議事ロックス -地方議会議事録検索-


富山県 南砺市

平成20年  9月 定例会(第5回) 09月19日−04号




平成20年  9月 定例会(第5回) − 09月19日−04号







平成20年  9月 定例会(第5回)



議事日程(第4号)

                  平成20年9月19日(金)午後4時開議

日程第1 議案第77号 平成20年度南砺市一般会計補正予算(第4号)

     議案第78号 平成20年度南砺市温泉事業特別会計補正予算(第2号)

     議案第79号 平成20年度南砺市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)

     議案第80号 平成20年度南砺市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)

     議案第81号 平成20年度南砺市病院事業会計補正予算(第1号)

     議案第82号 平成20年度南砺市水道事業会計補正予算(第1号)

     議案第83号 一般社団法人及び一般財団法人に関する法律及び公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定について

     議案第84号 地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定について

     議案第85号 県営経営体育成基盤整備事業蛇喰地区の換地処分に伴う関係条例の整理に関する条例の制定について

     議案第86号 南砺市こども医療費助成に関する条例の一部改正について

     議案第87号 南砺市温泉施設条例の一部改正について

     議案第88号 南砺市都市公園条例の一部改正について

     議案第89号 南砺市簡易水道事業等の設置に関する条例の一部改正について

     議案第90号 南砺市消防団条例の一部改正について

     議案第91号 南砺市土地開発公社定款の変更について

     議案第92号 財産の取得について

     議案第93号 南砺市国民宿舎の指定管理者の指定について

     承認第3号 専決処分の承認を求めることについて

     報告第5号 健全化判断比率及び資金不足比率の報告について

     報告第6号 専決処分の報告について

     認定第1号 平成19年度南砺市一般会計歳入歳出決算認定について

     認定第2号 平成19年度南砺市バス事業特別会計歳入歳出決算認定について

     認定第3号 平成19年度南砺市公共用地取得事業特別会計歳入歳出決算認定について

     認定第4号 平成19年度南砺市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算認定について

     認定第5号 平成19年度南砺市老人保健医療事業特別会計歳入歳出決算認定について

     認定第6号 平成19年度南砺市介護福祉支援センター事業特別会計歳入歳出決算認定について

     認定第7号 平成19年度南砺市温泉事業特別会計歳入歳出決算認定について

     認定第8号 平成19年度南砺市国民宿舎事業特別会計歳入歳出決算認定について

     認定第9号 平成19年度南砺市工業用地造成事業特別会計歳入歳出決算認定について

     認定第10号 平成19年度南砺市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算認定について

     認定第11号 平成19年度南砺市病院事業会計決算認定について

     認定第12号 平成19年度南砺市水道事業会計決算認定について

     認定第13号 平成19年度南砺市下水道事業会計決算認定について

日程第2 同意第2号 南砺市公平委員会委員の選任について

日程第3 選挙第1号 南砺市選挙管理委員会委員及び補充員の選挙について

日程第4 議員提出議案第5号 道路特定財源の一般財源化に伴う地方の道路予算確保に関する意見書について

日程第5 議員提出議案第6号 新たな過疎対策法の制定に関する意見書について

日程第6 議員提出議案第7号 南砺市議会政務調査費の交付に関する条例の一部改正について

日程第7 議員派遣の件

日程第8 各常任委員会、議会運営委員会及び広報特別委員会の閉会中継続審査の件

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

 議事日程に同じ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(33人)

      1番  田中幹夫議員        2番  山瀬悦朗議員

      3番  齊藤光一議員        4番  向川静孝議員

      5番  池田庄平議員        6番  高田龍司郎議員

      7番  長尾益勇議員        8番  川辺邦明議員

      9番  堀 豊次議員       10番  生田長範議員

     11番  大島 孝議員       12番  高橋 猛議員

     13番  山田 勉議員       14番  岩崎 誠議員

     15番  石崎俊彦議員       16番  前田美好議員

     17番  才川昌一議員       18番  蓮沼晃一議員

     19番  浅田裕二議員       20番  吉田 清議員

     22番  片岸 博議員       23番  西井秀治議員

     24番  香川俊光議員       25番  中川邦宏議員

     26番  中島洋三議員       27番  水木 猛議員

     28番  中田勝治議員       29番  城岸一明議員

     30番  且見公順議員       31番  島田勝由議員

     32番  倉 一雄議員       33番  大西正隆議員

     34番  嶋 信一議員

欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

説明のため出席した者

 市長       溝口 進      副市長      清都邦夫

 収入役      山本勝徳      教育長      梧桐角也

 教育委員長    蓑口勝美      代表監査委員   伊東 浩

 医療局管理者   倉知 圓      市長政策室長   平本和雄

 総務部長     大家信二      民生部長     石村悦朗

 医療局長     三谷直樹      産業経済部長   細川 哲

 建設部長     小西正信      市長政策室次長  大浦章一

 総務部次長    下田正佳      総務部次長    上坂吉明

 教育次長     仲筋武智      民生部次長    池田祐昇

 民生部次長    山畔勝博      産業経済部次長  松田泰彦

 産業経済部次長  長谷川正昭     建設部次長    加藤信行

 建設部次長    西坂英嗣

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

職務のため出席した事務局職員

                    局長補佐

 事務局長     奥野伸一               中嶋真知子

                    議事調査係長

 議事調査係主任  溝口早苗

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議 午後4時00分



△開議の宣告



○議長(水木猛議員) 本日の会議を開きます。

 議事日程はお手元に配付のとおりであります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第77号から認定第13号までの委員長報告、質疑、討論、採決



○議長(水木猛議員) これより、日程第1、議案第77号から認定第13号まで、以上33案件を議題といたします。

 以上の案件に関し、各常任委員長並びに決算特別委員長の審査の経過並びに結果報告を求めます。

 産業建設常任委員長、浅田裕二議員。

   〔浅田裕二産業建設常任委員長登壇〕



◆産業建設常任委員長(浅田裕二議員) 平成20年9月定例会において、産業建設常任委員会における審査の経過、並びに結果についてご報告申し上げます。

 本常任委員会は、9月10日午前10時から開催し、委員全員の出席により、各議案について慎重なる審査を行いました。

 本常任委員会に付託されました議案は、議案第77号 平成20年度南砺市一般会計補正予算(第4号)の所管部分のほか、予算関係3件、条例関係4件、その他3件、合計11件であります。

 審査の結果につきましては、お手元に配布してあります委員会審査結果のとおり(末尾参照)、委員全員の一致により、いずれも原案のとおり、可決・承認すべきものと決した次第であります。

 以下、審査の過程における主な内容について、申し上げます。

 初めに、「南砺市国民宿舎の指定管理者の指定について」は、指定管理業者の選定にいたるまでの経緯について質疑がありました。

 これについては、来年4月1日から平成24年3月31日までの期間として公募を行い、6月4日に現地説明会を実施した。

 7月18日までに公募期限を設け、同月24日の指定管理者候補者選定委員会において決定をした。指定管理料についてはゼロという意向を受けているが、今後細部にわたって話し合いのうえ契約を行いたい。

