議事ロックス -地方議会議事録検索-


富山県 南砺市

平成20年  3月 定例会(第2回) 03月03日−01号




平成20年  3月 定例会(第2回) − 03月03日−01号







平成20年  3月 定例会(第2回)



南砺市告示第33号

          南砺市議会3月定例会の招集について

 地方自治法(昭和22年法律第67号)第101条第1項の規定により、平成20年第2回南砺市議会3月定例会を、次のとおり招集する。

 平成20年2月8日

                            南砺市長 溝口 進

                   記

          1 期日  平成20年3月3日(月)

          2 場所  南砺市役所福光庁舎 議場

議事日程(第1号)

                  平成20年3月3日(月)午前10時開会

日程第1 会議録署名議員の指名

日程第2 会期決定の件

日程第3 議案第4号 平成20年度南砺市一般会計予算

     議案第5号 平成20年度南砺市バス事業特別会計予算

     議案第6号 平成20年度南砺市温泉事業特別会計予算

     議案第7号 平成20年度南砺市国民健康保険事業特別会計予算

     議案第8号 平成20年度南砺市老人保健医療事業特別会計予算

     議案第9号 平成20年度南砺市後期高齢者医療事業特別会計予算

     議案第10号 平成20年度南砺市介護事業特別会計予算

     議案第11号 平成20年度南砺市国民宿舎事業特別会計予算

     議案第12号 平成20年度南砺市工業用地造成事業特別会計予算

     議案第13号 平成20年度南砺市簡易水道事業特別会計予算

     議案第14号 平成20年度南砺市病院事業会計予算

     議案第15号 平成20年度南砺市水道事業会計予算

     議案第16号 平成20年度南砺市下水道事業会計予算

     議案第17号 平成19年度南砺市一般会計補正予算(第5号)

     議案第18号 平成19年度南砺市バス事業特別会計補正予算(第2号)

     議案第19号 平成19年度南砺市公共用地取得事業特別会計補正予算(第1号)

     議案第20号 平成19年度南砺市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)

     議案第21号 平成19年度南砺市老人保健医療事業特別会計補正予算(第2号)

     議案第22号 平成19年度南砺市介護福祉支援センター事業特別会計補正予算(第3号)

     議案第23号 平成19年度南砺市温泉事業特別会計補正予算(第2号)

     議案第24号 平成19年度南砺市国民宿舎事業特別会計補正予算(第3号)

     議案第25号 平成19年度南砺市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)

     議案第26号 平成19年度南砺市病院事業会計補正予算(第2号)

     議案第27号 平成19年度南砺市下水道事業会計補正予算(第3号)

