤池伸彦議員

      3番  水口秀治議員        5番  小西正信議員

      6番  山本勝徳議員        7番  助田幸雄議員

      8番  長井久美子議員       9番  水上成雄議員

     10番  榊 祐人議員       11番  中島 満議員

     12番  山瀬悦朗議員       13番  齊藤光一議員

     14番  向川静孝議員       15番  池田庄平議員

     16番  高田龍司郎議員      17番  川辺邦明議員

     18番  山田 勉議員       19番  岩崎 誠議員

     20番  石崎俊彦議員       21番  前田美好議員

     22番  才川昌一議員       23番  蓮沼晃一議員

     24番  浅田裕二議員       25番  片岸 博議員

     26番  西井秀治議員       27番  香川俊光議員

     28番  水木 猛議員       29番  城岸一明議員

     30番  且見公順議員

欠席議員(1人)

      4番  脊戸川義之議員

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

説明のため出席した者

 市長       田中幹夫      教育長      梧桐角也

 教育委員長    蓑口勝美      代表監査委員   伊東 浩

 医療局管理者   倉知 圓      市長政策室長   平本和雄

 総務部長

          大家信二      民生部長     石村悦朗

 会計管理者

                    産業経済部長

 医療局長     三谷直樹               細川 哲

                    建設部長

 市長政策室次長  大浦章一      総務部次長    下田正佳

 総務部次長    上坂吉明      教育次長     仲筋武智

 民生部次長    池田祐昇      民生部次長    山畔勝博

 産業経済部次長  松田泰彦      産業経済部次長  長谷川正昭

 建設部次長    加藤信行      建設部次長    西坂英嗣

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

職務のため出席した事務局職員

                    局長補佐

 事務局長     奥野伸一               中嶋真知子

                    議事調査係長

 議事調査係主任  溝口早苗

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△臨時議長あいさつ



◎議会事務局長(奥野伸一) 臨時会の開会に先立ち、ご説明申し上げます。

 本日は、一般選挙後最初の議会であります。議長が選挙されるまでの間、地方自治法第107条の規定により、出席議員中の年長議員が臨時議長の職務を行うことになっております。

 出席議員中、水上成雄議員が年長議員でありますので、ご紹介申し上げます。

 水上成雄議員、議長席へお願いいたします。

   〔水上成雄議員、議長席に着く〕



○臨時議長(水上成雄議員) ただいまご紹介いただきました水上成雄でございます。

 地方自治法第107条の規定により、臨時議長の職務を行います。もとより、議長選挙までの限られた時間ではありますが、議員各位のご協力によりまして、無事任務を果たしてまいりたいと存じますので、何とぞ格段のご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 開会前にご報告いたします。本日の会議には、脊戸川義之議員は、忌引のため欠席通告がありましたのでご報告いたします。

 なお、本日は報道各社が取材をいたしますので、ご承知おき願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開会 午後2時00分



△開会及び開議の宣告



○臨時議長(水上成雄議員) ただいまから平成20年第7回南砺市議会12月臨時会を開会いたします。

 本日の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△仮議席の指定



○臨時議長(水上成雄議員) 議事の進行上、仮議席の指定をいたします。

 仮議席は、ただいまご着席の議席と指定いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△市長あいさつ



○臨時議長(水上成雄議員) 議事日程は、お手元に配付のとおりであります。

 日程に入ります前に、田中市長からあいさつの申し出がありますので、これを許します。

 田中市長。

   〔田中幹夫市長登壇〕



◎市長(田中幹夫) 一言ごあいさつを申し上げます。

 最初に、このたびの南砺市議会議員選挙において激戦の中を勝ち抜かれ、見事に当選されました皆様方に心からお祝いを申し上げます。合併から二期目の市議会議員として今後のご活躍を祈念申し上げる次第でございます。

 また、溝口初代市長さんをはじめ、創世期にご尽力賜りました議員の皆様方、職員の皆様方に心より敬意を表し、感謝申し上げる次第でございます。

 このたび、議会の組織など緊急にご審議を願いたい事案が生じており、ここに臨時会を招集いたしましたところ、議員各位には何かとご多忙の折にもかかわらずご出席を賜り厚く御礼を申し上げます。