 また、今月1日より本格的な改修工事に入っているが、事前宣伝・PRも指定管理の中に含んでいるため、来年4月のオープンに向けて、順調に移行できるように努めたいとの答弁がありました。

 次に、一般会計補正予算(第3号)の専決案件の審議内容について申し上げます。

 豪雨災害について、今回の計上費以外に、これからも復旧工事など追加分が発生してくるのではとの質疑に、今回の専決については、応急的なもの、災害査定に要する経費などを計上した。

 災害を被災した分の内、一部については国庫の補助対象になるが、対象箇所、率が確定していないため、全て財政調整基金から約6億6,000万円の繰入金で対処し、8月13日付けで専決をさせていただいた。

 今後、国の災害査定を受け、規模が決定次第、専決または臨時議会において対応をさせていただき、今後の定例会において最終的な補正をお願いしたいとの答弁がありました。

 以上、主な審査内容を申し上げ、産業建設常任委員長報告といたします。



○議長(水木猛議員) 民生病院常任委員長、西井秀治議員。

   〔西井秀治民生病院常任委員長登壇〕



◆民生病院常任委員長(西井秀治議員) 平成20年9月定例会民生病院常任委員長報告。

 平成20年9月定例会において、民生病院常任委員会に付託されました各議案について、審査の経過と結果についてご報告申し上げます。

 本常任委員会は、9月11日午前10時から開催し、各議案について慎重に審査を行いました。

 本委員会に付託されました議案は、議案第77号 平成20年度南砺市一般会計補正予算(第4号)の所管部分ほか、補正予算2件及び条例関係2件、その他1件、計6件であります。

 審査の結果につきましては、お手元に配布してあります委員会審査結果のとおり(末尾参照)、全議案とも全会一致をもって、いずれも原案のとおり可決・承認すべきものと決した次第であります。

 以下、審査の過程における主な審議内容について、申し上げます。

 初めに、一般会計補正予算について申し上げます。

 まず、民生費の社会福祉総務費で、富山型デイサービス施設整備補助について、南砺市にはすでに立ち上げられた施設はあるのか、またその事業内容は、との質疑がありました。これに対し、南砺市における初めての施設であり、民家を利用して家庭的な雰囲気のもと、対象者を限定せずにサービスをするもの。また、縦割りの介護・障害などを、横のつながりで行い、乳幼児から障害児、お年寄りまで、全ての人を受け入れる体制で行う。

 今回は、県の「富山型デイサービス住宅用施設整備事業」の補助を適用し、2件の施設について、県補助・市の補助それぞれ3分の1、各施設400万円の計上をしたい。

 また、このような施設が民間で推進されていくよう、市としても今後も支援をしていきたいとの答弁がありました。

 また、児童福祉総務費では、今定例会に上程の南砺市子ども医療費助成に関する条例の一部改正により、無料化の対象を小学3年生までを小学6年生までと改めたい。この改正により、来月10月から来年3月までの半年分について、扶助費の増額分を計上したいとの説明でありました。

 次に、病院事業会計補正予算について、主な審議内容について申し上げます。

 委員からは、病院事業会計の収支において、赤字決算が続く中、今回の大きな補正がなぜ必要なのかとの発言がありました。

 これに対し、南砺市の医療施設、病院・診療所・訪問看護を「みなし1病院」という形で運営を行っていく中、システムの統合化も実施してきた経緯がある。

 このような中、南砺中央病院のシステムについては、開院以来、今月末で6年間を経過し、老朽化が激しく、故障等の不具合も頻繁に生じ、保守対応も難しい状態となってきている。今回、システムの統一化という点も併せて補正対応をお願いしたい。

 この答弁に対し、先般の豪雨災害に対する予算も必要な中、市債の増高も懸念するが、との意見もありました。

 市当局からは、医療情報を統合し、一元管理することによる市民サービスの向上、経費の節減、併せて長期的な展望に立った上での導入であり、ご理解願いたい。

 また、一元化に係る時間を考えると、来年度予算での執行まで待つのは困難な状況にあり、翌年度の事業を先取りしたということとなるが、ぜひ了解を求めたいとの答弁でありました。

 以上、主な審査内容を申し上げ、民生病院常任委員長報告といたします。



○議長(水木猛議員) 総務文教常任委員長、蓮沼晃一議員。

   〔蓮沼晃一総務文教常任委員長登壇〕



◆総務文教常任委員長(蓮沼晃一議員) 平成20年9月定例会において、総務文教常任委員会に付託されました各案件について、審査の経過と結果をご報告いたします。

 本常任委員会は、9月12日午前10時から開催し、付託された議案第77号 平成20年度南砺市一般会計補正予算(第4号)の所管部分、条例関係4件、その他4件、計9件を審査いたしました。

 審査結果につきましては、お手元に配布してあります委員会審査報告のとおり(末尾参照)、全委員一致をもってそれぞれ原案のとおり可決・承認すべきものと決した次第であります。

 以下、審査の過程における主な審議内容について、申し上げます。

 初めに、一般会計補正予算について申し上げます。

 まず、総務費、災害対策費において、防災行政無線定期検査委託料について質疑がありました。

 これは、北陸総合通信局が行う2、3年に一度の検査であるが、本年度の予算要求後に、検査実施の通達があったため、今回の補正により計上を願いたい。

 この答弁に対し、委員からは、中山間地域や山岳地域が多い南砺市において、防災行政無線が聞こえにくい地域が多いのではないか。

 先般の豪雨災害時においても、予想をはるかに上回る雨量の音が障害となり、防災無線放送からの情報伝達が困難な地域もあったと見受ける。

 この定期検査の実施に併せ、今一度、中山間地域において防災無線の調査を実施し、ぜひ見直しに向けた計画を立案してもらいたいという、強い要望がありました。

 これに対し、防災無線は、防災計画に沿って放送しており、警報が2つ以上発令された時に行う、非常時における防災の案内役である。

 災害発生の前段階での放送であることから、これに、自主防災組織をより強化するなどして、複数の伝達手段を活用し、地域の防災に備えてほしい。

 また、平成28年のデジタル化の導入に並行して、調査の実施を検討したい。併せて、防災行政無線の他に、TSTを活用して情報を伝達することも一案ではないかと考えているとの答弁がありました。