     議案第28号 南砺市後期高齢者医療に関する条例の制定について

     議案第29号 南砺市駐車場条例の制定について

     議案第30号 南砺市国民宿舎条例の全部改正について

     議案第31号 南砺市行政組織条例の一部改正について

     議案第32号 南砺市長等の給料の特例に関する条例の一部改正について

     議案第33号 南砺市一般職員の特殊勤務手当に関する条例の一部改正について

     議案第34号 南砺市特別会計条例の一部改正について

     議案第35号 南砺市手数料条例の一部改正について

     議案第36号 南砺市積立基金条例の一部改正について

     議案第37号 南砺市乳児及び幼児医療費助成に関する条例の一部改正について

     議案第38号 南砺市妊産婦医療費助成に関する条例の一部改正について

     議案第39号 南砺市ひとり親家庭等医療費助成条例の一部改正について

     議案第40号 南砺市訪問看護及び介護予防訪問看護実施条例の一部改正について

     議案第41号 南砺市デイサービスセンター条例の一部改正について

     議案第42号 南砺市重度心身障害者等医療費助成条例の一部改正について

     議案第43号 南砺市国民健康保険条例の一部改正について

     議案第44号 南砺市国民健康保険税条例の一部改正について

     議案第45号 南砺市民謡の里条例の一部改正について

     議案第46号 南砺市営住宅条例等の一部改正について

     議案第47号 南砺市病院事業使用料及び手数料条例の一部改正について

     議案第48号 富山県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の増減及び規約の変更について

     議案第49号 証明書等の交付等に係る事務の委託に関する規約の変更について

     議案第50号 過疎地域自立促進計画の変更について

     議案第51号 市道路線の廃止について

     議案第52号 市道路線の認定について

     議案第53号 市道路線の変更について

     議案第54号 南砺市デイサービスセンター(旅川デイサービスセンター)の指定管理者の指定について

     議案第55号 南砺市福野農産加工研修展示施設の指定管理者の指定について

     議案第56号 南砺市民謡の里(上平林業振興センター)の指定管理者の指定について

     議案第57号 南砺市桂湖レクリエーション施設(ビジターセンター等)の指定管理者の指定について

     議案第58号 南砺市温泉施設(南砺市ふれあい温泉センター「ゆ〜楽」)の指定管理者の指定について

     承認第1号 専決処分の承認を求めることについて

     報告第1号 専決処分の報告について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

 議事日程に同じ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(33人)

      1番  田中幹夫議員        2番  山瀬悦朗議員

      3番  齊藤光一議員        4番  向川静孝議員

      5番  池田庄平議員        6番  高田龍司郎議員

      7番  長尾益勇議員        8番  川辺邦明議員

      9番  堀 豊次議員       10番  生田長範議員

     11番  大島 孝議員       12番  高橋 猛議員

     13番  山田 勉議員       14番  岩崎 誠議員

     15番  石崎俊彦議員       16番  前田美好議員

     17番  才川昌一議員       18番  蓮沼晃一議員

     19番  浅田裕二議員       20番  吉田 清議員

     22番  片岸 博議員       23番  西井秀治議員

     24番  香川俊光議員       25番  中川邦宏議員

     26番  中島洋三議員       27番  水木 猛議員

     28番  中田勝治議員       29番  城岸一明議員

     30番  且見公順議員       31番  島田勝由議員

     32番  倉 一雄議員       33番  大西正隆議員

     34番  嶋 信一議員

欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

説明のため出席した者

 市長       溝口 進      副市長      清都邦夫

 収入役      山本勝徳      教育長      梧桐角也

 代表監査委員   伊東 浩      教育委員長    蓑口勝美

 市長政策室長   中山繁實      総務部長     大家信二

 民生部長     上田一郎      医療局長     重原一雄

 産業経済部長   細川 哲      建設部長     畑 清一

 市長政策室次長  松田泰彦      総務部次長    下田正佳

 総務部次長    上坂吉明      教育次長     仲筋武智

 民生部次長    石村悦朗      民生部次長    森田清樹

 産業経済部次長  池田祐昇      産業経済部次長  新谷一明

 建設部次長    小西正信      建設部次長    奥野伸一

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

職務のため出席した事務局職員

                    局長補佐

 事務局長     平本和雄               中嶋真知子

                    議事調査係長

 議事調査係主任  溝口早苗

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開会 午前10時00分



△開会及び開議の宣告



○議長(水木猛議員) ただいまから平成20年第2回南砺市議会3月定例会を開会いたします。

 本日の会議を開きます。

 議事日程はお手元に配付のとおりであります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名



○議長(水木猛議員) これより、日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議規則第81条の規定により、会期中の会議録署名議員に30番且見公順議員、31番島田勝由議員、32番倉一雄議員を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会期の決定



○議長(水木猛議員) 次に、日程第2、会期決定の件を議題といたします。

 お諮りいたします。本定例会の会期は、本日から3月24日までの22日間といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(水木猛議員) ご異議なしと認めます。

 よって、会期は22日間と決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第4号から議案第58号並びに承認第1号及び報告第1号の上程、説明



○議長(水木猛議員) 次に、日程第3、議案第4号 平成20年度南砺市一般会計予算から議案第58号 南砺市温泉施設(南砺市ふれあい温泉センター「ゆ〜楽」)の指定管理者の指定についてまで、並びに承認第1号 専決処分の承認を求めることについて及び報告第1号 専決処分の報告について、以上57案件を一括議題といたします。

 市長から提案理由の説明を求めます。

 溝口市長。

   〔溝口 進市長登壇〕



◎市長(溝口進) 本日ここに、平成20年3月定例会を開催いたしましたところ、議員各位には何かとご多忙の折にもかかわらずご出席を賜り、厚くお礼申し上げます。

 まず最初に、私は去る1月17日、にわかに病を得て入院を余儀なくされ、議員各位を始め多くの皆様にご心配をいただき、またご迷惑をおかけいたしましたことに対し、深くお詫びいたしますとともに、温かい励ましをいただきましたことに心から感謝申し上げます。まだ完治とはなりませんが、おおむね体調も戻ってまいりましたので、市政に復帰いたしました。この上は、以前と同様、ご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

