議事ロックス -地方議会議事録検索-


富山県 南砺市

平成20年  3月 定例会(第2回) 03月24日−04号




平成20年  3月 定例会(第2回) − 03月24日−04号







平成20年  3月 定例会(第2回)



議事日程(第4号)

                  平成20年3月24日(月)午後4時開議

日程第1 議案第4号 平成20年度南砺市一般会計予算

     議案第5号 平成20年度南砺市バス事業特別会計予算

     議案第6号 平成20年度南砺市温泉事業特別会計予算

     議案第7号 平成20年度南砺市国民健康保険事業特別会計予算

     議案第8号 平成20年度南砺市老人保健医療事業特別会計予算

     議案第9号 平成20年度南砺市後期高齢者医療事業特別会計予算

     議案第10号 平成20年度南砺市介護事業特別会計予算

     議案第11号 平成20年度南砺市国民宿舎事業特別会計予算

     議案第12号 平成20年度南砺市工業用地造成事業特別会計予算

     議案第13号 平成20年度南砺市簡易水道事業特別会計予算

     議案第14号 平成20年度南砺市病院事業会計予算

     議案第15号 平成20年度南砺市水道事業会計予算

     議案第16号 平成20年度南砺市下水道事業会計予算

     議案第17号 平成19年度南砺市一般会計補正予算(第5号)

     議案第18号 平成19年度南砺市バス事業特別会計補正予算(第2号)

     議案第19号 平成19年度南砺市公共用地取得事業特別会計補正予算(第1号)

     議案第20号 平成19年度南砺市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)

     議案第21号 平成19年度南砺市老人保健医療事業特別会計補正予算(第2号)

     議案第22号 平成19年度南砺市介護福祉支援センター事業特別会計補正予算(第3号)

     議案第23号 平成19年度南砺市温泉事業特別会計補正予算(第2号)

     議案第24号 平成19年度南砺市国民宿舎事業特別会計補正予算(第3号)

     議案第25号 平成19年度南砺市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)

     議案第26号 平成19年度南砺市病院事業会計補正予算(第2号)

     議案第27号 平成19年度南砺市下水道事業会計補正予算(第3号)

     議案第28号 南砺市後期高齢者医療に関する条例の制定について

     議案第29号 南砺市駐車場条例の制定について

     議案第30号 南砺市国民宿舎条例の全部改正について

     議案第31号 南砺市行政組織条例の一部改正について

     議案第32号 南砺市長等の給料の特例に関する条例の一部改正について

     議案第33号 南砺市一般職員の特殊勤務手当に関する条例の一部改正について

     議案第34号 南砺市特別会計条例の一部改正について

     議案第35号 南砺市手数料条例の一部改正について

     議案第36号 南砺市積立基金条例の一部改正について

     議案第37号 南砺市乳児及び幼児医療費助成に関する条例の一部改正について

     議案第38号 南砺市妊産婦医療費助成に関する条例の一部改正について

     議案第39号 南砺市ひとり親家庭等医療費助成条例の一部改正について

     議案第40号 南砺市訪問看護及び介護予防訪問看護実施条例の一部改正について

     議案第41号 南砺市デイサービスセンター条例の一部改正について

     議案第42号 南砺市重度心身障害者等医療費助成条例の一部改正について

     議案第43号 南砺市国民健康保険条例の一部改正について

     議案第44号 南砺市国民健康保険税条例の一部改正について

     議案第45号 南砺市民謡の里条例の一部改正について

     議案第46号 南砺市営住宅条例等の一部改正について

     議案第47号 南砺市病院事業使用料及び手数料条例の一部改正について

     議案第48号 富山県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の増減及び規約の変更について

     議案第49号 証明書等の交付等に係る事務の委託に関する規約の変更について

     議案第50号 過疎地域自立促進計画の変更について

     議案第51号 市道路線の廃止について

     議案第52号 市道路線の認定について

     議案第53号 市道路線の変更について

     議案第54号 南砺市デイサービスセンター(旅川デイサービスセンター)の指定管理者の指定について

     議案第55号 南砺市福野農産加工研修展示施設の指定管理者の指定について

     議案第56号 南砺市民謡の里(上平林業振興センター)の指定管理者の指定について

     議案第57号 南砺市桂湖レクリエーション施設(ビジターセンター等)の指定管理者の指定について

     議案第58号 南砺市温泉施設(南砺市ふれあい温泉センター「ゆ〜楽」)の指定管理者の指定について

     承認第1号 専決処分の承認を求めることについて

     報告第1号 専決処分の報告について

日程第2 議員定数検討特別委員会委員長報告

日程第3 議案第59号 南砺市国民健康保険診療所使用料及び手数料条例及び南砺市病院事業使用料及び手数料条例の一部改正について

     議案第60号 財産の取得について

     同意第1号 人権擁護委員の候補者推薦について

日程第4 議員提出議案第2号 北陸職業能力開発大学校(独立行政法人雇用能力開発機構)の存続に関する意見書について

日程第5 議員提出議案第3号 南砺市議会の議員の選挙区及び各選挙区において選挙すべき議員の数に関する条例の一部改正について

日程第6 議員派遣の件

日程第7 各常任委員会、議会運営委員会及び広報特別委員会の閉会中継続審査の件

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

 議事日程に同じ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(33人)

      1番  田中幹夫議員        2番  山瀬悦朗議員

      3番  齊藤光一議員        4番  向川静孝議員

      5番  池田庄平議員        6番  高田龍司郎議員

      7番  長尾益勇議員        8番  川辺邦明議員

      9番  堀 豊次議員       10番  生田長範議員

     11番  大島 孝議員       12番  高橋 猛議員

     13番  山田 勉議員       14番  岩崎 誠議員

     15番  石崎俊彦議員       16番  前田美好議員

     17番  才川昌一議員       18番  蓮沼晃一議員

     19番  浅田裕二議員       20番  吉田 清議員

     22番  片岸 博議員       23番  西井秀治議員

     24番  香川俊光議員       25番  中川邦宏議員

     26番  中島洋三議員       27番  水木 猛議員

     28番  中田勝治議員       29番  城岸一明議員

     30番  且見公順議員       31番  島田勝由議員

     32番  倉 一雄議員       33番  大西正隆議員

     34番  嶋 信一議員

欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

説明のため出席した者

 市長       溝口 進      副市長      清都邦夫

 収入役      山本勝徳      教育長      梧桐角也

 代表監査委員   伊東 浩      教育委員長    蓑口勝美

 市長政策室長   中山繁實      総務部長     大家信二

 民生部長     上田一郎      医療局長     重原一雄

 産業経済部長   細川 哲      建設部長     畑 清一

 市長政策室次長  松田泰彦      総務部次長    下田正佳

 総務部次長    上坂吉明      教育次長     仲筋武智

 民生部次長    石村悦朗      民生部次長    森田清樹

 産業経済部次長  池田祐昇      産業経済部次長  新谷一明

 建設部次長    小西正信      建設部次長    奥野伸一

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

職務のため出席した事務局職員

                    局長補佐

 事務局長     平本和雄               中嶋真知子

                    議事調査係長

 議事調査係主任  溝口早苗

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議 午後4時00分



△開議の宣告



○議長(水木猛議員) 本日の会議を開きます。

 議事日程はお手元に配付のとおりであります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第4号から報告第1号の委員長報告、質疑、討論、採決