 次に、同じく総務費、賦課徴収費において、eltaxの概要について質疑がありました。

 これについては、4月の地方税法の改正に伴い、来年10月より、年金から住民税の天引き、いわゆる「特別徴収」が実施されることとなった。

 この特別徴収を行うに当たっては、社団法人地方税電子化協議会が、社会保険庁と地方自治体との間に入り、データ情報を提供することとなる。

 市の基幹電算システムへ、このデータ情報を移行するために要するソフト開発費や、徴収事務運営費分担金などを、今回の補正において対応願いたい。

 また、導入に当たっては、費用に見合った開発が実施されるよう十分に精査を行いたいとの答弁もありました。

 続いて、教育費、文化財保護費において、指定文化財修繕補助金について質疑がありました。

 これに対しては、冬季の雪害により被った市の指定文化財3件について補助金交付要綱にのっとり、修繕経費の30%の補助をするもの。市の文化財指定については、文化財保護条例に基づき、文化財保護審議委員会で諮っているが、継承されるべき貴重な文化財について、保存と併せて前向きに検討を進めていきたいとの答弁でありました。

 報告案件では、今年度より新しく加わった健全化判断比率及び資金不足比率について、説明を求めました。

 市当局からは、健全化判断比率において、平成19年度の市の財政状況を判断するための指標として、実質公債費比率、将来負担比率等を示している。

 実質公債費比率においては、起債の許可について、一部制限がかかる早期健全化基準が25、また規制がかかる財政再生基準については35という基準が設けられ、南砺市の比率は21.2であり、また、将来負担比率においては、早期健全化基準350.0に対し、南砺市の比率は126.7との報告がありました。

 以上、主な審議内容を申し上げ、総務文教常任委員長報告といたします。



○議長(水木猛議員) 決算特別委員長、中田勝治議員。

   〔中田勝治決算特別委員長登壇〕



◆決算特別委員長(中田勝治議員) 平成20年9月1日の本会議において、本委員会に付託されました各会計決算について、審査の経過と結果をご報告申し上げます。

 付託案件は、認定第1号 平成19年度南砺市一般会計歳入歳出決算認定についての件から、認定第13号 平成19年度南砺市下水道事業会計決算認定についての件まで、以上13件であります。

 審査日程は、今月3日から16日までの間、4日間実施し、最終日に審査意見を報告し、市長から所見をいただき審査を終了いたしました。

 本委員会におきましては、決算関係書類及び市当局から提出されました資料をもとに、所管部局から説明及び関係書類の提出を求め慎重に審査を行いました。

 審査に当たっては、さきに監査委員より決算審査意見書が提出されております。いずれも関係法令に準拠して作成されており、関係帳票は適正に表示されている等、収支の執行は、適正であると報告されております。

 したがいまして、本委員会では予算の適正かつ効率的な執行と、住民の福祉向上にどれだけの行政効果、経済効果をもたらしたかについて着眼し、各会計を審査いたしました。

 その結果、委員全員の一致により、意見を付して認定すべきものと決した次第であります。

 審査内容は、お手元に配布されております審査報告書のとおり(末尾参照)であります。

 今後の課題として、歳入面における税収において、市税は昨年度に比べ収納率にして微増ではある一方、不納欠損額は3,127万4,000円増加し、5,691万3,000円と大きく増えています。税の公平負担の原則から市民に不公平感が生じないよう一層の滞納処理対策に努め、徴収率の向上に努められるよう要望するものであります。

 また、前年度にも増して財政状況は、厳しい推移が予想される状況の下、市当局におかれては、引き続き、健全財政の維持に向けて行財政改革を進める一方、中長期的な視点から、今後も計画的な市債管理を努めていただきたい。

 歳出面では、市民福祉の質的向上に職員一丸となって取り組まれていることに敬意を表するものであります。しかし、引き続き厳しい財政状況の中、費用対効果や波及効果を十分考慮し、効率的・先駆的な行財政運営の推進に配慮をされたいものであります。

 また、公営企業については、病院事業会計において、依然多額の赤字が発生しており、今後さらに経営改善が最重要課題と考えられます。

 引き続き、医師、看護師等の人的確保に尽力され、「病院改革プラン」の作成に併せ、費用の削減や医業収支の改善、また患者サービスの向上充実を図りながら、一層の経営の健全化計画に取り組まれることを望むものであります。

 以上のほか、本委員会として各施策、事業について目的を明確にし、投資的効果を十分に考慮されたいなど、18件の意見を付して審査報告書を取りまとめたものであります。また、そのほか審査の過程において、各担当部署に要望指摘した事項についても、市当局に置かれましては、これらを十分に検討され、適時適切な処置を速やかに講じられるよう要望するものであります。

 以上をもちまして、決算特別委員長報告といたします。



○議長(水木猛議員) 以上をもって、各常任委員長並びに決算特別委員長の審査の経過並びに結果報告を終わります。

 これより、各委員長報告に対する質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

   〔「なし」と言う人あり〕



○議長(水木猛議員) 質疑なしと認めます。

 次に、討論に入ります。

 討論はありませんか。

   〔「なし」と言う人あり〕



○議長(水木猛議員) 討論なしと認めます。

 これより採決いたします。

 まず、議案第77号 平成20年度南砺市一般会計補正予算(第4号)を採決いたします。

 本案に対する各常任委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○議長(水木猛議員) 起立全員であります。

 よって、本案は委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第78号 平成20年度南砺市温泉事業特別会計補正予算(第2号)から議案第80号 平成20年度南砺市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)まで、以上3件を一括採決いたします。

 以上の議案に対する各常任委員長の報告は可決であります。

 以上の議案は委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○議長(水木猛議員) 起立全員であります。

 よって、以上の議案は委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第81号 平成20年度南砺市病院事業会計補正予算(第1号)、並びに議案第82号 平成20年度南砺市水道事業会計補正予算(第1号)を採決いたします。

 以上の議案に対する各常任委員長の報告は可決であります。

 以上の議案は委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○議長(水木猛議員) 起立全員であります。

 よって、以上の議案は委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第83号 一般社団法人及び一般財団法人に関する法律及び公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定についてから議案第85号 県営経営体育成基盤整備事業蛇喰地区の換地処分に伴う関係条例の整理に関する条例の制定についてまで、以上3件を一括採決いたします。

 以上の議案に対する各常任委員長の報告は可決であります。

 以上の議案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○議長(水木猛議員) 起立全員であります。

 よって、以上の議案は委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第86号 南砺市こども医療費助成に関する条例の一部改正についてから議案第90号 南砺市消防団条例の一部改正についてまで、以上5件を一括採決いたします。

 以上の議案に対する各常任委員長の報告は可決であります。

 以上の議案は委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○議長(水木猛議員) 起立全員であります。

 よって、以上の案件は委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第91号 南砺市土地開発公社定款の変更についてから議案第93号 南砺市国民宿舎の指定管理者の指定についてまで、以上3件を一括採決いたします。

 以上の議案に対する各常任委員長の報告は可決であります。

 以上の議案は委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○議長(水木猛議員) 起立全員であります。

 よって、以上の議案は委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、承認第3号 専決処分の承認を求めることについてを採決いたします。

 本案に対する各常任委員長の報告は承認であります。本案は委員長の報告のとおり承認することに賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○議長(水木猛議員) 起立全員であります。