 提案理由の説明に入ります前に、最近の情勢や市政に対する所信の一端を申し述べ、議員の皆様のご理解とご協力を賜りたいと存じます。

 2月24日早朝、富山湾特有の「寄り回り波」とみられる高波により、沿岸地域で大きな被害が生じました。被災されました皆様には心からお見舞いを申し上げますとともに、一日も早い復旧をお祈りいたします。

 それにつきましても、日頃から災害に対する備えが必要であり、2月8日には隣接する金沢市と災害応援協定を結んだところであります。

 今年に入りまして、中国製冷凍食品への農薬、殺虫剤の混入事件があり、全国に影響が広がっております。また、食品の偽装表示も次から次へと明るみに出ており、食材の大量生産、大量消費に頼る日本の食生活のもろさ、さらには食糧自給率の低さ、検疫体制の不備などに起因する食の安全も問題になっております。

 住の安全と食の安全は、人が生活するための基本であり、南砺市は自然豊かな居住地として、また、豊富な食材の供給地として、今後とも、住環境の整備や地産地消の推進など、地道な施策を充実させてまいりたいと考えます。

 次に、今国会でも大きな争点となっております道路特定財源に関する問題につきましては、道路について沢山の課題をかかえる南砺市としてはその維持を目指しており、これまでの市議会のご協力に感謝いたしますとともに、現在進められている国の20年度予算の審議状況を注視しているところであります。

 また、検討が進められております県立高校の再編、統合につきましては、井波高校が福野高校へ統合する計画案が示されました。これを受け、市でも2月5日に南砺市高校教育振興懇話会を開くなど、市としての対応を協議しておりますが、井波地域や同窓会などの意向も加味しながら、慎重に対処したいと考えております。

 この時期、各種スキー競技において市民の活躍が目立っており、たいへんうれしく思っております。とりわけ、全国中学校スキー大会で優勝されました永井秀篤くん、長野かがやき国体冬季大会で優勝されました蛯沢克仁さんには、その栄誉を市民とともに称えるものであります。

  次に、大きな課題でありました福野病院の南砺家庭・地域医療センターへの再編が2月1日からスタートしました。病院事業の機能分担を図りながら、市民ニーズに応える医療体制の一層の充実を図ってまいりたいと思います。

 また、引き続き行政改革に努めておりますが、職員の削減が行政サービスの低下につながることがないよう、4月1日から組織を改編して市政の運営にあたりたいと考えております。4課を削減してスリム化を図るとともに、企業誘致部門などの強化も同時に行うこととしており、責任意識及び問題意識の徹底を図って対処しなければならないと思っているところであります。

 それでは、提案いたしました議案につき、提案理由とその概要を説明申し上げます。

 議案第4号から議案第16号までは、13の会計について平成20年度当初予算を調製し、議会の議決をいただこうとするものであります。

 利賀ダムに係る用地取得事業が終了したことから公共用地取得事業特別会計を廃止し、平成20年度から開始される後期高齢者医療事業について特別会計を新たに設置いたしました。

 最初に、予算編成にあたり重点としたことについて申し上げます。

 第1には、総合計画の実現に向けて、実施に移せる事業については積極的に予算化することといたしました。また、基本調査や実施設計の段階に入れる事業につきましても、調査費や設計委託料を計上し、次年度以降、合併特例債など有利な財源を期限内に計画的に活用できるように配慮しました。

 第2には、「頑張る南砺 応援プログラム」を盛り込み、市民活動等の活性化を図ることに意を注ぎました。厳しい財政状況は続きますが、大型事業とは別に、ちょっとした創意と工夫により、南砺市に元気がでる機運を作り出したいと思っております。

 第3には、特別観光キャンペーン、インターチェンジ設置の準備調査を行うとともに、全国菊花大会などを開催し、東海北陸自動車道の全面開通を生かすことに意を用いました。

 第4には、道路、下水道、土地改良など社会資本の充実に引き続き力を注ぎ、産業基盤の整備と生活の利便化に配慮いたしました。

 第5には、南砺市の豊かな自然を生かすため、里山再生整備事業、農地・水・環境保全向上活動支援交付金などを利用して、森林の維持や農村環境保全のための政策に力を入れることとしました。