○議長(水木猛議員) これより、日程第1、議案第4号から報告第1号までを議題といたします。

 以上の議案に関し、各常任委員長より常任委員会における審査の経過並びに結果報告を求めます。

 産業建設常任委員長、浅田裕二議員。

   〔浅田裕二産業建設常任委員長登壇〕



◆産業建設常任委員長(浅田裕二議員) 平成20年3月定例会において、産業建設常任委員会での審査の経過並びに結果についてご報告申し上げます。

 本常任委員会は、3月17日午前10時から開催し、委員全員の出席により、各議案の慎重なる審査を行いました。

 本常任委員会に付託されました議案は、議案第4号 平成20年度南砺市一般会計予算の所管部分のほか、予算関係12件、条例関係6件、その他7件、計26件であります。

 結果につきましては、お手元に配布されております委員会審査結果のとおり(末尾参照)、一部案件を除き、委員全員の一致により、いずれも原案のとおり可決すべきものと決した次第であります。

 以下、審査の過程における主な内容について申し上げます。

 初めに、条例関係について、申し上げます。

 まず、南砺市営住宅条例等の一部改正については、暴力団等の入居に対し排除をしていくという内容であるが、市の状況や今後の対応についての質疑に対し、現在のところ規定がなかったため把握はしていないが、トラブルも発生していない。しかし、今後の入居に当たり、チェックシートによる入居審査の実施や、警察・当局と連携して、状況把握に配慮していきたいとの答弁がありました。

 次に、平成20年度一般会計予算について申し上げます。

 農業振興費・農業振興対策費の南砺市担い手育成事業費58万円の内容についての質疑では、集落営農を立ち上げた組織に対し、機械購入や格納庫・育苗施設の建設などの事業に支援する組織、いわゆる南砺市担い手支援協議会の運営事務費分に相当する補助金であるとの説明がありました。

 また、同じく、土作り対策事業の500万円の内容についての質疑に対し、平成20年度から南砺市では、対象組織が集落営農組織から担い手を含める経営体とし、個人・法人とも可能になった。土作りに対しての蓄糞堆肥と発酵鶏糞の両方の支援施策である。これに対し、委員から、この事業は畜産農家と稲作農家が連携した資源サイクルによる土作りである。穀物価格で経営難の畜産農家を支援する上で、稲作農家をも含めた総合的な農業振興支援策を打ち出してもらいたいとの要望がありました。市当局からは、エコ社会の今、悪臭公害と言われた昔と違い、蓄糞を土壌に還元するリサイクル施策を今後も充実させていきたいとの答弁がありました。

 次に、住宅費・住宅管理費の南砺市定住奨励事業補助金2,500万円について、市内外を問わず定住をしようとする人すべてに50万円の助成をすべきでないかとの意見がありました。

 この意見に対し、人口を増やすことが第一の目的であり、世帯主以外の人数に対しても5万円ずつプラス助成をするもの。また、市内に居住の方にも、新たな用地での住宅取得に奨励金を交付する。また、ホームページ上はもちろん、あらゆる機会を通じて、この奨励金制度を大いにPRし、人口増に直結させていきたいという当局の力の入った意気込みを確認いたしました。

 次に、特別会計予算について、主な審議内容について申し上げます。

 国民宿舎事業特別会計予算の、宿舎経営費のうち五箇山荘改修工事費2億3,700万円について、委員からは、県から移譲された経緯もあり、市として有効に利用しなければならない観点が大きいと思うが、工事関係費約2億6,000万円余りもの投資をする以上、工事前に指定管理者を選定し、経費の削減や、宿舎を有効に使ってもらうためにも、収支計画を含めた経営計画や利用方針が事前にあるべきでないかとの意見がありました。

 これに対し、まず耐震を含め、最低限修繕すべきところを修繕して現状を整えたいという改修計画であるが、着工前に、リニューアル後の経営計画も含めて提示し、改修工事に臨みたい。また、新年度早々に指定管理者について募集をし、利用方針等について十分に協議を行い、改修後の方向付けを行いたい。また、その都度議会へも詳しく経過等について示し、有意義な意見や知恵をもらいたいとの答弁がありました。

 次に国民宿舎当別会計19年度3月補正予算について、委員から、12月議会で決算認定を受けた繰越金について、今回補正の額と相違が見られるが、透明性確保のためにも統一すべきとの意見がありましたが、この意見に対して、会計法上問題はないが、透明性の確保のためにも、次回から金額の統一を図るよう努力するとの答弁がありました。

 以上主な審査内容を申し上げ、産業建設常任委員長報告といたします。



○議長(水木猛議員) 民生病院常任委員長、西井秀治議員。

   〔西井秀治民生病院常任委員長登壇〕



◆民生病院常任委員長(西井秀治議員) 民生病院常任委員会委員長報告。平成20年3月定例会において、民生病院常任委員会における審査の経過並びに結果についてご報告申し上げます。

 本常任委員会は、3月18日午前10時から開催し、委員全員の出席により、各議案について慎重に審査を行いました。

 本委員会に付託されました議案は、議案第4号 平成20年度南砺市一般会計予算の所管部分ほか、予算関係9件、条例関係13件、その他3件、計26件であります。

 結果につきましては、お手元に配布されております委員会審査結果報告のとおり(末尾参照)、委員全員の一致によりいずれも原案のとおり可決・承認すべきものと決した次第であります。

 以下、審査の過程における主な内容について申し上げます。

 初めに、条例関係について申し上げます。

 南砺市後期高齢者医療に関する条例の制定についてに関し、窓口は市となるわけであるが、まだまだ高齢者の方々には理解が得られていないのではないか。また、この制度の仕組みに戸惑いを来たしているのでは、との意見がありました。市当局からは、大規模な医療制度の変更に伴い、市民の方々に混乱を招くことが予想されるが、健康課はもちろん、各庁舎の行政センターが窓口となり十分に対応できる体制を取らせている。

 また、広域連合より、今月末までに保険証も順次届く予定である。聞きなれない用語などもあり、わかりづらい点もあると予想されるが、ぜひ市の担当窓口へ照会してほしいとの答弁を受けました。

 次に、乳児及び幼児医療費助成に関する条例の一部改正についての質疑においては、所得制限が新しく設けられたこと、また医療費改革として、3歳から6歳までの個人負担が3割から2割に軽減されたこと、その軽減の分と所得制限の財源により、小学3年生まで医療費助成を行うもの。これに伴う医療費負担は、200〜300万円程度の市の負担増が予想されるが、予算額は、10月からの施行分を計上しているとの説明がありました。これに対し、委員からは、この少子化の現状において、さらに小学6年生まで医療費助成をした場合の市の負担額はどうかとの質疑に対し、入院を含め、さらに年間2,000万円程度の増額が予想されるとの答弁がありました。併せて当局からは、この制度を安易に利用する前に、医師不足、看護師不足の中、地域において相談窓口を設けたり、電話などで対応できる組織づくりができればと考えている、委員からは、地域に受診利用マニュアルなどあればいいのでは、という提案もありました。

 なお、国民健康保険条例及び国民健康保険税条例の一部改正について、本定例会には医療制度改革等に伴う改正を行うものの、一部については、根拠法令である地方税法改正を待って専決処分とさせていただきたいとの説明を受けましたのでご報告をいたします。

 次に、平成20年度一般会計予算において、主な審議内容について申し上げます。

 社会福祉費、介護予防事業費において、介護予防大作戦の128万6,000円の内容とは、の質疑に対し、新たな事業として展開するものであり、栄養教室等の講座の中で、食生活から介護予防指導を実施するもの。老人クラブの行事等の中で、栄養の面から介護予防指導をさらに強化していきたいとの答弁がありました。