 よって、本案は委員長の報告のとおり承認されました。

 次に、報告第5号 健全化判断比率及び資金不足比率の報告について、並びに報告第6号 専決処分の報告についてを採決いたします。

 以上の案件に対する総務文教常任委員長の報告は承認であります。

 以上の案件は委員長の報告のとおり承認することに賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○議長(水木猛議員) 起立全員であります。

 よって、以上の案件は委員長の報告のとおり承認されました。

 次に、認定第1号 平成19年度 南砺市一般会計歳入歳出決算認定から認定第13号 平成19年度南砺市下水道事業会計決算認定についてまで、以上13件について一括採決いたします。

 以上の決算に対する委員長の報告は、審査意見を付して認定すべきものと決したものであります。

 以上の決算は委員長の報告のとおり認定することに賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○議長(水木猛議員) 起立全員であります。

 よって、以上の決算は委員長の報告のとおり認定することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△同意第2号の上程、説明、採決



○議長(水木猛議員) 次に、日程第2、同意第2号 南砺市公平委員会委員の選任についてを議題といたします。

 市長から提案理由の説明を求めます。

 溝口市長。

   〔溝口 進市長登壇〕



◎市長(溝口進) ただいま追加提出いたしました議案について提案理由を説明申し上げます。

 同意第2号、南砺市公平委員会委員の選任についてであります。前委員の竹部齊氏は7月27日に急逝されましたが、心から哀悼の意を表する次第であります。その後任として、人格高潔にして、人事行政に高い見識をお持ちの岩田忠正氏を選任いたしたく議会の同意を求めるものであります。

 以上、追加提出いたしました議案について提案理由を説明いたしましたが、慎重ご審議の上、適切な議決を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(水木猛議員) お諮りいたします。

 ただいま議題となっております同意第2号については、事案の性質上、この際直ちに採決いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(水木猛議員) ご異議なしと認めます。

 よって、そのように決定いたしました。

 これより採決いたします。

 同意第2号 南砺市公平委員会委員の選任についてを採決いたします。本案は、原案のとおり同意することに賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○議長(水木猛議員) 起立全員であります。

 よって、本案は、原案のとおり同意することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△選挙第1号の上程、選挙



○議長(水木猛議員) それでは、日程第3、選挙第1号 南砺市選挙管理委員会委員及び補充員の選挙についてを議題といたします。

 お諮りいたします。選挙の方法については地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(水木猛議員) ご異議なしと認めます。

 よって、選挙の方法は指名推選とすることに決しました。

 お諮りいたします。指名につきましては議長において指名することにいたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(水木猛議員) ご異議なしと認めます。

 よって、議長において指名することに決しました。

 選挙管理委員会委員には、南砺市野尻715番地 河合ハルノ氏、南砺市井波2157番地 岸一雄氏、南砺市北野1200番地 荒木輝子氏、南砺市田中203番地1 加藤謙藏氏、以上の方を指名します。

 お諮りいたします。ただいま議長が指名しました方を選挙管理委員会委員の当選人と定めることにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(水木猛議員) ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました河合ハルノ氏、岸一雄氏、荒木輝子氏、加藤謙藏氏、以上の方が選挙管理委員会委員に当選されました。

 次に、選挙管理委員会委員補充員には、南砺市祖山114番地 幅田次作氏、南砺市上平細島1022番地 水口武則氏、南砺市利賀村坂上10番地 城方守氏、南砺市川上中878番地 西野善作氏、以上の方を指名します。

 ただいま議長が指名しました方を選挙管理委員会委員補充員の当選人と定めることにご異議ございませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(水木猛議員) ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名しました幅田次作氏、水口武則氏、城方守氏、西野善作氏、以上の方が選挙管理委員会委員補充員に当選されました。

 次に、補充の順序についてお諮りいたします。補充の順序は、ただいま議長が指名しました順序にしたいと思います。これにご異議ございませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(水木猛議員) ご異議なしと認めます。

 よって、補充の順序は、ただいま議長が指名した順序に決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議員提出議案第5号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(水木猛議員) 次に、日程第4、議員提出議案第5号 道路特定財源の一般財源化に伴う地方の道路予算確保に関する意見書についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 産業建設常任委員長 浅田裕二議員。

   〔浅田裕二産業建設常任委員長登壇〕



◆産業建設常任委員長(浅田裕二議員) 議員提出議案第5号について、提案理由の説明を申し上げます。

 本年5月13日に「道路特定財源に関する基本方針」が閣議決定され、道路特定財源を「一般財源化」することが政府の方針として示されました。

 しかし、地方においては、道路整備はまだまだ不十分であり、依然、道路整備に対する多くの要望が住民から寄せられているのが現状であります。

 当南砺市においては、広大な市域を有することから合併による行政サービスの低下を抑えるとともに効率的な行政を推進するため、旧町村間を結ぶ地域ネットワークの整備が急務となっているほか、市域の多くが散居村を形成していることから道路整備に事業費がかさむこと、高齢化する道路ストックが増大していることなどの実情から、今後も道路整備を進めていくことが重要課題となっております。

 こうした道路整備状況の実態に配慮し、地方の住民が安全で安心して暮らして行くための道路整備や維持・補修に支障が生じないように、政府においては、各事項について特段の配慮を行うよう強く要望するものであります。

 以上、提案理由の説明を申し上げましたが、議員各位には、この趣旨をご理解いただき、全会一致のご賛同を賜りますようお願いを申し上げまして、提案理由の説明といたします。



○議長(水木猛議員) これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

   〔「なし」と言う人あり〕



○議長(水木猛議員) 質疑なしと認めます。

 次に、討論に入ります。

 討論はありませんか。

   〔「なし」と言う人あり〕



○議長(水木猛議員) 討論なしと認めます。

 これより採決いたします。

 議員提出議案第5号は、原案のとおり可決と決することに賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○議長(水木猛議員) 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議員提出議案第6号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(水木猛議員) 次に、日程第5、議員提出議案第6号 新たな過疎対策法の制定に関する意見書についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 総務文教常任委員長 蓮沼晃一議員。

   〔蓮沼晃一総務文教常任委員長登壇〕



◆総務文教常任委員長(蓮沼晃一議員) 議員提出議案第6号について、提案理由の説明を申し上げます。

 過疎対策については、昭和45年に「過疎地域対策緊急措置法」制定以来、過疎地域における生活環境の整備や産業の振興など一定の成果を上げたところであります。

 しかし、人口減少と高齢化は特に過疎地域において顕著であり、生活・生産基盤の弱体化が進む中で、極めて深刻な状況に直面している状況であります。

 現行の「過疎地域自立促進特別措置法」は平成22年3月末をもって失効することとなっておりますが、過疎地域が果たしている多面的・公共的機能を今後も維持していくためには、引き続き過疎地域の振興を図り、そこに暮らす人々の生活を支えていくことが重要であります。

 また、過疎地域に住み続ける住民が安心・安全に暮らせる地域として健全に維持されることは、都市をも含めた国民全体の安心・安全な生活に寄与するものであることから、引き続き総合的な過疎対策を充実強化させることが必要であります。