 次に、予算編成にあたり留意した事項について申し上げます。

 まず、総合計画の実施計画に留意のうえ、特に、起債事業につきましては後年度の実質公債費比率及び財源を考慮して予算化したところであります。

 また、利率の高い公的資金の繰上償還元金を予算化し、財政健全化計画、公営企業経営健全化計画を着実に推進することとしました。

 併せて、起債総額を元金償還額の範囲内に抑え、市債残高を減らすとともに、新たな起債につきましては、後年度元利償還金が地方交付税に算入されるものを厳選いたしました。

 なお、予算査定にあたっては、厳しい財政状況を踏まえて、投資的経費は一般財源ベースで10%、経常経費は5%の削減を原則としたところであります。

 また、引き続き行政改革の推進を図るため、行政組織の改編、職員の削減、指定管理の推進、庁用車の削減と軽自動車化を盛り込んだ予算といたしました。

 以上の方針に基づいて編成いたしました平成20年度予算の規模は、一般会計333億3,300万円、特別会計98億7,920万円、企業会計168億3,172万4,000円、合計600億4,392万4,000円となり、平成19年度当初予算と比較して、一般会計では2.3ポイント増、特別会計で27.9ポイント減、企業会計で3.5ポイント増、予算総額では4.0ポイントの減となるものであります。

 最初に、一般会計についてその概要を申し上げます。

 平成20年度は総合計画の2年目であり、実施計画に盛り込まれた事業のうち、福祉と教育の施設について着工の運びとなったことから大型の予算となりました。市債の繰上償還、人件費の節減効果などを考慮しますと、2.3ポイントを相当に上回る積極型になったと思っております。

 予算化いたしました主な事業は、特別養護老人ホーム福寿園建設事業1,606,849千円、福野小学校改築事業936,811千円、平・上平統合中学校新築事業40,000千円、新中央図書館整備事業17,900千円、福光斎場建設事業656,420千円、地域ICT利活用モデル構築事業88,000千円、工業団地適地調査業務委託料4,000千円、都市計画作成業務委託料22,000千円などであります。

 また、一般会計の目的別歳出の状況では、事業費は建設事業によってそれぞれ大きく増減しておりますが、それを除きますと、所得変動減額措置分に係る住民税還付金81,600千円により総務費が、老人保健医療事業から後期高齢者医療事業への制度改編分162,679千円により民生費がそれぞれ増えており、一方、病院会計繰出金の減327,462千円により衛生費が、平成19年度に実施した市債繰上償還に係る元利償還金の減483,180千円により公債費がそれぞれ減っております。

 また、性質別状況をみますと、行政改革や経費節減により人件費、物件費、維持補修費が前年度より減少し、また、繰上償還の効果で公債費が、南砺中央病院の医療器械に係る起債償還が完了したことから病院事業への出資金が、それぞれ減額となりました。さらに、災害復旧費は復旧事業の完了などで減額いたしましたが、一方で、総合計画の本格実施により普通建設費を大幅に増額することとなり、繰出金も特別会計の建設事業費の増大により増額となりました。

 歳入の状況では、市税を、市内企業の収益動向などを勘案して前年度並みの7,717,151千円計上し、地方交付税につきましては、地方再生対策費の予定額356,000千円などを勘案して、13,000,000千円を見込みました。また、実施する事業に基づき、国庫支出金、県支出金、起債などについて調整を行いました。総合計画が本格化し、起債対象事業費が増大したことから、市債の発行額は前年度に対し942,600千円増の4,697,700千円を計上することとなりましたが、実質公債費比率、起債残高には十分配慮をしたところであります。

 歳入の調整を行って、なお足りない960,000千円につきましては、財政調整基金を取り崩すことといたしました。

 特別会計につきましては、観光誘客関連事業について、くろば温泉施設改良事業費47,200千円、国民宿舎五箇山荘のリニューアル・耐震化事業費243,700千円など、古くなった施設の改善を進めることといたしました。また、医療保険の会計にあっては、特定健康診査などが保険者の責務となったことから、必要な経費を盛り込みました。

 企業会計につきましては、上水道事業において高度浄水処理施設整備事業に191,300千円で着手する以外は、病院事業、下水道事業を含めて、施設整備関連について通常ベースの予算といたしました。なお、利率の高い公的資金の繰上償還を行うため、病院事業会計で244,803千円、水道事業会計で89,422千円、下水道事業会計で1,396,643千円の元金償還額を計上したことから、予算総額は増加することとなりました。