 4年前に4町4村が合併して誕生した南砺市は、各地域の先人たちが築き上げてきた伝統文化や伝統芸能、そして緑豊かな自然があり、信仰心厚い人が住む「一流の田舎」であります。その魅力をさらに市民挙げて認め合い、磨きこみ、さらに大きな魅力として国内外に発信をしていきたい。そして、そこに住む市民が誇りを持って安心して住むことのできるように、さらに行政と市民の叡智を結集してまちづくりを進めなければなりません。市長と議会と市民の皆様と行政が4輪駆動車のごとく進むべきであります。

 私も、先の市長選挙において市政の運営に携わる機会を与えていただきました。たいへん厳しい時代ではございますが、南砺市のセカンドステージ、ともに力をあわせて、がんばってまいりたいと思っております。どうかよろしくお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議長の選挙



○臨時議長(水上成雄議員) 日程第1、議長の選挙を行います。

 選挙は、投票で行います。

 議場の閉鎖を命じます。

   〔議場閉鎖〕



○臨時議長(水上成雄議員) ただいまの出席議員は、29人であります。

 会議規則第31条第2項の規定により、開票立会人に、1番河合常晴夫議員、2番赤池伸彦議員を指名いたします。

 投票用紙を配ります。

   〔投票用紙配付〕



○臨時議長(水上成雄議員) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

   〔「なし」と言う人あり〕



○臨時議長(水上成雄議員) 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を点検いたします。

   〔投票箱点検〕



○臨時議長(水上成雄議員) 異状なしと認めます。

 ただいまから投票を行います。

 事務局長が議席番号と氏名を呼び上げますので、順番に投票願います。

   〔議会事務局長点呼・投票〕



○臨時議長(水上成雄議員) 投票漏れはありませんか。

   〔「なし」と言う人あり〕



○臨時議長(水上成雄議員) 投票漏れなしと認めます。投票を終わります。

 開票を行います。

 河合常晴議員、赤池伸彦議員、開票の立ち会いをお願いします。

   〔開票〕



○臨時議長(水上成雄議員) 選挙の結果を報告いたします。

  投票総数 29票

  有効投票 27票

  無効投票  2票

  有効投票中、水木猛議員 27票

 以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は6.75票であります。よって、水木猛議員が議長に当選されました。(拍手)

 議場の閉鎖を解きます。

   〔議場開鎖〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議長就任あいさつ



○臨時議長(水上成雄議員) ただいま議長に当選された水木猛議員に、本席から会議規則第32条第2項の規定により告知をいたします。

 水木猛議員。

   〔28番 水木 猛議員登壇〕



◆28番(水木猛議員) 一言、議長就任のごあいさつを申し上げます。

 このたび、議員改選後の議会構成に当たり、不肖私が議長選挙において、大方のご指示を得て当選人となりましたことは、私自身にとりまして限りない光栄に存じますとともに、その責任の重さをひしひしと感じる次第でございます。

 議長の職務につきましては、今さら申し上げるつもりはございませんが、議場の秩序維持、議事の整理など議会の代表として円滑に運営し、成し遂げていくには、いかに有能な人材であっても、議長一人の力をもってしては不可能であることを自覚いたしております。議長の職務を十分に果たすには、議員各位のご支持とご協力をいただかねばなりません。そのためにも、私としては、議長としての職務を行うに際しては、中立公正を最終の目的として対処する所存であります。

 幸いにして本議会は、歴代の議長、議員各位によって守られてきたよき伝統で運営されてまいりました。私も、このよき伝統、尊重すべき先例を重視するよう最大の努力をすることをお誓いし、重ねて議員各位のご支持とご協力をお願いして、粗辞ではございますが、議長就任のごあいさつといたします。

 どうかよろしくお願いいたします。(拍手)