 よって、新たな過疎対策法の制定を強く要望するものであります。

 以上、提案理由の説明を申し上げましたが、議員各位には、この趣旨をご理解いただき、全会一致のご賛同を賜りますようお願いを申し上げまして、提案理由の説明といたします。



○議長(水木猛議員) これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

   〔「なし」と言う人あり〕



○議長(水木猛議員) 質疑なしと認めます。

 次に、討論に入ります。

 討論はありませんか。

   〔「なし」と言う人あり〕



○議長(水木猛議員) 討論なしと認めます。

 これより採決いたします。

 議員提出議案第6号は、原案のとおり可決と決することに賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○議長(水木猛議員) 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議員提出議案第7号の上程、質疑、討論、採決



○議長(水木猛議員) 次に、日程第6、議員提出議案第7号 南砺市議会政務調査費の交付に関する条例の一部改正についてを議題といたします。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております議員提出議案第7号については、会議規則第37条第3項の規定により、提案理由の説明を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(水木猛議員) ご異議なしと認めます。

 よって、提案理由の説明を省略することに決しました。

 これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

   〔「なし」と言う人あり〕



○議長(水木猛議員) 質疑なしと認めます。

 次に、討論に入ります。

 討論はありませんか。

   〔「なし」と言う人あり〕



○議長(水木猛議員) 討論なしと認めます。

 これより採決いたします。

 議員提出議案第7号は、原案のとおり可決と決することに賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○議長(水木猛議員) 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議員派遣の件



○議長(水木猛議員) 次に、日程第7、議員派遣の件を議題といたします。

 お諮りいたします。会議規則第159条の規定に基づき、お手元に配付いたしましたとおり(末尾参照)、議員を派遣いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(水木猛議員) ご異議なしと認めます。

 よって、派遣することを決定いたしました。

 次に、お諮りいたします。ただいま決定いたしました議員派遣の内容に、今後変更を有するときは、その取り扱いを議長にご一任願いたいと思いますが、ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(水木猛議員) ご異議なしと認めます。

 よって、そのように決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会中継続審査の件



○議長(水木猛議員) 次に、日程第8、各常任委員会、議会運営委員会及び広報特別委員会の閉会中継続審査の件を議題といたします。

 各常任委員長、議会運営委員長及び広報特別委員長から、審査中の事件につき、会議規則第104条の規定により、お手元に配付いたしました申し出一覧表のとおり(末尾参照)、閉会中継続審査の申し出があります。

 お諮りいたします。各委員長から申し出のとおり、閉会中継続審査に付することにご異議ございませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(水木猛議員) ご異議なしと認めます。

 よって、そのように決定いたしました。

 以上で、本日の日程は終了いたしました。

 これをもって、本定例会に付議されました諸案件の審議はすべて終了いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△市長あいさつ



○議長(水木猛議員) 次に、本定例会を閉会するに当たり、溝口市長からあいさつがあります。

   〔溝口 進市長登壇〕



◎市長(溝口進) ごあいさつを申し上げます。ただいまは、本定例会に提出いたしましたすべての案件について可決していただき、誠にありがとうございました。

 今議会の冒頭にも申し上げましたが、7月28日災害の本格的復旧は、現在、120人体制で行われている測量設計をもとにした国の災害査定の後になりますが、一日も早く着手するよう、今後議会の皆様とも相談してまいりたいと考えております。

 県政、市政とも選挙の時期を迎え、一方、国の政局も何かと慌ただしい情勢になっておりますが、この事案は最優先でよろしくお願い申し上げます。

 さて、今議会は、議員各位にとりましても、私にとりましても任期中の最後の定例会であります。私は、4年前、図らずも南砺市の初代市長に推され、今日まで新市の建設に渾身の力を振り絞ってまいりました。その間、議員各位には大変なご協力を賜り、心から感謝申し上げます。言わば、皆様は私にとって創成期の南砺市を築き上げた戦友であり、皆様とともに歩んだこの4年間は終生私の誇りとするところであります。

 もとより私の力不足でやり残したこともたくさんありますが、お許しをいただいて、議員各位には今後とも南砺市の発展のためにお元気でご活躍くださいますようお願い申し上げます。

 なお、清都副市長には、ご承知のような事情で本日付けをもって退任することになりました。この4年間、二人三脚で頑張ってきましたが、特に今年に入ってからの私の長期入院では、すっかり迷惑をかけました。また、今回の災害でも体制が整うまではと引きとめまして、本人も最後まで走り回って頑張ってくれました。

 本日、議会終了日に快く送り出したいと思います。議員の皆様にもご了承くださいますようお願い申し上げます。

 以上申し上げまして閉会のごあいさつといたします。ありがとうございました。(拍手)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△副市長あいさつ



○議長(水木猛議員) ここで、清都副市長よりあいさつがあります。

   〔清都邦夫副市長登壇〕



◎副市長(清都邦夫) ただいま市長からのごあいさつにもございましたが、かねて溝口市長にお願いをいたしておりました私のわがままを本日認めていただきました。副市長を退任するに当たりまして、皆さん方に一言お礼のごあいさつを申し上げたいというふうに思います。

 私自身ここ数年間、平成の大合併という荒波に真正面から立ち向かいながら、旧4町4村、南砺市民の幸せを念じて誠心誠意努力をさせていただいたというふうに思っております。

 ここに立たせていただいて、4年間を振り返りながら、まさに万感胸に迫る思いをいたしているところでございます。今日までの4年間、溝口市長はもちろんでございますが、議員の皆さん方に温かいご指導を賜りまして、市民の皆さん方に温かいご理解をいただいたと思っております。市の幹部職員の皆さん方には、本当に献身的なご協力をいただいたと思っております。

 そういう中で、新しく誕生いたしました南砺市の基礎づくりに少しでも貢献できたのかなという自問自答もいたしておるところでございますが、いずれにいたしましても今日までご指導いただきました皆さん方に心から感謝を申し上げるところでございます。本当にありがとうございました。

 私はいつも申し上げるんですが、合併協議会時代に県庁のある幹部が私にこう言いました。「合併するのはイバラの道だけれども、単独で行くのは地獄の道だ。」とおっしゃいましたので、多少冗談だろうと思いながら、「地獄の道はないでしょう。」というふうに申し上げたことは忘れない思い出でございます。

 先般、新聞報道で、ある県西部の市が平成20年度の普通交付税で1億数千万、当初予算より厳しかったというような話の中で、今まで以上に厳しく事業選択する場合、集中の徹底を図っていかなければならないという報道を見させていただきました。改めて地方財政の厳しさというものを実感いたしているところでございます。

 南砺市におきましても、この4年間、総合計画や防災計画あるいはまた行財政改革等、約30に上る各種計画を策定いたしました。一つの方向に向かって行こうという、そういう気持ちが醸成されつつあるというふうに感じております。と同時に、今後、合併特例の期間内というものをうまく活用して、これらの計画が、いろんな困難な環境があったとしても、それをしっかりと乗り越えて着実に前へ進んでいかなければならない、そういう思いも強くいたしておるところでございます。