 議案第17号から議案第27号までは、11の会計の平成19年度補正予算について、議会の議決をいただこうとするものであります。

 今回の補正では、県支出金の決定に伴うもの、緊急な事業経費、年度末を迎え予算に過不足が生じたもの、企業会計への繰出金、土地開発基金からの土地の買戻し、病院事業の運転資金の調達などについて調整したものであります。

 その結果、補正予算の規模は、一般会計1億4,218万8,000円の減額、特別会計 2,361万7,000円の減額、企業会計4,141万円の増額となりました。

 まず、一般会計歳出予算について、主なものを申し上げます。

 県予算の配分により、埋蔵文化財調査費3,330万円、都市計画街路整備費4,000万円を計上いたしましたが、これらは平成20年度に繰り越して執行することになります。緊急な経費として、除雪対策費1億0,470万円、高齢者インフルエンザ委託料976万2,000円、また、企業会計への繰出金1億6,697万8,000円、病院事業への長期貸付金1億2,000万円、土地開発基金からの土地の購入費6,985万6,000円を計上しました。

 一方、入札差額を始め事業費の精算があり、福光斎場関連事業費8,753万5,000円、災害復旧事業費1億3,731万7,000円、中小企業金融対策貸付金1億7,540万円などを減額補正いたしました。

 これに対する歳入につきましては、市民税、普通交付税の増額、財政調整基金繰入金、臨時財政特例債の減額により一般財源を調整するとともに、事業費の増減により、貸付金元金収入、国支出金、市債の減額など所要の調整を行いました。

 国民健康保険事業特別会計では、医療制度改革の激変緩和に対するシステム改修費1,851万2,000円を計上するとともに、共同事業拠出金3,615万2,000円の減額などを行いました。

 また、下水道事業においては、個別合併浄化槽の整備が翌年度の実施に順延されたことから資本収支について5,613万7,000円を減額するとともに、収益収支において、企業会計移行時の精査により減価償却費の調整を行いました。

 最後に、予算以外の議案について申し上げます。

 議案第28号の南砺市後期高齢者医療に関する条例の制定につきましては、4月1日から後期高齢者医療制度が施行されることに伴い、市町村事務等について条例で規定するものであります。

 議案第29号の南砺市駐車場条例の制定につきましては、駐車場の管理について規定を設けるとともに、井波交通広場について駐車料金及び施設使用料を定めようとするものであります。

 議案第30号の南砺市国民宿舎条例の全部改正につきましては、平成21年4月1日から指定管理者制度に移行し、また、改装後の施設の状況にあった利用料金を設定するため、所要の改正をしようとするものであります。

 議案第31号の南砺市行政組織条例の一部改正につきましては、組織改編を行い、市長政策室と総務部の分掌事務を見直そうとするものであります。

 議案第32号の南砺市長等の給料の特例に関する条例の一部改正につきましては、市長等の給料の減額特例が平成20年3月31日で期限を迎えますが、財政事情が引き続き厳しい状況にあることなどから、特例期間をさらに3年間延長しようとするものであります。

 議案第33号の南砺市一般職員の特殊勤務手当に関する条例の一部改正につきましては、病院における早朝調理業務に対し支給する特殊勤務手当の支給要件を改めるものであります。

 議案第34号の南砺市特別会計条例の一部改正につきましては、利賀ダムの建設に係る用地取得事業が終了したことから公共用地取得事業特別会計を廃止し、平成20年度から開始される後期高齢者医療事業について特別会計を新たに設置し、併せて、字句の整理などを行おうとするものであります。

 議案第35号の南砺市手数料条例の一部改正につきましては、公共基準点の測量成果等の謄抄本を交付する事務が生じましたので、これに対して手数料を徴収しようとするものであります。

 議案第36号の南砺市積立基金条例の一部改正につきましては、桂湖レクリエーション施設の維持管理費に充てる資金を積み立てるため、桂湖レクリエーション施設管理基金を設置しようとするものであります。

 議案第37号の南砺市乳児及び幼児医療費助成に関する条例の一部改正につきましては、10月1日から子どもに対する医療費助成について、対象を乳幼児から小学校3年生まで拡大するとともに、所得制限を導入しようとするものであり、併せて、規定の整備など所要の改正を行うものであります。