 次に、特別会計予算の審議内容について申し上げます。

 平成20年度国民健康保険事業特別会計予算の概要についての質疑に対し、市民に健康意識が高まってきたのか健診受診率が前年より上がってきた。早期発見・早期治療が健康づくりに、また医療費抑制にもつながる。あわせて4月より、健康づくりの予防策として特定健診を計画している。平成24年度の受診率の目標値を踏まえ、少しでも今後の健診率アップと医療費の抑制に取り組みたい。また、国保税のアップに関しては、基金から5,000万円取り崩し予定であるが、医療費の増加、後期高齢者医療制度への支援分など種々予想されることから、現段階で27%アップであることを理解願いたいとの答弁がありました。

 次に、平成19年度一般会計補正予算における主な審議内容について申し上げます。

 社会福祉費、心身障害者福祉費の中で、福祉作業所改修工事請負費1,234万円の減額理由について質疑がありました。これに対しては、メープル福祉作業所横の市のプレハブ倉庫を改築する予定としていたが、昨年6月の建築基準法の改正により、建築基準を満たさず改修不可能となった。このため、多方面にわたり各施設を探したが見つからず、残念ながら今回減額となった。ただ、障害者自立支援法の変更に伴い、作業所の必要性は大変高く、平成20年度中に再度、計画について検討したい意向であるとの答弁がありました。

 以上、主な審査内容を申し上げ、民生病院常任委員長報告といたします。



○議長(水木猛議員) 総務文教常任委員長、蓮沼晃一議員。

   〔蓮沼晃一総務文教常任委員長登壇〕



◆総務文教常任委員長(蓮沼晃一議員) 平成20年3月定例会において、総務文教常任委員会における審査の経過並びに結果についてご報告申し上げます。

 本常任委員会は、3月19日午後1時から開催し、委員全員の出席により、各議案について慎重に審査を行いました。

 本委員会に付託されたました議案等は、議案第4号 平成20年度南砺市一般会計予算の所管部分ほか、予算関係1件、条例関係4件、その他3件、計9件であります。

 結果につきましては、お手元に配布されております委員会審査結果報告のとおり、委員全員の一致をもって、原案のとおり可決・承認すべきものと決した次第であります。

 以下、審査の過程における主な内容について申し上げます。

 初めに、平成20年度一般会計予算に関して、主な審議内容について申し上げます。

 まず、総務管理費の自治振興費において、昨年までの自治会交付金が住民自治活動推進交付金と名称変更した経緯について質疑がありました。これに対し、これまで市内31の地区公民館の規模に応じて維持管理費を自治振興交付金に含めて交付していたが、交付内容から教育費に計上すべきものではとの指摘があり、新年度より公民館管理費に委託料として計上することとし、あわせて住民一人一人に地域を良くする活動をしていただきたいという願いを込め、町内会、自治会での自治活動の推進と、振興会単位での活動に対する交付金という考え方で、新たに住民自治活動推進交付金と名称を変更したものであります。

 その他、がんばる自治振興会応援プログラムの補助金についても、1カ所につき上限50万円の補助を予定しており、市として、各振興会がより元気になるように精一杯の力を注いでいきたいとの答弁がありました。

 次に、徴税費の徴収事務費の中で、市税還付金が9,160万円計上されていることに対する詳細は、との質疑に対し、昨年実施された税制改革による税源移譲に伴う措置である。昨年よりも今年の所得が著しく減った場合、例えば、昨年まで所得があったが、退職し今年は所得がない場合などについては、所得税について税率変更が行われておらず、そのような方々に対して、住民税で差額を還元しようというもので、これから該当者について抽出し、7月中に申請手続きをしていただくよう業務を進める予定であるが、事前に制度についても十分に周知を図りたい。その還付金の試算分として8,160万円を含んだ計上であるとの答弁がありました。

 次に、小学校費の施設整備費の中で、福野小学校改築工事においては、以前より議会として、伐期を迎えた分収林の利用や、地産地消から地元産材の活用を提言してきているところでありますが、その利用状況は、との質疑に対して、地元産材の利用は県からも補助の対象と聞いており、利用できるものについて前向きに検討を行いたい。関連して、都市計画道路の整備により、スクールバスの出入り口については、全面的に変更が予定されているとの報告がありました。

 委員会からは、地元の森林を使ったぬくもりのある施設整備の実現と、長期間の工事のため、安全には十分配慮した工事を進めていただきたいと要望をいたしておきました。

 次に、中学校費の学校給食費において、給食調理業務委託については、いよいよ4月から民間委託業務が始まるが、その態勢については万全か。また、食育の立場としての指導は、との質疑に対し、給食に関しては、委託業者が2月下旬から3月中旬に引き継ぎという形で実習を行った。現在、実際の給食づくりの段階を迎えており、予定どおり進んでいる。また、教師・栄養職員が中心となって、地元産品を使用した給食週間や、地元産品を題材としたカルタあそび、また生産者との交流を行うなど、積極的に身近なところから食育に取り組んでいる状況であるとの答弁がありました。

 以上主な審査内容を申し上げ、総務文教常任委員長報告といたします。



○議長(水木猛議員) 以上をもって、各常任委員長の審査の経過並びに結果報告を終わります。

 これより、各常任委員長報告に対する質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

   〔「なし」と言う人あり〕



○議長(水木猛議員) 質疑なしと認めます。

 次に、討論に入ります。

 討論はありませんか。

   〔「なし」と言う人あり〕



○議長(水木猛議員) 討論なしと認めます。

 これより採決をいたします。

 まず、議案第4号 平成20年度南砺市一般会計予算を採決いたします。

 本案に対する各常任委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○議長(水木猛議員) 起立全員であります。

 よって、本案は委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第5号 平成20年度南砺市バス事業特別会計予算から議案第10号 平成20年度南砺市介護事業特別会計予算まで、以上6件を一括採決いたします。

 以上の議案に対する各常任委員長の報告は可決であります。

 以上の議案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○議長(水木猛議員) 起立全員であります。

 よって、以上の議案は委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第11号 平成19年度南砺市国民宿舎事業特別会計予算を採決いたします。

 本案に対する産業建設常任委員長の報告は可決であります。

 本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○議長(水木猛議員) 起立多数であります。

 よって、本案は委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第12号 平成20年度南砺市工業用地造成事業特別会計予算並びに議案第13号 平成20年度南砺市簡易水道事業特別会計予算を採決いたします。

 以上の議案に対する産業建設常任委員長の報告は可決であります。

 以上の議案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○議長(水木猛議員) 起立全員であります。

 よって、以上の議案は委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第14号 平成20年度南砺市病院事業会計予算から議案第16号 平成20年度南砺市下水道事業会計予算まで、以上3件を一括採決いたします。

 以上の議案に対する各常任委員長の報告は可決であります。

 以上の議案は委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○議長(水木猛議員) 起立全員であります。

 よって、以上の議案は委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第17号 平成19年度南砺市一般会計補正予算(第5号)を採決いたします。

 本案に対する各常任委員長の報告は可決であります。

 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○議長(水木猛議員) 起立全員であります。

 よって、本案は委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第18号 平成19年度南砺市バス事業特別会計補正予算(第2号)から議案第25号平成19年度南砺市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)まで、以上8件を一括採決いたします。

 以上の議案に対する各常任委員長の報告は可決であります。

 以上の議案は委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○議長(水木猛議員) 起立全員であります。

 よって、以上の議案は委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第26号 平成19年度南砺市病院事業会計補正予算(第2号)並びに議案第27号 平成19年度南砺市下水道事業会計補正予算(第3号)を採決いたします。