 まだまだ残暑厳しい折でございますが、私としては、南砺市の明るい未来のために大いに汗をかいて、服を脱いで頑張りたいと、決意も新たにいたしておるところでもございます。

 4年間、それぞれの思い出はたくさんあるわけでございますが、きょうはあえてそれは申し上げないということでお許しをいただきたいと思います。

 最後になりますが、溝口市長さん、水木議長さんを初め、議員各位の皆さん、市幹部職員の皆さん方に改めて衷心より感謝を申し上げますとともに、皆様方の今後一層のご健勝とご活躍をお祈り申し上げまして、ごあいさつにさせていただきます。

 本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願い申し上げます。(拍手)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会の宣告



○議長(水木猛議員) 9月定例会の閉会に当たり、一言御挨拶を申し上げます。

 今期定例会は9月1日に開会し、会期19日間にわたり、本日ここに会議を議了いたします。この間、議員各位には、重要案件を初め、時には白熱した議論も交わし、終始熱心にご審議をいただきました。また、議会運営に対し、市長初め執行部各位には、格段のご協力を賜りましたことに、厚く感謝の意を表するものであります。

 また、報道関係各位のご協力につきましても、深く御礼を申し上げます。

 さて、平成16年11月に4町4村という8つの町村の合併により誕生した南砺市、そして南砺市議会でありますが、今定例会が今任期最後の定例会であり、胸中深く感慨を覚えるのを禁じ得ません。

 今任期も余すところ、あと2カ月余りとなりました。議員各位におかれましては、市民の代表として、南砺市政を支え、そして、市民福祉の向上と地方自治の進展に積極的な活動をなされたことに敬意を表する次第であります。

 今期をもってご勇退されます各位には、誠にご苦労さまでございました。今後も市政発展のためご指導、ご鞭撻を賜りますようお願いするとともに、皆様方のご健勝、ご多幸を心からお祈り申し上げるものであります。

 また、この11月執行の選挙に臨まれる議員の皆様には、渾身の力を傾注し、見事当選の栄を勝ち取られ、引き続き市民の代表としてこの議場で相まみえんことを心から祈念する次第であります。

 さて、昨年12月以来、溝口市長を初め執行部の皆さんには、格別のご協力、ご配慮を賜り、さらに報道関係の皆さん方にもご協力をいただき、議長、副議長の職責を大過なく全うすることができました。且見副議長と共々心より感謝し、ここに改めて市民の皆さま方にも心からお礼を申し上げます。

 終わりに臨み、市当局各位におかれましては、ご健康に十分留意され、市政の限りない発展にご尽力を賜りますよう望むものであります。

 以上、甚だ簡単でございますが、これをもちましてお礼のあいさつといたします。ありがとうございました。(拍手)

 これをもって、平成20年第5回南砺市議会9月定例会を閉会いたします。ご苦労さまでした。



△閉会 午後4時55分

          平成20年第5回南砺市議会9月定例会議案付託表



決算特別委員会付託分


番号
件名


認定第1号
平成19年度南砺市一般会計歳入歳出決算認定について


認定第2号
平成19年度南砺市バス事業特別会計歳入歳出決算認定について


認定第3号
平成19年度南砺市公共用地取得事業特別会計歳入歳出決算認定について


認定第4号
平成19年度南砺市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算認定について


認定第5号
平成19年度南砺市老人保健医療事業特別会計歳入歳出決算認定について


認定第6号
平成19年度南砺市介護福祉支援センター事業特別会計歳入歳出決算認定について


認定第7号
平成19年度南砺市温泉事業特別会計歳入歳出決算認定について


認定第8号
平成19年度南砺市国民宿舎事業特別会計歳入歳出決算認定について


認定第9号
平成19年度南砺市工業用地造成事業特別会計歳入歳出決算認定について


認定第10号
平成19年度南砺市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算認定について


認定第11号
平成19年度南砺市病院事業会計決算認定について


認定第12号
平成19年度南砺市水道事業会計決算認定について


認定第13号
平成19年度南砺市下水道事業会計決算認定について


以上13案件



          決算特別委員会名簿

                              平成20年9月1日

 南砺市議会委員会条例第7条第1項の規定により、次のとおり決算特別委員会委員を指名する。



委員(議席順)


向川静孝    高田龍司郎   堀 豊次
山田 勉    岩崎 誠    蓮沼晃一
浅田裕二    吉田 清    西井秀治
中田勝治    倉 一雄    嶋 信一



          平成20年第5回南砺市議会9月定例会議案付託表



総務文教常任委員会付託分


議案番号
議案名


議案第77号
平成20年度南砺市一般会計補正予算(第4号)の所管部分


議案第83号
一般社団法人及び一般財団法人に関する法律及び公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定についての所管部分


議案第84号
地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定について


議案第85号
県営経営体育成基盤整備事業蛇喰地区の換地処分に伴う関係条例の整理に関する条例の制定について


議案第90号
南砺市消防団条例の一部改正について


議案第91号
南砺市土地開発公社定款の変更について


承認第3号
専決処分の承認を求めることについての所管部分


報告第5号
健全化判断比率及び資金不足比率の報告について


報告第6号
専決処分の報告について


以上9案件







民生病院常任委員会付託分


議案番号
議案名


議案第77号
平成20年度南砺市一般会計補正予算(第4号)の所管部分


議案第79号
平成20年度南砺市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)


議案第81号
平成20年度南砺市病院事業会計補正予算(第1号)


議案第83号
一般社団法人及び一般財団法人に関する法律及び公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定についての所管部分


議案第86号
南砺市こども医療費助成に関する条例の一部改正について


承認第3号
専決処分の承認を求めることについての所管部分


以上6案件





産業建設常任委員会付託分


議案番号
議案名


議案第77号
平成20年度南砺市一般会計補正予算(第4号)の所管部分


議案第78号
平成20年度南砺市温泉事業特別会計補正予算((第2号))


議案第80号
平成20年度南砺市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)


議案第82号
平成20年度南砺市水道事業会計補正予算(第1号)


議案第83号
一般社団法人及び一般財団法人に関する法律及び公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定についての所管部分


議案第87号
南砺市温泉施設条例の一部改正について


議案第88号
南砺市都市公園条例の一部改正について


議案第89号
南砺市簡易水道事業等の設置に関する条例の一部改正について


議案第92号
財産の取得について


議案第93号
南砺市国民宿舎の指定管理者の指定について


承認第3号
専決処分の承認を求めることについての所管部分


以上11案件



                             平成20年9月10日

南砺市議会議長 水木 猛様

                         南砺市議会産業建設常任委員会

                         委員長  浅田裕二

               委員会審査報告書

 本委員会に付託の下記案件は、審査の結果、次のとおり決定したので会議規則第103条の規定により報告します。

                   記



議案番号
案件名
議決結果


議案第77号
平成20年度南砺市一般会計補正予算(第4号)の所管部分
原案可決


議案第78号
平成20年度南砺市温泉事業特別会計補正予算((第2号))
原案可決


議案第80号
平成20年度南砺市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)
原案可決


議案第82号
平成20年度南砺市水道事業会計補正予算(第1号)
原案可決


議案第83号
一般社団法人及び一般財団法人に関する法律及び公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定についての所管部分
原案可決