○臨時議長(水上成雄議員) ただいま水木猛議員から議長当選の承諾がありましたので、議長に決定いたしました。

 以上をもちまして、臨時議長の職務をすべて終了いたしました。

 水木議長、議長席にお着き願います。

 ご協力ありがとうございました。

   〔臨時議長退席、議長着席〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議席の指定



○議長(水木猛議員) それでは、日程により順次議事を進めます。

 日程第2、議席の指定をいたします。

 議席は、会議規則第4条第1項の規定により、さきほど臨時議長において指定されました仮議席を議席と決定いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名



○議長(水木猛議員) 次に、日程第3、会議録署名議員の指名を行います。

 会議規則第81条の規定により、会期中の会議録署名議員に、1番河合常晴議員、2番赤池伸彦議員、3番水口秀治議員を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会期の決定



○議長(水木猛議員) 次に、日程第4、会期の決定の件を議題といたします。

 お諮りいたします。本臨時会の会期は、本日1日間といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(水木猛議員) ご異議なしと認めます。

 よって、会期は1日間と決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△副議長の選挙について



○議長(水木猛議員) 日程第5、副議長の選挙を行います。

 選挙は、投票で行います。

 議場の閉鎖を命じます。

   〔議場閉鎖〕



○議長(水木猛議員) ただいまの出席議員は、29人であります。

 会議規則第31条第2項の規定により、開票立会人に、3番水口秀治議員、5番小西正信議員を指名いたします。

 投票用紙を配ります。

   〔投票用紙配付〕



○議長(水木猛議員) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

   〔「なし」と言う人あり〕



○議長(水木猛議員) 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を点検いたします。

   〔投票箱点検〕



○議長(水木猛議員) 異状なしと認めます。

 ただいまから投票を行います。

 事務局長が議席番号と指名を呼び上げますので、順番に投票願います。

   〔事務局長点呼・投票〕



○議長(水木猛議員) 投票漏れはありませんか。

   〔「なし」と言う人あり〕



○議長(水木猛議員) 投票漏れなしと認めます。投票を終わります。

 開票を行います。

 水口秀治議員、小西正信議員、開票の立ち会いをお願いいたします。

   〔開票〕



○議長(水木猛議員) 選挙の結果を報告いたします。

  投票総数 29票

  有効投票 29票

  無効投票 なし

  有効投票中、西井秀治議員 27票

        香川俊光議員  1票

        中島 満議員  1票

 以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は7.25票であります。したがって、西井秀治議員が副議長に当選されました。

 議場の閉鎖を解きます。

   〔議場開鎖〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△副議長就任あいさつ



○議長(水木猛議員) ただいま副議長に当選された西井秀治議員に、本席から会議規則第32条第2項の規定により告知をいたします。

 西井秀治議員より副議長当選承諾のあいさつがあります。

   〔26番 西井秀治議員登壇〕



◆26番(西井秀治議員) ただいまは、南砺市議会副議長にご推挙、ご指名をいただきまして誠にありがとうございました。4町4村が合併した南砺市も5年目に入り、いよいよ正念場に入ろうとしております。明治天皇は、五箇条の御誓文の第1条で「広く会議を興し、万機公論に決すべし。」、物事は皆で話し合って決めようと誓っておられます。私も、議員各位のご指導、ご鞭撻を仰ぎながら、水木議長の補佐役として、市政の発展と市民生活向上のために全力を尽くす決意であります。何卒、皆様方のご指示、ご支援、ご協力を重ねてお願いいたしまして、簡単ながらお礼のあいさつといたします。

 どうかよろしくお願いいたします。(拍手)



○議長(水木猛議員) ただいま西井秀治議員から副議長当選の承諾がありましたので、副議長に決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議員提出議案第8号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(水木猛議員) 次に、日程第6、議員提出議案第8号 南砺市議会委員会条例の一部改正についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 片岸博議員。

   〔25番 水木 猛議員登壇〕



◆25番(片岸博議員) 議員提出議案第8号について、提案理由の説明を申し上げます。

 本案につきましては、平成20年3月議会において、南砺市議会の議員の選挙区及び各選挙区において選挙すべき議員の数に関する条例の一部改正により、選出すべき議員の数が34人から30人と改正となりました。これに伴い、各常任委員会の委員の定数をそれぞれ10人に改正するものであります。