 以上の議案に対する各常任委員長の報告は可決であります。

 以上の議案は委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○議長(水木猛議員) 起立全員であります。

 よって、以上の議案は委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第28号 南砺市後期高齢者医療に関する条例の制定について並びに議案第29号 南砺市駐車場条例の制定についてを採決いたします。

 以上の議案に対する各常任委員長の報告は可決であります。

 以上の議案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○議長(水木猛議員) 起立全員であります。

 よって、以上の議案は委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第30号 南砺市国民宿舎条例の全部改正についてから議案第47号 南砺市病院事業使用料及び手数料条例の一部改正についてまで、以上18件を一括採決いたします。

 以上の議案に対する各常任委員長の報告は可決であります。

 以上の議案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○議長(水木猛議員) 起立全員であります。

 よって、以上の議案は委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第48号 富山県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の増減及び規約の変更についてから議案第50号 過疎地域自立促進計画の変更についてまで、以上3件を一括採決いたします。

 以上の議案に対する各常任委員長の報告は可決であります。

 以上の議案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○議長(水木猛議員) 起立全員であります。

 よって、以上の議案は委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第51号 市道路線の廃止についてから議案第53号 市道路線の変更についてまで、以上3件を一括採決いたします。

 以上の議案に対する産業建設常任委員長の報告は可決であります。

 以上の議案は委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○議長(水木猛議員) 起立全員であります。

 よって、以上の議案は委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議案第54号 南砺市デイサービスセンター(旅川デイサービスセンター)の指定管理者の指定についてから議案第58号 南砺市温泉施設(南砺市ふれあい温泉センター「ゆ〜楽」)の指定管理者の指定についてまで、以上5件を一括採決いたします。

 以上の議案に対する各常任委員長の報告は可決であります。

 以上の議案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○議長(水木猛議員) 起立全員であります。

 よって、以上の議案は委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、承認第1号 専決処分の承認を求めることについて並びに報告第1号 専決処分の報告についてを一括採決いたします。

 以上の案件に対する各常任委員長の報告は承認であります。

 以上の案件は、委員長の報告のとおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○議長(水木猛議員) 起立全員であります。

 よって、以上の案件は委員長の報告のとおり承認されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議員定数検討特別委員会委員長報告



○議長(水木猛議員) 次に、日程第2、議員定数検討特別委員会の報告を議題といたします。

 これより、特別委員長より所管事項についての調査等の報告を受けることといたします。

 議員定数検討特別委員長 城岸一明議員。

   〔城岸一明議員定数検討特別委員長登壇〕



◆議員定数検討特別委員長(城岸一明議員) 議員定数検討特別委員会の審議経過並びに結果についてご報告申し上げます。

 本特別委員会は、平成19年9月21日、9月定例会の最終日に、全議員を委員とし、議員定数の調査検討を目的に設置され、以来、勉強会をも含め今日まで7回の委員会開催、南砺市自治振興協議会との意見交換会を開催し、広義に市民の声を聴かせていただく機会を持つなど、慎重な審議を重ねてまいりました。

 当初の方針どおり、3月定例会に結論を出したいということで、2月29日に出席委員全員の意見をお聞きし、またそれぞれ地域ごとに意思疎通を図っていただきながら、3月11日に当委員会としての決定を見たところであり、3月21日には、最終報告についての確認、調整をさせていただいたところであります。

 今回この定数検討を審議するに当たって、まず重視したのが平成16年4月3日に調印されました合併協定書であります。

 当時、旧8町村の議員数は91人であり、市町村議会議員の定数及び任期の取扱いについて、大変な労力、時間が投入された経過があります。

 市町村の合併の特例に関する法律第7条、議会の議員の在任に関する特例、いわゆる合併特例は適用せず、公職選挙法第15条第6項の規定による中選挙区制を導入、旧町村間のバランスを考慮し、特例法の第6条、議会の議員の定数に関する特例を適用し、新市の議員定数を34人といたしたところであります。また、次の一般選挙においての議員の定数を法定数の30人とし、旧村部の定数を1人減とする協定が各界各層の立会人の臨席のもと、取り決められているわけであります。

 今回、議論を重ねる中で、合併協定書は必然の事実ではあるが、時代の趨勢、全国及び富山県内の議員定数に関わる近況などから、本協定書に関わらず新たな考え方でとの意見もあったことは事実であります。

 しかしながら、新生南砺市の3カ年余りの市政の状況を見るとき、各種計画はおおむね策定され、地方分権、行政改革の名のもと、各事業執行は順調に推移している感があるが、669平方キロの広大な自然を抱え持つ地理的条件、かつ全国にまれに見る歴史・文化など多様な資源を有する状況を勘案するとき、市の一体感が本当に醸成されたのか、委員の多数が未だしの認識を抱いているのが実情であると思います。

 平成18年12月31日の全国市議会議長会「市議会議員定数に関する調査結果」によると、全国802市のうち合併特例法適用の市が172市、特例法を適用していない630市のうち、法定上限数を議員定数としている市は120市、上限数未満の減員市は510市であり、上限数未満市の割合は64%になっています。しかしながら、近年、旧町村が市町村合併により新たに市制を設置した全国の約130市の状況を見ると、その5割の新市が議員定数において法定上限数以上を設定しております。

 このことは、全国の新設市においても南砺市と似た状況のもと、それぞれの市の行政面積規模に加え、地形や地理等の自然的条件、国道・県道及び高速道路等の交通・道路網条件、加えて、地域の長い歴史に育まれてきた文化と風土等特殊性も存在し、絶対的な基準が存在しないことから、独自の主観による判断がされ、定数が定められているものと推測いたします。

 本委員会では、20年2月8日に南砺市自治振興会組織の旧8町村の振興協議会から15名の会長・副会長さん方のご出席を賜り、意見交換会を持ちました。

 その席上でありました多くの意見を集約させていただきますと、

 1.富山県内、北信越の議会定数等の状況、昨今の厳しい財政状況、世情の変化に対応し定数減が望まれる

 2.旧村部については、今回、また将来的にも1名確保を考えるべきで、旧町部について1名ずつ削減で検討すべきでないか

 3.一体感の醸成に未到達で定数減による心配があるというご意見、逆に定数減を考えることこそ市の一体感の醸成に寄与するのではないか

 4.山間部と平野部の2区制等の検討も必要でないか

 5.次回の選挙、平成24年執行予定に関しても触れておくべきでないか

 6.改選後も選挙制度についての議論を継続してほしい

 以上の集約が振興会長、副会長さんのおおむねの意見であったように思われます。

 また、2月29日に開催いたしました当委員会では、委員の自由闊達な議論をいただくため、中途にて報道の方々にご遠慮いただき、委員32名出席、1名欠席のもと、お一人お一人の率直な意見を伺いました。

 全委員の意見を集約いたしますと、合併協定事項は十分に議論され今日に至っているものであり、南砺市の広大な地域、歴史・文化、多様な地域条件を考えると、他市の条件とは全く違う環境にあり、南砺市独自の考え方による議員定数を設定すべきである。旧町村が市となり、平準化、一体感の醸成に努めているが、道のりはまだ半ばにあり、自治振興会のご意見は十分に尊重するが、合併協定で決められた議員定数等は現状では遵守すべきである。

 自治振興会のご意見は、今後の課題として継続的に論議を進めていくことが肝要であり、議会議員自身の資質を向上させ、民意に基礎を置く議会としてその活性化を図り、南砺市のさらなる発展に真摯に惜しみなく懸命の努力を傾注していくことこそ重要であることから、旧村部1人減、旧町部現状維持の議員定数30人、中選挙区の態勢で進めるべきであるという意見が圧倒的でありました。