議案第87号
南砺市温泉施設条例の一部改正について
原案可決


議案第88号
南砺市都市公園条例の一部改正について
原案可決


議案第89号
南砺市簡易水道事業等の設置に関する条例の一部改正について
原案可決


議案第92号
財産の取得について
原案可決


議案第93号
南砺市国民宿舎の指定管理者の指定について
原案可決


承認第3号
専決処分の承認を求めることについての所管部分
承認



                             平成20年9月11日

南砺市議会議長 水木 猛様

                         南砺市議会民生病院常任委員会

                         委員長  西井秀治

               委員会審査報告書

 本委員会に付託の下記案件は、審査の結果、次のとおり決定したので会議規則第103条の規定により報告します。

                   記



議案番号
案件名
議決結果


議案第77号
平成20年度南砺市一般会計補正予算(第4号)の所管部分
原案可決


議案第79号
平成20年度南砺市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)
原案可決


議案第81号
平成20年度南砺市病院事業会計補正予算(第1号)
原案可決


議案第83号
一般社団法人及び一般財団法人に関する法律及び公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定についての所管部分
原案可決


議案第86号
南砺市こども医療費助成に関する条例の一部改正について
原案可決


承認第3号
専決処分の承認を求めることについての所管部分
承認



                             平成20年9月12日

南砺市議会議長 水木 猛様

                         南砺市議会総務文教常任委員会

                         委員長  蓮沼晃一

               委員会審査報告書

 本委員会に付託の下記案件は、審査の結果、次のとおり決定したので会議規則第103条の規定により報告します。

                   記



議案番号
案件名
議決結果


議案第77号
平成20年度南砺市一般会計補正予算(第4号)の所管部分
原案可決


議案第83号
一般社団法人及び一般財団法人に関する法律及び公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定についての所管部分
原案可決


議案第84号
地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定について
原案可決


議案第85号
県営経営体育成基盤整備事業蛇喰地区の換地処分に伴う関係条例の整理に関する条例の制定について
原案可決


議案第90号
南砺市消防団条例の一部改正について
原案可決


議案第91号
南砺市土地開発公社定款の変更について
原案可決


承認第3号
専決処分の承認を求めることについての所管部分
承認


報告第5号
健全化判断比率及び資金不足比率の報告について
承認


報告第6号
専決処分の報告について
承認



                             平成20年9月16日

南砺市議会議長 水木 猛様

                           南砺市議会決算特別委員会

                           委員長 中田勝治

               委員会審査報告書

 本委員会の付託された、認定第1号 平成19年度南砺市一般会計歳入歳出決算認定についての件から、認定第13号 平成19年度南砺市下水道事業会計決算認定についての件まで、以上13件については、審査の結果、別紙審査意見を付けて認定すべきものと決定したので、会議規則第103条の規定により報告します。

1.審査の期間

 平成20年9月3日(水)・9月5日(金)・9月9日(火)・16日(火)の4日間

2.審査の方法

 委員全員により、企業会計、各常任委員会所管の部分に分けて慎重かつ詳細に審査を実施

3.審査の概要

 決算審査にあたっては、予算の適正かつ効率的な執行とその行政効果の確保、歳入歳出全般にわたる行財政の健全性の確保等に重点を置いたところであり、決算の概要は、次のとおりである。

 (1)一般会計及び特別会計

 一般会計決算は、歳入総額は345億5,172万8,402円、歳出総額は、338億700万2,755円で差引き7億4,472万5,647円と黒字となっている。形式収支から翌年度へ繰越すべき6,140万1千円を差引いた実質収支は、6億8,332万4,647円の黒字となっている。

 次に、特別会計決算については、歳入総額は136億9,204万5,829円、歳出総額は135億6,548万9,460円で、実質収支は、1億2,655万6,369円の黒字となっている。

 (2)公営企業会計

 病院事業会計経営状況は、収益的収支は、事業収益60億1,698万3,744円、事業費用68億7,396万8,161円で差引き8億5,698万4,417円の純損失となっている。平成18年度の純損失に比較し、3億8,508万円、31.0%の減額とはなったが、4月からは医師不足により、福野病院は入院を休止とし、南砺家庭地域医療センターへと病院体制を変革することとなった。

 水道事業会計経営状況は、事業収益9億6,717万2,424円、事業費用9億6,442万8,787円で、差し引き274万3,637円の純利益となっている。

 また、下水道事業会計の経営状況は、事業収益30億5,174万1,270円、事業費用36億8,741万7,401円で、差し引き純損失は平成18年度に比べ、6億1,896万円増の6億3,567万6,131円となっている。

 これは、従来の企業会計と特別会計であった下水道事業、農業集落排水事業、林業集落排水事業、個別合併浄化槽設置事業を統合し、公営企業法の一部適用した下水道事業となったことによるものである。

4.今後の課題

 今後の課題として、歳入面における税収において、市税は昨年度に比べ収納率にして微増ではある一方、不納欠損額は3,127万4千円増加し、5,691万3千円と大きく増えている。昨今の社会・経済情勢などが起因するものではあるが、税の公平負担の原則から市民に不公平感が生じないよう、一層の滞納処理対策に努め、徴収率の向上に努められるよう要望するものである。また、産業、経済は回復基調にあると言いながらも、少子高齢化の進展が伴う中、前年度にも増して財政状況は厳しい推移が予想される。こうした状況下、市当局におかれては、引き続き、健全財政の維持に向けて行財政改革を進める一方、中長期的な視点から、今後も計画的な市債管理を努められたい。

 歳出面では、市民福祉の質的向上に職員一丸となって取り組まれていることに敬意を表するものである。しかし、引き続き厳しい財政状況の中、各事務事業の必要度、優先度を見極め、市民サービスの低下につながらないよう、費用対効果や波及効果を十分考慮して、効率的・先駆的な行財政運営の推進に配慮されたい。

 また、公営企業については、病院事業会計において、依然多額の赤字が発生しており、全国的病院経営難の中、南砺市においても今後さらに経営改善が最重要課題と考えられる。引き続き、医師、看護師等の人的確保に尽力され、「病院改革プラン」の作成に併せ、費用の削減や、医業収支の改善、また患者サービスの向上充実を図りながら、一層の経営の健全化計画に取り組まれたい。

5.審査意見について

 審査結果に基づく本委員会としての意見は18件で、その内容は別紙のとおりである。市執行部おかれては、これらの審査意見について、十分ご検討のうえ、適時適切な処置を速やかに講じられるよう要望するものである。