 以上、提案理由の説明を申し上げましたが、全会一致をもって御賛同を賜りますようお願いを申し上げます。



○議長(水木猛議員) これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

   〔「なし」と言う人あり〕



○議長(水木猛議員) 質疑なしと認めます。

 お諮りいたします。本案については、会議規則第37条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(水木猛議員) ご異議なしと認めます。

 よって、そのように決定いたしました。

 次に、討論に入ります。

 討論はありませんか。

   〔「なし」と言う人あり〕



○議長(水木猛議員) 討論なしと認めます。

 これより採決をいたします。

 議員提出議案第8号 南砺市議会委員会条例の一部改正について、原案のとおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○議長(水木猛議員) 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 ただいま可決いたしました議案の公布手続きのため、しばらく休憩いたします。

 2時50分から再開いたします。



△休憩 午後2時40分

−−−−−−−−−−−−



△再開 午後2時50分



○議長(水木猛議員) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△常任委員選任の件



○議長(水木猛議員) 日程第7、常任委員会委員の選任の件を議題といたします。

 常任委員会委員の選任については、委員会条例第7条第1項の規定により、議長において指名いたします。

 お諮りいたします。

 総務文教常任委員に

 河合常晴議員  赤池伸彦議員

 小西正信議員  山本勝徳議員

 池田庄平議員  前田美好議員

 才川昌一議員  浅田裕二議員

 西井秀治議員  且見公順議員

 以上10人を、

 民生病院常任委員に

 助田幸雄議員  長井久美子議員

 榊 祐人議員  中島 満議員

 齊藤光一議員  高田龍司郎議員

 山田 勉議員  岩崎 誠議員

 片岸 博議員  水木 猛

 以上10人を、

 産業建設常任委員に

 水口秀治議員  脊戸川義之議員

 水上成雄議員  山瀬悦朗議員

 向川静孝議員  川辺邦明議員

 石崎俊彦議員  蓮沼晃一議員

 香川俊光議員  城岸一明議員

 以上10人を、それぞれ選任いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(水木猛議員) ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名のとおり、それぞれの常任委員に選任することに決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議会運営委員選任の件



○議長(水木猛議員) 次に、日程第8、議会運営委員の選任の件を議題といたします。

 議会運営委員の選任については、委員会条例第7条第1項の規定により、議長において指名いたします。

 お諮りいたします。

 議会運営委員会委員に

 山田 勉議員  岩崎 誠議員

 石崎俊彦議員  才川昌一議員

 浅田裕二議員  片岸 博議員

 香川俊光議員  城岸一明議員

 且見公順議員

 以上9人を、それぞれ選任いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(水木猛議員) ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名のとおり、議会運営委員に選任することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△広報特別委員会の設置及び委員選任の件



○議長(水木猛議員) 次に、日程第9、広報特別委員会の設置及び委員選任の件を議題といたします。

 お諮りいたします。

 議会広報に関することについて、8人をもって構成する広報特別委員会を設置し、これに付託の上、調査することとし、その調査期間は調査が完了するまでといたしたいと思います。

 これにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(水木猛議員) ご異議なしと認めます。

 よって、そのように決定いたしました。

 次に、ただいま設置されました広報特別委員会委員の選任につきましては、委員会条例第7条第1項の規定により議長において指名いたします。

 お諮りいたします。

 広報特別委員会委員に

 河合常晴議員  赤池伸彦議員

 水口秀治議員  脊戸川義之議員

 小西正信議員  助田幸雄議員

 池田庄平議員  岩崎 誠議員

 以上8人を選任いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(水木猛議員) ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名のとおり、広報特別委員に選任することに決定いたしました。