 ただし、少数の委員からは、自治振興会で意見の多かった削減方向に賛同の意見や、中選挙区3ブロック割りにしては、との意見もありました。

 また、次回、平成24年執行予定の選挙に関しましては、まず定数のあり方については、おおむね行財政改革の厳しい流れの中では削減を図る方向が望ましいという意見、また合併前の議員数は91人でありましたが合併により34人となり、さらに4人が減数するわけで、議会制民主主義が形骸化しないよう、より多くの民意が反映されるには法定数上限の30人を確保していくことが望ましいという意見があり、次に、選挙区のあり方については、南砺市の広大な面積に著しく偏在する人口等の状況を鑑み、中選挙区制を維持すべきであるという意見、また一体感の醸成への歩みのためには大選挙区制に移行すべきであるという意見等がありました。

 また、次回の選挙一年前までには、議会のあり方、定数及び選挙区について検討を終えておくべきという意見もありました。そして、現議員としての責任において、何らかの付記事項をつけるべきでないかとの意見もありました。

 3月定例会開催中でありますが、3月11日には、委員会として最終段階に向けた採決を取りたいことから委員会を開催し、前回の各委員の意見の確認、委員会としての採決をいたしたい旨協議し、20年選挙における「議員の選挙区及び各選挙区において選挙すべき議員の数」について、合併協定書のとおり、選挙区ごとの定数は旧村部1人減、旧町部現状維持の議員定数30人でよろしいか、と起立採決を行った結果、賛成多数でそのように決した次第であります。

 ただし、24年選挙の定数、選挙区に関する事項については、当然のこととして次期の議会にて決定されるべきものであり、前述の意見の報告にとどめ、その多寡についても論じないこととし、この件に関してはこれ以上言及しないことは全委員の一致した認識であり、それを確認したものであることを申し添えておきます。

 以上がこれまでの議員定数検討特別委員会の審議経過、並びに検討結果であります。

 なお、この間、自治振興会はじめ関係各位には、当検討委員会の趣旨をご理解いただき、貴重なご意見、ご協力を賜わりましたことにつきまして、衷心より感謝申し上げる次第であります。

 これをもちまして、議員定数検討特別委員会委員長報告と致します。



○議長(水木猛議員) 以上で、議員定数検討特別委員長報告は終了いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第59号から同意第1号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(水木猛議員) 次に、日程第3、議案第59号 南砺市国民健康保険診療所使用料及び手数料条例及び南砺市病院事業使用料及び手数料条例の一部改正についてから同意第1号 人権擁護委員の候補者推薦についてまで、以上3件を議題といたします。

 市長から提案理由の説明を求めます。

 溝口市長。

   〔溝口 進市長登壇〕



◎市長(溝口進) ただいま追加提出いたしました議案について提案理由を説明申し上げます。

 議案第59号の南砺市国民健康保険診療所使用料及び手数料条例及び南砺市病院事業使用料及び手数料条例の一部改正につきましては、健康保険法及び高齢者の医療の確保に関する法律の規定による診療報酬の算定方法が全部改正されましたので、関係する条例について、その引用条項を改めるものであります。

 議案第60号は、予定価格が2,000万円以上の財産の取得について議会の議決を求めるものであります。福野地域二日町、柴田屋地内において、工業用地を造成するための土地を取得するもので、7筆合計面積5,001.5平方メートルを3,598万7,000円で購入しようとするものであります。

 同意第1号は、人権擁護委員の候補者推薦についてであります。平成20年6月末日をもって2名の人権擁護委員の方々が任期満了となられますが、現委員の梅原專從氏につきましては引き続き、また人権問題に深い見識をお持ちの土屋秀三氏を新たに推薦いたしたく議会の意見を求めるものであります。

 以上、追加提出いたしました議案について提案理由を説明いたしましたが、慎重ご審議の上、適切な議決を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(水木猛議員) これより、議案第59号並びに議案第60号について質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

   〔「なし」と言う人あり〕



○議長(水木猛議員) 質疑なしと認めます。

 お諮りいたします。議案第59号並びに議案第60号については、会議規則第37条第3項の規定により委員会付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

   〔「なし」と言う人あり〕



○議長(水木猛議員) ご異議なしと認めます。よってそのように決定いたしました。

 次に、討論に入ります。

 討論はありませんか。

   〔「なし」と言う人あり〕



○議長(水木猛議員) 討論なしと認めます。

 これより採決いたします。

 まず、議案第59号 南砺市国民健康保険診療所使用料及び手数料条例及び南砺市病院事業使用料及び手数料条例の一部改正についてを採決いたします。

 本案は、原案のとおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○議長(水木猛議員) 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第60号 財産の取得についてを採決いたします。

 本案は、原案のとおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○議長(水木猛議員) 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 次に、お諮りいたします。同意第1号については、事案の性質上、この際直ちに採決いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(水木猛議員) ご異議なしと認めます。

 よって、そのように決定いたしました。

 これより採決いたします。

 同意第1号 人権擁護委員の候補者推薦についてを採決いたします。

 本案は、原案のとおり同意することに賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○議長(水木猛議員) 起立全員であります。

 よって、本案は、原案のとおり同意することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議員提出議案第2号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(水木猛議員) 次に、日程第4、議員提出議案第2号 北陸職業能力開発大学校(独立行政法人雇用能力開発機構)の存続に関する意見書についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 総務文教常任委員長 蓮沼晃一議員。

   〔蓮沼晃一総務文教常任委員長議員登壇〕



◆総務文教常任委員長(蓮沼晃一議員) 議員提出議案第2号について、提案理由の説明を申し上げます。

 昨年末、「雇用・能力開発機構は1年を目途に法人自体の存廃について検討を行う」と閣議決定されましたが、北陸職業能力開発大学校は、中小企業のものづくりの基盤強化を担い、地域の活性化に大きく寄与しています。

 とりわけ、第二次産業の就業者比率が全国一の富山県において、高度なものづくりを担う若年者の人材育成は一層重要なものとなっているところであります。

 また、県外へ若年者の流出が進む中、北陸職業能力開発大学校では、県内の高等学校からの進学者が毎年90%以上、卒業生も80%以上が県内企業に就職しています。

 このような地域産業界のニーズに対応するため、北陸職業能力開発大学校の役割は非常に大きく、存続に対して多くの要望が寄せられている状況であります。

 政府においては、独立行政法人雇用能力開発機構の存廃の検討にあたり、地方の人材の確保、人材育成の必要性を十分に考慮されることを強く要望いたします。

 以上提案理由の説明を申し上げましたが、議員各位にはこの趣旨をご理解いただき、全会一致のご賛同を賜りますようお願いを申し上げまして、提案理由の説明といたします。



○議長(水木猛議員) これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

   〔「なし」と言う人あり〕



○議長(水木猛議員) 質疑なしと認めます。

 次に、討論に入ります。

 討論はありませんか。

   〔「なし」と言う人あり〕



○議長(水木猛議員) 討論なしと認めます。

 それでは採決いたします。

 議員提出議案第2号 北陸職業能力開発大学校(独立行政法人雇用能力開発機構)の存続に関する意見書についてを採決いたします。

 本案は、原案のとおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○議長(水木猛議員) 起立全員であります。

 よって、本案は、原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議員提出議案第3号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(水木猛議員) 次に、日程第5、議員提出議案第3号 南砺市議会の議員の選挙区及び各選挙区において選挙すべき議員の数に関する条例の一部改正についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 議員定数検討特別委員長 城岸一明議員。