 平成19年度南砺市一般会計歳入歳出決算認定についてほか12件については、委員全員の一致により、審査意見を付してここに認定すべきものと決定した。

                    審査意見

1.市長政策室関係

 (1)電算管理費として部署ごとに高額な費用が計上されていると思われるが、市全体経費を一括にし、コストを抑えるよう検討されたい。

 (2)各行政センター等の支出項目の見直しを図られたい。

2.総務部関係

 (1)借地料の算定基準の方針を統一化され、その必要性、有効性について見直しを図り、賃借料の改定による平準化を図られたい。また、遊休地の有効利用と売却につとめられたい。

3.民生部関係

 (1)住基カードの発行の啓蒙活動や、窓口での自動交付機の利用案内や利用促進を図られたい。

 (2)市民の健康増進のため、健康診査の受診率アップに向けた対策を講じられたい。

 (3)バス運行路線・運行時間について、市民の利便性・必要性の観点から精査されたい。また、運行に当たり、職員を配置している路線があるが、コスト面で改善を検討されたい。

4.産業経済部関係

 (1)イベントに対する補助金は、一律減額でなく内容を精査の上、根本的な見直しを行われたい。

 (2)声楽セミナーは参加少数者の個人講習的な要素が濃く、地域観光を推進する目的である観光推進費と言えない。教育費へ移管すると共に補助額の見直しを図られたい。

5.建設部関係

 (1)上水道の有収率の向上を図り、石綿管及び鉛管については、取替えの年次計画を立て、これらの解消に努められたい。

 (2)下水道の不明水の対策を図り、水洗化率の向上に一層の努力をされたい。

 (3)特定公共賃貸住宅の入居率が約68%と低い。既に古くなっている住宅は料金の見直し等を図り、入居率のアップを図られたい。

6.教育委員会関係

 (1)美術館管理費を見直し、企画展の開催などに力を注ぎ、入館者数を増やす施策について十分検討されたい。

7.病院関係

 (1)赤字の補填財源である内部留保資金残高(病院事業全体)は、5億円余りと急減しており、「病院改革プラン」を早急に作成し、経営改善に努力されたい。

 (2)医療の充実のため、医師、看護師の確保を図り、働きやすい環境作りを図られたい。

 (3)訪問看護ステーションは、需要の増が今後も見込まれることから、対応する看護師及びリハビリ技師等のマンパワーの確保に引き続き努力されたい。

8.共通事項

 (1)指定管理者制度が2年間経過した。平成21年4月の2回目の更新に向けて、公募方法、内容の精査や業務の見直しを行い、サービスの向上や施設の有効活用を図られたい。

 (2)財政の健全化の一方の柱である徴税について、市民の納税意識の高揚を図り、徴収率の向上に努めるとともに、病院の診療費、上下水道使用料、住宅使用料などの収納率向上に努められたい。

 (3)井波総合文化センター、福野文化創造センター及び城端伝統芸能会館の事業について、内容の検証を十分行い、市民に親しまれる事業の展開を図られたい。



議案番号
議案名
議決結果


認定第1号
平成19年度南砺市一般会計歳入歳出決算認定について
認定


認定第2号
平成19年度南砺市バス事業特別会計歳入歳出決算認定について
認定


認定第3号
平成19年度南砺市公共用地取得事業特別会計歳入歳出決算認定について
認定


認定第4号
平成19年度南砺市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算認定について
認定


認定第5号
平成19年度南砺市老人保健医療事業特別会計歳入歳出決算認定について
認定


認定第6号
平成19年度南砺市介護福祉支援センター事業特別会計歳入歳出決算認定について
認定


認定第7号
平成19年度南砺市温泉事業特別会計歳入歳出決算認定について
認定


認定第8号
平成19年度南砺市国民宿舎事業特別会計歳入歳出決算認定について
認定


認定第9号
平成19年度南砺市工業用地造成事業特別会計歳入歳出決算認定について
認定


認定第10号
平成19年度南砺市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算認定について
認定


認定第11号
平成19年度南砺市病院事業会計決算認定について
認定


認定第12号
平成19年度南砺市水道事業会計決算認定について
認定


認定第13号
平成19年度南砺市下水道事業会計決算認定について
認定



               議員派遣の件

                             平成20年9月19日

 南砺市議会会議規則第159条の規定に基づき、次のとおり議員を派遣する。

1.中国紹興市友好締結25周年記念事業訪問団

 (1)目的    紹興市との友好締結25周年記念式典に参加のため

 (2)派遣場所  中華人民共和国(紹興市)

 (3)期間    平成20年9月22日〜26日

 (4)派遣議員  水木 猛議長、且見公順副議長、嶋 信一議員

          大西正隆議員、倉 一雄議員、島田勝由議員

          城岸一明議員、中田勝治議員、中川邦宏議員

          香川俊光議員、西井秀治議員、片岸 博議員

          吉田 清議員、浅田裕二議員、才川昌一議員

          前田美好議員、石崎俊彦議員、岩崎 誠議員

          山田 勉議員、大島 孝議員、生田長範議員

          堀 豊次議員、川辺邦明議員、長尾益勇議員

          高田龍司郎議員、向川静孝議員

          閉会中継続審査事件の申し出一覧



委員会名
件名


議会運営

議会の運営に関することについて



議会の会議規則、委員会条例等に関することについて



議長の諮問に関することについて


総務文教

行財政の効率的執行について



市政の重要施策の推進について



都市・国際交流の推進について



高度情報通信基盤の整備などIT施策の推進について



防災対策の強化について



学校教育の充実と教育環境の整備について



生涯学習の振興及び体育・スポーツ、芸術・文化施策の推進について



文化財の活用及び美術館・図書館などの充実について



高等教育機関の整備について


10
女性及び青少年対策について


民生病院

高齢者、児童等の福祉対策の促進について



障害者(児)福祉対策の促進について



住民、健康等施策の推進について



環境保全及び環境衛生対策について



病院事業の推進について



交通安全と事故防止対策の推進について



暴力犯罪の防止及び防犯対策の推進について


産業建設

地場産業の育成と中小企業の振興対策について



商工業発展と振興対策について



雇用対策と職業能力開発事業の推進について



観光事業の積極的な推進について



勤労者福祉の拡充について



地域開発事業の推進について



長期展望に基づく総合農政の展開について



農業生産基盤の整備と農業構造改善対策について



水産業、畜産業の振興対策について


10
林道・治山対策及び林業構造改善対策について


11
道路事業の促進について


12
河川、砂防事業の促進について


13
都市計画の促進について


14
住宅対策について


15
上下水道事業の促進について


広報特別

議会広報の発行に関することについて



地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

 平成20年9月19日

        議長        水木 猛

        副議長       且見公順

        署名議員      池田庄平

        署名議員      高田龍司郎

        署名議員      長尾益勇