 議案第38号の南砺市妊産婦医療費助成に関する条例の一部改正、議案第39号の南砺市ひとり親家庭等医療費助成条例の一部改正及び議案第42号南砺市重度心身障害者等医療費助成条例の一部改正につきましては、各医療費助成について、10月1日から所得制限を導入し又は所得判定サイクルを変更しようとするものであり、併せて、規定の整備など所要の改正を行うものであります。

 議案第40号の南砺市訪問看護及び介護予防訪問看護実施条例の一部改正につきましては、高齢者の医療の確保に関する法律の施行に合わせて、規定の整備などを行うものであります。

 議案第41号の南砺市デイサービスセンター条例の一部改正につきましては、福寿園デイサービスセンターを廃止し、旅川デイサービスセンターを設置するものであります。

 議案第43号の国民健康保険条例の一部改正につきましては、法令の改正に合わせて、一部負担金の割合の変更、特定健康診査等の明記など規定を整備するとともに、葬祭費を後期高齢者医療事業の決定額に合わせて、5万円から3万円に改定しようとするものであります。



○議長(水木猛議員) 暫時休憩いたします。



△休憩 午前10時30分

−−−−−−−−−−−−



△再開 午前11時10分



○議長(水木猛議員) 休憩前に引き続き、会議を再開いたします。

 溝口市長が体調不良により退席されましたので、提案理由の説明を清都副市長より求めます。

 清都副市長。

   〔清都邦夫副市長登壇〕



◎副市長(清都邦夫) 議長のお許しをいただきましたので、私のほうから引き続き提案理由を申し上げます。

 議案第44号の国民健康保険税条例の一部改正につきましては、法令の改正に合わせて特別徴収を創設し、また、普通徴収に係る納期を10期から8期に変更しようとするものであります。なお、今後、地方税法の改正を受けて、税率等の改正を行いたいと考えております。

 議案第45号の南砺市民謡の里条例の一部改正につきましては、民謡の里を「民謡の里公園」と「上平林業振興センター」とに整理し、上平林業振興センター利用料金の一部を見直そうとするものであります。

 議案第46号の南砺市営住宅条例等の一部改正につきましては、市営住宅等に入居を希望する者及び同居予定者が暴力団員でないことを入居者資格に追加し、併せて、字句の整理などを行うものであります。

 議案第47号の南砺市病院事業使用料及び手数料条例の一部改正につきましては、産科診察料について料金及び診療時間区分を見直し、また、文書料についてもその区分と料金を見直そうとするものであります。

 議案第48号の富山県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の増減及び規約の変更につきましては、砺波地区老人福祉施設組合の脱退及び富山県後期高齢者医療広域連合の加入に伴う所要の手続きを行うものであります。

 議案第49号の証明書等の交付等に係る事務の委託に関する規約の変更につきましては、住民基本台帳法及び戸籍法の一部改正に伴い、引用条項を改めるものであります。

 議案第50号の過疎地域自立促進計画の変更につきましては、過疎地域自立促進特別措置法の規定により議会の議決を求めるものであります。

 議案第51号の市道路線の廃止から第53号の市道路線の変更までにつきましては、県代行工事施工完了等により、市道路線の廃止、認定及び変更を行おうとするものであります。

 議案第54号から議案第58号までは、7の公の施設の指定管理者の指定について、地方自治法の規定により議会の議決を求めるものであります。

 承認第1号は、平成19年度一般会計補正予算(第4号)の専決処分について議会の承認を求めるものであります。補正の内容につきましては、福祉灯油購入助成事業費を緊急に予算化したものであります。

 報告第1号は、100万円以内の損害賠償に係る損害賠償額の決定及び和解について専決を行いましたので、地方自治法第180条第2項の規定により、これを報告するものであります。

 以上、平成20年度における市政運営の基本方針及び本定例会に提案いたしました議案について提案理由を説明申し上げましたが、何卒、慎重ご審議のうえ、適切な議決を賜りますようお願い申し上げます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△休会について



○議長(水木猛議員) 次にお諮りいたします。議案調査のため、3月4日から7日までの4日間を休会といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(水木猛議員) ご異議なしと認めます。

 よって、そのように決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会



○議長(水木猛議員) 以上で本日の日程は終了いたしました。

 次回の本会議は、3月10日午前10時に再開し、市政一般に対する質問並びに提出議案に対する質疑を行います。

 本日はこれをもって散会いたします。

 お疲れさまでした。



△散会 午前11時16分