 〔城岸一明議員定数検討特別委員長議員登壇〕



◆議員定数検討特別委員長(城岸一明議員) 議員提出議案第3号について、提案理由の説明を申し上げます。

 昨年の9月定例会で設置されました議員定数検討特別委員会におきまして、議員全員が特別委員として議員定数等に関し調査検討を重ね、 また、南砺市自治振興協議会との意見交換会を開催し、市民の声を聴かせていただく機会を設定するなど、慎重な審議を重ねてまいりました。

 調査検討における経過、結果として、南砺市は広大な地域、歴史・文化、多様な地域条件から、他市の条件とは全く違う環境にあり、南砺市自身の独自の考え方による議員定数を設定すべきである。旧町村が市となり、平準化、一体感の醸成に努めてはいるが、道のりはまだ半ばにあり、自治振興会の意見は十分に尊重するが、現状では合併協定で決められた議員定数等を遵守すべきである。これらのことから、合併協定書のとおり、城端選挙区5人、平選挙区1人、上平選挙区1人、利賀選挙区1人、井波選挙区5人、井口選挙区1人、福野選挙区7人、福光選挙区9人の議員定数30人、中選挙区の態勢で進めるべきであるという意見が多数でありました。

 以上の意見を踏まえまして、南砺市議会の議員の選挙区及び各選挙区において選挙すべき議員の数に関する条例の一部を改正しようとするものであります。

 以上、提案理由の説明を申し上げましたが、議員各位にはこの趣旨をご理解いただき、全会一致のご賛同を賜りますようお願いを申し上げまして、提案理由の説明といたします。



○議長(水木猛議員) これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

   〔「なし」と言う人あり〕



○議長(水木猛議員) 質疑なしと認めます。

 次に、討論に入ります。

 通告がありますので、発言を許します。

 香川俊光議員。

   〔24番 香川俊光議員登壇〕



◆24番(香川俊光議員) 議員提出議案第3号について、賛成者として申し上げます。

 面積669平方キロの広大な自然を抱え持つ地理的条件、東西砺波郡の旧4町、4村それぞれが各地域の伝統、文化、歴史の違いを乗り越えて、平成16年11月に合併したわけであります。合併前、議員91名。合併後、特例により議員34名となりました。

 議員定数に関しては、よく合併しなかった氷見市と比較されるわけでありますが、全国の合併した各市において、南砺市に類似した合併例がいくつあるのでしょうか。他市の条件とは違う旧8町村との合併であったと思われます。現在、市として平準化に取り組んでおりますが、まだまだ一体感の醸成には道半ばであり、それ以外にも整理すべき課題を多く抱えております。

 この様な市政の状況の中で、選挙制度についてどう考えるべきなのか、全国の趨勢、県内各市の状況を参考に検討をいたしてきたのであります。

 南砺市のさらなる発展には、何事も一歩一歩確実に、住民協働で、基礎をつくっていくことこそ必要不可欠ではないでしょうか。

 だからこそ、定数、選挙区は、一体感の醸成を早めるため、より多くの民意が反映されなければならないと考えております。それで、結論としては法定数上限30人を確保し、選挙区は中選挙区8ブロックが望ましいと思います。

 しかしながら、自治振興会のご意見の中には、まだまだ定数削減すべきではないか、また選挙区のあり方も検討すべきとの指摘があり、改選後も厳しい財政状況の中、世情の変化に対応するために、選挙制度について議論を継続してもらいたい思いがあります。

 私たち議員の任期もあまりないわけですが、議会議員自身の資質を向上させ、民意に基礎を置く議会として、その活性化を十分に図り、懸命に努力することこそ、議員としての与えられた使命でないでしょうか。

 議員各位にはこの趣旨をご理解いただき、全会一致でご賛同を賜りますようお願いを申し上げまして、賛成討論といたします。



○議長(水木猛議員) これをもって討論を終了いたします。

 これより採決いたします。

 議員提出議案第3号 南砺市議会の議員の選挙区及び各選挙区において選挙すべき議員の数に関する条例の一部改正についてを採決いたします。

 本案は、原案のとおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○議長(水木猛議員) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議員派遣の件



○議長(水木猛議員) 次に、日程第6、議員派遣の件を議題といたします。

 お諮りいたします。会議規則第159条の規定に基づき、お手元に配付いたしましたとおり(末尾参照)、議員を派遣することといたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(水木猛議員) ご異議なしと認めます。

 よって、そのように決定いたしました。

 次にお諮りいたします。

 ただいま決定いたしました議員派遣の内容に、今後変更を有するときは、その取り扱いを議長にご一任願いたいと思いますが、ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(水木猛議員) ご異議なしと認めます。

 よって、そのように決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会中継続審査の件



○議長(水木猛議員) 次に、日程第7、各常任委員会、議会運営委員会及び広報特別委員会の閉会中継続審査の件を議題といたします。

 各常任委員長、議会運営委員長及び広報特別委員長から、審査中の事件につき、会議規則第104条の規定により、お手元に配付いたしました申し出一覧のとおり(末尾参照)、閉会中の継続審査の申し出があります。

 お諮りいたします。各委員長の申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(水木猛議員) ご異議なしと認めます。

 よって、そのように決定いたしました。

 以上で、本日の日程は終了いたしました。

 これをもって、本定例会に付議されました諸案件の審議はすべて終了いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△市長あいさつ



○議長(水木猛議員) 次に、本定例会を閉会するに当たり、市長からあいさつがございます。

   〔溝口 進市長登壇〕



◎市長(溝口進) ただいまは本定例会に提案いたしました諸案件につきまして、議決を賜りまして、本当にありがとうございました。

 また、合併以来、懸案になっておりました次期の市会議員の選挙についての定数等につきましてもご決定をいただいたわけで、その決定内容は、合併協議会で合意した事項に沿ったものになっておりまして、まことにありがとうございました。

 これで20年度の仕事を粛々と、また着実に執行していくことになるわけでございます。お互いに任期が1年を切ったわけでございますけれども、これからもご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

 今議会は、私、初日にぶざまなところをお見せしまして、意気込みに体力が伴わなかったということでお許しをいただきたいと思いますけれども、徐々に治って来つつありますので、皆様方とまた、この南砺市政について一生懸命頑張っていきたい、そんなふうに思っておるところでございます。今後ともよろしくお願い申し上げまして、お礼のごあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。(拍手)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会の宣告



○議長(水木猛議員) これをもって、平成20年第2回南砺市議会3月定例会を閉会いたします。

 お疲れさまでした。



△閉会 午後5時04分

     平成20年第2回南砺市議会3月定例会議案付託表



総務文教常任委員会付託分


議案番号
議案名


議案第4号
平成20年度南砺市一般会計予算の所管部分


議案第17号
平成19年度南砺市一般会計補正予算(第5号)の所管部分


議案第31号
南砺市行政組織条例の一部改正について


議案第32号
南砺市長等の給料の特例に関する条例の一部改正について


議案第33号
南砺市一般職員の特殊勤務手当に関する条例の一部改正について


議案第34号
南砺市特別会計条例の一部改正について


議案第48号
富山県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の増減及び規約の変更について


議案第50号
過疎地域自立促進計画の変更について


報告第1号
専決処分の報告について


以上9案件







民生病院常任委員会付託分


議案番号
議案名


議案第4号
平成20年度南砺市一般会計予算の所管部分


議案第5号
平成20年度南砺市バス事業特別会計予算


議案第7号
平成20年度南砺市国民健康保険事業特別会計予算


議案第8号
平成20年度南砺市老人保健医療事業特別会計予算


議案第9号
平成20年度南砺市後期高齢者医療事業特別会計予算


議案第10号
平成20年度南砺市介護事業特別会計予算


議案第14号
平成20年度南砺市病院事業会計予算


議案第17号
平成19年度南砺市一般会計補正予算(第5号)の所管部分


議案第18号
平成19年度南砺市バス事業特別会計補正予算(第2号)