 この際、委員会条例第8条第2項の規定により、各常任委員会、議会運営委員会及び広報特別委員会の委員長及び副委員長を互選するため、各委員会をそれぞれ招集いたします。

 暫時休憩いたします。

 3時10分から再開いたします。



△休憩 午後2時55分

−−−−−−−−−−−−



△再開 午後3時10分



○議長(水木猛議員) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△正副委員長互選結果の報告



○議長(水木猛議員) ご報告申し上げます。

 さきほど各委員会が開催され、委員長及び副委員長の互選が行われましたところ、

 総務文教常任委員会委員長に才川昌一議員

      同じく副委員長に前田美好議員

 民生病院常任委員会委員長に山田 勉議員

      同じく副委員長に高田龍司郎議員

 産業建設常任委員会委員長に石崎俊彦議員

      同じく副委員長に川辺邦明議員

 議会運営委員会委員長に片岸 博議員

      同じく副委員長に浅田裕二議員

 広報特別委員会委員長に岩崎 誠議員

      同じく副委員長に池田庄平議員

 がそれぞれ互選されましたので、ご報告をいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△砺波広域圏事務組合議会議員の選挙



△砺波地方衛生施設組合議会議員の選挙



△砺波地方介護保険組合議会議員の選挙



△富山県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙



○議長(水木猛議員) 次に、日程第10、砺波広域圏事務組合議会議員の選挙、砺波地方衛生施設組合議会議員の選挙、砺波地方介護保険組合議会議員の選挙、富山県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙、以上4件を行います。

 お諮りいたします。選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、いずれも指名推選の方法を用いたいと思います。これにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(水木猛議員) ご異議なしと認めます。

 よって、選挙は指名推選の方法を用いることに決定いたしました。

 お諮りいたします。指名の方法につきましては、議長において指名することにいたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(水木猛議員) ご異議なしと認めます。

 よって、指名の方法については議長において指名することに決定いたしました。

 砺波広域圏事務組合議会議員に

 山田 勉議員  浅田裕二議員

 片岸 博議員  水木 猛

 城岸一明議員  且見公順議員を、

 砺波地方衛生施設組合議会議員に

 田中幹夫市長  山田 勉議員

 蓮沼晃一議員  水木 猛を、

 砺波地方介護保険組合議会議員に

 池田庄平議員  岩崎 誠議員

 前田美好議員  水木 猛を、

 富山県後期高齢者医療広域連合議会議員に

 田中幹夫市長  水木 猛

 をそれぞれ指名いたします。

 お諮りいたします。ただいま議長において指名いたしました市長及び各議員を当選人と定めることにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(水木猛議員) ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました市長及び各議員がそれぞれ当選されました。

 各当選人に、本席から、会議規則第32条第2項の規定により当選の告知をいたします。

 以上で、本日の日程は終了いたしました。

 これをもって、本臨時会に付議されました案件はすべて終了いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△市長あいさつ



○議長(水木猛議員) 次に、本臨時会を閉会するに当たり、市長からあいさつがあります。

 田中市長。



◎市長(田中幹夫) 本日の臨時議会におかれまして水木議長、そして西井副議長が選出されました。心よりお祝いを申し上げる次第でございます。さらに、常任委員会の委員、そして委員長、副委員長も選任されました。心から皆様方に今後のご活躍をご期待申し上げる次第でございます。

 改めまして、さらに市当局にご指導、ご鞭撻を賜りますことを心からお願い申し上げます。

 なお、12月5日から12月定例会が開催される予定になってございます。引き続き、よろしくお願いを申し上げます。大変寒くなりますけれども、議員各位の皆様方におかれましては、健康に留意され、さらにご活躍いただきますことを心からお願い申し上げまして、本日の終了のごあいさつにかえさせていただきたいと思います。

 本日はまことにありがとうございました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会の宣言



○議長(水木猛議員) これをもって、平成20年第7回南砺市議会12月臨時会を閉会いたします。

 ご苦労さまでした。



△散会 午後3時15分

地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

 平成20年12月1日

        臨時議長      水上成雄

        議長        水木 猛

        署名議員      河合常晴

        署名議員      赤池伸彦

        署名議員      水口秀治