議案第20号
平成19年度南砺市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)


議案第21号
平成19年度南砺市老人保健医療事業特別会計補正予算(第2号)


議案第22号
平成19年度南砺市介護福祉支援センター事業特別会計補正予算(第3号)


議案第26号
平成19年度南砺市病院事業会計補正予算(第2号)


議案第28号
南砺市後期高齢者医療に関する条例の制定について


議案第37号
南砺市乳児及び幼児医療費助成に関する条例の一部改正について


議案第38号
南砺市妊産婦医療費助成に関する条例の一部改正について


議案第39号
南砺市ひとり親家庭等医療費助成条例の一部改正について


議案第40号
南砺市訪問看護及び介護予防訪問看護実施条例の一部改正について


議案第41号
南砺市デイサービスセンター条例の一部改正について


議案第42号
南砺市重度心身障害者等医療費助成条例の一部改正について


議案第43号
南砺市国民健康保険条例の一部改正について


議案第44号
南砺市国民健康保険税条例の一部改正について


議案第47号
南砺市病院事業使用料及び手数料条例の一部改正について


議案第49号
証明書等の交付等に係る事務の委託に関する規約の変更について


議案第54号
南砺市デイサービスセンター(旅川デイサービスセンター)の指定管理者の指定について


承認第1号
専決処分の承認を求めることについて


以上26案件







産業建設常任委員会付託分


議案番号
議案名


議案第4号
平成20年度南砺市一般会計予算の所管部分


議案第6号
平成20年度南砺市温泉事業特別会計予算


議案第11号
平成20年度南砺市国民宿舎事業特別会計予算


議案第12号
平成20年度南砺市工業用地造成事業特別会計予算


議案第13号
平成20年度南砺市簡易水道事業特別会計予算


議案第15号
平成20年度南砺市水道事業会計予算


議案第16号
平成20年度南砺市下水道事業会計予算


議案第17号
平成19年度南砺市一般会計補正予算(第5号)の所管部分


議案第19号
平成19年度南砺市公共用地取得事業特別会計補正予算(第1号)


議案第23号
平成19年度南砺市温泉事業特別会計補正予算(第2号)


議案第24号
平成19年度南砺市国民宿舎事業特別会計補正予算(第3号)


議案第25号
平成19年度南砺市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)


議案第27号
平成19年度南砺市下水道事業会計補正予算(第3号)


議案第29号
南砺市駐車場条例の制定について


議案第30号
南砺市国民宿舎条例の全部改正について


議案第35号
南砺市手数料条例の一部改正について


議案第36号
南砺市積立基金条例の一部改正について


議案第45号
南砺市民謡の里条例の一部改正について


議案第46号
南砺市営住宅条例等の一部改正について


議案第51号
市道路線の廃止について


議案第52号
市道路線の認定について


議案第53号
市道路線の変更について


議案第55号
南砺市福野農産加工研修展示施設の指定管理者の指定について


議案第56号
南砺市民謡の里(上平林業振興センター)の指定管理者の指定について


議案第57号
南砺市桂湖レクリエーション施設(ビジターセンター等)の指定管理者の指定について


議案第58号
南砺市温泉施設(南砺市ふれあい温泉センター「ゆ〜楽」)の指定管理者の指定について


以上26案件



                           平成20年3月17日

南砺市議会議長 水木 猛様

                       南砺市議会産業建設常任委員会

                       委員長  浅田裕二

            委員会審査報告書

 本委員会に付託の下記議案は、審査の結果、次のとおり決定したので会議規則第103条の規定により報告します。

               記



議案番号
議案名
議決結果


議案第4号
平成20年度南砺市一般会計予算の所管部分
原案可決


議案第6号
平成20年度南砺市温泉事業特別会計予算
原案可決


議案第11号
平成20年度南砺市国民宿舎事業特別会計予算
原案可決


議案第12号
平成20年度南砺市工業用地造成事業特別会計予算
原案可決


議案第13号
平成20年度南砺市簡易水道事業特別会計予算
原案可決


議案第15号
平成20年度南砺市水道事業会計予算
原案可決


議案第16号
平成20年度南砺市下水道事業会計予算
原案可決


議案第17号
平成19年度南砺市一般会計補正予算(第5号)の所管部分
原案可決


議案第19号
平成19年度南砺市公共用地取得事業特別会計補正予算(第1号)
原案可決


議案第23号
平成19年度南砺市温泉事業特別会計補正予算(第2号)
原案可決


議案第24号
平成19年度南砺市国民宿舎事業特別会計補正予算(第3号)
原案可決


議案第25号
平成19年度南砺市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)
原案可決


議案第27号
平成19年度南砺市下水道事業会計補正予算(第3号)
原案可決


議案第29号
南砺市駐車場条例の制定について
原案可決


議案第30号
南砺市国民宿舎条例の全部改正について
原案可決


議案第35号
南砺市手数料条例の一部改正について
原案可決


議案第36号
南砺市積立基金条例の一部改正について
原案可決


議案第45号
南砺市民謡の里条例の一部改正について
原案可決


議案第46号
南砺市営住宅条例等の一部改正について
原案可決


議案第51号
市道路線の廃止について
原案可決


議案第52号
市道路線の認定について
原案可決


議案第53号
市道路線の変更について
原案可決


議案第55号
南砺市福野農産加工研修展示施設の指定管理者の指定について
原案可決


議案第56号
南砺市民謡の里(上平林業振興センター)の指定管理者の指定について
原案可決


議案第57号
南砺市桂湖レクリエーション施設(ビジターセンター等)の指定管理者の指定について
原案可決


議案第58号
南砺市温泉施設(南砺市ふれあい温泉センター「ゆ〜楽」)の指定管理者の指定について
原案可決



                           平成20年3月18日

南砺市議会議長  水木 猛様

                       南砺市議会民生病院常任委員会

                       委員長  西井秀治

            委員会審査報告書

 本委員会に付託の下記議案は、審査の結果、次のとおり決定したので会議規則第103条の規定により報告します。

               記



議案番号
議案名
議決結果


議案第4号
平成20年度南砺市一般会計予算の所管部分
原案可決


議案第5号
平成20年度南砺市バス事業特別会計予算
原案可決


議案第7号
平成20年度南砺市国民健康保険事業特別会計予算
原案可決


議案第8号
平成20年度南砺市老人保健医療事業特別会計予算
原案可決


議案第9号
平成20年度南砺市後期高齢者医療事業特別会計予算
原案可決


議案第10号
平成20年度南砺市介護事業特別会計予算
原案可決


議案第14号
平成20年度南砺市病院事業会計予算
原案可決


議案第17号
平成19年度南砺市一般会計補正予算(第5号)の所管部分
原案可決


議案第18号
平成19年度南砺市バス事業特別会計補正予算(第2号)
原案可決


議案第20号
平成19年度南砺市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)
原案可決


議案第21号
平成19年度南砺市老人保健医療事業特別会計補正予算(第2号)
原案可決


議案第22号
平成19年度南砺市介護福祉支援センター事業特別会計補正予算(第3号)
原案可決


議案第26号
平成19年度南砺市病院事業会計補正予算(第2号)
原案可決


議案第28号
南砺市後期高齢者医療に関する条例の制定について
原案可決


議案第37号
南砺市乳児及び幼児医療費助成に関する条例の一部改正について
原案可決


議案第38号
南砺市妊産婦医療費助成に関する条例の一部改正について
原案可決


議案第39号
南砺市ひとり親家庭等医療費助成条例の一部改正について
原案可決


議案第40号
南砺市訪問看護及び介護予防訪問看護実施条例の一部改正について
原案可決


議案第41号
南砺市デイサービスセンター条例の一部改正について
原案可決


議案第42号
南砺市重度心身障害者等医療費助成条例の一部改正について
原案可決


議案第43号
南砺市国民健康保険条例の一部改正について
原案可決


議案第44号
南砺市国民健康保険税条例の一部改正について
原案可決


議案第47号
南砺市病院事業使用料及び手数料条例の一部改正について
原案可決


議案第49号
証明書等の交付等に係る事務の委託に関する規約の変更について
原案可決


議案第54号
南砺市デイサービスセンター(旅川デイサービスセンター)の指定管理者の指定について
原案可決


承認第1号
専決処分の承認を求めることについて
承認



                           平成20年3月19日

南砺市議会議長  水木 猛様

                       南砺市議会総務文教常任委員会

                       委員長  蓮沼晃一

            委員会審査報告書

 本委員会に付託の下記議案は、審査の結果、次のとおり決定したので会議規則第103条の規定により報告します。

               記



議案番号
議案名
議決結果


議案第4号
平成20年度南砺市一般会計予算の所管部分
原案可決


議案第17号
平成19年度南砺市一般会計補正予算(第5号)の所管部分
原案可決


議案第31号
南砺市行政組織条例の一部改正について
原案可決


議案第32号
南砺市長等の給料の特例に関する条例の一部改正について
原案可決


議案第33号
南砺市一般職員の特殊勤務手当に関する条例の一部改正について
原案可決


議案第34号
南砺市特別会計条例の一部改正について
原案可決


議案第48号
富山県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の増減及び規約の変更について
原案可決


議案第50号
過疎地域自立促進計画の変更について
原案可決


報告第1号
専決処分の報告について
承認



                           平成20年3月24日

南砺市議会議長  水木 猛様

                     南砺市議会議員定数検討特別委員会

                     委員長  城岸一明

            委員会調査報告書

 本委員会に付託された調査事件について、調査の結果、別紙のとおり決定したので、会議規則第103条の規定により報告します。

1 調査事件

   議員定数の調査について

2 調査の経過

   平成19年 9月21日(金) 特別委員会

                 委員長・副委員長互選

        11月 9日(金) 議会幹部会にて委員会資料の確認

        11月 9日(金) 特別委員会

                 「議員定数検討特別委員会の進め方について」

        12月17日(月) 特別委員会

                 「今後の進め方について」

        12月18日(火) 8地域自治振興会長宛に意見交換会事前案内送付

   平成20年 1月30日(水) 特別委員会

                 「議員定数について」

         2月 8日(金) 自治振興会との意見交換会

         2月29日(金) 特別委員会

                 「議員定数について」

         3月11日(火) 特別委員会

                 「議員定数について」

         3月21日(金) 特別委員会

                 「議員提出議案等について」

3 調査の結果又は意見

 南砺市は広大な地域、歴史・文化、多様な地域条件から、他市の条件とは全く違う環境にあり、南砺市独自の考え方による議員定数を設定すべきである。旧町村が市となり、平準化、一体感の醸成に努めているが、道程はまだ半ばにあり、自治振興会の意見は充分に尊重するが、現状では合併協定で決められた議員定数等を遵守すべきである。これらのことから、合併協定書のとおり、城端選挙区5人、平選挙区1人、上平選挙区1人、利賀選挙区1人、井波選挙区5人、井口選挙区1人、福野選挙区7人、福光選挙区9人の議員定数30人、中選挙区の態勢で進めるべきである。

               議員派遣の件

                           平成20年3月24日

 南砺市議会会議規則第159条の規定に基づき、次のとおり議員を派遣する。

1.総務文教常任委員会行政視察研修

 (1)目的    所管事項の調査研究に資するため

 (2)派遣場所  北海道千歳市、室蘭市、伊達市、夕張市

 (3)期間    平成20年5月12日〜14日

 (4)派遣議員  蓮沼晃一議員、岩崎 誠議員、大西正隆議員

          水木猛議員、中島洋三議員、吉田 清議員

          前田美好議員、大島孝議員、川辺邦明議員

          高田龍司郎議員、池田庄平議員

2.民生病院常任委員会行政視察研修

 (1)目的    所管事項の調査研究に資するため

 (2)派遣場所  岡山県新見市、真庭市、島根県雲南市

 (3)期間    平成20年4月22日〜24日

 (4)派遣議員  西井秀治議員、山田 勉議員、嶋 信一議員

          香川俊光議員、才川昌一議員、高橋 猛議員

          生田長範議員、長尾益勇議員、向川静孝議員

          齊藤光一議員、田中幹夫議員

3.産業建設常任委員会行政視察研修

 (1)目的    所管事項の調査研究に資するため

 (2)派遣場所  北海道札幌市、網走市

 (3)期間    平成20年5月22日〜24日

 (4)派遣議員  浅田裕二議員、石崎俊彦議員、倉 一雄議員

          島田勝由議員、且見公順議員、城岸一明議員

          中田勝治議員、中川邦宏議員、片岸 博議員

          堀 豊次議員、山瀬悦朗議員

4.広報特別委員会行政視察研修

 (1)目的    議会広報の充実化に向けた調査研修に資するため

 (2)派遣場所  愛知県幸田町、日進市

 (3)期間    平成20年5月20日〜21日

 (4)派遣議員  才川昌一議員、生田長範議員、浅田裕二議員

          石崎俊彦議員、岩崎 誠議員、大島 孝議員

          向川静孝議員、齊藤光一議員     閉会中継続審査事件の申し出一覧



委員会名
件名


議会運営

議会の運営に関することについて



議会の会議規則、委員会条例等に関することについて



議長の諮問に関することについて


総務文教

行財政の効率的執行について



市政の重要施策の推進について



都市・国際交流の推進について



高度情報通信基盤の整備などIT施策の推進について



防災対策の強化について



学校教育の充実と教育環境の整備について



生涯学習の振興及び体育・スポーツ、芸術・文化施策の推進について



文化財の活用及び美術館・図書館などの充実について



高等教育機関の整備について


10
女性及び青少年対策について


民生病院

高齢者、児童等の福祉対策の促進について



障害者(児)福祉対策の促進について



住民、健康等施策の推進について



環境保全及び環境衛生対策について



病院事業の推進について



交通安全と事故防止対策の推進について



暴力犯罪の防止及び防犯対策の推進について


産業建設

地場産業の育成と中小企業の振興対策について



商工業発展と振興対策について



雇用対策と職業能力開発事業の推進について



観光事業の積極的な推進について



勤労者福祉の拡充について



地域開発事業の推進について



長期展望に基づく総合農政の展開について



農業生産基盤の整備と農業構造改善対策について



水産業、畜産業の振興対策について


10
林道・治山対策及び林業構造改善対策について


11
道路事業の促進について


12
河川、砂防事業の促進について


13
都市計画の促進について


14
住宅対策について


15
上下水道事業の促進について


広報特別

議会広報の発行に関することについて



地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

  平成20年3月24日

        議長          水木 猛

        署名議員        且見公順

        署名議員        島田勝由

        署名議員        倉 一雄